5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

昭和30年代生まれの鉄ヲタの盛り場 3番線

1 :名無しでGO!:2008/08/15(金) 19:40:30 ID:Km7yxtAf0
昭和30年代に生まれた鉄ヲタは現役SLをはじめ、旧型ELや旧国
を追って、ワイド周遊券を持って東奔西走したものだ。
同志よ、若かりし頃の思い出を語れ!

1番線 http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/train/1158123716/l50
2番線 http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/train/1173187365/l50

64 :60:2008/08/26(火) 21:35:38 ID:EIZUp8oW0
走るホテル
http://upload.jpn.ph/img/u25066.jpg

ED16。多分八王子
http://upload.jpn.ph/img/u25068.jpg

撮影はいずれも母親が持っていたCANONのハーフサイズカメラだったかな。

65 :名無しでGO!:2008/08/27(水) 01:06:20 ID:/6BpbLeI0
上野駅は語り出すとキリがないな。
丁度鉄として血気盛んな頃、在来線特急群が一番華やかだった事もあるし、
脇役の急行がいい感じで花を添えていた。

多分今はないだろうし、いつまでやっていたんだろ?この放送。
「業務連絡、1014M接近・・・・・・まもなく16番線に(以下略)」

66 :名無しでGO!:2008/08/27(水) 03:48:46 ID:4WlyHcabO
ちなみに、
「1014M、16番接近…」は、
「“じゅうろくばん”接近…」ではなく、
「“とう・ろくばん”接近…」ね。
そういえば、最近はそういう駅の“業務放送”を聞く機会が余りないな。
こういう放送を聞いてワクワクしたもんだけど。

67 :名無しでGO!:2008/08/27(水) 06:46:59 ID:fjBXbM+G0
ワクワクはしないけどイライラする業務放送ならよく聞くぞ

「業務連絡 ○番線××T通知・・・」

68 :名無しでGO!:2008/08/27(水) 07:51:40 ID:o8U9DxtK0
>>66
北斗星とかの入線時に言ってない?
「とおさんばん、いちれせっきん」

69 :名無しでGO!:2008/08/27(水) 08:12:49 ID:U9Qj0cOl0
>>63
自分は松戸で降りて、上りでやってくる客レでとんぼ帰りというのをやってました。

馬橋も軽便鉄道の車両が保存してあったりして面白かったですね。
今でもまだあるのでしょうか…

70 :名無しでGO!:2008/08/27(水) 21:57:09 ID:wRUaN4be0
東京ミニ周遊券
上野―大宮
東京―大船
新宿―八王子
両国―千葉
ずいぶん「急行」で利用させていただきました。(特に上野―大宮)



71 :名無しでGO!:2008/08/27(水) 22:22:21 ID:fjBXbM+G0
岩手県の花巻〜盛岡間あたりは,至近のミニ周遊券発売駅までいったとしても
毎日急行で往復していたら元がとれるので,最初の片道1回だけ発売駅まで
普通に乗車券を買って移動し,あとは急行乗り尽くめにしている勤め人がいた
と新聞記事にあったとか。

昭和55年くらいで静岡発の東京ミニが7日間有効で4000円。28日間で16000円
1ヶ月の通勤定期が16000円以上の区間ならお得だったし,急行タダ乗りできたんだな。



72 :名無しでGO!:2008/08/27(水) 23:57:36 ID:V5dQdaE30
久々、上野で銀座線から中央改札に出た。
今は地下通路から正面玄関脇に上がるエスカレーターになっているところ、
近年まで中華ソバ屋があって、一帯その匂いがただよっていたっけ。

好きな匂いだったが、妻はつわりのときつらかったので嫌な思い出だと言ってた。
おかめ、若尾×子より…ていうのれんが掛かっていたっけ。

銀座線のあの改札は自動改札になってもなんだか昔の匂いがちょっと残っている気がする。

73 :名無しでGO!:2008/08/28(木) 07:22:49 ID:H9d0KXIj0
>>48-61の方々と、>>17-18さん
電車特急のボンネット型マークは文字とローマ字のイメージで、イラスト入りは
違和感出て萎えた口ですか?

74 :名無しでGO!:2008/08/28(木) 08:24:48 ID:zQIpnbDgO
違和感がない訳ではなかったけど、あれはあれでよかったね。
ボンネットのイラストHMで興味があったのは、ふだんクハ481-200、300代車両で運転されている列車が、
イレギュラーでボンネット車両が入った時のイラストHMに興味があったね。
ふだん見慣れている正方形に近いマークが横長になるとどうなるかな?ってね。
晩年は常時運用に入ったけど、ふだんは貫通タイプだった「白鳥」「はくたか」(まだ上野まで来ていた時代ね)や、
「やまびこ」「かもめ」「そよかぜ」「新雪」なんかね。
「白鳥」はうまく処理されていたけど、「はくたか」は何か間延びしていた感じがしたな。
「やまびこ」〜のは結局イラスト入りのボンネットHMは見れなかったけど、存在したのかな?

75 :名無しでGO!:2008/08/28(木) 21:58:01 ID:H9d0KXIj0
>>74
やまびこは昭和40年代後半から青森配置の485系になってからボンネットはない。

最初のボンネットのイラストは181系ときだったけど、それまでの「朱鷺」の文字
が入ってたのは格調高かったのが、イラストは間抜けな感じで相当違和感があった。
181系ときはその前年に食堂車を無くし、車高の違うサロの凸凹編成で萎えたが、
イラストマークはそれに追い打ちをかけた衝撃だった。


76 :名無しでGO!:2008/08/28(木) 22:12:59 ID:oJmLs3RY0
今のLED表示に較べれば遥かにマシ。
みんないいおもひで。


77 :名無しでGO!:2008/08/28(木) 22:24:11 ID:Jx3f6aYoO
俺の思い出は、常磐線の準急『ときわ』
いまでも国鉄色を見ると


青く塗られたキハ6614車内より。


追伸
前回国鉄色のキハ66、67のトップナンバーに乗り
萌 でした。

78 :名無しでGO!:2008/08/28(木) 23:12:19 ID:C8VXw9P50
>>77
長崎の旅乙。

Qなら、415赤電くらいしか他にないか・・・

79 :名無しでGO!:2008/08/29(金) 00:32:21 ID:HOHAUT3w0
>>74
53-10当初はボンネットは絵入りでなかった記憶がある。
だから逆に、「あいづ」の絵入りがレアだった。
上野寄りはボンネット固定、下り方もボンネットのことが多くて。
当時「ひばり」は片側のみボンネットが多かったっけ。

80 :名無しでGO!:2008/08/29(金) 00:44:08 ID:1cRnqvl20
昭和30年生まれだが181系の営業運転には乗ったことがないが,
向日町に住んでいたので,留置されているクロハにこっそり乗り込んで区分室でまったりした
ことは何度かある.
道路との境にフェンスなど無かったいい時代の話.
ものを取ったりはしてませんので.

81 :58:2008/08/29(金) 01:16:22 ID:g/6cNCnc0
>73
最初は違和感たっぷりでした。見慣れるとそうでもないのですが。
53.10では交直流ボンネット車は対象外だったような。
今でもボンネットには無地で文字だけの似合うと思っています。(老人性頑固w)

結局デザイン次第ってことでしょうか。国鉄は自信満々で出していたようですが。
白山など、いい出来のものもありましたが、仲間内で酷評したものも多い。
あまぎの取ってつけたようなわさびや、マンガ候のはくたか、檻に入ったしなの、
いまいちぱっとしないやまびこ等、なんだかなぁと思うものも数多くありました。

絵入りで、ボンネットに似合う一番の傑作は、赤地に白の現行「はくたか」ですか。


82 :名無しでGO!:2008/08/29(金) 01:22:22 ID:ylVdCj3u0
>>79
その通りでときのイラスト入りは昭和54年1月から。同年夏にはくたか・白山の
ボンネットがイラスト入りに。
あいづはまだクロ481が健在で、反対側のクハ481が稀に200番台だったから。
ひばりはその改正から仙台配置編成は片側ボンネット・青森配置編成はボンネット
なしで、両側ボンネットが無くなったはず。ちなみにどちらの485系も編成は同一
で時刻表の編成案内では見分けがつかなかった。

83 :名無しでGO!:2008/08/29(金) 01:31:27 ID:SjLBLnKU0
絵入りヘッドマークの時期って
商売下手の国鉄があれやこれやと話題作りしていろんなことやった時期だな。
それ以前からも各鉄道管理局等でとってつけたような「記念」切符を売っていたが,
このとき,上野駅で「絵入りヘッドマーク登場記念入場券」が発売されて
これがなんと上野発の全種類のヘッドマークについて1入場券みたいなセットで
数千円した。ヲタ友と「こんなの買うやついるんかねー」とか話していたら
東京出張した父が「ホレみやげだ!」といって渡してくれたのがこのセット入場券

「こんなセット買うなら現金でくれよー」なんて憎まれ口きいたけど
今となったら貴重なセットなんだよな。

Thanks!My Dad!


84 :名無しでGO!:2008/08/29(金) 21:40:48 ID:M76pxxF20
絵入りマークはどこかイラストと文字が幼稚な感じだった。またエル特急ならL文字、
寝台特急なら流れ星マークを入れ、貫通型・非貫通型の限られたスペースでごちゃ
ごちゃした雰囲気を醸しだしていた。
当時はそんなことするならブルトレ全列車に機関車のヘッドマークを復活させろと
思ったが、巻き取り式なので作業や手間が比較的簡単だったのが理由だったろうな。
当初ボンネット型や気動車特急に取り付けられなかった理由もそのあたりにありそう
な気がする。
ブルトレ機関車のヘッドマークも昭和59年2月に九州で復活し、秋に上野口の
あけぼの・ゆうづる、昭和60年改正で全ブルトレに復活した時は嬉しかった。
でもその時は急行列車はほとんど消え、国鉄解体のカウントダウンの時だったな。


85 :名無しでGO!:2008/08/29(金) 21:53:25 ID:Xuhg+SCR0

絵入りマークは幼稚なおこちゃま向きで今でも、馴染めんな。

86 :名無しでGO!:2008/08/29(金) 22:36:57 ID:YDVt0+7E0
昔の列車に付き物だったホーローのサボ。
上野駅などのターミナルでは、折返し運転の為にそのサボの入れ換えが頻繁に見れたものだ。
着いた列車の前から、または後ろから早足で歩きながらその列車のサボを次々と抜いて行く。
抜いたサボはホームに設けられた所定の置き場所に置くと、交換する新しい行先のサボを小脇に抱え、
今度は逆方向に向かって次々と差し込んで行く。
ドアの上より高い位置にあるサボ入れに手際良く入れるのは、やってみると分かるが、見ている程簡単ではない。
係員はそれを「カシャーン」という響きとともに、実に華麗に投げ込んで行く。
面白かったのは号車札の差し換え。これもドアの上より高い位置にあり、出し入れは上方向になっているから、
手でそれをするのは面倒だ。そこで1mくらいの長さの鉄棒の先をフック状に折り曲げた“道具”を使うのだ。
このフックの先で号車札をヒョイと引っ掛けて抜き取り、今度は新しい号車札をこの道具を使って差し込む。
その係員の手際の良さと響き、何か引き寄せられるような魅力があった。

上野駅とか東京駅にはそんなホーローの行先サボや、時にはボンネット車両の特急のヘッドマークなんかも、
ホームに作られた置き場や柱に立て掛けるような形で置かれていた。
今そんなことをしていたら、あっという間に全てが盗って行かれちゃいそうだが、
当時はそんなことをする不心得者の鉄道マニアはいなかった。

87 :名無しでGO!:2008/08/30(土) 07:52:31 ID:ZVkUl2/90
懐かしいです。
サボも最初はホーローでしたが、アルミニウム⇒プラスティックになりました。
これは軽量化による作業の効率化でしょうが、

盗難多発で紙で手書きで書いた物やサボ自体が無いものも有りました。
編成固定の列車は針金で留めたのもありました。

私の好きなのは北海道の列車に多い、上の穴の部分が凸型になってる物です。

88 :名無しでGO!:2008/08/30(土) 08:15:53 ID:XJlLY+9z0
>>87
北海道では終始ホーローだった記憶が。

S53頃だったが函館駅では「おおとり」が到着すると>>86氏の書き込まれた
ほぼ同じ要領で「おおぞら」に、「おおぞら2号」が到着すると「北海」に
手際よく抜き差しされていた。

89 :名無しでGO!:2008/08/30(土) 10:42:40 ID:Ck8sr/ag0
終着駅の儀式
降車終了ホーム側ドア閉鎖ーーー
反対側ドア開放


90 :名無しでGO!:2008/08/30(土) 12:13:14 ID:NzigafWQ0
昭和40年代、スカ線も先頭車だけは
.__________
|  横  須  賀  線. |
|   Yokosuka Line.  |
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
というサボを差していた。

91 :名無しでGO!:2008/08/30(土) 13:59:32 ID:xDuG5rpI0
>>88
北海かあ、
最後まで山線経由で残ったんだよね。
食堂車もあった。でもガラガラで廃止は時間の問題って感じだったな。

92 :名無しでGO!:2008/08/31(日) 16:53:10 ID:xfJpo7sq0
>>48
亀レススマソ。その181系「しおじ」に乗った事のある俺が来ましたよ。
もう38年前の1970(昭和45)年の夏休み。大阪万博を見るために家族親戚一同
打ち揃って上阪する際乗ったのが「しおじ2号」181系編成。3号車(ロザ!)
だった。生憎181系との逢瀬はこれが一期一会に終わってしまったが…
1号車クロハ181の区分室のグリーンマークが気になってはいたが其処は結局
一度も体験はおろか見学も出来なかったが、確かに181系編成は485系や583系
より強いオーラがあったように思う。

田舎の消防は指をくわえて見送るだけだった…

93 :名無しでGO!:2008/08/31(日) 23:38:08 ID:OTkm4gNT0
>>91
88です。
S49年頃は上りに一度乗った事あるが乗車率も良く、運転時間的に食堂車も混んでいた。
長万部を出た時だが「長万部から赤帽が乗りました。荷物を...」と車内放送があった。
当時は青函連絡船や青森からの接続列車まで荷物を運んでくれていたようだね。
この時までは盛況だったように見えたもの。

ところがS50年代になると航空機へのシフトか次第とすいてきて食堂車の混雑もそれに比例
しているようだった。S60には編成も6両となり、食堂車もなくモノクラス編成も出た時は
鉄道での本州〜北海道連絡の衰退をまのあたりに感じたものだった。

94 :名無しでGO!:2008/09/01(月) 00:30:10 ID:OOFrDRnk0
>>93
>>88の号車札で思い出したんですが
北海道の特急の号車が函館基準から札幌基準になったのは
S60年3月改正でしたかね?
あの時に鉄道がようやく本州〜北海道連絡の使命を終えた気がしました。

95 :名無しでGO!:2008/09/01(月) 01:52:02 ID:066V9zzq0
運転室内がすっきりしてましたよね!
日を重ねるごとに後付け配線がごちゃごちゃしてきました。
それも決まって体裁良くない配線ばかりで・・・

96 :名無しでGO!:2008/09/01(月) 08:20:36 ID:X+RGxNj0O
「MLながら」が来年春から多客時のみの臨時化されるようだ。
来年春には「はやぶさ・富士」も廃止が確実視されているので、
最早「夜行列車」というものが“昔話”になってしまう時代が目前に迫っているようだ。
ワイド周遊券片手に、夜行列車を宿代わりに全国を乗り回していた時代からは想像もつかない出来事だ。
決して快適ではない、いやむしろ苦痛だった夜行列車だったけれど、
それもこういう時代になると懐かしい思い出だ。
夜行列車、食堂車、SL、旧型車両、連絡船、国鉄…。
既に消えてしまったり、風前の灯のこれらが活躍していた時代をリアルに体験できて、
しかも、最新の素晴らしい車両やシステムにも、今体験できている昭和30年代生まれは、
鉄道に限らず、あらゆる面で楽しい年代なんだなと改めて思う。

97 :名無しでGO!:2008/09/01(月) 10:18:39 ID:l2QITmDL0
>>96
国鉄運賃料金値上げラッシュの時期も関係すると思う。
種氏の会合にいって,某K川氏の中学高校時代の思い出話きいていたら
ちょっとうらやましかった思い出がある。(当時僕は高校生,彼は社会人)

自分が高校時代は東京発の北海道ワイドはすでに2万数千円だったので
高値の華だった。1度だけ親から「援助」受けて夏休みに北海道いった。
急行「津軽」に乗ってみたものの,上野駅で並びはじめたのが遅くて座れず,
福島で盛岡行普通列車に逃げ出した。「津軽難民」の何人かが乗り換えて,
近くに座っていたヲタ2人組は2人で手分けして,宇都宮,黒磯,白河,郡山
といった駅で乗り継いで入場券集めをやっていた。
仙台で長時間停車するので,みどりに回って「くりこま」のハザを求めたら
運よく青ランプ。これで青森までの足が保証されたとほっとした。
当時は青森は遠かったけど,今となればそういうヲタ旅行は贅沢なんだよね。


98 :名無しでGO!:2008/09/01(月) 21:48:14 ID:+VVw2YZw0
>>96
昔って寝台が高嶺の花で、夜行は座席利用が多かったなぁ。
上野から青森まで十和田や八甲田、乗り換えて連絡船が唯一身体が伸ばせる。
枡席を縦長に確保したらシャワーを浴びて後は横になったり、並走するイルカを見たり。
連絡船を下りたら、特急北斗。札幌で数時間の乗り換えで、まりもや大雪なんかに。

後年、飛行機で北海道に行って余りの楽さに行った気にならなかった。

SLやまぐち号運転初年度も、大阪まで各停、大阪から雲仙・西海で行ったっけ。
帰りは岡山から夜行の鷲羽で153系に乗った気がする。

99 :名無しでGO!:2008/09/02(火) 11:53:23 ID:Y76EgeAUO
アゲ

100 :名無しでGO!:2008/09/02(火) 19:54:14 ID:4KkTeQ0s0
中央、京浜東北、常磐、総武に乗って東京23区を外れると
田園風景、農村風景でしたな

101 :名無しでGO!:2008/09/03(水) 22:15:24 ID:Ymd77mHAO
横浜育ちの自分には、根岸線の開通が驚きだった。
だって、根岸から磯子にかけての根岸線の線路が敷かれた所は、
つい数年前までは「海」だった場所だったからだ。
市電の窓の向こうに海を埋め立てて広い道路が出来たと思ったら、
そのうち電車も走って来るとは…。

102 :名無しでGO!:2008/09/03(水) 22:22:10 ID:S9pXJ9ZQ0
そういえば、この年代生まれってボンネットバスも結構普通に乗っていたのでは?
私は、小さい頃(昭和40年代前半まで)足立区の竹ノ塚駅利用だったけど、
それなりの頻度でボンネットバスに乗っていた記憶がある。
運転席横のシートが好きだったっけ。後、車掌も乗って切符を売っていたっけ。
終点の竹の塚で電車待ちの間に見る東武のDRC、当時は
「何で国鉄の特急がこんなところに走っているんだろう?」と思っていた。
どうやら、151系と同じだと思っていたらしい。
それが、東武DRCだと知ったのはずいぶん経って、昭和も50年台に入ってからだった。

103 :名無しでGO!:2008/09/04(木) 19:42:12 ID:RVjrBfTL0
>>102
ボンネットバスの運転席横のシート。
最高のかぶりつきでした。
ロングシートなんだけど、そこは仕切りのパイプの中に足を入れると、
クロスシートのように座れて前を見られましたね。
また真横から曲がる度にバナナのようなアポロが、
ひょいっと上がるのを見るも楽しかった。
うちのあたりの都バスは昭和40年頃までだった気がします。
昭和48年頃には普通営業のボンネットバスも珍しくなって、
けっこう趣味者の話題にのぼり、あそこはまだ走ってるとか話した記憶があります。


104 :名無しでGO!:2008/09/04(木) 21:11:02 ID:Kw8TF9HzO
ボンネットバスじゃないけど、ツーマンでそういうバスはよく乗った。
運転席横の“特等席”は、目の前の展望はもちろん、大きなハンドルとギアチェンジレバーを巧みに操る
運転士の姿に憧れ、兄弟でその席を争ったものだ。
最後にこういうタイプのバスに乗ったのは、昭和50年頃だと思う。
明知線の明知駅で「国鉄全線完乗」を果たし、駅長に見送られて乗った瀬戸行きの国鉄バスが最後になったね。


105 :名無しでGO!:2008/09/05(金) 00:50:04 ID:odqNt10f0
 そういったバス車内の床板は、防腐の薬剤だか油だかがギトギトに塗られてて、
若い女性は乗るのを嫌がっていた記憶があります。(羽織っていたものを落したり
とか、当時流行の白いブーツが汚れるとかで。昭和40年代終わり頃の記憶です)

106 :名無しでGO!:2008/09/05(金) 01:48:35 ID:6NykqgIy0
京成バスの小55でボンネットバスは昭和45年くらいまでは見た。
ただし夏限定だった気がする。
高校の卒業式にいく日に乗った都バスで車掌さんから切符を買った。
(昭和55年春)
木張りの床は都内の京成バスには10年前にはまだ走ってた。

107 :名無しでGO!:2008/09/05(金) 05:20:14 ID:lmtB+s4T0
一般乗合タイプのツーマン仕様バスの最後の乗車は
昭和56年の国鉄バス福浪線,船福線だったな。

ボンネットバスの最後の記憶はかなり古く
昭和42年の西武バスだったな。



108 :名無しでGO!:2008/09/05(金) 05:50:06 ID:E7lQ2e/v0
>>107
立川バスの国立-けやき台団地線、かなり遅くまでツーマンだったな。
途中の道が狭いので誘導員を兼ねていたんだけど。

109 :名無しでGO!:2008/09/05(金) 18:58:33 ID:+0CS7C7w0
幼稚園のころ、ボンネットバスがイヤで何台もバスを見送り、親を困らせた私が来ましたよ。
で、乗りたかったのは日野―金産のアンダフロアエンジンバス。

が、去年だったか、彦根で久しぶりにボンネットバスに乗って妙に嬉しかった。
アンダフロアエンジンバスも乗れる所があるといいが。
バスネタなのでこれ位でsage

110 :名無しでGO!:2008/09/05(金) 22:19:15 ID:9R5aWtG70
バスの話が続いていますが、ちょっとレールに戻して、
「レールバス」と呼ばれるものがありますね。古い所では国鉄のキハ01、02、03がそれですが、
さすがに閑散時にはよくても、ラッシュ時間にはキャパが足りず、しかも重連運転の時は
双方に運転士が必要ということから短命に終わってしまいました。
実際、私も「気動車ガイドブック」でその姿は知っていても、実車を見たことはありませんでした。
でも、ここにいる方の中にはこのキハ01系に実際に乗ったことのある方っておられるんでしょうか?

自分も、また恐らく多くの方が“これなら乗ったことがある”というのは、やっぱり南部縦貫鉄道の
レールバスですよね。とにかくあの振動と騒音には驚きでした。つり革の留め金が外れたままで、
一部に妙に固まっていたりしたのもおかしかったですね。他にもシートや室内灯に昔のバスの面影が残っていて、
それが妙に懐かしく思えたものです。

近年第三セクターなどに一時期こぞって単車の現代版のレールバスが導入されましたが、
これも案外使いにくかったようで、やはり短命に終わっているものが大半のようです。
妙にフワフワした乗心地が異色でしたけど。


111 :名無しでGO!:2008/09/07(日) 11:24:26 ID:OjkDQZ5G0
>>108
高木町の住人でした。
おもろいおばちゃんの車掌と、ハーフのお兄さん車掌が「有名でしたね」

技研の横を通る路線でした。ED30やらML100を見る事が出来ました。




112 :名無しでGO!:2008/09/07(日) 14:17:19 ID:3Sm7azlE0
>>108
交換待ちする路線バスも珍しいよね

113 :名無しでGO!:2008/09/07(日) 21:10:23 ID:qgxh9JWW0
>>112
結構あるぞ


52 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)