5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

竜笛、篠笛  その参

1 :重要無名文化財:2008/01/11(金) 13:47:28
日本の伝統楽器の横笛について語りましょう。

前スレ

竜笛、篠笛  その弐
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/rakugo/1179923437/
竜笛、篠笛  その壱
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/rakugo/1089274175/

123 :重要無名文化財:2008/02/11(月) 00:20:02
いやあ長唄関係にも太鼓関係にも「笛は巧いけど品格はどうか」というのが結構いるよ
どこの世界も一緒さ

124 :重要無名文化財:2008/02/11(月) 11:28:43
下手の遠吼え。
上手い奴のことをとやかく言う前に、少しだもいい音出せるように精進しな。
芸事では下手の言うことに説得力なし。
下手は芸の上での技術的な話についてこれないので、どうでもいいような精神論をたれたがる。
俺のそばにも下手なくせに、子供相手に偉そうに説教ぶつ奴が居る。はっきり言って邪魔なだけ。



125 :重要無名文化財:2008/02/11(月) 14:01:18
笛の操りが上手いと上手く聞えるが、品格って一個の音色に現れると思う。
真剣に稽古して真剣に音色を追求してるマジメな姿勢の人を知ってるが
その人はいつの間にだか品のある音色を身につけてる。
笛の操り方はまだまだだそうだが音そのものに品があるんだよな。


126 :重要無名文化財:2008/02/11(月) 16:44:47
なんだそりゃ妄想か?
下手は音も良くないから下手なの。
マジメは関係ない。
一番初めに稽古場に来て雑巾がけしてる奴が、一番上手いわけではない。
下手な奴のくだらない精神論の典型。


127 :重要無名文化財:2008/02/11(月) 17:10:28
しかし天才的にうまい人っているねえ。努力とかと関係なしに見える。
と見えても見えないところですごい努力家だったりする。


128 :重要無名文化財:2008/02/11(月) 19:04:18
美しい音を出すための吹き方を探したり、それを安定して実現させるための訓練や試行を
努力と思わず楽しくやってしまう人っているもんね。

同じ事を他の人がやると苦痛と感じてしまうことでもその人にとっちゃ楽しい事で
傍から見ても努力してるように見えなくやってしまう・・・そんな人が「天才」なんだろう。

129 :重要無名文化財:2008/02/11(月) 19:24:33
上手下手と品格は比例も反比例もしない。無関係。

笛が上手くて人間性も優れた人がベストで
笛が下手なのに偉そうにしてる人は最悪

だけど、笛は上手いけど偉そうにしてる人とか
笛は下手だけど人間性が優れた人というのもいるからね

ただし、練習量と上手さは比例するし
動機は何でもいいから、努力できる性格でなければ上手くなれないね

130 :重要無名文化財:2008/02/11(月) 19:28:21
あーちなみに俺は、人間としての品格>笛の上手さ
だと思ってるよ

いくら芸達者でも礼を欠く人間とはつきあいたくないな。

131 :重要無名文化財:2008/02/11(月) 21:39:01
俺の周りの実例&ここを見ていて思うこと

練習しないヤツは、精神論に逃げる。または、言い訳ばかり口にする。
勉強しないヤツは、他人をバカにする。
天狗になってるヤツは、「精神論イラネ。すべては技術」と言う。
本当の名人は、技術と精神の両方を大事にする。むしろ技術は当たり前だから精神面を重視。

素人の精神論と、玄人〜名人レベルの精神論はまったく別物だから一緒にしちゃいけないよー
もちろん、精神面にも段階があって、少しずつ向上していくもんだけど

132 :重要無名文化財:2008/02/11(月) 22:14:47
俺の師匠は、小中学生や笛教室に来る人など人生の一時期に体験的に笛を吹いている人たちは優しく褒めるが、
この笛を一生吹き続けると決めて精進している弟子のことは絶対に褒めない。
稽古のときは真剣勝負だし厳しい言葉もでる。
非常に高度な技術的なことも惜しみなく、俺たちになんとか伝えようとしてるのが伝わってくる。
だから下手だと言われても、何処がどう下手なのか、どう吹けば下手と言われないように吹けるのかしか考えないので、
腹など立たない。

下手だと言われるのは、下手だから下手だと言われるのであって、自分が下手なのを棚に挙げて、
下手と言われたことに腹なんか立てているようでは、絶対に上手くならない。

俺はまだ師匠より下手だ。









133 :重要無名文化財:2008/02/11(月) 22:26:31
>>122,>>123が言ってるのって
もしかして>>124,>>126のような人のことですか?

ボクもそう思います。

134 :重要無名文化財:2008/02/11(月) 22:42:07
124、126、132、が言ってるのは133、内舘牧子か?

135 :重要無名文化財:2008/02/11(月) 23:06:20
どっちにしたってココにいる香具師らはカス

136 :重要無名文化財:2008/02/12(火) 00:01:54
いや、ここにいる笛吹きたちはけっこういけてると思うよ。
たまに口汚いのも出没するようだがそれはお約束。
笛を語れる場がこんなところにもあるというだけでも日本もまだまだ
捨てたもんじゃないよ。な、みんな、いい音めざそうぜ。
師匠の音色は越えられなくとも、師匠とはまた一味違う自分の音色探しの旅。


137 :重要無名文化財:2008/02/12(火) 00:42:14
ひょっとして自画自賛したいのでは?
品格とはまた一味違うヴァカですね

138 :重要無名文化財:2008/02/12(火) 00:46:26
人をバカだカスだと平然と言える人間が仮に技術が巧みでも
人から師匠と尊敬されるか?
ひゃらひゃら吹いてるだけで上手いと勘違いしてるだけ。
一人よがりも甚だしい。

139 :重要無名文化財:2008/02/12(火) 06:50:42
このスレに内舘牧子がいたとは朝から笑わせてモロタ

140 :重要無名文化財:2008/02/12(火) 08:32:28
>>136
>ここにいる笛吹きたちはけっこういけてると…
 おまえ阿呆だろ?




141 :重要無名文化財:2008/02/12(火) 08:39:12
↑こやつら なんだか 笛をからめた”人間評価”合戦になっていやがる  ヘッなんだオメ
                         
                           ・・・ゲロがでる。

142 :重要無名文化財:2008/02/12(火) 09:38:34
↑火病るな。

143 :重要無名文化財:2008/02/12(火) 13:47:39
この流れを見ているとまあなんにしても横笛というのは恐ろしい楽器ではあるな。
人を妙にテングにもするし度が過ぎてヒクツにもするし。
結局ある意味ホンモノの真性バカにならねば極めることができないのが笛という楽器だな。


144 :重要無名文化財:2008/02/12(火) 18:51:06
違うと思うぞ
ただ単にここに集う者たちが一般尺度から外れた・・・(ry

145 :重要無名文化財:2008/02/12(火) 21:43:10
まあまあ皆の衆ゴチャゴチャイワンとさー練習練習!!


146 :重要無名文化財:2008/02/13(水) 00:24:15
火病る


これなんて読むの?

147 :重要無名文化財:2008/02/13(水) 01:38:06
はじめまして、これから横笛をはじめようと思っているものです。
藤舎名生さんの演奏をCDで聴き、あそこまでとは行かなくても、吹いてみたいなあと思ったのがきっかけです。
ですが、なにしろ、物の良し悪しも相場もわからず、とりあえずネットで検索して勉強中です、、。

お囃子やお神楽の笛や、雅楽の竜笛と、篠笛はどう違うのでしょうか、、。
下のサイトがヒットしたのですが、全くの初心者で購入するさいの注意点など、もしよろしければ教えていただければ幸いです。

http://www.pan-flute.jp/goods/shinobue.asp
http://www.hurusato.net/m/ebiya/MyPage/shop.aspx?tk=ebiya-SHOP

148 :重要無名文化財:2008/02/13(水) 07:44:31
教えてくださいスレがおおいけど、実際吹いてみてその音がまともに曲どころじゃなくてガッカリするぞ
笛そのものの検証より自分に飼い慣らせるか最初に確認した方がいい 万人の楽器じゃないからな
まずは一応に馴らして自分の声として鳴らせたら知識つめこめばいい 頭デッカチが多くて吹けないヤツおおすぎ
あっ! コレがさきに言ってた”精神論を唱えるヤツ”ってのか もしかして

149 :重要無名文化財:2008/02/13(水) 10:18:17
>>147
トウシャさんが吹いてたCDのはあの人は長唄系だと思うので唄用篠笛がいいよ。
お囃子がやりたいなら地元の祭囃子連とか組とかに入るんだけど月謝とかはかか
らない、会費程度かレッスン料は要らないところが多いが(伝承が目的だから)
けど出来上がっている団体さんに突入するのにかなり敷居が高い。
竜笛能管も敷居が高いしお稽古の月謝もけっこう高いよ。
唄用篠笛ならかなりマイペースで練習できるし最初の音出しのコツつかめば
楽しめる。ただしトウシャさん級に吹けるようになるには二百年くらいはゆう
にかかるの覚悟で。
最初の笛はプラ管の1800円がいいよ。ネットで買える。これで一年吹いて
鳴らせたら本竹の三万くらいするいいのを買えばいいよ。がんばれ。

150 :147:2008/02/13(水) 13:21:09
アドバイスありがとうございます。
ギターやってて指が動くから大丈夫だと思ったら、むしろむずかしいのは息遣いや呼吸みたいですね。
先日はじめたオカリナも高音がでづらく、安定した音を出すのが困難。
けっこうむずかしさを感じてます。

・実際吹いてみてその音がまともに曲どころじゃなくてガッカリする
・唄用篠笛がよい
・竜笛能管は敷居が高い
・ただしトウシャさん級に吹けるようになるには二百年くらいはゆう
にかかるw
・最初の笛はプラ管の1800円でよい

これらをポイントに、じっくり頑張ってみます。ありがとう!

151 :重要無名文化財:2008/02/13(水) 14:13:18
地道に根気よく。
一つことに継続して努力ができるのも才能のうち。
イチローくんもその才能あっての天才開花。
名生さんの笛もイチローの打撃も、結局血がにじむほどの努力の結晶で
同じなんだとおもう今日このごろ。
あこがれは遠くに輝いているのがいい。

152 :重要無名文化財:2008/02/13(水) 14:37:42
↑励まされる言葉です。
個人的に、いろいろ状況の変化があって、今その考え方を痛感してます。
実は笛はじめるのもその一環、、。

図書館で笛関連の本とCDでも借りてこようっと、、。

153 :重要無名文化財:2008/02/15(金) 09:17:00
・実際吹いてみてその音がまともに曲どころじゃなくてガッカリする
↑コレ 実感した 息を整えて  ひぃぃぃ〜 ぴゃぁぁぁ〜   で、息ハァハァ絶え絶え
努力しても その人生むなしい   ”笛 人を選ぶ”
イメージどおりにやぁいかねぇ  ナ  泣!!!     やめよ

154 :重要無名文化財:2008/02/15(金) 09:57:32
かわいそうだがさっさとお止め!!と背中を押しつつ言い放つのも手だが。
ここはひとつ励まさせてもらいますよ。
酸欠で頭ぼーっは始めてのだれもが通る道でそこが第一関門だよ。
まずは、酸欠頭の門をくぐらねば笛音の門は開かないよ。
通貨まで個人差あるが普通はだいたい三ヶ月、かな。長ければ一年。

155 :重要無名文化財:2008/02/15(金) 16:41:10
酸欠より過呼吸でない?

156 :重要無名文化財:2008/02/15(金) 17:00:34
名生氏の笛を系統するのは至難の業でしょう。
上でどなたかがおっしゃってますが、伝統世界に限らず
プロの中でも技量は別格と認識して良いでしょう。

まず楽器も今作っても、あれだけの楽器は作れない。
あの蘭情氏の笛ではあの繊細、かつクリアな音は出ません。
名生氏の笛は京都の笛師製作ですが、先代製作の物で
かれこれ40年以上前に製作され詞が40数年吹き込んできたものです。
篠竹も今では当時のような良い材料に恵まれずプロの笛吹きも
困っているのが実情です。


157 :重要無名文化財:2008/02/15(金) 22:54:55
名生氏が推峰と名乗られていたころに書かれた「笛ひとすじ」という著作を
読んだことがあります。非常に感動しました。

158 :重要無名文化財:2008/02/15(金) 23:09:27
プラ管11600円くらいなら練習用に欲しいな。
YAMAHAとか宮路楽器になら置いてある?
取り寄せられるかな?
送料や個人情報残って通販ヤだから店で買いたい。

159 :重要無名文化財:2008/02/15(金) 23:09:59
>>158
×11600円
○1600円

160 :重要無名文化財:2008/02/16(土) 11:39:28
笛ってさあ、作る人(プロなら笛師)の音感のよしあしで
ずいぶんデキが違うと思う。
微妙なバランスの上に成り立っているので基本的に形のコピーはできても
音のコピーはできないだろうな。
今のロウドウがどんなにがんばっても先代の笛に及ばないのは
音感の問題かも。プロの笛吹きには音感のいい人が多いから笛師の音感の
よしあしが笛でわかるのかな。

161 :重要無名文化財:2008/02/16(土) 15:22:11
同じ(重さ・太さ・長さ・厚み・内径・産地・年産)の材料に、同じ(塗装・巻き)で、
(唄口・指穴)も同じにカットしてピッチも同じに調性しても、
鳴り(音量)と音色(付帯音・倍音)まで同じにはならないんだよね。

当たり物とはずれ物の違いの原因がまだわからない。
わかっているのは、そこまで条件そろえても当たり外れがあるという現実だけ。
女竹だからしょうがないのかな。




162 :重要無名文化財:2008/02/16(土) 16:42:48
そうそう。
どれも笛の音なのに見た目にはわからないわずかな
ミクロン単位の差で なにか が変わるのか。

163 :重要無名文化財:2008/02/16(土) 17:51:29
>>160
笛作りには、音感も含めて、演奏者としての力量がある程度以上必要だね
音色・ピッチ・音量のバランスに対する感受性、楽曲の解釈と表現など。
雅楽、お神楽、祭囃子のような伝統芸能の粋が骨の髄まで染み付いている必要もある。
全部分かった上で微調整して、初めて銘管と呼べるような笛になるんじゃないか
「演奏は下手だけど作るのは名人」ってのは、ちょっとありえないな。

164 :重要無名文化財:2008/02/16(土) 18:04:02
美しい響きを保ったまま音がつながる
ということも良い笛の大事なポイントだと思う。
よく響いた音で祭囃子の一フレーズ、雅楽の一フレーズを
華麗に吹ききる能力のない笛師の作った笛は
まぐれあたりの笛でたまにいいのもあったが、それ以外はだめだったな。


165 :161:2008/02/16(土) 18:23:56
>163「演奏は下手だけど作るのは名人」ってのは、ちょっとありえないな。
  そのとおりだね。

で>93は俺なんだけど、フルートで言う「頭部管部分の内径のテーパーの付け方」
と「音量・音質」の関係を今いろいろ試してる。
節から何センチのところに唄口を開けるかで、唄口直後のテーパー(内径の広がり)が変わってくる。
これ結構影響あるね。





166 :重要無名文化財:2008/02/16(土) 18:47:00
>>163
>>165
SMAPの草薙君が前やってたドラマ。
バイオリン製作者の役だった。
製作者としてはピカ一だが、奏者としての才能は全く無いという表現がされてたよ。
それが真実かどうかはともかく、
楽器の音色の良し悪しが直感で判ることが全てでしょ?
製作者としてぴか一で、奏者としても、評論家としても、一点の曇りも無い、、、
そうでなければ、ならぬのじゃー!!!
なんて完璧な人間が居るわけがない。

167 :重要無名文化財:2008/02/16(土) 19:06:13
>124,>148さん、>166に言ってやってください。

168 :重要無名文化財:2008/02/16(土) 19:16:10
演奏のプロの人で製作 も するという人は少ないね。
逆に本来製作者であって演奏力もすごいという人はときたまいる。
そういう人は表立っては音を聞かせないから普段はわからない。
楽器製作で一番重要なところは目ではなく耳で決めていく部分なので
人に伝えるのも人から学ぶのも非常に難しい。おまけに門外不出とか
一子相伝とかもったいつけてたらよい笛師が消えるのもムリない。
もったいない。


169 :重要無名文化財:2008/02/16(土) 19:28:28
>>166 バイオリンと篠笛竹笛の比較は無謀。
あちらは横笛ほどシンプルな楽器ではない。
なので草薙の設定は、プロとして立つには演奏力が足りない、
ということなんだろ。

170 :重要無名文化財:2008/02/16(土) 21:10:52
バイオリンの演奏家と製作者の関係は、北大路魯山人とお抱え陶工の関係に似てるな。

171 :重要無名文化財:2008/02/16(土) 22:56:51
もちろん、吹くのも作るのも両方プロ級一流なんてのを言ってるわけじゃない
でも、アマチュアの上手い人並みの演奏力、聞き取り力は最低限必要だと思う
その演奏力、聞き取り力のない人が笛作ってるのが日本の現状だから困るんだな

172 :重要無名文化財:2008/02/17(日) 00:28:33
で、結局
当代一の竜笛作者は誰?

173 :重要無名文化財:2008/02/17(日) 11:54:39
当代一?
評判ってなら別だけど、
個性の問題に客観的順位つけられないよ。
あなたの笛の作者が一番だと思っておけばいいんでない?


174 :重要無名文化財:2008/02/17(日) 23:30:45
ツユ切りの上手な自作法を教えてください。

ガーゼ使ってるけどうまくいかないです。

175 :重要無名文化財:2008/02/18(月) 08:42:18
↑ツユ切りの上手な自作法を教えてください。 だとぉー
んなことするんじゃない 大事な唄口のエッジがくずれる
目○の宣伝にやられてるナ エッジの内側に絶対ふれてなならぬ
このまわりに”鳴り”のポイントが無数に隠されている フッフッフッ

と 言ったが・・・  アンタの笛だから好きにしなさいな




176 :重要無名文化財:2008/02/18(月) 12:17:55
つゆきりは唄口から通すやりかたはやめたほうがいいあるよ。
あれはだれが考えたのかしらないけどだめ。
中の水分が気になるならフルートの掃除棒式お勧め。
長めの三ミリ丸棒とガーゼで自作工夫してみるあるよ。

177 :重要無名文化財:2008/02/18(月) 12:20:35
オーボエ式に、羽をつかって水をひっぱりだすという手もあるよ。
これ、最弱(笛にもっとも優しい)の技。

178 :重要無名文化財:2008/02/19(火) 10:02:00
歌口から通す重り式の露切りは、尺八の人が尺八用の露切りを応用して作ったもの。
歌口が傷つくから、横笛には向いてない。
管尻から入れる掃除棒形式のほうが良い。

尺八の場合は、両端が開いてる1本の管だから、管の上から下へ通すだけ。
さらに篠笛より長いから、掃除棒にするとかさばる。
なので重り+ひもで引っ張る方式になっているということ。
(ただし、尺八の歌口エッジの部分は指で保護しながら露切りを通す)

それにしても、なんで掃除棒売り出されないのかねー
売れると思うんだが、採算が合わないんだろうか

179 :重要無名文化財:2008/02/19(火) 17:45:33
176です。
そういえば尺八はカーブしているのも多いから
まっすぐ棒は通すことができないね。
だからほうき星のようにガーゼをひきずってオモリ玉を通すのか。
なんだかすごく納得したよ。
篠笛にはもともと合わないやりかたをムリしてたんだな。
>>178 さん、教えてくれてありがとう。

180 :重要無名文化財:2008/02/19(火) 17:46:48
露切りなんてしたら、前述の歌口はもちろん、
吹き込んでできた管内の息の通り道も崩れるので、
露切りはしないほうがいいです。

181 :重要無名文化財:2008/02/19(火) 21:51:07
息の通り道って関係あるの?
あっても唄口のポイントをつかめば息の通り道の薄いごみほこりなど
ほとんど無視でしょう。
よく、吹き込むとアタリ(管内のヨゴレ、ホコリ?)がつくとかいうけど、
アタリってほんとは笛に慣れて技術的に上手くなったのを、その間に管の
中につもった微細なほこりやごみのおかげだ、と言ってんじゃないか。
そんなようなことが書いてあるウェブも読んだが、毎回しっかり管内そうじ
してても修練をつめばきれいな笛でいい音で鳴るよ。
アタリが消える=アタラなくなる?、ので管内掃除はしちゃいかんという説
にちょっと疑問を感じている。



182 :174:2008/02/20(水) 23:29:42
わかったぞ!↓こういうことですな!
http://mea.jp/tinwhistle/deal06.htm

ヤマハからもリコーダー用掃除棒が21円とか26円で売り出されてるし、
そういうのを使えばいいのか。

183 :重要無名文化財:2008/02/21(木) 07:46:50
だから ・・・露切りなんぞしなくても平気だから、んな手入れシコシコやってるまに吹き込み練習する。


それとも、露がつかぬように床の間に飾って愉しむか
     しまいっぱなしにして忘れるか   だ

184 :重要無名文化財:2008/02/21(木) 07:49:35
アタリ はいちいち人に質問したり聞いたりするモンでもねぇし、議論もムダ
自分でつかんで笛を鳴かせられるようにできるかどうか じゃねぇの


185 :重要無名文化財:2008/02/21(木) 09:33:34
他の人に吹かせたり、他の人のを借りる事があるような場合は、露切りとかしたくなるような気がする。

186 :重要無名文化財:2008/02/21(木) 09:58:49
あたりは、管内のよごれの問題ではない。
女竹の材質が、吹き込みと経年による枯れ(リグニンの硬化?)によって、変化してつくもの。
よごれの話は、迷信・精神論に近いと思うよ。

















187 :重要無名文化財:2008/02/21(木) 17:03:53

しかし 鳴る笛は最初から鳴る!
鳴らないやつがある日突然またはだんだん鳴ってきたというのはない(笛の物質的にナ)
鳴ってきたら口の具合が変わったんだろ
だから 鳴らない笛にアタリがつくことは絶対ない(あってもマシになる程度の微細な変化のみ)

188 :重要無名文化財:2008/02/21(木) 17:05:49
>185 気に入りは絶対人に触らせないケドな 口つけるなんて言語道断!!!

189 :重要無名文化財:2008/02/21(木) 18:51:46
篠の(油抜き・火入れ)について。
(1)伐採後すぐお湯で煮る。
(2)伐採後すぐ炭火、電気コンロ、ガスコンロであぶる。
(3)伐採後、3ヶ月ほど冬の弱い日差しに当ててから炭火、電気コンロ、ガスコンロであぶる。
(4)伐採後、3ヶ月ほど冬の弱い日差しに当ててから、3年ほど風通しの良い場所に保管した後、
   炭火、電気コンロ、ガスコンロであぶる。

 といったところだと思うが。曲がりの矯正は熱を入れたときにするとして。
熱を入れて油抜きをすることの意味について皆の意見を聞きたい。

<1>虫がつきにくくするため。
<2>鳴りと音質を良くするため。
<3>内部応力を除去して割れにくくする。

 あたりが一般的のようだが、ほかにどんな意味があるのか。(1)と(2)は即座に細胞を殺すわけだが、
その効果は何かあるのか。

 よろしくね。




 

 



190 :重要無名文化財:2008/02/22(金) 13:05:10
↑ なぁんでどっかの試験みてぇに三択しかないんだ
それに スッケェ偉そうだぜ 質問のしかたが
竹笛薀蓄研究所の所長さんか

191 :重要無名文化財:2008/02/22(金) 14:17:16
竹の乾燥さえしっかりしてあれば
別に火あぶり釜茹ででいじめなくても
鳴る笛になるよ。
竹いじめが好きな人はやればいいが、
必ず必要な手順ではないと思うよ。
表面に焦げ目でもついていれば別だが
火入れや釜茹でがしてあるかしてないか
笛吹いて音で区別がつくものか?


192 :重要無名文化財:2008/02/22(金) 15:14:07
>火入れや釜茹でがしてあるかしてないか
笛吹いて音で区別がつくものか?

やめろよ 薀蓄堂議論会のいいエサになるぜ

193 :189:2008/02/22(金) 16:19:53
実は俺の地方でも篠の火入れはしていない。
最低でも3年以上陰干しするだけ。曲がったのは使わない。
それで何のために油抜きするのかわからないんで、ここで聞いてみたんだけどね。
聞くだけ無駄だったね。





194 :重要無名文化財:2008/02/22(金) 16:52:28
知識も身につけずただ好き勝手に吹き散らかして、なにがおもしろい?


195 :重要無名文化財:2008/02/22(金) 17:00:04
自分194だけど上のレスは
192に対してだからゴカイなく。
ところで189さん、
うちのほうも人によっては竹をあぶる人も
あるにはあるが、
茹でるというのはしてる人はいないね。
自分もそんな必要はないと思う。
ほかの美術工芸的なかごなどの素材にする油抜きの工程を
笛の下ごしらえにも単に適用しているのでは?



196 :189:2008/02/22(金) 18:00:05
>195さん
うちの地方では重くて太い4〜5本調子を、おもいっきり力強く大きな音で吹きます。
それで油抜きなんかしたら、篠の重みが抜けてしまうのでだめだとも言われています。
大量に採ってきて、まっすぐな篠だけ使ってれば、曲がりを修正する必要もありませんしね。





197 :重要無名文化財:2008/02/22(金) 18:37:02
>>68>>88などです。
3年目にしてやっと7分の第一楽章覚えられました。

長い道のりでしたが、独学の上、中年の手習いなので充実感があります。
みなさんの専門的な話には全くついていけませんが、
ここに書き込むことで頑張れました。
ありがとうございます。
あと23分残ってますが、音も確実に澄んできたので頑張れそうです。
秋のお祭りが楽しみだ。

198 :重要無名文化財:2008/02/22(金) 21:17:14
ここはオメの日記帳じゃねーんだ
んなことはチラシの裏にでも書いてろ、ナ
(AA略)

199 :重要無名文化財:2008/02/22(金) 21:37:56
>>197
七分吹き続けですか。けっこう長い第一楽章?ですね
いったい何の曲ですか。何楽章めまでいけば完成するのかな。
先は長そうだけどすこしずつでも前進、がんばれ。
もし早間の祭囃子なら笛始めての人が覚えるのにはほんとうに苦労するものだから
あなたのうれしさがよくわかるよ。
おいらは日記でも何でもオッケーだよ、またの報告まってます。

200 :重要無名文化財:2008/02/23(土) 01:18:14
>>198
おまえの存在こそが一番うざい。消えな。

201 :重要無名文化財:2008/02/23(土) 07:09:19
>>197
頑張ってください。
曲を覚える旅が終わると、上手く吹く旅が始まります。
気長に愉しんでいきましょう。

202 :重要無名文化財:2008/02/23(土) 07:48:17
日記といわれようが気にするなや 吹けるとうれしいだろ 上記の”アタリ”の話になるがこういう時期にソレ体験するゾ
あとあとまでその笛を持っていて、もし鳴る笛だったら愛しくなるゼ 気にせず愉しく吹きな

203 :重要無名文化財:2008/02/23(土) 07:51:38
>200 おそらく囃子方の吹き手じゃぁねぇな そのあしらい方見ると
祭礼や吹く現場でこのてのがいると すでにカックラサイて泣きべそかいてるダロからな


204 :重要無名文化財:2008/02/23(土) 11:23:41
まあまあ。
と言いながら割って入る年長者でありかつ聴ウマ吹き手。
そういう人はどこの祭り場にもいるもんだ。
妙齢の囃子方さんが集まると妙にジャブ飛ばし合うのがお約束ですから。

205 :重要無名文化財:2008/02/23(土) 23:58:12
過去スレ保存してる人いませんか?

206 :重要無名文化財:2008/02/24(日) 22:35:25
ここはオメの日記帳じゃねーんだ
んなことはチラシの裏にでも書いてろ、ナ
(AA略)

207 :重要無名文化財:2008/02/25(月) 20:35:55
今日から篠笛を始める初心者ですが何か気をつけることとかありますか?

208 :重要無名文化財:2008/02/25(月) 21:02:10
>>205 過去スレもいいけど未来スレに期待しようよ。
>>207 おめ。篠笛がんばれ。難しいけどくじけるなよ。
気をつけることは
1.乾燥や扱いで笛にヒビを入れないこと。
2.かならず毎日、最低五分は笛を吹くこと。それだけ。

209 :重要無名文化財:2008/02/25(月) 21:10:07
一番大事なマナー忘れた。
笛音鳴らすのは夜は遅くともせいぜい七時まで、朝は八時以降できれば九時以降。
それ以外は遠慮しよう。小さい音でも聞えるよ。ちょっと先輩だから言わせてもらった。
師匠につくんなら教えてもらうこと意外に師匠の吹き方や指遣いを見ていいところをまねする。

210 :重要無名文化財:2008/02/25(月) 21:22:17
>>207
ココを参照してはいけないことかな。

211 :重要無名文化財:2008/02/25(月) 22:13:34
↑約一名が・・・。

212 :重要無名文化財:2008/02/25(月) 23:44:58
210は
他人には参照してはいけないといいながらこっそり必死で参照してる人決定だな。

213 :重要無名文化財:2008/02/26(火) 20:57:36
210ではないが確かに剥同だね。
初心者がここに集う偏狭者の意見に従えばどうなるか?
まっすぐ育つ笛吹きだったとしても捻じ曲がって育つ。



214 :重要無名文化財:2008/02/26(火) 22:10:16
初心者が普通に師匠の教えどおんりに吹いてたらまっすぐ育つにもなにも
肥料なしで水ばかり与えられた植物みたいなもんだ。
いくら年数かせいでもシャーシャースースーボーボーから進歩しないよ。


215 :重要無名文化財:2008/02/27(水) 14:00:44
にしてもこの板で教えを請うほど馬鹿げたことはないだろうには肯ける。

216 :重要無名文化財:2008/02/27(水) 15:59:06
話は変わるが、
笛を変えて唄口がかわると、とたんに吹けなくなる人がいるよね。
かと思うとどんな笛でもすいっと吹く人もいる。
なぜだ。

217 :重要無名文化財:2008/02/27(水) 20:50:25
センスの問題?

218 :重要無名文化財:2008/02/27(水) 20:58:17
>>215
じゃ、なぜあなたはここをロムしてたのかな。
ロムに飽き足らず、教えを請うほど馬鹿げたことはない、などと
どの口が言ってるのか。てか、どの手で書いてるんだ?
ああだこうだと文句たれながら、何か自分の笛人生に足りない
重要な手がかりとか上達のヒントとか、情報が欲しいからここに
いるんだろ?
こういうところに匿名であげられるくる情報には真も贋もある、
それをあなたは「自分には見分けられる」という自信があるのか
もしれないがそれは思い上がりだよ。情報が欲しかったらまずは
自分からも真の情報を与えることだよ。しかしたまに書き込めば
そんな悪口ではお里が知れるよ。


219 :重要無名文化財:2008/02/27(水) 21:16:56
>>218
いやはや、私ゃここをロムって篠笛の研究などしちゃおらんよ。
関連するおもしろいスレがあるってことでどうな風潮があるのかなぁと
チラシ程度に目を入れてるくらいだわぃ。
しかし全般的に見ても偏ってるか口先だけか脳内研究を自信ありげに闊舌させてるか
(まぁたまには当然だと思う言もあるにはあるが)。だから自分も初心者がここで
篠笛を始めるにあたっての云々を聞くのはよろしくないと危機感を感じたから書いたんだよ。

お里が知れるなら「自分の悦な書き込みを指摘された」ことで一生懸命辛辣に攻撃し返すような
あなたはまさしく負の匿名2chネラーというべきか。


220 :重要無名文化財:2008/02/27(水) 23:17:07
つまらん争いしてないで笛の練習しようよ。

>>216
>どんな笛でもすいっと吹く人
いるねえ、そういう人。
でも自分は自分の笛以外はちょっと無理だ。
笛が変わると持ったときの角度が微妙に変わるせいかもしれない。
どんな笛もすいっ鳴らせる人は
>>217が言うように最適角度や鳴りのポイントを見つけるセンスが特別いいのかなあ。
うらやましいなあ、と思ったことがあるよ。

221 :重要無名文化財:2008/02/27(水) 23:33:36
>>218は初心者に助言した1人

222 :重要無名文化財:2008/02/28(木) 00:34:12
>219さん
どんなジャンルの笛を吹いていらっしゃる方か教えていただけますでしょうか?


147 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)