5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

2012年に本当にアセンションあるわけ? Part26

1 :本当にあった怖い名無し:2008/08/29(金) 19:57:50 ID:TB3dgano0
■前スレ

2012年に本当にアセンションあるわけ? Part25
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1218848399/

■楽天アセ系ブログ等のブログオチはオチスレで

楽天blogアセンション達成者を生暖かく見守ろう3
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1219899412/

2 :本当にあった怖い名無し:2008/08/29(金) 19:58:35 ID:TB3dgano0
■過去スレ

Part24 http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1216645479/
Part23 http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1215471332/
Part22 http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1213375085/
Part21 http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1212104733/
Part20 http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1211400745/
Part19 http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1210805134/
Part18 http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1210247214/
Part17 http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1209838011/
Part16 http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1209233884/
Part15 http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1208890075/
Part14 http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1208517014/
Part13 http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1207033684/
Part12 http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1205978260/
Part11 http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1203900397/
Part10 http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1202739068/
Part9 http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1202112691/
Part8 http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1200205248/
Part7 http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1194970476/
Part6 http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1191153346/
Part5 http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1187493788/
Part4 http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1185887657/
Part3 http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1182134484/
Part2 http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1179853724/
Part1 http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1175790609/

3 :本当にあった怖い名無し:2008/08/29(金) 20:00:05 ID:rZmrNBTf0
オツカレー(_´Д`)ノ~~

4 :本当にあった怖い名無し:2008/08/29(金) 20:31:44 ID:XFa22V0J0
精神性向上のため?

5 :本当にあった怖い名無し:2008/08/29(金) 20:49:16 ID:u8Q0qgeyO
>>1


6 :本当にあった怖い名無し:2008/08/29(金) 21:07:08 ID:+K9g5U2PO
>>1
乙!

7 :本当にあった怖い名無し:2008/08/29(金) 21:24:32 ID:DaoGRzSL0
アセンションってなんだよ!

8 :本当にあった怖い名無し:2008/08/29(金) 21:52:02 ID:xPC5zTSa0
>>7
【初心者】アセンションって何?【質問】
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1218852273/l50


9 :本当にあった怖い名無し:2008/08/29(金) 23:44:31 ID:llTkmtym0
>>7
「みんな〜 おらと一緒に ぱらいそさ いくだ〜」

10 :本当にあった怖い名無し:2008/08/29(金) 23:52:23 ID:Pa+9td9F0
>>1
おつ

11 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 00:14:47 ID:TdxMEkElO
おまいら最近理屈っぽ過ぎる。
スピ本読むのやめてみれ

12 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 00:42:41 ID:7jVb4YYx0
菜食になるとアセンションの準備にいいと思うのだがどうだろ?

13 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 00:51:23 ID:2YSb75Di0
精神分裂症ってアセンションと何か関係あるの?
誰か教えてたもれー

14 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 00:56:09 ID:gIsYhve/0
>>12
いいと思うが、決め手ではないね。
>>13
関係ないんじゃないかな。調べて出てこなかったな、今までに・・

15 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 01:06:21 ID:OWOZg9WxO
>>12
アセンドと菜食は全く関係無いですよ。
何を食べようと、それを選択した者は先へ進む。

>>13
分裂病は意識の統合が出来てない状態です。
自意識のレベルで無意識に放置された体験を再統合する必要があります。

16 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 02:14:02 ID:2YSb75Di0
14 15
ありがとう。なんせ何ヶ月前にそう診断されたもんだから気になってたんだ。
薬でだいぶ良くなったけどね。


17 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 03:18:55 ID:x0LlSMMB0
>>15
>自意識のレベルで無意識に放置された体験を再統合する必要があります。

インナーチャイルドや、過去のトラウマのことですね〜

18 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 04:48:45 ID:59SILF4p0
>>16
お大事に

19 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 05:45:43 ID:GDVcx4VKO
>>9
その台詞言いたくなりますよね( ̄▽ ̄)

20 :かおりん祭り ◆KaORiNSqz6 :2008/08/30(土) 07:29:18 ID:Vkk95Bws0
新スレおめでとうございます。
 ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  __∧_∧__
/\( ^▽^)  \          (´´
\/| ̄ ̄∪ ̄|\     (´⌒(´
  \|____|≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
         (´⌒(´⌒;;

21 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 09:07:13 ID:TdxMEkElO
>>12
徳の高い人は殺生してても関係ないんだろうね
覚醒者として揺るぎない自信がある人には肉食は関係ないと思う

でも何をしていいのか分からない人、まだインスピレーションが沸いて来ない人は
取っ掛かりとして菜食始めるのもいいんじゃないかな?
「殺生をやめた。肉の需要を減らして飢餓人口を減らす手伝いをしている」
ということが自信に繋がると思う。

22 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 09:29:55 ID:RV6UUks00
どの年頃にもあるんだけど
若い特に十代が強烈な 自己顕示欲とは何か?なぜあれほど目立ちたいと思うのか(例外はいるとおもうが)

解説できる人いますか?あなたの考察でもいいです

23 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 09:36:27 ID:TdxMEkElO
>>22
『自分は特別だ』という自尊心であったり、『自分は無力だ』という気持ちの裏返しであったり。
とにかく自分は特別でありたい、神でありたいとその時期強く思っている。

オレの場合、今もその頃と変わらないが

24 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 10:00:35 ID:boHFXvHE0
>>22
十代前半ごろからは、親が無条件に誉めてくれなくなるから。
欲求不満を解消するために自己顕示が強化。
近年の子供は、赤ん坊の頃からチヤホヤされすぎ。
誉めて育てろとは言うものの、誉めすぎも問題あるんじゃなかろうかと思う。

と、脳内妄想だけで考察してみた。

25 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 10:53:23 ID:HPD/ZrxGO
>>22
本当は年齢は無関係。
ただ歳を重ねていく(重ねていってると信じてしまう)事で
周りの落ち着きを受け入れ折り合いをつけるのが大半かと。
自分は今でもイメージだけはその都度生まれてくるよ。
ただ自分も周りと大差なく折り合いをつけて人に収まってる部分もあり、
世間としての受け皿は若さを求め、万人にとってそれだけで
憧れに成り得る事が多いのも知っている。
輝きは投影だからね。見る者にとって実際、輝いてないと。

26 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 11:06:49 ID:RV6UUks00
みんながみんな 尊重し合い 認めあい 優しくすれば
過剰な自己顕示欲 歪な自己顕示欲もなくなるのか?否定だらけの世の中 単一の価値だけが認められる構造だから
歪んだ形として現れるのかもね 

大人でもいましたね 若い人と違ってアカラサマに表現はしないけど 自分が自分がっていう大人は確かにいますね

よく優しい人は好かれますが 逆説的に言えばそれは世の中は優しくないって事ですよね 充足してるなら優しさは求める必要無いわけですから
ここが悔しいんですよね 優しくない世界 お互い認め合わない世界 
なんていうかぶち壊したいんですよね 老人の孤独死とかね 

27 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 11:16:43 ID:TOEhKqY00
おまいら何言ってんの?

28 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 11:16:45 ID:TdxMEkElO
自尊心を悪い物とは捉えていない。

むしろ自尊心を失った卑屈な人間が他人を粗末に扱うと思っている。過去に自分が粗末に扱われた思い出があり、傷つき、仕返しをする。

29 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 11:20:51 ID:l260ADcG0
この世にあらゆる個性が存在していることを賛美しろ。
とよく言われますが、力関係に差がある以上、個性そのものについての純粋な賛美は不可能。
だからこそ、賛美をするなら、弱いものを虐げる、虐げられることを賛美すべきではないでしょうか。

30 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 11:31:37 ID:TdxMEkElO
>>29
例えば?

31 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 11:33:37 ID:x8gn86lm0
優しさというのは厳しくもあるけどね。
皆で馴れ合うフワフワした世界のことじゃないし、誰一人同じ人間など居ないから一人で立たないと。
ただ、自立するまでの経験、過程が辛く厳しい。試験みたいなもんかね

32 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 11:36:46 ID:35y7J6Xb0
>>30
たとえば、虐げる方としては遊戯性が満たされる快感、優越感や安心感を感じられること
虐げられる側としては、とにかく絶望するだけ絶望して、最期、終わりが来たとき、味わった絶望が大きかった分
痛快な気持ちで、人生を終わらせられるでしょう。失うことについての恐怖感も、人生を楽しんでる人間よりは少ないはずです。
どうにでもなれって感情も実は祝福すべき感情なのかもしれません。

33 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 11:43:38 ID:35y7J6Xb0
外に主導権を握られている人生に、期待感を抱いて生きることほどつらいことはない
その中で絶望したり、幻滅したり、怒りを感じたりすることは祝福すべきことになるかもしれない

34 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 11:47:46 ID:TOEhKqY00
おまいら何を言ってるんだ?

35 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 11:49:10 ID:TdxMEkElO
>>32
ああ〜なるほど!
確かに、それはあるね。
虐げられて開眼や覚醒する人もいるしね。

しかしオレには虐げる側の気持ちに全く共感出来ないのです。
アレらの人は回路が壊れた故障した人だと思っているのだが・・・。

36 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 11:56:38 ID:35y7J6Xb0
>>35
大きなものに同化したがるという傾向はあるね
あとは面白いからっていう遊戯性からくるもの、
自分が面白ければ相手も面白い、
あるいは相手がどう思っていようと自分が面白ければいい
自分本位なパターン。

個人で行う場合はこういう場合も多い
集団でおこなうのは安心感とかもある。

37 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 12:01:08 ID:1CpF1nlJ0
スピリチュアル的解釈の運命設定的に、
虐げられる側を選ぶ、というのはわからんではない。
でも、虐げる側を選ぶ、というのは不味くね?とおもっちまう。
あの世という、全能に近いフィールドの中、数多のハイヤーなスピリットに囲まれて、
それでもなお、運命選択の場で
「人を人と思わず、オモチャのようにこき使い、色んな人の身も心も傷つけることをします」
と、選択するってのは・・・納得できないな。
もっと別の選択肢があるだろ、と俺でさえも思うのだから、ハイヤーなスピリットも、
似たようなことを思うんじゃ無かろうか。

だったら、虐げる側、というのは、生まれる前の運命選択ではない気がする。
魂の癖というか、背負ったカルマとか、そういうこととのような気がする。




38 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 12:05:10 ID:35y7J6Xb0
>>37
弱いものを虐げることについては、
そこまでひどいことだとは思ってない
いい人なんだろう。

39 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 12:07:31 ID:TdxMEkElO
>>36
関係ないけどもし、オレの目の前で猫や子猫をなぶり頃しにする人間がいたとしたら

俺は迷わずその人を頃す自信がある
正義感からじゃないよ?俺は自分の好き嫌いでしか動かないw

だから人間がなぶり頃しに遭っていても助けには入らないw通報はするけど

40 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 12:08:17 ID:35y7J6Xb0
輪廻とカルマの思想は解決には結びつかないよ
たとえば、その法則に従うとすれば
虐げた人間は、次の世で虐げられる立場になるということになる
しかし、虐げられるには虐げる側の人間がまた必要になってくる
そして今度は新たに虐げた側が∞
結局霊性の向上とかいうものには結びつかない

41 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 12:10:47 ID:35y7J6Xb0
>>39
その猫を虐げてる人間がレスラーみたいな体格だったり
武器を持ってたりしても?

あるいは猛獣が猫を虐げていたらしてたら、その猛獣にも戦いを挑む?
結局ころせるのは自分より弱い存在だよ

42 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 12:13:08 ID:1CpF1nlJ0
虐めたり、虐められたり、殴ったり、殴られたり。
そういう輪廻を止める選択を行うのも、運命選択だと思うな。
と、今生で味わったことも、前世の記憶もないけど、勝手に想像してみるw

43 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 12:13:15 ID:TdxMEkElO
>>41
その時は何とか知恵を働かせて頃すと思うよ。その自信がある

44 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 12:14:02 ID:1CpF1nlJ0
>>43
虐待を止めさせる。
それぐらいにしとこーよー。なにも、そんなことまでせんでも。w


45 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 12:16:54 ID:35y7J6Xb0
>>43
じゃあ今度はコネクションがある人間だったらどうする?
知恵だけじゃ勝てないよ
コネクションも強い力だ

46 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 12:19:19 ID:TdxMEkElO
>>45
多分頃す

47 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 12:22:53 ID:35y7J6Xb0
>>46
そうか、あなたなら今すぐ世界を変えられるかもしれないな
その猫の虐待をその人を促したのは、実は彼が日常における抑圧感から
その抑圧感を与えてるのは、まさしく他人の立場に鈍感な支配的な立場、
世の中の主導権を握っているの人間だ
さあ、猫虐待の元凶をころしてくれ、
こいつらが主導権を握っている限り、こういう人間は絶えない
できない?

48 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 12:29:46 ID:TdxMEkElO
>>47
わからない。けど自分は自分の「好き」「嫌い」という感覚を信頼している。

オレの目の前で猫をなぶり頃す人間は未だ現れないけど。

このまま付き進んでみる

49 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 12:31:16 ID:35y7J6Xb0
>>48
元凶はいつも裏に隠れているってことも知っておいた方がいい
そこで国家的な陰謀論に飛躍することなく、細かい領域においても

50 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 12:37:25 ID:TdxMEkElO
>>49
そんなことはオレには関係ないな。
巷には、たまに猫なぶり頃し犯が出没する。
そんな奴等にもオレのような天敵がいるということだ。

51 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 12:41:53 ID:35y7J6Xb0
>>50
犬虐待はいいの?

52 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 12:44:30 ID:TdxMEkElO
>>51
犬なぶり頃し犯の噂はあんま聞かないし、それは犬派に任せる

53 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 12:46:21 ID:35y7J6Xb0
>>52
そういう虐待にありつくのも運が必要だ
なぜありつけると思う。
運が味方しているからだ。

54 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 12:47:10 ID:35y7J6Xb0
運によって虐待のチャンスが与えられている。

55 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 12:51:13 ID:TdxMEkElO
>>53
『虐待にありつく』とはどういう意味?

『虐待の加害者になる』という意味?

56 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 12:52:40 ID:35y7J6Xb0
>>55
わかりにくいと思って補足のつもりで>>54を入れた
虐待をする機会にありつけるということ、つまりあなたの言うとおり
加害者になれるということ。

57 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 12:55:33 ID:TdxMEkElO
>>56
その『機会』ってどういうものなの?
目の前をヨチヨチ歩きの子猫が通るってこと?

58 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 12:58:39 ID:35y7J6Xb0
>>57
それもある
・周りに人がいない
・外出する機会がある
・そういう衝動に駆られる
・猫を捕まえられる

さらに個々を掘り下げると、きりがない
それだけ何気ないことでも、偶然の連続が重なるということ

59 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 13:02:31 ID:TdxMEkElO
>>58
普通の人はね、同じ『機会』に遭遇すると子猫を連れ帰り、自宅で大事に飼うんだよ?

60 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 13:05:24 ID:35y7J6Xb0
>>59
・そういう(虐待)衝動に駆られる

ここだね、違いは

61 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 13:07:50 ID:35y7J6Xb0
>>59
ん?
おかしいんじゃない?
なぜそう決めつけてるの?
ちょっと詰めが甘いんじゃない?
みんながみんな自宅に連れ帰るとは限らないよ
あるいは猫が嫌いという人もいるよ、虐待とまではいかなくとも

62 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 13:10:17 ID:TdxMEkElO
>>60
やはり故障品だ。
欠陥品だな。
駆逐するべきか、それとも故障人間も生き物である以上進化を待つべきか。
オレは『駆逐せよ』と言われている

63 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 13:13:52 ID:TdxMEkElO
>>61
あーもちろんただ通り過ぎるだけの人もいる。子猫に興味無い人もいるかもしれない。
知り合いの男は大の猫嫌いだったのだが、弱っている子猫を連れ返り育てていたがw

64 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 13:15:03 ID:xmBeilN+0
妄想乙 現実逃避?

65 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 13:15:13 ID:1CpF1nlJ0
猫の場合、連れ帰ることが出来るが・・・。
それが人間の子供だったらどうする?
それも親がちゃんといる子供だったら・・・。

66 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 13:15:47 ID:35y7J6Xb0
>>62
駆逐したところでまた生まれてくるよ

単純に、虐待する力が奪われればいいと思う。
ではどうするか、人間を弱体化させる病気でも流行らせるか

67 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 13:17:38 ID:TdxMEkElO
>>65
人間には興味ないのw見かけたら通報するだけ

68 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 13:19:44 ID:TdxMEkElO
>>66
虐待衝動や猟奇的気質を持った人間だけを滅ぼすウィルスなんて造れるの?

69 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 13:20:50 ID:35y7J6Xb0
>>67
ネコ虐待してるやつもネコに興味はないんだろうな
最初は虐待するほどでもなかったけど
次第に無関心はそういう方向に結びつく

70 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 13:23:18 ID:35y7J6Xb0
>>68
人間全部が弱くなればいいじゃない
だって弱体化して困るのは、力強くふるまうことを習慣にしてる人だけでしょ
力なんて所詮、弱い者を虐げるものでしかないんだよ、勝負事なんかも結局そう

71 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 13:23:43 ID:wzPss25M0
http://homepage2.nifty.com/motoyama/my_bbs3.htm#mybbs300
私はアセンションするか?...2006年2月22日・・・・ の中からコピー

大いなる変化

世界中の多くの予言者や先住民族が、地球と人類に「大いなる変化」が訪れることを予見しています。
その変化とは、究極的・本質的にはキリスト意識すなわち融合意識(一体意識)への変容による、
惑星全体の新たな存在レベルへの次元シフト(移行)だと私たちは見ています。


72 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 13:25:16 ID:TdxMEkElO
>>69
放し飼いの動物なんて猫が一番多いからだろ。
猫をなぶり殺しにしてる奴はやがて幼児や女性や老人を殺傷するように成長するらしいけどね

73 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 13:26:01 ID:35y7J6Xb0
>>72
その傾向はあるみたいだね

74 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 13:29:06 ID:TdxMEkElO
>>70
体力だけ無くすの?体力無くてもスタンガンや改造銃で人を殺傷できるよ?
体力と頭脳の両方を弱体化するの?
ただのセイハクだよ?

75 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 13:30:43 ID:wzPss25M0
>>71 を読むと、アセンションは現実にあるものの様に感じてしまう。
 そして、その時期も意外に早い時に起こる感じも受けてしまう。

2012年の12月に何かが起き始める起動ポイントかも知れない。
例えば、地球の地磁気が完全に無くなり、地球の気象、地殻異変。
そして人類の意識が変化をして、半物質半霊的なものに変異をすると
アセンション関係には書かれている。 その様な半物質半霊的なものに
変わり始めるポイントかも知れない。

76 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 13:31:44 ID:35y7J6Xb0
>>74
運の面でも弱くなればいいのにね

77 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 13:37:26 ID:TdxMEkElO
>>76
いや既に運は弱いよ。 オレのような天敵に出会ったり、エスカレートして人を頃し、法的に裁かれることもある。
そのなかで数少ない幸運な奴は衝動が起きなくなり、普通の人間になるかもしれないが。

78 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 13:40:03 ID:35y7J6Xb0
>>77
誰かやっつけたの?

79 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 13:49:14 ID:TdxMEkElO
>>78
頃してはいないが、実家の店の前にいつも止まっているバイクがあって、その上にいつも座っている近所の飼い猫がいるんだ。
ある明け方、知った顔のサラリーマンが三毛猫の首を絞めていたので注意したが、止めないので後から首を絞めて追い払った。
有名会社と知っていたので「会社に損害賠償請求するからな」と言っておいた。

80 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 13:56:39 ID:FfhaTXn50
>>75
同感。2012年12月ってのは一つのポイント、指標だと思うね。
あんまりその数字に囚われるのはよくないな気がする。でも急がないとね
俺らは、夏休みの宿題が終わってやってない8/31日の小学生って感じかな

81 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 14:05:19 ID:35y7J6Xb0
>>79
兵隊要員だろ
やるならCEOあたりにしとけ

82 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 14:07:56 ID:x0LlSMMB0
ポール・フェリーニって人が書いた「無条件の愛」って薄い本がある。
イエス・キリストのチャネリングで、宗教枠を超えた
仏陀にも共通される、”キリスト意識”を語った内容だ。

最初の読後感は、
「何かとても大切なコトが書かれてるけど、すんごく難解だなー」と思った。

その後、仏教の禅の思想や老子を読むようになってから
例の「無条件の愛」を読み返して見ると、
以前より簡単に内容がスッと入ってくるようになっていた。

83 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 14:12:31 ID:TdxMEkElO
>>81
名刺を持っていたが住所がわからないので、致し方ないだろw
もちろん恥をかかす目的もある

84 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 14:16:29 ID:znEy1ioU0
アセンションってジョジョ6部の
記憶を引き継いだまま宇宙が一周した世界みたいなものかな?

85 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 14:39:01 ID:35y7J6Xb0
だめだ5部までしか読んでないからわからん

86 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 15:09:04 ID:SOQO4+rYO
ジョジョ第6部はアセンションだと思う。

87 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 15:20:48 ID:QyfdlDZU0
>>71のリンク先読んだがすごいな 2つの次元が重なるような箇所なんて
聖者が言っていたのと共通している。

88 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 15:41:34 ID:RV6UUks00
>39
猫を虐待する者
猫の虐待を許さず それらを殺す者(殺したい衝動にかられるもの)

しっかりと対化できてる 判り易くいうなら「縁」が結ばれてる
自分でそういう現実を観る事を望んでるように見える 体験したがってるのか

アセンションが有史以来から続く 精神の進化の流れによって起きるのであれば 起きているのであれば
何かしなくちゃとか こっちの関与とか関係無しに起きると思ってる

私が掴んだ情報だと現在の太陽は地球の次元上昇(ヒトの意識進化)と共に輝きを停めるらしい
地球自体が発光するようになるとも聞いた 

89 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 15:46:18 ID:TdxMEkElO
>>88
嫌な縁だな・・orz

90 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 15:52:50 ID:gkFy0uds0
さっきまでたけしの世界遺跡の特番みたいなの見てたけれども
アステカ文明は「第5の太陽は地震で滅びる」っていってた
ハーピーのことか??!!!

91 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 16:42:50 ID:grogikdcO
ジョジョは時間が進みすぎて似て非なる世界になって、
記憶を保持したままのは生き残ったのは男の子だけで、
死んだはずの人に似てる人が存在するパラレルワールドだから違う。

時間が加速したのもスタンド能力だし。

それがアセンションならDIOもアセンションしたことにしていいんじゃないの?w

92 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 17:56:41 ID:35y7J6Xb0
シリアルエクスペリメンツレインみたいなもんだろ

93 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 17:56:49 ID:TGL1sKfG0
俺は既に人類はインターネットによって4次元に片足つっこんでると思ってる。
ここでパソコンの前にいる自分が3次元に属しているとして書き込んだその後の空間は違う次元で
あるから物理的にこうして目にする事はできるけどそれが反映された場所は別の次元のものであって
3次元には結果が反映されているだけだと思う。ひふみの神人達の字は数字だけであったって事も
これなら自分なりに理解できる気がする。
この場所って日本だけに限られるけど様々な雑念から欲望から真実まで色んな物が渦巻いてる一種の
4次元の脳みたいなもんだと思うんだよね。人間の想念みたいな。
そこで4次元で脳までのリンクはできても魂までのリンクはできない。
そもそもそこはまた別の次元になるであろうから。
魂までのリンクが出来た時初めて5次元の世界が見えてくる気がする。
ただ予言されている天変地異やその他の現象ってのも起こるんじゃないかな。
地球に対して人類としてのカルマは莫大だろうし
個人として今生で払拭できない程のカルマがある人間も多数居る訳だからね。
こうなってくると地球は俺らを寄生させて何かメリットあるのだろうか?とも思う。
話変わるが前に読んだ本で誰かの予言で日本は私の元に一番最後にきて一番の理解者になるって
文があったんだけど誰か知ってる人いる?

94 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 18:37:34 ID:tJ6OKAei0
August 29, 2008
http://www.matthewbooks.com/mm/anmviewer.asp?a=91&z=2



95 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 19:00:02 ID:kFFwDlV/0
今日、フジテレビでインデペンデンデンスデイやるけど
自分が初めてUFO見たのが15年くら前の映画館公開中だった。

ハリウッド映画にはイルミナティ思想の刷り込みがあっても、
この世界の常識だと思っていることは違うかもと気づくきっかけにはなるのかもね。


96 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 19:15:14 ID:vmtcF15C0
>>94 翻訳してみたが10月14日の宇宙船到来についての話があったな。

97 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 19:33:05 ID:kFFwDlV/0
>>94
上のインデックス?
ダイエットって書いてあるけど、アメリカの大多数の人ヤバイんじゃないの〜

98 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 19:35:57 ID:TdxMEkElO
>>95
来週の金曜はMIBだねw

99 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 19:44:23 ID:LGK33A3t0
>>86
荒木は凄ぇーよな。911の発生を暗示しているような絵も書いていたし。
童話のキャラクターが現実世界に現れる、ボヘミアン・ラプソディーというスタンドも、
2次元世界の住人が次元上昇して3次元世界の住人になることを描いているような。

100 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 21:12:35 ID:kFFwDlV/0
【地球科学】地球シミュレータを使って地球磁場生成の新しいメカニズムを発見 −海洋研
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1220020899/


ポールシフト予知とかできるのかな。

101 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 23:11:10 ID:x0LlSMMB0
天照大御神
『精神世界的な2012年には何も無いと伝えておこう』
http://plaza.rakuten.co.jp/grifins/diary/200808300000/

4年後は、どんな世の中に変化してるのだろう

102 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 23:25:50 ID:T/Q/zVLu0
ま、何も無いといいつつ戦災は起こると。
異常気象といい、変化は既に起こってるんですよね・・・。

103 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 23:28:08 ID:kFFwDlV/0
>>101
ちょw

    戦火はさけられぬな

2012年には物質世界はあぼーんしてんのかな・・・           

104 :本当にあった怖い名無し:2008/08/30(土) 23:55:56 ID:x0LlSMMB0
最近、セントラルサンからのメッセージがないね、
けっこう的中してるから好きなんだけど。
宇宙NOWでは、フォトンベルトの話は出てきてなかったっけ?

105 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 00:14:44 ID:tbwujRga0
>>101 天照大神のチャネリングはネタレベルとしても、
もう既に混乱は起きてるし2012年は想像できないことが起きてるのでは。

106 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 00:15:17 ID:7uSjuhaq0
>>75
きちんと読んでおけよ。



107 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 00:27:27 ID:xKG4AwiuO
>>104
オレも好き。セントラルサンの人は匿名なんだよなw
皆で呼んでみたいけど結構専門的な話をする人だから、それなりのキャパのが必要だな。

108 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 00:32:19 ID:ZSS5azTt0
セントラルサンってレジデンス・オブ・サンとなんか関係ある?

109 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 00:51:56 ID:ood/IiMr0
自己解決〜☆
セントラルサンによると、やはしフォトンは存在してるっぽい。
ttp://plaza.rakuten.co.jp/grifins/diary/200708160000/

110 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 01:04:13 ID:2NHFCGDD0
>>109
そこのセントラルサンって、全然分かってないじゃん。
このサイトはダメだな。わるいけど

111 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 01:13:46 ID:mAPbi5Og0
時々アセッションって言う人が入るけど、元ネタはここ?
赤い空(夕焼け)、雷、火山、地震、洪水って今年っぽいんだけど
2008年中に完了しちゃいそうだな。
臭くなってきたら危ないかな。

http://www.y-asakawa.com/message/foton-beruto1.htm
聖母預言をはじめ様々な預言では、
来るべき艱難について、次のように述べている。

それは今日の文明が始まって以来の艱難で、
血のように燃え立つ深紅の雲が天を横切り、
雷のとどろきが地を振動させる。高みに登れば硫黄の火が降り注ぎ、
海に飛び込もうとすると、そこは煮えたぎった熱湯が泡立っていた。・・・・・・・・  

http://www.y-asakawa.com/message/foton-beruto2.htm
「その日は、全世界を恐ろしい闇が襲い、人工的な光は用をなさず、
祝別されたローソクだけが灯を灯すことが出来る。そして、
血のように燃え立つ深紅の雲が天を横切り、
雷のとどろきが地を振動させる。
そのため地上では大きな地震が至るところで発生し、
海は泡立ち、洪水となって襲ってくる」

福者アンナ・マリア・タイギもまた、その3日3晩は地獄の底のような暗闇に襲われ、
ものすごい悪臭が地球を覆い、
言語に絶する恐怖であると、アンナ・エンメリックと同じ状況を語っている。


112 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 01:20:22 ID:MPGkaStNO
ここ数年毎年のように異常気象とか報道されてて食傷ぎみだったけど、今夏の雨量にはちょっと異常な気配がするね。

113 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 01:36:29 ID:MKqQm9wG0
>111 悪臭が地球を覆うの箇所が
http://www.echan.jp/remoteviewing.html ←サイトのリモートビューイングの
体験@にもでてきてる 共通点はあるようだ。

114 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 01:36:39 ID:mAPbi5Og0
寝ようと思ったら気になるものを見てしまった。
やっぱプレデアスはあやしい。あやしすぎる。

アカシック・レコード
http://blogs.yahoo.co.jp/quasar2012q/24333230.html
宇宙船のコンピューターが、その役割を果たしてるケースも多いようです。
アークトゥルスの宇宙船は、地球周回軌道にあり、
プレアデスの宇宙船は数年前から日本列島上空に滞空してるといいます。
日本重視の姿勢と考えて良さそうです。
プレアデスの場合の「お里帰り」は小型のビームシップで間に合うそうですから、
そこに居続けて何の支障も無い訳です。

ただ、隣の宇宙へ行く場合は母船でないとできないらしいですが。。。
今は地球が面白いから、じっと見守り楽しんでるようで・・・はは

チャネリングのお相手も、母船の艦長(ヤハウェー)が務めたり、
コンピューター任せだったりとイロイロのようです。

私はOOです・・・そう名乗ったとしても、当人ではない場合も多々あり得ます。


115 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 02:02:17 ID:tU9RW3ue0
かごめの唄の続きらしいけど、まさに意味不明

ひとつ、ふたつ、さん、しのこ(「さんにんのこ」、かもしれません)
やっと数えてひとふたり あのひとや、このひとや

何をいってるのだろうか?

116 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 02:25:32 ID:MPGkaStNO
日本が無宗教で科学を狂信とも言えるくらいに信頼してるのもアセンションに向けた一つの布石なのかもしれないね。
理詰めなアプローチでアセンションを支えよという指示が出されてるのかも。。

117 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 04:15:56 ID:ZtcAicxUO
カゴメの唄の一番の歌詞は
俯瞰すれば私的な自分も存在しない事を言っていて
その二番の歌詞を見ると大勢受肉する中で自分が居ない事に気づく者は
僅かしかいないと言っているんではなかろうか。

118 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 05:36:20 ID:dORzwfZlO
かごめの唄の発祥地出身者です
残念ながら、かごめの唄って思っているほど神秘的な意味はないと思います
そこは醤油の名産地で、昔は船に醤油の樽を積んで川を下って売りに行ってたんです
川下りの最中に橋に人がぶつかりそうになるので、か〜がめ、かがめ〜ってみんなでかけ声かけながら唄うそうです
それがいつからか、か〜ごめ、かごめ〜になりました
因みにその地の神社には籠の中の鳥の像もあります

119 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 06:29:17 ID:YZmIHyHV0
国に仕掛け(象徴による仕掛け)を施してる連中がいるからなぁ日本て
一見意味なさそうでも象徴の意味を知ってると解読できるんではないかと

かごめ=籠女 六芒星 籠の中の眼
鶴=女 亀=男 夜明けの晩=すまん忘れた
鶴と亀がすべった=本当は人間は両性で すべる=統べる つまり男と女で別れていた精神を統合して完全な人間になる その誕生を示唆してる
後ろの正面とは 解り難いかもしれんが 体としての「私」は偽りであるという事 本当の「私」の意識の位置を指している



120 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 09:19:25 ID:xKG4AwiuO
>>114
ヤハウェってプレアデスの人だったのか

121 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 11:24:19 ID:K+GokYF80
天照大神

わしがこのような事を申すのも、真に転換点に差し掛かっているからなのじゃ
平時の何でもない時にかような事は申さぬ
精神世界的な2012年には何も無いと伝えておこう
ただ、その時点では、人心は様変わりしておる
言うまでも無く人心の混乱は世界的な規模となる
戦火はさけられぬな

>精神世界的な2012年には何も無いと伝えておこう

ここがキーやな

122 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 11:26:54 ID:xKG4AwiuO
>>121
アセンションはないが崩壊は激化するということかな?

123 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 13:10:38 ID:spmdOsyU0
>>119
すごくおもしろい話ですね。後ろの正面についてが特におもしろいですよ




124 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 14:02:05 ID:+bKplXcqO
かごめ唄は私も気になるな、分離した意識の統合を説明したもののようで。
△と▽が合わさると籠目になりますね。
後ろの正面は自身の見えてない部分、無意識領域かな。

天照大神の意識は過去の領域に属するものです。
情報には古いもの新しいものはあっても、それが絶対というものはありません。
時を経れば情報も刷新する必要があります。

125 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 14:21:13 ID:txsfN/ee0

●08年10月14日 巨大宇宙船アラバマが姿を現す!●
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1220114861/


126 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 14:55:19 ID:U7/eTQTP0
戦争も異常気象も大昔からあったわけで
社会不安をアセンションと結びつけるのは下らない宗教と同じだな。
2012になっても特別な事は何にも起きないよ。
こうして生きている毎日が特別の繰り返しなんだから。

127 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 15:16:54 ID:7Lpx8x490
あったらいいけど
ま、実際は何も無いんだろうな。



128 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 15:18:28 ID:bIeJI1wu0
いがみ合いの中でこそ、人は進歩する。

129 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 15:42:33 ID:7Lpx8x490
そんなアセンションなんて逃げ道は甘いのかもな。


130 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 16:09:44 ID:o5QvJ/JE0
徐々にシフトしていくよ。
スピリチュアルとリアリティの混合していくなかで。
そんな自分たちは普通の生活を送っていくだけ

131 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 16:10:00 ID:xKG4AwiuO
なければないでいいじゃない。
そもそもマヤ歴が終わる意味の解釈のひとつなんだから。
ただ単にマヤ人が地球から撤退することなのかもしれないしさ

132 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 16:17:51 ID:LyfuRWWt0
まるの日
http://pub.ne.jp/marunohi/ 
2012年について心配する事は無い。
自分を日々成長させてゆきなさい。小さな成長が地球の成長を促し、
銀河の成長を促す。
そして、ヘミシンクはあくまでもそれを補助するツールとして用いなさい。
ヘミシンクに依存してはいけない。」
宇宙NOW
http://plaza.rakuten.co.jp/grifins/diary/200808300000/
精神世界的な2012年には何も無いと伝えておこう
ただ、その時点では、人心は様変わりしておる
言うまでも無く人心の混乱は世界的な規模となる
戦火はさけられぬな


133 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 16:48:54 ID:bIeJI1wu0
みなさんが感銘を受けた、
あるいは刺激を受けた本教えていただけませんか?
精神世界に限らなくても結構です。

134 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 16:57:04 ID:xKG4AwiuO
>>133
小学生の時に読んだジャック・ロンドンの『星を駆ける者』、他は『レミゼラブル』『幸福の王子』『パンを捨てた少女』
かな

135 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 17:15:15 ID:QtPARL7m0
>>133
子供の頃読んだ岩波文庫とソクラテスと老子関係

136 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 17:54:54 ID:bIeJI1wu0
やはり子供の頃の読書が一番衝撃的になるんだな

137 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 17:57:18 ID:xKG4AwiuO
>>134
の『星を駆ける者』は主人公が死刑囚で拷問を受けているのだが、苦痛を忘れる方法として過去世へ意識を飛ばす。そして様々な過去世を再体験し、最後に別の星から飛んで来たことを思い出すというお話。この本が自分に与えた影響は大きい。
作者のジャック・ロンドンは日本軍の捕虜として拘束されていたことがあるので、体験談のような気もする。

138 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 18:17:53 ID:4DTUv+j30
人と人とが、わかり合うことは絶対にありえない
この世界の最後は、けなしあい、蔑みあい、戦争で滅ぶ
間違いなく

139 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 18:29:31 ID:K+GokYF80
>>138
またかよ・・・火星もそれで滅びたんだぜ?それで地球で実験開始、観察再開。
また、同じ過ちを繰り返すのか、見てるほうも、見られてるほうも。

140 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 18:42:55 ID:7Lpx8x490
最近読んだ。鈴木美保子著 「宇宙心」
何かいままでのスピの本と違って壮大なことは
書いてないがホッとした。

141 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 18:45:05 ID:JJ5sS98q0
33 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/08/31(日) 16:50:25 ID:oGh0hLEM0
直径は約3200kmは、わかったとして、厚みはどれくらいなんだろう?
あまり厚みがありすぎると大気圏をはみ出してしまう。
厚みがなくても、球体の表面にそれだけ巨大な円盤が滞留したら、
外周部は大気圏外にはみ出るので、気圧が低下して大災害になるよなw

37 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/08/31(日) 17:26:45 ID:oGh0hLEM0
>>33だけど、「巨大な宇宙船が飛来して大気圏を破壊」=アルマゲドン?

142 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 18:46:20 ID:ood/IiMr0
>>138 まぁ、そう信じて
同じ体験を繰り返していきたいなら、止めはしませんよ(´д` )

自分は、この世界を卒業しますけどね

143 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 19:01:49 ID:4DTUv+j30
いがみ合いの中でこそ人間は進歩する。

144 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 19:02:08 ID:mAPbi5Og0
かごめの歌の意味
http://www5.diary.ne.jp/search.cgi?user=534835&cmd=search&word=%82%A9%82%B2%82%DF

>>133
「ザ・シークレット」
どうせナポレオン・ヒルかマーフィーなんだろwと馬鹿にして読んだら、後半は不治の病を治すには?
戦争をなくすには?みんなが引き寄せたら物がなくならないの?の精神世界系だった。

「魔女の夢」
70年代にメキシコの魔女の家に住み込みした人の話。

「転生―古代エジプトから甦った女考古学者 」
アマゾンのレビュー参考

「魔女の家」と「転生」は少しは創作も入ってるんだろうけど、
実際にこういうファンタジックな生活が現実にあるというのが目からうろこで、
それまでスピリチュアル信仰者はカルト宗教にはまってる人(江原ファンや幸福の科学)っていうイメージだったけど、
この本を読んだら、スピリチュアルなものと一緒に生きるのは悪いことじゃないなと思えた。





145 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 19:19:18 ID:mAPbi5Og0
「2013年シリウス革命」の解説を見つけました。
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Icho/7411/sirius.htm


146 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 19:28:14 ID:QDGcgcMsO
トリインフルエンザ流行して生き残った人類は新型人類になるよね
抗体持ってんだから
流行の前に死んでると次生まれてくる時最初から抗体持った遺伝子持ってて楽だよね
世界の悲惨な状況見なくて済んでるしさ
アセンションてそんな感じじゃない?

147 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 20:24:27 ID:xKG4AwiuO
>>146
それは全然ありふれてる普通のことじゃね?
今の人間もペストやスペイン風邪の生き残りだし

148 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 20:55:24 ID:mAPbi5Og0
日本で龍脈が復活しているようです。
http://www.harmonion.com/Article2/J-Ryumyaku.html

どうしても>>138みたいな気分になってしまう人はパワースポットめぐりでもしてみるといいんでは
http://www.eguchi.co.jp/ienet/Fusui-kaso/N-8.htm

東京ビッグサイトでもおk(ただし、人口龍脈)
ちなみに人口龍脈でぐぐると秋葉原も人口龍脈だそうで、事故、事件と龍脈の場所は関係ありそう。
http://www.kachispo.com/k/1317/http://sakurakukururu.269g.net/article/5361159.html

今まで(2001年時点)の東京は人口龍脈しか使えなかった。
http://www.kazemizu.com/basis/basis_alarm.html

オカルト板 西蔵・新疆境界域での大地震は何の予兆?まとめ
(風水・レイラインからの視点に日本の地震について書き込みあり)
http://signintibet.blog25.fc2.com/


>>146
今死んだら次は地球以外のところに生まれるか、個人意識としては消えるだけだから・・・
アセンション後に生まれてくる人間の子供は楽でいいなーって言うならわかるけど。

149 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 23:42:26 ID:i3ojhGV70
龍脈についてもっと説明ほしかったな。一言だけかい。
でも龍脈復活かー良いことだな。

150 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 23:48:23 ID:xKG4AwiuO
龍脈については荒股宏先生が詳しいゆ

151 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 23:50:59 ID:i3ojhGV70
検索したけど出てこなかったよ

152 :本当にあった怖い名無し:2008/08/31(日) 23:55:03 ID:YZmIHyHV0
149
なぜ復活しだしてるか興味ない?
龍脈ってレイラインの事だよね

アセンションて楽しいよな 何か次々と連鎖的に物事が起こって行く感じとか
しかもそれは互いに無関係ではないという

人は見たい現実を観るのだとしたら 偶然などなく全て必然

153 :本当にあった怖い名無し:2008/09/01(月) 00:31:40 ID:G92tx+pJO
龍脈はマグマの流れや活断層の流れや水の流れや気の流れじゃないの?

154 :本当にあった怖い名無し:2008/09/01(月) 00:33:25 ID:kRhCZmXH0
俺もアセンションするのかな
楽しみだ

155 :本当にあった怖い名無し:2008/09/01(月) 01:08:51 ID:/tdm6gur0
何故復活してるかとくりゃ龍脈といわれるくらいの規模の人の気の変化が
そこにあるからなんだろうな〜て思う。日本の龍脈と世界の龍脈?は繋がってそうだし。
レイラインも少し聞いたことはあるかな程度だけど

156 :本当にあった怖い名無し:2008/09/01(月) 01:12:14 ID:5FpSjz7A0
148です。
すいません、×人口  、○人工 です。
龍脈=風水だからスレチのような気がしたんだけど、
>>150
お台場は東京タワーに繋がる新たな気の流れを作ったためにニュースポットとして繁栄し、
茨城から気の流れを引き込んだ「つくばエキスプレス」により、
秋葉原は世界的にも有名なスポットとして発展しています。
http://www.tfm.co.jp/planet/old/try/070823.html
皇室と風水〜つくばエクスプレス(写真あり)
http://plaza.rakuten.co.jp/yushu/diary/?ctgy=3

>>152 
そう思って探してきましたw

ここのメタトロンっていう記事がアセンション関連(1〜3がアセンションへのライトボディの段階の説明)
http://plaza.rakuten.co.jp/healalpha/diary/200704230000/
ゲートウェイはより高次元の宇宙からこの世界に開かれているエネルギー的な導管です。

このゲートウェイがエネルギー方向の変化を示したとき、
それは、地球の周りの格子構造(グリッドストラクチャー)をシフトすることにおいて、使うべき適切なゲートウェイでした。
地球の周りの エーテル的な 格子(グリッド)は レイ・ライン(龍脈)、あるいはエネルギーリバー(エネルギーの流れ)のために、
地球の中で青写真を作ります。
格子(グリッド)は地球のエネルギー器官であって、内部の神経系 、体の外の神経系に匹敵します。
格子(グリッド) は特定の時において特定の目的のために組み立てられて、プログラムされます。
それらは定期的に変えられます。


157 :本当にあった怖い名無し:2008/09/01(月) 01:35:50 ID:5FpSjz7A0
>>153
龍脈は簡単に言えば、幸運の気・パワーの通り道です。



『黒門風水』より

龍脈(りゅうみゃく)」とは、大地の気が流れるルートのことです。
龍脈は山脈の尾根伝いに流れていて、そのうねうねを曲がりくねった姿が龍に似ていることから、こう呼ばれます。
http://www.kokumonfusui.com/km/senjutu/setu_dragonroad.html

諏訪ー鹿島レイラインの研究(図あり)
http://www.ne.jp/asahi/pasar/tokek/TZ/LL-SuwaKashima.html

158 :本当にあった怖い名無し:2008/09/01(月) 01:40:52 ID:mOD9WXP70
「レイライン」は字のごとく「直線状になったパワーライン」で
龍脈は地面から吹き出したパワーが再び大地に戻る経路で「直線状態」とは限らないはず
人が活用しやすくするため寺社や巨石を配置して呪術を施すのは有りだと思うが

159 :本当にあった怖い名無し:2008/09/01(月) 01:41:46 ID:mOD9WXP70
リロードしたら被った    orz


160 :本当にあった怖い名無し:2008/09/01(月) 08:44:36 ID:jpVWYOx50
起きたばかりって結構な比率で重大な気づきがくるんだけど(理由は知らんけど)

アセンションに関しては人とか地球ばかりに目がいってはダメなんだと思う
太陽系全体に変化が起きる感じがする 特に太陽なんて預言にもあるし「暗黒の三日間」という言葉まで用意されてるし
アセンションしたら地球自体が発光(太陽化)するともいわれてるし

でも、太陽についてあまり解ってないんだよね
今回気が付いた事をいうとね 太陽の黒点ってさ・・・
「龍脈」なんじゃないの?って事・・・
仕事あるから帰ったら また考えてみよう 皆も考えてくれ

161 :本当にあった怖い名無し:2008/09/01(月) 11:24:37 ID:s2VQrXWm0
> 起きたばかりって結構な比率で重大な気づきがくるんだけど(理由は知らんけど)

あぁそういうフシってあるよね。
なんだろうなぁ。

162 :本当にあった怖い名無し:2008/09/01(月) 12:51:19 ID:mOD9WXP70
>>160
太陽活動に興味があるならこのサイトは参考になるかと

JAXA 宇宙航空研究開発機構
【ISAS 太陽観測衛星 ひので 特集】
ttp://www.isas.jaxa.jp/j/special/2008/hinode/index.shtml

163 :本当にあった怖い名無し:2008/09/01(月) 13:56:07 ID:nBsXAOSj0
霊性を失う奴が増えれば相対的に自分がアセンションする可能性が高くなってラッキー

164 :本当にあった怖い名無し:2008/09/01(月) 14:02:53 ID:G92tx+pJO
>>163
それはない。
定員が決まっているとでも思っているの?

165 :本当にあった怖い名無し:2008/09/01(月) 14:10:22 ID:l3jV6rkL0
>>163
アセンションへの切符は万民平等だと思うよ 
だけどその切符を活かすも活かさないも本人の選択次第じゃないかな。


166 :本当にあった怖い名無し:2008/09/01(月) 16:09:46 ID:XrRK/YuE0
神坂さんは2011年12月31日って言ってるね。

http://jp.youtube.com/watch?v=etl55AQmeao

167 :本当にあった怖い名無し:2008/09/01(月) 16:38:34 ID:HKZClfIs0
>>166 おぉ 情報キャッチ早いな 
俺も別のところで2011年12月情報先程キャッチしたところだよ。



168 :本当にあった怖い名無し:2008/09/01(月) 19:01:55 ID:nBsXAOSj0
霊性を失う人が増えると地球のアセンションが遅れてしまい自分のアセンションも危うくなる

169 :本当にあった怖い名無し:2008/09/01(月) 19:09:06 ID:s2VQrXWm0
>>168
それは初耳だ。

170 :本当にあった怖い名無し:2008/09/01(月) 19:17:25 ID:DJbkj6R40
取りあえず1年前倒しあげ!

171 :本当にあった怖い名無し:2008/09/01(月) 19:25:12 ID:R4zBJJY+0
最近アセンションって言葉に皆とりつかれてる気がする。
アセンションって「出来なかったらどうしよう」って気にしてる
時点で何かへんじゃね?


172 :本当にあった怖い名無し:2008/09/01(月) 20:09:06 ID:jpVWYOx50
アセンションを受験戦争と一緒にしてるのかなー
全ての人が希望するとは限らないんだよ

そんな事より
「龍脈」=黒点説って他に誰か唱えてないのか?

173 :本当にあった怖い名無し:2008/09/01(月) 20:24:01 ID:jpVWYOx50
というか皆はさ 私と同じで「死への恐怖」とかもう無いんじゃないんですか?
肉体が死んでも生き続けるような気してません?

174 :本当にあった怖い名無し:2008/09/01(月) 20:31:45 ID:wl0jon3S0
こんな嫌なことばかりの世の中からおさらばできるなら・・・

175 :本当にあった怖い名無し:2008/09/01(月) 20:53:41 ID:fgtTXrE70
>>173
死ぬのは怖くないんだが死ぬまでの過程が怖いです。


176 :本当にあった怖い名無し:2008/09/01(月) 21:13:27 ID:JojwMQm30
死んだら周りはお化けばっかりになるんだろ・・・怖すぎ

177 :本当にあった怖い名無し:2008/09/01(月) 21:14:28 ID:R4zBJJY+0
>>175
痛いのはいやだよなー熱いのも苦しいのも・・・のも・・・のも
まー、仕方ないか。運命だ。

178 :本当にあった怖い名無し:2008/09/01(月) 21:36:56 ID:G92tx+pJO
>>177
痛くない。苦しくない。少し発汗直前のような感覚があるだけ。

179 :本当にあった怖い名無し:2008/09/01(月) 21:44:28 ID:xl5ZhDk00
>>173
死への恐怖が無いのと、現実に希望が無いのを混同してるな。

180 :本当にあった怖い名無し:2008/09/01(月) 22:01:20 ID:5FpSjz7A0
「報酬があれば潜在意識が教えてくれる」:人間で初めて実証
http://wiredvision.jp/news/200809/2008090123.html
「ポーカーをしていると、(あのプレイヤーは)ブラフをしていると何かが教えてくれる瞬間がある」とPessiglione氏は言う。
「賭け金を上げるべきだ、という直感が働くことがあるが、本人にもその理由はわからない。だが、金が手に入るという形で報われる。
これは線条体に備わっている力のように思われる」

181 :本当にあった怖い名無し:2008/09/01(月) 22:05:58 ID:Xl7VMph/0
>>179
そうかなあ?オレの周り結構死ぬのは仕方ないけど
痛かったり苦しかったりするのはやだなあ、っての多いぞ。
そいつら現実に希望が無いわけではないと思うが。
皆体が死んでも自分の存在は消えないと思うらしいよ。


182 :本当にあった怖い名無し:2008/09/01(月) 22:23:14 ID:G92tx+pJO
何度も死んでるから問題ないだろ。
生まれる時のほうがヤバい。
失敗すると脳性マヒになるからな

183 :本当にあった怖い名無し:2008/09/01(月) 22:24:58 ID:90K0gTgp0
"Death"は怖くないけど、"Die"は怖い。
やっぱ痛いのとか、抗癌剤とかで内臓ボロボロになるとか嫌だなあ。
かと言って、周りの家族とかのためにはある程度闘病しなきゃいけないだろうし。
うー

184 :本当にあった怖い名無し:2008/09/02(火) 00:47:02 ID:kRQ7Itr30
お勧めサイト。

http://daiuchu.com/sasayaki/sasayaki.html

185 :本当にあった怖い名無し:2008/09/02(火) 00:55:21 ID:kVrcN0c40
>>183
怖くないよ。
本当に痛くてどうしようもなくなったら脳内麻薬が出て気持ちよくなるから。


186 :本当にあった怖い名無し:2008/09/02(火) 01:46:54 ID:mlGPsjLN0
>>185
脳内麻薬が出るまでが怖い

187 :本当にあった怖い名無し:2008/09/02(火) 02:24:59 ID:ZTBJ+U4S0
外側の何かを変えたい衝動に駆られたら、
それは自分のどこを変えることなのかを自問する。
あなたの外側にいるのは、60億人の教師である。
生徒はあなたただ1人である。

188 :本当にあった怖い名無し:2008/09/02(火) 03:43:16 ID:ZfQXjS6P0
>>181
生に執着が薄いのと、
生き物として死の恐怖を克服するのは別って話。
真正面から死が近づくと、痛いとか苦しいとか存在が残るとか、
そんなくだらない事はどうでも良くなるもんなんだよ、人間。

189 :本当にあった怖い名無し:2008/09/02(火) 05:40:39 ID:3bNFZDn7O
死はあまり怖くないな。この世に思い残すことはない。執着もない。
元々物欲も名誉欲ないし
まぁ、誰かになぶり殺される死に方はやだけど…

190 :本当にあった怖い名無し:2008/09/02(火) 09:21:06 ID:ZeyxClBU0
アセンション=即身成仏だものね。

191 :本当にあった怖い名無し:2008/09/02(火) 09:29:33 ID:2vidnLrn0
>>166
やっぱり太陽嵐か。これは非常に重要だよ。
であれば危険な実験が失敗して地球そのものが破壊されるという心配もない。
まず太陽嵐で電気をストップしてしまえば次にポールシフトとか大地震とか何でもできる。
こういうところが絶妙なんだよな、さすが神。

192 :本当にあった怖い名無し:2008/09/02(火) 09:37:21 ID:rYk05sqY0
>>191
2012の暗黒の3日間は太陽によるもの説とフォトン説と
あるが。


193 :本当にあった怖い名無し:2008/09/02(火) 10:09:53 ID:jSVcbvwd0
暗黒の3日間が2012年とは限らないんじゃないか?
今年かも知れないし、自然が起こすことについての時期の計算は
正確に答え出せないと思うがどうなんだろう。

194 :本当にあった怖い名無し:2008/09/02(火) 10:45:33 ID:ZTBJ+U4S0
>>101で、天照大神が「精神世界的な2012年はない」と断言してるけど、
去年、日本神界の神様をチャネリングしてもらったときは、
時期は言ってなかったけど、「アセンションはある」と言ってたんだよなぁ

もはや日本神界全体が、アセンション否定派ってわけでもないだろう。
時期が違うということなんじゃないかな そのへん、どうなんだろ?

195 :本当にあった怖い名無し:2008/09/02(火) 11:39:59 ID:gwTOMzjMO
>>194
時期が違うって可能性が1つ。
アセンション=精神世界への移行ではない、って可能性が1つ。

物理的な淘汰、変化かもしれん。
それでも矛盾しないし。

196 :本当にあった怖い名無し:2008/09/02(火) 12:21:53 ID:SVIyllma0
>>166
何を言っているんだこの爺様は・・

197 :本当にあった怖い名無し:2008/09/02(火) 12:45:22 ID:uxEgbPXM0
身内がガンで薬の副作用や放射線治療で死ぬ数日前まで苦しんで
生き地獄だったの見てるから病気はちょっと…モルヒネも効かなかったし
理想は昔の人のように、畑仕事の後ご飯食べてちょっと昼寝で横になったらそのまま…
「ありゃ、爺さん死んじゃってるよ」ってやつ

198 :本当にあった怖い名無し:2008/09/02(火) 12:51:42 ID:cuniCKVnO
>>197 「大往生」ってヤツね。俺もそれが理想。

199 :本当にあった怖い名無し:2008/09/02(火) 15:30:58 ID:BLvK8CuV0
2012年 目覚めよ地球人― いよいよ始まった人類大転換の時 (ハードカバー)
坂本 政道 (著)

内容紹介
2012年は一大チャンスだ
「死後体験」シリーズの坂本政道が
宇宙の知性から受け取った
究極のメッセージが
いま明らかになる。

人類は「輪廻」から卒業する
生命エネルギーが卒業を可能にする
輪廻卒業のためのエクササイズとは
魂の故郷への帰還
巨大隕石衝突の可能性は?
宇宙人とのコンタクトが始まる
意識の変化はもう始まった

●本文より(要約)
2012年に何か重大なことが起こるというのは本当です。
というより、それはもうすでに始まっています。
世の中で起こっていることを注意して見れば、変化に気がつくでしょう。
そのひとつに人の意識の不安定化があります。
〈無差別殺傷事件〉〈株価の乱高下〉〈物価の異常高騰〉
また、大きな災害も起きています。
〈大洪水〉〈大地震〉
そして、宇宙人やUFOとの直接的な遭遇があり、
それによって人々の意識が大きく変わることが期待されています。

200 :本当にあった怖い名無し:2008/09/02(火) 19:35:15 ID:V6f5o4CX0
>>197

日本も尊厳死を考えろと思うよな。
苦しんでまで生きたいとは誰もおもわんだろうに......。



201 :本当にあった怖い名無し:2008/09/02(火) 20:25:41 ID:zxUTd93T0
 フロイトは、すべての夢を願望充足であるととらえます。それに対して、ユングは、夢の中の場面や登場人物というのは、基本的に、その人の意識的「自我」にまだ統合されていない自分の内界が投影されたものであると考えます。

 つまり、ユングに言わせれば、夢の中に登場してくる他者はすべて自分自身の意識的な生き方に未だ統合できないでいる「自分自身」の様々な可能性であり、それを「自我」に統合していくことにより、自己実現の過程が前進していくと考えています。

ユング心理学についての文です
現実を夜の夢と昼の夢で分けた場合 起きてる時に見る夢は昼の夢とも言えましょう
その中で出てくる自分以外 つまり他者(他人)とは自分の様々な可能性の一つなのではないか?最近そう思ってきました

ハイヤーセルフや真我 超自我 チャネリングで現れる高位生命体や宇宙人(その他にも色々いるけど 略)
それら全部 自分なんだとしたら?正確に言うなら「神なる自分を知っている自分」とでもいいましょうか
チャネリング情報って 例えばその受けてる人がキリスト教徒ならキリスト教ぽいチャネリング情報になる気がします
かの宗教は偶像崇拝を禁じました それは神というのは外にいるんじゃなく
内にいる さらに言うなら自分が神という意味

202 :本当にあった怖い名無し:2008/09/02(火) 20:58:11 ID:4ulJlAe0O
来週の火曜日、テレビ東京の『新説日本ミステリースペシャル』は2時間枠

「稲葉の白ウサギは宇宙人だった」
他、日本の歴史に関わるUFOについても紹介される模様

必見!!


203 :本当にあった怖い名無し:2008/09/02(火) 21:31:13 ID:ZTBJ+U4S0
>>201
>ハイヤーセルフや真我 超自我 チャネリングで現れる高位生命体や
>宇宙人(その他にも色々いるけど 略) それら全部 自分なんだとしたら?

つ[他人は自分の心の鏡] = 自分自身



204 :本当にあった怖い名無し:2008/09/02(火) 22:13:42 ID:9xRjzRX80
>>202
今日の放送の不老不死の島が存在したっていうのが興味深かった。
あっという間の浅い情報だったから、固有名詞が覚えられずorz
飛鳥昭雄の本には載ってそうだw

「初公開!神の島に眠る謎の海底遺跡!2000年前不老不死の王国があった!?」
・丹後のどっか
・この島は一般人立ち入り禁止(そのため島内部の映像なし)
・島の周りの海底からみると階段がある
・地元の神社の神主は2000年続いていて、日本最古の家計図がある。
  探したらここだった→  http://www.genbu.net/data/tango/kono_title.htm2000

ついでに不老不死関係で、
高野山では今も空海が生きていると考えられていて、
奥の院で修行をしているので、毎日2回食事を持っていくとのこと。
(自分は空海の肉体はいないと思う)

番組内でわざわざ『不老不死なんてあるわけがない』とナレーションの龍が言っていたのがおかしかった。
言わなくても一般人はありえないと思ってるんじゃないのか?

テレビ東京の母体は日経新聞だけど、
日経BPホームページに9.11は経済のためのテロって載せてみたし(即消えたけど)
タブーに挑戦してるのかなぁ。

205 :本当にあった怖い名無し:2008/09/02(火) 22:26:58 ID:4ulJlAe0O
>>204
あれ面白かったな。国の重要文化財で島自体立ち入り禁止だったけど、島の周りの海底は角張った建造物の遺跡があったね。
きっとあの都市に長寿の人達が住んでいたんだと思う。
宇宙移民かな?

206 :本当にあった怖い名無し:2008/09/02(火) 22:34:52 ID:9xRjzRX80
>>90
http://blogs.yahoo.co.jp/quasar2012q/24364979.html

★ビートたけしは、今のテレビ界の王者である。映画もどんどん賞を取る。
まさに「この世の栄光」を得ている人物がビートたけしだが、その栄光もフリーメーソンかイルミナティという秘密結社の力によるものであろう。

★イルミナティに支配される今の日本で成功するには悪魔(イルミナティ)と契約した者達だけである。

★上の「ザクザク」の記事で面白いのは、「ビートたけしだけが何故?好待遇なのか?」という疑問が一部にあるという部分。

★その答えは簡単である。ビートたけしの栄光は悪魔(秘密結社)との契約から来るものである。

★ビートたけしの役割は日本の大衆(B層)をイルミナティに都合の良い大衆にテレビによってマインドコントロールすることだ。

★年末のUFO番組でもビートたけしは、司会者として登場し、日本人にUFOを語る者はいかがわしいという印象を与える。あの韮澤という人物もかなり怪しいと見ている。


こんなことを言うとポニョ見て感動した人に怒られそうだけど、
ジブリもあやしいんだよな。社長がこんなんだし・・・
http://markezine.jp/article/detail/2610

207 :本当にあった怖い名無し:2008/09/02(火) 22:48:58 ID:wt6bo3iO0
>>206
そーなんだよな。層化でぃずにーなんて筋金入りだよねw
ジブリっていうか、宮崎ってめちゃめちゃ怪しいか、
めちゃめちゃいけてるかの両極端な気がする。
真ん中はない!
たけしは遠慮なく逝ってくれw

208 :本当にあった怖い名無し:2008/09/02(火) 23:22:55 ID:rgjowOJP0
リチャードコシミズ札幌講演会
http://video.google.com/videoplay?docid=5406434369513224887

209 :本当にあった怖い名無し:2008/09/02(火) 23:31:36 ID:C3BrXsUs0
アセンションは2008年から2012年にかけて加速すると聞いたことがある。

福田総理の辞任は、安部元総理よりも時期としてインパクトを感じた。
異常気象や地震も例年以上起きている。アメリカではサブプライム
問題がくすぶっている。秋葉原の事件も何かを暗示しているようだ。

2008年というのは変化の最終局面の始まりか。それは吉なのか凶なのか。
これはアセンションの流れなのか。単なる時代の変化なのか。



210 :本当にあった怖い名無し:2008/09/02(火) 23:39:12 ID:SVIyllma0
アセンションは無い。天照大神が言ってる。

211 :本当にあった怖い名無し:2008/09/02(火) 23:40:50 ID:4ulJlAe0O
ここ最近愛知で凶悪事件が多過ぎる
水害のあともやむ気配がないようだ。
ニュー速+でも「愛知は魔界か?」と噂になっている。

ヤバいなと感じる。また災害が起きる可能性がある

212 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 00:10:34 ID:V7+OsG+K0
>>209 
俺もそう思う 明らかに感覚が変わってきている。
2008年から何かが加速するのは間違いないのかも。

213 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 00:20:39 ID:rOxZChuc0
2012年にいたる最後の13年、2000年から始まった13年間を、
13の月の暦にあてはめてみると、最後の螺旋の第2コーナーにきているのがわかる。

214 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 00:49:30 ID:DlaX+kXxO
「アセンションが無い」というのは
「魂は漸進にレベルアップしてるものの、急激な変化は今も今後も起こらないよ」という解釈でOK?

215 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 00:53:23 ID:XbQUs6dy0
>>210
そもそもそれが本物かどうかわからんぞ

216 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 01:12:57 ID:4a4QOCTA0
>>211
人の心が魔を引き寄せる

魔とは犯罪や自然災害ね
愛知はヤヴァイ気がする。さいたまオオサカもキケンかも

217 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 01:24:13 ID:PCU687jw0
>>216
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2008/08/post_8b94.html

愛知は以前話題になった気象庁画像のエンジェルリングの輪の中。
つーかHAAP。

218 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 01:26:15 ID:cJddlNxN0
>>216
東京や神奈川の犯罪件数が過少発表されている件
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/soc/1202911680/

219 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 01:51:18 ID:PCU687jw0
>>216
何も起こらないと思うけど、知ってる人が多ければ回避率はあがるかと。

http://goldentamatama.blog84.fc2.com/
9月連休中は都市部から離れるようにして下さい。
関東地方。東京湾岸には近寄らないで下さい。
浜岡原発も注意して下さい。

ジュセリーノ
http://www.jucelinodaluz.jp/prophecy.html
9月13日にマグニチュード9.1の巨大地震が中国を直撃し、百万人に達する死者を出す可能性があります。
もし中国で地震が起こらない場合は、
日本の名古屋でマグニチュード8.6の東海地震が発生する可能性があり、
その場合、600名の死者と3万人の家屋が失われる可能性があります。
(* 2007年5月8日発刊の手紙より)

220 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 01:59:13 ID:PWQLAVPrO
>>219
やっぱ愛知県の名古屋はヤバいのか

221 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 02:22:08 ID:Ojs3Fr4n0
アセンションなんて信じてなかったんだがなー、
なんかめちゃくちゃ慈悲深い存在が見守ってくれてる気配を最近感じるようになった。
まぁ先祖が閻魔の友達とか言われてるんだけどさ・・・

222 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 02:36:18 ID:PWQLAVPrO
>>221
閻魔あいちゃん?

223 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 02:48:25 ID:Ojs3Fr4n0
>>222
野相公でググるとよくわかるかもー

224 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 04:55:48 ID:ego4AE8W0
グノーシス
正しき認識を獲得すれば光の世界に帰還できる

自分達が本当は「何者」なのか それが理解できれば もはや競争や優劣などから開放される
魂の解放とはそういう事である

225 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 05:11:31 ID:aVN0lhg70
>>224
エゴの塊がよく言うwww。

根源にある欲望を理解するのが「何者」かを知ると言うなら賛成だぞ。
自分には見えないから、自分には欲望が無い清らかな存在だ。
な〜んて笑わせてくれる盲人が多いから、最近とくに増殖中。

226 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 06:13:15 ID:Ojs3Fr4n0
>>225
まーねぇ、悟りを開こうと深山幽谷にこもってみたら
たつのは腹とマラばかりってとこだぬ。開眼したところで
俗に言う理想の聖人君子の如く清らかとは限らない。

227 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 10:29:31 ID:TYoRj0w30
坂本氏によると、春からUFO目撃情報が飛躍的に増えていくはずですけど、
春以降で見ましたか?
たしかにUfoが話題になったりはしたけれど、世間一般的に
エイリアンクラフトとしてのUFOの存在が否定できないような状態にはなってないようだけど。
UFOの登場って、アセンションの重要な前兆のはずだから、となると坂本さんも外れかな?

228 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 10:29:33 ID:ego4AE8W0
>225-226
聖人君子とか清らかな心を持った人とか
そんな事は一言も言ってないけど
欲望とは何か
盲人とは何か
悟りとは何か なぜ、悟り=山篭るなのか
もっと深いレベルの洞察が欲しいね
>221
その存在は 高次の世界から君を見ている「神なる自己」ですねー

229 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 12:36:53 ID:aVN0lhg70
>>228
ま〜るで自分は深い見識の持ち主だと言わんばかりだな。
そんなに深い見識の持ち主なら、欲望、盲人、悟りを日本語で解説してくれ。
知っているなら語るのも楽だろう。
無駄にレス消費するだけなので、くれぐれも質問返しは無しにしてくれよ?

230 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 12:57:26 ID:6LdOwfmj0
>>227
見てる人もいるんじゃないかな。ただそうゆう事いうと変人扱い
されるから黙ってたり。っていうか見てみたいなぁ〜

231 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 19:24:20 ID:B3YyjWgS0
>>230 変人扱いされるのは、昔も今も同じだ。条件は変わってない。
   そんなに増えていねえよ。 アセンションに関係する重要な現象でもないし。

232 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 19:28:49 ID:vUkHmJEl0
     ∩
(*´Д`)彡
 ⊂彡

http://jp.youtube.com/watch?v=y_BEOxG5640

233 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 20:07:26 ID:8D8EbWxJO
これが真実だよ、落ち着いて読め。

http://www.google.co.jp/gwt/n?u=http%3A%2F%2Fblog.sandalphon.jp%2Farticle%2F12232186.html&hl=ja&source=m&start=5&site=web

234 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 20:24:55 ID:DVFqog8Y0
>>233 やっぱり暗黒の3日間はあるんだな。

235 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 20:25:40 ID:mWiw7T9M0
太陽が鍵を握る

236 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 20:30:03 ID:02HXL8VS0
>>233
ふむ、やはり「その日」の確定はできないということだな。
とはいえ、なにか流れが急展開し始めてるようにも見えるから
そう遠い日とも思えん。
何も起こらないともいえない。
ただ、いつどのようにして起こるか誰にも断言できんだろうな。

237 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 20:33:20 ID:KS0fdn6/0
>>233 が紹介しているので、ページを開いてみたい。

2008年03月11日

2012年に世界は終わるのか?
最近、フォトンベルトとか、マヤ暦の終わりとか、予言とかの本が数多く出回っていて、2012年の12月に
この世界が終わるとか、大災害がおきるとか、アセンションするとかいろいろ言われていて、そういうことに
興味を持っている方もいらっしゃると思います。

で、先日の土曜日、グアテマラ在住の、マヤ族第13代最高神官、ドン・アレハンドロ来日講演会に
行ってまいりました。
ドン・アレハンドロさんは、チベットで言えばダライラマ、ローマで言えばローマ法王に匹敵する方ですが、
あまり知られていないので彼らほど歓迎をうけることはありません。

講演会の会場もただの会議室で、こんなに偉大な人を迎えるにはあまりにも質素。
当日の日本語通訳の方も、あまりに勉強不足で下手な通訳だったのが本当に残念でした。
けれども、当のアレハンドロさんは本当にすごい人で、そんなスタッフの至らなさを完全に凌駕していました。

彼は確かに人間としてマスターの領域に達している感じで、彼が部屋に入って来てから、部屋の温度が
ぐんっと上がり、とても濃密なエネルギーで満たされました。講演の間中、わたしの両手はビリビリと
エネルギー放出状態になってしまっていました。セドナからいらしていた方の話によれば、彼自身が
ヴォルテックスなのだそうで、確かに彼がいるととても強いエネルギーを感じました。

もちろん、人間的に見ても素晴らしい方で、その物腰のやわらかさや愛情深さ、寛容さなど、ノーベル平和賞を
とるなら彼のような人なんだろうなぁという感じです。

238 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 20:34:56 ID:KS0fdn6/0
メッセージ自体はとてもシンプルで、いくつかのマヤ暦の本に書かれているようなことでしたが、
それらをマヤ歴の管理者という立場の人から直接聞けたことはとても素晴らしい体験でした。

とくにスピリチャルな人々の間で関心の高い2012年問題についてはとても興味深い話を聞くことができました。
それによると、マヤ族の伝統的なマヤ暦の解釈によれば、2012年が太陽の周期の5200年目にあたるか
どうかは確定していないのだそうです。
2012年12月22日が5200年の最後という説を唱えているのは、マヤ族ではないでしょうというのが彼の話でした。
理由として、1)約500年前(1526年)スペイン人がマヤ文明を滅亡させた時、
正確な暦の資料は全て燃やされてしまった。

2)現存するマヤ歴に関する資料は、洞窟やピラミッドの中の壁などに書き残されていたものだが、
それらも少しずつ削り取られ、世界中に散らばっている。
3)全部で20巻あると言われているマヤ暦に関する資料のうち、解読が終了しているのは15巻であり、
そこからは正確な太陽の周期についての情報は得られていない。
3)グレゴリオ暦は不正確でズレがある。
というわけで、2012年12月22日が、マヤ暦で言うところの太陽の5200年の最後の日であるとは
確定していないのだそうです。そしてその日に何かとても恐ろしいことが起こったりすることはありません。


239 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 20:37:55 ID:KS0fdn6/0
※ここもポイントらしい。 今・・・・時間の流れが早くなっているらしい。
 次には、やはり暗黒の3日間が有るらしい事。

彼いわく、たとえ5200年の最後の日がきたとしても、新しい周期が始まるだけ(例えて言えば
12月31日が終わって1月1日が始まるだけ)で、何かとても特別なことがあるわけではないとのこと。
ただ、興味深いことも言っていました。

それは、●最近時間の流れがどんどん早くなっているように感じる。それは、銀河の中にあるセントラル・
マグネティック・フィールド(スポット)に太陽系が近づいているからであり、5200年の終わりに
太陽はこの中を通過する。
その時、●地球は数時間から数日間、暗黒に包まれるので、それが起こった時に、
5200年の周期が終わり、新しい5200年の周期が始まったことがわかる。

240 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 20:38:25 ID:HNojX7vG0
>>233
伊勢神宮にもいらしたっていうのは本当かな?

241 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 20:38:37 ID:a58tTT3w0
すべては『今』作られてるからね

242 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 20:40:27 ID:KS0fdn6/0
新しい5200年の周期においては、人類はとても平和な時代を過ごすようになるだろうとのことでした。
**********************

さて、これらの話を聞きながら、私はキリスト教における終末論とそれに関する諸事件を思い出していました。
聖書には終末の前兆として次のようなことが書かれています。

「主の日、大いなる恐るべき日が来る前に太陽は闇に、月は血に変わる。」(ヨエル書2章13節)
「その苦難の日々の後、たちまち太陽は暗くなり、月は光を放たず、星は空から落ち、
天体は揺り動かされる。」(マタイ24章29節)

「小羊が第六の封印を開いた。そのとき、大地震が起きて、太陽は毛の粗い布地のように暗くなり、
月は全体が血のようになって、天の星は地上に落ちた。まるで、いちじくの青い実が、大風に
揺さぶられて振り落とされるようだった。」(ヨハネの黙示録6章12〜13節)

ここに書かれているキーワードは、「苦難の日々」「大地震」「太陽が暗くなり、月が赤くなる」「星が地に落ちる」です。
過去、キリスト教界において世界の終末が騒がれた時期は、西暦100年頃、999年、1800年代、1999年です。
西暦100年ごろというのは、キリストの弟子で一番最後まで生き残ったヨハネが死亡したと
考えられている時期です(彼は90歳ぐらいまで生きたと言われています)。当時のクリスチャンたちは
最後の弟子ヨハネが死亡する前にキリストが再臨し、世界は終わると考えていました。ですので、ヨハネが
老人になり、いよいよ死が近づいてきた時、キリストの再臨もすぐにくると考えたのでした。


243 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 20:42:40 ID:KS0fdn6/0
たとえば、1780年5月19日、北米で原因不明の大暗黒日が観測されています。
記録によれば朝の10時から夜中までつづきました。その日、月は満月で太陽から150度はなれた位置に
あったため、月食ではないことが確認されています。夜中、暗闇が晴れて月と星が見え始めたのですが、
その時月は血のように赤かったそうです。1800年代に入りこの記録は再臨の前兆とされました。

1833年11月13日のしし座流星群は、1866年の出現と合わせて、最大規模といわれています。
時期が1844年の前で、すでに再臨ブームが始まっていたことから大騒ぎとなりました。
が、しかし結局1844年には世界は終わりませんでした。

1999年終末論においても、同様の理論が引用された感があります。確かに20世紀は世界戦争が起こり、
「苦難の日々」と考えられましたし、地震計の発明によって、記録される地震の数が増えました
(観測によれば、世界中のマグネチュード7以上の地震の平均回数は毎年20前後で
1900年以来変わっていないそうです)。


244 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 20:44:54 ID:KS0fdn6/0
注目したいのはキリストが、
「その日、その時は、だれも知らない。天使たちも子も知らない。ただ、父だけがご存じである。
・・・だから、目を覚ましていなさい。あなたがたは、その日、その時を知らないのだから。」(マタイ24:36、25:13)
と述べていることです。

終末論者がしばしばやりたがることの一つに、「その日」を確定したいということです。
気持ちはわかります...(^_^;;
●しかし、ドン・アレハンドロさんが述べているように、2012年12月22日は、1999年7月に続く、
世界最後の日ではないということです(そこが5200年の太陽の周期の最終日でもないのです)。
だれも知らない、だれもわからない。
これがキーなんだと思います。

私たちは、とにかく知りたがる=わからないことが恐いんですね。
実は新興宗教団体の多くが、この「わからないことが恐い」という心理を巧みに利用しています。
「わからなくてもいいんだ」という姿勢が、いろいろな嘘に惑わされない鍵なのではないかと思います。
そんなことを感じた講演会でした。

※※これで、コピーペーノは終わり。

245 :30 ◆RPG8JNHiII :2008/09/03(水) 20:53:42 ID:0yikEqzY0
2008年…特になんにもなかったなw
まぁ、あと3カ月あるけどww

246 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 21:02:19 ID:zvzfJj7k0
あと3ヶ月とは!!

247 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 22:32:58 ID:GfitJOoU0
暗黒の3日間後、一部の人々は地球から消えていた。
消えた人々は、地球に残った人々の記憶からも消えていた…

ってことはないのかな?


>>244 >「わからなくてもいいんだ」という姿勢
まずます今・ココが大事になってくるわけですねぇ〜

248 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 22:46:16 ID:AwJiEmuV0
>>233
マヤ族第13代最高神官の講演て行ってみたかったなあ。すごく興味ある。
そのサイト面白そうだからじっくり読んでみる。

249 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 23:17:48 ID:DlaX+kXxO
徳間書店が「5次元&2012年アセンションフェア」というのをやってるみたいよ。自分は以下の三冊を購入してみた。

『まもなく世界は5次元へ移行します』
『さあ5次元の波動へ 宇宙の仕組みがこう変わります』
『私はアセンションした惑星から来た 金星人オムネクのメッセージ』

250 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 23:31:50 ID:P5IluVXcO
あえて書く必要ないかもしれんが、前ほどアセンション情報が気にならなくなりつつある。
あとは、あるなら現象待ちかな。
それ以外は人生を楽しんでいくよ。

お蔭様で、世の中の出来事はいろいろとシンクロして見れるようになった。

251 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 23:36:03 ID:J7fQ821b0
>>244
>2012年12月22日、そこが5200年の太陽の周期の最終日でもないのです)。
だれも知らない、だれもわからない。

 その日はよく言われているように、次元上昇があり地球はアセンションします。
現在の三次元から四次元に移行します。
そのため現在使用されている暦は意味を成さなくなります。
これがマヤ暦でいうところの時間の終わりというものです。

これらの情報は現在知られているマヤ暦から来るものではなく、宇宙的存在による
チャネリングから、現在とても多くあるのです。

252 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 23:44:52 ID:XQ7FAbEd0
俺たちはかつて2次元世界からこの3次元世界へとアセンションした。
しかし何だこのザマは。
次元上昇すれば光に満ちた安らかな世界に住めるだと?
3次元世界は憎しみや争い、ストレスに溢れた地獄の世界じゃねーか。
これなら2次元世界に留まっていた方がマシだった。
これからさらに上の次元に向かい、今以上の苦しみを味わえというのか。

253 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 23:51:01 ID:DlaX+kXxO
三次元は二次元より自由度が高いから、善悪どちらへ転ぶにしろ振れ幅がデカいのではないかと思う。

254 :本当にあった怖い名無し:2008/09/03(水) 23:57:37 ID:DVFqog8Y0
人間じゃなくて地球が次元上昇するんだろ? その状態に人間たちが
適応できるかというと別問題じゃないの? 

255 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 00:16:42 ID:T2gm1SeH0
二次元に住んでる奴ってどんな奴なんだろうね、ミジンコとか?

256 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 00:22:06 ID:9EECryO8O
【トルコ】4300年前の最古の鉄剣の謎、解明…原料は隕石だった![09/03]
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1220388107/


絶対、古代地球は今の人類より高レベルな知識を持った宇宙人がいたはず。
最近、卑弥呼の墓が見つかったり、ローマ帝国の像発見とか
アセンションが近づくにつれ古代文明の謎がどんどん解明されるのかな。

257 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 00:34:20 ID:M+c34lNBO
>>255
そういや蟻の視界は二次元と聞いた事があるなぁ…

258 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 00:38:23 ID:L32lLVFc0
>>252
ワロタ

259 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 00:42:32 ID:t0ZyWaMP0
>>258
まったくだな。こんたんみえみえ

260 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 01:04:44 ID:rXsenKjPO
いわゆる三次元的な悩みというのは時間さえ超越できれば解決できるものばかり

261 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 01:11:58 ID:IQg27rGw0
徳間書店が「5次元&2012年アセンションフェア」というのをやってるみたいよ。自分は以下の三冊を購入してみた。

『まもなく世界は5次元へ移行しますが何か?』
『さあ5次元の波動へ 宇宙の仕組みがこう変わりますが何か?』
『私はアセンションした惑星から来たが何か? 金星人オムネクのメッセージ』


262 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 01:29:12 ID:Cml8hdjP0
>>260 あぁそうだね
”過去”に囚われた時、”未来”に不安を抱いた時に悩みが発生する。
いま、この瞬間、自分が何をしているか実況中継してると、悩みは消えていく

263 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 01:39:21 ID:rXsenKjPO
そういえばレムリアルネッサンスという団体がアセンションに絡んだ活動をしてたような気がする。
誰か他に興味ある人居ない?

264 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 02:20:32 ID:aRX6jax8O
今の自分の体がスーパーサイヤ人とか妖精みたいな感じに突然変異するとでも思ってる?まさかね

265 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 02:41:31 ID:PQvY0REzO
>>264
言っておくけど随分前に半不死身体質になったよ。
外見は変わらないけどね

266 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 02:44:01 ID:IQg27rGw0
>>265
半身不随に見えた

267 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 02:51:36 ID:PQvY0REzO
>>263
X JAPANのトシが入ってた宗教?

268 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 02:53:26 ID:aRX6jax8O
>>265
釣られてくれてありがとう。
しつこいニキビが治っただの、そんなんでアセンションと結びつけようとする奴とか出てきそうだな。体調の変化なんて昔から誰にでもあるっつーの。この先もな

269 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 02:57:17 ID:PQvY0REzO
>>266
wwww
シャレじゃなくて半不死身体質になったあと、半身不髄ぽくなったこともあるし、人の言葉が人の言葉に聞こえなくなったこともある。
多分、自分の悪想念がモロに自分に返って来た結果だと思うけどw

270 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 05:08:05 ID:3ehA0IaEO
このスレには俗に中二病と呼ばれる方がたくさんいますね。
私もそうです。

それではこの言葉を皆さんに捧げます。

アセンション プリーズ
次の世界に飛び立ちます。
また会いましょう

271 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 05:45:05 ID:DJHARgWZ0
四次元て消失するんじゃないの、地球は五次元行くんじゃなかったっけ

272 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 07:33:02 ID:9jpUOafj0
本旨とは関係ないが
中2病を否定する事自体がナンセンスだと思う。

273 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 07:54:56 ID:PQvY0REzO
中2というのは本当に不思議な時期。
何か意味がある年齢なんだと思う。
オレが不死身体質になったのもまさしく中2だし。

274 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 08:28:30 ID:3IS1n/NQ0
俺がUFOを呼んだのも中2の時だったな。


275 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 10:18:28 ID:cTwsVUJh0
五次元になると人間の体重はやっぱり増えますか?
メタボなのですごく気になります

276 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 10:35:06 ID:rTlpwzewO
人間の成長は七年周期だと云われるな。
七歳で乳歯が生え替わり、十四歳で思春期、反抗期を迎え自立する。

五次元と体重は関係ないと思うが、メタボはよくないぞ。笑
食事に留意したほうがいい。

277 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 14:07:32 ID:HOg2gTjq0
最近のイスラエルの新聞では、10月中にイスラエルがイランを核兵器で攻撃するつもりという記事がある。
他にもCIAの幹部や、2006年に三極委員会に参加した人物、オランダの情報当局も同じことを述べている。
http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/

WebBotの10月7日の予言はこのことか?

278 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 14:11:27 ID:low4b7H60
>>277
ウアァァァ
 (>'A`)>
( ヘヘ

279 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 14:31:29 ID:z/S8N6Fy0
■ニートの年間コスト

食費・光熱費ほか 3000円 × 365日 = 1,095,000円

ほか市民税・健康保険・年金として

年間140〜150万円

150万円 × 10年 =15,000,000円!!!(笑)

280 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 14:43:15 ID:Luntf2ZT0
そうなんのかw

281 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 14:51:11 ID:6ITLIXf20
老齢基礎年金 年額:792,100円
年も考えて、向上のしようがもう無いのが何ともかんとも。

282 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 19:31:57 ID:TE3jH1NT0
>>272-274
今まさに中二でもうすぐ14歳の俺がいる
アセンションを知ったのが中2
母さんもフリーハグとか天上のシンフォニーとかアミとかかなり前から読んでた
俺はインディゴなんだろうか…マリオネットのようにみんなに遊ばれる始末
いっそのことHAAPRとかといっしょに今の社会システム全部ぶっ壊したい

283 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 19:41:39 ID:LWF7yfvo0
>>282
マスコミぶっ壊せば
第三次産業はつぶれていくよ

284 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 19:55:21 ID:PQvY0REzO
>>282
人間誰でも中2の時は劇的な進化をするぜ
良いことがあっても悪いことがあっても頑張れ!

285 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 20:02:17 ID:LWF7yfvo0
>>282
>マリオネットのようにみんなに遊ばれる始末

学校のクラスとかで望んでないのに
一方的にイジられキャラみたいな扱い?

286 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 20:05:42 ID:buMf9vS+0
ttp://news.livedoor.com/topics/detail/3806773/
太陽の黒点が約100年ぶりにゼロに、地球の気候に大影響か

287 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 20:27:36 ID:TE3jH1NT0
>>285
そんな感じ、先生に言われて気づいた
めっさ中に2くさくなるけどこんな感じ
僕は汚れたマリオネット
とても汚れたマリオネット
今日もちいさい見世物部屋で
せっせとみんなに笑われる
女の客は寄ってこず
男の客は憐れみ笑い
自分のまいたツルの種
あくせくしっかり始末する
自分にまとわりついてきた
ツルのタネを始末する




・・・なんか・・・御念なさい

288 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 20:30:10 ID:htKvBs/c0
自分の子供が2chなんかやってたら、ぶん殴ってでも止めさせるよな。

289 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 20:33:06 ID:TE3jH1NT0
>>288
私はアセンションでここに行きついたので、他の板には行ったことないです

290 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 20:36:51 ID:PQvY0REzO
>>286
【科学】太陽の黒点が約100年ぶりに消える…地球の気候に大影響か[9/4]
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1220524668/

291 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 20:48:34 ID:ufncBGZ+0
>>287
周りが信じられないときは、思い切って
本読め本、ドストエフスキーの罪と罰あたり
中学生の頃読んどくといいよ

292 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 20:59:52 ID:PQvY0REzO
レ・ミゼラブルもおすすめ。小学生向けのじゃなく、原作に忠実な翻訳のぶ厚い本な。

293 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 21:08:53 ID:ufncBGZ+0
世の中次から次に本は出版され、一生のうちに読める本は限られている
だったら最高だといわれてる本何回も読めばいい。
それが一番効率がいい

by 青木雄二

294 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 21:15:29 ID:9jpUOafj0
どうせ本を読むならもっと明るい本を読んだら良い。無理に世の中をシニカルに解釈する必要はない。


295 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 21:16:19 ID:TE3jH1NT0
>>294
たとえばどんなですか?

296 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 21:45:39 ID:j8iFSmN60
じゃあエンデのモモあたりか
罪と罰は感動したぞ俺は

297 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 22:04:15 ID:uRiWS7Rs0
この板的に言うなら「カラフル」って小説も好きだけれど。
直木賞受賞作家だよ。

298 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 22:18:13 ID:j8iFSmN60
>>295
漫画は好き?カイジとか面白いよ

299 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 22:36:34 ID:JFkiWazN0
北朝鮮がなにやら2012年を目指して何かをがんばってるらしいが。

300 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 22:39:00 ID:nsaBb4Nj0
>>299
だな。

301 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 22:55:49 ID:DJHARgWZ0
え、なにを…

302 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 23:13:05 ID:PQvY0REzO
インディゴでググッたら久保田利伸のインディゴワルツが引っ掛かった

303 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 23:16:54 ID:TE3jH1NT0
>>298
マンガはかなり偏ったジャンルを…
絶望先生とかネギまとか、
シャナもアニメでみてます

304 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 23:27:32 ID:cSttUziR0
>たとえば、1780年5月19日、北米で原因不明の大暗黒日が観測されています。

実はこの日に新しい5200年の周期が始まっっていたんじゃね?

305 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 23:29:16 ID:j8iFSmN60
>>303
福本漫画いいよ、俺も中学の頃読んどけばよかったって思った

カイジって3種類あるけど
「賭博黙示録」っていう黒の背表紙が一番最初で、一番面白いやつだから
とりあえず、よかったら一巻だけでも読んでみて。

306 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 23:30:19 ID:j8iFSmN60
>>303
うるちゃい!うるちゃい!うるちゃい!

307 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 23:32:41 ID:rXsenKjPO
俺は小説よりも新書を読むことをオススメしたい。良書に巡り会えば世界観が一変するよ。

308 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 23:34:04 ID:TE3jH1NT0
>>305-307
アドバイスありがとうございます!早速本の虫になってきます!


309 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 23:34:52 ID:j8iFSmN60
カーの「歴史とは何か」あたり?

310 :本当にあった怖い名無し:2008/09/04(木) 23:35:13 ID:9EECryO8O
マリオネットって元ネタはチャゲアスかと思った…けどいまの若い子が知ってるはずないよなー

311 :本当にあった怖い名無し:2008/09/05(金) 00:05:24 ID:TE3jH1NT0
>>310
いや僕はほんと中2ですよ?
マリオネットとかはいろいろホラー好きなもので

312 :307:2008/09/05(金) 00:06:15 ID:Coo+py7cO
>>309
自分はいつも
竹内薫さんの「99%は仮説」や佐々木哲さんの「東大入試で遊ぶ教養」、松井さんの「宇宙人としての生き方」などをオススメしてる。
探せばもっともっと良書が見つかると思う。

もちろん小説を否定してるわけじゃなくて、
新書と併せてバランス良く読めたら素晴らしい教養が身につくのではないかなと。そう思ってます。

313 :本当にあった怖い名無し:2008/09/05(金) 00:17:05 ID:78CssweT0
読書力って新書なかったっけ

314 :本当にあった怖い名無し:2008/09/05(金) 00:32:21 ID:WcjZcA3p0
俺の中2のころはボッコちゃんくらいしか読んでないなあ・・・。
漫画は寄生獣とか風の谷のナウシカがオススメだよ。
あとは新スタートレックも良いと思う。
ニコニコで見れるカターンの話は傑作だよ。

315 :本当にあった怖い名無し:2008/09/05(金) 00:45:58 ID:R2B/CrBt0
そういえば、カッパのカータンってのがいたな。

316 :本当にあった怖い名無し:2008/09/05(金) 00:50:53 ID:78CssweT0
>>314
寄生獣はいいね、ナウシカも映画より、原作の方が内容濃いんでしょ

俺はミギーの性格っていうかあの柔軟さが
人間の理想的な人格なんじゃないかって思ってる

317 :本当にあった怖い名無し:2008/09/05(金) 00:51:38 ID:78CssweT0
>>316
訂正

人格→あり方

318 :本当にあった怖い名無し:2008/09/05(金) 01:08:00 ID:gja9Sa0DO
本当は前のページにも書いた『星を駆ける者』ジャック・ロンドン著がおすすめなんだけど、
古い本だし作者もすぐに死んじゃったから、イマイチ無名で入手困難なんだよね。
俺も図書館で借りて読んだし。
別の星からの転生や輪廻が描かれていて下手なスピ本よりよっぽど面白い。
オオカミや鹿などの、野生動物の伝記モノしか書かない作者の
唯一のSF小説かな。(多分本人の記憶だな…)

319 :本当にあった怖い名無し:2008/09/05(金) 03:02:50 ID:Coo+py7cO
徳間書店のアセンション本早速一冊読み終えてきた!

320 :本当にあった怖い名無し:2008/09/05(金) 03:59:18 ID:9PS8MkfZ0
物事は、進む時には、一気に進むものですよね、、、、


321 :本当にあった怖い名無し:2008/09/05(金) 04:00:24 ID:gja9Sa0DO
>>319
おめでとう

322 :本当にあった怖い名無し:2008/09/05(金) 04:54:38 ID:78CssweT0
俺は伊勢白山道って人の「内在神の道」って本を読んでから
本屋の精神世界系のコーナーをぶらついて、ついつい本を買ったりする癖が消え
今まで持ってたそれ系統の本をブックオフに30冊は売りに行った

こういう人が他にもいるみたいでビビった

323 :本当にあった怖い名無し:2008/09/05(金) 05:06:13 ID:NqBhFffH0
>>322
ブクオフの実用書(?)コーナーは、
その場にあるだけで信憑性が損なわれてて困るwww


内在する『何か』はあっては欲しい。
だけど、それを一足跳びに神と銘々するのは気が退けるんだよな。
無意味に善良で光に満ちてますって顔してそうで。
少なくとも俺の中に在るものは、そんな形では無い気がする。

324 :本当にあった怖い名無し:2008/09/05(金) 06:22:51 ID:kcZMb4OkO
2chはもう不要かな。なくなればいいのに。

325 :本当にあった怖い名無し:2008/09/05(金) 06:50:46 ID:Coo+py7cO
インターネットは残ってほしいなぁ

326 :本当にあった怖い名無し:2008/09/05(金) 08:53:06 ID:JpQ7S5V00
電気に代わる新エネルギーを

327 :本当にあった怖い名無し:2008/09/05(金) 12:14:20 ID:VQCdFu120
はひろ

328 :本当にあった怖い名無し:2008/09/05(金) 13:38:20 ID:CTa8pQC70
>>324
そう思うなら離れていいんじゃない。私はもうちょい必要

329 :本当にあった怖い名無し:2008/09/05(金) 15:00:34 ID:vfrIpW0F0
2ch卒業した人は次のステップに進もうとしてる人
って感じ。身魂みがきしないとな。

330 :本当にあった怖い名無し:2008/09/05(金) 16:49:20 ID:1hQr4Kzm0
2chは見渡す限り

2割は病気
6割は流されやすい
2割は分別がある

という印象です

331 :本当にあった怖い名無し:2008/09/05(金) 16:55:01 ID:1hQr4Kzm0
>>323
個人的には、作者が私の興味あった人物を一通り
抑えてたってのが一番の理由なんだけどね
それももう、近代神秘学の重要人物から

個人的には●ルジェフが当時最高だって思ってたから
作者がこの人を抑えてた時点で
もうどうでもよかったw

自分がやってることは
変化が起こってのことだとは思ってはないけど。

332 :本当にあった怖い名無し:2008/09/05(金) 17:09:36 ID:1hQr4Kzm0
>>323
あと、地震とか変な事件を
直前にブログで予言してて
連続して的中したって言うので、興味を持ったのが最初だったかな
とにかくこの人には何かあると

で、その人が書いてる本があるっていうからとりあえず読んでみようと思った。
タイトルも個人的には辟易した部分もあったけどね、
どうせよくある、一種の高揚感とか自己満足でおわるだろって思ったけど

必ずしもそういうことを促すことが強調された内容ではなく
結構刺激的だった。
新たに興味が出た部分もある、
今回売りに行ったのは、必ずしも全部ではなく
余計なものっていうか、そういうのはもういらないかなって感じのものを売りに行った。

もちろん機会があれば、そういう系統の新しい本も買うだろうけどね
ただ、今までみたいに無目的にうろつくようなことはなくなった感じかな。

アニメ雑誌は立ち読みする。

333 :本当にあった怖い名無し:2008/09/05(金) 17:13:44 ID:1hQr4Kzm0
ちなみに私は2chでも評判の悪いTV実況板民なんだけどね
オカルト板にはたまに来ます

334 :本当にあった怖い名無し:2008/09/05(金) 17:15:22 ID:2rLxvPQx0
2chもだけど、googleも終了の気配がすごくする。
パソコン通信からインターネットへ移行したみたいに、そろそろ次が出てきてもいい。
すでに、中二病な悩みと他人の悪口と辛口批評がしたい人は発言小町に移動してそうだ。
vipperもニコニコに引越してくんじゃないかな。
ねらーも40代が一番多いっていうのが判ったら、懐かし掲示板化してくかもね。
実際、ねらーは40代スレに俺は60代って人とかおっさんが多かったし。


アセンションに話題を戻しw

10月14日にUFO襲来とオバマ大統領が当たらなかったら、
既存のアセンション系HPは終了するのか?
それとも全部PICOみたいに当たらない予言サイト化していくのかな。

UFOも本気で来るなら、後で合成じゃないかって言われないように
生中継中のカメラに映りこんで欲しいな。

335 :本当にあった怖い名無し:2008/09/05(金) 17:16:19 ID:cqLZYo1a0
全く赤身の肉を食べたことがないベジタリアンの男性が牛肉のステーキに初挑戦
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080902_vegetarian_eat_meat_first/

336 :本当にあった怖い名無し:2008/09/05(金) 17:50:10 ID:2rLxvPQx0
9月3日から急速に地球の振動数が上がって、皆さんの目覚めが始まっています。

http://blog.goo.ne.jp/flatheat/d/20080904

337 :本当にあった怖い名無し:2008/09/05(金) 18:20:37 ID:Ks/d0M7F0
とても残念だが、アセンションはフィクションだ。
でも、「たった今アセンションが起こりました」と騙すことはできるだろう。

338 :本当にあった怖い名無し:2008/09/05(金) 18:24:50 ID:HbgsJX6pO
夕べ夢を見たよ。
鳥居のような門を人々が続々と通っているの。
それで「あぁ、やっぱりアセンションはあるんだ」って思った。
それを通った人はアセンションするって感じだった。
単なる臨死体験かもしれないけどね。

339 :本当にあった怖い名無し:2008/09/05(金) 19:52:58 ID:7/bSyA+A0
>>334
ヒント:天地創造は終わってはいない。

     ∩
(*´Д`)彡
 ⊂彡

http://jp.youtube.com/watch?v=UaZrK_NuQ0c

340 :本当にあった怖い名無し:2008/09/05(金) 21:28:32 ID:Mn5qQQk80
>>335
私もひさしぶりに牛を食べた時、半日以上臭いゲップが止まらなかったよ。
もうハンバーガー屋さんに行っても、フィッシュかベジタブルバーガーしか食べられないぽい。

341 :本当にあった怖い名無し:2008/09/05(金) 21:32:00 ID:gja9Sa0DO
MIB始まるよ
日テレ

342 :本当にあった怖い名無し:2008/09/05(金) 21:46:27 ID:HFk4FQun0
気持ち悪い宇宙人がいっぱい出てくるね

作った人と見る人は低次元にいるんだね。

343 :本当にあった怖い名無し:2008/09/05(金) 21:50:04 ID:2rLxvPQx0
むしろアメリカ人の知らない、缶コーヒーCMの宇宙人ジョーンズのほうがいい。


344 :本当にあった怖い名無し:2008/09/05(金) 22:43:00 ID:FDJ6blNj0
アセンションがあって、社会の矛盾がすべて飛んでいくならいいけど、
しかし、壮大な「機械仕掛けの神」だな。

345 :本当にあった怖い名無し:2008/09/05(金) 22:57:04 ID:+vv26lpm0
>>334
気のせい
減ったとしてもごくごく少数の割合

346 :本当にあった怖い名無し:2008/09/05(金) 23:00:02 ID:wZn1Q0QF0
俺はアテンションで舞い上がることにする。

347 :本当にあった怖い名無し:2008/09/05(金) 23:05:21 ID:2rLxvPQx0
マヤの神官も言ってたけど、やっぱりもうアセンションできる人の選別終ったのかな・・・

http://2hon8re.blog.ocn.ne.jp/blog/2008/04/post_c797.html
「ガイヤプロジェクト2012」と名付けられたある計画では、
これで地球の人間達は、輪廻転生は終ったという。
((2005年くらいで終了しているという。信じられない話であるが・・・)

では今死んだ人はどうなるか?である。
死んだ人(肉体が滅んだ人)の魂は、この宇宙の存在が彼らの飛行物体で、
その魂に合った次元の星に連れて行くという。
その導きもその宇宙の存在達の重要な仕事らしい。
では死んだ人で5次元の意識を持っていた人はどうなるのか?
 この宇宙の存在たちの、飛行物体の中で、時を待つという。
そして地球が5次元の世界になったとき、新人類として地球で暮らすのだという。
もともと悪も正義もなかったのである。

http://2hon8re.blog.ocn.ne.jp/blog/2008/07/post_c6ce.html
五次元以上に高次の自己がいるなら、大変動の後で地球の従属自己は、高次の自己と統合される。
生まれる前に立てた計画によって、五次元に昇る者は、大変動後も地球にとどまるか、
ほかの五次元世界に移るかをえらべる。
四次元以下の意識を持つ者は、本人の周波数に合ったほかの世界に移ることがすでに決まっている。

http://2hon8re.blog.ocn.ne.jp/blog/2008/07/post_509a.html
地球エネルギーは宇宙のすべてを受け入れ、認める。地球エネルギーの中でしたことはすべて容認、理解され、許される。
物質地球でしたことで、将来、不利になったり罰を受けたりすることはない。

http://2hon8re.blog.ocn.ne.jp/blog/2008/06/post_683e.html
人生の苦痛は、輪廻転生をきちんと理解することによってしか、解消できない。
だがこれまで自己覚醒は、少数の例外を除いて許されてこなかった。
予備知識がないほうが、経験の学習効果が高まるからだ。
地球は強い感情をつむ場所だったから、地球のユニークな状況を理解することは、ガイドプロジェクトが完了するまで許されなかったのだ。


348 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 00:55:30 ID:05PgLU/GO
>>347
あくまで自分の考えだけど、
アセンション情報に惹き付けられてることが既に縁がある証拠だと思う。
今後どうしたいとかは自ずとわかってくるんじゃないかな。

349 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 01:14:00 ID:K2i18rSY0
第三次世界大戦(核戦争)への引き金になると言われている米国のイラン攻撃が
起こる起こると言われながらいつまでたってもも始まらないのは、
マシュー君が言っていた、いかなるところでも核戦争を起こしてはならないという
宇宙の法則に基づいて、本当に神が介入してるからかもしれないな。
地球のことを考えると、地震兵器や気象兵器の使用も禁止すべきたと思うが。

350 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 01:18:34 ID:II8dFaml0
アセンションはベストフィクションである。楽しもう。

351 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 01:31:53 ID:z9qhc89M0
去年の今頃はこんなことあったよな
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2300475/2264650
http://dark27.seesaa.net/archives/200709-1.html

352 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 01:45:08 ID:zEzoW6VU0
ニーベルンゲンの指環は、最後は指環を、ラインの乙女たちに返すの。
指環を持ってると、世界を支配できるのだけど、呪われて不幸になるから、
ワルキューレの中の、ブリュンヒルデだったかが、ライン川の妖精たちに返して、おしまいって話。北欧神話のドイツ版ね。

マスクも、川で古代のマスクを拾うのだけど、そのマスクを被ると、変身して、力が涌いて来るの。
でも、最後は、マスクに頼らなければいけない自分が情けなくなって、自分からマスクを、川に捨てて、終わり。


353 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 02:32:52 ID:b5fMClXj0
愛知県おかしいって話と、ジュセリーノはこれのせいかな。
人間の六感も敏感になってるんだよ。

http://weather.livedoor.com/earthquake/2008-09-06-00-12.html
地震発生時刻 2008年9月6日0時12分ごろ
震源地(震央) 深さ 約410km
緯度・経度 北緯32.6度 東経137.1度 (愛知県沖)
地震の規模 マグニチュード 5.3

何故か愛知周辺は揺れないで、揺れた地域が茨城震源の地震みたいな不思議な地震。
スレチだけど、ロシアの地震サイトはよく当たるなー。



354 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 02:43:18 ID:7LfWhv3t0
ガセリーノはもうお腹一杯。
芝居がかった厨単語もお腹一杯。
そろそろ簡単な言葉で、
誰かアセンションを説明してくれないか?

355 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 02:47:41 ID:N2yx4w5aO
>>353
愛知県がおかしいって言ってるのはアセンションなんて言葉を知らないニュー速+の人達なので、逆に信憑性が高い

東京や千葉や大阪でも凶悪な事件はあるが、今年になってからの頻度と残虐性は愛知県が突出しているのだという

356 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 03:12:08 ID:fZlrRBRn0
笑いながら空飛んでる人見た。これアセンション?

357 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 03:19:20 ID:7LfWhv3t0
>>356
いいえ、それはモスマンです。
逃げて逃げて。

358 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 03:22:21 ID:aZbNhKG80
>>353
それは異常震域というのじゃないかな?
去年のちょうど新潟県中越沖地震のとき、京都沖で震源が深い地震があって、北海道・東北がけっこう揺れた。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1312195918?fr=rcmd_chie_detail


359 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 03:26:58 ID:N2yx4w5aO
>>356
ハンコック?

360 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 03:58:41 ID:dSNJ3LleO
ワロタ

361 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 04:45:47 ID:omkydR6aO
>>356
いいえ ケヒィアです

362 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 05:24:46 ID:FByK3ULAO
>>357
モスマン最近聞かないな

363 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 05:44:45 ID:gSwbkm6l0
モスマンってロシアで目撃されたやつでしたっけ
南米だとチュパカブラ?
たしかに最近、藤岡隊長出発しないな〜
矢追弘でもいいぞ
久々に、あのCMになる時のSEが聞きたい

364 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 05:51:42 ID:18zcGknd0
ハンコックってスーパーマンクラスの超人だけど
スーパーマンと違って全然紳士的でないから面白そう。

365 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 06:20:56 ID:WzPAdzCrO
>>364
注目度
ハンコック>アイアンマン>ウォンテッド>>覆らない壁>>アンブレイカブル(シックスセンスの監督とブルース・ウィルス)

スーパーマンもいまどきああいうの居ないからかえって新鮮だ。
敵の攻撃が来たらノーガードで胸張って受け止める!
無人の広野とかならその調子で無敵だけど
街中では倒壊した建物の破片を受け止めたり、
人の盾になったりするんで戦闘中はスゲェ忙しい。

366 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 08:00:52 ID:05Tw/NkxO
モスマン=ドクガンダー

ショッカーの本拠地はロシアだったのです。

367 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 09:10:58 ID:8PbJw27c0
死んだ人がどこに行ったか見るとすごーく遠くにいった人と
半分死んで半分生きてる感じの人とがいる。

すごーく遠くに行った人の意識を読むことは不可能。
でも時々呼びかけに答えてくれることもある。
これは5次元以上に行っちゃった人と思ってる。

半分死んで半分生きてる人は自分が死んだって自覚がないことが
多い。まだ生きて経験中(生活中)だと思っている。
これは未熟なまま死を迎えて4次元にいる人。
どちらかというと3次元に近い重さ。

最近後者のタイプは自分の周りにはあまりいない。
4次元も閉店をむかえつつあるってことか。


368 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 10:09:27 ID:7LfWhv3t0
>>367
あぁ、少し感覚は違うけど、ニュアンスはわかる気がする。
近くに居る人は四次元というより、今の世界から薄皮一枚隔てた所に居る感じ。
障子の向こう側の世界。
遠くに逝っちゃってる人は、四とか五とか数えられるような次元ではなく。
もっとワケの解らないところに逝ってる気がするが。
グネグネ次元とかウネウネ次元とか、子供のようだが、そんな遠いところ。

369 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 10:22:50 ID:y46To1pZ0
>グネグネ次元とかウネウネ次元

混沌としている場所?

370 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 10:33:30 ID:8PbJw27c0
>>368
そうそう、近くにいる人ってこの世界とあんまり変わらないとこに
いるから気配も結構濃厚に感じる。障子一枚向こう。
アセンション関連の呼び方だとこれが4次元ってのかな?と思った。
遠くに逝っちゃってる人てはこの世界とは違う遠いとこって気がする。
これもアセンション的呼び方だと「5次元」とかそれ以上ってことかとおもった。

かなり前から葬式に行くと当人の実体はどこに行くんだろうと思って、ちょっとさぐって
みたら逝く予定とか逝ってる場所が違うことに気付いて、もうちょっとよく探って
みたら何となく傾向があることにも気付いた。

最近になってアセンション関連の記事読み出したら似たようなことがかいてあるので
何となく当てはめてみた。
とすると5次元以上の世界って368の言うとおりグネグネウネウネしててこの世的な
感覚とは全く違う世界だな。整然としてないのになんかある種の軸みたいのは
ある。
それが恐らく個人個人の思考とか想念とかで、上の世界はそれを基軸に出来てるみたい。
ぐちゃぐちゃなんだけど軸があるって感じ。

371 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 10:35:19 ID:8PbJw27c0
訂正

×遠くに逝っちゃってる人てはこの世界とは
○遠くに逝っちゃってる人はこの世界とは

372 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 10:47:03 ID:7LfWhv3t0
>>369
言葉にし難いのよ、これが本当に。
混沌って言うと、俺の中には混沌のイメージが有って、
それに当て嵌まるかと言われると、首を傾げたくなる。

>>370
五次元って表現だと、今の三次元+αの世界だけど、
そもそも縦横高さが適応されてるのか解んないくらい遠い(異質な)感じじゃないか?
向こうには向こうの都合(軸)あるんだろうけど、こっちの感覚じゃワケが解らん所。
だから、ウネウネとかグネグネとか、そんな表記が一番近いんじゃないかと思ってさ。

373 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 11:32:51 ID:05PgLU/GO
その死んだ人が生まれ変わってきた感覚とかはないの?

374 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 11:58:01 ID:Wsf3+ednO
自分の知ってる基地外も愛知県の人間だった。
愛知県や名古屋って基地外しかいないの?

375 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 13:03:11 ID:jS9PdJlU0
>>374
地理お国自慢板はこっち
http://love6.2ch.net/chiri/

376 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 14:36:39 ID:FByK3ULAO
>>374
その人は急に肩揉んできたりしますか?

377 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 15:13:42 ID:yO/MYdCB0
茨城県沖の地中深くに富士山級の海底火山が発見されたわ。
あれがナマズの正体だったのね。

378 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 15:33:58 ID:b5fMClXj0
>>367 >>368
>>370
自分はお墓参りにいったときに、
生前あんまりいいイメージのなかったじいちゃんとばあちゃんの墓は何も感じられなかった。
家に写真があるけど、それも何も感じられない。
ばあちゃんは死んでから10年、じいちゃんは5年、今まで一度も夢に出てきたこともない。
死ぬまで、賞味期限の切れたインスタント食品から
昭和30年代の電化製品、お金とか溜め込んでたから、
どうも5次元に行けると思わないので、他の星への転生待ちなのかと思ってたんだけど・・・


もう一人の今年13回忌のばあちゃんは墓にいたけど。
お盆に故人は蜘蛛になって戻ってくるっていうけど、本当にこのばあちゃんの盆棚や墓には蜘蛛がいる。
というか今年のお盆は自分の家にも来てたみたいだ。
俺が生まれたころから体の具合が悪くて、ずっと寝てるか食事は車椅子っていう
介護が必要な生活だったんだけど、愚痴なんて聞いたことがなくていつも明るかった。
こっちのばあちゃんは普段は5次元以上のとこにいるみたいね。

あと、今年2月に亡くなったいとこのお墓にいったら、
帰りにおじさん(いとこ父)の車のいつも自分が座っていた助手席に乗ってた。
その上におじさんが座ったんだけど、人型ではなくてきれいな光の集合体だった。
いとこは別にどこにでも行けるんだけど、あえて3次元に顔を出してるって感じだなあ。
おじさんの意識に統合する気なのかなっても思えるし。

『22をこえてゆけ 第2巻 太陽の国』に
意識の次元があやふやの人は弱っている子猫のようで、手を差し伸べようとたくさんの人が集まってくる。
って書いてあったけど、いとこはまさにそういう感じ。
重度の障害者に生まれて、歳はとるけど、ずっと一歳の赤ん坊みたいだった。
それなのに、いつもどこかでいとこに会った人はみんなファンになってしまうから不思議だった。


379 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 15:38:04 ID:18zcGknd0
五次元というのは、ウスペンスキーの世界で言うところの「平面的立体時間」
つまり早い話が平行世界が無数に存在する次元ということだね。

380 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 15:39:21 ID:18zcGknd0
>>379
間違えた。

「平面的立体時間」 ×
「平面的時間」    ○

381 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 15:45:37 ID:yO/MYdCB0
霊界はもうほとんど消滅しかけている

382 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 15:54:55 ID:AxYVD4iM0
>>381
今後幽霊は見れないし、心霊写真も撮れなくなる?

383 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 15:59:27 ID:GTp/9uzI0
面白い人が多いスレですね^^

384 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 16:06:14 ID:AxYVD4iM0
おまえもなんか面白いこと書けよ。

385 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 16:09:31 ID:18zcGknd0
>>383
そう、ここは面白いところなんだよ

386 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 16:14:06 ID:6HptaAlI0
>>379
まさかこのスレでウスペンスキーの名前が出るとは思わなかった
ターシャムオルガヌムにそういうことが記述されてあるのですか?

387 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 16:31:16 ID:iJ8vd4AA0
あえて主要な単語は使わずに、身近で起きた不思議な出来事を書くと
その異質さというか、あるいは自然的な寛容力がはじまりつつあることに気づく。

まず、何かが起きる気配があるのだ。
それに気づくためには、身近な出来事を丹念に注意深く、解きほぐしていくと鮮明に見えてくる。

そして、本や大それた物語ではなくて、
今ここにいる自分自身の生活の中から自然的な異質さに気づくことが重要なのだ。

388 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 16:32:20 ID:owG6IZU60
>>386
ネットで調べたのは「もう一つの宇宙論、新しい宇宙像」というもので
四次元の世界は時間軸が実体化した世界で、それを三次元では全てを知覚
出来ないので「時間」として知覚するらしい。だから時間の経過で起こる
イベントは四次元では最初から同時に存在しているらしい。
同じように三次元の奥行きは、二次元世界では時間となる。

389 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 16:37:46 ID:K9LJeULD0
>>8のスレ読んできたけど
よくわからなかった

390 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 16:38:36 ID:6HptaAlI0
>>388
ようするに
いま私たちが知覚できてる世界は三次元的なものってことでいいのかな?

391 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 17:07:51 ID:owG6IZU60
まあ、そんなところ
時間が実体化したら怖いけどw

392 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 19:07:53 ID:XjaMpt2k0
時間軸とはなんですか?

393 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 19:10:40 ID:AxYVD4iM0
>>392
駅の時刻表じゃねぇか?

394 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 19:12:07 ID:nBHG+wKE0
バスじゃダメなの?

395 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 19:31:30 ID:ip5J8ss80
ウィキで時間軸見てきたけどさっぱりわかんなかった
駅でもバスでも時刻表でいいや

396 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 21:26:51 ID:qli9VWSw0
貧富の格差は極大まで広がった後、非線形な方法で収縮します。

これは貧しい人が豊かになるというよりは
豊かな人が貧しくなるという形になるでしょう。

森林資源が枯渇した時、民衆暴動によって社会システムが崩壊しました。

待っていたのは同族相食む飢餓です。


397 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 21:41:55 ID:Mo2EykUF0
うん、今の普通の生活が、


特権階級のものになる。

一時期の北朝鮮のような状態になる。

そしてできるだけカロリーを消費しないように動かない生活。

398 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 21:44:21 ID:Mo2EykUF0
世界的な飢餓から自分だけ逃れようと、亡命する特権階級が出てくる。

200人から300人ほど、まとめて穀倉地帯に亡命する。

その際に日本の文化財をまとめてごそっと持っていく。

飢餓による被害は最小限に抑えられる。

399 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 21:47:04 ID:AxYVD4iM0
お?アセスレにしてはリアリティのある話が。


400 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 21:53:40 ID:AxYVD4iM0
>>398
文化財の被害を押さえるってこと?

401 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 22:01:45 ID:Mo2EykUF0
文化財の略奪めいたことが起こるかどうか。

ともあれ通貨として利用はできるわけだし。

人質ということも考えられる。

「それ以上近づいてみろ、玉虫厨子がどうなってもいいのか?」


402 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 22:05:03 ID:znMc03g80
>「それ以上近づいてみろ、玉虫厨子がどうなってもいいのか?」
あんま一般の暴徒とかに利く人質じゃあねーな
仏像が尊ばれる国も限りあるし

純粋に換金するための財産として流出するってことだろう

403 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 22:09:10 ID:AxYVD4iM0
宮沢りえの写真集も全て流出か。

404 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 22:11:02 ID:Mo2EykUF0
紙幣がただの紙切れになった場合、文化財ほど純金以外の通貨として

流通するものはないでしょう。

それに治安が悪化した場合、百億単位の文化財の略奪は、戦後同様起こりうるのです。

戦後の食糧難のとき、どれほどの億単位の文化財が混乱で流出したか。

暴徒と化した集団が美術館の宝物庫を襲ったら、守れるのは限られている。

わたしの知っている博物館では、倉庫の厚さは30センチの鉄板というところもある。

405 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 22:11:10 ID:znMc03g80
宮沢りえ本人も流出だな

406 :282:2008/09/06(土) 22:15:29 ID:WbZOmSYS0
争いのない世界を産みたいものだ
罪と罰読んできます
皆さんアドヴァイスありがとう

407 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 22:31:05 ID:Y9ZblATW0
菅野美穂のヌード写真集の写真は
プロデューサーに強姦された後の光景である

しかも本人がこれだけは絶対のせないでと頼んだ
お尻の穴が映ってる部分の写真を無断掲載

記者会見でぜんぶぶちまけようか悩んだが
直前に、事務所の方から、今後なにがあっても
ずっと仕事を与え続けるという念書をもらい、がしかし
無言の抗議の意味で会見中に号泣。

写真はいまや世界中誰でも無料で見られる状態
その写真の背景さえも流出

408 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 22:40:26 ID:AxYVD4iM0
世界的な飢餓という架空の前提で盛り上がる。

409 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 22:42:45 ID:7LfWhv3t0
>>408
原因はさておき、このまま温暖化が進んだばあいの話。
植物のサイクルが狂って普通に世界規模の飢餓が起きると言われてはいるけどな。

410 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 22:46:22 ID:Y9ZblATW0
骨董品なんてくそ喰らえ

またつくればいい

奴隷につくらせたり、略奪して来た民族は
貧しいかな
なんにもうみだせないキリギリス

411 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 22:55:23 ID:mLk8twrw0
>>408
>>409
温暖化すると植物の繁殖が盛んになって、食糧問題が解決するって言ってる植物学者?もいたよ。
名前忘れた。本州が沖縄みたいになったら、二毛作、二期作が普通になるってさ。CO2も多い方が植物には良いそう。

412 :282:2008/09/06(土) 23:05:52 ID:WbZOmSYS0
>>411
限度ってものがあるんじゃないんですか?
CO2が取り込みないほど増えるとか

413 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 23:10:31 ID:mLk8twrw0
>>412
CO2が取り込めないほど増えると言うことは、それ以前に人間がそもそも呼吸できないということですよ。

414 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 23:15:46 ID:knVXwhIo0
>>412
二酸化炭素濃度が今の10倍になっても人間には健康被害は及ばないから大丈夫

大昔のもっとCO2濃度が高かったときだよね。確か、数十メートルを越す大木がたくさん生えてたのは。

415 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 23:16:10 ID:mLk8twrw0
もともと空気中における二酸化炭素の量は、酸素や窒素から見れば、有って無きが如しです。
植物学者が言うのは、その微量の変動で大騒ぎしている現状に対して、
その程度の変動は、かえって植物にとって良い、と主張しているわけ。
だから、植物さえ呼吸できないような濃度であれば、もはや人体に先に影響が出てしまいますし、
今温暖化等で問題になってるのは、そういう大きな変化ではなくて、わずかな変動です。

416 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 23:17:01 ID:7LfWhv3t0
>>412
炭素固定は光量とCO2分圧で決まるから、
光合成だけで考えれば間違い無く増産はする。

温暖化で怖いのは、気象の変化と植生の変化。
植物は根付いてるから、暑くなった、雨が少ない多いなんて理由で、
テクテク歩いて気軽に余所に行けないからなぁ。
二酸化炭素は、別に気にしてない人が多い。

417 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 23:19:03 ID:WbZOmSYS0
無知ですいません…
温暖化は具体的にどんな被害をもたらすんでしょう?

418 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 23:21:10 ID:Y9ZblATW0
反エコ本の受け売りもまた
エコ信者と変わらない

419 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 23:21:41 ID:AxYVD4iM0
>>409
いやいや、>>408のような話に発展してて面食らっただけ。

420 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 23:22:09 ID:Y9ZblATW0
自分の五感で現場で感じ取ろうと洞察しようとしない人間は
永遠に他人に頭をのっとられて操作され支配され続ける

421 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 23:26:06 ID:knVXwhIo0
>>417
低地が海に沈む。島が冠水して人が住めなくなるところもある。
くらい。

てゆかおまいら、CO2=温暖化 ってのは、欧州が環境ビジネスで儲けるための詭弁だぞ?
CO2が気温に与える影響なんて極めて限定的で、
たとえばCO2よりはるかに量も温暖化効果も大きいもの[雲]を計算に入れてないんだ奴らは。

▼詳しいまとめサイト
ttp://www.geocities.jp/obkdshiroshige/

422 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 23:26:33 ID:7LfWhv3t0
>>419
いわんとする所は解ったw
あれだ、このスレはMMRで盛り上がった世代が中心なんだよ、きっと。
キバヤシさん程度の深読みをマスターした人間がゴロゴロしてる。

423 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 23:27:41 ID:7LfWhv3t0
>>421
「不都合な真実」と言う映画自身が、
不都合な真実を隠ぺい工作してる事実にビックリって奴だな

424 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 23:28:14 ID:knVXwhIo0
コンテンツ探すのがめんどくさい人用。
ttp://www.geocities.jp/obkdshiroshige/ondanka/ondanka.htm


まあCO2減らせば一緒に公害も減りそうだから、
CO2削減運動には漏れは反対しない

425 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 23:28:41 ID:AxYVD4iM0
欧州が変なもん仕掛けてるのかいな。

426 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 23:29:40 ID:AxYVD4iM0
>>422
すまんアンカーミス、>>407の菅野美穂の話に発展、ね。

427 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 23:30:40 ID:PXTbvLiG0
それぞれの空間が開いて来たな〜
あとはそれぞれでまとまる&融合する流れが広がって
辺り一帯がそれぞれからの場所を立体魔法みたいな暖かく包まれるイメージで
物理的な時空間の圧縮と空間認識力が高まるな。
遠い向こうに居る他人より身近にいる人同士、身近にいる街の人々同士の
連帯感、一体感が膨れて浮かんで広がって伸びて縮んでって感じ
近場の創造的発展へのエネルギーの増加。意味不だからスルーでよろ。

428 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 23:32:46 ID:7LfWhv3t0
ウィンドウズにはメモ帳って素敵なツールが
標準装備されてるハズなんだけどなぁ。

429 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 23:36:24 ID:y46To1pZ0
一見、ネガティブなことが起っていても、
それが最善に繋がっていると確信すると、
心を煩わす必要はなくなる。

つまり、”幻想”の外側へ出ることができる。

430 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 23:51:17 ID:AxYVD4iM0
>>428
なにそのソフト解説。

>>429
必要ないと思いつつ、煩わしいものもに首突っ込んでみてる。

431 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 23:52:42 ID:AxYVD4iM0
2ちゃんの議論だって相当煩わしいよ。
どんな煩わしい議論があるのか、知らないより知っておきたかったりw

432 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 23:59:03 ID:ab+9WMFPQ
なんかそれっぽい解釈が素敵

崖の上のポニョが神過ぎた件
http://urasoku.blog106.fc2.com/blog-entry-487.html

433 :本当にあった怖い名無し:2008/09/06(土) 23:59:23 ID:y46To1pZ0
いや、宇宙NOWの今日の記事もそうなんだが
今朝思ったこと>>429とシンクロしてたので、つい書き込んじゃったよ。

「想いが現実を創る」というのが真実だからね…そういうこと。

434 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 05:19:16 ID:Q0/0m6sZ0
>>406
わけわかんないところがあってもいいから、
とりあえずページを進めてみてね

435 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 05:20:43 ID:Q0/0m6sZ0
>>406
あと、ドストエフスキーは台詞がめちゃくちゃ長いけど
そこが魅力だから(笑)

436 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 07:37:10 ID:bSjDaqp8O
ドストエフスキーなら『カラマーゾフの兄弟』も必読。
てか、これ読めればアセンションがわかる。
おすすめ。てか、また怒られそうだなw
これっきりにするのでご容赦w

ヒント:
フョードル 神
ドミトリー イエス
イワン 理性によって反抗する者
アリョーシャ 愛し愛される者

437 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 08:31:52 ID:HBS2u2JC0
>>436
何が言いたいかなんとなく解かる。
確かに巷に溢れるアセンション本よりは良い。

438 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 09:24:49 ID:ZsDNB+xs0
>>407
ここで菅野美穂がしなければならなかったことは
事務所だろーがプロデューサーだろーが
「何があっても仕事やる」と念書もらっても
記者会見でホントの事ぶちまけなきゃこの女も獣w
マソコにブチこまれて嬉し泣きwww


439 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 12:33:13 ID:V+rf0kUu0
>438 スレ違い。

440 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 12:35:20 ID:Yw/jQudk0
想ったことが現実化するスピードが最近速くなってるように感じるのは気のせいかな?

ザ・シークレットや引き寄せの法則、心の浄化といったすいスピリチュアル関連の書籍が増えてるのは時代の流れからなるものなのか・・

アセンション。どうなるんやろか。。



441 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 13:07:10 ID:ynDzE7CA0
>>439
スレ違いは407

442 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 13:15:26 ID:r3YgKMhp0
>>440

それに近いことだと思うのですが、最近よく思うことがあります。
念の強さがある程度を超えると、強力に増幅されるというか・・・。

自身が偏頭痛や非常な気分の悪さに、ふいに襲われることもあります。
最近多い、局地的・短期集中豪雨みたいに・・・。
心当たりのある方、お互いに気をつけましょう。

443 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 13:23:25 ID:dEfYkz6Y0
>>440
最近どころか10年以上前からそういうことをネットで発言する人は、いるよ
アセンションもフォトンベルトも二極化もw

444 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 13:36:40 ID:vAB8/8Fy0
声を聞いて殺人者になるパターンが表面に出てきてるけど
人を殺める悪魔系と愛と光に誘う天使系?と両極端が多い気がする。
情報や人に振り回されないよう気をつけてる。敏感な人は大変かもしれない。


445 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 13:43:25 ID:eq8uz/8z0
>声を聞いて殺人者になるパターンが表面に出てきてるけど

それ、昔からいたけどこの一年ほどは多すぎる
中年女性まで次々と無差別殺人起こしだすっていうのも前は無かった
やっぱなんかあるんだろうね

446 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 13:49:32 ID:V+rf0kUu0
2極化の本当の意味は、自分の外側に答えを求める人と、
内側に答えを求める人との違い。

外側に答えを求めてる人は、何かあったとき、
社会や他人のせいにして非難する傾向がある。
行動基準が「他人」なので、自分よりも他人の目や思考を優先する。

悪魔系もそうだけど、天使系(神・宇宙人)と呼ばれるものも、
実は、外側の存在。

自分の内側に答え(真理)を求める人は、
何かあったときでも冷静でいることが出来る。
そして、そのうち自然とトラブルに遭遇しにくくなっていく…。

447 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 14:15:15 ID:6t0gBsAT0
最初は睡眠障害か何かかなって思ってた。
所詮病院に行けばそう判断されるだろう。
だけど私は自然でない物は口に入れたくないから病院は行きたくない。
家事を済ませ平日はパートにでて夕方に帰る。
夕飯の支度をして子供達を寝かせる。
眠れなくなって間もなくひと月になるが行動パターンは以前と変わっていない。
気持ちは眠りたいのに眠れなかった。
今では眠りたいという欲求もなくなった。
特に酷いストレスとか悩みとかも無い。
少しずつ眠らなくなったのではなく、
ある日突然眠らなくても疲れなくなっただけ。
最初の頃は家族の真似して目をつむって横になって眠ろうとしたんだけど
今となっては眠るとはどのようにすればできるのかさえわからなくなってしまった。
家族は相当に心配してくれるのだが眠気が無い者に眠れと言われても無理なのだ。
人間眠らないといつか死んでしまうとは聞いているが、自分は特に病気も無く健康だ。
強いて言えば半年程前にタバコやめて、二年程前から完全に肉を絶った事くらい。
それも我慢してやめたわけではなく自然と体が受け付けなくなっただけで
無理をしたという感覚は自分にない。

448 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 14:17:19 ID:uffh+oLr0
サイレントテロ

現在の社会状況、または自らの置かれた社会的状況に対して悲観的観測を抱きなが
ら、それを「現実」として受け入れようとするときに起こる人々の行動。
その「悲観的状況こそが「現実」なのだ」と諦観する、一種の「絶対観」的な
「現実肯定」に基づいて、「スロー消費」「非婚・晩婚化」「少子化」「NEET」
「ひきこもり」「自殺」などのように、さまざまな社会活動――消費行動や人間
関係、ひいては自らの生存そのものを消極化、縮小、または消滅させていくこと。

これらの消極的かつ間接的な暴力によって、意図するとせざるとにかかわらず、
「見えない社会の空洞化」が引き起こされる。現在の社会に対する消極的抵抗、
あるいは沈黙の異議申し立てであるといえる。

スピリチュアルや占いに依存、終末思想や2012年アセンションに関心を抱いて
いる人々に多く見られる傾向である。

449 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 14:22:50 ID:7YTbVhEI0
>>448
テロリズム(恐怖を利用した主張)ではないものに、
テロと名付けるのは好ましくないな。
社会的に不都合=テロ、ってのはちょっと怖いよ。

450 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 14:45:45 ID:2KHcy87/O
どう見ても大規模テロ
【社会】三笠フーズ、事故米3.3トンを農林水産省から1万円で購入していた★2
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1220704292/

451 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 14:50:28 ID:YnaYGktk0
>>436
未完だから伏線投げっぱなしとかあるのが痛いけどねw

452 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 14:53:08 ID:myy+t0Q30
>>446
ぶっちゃけ内側だけに答えを求めるのも、外側だけに答えを求めるのも、両方間違いだなw
世の中も人間もそんな簡単なもんじゃないw


453 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 15:24:16 ID:kMT/e8WJO
>>446
世の中が悪くなって「俺のせいだ!」なんて言う奴はいないよ。
個人の社会的影響力なんて微々たるものなんだから。

トラブルに会わないというより周りから不要と思われてるだけだよ。

古来、人は自伝や作品を残すことはしなかったが
先人に学び、敵と戦い、後輩に教えた。

言葉はなくとも姿を見て人は育つ。情けない姿を次世代に晒すべきじゃない。

454 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 15:26:13 ID:YnaYGktk0
>>452
そうそう、どっちにも適度に求めていけばいいと思うよ

反省すべきところは反省して
叩くべきところは叩く

どちらか片方に絞り込まず
どっちもできる方が得だよな

455 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 15:26:32 ID:21DDOhl00
余計な発言かもしれませんが、
>>446さんが世間や人を簡単に決め付けているようには、
私には思えません。

456 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 15:27:02 ID:YnaYGktk0
>>454

> 叩くべきところは叩く

すまん飛躍しすぎた

457 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 15:36:37 ID:Ln5bP5PV0
決めていると思うけどなぁ
そうでなかったら、そもそも>>446みたいな発言しないよ
税金をどうするかとかも、選挙期間さえ過ぎ去れば有権者wの手の中からすり抜けて、
政治家に著説影響を与える事が出来るスポンサーと官僚の采配するところになる
でも、その影響を被るのは全員だよ
で、どんな税制になるのかも、みんな実際に施行されるまではわからないんだ
なんせ説明する時もわかりづらくするからね
だから、内的要因だけでなんでも決まるってのはまずここで間違ってくる
世界の情勢が変わるだけでもガソリンの価格も違ってくる
べたべたな事をいえばこういう事だよ
問題の冷静な切り分けが出来ない人が増えたってのがむしろ二極化だと思うね

458 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 15:47:02 ID:myy+t0Q30
あともう一つ
内側に答えを求めても、外側に答えを求めても、あるいはそのどちらに目配りしても、
答えが出るとは限らないし、出たと思ってもそれが正解とも限らない
「これが正しいんだ」と思っても、それが功を奏しないとか、裏目に出続ける様なら、
やはり間違ってる事になるでしょ
なにが正しいとか良いとか悪いとかがそもそも見極めづらいのだというのが本当だろう
例えば問題行動が多い子供とかは、多くの場合過程自体に問題を抱えてる事が多い
子供と親の関係がよくないとか、親同士の関係がよくないとか
でも、子供自体がそういう問題行動を起こす原因を持っている事もしばしばある
が、それの度合いを見極めるのは難しい
こういう家族関係の問題になると、文字通り「自分の内側」と「外的要因」が混交したモノになる
こういう場合どうするの?、ってこともあるからな

459 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 15:47:26 ID:21DDOhl00
>>457さん

寄寓にもあなたも政治に絡めてお話して下さったので、
私もそれに乗らせてください。
今の政治家先生の皆様こそは、
まさに自分の外に原因があると考えている人々の
集団ではないでしょうか。
>>446さんは現実に即したひとつの傾向・側面を
述べられていると思いますよ。

460 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 15:52:11 ID:YnaYGktk0
>>446の説も、それ以外の説も両方認めようぜ
ややこしくする必要はない
そういう視点もあるってことだよ

461 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 15:55:53 ID:myy+t0Q30
>>459
外には確かに原因があるでしょ
政治家自身の資質とかの問題もあるが
福田さんも、どちらかと言えば「いわれのない非難」とかされた方だよ
「なにもできない首相」とか「他人事みたいな言い方をする」とかあったけどね
なにもできないっていっても、法案を通すにも現在のねじれ状態では、民主党が話し合いに応じない限りは、
まず絶対に通らない法案ってのは確実にあるし、「他人事みたいな言い方」については、あれは彼のスタイルでしょ
ヘンにフレンドリーになったり、熱弁ふるっても彼としてはおかしいw
でも、それを了解せずにたよりないとかなにもできないとか、叩くじゃない、2ちゃんでもマスコミも
それに付け加えると、政治家の場合は支持者がいてスポンサーがいて官僚がいて、外国の圧力とかもある
それらを単独で跳ね返せる様な強烈な個性はそうそういるものじゃないしね
どういう視点が無いじゃない
プーチンみたいなのがそこらに転がってる訳無いしね
でも、お前が頼りないだけだ、みたいな論調が多かったでしょ?福田に協力しようって話はあまりない
足下の自民党からも「福田じゃ選挙を戦えない」とか
しかしながら、進退窮まって辞任しても、「なんで辞めたんだ」って言われるんだよ、今度は
「外」の圧力に「内」がしょうがなく屈したら「外」が屈した事に文句を言ったw
外にもうちにももんダイアルでしょ
でも、この場合の福田氏の辞任などは流れを作ったのは外的要因だよ、決したのは彼の気持ちだろうけどね

462 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 16:05:08 ID:21DDOhl00
>>461さん

>>460さんに諭されたこともありますので
私はこれ以上は申しません。
政治の話題に関心をお持ちのようなので、
またご縁があればお話したいですね。
ありがとうございました。

463 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 16:08:14 ID:trgbeyxf0
>457
元々日本人は 責任を他人に丸投げしやすいんじゃなかったけ?
村長的存在がいて 周りに人がいて 不平 不満 要望など個人の希望をボヤイテ
それを村長が聞き入れて 変えていくみたいな方法

簡単にこれらの事がよく分かるのは
子供は大人の鏡 今の子供の大半が政治とか世界情勢に興味がないのは大人がそうだから
周りの大人が政治家やらその関係者ならその子供もそういう活動や知識を持つ用になる
(どんな事にも例外はある 当てはまらない事もある事理解してね)

人は見たい現実を観て 体験する(見たいリアルを作り出してそれを自ら観 体験する)

>453
言葉はなくとも姿を見て人は育つ。情けない姿を次世代に晒すべきじゃない。
それは君のスタンスであって 万人には当てはまらない 情けない姿をってとこ私は共感するけど
そう思えない 思わない人もいるだろう
>446
内と外の統合 差異を無くす事がポイント
悪魔的な人が悪魔の声を聞き 天使的な人は天使の声を聞く
天使も悪魔も己が生み出し 自分の一部だと認識し どちらにもなれるんだと確信し 理解した者がどれだけ強い存在になるか想像せよ
アセンションなんか証明されてないし 馬鹿じゃねぇぇのー?
アセンションはあります!絶対に!
それぞれそういう現実を観るだろう 両者が意見を交える必要性はない 







464 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 16:29:08 ID:MTGmMdm10
個人的には、内と外は循環していると思う
で、まあ、天使も悪魔もいるだろう、仏も
というか、普通にいる、と個人的には思っている
でも、人間社会ではそれらの影響が在りつつも、人間自体がやはり決定権を握ってる
しかしながら、人間の中でも決定権を持つ、影響力の強い人間に、
様々な存在がいるとしたらまずそこに影響力を及ぼすんじゃないかな?
特に何かおかしな思惑を持つモノほど影響力を行使しがちだとは思う
とはいえ、それを受け入れるにしろ、撥ね付けるにしろ、個々人次第だが、
それをどの様にするかは、かけられる圧力や働きと、本人の資質や力量次第
わけて考えるからおかしくなるんだよ
ただ、今の社会は両極端に行き勝ちだな
日本が政治情勢に詳しくないというのについては、色々あると思う
ただ、世界情勢については、欧州などと異なってやはり縁遠いからしょうがない
実際重要な国際間の取り決めの厳しい話に日本が大きな影響力をふるえる事はまれだ
ヘンな形で関心もたれて、妙な政治運動をやらかすのもそれはそれで困り者だと思うし難しいところ

465 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 16:31:19 ID:V+rf0kUu0
ゲゲッ!
いつも間にか・こんなに討論にw

”自分の内側に答えを求める”というのは、
「本来の自分自身を見つける」と同じこと。

こう書くと、本に載ってるキレイな言葉の羅列に見えるようだけど、、
例えば、自分の都合に合わない出来事が起こったとき、
これを、単に、他人のせいだとしして、相手を変えようとするか。

それとも、出来事の本当の理由は、

”自分の中のネガティブを気づかせようとして起きている”

と、客観的に、自分を観察するのか?ということだと思っています。

これは自分を否定するのではなく、そのまま認め・受け入れる作業。
自分の感情を認めることで、昇華され

自分の中に潜むネガティブに気づけば気づく程、
トラブルは減少し、生きやすくなって行く。これは、自分の体験ですので 

もちろん人の経験はそれぞれだから、
>>452のような真逆の考えがあってもいいと思う。


466 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 16:32:59 ID:V+rf0kUu0
>>446=>>445 でーす。

467 :446=465:2008/09/07(日) 16:35:28 ID:V+rf0kUu0
>>466の情報は×

正確には、>>446=>>465の間違いでした orz


468 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 16:58:19 ID:trgbeyxf0
福田さんに起こった事は 今の日本人そのもの
個人に勝手に期待し 応えないと 不平不満 愚痴 悪口をいう
そのくせ自分達は安全なとこにいて 協力すらしない そして責任を取れとかいう

どこまで腐っていくのか とても楽しみです

関係ないが
自分とは(名前)個自我を空間に固定させるものなんじゃないか 思ってきた
自己があいまいになってきた あまり重要なものでもないのかも 個としての自己なんて

469 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 17:06:49 ID:2KHcy87/O
日本人は地球上から消えるのかもしれない。毒米や毒米で作られた食品を食べて。
一度口にしたら肝癌発症率100%らしいw
酢にもマヨネーズにも味噌にもみりんにも含まれている

470 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 17:20:57 ID:RXYglJuC0
何この東京狙い撃ちw
ttp://2sen.dip.jp/cgi-bin/upgun/up1/source/up18563.gif

471 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 17:23:17 ID:2KHcy87/O
>>470
今、全国の人々が農水省を呪っているからじゃね?

472 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 18:01:40 ID:V+rf0kUu0
>>446>>465の追加

この世界の基本は「想いが現実を創る」から、
自己の内側にネガティブがあるうちは、その分、
鏡として外に反映されるのだと思う。

473 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 18:16:40 ID:NusrRkcP0
いい討論が続いているところで申し訳ないけど。

ProjectGaiaのフランシスコ・ガブリエル氏が活動再拡大に入っている。
ガブ氏は前から「宗教等からの卒業」を唱えていて、
簡単に図にするとこういう感じかな。

『カルマにまみれた人類』
  ●●●    
 ●●● ●  
●●● ●●●
●●●●●●●●
 ●●● ●●
 ●●●●●●
  ●●●


 『改心して卒業へ向かう』
  ●●●
 ●●●  →→→→○ 
●●● ●●●
●●●●●●●→→→○
 ●●● ●●
 ●●●●●●
  ●● →→→→→○             

アセンションの一つの捉え方としてアリだと思う。

474 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 18:26:59 ID:x4ZKRVPA0
>>436
カラマーゾフの兄弟ですね、わかりました!
罪と罰の次に読んでみます
読まない方がいい本ってありますか?

475 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 18:31:06 ID:M31LTzkZ0

  ヽ○ ヽ○ ヽ○ < 僕達私達卒業しました!
 ヘ/ヽヘ/ヽヘ/ヽ
  <   <   <


        ●-~~    できませんでした
       (メ\_  


476 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 18:35:01 ID:SXxIemz80
>>438
女はより強い男の庇護を受けて
権力をもってから
過去の自分を虐げた男たちに復讐をはじめるでしょう

あの時にぶちまけたら
家族共々抹殺されるのがヲチ
天下のマスゴミの時代
タイミングを待つのが賢いでしょう

477 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 18:37:46 ID:SXxIemz80
>>473
某の権力を信仰してきた人たちは
戸惑います。
彼らにとって
正論は、相応の立場である人からの口からでないと
認められない受け入れられないからです。
彼らは言葉そのものを受け入れることはありません。
足もとを見てから吟味します。
それがこれまでの信仰し安心を得て来た処世術だからです。

広義の既得権益者はとにかく人を選びます。
ここで言われてるようなことを共感したとしても
それを仲間内だけで独占しようとするでしょう。
その他の人間に対しては無関心でしょう。
仲間と認めた人以外には心は開きません。
大変に保守的です。野心的です。戦略的です。
そういった方向性に知性が発達してきたから無理もありません。

478 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 18:39:06 ID:NusrRkcP0
>>475
ガブ氏はもっと沢山話をしてるけど、一つの課題として「卒業」を挙げているようだ。
「卒業」とは逆に「成就」という言葉を使ってアセンション認定してるブロガーの人もいるでしょ。
去って行く・・・・「卒業」
向かって行く・・・「成就」
逆とも考えられるけど、似てるような気もするよね。

479 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 18:43:37 ID:NusrRkcP0
>>477
あぁ何となくわかります。
>>476と合わせて面白い話ですね。

480 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 18:53:46 ID:YnaYGktk0
>>474
中二の時期でカラマーゾフの兄弟に縁があるっていうのは貴重だぞ
まあ世の中広いだろうから、もしかしたら小学生で読んでる人もいると思うけど
それでも中学生のj機にそういうものに触れた経験もいい財産になると思う

意味がわからないところがあっても
読んでいくうちにわかるだろうってつもりで

とにかく進めてみてね。
引き込まれる部分があったらそこを何度も繰り返して読めばいい

個人的にはイワンと悪魔の対話が最高だったな

481 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 18:56:35 ID:YnaYGktk0
>>480
なんか変な文になっちゃったなw
こういう人が活字を勧めるのは片腹痛いかw
ごめんなさい、わたしも勉強してきますw

482 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 19:03:50 ID:SXxIemz80
本は自分のタイミングで読むのがいいよ
いくら良い作品でも
まだ時期じゃない時に読んだらもったいない

カラマは、読む時がきたら
自然と読むことになる。

ドストとかニーチェとか読み終えると
途端に、なにも読む気がおこらなくなって
しばらくして、またスピ系の本を斜め読みしてみたりして…
そして、もう、他人の経験から知る事もないことをしり
答え等、外部に探し求めても見つからないことを知り
自分自身の経験を切実に求めるようになる
読書が行動に結びついたら幸い

カラマって東大生必読の本とか宣伝されてた時期もあったけど
彼らからしたら、なんともイラっとくるだろうね
どういつもこいつもカラマカラマ言い出して
見下してる人間たちがじぶんたちよりもドストの意識の深い部分に
アクセスして読んでることに。

483 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 19:14:21 ID:YnaYGktk0
>>482
彼は今その時期が来たんじゃない?
まあ、別に所詮は本って言ってしまったらそれまでだけど

484 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 19:22:48 ID:YnaYGktk0
>>482
そういやカラマーゾフの兄弟って近年よく取り上げられてるね
で、東大生云々とかそんな感じで取り上げられちゃうから
みょうにアレルギー与えちゃったり、
ハードル上げさせるようなイメージもたせちゃってるよね

あんなのはもっと気楽に触れるべきなのに
妙な見栄っ張りとかが手を出すから、変な感じになっちゃってるよね

485 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 19:24:00 ID:YnaYGktk0
>>484
訂正

るべきな→れればいい

今日は調子が悪いなぁw

486 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 19:27:53 ID:NjqHwRM60
来年起こればいいのにな光の12日間

487 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 19:29:04 ID:SXxIemz80
日本人はそうでもないけど
外国人は、某の本を読んだことを
誇るからね。見栄で読む人が多い。

日本は読書大国だけど、あちらじゃ一般庶民は
驚く程、本読まないし。

ロシアでは電車の中で
ムラカミハルキをブックカバー外して
読むのが流行ってるそうだ。

日本じゃ逆だろうね。村上春樹って嫌いじゃないけど
読んだ人間がみんな同じような雰囲気になったりするのが恐い。
中毒みたいになる。この作家は、わりとスピ本読んでるね。
作品を読めばすぐわかるけど。

488 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 19:32:07 ID:YnaYGktk0
そういえば、ドストエフスキーもスウェーデンボルグの思想に
影響を受けてる部分があるらしいね

やっぱりこういうジャンルの人たちは
何かしら霊界的なインスピレーションに惹かれるみたいなところがあるのかな

489 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 20:01:24 ID:2KHcy87/O
ジキル&ハイド
再生医療
テレ朝

490 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 21:39:54 ID:+V4W+Avz0
嵐・櫻井翔の実妹の日本テレビへの入社が内定したという。
アナウンサーではなく、総合職での採用で、来春、正式に入社予定だ。
先日まで行われていた北京五輪では兄の翔がメインキャスターとして現地へ飛び、
『24時間テレビ』でも嵐がメインパーソナリティを務めるなど日テレとの良好な関係を築いている櫻井。
その妹ということで、当然のごとくネット上では「完全なコネ入社」「だからテレビ局は腐ってる」
など批判の声があがっているが、日テレが櫻井を重用するのには、理由があるという。

「櫻井家の父親は東大法学部出身のエリートで総務省の官僚なんですが、
現在、総合通信基盤局局長という重職に就いているんです」(業界関係者)
テレビ業界は2011年の地上デジタル放送に向けてさまざまな準備を行っているが、
櫻井の父が局長を勤める総務省の総合通信基盤局は、電波帯域の管理や各放送局などが支払う
電波利用料に関わる業務を行っている部署。
「櫻井翔が『NEWS ZERO』のキャスターに決まったときも、“なぜ報道にジャニーズが?”
と疑問の声が沸きましたが、アイドルでありながら報道志望を表明していた櫻井の希望を、
日テレが受け入れた形になった。このとき櫻井の父・俊氏は総務省の電波部長として
電波の割り当て方針を決める仕事をしていました。当時から、日テレが地デジ対策として
“櫻井家”に媚を売る方針は変わっていませんよ」(前同)

各テレビ局が多大なコスト負担を強いられる地デジへの移行。日テレ側は、
少しでも有利な立場を得たいという魂胆のようだが、果たして実を結ぶのだろうか。

http://www.cyzo.com/2008/09/post_911.html

491 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 21:44:11 ID:QPWVWC7F0
こういうスレが伸びてるのも、
実はただたんに個人的な自己確認を要する時期のためだと思う。
つまりは、日常的に個人が自我をもって、
討論や議論をする習慣が日本には欠けているから、
カルマの反動として、知りえた知識や経験を確認する場所を求めているのだ。

そして、アセンションというのは本核の単語であるけども、
それに捉われていると、大局的に調和した事実にいたらない、というのも事実だ。
なぜなら、人は恋をしたときにまだすべてを知ることはできず、
恋が終わったあとに色々と知ることになるからだ。
つまりは、アセンションという恋から離れて物事を視野にいれることが重要になる。

そして、より密接な事実に向き合いたいのであれば、
ここでやっている対話を、より身近な生活ですることが重要なのだ。
ネットでは近いようでいて実はものすごく縁が遠いのだ。
身近な家族や友達と、または仕事仲間や学業仲間と、
これらの話題を共有するときに、今よりもより強いシンクロの縁が生まれる。

492 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 21:51:01 ID:YnaYGktk0
それじゃ単純に空気読めない人じゃない

493 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 22:10:07 ID:NusrRkcP0
>>491
ちなみに漏れは>>473みたいなことも書くけど(大したこと書いてないな:恥)、
別にアセンショナーでもないよ。
「アセンショナーキモイ」って言う人もいるわけで、そういう声を気にするわけでもないけど、
ヲチャー的な書き込みは卒業しようかと思ってるよ。
雑談程度が一番かもしれないな。

494 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 22:29:12 ID:YnaYGktk0
電車に乗ってたら女子小学生が大量に乗ってきて囲まれた

○女子小学生
● オレ

━━ドア━━
 ●●●
●●●●●キャッ キャッ
●●○●●
●●●●● ワーワー
 ●●● アハハ

495 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 22:33:32 ID:21DDOhl00
ツッコミいれたほうがいいですか?w

496 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 22:35:15 ID:NusrRkcP0
逆って?

497 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 22:36:11 ID:wHJZwjdD0
>>494
分身したwww

498 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 22:43:42 ID:yYdMQOHh0
t

499 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 22:50:05 ID:x4ZKRVPA0
影分身の術wwww

500 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 23:13:30 ID:n7IFEGUk0
こんな書き込みばっかり…アセンション無さげ


ttp://tirmun.net/prince+index.htm

501 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 23:44:32 ID:eIvfjzJJO
今回は地球人やってるとか、生まれ変わってきて前世の感覚を覚えてる人はいないの?

502 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 23:47:56 ID:RXYglJuC0
>>501
そんな大したもんじゃないけど、断片的な
(それこそ静止画か、数秒くらいの)感情を伴った記憶のかけらは、
3つばかしある。
うち1つはなんとなく時代の同定ができる。
直近2回はたぶん地球の記憶だけどねー

503 :本当にあった怖い名無し:2008/09/07(日) 23:53:08 ID:oa9qLnDJO
>>502
それって懐かしく感じるとか?
だったら俺もエジプトとか砂漠をテレビで見ると凄く懐かしく感じる

鳥取砂丘すら行ったことないのに!

504 :501:2008/09/08(月) 00:19:06 ID:NE/s5xgN0
>>502,503
自分は一通り社会的なことを経験した感覚があるんだけど、
アセンションもこの世今世以外でも見るとまた違ってくると思って。

記憶を消してくる理由は、違う人生を体験した場合に邪魔になるとかいろいろあるね。
でも、もう消さない流れが出てくる気もする。

505 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 00:24:29 ID:fHR95TeH0
2年くらい、魚以外の動物性たんぱく質を食べてなかったんだけど、
久々に、チーズ料理を食べたら具合悪くなった。

そして先日、バターをプレゼントされたので、
せっかくだからと思い、バター料理を食べたら、
チーズの時と同じくらいムカムカ気持ち悪くなって、頭が痛くなった。。

最近、魚も青モノやジャコ類ぐらいで、ホントにベジ化しそう
(・∀・;)

506 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 00:31:09 ID:wm2eApX+0
音楽はどうか?
北欧系の音楽聴くと なつかしくて泣きそうになる 
何か色々好きなんだよなー 空気感とか

>494
たまにいるよなー 遠足とかそういう類なんだろうかね?
俺はよく幼稚園児を見るよ 引率の先生と集団で歩いてる

母親とかは小さい子とか連れてると歩道に飛び出さないかとか心配が多いそうだが
あの引率の先生はその数倍気を使っているのかなー 大変だな

507 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 00:35:36 ID:vP4MsefC0
なんか、すごくヨーロッパの片田舎みたいな風景を見たら和むんだがそういうのも関係ある?

508 :502:2008/09/08(月) 00:40:11 ID:tt4psMYV0
>>503
いや、懐かしさとかデジャヴとかじゃないの。その場所はいまだに不明。
でも>>503さんの場合は、昔砂漠の民とかだったりしたのかもねー。

>>504
ああ、うん。一通りのことを経験した感覚はあるし、
初めてのはずのことでも大体なんとなくこなせる。
今回生まれてきたのは、それをさらに活かして何かするためなのかな。とか思ったり。
じゃなかったら過去の経験とか資質はもっと封印してるはずだからなあ…

509 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 00:43:03 ID:fHR95TeH0
>>506 音楽は、歌の入ってない映画音楽とか、静かなインストものが一番心地いい〜
もともとハードロックも好きだけど、聴かなくなってしまったよ。

北欧系は、メロディアスな曲が多いよね。
北欧の人々って、金髪碧眼もいるけど、
黒髪で日本人そっくりな顔つきの人も多いのが不思議。。


510 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 00:46:33 ID:/oMSKqH8O
>>474
君、中二なのかぁ。君はいい人みたいだね。
周りにからかわれてるみたいだけど、そういう
ことも『カラマーゾフの兄弟』に出てくるよ。

読んじゃいけない本なんてないと思う。あらゆる
物語はアセンションに至る道を示しているんだよ。
程度の違いはあるけど。強いて言うなら、
近年の、商業主義、エログロの作品は避けて、
古典の名作と言われる作品を読むといいかも。
それと、聖書や教典などを最低限の知識として
身に付けるといいよ。

511 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 00:46:51 ID:tt4psMYV0
>>509
たぶんハンガリーの人の血が入ってるんだよ。
ハンガリーはもとはハン(フン)族っていうアジア系の民族の国だから。

512 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 00:48:02 ID:/oMSKqH8O
>>474
それと、2chは時期をみて離れていいよ。

513 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 01:15:43 ID:rYPtnMRi0
>>512
あなたはなぜ2chにいるの?

514 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 01:55:52 ID:laR0+M2RO
>>513
荒らしだとオモw

515 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 02:31:40 ID:/oMSKqH8O
>>513
ああ、ごめんごめん。そうだよね。
酒場で久しぶりに酒を飲んでいた大人が同じく
酒を飲んでいた子供に酒は止めとけって窘めた
感じってことで。酒はもう止めておくよ。

516 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 11:35:50 ID:nKMclq120
>>509
フン族系の先住民と混血してるからじゃないかな
フィンランドとか。

517 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 12:35:32 ID:H+bXifCd0
>>501
見える人から「あなた、随分遠くからきたわねぇ〜」とか言われたけど
記憶は全くないよ。
けど、凄い宇宙人体型なんだよなw
手足短くてなで肩で頭大きくて指が長い。
幼少時には庭に石並べて本気でUFO呼んでたなw
今は現実的な生活を送ってるよ。


518 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 12:40:33 ID:hRwaQV+j0
>>1
ないよ

519 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 12:41:24 ID:laR0+M2RO
>>517
オレは糸井重里という人に
初対面で「アハハハハ、キミ宇宙人じゃん」と言われた

520 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 14:40:48 ID:bQe1crSc0
研ナオコはやっぱり宇宙人なんでしょうか?

521 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 15:26:31 ID:aP748LbkO
憂歌団のボーカル、木村充揮は宇宙人です。

522 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 16:00:34 ID:nXD4AYXh0
>>520
いいえ、ドン・ホラーです。

523 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 16:19:29 ID:4uyqJiFxQ
宇宙NOW!2012年のネタバレきたね

524 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 16:40:31 ID:laR0+M2RO
>>520
糸井重里に聞いてくれ

525 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 17:48:57 ID:R1y1q15QO
昔は一度悩むと、何かきっかけが無いと中々立ち上がれなかったのが
最近は悩むとすぐ180度ひっくり返されるような感覚が唐突に来て
それと共に全て悩みが嬉しさややる気に変換されて、頑張れる。
ちなみにひっくり返される感覚と同時に眉間と頭の真上のチャクラがキーンと反応する。

気付きってやつかな?

526 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 18:09:33 ID:D87NLMw90
宇宙NOW!に書いてあることも疑って見ることを進める。


527 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 18:33:09 ID:tjtkBTD20
2012年の真実? - 宇宙NOW! - 楽天ブログ(Blog)
http://plaza.rakuten.co.jp/grifins/diary/200809080000/

どうやら、外的、物理的な何かは起こらないが、
チャネリングを通して、内面を通しての変化はじまるみたいだね。
これなら納得するかもしれない。
後、数年で5次元に身体が変容するとか難しいと思う。

528 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 18:41:55 ID:oD4yGSfT0
だいたいここを覗いてる人の
アセンションの定義は
オカルトチックな、キリスト教終末思想的なものじゃないはず。
その手の本も実は読んでないか興味がないはず。
宇宙Nowとかで言われているような意味での
アセンションであったはず。
だから別段、目新しい内容でもない。
イメージ的には、キリストさんの意識にあわせられる(めざめた)人間が
大多数を占める世界になっちゃうってこと。



529 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 19:16:57 ID:fHR95TeH0
「統治者」って、何を統治してるんだろ?

530 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 19:30:44 ID:n5Sd1G+b0
あてにならね、と思ったぞ、俺は
一体何とコンタクトしてるのやら

531 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 19:40:16 ID:X2KmOYhfO
>>494
大量のお前が小学生を囲んだわけね

532 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 19:45:16 ID:fHR95TeH0
「統治者」は、正体不明だけど、
以前から、結構まともな事言ってると思う。

日本神界、特に御前(アメノミナカヌシ)は、
人間に対して、けっこう冷たいコメントしてるなぁと感じる・・

533 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 19:51:54 ID:uLBePLxy0
アセンションに関する「激変説」と「表面上の変化なし説」は両立すると思う。

 ・2012年のポイントでは大きな変化はない。
 ・2012年±20年程度の範囲では激変している。

実際、1990年頃と現在を比較すると、急激に社会や技術が変化している。



534 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 20:11:21 ID:CH5ULVlK0
>>533
ノスの時なんかも知らないだけでそうだったのかな?
つか、パソが家庭に降りてきて随分性能もよくなってきた頃でしょ?

まぁ今回のアセの方が多方面で変化が大きいのかな。

535 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 20:44:00 ID:zBysR56l0
>>510
エロはいいのですか?
それとも両方という意味でしょうか…?

536 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 20:53:05 ID:d0xZtr8O0
>>527
2012年以降アカシックレコードの情報にアクセスできる人が増えるってことかと思った。
今は限られた人しか見られなくて、入り口までなら誰でもいける。
ヘミシンクのフォーカス27にアカシックレコードの入り口あるみたいだけど、
モンロー研究所のセミナーに出た人しか到達できないみたいだし。


それか、テレパシーが使えるようになるんかね。
もしくは、脳波でパソコンや携帯からメールが遅れるようになるとかさ。


537 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 21:02:12 ID:Pa4kKTnp0
宇宙NOW!読んだけどしっくりこないな 低級霊の戯言のような印象。

538 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 21:16:34 ID:CH5ULVlK0
>>536
> それか、テレパシーが使えるようになるんかね。
> もしくは、脳波でパソコンや携帯からメールが遅れるようになるとかさ。
>
おもしろそうだねぇ。
でもやっぱり周波数の違いがあるんだろうねぇ。
一歩間違うと大変だ。

もう十歩くらい間違ってたりしてなw

539 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 21:16:49 ID:Sg+h7d920
確かに以前から混じりっけ(雑音)は感じてる
それはチャネラの悪癖みたいなもんだから
スルーして読んでるけど
基本的には嫌いじゃないな、宇宙Now



540 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 22:11:57 ID:4uyqJiFxQ
>>527-528
アセンションという言葉のブームはチャネリング系からの発祥だっけ?
だとしたらオチとしてはチャネリングに帰結するのがしっくりくるのかもね
回答例だと仮定しても正解の全てではないだろうけど

541 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 22:16:42 ID:/oMSKqH8O
>>535
ぶっちゃけて言えば、生涯独身を貫く覚悟がないなら
さっさと彼女を作って、結婚した方がいいよ。
ポルノやマンガ、アニメに走るぐらいなら
実物に走った方がいいよ。愛と責任があれば大丈夫。
逆に愛と責任なく好き放題やるなら、獣の道を
選択したと見なされるだろうね。

この世には何をしていい、何をしたら駄目という
のはないけど、結果責任を全て自分で引き取る
覚悟は必要だよ。

では、頑張ってね。

542 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 22:19:00 ID:Z0UWyuw20
社会システムや価値観が大きく変化するのかもしれない。

今の社会は常に利を求め争いごとの絶えない世界だが
そういうものが変わってくるのかもしれない。

そうなってくると悪いことやってでもカネや権力があれば
なんでもできると思っている人が生きていけなくなる。
そうでない人たちが生きやすくなる。



543 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 22:21:42 ID:uLBePLxy0
>>541
彼女を作れない人はどうすれば良いのだ?。

それから、現在の日本の雰囲気は、「もてない奴は彼女作るな」的な雰囲気だぞ。
だからこそ、2次元がもてはやされる。

今の日本では、2次元は、罪悪とは言えないだろう。


544 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 22:21:57 ID:4uyqJiFxQ
>>536
アカシック開放というよりひょっとしたら顕在意識用デコーダ配布開始という感じかも知れない


テレパシー言語の普及、浸透はあるかもなー
現在すでに脳波が大体のパターンなら解読可能ぽいし脳波マウスとかあるし

545 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 22:39:14 ID:fHR95TeH0
>>542 実際、利益追求優先の人達はトラブル続きだったりして、
衰退していく場面を、ちらほら見かける。

団塊ジュニアが結婚しなかったり、子供を産まない理由は、
経済的なことが一番あるんだろうけど、
その裏側には、スピ的時代背景が絡んでそうな気がする。

546 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 22:43:33 ID:NPoutf8L0
社会が変わるのは、人が変わってからだと漠然と思いました。

自分の光と繋がって、周波数が上がって?平和になる人間達。
それが一定数以上に達したとき、不安をベースに作られている社会も
くるっと変わる。

547 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 22:46:25 ID:lETE99tG0
>>545
>その裏側には、スピ的時代背景が絡んでそうな気がする。
色々とめんどくさいというだけじゃないか。
結婚とか子供と関わるとなると人間関係も複雑化してくるし。

548 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 22:54:55 ID:Sg+h7d920
>>545
大分県の裏口のやつは
全国に飛び火するかもね

>>546
>一定数以上に達したとき
日本の場合はこれが起こるまでは
気づいてる人間もまるで誰も動かないからね
その代わり、過半数に達したときは
一気に変わる。

良いリトマス試験紙として、
ファミレスの喫煙席と禁煙席の比率の変化や
各店舗ごとの喫煙席率の割合とか
参考になるかもしれない

>>547
単に余裕がないといってしまえばそれまでだけどね
自分のことだけでも精一杯だから
精神的にも経済的にも…

女性が結婚を急ぐのは、経済的な理由がなんだかんだといって主流。

549 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 22:55:22 ID:MejXYhKo0
テレパシー出来る人が増えたら嘘が通用しなくなっていくね
権力者も一般人も良くも悪くも皆隠し事できなくなったら、世の中どうなっちゃうのかな

550 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 23:02:43 ID:J3JWp5Da0
宇宙nowは信じるのに、銀河情報ネットワークのブログは信じないの?
もっとも、2012年に起こらないのであって、それ以降現象化してもいいわけだし。
よく考えたら貨幣経済が消滅するのだって充分物理的現象だよなぁ

551 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 23:04:52 ID:4uyqJiFxQ
>>549
例えば互いに周波数合わせなきゃ疎通は無理かも知れないし、プライバシーへの扱いが変わりそう
無くなるんでなくて、より尊重されるマナーが作られていくというか。
望む距離感の齟齬が少なくなって付き合いの心労は減る気がする

552 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 23:05:12 ID:uLBePLxy0
相互に情報が矛盾しているからな・・。
とりあえず「信じたい情報を信ずる」ことにする。



553 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 23:07:15 ID:fHR95TeH0
>女性が結婚を急ぐのは、経済的な理由がなんだかんだといって主流。

自分、団塊ジュニアの毒女だけどw
そんな理由で結婚して、幸せになれるのかと悩むところだわ……

554 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 23:07:24 ID:uLBePLxy0
彼女(配偶者)ができそうにないので、自分を分裂させて配偶者としたいと思ったり。

アセンション後とはいえ、無理かも。(それに一種のオナニーだな)

そいうえば、ツインソウルってあるけど、配偶者の見つからない「もてない魂」が
仕方ないから自分を分裂させて配偶者としたものかも。

となると、ツインソウル(の元となった魂)はよほど性格が悪い魂なのかもしれない。


555 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 23:08:28 ID:uLBePLxy0
>>554 訂正
そいうえば → そういえば

556 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 23:21:42 ID:MIHfzGGAO
>>550
銀河ネットが一番的確だった。
ブログ主自身の役割も知ってそうだったね。

557 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 23:24:02 ID:vP4MsefC0
もし、もしこれから違う人生、違う惑星に行った場合今は偶然(必然なんだが)パソコンに出会えて
この情報に出会えたが、違う人生のときにはこの情報は直接は持ち込めないけど
きっと違う方法で出会えるだろうとは思う。

偶然という言葉をあえて使うなら今の社会は「偶然」インターネット方面が発達したからこうなっている
だけで違う可能性を辿っていけば例えば今のインターネットに変わるテレパシーみたいなものも
あったかもしれないんだよな。ありがたいぜ。ほんとに良くできてるな

558 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 23:28:50 ID:Pa4kKTnp0
渡辺大起って人すごいな ノストラダムスブーム以前にアセンションらしきこと書いてる。

559 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 23:32:07 ID:uLBePLxy0
>>554
仮に自分を分裂させた場合、ホモ(同性)カップルにはしたくないので、
どちらかの片割れを女性化させる必要がある。

前世の記憶を利用できたで、さらに前世キャラに女性がいた場合、
その女性の情報を利用することになるか・・。

(アセンション後の世界といえども、前世情報を軽々しく扱えないかも)


560 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 23:33:14 ID:uLBePLxy0
>>559 訂正
前世の記憶を利用できたで、 → 前世の記憶を利用できて、

561 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 23:34:11 ID:lETE99tG0
>>554
ツインソウルって何も異性とは限らんのよ。

562 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 23:36:09 ID:uLBePLxy0
>>561
異性設定なら結婚することが多いとも聞いている。


(同性設定なら、兄弟関係か?。情報を聞いてないけど)

563 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 23:39:24 ID:KqmI16WG0
アセンション後の世界とかwwwwwww
お前らアフォだろwww

564 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 23:41:35 ID:tt4psMYV0
ソウルメイトの存在は数多くの退行催眠で「ある」といわれているけれど、
ツインソウルは必ずしもそうでない。
魂のエネルギーを分割して複数の人間に宿ることは理論的には可能だが、あまりしないらしい。

565 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 23:42:03 ID:lETE99tG0
>>562
この世界に来るのは別の類魂との交流だから
同じ魂をわざわざ分裂してまで(ツインソウルとなって)同じ魂と交流するのは
あんま意味ないような気がすると思ったりもするが。どうなんだろうか。
同姓の場合は親友とか同性愛カップルになってたりするかもしれん。

566 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 23:42:21 ID:uLBePLxy0
>>563
妄想してもいいのでは?。皮算表

来なかったら、それも良し。

567 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 23:44:26 ID:uLBePLxy0
>>564
ツインソウルは特殊だろう。確かに他の存在とつきあったりするのが
適切だと思う。

しかし、孤独な魂にはツインソウルも必要だと思ったり。

魂はどんどん変化し、さらに分裂を繰り返す傾向があるようなので、
ツインソウルも、そのうちツインとしての性質を失うと思う。



568 :本当にあった怖い名無し:2008/09/08(月) 23:55:08 ID:fHR95TeH0
「アセンション、物理的に何もない」 
と言う情報多いけど、アセンション後、

・地球を去って、故郷へ帰る魂
・地球に残る魂
・地球を去って、他の3次元の惑星に行く魂

※ ただし、残る魂には、たとえ家族でも
地球を去って行った人の記憶や
所有物も消えてしまうので、誰も気づかない。

という情報を半分信じてるんだけど
ある意味、「物理的に何もない」という話も間違いではないんだよな…


569 :本当にあった怖い名無し:2008/09/09(火) 00:01:14 ID:qnjnLf2O0
アメノミナカヌシ?
本物なら人間の世界にああだこうだいわないと思うよ

570 :本当にあった怖い名無し:2008/09/09(火) 00:10:53 ID:h8vQxj/a0
双子ってツインソウルなわけ?

571 :本当にあった怖い名無し:2008/09/09(火) 00:46:51 ID:vn9jP/9n0
>>570
本当のツインソウルってのは、信じられないくらい生活環境が同じで、
同じ年に同じ町に引っ越してたとか、同じ病気になるとか、
家族構成(親の出身地、職業、兄弟の数)もありえないくらい似すぎなんだって。
で、趣味から食べ物の好み、アレルギー、考えることまでほぼ同じ人。

昔テレビで双子で同じ時刻に死んだ人がいたんだけど、その人たちはツインソウルなんじゃない。
調べたら、偶然が多すぎる双子ってかなり多そうだ。
http://homepage2.nifty.com/LUCKY-DRAGON/kakurega-10unmei-3.htm

572 :本当にあった怖い名無し:2008/09/09(火) 01:03:10 ID:eShK2Tzs0
宇宙人に会うのは初めて外国人に会うのと同じ感覚だけど、
生まれ変わりや他の星への転生・魂の故郷へ帰る…などは別次元だよね。
例えば、別の星から来た感覚がある人はわざわぜ地球人になるために受肉したわけで。
この辺りが解明されていくとまたガラッと価値観が変わると思う。

573 :本当にあった怖い名無し:2008/09/09(火) 01:22:08 ID:Z4uhs/apO
他の星から来た人って、アセンション後には地中人やる前の記憶も取り戻すの?
そうなれば色々変わるのかな?
そもそも今のこの記憶と人格は残るのかな。

574 :本当にあった怖い名無し:2008/09/09(火) 02:19:12 ID:OiUZ/elyO
捕われの身となっている人の罪の重さを主が指し示しその耳を開いて(アセンション)戒められ悔い改めを諭される。しかしこれに耳を傾けなければ魂は死を迎え命は神殿男娼の様に短い。

575 :本当にあった怖い名無し:2008/09/09(火) 02:31:58 ID:WSUZ2/TV0
はやく社会システムや価値観が変わらないかな…
もう限界の奴たくさんいるだろうし…
やはり一度解体するしか方法はもうないのかな…
政界を見てるともう自力で再構築なんて無理だと思う
どんなに熱意をもった人が現れても
必ず不安から足引っ張りされて潰される
どんなに権力をもってもそこに行くまでに骨抜きにされてしまう…
そういうのが見えているのに努力なんてできない、無気力になる人が
これだけ急増してるのは、行き着く先がみんな見えているからだ


576 :本当にあった怖い名無し:2008/09/09(火) 02:47:22 ID:Q6QKi31FO
昔、一気飲みで初めて泥酔した時に家まで辿りつけず道で寝た。
初雪が身体に積もってきたんだが動けない。そしたら3ヵ月音信不通だった友人(同性)が目の前に現れて介抱してくれた。
その後またその友人と引っ越しと転職時期が被って
(お互いに電話も携帯も持っていない)
音信不通になったのだが、ハワイでバッタリ会ったw
その後オレはダーティな職に就き軟禁状態になったのだが、その友人がコッソリ奪還に来てくれた。
俺は『守護霊みたいな友達』と言っていたが、ある人に「それってソウルメイトじゃね?」と言われた。

577 :本当にあった怖い名無し:2008/09/09(火) 03:09:01 ID:RIUbP+nk0
↓なにげに爆弾ニュースだよね。つまりほとんどの業者がやってたようなもんだから。

西日本を中心に爆発的に増加中です。

   _,,....,,_  _人人人人人人人人人人人人人人人_
-''":::::::::::::`''>   ゆっくり死んでいってね!!!  <
ヽ::::::::::::::::::::: ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
 |::::::;ノ´ ̄\:::::::::::\_,. -‐ァ     __   _____   ______
 |::::ノ   ヽ、ヽr-r'"´  (.__    ,´ _,, '-´ ̄ ̄`-ゝ 、_ イ、
_,.!イ_  _,.ヘーァ'二ハ二ヽ、へ,_7   'r ´ 三笠フーズ ヽ、ン、
::::::rー''7コ-‐'"´農水省', `ヽ/`7 ,'==─-      -─==', i
r-'ァ'"´/  /! ハ  ハ  !  iヾ_ノ i イ iゝ、イ人レ/_ルヽイ i |
!イ´ ,' | /__,.!/ V 、!__ハ  ,' ,ゝ レリイi (ヒ_]     ヒ_ン ).| .|、i .||
`!  !/レi' (ヒ_]     ヒ_ン レ'i ノ   !Y!""  ,___,   "" 「 !ノ i |
,'  ノ   !'"    ,___,  "' i .レ'    L.',.   ヽ _ン    L」 ノ| .|
 (  ,ハ    ヽ _ン   人!      | ||ヽ、       ,イ| ||イ| /
,.ヘ,)、  )>,、 _____, ,.イ  ハ    レ ル` ー--─ ´ルレ レ´

肝臓がん患者の推移の資料図
ttp://ganjoho.ncc.go.jp/resources/graph_database/images/OSV1015_08_1958-2005.jpg
ttp://ganjoho.ncc.go.jp/resources/graph_database/images/OSV1016_08_1958-2005.jpg
ttp://ganjoho.ncc.go.jp/resources/graph_database/images/OSV1098_08_2005.jpg
ttp://ganjoho.ncc.go.jp/resources/graph_database/images/OSV1099_08_2005.jpg

自然界における 「最強の発がん性物質」 アフラトキシンB1
(0.015ppm = 10億グラム中に1.5グラムの濃度で、 100%発癌 )
.                               ^^^^^^^^
に汚染された毒米が *10年以上に渡って* 食用として転売されていました。

578 :本当にあった怖い名無し:2008/09/09(火) 03:15:08 ID:Q6QKi31FO
>>577
日本人少減計画だね

579 :本当にあった怖い名無し:2008/09/09(火) 03:19:30 ID:kI6yv42V0
>>575
> どんなに熱意をもった人が現れても
例えば誰?
もしや架空の話?

580 :本当にあった怖い名無し:2008/09/09(火) 03:59:46 ID:txgtsyoeO
人生でうまくいかなかった出来事の原因は、
自分の場合、自惚れが大きく関係しているような気がしてきた
人は、何もできないほど自惚れにはまりやすいと思う
くだらない根拠で自惚れや妄想が止まらない
それによって自分のエネルギーや、
結果を出すために費やす時間を浪費してきたような気がする

しかし止めようもなかった。
結局、失敗だけが、人を自惚れから解放させるんだな

581 :本当にあった怖い名無し:2008/09/09(火) 04:39:17 ID:RX8qDbag0
>>580
その自惚れが無ければここまで生きてこられなかったんだろう?
そんなに嫌ってやるなよ。

582 :本当にあった怖い名無し:2008/09/09(火) 05:10:18 ID:PeaR55YBO
>>573
ピッコロも同じこと気にしてたな

583 :本当にあった怖い名無し:2008/09/09(火) 05:28:08 ID:yd4FE0do0
>>558
オイカイワタチの人?あの人不思議。もうこの世にいないよね

584 :本当にあった怖い名無し:2008/09/09(火) 07:29:47 ID:wEsd9GPJ0
どこやらのナンチャラ家とかナントカ委員会の陰謀満載のアセンションじゃあるまいなw

585 :本当にあった怖い名無し:2008/09/09(火) 08:41:27 ID:SPS+Rxrf0
>>558
異次元にいる

586 :本当にあった怖い名無し:2008/09/09(火) 15:47:34 ID:kPjIpvinO
さっきテレビ東京でやってた映画はなにげにすごかった。

76年英伊 カサンドラ・クロス
(新聞番組案内より)
極秘に開発中の兵器用の細菌を浴びて逃亡したテロリストが大陸横断列車に潜入。
事件を闇に葬ろうとするアメリカ軍の陰謀と感染の恐怖の中で、乗客たちは生存への闘いに立ち上がる。

587 :本当にあった怖い名無し:2008/09/09(火) 16:05:11 ID:kPjIpvinO
新型インフルエンザ患者が飛行機の中で発生→9・11再び

船で発生→タイタニック
宇宙で→アルマゲドン

ありそうで嫌だ…

187 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)