5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?196

1 :本当にあった怖い名無し:2008/08/06(水) 00:12:43 ID:D7pd+6E/0
貴方が聞いた・体験した怖い話や、2ちゃんの色んなスレから拾ってきた死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみませんか?
 ・ジャンルや、事実の有無は問いません。
 ・創作も歓迎です。
 ・要は最高にこわけりゃいいんです

【重要ルール】
 ・長文を投稿する時はメモ帳等で全部書き終えてから一気に投稿しましょう。
 ・煽り・荒らしは徹底放置・完全無視が基本姿勢。反応するあなたも煽り・荒らしです。過剰な自治も荒らしです。
 ・コピペの際には転載元を提示。2ch以外からのサイトからは許可を取ること。
 ・感想はOK。ただし叩き、煽りと感想は違います。日頃気をつける程度に、言葉には気を遣いましょう。
 ・次スレは950レスを超えてから立ててください。

 まとめサイト・投票所       (モバイル版)         まとめミラーサイト
http://syarecowa.moo.jp   http://090ver.jp/~usoriro/  http://mirror.bake-neko.net/

○余り怖くない話と思うなら「ほんのりと怖い話」スレへお願いします。
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1194433078/

※荒らしやスレが乱立した時の避難所↓
死ぬ程洒落にならない怖い話スレ乱立対策本部
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1214038228/


前スレ
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?195
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1216473020/

2 :本当にあった怖い名無し:2008/08/06(水) 00:32:12 ID:zacKpN7XO

      ∧∧
      /⌒ヽ)
     f三 ∪
     ○三 |
     (/~∪
     三三
    三三
   三三三

ト ボ ト ボ 2get…

3 :本当にあった怖い名無し:2008/08/06(水) 00:40:29 ID:UM9yWRl60


なんかいろいろあって普通の人が変な能力に目覚める話ってどんなのがある?
まとめでみたいからタイトルを教えてほしい

4 :本当にあった怖い名無し:2008/08/06(水) 02:10:30 ID:lGBzfgsrO
なに?

5 :本当にあった怖い名無し:2008/08/06(水) 02:14:00 ID:lGBzfgsrO
ちょwwww
なんでスレ立ててんだよw
激はなにしてんだべよwwwwちんちんぴゅっぴゅwwww

6 :本当にあった怖い名無し:2008/08/06(水) 02:20:49 ID:0LzFZKua0
聞いたら呪われるって話、よくありますよね。
一昨年か去年か、その類の話をきいたんです。
ここで、先に断っておきますが、その話自体はここには載せません。
私自身が心霊現象にあうまでは、得意になって友人に話していましたが、みんな心霊現象がおきたと言っていたり、事故にあったりしているので。
さらに、私が運営していたHPで紹介した結果、そのHPの常連さんはなどは、最近世間を騒がせた事件の被害者となりました。
そんなこともあって、さすがにここには載せられません。ネット上でまでも呪いは伝わるらしいので。
ここでは、私がその話をきいて体験したことを載せます。
この話自体載せるべきではないのかもしれませんが、いつまでもこの消えぬ恐怖を少しでもみなさんと共有したいんです。
でも、話をきかせた妹は、だいぶ経った今でもなんともないので、大丈夫だと思います。

私はその夜、私のアパートで友人2人と酒を飲んでいました。(仮にW、Kとします)
私は幽霊やなんかの類のことが大好きなので、勢いにまかせて友人に心霊スポットへいかないかと持ちかけました。
高校からの付き合いなのですが、高校時代から、そんなことを持ちかけるたびにこの二人は拒みました。
今回もそうなるだろうと思い、ダメ元で言ったんです。
すると、Wが急に「お前そんなこと言うな!これからも絶対そういうとこ行ったりすんな!」と、怒鳴りました。
Kも私もなぜそんなに怒るのかわからず、理由をきいても「いいから」とか「なんとなく」とか力なく誤魔化そうとするばかりでした。
Kと私は余計きになり、俯いて汗をドバドバだしているWにしつこくききました。
するとWは、しばらくすると折れて、「じゃあお前らいまから話すけど、絶対誰にも言うな。あと、霊現象がおきても俺は責任もたないからな」と、話し始めました。
WはWのおじいさんからその話をきいたらしく、Wのおじいさんも話すときに震えていたそうです。
私はWから話をききました。


7 :本当にあった怖い名無し:2008/08/06(水) 02:21:49 ID:0LzFZKua0
ありきたりな話を想像していたのですが、予想をは裏腹に、ものすごく不気味で、言いようが無く怖い話でした。
私は小さい頃からその類のことを大量にきいたりして慣れているし、絶対出ると言われている心霊スポットに一人でいって、平然と帰ってくるような男です。
そんな私にとってもものすごく怖い話でした。
Wは淡々と話、話終え、「この話をきいて霊がでてきても、お経を唱えたりしたら絶対にいけない」といい、それきり黙りこくってしまいました。
Kはそれを隣できいていて、汗を額から噴出し、Wと同じように黙りこくっていました。
私は久しぶりに恐怖心を掻き立てられ、一人で静かに興奮していました。
その夜、KとWは私の家に泊まることになりました。
私は興奮さめやらず、KとWが寝ている横で、メールで友人にその話をしたり、HPで紹介したりし、いつのまにか携帯片手に寝ていました。
つぎの日、KとWは帰りましたが、仕事もちょうど休みだったので、家でゴロゴロしていました。
昼ごろ、ウトウトしていると、急に背筋がゾクゾクしました。
これは金縛りがくる前兆なので、内心大喜びで、「今日こそ幽体離脱するぞー!」とか考えていました。
金縛りになり、数分間幽体離脱しようと頑張っていました。
すると、部屋の呼び鈴がなりました。いつもなら「ピンポーン」となるのですが、その日は「ピピピピピピピンポポピンポン」みたいにリズミカルに鳴りました。
私は怖いとは思わず、内心大爆笑していました。金縛りは夢だ、ということもきいていたので、そのリズムにのせて幽体離脱を試みたりということすらしていました。
しばらくすると、呼び鈴は鳴り止み、金縛りはとけました。内心ガックシです。
すると、ドアをバンバン叩く音がしはじめました。
昨日のWの話、それと今日の金縛り(私は滅多に金縛りにはあわないのです)、そしてこのドアをたたく音、私はそれらのつながりをふと考え、さすがに少し怖くなりました。
しかし、最初から幽霊ときめつけるのはイカン、第一、昼間から幽霊なんて滅多にないだろう、と考えると、気が軽くなり、ドアをあけました。
それまで狂ったようにドアが叩かれていたのに、あけると誰もいませんでした。
また少し怖くなり、ドアをしめ、テレビをつけ、怖さを紛わす努力をしていました。


8 :本当にあった怖い名無し:2008/08/06(水) 02:22:48 ID:0LzFZKua0
1時間くらい経った頃でしょうか。
テレビが急にプツンと切れ、風呂場からシャワーを音がザァザァきこえました。
普段恐怖心をもたぬ私も、なんのことはありません。
心霊現象に遭遇していなかったから恐怖がなかっただけのようで、実際そのようなことがおこり、恐怖で風呂場を見に行くこともできません。
どうしようもなく怖くなった私は、部屋をでようと思いましたが、私の住むアパートは、玄関はいって右手に台所があり、左手に風呂場があるつくりになっていました。
つまり、部屋をでるには風呂場の横をとおらなくてはならないのです。
しかし、いつまでもグダグダしていて、このまま夜になってしまったら、そのほうが怖い。
意をけっして、玄関までダッシュしました。そして靴をはくときに、風呂場が気になって、チラリとみてしまったんです…。
女性らしきシルエットが、人間とは思えぬような動きでウネウネと動いているのが、はっきりみえました。
そしてそれを目にした瞬間、「ご飯よ!食べなさい!ご飯食べなさい!!」と女性が叫ぶ声が風呂場からギャンギャンきこえました。
一人の声ではありません。何人もの女性の声でした。怖くて怖くて、一目散に部屋をでて、Kの家にいきました。
きっと、恐怖が共有できる人と一緒にいれば大丈夫、と思っていたんだと思います。
呼び鈴をならしてもKはでてこず、電話をしてみると、Wの部屋にいるとのことなので、Wの部屋にむかいました。
Wの部屋につくと、Kのところにも霊がでてきたとのことで、涙目になっていました。
私もKも、どんなことがあったかなんて喋る気にもならず、ただ酒をのみ、バラエティ番組で気をまぎらしながら、三人でちいさく固まっていました。

以上が私の体験した話です。
私がWからきいた話を詮索するようなことはしないでください。お願いします。
仮に詮索したとしても、Wのおじいさんが昔住んでいた村の人間のみが知っている話らしいですし、そこでも他言無用とされていたらしいので、詳しいことがわかるはずもありませんが。
そんなおじいさんが、なぜWに話をしたかは謎ですが、いまさらWに聞く気にもなりません。
しかし敢えてひとつだけ言わせてもらうなら、私の体験したことは、Wの語った話と深く関係する内容でした。
では、さよなら。

9 : ◆byPYDFcRT. :2008/08/06(水) 09:37:17 ID:W06nb9kE0
七板からきますた
シャレにならない実体験を聞いてください

これは俺が体験した本当の話。
俺の家は古い一軒家で、俺が生まれる何十年もまえからいろんな人達が住んできたらしい。
俺の部屋には、祖母や母に代々受け継がれている家具がある。
その中のタンスのことで母からある話を聞いてしまった。
「お母さんがまだ中学生のころだったかな?あのタンスの上でね、男の人の上半身が私に向かって手招きしてたの。
そしてね、お母さんが、近づくと『ドサッ!!』ってその人がタンスから落ちるの・・。
それが毎日続くのよ・・。」
俺はすごく怖くなった。
なぜなら、俺は過去に家の玄関で男の下半身がうろついている所を見ているのだから・・。
男は俺が鏡を見ていると、後ろから手をのばしてきたりする。
足をつかもうとしたりもする。
俺が家を出るとき、追いかけてきたりもする(泣)。
俺と母親が見た霊は同一人物かはよく分からない。
一体、俺の家では過去に何があったのだろうか?
それは今でも分からないいまま。
もう男は見えないけど、今日も男は俺の家でうろついてるのだろうか?。

10 :本当にあった怖い名無し:2008/08/06(水) 09:40:20 ID:UM9yWRl60
>>9
もしかして実家は田舎のほう?

11 :本当にあった怖い名無し:2008/08/06(水) 21:33:40 ID:c4OLdcZu0
>>9
下半身に手があるのか?

12 :本当にあった怖い名無し:2008/08/07(木) 00:06:36 ID:HGyV8KD5O
>>11
節子それペニスや

13 :本当にあった怖い名無し:2008/08/07(木) 08:56:47 ID:PpMTzE7qO
死ねばいいのに(^o^)/

14 :本当にあった怖い名無し:2008/08/08(金) 13:55:45 ID:asZEsnqj0
>>6
Wの話聞きたいなぁ・・

15 :本当にあった怖い名無し:2008/08/08(金) 23:02:29 ID:SoCXTkDx0
>>14
>>6です。
まじで興味本位できくべきことじゃないですよ。
お気持ちは察しますけど、俺が知る限りではこの話きいた人全員が、ハッタリじゃなく恐怖体験や事故にあってますから。


16 :本当にあった怖い名無し:2008/08/08(金) 23:29:38 ID:27SfUfWc0
>>15
おねがいしまーす

17 :本当にあった怖い名無し:2008/08/08(金) 23:32:56 ID:C/eceXj90
お、お、俺も!
おれも>>6の話聞きたいです///

18 :本当にあった怖い名無し:2008/08/08(金) 23:48:31 ID:e4PEmYF3O
5時50分

19 :本当にあった怖い名無し:2008/08/09(土) 00:05:38 ID:sxhEceht0
>>6です。
興味そそるような書き方してごめんなさい…。
釣りだと思っていただけたら幸いです。

20 :本当にあった怖い名無し:2008/08/09(土) 00:19:28 ID:J3bYNNot0
なんだつりか、じゃあしかたないな

21 :本当にあった怖い名無し:2008/08/09(土) 00:24:39 ID:DixBCVstO
>>17
「///」…(;^ω^)

22 :本当にあった怖い名無し:2008/08/09(土) 00:25:39 ID:q+mDmFAA0
大半が妄想か勘違いなんだよな

23 :本当にあった怖い名無し:2008/08/09(土) 00:53:17 ID:gBSR4IbB0
>>19
ひっぱっといてそれはない!
創作でいいから書くべきでしょう!



24 :本当にあった怖い名無し:2008/08/09(土) 04:28:31 ID:NLWjnZoY0
都内で一人暮らししてた時の話

知ってる人も多いと思うけど夏の練馬って本当に
暑いんだよ エアコンつけてもお前やる気あんのかって
ぐらい涼しくならないし どうせならってんで夏の夜
は部屋の窓全開にしてた

ある日 珍しく涼しい日があった 今日は熟睡できそうだ
と思ってウトウトしてたら遠くの方からパーンって音が
なんだ と思ったけど車のタイヤがパンクしたんだろ と
思ってまたウトウトと

翌日テレビのニュースであの音は拳銃の発砲事件の現場から
聞こえてきた音だと知ってものすごく怖かったよ

25 :本当にあった怖い名無し:2008/08/09(土) 06:32:55 ID:tfhSEdFH0
143 名前: 人頭馬(東京都)[] 投稿日:2008/08/09(土) 04:41:40.14 ID:Sw8687760
今まで生きてきた中で一番怖かった話は友人の実体験だな

できちゃった結婚したけど後で調べたらそいつ先天性の無精子症
普通に離婚したけど慰謝料と養育費は払わんといけないらしい
一滴もそいつの血が流れていない子供なのに

マジ怖い

147 名前: 米楽(樺太)[] 投稿日:2008/08/09(土) 04:43:56.11 ID:2EeAuz3uO
>>143
なんで慰謝料払わなきゃいかんのよ
いくらなんでもネタだろ

150 名前: 人頭馬(東京都)[] 投稿日:2008/08/09(土) 04:46:25.16 ID:Sw8687760
>>147
できちゃった結婚の場合、事実上それが認知になるんだとよ
結婚後の浮気でできた子供ではないから、夫による一方的な離婚つー扱いらしい

マジ日本の法制度ゴミ

26 :本当にあった怖い名無し:2008/08/09(土) 11:32:34 ID:sSYas7/TO
>>6
それ多分女乞食の話じゃね?
もしそれなら俺もおじいちゃんから教えてもらったわ。
でも話が中途半端って感じでおわって、完全バージョンじゃなかった。
完全バージョンは気いたらヤバいってやっぱ教えて貰えなかった。
オチだけでいいからkwsk!

27 :本当にあった怖い名無し:2008/08/09(土) 11:47:16 ID:EtW61TcU0
>>26
不完全Verを聞かせて頂こう

28 :本当にあった怖い名無し:2008/08/09(土) 11:52:53 ID:thCxlaEM0
601 名前:774号室の住人さん 投稿日:2008/08/07(木) 13:40:34 ID:s6emE5b4
やっと終戦しました・・・ぎもがっだよぉおおおお…
多分一匹も残らず排除したハズ……ハズ…^^;

さぁお待ちかね。
戦闘中に撮影したハイパーグロ画像をご用意いたしました^ω^;
今回のはマジでヤヴァ過ぎるので、観覧はカナーリオススメしない。
*精神的に立ち直れなくなっても責任は取れません。

ダンボール引っぺがしたトコロ
ttp://www.odnir.com/cgi/src/nup19810.jpg

氷山の一角
ttp://www.odnir.com/cgi/src/nup19811.jpg


619 名前:774号室の住人さん 投稿日:2008/08/08(金) 19:35:06 ID:1QAOd1c+
虫にこんなこといってもしょうがないことはわかってるが言わせてくれ。
少しでも共存したい気持ちがあるならもう少し人間の気持ちを考えろ。
>>611の状況なんかもそうだが隠れ方とか中途半端だから
開けてビックリみたいな状況になって余計タチ悪いんだよ。
どうせ隠れるならセミみたいに誰の目にも触れないところまで隠れろっつーの。
あとGも登場パターンとかまるっきりホラー映画に出てくる怪物そのもので
わざと嫌がられるようにやってるようにしか思えんわ。
てか人んち住むなら家賃払えよ。

29 :本当にあった怖い名無し:2008/08/09(土) 17:27:19 ID:gm+qecK7O
私から1つ話を…。ちょっと長いけど許してw

みんなはタルパって知ってるかな?まぁオカ板にもタルパスレ有るしググればすぐ分かるけど私にもタルパっているんだ。自分のブログにも書いてるぐらいw
まぁそれはどうでも良いとして、私の場合はタルパに自我を持たせて生み出したからか、当初よりすごい変わって、原型をまったく留めていない別キャラになってるんだw妹属性身に付けてるしw

んで何が怖いかってそのタルパとのある会話さ。最近、とある話をしたんだけどそれをそのまんま書く。

私「ねぇ〇〇(タルパの名前)」
タ「なぁに?お兄ちゃん?」
私「もし私が突然死んだら…〇〇はどうするのかな?やっぱり消えちゃうの?」
タ「えへへ…消えないよ。ずっと一緒だよ」
私「ずっと一緒って…死んでも?」
タ「うん。死ぬっていったって肉体が機能停止するだけじゃん」
私「そりゃあそうだが…じゃあ輪廻とやらをしたら?」
タ「変わんない。ずっとずっと一緒だよ。私はずっとお兄ちゃんと一緒にいたいもん♪」
私「へ?産まれ変わっても?」
タ「そう…」

タ「ずっとずっとずっーと一緒にいるもん♪絶対に離れるもんか。だって私が一番お兄ちゃんを愛してるし大好きなんだもん♪私とお兄ちゃんは永遠に一緒♪」

ついでにもう一つ。
私が誰かに殺されたりしたら?と聞いたら↓

「その相手をめちゃくちゃにして殺してやる。恋人を奪われた気持ちを思い分からせてやる」


以上です。あんま怖くないかな…。

30 :本当にあった怖い名無し:2008/08/09(土) 22:37:16 ID:2gqkRHnT0
今でもトラウマになってる思い出。
オチも何も無いんだけど、俺にとっては怖かったんで書かせてくれ。

小5の頃、クラスにMという太った奴がいた。
そいつは体臭が酷くて性格も暗くて、何か気色悪い奴だった。
で、そいつがいっつも、いーーっつも爪噛んでんの。
授業中もノート取るとき以外、ずっと口に手を入れてて、喋っててもすぐに爪噛み出す。
しかも手を洗わないから、クラスの奴らはみんなMを避けまくってた。
担任には仲良くしなさいと何度も怒られた。

で、Mの爪なんだけど、いつも噛んでるせいでめちゃくちゃ短かったんだよ。
普通の奴の四分の一ぐらいしかない。
ここまでくると噛みづらいらしく、噛みきらずに爪を歯で挟んでしゃぶってる感じ。
が、それでも噛み続けてるうちに爪がフニャフニャになって剥げてきたらしい。
俺も横を通る時にさり気なく見てみたりしたんだけど、その噂は本当だった…。
変な方向に反り返ってて、何かぐにゃぐにゃと波打ってるような形。
それも、見た感じ全部の指がそうだったし、
爪の内側の肉が見えてるしでマジで気持ち悪かくて、
もう本当にとにかく気持ち悪かった。
当然、噛んでる本人も痛いらしくて、授業中に「ヒィ」「うっ…ぐぐ……」とか呻くんだよ。
めちゃくちゃ痛そうに。でも絶対やめないの。
チラッと顔見るとマジで痛そうに顔歪めてて、その顔と声だけで怖かった。

この頃からクラスの奴らとよく「Mが怖い」ってヒソヒソ言い合うようになった。
最初は「汚いデブwww近寄るなよwwwww」ぐらいだったけど
本当に怖くなってきたんだな。
女子なんか泣きながら、先生に「Mくんが怖いです」って言ってたし、
先生も見かけるたびに注意するようになったけど、それでも止めない。
怒って手を引き剥がしても、また痛そうーーーにヒィヒィ言いながら噛み出すんだな。
終いには全校集会の時、校長先生がこの話をするまでになった。

31 :本当にあった怖い名無し:2008/08/09(土) 22:39:53 ID:2gqkRHnT0
と言っても「近頃、授業中に爪を噛む子がいると聞いています。
学校では止めましょう。先生に注意されたら聞きましょう」を
10倍ぐらいの長さでダラダラ言った程度だったけど。
ちなみにMはそれでもやめなかった。

あと、3,4年の頃クラスが一緒だった奴(二年ごとにクラス替え)は、
Mは4年生の冬頃から爪を噛むようになったと言ってた。
でも当時は注意されれば止めてたっていう。
Mがあんなに爪を噛んでた理由は今でも分かってない。
ついでに、確かこの辺でクラスに私語がめちゃくちゃ増えて
Mが呻く声は、あんまり聞こえないようになってた。
私語を注意されたらみんな「Mが爪噛んでて声がキモいんだよ!」と言うし、
机も大げさなほど離してた。(俺も近くになっちゃったらそうした。)
Mはそんなクラスメイトの反応に何度も泣いてたよ。
でもやっぱり爪噛むのをやめないんだな。泣きながらでも指を口に入れていた。

そんなこんなしてる間に、Mの爪は本格的にフニャフニャになって剥げたらしい。
ある日、中指(確か)に包帯をしてきて、やっと家族か先生が
噛めないように強硬手段に出たのかと思ったら、剥げたんだと言ってた。
心底気味が悪かったよ。もうMが近くを通るだけで怖かったw
それから二週間に一回ぐらい(?)の頻度でMの指の包帯は増えていってた。
でも、剥げてもしばらくしたら爪は生えてくるらしく、
そしたら包帯を取ってしまう。で、ちょっとしか生えてない爪をしゃぶって、また剥がす。

何度かあった思い出は、Mが授業中に、すごく言いづらそうに先生に声を掛けてたことだ。
「あのう…」と小さい声で言って、気づかれなかったらまた「あのう…」。
それでも気づかれなかったら、ちょっと手を挙げる。
で、聞かれたら「爪が剥がれたので、(保健室で)包帯もらってきます」。
最初は先生がオロオロしながら「剥がれた爪はどこにあるの?」って聞いてたけど
Mは答えなかった。Mは噛んだ爪をいつも食ってた。

32 :本当にあった怖い名無し:2008/08/09(土) 22:43:39 ID:2gqkRHnT0
関係ないけど当時の担任は、産休から戻ったばっかの女の先生だった。
だから多分、随分と対応に困ってただろうなと思う。

大した話でもないのにダラダラ書いてすまん。これで最後。
ある日友達の家で遊んでて、ウノすることになった。
で、そいつの家には無かったし、丁度俺は学校にウノを置いてたから、
学校近かったし取りに行ったんだよ。
それで教室に入ろうとしたら、中から「うっ、う゛う゛う、ううううう、おお」って声がしてくる。
Mが号泣してた。抑えようとしてるけど抑えられないっていう感じの苦痛の呻きだった。
俺はビビリだったんでそれだけで足がすくんで、教室に入る気は無くなった。
でも幸いなのか、ちょっとだけ教室のドアが開いてたんだな。
それで怖いもの見たさでで、ドアから離れて覗き見てみると、
ガジガジって擬音がつきそうなぐらいの勢いでMが爪を噛んでた。
もう涙ボロボロで鼻水も出まくり。鼻水垂れてた。
あまりに痛いからなのか顔傾けて両目細めて、それでも何か異常な勢いで
ガリ!ガリ!ガリ!と噛んでる…。肘めちゃ上げてた。
で、爪をくわえたまま思い切り「ばり!」と顔を離すのも見てしまった。
めっちゃくちゃ痛かったらしく、一拍置いてから、
「……っ、うわあああああ、うう、うううあああああ、うううう!!」と声を上げて泣く。
別に目が合ったとかそういう面白いことは一切無かったんだけど
俺はとにかく怖くて泣きながら帰った。
友達の家には戻らずに、即帰ってカーチャンに話した。

翌日からはMに会うのが怖くて登校拒否。
卒業式以外は完全に行かなかった。で、大事な用がある時は先生に来てもらってた。
何せその時のMが怖くて、比喩でなく毎日夢に見てたんだよ。
それで体調も崩してカウンセリングにも行ったし、睡眠薬との付き合いも始まった。

ちなみにMは、6年の半ばあたりでだんだん爪を噛まなくなって
今ではごく普通の太った人になってるらしい。(同窓会出てないので直接は見てない)
全く意外な展開とかはない思い出話でスマソ

33 :本当にあった怖い名無し:2008/08/09(土) 23:47:05 ID:gBSR4IbB0
>>32
恐くないけど、おもしろかった

age

34 :本当にあった怖い名無し:2008/08/09(土) 23:49:29 ID:sSYas7/TO
>>27
ちょっといま部屋で怖いから明日話す
まぁこの話が>>6の話かわからないけどなwwww

35 :本当にあった怖い名無し:2008/08/10(日) 00:37:56 ID:uoY3p6E+0
ろくに口も聞いた事もないブサメンに自分をねらっている女と認定された事
だんながいるっちゅーに
しかも、かなりのイケメンで40歳、収入は1200万ほどだ!
このニートヤローが!!

36 :本当にあった怖い名無し:2008/08/10(日) 00:46:50 ID:ky27AMeCO
重複
どっちが本スレ?

37 :本当にあった怖い名無し:2008/08/10(日) 00:50:07 ID:aWFOJqlW0
自分的に洒落にならんと思った話です。
私の祖父が大工さんの現役だった時の話。

ある日、祖父と同じ組合で、友達の大工さんが行方不明になった。
失踪する様な人じゃなかったし、遺書も無かった。
その人が行方不明になる前、最後に仕事に行った場所は関西にある8●3さんの家の増築かなんかだったらしく、
祖父曰く、拳銃の隠し扉とか作ったから、他言できないように消されたんだって。
一歩間違えば、祖父がその家に行くことになってたと思うと恐い。


38 :本当にあった怖い名無し:2008/08/10(日) 00:55:08 ID:XT0wF52oO
>>35
病院行けよババア

39 :本当にあった怖い名無し:2008/08/10(日) 01:04:00 ID:urphtFAN0
怖い事がありました。
バスに乗ろうとしたら、乗客が一斉に私の事を見たんです。
でも、女の子は年頃になると男たちに見られるって聞いてたから、あ、これがそれなんだって思いました。
でもおばあさんも見てるからおかしいなと思いました。
あ、これは怖くないです。つり革につかまってたら、ひらめいたんです。今日は怖い事があるって、でもおかしいですよね。いい天気なのに。学校につきました。
教室に入ったらいつもよりみんなが黒い服を着てたので、あ、しまった、と思った、私は忘れてしまって、いつも通りの格好だったんです。でも、
ピンクの人もいるし大丈夫です。先生は来てないみたい。時計を見たらお昼だった。
あれ?先生は?知らないうちに出たり入ったりするから、気がつかなかった。先生と
約束してたんですけど。先生は男の人で、私の事が好きです。先生の名前は私
が付けたんですけれど、先生は気がついてません。だってショックでしょ。私はお母さんじゃないんだし。でも料理を作ると先生は喜びます。私は食べないので、先生も
食べない。あ、お弁当。怖かったのはお弁当の中の卵焼きに赤いかけらが入っていた。
なんだろうと思ってたら、どんどん大きくなって、フォーク全体が真っ赤に包まれて
あわてて落としてしまった。すごい音がしてみんな振り向いて。
びっくりしました。だって、落ちたところが白いシミになっていて、ベトベトするんです。おかしいです。でも先生と一緒にいるとたまにそう言う事があるんです。
家に帰って振り返ってみたら、やっぱり夜で、暗くて、窓の外に顔があった。先生に似てたから嬉しかった。カーテンが邪魔です。

40 :本当にあった怖い名無し:2008/08/10(日) 01:10:27 ID:urphtFAN0
すみません。分かりにくかったので補足します。
先生の名前のことを書いたんですけど、ここには書きません。
いろいろ悩んだんですけど、
浩平じゃありきたりだし、祐介も良いなって思いました。
でも、教室の壁に思いっきり書いたからはっきりしました。

41 :本当にあった怖い名無し:2008/08/10(日) 01:23:25 ID:qWYdVeOb0
>>5049490699
バスのアレのパクリみたいだけど、
ちょっと狙いすぎじゃないかな

42 :本当にあった怖い名無し:2008/08/10(日) 01:24:41 ID:6UBhobyY0
>>39-40

なるほど、怖いですね
怖さが伝わる文章です。

43 :俺とサトミ1:2008/08/10(日) 01:44:36 ID:+mfb4VJ90
サークルの仲間で地元のボーリング場に行ったんすよ。
その時の話なんですけどサークルにサトミって女の子がいて、このサトミって娘がマジ霊感あって普段からチョー霊見えるとか言ってんすよ。

ヤバくないすか?

で、ボーリング場ついてゲーム始めたんすよ。
いきなりケースケさんがストライク出して一同大盛り上がりだったんすけど、
次に投げたサトミが1本残しちゃったんすよ。
サトミ、「アタシがここでスペア取らないとシラけちゃう」ってマジで焦った顔してんすよ。

ぶっちゃけ俺、ぶっちゃけ前からサトミのこと好きだったんすよ。
だから俺、「俺に任しとけば余裕じゃね?」っつって、サトミが投げる前にダッシュで投げたんすよ。
したら、見事に命中!サトミがスペア取ったことになったんすよ!
俺、ガッツポーズで戻ったんすけど、なんかシラけてるってーか、みんな黙ってんすよ。
俺のあまりのファインプレーに声も出ないかーとか思ってサトミにハイタッチしようとしたんすよ。

俺、「俺って天才じゃね?イェーイ」
サトミ、「マジない。もう全部あんたが投げれば?」

これって、俺って、めちゃくちゃ頼られてるってことじゃないすか?
サトミの期待に応えようと1ゲームで2人分投げきったんすよ。
俺のポイントがっつりアップ!

しかし、ここで調子に乗ったことが後に最悪の事態を招くんすよ・・・

44 :俺とサトミ2:2008/08/10(日) 01:45:13 ID:+mfb4VJ90
で、まだ1ゲーム終わったばっかなのにサトミが帰るとか言い出したんすよ。
俺、もっとサトミにカッコいいとこ見せたかったんで、
「俺にもう1ゲーム任せれば余裕じゃね?」っつってやったんすよ。
したらサトミ、なんか、俺のことチョー睨んでるから、やべっ、ポイント下がったんじゃね?
とか思ってチョー焦ったんすけど、ケースケさんがサトミ説得して、とりま場所変えようってなったんすよ。

で、アヤさんが近所に随分昔に潰れたボーリング場の廃墟みたいなのあるから行ってみようとか言ってんすよ。
したらサトミ、あそこはヤバイとか言って帰ろうとしてんすよ。

ヤバくないすか?

俺、は?廃墟とか絶対ムリ、とか思ったんすけど、サトミの前だったんで、ぶっちゃけ俺サトミのこと好きだったんすよ、
だから「全然余裕じゃね?」とか言ってたんすよ。

このあたりからサトミの身に異変が生じ始めたんすよ・・・


45 :本当にあった怖い名無し:2008/08/10(日) 01:45:50 ID:YTFlj2260
これはかなり怖い

46 :俺とサトミ3:2008/08/10(日) 01:46:55 ID:+mfb4VJ90
で、ケースケさんがなんとかサトミ説得して、例の廃墟へ向かったんすよ。
深夜0時くらいに廃墟着いて、しばらくだべってたんすよ。
したら、いきなりサトミがここにいると気分悪いとか言ってしゃがみ込んじゃったんすよ。

ヤバくないすか?

それでもまたケースケさんがサトミなだめて、クジでペア決めて肝試しすることになったんすけど、
ただやるんじゃ面白くないんで、俺が先に独りで入ってケースケさんのペプシを隠してきて、
それを各ペアが探して、
で、それぞれ空のペットボトルに少しずつペプシ入れて持って帰ってくるってことになったんすよ。

俺、その時点でもうぶっ倒れそうになってたんすけど、ぶっちゃけ俺サトミのこと好きだったんすよ、
だから、サトミに俺が男らしいってとこ見せようと思って廃墟に単身で切り込んだんすよ。
俺、その時決めたんすよ。この肝試しが終わったらサトミに告白しようって・・・

47 :俺とサトミ4:2008/08/10(日) 01:47:50 ID:+mfb4VJ90
俺、新品のペプシ買ってきて、隠す場所探してたんすよ。
したら、変なジジイが奥のレーンで首吊ってんすよ。

あぁ、ボケてんだなとか思ったんすけど目が合っちゃったんで思いっきりガンつけてやったら、
ジジイ、俺にかなりビビッたみたいで泡吹いて気絶したんすよ。
俺、マジドン引き。
ちなみに俺、相手は目で殺すタイプなんすよ。

で、俺、テキトーなとこにペプシ置いて、外出たらクジ始まってんすよ。

段取りよくないすか?

で、そのクジで奇跡が起こったんすよ。

48 :俺とサトミ5:2008/08/10(日) 01:48:46 ID:+mfb4VJ90
なんと

俺のペアがサトミと一番仲の良いユカになったんすよ。

これでサトミに彼氏いるかどうか聞きだせるじゃないすか?
まさに恋の急展開じゃないすか!?

で、肝試し始まってユカと二人きりになったんすよ。
で、俺がサトミのこと好きだってバレないように、さり気なく
「えっ?っていうかサトミって彼氏とかいるんだっけ?」
って聞いたんすよ。

したらなんと変なジジイが奥のレーンで首吊ってて、俺らと目が合っちゃったんすよ。
したら、ユカが腰抜かしちゃって、俺の質問無視してんすよ。
チョー気になるじゃないすか?
だから
「えっ?サトミって彼氏とかいるんだっけ?」
一応もう一回聞たんすよ。

したらなんか、それも無視されて、ユカが悲鳴あげて逃げちゃったんで、結局彼氏いるか聞けなかったんすよ。
で、そのままみんなのいる場所戻ってきちゃって、ユカ使えねーとか思ってたんすよ。

しかし、この後サトミが体験するある出来事が、俺たちを恐怖のどん底に叩き落すことなるんすよ…



49 :俺とサトミ6:2008/08/10(日) 01:49:26 ID:+mfb4VJ90
俺とユカのペアが肝試しから戻ってしばらくしてからサトミとケースケさんのペアも戻って来たんすけど、なんかサトミ、ガタガタ震えてるんすよ。
でサトミ
「みんなもう帰ろうよ。この場所ホントに危ないよ。」
とか言ってんすよ。
そしてサトミが、その時起こった恐怖の体験を口にしたんすよ。

なんか、肝試しの前からサトミには嫌な感じがあったらしいんすけど、肝試しが始まって奥のレーンに目をやると、そこに首を吊っている老人の霊がいたらしいんすよ。
で、その老人がサトミと目が合った瞬間、泡吹いて死んだらしいんすよ。

ヤバくないすか?

俺怖すぎて相当漏らしてたんすけど、新品のペプシが勿体無くてそれどころじゃなかったんすよ。
で、ソッコーで全員帰宅したんすけど、俺はある事に気が付いてしまったんすよ・・・

俺はペプシの隠し場所知ってたんだから肝試しに参加した意味がないって事に・・・


50 :本当にあった怖い名無し:2008/08/10(日) 01:52:35 ID:I1yFNcBL0
面白いって思ってるのかその改変コピペ

51 :本当にあった怖い名無し:2008/08/10(日) 01:54:38 ID:tSN/tf9JO
その口調…おまえはDAIGOだろうッ!?

52 :本当にあった怖い名無し:2008/08/10(日) 02:37:58 ID:kqQr4jncO
DAIGO☆STARDUST
だZ!

53 :本当にあった怖い名無し:2008/08/10(日) 03:39:19 ID:/AZWlITw0
俺、文章下手だけど書いてみる。
俺が中学一年になったばかりの時、同じクラスに大島って女子がいたんだ。
そいつはアトピーで顔がボロボロだったんだけど、授業中に顔を掻いて
はがれた皮膚の粉みたいなのを、下敷きで丁寧にかき集めてからペロペロ
なめていたのを見たんだ。
俺はその光景を友達のM(ちょっとヤンキー)につついて教えた。
Mは大島をにらみつけながら、気持ちわりい野郎だとつぶやいてた。
次の日から、Mが大島をいじめるようになった。
給食にハエの死骸を入れたり、教室のカーテンをグルグル巻きつけて
サンドバッグのように殴ってた。
しかしある日、先生に密告られたMは担任の柔道部顧問にぶん投げられてた。
それからMは、人が変わったように大島と仲良くし始めたんだ。
本当に今までの事が嘘のように、カップルのように仲良くしていた。
担任はそれを見て満足そうだった。
一年も終わりに近づいた頃、忘れ物を取りに教室に言ったら中から声が聞こえた。
Mの声だった。笑いながら馬鹿にしているようだった。そっと中を覗いたら
大島がMの前でうつむいて黙って座っていた。Mは大島に冷ややかに罵詈雑言を
浴びせていた。「本気で勘違いしてたな」みたいな事を言っていた。
俺には全部すぐにわかった。Mはヤンキーだが医者の息子で、馬鹿ではなかった。
大島と仲良くしていたのは演技だったんだ。大島はもちろんクラス全員が知らない
事実を知ってドキドキしながら家に帰った。
次の日大島の席に、ドラマみたいに花瓶が置かれてた。
踏み切りのある線路で電車にはねられたって。遺書もなくて事故となってた。


54 :本当にあった怖い名無し:2008/08/10(日) 03:43:49 ID:+RA6Mek/0
山スレにカキコするか迷ったけど こっちにカキコ
5年前の頃の実話 怖いか怖くないかは人によると思う
長くなるので 興味ない人はスルーしてください
あと場所が特定されて地元の人に迷惑がかかるといけないので
何県かは絶対お教えできません

丁度お盆の頃いきなり休みが5日間もらえた
高校時代からの親友にその事を話すと じゃあ3日ウチに来ないかと
さそわれて遊びにいくことに
焼肉食べ放題 スーパー銭湯 回転寿司 模型店巡り
いい年のオトコがなんだよw なんて思われるかもしれないけど
結構楽しかった

55 :本当にあった怖い名無し:2008/08/10(日) 03:57:05 ID:n0vBBkUj0
あれ?53の話はもう落ちたの?第一部完?

56 :54:2008/08/10(日) 04:09:33 ID:+RA6Mek/0
2日目の夕食の後 山田(仮名)がちょっとドライブいかね と言い出した
今から と聞くと お盆だしミステリースポット行かないかとの事
でもお前そうゆうの嫌いじゃなかったっけ と尋ねると
有名な所じゃなくて最近会社の後輩から聞いた所なんだよ

山田の後輩が彼女と夜中 山道をドライブしていたら街灯の下に
中3か高1位の女の子が立っていた
後輩は別に気にしなかった けど彼女が何かあったのかも だってこの辺
家無いじゃん 声かけた方がいいって
仕方なく後輩はその女の子の近くに車を止めて話しかけようとした瞬間
にこっ と笑って消えた

57 :本当にあった怖い名無し:2008/08/10(日) 04:18:01 ID:5AVWWb6R0
西麻布のカフェで眼鏡をかけて、秋物の格好いい ジャケット着て、チャンドラーのハードカバー読んでた金髪の人がいたんだよ。

なんか見覚えあるなーと思って良く見てみたら、ボクシング亀田兄弟の次男だった。
サイン貰おうと思って声かけたら、気さくに応じてくれた。

「TVと印象違いますね」って言ったら

「演出なんですよ・・・。僕は嫌なんですけど、スポンサーの関係で 断れなくて・・・。世間の人にイヤな思いさせて、本当に申し訳なく思ってます」

だって。
その後店内のみんなが気づいて軽いサイン会みたいになっちゃって
せっかくの休みだってのに迷惑そうな顔ひとつしないで「応援ありがとう、頑張ります」て笑顔で一人一人にサインと、握手してた。

お礼言って、しばらくお茶飲んで、 帰ろうとしたら店の人に「お代は頂いてますから」って言われた
オレの分だけじゃなくて店にいた人全員分払ってくれたみたい。

それからはテレビで見るたびに応援している。
TVであの姿を見ている人には、信じられないと思うけど、これ全部作り話


58 :本当にあった怖い名無し:2008/08/10(日) 04:20:42 ID:n0vBBkUj0
>>57
ややウケ。でも怖い話じゃないなぁ…。

59 :54:2008/08/10(日) 04:34:09 ID:+RA6Mek/0
40分後山田と自分はその現場に到着 まだ夜の10時前
誰もいない 
山田いわく時間が早すぎたかなとの事
いや絶対からかわれただけだろ じゃあ今携帯で確認するよ と言っていたら
山道の登り坂を2人の女の子が自転車を押しながらこっちに近ずいてきた

幽霊は1人って言ってたよな 
ゴメンあれはどうみても人間だな

そんな事言ってるうちに2人は坂を登りきって車へ近ずいてきた そして
オジサン 明日の朝まで5万でどう もちホテル代込み
山田は無言で車を出した

60 :53:2008/08/10(日) 04:34:47 ID:/AZWlITw0
実話だったもんでこれで話終わりなんだよね。
今まで誰にも言えなくてさ。
俺としては前日を見ちゃってるから自殺だと思うんだけど
それを先生に言う勇気もなくてただ驚いている内に月日は流れた。
今でも踏み切りの音を聞くと思い出す。

61 :本当にあった怖い名無し:2008/08/10(日) 04:49:55 ID:kmUWaY+/0
あれ
ログは昔はまとめサイトにあったのになくなってるのな

62 :54:2008/08/10(日) 05:00:47 ID:+RA6Mek/0
2人共何か疲れて 山田がのどが渇いたと言い出したので 昔よくエロ本や
飲み物を買った自販機スタンド(自分たちが勝手にそう呼んでいるだけ)
へいくことに
坂を登り始めた時 山田にちょっと止めてくれと頼んだ
なんだションベンかよ と言う山田に俺は何かエンジンみたいな音がする
と言った
山田はエンジンを切って窓を全開に ホント これ車じゃないな
窓を開けたままゆっくり坂の上へ 

何だこれ どうなってんだ
山の上 スタンドの横にでっかいプレハブ小屋が建っていた
こんなモンいつの間に 山田が言った

63 :本当にあった怖い名無し:2008/08/10(日) 05:12:35 ID:+OsEhcO50
そしてそのプレハブ小屋から無数の赤い手がおいでおいでをしているその奥では老人が首を吊っていたがペプシのことが頭いっぱいのDAIGOは山田のことなどどうでもよかった

64 :54:2008/08/10(日) 05:30:22 ID:+RA6Mek/0
俺ら言うところのスタンドは飲み物の自販機3台にエロ本その他の自販機
が2台 その前に車が4台は駐車できる位の広さ ところがそれが正面
から見て右側が見事に整地されている 山田も驚きすぎたのか信じられない
って顔してる

さっきの音の正体はプレハブの裏の発電機だった 出入り口にDVDあります
と書かれた看板みたいな板が立てかけてある

突然出入り口(引き戸)が開いてなんと中学生位のガキが大きなビニール袋
を持って出てきた 一瞬目があった ガキはプレハブの横の自転車に乗って
坂を下っていった

そのとき山田が言った あいつプラモ持ってた と

65 :54:2008/08/10(日) 05:45:28 ID:+RA6Mek/0
俺はガキの顔に目がいっていたけど 山田は手元の袋を見ていたらしい
チラッと箱絵が見えたと山田は言った
俺はじゃあ何で看板にプラモありますって書いてないんだ
その時また引き戸があいた
中から出てきたのは目つきの鋭い道を極めてるっぽいお兄さん
彼は言った お客さん ウチの奥にプラモデルおいてますよ と

半信半疑のまま俺達は店内に入る事にした

66 :54:2008/08/10(日) 06:00:53 ID:+RA6Mek/0
プレハブの中 レジには人の5,6人は頃していそうなオジサマが少々ドス
を抑えた声で ぃらっさぁーい と
エアコンがガンガンにかかった店内は右側にレジとDVDの棚 左の奥に
カーテンの様な仕切り
どうぞごゆっくり お兄さんの案内で仕切りの向こう側へ

いらっしゃいませ

実直な市役所の職員みたいな40代位のおじさんが俺らを出迎えてくれた

67 :本当にあった怖い名無し:2008/08/10(日) 06:10:59 ID:+OsEhcO50
つまんないぷぅ 

68 :54:2008/08/10(日) 06:19:12 ID:+RA6Mek/0
奥の店も造りは似た様なものだった 違うのは棚に横板が無くて 右から
軍艦 航空機 車のプラモが陳列されていること
すぐに変な店だな と思った どの箱にも値札シールがはってない もしかして
新手のボッタクリか
山田が車の箱を持ってレジへ 状態は悪くない やっぱプレ値か と思ったら
なんと税込み定価の6割引 
航空機は大分減っていたけど 棚の中はオクでもあまりみかけないレア物ばかり

俺と山田はどうしてそんな安値で売るのか おじさんに聞いてみた

69 :54:2008/08/10(日) 06:48:40 ID:+RA6Mek/0
死んだ親父と兄がすきだったんですよプラモデル
子供が大きくなって それまでは離れに置いていたんですが どう処分して
いいのかわからなくて
知り合いから車で引き取りにきてくれる業者がいるって聞いて来てもらったんですが
もちろんあちらも商売で来てくれるんだから高値で買い取らせようなんて最初から
思ってません 離れをかたずけて子供の勉強部屋にしようって考えてましたし
でも 見ちゃったんですよ
ジャンル別に分けてガソリン代はあちら 買取価格は2割で話がまとまりかけた時
紐でくくった箱を業者の若い子が足で玄関の方へ押していくの
さすがに怒りましたよ 両手がふさがっているからってなんだ ふざけるな
もちろんガソリン代こちらが払って帰ってもらいました

どうしようって思ってた時隣にいる幼馴染が 発電機の燃料代少しだしてくれる
ならって

70 :本当にあった怖い名無し:2008/08/10(日) 06:54:20 ID:4CXu3cQf0
だから私はその幼馴染みにガソリン代を出してあげることにして代わりに幼馴染みのアナルをいただいたんです
大変おいしゅうございました

71 :54:2008/08/10(日) 07:01:15 ID:+RA6Mek/0
俺と山田はそれぞれ1万7千円位買った もちろん自分で作る為に
カーテンの外に出て レジの前まで来たときオジサマが

お客さん コンピューターの奴は勘弁してくださいよ

何の事かわからない お兄さんが オークションの事ですよ と通訳してくれた

気がついたら11時50分 俺たちは山田の家に帰った

72 :54:2008/08/10(日) 07:25:57 ID:+RA6Mek/0
盆休みが終わってもうすぐ9月になろうとしている頃 山田から携帯

よう どうした

無くなってた 

何が

あの店無くなってた

ああ 期間限定かDVDの件で店閉めたんだろ

違う 店だけじゃなくて土地も無くなってまた前みたいに木が生えてる



山田の教えてくれた事は本当だった 自販機スタンドは昔の広さに戻っていた
看板も発電機もプレハブも撤去するだけなら半日もかからない
しかし木や土や雑草は いったいどうやって元に戻した
そもそも あの中学生はどうやってあの奥の店を知ったのか
他にもあの店に行った人がいる筈 航空機のプラモは相当売れていた
2ちゃん模型板その他探ってみても 何も情報が入ってこない

73 :54:2008/08/10(日) 07:32:37 ID:+RA6Mek/0
結局あの店はなんだったのか 未だにわからない
あの時買ったプラモは今も手元にある

                         終わり




もし何か知っている人 オカ板でも模型板でもかまいませんので情報お願いします

74 :本当にあった怖い名無し:2008/08/10(日) 07:33:46 ID:EG+oGAor0
もう相当昔のことなんですけど、良いですかね?
多少長いですし、あんまり文章上手じゃないですけど。
(ちょっと虐待というかトラウマっぽい感じの体験でもあるので、
そういうの苦手と言う人は見ないで下さい)

もう30年以上前になるんですが、小学二年生の夏休みに父方の祖父の田舎の家に遊びに行
ったんです(とりあえず東北方面と言うことだけにしといて下さい)。
母と父は二日ほど滞在して、神奈川の方に帰ってしまったんですけれど、僕はお盆をまた
いでもう一週間ほど田舎の祖父の家に泊まることになったんです。

祖父は地元でもそこそこの名家で、元開業医のかなりのお金もち。

祖母は非常に大人しくて印象の薄い人なんですが、対照的に祖父はかなり元気な人で、
70歳くらいにしてはかなり背が高くがっしりした体格の人でした。
頭髪も多く、まだ60歳以下くらいにしか見えなかったです。

僕のことは以前からすごく気に入ってくれていましたので、
両親が帰った後も、よく僕の遊び相手になってくれるんですね。

ただ、僕のことをとても可愛がってくれるんですが、ちょっとベタベタしすぎるというか、
僕の体を抱き上げたり膝の上に乗せたりして、とにかく猫可愛がりしてくる。

75 :本当にあった怖い名無し:2008/08/10(日) 07:36:03 ID:EG+oGAor0
>>74
続き

多少うざったいなとは思ってはいたけれど、かなり大人の顔色をうかがう性格だったため、
祖父がスキンシップしたいと言うなら触らせてあげようと言う感じで、僕の方からも祖父に
べったりくっついたりよくしてました。

で、両親が帰った日の夜に、祖父と一緒にお風呂には入っていると、祖父がお腹やペニスの
あたりをしきりに触ってくる。そして「溜まってるなら、洗い場でおしっこをしなさい」と突然
言い出す訳です。

全然、性的なことは分からない年齢だったので、「お医者さんは僕がトイレに行きたいのも
分かるんだなぁ」とか勝手に感心して洗い場でおしっこをしました。

僕が湯船の湯で尿を排水溝に流していると、今度は「Aちゃん(僕のこと)、
ちょっと診てあげよう。こっちに来なさい」と言う。
僕はそのまま祖父に抱き上げられて、湯船のコーナーの所に腰をかけさせられて、
脚を広げてました。しばらく祖父にペニスや睾丸を弄られましたけど、まぁどう考えても
虐待だったなぁと。

(つづく)


76 :本当にあった怖い名無し:2008/08/10(日) 08:51:49 ID:EG+oGAor0
その日からしばらくの間、頻繁に祖父からそういう「お医者さんごっこ」のようなことをされ
ました。実際に祖父が医者であることもあって、本当に何か診察してるのかな? とも
思いましたし、特に体や性器を触られたりするこれと以外、これと言って実害がなかったので、
ほとんどされるがまま。イタズラされているという感覚は薄かったですね。

むしろ愛撫されてる感覚が子供ながらドキドキして面白く、素直にしたがっていました。

脚が悪い祖母を簡単にとおざけらるからか、屋敷の二階にある祖父の書斎に何度も連れてこ
られて、そこで裸になってソファーに寝かされる。
そこで聴診器なんかをさんざん体にあてられた後、手や指であちこちを触られて、最後に
指先でペニスを弄られて勃起をさせられる。

僕が祖父からの行為を殆ど嫌がらなかったため、診察中にかなりの枚数の写真も撮られています。
(つづく)

77 :本当にあった怖い名無し:2008/08/10(日) 10:11:15 ID:P2c7HID80
死ぬほどつまらないホモネタ

78 :本当にあった怖い名無し:2008/08/10(日) 16:52:07 ID:n0vBBkUj0
>>77
まだ序盤だぽ。「診察中に撮られた写真」に何か写ってんだよ。
そういう流れに軌道修正きぼん。

79 :本当にあった怖い名無し:2008/08/10(日) 17:28:58 ID:UxqqkxfRO
いやいや、「ある日、二人の関係を知ってしまい、嫉妬に狂った祖母が×××(ry」だろ。
で、亡くなった祖母の恨めしそうな顔が、診察中の写真に……………


ベタ過ぎかwww


80 :本当にあった怖い名無し:2008/08/10(日) 19:37:09 ID:auMrbCDIP
いやいやいや
爺さんと婆さんがラップ始めるんだろ

81 :本当にあった怖い名無し:2008/08/10(日) 20:56:37 ID:n0vBBkUj0
>>80
で、ひとしきりシャウトしたあと、当の爺さんと婆さんがうっすら透けてきて、自ら15年前に実は人柱として死んだことを恨めしそうに語り始めるんだ。

82 :本当にあった怖い名無し:2008/08/10(日) 21:01:20 ID:jrERB0nh0
いやいや、ちょっと虐待・・て書いてあるから

祖父の長年の研究成果、つまり「陰茎強化改造手術」をされるのが定番でしょう。

小学生なのに股間には赤黒い中年男性の陰茎がぶらさがり、だらだらと液が
噴出しているというわけだ。

83 :本当にあった怖い名無し:2008/08/10(日) 21:09:37 ID:jrERB0nh0
そして、最後に「睾丸交換移植手術」

祖父の目的は(若返り)だ。それで幼い孫の睾丸を奪い取り自分のものにする。
孫が去勢されるのはあんまりだから代りに半世紀生きた自分の睾丸を孫に与える。

半世紀生きていても強力な男性ホルモンと精子は盛んに作られている。孫は
睾丸に突き動かされて急速に肉体が成熟し始める。
祖父は手術台の上で孫が射精して震える姿をほくそ笑みながら、新しい睾丸の
大切そうに揉み扱く。(完)

84 :74続き:2008/08/10(日) 22:50:48 ID:/e40MFJS0
(多分、写真とったのお爺ちゃんの趣味だと思うよ)

で、続き。

泊まりに来て5日目だったと思いますが、他の人に言っちゃ駄目だと言いながら
今度は僕を敷地の裏手にある診療所に連れて行ったんです。数年前まで、祖父が経営していた診療所。
ここには、以前ここに遊びに来た時に僕一人で近づいて、祖父や父親から怒られた
ことがあった場所なんですよ。
まだ医療器具とかそのままだから、僕がいたずらすると危ないだろということで。
だから、僕は結構わくわくしながら入ったんですよね。
玄関、受付、待ち合い室、休憩室、台所、診察室なんかがあるごく普通の元診療所って感じで、
まだそんなに古ぼけてません。
で、そこでも裸にされて、また祖父の診察が始まった。

一通り、僕の体を触ったりした後、ベッドに寝かせされて、いつもみたくペニスを触られてたんで
すが、途中で玄関の方から音がする。
誰か来たようで、祖父は客の応対をしに、待合室の方に出て行った。
戻ってくると、祖父と同じくらいの年齢の男を二人連れている。

一人は黒い着物で薄めのサングラス、もう一人は軽装の神職風の格好でした。
サングラスの男の方は、厳重に蓋をしたオケみたいのを持っているんですよ。
お札もオケの蓋に貼ってあって、かなりヤバそうな雰囲気。

祖父はさらに二人に対して「搾れば今日出る」みたいなことを言う訳です。

なんだかただならぬ雰囲気になっってきてしまったので、祖父にもう今日は
ヤダと言ったのですけど、
怖い顔で睨まれて、無理矢理言うことを聞かされました。

85 :74続き:2008/08/10(日) 23:05:06 ID:/e40MFJS0
二人は何も言わずにうなづくと、診察室のはじに座ってそのオケをあけて、中から瓶の様な
者を出してくる。
瓶を膝の上に乗せて、じーっとこっちの様子を眺めてました。

他人が見てる前で、また弄られるのかと思うと僕はかなり嫌でしたけど、大人たちの無言の
圧力に押されて大人しくしていた。

僕はまだ射精なんて知りませんでしたが、祖父は勃起したところをさらに容赦なく弄ってく
るので、本格的なものじゃないけど少しだけ先の方から精液が出てくる。

我慢せずに出しなさいと祖父に言われて、そのまま始めての射精をさせられた。

量は少ないですよね、当然。
祖父はそれを、脱脂綿みたいなもので全部ふきとって、透明の液体が入ったビーカーの中に
脱脂綿を浸しました。
(つづく)

86 :本当にあった怖い名無し:2008/08/10(日) 23:13:23 ID:UxqqkxfRO
>>83

ジュン、ときちゃいましたw


87 :本当にあった怖い名無し:2008/08/10(日) 23:21:36 ID:UxqqkxfRO
>>84

ごめん、リロってなかった。おまいの書き込みを茶化したようなレスもごめんよ。

続きが気になる……
引き続き、投下ヨロでつm(__)m


88 :本当にあった怖い名無し:2008/08/10(日) 23:57:48 ID:qfDeBezoO
陥没乳首をーキャッ><;

89 :本当にあった怖い名無し:2008/08/10(日) 23:59:05 ID:qfDeBezoO
アマガミ!アマガミ!
アマガミすれば!

90 :本当にあった怖い名無し:2008/08/11(月) 00:03:22 ID:B7B++WteO
おまんちん!おまんちん!
本当のおまんちん我慢すんなよ〜

91 :本当にあった怖い名無し:2008/08/11(月) 00:04:18 ID:B7B++WteO
激しねや!

92 :本当にあった怖い名無し:2008/08/11(月) 00:05:10 ID:qfDeBezoO
はらぼうは優しそうなママさんだなぁ

93 :本当にあった怖い名無し:2008/08/11(月) 00:06:06 ID:B7B++WteO
はらぼうとか言っちゃった><キャハハッ

94 :本当にあった怖い名無し:2008/08/11(月) 00:07:08 ID:B7B++WteO
激はWWEみてんじゃねーよ!

95 :本当にあった怖い名無し:2008/08/11(月) 00:16:32 ID:cmdaKnwW0
 地元にあるお化け屋敷の話なんだけど、昔強盗殺人が起きただとかなんだとかで有名なとこ。
被害者が母子家庭だったって噂もあって「未亡人の家」なんて呼び方もされてたかな?
その話によると犯人は包丁を持って家に押し入り、母と子をメッタ刺しにして殺した後
家の中をゆっくりと模索。しかしその家は裕福な家庭ではなく大した金目の物もなかった。
そこで犯人はサイフと母親と結婚指輪だけ奪って逃走したんだって。
で、ここから友人が俺に聞かせてくれた話。

 数年前にあのお化け屋敷に肝試しに行ったんだよね。AとBとCと四人で皆で集まってさ、玄関まで行ったはいいんだけど
急に強く雨が降ってきて、もう肝試しって空気じゃなくなったんだ。そのまま皆で雨宿りしてるときに
俺、皆をビビらせる為に「うわぁ!!」ってデカイ声で叫んだんだ。そしたら皆一目散に車に逃げたんだけど
Aがぬかるみでこけて泥だらけになっちゃったんだよ。で、そのまんま帰ることになったんだ。
車ん中でAのヤツ皆に笑われて「マジふざけんな」とか怒ってた。仕方ないから俺の車に積んでたタオル貸してやったんだ。
そしたらさ、さっきまで赤くなって怒ってたAが急に青ざめてんの。
「どしたのよ?」って聞いたら「コレ…」って。自分の足首指差して言ったんだ。それ見て皆声でなくなったね。
手形がついてたんだよ…あそこの幽霊の…え?なんで分かるのかって?
だって無かったんだもんよ。薬指。

96 :74続き:2008/08/11(月) 00:26:30 ID:EUvtatb40
怪奇現象が起きるとかの話じゃないんで、ここの人にはどうでも良い話なのかもしれませんが
一応書いてしまったので、残りも投稿しておきます。


祖父がその僕の精液が混ざってる液体をもつと、サングラスの男に瓶の蓋を開けさせて、中にそれを注ぎ入れました。

瓶の蓋が閉められて、元通りのオケに厳重に戻されると、二人の男が僕のとこにやって来て「ようがんばった」みたいなことを言いました。

僕としては、たんにオチンチン弄られてただけですから、なんのことやら分からない。
首をかしげる僕に、「今夜の宴会に来る様に」と告げて、二人は去って行きました。

祖父も、始めから僕を宴会に連れて行く予定だったらしく、僕は祖父に連れられて
近所の神社の敷地にある集会施設みたないなとこに連れて行かれました。

中にはさっきの神職風の男たちと、やはり祖父と同年代くらいの男の人ばかり、5人ほど待っていて
僕は一旦祖父と引き離されて、奥の部屋で着替えをするように言われたんですね。

付き添ってくれたの薄い色のサングラスの人で、僕はそのまま奥の部屋に連れて行かれて、何に着替えるのかと思っていたら
男が袋から出して来た着替えと言うのが、女の子の服なんです。

白いフリルとかついたワンピース。
パンツや靴下、髪飾りなんかも全部あって、どれも当時の僕くらいの年齢の女の子用のものです。


97 :本当にあった怖い名無し:2008/08/11(月) 00:27:44 ID:JHlWUFGs0
>>95
そのお化け屋敷はアトラクションとしてのお化け屋敷ではなく
勝手にお化け屋敷よばわりしてるだけなのか
後者なら不法侵入で通報&タイーホされる前に止めてもらってよかったな

98 :74続き:2008/08/11(月) 00:29:01 ID:EUvtatb40
白いフリルとかついたワンピース。
パンツや靴下、髪飾りなんかも全部あって、どれも当時の僕くらいの年齢の女の子用のものです。

なんでこんなものを着るのか聞いたら、ようするに神社の行事みたいなもので
男の子に女装させて、捧げものの演技をさせるんだと。

僕もその説明でとりあえず納得してしまい(大人しい性格故、目立てるのがうれしかった様にも
思います)
女の子の服を着て、そのまま神社で20分ほどのお祓いの行事みたいのに参加しました。
僕が女装してることと、例のサングラスの男が持っていた瓶が祭壇にあること以外、まぁ普通
の神社の行事の一つみたいな感じでしたね。
参加者は、10人ほどで、僕以外はかなり高齢な男性ばかり。

その後、敷地内の施設で男の人たちばかりの宴会になって、僕もそこに連れて行かれた。

宴会場には、割と古いのから新しい感じのまで、女性の着物がいくつかオブジェみたいに壁際に
飾ってあって、
中央で車座になったおじいさんたちの所に、僕が女の子の格好のままお酌をして回るとようやく
宴会の開始でした。
僕はそのまま、長老風のおじいさんたちの膝の上を順番に回らされて、頭をなでられたり体を触
られたりしながら、その人とお話をする。お菓子やジュースを飲ませている間に、
しきりにスカートの中に手を入れてくる人も居ました。

僕が嫌だと言うのを許されない空気だったので、多少嫌なことも全部我慢。
最後にまた祖父のところに戻って来て、宴会は終了しました。
(続く)

99 :74続き:2008/08/11(月) 01:14:00 ID:EUvtatb40
帰り道で祖父に事情を聞いてみると、要するに、あの瓶は地元のご神体みたいなもので、
祟り神さまみたいなものということでした。
(名前は忘れてしまいましたね。イロだかイタなんとか様と祖父は詠んでいた様な)

まだ幼くて少女風の顔立ちの男の子が好みらしく、昔はもっと過激なことを捧げもの役の可愛い
男の子にさせていたらしいです。
占いで機嫌が悪いと出た年には、捧げもの役の男の子を決めてあのお祓いをやるそうです。

僕は、この日の宴会以降、祖父からも特にそれ以上の性的なことはされず、田舎で残りの数日を
過ごして帰りましたが、怖いと言うかシャレにならないと言うか、まぁあれは本当になんだった
んだろうと思う様な体験でした。

祖父は大分以前に亡くなりましたが、この地域に詳しい父親はまだ生きてるので僕よりは何か知
ってるかもしれませんが、祖父に射精させられたとかとても言えず、そのまま何十年も経ってしまいましたね。

お読み下さった方、どうもでした。
あと、この話を読んだついでに、可愛い息子さんが居るからとかでイタズラしたりしないようにね。

100 :本当にあった怖い名無し:2008/08/11(月) 01:16:53 ID:3xLZNkdp0
まぁどっちの196も俺がたてたんやけどね

101 :本当にあった怖い名無し:2008/08/11(月) 01:17:27 ID:3xLZNkdp0
ちなみに195も俺やで
テヘッ!

102 :本当にあった怖い名無し:2008/08/11(月) 02:46:49 ID:u41LzkAy0
>>74
最後までよく語りきった。途中で茶化してメンゴ。

103 :本当にあった怖い名無し:2008/08/11(月) 04:29:00 ID:n7WG3B2i0
>>53
シンプルだけど
俺は結構こういうの好きよ。

>>74も乙

104 :本当にあった怖い名無し:2008/08/11(月) 04:37:23 ID:53JbK22b0
姉の体験談

近所の神社が祭りのために臨時で巫女のバイトを募集していた。
姉はそれに応募して、見事採用された。
主な仕事は祭りの時期の接客であったが、祭りのあとも土日だけ働けるようになった。

ある日、姉が境内の掃除をしていると、一人のサラリーマン風の男が声をかけてきた。
どうやら、神主とお話がしたいらしい。
セールスマンかな?と思ったが、とりあえず神主を呼び出した。
神主は境内で立っている彼を人目見て、血相を変えて近づいてきた。
神主が彼に一言耳打ちすると、彼は肩をガクっと落として涙を浮かべた。

男と神主は、姉も入ることを禁じられた(というより、入る用事をうけたことがない)部屋に2人で入った。
数分して、神主がノソっと顔を出して姉に、日本酒を持ってきてくれ。と言った。

それから小一時間たったであろうか、彼と神主は部屋から出てきた。
彼は神主に何度も何度も礼を言っていた。
彼はお金と生で10万円ほど出して、気持ちです、と神主に押し付けて帰っていった。
神主はその10万円から数枚の札を姉に渡して、日本酒が足りない
からと、10本ほど頼んでくれと
姉に言った。
姉は神主の言うとおりに日本酒を頼んだ。
日本酒が届いたあと、神主は先ほどの部屋にいた。
神主は部屋の前においておいてくれ、そして今日は帰っていいと言った。


105 :本当にあった怖い名無し:2008/08/11(月) 04:38:14 ID:53JbK22b0

次の週、姉は神主に先週あの後何があったのか聞いた。
要約するとこうだ。

あの男は、死神と出会ってしまったようで、近いうちに死ぬと宣告された。
それから、ずっと死神がまとわりついていた。
彼はいくつかの寺や神社を訪れたが、彼の死神を見える人間はいなかった。
お祓いをしてもらってもまるで効果がない、死神は消えない。
そもそも、彼が言い出すまで、彼が死神に憑かれていると気付いた人はいなかった。
しかし、神主は見えたと言う。ある程度力があればここまで明らかな神は見えて当然らしいが
最近は力がないのに、寺や神社を継いでいる者も多いと言う。
で、見える神主に除霊、というか死神祓いを頼んだそうだ。
だが、神主も見る力があると言っても、神を祓えるほどの力はない。
だから、彼に清酒をかけ、死神が少しだけ彼から離れた隙に身代わりに憑かせたらしい。
しかし、所詮は身代わり、力を抑え続けないと大変なことになる可能性もある。
そこで、清酒と身代わりを大量に用意し、当面はこれで力を分散させ、対処法を練らねばいけない。

とのことだった。
姉はその時は、怖がらせるつもりかな、程度にしか考えていなかった。
だが、そのあとすぐに、事実だと悟るようになる。
ある平日の夕方に神主の奥さんから電話がかかってきた。
神主が亡くなった、通夜も含めてこれからのことを相談したいの来てほしい、とのこと。
姉はなんだか嫌な予感がしたという。
姉はすぐに神主の家に向かった。
奥さんに何が原因で亡くなったのかなどをやんわり聞くと、死因は不明だそうだ。
ただ、いくつもの酒まみれの紙人形と数匹のねずみなどの小動物と一緒にあの部屋で亡くなっていたそうだ・・・


106 :本当にあった怖い名無し:2008/08/11(月) 04:38:54 ID:53JbK22b0
その後、姉はその神社でのバイトを辞めた。
その事件から半年ほどして、奥さんが神主の亡くなった部屋で首吊り自殺した、という話を風の噂で聞いたらしい。
姉は確信した。死神はまだあの神社のどこかにいるのではないか。あの男の人は大丈夫なのか。

そして、あそこで部屋の外とはいえ近くにいた私は、死神に狙われているのではないのかと。

話の最後に姉は、それからいつもこのお守りを肌身離さず持ってるの、と3つの身代わりお守りを見せてくれた。


おしまいです。

107 :本当にあった怖い名無し:2008/08/11(月) 05:08:31 ID:BX33iP2u0
54の話は
ミステリースポットに行ったつもりが
何でもなくて
何でもないと思って入ってみたら
そこがミステリースポットだったてことなのか

108 :本当にあった怖い名無し:2008/08/11(月) 05:25:14 ID:iy+2FA3J0
お、おまえらあんま怖い話すっと寺生まれのTさん呼んでくっぞ(((`・ω・´;)))

109 :本当にあった怖い名無し:2008/08/11(月) 07:06:16 ID:hoCW2mCG0
口の中に美味しそうなモノを入れると
数時間後に
お尻の穴からウン○になって出てくるのはかなり怖い

が、それは百歩ゆずって受け入れよう。

問題は、口の中に真水を入れるだけで
チン○ンの先からアンモニアに変わって出てくるのが納得いかん。


110 :本当にあった怖い名無し:2008/08/11(月) 07:07:05 ID:hoCW2mCG0
死ぬほど洒落にならない

111 :本当にあった怖い名無し:2008/08/11(月) 08:55:18 ID:8xeMUsIF0
>>109
それに納得したいなら
大学に入学して生物学を学べ!!
ちなみにチンチンから出てくる液体に含まれているのは
アンモニアではなく尿素だ。

112 :本当にあった怖い名無し:2008/08/11(月) 08:59:50 ID:vDUwfyKl0
尿素自体は綺麗なんだよね

113 :1/324:2008/08/11(月) 09:57:56 ID:v6ZREDiL0
少し長くなりますが聞いてください・・・・

あれは肌寒い初夏の事でした・・・・・

続きます

114 :本当にあった怖い名無し:2008/08/11(月) 10:03:24 ID:dOfv61rO0
>>113
その手のネタは飽きた

115 :本当にあった怖い名無し:2008/08/11(月) 11:54:06 ID:khwOba6y0
続かなくていい

116 :本当にあった怖い名無し:2008/08/11(月) 13:24:11 ID:3xLZNkdp0
>>113
つづきは?

117 :本当にあった怖い名無し:2008/08/11(月) 14:11:29 ID:WjZ1T2JN0
>>116
Webでb

118 :2/324:2008/08/11(月) 16:12:02 ID:OTz/962B0
僕は・・・

続きます

119 :本当にあった怖い名無し:2008/08/11(月) 16:21:52 ID:aCZ6s9Up0
家の風呂でゴムつけてオナニーしてたんだ俺
しかし俺は一つのミスを起こした・・・・
それが分かったのは母親のある一言であった

母「すぐお風呂入りなさいよ」
俺「(ん?なんで?っと思いながら)おk〜」

んで風呂行ったら・・・・・・・・





ゴムをそのままの姿で放置プレイ!



120 :本当にあった怖い名無し:2008/08/11(月) 16:35:35 ID:krRxCbPn0
何でゴムつけてオナニーすんだよ

121 :本当にあった怖い名無し:2008/08/11(月) 16:36:38 ID:SyaXqpv60
平泳ぎスレその3
http://sports11.2ch.net/test/read.cgi/swim/1207358886/

130 名前:第1のコース!名無しくん[sage] 投稿日:2008/08/09(土) 21:38:46 ID:bhA3lxbB
北島58:91

485 名前:第1のコース!名無しくん[sage] 投稿日:2008/08/11(月) 12:24:34 ID:IWd28x6J
なあ、俺すごいことに気づいたんだ
>>130のIDをキーボードの平仮名で見てみてくれ

告知有

122 :本当にあった怖い名無し:2008/08/11(月) 16:38:38 ID:LiSehe5J0
今からちょうど15年前の話。僕には霊感だとかそういうのは一切ありません。
怖い話ではないかもしれないけれど、ちょっとぞっとする話なのと、
ほかにこんな話を書き込めるスレがないのでここに書かせてください。

僕が15歳、中学3年のころの話。
当時は技術・家庭という授業があった。普通の公立中学校でね。今はどうかしらんけども。
普段は男女別れて、男子は技術で工作みたいなことをして、女子は調理実習やら縫い物とかを習っていた。
夏休み直前、なんでだかわからないが男女合同で授業があった。
内容は「本棚を作りましょう」。
普段は1週間に一日、その一日のうち2時間だけ使って技術・家庭の授業はあったんだけど、
そのときはなぜだか4時間ぶっ通しで本棚を作ることになった。

123 :122:2008/08/11(月) 16:40:33 ID:LiSehe5J0
授業は男女の名簿順に並んで、男女1組づつペアを組んで、二人で2つのちょっと大き目の本棚を作る、という内容だった。
僕はクラスの女子の中でもとりわけ仲のいい(恋愛感情とかは全くなかった)、Tさんと一緒に作業をすることになった。
Tさんはクラスの中でもトップクラスに頭がよく、どことなくほかの女子とよりも大人びた子だった。
僕も自分で言うのもおかしいけれども、クラスの中ではかなり頭がいいほうで、僕も彼女も深夜テレビが好きだったり、
同じラジオを聴いていたり、マンガの趣味が共通していたりと、すごく気の合う子とペアになれたわけ。
授業は朝から、弁当の時間までぶっ通し。
普段なら10分休憩とかが入るのだけれども、技術の先生は非常におおらかな人で、
「疲れたら各自適当に一息入れなさい。トイレに行くときは手を上げること」
みたいな感じで、サボるヤツは勝手にサボれ、でも完成させないとダメだよ、って感じのことを言ってた。


124 :122:2008/08/11(月) 16:41:04 ID:LiSehe5J0
授業が始まって、すぐに教室の中はざわざわしはじめた。
先生は私語なんか注意しないし、むしろ男女ペアで協力して本棚を作ることに意味がある、みたいなことを言ってたから、
みんな好き勝手していた。
僕とTさんはというと、普段なかなかゆっくり話をする機会がなかったのと、やっぱり気が合うのと、で、
もうものすごい勢いで雑談をしながら、でも二人ともマジメだったので、作業を進めていた。
1時間目、2時間目に材木に下処理をする間、僕とTさんは本当にしゃべりっぱなしで、テンションもどんどん上がっていった。
休憩する時間する時間すらももったいなくて、二人で好きなミュージシャンとか芸人とか、いろんなことを話し続けていた。


125 :122:2008/08/11(月) 16:41:59 ID:LiSehe5J0
僕も彼女もマジメだったので、しゃべりまくってはいたけれども、作業の順序なんかはしっかり頭に入っていた。
3時間目くらいから、なにかが少しづつズレはじめた。
要するに、話をすることに夢中で、手は頭に入っている順序どおりに、自動的に作業をしているような感じになってきた。
彼女もそうだった。とにかくしゃべる。しゃべりまくる。テンションがおかしい。僕もおかしい。
でも手はちゃんと順序どおり動かしている。でも自分が今何をやっているのか、よくわからない状態だった。
話に夢中で、頭が2つのこと、雑談と本棚作成、を同時に進行させていた。
これは後からわかったのだけれども、そのときの僕も彼女も、妙な陶酔感にやられてしまっていて、めちゃくちゃに気持ちよかった。


126 :122:2008/08/11(月) 16:42:34 ID:LiSehe5J0
時間的には4時間目、僕らは材木(なんか柔らかい、工作用の材木)をでっかい万力で固定して、
これまた巨大なカッター(?)みたいな刃物でガッシン!と切断する作業に入っていた。
僕とTさんはもちろん話に夢中のままで、休憩なんかしてないし、相変わらずマシンガンのように話し続けていた。
彼女は材木の切断するべき場所に線を引いて、万力に固定する。僕は万力をしっかり締めなおして巨大カッターのレバーを振り下ろす。
と、同時に、べらべら二人はしゃべりまくる。
木材は簡単に切断されて、カランカランと音を立てて床に落ちる。
こんな作業がずーっと続いた。

127 :122:2008/08/11(月) 16:43:38 ID:LiSehe5J0
木材があと数本になったとき、彼女は自分の親指に鉛筆で線を引いていた

もちろんしゃべりっぱなしでテンションはMAX。彼女は万力に自分の親指を固定した

僕は彼女の指を万力でぎりぎり締め上げながら、好きな小説家の話をしていた

彼女は笑顔で相槌を打つ。彼女の親指は完全に固定された

僕は彼女の冗談に笑い声を上げながらカッターのレバーを下ろした

ガツン、という音とともにTさんが「きゃ」と声を上げた
僕たちは自分のしていることにはっと気がついてしばらく呆然としていた
幸いカッターが彼女の指を切り落とすことはなく、骨まで達して止まっていたようだ
彼女をすぐ保健室に連れて行ったが、なんでだか絆創膏一枚で済む程度の怪我だった
僕もTさんも顔色が真っ青だったが、先生に「どうしたの」と聞かれても答えようがなかった
僕たちは作業を再開し、本棚は無事完成した。

今でもなんだったのかわからないが、一応後日談もある。
もし聞きたい人がいたら改めて書きます。
文章とか改行へたくそで申し訳ない。

128 :本当にあった怖い名無し:2008/08/11(月) 17:31:26 ID:hijua75sO
後日談きかせて

129 :本当にあった怖い名無し:2008/08/11(月) 17:33:42 ID:8pCf0OqIO
最初から後日談を書かない
お喋り糞野郎にはうんざり

130 :本当にあった怖い名無し:2008/08/11(月) 18:30:42 ID:LktEiUSm0

ガキの頃、近所が騒然となった町内会事件。

駄菓子屋つく〇し屋の前で交通事故。K君の弟で知的障害のあった男の子がバックしてたトラックに
踏まれた。
つく〇し屋はコミュニティーみたいになってて、近所の主婦やら子供やらが一杯いたから、ワーワー大騒ぎになった。
(俺もいた)
K君の家はすぐ近所なんで、〇井ともあ〇君がK君のお母さんを呼びに走っていった。
大人とかが「おい!子供はくるな!」とか言ってたけど、大人も子供も好奇心でトラックの周りにバーッて集まる。(最低や)
運転手は今思うと、20歳くらいの若い奴で、最初は「え??何すか??」って感じで降りてきて、子供を踏んでる事に気がついてワーッて泣き出した。
つく〇屋のおっちゃんが「ボケカス!!車どけんかい〜!!」って怒鳴って、運転手は車を少し前進させた。
そしたら男の子は顔の半分くらいと右肩から腕丸ごとを踏み潰されて、左手で何故かお腹をパンパン叩きつづけながら「モーモー!!!」みたいな唸り声を出しつづけてた。
お母さんがすごい勢いで駆けつけてきて
「ウワーーーーー!!!!!!」って叫んでそのままへたり込んで、失神?したみたいになった。
しばらくして救急車が来る前にお母さんはガバッて起き上がって、
「もういいですから殺してください!!どんなんして生きていくのこの子!!もういいから殺してください!!車でひいてあげて!!
どんなんして世話していかなあかんの!!!」って絶叫してまた「ウワーーーー!!!ウワーーー!!!」って叫びだした。
運転手も「ウワーーー!」って号泣して、つく〇屋のおっちゃんが「地獄やで!おまえ、何泣いてんねん!!地獄じゃ、ようみとけ!!」って怒鳴り散らしてた。

こないだ実家帰ったら、まだそこにペットボトルそなえててビビッたわ。

131 :本当にあった怖い名無し:2008/08/11(月) 18:34:39 ID:rXRQLLR40
↑久々に怖かったです・・・。


132 :本当にあった怖い名無し:2008/08/11(月) 18:51:31 ID:Dm3wggzpO
K君の弟は結局どうなったの?

133 :本当にあった怖い名無し:2008/08/11(月) 19:02:54 ID:I9qdqUEV0
つく○屋のおっちゃんカッコイイ台詞だな
まぁ全員に狂気を感じるが

134 :本当にあった怖い名無し:2008/08/11(月) 19:05:32 ID:LktEiUSm0
>>132
半年くらいは生きてたって聞いたけど、なんか息が詰まる病気?かなんかで
死んじゃったんよ〜ていうのを学校のHRで説明があって、
皆でお金出してK君に鉛筆セット買ってあげよう!みたいなノリになったのは
覚えてるなー。細かい事はちょっと思い出せんけど。


135 :本当にあった怖い名無し:2008/08/11(月) 19:07:19 ID:LktEiUSm0
今気づいたけど、伏字間違えて店名全部出してしまった、すまん・・・

136 :本当にあった怖い名無し:2008/08/11(月) 19:23:18 ID:McQhpdZ00
男三人で心霊スポット行った時の話(北海道の某廃病院)
当たり前だが気持ち悪い、何でBB弾いっぱい転がってるかな、サバゲーオタくたばれ。

病室のひとつに入る、何か瓦礫がタリスマンの形に見える。実際俺は見えた。
A「なぁ。。。何かこれメガテンに出てきた星っぽい形してね?」
B「漫画読みすぎだ馬鹿、違う本も読め」

階段を上がったところで、遠くから電話の音が聞こえる、しかもじりりりりって。
A「今の絶対電話の音だって!黒電話だろ今の!」
B「平成に建築された病院に黒電話有るか馬鹿。私らみたい肝試しの連中の携帯だろうが」

病室っぽい部屋に入った瞬間(ベッド無い割りに広かった)大音量でお経が聞こえたらしい、俺も聞こえた。
A「無理だって!俺だけか?お経聞こえたって!お化け出てくるって!!」
B「成仏するようにお経唱えるのに、心霊スポットでお経流したら商売上がったりだわ。
湘南海沿いでカスピ海の水売ったら売れるのかお前の地元は」

怖いのに納得しちゃうし、こんなんばっかだっただし(´・ω・`)

これだけだと怖くない気がするがめちゃ怖かった。
ネタっぽいが事実

「Bって誰だっけ。。。」みたいなオチも無くこれから飲みに行く。
思い出してむかついて書き込んだ。
漏れの台詞が無いのはテンポ崩れるのとかっこ悪いから入れてないw



137 :本当にあった怖い名無し:2008/08/11(月) 19:27:41 ID:McQhpdZ00
後ちょっと気になった話

壁沿いに「オネエチャン」って血文字が浮いたマンションの話覚えてるやつ居るか?
あれ事実らしいぞ。

ツレに「消えたねー」って言われて引いたw

138 :本当にあった怖い名無し:2008/08/11(月) 19:37:29 ID:Q4WI3Y3NO
>>130
面白い!!!

139 :本当にあった怖い名無し:2008/08/11(月) 20:38:27 ID:MSAmi7/20
>>127
おもろー!
トランス状態になっちゃんたのかね。

140 :本当にあった怖い名無し:2008/08/11(月) 20:59:50 ID:sTEt7kScO
>>136-137

死ぬほどつまらん

141 :本当にあった怖い名無し:2008/08/11(月) 22:37:27 ID:3xLZNkdp0
じゃあしんぢゃえ!

142 :びしょびしょさん:2008/08/12(火) 01:09:45 ID:HBFgyp5zO
この前マジハンパねえことがあって、って言うかこの話超ヤバいんで、マジ自己責任でお願いします。

サークルのみんなでバーベキューやることになって、武蔵五日市ってとこ行ったんすよ。
で、武蔵五日市の駅着いたんすけど、普通は駅前ってマルイとかカラ館とかあるじゃないすか?
でも、そこ超ド田舎で、マックやスタバすらないんすよ。

ヤバくないすか?

「ここが都内とかマジ詐欺なんですけどー!」
つって、バカにして笑ってたら、なんかサトミが俺のほうジッと見てんすよ。
このサトミって娘が、超霊感とかスゴくて、霊とかフツー見えるらしいんすよ。

ヤバくないすか?

で、俺ぶっちゃけサトミのこと、ぶっちゃけ前から好きだったんで、なんか、サトミ、俺のこと見てっから、あれ?何見てんの?とか思って、超カッコいい表情とか作ってたんすよ。
したら、サトミが近づいてきて俺に言ったんすよ。

そして、サトミのこの一言が、楽しいはずのバーベキューを人生最悪の悪夢の日に変えてしまったんです…

サトミは、険しい表情を浮かべ、静かに、だけどはっきりと聞こえる声で言いました…


「ここ、私の地元なんだけど…」

143 :本当にあった怖い名無し:2008/08/12(火) 01:13:27 ID:HBFgyp5zO
俺が地元バカにしたせいで、サトミ超キレてて、バスん中でも俺のこと無視してんすよ。

女って超面倒くさくないすか?

で、バスでしばらく行くとイイ感じの河原があって、そこでバーベキューやることになったんすよ。

でもなんか、バス降りたらサトミ真っ青な顔して震えながら
「場所変えようよ。ここヤバい…なんかいる。」
とか言いだして

ヤバくないすか?

俺その時点で、怖すぎたのと、サトミに無視されてるのと、肉を持ってくる係だったのに忘れたのに気づいたことのトリプルパンチで、ぶっちゃけもう帰りたかったんすよ。

でもなんか、ケースケさんがサトミ説得して、その場所でバーベキュー続行になっちゃったんすよ。
しかも、俺が肉忘れたのみんなにバレて、みんな超キレだして、サトミもなんか溜め息とかついてるし

ヤバくないすか?

っていうか、俺、肉持って来いなんて、2日前に一回言われただけだし、普通そんなの覚えてるわけないし、しかも、駅着いた時点で普通確認とかするじゃないすか?それもなかったし
っていうか、別に肉無くても野菜とかあるし、別に良くないすか?マジ意味わかんないんすけど。

144 :びしょびしょさん3:2008/08/12(火) 01:14:36 ID:HBFgyp5zO
歩いて15分くらいの所にスーパーがあるらしいんで、肉を忘れた罰で、俺が買い出し行くことになっちゃったんすよ。

超ダルくないすか?

でもなんか、サトミが地元でスーパーの場所知ってるから、なんとサトミと二人で買い出し行くことになったんすよ。

えっ?これって、もしかしてデート…?

とか思って超うかれてたんすけど、でもなんか、スーパーに向かってサトミと二人で歩いてたら、いつの間にか全身びしょびしょの白い服を着た女の人もついて来てんすよ。

ヤバくないすか?

この人絶対「アレ」じゃないすか?
空気読めない人じゃないすか?
せっかくサトミと二人になれると思ってたのに、超邪魔くせーとか思って
っていうか俺空気読めない奴とか超キライなんすけど。

で、びしょびしょ女にムカつきながらもしばらく三人で歩いてたんすよ。

あれ?…三人で歩いてた!?

ちょっと待てよ、おかしいぞ…

突然背筋が凍るような感覚に襲われ、俺は立ち止まりました。

そして、三人並んで歩くその足元を見て気づいてしまったんです…その違和感の正体に…

そうです

俺、間違えて左右別のクツ履いて来ちゃったんすよ…

145 :びしょびしょさん4:2008/08/12(火) 01:15:46 ID:HBFgyp5zO
なんか、気付いたらいつの間にかびしょびしょさんいなくなってたんで、これで正真正銘サトミと二人っきりじゃないすか?
でも、なんかサトミの俺への態度がなんとなくよそよそしくて、やべっ、まだ地元バカにしたこと怒ってんのかな?って思ったんすけど、なんだかさっきとは様子が違うんすよ。

妙に俺のこと意識してるって言うか、なんか、チラチラ俺のほう見てるんすよ。
で、目が合うと、恥ずかしそうに目をそらしたりして

…えっ?…もしかして、サトミも…俺のことを…?

そう言えば俺とサトミって、いつもサークルの連中が一緒にいたから、二人きりになることなんて初めてだったんだよな…
お互いの気持ちに気づかぬまま、すれ違ってばかりいたんだね。

でも、今は違う。

俺とサトミ。
見つめ合う二人。

もう二人の間に、言葉はいりませんでした。
俺はサトミを、そして、サトミは俺を、そう、愛してる。

初夏の優しい日差しが二人を包み込み、爽やかな風が俺たちの間を通り過ぎて行きました。

そしてサトミは、少しはにかみながら俺の瞳を見つめ、こう言いました。

「大事な話があるの…」

146 :びしょびしょさん5:2008/08/12(火) 01:19:49 ID:HBFgyp5zO
「大事な…話があるの…」
恥ずかしそうにそう言ったサトミの表情は、少し緊張しているようにも見えました。
「うん。」
俺はサトミに優しく微笑みました。サトミが何も言わなくても、サトミの気持ちは分かっていました。そして俺の答えも…

「…バカな女だって、思われるかも…」

「何言ってんだよ。んなこと思うかよ!」

「ありがとう…じゃあ、言うね。」
少し息を呑んで、サトミは続けました。
「あのね…山田くん…後ろ…女の人憑いて来ちゃてるよ。多分、さっきの河原で死んだ人。それでね…」

「うん、わかってる。じゃあ付き合おっか?俺たち」

「ええ!?なんで?…じゃなくてね、その霊ホントにヤバいんだ。だからみんなには上手く言っとくから今日はもう帰ってくれない?」
「…」
「買い出し私が行っとくから、ゴメン!」

「…あっ!つまり、二人で抜け出してどっか行っちゃおうってこと?」

「ううん、全然違うよ。一緒にいると私までヤバいから…バス停向こうだよ、ホントゴメンね、山田くん。…あっ、あと左右別の靴履くのはカッコ悪いからやめたほうがいいかも」

「…サトミ…」

「えっ?うん、なあに、山田くん?」

「っていうか俺の名前山田じゃねーし」

147 :本当にあった怖い名無し:2008/08/12(火) 01:28:56 ID:i/i7tOEs0
心霊写真まとめ
http://majiyaba.web.fc2.com/

148 :本当にあった怖い名無し:2008/08/12(火) 01:29:29 ID:4Ldk0byZ0
>>146
DAIGOっぽくてワロタ
ちょっと和んだ

149 :1/28:2008/08/12(火) 01:41:27 ID:li6YVQXf0
僕のおじいさんの話
僕の祖父は本当のおじいさんじゃない。

父が中学生の時に初めて
「じいちゃんのとこにいくか?お盆も近いし」と言い始めた。
生まれてからそれまで一度も父のじいさんの話は聞いた事が
なかっただけに、少し驚いた。「お盆が近いし」との発言から、
〔もう既に亡くなっていてお墓参りに行くのかな。〕と勝手に思ってた。

朝8時に家を出て正午過ぎに着いたのは普通の街。
お墓など周りには見当たらなかった。
普通の街の普通の道を少し入っていった場所に古いアパートがあった。
父はそれを見て「まだ、あったのか」と嫌そうな顔で言い出した

続く

150 :本当にあった怖い名無し:2008/08/12(火) 01:42:52 ID:ZqxG5W6VO
嫌な夢を見た…
親が借金でキリキリになって、婆ちゃんは家庭菜園の野菜を売って、弟は新聞配達のバイト。
親父はキッツイ肉体労働を掛け持ち。母は電話回線を売ったりなどの節約を。
それらの色んな収支の明細を見せられて、婆ちゃんだって頑張ってるんだから、お前も今の仕事を辞めて、これとこの仕事を掛け持ちしろと言う。
今の仕事が好きなんで、ふざけんな!と言うと、じゃあお前が代わりにウン百万円をヤミ金から借金しろ、とか言われたりして、ものすごい喧嘩する夢。
金額とかリアルで、切なくて悲しくてムカつく夢だった…。
目が覚めてものすごく沈んだ気持ち。

こんな夢を見たのは初めて。
虫の知らせとかじゃなけりゃいいが…

151 :本当にあった怖い名無し:2008/08/12(火) 01:55:00 ID:WyR3Bzgp0
http://syarecowa.moo.jp/190/10.html
この話と似た体験を俺もした
けど山の中じゃないし木造でもない

夜中に寝返りをうったとき窓の外に気配を感じたから
ビビリながらカーテンを開けたらピエロがへばりついてた
俺はびびって気絶した。
その後どうなったか知らんが気付いたら朝になってた。

152 :本当にあった怖い名無し:2008/08/12(火) 01:57:51 ID:I20y9VMh0
http://www.kobe-np.co.jp/kurashi/200504hatena/56.htm
▼思いを込めて

 一方、「子」を付けた人にも聞いてみよう。

 りつ子ちゃん(2つ)、まき子ちゃん(六カ月)の女の子二人の母親で、
神戸市灘区の中畑啓子さん(27)は「覚えやすさ、呼びやすさで『子』を。
さらにイメージが限定されるのを避けて平仮名交じりにした。名前は額縁。
中身は自分で作っていってほしい」。このほか、「今なら逆に新鮮でいい」
「名前は一生もの。おばあさんになったときのことも考えて」という意見も返ってきた。

http://www.asahi.com/national/update/0709/TKY200707090289.html

9日午後2時45分ごろ、兵庫県西宮市甲子園口2丁目のJR神戸線甲子園口駅構内で、
女性と幼児2人が、通過中の米原発加古川行き快速電車(6両編成)にはねられて即死した。
女性が2人の子どもを連れてホームから線路内に下りるのを電車の運転士(28)らが
目撃しており、甲子園署は無理心中とみて調べている。

調べでは、死亡したのは神戸市灘区篠原南町1丁目、派遣会社員中畑啓子さん(27)
と長女りつ子ちゃん(3)、次女まき子ちゃん(1)。

JR西日本によると、運転士は時速約100キロで走行中、子どもを抱きかかえた女性が
もう1人の子の手を引いてホームから線路に下りるのを目撃。非常ブレーキをかけたが
間に合わず、ホームを約200メートル過ぎたところで停車したという。

大学の非常勤講師をしている夫(38)は同署の調べに、「今朝はいつも通り出勤を
見送ってくれた。ふだんと変わった様子はなかった」と話し、原因や3人が同駅にいた
理由は分からないという。


153 :本当にあった怖い名無し:2008/08/12(火) 02:11:19 ID:ekRI4KVB0
女性で「子」がつく名前は普通で
それを事件と関連性を持たせようとしてるのは
おかしいとしか言い様がない

154 :本当にあった怖い名無し:2008/08/12(火) 02:19:00 ID:Vzv9ZFJ2O
いや、「おばあちゃんになった時の事も考えて」るのに
母親自ら子供の命奪ってる事がオカルト

155 :本当にあった怖い名無し:2008/08/12(火) 02:19:24 ID:IV0y5oH40
>>153
頭大丈夫か?

156 :本当にあった怖い名無し:2008/08/12(火) 02:24:42 ID:1fVzwApQ0
【呪】 本当にあった怖い話
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/news/1218357153/

157 :本当にあった怖い名無し:2008/08/12(火) 02:25:20 ID:1fVzwApQ0
恐山

158 :お邪魔します:2008/08/12(火) 02:35:19 ID:dGA/L48T0
小学校時代だからもう10数年くらい前の話になる。


夏休み、俺は友人のターちゃんと学校の裏山で秘密基地を作って遊んでた。
裏山といっても山っぽくはなくて、松林が延々と広がってる感じだ。

松林に入って5分くらいのところに、松の枝とか太い枯れ木とかを
組み合わせて作った基地で、何をするでもなく日々は潰れてった。
実際、何をしていたかはあまり覚えていない。


夏休みもボチボチ終盤に向かい、
ジージーうるさいセミからツクツクホーシとヒグラシに
変わりだした頃だったと思う。

俺はクーラーの効いた部屋で、宿題の山に愛想つかして提出延期&踏み倒しの算段を練っていた。
ターちゃんから電話があった。
「松林の奥まで行ってみんか」というお誘いだった。
二つ返事でターちゃんちへチャリを漕いだ。
ターちゃんちは俺んちと学校(松林)の間にある。


159 :お邪魔します:2008/08/12(火) 02:38:00 ID:dGA/L48T0
ターちゃんと合流して学校まで10分。
いつもの様にチャリを校庭に停め、裏の松林へと入って行った。

松林は真夏にも関わらず鬱蒼としてヒンヤリ…ということはなく、
やっぱりカラッと暑かった。地面は砂で歩きにくい。
スニーカーを履いてきたターちゃんは「暑い」とうなだれていたが
サンダルの俺は熱い砂がジャリジャリ入ってくるのが不快だった。

5分ほど歩くと俺たちの基地があった。こないだの台風で小枝部分が崩れてしまい、
太い柱くらいしか残っていなかった。
「補修せんといかんねー。」とターちゃんが柱を軽く小突きながら言う。
「もう休みも終わるからいいよ。他の奴にもバレてきてるしねー」と俺は先を急ぎながら言う。
正直、クラスの別の奴にもこの基地がバレつつあり、「秘密度」が落ちてきたことから
俺はここを見限るつもりでいた。

基地から先の松林にはあまり行ったことがなかった。
獣道すら無いようなところだったし、それ以上行ったら迷いそうな気がしていたからだ。
しかし今日はイク。
ン゙イックゥ!!!それが今日の目的だ。


160 :お邪魔します:2008/08/12(火) 02:39:20 ID:dGA/L48T0
ターちゃんと俺は基地の残骸の枝を振り回しながら、邪魔な枝や草を払って奥へと進んでいった。

相変わらず松林はカラッとしている。松林は「鬱蒼」といった感じにはならない
(少なくともうちのとこは)うえ、
時間にして昼1時頃だったので、怖いという感覚はなかった。

帰り方も顧みず、ガンガン進む俺達。
しかし思わぬところで俺達の歩みにブレーキがかかった。

喉が乾いたのだ。
当時は、ペットボトルという気の利いた容器すらイマイチ浸透していなかった。
プルタブが取れる時代である。コーラのプルタブを集めて応募するような時代である。
飲み物を持ち運ぶという意識が俺たちは薄弱だった。
勢いでスタートを切ってしまい失敗することはいまだにあるが、
このミスはその走りであったように思う。

喉が渇いた旨をターちゃんに伝えると、ターちゃんも同様であった。
帰るか、と思ったその時、目に入ったものがある。

パン屋のトラックの荷台(コンテナ)?である。
これ自体田舎では別に驚くようなものではない。
払い下げのコンテナを農家のおっちゃんが倉庫用として使用していることはよくある。
ただ、この松林の奥にあることが意外だった。

161 :お邪魔します:2008/08/12(火) 02:40:18 ID:dGA/L48T0
コンテナの中を開けるとそこには…ということは無かった。
開ける勇気もなくそこを去ってしまったからである。
コンテナに描かれたパン屋のキャラクターが赤錆びていて不気味で、
急に心細くなってしまったのだ。

来るときよりも早足で俺たちは来た道を戻った。
つもりだったが、来る時に斜めに進んだのがいけなかったのかもしれない。見事に迷った。
基地を作った当初に俺が書いた「秘密基地の地図(社外秘)」をあわてて取り出すが、
今日来た道は初めての道。クソの役にも立たなかった。立ち止まって考え込む俺ら。
とそこに、


「なんしょんやわらああああああ!!」

ただでさえ焦りを感じだした俺達の心臓を握りつぶさんばかりの怒号!

スニーカーターちゃんは脱兎。サンダル俺はもつれてこけた。
ターちゃんのTシャツの背中が軽やかにひらめくのをやたら鮮明に覚えている。


162 :お邪魔します:2008/08/12(火) 02:41:18 ID:dGA/L48T0
「なああああああああああ!!!1」俺はすべてが終わるのを感じて吠えた。

「わら何しちょっとかあああ!!!」オッサンも吠える。
俺に近づくオッサンの手に鎌!鎌て!ああもうマンガみたい!

「ああああすんませんでしたああああああぇえええええん」
もうなんだかよくわかんないまま謝罪する俺。もう泣くしかない。

「わら何しちょったか!!」オッサンが問う。
「何もぉぉぉ もう帰りたいですうううう」俺が答える。
2往復くらいこのやり取りをやったところでようやく事態が落ち着いてきた。

オッサンはどうやら松林の奥で何か農作業をしているとのこと。
ちょこちょこ聞き取れない上、目つきも言動も風貌も怖かったし、
まあ、こんなところにいる時点で普通の人ではなかっただろう。

「学校に帰りたいですううぅ」
「迷ったんか馬鹿タレが!」オッサンは俺を罵りながら手に持った鎌で、ある方向を指した。


163 :お邪魔します:2008/08/12(火) 02:42:45 ID:dGA/L48T0
「あっちに真っすぐや」

俺は正直ビビった。あっちはあきらかに俺たちが「今」通ってきた方向。
少なくとも学校側であるはずがない。どっちかというと松林の奥側のはずだ。
『えっ』と思ったが、オッサンは「あっちや」と静かに言う。

ようやくターちゃんが戻ってきた。
オッサンは「お前も迷ったか。あっちや。あっち行ってみろ」と続ける。

ターちゃんはさっきは逃げたくせに
「すんませんでした!ありがとうございました!」とやたら覇気のある声でお礼をいい、
俺の腕をつかんでオッサンの言った方へ歩きだした。

『えっ?こっちはさっき来た方だよ?』
と俺は反論するが、ターちゃんは黙って俺を引っ張っていく。歩きだがやたら早足だ。

と、オッサンが視界から見えなくなった瞬間、ターちゃんは直角に曲がって猛然とダッシュした。
ターちゃんは倒木を飛び越え、小枝でケガするのも厭わずがむしゃらに走っていく。
帰るうんぬんではなく、ただひたすらあの場から離れたいという感じだった。
サンダルの俺はターちゃんについていくのがやっとだった。

大きな倒木を飛び越えた先でターちゃんは倒木を背にへばりついた。
俺も少し遅れてへばりついた。


164 :お邪魔します:2008/08/12(火) 02:44:06 ID:dGA/L48T0
「あれやばい。やばい。おかしい。見える。見てみろ」
とターちゃんが倒木越しに今来た道を指差した。
密集した細い枝と倒木の隙間から見てみると、オッサンが、
俺達が行ったであろう道を走っていくのが見えた。

「やばい。やばい。やばい何か知らんけどもぉぉ!!」
ターちゃんは嘆きつつもしばらく様子を見てからオッサンと反対の方向に走り出した。
もう何どころではなかった。俺もベソかきながら、後ろに注意しながらターちゃんについていった。

オッサンの反対側へめちゃめちゃに走っていると、ようやく車の轍があるところまでたどりついた。
「よかった」と泣きそうな俺を、
「馬鹿タレ!あのオッサンいつどっちから来るか分らんぞ!」
とターちゃんが一喝。俺は泣いた。


165 :お邪魔します:2008/08/12(火) 02:45:40 ID:dGA/L48T0
轍をこっちかな?と思う方に二人して走っていると、正面から軽トラが来るのがかすかに見えた。
『まさか例のオッサンか?』と思い道路わきの茂みに隠れて軽トラを待つ。
軽トラは全然別のおっちゃんが運転していた。
安堵から、ついに俺だけでなくターちゃんまで泣き出してしまった。
おっちゃんは突如現れた号泣小学生2人に狼狽した様子だったが、
迷子とだけはわかったのか「外まで送ってくが」と快く俺たちを荷台に乗せてくれた。

さすがに車は早く、楽ちんで松林を抜けることができた。
オッサンの恐怖も忘れ、軽トラの荷台で受ける風をたのしみながらはしゃぐ俺ら。
調子に乗って暴れていた。




「なんしょんやわらああああああ!!」


軽トラの運転席から怒号が聞こえてきた。俺は泣いた。

166 :本当にあった怖い名無し:2008/08/12(火) 02:52:02 ID:aehLt/FQO
え、これで終わり?
なんだっけ、ノッペラボウに脅かされる。鼬だっけ?アレみたいだね。
面白かったよ。

167 :お邪魔します:2008/08/12(火) 02:58:53 ID:dGA/L48T0
>>166
おうありがとう

軽トラのおっちゃんはほんと別人だったんだけどね。
あまりにタイムリーにタイムリーな怒られ方したからびっくらこいた。

松林のオッサンについてはわからんままだよ。

168 :本当にあった怖い名無し:2008/08/12(火) 03:08:02 ID:w0rUwtIq0
あまり怖くないかもですけどかいてよかですか?

169 :本当にあった怖い名無し:2008/08/12(火) 03:09:36 ID:klpH+u7E0
よかですよ

170 :本当にあった怖い名無し:2008/08/12(火) 03:21:47 ID:Jq2TLtsnO
ターちゃんはやたら確信を持ってオッサンがヤバいと看破してますがなんでか分かります?

171 :5/5:2008/08/12(火) 03:31:42 ID:c0do8UHVO
その神社は昔戦争の時に使われていた防空壕だったらしいです。
その話をきいた木刀Yは目を合わせ頷きました。
あの時話をかけてきたおじいさんは戦時中に亡くなられたひとだったんだと
その日から僕とYはたまにそのお寺に花と線香をあげにいくようになりました。

172 :本当にあった怖い名無し:2008/08/12(火) 03:46:10 ID:4Ldk0byZ0
>>170
ベタだけど殺人事件の指名手配の張り紙で見た犯人とそっくりだったからとか?

173 :本当にあった怖い名無し:2008/08/12(火) 05:14:16 ID:Jf/mcD900
本当にやばい人は視線が泳いでる

174 :本当にあった怖い名無し:2008/08/12(火) 06:14:10 ID:V58vhbFu0
>>171 いきなりオチ言われてもw

175 :本当にあった怖い名無し:2008/08/12(火) 06:44:29 ID:PFETvYUfO
木刀Yww

176 :201/201:2008/08/12(火) 07:12:41 ID:WASCj5Bx0
まず最初にここまで長く支持していただけた事、
2chとは言え万感の思いで胸が一杯です。ありがとう・・・。
ではこの物語の最初に挙げた謎についての答えをとうとうここで示します。
4ヶ月間の間じらしてしまった形になって申し訳ありませんでした。

つまり、S君はあの時、校舎の周りを歩いてはいなかったんです。
AとDは最初からそれを知らなかった。
ここでやまぎ公園の話は終わりです。

繰り返しになりますが、今まで読みつづけてくれた方、ありがとうございました。

177 :本当にあった怖い名無し:2008/08/12(火) 08:48:20 ID:HB4I5Pl0O
>>26

怖そうだな…

178 :本当にあった怖い名無し:2008/08/12(火) 08:51:00 ID:d63nzteAO
このスレ住人のほとんどが認める過去にあった最恐の話って何?

179 :本当にあった怖い名無し:2008/08/12(火) 10:56:02 ID:musnKNsO0
>>153
頭大丈夫か?




180 :本当にあった怖い名無し:2008/08/12(火) 12:57:13 ID:tZaOyDgJ0
                                  / ̄\
              巛彡巛彡巛彡          /     ∧
            巛彡 >--\巛彡巛彡     /    Y   |
           巛彡  /    _ \巛彡巛_/   /(     |
          巛彡巛 ⌒''ヽ,,,)ii(,,,r'''''' :::彡巛彡   /   ヽ  ∧
         巛彡巛彡(○),ン <、(○)<彡巛彡 /      V ∧
     / ̄巛彡巛彡 ト`⌒,,ノ(、_, )ヽ⌒´ ::彡巛彡/         V ∧ __
    |  \  巛彡巛ヽ il´トェェェイ`li r:; 彡巛彡/         ノ  イ/
    ∨   Y ̄巛彡巛ヽ  !l |,r-r-| l!  彡巛彡         〈  ,;彡ニ)
.     ∨ .  |  巛彡巛彡\ `ニニ´ ∠巛彡巛彡      ノ/\\\
      ∨ .∧  巛彡巛彡∧ \__ 巛彡巛彡          V V
.      ∨ ∧  巛彡巛彡∧    人  巛彡巛
       ∨ \  巛彡巛彡 ト___/ 巛彡>────── 、
     _ノ    ヽ__  巛彡巛彡   、   ノ/             \
      ア, , /`ー'<⌒    \'ー─' ̄-' /                 }
      //// |/ '´          ヾ     /        __ ノ   ,ノ!
     ` ` /`            _. >〜<____彡'´  (     /
         |       ノ__彡'´                 V.   /
         V    Y´                       _|   /
          V   ノ                        ( 〈   /
.           V   {__                       ヽ   (
            V  ) )                       (   〉
               V  (                        ヽ))''
              \、、 ≧

181 :本当にあった怖い名無し:2008/08/12(火) 16:28:00 ID:Q/F3nWqY0
洒落コワまとめサイトってさ、ちょくちょく誤字や脱字があったりするじゃん
ようやく解読できたよ。これが一番洒落にならんわ。。。

182 :本当にあった怖い名無し:2008/08/12(火) 17:12:29 ID:PFVhcwuOP
木刀Yの運命やいかに…

183 :本当にあった怖い名無し:2008/08/12(火) 18:02:14 ID:o+61ruRnO
こんなスレあったんだ!
2ちゃん見ててマジに起きたこと(五年くらい前)
一人暮らしのオレはいつも通り仕事から帰ってきて
今もいるここ「2ちゃんねる」みてたんだけどさ
毎日みて書き込んでる普通のスレをクリック
したんだけどさぁ、なぜか、呪いのスレって
タイトルのスレがでてきたのよ。
本文には、
このスレに書き込んだ方は呪いがかかります

とだけ書いてあるのよ

「糞スレ立てんなカス」「削除依頼出しとけよ」
ってレスがいくつかついてて、
くっだらねー今時こんなスレたてるやつ
まだいたんだ?書き込む方も書き込む方だよ
無視できねーのかよ…と思って
もう一度見たいスレをクリックしたら

今度は無事、見たいスレにいけた。
最新の書き込みで、「今、このスレ見ようとしたら
呪いのスレ飛ばされたw」
って書いてあったから、俺も俺もwって書いた。

184 :手毬1:2008/08/12(火) 20:31:19 ID:jgGw0m3c0
これは、話していいのかわからんけど・・・

もう数十年前になるんかな、中学生1年の時の夏の日
実家が近畿地方(詳しくはいえない)のとある田舎にあって
毎年、夏になると家族みんなでばあちゃん、じいちゃんに会いに帰省してた。

ばあちゃん、じいちゃんは俺を可愛がってくれて、俺が帰ってくると大好物のトマトに
砂糖かけたおやつをいつも用意してくれたのを今でも覚えている。

そして決まって近所の同い年の友達Hとその弟でいっしょに遊んでいた。
自由に野原で鬼ごっこや、雑木林でどんぐり集め、公園などで梅など採って遊んでいたが
一つだけ入ってはならない所があった。
それは雑木林のある程度抜けた先、周りを高い古めかしい壁に囲まれた敷地だった。
入ってはならないっと言っても中に入る門には錠前がかかっているから無理だ。
小さいころから田舎に帰ってくることに、ばあちゃんに
「あの場所に近づいたらあかんよ。子鬼様が居られるでな。罰があたるで」
と耳が痛くなるほどに聞かされたから、条件反射で怖くなって俺は近づこうとはしなかった。

小さいときから、その敷地は避けて3人で遊んでいたが、その日は少し違うかった。
Hが「なあなあ、あの中に入ってみーひんか」と敷地に指をさした。


185 :本当にあった怖い名無し:2008/08/12(火) 20:36:23 ID:ucZMTvk30
>>184続きまだ?

186 :本当にあった怖い名無し:2008/08/12(火) 20:45:30 ID:gN2PhUNlO
おまえらバカだから、やっぱり書くのヤメたよ。

187 :本当にあった怖い名無し:2008/08/12(火) 20:53:46 ID:XS0GwEzj0
それマジで言ったん?ソースあんならすぐ出せ
マジなら2ちゃんねら総力を上げて潰すが

188 :手毬2:2008/08/12(火) 21:09:34 ID:jgGw0m3c0
俺はびっくりして「はぁ、あそこに入ったらあかんっておまえもいわれとるやろ」といった。
それをHは鼻で笑うようにこう言った。
「だいじょうぶやって、この辺はもうあきるほど遊んだし、知らんのはあそこだけや
うちのばあちゃんは、あの中に入ったら子鬼様に手毬にされるとか言ってるけどもう中学生やでw」
中学生になって、少し強気になるというか俺は子供じゃないみたいな感じはわかると思う。
「迷信、迷信、俺らを近づけたくないような、なんかすごいお宝とか隠されとるんちがうか?w」と笑いながら言った。
俺は尻込みして少し震えた声で「そんなやめようや、錠前もかかってるし」と言ったら
Hはすかさず「あんなの錆びてすぐ壊せる。おまえ、怖いんか?」と言い返してきた。
よくありがちなパターンだが、ここで引いては男が廃るみたいな気がして
「・・・・・分かったわ、門の前だけいったるさかいに、中はおまえだけ一人でいけよ、ええな!」と強めに言った。
その時、Hの弟は5歳くらいで人差し指を懸命にしゃぶっていた。

Hは咄嗟に近くにあった石を拾って錠前を壊し始めた。
ものすごく古い鉄の錠前で、錆びてどろどろになってたという表現が正しかったと思う。


189 :本当にあった怖い名無し:2008/08/12(火) 21:22:25 ID:tlviLNffO
続きをワクテカで待ち続けている俺がいます

190 :手毬3:2008/08/12(火) 21:50:10 ID:jgGw0m3c0
俺も内心、ドキドキしていた。小さいときから眺めていた門。
いったい何があるのだろう、どうなっているのだろうとずっと思っていた。
恐怖心と好奇心がごちゃまぜになったような感覚で、Hが壊している錠前を目を見開いて見つめていた。

Hが両手で全身の力を入れて石で錠前を5回くらい叩くと、ヒビがいって割れ落ちた。
それを見たHは石を置き、一置き深呼吸を入れると「じゃ、開けてみるで」と言って、ゆっくり両手で門を開いていった。

中の風景にHと俺は、体と目が止まった。

それは一面、平面に白い砂利に覆われていて真ん中にポツンととても古いお社が建っていただけだった。
俺はとてつもなくいやな感じがして、背筋がぞくぞくしてたまらくなった。
「おいおい、これはあかんって、もう行こう!」と言った。
Hの弟は泣き始めた。
Hは振るいながらも白い砂利に足を入れた瞬間、空気が変わった。

空気が変わったというか、空気全体に体を押されてその場から動けないといった感じだろうか。
時が止まったような感じがして、俺の心は一瞬からっぽになった。

次の瞬間

「うふふ・・ふ・・ふ」

と子供か大人か、はたまた男女か分からない声が聞こえたような気がしたとき
俺の体が危険を感じたというか気が狂うほどの恐怖が体の隅々までかけまわった。

・・・・そして次の瞬間気づいたときは、泣きじゃくるHの弟の腕を握りつかんで必死に走って逃げる俺がいた。

191 :手毬4:2008/08/12(火) 22:27:02 ID:jgGw0m3c0
もう、一目散で家に帰った。
そのときちょうど、自分の両親と、ばあちゃん、じいちゃんが団欒しているときだった。
俺が泣きじゃくるHの弟の腕を握り締めて、鬼の形相で汗弱になってそこに飛び込んできたのだ。
一瞬、場が凍りついたが、ハァハァ息を切らしている俺を見ていきなり温和なじいちゃんが
「おい○○、おまえあの中に入ったんか!!ばかもんが、あほ!!」とすごい剣幕でまくし立て殴ろうとした。
これまで俺に怒ったことのないじいちゃんを見て開いた口が塞がらなかった。
家族総出でじいちゃんを抑えて、一旦落ち着いた後、いままで起きた事をすべて話した。


その後が奇妙だった。

村の人も地元の警察も無表情で悲しげな顔で、形だけ?のHの捜索をして終わり
俺と両親はすぐに出て行くように言われ、その日に帰った。
帰るときに、Hのおばあちゃんが
「Hちゃんが、Hちゃんが、手毬にされてしもうた」と泣き崩れているのが印象に残っている。


その日を境に、もう実家には帰っていないし、じいちゃん、ばあちゃんにもあっていない。

そしてもう一つ、その日の境に変化したことがある。
とてもいやな夢をときたま見るのだ。

とても霧がかかったあの敷地内で笑い声が聞こえる。
不意にそちらのほうを見つめると
おかっぱ頭で、着物を着た子供が後ろ向きで手毬を跳ねているようだ。

そしていつも気づくのである。
笑っているのは子供ではなく、子供が手で付いている人間の頭だということを



192 :本当にあった怖い名無し:2008/08/12(火) 23:07:40 ID:NhWe9sG90
H、ざまぁみろ!ばーかばーか。自業自得だ!

193 :本当にあった怖い名無し:2008/08/12(火) 23:41:56 ID:Ay9mlImHO
解読してはいけない詞

菩提如恬雲●訃言
菩提如恬伽●訃言
是応●伏伽▲訃納
菩提如●弥▲訃納

この●、▲に入ることばは知ってはなりません
知っている人は、間違ってはなりません。不幸は己に廻ります

194 :本当にあった怖い名無し:2008/08/12(火) 23:45:46 ID:MC4UUkg/0
グーグルのストリートビューで自分のマンションを見てみたら

明らかに変なものが映ってた・・・。
人とかなら良いのだけども、何か半透明の子供が
座ってるようにしか見えない。ズームアップしたけど、透けてるのに
はっきりと子供の形をして座ってる。。

ずっと観てたら動きそうで(んなわけないのにね。。)怖くなって閉じた・・。
グーグルさん、取るなら変なもの使わずにチェックしてからにしろよ。。

195 :本当にあった怖い名無し:2008/08/13(水) 00:04:39 ID:08sGdSwsO
>>191
はいはい、日野日出志。

196 :本当にあった怖い名無し:2008/08/13(水) 03:49:59 ID:3/IFl2yH0
韓国がつぶれたら
その時に出る韓国人難民者全ての面倒を
日本が見なければならない
コレはもう法律で決められている事

gkbr

197 :本当にあった怖い名無し:2008/08/13(水) 03:59:25 ID:DycueuJw0
潰さずに、消せばいいんだろう。
もうね 気化爆弾投下しまくって全国民消しちまえよ

198 :本当にあった怖い名無し:2008/08/13(水) 04:16:38 ID:2RdyiO2tO
昨日デパートのトイレで大してたらDQNな老いぼれがドアをガンガン叩きながら
「殺すぞ」と抜かしたのでフルボッコで便器に頭突っ込んでやった
もう60以降は死刑でいいよ
生きてても役にたたんだろ

199 :本当にあった怖い名無し:2008/08/13(水) 04:36:33 ID:ttTPFrHN0
俺も割とよく金縛りのようなモノに遭遇する。
見知らぬ婆が顔を覗き込んでたり、真っ白い手が下っ腹を押さえつけてたり、天井が一面赤ん坊の顔だったりは序の口なんだが…

ウチの祖父(未だ健在・超元気)が腹の上に乗っかっていた時はもうだめかもしんね、と思った。

200 :本当にあった怖い名無し:2008/08/13(水) 12:51:50 ID:Jq91rAm+0
アッー!

201 :本当にあった怖い名無し:2008/08/13(水) 13:03:12 ID:xswwFzVkO
昨日見た夢なんだが、私の兄の葬式の夢だった。
その兄ってのが家族の中で1人だけうじうじとした性格で、それが災いして小・中学とイジメを受けていた。
どんなイジメだったのかは知らんが、割と荒れていた学年の中で天パ、眼鏡、デブ、運動音痴、クソ真面目な彼は
まあアレだ。浮きまくっていただろうなと思う。
頭の良い高校に進学するとイジメはなくなり、類友と言う名の友人にも恵まれ彼は楽しそうに過ごしていたが、
家では小・中学とイジメられていた可哀想な自分をとにかくアピールしていた。
イジメを題材としたドラマやマンガはわざわざ「思い出すから」と言ってから見るのを拒否し、
少しでも嫌な事があれば皆が僕を笑っている、生きてる価値がないと泣きわめいた。
思い出したくないと言いながら自らイジメってのはねと突然演説を始める事もあった。
そんな彼に、ずっと母は根気強く優しく接していた。同情をし、抱きしめ、話を聞いてあげていた。

202 :本当にあった怖い名無し:2008/08/13(水) 15:32:42 ID:/jx0+29Q0
で?

203 :本当にあった怖い名無し:2008/08/13(水) 15:45:25 ID:5y9Y9aZGO


204 :本当にあった怖い名無し:2008/08/13(水) 16:38:18 ID:Mvr7YkRe0
うんこ

205 :本当にあった怖い名無し:2008/08/13(水) 16:52:00 ID:31qo+uV+O
マトメサイト更新マダー

206 :本当にあった怖い名無し:2008/08/13(水) 19:57:03 ID:Tivy6LcSO
昼過ぎからベッドの上で恐怖サイト巡りしてて、不覚にもそのまんま寝て仕舞ったww
ヨダレ、ベトベトなんスけどwwwwww
そういや、調度かしまさん見てたのにw白い光?ナッシングwww
で今、椅子が回ってたので起きたw止めるとき、冷房がガンガン効いててちょい寒いしwエwコwww
うわ、メールも10件以上放置してっしww
あ、やべぇ‥めちゃ腹減ったw晩御飯食いに行きやすwwwノシ

207 :精神病院について 1:2008/08/13(水) 20:55:34 ID:rWJXm1190
何か前スレで外国の精神病院の話が出てて
やはり精神病院はそういうのが出るのかと確信したので
実体験を書きます

過去に俺は一度だけ精神病院に入院させられたことがあるんだ
別に気違った訳ではなく、学生の時に自動車とトラックの衝突玉突き事故の現場に居合わせて
もう車の窓からはみ出した血塗れの腕やら
フロントガラスに張り付いた茶色い何かと血とか
痛い痛い助けてと叫ぶ声、サイレンの音、燃え上がる車、集まる野次馬の声で
気がついたら家で寝てた
それからはフラッシュバックとか赤い色を見ると吐いたりとか
部屋から外にも出ないで、家の自分の部屋を暗くしてイヤホンで大音量の音楽を聞いて眠れないようにしたり
そんな生活が1週間くらい続いて、鬱病として郊外の大きな精神病院に入院する事になった
ただいきなり気違って暴れるとかではなかったし、気が晴れるだかで同じ年頃の奴と相部屋になった
ソイツはFって言って、時々友達が来たりメールが来たりするようだった
面会謝絶希望で友達からのメールにすらマトモに対応できないほど病んでいた俺としてはうざったかったが、それほどうるさくしてる訳ではなかったので我慢していた

208 :精神病院について 2:2008/08/13(水) 21:15:45 ID:rWJXm1190
2週間くらい入院して、多少気が楽になってきた頃にFの友達のHが
「せっかくこんな病院にいるんだから、夜中院内の散策でもしろよw」とFに提案していた
ある程度Hとの面識もできていた俺は、Hから頼まれて院内マップを貸した
それで、Fが今夜隔離病棟を回って生中継メールをする、という話になっていた
俺は内心面白そうだな思ったが、隔離病棟巡りに行くほどの勇気は無く、散策が終わって帰ってきたEから結果を聞いて写メを見せてもらおうと思っていた
それで夜中、Fが出ていく時まで一緒に起きていた
Fは懐中電灯片手に「見つかったらトイレの場所が分からないとでも言うわ」と言って部屋を出ていった
どれくらい耐えたか分からなかったが、結局俺は睡魔に負けた
翌朝、Fのベッドが空だった、トイレにでも行ったのかと思っていたが、朝食が運ばれてきても帰ってこない
朝食を下げる看護婦を呼び止めて聞くと「容態が悪化したため病室を変えた、引っ越しするからうるさくなるかも」と言われた

209 :本当にあった怖い名無し:2008/08/13(水) 21:29:28 ID:LPuNeSQi0
>>207-208
終わりですか??

210 :本当にあった怖い名無し:2008/08/13(水) 21:33:49 ID:hZSuTmtV0
一ー

211 :精神病院について 3:2008/08/13(水) 21:35:06 ID:rWJXm1190
日曜日だったのもあって午前中にHが来た、Fが病室を変えた事を伝えると、部屋から出ていって少しすると戻ってきた
生中継が途中で途切れたこと、面会はさせて貰えなかったこと、携帯のデーターカードを貸してたことをでっちあげて携帯を借りてきた、と説明された
「ごたいめーん」と軽く言ってHがFの携帯をいじりはじめた
俺は「Fの親もきてるかもしれないのに携帯パクるなんて」とぶつぶつ言ってたが、とてもFの携帯の中身が気になっていた
ニヤニヤしてたHの顔が真っ青になった
いきなりガクガク震え初めてFの携帯を落とした
落ちた携帯を拾いあげのぞき込むと
多分作成中断をしたメールのフォルダ
宛先はH宛、添貼ファイルは写真
写真は病院の緑色の床と白い壁
そして気味の悪い茶色の、床につきそうなほど長い手を振り上げた大人くらいの大きさの何か、画質の悪い携帯の写真は確認できないが、口は無かったと思う
本文には「おまえのせいた」と書かれていた
Hが俺の手からその携帯をひったくった、暗唱番号を入力してそのメールを消す(俺のとは機種が違ったので分からないがFの携帯は操作ロック解除に暗唱番号がいるらしい)
そしたらHが狂ったように笑いだした

212 :本当にあった怖い名無し:2008/08/13(水) 21:45:26 ID:cBq9vgxPO
保守

213 :精神病院について 4 ラスト:2008/08/13(水) 21:45:58 ID:rWJXm1190
空き部屋はあっただろうに『面識がある』という理由から空いたFのベッドにHが来た
昼間はそわそわしている他には特に変わり無いが
夜中になるとナースコールボタンを押しまくる
そして看護婦や医師が来ると「Fがぁ!あああああああ!」と叫ぶ
毎晩そんな調子で、ついにHは隔離病棟へ移動させられた
Hが移動して夜中、ぐっすり眠れるようになり
3日くらいたったある日、朝携帯の電源をいれると何十通とメールが入っていて、全部Hからだった
どうやら俺一人に送られた訳ではなく、見たことのないアドレスが数個あった
本文は『鳴らない、鳴らない』
から『鳴らして助けて』
という感じの内容
最後は『F!Fがああああああ!ならなああ』だった

それっきりHについては何も聞かないまま退院した
その日のうちにすぐにアドレスを変えたが
いまでも『隔離病棟』という響きに恐怖を覚える

214 :本当にあった怖い名無し:2008/08/13(水) 21:49:09 ID:WiiLqBw/O
>>208
キチガイは恐いね〜
あとEって誰?

215 :本当にあった怖い名無し:2008/08/13(水) 21:50:10 ID:K7itMAc10
携帯メールで「あああああ」って手間だね。

216 :本当にあった怖い名無し:2008/08/13(水) 22:07:07 ID:NT5jM+4/0
個人的に最近の書き込みでは>>130が屈指の恐作
語り口から実話くささをビンビン感じる・・・
というか>>130自身、事件の影響で少しおかしくなってる気も・・・


217 :本当にあった怖い名無し:2008/08/13(水) 23:16:16 ID:AsSFaFWIO
>>216 この作品なぁ、コピペを改造しただけやで

218 :本当にあった怖い名無し:2008/08/13(水) 23:47:22 ID:031SZX6f0
今日はヤフーの知恵袋でも怖い話がトップにきとった。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1017428005?fr=top_mantenna


219 ::2008/08/13(水) 23:55:45 ID:NT5jM+4/0
>>216
るってtんですか・・?いい加減、こいいし、うかれるわ・・
ぉn、倉橋さんが確認できるだけの分、て、いいし、よそからかわいがられるのではg・・・?
松岡とひかりクルーn

220 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 00:02:43 ID:031SZX6f0
>>219
日本語でおk


221 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 00:17:47 ID:yXP6pEUzO
ゲシュタルト崩壊って話あったよね。
それ関連の小技なんだけど。
あ、髪の長い人限定ね。

鏡に向かって自分の後ろ髪を自分で引っ張ってみる。
なるべく引っ張ってる自分の手が見えないように。
誰も居ないのに髪引っ張られてる…
みたいなほんのり不気味な気分が
お手軽に味わえてオススメ。
これ自体はあんまり怖くない。
むしろちょっと楽しいくらい。

しばらくして鏡を離れてるとき、
後ろ髪を引っ張られる感触がして
「え!!?」って振り向いたら
自分の手で無意識に引っ張ってた。
見るまで自分で引っ張ってるって
気付かなかったのが一番怖かった。

222 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 04:03:08 ID:2OeCAKQ50
それはまだ夏の暑い日のことだった。
田舎となるとひぐらしの大合唱が耳をよぎるが
その日に限ってひぐらしは一切なかず沈黙を保っていたそうだ。
よしおの甥で武道家のよしかずはいつものように
犬を連れて山篭りをしては遭難していたという。
そのたびに犬を食らうのだ。
犬の怨恨がひぐらしの合唱をさえぎっていたと専門家は語っていた。

223 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 04:13:19 ID:I6/6cR5K0
その後、よしみちの右腕から大きな筍が生えてきた。
これは覚醒した証だと思ったよしふみはよしみちに大いに嫉妬したそうだ。
よしみちは、そのよしふみの嫉妬を感じとり夜な夜な山へ行き
よしふみに対する思いを綴った手紙を書き続けた。
その内容は省くけどかなりの量になったらしい。
それがきっかけで、よしふみの腰痛はさらに酷い事になり、自転車に乗れなくなったそうだ。

224 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 05:37:17 ID:0vPlEBSmO
>>153
頭悪すぎ

225 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 05:56:15 ID:1aAgljoT0
>>223
でっ?

226 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 07:23:10 ID:6v3rT6jx0
>>211
ニヤニヤしてたHの顔が真っ青になった
いきなりガクガク震え初めてFの携帯を落とした

1行目はわかるが2行目はどうかと
普通こんなリアクションするか?

227 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 08:50:29 ID:n+mwMjzi0
階下から話し声が聞こえる

父「・・・・んとに、いろいろ申し訳な・・・・」
伯父「・・・れでゆうすけも自立するだろう・・・」
母「・・・お盆あけから、あちらの寮に入れるということで・・・」
伯父「・・・必要なものは揃ってるからただ行けばいいから・・・・」
父「・・・これで肩の荷が下りるよ・・・・」
母「・・・なんとお礼を言ったらいいのか・・・・」
伯父「・・・・○○建設はいい会社だから、ゆうすけもしっかり働・・・・」

228 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 09:51:46 ID:ykfTmdq60
うちの患者さんで唯一、本格的な多重人格の人がいる。今は治療の結果1人になっているので、まあ寛解であろう。僕は全然治療に関与しておらず、他の医師の治療を受けている。

ある日、彼女が外来の廊下を歩いていたので声をかけてみた。僕はそれまで実はあまり話した事がなかった。どんな症状があるのかは看護師さんから聞いていたので、非常に興味深い人とは思っていた。だいたい多重人格なんてそうそうあるものではない。

その時、ちょっと怖い話を聞いた。

彼女の部屋には夜になると女性が出てくるんだそうだ。その話を聞いた時、どうも心当たりがあるので、もう少し詳しく聞くことにした。

彼女によれば、その女性は全身が見えず、体の一部しか見えないと言う。例えば、長い黒髪だけとか、あるいは手だけとか。だから彼女はその女性の顔は見たことがないという。

怖すぎ・・

僕はすぐに誰かわかったのである。部分的な特徴を聞いた範囲では確かにその女性に間違いない。(かつて彼女の部屋で自殺した女性)

僕は気配は感じても、彼女のように実物を見たり変なものを聞いたりしないので相当に助かっていると思うよ。もしそんなことがあったら、たぶん精神が持たない。

解離という病態は、そういう不思議な霊感と深い関係があるのかもしれんね・・

そんな風に思ったのでした。

(おわり。気が向けばもう少し続きを書くかもしれない。削除する可能性もあり)

229 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 10:11:36 ID:AE6jzTt3O
>>228
削除…?するって?

230 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 10:39:37 ID:PjomoOD40
あれ?知らないの?
8月から自分の書込みの削除機能ができたんだよ

231 :アスタロト:2008/08/14(木) 10:40:07 ID:0oc1j+Of0
先月から体の調子が優れない
ぐら付く頭に思うように動かない体でキーボードを打っている
このマンションに引っ越してきたのは丁度1年前…
窓を閉めれば外の音なんか気にならないくらい静かな所もまだ東京に残っていた
新宿には急行で30分もあれば着く街に、娘と2人で住むには気持ちいい
あの事があってから…
前略
2度目の夏が来た
娘が3歳の誕生日を迎えた年の10月にレンタルビデオを借りに行った。
ポピュラーなモノ、アクション、アニメ、初めてみる店内にオオハシャギだ
シリーズもののアニメを1本、アクションものを1本、娘を店内で自由に見させ
何を借りようかと迷っていた。オカルトの棚の前で足が止まった。
「本当にあった呪いの…、放送禁止…、前に見たものばかり…」
「ママ!これ借りう」
「はいはい」
返事に笑みを浮かべ籠の中に入れる。
「最初に私のから見るんだよ」
「はいはい」
「やったー」
その時であった
{レンタル無料}
題がない…
無料に弱かった
籠の中に入れていた


232 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 10:40:56 ID:YtRSt6fL0
>>230
どうやってるんですか><

233 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 11:00:04 ID:6v3rT6jx0
削除の練習

234 :233:2008/08/14(木) 11:01:29 ID:6v3rT6jx0
わかりません><

235 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 11:47:53 ID:pZ8dRoJq0
十年以上前の話。
我が家は毎年お盆休みに、父方のじーちゃんちに帰省する。
じーちゃんちは田舎にあって、家がとにかく古い。そして広い。
築100年くらいらしい。戦後の日本ですか?みたいな感じの家に住んでた。
(外人が写真を取ってく)
トトロに出てくるお化け屋敷な家の外見を日本風で陰湿にした感じ。
夏でも涼しくて、昼間でも暗いし、日当たりもよくない。
小学校の夏休みの宿題で「身近な昔のものを調べよう」というのがあって
じーちゃんちはまさにそれにピッタリだった。
蔵には千歯扱きががあるし、昔の金(五円玉みたいな形で紐に通してまとめてある)もあった。
「屋根裏部屋にはもっといろいろある」と、じーちゃんが言ったので、
宿題は終わったが、好奇心で兄と屋根裏に上がらせてもらった。
屋根裏に上がったのは、俺と兄(中1)の二人だけ。
古い家なので屋根裏は床(下から見たら天井?)が抜けたら怖いから大人は上がらないそうだ。
(ちなみにこの話の数年後に本当に床が抜けた)
懐中電灯を片手に、足元に注意しながらじりじり進んだ。
屋根裏はずっと人が上がってないせいで埃っぽかった。
床が軋んでも、まるで探検をしているようでわくわくした。
しばらく回りを物色し冒険気分を味わった後、埃っぽいし、怖いし(床が抜けそう的な意味で)
そろそろ飽きたな、という雰囲気になった。


236 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 11:49:27 ID:pZ8dRoJq0
ふと俺があたりをぐるっと懐中電灯で照らしたとき、部屋の隅に何か黒いものを見た。
屋根裏は真っ暗だが狭い。
懐中電灯で照らせば、そこになにがあるのかわかるはず。
ん?と思ってもう一度懐中電灯を当てた。
そこにいたのは、影だった。
壁をバックに黒い人型のシルエットが浮かんでいた。
兄は自分の後ろにいるから、ちがう。
人形か何かなら形がはっきり見えて、影のように真っ黒でぼやけて見えるはずがない。
小学生の自分に影の説明がだとか、科学的にありうる現象だとか
わかるはずがないが、、直感で「おかしい」と感じた。
俺は影自体を長く見なかった様に思う。
咄嗟に懐中電灯を下に向け兄の背に隠れるようにして抱きついた。
「兄ちゃん、あっちになんかいる」
兄に抱きつき目を硬く閉じながら言った。
「幽霊でも見た?それともネズミ?」
と笑いながら兄は言った。

237 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 11:50:04 ID:pZ8dRoJq0
熱いせいか、はたまた邪魔なだけか、兄は俺を引き剥がそうとしたが、俺は必死でしがみついた。
「あっちの隅……影みたいなの」
怖くて怖くて目も開けられなかった。
ただ兄にすがりついていた。
兄は懐中電灯でそちらを照らしたようだった。
兄が息を呑んだのがわかった。
きっとあの影を見たのだ。
「ほんとだ……影みたいなのが、いる……」
兄は俺を痛いくらいに抱きしめた。
兄もあの影が異常なものであると感じたようだった。
俺は目を閉じていたからわからなかったが、
兄は懐中電灯を影に当てたたままでいたようだった。
俺を抱える腕は一本だったし、明かりを手放した隙にあの影が闇にまぎれて近づくのを
恐れたのかもしれない。
兄と一緒にじりじりと下りるための出口である梯子までゆっくり後退した。
この時は目を開けていたが、俺はつま先しか見ていなかった。
兄は光を影の方向に当てたまま、
「あいつは動いてこない、このままゆっくり戻ろう」
と、ものすごい力で俺の肩を抱きながら言った。
なんとか梯子の所までたどり着き、俺と兄は梯子から半ば飛び降りるようによう戻った。

238 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 11:50:41 ID:pZ8dRoJq0
降りた時の音に驚いたのか、隣の部屋にいたばーちゃんが顔を出して
「梯子から落ちたんか?古い梯子じゃけんねぇ。
それよか、早く洗面所行って洗ってきんさい、埃まみれよ」
と言った。

俺たちは震えながら、洗面所に向かい手と顔を洗った。
そして屋根裏での事をじーちゃん、ばーちゃん、そして両親に話した。
両親は「古い家だしお化けもいるかもね」なノリだったが
じじばばは真面目?に対応してくれた。
俺たちは呪われるとか祟られるとか、取り憑かれるんじゃないかとか心配した。
じーちゃんは
「お盆だからご先祖様が帰ってきたんじゃろう」
と言ったので、兄が、墓参りがまだだから催促に来たのかと尋ねたら
「お盆の墓は空き家だ、墓を空けて家に帰ってくるもんだ。
墓参りはご先祖様が墓に帰ってからしたらええ」
と言っていた。毎年お盆にじーちゃんの家に行き、
3、4泊するのに、墓参りが帰る前なのが何でかわかった。
先祖じゃなくて、悪い霊かも、と聞いたら
「何のために家に神棚があると思ってんだ」と言われた。
実際その後の俺と兄に不幸はなかったし、ぴんぴんしてる
じーさんばーさんは死んだが、影騒動のずっと後だし、関係があったようには思えない。
あの影はご先祖様だったのか、悪い悪霊だったけど助かったのか、通りすがりの幽霊だったのか。
なんだったのか、何故あそこにいたのかは、わからない。
幽霊ではなかったのかもしれないが、今となっては確かめる術もない。

239 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 11:53:16 ID:pZ8dRoJq0
長文スマソ
文章にするとあんま怖くない気がするorz怖かったのに
不明瞭なものほど怖いと思うのですが

240 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 12:18:14 ID:LP4vxSSl0
本人は恐かったんだろうなと思うがなんかほのぼのした

真面目に聞いてくれてご先祖様や神様のこと孫に話すじいちゃんばあちゃんいいなー

241 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 12:18:29 ID:ca8nOm8vO
確かに形がしっかりわかるより、そんな影みたいなのがあるほうが怖いな

242 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 13:36:33 ID:/Ixgii4U0
唐突にすまないが、一族繁栄のために座敷童子か
なんかを床下?縁の下?に磔にしてた話しらないかな?

243 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 13:50:06 ID:1+RjBbH20
一昨日の話なんだけど、エアコンきいた部屋で一日ボーッとしてるのも身体に毒だからさ。
インテリ気取って近所の川原で読書でもしようか、ってんで出かけたわけよ。
川原つっても、お子様が野球してたり、おっさんがゴルフの練習してるような場所じゃ落ち着かんからさ。
いい場所ないかな〜、ってブラブラしてたら、御誂え向きにひと気のないとこ見つけてさ。
こりゃいいってんで、土手の中程に腰掛けて読書を始めたんだよね。
ちなみにその時読んでたのは、倉橋由美子の『スミヤキストQの冒険』。はは。インテリ。
でもさ、なんか知らんけど落ち着かんのよ。
少なくとも、目に入る範囲に人はいないのに、どっか近くから見つめられてる気がするんだ。
その視線がどうも気になってさ、文字は追ってるんだけど意味が頭に入ってこないの。
でも二、三十分は格闘したかなぁ。その内、イライラしてきてちゃってさ。もうや〜めた、って後ろ手をついて暮れなずむ空を見上げたわけよ。
そしたらさ。ぐにゅ、って右手になんか当たったんだよね。 


244 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 13:51:08 ID:1+RjBbH20
うわああああやっちまったああああああうんこ触っちまったああああああ。
って、右手どかしてみたらさ、うんこじゃなかったんだよ。
人の顔、だったと思う。多分、男の。首から下は地面に埋まってるんだか、そもそも存在しないんだか。
触った感じでうんこと間違えたのはさ、そいつが糜爛糜爛に腐ってたからだったんだ。
しかもさ、そいつ生きてる(?)んだよ。
俺が呆然としてたらさ、いきなり「×××××××××!」ってすげえ早口で喋りだしたの。
俺はその時点でヤバいってことに気付いて、走って家に帰った。
そいつがなんつってたかは全然聞き取れなかったけど、なんか女の名前みたいのが二、三出て来たと思う。
今日、これからその川原にもう一回行ってみようと思う。
なんか気になってしゃあないんだ。

長文スマソ。

245 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 14:05:06 ID:GPNz11F6O
>>244
どうだったのかすげー気になる。
気をつけて!
そして報告を忘れずに!!

246 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 14:12:27 ID:va6pVQ6wO
>>244
一人で行っちゃいけない気がする。気をつけて

247 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 14:44:46 ID:kipm/8520
随分昔のことなので細かいところまで覚えていませんが、思い出しながら書いてみます。

家の近所に子供達に「ヤマキの墓」と言われている古い慰霊碑みたいなのがありました。
高さ1m位の自然石を石の土台に立てた感じでした。
随分古いものらしく、表面は苔むしていて何と書いてあるか読めませんが、薄暗い藪を少し入った所に有ることや、時々お供え物が置いてあったりと、子供ながらに畏怖を感じさせるたたずまいがあり、内容は覚えていませんが、怪談話とかもあったと思います。


248 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 14:50:16 ID:n+mwMjzi0
>>242
昔サンデーで連載してた「うしおととら」の1エピソードに
家の座敷の中に座敷童子を閉じ込めてたって話はあったよ

別に出典があるかも試練が

249 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 14:50:38 ID:kipm/8520
さて、小学校五年生頃の事です。
仲間同士で、慰霊碑のある藪に秘密基地をつくり、マンガやお菓子とかを持ち込んで暇をつぶしていました。
ある日、また仲間同士で秘密基地に集まったとき、仲間のTが
「ヤマキの墓の下には瓶が埋まっていて、中には生きたナマズが入っている。」と言い出しました。
なんでも親戚の結婚式で帰ってきている叔父の話らしく、生きたナマズが地中の瓶なんぞに入っているなど仲間内では信憑性ゼロ。
もう口の悪い仲間からは嘘つき呼ばわりで、T本人は言い出したからには引っ込みがつきません。


250 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 14:54:25 ID:kipm/8520
それでTにお願いされて、日曜日にTと私とK、Bの四人で墓の土台の下を掘ってみることになりました。
ちなみに私やK、Bは霊感なんてありません。度胸の据わった強者って訳でもありません。好奇心にかられて何となくついて行きました(内心小判とか期待していた)。
一度、ヤマキの墓に近いKの家に宿題をみんなでやる名目で午前中に集まったあと、昼食をご馳走になってから、秘密基地に移動。
装備は誰かが持ってきた懐中電灯とシャベル2つとKが何故か持ってきた十手(祭りの輪投げの景品?)で、特に考えもなく墓に向かって出発。


251 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 14:56:56 ID:pZ8dRoJq0
>>242
赤子の骨を床下に埋めるって怪談を読んだことがある
貴方には兄がいるの。この床下で眠っているのよ、って話だった。
一族安泰祈願と言うより人柱という書かれ方だった

252 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 14:58:28 ID:kipm/8520
墓についたのは多分2時頃だったと思いますが、少し雨が降りそうな雲が出てきて、蒸し暑かった記憶があります。とりあえずTはナマズを目指し、他3名は小判を目指して土台の前を掘り始めました。
土は砂利混じりでなかなか硬く、10分がりがり掘っても10cm位しか掘れません。自分たちは交代しながら1時間近くかけて50cm位堀おこしました。
まったく何も出てきません。子供なので飽きてきたところ、突然大雨が降ってきたので、近くの木下に避難しました。
今まで掘っていた穴にみるみる泥水が溜まっていくのをみて、面倒くささが倍増してきて、また今度掘ろうって事になり、一応今掘った穴が埋まらないように草か何かを詰る事を決めて、その辺の草や枯葉を皆でかき集めていると、穴から「ゴボ・ゴボ・・・」と音がしてきます。


253 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 15:03:19 ID:kipm/8520
ナマズ?
自分はそう思いました。みんなもそう思ったかもしれません。
穴の周りにみんなが集まり覗いてみましたが、泥水でよく見えず、ナマズが噛むかもしれないので手も入れられません。
時々「ゴボ・・」と泡がたち水面が動きます。Tが木の枝を取ってきて穴の中に差し込んでみました。
暫く適当に動かしていましたが、「ゴリ・・」と何かに挟まるような音がした後、木の枝は抜けなくなってしまいました。
巨大ナマズかも・・と思い、もう誰も穴にちょっかい出せません。
暫く呆然としていると、Kが十手を手にトコトコと穴まで行って、穴に十手を突っ込もうとしたとき「うわぁ!」とか言ってダッシュで逃げ出した。
怖いもの見たさもあって3人で近づいたところ、一番先に穴を覗いたTも「うぁ!」と悲鳴をあげて逃げ出した。
後は、自分も連鎖反応で秘密基地までダッシュで逃げていった。


254 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 15:07:39 ID:kipm/8520
秘密基地でKとTに話を聞いたところ、泥水の中でうっすらと血の気のない人の口が枝の先に噛みついているのが見えたそうです。
とりあえず、基地も同じ藪の中にあるので、Kの家まで避難してからそれぞれ家に帰ることにしました。
帰るときはTはばつが悪そうで、Kはちょっと自慢気な感じだったのを覚えています。
驚いたことに、Tは兄貴に頼み込んで、後日一緒に穴を埋めに言ったそうです。枝は先が噛みちぎられたみたいになって倒れていたそうですが、怖いのでサッサと埋めて踏み固めてきたそうです。
やっぱ、責任を感じたのかな?


255 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 15:10:03 ID:kipm/8520
その後、最初にTが、続いてTの兄貴が足の小指を強打する事件があり、「ヤマキの呪い」と言われていました。
Kもクラスで最初に毛が生えたので「ヤマキの呪い」と言われていました。ガキですね。

読んだ皆さんが足の小指を強打したり、毛が生えたら呪いかもしれません。


256 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 15:18:06 ID:mVacl0uWO
むしろ俺の頭には生えてほしい

257 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 15:32:51 ID:k0Cbj0pi0
>>256
ヤマキの墓を掘り起こす作業に移るんだ

258 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 15:43:48 ID:OsQtAjrj0
>>256-257

こういうスレにも息抜きって必要だよな

259 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 16:10:18 ID:vbi646jzO
小指を強打するのが事件やとすれば、家では毎日事件が起きとるよ…

260 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 17:12:53 ID:qRyaMzoaO
グリズリー

アメリカには日本のヒグマより二倍くらいデカい熊がいる、たったら3m近く、体重はトン近い奴だ

そんな奴には口径が2センチ近いショットガンを使うか、軍用規格の何倍もの火薬が詰まった弾頭が重い強力なライフルを使う必要がある

ある日、案内人に客がきた、彼は熊を狩りにきたと話した

彼の銃は357のボルトアクションライフルだった、彼のライフルには弾速早い弾が使える、基本的に熊をしとめるには、頭蓋か心臓をぶち抜く必要がある、初速が早いライフルは熊の鉄のような骨を砕き、なめし革を重ねたような筋肉を貫くことができる

案内役も20発で重さが1キロほどある弾を使えるような強力なライフルだ

案内人の役目は熊を探し、客に熊を撃たせること

森を歩き回り、熊を見つけた、デカい、軽自動車並だ、客に、頭をねらえと指示し案内人も、しとめ損ねた時のために狙いをつける

客は頭めがけて撃った、しかし、弾は肩に当たった

怯む熊に狙いを誤った案内人もはずしてしまった

熊にアドレナリンが満載される、アドレナリンは痛みを忘れさせる、怒りに燃える熊は殺戮の本能をむき出しにして客に突っ込んでいく

261 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 17:22:33 ID:qRyaMzoaO
怒り狂った熊には弾を当てても、水の入った袋に穴をあけているようなものだ、しかもたちの悪いことに、熊は足が鹿並に速い

客の銃が弾詰まりを起こし、案内人の銃の弾が尽きた、弾を込め直そうとしたときにはもう、客に熊が迫っていた

熊は立ち上がり、客を押し倒す、噛みつき、手の爪で引き裂く、悲鳴と血しぶきが見えた

弾を込め直し、熊の頭にブチ込んだときには、彼はもう血塗れのボロ切れになっていた

262 :1/2:2008/08/14(木) 17:33:48 ID:ZbF0JTFbO
死ぬ程洒落にならないと思ったのが事後だったが、お盆なので投下。

2年程前に知り合い含め4人でご飯を食べに行った後、カラオケに行った帰りのこと。
時間は夜中2時20分頃でした。

そろそろ帰ろうか、と大阪ドーム近くから日本橋に向かって車を走らせてた。
運転席は男、私が助手席、後ろ2人が女でした。

ちょうど○川から難波に入った所(ラブホや高速湊○の出入口があるあたりね)で
道路のど真ん中に子供?を抱えた真っ黒な女が横向きで立っていた。

ただおかしいのが、3車線あるのだがこのあたり(黒点のとこ)

対┃・┃┃歩
向┃┃┃┃道
車┃┃┃┃



だった。

続きます。

263 :2/2:2008/08/14(木) 17:35:15 ID:ZbF0JTFbO
続きです。

自分達は対向車線寄りの車線(1番内側ね)を車で走ってたので、運転してるヤツも
同乗してるヤツも気付いてもいい筈なのに誰も気付かない。

車もそこに近付いてきてるのに皆気付かずそこを通り過ぎる時に、その女がいる所ピンポイントで車が
カクッ
と右に寄り、また元に戻った。運転してるヤツはそこで右にハンドル操作をしていなかった。

はっ!と後ろを見たらまだいたのですが、本当に誰も気付いてないし話題にもならない…。

あのあたりって何かあったのかなぁって後日霊感の強い知り合いに聞いたら
「お前が見たのは人じゃなく霊だけど、詳しくは視てみないと分からない。」

あのあたりで何があったかは分からないが、見たのはその日だけです。

264 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 17:38:44 ID:TZtF2IlG0
小学校5年生の秋口だった
夏休み明けの席替えで初めて隣になった女の子はなにかと手遊びが酷い子だった
ボーっとしているときに指を組んで親指をくるくる回したり
しゃべりながらペン回しをしたりするのは日常茶飯事
まったくの無意識の出来事らしく、注意されても全く直らなかった

そんな彼女とある日の放課後に話が盛り上がってしまい、3時間ぐらいぶっ通しで
その子とずっと喋っていた。
一通り喋り終わって何か違和感を感じたので、彼女の手をちらっと見ると親指がドス黒く変色していた。
驚いて小さく叫ぶと、彼女もそれで初めて気がついたらしく息を詰めた

彼女は喋っている間中、髪を留めていたヘアゴムで指をグルグルと巻く
手遊びを無意識の間にやっていて、とてもきつく巻いた状態で2時間放置したため
指の先端が壊死してしまっていたそうだ
彼女は親指の第一関節から先を切断することになったが
結局手遊びが直る事は無かった

265 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 17:55:57 ID:/IXgTuhD0
ttp://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1118387551

こんなんあったけどまとめサイトにある奴と似てね?

266 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 18:04:11 ID:d6i+Q9tB0
>>265
まとめのどれ?

267 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 18:38:03 ID:/IXgTuhD0
>>266
上のまとめサイトじゃなかったかも
どっかで読んだんだよ
誘拐されるような話

268 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 19:32:01 ID:Vf6AuvTT0
彼とエチーした後に二人で寝てたんよ。
で、彼が腕枕してた私の腕によだれたらしたのね。
そしたらふいに彼が起きて、どえりゃあ勢いでよだれ吸いあげて
腕の内側だったからキスマークついてしまってさww

その次の日も彼とエチーしようとしたんだけど、私のその腕のキスマークみて
よだれの件覚えてなかったみたいで私フルボッコwww

涙ながらに説明したら「……」ってなって、
「俺をフルボッコしてくれえええ!!」

おんどりゃあしたるわぁい!って思って殴った瞬間
「あぁんんっっ!!!」ってww

ふりましたよ。もうふるぼっこですよ。

269 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 19:33:21 ID:Vf6AuvTT0
…板まちがえました…ごめんなさい。

270 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 19:49:59 ID:7LxlSmkSO
>>269
噴いたわwww

271 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 20:10:57 ID:wXkw/0Yl0
>>269
腕枕は女がしてもらうもんではないの??

269の逞しい腕に彼氏が寄り添う姿を想像して2度フイタ


272 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 20:41:54 ID:J67kN1kP0
ウホッ

273 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 20:54:37 ID:YtRSt6fL0
やらないか

274 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 22:19:08 ID:kZIKm1xCO
フスマに足の小指をぶつけてしまった・・・

275 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 22:32:33 ID:DbZo9dSV0
>>268
名古屋人乙w

276 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 22:56:47 ID:0kW58Gxt0
名古屋人は死ねばいいと思うよ


277 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 22:59:01 ID:YtRSt6fL0
>>276
通報しました

278 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 23:02:17 ID:nPXia2dz0
名古屋があるから、俺も小学校時代の怖い話を。
地名もハッキリ出すよ。おいらが小学生だった頃だから、もう24〜25年前
岐阜県岐阜市の某小学校でキャンプをやった。
キャンプの場所は岐阜畜産センターというところでまあ、
家畜を飼っていて自然は豊富でアスレチック的な施設もある、今で言う
千葉のマザー牧場みたいな場所。

まあ、学校の修学旅行的なもので、バスに乗っていくものだ。
ただ、その当時(今は全く知らないけど)、ここはやばいものが出るところで
噂されていた。


279 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 23:08:06 ID:Gii0i3lrO
んもー。はぁやぁくぅ。

280 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 23:14:22 ID:nPXia2dz0
で、まあ、あまり覚えてないけど、昼間は晴れてたかな、みんなで
わいわい騒いで遊んで、豚や牛を見て楽しんでいた。

夜、就寝した後に急に雷雨になったことを覚えている。なんで急に雷と
台風みたいになるんだろう?と不思議に思ったことは覚えてる。
それから、女の悲鳴と叫び声が聞こえた。周りは騒ぎ出した。「何アレ?、
いやだー。」でも、その当時おいらはあまり怖い気がしなかった。
だって、ドリフの「8時だよ!全員集合」のコント、志村ケンがやっていた
金田一探偵のお化け屋敷コントに出て来る叫び声みたいだったから。
だからお化けもドリフの真似してるんだとその頃は本気で思ったんだ。



281 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 23:21:30 ID:Gii0i3lrO
まぁだ〜?

282 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 23:29:28 ID:nPXia2dz0
まあ、朝も無事に迎えて、小学校に帰ったんだけど、不思議だったのは
誰も昨晩の話をしなかったこと。ちょっとおかしいなと、思ったことだけ
覚えてる。学校の先生が言わないのはいいけど、友達も誰もそんな話題はなし。
この辺は今じゃ記憶があいまいなので何ともいえない。おいらは今関東に住んでるし、
現在の仕事が忙しくて、小学校の知人〈田舎に残ってるんだよな)
とも合う機会もほとんどないし。
ただ、その時とった記念写真だけはハッキリ覚えてる。
キャンプでとった写真公開されて、皆が騒ぎ出した。


283 :本当にあった怖い名無し:2008/08/14(木) 23:48:40 ID:nPXia2dz0
その写真は、学級委員が先頭にいて周りをクラスメートが囲んでる写真で
後ろは森というか林。1枚だけ巨大なドクロがうっすら笑っていて、額に
人間の顔がハッキリ映ってる。しかも後ろの木々に併せて緑色。よく見ると
何か顔らしきものがいっぱい木々に写ってる。同じとった他の写真にそんな
ものはなし。今見たらフォトショップで加工した物だろうといわれるくらい
ハッキリ移っていたのを覚えてる(今仕事で、マスコミ関係のデザイン
やってます)。さらにもっと嫌なのはなぜかみんな拝んでるように
手を合わせてお辞儀してる瞬間のように写ってる。
とにかく、あんなにハッキリして、気味の悪い写真を見たのは今の所ない。

その後、霊症があったのかいわれるとない。まあ、嫌なことや人並みの
不幸も体験したけど、あの写真が原因かといわれると違うと思う。
周りで不幸にあったやつはいるけど、やはりその写真が原因の奴はいないと
思う。その当時、そんな気味の悪い写真を買った奴は誰もいないと思うし。

まあ、今元気においらは暮らしてる。

284 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 00:21:36 ID:eKEGjmaxO
>>283
それをうpるわけですね。

285 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 00:38:54 ID:gzGanH6qO
>>278
ひょっとして、「まあ」が多いと指摘されてた人ですか?

286 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 00:56:52 ID:OWI1egGe0
>>284 写真はありません。というかあんな気持ち悪い写真誰が買うか!
当時、その写真だけ売れ残って、後で聞いたら当時の担任の先生が
お寺にもって行って燃やしたとか。ネガも結局どうなったことやら。

>>278
ひょっとして、「まあ」が多いと指摘されてた人ですか?
いえ、全然違います。ここに書き込むのは本当に久しぶりですよ。

287 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 01:00:25 ID:Bqhos2SS0
          ____   
       / \  /\ キリッ
.     / (ー)  (ー)\      
    /   ⌒(__人__)⌒ \       日常がああだと、本人の中じゃ怖いの基準が全然違うだろ
    |      |r┬-|    |      文句しか言わない奴はネタ提供者つぶす前に見守れ
     \     `ー'´   /      
    ノ            \
  /´               ヽ              
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.    
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))



288 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 01:00:48 ID:Bqhos2SS0
          ____   
       / \  /\ キリッ
.     / (ー)  (ー)\      
    /   ⌒(__人__)⌒ \      ネタを出してから文句を言え
    |      |r┬-|    |      以降反論はしない。
     \     `ー'´   /      
    ノ            \
  /´               ヽ              
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.    
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


289 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 02:13:17 ID:xOywUn73O
>>286 乙でした。

290 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 02:57:36 ID:2Dm6zFVb0
古式の再来か

291 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 04:00:50 ID:aqymWK0v0
最近マジでヤバい状態が続いている
もう嫌になってきたがこんな俺でも使命というものがある(自覚はある)
ちょっと日常生活においての変異が多すぎるので、参ってしまって
同じような体験をした人がいたらアドバイスなどをもらえるとありがたい

最近起こった酷い変異
・毎日通る建物の上に二等辺三角形の物体が横に2個並んでいるのではないかと考えると焦燥感に襲われる
・錆びた鎖を幸せな家庭の前から盗むという考えが頭から離れない
・バチクロウに手をおもいきり咬まれた(歯型は3色に光っている)
・ずっと入るのを我慢していた部屋の鍵を地下鉄の構内で見つけた
・道を歩いていると薄水色の医者が見たことも無いような器具で俺の睾丸を抜き取ろうとした
・家の階段に足がめりこんで、次の瞬間には20キロも離れた母方の祖父母の家に居た
・隣の雑木林に頭だけ羊になっている奴が隠れている ずっと食事をしないでも平気の様
・レーザー測定している奴等がレーザーを俺にめがけて発射してくる
・コンビニのレジの前の団子とか置いてあるところに俺の爪を包装したものが置いてあった
・小学生の頃のアルバムにバチクロウが写っているのを発見
・知らない女に馴れ馴れしく話掛けられた 女の目玉が徐々に中に入り込んでいった
・夜中じゅう玄関の前に立っているおやじがいた 朝になるとガラス片が落ちている
・家から見える団地の上に頭が物凄い大きなガキがいる 双眼鏡で覗くとそいつもこっちを見ていた
・近所の墓地でかなり深い所に繋がる階段を見つけた グーグルマップでは確認不可
・熱帯魚とウミウシが俺の腹の中に住み着いている
・近所の工場で爆発事故があった 前の日に炊飯器が爆発する夢を見た



292 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 06:49:45 ID:dyVc+e6+0
そんな事より、女賢者事件の本人がビデオレターを突然
公開した事が怖すぎるんだが・・・あれ、眼球無くない・・?顔がへこんでる・・・

293 :292:2008/08/15(金) 07:00:21 ID:dyVc+e6+0
スレ間違えたごめん・・

294 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 07:52:50 ID:OLTbuEEy0
>>291
精神科で診てもらったほうがいいと思う、マジで

295 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 07:53:10 ID://jBv0Xb0
>>291
まさかとは思いますが、この「ヤバい状態」とは、あなたの想像上の出来事にすぎないのでは
ないでしょうか。もしそうだとすれば、あなた自身が統合失調症であることに
ほぼ間違いないと思います。
 あるいは、「ヤバい状態」は実在して、しかしここに書かれているような異常な行動は
全く取っておらず、すべてはあなたの妄想という可能性も読み取れます。
この場合も、あなた自身が統合失調症であることにほぼ間違いないということになります。

296 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 09:07:56 ID:7CXKgdTa0
気違いって本当にいるんですね

297 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 09:13:06 ID:UTOKsbTaO
>>291

釣れましたか?

298 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 09:32:50 ID:dyVc+e6+0
>>291みたいなのが一番萎えるな〜(誤爆しといてなんだけど)

「俺は狂ってるぜ・・・!やばいぜ・・・!」みたいなキャラ演じるにしても、
描写がアニメや漫画の孫引きみたいなのばっかじゃん。くせえくせえ〜

299 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 09:34:55 ID:TYaTm/cq0
>291

とりあえず寺か神社に行ってお払いしてもらえ。

偽薬効果で治ることもある。

釣り癖が・・・

300 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 09:51:51 ID:zZB9yiY5O
>>291
脳腫瘍があるかも。
病院池

301 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 10:09:12 ID:Nf/F3LV40
おれが通っていた学校で聞いた
ちょっと長いけど、書こうと思った。

今から3年前、コンピュータ専門学校に通っていた5人の生徒が
肝試しをしようという話になって、学校内で待ち合わせることになった。
その学校は夜になると、シャッタが下ろされ出入り口も封鎖し
電源もすべてブレーカから落とされるため、警備員も見回りを終えると
すぐに帰ってしまうようになっていて、夜中は
まったくの無人になることが知られていた。

都会の中心部にある学校にも関わらず、心霊スポットが周辺にいくつもあり
あまりいい噂も立つこともなく、学校にお化けが出るという話も飛び交うようになっていた。
5人は、肝試し当日、学校に残って閉鎖される時間になると、見回りに目をから
逃れるために、一人一人安全な所に隠れた。トイレの扉の裏、物置の隙間、非常階段の影などに。

302 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 10:09:46 ID:Nf/F3LV40
無事、警備員がいなくなり、5人だけになったことを確認すると
リーダの一人が言い出した。「よし。予定通り肝試しを始めるとするか」

-ここからは、肝試しをする5人をA,B,C,D,Eという風に呼ぶことにする-

肝試しのルールは簡単だった。ただかくれんぼをするだけ。
鬼に捕まえられると、暗いサーバールームの中に放置される。
リーダのBはクジを用意し、他の4人に引かせていく。


すると、鬼はCになった。

Bは言った。「じゃぁC。お前鬼だから、5分間数えてからスタートな」
Cはおとなしく、数を数え始めた。
数を数えをおえて、Cは歩き始めた。


学校の建物は、1号館、2号館に分かれていて、
鬼ごっこは2号館で行われた。
2号館は実習室ばかりしかなく、壁は分厚く硬い作りで声や音は廊下によく響くのに
窓はほとんどなくあっても嵌め殺し小さな窓が数枚あるだけで
足元を照らす明かりは携帯電話を開いた時に出る光ぐらいしか
当てになるものはなかった。

303 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 10:11:02 ID:Nf/F3LV40
コツーンコツーンと廊下を歩く音が響く。
しばらくすると、警備員の目から逃れるために隠れていた場所に
かくれんぼが始まるとすぐに戻って隠れていたAが、Cに見つかった。
「A、みっけ。」


Aはおずおずと出てきて、かくれんぼのルール通り
サーバールームに連れて行かれ、そこで閉じ込められた。


サーバールームは、内側から扉をあけることができない造りになっており
本当に漆黒の闇で光は一切なかった。


閉じ込められたAは、しばらくじっとしていたが長くはもたなかった。
外部の音は全く聞こえないし、光はまるでない。
強い不安に駆られたAは外部と連絡を取るために携帯を開いた。


少しの明かりがサーバールームに漏れる。


しかし、かくれんぼをしている他の人にメールを打とうとしたが
電波を遮断する構造になっているためか、圏外になっていた。


完全な孤独、孤立。

304 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 10:12:54 ID:Nf/F3LV40
霊感のあったAはどんどんその空気に押され
ついには我慢できなくなって
「怖い!怖い! 開けてくれよ!」
「暗すぎて何も見えないし、やばいって」と大声を出し始めた。

すると、サーバールームの奥から「コトッ」と音がした。
とたんにAはせきを切って悲鳴を上げ始めた
「うわぁぁ!やめてくれ!早くあけてくれ!」
Aは錯乱しながら、扉を必死に叩いた。何度も何度もたたいた。

すると、扉がガコッ!っと音をたてて開いた。
Aはあわてて外に飛び出し少し走ると、いつも見慣れた廊下に出た。

そこは、サーバールーム比べると、少しだけ明るくなっていて
前を走っていく人の姿が見えた。


「おい待てよ!」Aは声を上げながら逃げていく誰かを追いかけた。
目はほとんど見えないが、硬い壁に音がぶつかりよく跳ね返るため
距離をどんなに離されても見失うことはなかった。

しかし、追いかけていくうちに、おかしなことになった。
フロアごとに一つしかない階段が目の前にあったのだ。
逃げていくには、階段を降りるしかない。電源が落とされているため
エレベータは使えないから、上下のフロアに移動するには階段を
使うしかない。しかし、階段を上り下りする音は聞こえなかった。

まだ、間違いなくこのフロアにいる。
汗をぬぐいながら、周りをみた。

「探さないと…」


305 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 10:14:38 ID:Nf/F3LV40
Aは廊下を歩き始め、考えた。
「ひょっとしたら、おれと同じように看守から隠れた時と同じところに隠れているんじゃないか」
そう思い、Aは歩き始め、トイレの方に向かった。
そーっと歩いて行き、トイレに入り、1つある個室の扉を開けようと手を伸ばそうとした時
突然、個室から誰かが飛び出してきた!

そいつは「あははははははは!」と笑いながら音を立てて走っていった
Aはあまりに急な出来事だったため、その場に倒れて
動けなくなってしまった。

しばらくじっとしていると、動けるようになったため。
また、他の4人を探し始めた。
が、誰も見つからず、ふらふらとさ迷っていると

一か所だけ、まだ見ていない場所があった。
「サーバールームだ」
Aは恐怖と闘いながら、そこに人がいるであろう可能性を信じて歩いていた。
サーバールームにたどりつくと、扉が飛び出した時と同じように開いていた。

しかし、飛び出した時と様子が違っていた。
サーバールームの中の一台のパソコンの画面がついているのだ。

恐る恐る、近づくA

306 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 10:16:42 ID:Nf/F3LV40
画面を見ると、真っ暗な画面に赤い文字で
「真っ暗闇。足を刈られる黒い部屋」

次の瞬間、バンッ!と音がして
またAはサーバールームに閉じられてしまった。Aはまた叫んだ
「うわぁぁぁ!」暗闇に浮かぶ赤い文字に耐え切れなくなったAは
パソコンを落とそうとする。しかし、終了しようとしても終了できない。

あわてて、電源ボタンを押して消してしまおうと
ボタンに触ると異変に気づく。ボタンが鋭利な刃物で
ズタズタに傷つけられていた。「!!!」
とっさにAは、パソコンの電源コードを一気に抜いてしまった。
すると辺りは、また漆黒の闇へ。

「ぎゃぁぁぁ!」叫ぶA光を求めて、震えながら携帯を開く
「新着メール1通です」

メールを受信していた。Aは気が気でないまま、携帯を開いた。

「ずっと、うしろにいるよ」

Aは、完全に取り乱してサーバールームの扉をたたき始めた。
「助けてぇぇ!!」すると、突然、目がくらみ前が見えなくなった。

「うぎゃぁぁぁ!!!」

307 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 10:18:20 ID:Nf/F3LV40
…サーバールームに明かりが灯されたのだ。
「あははははは!!」
そこには、3人が立っていた。ずっと奥の物陰に隠れていたC,D,Eだった。

「かくれんぼを始めてから、ずっとここに隠れていたんだよ。」
「お前が叫んでいる間、笑い声が聞こえないか心配だった。」
「捕まえられて閉じ込められている間、音を一度立ててしまって
バレてしまうと思ったが、お前思った以上にビビってるから
逆に恐怖をあおることになって、本当によかった。」
「よくない!本当に怖かったんだ。」
「コンピュータの仕掛けもこのメールも全部お前ら3人がやったのか?」
「そうだよ。お前がこの部屋からいなくなる合間をぬって作業した」
「すべてお前をはめるためだ」
「しかし、サーバールームの電気系統だけ
電源元から別になってるの知らなかったのか?」
「一番苦労した隠れるスペースを作った意味がなかった。」
「暗いなら電気をつけろよ。」
「しるかそんなもん」
「みんなグルかよ。」
そんな会話をしていると、サーバールームの扉が開いた。
ひょこっとBが現れる。
「みんな、お疲れ!」
「Aどうだ?楽しかっただろう」
「お前が悪の根元か!」
「あぁ。いろいろ苦労したんだぞ。隠れる場所にも困った」
「廊下なんて、だだっぴろいだけで隠れる場所なんてなかったから
ゴミ箱に隠れていた。我ながら体を張ったもんだ。」

308 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 10:19:43 ID:Nf/F3LV40
「まぁ、全容を説明するとこうだ。」

「Cが鬼になるようにクジを引いて、かくれんぼ開始
すぐにD,Eはサーバールームに隠れて、俺はトイレに隠れた。
CがAをサーバールームに閉じ込めたとき、おれとCは連絡を取り合い
サーバールームの扉前で落ち合った。
それから、耐えきれなくなったお前をを見計らって、
サーバールームの扉を開けた。その時、Cはサーバールームの扉の裏に隠れて
おれは廊下に走っていき、ゴミ箱に隠れた。
その間にCはサーバールームの中に入ってD,Eと落ち合い、おれは
また、サーバールームに戻ってきて、扉の裏に隠れて、A。お前を待った。
そして、サーバールームに戻ってきた、お前をおれが閉じ込めて
ネタばらしにいたる。そして今ってわけだ。
まぁまぁ、朝、玄関が開くまでみんな仲良くしようじゃないか。A。」

「全く!ふざけやがって!」「…」「…?」
「B、お前、トイレに隠れていたんじゃないのか?」
「?いや。サーバールームを出たところの角にある、ゴミ箱に隠れていた。
お前が走っていくのを見た後、すぐにサーバールームの扉の裏に隠れた。
なんせ、お前がすぐにあきらめてサーバールームに戻ってくる可能性があったからな。」

「じゃぁ、C。お前か?」
「いや。それはない。」D,Eが言う。
「Aを見送った後、Cはおれたち二人とすぐに合流した。間違いない。」

「…じゃぁ、おれがサーバールームを飛び出してから
トイレにいたのは一体誰だ?」

309 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 10:23:33 ID:L4KDkRqAO
(・∀・゚O)それでそれで??

310 : ◆VIPRuena/g :2008/08/15(金) 10:25:32 ID:613rHIfN0
洒落にならないほどではないけど、先月の終わりの話
何かの用事で実家のおかんと電話してたら
「役場の裏に司法書士の事務所あるの知ってる?あそこ夜逃げしたんだってさ」
って聞かされた。
息子さんの連帯保証人になってて、ある日飼ってる犬と一緒に家族全員で消えちゃったんだそうだ。
そこの司法書士の事務所、実は俺の元彼女さんが働いてたとこだったんですよ
俺は親に話してないから一瞬ビビったけど「へぇ」くらいに返事して電話終了。
しばらくして俺より先に上京してた元彼女に連絡とったついでに聞いてみた。
「付き合ってた頃、地元で働いてた事務所覚えてる?」
あーとかうんとかよく分からん返事された後
「こないだあそこの所長さんにえらい剣幕で首絞められる夢見た」って言われた
当然、元彼女さんは夜逃げしたことを知らない。
教えてあげたらなんか納得したような乾いた笑いするだけで電話終了。

やっぱ無理心中でもしたんかな…
色々調べたけどニュースとか全然引っかからない
わんこ…

311 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 10:26:01 ID:dyVc+e6+0
↑まあ、楽しく読めたけど、
「じゃああれは一体・・・!?」っていうネタだけの為の
設定やら何やらが長すぎだろww

というか最後のタネ明かしの時の皆が棒読み口調な方が怖いわw
でもお疲れ


312 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 11:29:12 ID:TYaTm/cq0
>>311

こち亀や渡鬼みたいで良いじゃないか

313 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 11:48:32 ID:sa/Yzd520
>>292が気になる

314 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 12:29:14 ID:uJDUjrUh0
111

315 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 12:35:00 ID:oxled5410
まあパターンだわな。
気のせいの一言で終了する程度のしょうもないパターンだが。

316 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 12:58:36 ID:+jQ05tRTO
>>206
で、何で椅子回ってんの?

317 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 13:53:56 ID:/91/cryu0
全然怖くないしスレ違かもしれませんが、投下します。

私の実家近くには徒歩三分で行ける山に面した神社があります。
幼い頃は近所の同年代の子達が集まって設置してある遊具で遊んだり、
自然が豊富だったため木の実を使ったりしたおままごとをしたりしてよく遊んでいました。
集まった子の中には山の崖のようになっている所を登ったりした少し危険な遊びをしたりもしていました。

その日は秋に差し掛かり雲が厚く少し薄暗いため神社に子供の集まりがあまり無い日でした。
私は一緒に遊んでいた子と二人で神社に何をするのでもなく居たのですが
そんな私たちの前に近所に住む顔見知りのお兄さんがやってきました。

お兄さんは私たちに一緒に遊ぼうと誘い、良い所に案内してくれると言いました。
お兄さんは崖登りをよくしていて、その時見つけた場所に私たちを連れて行ってくれるとのことでした。

私たちは先を進むお兄さんの後を懸命に着いていきました。
今思うと子供がやる崖登りと言うよりも急な山道を草を手にしながら進んでいく危険な物だったと思います。

「着いた」 そうお兄さんが言った場所は先ほどまで進んでいた急斜面とは違いただの広い野原のような所でした。
そして尚も歩くお兄さんに着いて行くと一本の大きな、葉が何もついていない木がありました。
山の中だというのにその木の周りには何故か他に木が生えて無かったのを覚えています。
そして木には真ん中辺りに大人一人が入れるほどの穴のような、裂け目のようなものがありました。

山とは思えない平らな広い場所、その真ん中にある葉の無い穴の開いた大きな木
辺りには風すら無く物音も何もないそんな不思議な空間の中に私たちはいました。

その日私たちは特に何も喋らず五時になる事を告げる鐘の音を聞き家に帰ったのですが、
後日一緒に行った友達と二人だけでその木の所へ何度か行こうとしたのですが何故か行く事は出来ませんでした。



318 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 13:55:53 ID:/91/cryu0
お兄さんの後を着いていったのできっと覚えている道が違うのだろうと言うことになり次第にその場所へと
行こうとすることも無くなりました。
お兄さんに連れて行って貰えば良いとも思いましたが、お兄さんは私たちに近づく事も話しかけることも
しませんでしたし、私たちもそれをしませんでした。
第一に私たちとお兄さんが話したのは遊んだ時が初めてであり、それまではただ近所にこんな子がいる程度の
認識だったはずです。


私は一年ぶりに実家に戻ってきて神社のある山を久々に何となく見ていたのですが、
不意にこの幼いときの出来事を思い出しました。
そして、山は小さくあの広い空間があるとはとても思えないということにも気づきました。
一緒に行った子にこの話しをしても覚えていないと言われ、お兄さんが今どうしているのかは確かめられないため
私はこの出来事を思いだしてからもう一度山に入りあの空間を見つけたいという思いを抱えています。

ですが、最近の神社は遊具も古くなったため撤去され地元の子供の数も少なくなったためそこで遊ぶ子供も居なくなり
昔とくらべてとても寂しい場所になってしまいました。

あの時お兄さんはなぜ話した事も無い私たちをあの場所へと誘ったのでしょうか?
山は小さくあの場所があるとはとても思えません、ならばあの時私はどこへ行ってしまったのでしょう?
そして、あの木の真ん中に開いていた穴は、まるで誰かがその場所に居るかのようでした。

私はあの日、行っては行けない場所へと連れて行かれ
最近になって、思い出してはいけない記憶を呼び覚ましてしまったのではないのでしょうか。
私がもし山に入りあの場所を見つけたとしても、昔とくらべ薄ら寂しい神社の今となっては
無事家へと戻されるのか不安でしかたありません。

以上です。お目汚し失礼します

319 :1:2008/08/15(金) 14:42:58 ID:F6HQmHzA0
どうせ信じてもらえないだろうし、基地外扱いされそうで誰にも話した事ないんだけど。

3年前、私は婚約者の家に向かうため駅のホームで電車待ちしてた。
そしたらまだ4〜5歳位の小さな男の子に急に話しかけられた。
「ねえお姉ちゃんお姉ちゃん、僕ねお姉ちゃんの事知ってるよ」
私はちょっと驚いて「ん?そうなの?」と聞くと、
大きく頷いて「うん、僕ね、お姉ちゃんが赤ちゃんの頃から知ってるんだよ!」
と誇らしげに胸を張った。
ついこの間まで赤ちゃんだったくせにwと思わず笑ってしまったら
子供は「ホントだもん、ずっと知ってるもん!」
って言い張った。
「そっかー」と言うと、嬉しそうに「うん!」とニコニコ。
いずれ自分にもこんな可愛い子が持てるかな、と思うととっても愛しくなった。
すると子供は心配そうな顔で、小首をかしげ、私を覗き込んで言った。
「お姉ちゃん、今日は辛くってもこらえるんだよ?
また幸せな事が起きるし、それは今日よりもっともっと幸せになれるんだよ?
だから頑張るんだよ?ね、お姉ちゃん。
みーーんなお姉ちゃんの事大好きで、大事に思ってるんだから、ね?」
唖然としてると子供の母親が来て、
「どうしたのー?乗るよー?…あら、すいませーん!もう何してるのw」
と言って子供を連れて行った。
そして呆然としてる私に向かって笑顔で「ばいばーいお姉ちゃん、また会おうねー」
と手を振り、母親はそれを苦笑しながら見ていた。

一体何だったんだろう、明らかに言う事が子供じゃないし、
それに突然そんな事言われても…と考え込んでしまった。
まあ電車を待ちながら、話のネタになったなんて思い、
彼にどうやって話そうかな、とか考え、幸せな気分に浸った。
彼の家に着くと、外から窓を見上げ電気が付いていることを確認した。

320 :2:2008/08/15(金) 14:43:59 ID:F6HQmHzA0
その日は約束も何もしていなくって、
未来の妻としてそろそろたまってきてるであろう洗濯や、
掃除をしてあげようと思っていたから。

「どんな顔するかな」と思いながら、そーーっと鍵をあけ家に入った。
そしたらそこには裸になった彼の悪友と彼と、半裸の女の子二人。
そこからはちょっとスレ違いになるけど、物凄い修羅場。

彼は「誤解だ!」と叫び、慌てて服を着始めた。
「この状況で何が誤解な訳!!」と叫び、罵った。
そしたら女の子がうんざりした顔で帰ろうとしたので、
「ちょっと待ちなさいよ!婚約者のいる男に手出して!訴えてやるから!」
とキーキー叫んだら、彼女たちはせせら笑い
「はー?うちらまだ17なんだけど?wつーかただの援交だし。
訴えれば?この人らが捕まるだけだしwww」
呆然としてへたり込むと、彼女たちは帰って行こうとした。
そこに彼の友達が「ちょ、まだしてねーし!金置いてけって!!」と叫んだ。
そしたら彼が「っざけんな!てめーがやろうって言ったんじゃねーか!
どうしてくれんだよ!!」と言い、そこからは男二人で大ゲンカ、心底呆れた。
しばらく色々考えながらボーっと見ていたら

彼友に「つーかwwえーーっとwwごめんね変なとこ見せて。
つか本当にこれ初めて、しかもやってないんだよ。ごめんね?
ちょっとしたお楽しみって言うか何と言うか…こいつの(私)ちゃんへの愛情は変わらないし」
とか言われた。

引きとめられたけど、もちろん家に帰る事に。
駅のホームでベンチに座って考えた。

321 :3:2008/08/15(金) 14:45:04 ID:F6HQmHzA0
もう結婚式は2ヶ月後に迫っていて、招待状も送っていた。
(これからどうなるんだろう、私を男手ひとつで育ててくれた父になんて言おう、
友人知人、親戚にはなんて言おう、
私はこれから式前に男に浮気された女って言われるんだろうか、
しかもただの浮気じゃなくって高校生を金で買った男。
そんな人生嫌だ。
そうだ、死んじゃおう。そしたらこんな嫌な思いしなくてすむし、
彼もきっと反省するだろう。
一生あんな最低な形で私を裏切った事を悔んで、自分を責めるだろう。
皆私に同情するだろうし、きっと彼はすっごく責められる。
ざまあみろ、死んでやる。
お父さんだって、私が苦しむ所を見なくて済むんだから喜ぶはず。
それにもしかしたら死んだお母さんに会えるかもしれないし)

そしたら急に自分の意志とは別に体が浮くような感じで、
フラーっと立ち上がり、目の前がぼやけたみたいな状態になって、
ホームに入ってくる電車に向かって歩き出してた。

その瞬間、体に冷水をぶっかけられた様な、電流が流れたような
何とも言えない衝撃が走って、
何か体が硬直し、件の子供の言葉を思い出した。

もう不思議な位裏切られたショックとか無くなっちゃって、
「こん畜生!!」って気分にw


322 :4:2008/08/15(金) 14:46:26 ID:F6HQmHzA0
そこからは何の迷いも無くなって、父に報告。
泣いたり怒ったりすっごく忙しかったけど、一緒に戦っていこうって言われて嬉しかった。
んで両家巻き込んでの大騒動になり、
後日彼から「お願いだから、訴えたり警察行くのだけは勘弁してください」
って土下座された。

完全に鬼モードだったので、慰謝料100万上乗せで
その他諸々の経費(式場に払うお金とか、新居の色々とか)全部向こう持ち。
何だかんだって向こうは800万位かな?
まさに絞り取った、って感じだったw
向こうは訴えられて事が公になったら大変な事になるしね。
たっぷり足元見たよ。

しばらくしてあの子供の事思い出した。
何でかわかんないけどずっと忘れてたんだよねー?
んで、出た結論は死んだ母が乗り移った?子供。
子供の口を借りて、私に忠告してくれたんだろうと思ってる。
私が7歳の時にガンで亡くなったんだけども、
病院でぐったりしてる母に「絶対に死なないで」ってお願いしたら
「何があってもお母さんは(私)ちゃんの事ずーーーっと見てるからね」
って言ってたし。
そうでもなきゃあんな年の子が、あんなおっさんくさい事言う訳ない。

怖かったというか、不思議でしょうがなかった。
でもあの時、自殺しそうになった時の感覚は今思い出してもぞっとする。

323 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 14:55:53 ID:qlsVR5TG0
イイハナシダナー(ノ∀` )

そうそう、いい精神病院知ってるんだけど紹介しようか?

324 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 14:56:17 ID:CNFez9Cg0
>>319-322

男も女も徹底してヴァカなやついるからね
まぁその、駅で出会ったお子とお母ちゃんと生きてることに感謝だね

325 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 17:23:15 ID:BSwVChxQO
素敵なはなしだった…☆
結婚はどうなったの?
読解力なくてすまん

326 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 17:31:13 ID:bmBA3RLi0
>>320-322
大変だったね、乙。
ゴミクズ男死ねばいいのに

327 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 18:03:14 ID:xTHoKBoI0
『また幸せな事が起きるし、それは今日よりもっともっと幸せになれるんだよ』

↑この部分は成就したのかな?

328 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 19:26:38 ID:Y70rH2dPO
多分信じて貰えないだろうがうちの犬がさっき喋ったよ

329 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 19:28:31 ID:Y70rH2dPO
おまんちんって・・・

330 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 19:54:28 ID:Y70rH2dPO
言うんだ

331 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 20:17:40 ID:uvm9YIW+O
怖い話じゃないね。
てか男も女も情けな〜。

332 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 20:42:21 ID://jBv0Xb0
ワンダフルってオチを期待してたのに

333 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 20:47:42 ID:9M3Xid230
>>319
この話、改編されて何度目くらいだろう。

334 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 20:57:40 ID:gQIqQjDN0
>>319
4Pしたら何かが開けてたのかも

335 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 22:27:15 ID:gzGanH6qO
>>334
4P…
一体、誰があぶれてしまうと言うんだぁー!

336 :本当にあった怖い名無し:2008/08/15(金) 22:43:00 ID:lFLSRClIO
由々しき事態ですぞ!

337 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 00:25:14 ID:NPR5Ub3kO
すみませんが、質問させてください。
以前まとめサイトで読んだ話を探しています。
かなりうろ覚えなのですが、朝の嫌な空気を「朝だ!元気だ!ごはんがうまい!」という掛け声で一掃する、という内容です。
パート150からそれらしいタイトルの話をチェックしてるのですが、見つかりません。
どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、パートと話のタイトルを教えてください。
お願いします。

338 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 03:21:44 ID:zApp2cUwO
浪人時代の話
私は岐阜県民なんですが、大学受験に失敗し浪人することになりました。
岐阜にはいい予備校も無く、名古屋の予備校の寮に入り浪人することにしました。
自分はそんなに高いレベルを目指していたわけじゃないんですが、予備校の寮は学力関係無しで部屋が決まっていました。
私の隣りは(私はカド部屋)国公立医学部志望の








やらなたやかたわらなたわらなんなたなかあはやらはなあなあちまあやにひなきちやかなたなはねちゆりはけいやたなかにきないまはなよたなゆらひなはきあにはにちらはらなふなさなさなはぬきうきさふぬたゆにつなさくぬちなかなゆふちなき

339 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 03:51:07 ID:TGiGRqKTO
はい次

340 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 08:47:42 ID:SImBV/T+0
>>320-322
結婚する前から鬼女とは,これ如何に

341 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 11:43:12 ID:RvBDA3gd0
>>337
http://syarecowa.moo.jp/163/22.html

342 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 11:57:19 ID:SImBV/T+0
●正直、もう旦那が嫌いでたまりません 47●
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/ms/1216804897/

343 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 13:20:46 ID:hadZgghbO
携帯からスマソ。
4、5年前に友達と3人で
カウンターバーに飲みに行ったときの話。
客は俺達だけ、マスター交えて雑談してたらマスターが
「あれ?誰か今トイレ入りました?」って聞くから
「いやあ、だって俺ら全員いるし…」
その店はカウンター、キッチン、酒とグラスを並べる棚、
その裏がトイレになってる。
「気のせいかなあ、今トイレのドアが閉まる音がしたから…」
マスターが言い終わる位に「ジャー…」トイレの水を流す音がした。
「誰かこっそりトイレだけ拝借して帰るつもりじゃねぇ?よし、俺が文句言ってやる!」
酔った勢いもあって、ツレの一人がトイレの前へ行き激しくトイレのドアを叩いた
が反応が無い。「おい!早く出ろ!我慢できねえならできねえで一言断るのが常識だろが!」
まだ反応が無い。「コノヤロー!」ツレはドアノブを掴むと強く引いた。
鍵をかけてないようでドアが少し開いた
が次の瞬間 中から物凄い力でドアを閉めようとノブを抑えられた。
「出ろ!出てこい!」
何度か問答していると急にドアが軽く開いた。
と、中から生暖かい風がブワっと皆をかすめてトイレから出て行った。
中には誰もいない…。
暫く沈黙したあと皆もと居た席に戻った。

344 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 13:21:29 ID:hadZgghbO
携帯からスマソ。
4、5年前に友達と3人で
カウンターバーに飲みに行ったときの話。
客は俺達だけ、マスター交えて雑談してたらマスターが
「あれ?誰か今トイレ入りました?」って聞くから
「いやあ、だって俺ら全員いるし…」
その店はカウンター、キッチン、酒とグラスを並べる棚、
その裏がトイレになってる。
「気のせいかなあ、今トイレのドアが閉まる音がしたから…」
マスターが言い終わる位に「ジャー…」トイレの水を流す音がした。
「誰かこっそりトイレだけ拝借して帰るつもりじゃねぇ?よし、俺が文句言ってやる!」
酔った勢いもあって、ツレの一人がトイレの前へ行き激しくトイレのドアを叩いた
が反応が無い。「おい!早く出ろ!我慢できねえならできねえで一言断るのが常識だろが!」
まだ反応が無い。「コノヤロー!」ツレはドアノブを掴むと強く引いた。
鍵をかけてないようでドアが少し開いた
が次の瞬間 中から物凄い力でドアを閉めようとノブを抑えられた。
「出ろ!出てこい!」
何度か問答していると急にドアが軽く開いた。
と、中から生暖かい風がブワっと皆をかすめてトイレから出て行った。
中には誰もいない…。
暫く沈黙したあと皆もと居た席に戻った。

345 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 13:23:47 ID:hadZgghbO
↑連投スマソ

346 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 13:47:17 ID:2pnCzjUMO
昨日、ヴィpに立ってたスレで大学の旧館に行ってから赤黒い赤ん坊?がずっと着いて来るみたいなの見たヤシいる?途中で寝落ちしちゃってまとめか落ち知ってるヤシいたら教えて

347 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 15:45:14 ID:PibxztWV0
vipで死ねよクソガキ

348 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 15:52:15 ID:YkiZqgu9O
まとめサイトの作品一通り見たけど全体的に長い。小説じゃないんだから無駄な背景描写を無くしてほしい。
実体験だと前置きしてても小説っぽいせいで胡散臭く感じる。
下男とか真夜中の訪問者みたいなやつの方がリアルで怖い

349 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 16:25:41 ID:yJyT5MAV0
解からないでもないけど、
実話と銘打ってまとめられてるわけじゃないし。


350 :名無しさん@お腹いっぱい:2008/08/16(土) 18:11:33 ID:cZCYoKhj0
age

351 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 18:37:41 ID:zw0ZNWTqO
この世で起きる不思議な現象の半分は
妄想

352 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 19:02:51 ID:wDa5q78k0
>>319のコピペって1のラスト6行目までだけ何度も見たことあるんだけど
2以降はID:F6HQmHzA0が創作したの?これもコピペ?

353 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 19:09:18 ID:o8Afwll70
これから書いてある行動を正確におこなってください
場所は自分の部屋で行ってください
カーテンやブラインドを閉じて明かりを消してください。
なるべく暗い状況が好ましいです。
まず、部屋の壁をなぞるように歩きながら以下の文章を読み上げてください。

とほかみえみため
かんごんしんそんりこんだけん
はらいたまいきよめでたまう


読み上げた後、部屋の中央で下を向きながら以下の文章を読み上げてください。

おん またらき 
うん とつつき
あ じゅりかん こんこん
と ぐいたせ わた おん
ぬえ という ごろた とし
おん あ おん あ おん
おん あ おん あ おん
おん あ おん あ おん
さーさ いーる くれと わめ おん
やつもら ぎこれて さす ともす
おーお わがん ごもん ね とも
こーこ さつ もら らん
もてーと
お こん お こん お こん
お こん お こん お こん
うん 

354 :名無しさん@お腹いっぱい:2008/08/16(土) 19:12:09 ID:cZCYoKhj0
>>319
コピペ盗作疑惑

355 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 19:18:11 ID:zw0ZNWTqO
みかんの話でもしようかな

356 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 19:34:10 ID:02j3Vxqp0
昔ね、友達と海に行った時の話なんだけど。
砂風呂をやろうとして、あんまり人目が多い場所だと
ちょっと恥ずかしいから、あんまり人気のないところで
友達に砂かけて埋めてもらったんだ。顔には日よけのパラソルがかかるように
してもらって快適だったし、すぐにウトウトし始めた。
その時、不意に誰かが近づいてくる気配がして
「オキテタラヤル」
と、若くはない女性の声でしゃべったのよ。友達の声じゃなかったし
妙に抑揚が無いしゃべり方だった。かなり眠かったから無視したんだけど
結局、それきり声はかけてこなくて気配もすぐ立ち去った。
しばらくして、砂から出て海で遊んでたんだけど、人も少なくなった帰りの時間に
パラソルをあの場所に置いてきてしまったことを思い出して取りにいったのね。
言い忘れてたけど、あの時、砂から出る際に人がまだいるかのように
砂を盛り上げて、パラソルも顔に当たる部分が見えないように配置していたわけよ。
友達を驚かそうとしていたんだけど、結局、待つのがめんどくさくて
すぐに別の場所で合流してしまったんだけどね。
で、パラソルを取りに戻った俺が見たのは
俺のじゃない別のパラソルが砂の盛り上がった部分に何本も突き刺さっていたのね。
俺のパラソルは切り裂かれて、顔があるべきはずだった場所に垂直に突き刺さっていた。
あと何故かカミソリが頭と胴体の間にめり込んでいた。
正直、怖かったし。怖い話のテンプレみたいだなとも考える自分もいたけど。
とりあえずゴミはまずいから自分の分のパラソルの残骸は持って帰ろうと思って
思いっきり深く刺さってたそれを軽い怒りと共に引き抜いたのね。
そしたらさ、遠くからなんか声が聞こえてきて。視線を向けると
結構長い砂浜の向こうからものすごい勢いで
走ってくる奴がいるのよ。で、そいつがなんか叫んでるの。
まだ残っていた人たちが、そいつからあとずさっているのはよく見えた。
もう俺もすぐに走って車に戻って、よくわかんない顔してる友達を車に乗せてさっさと逃げた。
焦ってはいたが、距離はかなりあったから結構余裕ではあったが、
笑いながら「オキテル」「オキテル」と走ってくる姿は忘れない。


357 :名無しさん@お腹いっぱい:2008/08/16(土) 19:40:51 ID:cZCYoKhj0
>>356
怖っ!


358 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 19:48:00 ID:zw0ZNWTqO
柳原かなこ死ね

359 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 19:48:44 ID:kyQUJfdZ0
ある日のことです、俺は友人二人と一緒に(A、Bとしておきます)週末に肝試しに行く約束をしてました。約束の前の日、俺はバイト先のTさんにちょっと相談してみようと思いました。Tさんは実家が寺らしいのでこういうことに関してアドバイスしてくれると思ったからです。
「Tさん、俺今週末にMトンネルに肝試しに行くんですけど…」「ふーん」「ふーん、て無いでしょう!あそこってやばいんですか?」
「知らねぇよ」「そうですか…まぁたかだかトンネルだし大丈夫ですよね笑」
「そうだな……」 そして週末になり俺と友人二人の三人で集まり、車でトンネルに向かった。時刻は2時くらいだろうか、例のトンネルに着いた。

「よし、行くか」「カメラ用意するわ笑」友人二人はノリノリだが俺はこの時変な違和感を感じていた。あの時のTさんの態度が少し気になっていたのだ。
「なぁ、マジで行くのか?」 「おいおいここまで来て何ビビってんだよ、早く行けよ笑」
確かにここまで来たのだからむだ足になるより行った方がマシか…俺は意を決してアクセルを踏んだ。
トンネルに入って5分くらいだろうか、確かに不気味だ。明かりが車のライトだけなので恐怖心が強まって来た。そしてさらに5分、10分、と走り続けた。

ん?ちょっと長すぎないかこのトンネル…  さらに5分、10分後…  確実におかしい。AとBも気付いたようでさっきまで騒いでいたが二人とも喋らなくなっていた。
そして三人とも無言のままトンネルを突き進む。と、前方に白いものが見えてきた。やっと出口か、と三人は安心した。すると安心したからか、三人とも吹き出して笑った。



360 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 19:49:21 ID:kyQUJfdZ0
「ぷっ…はははははははは!笑」 「お前ビビってただろ笑」「だって長すぎだろこのトンネル笑」
「まぁもうすぐ出口だ笑このあとどうす…………えっ…」 「おいおいどうし……えっ」前方の白いもの、出口と思っていたが全然違った。白い服(着物?)を着た女が立っている。
無言のままその女を見ずに通り過ぎた。そしてサイドミラーをチラッと見た。するとさっきの女が有り得ない速さで追い掛けて来てくる!

「ウワァァァァァァァァ!!!!」 もう俺は泣きながらアクセルをベタ踏みしていた。こんなところにくるんじゃなかったと今更後悔していた。
女はどんどん近づいてくる。既に120キロは出ているのにだ。
もう追い付かれるというところで俺の電話が鳴った。着信はTさんからだった。訳もわからず電話に出た瞬間Tさんはこう言った。

「右にハンドルを切れ!」
は?と思った瞬間目の前にTさんが立っていた。
思わず俺は右にハンドルを切った!すると俺達を追ってきた女とTさんが向かい合う形になった。その刹那!
「破ァァーーーーーー!」

Tさんが突き出した両の手から青白い光弾が放たれ、女を一瞬にして消し去った。「ここは昔防空豪があって女性が一人で隠れていたが餓死してしまったんだ、それを掘り進めて作ったのがこのトンネルなんだ」

Tさんは落ち着いてきた俺達に説明してくれた。なんでもTさんは歩いてこのトンネルを調べていたらしい。

「さっ、もうすぐ出口だ。このトンネルを抜けたところに地元の女の子がよく集まるスーパー銭湯があるんだ。どれ、トンネル探検でもしに行こうぜ、運転代わってやるよ。」

ニヤニヤしながらそう言うとTさんは何事もなかったかのように車に乗り込み、鼻唄を歌いながら運転しだした。

寺生まれは凄い、この時そう思い感動した。



361 :名無しさん@お腹いっぱい:2008/08/16(土) 19:58:54 ID:cZCYoKhj0
>>358
なぜに?


362 :aaaaaaaaaaaaaaaa:2008/08/16(土) 19:59:14 ID:l1QJ40Cp0
オマエヘタクソ

363 :名無しさん@お腹いっぱい:2008/08/16(土) 20:00:29 ID:cZCYoKhj0
>>362

364 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 20:19:31 ID:Se2gpA9PO
最初気付かなかったわ。
Tさん

365 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 20:27:30 ID:bV1QnGXnO
>>356って実話?怖すぎて軽くちびった

366 :名無し@お腹いっぱい:2008/08/16(土) 21:12:18 ID:cZCYoKhj0
>>365
今日は寝れない

367 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 21:13:50 ID:C8OEJkFn0
>>356
おお、怖いね

368 :名無し@お腹いっぱい:2008/08/16(土) 21:15:59 ID:cZCYoKhj0
>>356>>360は同一人物である


369 :名無し@お腹いっぱい:2008/08/16(土) 21:17:03 ID:cZCYoKhj0
走る人がね

370 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 21:17:52 ID:reZiKc460
つまりもう安心だ

371 :名無し@お腹いっぱい:2008/08/16(土) 21:19:25 ID:cZCYoKhj0
そういうことだ

372 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 21:28:10 ID:gHnkr0gV0
>>356
久しぶりにゾクっとしたわ

373 :名無し@お腹いっぱい:2008/08/16(土) 21:33:34 ID:cZCYoKhj0
>>356に大感謝

374 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 21:41:20 ID:pKMEY4Kr0
かめ○め波で撃退された霊がいるのはこのスレですか?w

375 :名無しさん@お腹いっぱい:2008/08/16(土) 21:44:39 ID:cZCYoKhj0
知らんわぁw

376 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 21:50:41 ID:DMpQcPPZ0
>>356
怖いな。
けど俺なら絶対そこから乱闘になってるな・・・

377 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 22:02:08 ID:uW/TGaXFO
今月29日肉萬買う馬鹿いる?

378 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 22:03:54 ID:uW/TGaXFO
肉萬楽しみだ

379 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 22:05:12 ID:uW/TGaXFO
キン肉マン大好きだよおおおおおお

380 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 22:21:24 ID:+KA2KCdi0
>>360
この話好き。もっとあったような、、、

381 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 22:49:49 ID:CQfzu8S0O
私も好き
どっかのスレにいっぱいあったよねー、なんか好きだなー

382 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 22:57:27 ID:LHzzVE0VO
 >その刹那!
 >「破ァァーーーーーー!」
 >Tさんが突き出した両の手から青白い光弾が放たれ、女を一瞬にして消し去った。


この辺りがなければ良い
凄くオタクっぽい
しかも普通、『刹那』『両の手』とか使わんだろ
http://nagamochi.info/src/up10083.jpg

383 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 23:01:42 ID:GBxYDzum0
>>356は怖いな

384 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 23:21:15 ID:fMnWzaPu0
>>356
うほ、なかなかええ話や〜

385 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 23:34:32 ID:j8k8QP7yO
女乞食の話が聞きたい〜

386 :本当にあった怖い名無し:2008/08/17(日) 00:00:46 ID:4tWfieNkO
最近激こないな死んだか?

387 :本当にあった怖い名無し:2008/08/17(日) 00:25:38 ID:nJ7GvxoF0
前にも書きましたが、また書かせていただきます。

田舎みたいなところで住んでたとき、少し大きな本屋に行ったら4〜5才の男の子が
馬鹿みたいに走り回ってた。親もいないみたい。大きな店内のわりに人が少なかったからやけに声が響いてた。
別にそれぐらいならこの頃の男の子ならよく ある、少しうるさいが本を汚したり破ったりはしてなかったから
店員も何も言わなかった。
ちょっとして目当ての本を立ち読みしていたらちょうど向こう側の離れた通路に立ち始めてすぐぐらいの赤ん坊がいた。
親が近くにいなくて大丈夫かなって思っててでも、泣いたりしてなかったからほっといた
そしたらこっち側に歩いてくるんだよ。ふらふら。
別に何かあってそれに近ずこうとしてるって感じじゃなかった。ただふらふら。
分かりにくいかもしれないけど向こうの赤ん坊がいる本棚と俺がいる本棚の間に通路があるんだよ
で、そこを赤ん坊が通ったときにがきに吹っ飛ばされた。すごい勢いで。そのまま本棚の影に隠れて見えなくなった
なんかグシャッとか聞こえた。
「あーあうるさくなるぞ」って思ってたんだけど赤ん坊の声がしないんだよ普通思いっきり泣くのに、俺でも泣くのに。
そう思ってたらガキが走って逃げてった。おかしいって思った。
この事に気がついてる人は俺しかいない。怖くなって様子を見に行ったら赤ん坊が倒れていて泡吹いてた。
痙攣もしてた。耳からもなんか出てて白目でもおかしくない。
俺はそっとお会計を済ませて店を出た。



388 :本当にあった怖い名無し:2008/08/17(日) 00:38:58 ID:lW8gZ6iu0
>>44
廃墟みたいなボーリング場って、遠軽か?

389 :本当にあった怖い名無し:2008/08/17(日) 01:21:45 ID:ofBg6fOk0
これ、友達の友達の知り合いの妹から聞いた話なんだけど

男の子A君が、海に遊びにいってそこで転んでフジツボで膝を切っちゃったわけ。
でも、まぁ男なんだし、その日は普通に家に帰って膝の傷の消毒を済ませて終わり。
6日後くらいにA君が膝を押さえて蹲ったの。
「どうしたの」って母親が聞いた。そしたら、A君が身体をブルブル震えさせながら言うんだ。
「ボク、見たんだ…どうしよう、どうしよう、どうしよう」
しきりに、どうしようと繰り返すA君。
「何を・・・見たの?」
「分からない!なんかクネクネしていて…でも、何がクネクネしていたか分からなかった。だから気になって仕方なくて近づいていったんだ!
ボクはもう駄目だ…あれを見てしまった。生きられない…死ぬ…死ぬ…死ぬ」

「そうね。あなたは見てはならないものを見てしまった。でも…人は誰でも過ちを犯すの。あなたは生きていてもいいのよ」
「ボクはまだ生きていられるのかな?」
「そうよ」
「そうか!ボクはまだ生きていていいんだ!」
「ようやく気付けたわね…おめでとう!」
「おめでとう!」とB君。「おねでとう」「おめでとう」とC君D君。
A君は言った。


「全ての子供達に おめでとう」

390 :本当にあった怖い名無し:2008/08/17(日) 01:31:56 ID:8GW6+EfnO
エヴァを汚すな

391 :本当にあった怖い名無し:2008/08/17(日) 01:34:22 ID:kT4pNGGf0
>>390
怖い

392 :本当にあった怖い名無し:2008/08/17(日) 01:38:08 ID:GrzJALIA0
>>390を読み切ってたんですね わかります

393 :本当にあった怖い名無し:2008/08/17(日) 01:50:50 ID:Sq0WTyPw0
昔、私の住んでいた地域には大きな2階建てくらいの倉が各家に存在していた。
自分の中ではそれが普通の環境だったので、
幼少の頃は特に違和感を感じることは無かった。
最近かみさんと行ってきたのだが、20年も前のこともあり、
倉がある家はずいぶんと減ってしまったようだった。

私が懐かしさと思い出に包まれている中、
かみさんはその倉に、奇妙な違和感を感じたらしい。
どうしたのかと尋ねて見ると、これは倉ではないという。
なぜならば、その倉だと思われていた建物は、

・・・窓が極端に少なく、よくよく見ると、その窓の鍵は外側に付いているのだ

建物の形状、鍵の位置などを見直して見ると、私にもかみさんが言いたいことがわかった。
それはまるで収容所のようであった・・・
入り口は一箇所、コンクリートの頑丈な造り、窓には鉄格子、いったい何の私設なのだろう。
国の施設にしては小さい。普通の一戸建ての家くらいの大きさしか無いし、
こんな建物が町のあちこちにあるなんて、どうかしている。

残念ながら写真は取っていないのだが、場所は完全に覚えているので、
もし気になる人がいたら、写真に収めてきてくれないだろうか?
スレ的にかなり盛り上がる建物だとは思うのだが。

http://maps.google.co.jp/maps?f=q&hl=ja&geocode=&q=%E5%8D%83%E8%91%89%E7%9C%8C%E5%8D%83%E8%91%89%E5%B8%82%E8%98%87%E6%88%91&ie=UTF8&ll=35.571521,140.129617&spn=0.001385,0.002119&z=19


394 :393:2008/08/17(日) 02:03:42 ID:Sq0WTyPw0
もし見たい人がいるのならば、蘇我駅から国道357に向かって歩き、
松屋の前の道を左に曲がってまっすぐ直進すると良い。
http://maps.google.co.jp/maps?f=q&hl=ja&geocode=&q=%E5%8D%83%E8%91%89%E7%9C%8C%E5%8D%83%E8%91%89%E5%B8%82%E8%98%87%E6%88%91&ie=UTF8&ll=35.580464,140.127834&spn=0.001342,0.002591&z=19

多分、現場にたどり着く前に、似たような建物を数件発見することができると思う。
正直、この地区にどれくらいそんな建物があるかはわからないが、
改めて見ると本当に不気味だった。

395 :本当にあった怖い名無し:2008/08/17(日) 02:16:25 ID:QviVXWoU0
部落とかそんな感じで、障害者が産まれやすかったんじゃ?
自閉症とかは遺伝が大きいっていうし。
んで昔の人はそういう人は外に出さなかったからその為のものとエスパー。

396 :本当にあった怖い名無し:2008/08/17(日) 02:16:29 ID:kT4pNGGf0
えっと、スレチじゃね?

397 :393:2008/08/17(日) 02:41:09 ID:Sq0WTyPw0
>>395
閉じ込めるにしても、それにしてもでかいんだよね。建物が。
結構な数があるので、地域で管理していた収容所と言う線ならありだと思う。


398 :本当にあった怖い名無し:2008/08/17(日) 06:03:44 ID:xCdPKyqYO
蔵って普通外に鍵あるもんじゃないの?

399 :本当にあった怖い名無し:2008/08/17(日) 06:38:14 ID:sJc+zYC9O
>>398
それでも窓の鍵は中からなんじゃないかなぁ

400 :本当にあった怖い名無し:2008/08/17(日) 08:09:29 ID:4dw7DKEcO
窓の大きさとか高さにもよるかもだけど
閉じ込める為に作ったなら普通の窓じゃなくて
鉄格子とかあるはずだよね???

401 :本当にあった怖い名無し:2008/08/17(日) 08:28:05 ID:sJc+zYC9O
>>400
鉄格子あるって書いてあるぞ

402 :本当にあった怖い名無し:2008/08/17(日) 09:12:38 ID:iFPndImO0
http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1218925708/
まあちょっと来なさい

403 :本当にあった怖い名無し:2008/08/17(日) 09:28:37 ID:XTE6Kk1O0
昔うちの会社が使ってた古い倉庫にそっくりなんだが。
分厚いコンクリ、小さい窓に鉄格子はまってるて外に錠前がついてた

人が住む建物じゃないからドアと窓は最小限の大きさ、
換気用の窓も中から開閉する必要がないから外に鍵ついてて泥棒対策で鉄格子、なんじゃないかと。
ちなみに会社の倉庫は都内にありました。同じような造りの建物がもっと昔に築地にもあった
両方とも今は取り壊されたと思うが。

404 :本当にあった怖い名無し:2008/08/17(日) 09:42:03 ID:pTs8JbPhO
>>393
俺の地元は旧東海道の宿場町で門前町なので、
蔵も残ってるが、蔵は基本的に外から錠をするもんだし窓も少ないよ。
ちなみに普段は、窓の外から鍵付きの扉で密閉状態。デカイやつなら一軒家くらいのサイズがある。
奥さんが違和感を覚える前に、そもそも蔵を
知らなかっただけでしょ。

405 :本当にあった怖い名無し:2008/08/17(日) 10:19:45 ID:O1Q0qHH+0
昨日のお話
雨が降ってきたので窓を閉めに向かっていたら、ピカっと光った。
「雷か」としか思わなかった自分の真横で、くすと笑う声が
聞こえた気がした。

窓を閉めようとした瞬間に上から一瞬何かが落ちてきて、
自分の目の前を通り落下した。
「ドスンッ!!」と音が鳴ったが同時に雷の落ちる音もなった。

下を見ることは出来なかった。下に居た人達が騒ぎ警察や消防が駆けつけた。
再度の雷の音の瞬間に確かに「クスクス」と笑い声が聞こえた。
同時に、閉めたはずの窓が開いていた。

引越しを考え中

406 :本当にあった怖い名無し:2008/08/17(日) 11:11:39 ID:l5D/db+80
「羅門しか知らない霊の恐怖」
第13話「夜中に光る宝石」
http://blog.seisonji.com/

みんなも気をつけてね

407 :本当にあった怖い名無し:2008/08/17(日) 11:50:09 ID:0KSnwVX3O
>>365ちくび堅くなったにみえた

408 :本当にあった怖い名無し:2008/08/17(日) 11:59:02 ID:gpB/5BNR0
別にいちゃもんつけるわけじゃあないが
なんで「オキテタラ」なんだ?寝てるところをブッ刺せばいいのに


409 :393:2008/08/17(日) 12:07:12 ID:Sq0WTyPw0
>>403, 404
そういうもんなのか・・・
そうか、蔵って外から鍵をして鉄格子があるのが普通なのか。
いや、スレを汚してしまってすまないね。

「鉄の扉を外から鍵」+「鉄格子」からは収容所しか連想できなかったもんだから。

410 :本当にあった怖い名無し:2008/08/17(日) 12:43:59 ID:18PIW1Oe0
>>59
亀だけど
>オジサン 明日の朝まで5万でどう もちホテル代込み
ホモの相場って、どこも一緒なんだなって思った。

411 :本当にあった怖い名無し:2008/08/17(日) 16:39:01 ID:FuVQb1aVO
>>410
読解力をつけて下さい。

412 :本当にあった怖い名無し:2008/08/17(日) 18:05:23 ID:kT4pNGGf0
>>408
そういうゲーム感覚なのかもしれないし
そこはどうとでもとれるから引っかかる場所でもないと思うけど

413 :本当にあった怖い名無し:2008/08/17(日) 18:17:14 ID:4dw7DKEcO
>>401
ね…ねぼけとるね。
ごめんよ

414 :本当にあった怖い名無し:2008/08/17(日) 18:39:09 ID:88P/8+TdO
うちの地方の蔵の窓は、内鍵だなぁ。鉄格子は無い、木枠の窓だけ。
田舎だから、昔ながらの土壁の蔵なんだけど。
出入り口の鍵は、先がレの字型に曲がった木の棒を扉の穴に差し込んで
内側の閂の凹部分に引っ掛けて開ける形式。
だから、内側からも簡単に開くよ。

奥さんは、そういう蔵のある地方に住んでたんじゃない?

415 :本当にあった怖い名無し:2008/08/17(日) 19:05:19 ID:4tWfieNkO
速報

http://live2.ch/jlab-fat/s/fat1218965405046.jpg
http://live2.ch/jlab-fat/s/fat1218965413039.jpg
http://up2.viploader.net/pic/src/viploader747714.jpg

416 :本当にあった怖い名無し:2008/08/17(日) 19:08:52 ID:YD+/IcYc0
>>415
一・二枚目は左手の位置が・・・
三枚目はオッサンの頭が・・・


あああああああああああああああああああああああああああああああ

417 :本当にあった怖い名無し:2008/08/17(日) 19:19:16 ID:SABwUgsT0
子供の頃、友達と二人で裏山で探検ごっこしてた時の話。
竹林や普通の林が所々混じってるような山だった。
その日はいつもより深いところまで行ってみようってことになって
どんどん奥のほうへ入っていった。
そしたら、他の木々より大きめの木がある場所に出た。
そこだけ少し開けてる感じで、おもしろい場所を見つけたなって感じだった。
けど、その木にあろうことか藁人形が釘と一緒に打ち付けられいたんだ。
大分、朽ちた感じで錆の感じからかなりの日にちが立ってると子供心にも思った。
けど、怖いというより、木に釘を打ち付けるという行為そのものについて俺たちは怒りに燃えたね。
ちょうど授業で地球環境について習っていた時期だったしw
すぐ木から釘を抜いて、むかつく藁人形を思いっきり遠くに投げて捨てたんだ。
せいせいして家に帰って、後日、またその場所に行こうってことになった。
そしたらさ、捨てたあの朽ちた藁人形がまたあの木にぶっささっているんだよ。
その両脇にはそれより小さな藁人形が二体垂直に刺さってた。
股の所から脳天にかけて釘が突き抜けるようにしてね。
当然、また釘を引っこ抜いて、俺らもかなり頭にきたから三体の藁人形を持って帰って燃やしてやった。



418 :本当にあった怖い名無し:2008/08/17(日) 20:15:30 ID:RmNsKAzv0
>>405
ほんのりと洒落んなんないな。


419 :本当にあった怖い名無し:2008/08/17(日) 21:24:48 ID:nJ7GvxoF0
田舎みたいなところで住んでたとき、少し大きな本屋に行ったら4〜5才の男の子が
馬鹿みたいに走り回ってた。親もいないみたい。大きな店内のわりに人が少なかったからやけに声が響いてた。
別にそれぐらいならこの頃の男の子ならよく ある、少しうるさいが本を汚したり破ったりはしてなかったから
店員も何も言わなかった。
ちょっとして目当ての本を立ち読みしていたらちょうど向こう側の離れた通路に立ち始めてすぐぐらいの赤ん坊がいた。
親が近くにいなくて大丈夫かなって思っててでも、泣いたりしてなかったからほっといた
そしたらこっち側に歩いてくるんだよ。ふらふら。
別に何かあってそれに近ずこうとしてるって感じじゃなかった。ただふらふら。
分かりにくいかもしれないけど向こうの赤ん坊がいる本棚と俺がいる本棚の間に通路があるんだよ
で、そこを赤ん坊が通ったときにがきに吹っ飛ばされた。すごい勢いで。そのまま本棚の影に隠れて見えなくなった
なんかグシャッとか聞こえた。
「あーあうるさくなるぞ」って思ってたんだけど赤ん坊の声がしないんだよ普通思いっきり泣くのに、俺でも泣くのに。
そう思ってたらガキが走って逃げてった。おかしいって思った。
この事に気がついてる人は俺しかいない。怖くなって様子を見に行ったら赤ん坊が倒れていて泡吹いてた。
痙攣もしてた。耳からもなんか出てて白目でもおかしくない。
俺はそっとお会計を済ませて店を出た。

このあとどうすればよかったのかな?




420 :本当にあった怖い名無し:2008/08/17(日) 21:56:21 ID:P0YCtjuY0
初めてカキコするので乱文申し訳ない。
俺が4年程前まで住んでいた家での話しです。
その日は弟の友達が泊まりにきてました。
その友達(kとします)kは所謂見える子で
それまでも多々見ていたそうです。
夜、弟の部屋で一緒に談笑して、そのまま一緒に寝ることになりました。
夜中ふと目が覚めると隣で寝ているkが真上を凝視していました。
「お前どうしたん?wずっと起きてたんか?」
と、聞くと
「おにぃ(kも何故か俺をおにぃと呼ぶ)、あれって見える?」
???と思い、「何がよ?」って言いながら天井を見ると
天井に腕と足が異様に長い女が
その長い手足を壁の端から端までつっかえ棒の様にして張り付いている・・・
すごく怖い・・・けど、弟とkを守ってやらなきゃ・・・!
って思って、「どれ?wってか喉渇いたし自販いこうぜw」
って弟を起こして2人を引きずる様に家の近くの自販まで逃げました。
ジュースを飲みながらkに「あんなんいつも見てるのか?」
って聞くと
「やっぱおにぃも見えてるんやん・・・t(弟の名前)の家に泊まると大概見る」
と恐ろしい答えが・・・
オチはないです。
家に戻ると女は消えていました。
この家での話は結構あるので、機会があればまたきます

421 :本当にあった怖い名無し:2008/08/17(日) 22:13:38 ID:yJA1u3mu0
いつも会社から帰ってきて11時とか12時頃にうちの犬の散歩するんだけどさ、散歩コースに一箇所気味の悪い場所があるんだ

俺たちの歩く歩道の右側は国道○号線、頭上には立体交差道路を大型トラックが行き交い、左側に伸びる小道の数メートル先に踏み切り
立体交差道路の真下に地蔵数体祭った仏壇(正式名称がわからんw)みたいなのがあるんだけどさ

そこを通る時、俺はなんか気持ち悪いんでダッシュか早歩きするんだけど、うちの犬は走りながらも何故か毎回、地蔵のある暗闇を見るんだよね

422 :本当にあった怖い名無し:2008/08/17(日) 22:23:12 ID:k1IFEiKt0
洒落にならない
http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1218976240/l50

423 :本当にあった怖い名無し:2008/08/17(日) 22:29:39 ID:dl2tYf7m0
>>242
どこで読んだか忘れたけど、

子供の頃爺さんの家に遊びに行って縁の下か倉庫の地下に潜ったら
着物の女の子が手足を地面に打ち付けられてた、アレが座敷わらしだったのか

みたいなのをどこかのまとめスレで読んだと思うけど忘れちゃった。

俺も思い出したら気になったから詳細知っている人いたらお願い!

424 :本当にあった怖い名無し:2008/08/17(日) 23:28:50 ID:althTR470
今あった出来事。
自分はヤプログでブログやってる訳よ。
で、なんとなくMSNのメールをチェックしたらヤプログから「メールが届いていますよ」のお知らせメール。
なんだろうと思ってブログのメールボックスを見たがきていない。
あれ?と思いつつ、通常メールもヤプミイ(mixiでいうマイミクみたいなもの)を見てもメールなんてきてない。
故障かな?と思ってまた見てみたけどやっぱり受信メールなんていない。
その時凄い鳥肌が立った。

425 ::2008/08/18(月) 00:04:42 ID:/8EI9PQjO
以前感電して何故か生きてる話を書かせてもらった者ですが、本当に私何なんでしょうか

不思議な夢をみるようになったのは3年ほど前
(その頃の私はとんでもないDQNで素行不良だったw)
始まりは神様と出会った夢からだった
ごく普通の夢に乱入する形で現われて、私に説教をすると(言葉こそわからなかったものの、まったくお前は!といわれたと感覚でわかった)私の心臓を取り上げていった

そしてそんな夢も忘れた頃再びおかしな夢をみた
私は大地震の後のような荒れ果てた街をうろつき、廃墟で眠っている人を見つけた
しばらくその人に見と

426 ::2008/08/18(月) 00:06:38 ID:/8EI9PQjO
れていたが、ふいに重要なことを思い出しました
私はこの人の心臓を貰ったんだと
そんな事をしたら自分がやばくなるのに、なんでなんだと悲しみに打ちひしがれていると、その人はゆっくりと目を開き、にこっと微笑んだ
この時自分の泣き声で目を覚ますほどつらかったのを覚えています

そしてそんな夢もry
今度は白い大きな狐(2〜3bは余裕であると思う)と出会った
人とも獣とも違う、禍々しい真っ赤な目だった
これ以降から妙に霊感がつき、予知夢をみたり勘が鋭くなったり、運が強くなりましたが同時に性格は荒くなりました・・・

427 ::2008/08/18(月) 00:07:53 ID:/8EI9PQjO
そしてそんなry
今度はやたらと誰かに殺されそうになる夢をみるようになった
坊さんや大型トラックにつけ狙われたり、知らない男に刺されそうになったり・・・
しかしその度に助けてくれる登場人物が現われ、いつも命拾いしていました
それとリンクするように現実でも事故に巻き込まれる事が多くなりました
いつも奇跡的に無傷で助かりますが

馬鹿だった私も変な夢や偶然の連続に、流石にこれはおかしいと悩みに悩み、色々調べました
神様、心臓、狐、夢・・・
点と点を繋ぐ線は何か?

狐といえば稲荷か?と短絡的に考えた私はさっそく

428 ::2008/08/18(月) 00:09:30 ID:/8EI9PQjO
稲荷について調べました
そこで京都生まれ京都育ちの私は稲荷は伏見にしかないものだと思いこんでいましたが、豊川稲荷の存在を知ることになります

豊川稲荷にはダキニ天という神が奉られていて、眷属は狐だということ
さらにダキニ天には「死の間際の人間の心臓を、寿命がきたら壊れる石の心臓と換えた後食べる」といういわれがあること

ただの伝承ならいいんですが、神様は私を殺そうとしているんじゃないか・・・?
心臓をくれた人がいなければあの時私は死ぬはずだったのか?

すべて推測でしかないけれど、予定外に私が生きていること

429 ::2008/08/18(月) 00:12:05 ID:/8EI9PQjO
は不都合なのかもしれない

最近では殺される夢も滅多にみなくなったものの、私はいつしか精神を病み、しばしば自殺を企図しては失敗に終わっています

430 :本当にあった怖い名無し:2008/08/18(月) 00:19:36 ID:74utlOkTO
>>425

続きがあるなら早く書けよゴミ

431 :本当にあった怖い名無し:2008/08/18(月) 00:37:20 ID:vBBySXyZO
>>430
これでおわりじゃない?

432 :本当にあった怖い名無し:2008/08/18(月) 01:19:41 ID:Sr2ThgOzO
稲荷って下っ端も下っ端の末社だから、日本全国どこにでもあるんじゃないのか?

433 :本当にあった怖い名無し:2008/08/18(月) 01:40:15 ID:/Gt4AAp0O
このスレ無駄に長い話しが多いね

434 :本当にあった怖い名無し:2008/08/18(月) 03:57:28 ID:C6n+1Szt0
ただいま

435 :本当にあった怖い名無し:2008/08/18(月) 05:51:11 ID:dwK9ijfpO
今見たらこのスレの重複が3つ並んでたよ…。
少なからず怖い。

436 :本当にあった怖い名無し:2008/08/18(月) 06:01:00 ID:RQjiIq3B0
稲荷神社には伏見稲荷の系統と豊川稲荷の系統に分かれ、前者の狐は稲荷神の使い、
後者の狐は荼枳尼天(生きた人間の心臓を食べる鬼女)の使いといわれています。

豊川稲荷は手っ取り早く現世利益が得られると言われ、水商売や飲食業の人などに
信仰されますが、必ず反動があり落ちぶれるときが来ると言われています(心臓が食われるかどうかは不明)。



437 :本当にあった怖い名無し:2008/08/18(月) 08:46:20 ID:wX/Kse+W0
電車の中で会話から大学生っぽい二人組が近くにいたんだ。
その二人組の片方が顔色悪くなって腹が痛いとか言い出してたんだ。
そこで俺が猛烈に匂うすかしっ屁したら車内の人たちの視線が
顔色悪くなった学生さんに集中してさw
相方のほうもちょwお前wwwもしかしてとか
言ってたしさー。正直すまんかった。

438 :本当にあった怖い名無し:2008/08/18(月) 11:19:17 ID:vpTzOzEy0
昨日の話なんだけどね、
トイレで糞をした後に、なんか肛門が痛いなーと思ってて
どんどん痛みが増してくるから、ちょっと触ってみたのね。ティッシュ越しに。
そしたらなんかできてるわけ・・・・・・
そんで、夜寝ようとしても痛くて目が覚めちゃうほど酷くなって
まぁなんとか寝れて今日に至ってるんだけどね。
外痔核ってプックリしたできものができるだけだと思ってたけど、そうじゃないんだな〜っていう

痔になったこと。
洒落にならない。

439 :本当にあった怖い名無し:2008/08/18(月) 13:02:54 ID:IoJbyXCa0
>>425
文を変な所で切ってるのが怖いな

440 :本当にあった怖い名無し:2008/08/18(月) 14:30:18 ID:8WwZukix0
20年ほど前の話。
私はヨーロッパ某国に留学してたんだが、その留学先のホステルで
A国人と友人になった。
最初は普通だったが、ある日突然「自分はA国の王子だ」と言われた。
確かに王政の国だったが、王子がまさかと思って驚いたら
彼は淡々と語りだした。
彼によるとA国は水面下での闘争が激しく、王である自分の父は何度も暗殺されかかった。
それで自分は海外に逃れて来たのだという。
とはいえまあ外人向けの貧乏アパート暮らし?と疑問に思っていた。
知人に聞いても彼が王子だとは思えなかった。
A国は裕福で、王子様がこんな所に居る訳ないと。
おまけにA国の王と王子は自国に居るし、年齢も合わない。
私は全く信じていなかったが、数人は信じており、
彼を「皇太子殿下」と呼び、敬っていた。
確かに何らかのカリスマはあると思う。
ある日、廊下で彼に「君は自分を信じていないだろう」と詰問され、
「ああ、信じてないよ。下手な事は言うもんじゃない」と言い返した。
すると彼はせせら笑い、
「いつか思い知ればいい。俺はA国を独立させ、正当な血筋を貫く」と言い、帰って行った。
後に残されたのはこちらを睨む数人の彼の信者たち。
居心地が悪くなったので、早々にそのホステルから逃げ、アパートを借りた。
何事もなく数か月が過ぎたころ、その彼の父親と名乗る人物がアパートへ訪ねてきた。
彼と信者数人が行方不明になり、いろんな人から事情を聴いているとの事だった。
聞けば昔から彼は「自分はA国の王子だ」と妄想を抱いており、
父はそれを窘めても聞かず、倒れた時には「暗殺だ」と騒いでいたそうだ。
何も知らない事を告げると、父親は悲しげに帰って行った。
気にはなったが、自分は自分の勉強もあるし、何事もなく留学を終えて帰国した。
そして去年、仕事でA国へ行くと偶然父親にあった。
何気なく彼の事を聞くと、彼は今北朝鮮に居るとの事だった。
父親は嬉しそうに「元気にしてるし、孫も居るんだ」と。
ただし会った事は無いらしい。
信者数人も一緒に居なくなった訳だし、今頃北朝鮮で何をしてるのか…

441 :本当にあった怖い名無し:2008/08/18(月) 14:45:50 ID:NZHlYLtA0
>>440

ちょうど俺も20年前のできごとを書き込もうと思ってたww
にしても、こえー!
そいつはA国の王子という妄想が原因で、重要人物だと判断され拉致されたのか?
それとも、北朝鮮なら信者がもっと増える、と思い自ら行ったんだろうか?

442 :本当にあった怖い名無し:2008/08/18(月) 14:52:29 ID:NZHlYLtA0
20年前の話。
小学校1年の夏休み、埼玉にあるイトコの家に家族で遊びに行った。
俺んちは関西在住だったんで、子供ながらに遠出=ハイテンション。
で、イトコ達(男2、女1)も久しぶりに遊ぶって事で、普段なら絶対にしないんだが、
なぜか全員はしゃぎまくりで、仏間でキャッチボールを開始。
ボールが祖父の遺影に当たり、祖母がそれを目撃。
当然、すっごい怒られて、俺達は「晩御飯まで外で遊んでろ!」と放り出された。

二時間くらい近くの公園で遊び、辺りが薄暗くなり始めた。
そろそろ帰るべき・・・とは思ってたものの、家に帰ると、仏間でキャッチボール
してた事をまた蒸し返されるのでは、と内心、嫌でたまらなかった。
怒られたのは自分達のせいなのに、そこはまだ、感情優先で動く小学校低学年の俺達。
俺を含め、みんなまだ帰りたくないって話になり、
「誰か家の人が向かえにくるまで公園にいよう」って事になった。

しばらく、イトコ達と砂山で遊んでたんだが、ふと周りを見回してみると
公園に残ってるのは俺達だけになってた。
なぜか急に心細くなり、早く誰か迎えにこないかな〜と思った時、チャリに乗った人物がこちらに近づいてきた。
最初は家の人?と思ったんだが、近づいてくるにつれて違うとわかった。
それは甚平を来た若い兄ちゃんだったんだが、なんだか雰囲気がおかしい。

「あのさ、君達、ピンクの水玉のスカートの女の子見なかった?」
見てません、と俺達が答えると
「本当に?君達と同じくらいの子なんだけど。こっちに来たはずなんだけど。
あのさ、ピンクの水玉のスカートはいててさ、君達ぐらいの女の子で。
公園に来てるはずなんだけど、知らない?ピンクの水玉のスカートはいてて、本当に知らない?」
と、壊れたテープレコーダーのように同じことを繰り返しはじめた。

443 :本当にあった怖い名無し:2008/08/18(月) 14:57:48 ID:NZHlYLtA0
↑に1/3って書き忘れた、サーセンorz

怖くなった俺達は再度「知りません」と言ったんだが、兄ちゃんはお構いなしに
「女の子なんだけどね、ピンクの水玉のスカートはいてて・・・」を繰り返す。
変な人だ、どうしよう、どうしよう!と皆と目配せしてたら兄ちゃんがいきなり
「じゃあもういい!君がおいで!」と叫び、一番、近くにいた俺の腕をひっぱった。

え!?え!?と何がなんだが分らず、恐怖から声もでなくて、チャリにまたがってる
兄ちゃんにずるずるとひきずられる俺。
イトコ達もパニくってた様子だが、一番、最年少のイトコ(女)が大声で泣き出した。
すると「あんた、何やってんだ!!!」と男の人の声がした。
見ると犬の散歩をしてたおじさんが、こっちに向かってきてる。
兄ちゃんは俺の手を離すと、猛スピードでチャリで逃げてった。

その後はあんまり覚えてないんだが、とにかく俺を含め全員で大泣きしながら
助けてくれたおじさんに家まで送ってもらった。
うちに無事についた安堵感から俺は、気を失ってしまったんだが、後日、イトコの両親が教えてくれた。
昨日、俺を連れて行こうとした兄ちゃんは、町内でも有名なキティらしい。
ただ一人息子なのでキティの両親が溺愛してて、なまじっか金持ちだった事もあり、
奇行(他人の家の窓ガラスを意味不明な事を叫びながら割ったり)も大目の示談金と共に
「どうか穏便に・・・」と事を済ませていたそうだ。

444 :3/3:2008/08/18(月) 15:02:58 ID:NZHlYLtA0
ところが数年前、それではすまない事がおきた。
何がキッカケかわからないが、キティが小学校低学年の子供達に性的ないたずらをするようになった。
詳細は知らないが、男女見境いなく、気に入った子を襲うようになったらしい。
さすがに学校や町内で大問題になり、キティ両親も匿いきれなくった。
結果、重度に精神を病んでる上に知的障害者という事もあり、キティは病院送りに。
ところが送り込まれた病院の管理がずさんだったのか、それとも20年前の精神病院はそんなもん
だったのかわからないが、俺達が公園に居た日、キティは病院を脱走していたのだった。

そして、盗んだチャリで走り回ってたら、薄暗い公園で遊んでた俺達を発見し、見事に
俺がターゲッド第一号になってしまった。
キティ兄ちゃんが着てた、甚平だと思ってたものは入院患者の病院服だった。
話を知った両親は、即効に俺を連れて関西に引き上げ。
「近所にそんな奴がいるなら何で早めに教えないんだ!」と親同士はケンカになるし、
俺はトラウマになるし、夏休みは台無し、イトコ達とはそれを機に疎遠・・・もう本当に最悪な夏だった。
それにしても、あの時、散歩中のおじさんが通らなければ、と思うと本当に洒落にならんorz

ああ、sageに2/3って書いちゃったよ、めちゃくちゃだorz
本当にすまん、逝ってくる

445 :440:2008/08/18(月) 15:20:01 ID:8WwZukix0
>441
あの時代って結構「友人が…」って話多いよな…
リアルに北朝鮮の恐ろしさを感じる。

446 :446:2008/08/18(月) 17:05:34 ID:onJH8sT40
これは俺が小学校6年の頃の話なんだが、クラスで「コックリさん」が大流行した時期があった。
当時、俺は熱心なキリスト教徒で(今は無神論者)、「コックリさん」は全く信じていなかった。
だからその中に混ざることは無かったんだが、そのうちに「コックリさん」を行っているメンバーに
奇妙な現象が次々と起きるようになった。
全身を掻き毟ったり、数名が同時に泣いたり、叫んだり・・・

奇妙な現象は学年中に広まって、教師にも隠せなくなり、
まずはクラスの中で「コックリさん」を主導していたメンバーが
職員室に呼ばれていったんだ。

その後、学校全体で「コックリさん」が禁止となった。
これで丸く収まるかと思いきや、事態は全く収束しなかったんだ。

単発的に発狂する人が1週間に2〜3人現れると言う感じで
結局4週間たっても、学校では「コックリさん」の話で持ちきりだった。
それで、「コックリさん」を面白がって噂話に尾ひれを付けてペラペラ話す奴に限って数日後には発狂していた。
不安は伝染し、夜眠れない生徒が続出。登校拒否する生徒まで出始めたんだよ。

学校側の対策として「コックリさん」に参加しただけの人も事情聴取で先生に呼び出されて、
結局のところ、自分以外のクラスのほとんどの人が先生に呼び出されると言う結果になった。
俺は「コックリさん」は信じていなかったんだが、みんなの心境の変化にはすごく戸惑い、人間不信になっていったんだ。

そんな中、ある日先生に「コックリさん」についての話があると言われ、自分一人で職員室まで行ったんだ。

447 :446:2008/08/18(月) 17:06:30 ID:onJH8sT40
先生の話を要約すると以下のような話だった。

・Yちゃんが主導で行われる「コックリさん」に参加した人は、かなりの確率で発狂しているということ、
・Yちゃんは「コックリさん」とかが大好きらしく、小道具も色々揃えて行っていたということ
・Yちゃん自身は発狂していないということ

そして最後に、もし現在も「コックリさん」をYちゃんが続けているのならば
教えて欲しいと先生に頼まれたんだ。
先生も俺が宗教上「コックリさん」を全く信じていないことを知っていたから、
頼みやすかったんだと思う。

もともとそれなりに仲の良いYちゃんを裏切るみたいで気は進まなかったが、
正直「コックリさん」の件では、自分が仲間はずれにされていると気持ちになることもあり、
この申し出は受けることにした。


次の日、俺はYちゃんにいつもどうり気軽に話しかけて見た

俺:「いや〜、しかしコックリさんってすごいね。
学年中がこんな騒ぎになるなんて。
これってもはや"呪い"に近いよね」

Yちゃん:「怖いよね〜。まさかこんなに騒ぎになるなんてさ〜」

なぜかYちゃんはそれが自分の成果でもあるように嬉しそうだった。

俺:「俺もちょっとだけ興味があるんだけど、それって結構難しいの?」

Yちゃん:「興味ある?ホント?じゃあ、今度やって見る?」

Yちゃんはとても嬉しそうだった。
学校から禁止されていることなどは、お構い無しである。

448 :446:2008/08/18(月) 17:07:35 ID:onJH8sT40
俺:「ああ、機会があったらね。でももう、学校ではできないじゃん。どこでやるの?」

Yちゃん:「S美の家で。今すごいよ。私達かなり本格的だよ。明後日もやるから来てよ」

俺:「S美?S美がそんな環境を作ったの?」

Yちゃん:「環境はその場で作るのよ。道具は私が持ち歩いているから」

と、俺に小道具が入ったバックを見せてくれるYちゃん。
水晶玉とか、タロットカードとか・・・いかにも少女マンガに出てきそうなグッツが一杯入っていた。

俺はその場では適当な回答をして、とりあえず今回は辞退すると言うことを伝えた。
Yちゃんは残念そうだが、俺の腹の中は決まっていた。
グッツがしばらく無くなれば、万事解決じゃん!!って。
放課後にみごと盗み出した俺は、卒業まじかに返そうと思ってそのまま机の奥深くへ封印!
Yちゃんは次の日、大泣きしていたが、その後、発狂する生徒もいなくなり、
「コックリさん」自体のブームが完全に去った。

俺はと言えば、バックがだんだん返しずらくなり、どうせ中学も同じ中学だから
機会があるときに返せばいいかと、返さずに机の奥深くにいれっぱなしにしていた。
そして、そのままバックの存在を忘れて卒業してしまった。

449 :446:2008/08/18(月) 17:10:49 ID:onJH8sT40
それから数年経ったある日、お気に入りのペンが無くなり、机の奥を探していて
Yちゃんのバックを見つけたんだ。
懐かしい。罪悪感など無くなっていた。あるのは懐かしさと思い出のみ。
空けて見ると、タロットカード、水晶玉、ライト、鏡、汚い櫛、
わら人形、変な箱、よくもこんなに本格的で高そうな物を集めたものだなと感心する。
もはや返す気も無いのでライト以外の物は、その時にすべて捨てた。

ライトは金属製で、軍用みたいに頑丈そうだった。
ライトをつけて見ると・・・電池は小学校の頃から一度も変えていないのに物凄く明るかった。
これは使えると思い、非常用に取っておくことにした

で、またしばらく経ってから、ふと思い立って夜中に真っ暗な部屋の中でライトをつけて見たわけ。
・・・驚いたね。ライトを照らしたところだけ(正確にはライトから壁までの間に)、部屋の中に雪が舞っているんだ。
なんだこれ・・・窓も空いているし、埃じゃないよ。
大粒の雪が降ってくるんだよ。
おかしいと思って部屋を明るくするとまったくそんな気配は無い・・・
別のライトを部屋でつけて見ても、そんな現象は起きない。

怖くなってそのライトは捨てたが、今思えば、本当に呪いのグッツを彼女は持っていたのかもしれないと思った。

450 :本当にあった怖い名無し:2008/08/18(月) 17:42:51 ID:HCP5fUoDO
面白い



451 :本当にあった怖い名無し:2008/08/18(月) 18:18:30 ID:WXrXQ/DgO
少し長いのですが書き込んでも平気ですか?現在進行系なので相談にきました。
この間、あまりに暇だったので雑誌に載ってたひとりかくれんぼをしてみたんですけど、それから家の中がなんか変なんです。
最初は気のせいかなって思ってたんですが、なんか獣臭いっていうのか…洗ってない犬の臭いがなんとなくするんです。
因みに、私の家では犬なんか飼っていません。それにワンルームの学生用アパートだから周りで飼ってる人もいない筈です。
なのに獣臭い臭いがするんです。臭いはお風呂が一番キツくて、室内は臭いが移動する感じで、家の外では全く臭いません。
怖くなってネットで色々とひとりかくれんぼについて調べてみたら、雑誌のやり方とネットのやり方は違っていました。
これが原因何でしょうか?
遊びに来た彼氏なんかは『上の階の奴が風呂場とかで内緒で犬飼っててその臭いが排水管通ってキてるんじゃないか?』って言ってくれるんですが、上の階の人、先週から実家に帰っている筈なんです。
今朝の明け方には犬の唸り声を聞いて目が覚めました。夜になるのが怖いです…。

452 :本当にあった怖い名無し:2008/08/18(月) 18:23:35 ID:slf3rHbb0
>>451
ここじゃなくて↓↓↓でドゾ。

身のまわりで変なことが起こったら実況するスレ

http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1217539241/l50

453 :本当にあった怖い名無し:2008/08/18(月) 18:24:04 ID:BFvd22rQ0
>>451
身のまわりで変なことが起こったら実況するスレ159
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1217539241/

454 :本当にあった怖い名無し:2008/08/18(月) 18:26:07 ID:WXrXQ/DgO
ありがとうございます。
すみません。
相談してきます

455 :本当にあった怖い名無し:2008/08/18(月) 19:36:20 ID:4ZjvsGJCO
俺も犬の話していい?
怖くないんだけど…

456 :本当にあった怖い名無し:2008/08/18(月) 19:45:50 ID:74utlOkTO
早く書けやゴミ

457 :本当にあった怖い名無し:2008/08/18(月) 19:58:30 ID:4ZjvsGJCO
mixiの日記にも書いた去年の出来事です。

今は別の犬を室内で飼っているんですが

前の犬の命日の三日ほど前にレコードが聞きたくなってレコードをあさっていたら
レコードとレコードの隙間からコロの写真が出てきた。

懐かしいなぁって見てたら
犬が俺の足の匂いを嗅ぐ感触がして、くすぐったくて

「何?」

って見たらいない…

犬はソファーで寝てた


あぁ…コロが来たんだなって思った。



ベットの横にはコロとの想い出写真を貼っています。


絶対忘れないよ。


ってお話です。
ほとんど自分の日記のコピペですw


458 :本当にあった怖い名無し:2008/08/18(月) 19:59:53 ID:vrl+npxMO
>>449
最後のグッツでワロタ

459 :本当にあった怖い名無し:2008/08/18(月) 20:58:02 ID:QfeHeILx0
中国が発表する南京小虐殺の被害者数が増えていく理由を考えたんで聞いてくれ。
計算しやすいように、父一人、子一人の二人家族があったとするわな。
日本兵に父親が殺され、子は逃げた。
この時点で父→自分が殺された、子→父が殺された
で被害者は二人とカウント。
その後子が成人し結婚。ここで
嫁→義父が殺されたで一人プラス。(嫁の家族や親戚は大丈夫だったとして)
その後子供が二人生まれたとして、
祖父が殺されたで二人プラス。
この子供が成人してそれぞれ結婚して…子供が生まれて…
と、こんな感じで犠牲者数が増えているんじゃないだろか。
どう思う?

460 :本当にあった怖い名無し:2008/08/18(月) 21:05:28 ID:fZX/d50+0
とすると正しい犠牲者数は

(現在の犠牲者数)−{(現在の南京市の人口)−(当時の南京市の人口)}

というわけか

461 :本当にあった怖い名無し:2008/08/18(月) 21:38:01 ID:riMNND1vO
>>457
死ぬほど洒落にならない怖い話?

462 :446:2008/08/18(月) 22:00:13 ID:onJH8sT40
>>458
笑うなよ。あの時はクラスのほとんどが先生に呼び出されたあげく、
みんながみんな、寝不足だ、夜が怖いとか、色々と大変だったんだぞ。
小6なのに赤ちゃん帰りする奴までいたしさ。

俺は今でも呪いとかは信じていないが、あの時の発狂率の高さは
客観的に見ても"呪い"と表現してもおかしくないと思った。

463 :本当にあった怖い名無し:2008/08/18(月) 22:02:39 ID:esax3QJN0
もう10年近く前の話になるのかな。
まだインターネットが一般的じゃなくて、接続なんてダイアルアップが主流だった頃の話。

ふとしたきっかけで同人やってる連中と仲が良くなって、時たまオフ会とかやる仲になった。
つっても、俺自身そんなに絵が描ける方じゃないし、実際そいつらと付き合うようになって
自分でも絵を描くようにはなったんだけども、まあそれはまた別の話なんで。

ある時、オフ会で仲良くなった奴の家におじゃました時のこと。
マンガとか画集とか同人誌とか、その類が几帳面に整理されてて「あー、ちゃんと絵の上手い奴って
結構きっちりしてるんだなあ」とか思ってて、特にマンガなんかジャンル別に整頓されてて
その頃エロ本とは、エロ本墓場、もしくは近所の独身寮の廃品回収から拾ってくるべきものだという
俺の価値観を根底から覆してくれたものだった。

464 :本当にあった怖い名無し:2008/08/18(月) 22:03:25 ID:esax3QJN0

その中に近親相姦というか、妹モノのエロマンガを見つけた。

俺「へえ。色んな趣向があるんだな。てか妹かよ!」
家主「まあ、最近流行ってるしな。」
俺「うわあ…ありえねえ。俺、実際にリアル妹いるけど、ちょっとこれはねぇよ。」
とは言いつつも、俺の愚息は小さいながらも膨張し、半ば汁をたらし始めていた。
俺「てかさあ。妹なんて実際ろくでもねぇぞ。居ないにはわからないかも知れないけど。」
家主「ははは…居ない奴だからこそ、そういう作品が描けるのだよ。」
確かにそれは正論だと俺は思った。

この時、彼は信じられない言葉を発した。

「ああ、よかったらこれやるよ。マンガ増えすぎて困ってたし、古本もってくのもめんどいし。」

その日一晩泊めて貰い、翌日の昼過ぎに帰宅。

早速俺は、その妹モノのエロマンガで手淫を開始。
なるほど。確かに(この作品に出てくる想像上の)血の繋がった妹との恋愛も、悪くはないのかも知れない。
陰部をしごき恍惚になる俺。直立した愚息を左手でしごき、右手にはおかず。その時の俺の表情など
俺が知るはずも無い。
ただひたすら(あくまで想像上での)妹との甘い恋に焦がれ、(想像上の)妹との初体験に及び
(想像上の)妹に愛を誓う、そんな物語の中に、俺は没頭していた。

と、突然俺の部屋のふすまが開いた。

そこに居たのは妹だった。

465 :本当にあった怖い名無し:2008/08/18(月) 22:19:22 ID:8DNG+BJk0
もう10年近く前の話になるのかな。
まだインターネットが一般的じゃなくて、接続なんてダイアルアップが主流だった頃の話。

ふとしたきっかけで同人やってる連中と仲が良くなって、時たまオフ会とかやる仲になった。
つっても、俺自身そんなに絵が描ける方じゃないし、実際そいつらと付き合うようになって
自分でも絵を描くようにはなったんだけども、まあそれはまた別の話なんで。

ある時、オフ会で仲良くなった奴の家におじゃました時のこと。
マンガとか画集とか同人誌とか、その類が几帳面に整理されてて「あー、ちゃんと絵の上手い奴って
結構きっちりしてるんだなあ」とか思ってて、特にマンガなんかジャンル別に整頓されてて
その頃エロ本とは、エロ本墓場、もしくは近所の独身寮の廃品回収から拾ってくるべきものだという
俺の価値観を根底から覆してくれたものだった。

466 :本当にあった怖い名無し:2008/08/18(月) 22:20:14 ID:4ZjvsGJCO
>>461
すいません、犬の臭いの話で思い出して、一応>>455で質問したら
早く書けや
とレスされたので…
スレ汚しごめんなさい

467 :本当にあった怖い名無し:2008/08/18(月) 22:22:25 ID:8DNG+BJk0

その中に近親相姦というか、妹モノのエロマンガを見つけた。

俺「へえ。色んな趣向があるんだな。てか妹かよ!」
家主「まあ、最近流行ってるしな。」
俺「うわあ…ありえねえ。俺、実際にリアル妹いるけど、ちょっとこれはねぇよ。」
とは言いつつも、俺の愚息は小さいながらも膨張し、半ば汁をたらし始めていた。
俺「てかさあ。妹なんて実際ろくでもねぇぞ。居ないにはわからないかも知れないけど。」
家主「ははは…居ない奴だからこそ、そういう作品が描けるのだよ。」
確かにそれは正論だと俺は思った。

この時、彼は信じられない言葉を発した。

「ああ、よかったらこれやるよ。マンガ増えすぎて困ってたし、古本もってくのもめんどいし。」

その日一晩泊めて貰い、翌日の昼過ぎに帰宅。

早速俺は、その妹モノのエロマンガで手淫を開始。
なるほど。確かに(この作品に出てくる想像上の)血の繋がった妹との恋愛も、悪くはないのかも知れない。
陰部をしごき恍惚になる俺。直立した愚息を左手でしごき、右手にはおかず。その時の俺の表情など
俺が知るはずも無い。
ただひたすら(あくまで想像上での)妹との甘い恋に焦がれ、(想像上の)妹との初体験に及び
(想像上の)妹に愛を誓う、そんな物語の中に、俺は没頭していた。

と、突然俺の部屋のふすまが開いた。

そこに居たのは妹だった。

468 :本当にあった怖い名無し:2008/08/18(月) 23:26:24 ID:nrvq0erbO
都内のカラオケ屋に行ったときのこと。
角部屋でトイレの前だった。
友達と二人で行ったんだけど不可解なことが起こった。
もともと少し気味の悪い部屋だとは思っていたが1時間くらいはなんともなく楽しんでいた。
友達と交互に歌ってるから友達が歌ってる間に次の曲を探す。
でもさ…

その曲と曲の間に入れてもいない演歌が入ってるんだよ。

最初は間違えたかと思って入れ直そうとした。
でもその演歌をキャンセルしたら普通に自分の入れた曲が流れたんだ。
「あれ?」
と思いつつ熱唱した。
次は友達の番。

また同じ演歌が入ってるんだよ。

恨み辛みのみっちりこもったおもっくるしい演歌が。
速攻またキャンセルしたが怖くなって曲入れるのも忘れてた。

そしたら誰もリモコン触ってないのにまたあの曲が…

3時間予約してたけどすぐにでていきました。

469 :本当にあった怖い名無し:2008/08/18(月) 23:56:06 ID:w/ZyCQ8B0
梶芽衣子の「うらみ節」か?

470 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 00:01:18 ID:rFw9dxQD0
山崎ハコの「呪い」ちゃう?

471 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 00:25:05 ID:Cn5Jcbvy0
そこで兄貴ですよ!

472 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 01:59:45 ID:b5CJr8ZB0
先日の実際体験した話。
とても不思議な体験をしました、仕事で新橋に来てて夜、同僚と食事をして有楽町から電車で船橋の自宅へ
帰ろうと電車を待っていると携帯がなり
娘が高熱をだし救急車で病院へ搬送したとの連絡があり 
私は駅のホームで焦っていました、時間は夜10時27分腕時計をみた瞬間でした
自宅の玄関のドアの前にいました…
時計をみると10時28分
狐につつまれた気分でした
どんなに急いでも一時間はかかるのに
どういう状態で何で帰ってきたのでしょう?
病院に行っても相手にされず 会社の同僚、仲間に言っても精神的な病気と言われるし
でも私は1分で有楽町から千葉の船橋の自宅に帰ったのです…ティリポーティーションでしょうか


473 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 04:11:39 ID:hoGdynfw0
ある男が、夜中にグロ画像やグロ動画を見ていた。
突然の睡魔に襲われ、彼はパソコンを付けたまま眠ってしまった。

彼は夢を見た。
自分がぐちゃぐちゃの死体になる夢だった。
自分の死体からの視点、自分の死体を眺める視点などに何度か切り替わり
ふと目を覚ました。
体中から汗がふきだしていた。彼は夢を見ていたと把握した。

彼はふとパソコンに目をやった。
見知らぬ東洋人の男の血まみれの生首を写した写真を開いていたところだった。
男の目は、カメラをギロっと睨む様に見開いていた。
彼はその写真を閉じ、寝ようとした。
だが、何をしても写真を開いたブラウザは閉じない。
フリーズしているのだ。

彼は仕方なく直接電源を落とすことにした。
彼が電源を長押しして、電源を落とすと、弾みでリセットがかかり
PCがまた起動してしまった。
仕方ない、立ち上がったらまた寝よう。
そう思い立ち上がるのを待たなければいけない。

BIOS起動後、何かがおかしい。
OSの読み込みからずっと、あのグロ画像だ。
いや、動いている。目がギロっギロっと動いているのだ。目は何かを探しているようだった。
完全に立ち上がる瞬間、いつもはWindowsXPの起動音が流れるところで、急に男は
こちらに目を見開き、スピーカーから「見つけた!!」と大声が鳴り響いた。
そして、そのままいつものPCの画面に切り替わったのだった。

彼はウイルスか・・・と思い、ウイルスチェックをした。聞いたことのないウイルスが出てきたので除去した。
それから、その現象が現れたことはない。
何も知らない彼はそのパソコンをそのまま使い続けている・・・

474 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 05:34:58 ID:u0aSKzTJO
>>472

ジャンパーなんじゃね?

475 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 06:06:47 ID:Iy+fnaub0
関係ない話だが。
よく、虐殺の数が問題になるけど(特定の事件の事を言ってるわけじゃなくて
一般論ね)。
当時の都市には、必ずスラム街があって、正式に登録している住民じゃない住民が
正式な住民の何倍もいるのが普通だった。
だから、そもそも、虐殺の正式な数を計算する事自体が元々、無理。
数を言う時に(ユダヤ人虐殺なんかもそうだが)、何故、これを考慮に入れない
のか不思議。
極端な話になると、男子しか戸籍の人数に数えていない時代だってあったん
だから。

476 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 06:39:06 ID:zw4eilsuO
>>474
ブルゾンかも

477 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 06:49:27 ID:zw4eilsuO
上がセーラ服で下がブルマーのおじさんが屋台の通りに出てくるってのは昨日の実況でよんだ

478 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 07:30:24 ID:4Yqg/DCZO
スレチですまんが

過去スレで「SOSやめて下さい」って話あったじゃん、同じ体験した人いなかったのかな?同窓生とかいそうなものだけど
マジっぽかっただけに気になる

携帯だか一応リンク貼っとく
http://090ver.jp/~usoriro/193-2/29-1.html

479 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 08:16:34 ID:trafGMlSO
>>472キチガイ

480 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 10:03:52 ID:4ElI6gg10
>>472
・9時27分時計を見る

・1時間かけて帰宅、この間娘のことですべて上の空、一種の夢遊状態

・帰宅して時計を見る10時28分、ここで我に返る、帰宅途中の記憶が飛んでいる

・時間の感覚が無いので、さっき時計を見たのは10時27分だと思い込む

こんな感じじゃないのかな、自分もたまに10分ぐらい記憶が飛ぶことがある。


481 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 10:25:50 ID:ExtSztc30
おちたら絶対足いてーよって高さの木から落ちたときに、そこから地面まで飛んでノーダメージで着地したことはあった
なんか苦しがってた犬を親が安楽死させて半年ぐらい玄関でその犬のうめき声が聞こえる気がした
飼っていたのは外なんだがたまに居間でその犬のニオイがすることがある

482 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 10:41:37 ID:Toa4Et/H0
昔、中学のころ俺のクラスでネット越しの呪いみたいなのが流行っててさぁ
まぁ、携帯買ってもらってネットデビューした厨房にとっては荒らしや逆に荒らしって指摘してくる奴をウザッたく思ってて、そうゆう都市伝説を生み出したんだろうとその時は思ったね
俺は携帯持ってなくて、やった事ないんだけど、『ある単語』を入れた書き込みに対する相手からのレスの名前、時刻、IDとか、まぁ掲示板によって付いてるいろいろをその日中に紙に書き移して真水を入れたコップに沈める
そしたらそのコップをゆっくりかき混ぜて紙を溶かす
で、OK
荒らしからのレスが無くなった!とかで大喜び、実際は場の雰囲気で誰も信じてなかった
でも、ある日クラスで疎まれてた男子が授業中に突然発狂し窓から飛び降りた
携帯にはクラスの友達のブログが開いてあった
友達は真っ青になって『呪った』ことを話してきた
以降、誰もやらないと決めた

でも俺としてはちょっと気になるんだよね
本当にこんなので人が殺せるかどうか
他人がやったっても実際本当にそうか分からないんだから
まぁ、顔の分からない相手が死んだかどうかを知るなんて
無差別テロみたいにやるしかないからね

483 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 11:07:52 ID:cgZMlEwD0
>>472
狐につままれたんじゃなくて
包まれたからじゃない?

484 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 11:24:13 ID:/n9CrFi00
そっか、狐に包まれながら移動してたんだな、きっと。

485 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 11:24:40 ID:AxhtbM+UO
473〉じゃないが、私も似たような事あったなぁ。

今もあるのかわからんが、10年くらい前、先輩から教えてもらったサイトにグロ画像の中に大量のエロ画像に入る隠しのクリック場所があって、
若気の至り興味本位で毎日グロ画像見てたんだよ。

そして、五体満足の寝てる様に亡くなってる画像の方が怖くなって来た頃、夢を見たんだよね。

その夢は自分視線で、レストランで美味しく肉を食べてる状況、
視線をテーブルの料理に移すと、それはこんがりとやけた自分の頭部…
頬肉が切り取られ、あぁここを食べてるんだなと…

この夢を見た理由の一つは、この数日、肉が食べたいなと思ってから、とわかるのだけれど、
この夢以来グロ画が駄目になりましたね…。

有りがち話し、携帯から読みづらい文でスマン。

486 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 12:22:03 ID:/pKTOg130
1

487 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 12:39:13 ID:UxUe3QT20
あんたがたどこさ 肥後さ 肥後どこさ 熊本さ 熊本どこさ せんばさ
せんば山には狸がおってさ それを猟師が鉄砲で撃ってさ 煮てさ 焼いてさ 食ってさ 
それを木の葉でちょいと隠(かぶ)せ


488 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 12:57:05 ID:UxUe3QT20
あんたがたどこさ(二人の子供の会話)
 肥後さ肥後どこさ(肥後はどこ? と聞いている)
 熊本さ熊本どこさ 仙波さ(熊本の仙波と言うところを言っている)
 仙波山には狸がおってさ (仙波山には、沢山の奴隷の子供がいることを言っている)
 それを猟師が鉄砲で撃ってさ (その子供を鉄砲で撃つところを言っている)
 煮てさ焼いてさ食ってさ (猟師と呼ばれる悪人が、奴隷の子供を殺し、煮て、焼いて、食ったところを言っている)
 それを木の葉でちょいと被せ(その骨を木の葉や土で隠しているところを言っている)


489 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 13:13:16 ID:GuHgtxUhO
タヌキでも鹿でも兎でも蛇でも鮎でも岩魚でも
食うものに困らないであろう場所で
なんでわざわざカニバリズムしなくちゃいけないんだ?


490 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 13:20:10 ID:9+p9MOGzO
狸=奴隷の子供
という発想に驚いた。

491 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 13:37:11 ID:ZyN2MSFI0
421 名前:名無し迷彩[sage] 投稿日:2008/07/31(木) 20:31:28
 3年前の冬に県郊外にある山林で野戦をした(総勢で30名くらい)
10時を過ぎた頃、隣にいた奴が妙なことを言った。
「・・・おい、あれは何処の連中だ?」
 そいつの指差す方向を見ると、何十人もの人間らしい影がうごめいていた。
武装らしいものが見えなかったので、俺は一般人が来たのかと思った。
停戦の合図をしつつ、俺は叫んだ。
「待て、撃つな! 関係ない人が来てるぞ!
すみませーん、大丈夫ですか? 当たってません?」
 そう言いつつ近付いたとき、俺は寒気とは違う悪寒に襲われた。
何十という影の主は何処にもいなかったのだ。何十という影だけがそこにいたのだ。
皆が必死になって逃げた。俺は逃げる途中にライフルを落としてしまったが、取りに行く気にはなれない。
あの場所での因縁めいた話は聞いていない。

492 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 14:52:07 ID:vmgxEwCh0
【実話】死ぬほど恐ろしい目にあってきた【ホラー】
http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1219114487/

493 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 15:30:15 ID:O5BPmOMsO
今年の3月の終わりごろだったかな。俺はいつもの様に、更新を楽しみにしながら
洒落怖まとめサイトを見ていた。その時、俺の叔父さん(オカルト好き)が家に遊びに来てて、
一緒になって「へぇ〜こんな面白い話がたくさんあるんだ」と楽しく見ていた。
丁度、投票ランキングを見ていた時。
「ちょっと、とめて」
画面を下にスクロールさせる俺に、叔父さんが言った。
「この、リョウメンスクナっての開いてくれる?」
俺は言われるがまま、カーソルを持って行き、クリックした。
「あぁ、これね、去年ちょっとは話題に上った話で、最後なんかちょっとスレがパロディ化して…」
「ちょっと黙ってて」
いつもは優しい叔父さんが、珍しく険しい表情で言った。黙って真剣な表情で
リョウメンスクナの話を読んでいる。10〜15分は経っただろうか。叔父さんがようやく口を開いた。

494 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 15:39:28 ID:aj5xyeMq0
8分たってるんですけど叔父さんの口は

495 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 15:41:08 ID:Iza6j9V4O
10分も口開けっ放しじゃよだれ垂れまくりでそれこそオカルト

496 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 15:44:39 ID:96yIt69g0
よほど恐ろしい展開で指が震えてなかなか打てないのか
携帯の充電切れか

497 :続き:2008/08/19(火) 15:51:34 ID:O5BPmOMsO




「まさかとは思ったんだが、案の定、松崎しげるだったよ」

498 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 15:52:21 ID:+RQMgjVQO
>>473
2回読み直して理解できた

こえええ!!!

499 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 15:55:18 ID:ZyN2MSFI0
>>497
松崎しげらない

500 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 16:00:20 ID:TBvpHd8P0
>>472
アルツハイマーなんじゃね?

501 : ◆QrDSpSvGB6 :2008/08/19(火) 16:53:01 ID:AyP5JuhCO
しかしあんまり怖くない

502 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 17:23:35 ID:AyP5JuhCO
今さっきの出来事。

昼寝から覚めると何故か真っ暗。また夜まで寝ちゃったかと思い起き上がろうとするが体が動かない。金縛りかと思い解こうと努力するものの、体のあちこちに硬いものが触れる感覚。

見えず話せず、その上動けずとテンパりかけたその時。
「具合は如何ですか?」と異様に早口&ガラスを引っ掻いたような高い声で聞かれ思わず硬直。

その後もなにやら高音早口でぶつぶつ呟きながら、これまた異様な早さで行ったり来たり。
その内今まで利かなかった鼻が機能を再開。途端に鼻腔に流れ込む腐敗臭に堪らず嘔吐。するといつ来たのか、高音早口が声にならない声でがなりながら乱暴に顔を拭き始めた。すると意識が遠退き、気が付くといつもの自室。

ついでに言うと、気分を落ち着かせようとタバコ吸おうとしたら身体中にミミズ腫れ。正直寝るの怖い…

最後に、上手く纏められなくてすまん。

503 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 17:27:45 ID:gRiAMp5a0
>>502
え、声の主は幽霊?それとも人間?

504 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 18:19:18 ID:aj5xyeMq0
ゆーほーにさらわれて人体実験されたんだ

505 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 19:41:21 ID:e0SMg0ufO
俺が幽霊に遭遇する可能性=俺に彼女にできる可能性

506 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 19:47:44 ID:bXFtcOG20
びっくりした。

http://wktk.vip2ch.com/vipper95487.jpg


507 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 19:58:50 ID:yvhe+gQNO
>505
見ようとしない
作ろうとしない

508 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 20:01:56 ID:kpKmfmY/O
>>504と同じ事思った。

509 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 20:16:40 ID:j4ilSNMZO
チンコが妙に痛かったから泌尿器科に行ってきた。
泌尿器科なんて初めてだったので緊張していたのだが、先生が優しそうなお爺さんだったので少し安心した。
先生「今日はどうされました?」
俺「昨日からチンコが痛いんです」
先生「そうですか。では診てみますね。」

俺のチンコを見た瞬間先生の顔が凍りついた。
先生「これは…」
俺「先生、俺病気なんですかね…?」
先生は答えない。少し奮えている気がする。

「俺は病気なんですか?性病ですか?癌なんですか?はっきり言って下さいよ!」
30秒ほどの沈黙のあと、先生はようやく重い口を開いた。

「なめたい」

その後の流れは言うまでもないな。
ちなみにだがチンコの痛みの原因はカマキリの卵だった
孵化する時に尿道が開いて痛みを感じるんだと。

510 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 20:47:58 ID:u0aSKzTJO
>>509

アホすぎるwww

511 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 21:28:51 ID:FRJqV8YzO
10年程前、まだ大学生だった頃の話。
関東の某県で体験した実話。

その日は、バイト終了後、バイト仲間と飲みに行って、
店を出たのは日付が変わるか変わらないか位の時間だった。
仲間の一人が「ナンパ橋に行ってナンパでもすっか」と言い出し、そのままナンパしに行ったんだ。

512 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 21:36:01 ID:FRJqV8YzO
そこは海沿いの見通しの良い片側3車線道路で、いつもはナンパ待ちの車と
ナンパ目的の車で2車線潰すってことでも問題になってたトコ。
いつも通り込んでるんだろうな、って感じで、
大して期待もせずに行ってみたところ、全く車が無かったんだ。

513 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 21:51:18 ID:FRJqV8YzO
その時は、たまにはこんなこともあるだろうってことで、諦めて帰るかって流れになりかけたんだが、
運転手が「諦めん!俺はやるぜ〜!」とか、いきなり漢気見せ始めたんで、付き合うことにしたんだ。
その橋近辺を徘徊すること数十分、遂にナンパ待ちらしき車発見!!!


514 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 22:02:58 ID:q2TRTrds0
>>511
>関東の某県

千葉の美浜大橋だろ

515 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 22:08:34 ID:NU/eeVoi0
>>506こわくてみれねえw

516 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 22:10:22 ID:FRJqV8YzO
運転手大喜びで、その車に近づくのだが何かおかしい。
第一に、俺達はナンパ橋近辺を往復する形でウロウロしてたのに、その車を見た覚えが無い。
同じ車線にいたのだから、すれ違うか追い抜かれるかしてもよさそうなのに、そんなことは無かった。
第二に、異様に寒い気がした。時期は丁度今頃だったんだけど、乗ってた車、エアコンいかれてたんだ。まぁ窓開けてれば、海風が入ってきて、我慢出来ないほどじゃない。ところが、突然寒気がするほどになった。
第三に、これが一番怖かったんだが、そのナンパ待ちの車、誰も乗ってないように見える。

517 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 22:12:39 ID:ySyH01zz0
怖かった、乙

518 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 22:23:43 ID:FRJqV8YzO
しかも運転手は、窓開けて誰もいない車に向かって、一生懸命ナンパしてる。
何が何だか分からない俺は「お前、何やってんの?」と聞くと、運転手は、ニヤニヤしながらウィンクする。うまくいきそう、ってな感じで。
一緒にいたやつらからは、ノリの悪いやつだなぁ、って感じで白い目を向けられるが、それが余計に俺を混乱させる。

519 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 22:27:32 ID:q2TRTrds0
ていうか、10年前には既にナンパ禁止(厳密には駐停車禁止)になってたと思う。そこ。

520 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 22:29:21 ID:qsL/mE1S0

駐停車禁止なんてぶっちゃけ何のアピールにもなりませんよ


521 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 22:32:33 ID:q2TRTrds0
あと話の腰折って悪いけど、その通りはナンパ族だけでなくゼロワン族なんかも社会問題になってて
千葉マリンの辺りが不自然に蛇行してたり、ただの県道なのに(つっても片側3車線道路だけど)
オービスが付いてたり、とにかく千葉県内でも取締りがうるさいとこで有名な通りだったんだよ。

まあ、確かに美浜大橋って、心霊スポットで多少なりとも有名だったような記憶もあるけど。

522 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 22:37:33 ID:q2TRTrds0
あ、ごめん。続けて。

523 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 22:39:04 ID:FRJqV8YzO
訳が分からなくなった俺は、自宅までは少し遠かったんだが、そのまま歩いて帰りたい、と仲間に伝えると、
そいつは「そんなら人数ぴったりになるわ」と、早く帰れ的な回答。
そのまま車を降りて、某病院(普通の市民病院)方向へ歩き出す。
まぁ、俺も酔ってんのかな、程度に考えてたんだが、何気なく車の方を見ると、
一台はバイト仲間の車、もう一台は…
さっきまで見てたのとは違う、どう見ても事故車。
フロント潰れてる、屋根ボコボコ、ガラス割れてる。

524 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 22:49:38 ID:FRJqV8YzO
もう、さらに混乱。
訳分からん。
とりあえずダッシュ。
とにかく、その場から1秒でも早く逃げたかった。
息を切らしながら、取りあえず海沿いに走るJRの駅前にたどり着く。
そこで初めて後ろを振り向くと、何もついて来てないみたいだ。
もうそこからは動けないくらいバテてたので、そこからはタクシーでリッチに帰宅。

525 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 23:00:03 ID:FRJqV8YzO
自宅について、疲れからか、そのまま睡眠。翌日一限が語学で、遅刻出来ないとか関係なく爆睡。
目覚めたのは、翌日夕方。携帯の着信で。
バイト先からで、どうも出る予定のやつが来ない、連絡着かないから、代打で出てくれとのこと。
取りあえず了承して、そのサボリが誰か聞いたら、昨日の運転手。

526 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 23:03:09 ID:ehEBjapi0
およそ10分ごと見当か・・・。

527 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 23:06:59 ID:FRJqV8YzO
いやな予感がしつつ、バイトに出る。
昨日の一件が気になり、あの後残ってた他のやつらにも連絡してみたが、全て不通。

それから今まで、そいつらは失踪扱いで、未だ見つかってないそうです。

ここまで読んで下さった方々、有り難う御座いました。

528 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 23:17:33 ID:FRJqV8YzO
初めての書き込み、しかも携帯からなので、読みにくかったかもしれません。
お付き合い頂いた方々、有り難う御座いました。
場所についての書き込みがありましたが…
当たりですwww


529 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 23:20:52 ID:q2TRTrds0
>>528
まあ、あそこから検見川浜まで走って帰ったってなると、酒飲んでたら大変だったよね。
怖かっただろうによく頑張ったね。

一応、美浜大橋に関して千葉スレで聞いてみた。
返事はまだない。

もっとも、あの辺に関してはもっとヤバい話もあるんだけど、めんどくさいからしない。

530 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 23:28:09 ID:pJ3uxd9b0
美浜大橋・・・地元だわ。
昔から、変な話をいっぱい聞くよね。
夜景はきれいだけどカップル狩りが多くて、
男と一緒でも全然安心できないと言う怖い場所だった。

531 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 23:43:45 ID:bzO51Ek20
話終わったばっかのところアレなのだが、今投下しても大丈夫かね?

532 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 23:45:47 ID:J+8LEhiY0
(;´Д`)ハァハァ

533 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 23:47:02 ID:q2TRTrds0
>>530
まるでヨハネスブルグだなw
交通渋滞が起こるってのもあるんだろうけど、ナンパ狩りとかが発生して
あの一帯の治安が悪くなったから、ナンパ禁止になったんだけどな。
確かに天気がいいと景色はいいよ。

まあ、埋立地だから色んな当然ヤバい話には事欠かない場所だけど。


534 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 23:54:07 ID:fGhOEBFu0
>>531
今あんまり人いないのかな
どうぞー

535 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 23:56:13 ID:bzO51Ek20
>>534
あざーっす!

ちょっとエグい&百合要素があるかもしらん。苦手な人ごめんよ

536 :本当にあった怖い名無し:2008/08/19(火) 23:59:14 ID:bzO51Ek20
sage忘れた・・・ごめんよ



女子高時代の話。
私の通っていた女子高では、
○リみてまでとは言わないが、
女の子同士が憧れたり憧れられたりという気風が
わりと濃かった学校だったんだよね。
結構後輩に人気があった私はぶっちゃけ調子に乗ったりもしていました。
実際、先輩のこと好きです!って言ってなついてくる後輩は
すっごいかわいかったしねww

537 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 00:01:10 ID:VyFrDCrU0
でも一人だけどうしても苦手な後輩がいた。
陰気で何考えてるかよくわからないS。
当時はSが中二で私は高一。
たまに校内で出くわせばこっちをじーっと無言で見詰めてくるんだけど、
話しかけると逃げ出す。
教えてもいない私の家族構成を人に自慢げにしゃべりまくっていたり、
私と仲のいい後輩に露骨に冷たかったり。
しまいには私のロッカーから体操着勝手に引っ張り出して着てたり・・・・。
どう見てもストーカーですありがとうございます。

538 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 00:02:22 ID:VyFrDCrU0
そんなSがバレンタインにチョコレートをくれました。


いきなり教室に来たS。
うつむいたまま無言で小さな手提げ袋を私に差し出す。
正直全くありがたくもなく、気味が悪い。
中を見るとタッパーに入った手作りチョコレート。
受けとりはしたものの、全然嬉しくないんだよね・・・。
友達と「やべえwww超きめえwwww」とか
からかい半分でタッパーの蓋開けてみたんだ。
そしたらなんか妙に臭いの。
「あれ?これなんかチョコのにおいじゃなくね?」
みたいな・・・・。
甘さの中に若干の生臭さというか。
不穏なにおいが気になって、友達二人と悪ノリ半分、
その日の放課後に給湯室で溶かしてみたのよ。
「ちょwwwなんの具はいってんだよwww」
みたいな軽いノリでね。


今思えば、あんなんやめときゃよかった。
もう違和感感じた時点で素直にゴミ箱捨てときゃよかった・・・。

539 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 00:04:14 ID:VyFrDCrU0
中から出てきたの。
髪の毛が。
一本や二本じゃないんだよ。
間違って入っちゃったって量じゃない。
ちょっとした束。
そんでなおかつ。
赤黒くてどろっとしたもの。生臭さの原因。
血だよ。
しかも・・・・。
今文字に起こすのもなんとなく嫌なんだけど
たぶんあれ、経血だったんじゃないかな。
生理の血ね。
普通の血じゃなかったもん。あのどろっとした感じ。

540 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 00:06:13 ID:P/ZmOINL0
ちょ・・・ ウエエエ

541 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 00:09:29 ID:VyFrDCrU0
友人と茫然としましたよ。
みんな「え・・・?これって・・・」って思いつつ
誰も何も言えない。
さっきの悪ノリ雰囲気とかマジ皆無。
「血だよね」って言葉にしちゃうのさえ怖い。
つーか私、気づいてなかったらこれ、食わされてましたか・・・?
なんの黒魔術ですか・・・・


そんな変質的な事件に遭ったせいで、
私は今でも中身がとろっとしたチョコが食べれません。
バレンタインの季節がくるたびに、今でも思い出すトラウマです。
バーボンチョコとか、たぶんもう一生無理。

542 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 00:11:30 ID:VyFrDCrU0
以上。途中なんかID変わっちゃったけど勘弁してくだしあ

543 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 00:19:51 ID:ajqVmhBdO
>>541
無知な私は初めて
バーボンの入ったチョコを知りました

544 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 00:20:43 ID:ejlrcfDhO
((((;゜Д゜))))ヒイイイイイイイイイ

545 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 00:26:20 ID:n64V9IjOO
先程、ナンパ橋での一件を書き込みしたものです。
あの辺では何度か不気味な体験をしてます。
書き込んでもいい?

546 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 00:33:55 ID:BJwSXAUJO
勝手にすればいいじゃん

547 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 00:35:01 ID:bWraCMLzO
よろしく

548 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 00:44:45 ID:Nt/tNqeYO
>>541
結構オーソドックスな黒魔術です。
ただまぁ、幸運なことに、>>541は、分量間違いのマヌケ相手だったため食べずに済みましたね。

因に、芸能人も、ファンからの食べ物の差し入れは、口にしません。
ジャニ系がテレビで
「頂きました。美味しかったです。」
とか言いますが、大嘘です。

549 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 00:50:46 ID:n64V9IjOO
それでは。
もう場所もバレてるので、固有名詞も出していきますwww

海浜大通りを千葉方面に向かって、社用車のハイエースロングで走ってた時の話。
大体7〜8年前かな。
夜11時過ぎ頃だったと思う。
何か黒い乗用車が後ろからやたら煽って来る。
かといって、追い抜くわけでもなく、あぶねぇ車だな、としか感じなかった。

550 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 00:53:31 ID:nsR1rbcM0
リア充だった頃初めて買ったバタフライナイフでバタフライナイフ健康法を試してた
気がついたら掌に5ミリ位の切れ込みができてた
全然痛みがないんですよ

そのままとりあえずガーゼに消毒液染込ませて包帯巻いて寝て
朝起きたら超膿出てるし腫れてるし

いやぁ怖かった本当に手が無くなるかと思った

551 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 00:56:09 ID:bWraCMLzO
朝起きたら、となりに見知らぬババァが寝てた

552 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 00:57:25 ID:6u29+svY0
>>506
kwsk

553 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 01:03:21 ID:n64V9IjOO
暫くそんな感じが続いたんで、俺もだんだんムカついてきて、絶対抜かせねぇとかDQNなこと考え始めた。
一気にスピード上げて、結構な速度出しちゃったんだけど、更にその後ろからバイクが。
嫌な予感がして減速すると、案の定白バイ。その白バイが前に出て、止まれ、みたいな合図。
観念して停車させると、スピード出し過ぎだから…、と注意されるだけですんだ。

554 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 01:19:37 ID:n64V9IjOO
ホッとすると同時に反省。
ムカつくけどクソ車を先に行かせるか、とそのまま止まっているが何かおかしい。
あれ?あの車は?
そういえば白バイのテールランプも見えない…
はっとして周りをよく見てみる。
車道の左端に止めてたはずが、まだ3車線だったはずが…
目の前はガードレール、場所は海浜大通りの終わり近くの2車線から1車線に減少するところでした。

その後、用事をすませた後は、工事渋滞してたR14を通って帰りました。

555 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 01:25:10 ID:nuc9W0YmO
これの意味が分からないんだから誰か教えてくだしあ


学校から帰って台所で麦茶を飲んでいると
床下の収納スヘ゜ースに死んだお母さんが押し込められているのに気がついた

隣の部屋からお父さんが出てきた
「由美?、お母さんは他に好きな人がいたんだ、お前のことも捨てて
出て行こうとしていたんだ、だからけんかになってさっき殺してしまった」
と泣き出した

私はお父さんを警察に突き出すつもりはない
このまま二人で暮らしていこうと思った

着替えのため自分の部屋に行くとメモ帳の切れ端が落ちていた
「由美、?逃げて お父さんは 狂っている」


あなたなら、お父さんと、お母さん、どちらを信じますか?

556 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 01:26:46 ID:nuc9W0YmO
>>555
すまん 文頭誤爆

557 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 01:31:17 ID:2E+c7qxTO
ママーンだな。

558 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 02:16:12 ID:3EzGxhjPO
まとめスレ、師匠シリーズ「田舎編」の後半はないんでしょうか?
気になって眠れません。


559 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 09:27:57 ID:vGIzH95I0
えっと、いま人いないかな。マジで怖いんで誰か助けてほしいんだが

560 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 09:32:33 ID:0AjBWmrFO
何がどうした?

561 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 09:35:36 ID:SwFghz6k0
>>559
kwsk

562 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 09:36:30 ID:gyJ1oq2R0
居ることは居るけど俺じゃ助けになれんと思うわ

563 :559:2008/08/20(水) 09:36:50 ID:+G3sgKCf0
ヤクザみたいな人が、うちのドアをノックしてるんですう。
別に借金とかしてるわけじゃないのに…

564 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 09:38:35 ID:kJjRuoyA0
それ俺だよ!


565 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 09:42:56 ID:j11l8stKO
えーっと、ホラ、きっとアレだ。


566 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 09:43:48 ID:SwFghz6k0
>>563
IDが違います。
釣りですね、わかります

567 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 10:24:36 ID:mbWQVIPt0
>>565
ぎしぎしあんあん?

568 :559:2008/08/20(水) 10:46:57 ID:vGIzH95I0
すまん、怖くてコンビニに逃げてた。
いまから投下してもOK?


569 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 10:48:10 ID:HNyLHGwmO
はやく!

570 :559:2008/08/20(水) 10:48:30 ID:vGIzH95I0
ちなみに563は俺じゃないよw
じゃあとりあえず状況説明するよ。

朝の6時くらいにようやく仕事が一段楽して、趣味の怖い話が載ってるサイト見てたんだ。
まあいつものことなんだが、怖いと思うよりも「うはwww嘘クセwww」って結構馬鹿にしてたんだよ。
で、そこまではいつもどおり。
問題は、交霊術の話が出たときだ。
ぶっちゃけいうと、一人かくれんぼの話。
一人かくれんぼについてはググってくれ。いや、やっぱやめれ。俺の二の舞になったら嫌だ。
やり方とかは省くけど、その一人かくれんぼってのは人形を媒体としたかなり質の悪い呪いらしい。
その一人かくれんぼをやって実況してる話だったんだけど、それを見てるとき、耳元で

も う や め ろ

って声がはっきりと聞こえたんだよ。


571 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 10:49:34 ID:X24hHtcl0
>>559
身のまわりで変なことが起こったら実況するスレ159
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1217539241/

こっちで実況頼む

572 :559:2008/08/20(水) 10:49:51 ID:vGIzH95I0

あ、ちなみに、家には俺一人。あと愛犬。
俺は自宅を事務所にして仕事してるんで、仕事やってないときは割りと好き勝手にやってます。

「うはwww俺心霊体験童貞捨てたwwww」
とかビビリながらも思ってたんだけど、なんか犬の様子がおかしいんだ。

いつもは唸り声一つ上げないばんけんにすらならない愛玩犬なんだけど、その声が聞こえた瞬間から
ものッ凄い勢いでうなり続けてる。
しかも、普段は俺が近寄るだけでケツが揺れるくらい尻尾振り回すのに、今日に限って尻尾またの下に隠して
俺から離れてくし。

なにこれ、俺やべえの?

573 :559:2008/08/20(水) 10:51:26 ID:vGIzH95I0
>>571 そんなスレがあったのな。しらなかった
しかし実況と言っても、犬は既に寝てるし。ただ普段寝床にしてると事は全く違う、俺の作業机のしたというのがなんとも。

574 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 10:51:47 ID:gyJ1oq2R0
降霊術だとか言ってたけどやっぱり呪いだったのか・・・

575 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 10:55:06 ID:X24hHtcl0
>>572
一人かくれんぼの終わりまでやった?
今は犬はどうしてる?

576 :559:2008/08/20(水) 10:57:45 ID:vGIzH95I0
ちょ!なにこれ!!まじこえええええええええ!!!!!
しらん間にビデオ録画なっとる!!!誰がNHKなんか見るかぼけぇぇぇぇ!!!

577 :559:2008/08/20(水) 10:59:19 ID:vGIzH95I0
すまん、犬連れてコンビニに非難する。ほんと勘弁してくれ

578 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 11:00:19 ID:gyJ1oq2R0
とりあえず塩か日本酒買って来て飲むか体にふりかけとけ

579 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 11:01:15 ID:hGgZsBzD0
>>527
友達を置いてひとりで逃げる鬼畜はお前ですか?

580 :559:2008/08/20(水) 11:01:35 ID:vGIzH95I0
>>575 コンビニから帰ったら寝てた。
いまリード付けてサ

581 :559:2008/08/20(水) 11:02:37 ID:vGIzH95I0
勝手に書き込むなよな実駄目になるじゃねぇか
サンポ準備おわた。逝ってくる

582 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 11:04:17 ID:UuYrq82c0
警察行けばァ(ハナホジホジ

583 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 11:05:29 ID:HNyLHGwmO
↓次の方どうぞ

584 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 11:06:40 ID:mbWQVIPt0
↑いえいえあなたからどうぞ

585 :559:2008/08/20(水) 11:15:06 ID:vGIzH95I0
b¥dくぇfffffffffffffffffffffff

586 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 11:22:14 ID:v/qXA7dh0
アホだwwww
アホ過ぎるwwwwwwwwwwwwwww
ニヤニヤがとまらねぇwwwwwwwwwww
いけるトコまでガンバレwwww応援してるwwwwwwwwwwwwwwwwww

587 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 11:23:29 ID:ljNnQKjkO
演出過剰わろたwwww




演出だよな?まじだったら>>585怖すぎだろ

588 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 11:32:37 ID:gyJ1oq2R0
マジだったらそもそも書き込む余裕なくね
それに押したキーの位置もめちゃくちゃだし・・・
それにエンター押すのも最後の力を振り絞らないと・・・

って、 アレ!? ガクガクガクガク

589 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 12:13:51 ID:j11l8stKO
え?終わり?

590 :559:2008/08/20(水) 12:16:26 ID:vGIzH95I0
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1217539241/
にうつりました。
スレ汚しすみません。

591 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 12:21:40 ID:2oPtxyPfO
>>575
勇者ではなくひとりかくれんぼのサイトみてたらなったらしい


592 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 12:26:50 ID:EPkp33I00
ひとりかくれんぼの勇者って凄い神経だよな。
実況見てるだけで怖かったさ。

593 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 12:28:13 ID:ljNnQKjkO
ヒントつ585の文を仮名打ちにすると・・・
ガクガクガクガク

594 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 12:36:03 ID:6u29+svY0
>>593
わからん

595 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 12:38:24 ID:VyFrDCrU0
>>536からの血チョコの話を書き込んだ者です。

>>548
く、黒魔術決定っすか・・・・心が、折れそうです・・・
こんなことしたら相手の心が自分のものになるどころか
関係が修復不可能になるんじゃなかろうかSよ。
さよなら私の青春時代!\(^o^)/
ジャニーズなんかだとファンからの手作りは衛生的な面でもよくなさそうですね

596 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 12:39:04 ID:EQcvf1s8O
>>594
こーしたいははははははははははははははははは
かな?

597 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 12:39:48 ID:vGIzH95I0
すみません。下げます。
いまのところなにも起こってないです。単に俺がビビリまくってるくらい。
しばらくROM専にもどります。
お払いの仕方とかうpしてくれると嬉しいんだが・・・

598 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 12:42:28 ID:EPkp33I00
専門家の所に行った方が良いような。
あとはお守りとか持ってればいいんじゃない?
電子機器は、誤動作多いから気にしない方が良いと思うよ。
ワンコでも構って気を落ち着かせよう。

599 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 12:47:33 ID:pk8k7jx/0
>>596
ころしたい なんじゃね?¥←ろでも出る

600 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 12:48:48 ID:eQTaJCB8O
実況行けっつうのに

601 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 12:49:19 ID:EQcvf1s8O
>>599
にゃるほど
怖いな・・・でもさすがにz(

602 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 12:51:52 ID:6u29+svY0
>>596
あ、そういうことか。
¥は「ろ」(キーボード右下)でも出る。
ぇは「le」か「xe」かの区別がつかんな。
「ころしのなりいはは〜」もしくは「ころしのなさいはは〜」になるな。

603 :602:2008/08/20(水) 12:53:03 ID:6u29+svY0
あ、「くぇ」ってqeで出るのか。
つーことは、「ころしたいはは〜」だなwwwwwwwwwwww



(((((( ;゚д゚)))))))ガクガクブルブル

604 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 12:57:49 ID:j11l8stKO
なるほど、そうなるんだ。感心した。
俺はてっきり、>>585はバルタン星人かと思ってたよ。
まだまだ読みが浅いな。

605 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 12:59:18 ID:EQcvf1s8O
>>604
バルタン星人wwwwwwwwww
確かにそう読める
もういいよバルタン星人で

606 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 13:00:46 ID:EPkp33I00
ほんとだ。
バルタンに見えるな。


607 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 13:56:31 ID:sqhwvy1x0
「もらってきたー!」
ホットプレートの載った台を嬉々として引っ張ってくる彼女を見たとき、
わたしは例えようの無い戦慄を覚えた。なぜ彼女は平気であんなことが出来るんだろう。
わたしたちはゲームに負け、その結果としての漬物を味わっているのだ。
あの焼肉は、スタッフが用意した演出なのだ。わたしたちは悔しそうな顔をし、
スタッフに恨み言の一つも吐けば、それで番組は完成するのだ。
それなのに、なぜ。
わたしたちはその瞬間、無言となった。新垣の嬌声の残響が虚しくスタジオに響く。
彼女が引っ張る台に載ったプレートから、電源コードが伸びている。
見る見るうちにその弛みが無くなり、コードは限界まで張り詰めた。
スタッフが駆け寄る。わたしたちは声にならない叫びをあげる。がっしゃーん!
プレートはコードに引っ張られる形で見事な弧を描いて床に落ち、
台は慣性の法則に従ってコロコロと動きつづけていた。
彼女は薄ら笑いを浮かべたまま振り返り、そのまま永遠とも思えるような
時間が流れた。だがそれは実際には1秒もなかっただろう。
辻が落胆の絶叫を発した。それが引き金となったかのように、彼女は体を
びくんと震わせ、次の瞬間、床に散らばる肉片に飛びついた。
彼女は素手で一心不乱に肉を掻き集め、多量の埃を帯びた肉を小皿に移している。
わたしたちはその姿を憐憫の眼差しで見つめた。彼女は、必死なのだ。
矢口が声をかける。「高橋、もういいよ・・」
しかし彼女の卍にはもはや誰の声も届いていないようだった。
「もういいって!」矢口は彼女の肩を掴み、こちらを向かせた。
そして、誰もが息を呑んだ。
眼に宿る光、顔つき、歪んだ口元、そのどれもが正常な彼女のそれではなかった。
彼女は、埃まみれの肉が載った小皿を藤本に突き出し、言った。「食べてください」
藤本は恐怖の表情を浮かべ、後ずさりしながら小皿を手で払った。
肉と小皿が宙を舞い、床に落ちる。彼女は「ヒッ」と小さく叫んでから床に崩れ落ちた。
「あっ・・大丈夫?」藤本が彼女に声をかけようと床に膝をついた途端、
彼女は再度体を震わせ、小さく呟きはじめた。「ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい・・・・」


608 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 14:14:43 ID:Hm8SGL+80
妄想?作り話?

609 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 14:52:58 ID:3tHahq/d0
すげーこえーって奴がリアルに助けを求めないで必死に2ちゃんにカキコって状況が、

既に笑いであると気付け!

610 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 15:00:10 ID:6u29+svY0
>>609
お前頭いいな

611 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 15:33:21 ID:627YlqOp0
おれも頭弱い質問!前スレのやつで

倭漢スバ 悪巣トシ
風源クチテ 短鬼シキトス

流見スバ 五霊トシ
火呪クチテ 長龍シキトス

父ハ胃ノ中
母ハ井ノ中
兄ハ地ノ中
姉ハ血ノ中

上記の文は、大正時代に家族を皆殺しにした末男が 死に際に自らとその家族の血で綴ったと言われる、辞世の句である。

彼は、家族を恨んで皆殺しにしたのではなく 彼の家が部落内でもよそ者として扱われており ある事件をきっかけに家族が
想像を絶するような虐待にあった。

彼はその事件のきっかけとなったため、家族に対する愛と 虐待をした部落に対する深い憎悪のため、
殺すことで家族を楽にし、自身が死ぬ間際にこの辞世の句を
血で綴ったのだ。

ここまで書けばお分かりだろう。 この辞世の句にはある種の「呪い」がかけられているのだ。
この句を読むと、数日以内に彼がやってくる。
彼はあなたに質問する。 間違った答えだと、あなたはは死んでしまう。

彼の問いは「僕はどこ?」

答えは、日本人であれば句をじっくり読めばすぐ分かるだろう。


これの答えわかる?

612 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 15:52:21 ID:tlN1peWh0
>>611
答え前スレで出てたけどあれじゃいかんの?

613 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 16:24:52 ID:627YlqOp0
>>612

前スレ落ちてて読めなかったさ。

614 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 16:34:47 ID:tlN1peWh0
じゃあコピペっとくよ

799 名前: 本当にあった怖い名無し Mail: sage 投稿日: 2008/08/07(木) 13:10:35 ID: lQm1uuOw0
嘘教えるなよ
答えは「世の中」彼は死にきれずに天寿を全うした
縦読みすると







「いい乳よ」という言葉が出来上がり、
こう答えれば巨乳の彼女が出来ます。
「火の中」なんて答えようものなら大変な事になるよ。


615 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 16:45:21 ID:627YlqOp0
>>614

ありがとうww614かなりやさしいなww

おれも火の中だとおもったんだが、世の中とは!

しかもいい乳ってwww

614ありがとな

616 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 17:10:40 ID:HPIOEi1J0
何なのお前ら
なんで怖い話ばかりするの?
ふざけるのもいい加減にしろ!

617 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 17:14:48 ID:SB04FChlO
このスレにゃまだ一つも怖い話なんかないんだが…
誤爆?

618 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 17:34:26 ID:7R5Ex8Ow0
これ、俺の妹と思っている女の友達から聞いた話なんだけど…

もう太陽が沈む前の夕暮れ時に、人のいない公園のすみで男の人がうずくまっていた。
どうしたんだろうとおもって、少女Aと少女Bが近づいた。
顔は見えないが、だいたい18歳くらいの男の人だった。
その男が何やらつぶやいている。
「げ・・・だ・・め・・・・・だ・・・・・・めだ・・に・・・ちゃ・・・・」
なんて言っているのかよく分からなかった。
でも、その男は両拳を地面に何回も打ちつけつぶやいていた。
普段だったら、二人の少女は無視して去るのだが、少女Bがなぜか帰ろうとしない。
「ねぇ、帰ろうよ」と少女A
「ちょっと待って」と少女Bは言うと更に男に近づき耳を済ます。
数秒後、突然、男が血だらけの拳で少女Bの腕を掴んだ。
「キャーーー!!!」と少女Bの悲鳴

619 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 18:15:28 ID:AOEnzxGnO
>「げ・・・だ・・め・・・・・だ・・・・・・めだ・・に・・・ちゃ・・・・」


「逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ」

シンジ?

620 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 18:24:11 ID:2xFffJ6w0
暴走しちゃったのか

621 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 18:55:54 ID:7R5Ex8Ow0
少女Aも、びっくりして肩をあげたがすぐに友達の危険を察知して、少女Bを掴んでいる腕に手刀をあて、離れたすきに男から少女Bを離す。
少女Aは言う。

「  あなたは死なないわ   
                  私が守るもの   」

予告

夕暮れの公園に潜む闇
その闇に吸い寄せられる二人の少女
闇に犯され囚われていく少女B号機
二人の少女には過酷な運命がしかれていた

次回 最後の 死 者 

622 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 19:18:54 ID:XRLIxI8e0
http://blogs.yahoo.co.jp/trackback_774

えらい怖い動画ばかりを集めたブログ。
怖すぎil||li _| ̄|○ il||li

623 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 21:24:59 ID:ccOpCMikO
>>278
もしかして三輪…?
このレス読んだら返事欲しい。

624 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 21:40:56 ID:mWwy+TLU0
>>622
ゴメン。たいしたことなかったw

625 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 21:58:36 ID:r8OkDJww0
スレ違いかもしれんが俺的に洒落にならなかった実話を投下。
俺んちは約20匹のカブト虫を飼っている。4年ぐらい前に捕まえた野生のオスのカブトと
いとこにもらったメスのカブトが子供を産み、その子供達でまた子供を産み、の繰り返しで
今に至る。血が濃すぎるせいか奇形も何匹か産まれるらしい。らしいってのは、うちの母が
カブトを全面的に世話してるから。俺はたまーに「おお、可愛いやんw」って触って遊ぶだけw
昨日の夜、俺は喉が渇いたので台所にお茶を飲みに行った。で、奥の方からギシギシ聞こえるんね。
あ、いい忘れたけどカブト虫は台所の奥の・・・なんて言えばいいんかなw段差あるんね。俺んち。台所の奥に。
そこにスペースあるから、そこで飼っとるん。
話戻すけど、そっからギシギシ聞こえっから、すぐカブト虫って分かったん。なんかエサのゼリーも少なくなって
きてたから、入浴中の母に了解得て、エサやる為に段差降りてったん。
20匹もいるからカゴは10個ぐらいある。なるべく一つのカゴにオスとメス一匹ずつ入れるようにしてるらしい。
んで、夜はカゴのフタあけて、自由に飛べるようにしてんだとさ。だからカブトが外に脱走することも少なくないっぽい。
で、段差降りってったんだけど、ゼリーがどこにあるか分からなくて「ゼリーどこやろ・・・」って結構でかい声で言ったん。
(母がいつもカブト虫に話しかけてるから)
そしたらブーン⊂二二二( ^ω^)二⊃って音がして、(結構でかい音)「ぬおおい!」ってびびってたらカブトが目の前を
飛んでるんよwんで、留まった場所がエサのゼリーの真横だったん。偶然かもしれんがこれ実話。スイマセンまだ続きます。

626 :625:2008/08/20(水) 22:11:11 ID:r8OkDJww0
>>625の続き。前の話全然洒落になってた・・・ゴメン
カブトが教えてくれたからエサの場所分かって、全部のカゴにエサやってたんよ。全部にやり終わって、
階段上がって部屋に戻ろうとしたんね。そしたら階段の奥(俺んちの階段_― ̄みたいな感じだから奥がある。分かるかなwまぁいいや)
にカブトのメスらしき昆虫がいるんね。あまり動いてはなかったと思う。薄暗かったからよく見えんで、
「お部屋に戻りまちょうねー」って言ってそいつを掴んだ。


・・・ん?何かおかしい(^^)

カブト虫ってこんなに油ぎってたっけ?(^^)カブト虫ってこんな薄っぺらかったっけ?(^^)
カブト虫って触覚あったっけ?(^^)カブト虫の足の動きってこんな速かったっけ?(^^)


そんな言葉が頭をよぎる中、俺の手を触覚でびしびし叩きながら、足をジタバタさせているコイツの正体が分かった。



G!!!!!!!!!!!!!

「うおあああああああああああああああああっはん」
と奇声を発しながら、俺は一目散で洗面所に飛んでいって手洗って部屋まで逃げた。

完。オチなくてスマソwwあと乱文でスマソwあとあんま怖くなくてスマソw
俺的にはまじで洒落になってなかったので書かせていただきました。読んでくださった方、ありがとうございました。
   

627 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 23:26:38 ID:I7TpHfU00
コピペ?



つまらん

628 :本当にあった怖い名無し:2008/08/20(水) 23:31:38 ID:4ytmeSGV0
蜘蛛に襲われたり百足に乗っかられたり
ネズミと蛇がコンニチワしたりが茶飯事の俺にとっちゃ
なんて事ない話だな

629 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 00:39:43 ID:ggB2KUgHO
5年前くらいにリアルライアーゲームみたいな話なかった?
最近転載まとめてるみたいなサイトで読んだ時に出所ここ
っぽいような気がして気になって来たんだけど

630 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 01:05:41 ID:2fOmB0yGO
携帯まとめサイト更新マダー待ってマッツ

631 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 09:58:10 ID:TaOIfrYV0
555>>
って、御茶漬海苔の漫画の一作じゃーん。
もう20年前位に読んだ。

問題ない親子で夫婦でって感じの三人家族。
そこで起きた惨事。
で、父ちゃんの言い分を汲んで、
そのままにして生活して行くと決めたが、
母ちゃんが自分に残した走り書きっぽい手紙を発見。
その、逃げて。お父さんは狂ってる、の一言に、
娘は(読者も)gkbl、ってオチ。
つまり、どっちの言い分が本当なのっ!?って言うオチな訳よ。
父ちゃんを信じたけど、同様に母ちゃんも信じられる。困った!みたいな。
まあ漫画じゃないとねw

ちなみにこれとは別の一作で、
弟が姉ちゃんを夏休みの宿題、解剖実験に使う話が衝撃だったなー。
それに御茶漬海苔自身が、近所の商店街出身だったことw
あの独特の絵が、ショウウィンドウに貼ってあった。
彼の母ちゃんが、息子が気持ち悪い漫画描く漫画家なのよーと言いつつ、
一応貼ってたw




632 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 11:03:42 ID:w3hLPhAy0
おちゃずけのりは虫の卵を身体に産み付けられる話がどれもイヤだったなー
痒いかゆいかゆいかゆいかゆいかゆいかゆいかゆいかゆいいいいいぃぃぃぃぃぃぃ


自分はG様もカブトムシも怖くて触れません
どっちも似たような虫だよ><。

633 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 14:30:03 ID:ummIQVym0
大手コピー機メーカー勤務の友達の体験。
お寺さんに修理に行ったときの話。
状態を見るため、一通り確認してから原稿をいれずにプリントボタンを押したところ
お経がビッシリ印刷された紙が出てきた。
そのコピー機には記憶機能などはなく、原稿を入れないと真っ白しか出てこないタイプ。
事前に給紙トレーを確認したが、印刷された裏紙が入ってたとかではなかったらしい。

精神病院に修理行ったときの話。
修理用の工具を車に忘れたので取りに戻ったところ、バンの後部座席から荷台まで
患者がぎゅうぎゅうに入り込んでて、中はうめき声とよだれですごいことになってた。
病院の職員が言うには、「家に帰れると思っちゃったんでしょうね・・・」
それ以来、そこで作業するときは車のロックをしつこいぐらい確認するようになった。

634 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 14:54:38 ID:hyoPsUkI0
ほんのりすら怖くない話多いな。





635 :誘導:2008/08/21(木) 16:43:37 ID:8NgP60ic0

なんでもいいから怖い話を集めてみない?

http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1214457603/l50


636 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 17:00:56 ID:5Ke8LzVf0
小学校の時、クラスに肉の食えない奴が居て
給食に肉が入っている度、肉だけこっそり机の中に隠して詰め込み
そのまま一年放置していた。

637 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 17:18:05 ID:bkq0ndeCO
「水晶で作った頭蓋骨や、加工された人間の頭蓋骨のこと知ってるかな?
日本にも昔、人間の頭蓋骨を加工する人たちが居たんだ。
牛ノ首衆と呼ばれる人たちで、最初は、牛の首を切り取り、神様にお供えしてたらしい。
けど、いつからか人間の首を切り、肉を取り去ってから漆を塗り、金箔を貼り付けるようになったんだ。
牛ノ首衆は、自分達の加工した頭蓋骨を使い、色々な儀式を行うようになったみたいで、自分達の行う儀式によって、色々と不思議なことが出来ると信じていたみたいなんだ。
例えば病気を治したり、天気を操ったり。
また、人を呪い殺したり、病気にしたりといった、人に害を与える儀式もあったようだけど、そういった儀式を無闇に行わない掟があったらしい」

638 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 17:20:02 ID:bkq0ndeCO
「牛ノ首衆は、仏教に対して好意的だったらしい。
特に座禅は、人々の心を清くすると言って、永平寺に協力的だったんだ。
次第に、念仏や仏教の儀式を行う、本願寺の真宗門徒達が勢力を強めてきて、永平寺は段々と寂れていったらしい。
真宗門徒達も、牛ノ首衆の儀式に興味を持っていて、本願寺の高層が牛ノ首衆と親睦を深める活動をしていたんだ。
本願寺の儀式には、牛ノ首衆の影響を受けた儀式が、今でも残っているそうだよ。
でも、外国からキリスト教が伝えられ、キリスト教が次第に力を付けてきたんだ。
本願寺は、キリスト教徒を皆殺しにするため、キリスタン大名達に宣戦布告をしたんだよ。
この戦争は、一向一揆と呼ばれる壮絶な戦いだったらしい。
殺生を嫌う牛ノ首衆は、本願寺に反対し、一向一揆を終わらせようと、何度も真宗門徒達に交渉を持ちかけたそうだ。
でも本願寺は、牛ノ首衆を煙たがり、一向一揆の最中、牛ノ首衆を皆殺しにしてしまったんだ」
「何とか生き延びた牛ノ首衆は、織田信長に身を寄せたんだ。
信長は、牛ノ首衆の力を利用するため、本願寺に復讐するための協力を惜しまないと、生き残った牛ノ首衆達に約束したらしい。
そして信長は、牛ノ首衆のため、大勢の生け贄や死体を用意してあげたそうだ。
それからというもの牛ノ首衆達は、毎日、恐ろしい儀式を続けたんだ。
その悲惨な光景を見た人達は、道徳的な話をし、牛ノ首衆達に儀式を中断するように説得したらしい。


639 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 17:20:57 ID:bkq0ndeCO
でも牛ノ首衆達は
「仏法めいたことなど聞きたくもない。どうしても、そんな話を俺たちに聞かせたければ、俺達が死んでから御経でも唱えやがれ」

と言い捨て、儀式を中断しなかったそうだ。
そして牛ノ首衆達は、信長に沢山の加工した頭蓋骨を献上したらしい。
その頭蓋骨に宿る怨念は凄まじく、信長に敵対する人々を次々に病気にさせたり呪い殺したそうだ。
頭蓋骨の怨念は、使えば薄れていくため、牛ノ首衆達は信長のために、度々呪いの頭蓋骨を作るようになったんだ」「呪いの頭蓋骨を持つ信長には、村正の怨念すら通用しなかったそうだ。
村正は、凄まじい怨念が宿っており、妖刀と恐れられた日本刀なんだけど・・・
村正に興味を無くした信長は、家臣の秀吉に褒美として村正をくれてしまったそうだ。
秀吉は、村正のせいで色々な怪奇現象に遭遇し、ビビッた秀吉は、すぐに村正を手放したらしい。
武田信玄や上杉謙信も、信長が呪いの頭蓋骨を使って呪い殺したのかもしれないな。
信長は、茶会の時に、朝倉義景や浅井長政の首で作った、呪いの頭蓋骨を客人に見せびらかし、自慢することもあったんだ。
それだけ信長は、呪いの頭蓋骨に絶対の自信を持っていたんだな。
でも信長は、天下統一を果たそうとしていた矢先、牛ノ首衆の力を自分以外の人間に利用されることを恐れ、牛ノ首衆を一人残らず殺してしまったそうだ。
しかしそれから間もなく家臣の明智光秀が謀反を起こし、信長は殺されてしまったんだ」

640 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 17:27:40 ID:bkq0ndeCO
>>637-639
牛の首。
聞いたり読んだりすると、大勢の視線を感じたりするらしい。他にもあるがふせる。

641 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 17:32:55 ID:BObtnuqAO
既出

642 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 17:55:58 ID:DmpQxVUj0
900人くらいだったら毎年感じる機会あるから大丈夫

643 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 18:14:00 ID:24TdYYfc0
牛の首でなくたって怖い話を読むだけで視線を感じた『気になる』奴は腐るほどいるぞ。
このスレ見てると分かる。

644 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 18:33:08 ID:bqr1SmUKO
まとめサイトや過去スレ見てて『読むと呪われる』的な話、あれって本当にそうなるん?ちょっとガクブルなんだが

645 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 18:37:01 ID:sozjWuGh0
全部読んで平気な人がここにいっぱいいるから平気だよ。
でも、ネタばれしないでおかれると後味悪いから好きじゃないけどね。

646 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 19:19:17 ID:V6Dmam0g0
流れぶった切ってスマソ。

小4の時、いつも通る道をいつも通りに下校していると
向こう側から腰まげて杖をついたおじいさんが歩いてくるのが見えた。
で、じょじょにおじいさんに向かう形で歩いていくと(進行方向なので)
おじいさんがいきなり「シャカシャカ」って感じで自分に近づいてきて
(それまで杖ついてヨチヨチ歩いてたのに)
ニターと笑いながら「赤いハイヒール履かない?」と…。
よく見るとおじいさんの上着のポケットには古臭い赤いハイヒールが入ってた。
(ヒール部分だけ飛び出てて、左右のポケットに片方ずつ入ってた)
ゾッとしてUターンしてダッシュで逃げたんだけど、
「待て!!!」とか叫びながらおじいさんもダッシュで追い掛けて来る。
杖とかついてたくせに結構な速さで。
足に自信があった私は逃げ切ることができたんだけど滅茶苦茶怖かった。
だって、よく考えたら、おじいさんの顔、結構若かったんだよね(多分30〜40くらい)
サンタのコスプレみたいに毛糸みたいな付け髭してたし。
なんの為におじいさんの格好してたのか、なんのためにハイヒールを
履かせたかったのか、考えるほど怖い。

幽霊話じゃない&読みにくくてすみません。
でも自分的には結構怖かったです。

647 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 19:36:58 ID:4efH2ltQ0
>>644みたいな○脳ってネタなの?本気なの?

648 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 20:22:15 ID:bqr1SmUKO
>>645
ありがとう。あなたの言葉で救われました……ホッ

>>647
わかってはいるんだがどうしても気にしてまう極度のチキン野郎なんです。いつも読んでは後悔してますが好奇心は止められない……

649 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 20:31:11 ID:+NAvpOh20
初カキコで意味不明な文になるかもしれませんが聞いてください

まあありきたりなんですが、あたしが厨房だったころの学校はお墓を取り壊して??とゆうか寄せて建てたらしく
現在も敷地内にちゃんとあるんですよ 
それで、昔事故とかもあったみたいでそのコの慰霊碑??かどうかはわかりませんが銅像がたってたりしました
そんなもんだから、かなり古いことも手伝ってあっち系のうわさが結構あって、夜遅くまで残ってた先生が誰もいない教室から
足音聞いただとかあったんですね

っで前置きがながくなりましてすみません
あたしが一年のころその敷地内にあるお墓に一番近い校舎で授業をしていたんですけど、体育祭の練習ということで
その校舎から全員運動場に出ていました(その校舎は少し運動場から離れたところにたっていました)
当然あたしも皆と一緒に運動場に出てきていましたが、日直だったにもかかわらずカギをかけ忘れたことを思い出して
先生にことわると、はやくかえってこいっていわれたので急いで行きました
とりあえず教室に着くと、なにせうちの学校は古いんで旧式の鍵で片っ方は普通に鍵を差し込むタイプ
なんですが、もう片っ方は教室内に入って内側から棒みたいなものを回して閉めるかたちだったんですね
で、なかに入ったわけですよ。まあ、昼だったんで人がいなくても全然怖くはなくて普通に棒を回してカギかけてた時、

「あーあーあー」って声が聞こえてきたんです。調度千と千尋のかおなしってしってます??あんなかんじでした


ちょっと長いんで一端きりますね

650 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 20:58:38 ID:Hh1+ihheO
早く書けよゴミ

651 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 20:58:58 ID:+NAvpOh20
649の続き

で、一瞬あたしのクラスには脳障害のコがいてそのコがいるのかなって思って
後ろ振り向いたんですね。
当然後ろには誰もいません・・・だって皆一緒に運動場に出たんですからもちろんそのこも
一緒に出たわけですよ。

まだ、「あーあーあーあー」っていう声はしてて心なしかエコーみたいに教室に反響してたきがします。

で、もちあたしは絶叫ですよ「ぎゃあああ」ってさけんで鍵も閉め忘れて廊下を走ったんすね
すると、隣の教室も扉があいてて、中が見えたんですけど、隣の教室の担任の先生が
教卓の椅子に腰掛け男の子となにやらはなしている様子
あたしは(なんだ、隣のクラスの障害をもった子と先生がいただけか)と思ってそのまま教室のカギをダッシュでかけ
(いくら原因がわかったとしても怖かったんですww)運動場に戻りました。
運動場にいた皆にドジ話として面白おかしくさっきのことを話してたんですけど、よくよく整理してみると、
さっきから何回か書いてますが、みんないっせいに一緒にでたので人が残ってるはずがないんですよね
しかもあたしの学年は障害をもった方は女子二人で隣にはそういう子はいなかった覚えがあります
今考えると体育祭練習中に生徒と先生がふたりで教室にいるのも変な話しだし・・・
やっぱりあの校舎は一番でるそうです。他にも変なことがたびたびおこったりしましたし・・・

だれか茶々でも屁理屈でもいいんでこの意味不明体験を解き明かしてくださいっ

ここまでくだらない話にお付き合いくださりありがとうございました。
長文駄文失礼いたしました

652 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 20:59:36 ID:Hh1+ihheO
つうか、つまんねーから書かなくて良いよ

653 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 21:05:29 ID:JN82opL/0
ちょっと言い過ぎじゃない?そんな文句言うなら見なきゃいぃ

654 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 21:17:41 ID:hnNGKpNzO
>>650.652
そういうレスは止めた方が良いよ。

655 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 21:23:42 ID:kuPxvlKc0
ID:Hh1+ihheOは要らないけど
でも>>649>>651のあいだに20分もかかってるし、

>ID:+NAvpOh20
次は書き溜めてから書き込もう。
あと、「あーあー」は風の音じゃね?

656 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 21:25:12 ID:+ZVr1wls0
>>652
人の話を評価するのは、楽だよな。
自分で話上げてみろや

657 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 21:31:32 ID:7BDes5SyO


658 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 21:34:36 ID:CbSFHXRSO
>>649

つまらん

659 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 21:40:02 ID:SGsxvwT7O
>>658に期待w

に げ ん な よ

660 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 21:41:35 ID:+NAvpOh20
>>655
アドバイスありがとうございますっっ次からはそうしますね
たぶん風ではないと思います人が「あーあー」って言ってる感じでした
でもちょっと安心しました。ありがとうございます


661 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 21:41:51 ID:vYMGL5SZO
くっせえ流れだな
とっとと寝ろ 餓鬼ども

662 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 21:53:46 ID:7BDes5SyO


663 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 22:17:10 ID:SlNhQbBjO
誰かいる?
書き込みぉk?

664 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 22:17:40 ID:1lil29Oc0
>>651
なんか良くわからんけど、
校庭で、誰かがマイクテストでもしてたんじゃね?

665 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 22:23:12 ID:1lil29Oc0
>>663
カモーンщ(゚Д゚щ)

666 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 22:23:53 ID:928wsQViO
>>663
wktk

667 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 22:27:45 ID:SlNhQbBjO
ちょっと長くなるかも。
携帯からなんで、多少読みにくいのはご勘弁。
次から

668 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 22:32:18 ID:SlNhQbBjO
5年ほど前、帰省したときに体験した話。
時期は8月末、丁度今頃だった。

中学時代に仲の良かった友達と飲みに行って、店を出た頃にはもう日付が変わってた。
その後、このまま解散するのもアレだし、酔い醒ましに海に行くことにしたんだ。
海までは歩いて15分ぐらい、そう遠くではない。

669 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 22:34:47 ID:SlNhQbBjO
他愛もない話をしながらタラタラ歩いて行くと、程なく砂浜に着く。
そこは人工砂浜で遊泳禁止なんだけど、昼間は水遊びや散歩、ウィンドサーフィンなんかで結構賑やかになるトコ。
ただ時間が時間なので、当然誰もいない。加えて真っ暗。
適当に腰を下ろしてふと波打ち際に目をやると、俺達から見て左の方に何か白っぽいものが見える。
ゴミだろ、とか適当にスルーして話題は中学時代の思い出話に。

670 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 22:37:23 ID:SlNhQbBjO
下らない当時の噂話を始めてすぐ、突然寒気が。
海のそばで風も強いので、まぁこんなもんかな、と思っていたら、友達も寒いとか言い出したので、もう一軒別の店に行くことに。
そこでさっきの白っぽいものが再び目に入る。
ん?さっきより近くに来てないか?なんとなくさっきよりデカい気がする…

671 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 22:43:06 ID:SlNhQbBjO
そんなことを友達に話すと、そいつは「風にでも飛ばされたんだろ」とバッサリ。
その瞬間、コンビニ袋らしきものが風に飛ばされるのが見えた。
風は、海に向かっている俺達から見て、右前から左後ろに抜けてく感じ。
その袋も俺達の右から左へ、俺達から離れて行く形で飛んでってる。
え?なんか変だ。
それなら、あれも袋と同じで俺達から離れて行くんじゃね?
しかも、あの白っぽいの、さっきより更にデカくなってね?

672 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 22:47:43 ID:SlNhQbBjO
それを友達に話したら、そいつも、確かに何かおかしい、と思ったみたい。
そいつ、そこから2、3歩程近付いたんだが、そこでピタリと止まり動かなくなる。
多分4〜5秒なんだろうけど、その永遠とも思える時間が経ったあと、そいつは震える声で言った。
「あれは……何だ?」
俺が視線をそいつから白いのに移した瞬間、俺も
「あれは……」
と言ったまま絶句。
それを表す言葉を俺は知ってるけど、それを口に出すことが出来なかった。
なぜなら、俺の知ってるソレと、今見ているものがあまりに違うから。

673 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 22:57:59 ID:JvhqwHfSO
コマネチはんマダー?

674 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 22:59:40 ID:buk5cqzw0
あれ?話終わったの?

675 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 23:01:20 ID:SlNhQbBjO
それは、髪の長いヒトだった。
女性っぽい見た目で白っぽい服を着てたんだけど、なぜか全身ずぶ濡れな感じで、顔を伏せながら腕だけでホフク前進してるように見える。
しかも、これは感覚的なものでしかないけど、物凄い悪意というか敵意みたいなものを感じたんだ。
俺も友達も、それを見たまま硬直してる。
頭は早く逃げろって命令してるんだけど、体が全く動かない。
その時、ソレが顔を上げた気がして、反射的に目を背ける。
友達も「ヒィッ」って声をあげて目を背けてるみたいだった。

676 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 23:04:42 ID:vpzIOzF2O
p(´⌒`q)

677 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 23:06:36 ID:o7ep1Tpr0
【重要ルール】
 ・長文を投稿する時はメモ帳等で全部書き終えてから一気に投稿しましょう。


678 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 23:09:03 ID:SlNhQbBjO
その声で我に帰った俺は
「逃げろっ」
大声で叫んで、ソレに背を向けて逃げ出した。
後ろからは、友達のヒィヒィ言う声が聞こえる。そいつも逃げてるみたいだ。
どのくらい走っただろう。少し先にコンビニの明かりが見えた。
そこまで行って初めて後ろを振り返る。
少し遅れて友達も走ってくる。
その後ろには…
何も付いて来てないみたいだ。
二人してその場にへたり込む。
そこは良く知ってるコンビニだった。とりあえずそこで冷たい飲み物を買って、店の前ですぐに飲み干す。

679 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 23:09:23 ID:ngNseiB10
携帯にもメモ機能もコピペもあるんだよな。
けど携帯からの長文投下は評価したい。

680 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 23:11:13 ID:SlNhQbBjO
そのコンビニから少し離れた所にまだやってる飲み屋があったので、どちらともなくその店へ。
席に着いてとりあえず中生を頼むが、それ以外はお互い無言。
すぐに中生が来たので、それを一気に飲み干す。
そこでやっと友達から言葉が。
「さっきの……何だ?」
友達の質問に俺も質問で返す。
「おまえも………アレ見たのか?」

その後、明るくなるまでそのことには一切触れず、
二人とも不自然に高いテンションで飲み明かしてから帰宅した。

それ以降そこには行ってません。

681 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 23:11:20 ID:7BDes5SyO
【超重要ルール】
ここに投下するときは、文頭に「豚に真珠」と書いてから本文を書きましょう。

682 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 23:16:15 ID:SlNhQbBjO
以上が俺の体験した話。
俺は、霊感は零感だと思ってるんで、これが何だったかは断言出来ない。
ただ、あのときはマジで生きた心地しなかった。

ここまで読んでくれた方、ありがとうございました。

683 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 23:16:58 ID:8c0EuwFz0
言い過ぎなレスはたしかに良くないけど、
たいした怖くない話だと文句言いたくなる気持ちも解る。
つうか、書き上げてから客観的に読み直して、
人が読んだとき怖いかどうかの判断くらいできるだろ。
体験した本人にしかわからないような不思議程度の話とかを、
長文で読まされると損した気分になる。



684 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 23:22:02 ID:D6J7YNqp0
>>683
「体験した本人にしかわからないような不思議程度の話」かどうかは、体験した本人にはなかなか分からない。
それぐらいの事も分からないの?

685 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 23:28:50 ID:8c0EuwFz0
>>684
自分で体験した怖い話とか、怖い夢の話とかを、
他人に話しとして聞かせたとき、
その話が恐いかそうでないか位は自分でもわかると思うぞ。


686 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 23:32:22 ID:vYMGL5SZO
ちょっと文を読み返せばすぐわかるだろ
どんだけ視野がせまいんだよ

687 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 23:36:49 ID:D6J7YNqp0
>>685
言ってる意味が分からなかった?
「体験した本人にしかわからないような不思議程度の話」ってのは、
少なくとも書いた本人は、不思議な話だと思ってるわけだ。
それが「体験した本人にしかわからないような話」かどうかは、体験した本人以外が評価して初めてわかる事だろ。

一応聞いておくけど、まさか、体験者本人が「怖い」と思った話を、主観で勝手に「不思議程度の話」とか言ってるわけじゃないよね?

688 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 23:48:05 ID:fcanwIrr0
少し頭冷やそうぜ
宿題もまだ残ってるんだしさ

689 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 23:50:06 ID:SlNhQbBjO
なんか申し訳ないな。
確かに俺はその時、今まで感じたことも無いような悪意、敵意を感じて、
それだけで死を意識したくらい恐ろしい話だったから。
ただ、それをこうやって文章にしてみると、読み手によっては鼻ホジホジな話になるかもね。
万人が怖がる話なんて、俺にはムリポ

690 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 23:51:44 ID:6fvkKheq0
>>687
ある程度の客観的評価は普通に下せるんだが、お前は無理ってことは分かったよw
とりあえずこのスレに話書くのやめてね☆

691 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 23:54:48 ID:7BDes5SyO
いや、ここに書いたのがマチガイだっただけだよ。
もっと自分の体験を大事にしな。

692 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 23:55:40 ID:aSGG3RiQ0
>>689 そんなことない。おれ的にはけっこう怖かった。

693 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 00:01:59 ID:2d29glTK0
>>689
体験した時はめちゃめちゃ怖かったのに文章にしたら
そうでもないってのは良くあることだ
気にすること無いさ


694 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 00:04:06 ID:Iriah18C0
>>687
不思議程度って書き方は悪いかったかな。
俺が言いたいのは、体験したら怖いだろうけど、
文章や人に話したら、それほど怖くない話ってあるだろ?
「ほんのり怖い話」とかもあるんだから、
そっちに書けばって思うんだよ。


695 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 00:07:10 ID:Ls4oRl8G0
そんなことよりこいつが怖い

【キーワード抽出】
対象スレ: 死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?196
キーワード: 7BDes5SyO


657 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2008/08/21(木) 21:31:32 ID:7BDes5SyO


662 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2008/08/21(木) 21:53:46 ID:7BDes5SyO


681 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2008/08/21(木) 23:11:20 ID:7BDes5SyO
【超重要ルール】
ここに投下するときは、文頭に「豚に真珠」と書いてから本文を書きましょう。

691 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2008/08/21(木) 23:54:48 ID:7BDes5SyO
いや、ここに書いたのがマチガイだっただけだよ。
もっと自分の体験を大事にしな。




抽出レス数:4


696 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 00:10:18 ID:BEUWNScH0
>>694
いや、多分、
書いてる本人は、書きながら、当時の恐怖を思い出してるから、
そこまで考え及ばないと思うぞ。

697 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 00:13:05 ID:MyHtLw8RO
>>668は俺的には怖い

>>649はうんこ以下だけど

698 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 00:18:43 ID:8yyNfiBS0
長文≠怖い

699 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 00:20:30 ID:Iriah18C0
コメントのタイミング的に、>>689を批判したみたいになっちゃったけど、
そういうつもりでもないんだ。
読んでも怖くないけど、もし自分が体験したら怖いと思うから>>689は良いと思う。

死ぬほど洒落にならない怖い話なんて、そうそう無いってのはわかってるし、
書き込みのハードルを上げるつもりも無いけど、あんまりレベル下がりすぎるのもどうかと思うからさ。

最近あきらかに駄作が多かったから、
ちょっと言って文句言ってみたくなっただけ。

700 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 00:26:42 ID:wg5dnLAf0
ここって夏休みの作文スレだろ
馬鹿じゃないの

701 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 00:28:53 ID:xaCTEU850
まじで怖いからな!

今日、自転車乗ってて、辺りが暗かったから前輪についている電灯をいつものように足でスイッチいれようとしたんだ…
そしたら…

前輪につま先がひっかかって、そのまま前に一回転!!!!

死ぬかとおもった!

702 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 00:31:54 ID:2d29glTK0
>>701
俺もそれ急な坂道で二、三回体験したな
子供時代に皆結構体験してることなんじゃないか?

703 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 00:34:26 ID:wg5dnLAf0
>>701
俺も子供の頃それをやって車輪恐怖症になり一時期自転車に乗れなくなった

704 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 00:47:39 ID:BEUWNScH0
>>701
お前…そこはふつう、ぜんぜん怖くない話を投稿するところだろ…。

705 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 01:29:47 ID:4MFUQ7QL0
DAIGOの話がまた聞きたい


706 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 01:35:04 ID:y/KL/IFc0
初カキコです。

うちの出身小学校の降車は70年ぐらいに前に建てられたものだけど、鉄筋だし何回も改築してるのでそんなに古くは見えなかった。
でも中に入ると客の来る1、2階はともかく3、4階は汚かった。
特にI字型になってる校舎の上の部分の配置が「楽器保管室」「図工室」「視聴覚室」「配膳室」「トイレ」
だったから、普段はそんなに人もいなくて窓も少なく暗い。
端の階段には20期生が寄贈したでかい鏡が一階ごとにかけてある。

子どもってそういう雰囲気の中だと「幽霊が出る!」って騒ぎたくなるもんで
捏造七不思議が蔓延ってたり放課後に肝試しが決行されたりしてた。
でも実際に見たっていう話は聞かないし、私も見たことがなかったので別に信じてはいなかったんだよ。

ある時(4年生くらいだったか)、図工の時間に絵のモデルやっててすごくしんどくなった時があった。
顔も真っ青だし貧血じゃねーのって事で保健室に行くことになったけど、
時間内に終わらせないといけない課題だったから悪いと思って保健委員の付き添いを断ったんだ

保健室は一階なので3階から1階まで下りなきゃならない。
で下り始めたはいいがすぐに眩暈と吐き気と頭痛で座りこんでしまった。
あーこりゃ駄目だと思いながらも私はそのままずるずると地道に階段を下りることに

どうにか踊り場まで着いたけどしんど過ぎてこれ以上進めん…とか思って休んでたら
上から足音が聞こえた。
保健委員か先生か、誰でもいいから助けてくれーと思ったけどどうやら違う。
足音は4回から聞こえてたからだ。

誰だよ授業中に!と自分のこと棚上げで思ってたけどよく考えたら
そんとき4階使ってた5年は姉妹校との交流で体育館に行ってたし、6年は体育の授業中だったはず。



707 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 01:37:13 ID:y/KL/IFc0
でもその時は気づく余裕もなくて早く保健室に行きたくてしょうがなかったから
むしろそいつを呼ぶくらいの勢いだった。
しかしさすがに段々とおかしいと思い始めた。
だって階段下りる足音は普通「タンタンタン…」というかんじだと思う。
リズム狂っても「タタン」とかその程度のはず
なのに、その音は「タンタン、ペタペタ、タンタン、ペタペタ」っていうかんじだった。

霊感はないと思うしそういうの見たこともないけど何故か猛烈にヤバイと感じた私は
とにかくそいつに追いつかれるのだけは駄目だと思いガサゴソと逃げ出した。
そいつの進む速さは変わらないけど何せこっちが遅すぎるからどんどん追い付かれてる。

とにかく死んだ親族全員の名前を頭の中で唱えながら必死に「助けて下さい!」って願い続けた。
やっとの思いで1階にたどり着いて、やった!と思ってそこで安心してしまった。
んで前見たら例の鏡。そこに映ってる階段の端に黒っぽい何かが見えた。
もう今度こそ息止まるぐらい驚いて、次の瞬間ハイハイで逃げた。

しかも保健室にたどり着いてドア開けたら先生おらんで半泣き。
隣の給食室に転がり込んだら先生が用務員のおじさんとお喋りしてた。
私に気づいて「あらどうしたん?」って言われたけどしんどいやら怖いやらで
もう何がなんだかわからなくて「先生助けて」しか言えなかった。

貧血はすぐ治ったけど暫く一人で通る気にはなれなかった。


以上です。
これを妹に話したら青白い顔で必死に怪談下りてるおめーを見る方が怖いと言われた。
どうやらそんなに怖くなかったらしい。
でも私は怖かったので書きました。つまらなかったらごめんなさい


708 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 02:20:38 ID:u87OmQSU0
誰かいる?
書き込みぉk?


こういう書込みがイラっとする
勝手に書けやと思う。

709 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 02:59:49 ID:cxK6qgVL0
>>706よかったよ。学校で一人になると怖いよね
>>708気持ちはわかる
しかし耐えなければならないよ


710 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 03:10:08 ID:y/KL/IFc0
>>709そう言ってもらえると嬉しい

×降車 ○校舎
×4回 ○4階
×怪談 ○階段

誤字多すぎスマソ


711 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 04:14:48 ID:5WL0QrWKO
タンタン ぺたぺた の意味が知りたいな。
その黒い何かは上履きと両手で四つん這っていたんだろうか。

712 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 08:39:50 ID:j6YQpWGpO
貧血って幻覚見ることあるん?

713 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 12:05:53 ID:z0zoUuapO
綾瀬はるかみたいな彼女欲しいんだけど

714 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 12:07:49 ID:z0zoUuapO
間違えた綾瀬はるかみたいなおっぱいをもった彼女が欲しい

715 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 12:11:34 ID:z0zoUuapO
ってか激なにしてんだよ!

716 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 12:12:41 ID:z0zoUuapO
おまんちんバルサミコ酢やでほんま!

717 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 12:13:43 ID:z0zoUuapO
誰かキン肉マンについて語ろうぜ

718 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 12:16:08 ID:WlEI/AFrO
筋肉マンといえば俺はロビンマスクが好きだな

719 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 12:16:22 ID:z0zoUuapO
最近激のやろうさぼり気味だよな・・・
タモちゃんナッピバースデェ〜

720 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 12:20:50 ID:z0zoUuapO
>>718
お前激だろ!

721 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 12:22:07 ID:z0zoUuapO
僕は断然バッファローマンだなぁ
サンシャインもいいなぁ
アシュラマンもいいなぁ
マンモスマンもいいなぁ
オメガマンもいいなぁ

722 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 12:27:31 ID:46sLQHqP0
視界が黒く欠けることはある

723 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 12:28:07 ID:WlEI/AFrO
テリーマンはどう思う?
俺は普通

724 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 12:32:42 ID:z0zoUuapO
>>723
テリーマン好き!
新幹線とめるまえに子犬を移動させないところがおちゃめじゃんw

725 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 12:38:25 ID:WlEI/AFrO
>>724
あれはワロタw
しかしテリーマンは微妙にパンチがないんだよなぁ

バッファローマンはいいな、あの力強さがいいよ

726 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 12:39:33 ID:F4t1OOym0
なんで筋肉マンだよw

727 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 12:42:02 ID:z0zoUuapO
>>725
バッファローマンいいよな
魅力的だはあの風貌片角が伸びるシーン痺れるわぁ

728 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 12:49:10 ID:AGoOJl6bO
スレタイも読めない知的障害者は書き込まなくていいよ

729 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 12:51:06 ID:WlEI/AFrO
>>727
分かるわぁー
キン肉バスターも破りよったしね

サンシャインといえば、「悪魔でも友情はあるんだー!」と叫んで、
アシュラマンが泣き顔になったシーンではウルっときたもんだ

730 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 12:55:10 ID:QA3q1WDI0
福岡市の大橋に住む友人から聞いた話。

友人宅の近所に1階を介護老人用に改装したマンションがあったらしいです。
そこに足の不自由な老婆が一人で住んでいたんですが、足が不自由な為かいつも
ゴミの片付けをしないで家の中も外も凄い生ゴミだらけでした。
ゴミ屋敷と言うよりは、ゴキブリ屋敷といった方がいいくらいに大量発生していて
いつも最後は市の職員が片付けに来たそうですが、しばらくするとまた同じ様になって
と同じ事を繰り返していたそうです。

その老婆には身内が居たらしいのですが、時々息子夫婦の様なのが一緒に同居
してたのですが、息子夫婦も全くゴミを片付けようとはしなかったそうです。
近所では老婆の年金目当てで時々やってくるのではないかと噂されていました。

ある日の事、友人がそのマンションの前を通りかかるとパトカーが何台もやってきて
なにやら起こったのかと見ていると、みんなあのゴミ部屋の中に入っていきます。
近所の人を捕まえて聞いてみるとどうやら老婆が転んだ時に頭を打って死んだらしく
ただ警察も死体より中のゴミとゴキブリに驚いていたらしい。

警察に発表では同居人がしばらく出かけていて一人になった時の事故となっていたが
同じマンションの人達は前の日もそのまた前の日も息子が部屋に出入りしているのを
目撃している。
でも息子本人は何日か家を空けていたと証言、近所の皆さんはあの婆さんは息子に
殺されたんだと言っていた。
でもその息子はどう見てもまともな人間でなく下手なことを喋ると何をされるか
分からないのでみんな黙っていたそうです。
そのうちマンションの誰かが勇気をだして警察に証言に言ったそうなのですが警察は
「うちは担当の地区が違うので」と相手にしてくれなかったそうです。
後日聞いた話ではその婆さん隣近所に息子に殴られて困っていると殴られた痕を
見せながら話していたそうなのですが結局は警察が動く事は無かったそうです。


731 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 12:57:53 ID:F4t1OOym0
>>730
乙。
いつの時代も警察は気分屋さんだな。

732 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 13:06:41 ID:PlxCtxt10
今年のお盆の時の話
ウチの家族で親の実家に帰ってたわけですよ
ウチの親の実家ってのは2階建てで真後ろは山、で左右に家が一軒づつ建っている感じ
で、自分は2階の一番山側の部屋(って言っても2階には2部屋しかないが)で寝ることになった
その部屋ってのは西側に窓があってそこを開いた隣の家の壁って感じになってる
んで全員寝た大体1時か2時ぐらいに不意に目を開けてみたら電気を消しているはずなのに何故か部屋が明るい
なんぞーと思いつつ光の方に眼をやるとどうやら前述の隣の家かららしい、しかもちょっと上の方からから
しかも何かやたらと明る
今考えたら異常な明るさだってけど当時は半分寝てる状態だったから大して気にも留めずに結局その日は寝た
しかし結局親の実家に居た全部の日でその光が現れた
まぁでもどの日も明るくなるのは2時かそこらだったから大して気にも留めずに無視してたわけです
んで自分の家に帰るときに外に出てふと隣の家を眺めたら気付いちゃったんだよなぁ…

隣の家って平屋だから2階建ての家のさらに上に光源なんて無いんだよなぁ
しかもさっき親に聞いたら隣の家はこの前住んでた人が死んで、ウチの家族がいる時は無人だったハズなんだけど…
ウチの親は外灯の光じゃね?とか言ってたけど明らかに光源は隣の家からだし…
今思うとあそこで窓を開けてたらと思うとgkbrするような残念なような(w


733 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 13:19:20 ID:WlEI/AFrO
>>728
すまん、雑談スレと化した某スレと間違えてた
おわびに怖い話投下しておく

友達の姉の話なのだが、数年前に巣から落ちた小鳥(何鳥かは不明、色は真っ白)を保護した
しばらく飼って、元気になったら放してあげようと思い、みんなで窓際に簡易的な巣を作ったそうな
しかし三日くらい経つと、なぜか家の回りに鳥と言う鳥がすべて集まったかみたいに大量に現れたんだと
鳥たちはまるでその白い小鳥を監視するかみたいに、一日中家の回りに止まって窓際を見ていたそうだ
友達の姉は、気味悪く思いながらも、「賢い鳥は仲間を呼んできてしまう」とテレビかなんかで見て納得したそう
しかしその小鳥、看病の甲斐なくどんどん衰弱して、一週間もしないうちに死んだんだ
その日からあんなにいた鳥はパッタリいなくなったらしい

でも小鳥が死んで数日たち、もう監視する鳥はいないのに、友達の姉は「鳥が見てる、私を見てる」と泣き出すようになった
外出もしなくなり、日に日に衰弱して、死んだ小鳥みたいにガリガリに痩せていったんだって
友達の姉がその後どうなったかは教えてくれないけど、友達の家にはいつもカーテンを締め切ってある部屋が一つある
友達宅に遊びに行き、こっそりその部屋の近くに行くと、なんか鳥小屋みたいな臭いがする

いつもなんか臭い、と思ってた位だけど、この話聞いてからそいつの姉がそこにいる気がして近付けない


734 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 13:24:31 ID:EudJIS6+O
>>732
お前が頭おかしいのか、在日なのか、何なのか、本気で考えていたから、
話しの内容があまり頭に入らなかった。入らなかったので、読み返してみたんだが、
困った事にあまり怖くなかった。しかも光源が上って、お前そりゃ月なんじゃね?
とか思ったりもした。でもやっぱりんな事より日本語おかしくね?て思った。

735 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 13:32:39 ID:RYvMebcSO
少なくとも
×づつ
○ずつ
だよな

736 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 13:39:46 ID:EudJIS6+O
>>732
いや、すまなかった。
在日やら変人あつかいやらしてしまって、本当に申し訳なかった。
で、おめでとう!もの凄くおめでとう!やっぱ最初は打ちずらいよな。
俺が言うのもおかしな話しだけれども、慣れればすぐだと思うから、
ゆっくり慣れて使いこなしてくれ。俺の発言で傷付いて諦めないでな。
おめでとう。

737 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 13:44:48 ID:EudJIS6+O
でも、やっぱり光の正体は月だと思うのな。
何でもかんでもオカルトやら幽霊に結び付けんじゃねーよドブスが。

738 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 14:01:09 ID:RYvMebcSO
×ずらい
○づらい
だな
どうでもいいが

739 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 14:58:31 ID:cdyor0h70
中国でのお話

ある村に国のお偉いさんが訪れた。
村人はお偉いさんに様々な料理でもてなした。
ある野菜料理を食べたとき、お偉いさんは手を止めた。
「味がおかしい・・・」
お偉いさんは、料理した村人を呼んだが、特に変わった味付けなどはしていないという。
そこでその野菜を育てた村人をその場に呼んだ。

するとその村人は、泣きながらこう言った。
「指定の肥料と農薬を買う金がなかったので、人糞を肥やしにして、毎日野菜に付く虫を手作業で
取っていました。まさかこの機会にお偉いさんの口に入るとは思いも拠りませんでした・・・許してください。」
お偉いさんはその村人を処刑にした。

740 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 14:59:34 ID:EudJIS6+O
>>738
結婚しようぜ。
そんで、不自由な俺の脳味噌の言語を司る部分の一部を、
人生における、俺のただ一人の伴侶として補って下さい。
そんで、味噌汁作ってください。肉じゃが作ってください。

741 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 15:24:41 ID:lpPP3CA1O
怖くないけど不思議な体験なので書きます
お盆は泳いだら駄目って言うよね
霊に足引っ張られるだとか

俺がまだ高校ぐらいの時に田舎に帰った時の事だ
近所のじいさんから鮎の滅茶苦茶取れる穴場を聞いた
霊とか全然信じて無い俺は舞い上がって夜を待った
※勝手に取ったら怒られる。要は密漁
深夜言われた場所に一人で向かい潜る
いるわいるわデカい鮎共が沢

742 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 15:30:53 ID:lpPP3CA1O
いるわいるわデカい鮎共が沢山
俺はうひうひ言いながら鮎を突きまくった。
休憩しようと岸に腰を下ろした
すると「チリーン、チリーン」て鈴の音がするのよ
一瞬ドキッとしたが目の前の鮎共を無視出来ず突き

743 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 15:32:31 ID:lpPP3CA1O
まくった。
俺が移動するにつれて音も付いてくる
流石にマズいかと思い鮎速攻で全部突いて帰った
知らぬ間に音は消えてた
今考えると怖い

実は霊に引っ張られるとかは迷信で
本当は先祖が帰って来た時ぐらい家に居ろって事で
脅かしで伝えられてきたらしい


744 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 15:33:27 ID:qrthM8VCi
娘(小2)が夜中突然起きて、ひとり言を言い出した。
一度だけなら寝ぼけたのかなと思うのだが、
それが何日か続いたのである日聞いてみた。

「毎晩、なんで起きちゃうの?」
「あんしょが来てくれるから」

あんしょってなんだろうと思い聞いてみると、友達のことらしい。
幼稚園ぐらいのときにも空中に話しかけてたり
してたので、特に不思議とも思わなかったが、
絵がかけるぐらいに成長してたので、あんしょの
姿をかいてもらうことにした。

ゾッとした。画用紙いっぱいに一つ目玉の顔があり、
その大きな顔の中に無数の小さな顔が埋め尽くされていた。
その顔全てが同じ顔でニヤニヤ笑っている。

驚いて娘に「こんな怖いのがあんしょなの?」
と聞くと、絵とそっくりなニヤニヤ笑いで娘が
「こわくないよ、ともだちだもん」と答えた。

その晩、娘が高熱を出して寝込んだ。
うわごとでしきりに謝っている。

745 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 15:39:37 ID:ynwROHLW0
>>472
何人かの創価学会員がそれと同じことよく言ってる
学会に入ると特殊な能力が身につくのかね

746 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 15:40:54 ID:qrthM8VCi
結局次の日には熱が下がったのだが、
娘の話を聞いてみると、あんしょが怒っていたのだそうだ。
絵に書いたこと、存在をしゃべったこと、
楽しいところに連れていこうとしてたこと、
俺に存在を教えたことでそれができなくなったこと。

それ以来娘が夜中起きることはなくなった。

夢とか想像なんだろうが、当時としては怖かった。

747 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 15:45:42 ID:3buPOaKTO
流れ読まずに投下
つい先程の出来事。

スーパーに買い物行って自宅マンションのエレベーターに乗り、重かったので買い物袋を床に置いたんだ。
すると、買い物袋からガサガサと音がする。
まるで誰かが買い物袋の中に手を入れて漁っているかのように・・・。
でも自分以外エレベーターには誰もいない。
音はまだする。
気持ち悪いな・・・と思った瞬間、
「チッ、シケてんな」
と買い物袋付近から声がした。
その瞬間に自宅のある7Fに着いたので、買い物袋掴んで慌てて降りた。

色んな意味で泣きたかった・・・(ノ_・。)

748 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 15:50:57 ID:OYgWS0Aa0
>>746
袋には何が入ってたの?w

749 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 15:53:48 ID:RpimVCcoO
>>746
ねこぢるの漫画思い出した。
高熱出したら変な少年が迎えに来る話。

750 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 15:58:06 ID:46sLQHqP0
子供って夜中突然何かと会話始めたりするよな

751 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 16:12:57 ID:EudJIS6+O
小さい頃は、団地に住んでいたんだが、
近所にでかい総合病院があるのよ。本当に近所で、ベランダに出る窓から
すぐ目の前に病院が見えるんだ。んで、その団地の最上階に住んでた小さな子が、
夜中に大泣きしてたんだって。母親も起き出して、その泣いてる我が子をあやすんだ。
どうしたの?なんで泣いてるの?すると子供は、すぐベランダから見える、
病院の屋上を指さして、あそこに怖い人がいっぱいいるの、みんなこっちを見てると言ったらしい。
もちろん、母親には何も見えない、すっかり怖くなってしまい、その夜は
カーテンをピッタリと閉めて寝たんだって、母ちゃんが笑って話してくれた。俺にまつわる思い出話。

752 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 16:13:52 ID:F4t1OOym0
>>747
そんなん言われたら泣きたくなるなw

753 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 16:24:20 ID:Lg3Q+aoc0
a


754 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 18:45:33 ID:9cAaD8Hs0
まとめサイトのPart195にある『挑発』って話に出てくる
●●●セ ってヤツほんとにいるの?

755 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 18:53:38 ID:AGoOJl6bO
そんなもの読んでないで夏休みの宿題でもやれよ

756 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 21:30:42 ID:m2SRd5P10
子供の頃、俺は夢の中でドイツに居た。
本場のソーセージは美味しいなあ、と思いながら、飲み込むのを惜しんで
ただひたすらソーセージをしゃぶっていた。

目覚めて気が付いた。ソーセージだと思ってたものは、兄貴のちんこだった。

757 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 22:01:09 ID:RYvMebcSO
>>740
ちょっとドキッとしたじゃねーか
だが断る

758 :大学4年:2008/08/22(金) 22:13:38 ID:USgYQNEo0
大学一年の時の話
初めてのテストが終わった後皆で飲み会をしたんだ
その帰りにテンションが上がって友達と家で二次会やることになった
友達の中にはゲーマーが居て、家にちょうどバイオハザード2があったからそれを飲みながら短時間でクリアしようぜwみたいな流れになってた
家について早速用意をするも、メモリーカードが無かったので女の子と二人で友達の家に借りに行くことになったんだ
友達の家の近くには電話ボックスがあって、そこでメモリーカードを受け取る手筈だった
友達からメモリーカードを貸してもらうと、ついて来てくれた女の子から肝試ししてかない?って提案されて行くことになった
友達の家は山の方で、さらに上には浄水施設があり、なんでもそのダムで昔自殺した女の人が居るって噂だった
女の子と二人とかうめーwって思いながら俺はwktkしながらそこに向かった

759 :大学4年:2008/08/22(金) 22:15:34 ID:USgYQNEo0
浄水場へ続く道は舗装されてなくて、細い道で、崖だった
だいたい10分ないくらいその道を進んだ途中で何か気味悪いから引き返さない?って女の子に言われたんでそうすることにした
俺達が帰ろうと後ろを向いた瞬間ガサッって音がして女の子がキャーって言いながら抱きついてきた
うめーwって思ってたのもつかの間で、ここは山で近所でクマも出たって聞いたことを思い出して一気に冷静になった
物音のする方を見るとそこにはクマなんて大きいものが居る気配がなかったので安心して猫かなんかだと思って
女の子に大丈夫、クマじゃないからって言って落ち着けた
そんなやり取りをしているとまだ草むらの方がガサガサいってることに気づいた
キツネかなんかかな?って思って女の子にキツネかなんかかもよ、前に見たことあるんだけど可愛いんだぜなんて言いながら
怖がってる女の子を元気づけてると、今度はベキッって音がした
おかしいと思って草むらの方をそこにはキツネや猫なんてものじゃなくて
長い髪の女の顔があった
俺は逃げなきゃって思ってまだそのことに気づいてない女の子の手をひっぱって走った
浄水場の前まで走った所で追いかけて来ていないのを確認して走るのはやめた
何で何で?って聞いてくる女の子に一生懸命に説明してとにかく早く家に戻ることにした

760 :大学4年:2008/08/22(金) 22:18:02 ID:USgYQNEo0
家に戻ると友達におせーんだよwって言われて実は・・・って話してると俺とについて来てくれた子が
いきなりアハハハハハアハハハハハハ!って叫び出した
一同ポカーンってなってたんだけど、その中でゲーマーの友達が憑かれたな・・・と言ってお経みたいなものを唱えだした
みんなその気迫に圧倒されて、何が起こってるか分かんなくてポカーンとしていた
エイッ!ゲーマーの友達が最後に言うと女の子は力が抜けた人形みたいになって崩れ落ちた
その後ゲーマーの友達が寺の息子で〜ということを聞かされ、そいつにさんざん説教された
おかしくなった女の子もその後変なこともなかったと聞いてるし本当に良かったと思う
俺はもう危ない場所には決して近づかないと心に決めた
連投スマソ

761 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 22:23:52 ID:U1QQ1VxL0
>>758
60点

762 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 22:28:46 ID:LVqZLqPZ0
点数つけてる奴って何なの?
馬鹿なの?死ぬの?

763 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 22:30:30 ID:U1QQ1VxL0
>>762
あ?てめえが死ねよ


















と釣られてみるテスト

764 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 22:36:37 ID:LVqZLqPZ0
>>763
プッ!わ〜い!!釣られまちたねへ〜ん☆
必死やな☆一人じゃ何にもできないケツにウンコつけたオコチャマが顔真っ赤にしながら吠えてまつよ〜ん☆
中途半端なザコはコンビニでレジの練習や検品でもやっとけ!!
ウンコ板→オカ板☆☆ウンコそのもの→>>763のお前☆コレ読んでもっと怒ってねへ〜ん☆
わ〜い☆わーい☆たっのしっいな〜☆また早く釣られてくだしゃ〜い☆エサはありまつよ〜ん☆

765 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 22:39:45 ID:U1QQ1VxL0
>>764
くっそー!!釣られたー!まさか釣りだとは思わなかった!
ちくしょー!今日は腹が立って眠れそうにねえよ!もやさま楽しみ!

766 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 22:39:59 ID:RxIKNcGbO
最後がお前だ!!!って感じで終わる話教えて下さい

767 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 22:43:16 ID:USgYQNEo0
>>761とか
再試にはならなくて済みそうですw
信じるか信じないかはどうでもいいし、ちょっとでも楽しんでもらえたら嬉しいです
理系頭でそういうものを信じてなかった俺にとっては衝撃的な出来事でした
ちなみに場所は某医療系大学の近くです

768 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 22:49:48 ID:V+4y4m6cO
メモリーカードを借りに、って無理があるね。
買いに、ならまだマシだったかも。

769 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 22:53:24 ID:IsXH7tK30
>>758「寺の息子」って…(痛
ゆとり乙

770 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 22:56:24 ID:OFiVU1x20
>>760
>その後ゲーマーの友達が寺の息子で〜ということを聞かされ、

まさかTさん!?

771 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 22:58:17 ID:SVRcbG820
エイッ!って何か笑える。

772 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 23:05:31 ID:xaCTEU850
>>766
一応、こういう話ならそんな感じ

ある夏の夜。夏祭りのときに、夜の小学校の校舎の外で友達13人と鬼ごっこをして遊ぶことになった。
鬼ごっこのルールは、はじめジャンケンで鬼を一人決めて、鬼がタッチしたらそのタッチされた人も鬼となり、だんだん増えていく形式の鬼ごっこ。
で、ジャンケンした結果、A君(佐藤さん)が最初の鬼になった。
鬼は10秒数えて、他の子はその間に逃げる。逃げる範囲は学校の敷地内だったらどこでもいい。
そして、鬼だけは懐中電灯を持ってもいい。
そして、鬼ごっこは開始された。

773 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 23:06:54 ID:V+4y4m6cO
他にもツッコミどころ
浄水場に向かった⇒途中で逃げる⇒浄水場へ⇒戻る

…じゃあ、草むらの女の前を帰りにも通ったんだ。
ふぅ〜んwww


774 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 23:09:13 ID:thhjsk730
>>744
あんしょ怖ええ。連れ去られなくて良かったな。

775 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 23:32:42 ID:xaCTEU850
制限時間は30分。っで、だいたい開始されたのが10時30分くらい。11時になったら一応最初の地点に集まり終了って形にしてた。

っで、やはり夜の校舎は薄気味悪く二人ペアで逃げる人が多い。
5分もたってないうちに、走る音、笑い声、そして捕まえた!という声。
でも、逃げる時はやはり必死でペアを組んでいても逃げるときは別々となり片方が捕まり、片方は逃げ去っていく。
途中で、鬼から逃げて、一人になったD君(砂糖さん)は仕方なく体育館近くのくっさいトイレの3室あるうちの一番奥の一室に逃げ込んだ。
そのトイレは、入り口だけが蛍光灯付いていて、室内の電気はこわれているせいか暗い。
誰々どこ〜?おーい!?という声がちょくちょく聞こえるがD君は見つかるかもしれないというドキドキ感と、怖い!!という2つの思いを感じたまま息を潜め隠れ続けた。
だいたい25分たった頃だろうか、友達の声がパタリとやむ。
(ん?もうそろそろかな。怖いし、もう出ようかな…)
そう思った矢先に、外から地面を踏む足音が聞こえてきた。
(あ、誰だろ…ってか、見つかっちゃうかもな。まぁいいか)
D君はそう思いながらも、一応息を潜めた。
そして、トイレ入り口でピタッと足音が止む。
そこでふとD君は気付く。
(あれ?鬼は懐中電灯持ってもよかったんだよな?でも、室内明るくなんねぇし。付けてないのかなぁ)

776 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 23:44:49 ID:m2SRd5P10
まとめサイトの「表に出ないやばい話」と「自己責任」読んでふと思い出した事がある。
これは心霊とかその類じゃなく、あくまで現実的な話。

日本が将来たどるであろう、最悪のシナリオの話なんだが、「最悪のシナリオ」と聞いて
どんな事を想像する?

まあ右傾向な人なら「日本が中国に攻め込まれた挙句戦争に負けて、中国に併合される」
左傾向なら「日本が中国相手に侵略戦争を始めて、それに惨敗して子孫まで罪が被る事になる」
右傾向なら「だからこそ、日米安保の結束を強めなければいけないんだ!」と
左傾向なら「だからこそ、憲法9条を守り続け、アジア諸国に謝罪を続けなければいけないんだ!」と
それぞれ思うだろうと思う。

だけど、今現実的に起きている事を全て繋げると、そんな生易しい話じゃないらしい。

前述の最悪のシナリオの件に関して、右左共に「中国」というキーワードを挙げると思う。
そりゃそうだ。日本が自主防衛する力がないんであれば、中国なんかよりアメリカに追従する方がマシだ。
だけど現実的に、日本の政治家、官僚、財界人は中国に対して何を行っているか。

政治家は、中国に対して無意味な謝罪を続け、官僚(特に外務省は)中国の意のままに動かされ続け
財界人は中国の利権を握ろうと必死になりつつ、日本人を貪り食い続けている。
それは、単に彼らが「中国からの脅威」を払拭しつつ、「金の亡者」に成り果てたから、という考え方も当然ある。
だけど、その最悪のシナリオってのもを考えたとき、彼らが「ある目的」に向かって動いている、という事が解るはずだ。

777 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 23:45:34 ID:m2SRd5P10
はっきり言うと、最悪のシナリオとは「無抵抗で日本国の主権を中国共産党に全面委譲する」
即ち「無血開城」。

国民にも何一つ知らされず、自衛隊は防衛召集が行われるまでもなく、いつの間にかに「日本国」が
「中華人民共和国日本省」になってしまっている。
当然、自衛隊の中にはそのようなふざけた主権委譲を許さない熱血漢も多い。
ただし、反面先の大戦の反省というものを考える指揮官も多く、「軍独自の独断専行」を許さない人物も上層部には多い。
つまり独立戦争を考える人間も多く居るものの、上層部がそれ全てを握りつぶす事になる。
後に自衛隊は完全に消滅し、日本が再度独立するチャンスは完全に失われる。
以降、日本語を話す日本人は漢民族の奴隷と化し、日本人の血筋である日本人も、漢民族との混血が進んだり
日本語の使用が禁止され北京語を話すようになり、日本人という民族は消滅する。

政治家、官僚、財界人が行ってきた行動、それは「奴隷民族の中での、特権階級の地位を得る為の地固め」だ。

恐らく、北京五輪が、表向き大成功で終わってからその兆候は出始めるのではないかと思う。

これは、俗に「売国政党」と呼ばれる政党だけが問題ではない。
前回の衆議院選挙で、「この政党に入れなければ非国民」とまで言われた、あの政党が最も強く関わっている事でもある。
経団連は中国への投資をし続け、官僚は相変わらずハニートラップに対して無警戒のままだ。

因みに、今のところ日本の実質的な主権や日本の内需を最も重要視しろ!と、更に言うと
ソ連が強奪していった千島・樺太の主権を主張している政党が、日本共産党しかないということ
更に、自称ネトウヨと呼ばれる人種が、その事実を無視しつつ「アカに投票する奴は売国奴」と印象操作している辺り
俺は、もうこの国はダメなんじゃないかと思ってはいる。

778 :本当にあった怖い名無し:2008/08/22(金) 23:49:20 ID:m2SRd5P10
因みに、なんで「自己責任」で思い出したか。

政治家・官僚・経団連の主張が「俺らの意向に従わない奴は、勝手に滅んでも自己責任だ。
俺らの意向に従う奴には、奴隷の特権階級を得る権利だけ与えてやるよwww」
という主張にしか思えないから。

俺は別に預言者でもなんでもなく、状況証拠だけならべて繋げてみただけの話。
そこら辺は勘違いしない欲しいな。

779 :本当にあった怖い名無し:2008/08/23(土) 00:01:06 ID:AGoOJl6bO
スレタイ読んだら消えろ基地外

780 :本当にあった怖い名無し:2008/08/23(土) 00:01:49 ID:5MlB16ZXO
>>765
よう加藤wwwww
ツナギ見つかったか

781 :本当にあった怖い名無し:2008/08/23(土) 00:05:24 ID:xaCTEU850
そう思った矢先。

カチ と音ともに一気に室内が暗くなる。
(…え。ちょ、何電気消してんだよ!誰だよ!めっちゃ怖い。まじ怖い)
キュイキュイと蛇口を捻る音が聞こえ、水がジャーと流れ出す。
(ほんと誰だよ!?何かしゃべれよ!)
ふぅ!ふぅ!ふぅ!という息遣いとともに小さく声が聞こえた
「…よかったのに」
D君はここで一気に凍りつく。鬼ごっこしているやつらは男だけ…そして聞こえてきたのは、女のかすれ声であった。
その擦れ声は次第に大きくなる
「死ねばよかったのに…死ねばよかったのに…死ね…死ね!死ね!!」
最後は叫び声とともに、バン!!!と一室の扉が激しく叩かれた。
「つぁっ!」
小さく悲鳴を出してしまったD君。
その瞬間、一気にトイレの中が静まり帰る。
カツカツ…足音が近づく。
バン! 真ん中の扉が勢いよく開かれる音。
また足音。
(来るな!来るな!)
そして、止まる。
バン!!!!!
D君のいる扉が激しく叩かれる。
D君は必死に扉を中から押す。
(助けて!助けて!)
バン!バン!と激しく扉にぶつかる音が何度か続いたが、ピタっと止まる。

782 :本当にあった怖い名無し:2008/08/23(土) 00:07:07 ID:5oMWk9hhO
やばい。近い時間にまた地震くるぞ。

783 :本当にあった怖い名無し:2008/08/23(土) 00:07:51 ID:MdHECjvV0
wktk

784 :本当にあった怖い名無し:2008/08/23(土) 00:47:41 ID:MdHECjvV0
>>781
終わり?

785 :本当にあった怖い名無し:2008/08/23(土) 01:37:59 ID:MhaaFA6b0
>>745
学会絡みなら「解離」かもね
詳しくはぐぐってください、心身症です


786 :本当にあった怖い名無し:2008/08/23(土) 02:01:55 ID:+nx030XW0
擦れた女の声が扉一枚の先から聞こえる
「 誰か いる  の ? 」
D君は答えない。
ガタ!
目の前の扉がゆれる。
ガタガタ!
D君は扉の上を見た。
十本の指。そして真っ白の手首。
それは…扉を這い上がろうとしていた。

そんなとき、外からA君を含めた数人の声が。
「おーい!みんなどこ?もう、終わろう」
聞こえたと同時に、扉の上を掴んでいた女の手がすっと放される。
D君は魂の底から叫んだ。
「トイレっ!!!早く来てっっ!体育館トイレ!!早くっっ!!」
そして、外から声が帰ってくる
「D!?トイレとか…ずっといたのかよw」
あはは、と友達たちの笑い声。
D君はそのときほど、友達の声で安心できた日はなかった。
友達の足音がすぐそこまで迫ってきている。
(もう、助かった…)
ふと、A君の声
「あれ、お前なんでそんなコート着てるの?」
(…は?)
B君の声
「って、この人…違う!」
C君
「ちょ…逃げ!逃げろ!!!!!」
うわぁーー!という数人の叫び声とともに一気に幾つ物足音が遠ざかっていく。

787 :本当にあった怖い名無し:2008/08/23(土) 02:30:39 ID:+nx030XW0
D君はそっと扉を開け、トイレ内をのぞく。
・・・誰もいない。
そして、意を決して走った!
トイレから飛び出て、校庭の方へ走る。
そして、辺りが見渡せる場所で止まる。
(…いない。もしかして、友達のほうに行った?)
その時、校舎のほうからA君がD君の方に向かって走ってきた。
A君が叫ぶ。
「助けて…助けて!!」
ほんのしばらくすると、A君の後ろを追うように全身真っ黒な服装をした何かが目に入った。
顔は黒く長い前髪に隠れて見えない。しかし、手には、何か包丁のような刃物を持っているのはすぐに分かった。
(やばいっ!!!!)
D君はA君を待たずに反対の方向へ走り出す。

788 :本当にあった怖い名無し:2008/08/23(土) 04:38:28 ID:4LGlUlaD0
そういえば、子供の頃に頭の中で欠陥が切れるようなピシッって
痛みを伴う頭痛が月に一度くらい合ったんだけど、あれって何だったんだろう。
とふと思い出した。

あの頃は、あの痛みが来たら10分くらいうずくまってたよ。
最近は頭の痛みは全く来ないが、1ヶ月に1回くらいの頻度で心臓がズキッズキッと痛み出す。
痛み出したら、10分くらいうずくまってる。そうしないと、多分死ぬと思う。
こっちは深刻だから大きな病院にいって精密検査受けたけど、原因特定できず。

何かに呪われてるのかな?

789 :本当にあった怖い名無し:2008/08/23(土) 05:47:42 ID:9pX8C50q0
よく分からんが、頭の中の血管が切れたような痛み
っていうのは自分も体験したことがある
>>788と同じように小さい頃ね
心臓が痛くなるっていうのはないが
胸が痛くなるっていうのは何回かあったな
頭痛とともに原因不明だった
どちらも時たまの痛みに悩まされることはあったけれども
最近じゃ痛むこともなくなったし
心霊的な何かに襲われたこともないから
そんなに怖がる必要はないと思うよ

790 :本当にあった怖い名無し:2008/08/23(土) 07:11:24 ID:9EDfS4E/0
>>745
特殊な能力が身に付くんじゃなくて、人として大事なものを失うんだよ
その結果変人という肩書きが付加されることにはなるが

791 :本当にあった怖い名無し:2008/08/23(土) 07:13:43 ID:9EDfS4E/0
>>788
神経痛とかじゃね
まあ病院で精密検査受けてパスなら心配するこたないと思う

792 :本当にあった怖い名無し:2008/08/23(土) 08:59:49 ID:phmp73pw0
>>777
おk。

793 :本当にあった怖い名無し:2008/08/23(土) 09:28:13 ID:ChQG5Qar0
狭心症だろ、jk。

794 :本当にあった怖い名無し:2008/08/23(土) 10:15:56 ID:TRrzLfcvO
あの娘のことを考えると胸が苦しくなる……なんででしょうか?

795 :本当にあった怖い名無し:2008/08/23(土) 11:37:24 ID:VrXQ5uON0
>>790
そういや、祟られ屋シリーズでそんな事書いてあったな。

あのシリーズで、「アリサのストーカーを成敗する」っていう節でいやな事を思い出してしまったよ。

知り合いが突然「400万の借金を残して夜逃げしてしまった」という事があった。
で、最も仲が良かったのが俺だったんで「お前ならそいつの行き先を知ってるだろ。早く教えろ
じゃないと、債権回収団体(まあヤクザだわな)がお前を訪ねて、痛い目に遭わせる」と言われたんだよ。

話が全然見えないし、そもそも俺は4日間くらい出張で地元を離れていたので、行き先どころか
何があったのかすら知らない。ちゃんと説明してくれ、と言った。

その知り合いは、随分と前から彼女と同棲していて、生活費とかも共同で支払う事になっていた。
ところが、半年前くらいだったかから生活費を払うどころか、家にも帰ってこなくなってしまった。
家にはそいつが残したと言われる大量のガラクタが放置されており、更にそいつは浮気までしていて
その生活費・迷惑料込みで400万払え、との事だったらしい。
それからそいつへの個人攻撃が繰り広げられていた。
個人情報や顔写真はうpされ、指名手配写真のようなコラ写真まで作られ、実家の住所まで晒されるわ
まあなんだってそうだけど、そういう祭りの時の2ちゃんねらーの熱の盛り上がり方って異様だわな。
そういった事が、どうやら俺の居なかった4日間に行われていたらしい。

だが、俺は知っていた。
奴の彼女が、虚言癖と妄想癖のあり、DV癖まで持ってるメンヘラであるという事を。
行方不明になる前に奴と頻繁に会っていたのだが、腕のあざを見られるのを嫌がっていたらしく
夏場だというのにずっと長袖のシャツを着ていたということも。

むしろ、その祭りに乗っかった人間以外、全員その事には気づいていたらしい。

特にオチとかそういうのはないけど、人間どういうきっかけで世の中から抹殺されるのか解らないって話。
結局、心霊とか呪いとか色々歩けど、一番怖いのは人間そのものって事なんだよ。多分。

796 :本当にあった怖い名無し:2008/08/23(土) 12:45:45 ID:9EDfS4E/0
>>794
あの娘が丑三つ時に何かしてんじゃね

797 :本当にあった怖い名無し:2008/08/23(土) 13:24:35 ID:m5Sp02uX0
書いたらめちゃくちゃ長くなりました。お許しください。
僕の体験を聞いてください。

あだ名がミミズという小学校4年になる少年がいた。
あだ名の由来は彼の名前にもあったが性格にも関係していて、
引っ込み思案で弱弱しい少年だった。風貌も薄茶色のTシャツの日が
多く、目は重々しい二重で少しギョロ目の細顔。
春に転校してきて早速他の男友達になじられる存在になる。
別に嫌われていたわけではない。

そんな彼を人一倍なじっているのが僕だった。
その頃の僕はいい意味で素直な性格、悪く考えるとわがままな
性格だった。とりあえず自分が一番という・・大人になって
考えるといやなガキ。
僕のような性格のやつとミミズが仲良くなるなんて誰が想像
できただろう?周りには友達はいたし、別にミミズと二人で
遊ぶ必要もなかった。でも僕はなんとなくミミズが気に入って
いた。子供の時僕と似たような性格をしていた人にはわかって
もらえるだろうか・・・丁度いい子分になるような、決して
対等ではない友達。
よく話すきっかけになったのはやはり共通の趣味・ガチャガチャ集め
だろうか。とある漫画関連のガチャガチャだったわけだけど少しマイナーで
話が通じたのはミミズが初めてだったわけです。

こうして日々半分は他の友達と、半分はミミズと遊ぶようになった。
ミミズと遊ぶというと僕が勝手に提案したガチャガチャ競争が主。どっちが
先にシリーズを集められるか・・とかいいつつ、本当に嫌なガキの僕は
平気でミミズから欲しいガチャガチャを横取りしていた。ミミズは困惑した
表情をすると苦笑いでそれを容認してくれた。
僕はいろいろと彼にわがままを突き通して平気でいたのも、実は
”遊んでやってる”という気持ちをもっていたからだ。

798 :本当にあった怖い名無し:2008/08/23(土) 13:26:49 ID:m5Sp02uX0
ミミズは自分から人の輪に入るのが苦手で、こっちから話しかけないと
来ないからしばしば一人になることが多かった。ミミズ自身も別に1人
でもよさそうだったけど・・

えらそうな僕はもらうだけじゃ悪いからとはずれのガチャガチャを
ミミズに押し付けたりもした。ミミズは目をキョロリと動かして
「ありがとう」ともらってくれる。満足する僕・・

僕「僕そろそろ家戻る」
他の友達「え?もう?」
僕「うん、ミミズが僕んちくる約束なんだ」
他「お前ほんとにミミズと仲よしだなーあいつ話しかけても
ギョロギョロしててよくわかんないよな」
僕「ミミズとは***(漫画のタイトル)の話ができるからさ」
夕方になって空が赤くなる頃玄関に戻るとミミズが待っていた。

部屋で話しているとき(僕がほとんど一方的に話してた)、
なかなかでてこないガチャガチャの話をしていると珍しくミミズが顔を
あげて話し始めた。
「僕の兄ちゃん・・それもってんだ」
「え!兄ちゃんも集めてるんだ!」
「うん・・今は受験のために集めるのやめてるけど・・かざってある、2個」
「!!」
興奮した僕は早速催促を始めた。「2個あるなら1個もらってこいよ!」
いつにもまして困惑したミミズだったが、僕は無理やりまるめこねて
彼を説得し、「じゃあ聞いてみる」といわせることに成功した。

799 :本当にあった怖い名無し:2008/08/23(土) 13:27:17 ID:NTC3Ds3D0
皆様乙!「ヤマキの墓」がらみの話を書いたモンです。

カキコの後で少し気になったので「ヤマキの墓」について地元の人に色々聞いてみたんですが、謂われが有るみたいなので、追加します。

昔あの墓がある辺りにやたら強い落ち武者か何かが住み着いて食い物やら女の人やら盗んでいたらしいです。そいつが「ヤマキ」らしい。
ヤマキの悪さは許せないが強くて敵わない。そこで、そいつを用心棒として雇って食事とか生活の面倒はみる代わりに女の人は返してくれって持ちかけたそうです。
ヤマキの方も、何時までも一人で強盗家業が続く訳でもないので、条件をのんで用心棒になったそうです。
でも、用心棒に雇うって言うのは口実で、娘や許嫁を傷物にされた恨みを油断させて晴らそうって事だったらしく、最後は酒で酔わせて皆で滅多切りにしたらしい。
だまし打ちですね。
そんな感じで「ヤマキ」は片付けたんだけど、死体は酷たらしいわ、だまし討ちの負い目はあるわで、一応死体の肉片をかき集めて坊主を呼んで丁重に葬ったらしい。

ってのが「ヤマキの墓」のスプラッターな伝説です。

掘り返したのに大した呪いが無いのが不思議だ。

800 :797:2008/08/23(土) 13:28:30 ID:m5Sp02uX0
次の日、見事にミミズは幻のガチャガチャをゲットしてきた。乱舞してる僕を
見てミミズも満足してるようだったが、急にまた目をギョロッとさせて
「実は・・兄ちゃん昨日友達の家に泊まって帰ってこなくて・・
勝手に持ち出したから・・その・・」自分でも何をいっていいかわからないよう
だったし、僕もそっか正式に持ち出したわけじゃないのか・・と少し後ろめたさ
を感じたが、すべてはミミズとミミズ兄の間のことであって僕には関係ない
として、ただただガチャガチャをゲットしたことを喜ぶことにした。

1週間かしたか、ある日のこと。すごく暑い日だった。セミがうるさく鳴き始め
僕もイライラしていた。僕はセミの鳴き声は正直好きじゃなかったし、その後の
人生でも好きになることはなかった。忘れられない1日の始まり。

801 :797:2008/08/23(土) 13:30:16 ID:m5Sp02uX0
教室に入って席にドスンと座ると、ミミズが自分の席から立ち上がり、珍しく
僕のほうに自ら近づいてきた。「おはよ・・」言いかけたときにミミズの顔が
蒼白になのに気がついた。「○○くん・・あのさ・・兄ちゃんが気づいてさ・・」
「2個あるなら1個くらいくれてもいいじゃん・・っていっといてよ」
いつにもなく強気で無礼な僕。どうしてもそのガチャガチャを手放したくなかった。
「いや・・それが・・1個しかなくなっちゃって・・その。。」
「え?1個?2個あったんじゃないの?」
ごにょごにょ言うミミズからの説明をなんとか僕は理解した。
この間ミミズ兄がいない間にガラスケースからとったガチャガチャは僕用の
1個ではなく2個だった。ミミズもそのガチャガチャの中身をよくみたかったらしい。
しかしミミズはそれをなくしてしまった。なくしたのはなんとも早い次の日の
ことだった。ミミズ兄はしばらく気づいていなかったが昨日ついに気づいて
しまったらしくカンカンだという。なくしたことは告げてないものの、とりあえず
1個返せば機嫌を直してくれるはずだとのこと。

ただガチャガチャを返せばいい・・なのに・・僕はどうしてもどうしてもそれを
手放したくなかった。もとはといえばミミズ兄のものであるにもかかわらず。
僕は意味不明な理屈を重ねて断固拒否の姿勢をとった。ミミズはもう泣いてる。
ギョロ目が潤んでひどく気の毒な顔になっていたのに・・
「僕はお前にもらったんだぞ!お前の兄貴にもらったわけじゃないし!
なんでお前の兄貴に返さなきゃいえないんだよ!」
「おねがいだよぉ〜・・兄ちゃんイライラしてて・・すごく怒られる・・」
「しらねーよ!あー・・だったらだせばいいじゃんガチャガチャいって」
「むりだよぉ・・そんなことわかってるくせに!」
キッとミミズが僕の顔をにらみつけた。(初めてミミズのこんな顔を見た・・
ミミズのくせになんなんだよ・・)僕は顔をそむけて知らないふりをした。
しばらくミミズは僕の隣でたっていたようだが、先生が入ってきて目線を
戻すとミミズは窓際に席に戻っていっていた。
「・・しらねーよ・・ほんと・・」
あの、ミミズが僕を睨みつけた目が・・それが僕が見たミミズの
最後の目、そして顔。

802 :797:2008/08/23(土) 13:32:03 ID:m5Sp02uX0
朝あんなに晴れていたのにものすごい夕立がきて、
車がスリップしミミズに激突した。即死だった。
ガチャガチャのある店の前で・・
僕に初めてとてつもない罪悪感がのしかかってきた。
葬式の時にもまともに写真を見ることができずひたすら心のうちで
謝るばかり・・ 

勘違いでもなんでもない。あの日僕が返さなかったから
ミミズは店のガチャガチャをやりにいったんだ。わらにもすがる思いで!
そのときはねられたんだ!それでしんだんだ!!
ミミズが死んだ!!!僕のせいで・・?

初めてづくしの一日だった・・初めて自分の行動を恥ずかしく思ったし
初めて自分の性格というものを考えた。そして何より
初めてミミズの立場になってみたのだ。

ミミズはなんであんなに僕のわがままを許してこれたんだろう・・
僕はあんなことされたら絶対怒るのに、蹴りいれてるのに。
いらないガチャガチャなんて渡されても困るだけだし、ずっと馬鹿に
されたら・・ 自己嫌悪になりながら寝床についてその日は電気を消した。

803 :797:2008/08/23(土) 13:34:47 ID:m5Sp02uX0
暗闇の中にガチャ玉が浮かんでた。中にはあの幻の怪獣が入ってる
ミミズの兄貴の・・でも今は僕のだ!
中の怪獣が叫び始めた。
小さい目のはずなのになんだか大きく見えてきた、おかしい、こいつに
黒目はないはずなのに・・  
キョロリと僕を睨んだのはミミズの目
「まっくらだ!ここはまっくらだよぉ!」


青ざめて目覚めるとすぐ横からコツリと音がしてガチャポンが
落ちた。夢の中のガチャポン・・ミミズから僕が奪った・・!
僕は幽霊はいると信じていたからこの偶然が偶然に思えなかった。
それから5日間ほど僕は似たような夢を見続け、ミミズがすぐそばで
睨みつけている感覚がどうしてもとれず日に日に食欲がなくなっていった。

家族はもちろん僕の周囲の人たちも僕の異変には気づいていたようだが
大切な友達が亡くなったショックだろうと思って当然だった。

「・・悪かったよ・・許して・・!」何をすれば許されるのか
考え続けていた。そしてふと気づいた、というかなんでそれまで気づかなかった
のか。夢の中でもガチャガチャがでてきてたじゃないか・・もしかして返せば
ミミズも無事成仏してくれるんじゃないだろうか・・と。
そんなことで許されるもんなのか・・でもとりあえずこれはもともと
僕のものじゃないんだ。返さなきゃいけないんだ。

804 :797:2008/08/23(土) 13:36:49 ID:m5Sp02uX0
ミミズの家に呼びかけるとミミズ兄だろう人がでてきた。意外とミミズには
似てない目をしていたが表情をギョッとさせた、というのも僕の顔が相当
やつれていたらしい。。
「僕××(ミミズの名前)くんの友達です。それで・・これ・・」
「・・あ、これか。あいつ。。君に渡してたんだね」
「はい・・あの、お返しします」
「いいよ。あげるよ。最後に君にわたしたんだろ?」
「返します お願いです・・お願いだから」
泣き崩れてしまった。もう子供の僕には限界で全て話してしまいたくなって
ミミズ兄に夢のことなど全て話してしまった。ミミズ兄は長い間黙っていた。
「そうか・・そんな夢を見ちゃったんだね 怖かっただろ」
「・・当たり前なんです。あいつにひどいこと沢山したし・・!」
「でもさ、○○くん。あいつはそんなたたるような性格してないよ。」
「・・・」ああ確かにミミズが人を恨んでたたるような性格には見えなかった。
「きっと夢とか××の気配とかもさ、○○くんが自分を責めるから見えたり感じたり
するんじゃないかな。」
「・・・でも・・」
「・・それに実をいうと、あんまり人には言ってないんだけど君には特別に
教えてあげるけどね」
「はい・・・?」ミミズ兄は声を潜めて話し始めた
「俺霊感あるんだ。親にも内緒にしてるんだけどね。今君の周りにはなんにも
いないよ。もちろん××も。」
「ほんとに?」
「本当さ。いいか、結構幽霊とかって人の勘違いが大半なんだよ。君は反省
してるんならそれでいいじゃん、な!」
僕は単純だったこともあって霊感があるという人が僕の周りに何もついて
いない、というその言葉だけでスーっと肩が軽くなっていった。

それからの2,3日して僕はすっかり元通りになっていた。好き放題に遊びまわり
食べまくりもした。変わったといえば少し前よりは思いやりという心が増えたはず

805 :797:2008/08/23(土) 13:38:25 ID:m5Sp02uX0
あれは何日後のことだったか。暑い晴れた日の放課後みんなで野原に囲まれた
土の上でサッカーをしていた。ミミズのことなど皆忘れていた。
僕も正直もう切り替えていた。これからは皆にあんなわがままはしない!

ボールが僕の頭上を大きく飛んでいった「とってくる!」
野原をかきわけていくと最近は遊びに使わなくなった小川が見えてきた。
思えばその頃から川が汚くなり始めていて皆臭いといって近づかなかったのだ。
ボールは川の一歩手前で止まっていた。ボールを手にとると自然と濁った水面
の中にあるゴロゴロしたものが目に付いた。
大量のガチャガチャ。。僕らが集めてたシリーズの人気のないやつ、僕が
ミミズに押し付けた・・
後ろに冷たい気配と冷たい感触が襲ってきて振り向こうとした時、されるがままに
僕は川の中に突き落とされた。
川はあんなに日が照っていたのにひどく冷たかった。だがそれ以上に足元に
激痛が走る、そのとき僕の足にひびが入ったらしい。思ったよりも小川は
深くて仰向けにのんびりしていたら溺れてしまうから必死で身をおこして
いたが冷たいし痛いし、でも足が痛くて起き上がれなくてだんだん感覚が
なくなっていった。このままじゃ死んじゃう!「だっ誰かー!!たすけてー!」

806 :本当にあった怖い名無し:2008/08/23(土) 13:52:39 ID:LL5EHTkN0
test

807 :本当にあった怖い名無し:2008/08/23(土) 13:56:56 ID:LL5EHTkN0
南洋の遺骨拾いがあるじゃないか。今も続いてるかどうかは知らないけど。
そのときに従姉の祖母の友達が回収した遺骨、それを従姉が大学院でDNA鑑定しようとしたんだけど
三○財閥のなんちゃらの血統どころか養豚の豚の核酸が丸ごと採れたらしい。
彼女は祖母に遺骨の回収について問い質したが、途中でそんなものが混入するはずもないし
豚骨はかなり前に野晒しになったものだ。もっとも、拾ったときに豚骨だったかが疑われているのだが。
親戚では、理系博士で未だに研究室に残っていて行き遅れから負け犬になりつつある従姉が
浅ましい動機と祖父や自分達(従姉自身を含む)へのとんでもない疑いから遺骨の鑑定なんか考えるから
骨が変質したということで落ち着いている。
test送信のときは、空鳴りもしなかったしタブーなことでもないようだ。
過去スレで、先祖の話を送信しようとして体調崩した奴とか居たからびびってたんだが。

808 :本当にあった怖い名無し:2008/08/23(土) 13:58:14 ID:hy82pRaxO
しえん

809 :本当にあった怖い名無し:2008/08/23(土) 14:22:22 ID:MeVL0VohO
>>742>>743みたいに、お盆に釣りなどで水に近づいたらチリンチリンって鈴の音が近づいてきて耳元まで迫ってくるって言う話、どっかのサイトでも見たし、うちの父も体験してるんだよね。不思議。

810 :本当にあった怖い名無し:2008/08/23(土) 14:49:23 ID:1FrSEAITO
>>805
続きキボンヌ。

811 :本当にあった怖い名無し:2008/08/23(土) 15:05:32 ID:VrXQ5uON0
しかし星野ジャパン負けちゃったなあ…

あれの殆どが読売の陰謀としか思えない俺って、やっぱ病んでるのかな。

812 :本当にあった怖い名無し:2008/08/23(土) 15:07:20 ID:VrXQ5uON0
すまん誤爆した。

813 :797:2008/08/23(土) 15:54:00 ID:Zd/SYbRu0
連続投稿でストップかかってました。続き↓


野原にはミミズが立っていた。僕の体温はさらに下がっていった、なんだ?
これも幻覚なのか?幻覚だからミミズの髪がそよ風になびかないのか・・
ふと僕は(僕はここにきちゃいけなかった)と悟った。ここはミミズの秘密の
場所だったんだ・・なぜか頭の悪い僕にもわかった。目の前に立っている
無表情のミミズの気持ちがよくわかる気がした
背中を押したのはきっとミミズだったんだろうけどそのときは必死だった
「助けて!たすけて・・足が動かない・・このままじゃしぬ!」
ミミズなら助けてくれるだろ・・

いつもよくみたミミズの顔だ、困ってるけど笑ってる顔、ギョロ目を
細くさせて・・今ではその目から涙をしたたらせて・・
「ぼくはそんないいやつじゃないよ・・」

ハハハハハとミミズが笑う途中で僕の意識は途切れた。

814 :797:2008/08/23(土) 15:55:57 ID:Zd/SYbRu0
病院で母に頼んであのガチャガチャをミミズ兄に渡してもらうよう頼んだ。
断れても絶対に渡すようにと。それからは夢の中でも現実でも彼に
会うことはなかった。
あれからミミズ兄とも会ってないが、思うに霊感があるといったのは
僕を落ち着かせるためについた嘘だったんだろうと思う
ミミズはやっぱりあのガチャガチャを返して欲しかったんだ。

あれから僕はだいぶ考え方がかわった。まあまともな考えをするようになっただけ。
その後もミミズのような人間に会うが、なんでもなさそうな顔をしている彼らも
恨むということを知っている。決して許してくれてるわけではないのだと。
僕自身も天狗にならないように気をつけている。

読みにくいところもあり申し訳ありません。それでは失礼しました。
 

815 :本当にあった怖い名無し:2008/08/23(土) 16:34:57 ID:VrXQ5uON0
最近気が付いたら、まとめサイトばっか見てるな…

「ヤマニシさん」開いたら、なんか頭のてっぺんの方が引っ張られるような感覚を覚えた。
これってヤバいのか?

816 :本当にあった怖い名無し:2008/08/23(土) 16:42:18 ID:NTC3Ds3D0
>>815

恐怖を感じると髪の毛も立つから、それで引っ張られる感じじゃないの?

817 :本当にあった怖い名無し:2008/08/23(土) 17:13:57 ID:2zUkYcVi0
>814
乙。こわかった。


818 :本当にあった怖い名無し:2008/08/23(土) 17:34:38 ID:q7Op0/dr0
天狗にならないように気をつけながら、他人をいじめるようになったのか
かちこいな

819 :本当にあった怖い名無し:2008/08/23(土) 17:55:22 ID:c+aUOW0jO
>>789
同じ症状でたことある
病院で検査しても原因不明

本当は怖い家庭の医学で神経性の病気に似たやつあるらしいからそれかと疑っている

神経だけの痛みだからレントゲンにも写らないし、通常の病院どはわからないらしい
痛さは半端ないから虚言に取られることも多いとか

820 :本当にあった怖い名無し:2008/08/23(土) 18:08:39 ID:lBwfTlj0O
明和のマンガ板にキン肉マンスレ頼む

821 :本当にあった怖い名無し:2008/08/23(土) 18:42:47 ID:lBwfTlj0O
激最近みないな死んだか?

822 :本当にあった怖い名無し:2008/08/23(土) 19:59:08 ID:MQsunnyo0
おい、洒落にならないんだ誰か助けてくれ。
一昨日、昨日連続して猿夢を見ちまったんだよ、きまって2時〜2時半頃に
目は覚めるんだがマジでやばい、昨日はスライスカット駅とかいう卵のサラダに
盛り付けるためにスライスする機械に放り込まれそうになったところで
目覚めたんだ、決まって夢見る時間をずらして寝れば大丈夫かねえ・・・?

823 :本当にあった怖い名無し:2008/08/23(土) 21:06:56 ID:AFNfDh4p0
ああ、あの機械か・・しぶいな

824 :本当にあった怖い名無し:2008/08/23(土) 21:13:11 ID:C+dEQnkgO
逆夢になる

825 :本当にあった怖い名無し:2008/08/23(土) 21:56:05 ID:cPVL3W8zO
まとめ教えて下さい

826 :本当にあった怖い名無し:2008/08/24(日) 01:02:38 ID:GXquGl32O
霊体験じゃないけどちょっとした小話


子供の頃、とある自然公園に行った時の事。

草むらで10a位のバッタを発見し、友達に見せびらかそうと思い捕まえようとしたら指を噛まれてしまった。
驚いたし痛いのでバッタを引き離そうと腕を無茶苦茶に振ったら、見事バッタは飛んで離れて行った。

と思ったら飛んで行ったのは体だけで、バッタは頭だけの状態で俺の指を血が出るほど強く噛み続けていた。

それを見た俺は悲鳴をあげ、その悲鳴を聞き付けた大人達に手伝ってもらってなんとかバッタから解放されたが、それからしばらく虫が苦手になってしまった。

827 :本当にあった怖い名無し:2008/08/24(日) 01:20:10 ID:DxNKwzoG0
虫に噛まれると痛いよな


828 :本当にあった怖い名無し:2008/08/24(日) 04:37:24 ID:7boNpiwM0
>>472
これってさ
ティリポーティーションに突っ込んでほしかったんじゃねーの?ww

829 :本当にあった怖い名無し:2008/08/24(日) 07:16:40 ID:XD4tiez10
>>797
ふーむ。なんかいろいろ考えさせられる話だった。
書いた人、おつでした!

830 :本当にあった怖い名無し:2008/08/24(日) 08:09:52 ID:20SnFNiW0
>>797
自分も気をつけようと思う。
無意識に人を選別してしまう時が確かにある。

831 :本当にあった怖い名無し:2008/08/24(日) 10:18:59 ID:wdf9o3N20
>>825
>>1にあります

832 :本当にあった怖い名無し:2008/08/24(日) 20:27:36 ID:l3tfdxbK0
今近所の学校で盆祭りをやってるんだが、俺は盆祭りに良い思い出がない

7年前の今頃の話だ。そう、今日みたいに近所の学校で盆祭りをやっていた。
俺の近所には坂を挟んで小学校と中学生があって、盆祭りは毎年その小学校でしてる。
小学校のころよく行っていた思い出がある。太鼓の音や、ガヤガヤとした雰囲気が俺の家の中に響いていた。
久しぶりに行ってみようかな、と俺は思ったんだ。
50円を入場料の形で取られた思い出があったから、俺は部屋から財布を取った。
その時目に入ったカレンダーを見て、俺は一つあることに気づいた。
小学校でやってる盆祭りを今やってるのはおかしいんだ。何せやる日はその日から8日後なんだから。
それに気づいた俺の背筋は凍ったね。
まだ8時だったが、俺は塩をまいて寝ることにした。台所から塩を取りに行く途中、俺は重大なミスをしでかしてしまったんだ。
家中の窓が開いている。俺はクーラーをつけると気分が悪くなるから、扇風機と自然の風だけで夏をすごしてたんだが。
今から窓を閉めにいって何が起きるか分からない。俺は塩を持って自分の部屋に入った。
入った時に、なんていうんだろう、形容できない寒気、言い知れない恐怖がさ、つま先から頭までのぼってくるわけ。
声を出そうとしても、喉に穴があいたようなヒューという掠れた空気の音しか口からは出なかった。
ひょっとこが居るんだよ。祭りのとき売ってる面のあのひょっとこだよ。
そのひょっとこがさ、どんな踊りかは覚えてないが、踊ってるんだよ。まだふしぎなおどりでMP吸われる方が良かったね。
でさ、そのひょっとこさ、よく見るとね、顔中真黒に変色して腫れた人間の顔なの。
腫れてるからさ、口があの口みたいにひん曲がって、三日月みたいな目になってんの。
そいつが踊ってる間、俺は全く動けなかった。金縛りとかじゃなくて、怖くてだと思う。もう目の前が真っ暗になりそうだった。
動けない間も、外の聞こえるはずがない祭りの音が聞こえてて、そいつ、それに合わせて踊ってる感じがした。
で、そいつがさ、スゥーってそのままの格好で俺に近づいてくるのね。俺の心臓が破裂しそうになる寸前、そいつは俺の耳元で何か囁いた。
何言われたかは覚えてない。思い出したくもないしね。それで俺の目と耳からそいつらはいなくなった。俺はその場に崩れて動けなかった。

833 :本当にあった怖い名無し:2008/08/24(日) 20:30:48 ID:l3tfdxbK0
ちょっと続きがある。
毎年、そいつらがやってくる。その日にね。祭りの音とひょっとこ。で、あの日みたいに消えていく。
でもね、最近変化があるんだ。ひょっとこの声がちょっと聞こえるようになった。
「あと4回」って囁くのね。あと4年したら、一体何があるんだろう。今日も、7回目の盆祭りの音が聞こえるよ。

834 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 01:43:46 ID:O/JhPOt2O
>>788
漏れも子供の頃後ろを振り向いた拍子に頭の中の神経切れた様な激痛と、火傷するかと思う位の熱さを感じた事が多々合ったな…
今は無いけど。
心臓は専門の先生がいる大学病院で見てもらった?
もし、まだなら早く行く事をお勧めします。

835 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 02:42:16 ID:2Dn7gSuZ0
他人が聞くとそう怖くないかも知れない話だけど、私の実体験の中で怖かったことを書きます。

数年前のことだけど、あるチャットでの会話に毎晩参加していました。
そこはいつも同じ常連さん達がいるチャットで
毎晩のように同じメンツでたわいのない会話をしていました。

そんなある夜のこと、いつものようにそのチャットに入ってみると、
いつものメンバーではなく、はじめて見る見知らぬハンドルネームの人たちばかり4、5人での会話になっていました。
雰囲気が違うのでおかしいなと思いつつも、URLも間違いなく
いつもの場所なのを確認し、間違いがなかったので、
戸惑いつつも、私は、しばらくその見知らぬ人たちの会話の様子を眺めていました。
会話の内容はなぜか、○○さんが先日自殺したとか、
△△さんはまだ死なないだろうとか、そういう会話の流れになっていました。
(○○さんとか、△△さんとか名前が出る人にも心当たりがありませんでした)
なんだかそういう会話ばかりで、場違いなところに来てしまった思いでゾッと寒けがしてきて
違うサイトでも見ようと、私はいったんそのチャットを抜けました。

でも、おかしいなと思う気持ちが強く、ものの5,6分後に
もう一度同じチャットに再入室してみました。
すると、そこにはいつもの見慣れた常連さんたちの名前が並び、
いつもの、たわいもない会話の光景になっていました。

私はキツネにでもつままれたような気持ちになり
チャットをしている常連さんたちに「さっき、みんな居なかったよね?いつ来たの?」と訊ねました。
常連さんたちは「1時間くらい前から、いつものようにみんな集まってたよー」みたいな答えが返ってきました。
「さっき、知らない人ばっかりだったんだけど・・・」と言っても
そういう人たちのことは知らないという返事
・・・・
私が数分前に入室したときの、あの見知らぬ人たちのチャットの光景は一体なんだったのでしょう…
あのときは本当に怖くてたまりませんでした。
それ以降は、あの見知らぬ人たちのハンドルネームは一度も見かけませんでした。

836 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 03:26:22 ID:NPwPFzxE0
首を動かした瞬間にぐきっと音がして痛みが走って、じわっと何かが頭の中に広がる感触が起こることがあった
かるい痛みから頭を抱えるほどの痛みまで様々だったんだがあれは何だったんだろう

837 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 03:59:54 ID:oH8wRETcO
息を吸うと肺だか心臓だかがやたら痛くなる事は小さい頃からよくある

838 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 04:18:28 ID:KnIzId0JO
>>41
お主は何処に打ちつけておるのだっ?
by篤姫

839 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 04:27:03 ID:NPwPFzxE0
あと体を捻ると肺の中からゴリゴリ音が聞こえることがあるな

840 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 06:17:42 ID:yyo7UGCl0
痛みがある奴らはスレに書き込まずに病院池

841 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 09:56:34 ID:jynJpyDu0
日記、チラ裏レベルの話のなんと多い事か!

842 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 11:01:44 ID:H3Ls+nMnO
>>836
そりゃ単に筋肉が固くなって血管を圧迫してて、音を鳴らすことによって一時的に血の巡りが良くなったから起こってるだけかと

病院よりもマッサージか運動をお薦めするよ

843 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 11:34:26 ID:8b4jrl/2O
死ぬほどどころかほんのりですら無いレベルなんだが自分の話
怪談を見たり聞いたりすると途端に眠くなる。最初は無意識の内に恐怖から逃げようとしてるのかな?もしくはつまらないからかな?と思ったけど
最近違う事に気付いた。どうもヤバい話になればなる程眠気が強くなり、読んだら出る、死ぬ系を読むと下手したら一日寝続けてしまう。

これってヤバいのかな?霊感は無いけどたまにこのまま死んじゃうんじゃないかと思うくらい眠い時もあるしさ


844 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 11:41:26 ID:iUP/3ruw0
>>841
お前みたいなやつがレスするんで書き込む気になれんな

845 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 12:00:28 ID:E1WtqzSm0
おう、書くな書くな。
お前みたいなのが書く話なんて知れてるぜw

846 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 12:08:11 ID:iUP/3ruw0
>>845
お前みたいなレスするやつが一番最低な種類なのはあきらか
書き込んだ人にとっては怖かった体験で文章打ち込むのもひと苦労なのに
それに対し、安易にひとことボソッとひどいレスするやつがいると誰もが書き込み気無くす

847 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 12:10:39 ID:kDLZeXnM0
>>844
同意

848 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 12:21:22 ID:8b4jrl/2O
人間の方が怖いな


849 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 12:27:42 ID:H3Ls+nMnO
確かに
文章書いた本人にとっては、一行で否定される方が怖い話だな

850 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 12:37:55 ID:eJd5iwwy0
3年前、夜の10時ごろに近所のツ○ヤにビデオ返しに行った帰り道、
後ろから「パパーッ!パパッ!!!パパァァァアッ!!」ってけたたましい叫び声が聞こえて
振り返ると、お腹パンパンの妊婦がすごい形相で走ってきててさ。
何事かと思ってちょっと固まったんだが、周り見ても「パパ」らしき人どころか、時間が時間だから俺以外に誰もいないんだよ。
これはヤバイと本能で感じて全速力で逃げた。「ヴア"ア"ア"ア"ア"ア"ッッ!!!」みたいなすごい咆哮がしたがとにかく逃げた。
その2日後ぐらいに、近所で赤ん坊の死体がのゴミ袋に入れられてゴミ捨て場に捨てられていたと新聞で報じられた。
その事件の真相はまだ分かっていない。

851 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 12:39:54 ID:pRrR9rxx0
>>846
書く気なくしてるのに書いてるじゃんw
そういうくだらねえ愚痴を書き込むくらいなら怖い話書けよ
書き込みたくなるネタがあるはずなんだろ?どうせありもしねえんだろうけどw

852 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 13:38:36 ID:7pmdOGq+0
俺は↑のようなゆとりな書き込みしてる奴が、将来社会に出てくるのかと思うと本当に
怖いです。

これ怖いと思うけど、どうよ?

853 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 13:44:33 ID:8b4jrl/2O
>>852
同意

854 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 13:50:59 ID:UhG5wsYJ0
そんな事より俺は日本人なのに日本語を理解できてない人間がいるってのが怖いんだが
創作でも『最高に怖い話』を書き込むスレなのに
日記クラスの話とか体が痛いとかって話をされてもなぁ?
スレタイ読めてんのかよ、と
俺はいちいちお前等のどーでもいい話を褒めるために来てんじゃないんだがな

855 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 14:11:05 ID:8b4jrl/2O
>>854
じゃあ見るな


856 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 14:11:57 ID:E1WtqzSm0
>>846
頭の悪さが滲み出てる。

857 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 14:16:39 ID:E1WtqzSm0
>>855
お前も頭悪いな。
怖い話を見に来てんだよ。
なのに下らない話ばっかなのを問題にしてるのに「見るな」ってアホかw
「怖い話を読むと眠くなるんですぅ〜」ってバカかw

858 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 14:17:43 ID:iwboGR4WO
スルーって知ってる?

859 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 14:20:47 ID:E1WtqzSm0
つっこみたい衝動を抑えられない時もある・・・・・・

860 :ぉ:本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 14:24:12 ID:2PeHHOzM0
知ってると思うけどFUJIWARAの原西の実体験の話 
原西が中学生のとき仲良しの三人組がいた
いつも三人で夜中に家を抜け出して近くの公園(公園の上の丘のベンチに集まっていた)
に集まっていたらしいそれでいつもどうり原西
が公園に行くといつも来ているはずの2人が来ていない
おかしいとは思いながら少しの間待っていると
1人はしばらくして来たそして学校のはなし好きな
女子の話などをしばらくしていたするとやはりもう一人が来るのが
明らかに遅い二人はおかしいと思い下の公園まで様子を見に行った
すると夜中の二時だというのにブランコに女の人が座っていたのだ
二人は全速力でベンチまで逃げた「今女の人おったで」「うつむいてたなぁ」
そんな話をしているとやっともう一人が来た
「お前遅いやんか」原西が言ったするともう一人が
「お前ブランコにすわっとったおんなのひとみたか?」といった
しかしブランコを見たが誰も座っていなかったという
おかしいと思い三人でもう一度ブランコの所まで行った
するとやはり女の人がいるではないか三人は全速力で
ベンチまで逃げた初めから来ていた二人はうつむいていた
といっていたが後から来たもう一人はこちらを見て笑っていた
というのです意見が合わぬままその日はかえったのですが
次の日の朝昨日の夜最後に来た人は交通事故で亡くなったそうです
あのとき女の人の微笑みはもしかすると死神の微笑みだったのかもしれません

861 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 14:26:37 ID:tU12IATu0
【科学】脳を特殊な機械に埋め込むことで不老不死が可能?人類の夢が叶う日

米スデリツ教授が8月20日に脳を機械に埋め込むことで不老不死が可能になるかもしれないと発表した。
一番の問題は脳から発せられる電波”テッダリツ電波”であったがその問題も解決となった。
”テッダリツ電波”とは脳が発信する極微量の電波で一番電気を通しやすい金でも1cmいったところで消えてしまった。
しかしその問題もスデリツ教授が作った特殊な金属”リツ金”という金属を使うことで脳からおくられる電波を消さずに通すことができるというのだ。
しかし一番の問題は生きている脳を使わなければならないという事である。
その上成功確立が低くまだまだ試行錯誤を繰り返さないといけないようである。

http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news7/1218717095/

862 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 14:39:12 ID:MPzEN32Y0
>>835
確かにそれは怖い

863 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 15:05:53 ID:UhG5wsYJ0
>>855
怖い話を見に来たのに
お前のほんのり以下のどう解釈すれば怖いのかすら理解できない『眠くなる』程度の話なぞを読ませられ
怖くないと言えば見るな、かよ

第一怖い話を読むと眠くなるとかってお前がピンピンしてる時点で
怖い話が無いって証明になってんじゃねーのかよ

864 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 15:09:23 ID:6aDX07810
>>854
>『最高に怖い話』を書き込むスレなのに

何が怖いかは、人それぞれによって違うので
なのでキミが怖くないと感じた書き込みにはスルーしとけ

865 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 15:16:08 ID:pRrR9rxx0
スルーできない奴ほどスルースルー言うんだよなw
スルーって言葉を独り歩きさせすぎてるんじゃねえの?
突っ込まれたらすぐ言うとかさ、逃げの口上でしかなくね?

まあくだらない雑談としか思えん書き込みを注意するくらいいいだろ
それはダメで雑談はおkとかなら、ダブスタもいいとこでしょ
レッテル貼りとか煽りとかじゃなしにね

866 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 15:16:24 ID:6aDX07810
>>835
>>862

>>835を読んでみた
もし自分がそういう体験しても、たしかに不安になって怖いな

電話でも、昔はたまにあったよ
ぜんぜん違うところの会話が混線したようになって
受話器の向こうから知らない人の話し声が聞こえたり

867 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 15:17:39 ID:6aDX07810
>>865
少なくともお前がスレ違いの無意味な書き込みをしてるのだけは確かだ

868 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 15:20:51 ID:pRrR9rxx0
>>867
ほらな、スルーできないw
無意味なのはお互い様なんだが、それすら認めたくねえんだろ?
なんで自分だけを別格で扱うんだお前みたいなお子様は?
どーでも言いしスレ違いだけどねw

869 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 15:24:24 ID:8b4jrl/2O
>>867
スルーしとき

870 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 15:32:32 ID:AJghFKKU0
>>868のような人間がこの社会にへいぜんと存在してるのが
もっとも洒落にならない怖い話だと思う

871 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 15:39:17 ID:7pmdOGq+0
>>870
いや、俺はまだ社会に出てきてないと信じてる・・・。ゆとりであると。

まぁ、これから出てくるんだろうから同じ事だけどな。

872 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 15:43:00 ID:pRrR9rxx0
はいはいw
レッテル貼ったり君らだけに通じる常識語ったりお忙しいことで
まあ閉鎖的なコミュニティがお似合いかもね君らはw

873 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 15:50:18 ID:FZSNGoLe0
スルーと言えば聞こえはいいんだけど、怖く無い話とかバカな話書く奴は感想をスルーしないで真摯に受け止めとけよ?
例えば>>869よ、死ぬほどどころかほんのりですら無いレベルの話なら最初から書くな。
実際ほんのりですらないバカな話だったが、自分で分からんのか?

874 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 16:09:06 ID:Zt4u5D0GO
夏だな…

875 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 16:30:58 ID:HNqZMDsoO
電話の混線の話が出てたので、空気を読まず自分の体験談を投下します。

2年前、今住んでいるマンションに越してきて間もない頃のことです。

ある日の昼過ぎ、家の電話が鳴りました。通知されている番号は同じ市内のものでした。
電話に出ると、耳障りなガサガサとした音がするばかりで声がしません。
「もしもし」と何度か呼びかけると、「……○○ちゃん…?」と相手が声を発しました。
しゃがれた声で、お婆さんのようでした。
私は○○という名ではなかったので、お間違いじゃありませんか、とその老婆に言うと、
「嘘、○○ちゃんでしょう?○○ちゃん、どうして電話くれないの、ずっと待ってたのに」
老婆はそう言って、私が何度違うと言っても全く聞いてくれません。
気味が悪くなり「とにかく違いますから」と言って一方的に電話を切りました。
5分ほどしてまた電話が鳴りました。同じ番号からです。
出ないでおこうかとも思いましたが、
年配者相手に一方的に切ったりして申し訳なかったかなという気持ちもあったので、
もう一度電話に出てみました。「○○ちゃんでしょう?」また同じことを言います。
「先ほどの方ですよね?失礼ですが何番におかけですか?」

876 :世界の上原:2008/08/25(月) 16:32:11 ID:O/JhPOt2O
じゃあ珍からも、声い話し等価。
そろは…








何故珍は金持ちでハンサムで持て持てなのに、貴様ラは貧乏で、臭くてキモい二ュートなの?
あーあ、何故髪は珍をこんなにも完璧な人間にしたのか…

877 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 16:32:16 ID:HNqZMDsoO
何度もかけてこられたら堪らないと思い、私はその老婆にしつこく問いかけました。
しかし彼女は私の質問に答えることはなく、「○○ちゃんどうして電話くれないの?」と繰り返すばかり。
怖くなった私は、やはり一方的に電話を切り、すぐに着信拒否登録をしてしまいました。
もちろんその後は、その番号から電話は来なくなりました。
友人に話すと、「引っ越して電話番号も変わったから、前にこの番号を使ってた人が○○さんなんじゃ?」
と言われ、そんなこともあるのかと納得し、何日か経つとその電話のことは忘れてしまいました。

1ヶ月ほど経ったある日の昼過ぎ、携帯電話が鳴りました。
通知番号に見覚えがあります。嫌な記憶が蘇ります。
そんなはずはない、自分の携帯番号は友人知人しか知らないはず、
そう言い聞かせて、電話に出てみました。
耳障りなガサガサとした音、そして、あのしゃがれた声。
「…○○ちゃんでしょう?」
私は慌てて電話を切りました。
しばらくのあいだ震えが止まりませんでした。
携帯は私用のみで使っており、本当に友人知人にしか番号を教えていなかったのです。

878 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 16:33:43 ID:2Ty0DrJN0
つまらない上に長文だったりすると、
怒りたい気持ちも分かるけどな。

「死ぬほど洒落にならない」って言うから問題なんであって、
ただの「怖い話」とか「怖かった体験談」とかってスレがあれば良いんじゃないか?

879 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 16:33:50 ID:HNqZMDsoO
そのすぐ後に携帯を変え、念のため着信拒否登録もしましたが、
得体の知れない恐怖が着々と自分に迫って来ている気がして、恐ろしくてたまりませでした。

あれから2年経ちますが、その後あの番号からの電話はありません。
でも、まだ着信拒否を解除することは出来ません。今でも怖いのです。


でもこうして文字にするとあまり怖くないですね、すみません。

880 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 16:56:31 ID:UhG5wsYJ0
いやだから俺は>>875>>877>>879みたいなのは怖い話として評価できる
勘違いされて憑かれたって怖い話としてまあまあ怖いと思うし、不気味さも理解できる
だが>>843みたいな何処が怖いのか分からないようなほんのり以下のどうしようも無い話や
体が異常、痛いなんてレスする前に病院行けって話で
全く怖い話の考察ができてないじゃん
そのうち『怖い話を読むと視線が』『夜に見ると眠くなる』なんてレスで埋まるぞこのスレ

881 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 16:57:54 ID:YoIf8H/l0
>>875
私も数年前にまったく同じ体験をしたことがありましたよ
電話に出たら、おじいさんの声で「○○ちゃん、お金はどこに置いてありますか?探しても見つからないので困ってます」
間違い電話だと思ったので「間違い電話です」と言って切っても
また何度もかかってきては「○○ちゃんでしょ?お金はどこ?」とかかってきた。
意味がわからず謎のまま、いつのまにか、かかってこなくなったけど、怖かった。

882 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 17:42:31 ID:ID4tIJb90
携帯番号が同じってことはあったらしい
今は知らないが

だいたいこのスレのハードルは高すぎる

883 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 17:47:10 ID:V7Kl0TYt0
殺伐としたスレに救世主が!

なんでもいいから怖い話を集めてみない?
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1214457603/l50


  .__
ヽ|・∀・|ノ  < 全員引っ越し!
 |__|
  | |


884 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 17:51:12 ID:w9qMJ3aOO
昔使っていた携帯に色んな知らない人から電話が毎日かかってきたことがある。電話にでると必ず同じ人の名前を言ってくる。〇〇さん!?って

違うって言うと切れるんだけど、また暫くしてからかかってくる。違う人から。一ヶ月近く続いた。誰だよ〇〇さんってW
一体何しでかしたんだ?って感じだった。

885 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 17:55:50 ID:qe/s4KRR0
>>884
俺は今その状態だわー。

886 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 18:01:00 ID:w9qMJ3aOO
>>885
あらら‥。うっとうしいでしょ?W

887 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 18:41:15 ID:pRrR9rxx0
同じ人からだったりするとさらに怖いな

888 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 18:53:25 ID:/8Kr4S+i0
やっと追いついたぜ
おまえらペース早いよ

889 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 18:55:42 ID:Szeq4KjnO
個人的には50〜100レスに1個ペースぐらいに少なくなってもいいから本当に質の高い話をこのスレには書いて欲しいな
なぜならゴミクズ話なんか読みたくもないから

てか自分の話が怖いか怖くないかを客観視できない奴が多すぎる
なんだよ怖い話読んだら眠くなるって
怖い話以前に邪気眼の臭いがプンプンするわ

自分で怖いかどうか分%

890 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 19:00:46 ID:NPwPFzxE0
間違いを指摘して一旦切れた相手の電話番号から1日中不在着信が入っていたことがあった

891 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 19:06:56 ID:uhuW8PSY0
>>884
多分、誰かがデタラメかイタズラで>>884の番号を教えた
かと思われ。
うちにも一時期「ゆずさんいらっしゃいますか?」って、
男女問わず若い子からかかってきた事があった。
最初は近所に大学があるので、誰かイタズラか間違いで
ウチの番号を教えたのかと思ったけれど、電話が頻繁に
かかってきた当時、ヤフオクで「ゆず」を名乗る詐欺師が
暴れていたらしいので、それかもねって家族と話してたよ。


892 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 19:10:11 ID:Qqi7p7WG0
>>26
ねぇ女乞食の話はまだなの?

893 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 19:19:02 ID:zmJgZ+Re0
知らない奴からの電話に出るなんてオカルト

894 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 19:23:53 ID:1Dh28Pqv0
番号変わったって連絡かもしれないじゃん。

895 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 19:34:39 ID:w9qMJ3aOO
>>891
そんな感じじゃなかったけど‥。
うちが16歳の時で、かかってくるあいては男女とも20〜30代だった。もう10年位前の事やけどね。



怖いかどうかわからんけど、実際の体験書くわ。


友達に物凄い霊感ある人がいて、その人とつるんでるうちにきっと霊が寄って来たんだと思うことがあった。
それまで、金縛りとか全然あわなかったんだけど、ある日突然金縛りにあった。
女の人に物凄い勢いで上から押さえつけられた。苦しんでると突然金縛りが解けた。初めての事で、かなり焦ったんだけど気味が悪くて早く眠りにつきたくて布団に潜ってたら、二回目の金縛り。
さすがにこれはマズイと思い、お経を心の中で唱えてみた。
すると金縛りが解けた。
この事を翌日妹に話したら、表情が凍った。妹は最近私の部屋に何かが出入りしているのを何回も見たらしい。確認するために部屋も覗いた位、はっきり見えたそうで…。
それから何回かその部屋嫌な目に会う事になる。

896 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 19:36:43 ID:A1Jg5XJa0
大体、ケータイの番号なんて飽和状態じゃないのさ。
番号の管理なんて、キチンと出来てるトコ有るの?w

カーチャンに買ったヤツも、酷かったよ。
前の回線契約者が、仕事で当然使ってたらしくてバンバン掛かって来る。
その度に、今は違うから、その人の会社の方にでも聞いて確かめてくれって話して。
念の為に相手に番号の問い合わせさて貰った時は、確かにカーチャンのヤツの番号言ってたね。
2ヶ月位は、そんな感じだった。

897 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 19:44:57 ID:w9qMJ3aOO
旦那、子供、私という順番で川の字になってねてたら、金縛りにまたあった。女の人がやっぱり出てくる。
いつもみたいにお経を唱えてみたらすんなり消えていった。
私が怖くて旦那を起こそうと、一生懸命呼ぶが全然起きない。
すると、子供(当日7ヶ月ぐらい)が起きてしまった。
が、なんか様子がおかしい。


子供が腹ばいになり、顔をこっちにむける…。

顔が…子供の顔じゃなくなっていた。

そして私に向かって一言。
男の人みたいな低い声で、



これは呪いだ…って

私はそのまま気を失いました。
朝になっても子供が子供で無いような気がしてなりませんでした。
今は弟が部屋を使っています。

898 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 20:34:34 ID:E/UgmJzm0
電話番号なんてのは廃止して数ヶ月おいたらまた使われるんだから知らない奴から掛かってきても何の
不思議もないわ。
あと2ちゃんねるとかに電話番号晒されでもしたら数日間矢のように掛かってくるんじゃね?

899 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 20:41:15 ID:3s1eWtPh0
それは皆わかってるんじゃない
でも>>875の話は怖いよ。家電だけで終わらず携帯にも…ってところがゾっとする

900 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 20:56:23 ID:9gkP34hp0
>>899
同感。
それが別々の人からならたいした事ないけど、両方とも同じ人からだからなぁ…。
怖過ぎ。

901 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 21:15:01 ID:5qtj5bg10
>>897
旦那に何か隠してることがありそうだな

902 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 22:32:22 ID:WVD/rbsBO
>>896
普通に携帯電話のショップで番号かえてもらえばよかったのに
買ったばかりで間違い電話がくるなら改番無料でしょ

903 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 22:35:48 ID:LYSdbjTI0
どうせランダムで番号かけてきたんだろって
適当にあしらわれたことあるんだぜへっへ。

904 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 22:58:02 ID:zmJgZ+Re0
>>903
それで電話に出ちまったらそりゃロックオンだわ

905 :本当にあった怖い名無し:2008/08/25(月) 23:58:59 ID:tIY7x63SO
八年前に体験した事を書きます

当時つきあっていた彼氏が古い公団に住んでいて週末泊まりに行った時の出来事、
その日彼氏が仕事で帰ってこなかったので先に布団敷いて寝てたんです
そしたら
スッとフスマが空いた…
私は彼氏が帰って来たと思ったのに
そこに居たのは知らない女の人でした
とても憎しみに満ちた顔だったのをはっきり覚えています。女は私の布団の上を跨ぐといきなり首をしめてきました
すごい力でした
苦しい!息ができない…がむしゃらにもがこうとしても金縛りにあっているのか体が全く動きませんでした、
死ぬ!と思った…気がつくと部屋には私だけで女はいませんでした、夢だったのか現実に起きたのかはっきりしないまま放心状態
彼氏が帰ってきて
さっきあった事を話すと
入居したての頃
同じ女の霊を見たというのです

同じく首を凄い力でしめられたと。

私はとにかく引っ越してくれと頼みこみ一年後お金も貯まり、マンションへ引っ越す事になりました
引っ越し間際管理人のおばちゃんが話しかけて来ました
「やっぱり出て行っちゃうの?」と
「昭和の頃に建った公団ではうちが一番高くてね〜(18階建て)当時飛び降り自殺が多かったし
母子家庭の首吊り自殺まであって…」
その首吊りはこの部屋だったんじゃないですか?と彼氏が問いつめると管理人さんは違う!違うと大げさに首をブンブン振っていました。怪しかった…
その後も怖い事があったのですが彼氏と別れた途端霊感がさっぱりなくなり
今は何も見なくなりました

906 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 00:01:49 ID:CMN6nS5XO
すみません二重投稿になってしまいました。

907 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 09:10:06 ID:SVswC/c50
>>832-833
怖いが創作っぽいぞ
でも面白い

908 :1/1:2008/08/26(火) 09:45:56 ID:VFtYjtRn0
親父の実家は自宅から車で二時間弱くらいのところにある。
農家なんだけど、何かそういった雰囲気が好きで、高校になってバイクに乗る
ようになると、夏休みとか冬休みなんかにはよく一人で遊びに行ってた。
じいちゃんとばあちゃんも「よく来てくれた」と喜んで迎えてくれたしね。
でも、最後に行ったのが高校三年にあがる直前だから、もう十年以上も行って
いないことになる。
決して「行かなかった」んじゃなくて「行けなかった」んだけど、その訳はこ
んなことだ。

春休みに入ったばかりのこと、いい天気に誘われてじいちゃんの家にバイクで
行った。まだ寒かったけど、広縁はぽかぽかと気持ちよく、そこでしばらく寛
いでいた。そうしたら、

「ぽぽ、ぽぽっぽ、ぽ、ぽっ…」

と変な音が聞こえてきた。機械的な音じゃなくて、人が発してるような感じが
した。それも濁音とも半濁音とも、どちらにも取れるような感じだった。
何だろうと思っていると、庭の生垣の上に帽子があるのを見つけた。生垣の上
に置いてあったわけじゃない。帽子はそのまま横に移動し、垣根の切れ目まで
来ると、一人女性が見えた。まあ、帽子はその女性が被っていたわけだ。
女性は白っぽいワンピースを着ていた。

でも生垣の高さは二メートルくらいある。その生垣から頭を出せるってどれだ
け背の高い女なんだ…
驚いていると、女はまた移動して視界から消えた。帽子も消えていた。
また、いつのまにか「ぽぽぽ」という音も無くなっていた。


909 :2/9:2008/08/26(火) 09:46:59 ID:VFtYjtRn0
そのときは、もともと背が高い女が超厚底のブーツを履いていたか、踵の高い
靴を履いた背の高い男が女装したかくらいにしか思わなかった。

その後、居間でお茶を飲みながら、じいちゃんとばあちゃんにさっきのことを
話した。
「さっき、大きな女を見たよ。男が女装してたのかなあ」
と言っても「へぇ〜」くらいしか言わなかったけど、
「垣根より背が高かった。帽子を被っていて『ぽぽぽ』とか変な声出してたし」
と言ったとたん、二人の動きが止ったんだよね。いや、本当にぴたりと止った。

その後、「いつ見た」「どこで見た」「垣根よりどのくらい高かった」
と、じいちゃんが怒ったような顔で質問を浴びせてきた。
じいちゃんの気迫に押されながらもそれに答えると、急に黙り込んで廊下にあ
る電話まで行き、どこかに電話をかけだした。引き戸が閉じられていたため、
何を話しているのかは良く分からなかった。
ばあちゃんは心なしか震えているように見えた。

じいちゃんは電話を終えたのか、戻ってくると、
「今日は泊まっていけ。いや、今日は帰すわけには行かなくなった」と言った。
――何かとんでもなく悪いことをしてしまったんだろうか。
と必死に考えたが、何も思い当たらない。あの女だって、自分から見に行った
わけじゃなく、あちらから現れたわけだし。

そして、「ばあさん、後頼む。俺はKさんを迎えに行って来る」
と言い残し、軽トラックでどこかに出かけて行った。

910 :3/9:2008/08/26(火) 09:48:03 ID:VFtYjtRn0
ばあちゃんに恐る恐る尋ねてみると、
「八尺様に魅入られてしまったようだよ。じいちゃんが何とかしてくれる。何
にも心配しなくていいから」
と震えた声で言った。
それからばあちゃんは、じいちゃんが戻って来るまでぽつりぽつりと話してく
れた。

この辺りには「八尺様」という厄介なものがいる。
八尺様は大きな女の姿をしている。名前の通り八尺ほどの背丈があり、「ぼぼ
ぼぼ」と男のような声で変な笑い方をする。
人によって、喪服を着た若い女だったり、留袖の老婆だったり、野良着姿の年
増だったりと見え方が違うが、女性で異常に背が高いことと頭に何か載せてい
ること、それに気味悪い笑い声は共通している。
昔、旅人に憑いて来たという噂もあるが、定かではない。
この地区(今は○市の一部であるが、昔は×村、今で言う「大字」にあたる区
分)に地蔵によって封印されていて、よそへは行くことが無い。
八尺様に魅入られると、数日のうちに取り殺されてしまう。
最後に八尺様の被害が出たのは十五年ほど前。

これは後から聞いたことではあるが、地蔵によって封印されているというのは、
八尺様がよそへ移動できる道というのは理由は分からないが限られていて、そ
の道の村境に地蔵を祀ったそうだ。八尺様の移動を防ぐためだが、それは東西
南北の境界に全部で四ヶ所あるらしい。
もっとも、何でそんなものを留めておくことになったかというと、周辺の村と
何らかの協定があったらしい。例えば水利権を優先するとか。
八尺様の被害は数年から十数年に一度くらいなので、昔の人はそこそこ有利な
協定を結べれば良しと思ったのだろうか。


911 :4/9:2008/08/26(火) 09:49:15 ID:VFtYjtRn0
そんなことを聞いても、全然リアルに思えなかった。当然だよね。
そのうち、じいちゃんが一人の老婆を連れて戻ってきた。

「えらいことになったのう。今はこれを持ってなさい」
Kさんという老婆はそう言って、お札をくれた。
それから、じいちゃんと一緒に二階へ上がり、何やらやっていた。
ばあちゃんはそのまま一緒にいて、トイレに行くときも付いてきて、トイレの
ドアを完全に閉めさせてくれなかった。
ここにきてはじめて、「なんだかヤバイんじゃ…」と思うようになってきた。

しばらくして二階に上がらされ、一室に入れられた。
そこは窓が全部新聞紙で目張りされ、その上にお札が貼られており、四隅には
盛塩が置かれていた。
また、木でできた箱状のものがあり(祭壇などと呼べるものではない)、その
上に小さな仏像が乗っていた。
あと、どこから持ってきたのか「おまる」が二つも用意されていた。これで用
を済ませろってことか・・・

「もうすぐ日が暮れる。いいか、明日の朝までここから出てはいかん。俺もば
あさんもな、お前を呼ぶこともなければ、お前に話しかけることもない。そう
だな、明日朝の七時になるまでは絶対ここから出るな。七時になったらお前か
ら出ろ。家には連絡しておく」

と、じいちゃんが真顔で言うものだから、黙って頷く以外なかった。
「今言われたことは良く守りなさい。お札も肌身離さずな。何かおきたら仏様
の前でお願いしなさい」
とKさんにも言われた。

912 :5/9:2008/08/26(火) 09:50:22 ID:VFtYjtRn0
テレビは見てもいいと言われていたので点けたが、見ていても上の空で気も紛
れない。
部屋に閉じ込められるときにばあちゃんがくれたおにぎりやお菓子も食べる気
が全くおこらず、放置したまま布団に包まってひたすらガクブルしていた。

そんな状態でもいつのまにか眠っていたようで、目が覚めたときには、何だか
忘れたが深夜番組が映っていて、自分の時計を見たら、午前一時すぎだった。
(この頃は携帯を持ってなかった)

なんか嫌な時間に起きたなあなんて思っていると、窓ガラスをコツコツと叩く
音が聞こえた。小石なんかをぶつけているんじゃなくて、手で軽く叩くような
音だったと思う。
風のせいでそんな音がでているのか、誰かが本当に叩いているのかは判断がつ
かなかったが、必死に風のせいだ、と思い込もうとした。
落ち着こうとお茶を一口飲んだが、やっぱり怖くて、テレビの音を大きくして
無理やりテレビを見ていた。

そんなとき、じいちゃんの声が聞こえた。
「おーい、大丈夫か。怖けりゃ無理せんでいいぞ」
思わずドアに近づいたが、じいちゃんの言葉をすぐに思い出した。
また声がする。
「どうした、こっちに来てもええぞ」

じいちゃんの声に限りなく似ているけど、あれはじいちゃんの声じゃない。
どうしてか分からんけど、そんな気がして、そしてそう思ったと同時に全身に
鳥肌が立った。
ふと、隅の盛り塩を見ると、それは上のほうが黒く変色していた。

913 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 09:51:23 ID:VFtYjtRn0
一目散に仏像の前に座ると、お札を握り締め「助けてください」と必死にお祈
りをはじめた。

そのとき、

「ぽぽっぽ、ぽ、ぽぽ…」

あの声が聞こえ、窓ガラスがトントン、トントンと鳴り出した。
そこまで背が高くないことは分かっていたが、アレが下から手を伸ばして窓ガ
ラスを叩いている光景が浮かんで仕方が無かった。
もうできることは、仏像に祈ることだけだった。

とてつもなく長い一夜に感じたが、それでも朝は来るもので、つけっぱなしの
テレビがいつの間にか朝のニュースをやっていた。画面隅に表示される時間は
確か七時十三分となっていた。
ガラスを叩く音も、あの声も気づかないうちに止んでいた。
どうやら眠ってしまったか気を失ってしまったかしたらしい。
盛り塩はさらに黒く変色していた。

念のため、自分の時計を見たところはぼ同じ時刻だったので、恐る恐るドアを
開けると、そこには心配そうな顔をしたばあちゃんとKさんがいた。
ばあちゃんが、よかった、よかったと涙を流してくれた。

下に降りると、親父も来ていた。
じいちゃんが外から顔を出して「早く車に乗れ」と促し、庭に出てみると、ど
こから持ってきたのか、ワンボックスのバンが一台あった。そして、庭に何人
かの男たちがいた。

914 :7/9:2008/08/26(火) 09:52:24 ID:VFtYjtRn0
ワンボックスは九人乗りで、中列の真ん中に座らされ、助手席にKさんが座り、
庭にいた男たちもすべて乗り込んだ。全部で九人が乗り込んでおり、八方すべ
てを囲まれた形になった。

「大変なことになったな。気になるかもしれないが、これからは目を閉じて下
を向いていろ。俺たちには何も見えんが、お前には見えてしまうだろうからな。
いいと言うまで我慢して目を開けるなよ」
右隣に座った五十歳くらいのオジさんがそう言った。

そして、じいちゃんの運転する軽トラが先頭、次が自分が乗っているバン、後
に親父が運転する乗用車という車列で走り出した。車列はかなりゆっくりとし
たスピードで進んだ。おそらく二十キロも出ていなかったんじゃあるまいか。

間もなくKさんが、「ここがふんばりどころだ」と呟くと、何やら念仏のよう
なものを唱え始めた。

「ぽっぽぽ、ぽ、ぽっ、ぽぽぽ…」

またあの声が聞こえてきた。
Kさんからもらったお札を握り締め、言われたとおりに目を閉じ、下を向いて
いたが、なぜか薄目をあけて外を少しだけ見てしまった。

目に入ったのは白っぽいワンピース。それが車に合わせ移動していた。
あの大股で付いてきているのか。
頭はウインドウの外にあって見えない。しかし、車内を覗き込もうとしたのか、
頭を下げる仕草を始めた。

無意識に「ヒッ」と声を出す。
「見るな」と隣が声を荒げる。

慌てて目をぎゅっとつぶり、さらに強くお札を握り締めた。

915 :8/9:2008/08/26(火) 09:53:50 ID:VFtYjtRn0
コツ、コツ、コツ
ガラスを叩く音が始まる。

周りに乗っている人も短く「エッ」とか「ンン」とか声を出す。
アレは見えなくても、声は聞こえなくても、音は聞こえてしまうようだ。
Kさんの念仏に力が入る。

やがて、声と音が途切れたと思ったとき、Kさんが「うまく抜けた」と声をあ
げた。
それまで黙っていた周りを囲む男たちも「よかったなあ」と安堵の声を出した。

やがて車は道の広い所で止り、親父の車に移された。
親父とじいちゃんが他の男たちに頭を下げているとき、Kさんが「お札を見せ
てみろ」と近寄ってきた。
無意識にまだ握り締めていたお札を見ると、全体が黒っぽくなっていた。
Kさんは「もう大丈夫だと思うがな、念のためしばらくの間はこれを持ってい
なさい」と新しいお札をくれた。

その後は親父と二人で自宅へ戻った。
バイクは後日じいちゃんと近所の人が届けてくれた。
親父も八尺様のことは知っていたようで、子供の頃、友達のひとりが魅入られ
て命を落としたということを話してくれた。
魅入られたため、他の土地に移った人も知っているという。

バンに乗った男たちは、すべてじいちゃんの一族に関係がある人で、つまりは
極々薄いながらも自分と血縁関係にある人たちだそうだ。
前を走ったじいちゃん、後ろを走った親父も当然血のつながりはあるわけで、
少しでも八尺様の目をごまかそうと、あのようなことをしたという。
親父の兄弟(伯父)は一晩でこちらに来られなかったため、血縁は薄くてもす
ぐに集まる人に来てもらったようだ。

916 :9/9:2008/08/26(火) 09:54:54 ID:VFtYjtRn0
それでも流石に七人もの男が今の今、というわけにはいかなく、また夜より昼
のほうが安全と思われたため、一晩部屋に閉じ込められたのである。
道中、最悪ならじいちゃんか親父が身代わりになる覚悟だったとか。

そして、先に書いたようなことを説明され、もうあそこには行かないようにと
念を押された。

家に戻ってから、じいちゃんと電話で話したとき、あの夜に声をかけたかと聞
いたが、そんなことはしていないと断言された。
――やっぱりあれは…
と思ったら、改めて背筋が寒くなった。

八尺様の被害には成人前の若い人間、それも子供が遭うことが多いということ
だ。まだ子供や若年の人間が極度の不安な状態にあるとき、身内の声であのよ
うなことを言われれば、つい心を許してしまうのだろう。

それから十年経って、あのことも忘れがちになったとき、洒落にならない後日
談ができてしまった。

「八尺様を封じている地蔵様が誰かに壊されてしまった。それもお前の家に通
じる道のものがな」

と、ばあちゃんから電話があった。
(じいちゃんは二年前に亡くなっていて、当然ながら葬式にも行かせてもらえ
なかった。じいちゃんも起き上がれなくなってからは絶対来させるなと言って
いたという)

今となっては迷信だろうと自分に言い聞かせつつも、かなり心配な自分がいる。
「ぽぽぽ…」という、あの声が聞こえてきたらと思うと…

917 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 10:20:00 ID:477MgAT30
頼むから推敲して原稿半分にしてくれ
ムダな文章が多すぎる><

918 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 10:21:46 ID:bcB2Mx+n0
私の祖父は昔、瀬戸内海で漁師をしていた。
祖父の漁船は装備がたいしたことがなく、祖父は経験と感で魚群を探して釣りをしていた。
ある日、祖父がいつもどおり一本釣りで漁をしていると、近くに最新鋭の装備をつけた同じ漁業組合の漁師が
トローリング漁をしながら祖父の漁船の側を通っていった。
祖父は何気なく、いつも漁師仲間にするように手を振った。その漁師は腕を大きく、ブンブンと左右に振っている。

顔見知りでもなければ通常ならこれで終わりである。
しかし、その漁師はいつまでたっても手を振るのを止めない。
遠ざかっていくその最新鋭の漁船のエンジン音にまぎれて
「ドドドドド・・・すけ・ド・れ・・ドドドドド・・・」
と聞こえてくる。

不信に思った祖父は、糸を巻き上げ、その漁船の後を追った。
横につけたとき、何が起こっているかすべてを理解した。
トローリング漁で網を巻き上げる機械に、漁師が右腕から肩あたりまでを巻き込まれていた。
気絶しているのか、すでに事切れているのか漁師はピクリとも動かない。
その漁船はトローリング中で低速ではあるがゆっくりと動いていたので横につけて乗ることはできない。
たとえ、ロープなどで固定しても、祖父の非力な漁船では、もって行かれるのがオチだろう。

祖父は仕方なく、その漁船が四国の沖のほうにゆっくりゆっくりと走り去るのを後ろ目に、漁港へと船を走らせた。
漁港で何が起きたかを説明すると、漁に出ていない漁船や連絡が取れる漁船を総動員して、捜索が始まった。
数時間後沖に向かっていたその漁船は、何故か四国のほうに行かずに、近くの岩場で座礁していたらしい。

結局、その漁師は発見されたときは腰あたりまで巻き込まれて亡くなっていて、機械から遺体を外すのもかなり難儀したそうだ。

そして洒落にならないのは、その漁船は格安で売り出され、今もどこかでトローリング漁を行っている、ということだろう。

919 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 10:43:14 ID:5i61wp7p0
>>624
いいんだよ負けても
負けたことに気づいて立ち上がれれば

920 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 10:44:20 ID:5i61wp7p0
スマソ
誤爆った

921 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 10:44:27 ID:bcB2Mx+n0
祖父が住んでいた家の隣は、昭和初期に立てられたと見られる完全木造の廃小学校があった。
さらにその裏手には無縁仏の墓が並んでいる。というオカルト(廃墟)マニアが喜びそうな立地だった。
その廃小学校は15年ほど前に壊されたんだが、その前に何度か中に忍び込んだことがある。
その時体験した話だ。

まだ小学生だった私は夏休みを利用して祖父の家に遊びに帰っていた。
その敷地内で、近所の子供らと鬼ごっこをしていた時だった。
小学校のある窓に人影を見つけた。と近所の子供の1人が言い出した。
(今思えば、近所の子供にとってはその小学校はホームグラウンドみたいなものだから
ビビらせようとしたのかも)
まだ昼だったが、その事実を聞いただけで怖がった私は中を調べることを拒否した。
結果、私の兄を近所の子供数人が中に入って確かめることにした。

外で待っていた私と、近所の子供は、暇つぶしに校庭の中を探索した。
そして校庭の一角に、古井戸を見つけた。
古井戸は危険防止のためか石の蓋が上に載っていたので、あまり怖くはなかった。
近所の子供が、その石の蓋に隙間があるのを見つけて、そこから石をいれた。
水は枯れているのか、隙間から「カーン」という音が鳴り響く。
それが面白かったのか、私と近所の子供は、井戸の隙間から石をいれて遊んでいた。

しばらくして、兄と近所の子供たちが帰ってきた。
兄と近所の子供たちは興奮しながら、「中に入ったら「カーン」「カーン」って聞こえてきた!!」と叫んでいたのでおかしくて笑っていた。
あんまり興奮するから、そろそろネタバレしようと、井戸のことを言おうとした瞬間
「カーン」
と低い男の声が校舎の中から聞こえてきた。

みんなも聞こえてたみたいで私たちは蜘蛛の子を散らすように逃げ帰った。
今思うと、他に誰かがいたのかもしれないけど、本当にド田舎だし、まっ昼間に誰かがいたら流石に気づいたと思う。

この話を書く上で、近所の子供って言葉が何度も出てるけど、実はどの家の子供かとか性別すらも全く記憶にないんだよね。
今は祖父はいないので祖母に聞いたりしたんだけど、狭い集落のことだから簡単に分かるかと思ったら
「あの頃は毎日いとこと兄弟と海で泳いでたでしょう」と言われるばかり・・・

922 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 10:46:46 ID:qBXQP1zy0
洒落にならないほど怖いと言えば

青いブルマー。これだな。

923 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 10:50:38 ID:bcB2Mx+n0
祖父関係で不思議な体験をしたのは、祖父の葬式のとき。

今の葬式って、飾りの蝋燭は蝋燭型の電飾なんだけど
お坊さんがお経をあげてるとき、その蝋燭の電装が、不規則についたり消えたりを繰り返した。
親戚一同が「お爺さん来てたね。」「何かいいたいことあったのかな?」「親戚がみんな集まることはなかったから喜んでるのかな」とか言ってた。

私は冷静に「電飾の故障か、そういう演出かな」と思っている。

924 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 11:16:35 ID:4JhfhyF/0
うちは父が亡くなったときに
家の中で一番大きな大鏡が、なんの原因もないままひとりでにパリンと割れた

925 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 11:59:22 ID:dlo1UABw0
>>908
すごく面白かった。
実話ならかなり怖いね。
>>917
文章が上手くて引き込まれたせいか、無駄な文章が多いとは思わなかったよ。
好みによるんだろうけどね。

926 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 12:00:42 ID:Gs+3t3AgO
>>910
 九州沿岸に生息すると言われる磯女という妖怪に似ているな。護岸工事で磯に住めなくなって陸に上がってきたのだろうか。
 現代風にワンピース着るとかオシャレには気を使ってるんだな。
御守り黒くなるとか強烈にやばい存在みたいだが、封印壊れちゃったのかな?

927 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 12:28:59 ID:VAXAbcjK0
BO BO BO BO
PO PO PO PO
どっち?

928 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 12:39:37 ID:+J64zLOtO
八尺様の話すごく怖かったです。

929 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 12:49:56 ID:1/9/PTvqO
>>908
最初、ポポポって鼠先輩かよwと吹きそうになったが、
読み進めると背筋が冷たくなった。
封印が解かれたというが、その後大丈夫なんだろうか?

930 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 15:25:22 ID:tgzqdoVCO
携帯からゴミン

俺の地元にちょっと気になる事(場所)があるので聞いて欲しい。んで皆の住んでる所なんかにも同じような話があれば恐縮ではあるが教えて欲しい。

箇条書にしてみる
1,我が地元は落ち人伝説がある地域がある(と言っても平家云々など有名なものではない)
2,その武士の方々の城跡が近くの山の頂上にあり、今はそこに神社がある。
通称「ゴンゲ〇様」
3,その場所は昔から大蛇伝説があり夜など不気味さ満点。
4,ベタな話だが落ち人を村人達が見殺してしまった…という噂があり、今でも一年に一度「通渡し」?「痛渡し」?漢字わからぬが、オッチャン達が顔を黒に塗りたくって家々を回るしきたりがある。
5,山の名は昔「射魔山」と読んでたらしい。
6,車で20分もかからない別地域にも似たような話がある。但し、こちらは有名な心霊スポットでもあり、ググってもちゃんとヒットする。因みに「岸〇城」。

長文になってしまってスミマセヌな上スレチだが、似たような話を知ってるなど。しきたりに関してご存知の方いらっしゃれば情報ちょーらい。

931 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 15:40:58 ID:+w4IOe610
特に怖くは無いんですけど・・・
携帯(普通の電話でもかかるかな?)で09066666666って入れると
ある留守電につながるって知ってる?

932 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 15:43:05 ID:8h8FI28b0
捕獲したゴキブリをレンジでチンしてて遊んでて
動かなくなったからあけて見たら開けた瞬間顔に飛んできて大やけどした

933 :◆SmSm.THAIA :2008/08/26(火) 15:58:59 ID:rY40wxkG0
>>932
こええええええええええええええええええええええええええ
その火傷痕がそのうちゴキブリの形になるんだぜ
しかもブクブクと水泡のような膨らみが出てきて数週後にはウジャウジャと
ベビーが誕生するんだぜ
そのベビーは体中を這いまわりながら内臓食いつくして最後には皮膚を食い
破って外に出てくるんだぜ
頭痛や目の痛みが出たら注意な
目や耳から這い出てくる前兆だ

自分で書いてて気分悪くなった

934 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 16:02:58 ID:lVRTMfdz0
このスレの合格基準は虫シリーズ。
そのラインを超えられない話はスレ違いでありゴミ。

935 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 16:06:36 ID:ceL2uZKQ0
>>930
それはひょつとしてもしかして、大友宗麟と竜造寺隆信が戦った今山の合戦
のことですか?鍋島直茂がわずかの手勢で夜襲をかけて大勝利を納めた
あの九州の桶狭間といわれた一戦のことですか?
それと岸○城というのは口に出すのも恐ろしいあの「末○の祟り」のあの城ですか?

もしそうだったらここは    た た る !

936 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 16:08:47 ID:41cqtXxCO
八尺様おもしろかった〜

937 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 16:13:46 ID:DRM7tA/x0
八尺さまの話 すごく面白かった。。。

全然長さをかんじさせなかったよー

おどろおどろしくてすごく日本ぽかった

938 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 16:25:45 ID:GNo981Y0O
8尺の話良いね〜
盛り上がってきたところで次スレたてましょうか?

939 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 16:29:24 ID:CBkaAIe40
・次スレは950レスを超えてから立ててください。

940 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 16:52:18 ID:UVA2VRn2O
17歳処女だという理由でヤリマン子持ち同級生4人に殺される南アフリカ

http://blog.m.livedoor.jp/miccckey/c.cgi?sss=dd6efb97e342feab0eead8088eb733bf&id=50698650

941 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 16:55:48 ID:3eB/Qf5TO
八尺様の話し良かった。
読んでて鳥肌立ったよ。

942 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 17:41:52 ID:ch5z9terO
尺八様恐すぎる(ノ><)ノ
どこなんだろ?知らない間にそこに行ってしまったら怖いよね。
でも載せちゃうと、面白半分で行っちゃう人もいるだろうから、無理だけど。怖い

943 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 17:43:07 ID:ch5z9terO
あっ八尺だったf^_^;

944 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 17:51:05 ID:HTjrwqItO
ゴンゲン様ならよく聞く

945 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 17:55:28 ID:sEcbd8ik0
>>942
わざとだろ…寒い

946 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 18:09:21 ID:jKFPsD4b0
今週号の週プレに画面がずっと砂嵐になってるサイトがあって、
それをずっと見てるとあっちの世界に連れて行かれるって話があるんだが、
テレビつけながら読んでたらテレビが砂嵐になってマジでビビった・・。
他のチャンネルも砂嵐で血の気が失せそうになった時思い出した。
30分程前にケーブルTVの工事のおっさんが来て少しの間テレビが映らなくなり
ますって・・。忘れてた俺のバカ!でも良かったぁ。

947 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 18:24:26 ID:tgzqdoVCO
>>935
そんな歴史があったとは…知らなかったorz

教えてくれてありがと。
郷土史とか漁ってみたんだけど詳しい事わからなくてね。

>>944
マジでつか?kwsk

948 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 18:54:49 ID:yzmVzimmO
六尺にまつわる怖い話あるんですけど書いていぃですか?

949 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 18:56:48 ID:CaCgU7ic0
おまいら!!
次スレは新規に立てず、↓の重複スレをリサイクル活用して完全にスレ一本化してください!

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?196
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1218289769/

950 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 19:07:59 ID:OnPPNNLG0
尺八様面白かったわー でもめちゃめちゃこええ…

951 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 19:21:02 ID:H0AzKethO
>>948
書いてちょ

952 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 19:48:03 ID:shdXGP2k0
>>948
ガチホモに襲われたの?

953 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 20:03:17 ID:Ivx76XHh0
六尺の話が聞きたいです。

954 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 20:16:51 ID:HTjrwqItO
>>947ゴンゲン様なの?

955 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 20:30:26 ID:FKcRX4QLO
六尺ってなにー

956 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 20:40:30 ID:FKcRX4QLO
六尺ってなになにー

957 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 20:42:59 ID:FKcRX4QLO
おまんちんってなにー

958 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 20:44:12 ID:FKcRX4QLO
ちゃんちゃい!!
えーん

959 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 22:24:04 ID:umJdEMSe0
まんぽ系の話

960 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 22:53:50 ID:pFl+1To1O
いや、八尺様怖かったですよ…
結界が投稿者の方の家の方に壊れたのは大丈夫なのですか?後日談とか合ったらお願いします。
失礼ですが、実話なら投稿者の方は大丈夫ですか?

961 :本当にあった怖い名無し:2008/08/26(火) 23:31:45 ID:fH2xL4ZJ0
八尺様の話を読んで伊藤潤二の「ファッションモデル」に登場した
淵さんが頭に浮かんだ。
あんな感じなのだろうか?

962 :本当にあった怖い名無し:2008/08/27(水) 00:13:50 ID:WQGwYrDu0
次スレたてたよー( ^ω^)
死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?197
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1219763570/

963 :本当にあった怖い名無し:2008/08/27(水) 00:15:12 ID:GXxVB6r7O
>>962

>>949じゃないのか?

964 :本当にあった怖い名無し:2008/08/27(水) 00:38:55 ID:t2Ruqlir0
淵さん
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1224742

965 :本当にあった怖い名無し:2008/08/27(水) 01:29:13 ID:yQniuDid0
俺が高校一年だった頃の話。

部活から自宅に帰ると、なんかビデオレンタル袋が部屋の棚においてある。
その時、背筋が凍るよな、そんな感覚が走った。
そして、それは事実となった。
そう…レンタルしたエロビデオが見つかってしまったのだ!

966 :本当にあった怖い名無し:2008/08/27(水) 02:10:43 ID:aLtBnO/G0
オレのツレはアダルトビデオ入れたまま、ビデオデッキを修理に出してたぜw

967 :本当にあった怖い名無し:2008/08/27(水) 02:55:30 ID:xQ023YUQ0
>>963
相手しちゃいけません!!

968 :本当にあった怖い名無し:2008/08/27(水) 05:56:15 ID:NUE/Ii7zO
まとめサイトの師匠シリーズの田舎後編どこー?

969 :本当にあった怖い名無し:2008/08/27(水) 06:03:23 ID:ftPyCtsOO
どうしようハ尺様の話し怖すぎる。眠れない。
最近の怖話しで一番怖い

970 :本当にあった怖い名無し:2008/08/27(水) 06:09:11 ID:7HD9/x/7O
>>968
http://yellow.ribbon.to/~wadayuki/randomvib.swf

971 :本当にあった怖い名無し:2008/08/27(水) 06:09:56 ID:b17P1ESe0
>>910
>名前の通り八尺ほどの背丈があり、
「ぼぼぼぼ」と男のような声で変な笑い方をする。

ジャイアント馬場の霊では?

972 :本当にあった怖い名無し:2008/08/27(水) 06:33:57 ID:NDdA5tzaO
以前見た話は寒気がした。
スレッド形式で、お経みたいのを唱えさせてから水を飲ませる指示をしたあと
「実は今のは悪霊を取り込む儀式で〜」とネタバレするみたいな。

973 :本当にあった怖い名無し:2008/08/27(水) 06:34:43 ID:Xwuof3hlO
>>970
頭が一瞬真っ白になった

一人じゃなくてよかった〜

974 :本当にあった怖い名無し:2008/08/27(水) 07:58:47 ID:NUE/Ii7zO
>>970って何?

975 :本当にあった怖い名無し:2008/08/27(水) 08:15:26 ID:6k0AE2jC0
swfだし、多分びっくり系じゃない?

976 :本当にあった怖い名無し:2008/08/27(水) 08:25:42 ID:SmFGBjFK0
>>971
女装したG馬場の霊とか怖すぎだろjk

977 :本当にあった怖い名無し:2008/08/27(水) 08:27:55 ID:NUE/Ii7zO
>>975
ありがとう
携帯でみたら真っ暗でバイブしたからビックリした

ところで誰か田舎後編どこか知りませんか?

978 :本当にあった怖い名無し:2008/08/27(水) 08:29:04 ID:8h0eWDnVO
>>970・・・
俺の右手が勝手に震えだしたじゃねーか!!

979 :本当にあった怖い名無し:2008/08/27(水) 11:20:21 ID:Qch165xwO
怖い人情話ない?

980 :本当にあった怖い名無し:2008/08/27(水) 12:25:08 ID:7peJBrWVO
>>977
田舎は中編までしか出てねーんじゃなかったっけ

981 :本当にあった怖い名無し:2008/08/27(水) 12:32:09 ID:8eYIj5RF0
さっき、川原でやった六尺兄貴凄かったです!ガチムチの色黒兄貴がオッス連呼で
張型ケツにぶちこまれ腰振ってました。俺もくわえさせられて浣腸食らい無様に
排便さらしました。バリカン出されたときは一瞬引いたけど、兄貴の「いやなら
止めていいんだぜ!」の一言で覚悟決め、生まれて初めて丸刈りになりました。そ
の後、脇・チンゲも刈られてビンビンのマラ、思いっきりしごかれ派手にガチムチ
兄貴の顔に飛ばしました。スッゲー男らしく気持ちよかったです。また行くとき
カキコして下さい!帰ってから丸刈りの頭見て、また感じまくってます!

982 :本当にあった怖い名無し:2008/08/27(水) 12:34:37 ID:8eYIj5RF0
灘の喧嘩祭といえば、六尺褌一丁の男達が、神輿を担いでぶつかり合う、勇壮な祭として、この地方に知られている。
祭のあと、男達は集会所に集まり、普段着に着替え、飲み合う。
六尺は、激しい祭でドロドロボロボロになるから、使い捨てで、ゴミとして出される。
俺はいつもそれが狙いだ。
捨てられている六尺の、できるだけ汚れてる奴を10数本ほど、こっそりさらって家に持ち帰る。
そして、深夜、俺一人の祭が始まる。
俺はもう一度汚れた六尺のみ身に付け、部屋中にかっさらってきた六尺をばら撒き、ウォーッと叫びながら、六尺の海の中を転げ回る。
汚れた六尺は、雄の臭いがムンムン強烈で、俺の性感を刺激する。
前袋の中のマラは、もうすでに痛いほど勃起している。
六尺の中に顔を埋める。臭ぇ。汗臭、アンモニア臭や、股ぐら独特の酸っぱい臭を、胸一杯に吸い込む。溜まんねえ。
臭ぇぜ、ワッショイ! 雄野郎ワッショイ!と叫びながら、前袋ごとマラを扱く。
嗅ぎ比べ、一番雄臭がキツイやつを主食に選ぶ。その六尺には、我慢汁の染みまでくっきりとあり、ツーンと臭って臭って堪らない。
その六尺を締めてた奴は、祭で一番威勢が良かった、五分刈りで髭の、40代の、ガチムチ野郎だろうと、勝手に想像して、鼻と口に一番臭い部分を押し当て、思いきり嗅ぎながら、ガチムチ野郎臭ぇぜ!俺が行かせてやるぜ!と絶叫し、マラをいっそう激しく扱く。
他の六尺は、ミイラのように頭や身体に巻き付け、ガチムチ野郎の六尺を口に銜えながら、ウオッ!ウオッ!と唸りながらマラを扱きまくる。
そろそろ限界だ。
俺は前袋からマラを引き出し、ガチムチ野郎の六尺の中に、思いっきり種付けする。
どうだ!気持良いか!俺も良いぜ!と叫びながら発射し続ける。
本当にガチムチ野郎を犯してる気分で、ムチャクチャ気持ち良い。
ガチムチ野郎の六尺は、俺の雄汁でベトベトに汚される。
ガチムチ野郎、貴様はもう俺のもんだぜ!
俺の祭が済んだあと、他の六尺とまとめて、ビニール袋に入れ押し入れにしまい込む。
また来年、祭で六尺を手に入れるまで、オカズに使う。
押し入れにはそんなビニール袋がいくつも仕舞ってあるんだぜ。

983 :本当にあった怖い名無し:2008/08/27(水) 12:36:06 ID:8eYIj5RF0
この前ズリダチとタイマン勝負したことを書くぜ。
互いに六尺姿でまずは威嚇、腕組みヤニ咥えガン飛ばし、
大股で筋肉と勃起誇張して、野郎比べだ。
雄臭ぇポーズで挑発しあう。腰突き出し勃起を振り回し、
オラオラ節で興奮に火が付く。

やわらオイルをタップリ仕込んで、いよいよズリ戦開始だ。
胴ズリ、逆ズリ、雁ズリ、玉ズリ、上ズリ、下ズリ。
野郎うなぎ責め、腰砕けの手マンコ、野郎泣かせの亀頭責め。
片手技と両手技の競り合いで、雄の粋と艶を比べ合う。
ズリ見せ根性丸出しでな。

一息入れる時にゃ、奴の胸板めがけて、勃起ションベン。

ビシバシ痛ぇくらいに、照射すりゃ、雄の征服感が全身を
快感となって駆け回る。

さらにオイルを仕込んで2R。
今度は俺のズリビデオ見せながらのダブルズリ攻撃さ。
ラッシュ飛ばして、ド淫乱野郎に変獣し、チンポ・センズリ・押忍の連呼。
俺達はまさに、チンポ、ズリ、男意気を激しく比べ合う戦闘士だ。

寸止めのエロい表情も相手を落とす神技、何度も食らう度に金玉の
引きつる痛みさえ新たな快感に変わる。

その時、ほんの少しの気の緩みで奴は快感のコントロールを失い
射精の痙攣に突入。

2回に渡るファイトはいずれも俺の勝利、最後は奴のチンポめがけて、
野郎征服の快感に酔いながら勝利の照射!
3時間勝負は俺達ズリ舎弟の絆を更に固めたぜ!

984 :本当にあった怖い名無し:2008/08/27(水) 12:38:08 ID:8eYIj5RF0
俺はセンズリの時は必ず六尺を締めてやる。
そのまま発射するから六尺には雄汁がたっぷり染み込む。
それを一回も洗濯しないからチンポが当たる部分は変色し茶ばんで、
臭いもすげぇ雄臭くなっている。
昨夜もその六尺締めてセンズリした。
臭いが逃げないように六尺は密封ケースの中に仕舞ってあり、六尺二丁が生乾き状態で、
蓋を開けただけでムワッと雄臭え臭い立ち昇ってきて俺の性欲を刺激する。
全裸になって素早く六尺を締める。縦褌がケツにギュッと食い込むほどきつく締める。
六尺一丁の姿を全身鏡に映して眺める。週4でトレして日焼けマシンで焼き込んでる
ゴツクて浅黒い肉体が我ながら雄欲をそそる。
既に前袋の中では痛いほどチンポが勃起して盛り上がり先走りの染みがひろがっている。
俺はいろいろポージングして己の肉体美を観賞する。
雄臭ぇ。たまんねぇぜ。
俺は前袋ごとチンポを揉みしだく。
うぉっ!いいぜ。
長く楽しむために発射しそうになると手の動きを止める。
俺は交互に使ってるもう一丁の生乾きの六尺を顔に押し当て臭いを嗅ぐ。
臭ぇ臭ぇ。ギンギンのチンポからさらに先走りが溢れる。
こうやってじっくり楽しみながらいよいよ発射の時が来る。
褌マッチョ野郎!雄臭えぜぇー!と叫びながら六尺に中出しする。
六尺はドロドロベトベトになり部屋中に雄臭が漂う。
六尺を解いてすぐ密封ケースに仕舞う。今夜もまた世話になるぜ。よろしくな。

985 :本当にあった怖い名無し:2008/08/27(水) 12:38:40 ID:7peJBrWVO
中学生の時、スカートめくりをやたらとしている友達がいたんだけど・・・
その子の話をちょっとします。

修学旅行の時、定番の沖縄に行った。
俺らの学校は校風はマジメだったから、もうほとんど勉強だったんだよな。
それで、初日にガマに入った。
ガマってみんなわかるだろうけど・・・自然の防空壕みたいなかんじ。
下に降りてくと、懐中電灯がないともう何も見えなくて。隣に居る人の顔も姿も見えないの。
語り部さんの話を聞いて、しばらくしてガマから出た。
そしたらスカートめくりのそいつが青い顔してんの。
どうした?って聞いたら、

「ずっと横に白い影が見えた。ごめんなさいってずっと言ってた」

サーッと血の気がひいた。
ごめんなさいって誰が言ってたんだろう。
そいつはおちゃらけてるけど嘘は言わないやつだったから、俺もまわりも怖い顔してた。

その後も、学校で授業中に女の子が腕の近くに居たとか、そういう話をちらほら聞いた。
でもそれだけなんだけどな。

あんまり怖くない上に長文すまんかった。

986 :本当にあった怖い名無し:2008/08/27(水) 15:06:26 ID:kqHo2RVt0
>>964
tudukinaino?

987 :本当にあった怖い名無し:2008/08/27(水) 19:44:54 ID:vjKnkfBtO
つづきが六尺。

988 :本当にあった怖い名無し:2008/08/27(水) 21:14:45 ID:kqHo2RVt0
納得した

989 :本当にあった怖い名無し:2008/08/28(木) 03:06:30 ID:ziwwAwgn0
オーストラリアをあてもなく旅行したときのこと。
バスに乗車すると隣にネイティブと思われる女が座ってきた。
こちらを見るや、自分の服をめくりあげた。
彼女は俺に胸の辺りを触るように言った。
餓えていた俺でも、その気は全く起きず、ただ引いた。
頭がおかしい女だと思って、相手にしなかった。
気まずいので、その女から離れたかったのだが、
下手に席を移動するのもどうかと思ったので、我慢した。
俺が目的地につくより先に、女が降車した。

目的地で宿を探した。安宿の相部屋に宿泊することになった。
同じ部屋に他にも何人か宿泊客がいた。
就寝してしばらくすると、羽交い絞めにされて眼を覚ました。
暗闇の中だが、とっさに、ネイティブの男だと分かった。
屈強なマッチョ野郎で、しかも裸だ。叫びたいのだが、声がでない。
こう書いて客観的に見ると、まずは、ガチホモの襲撃を疑うべきだと思うが、
不思議とガチホモに掘られるとか、そういうことは思いつかなかった。
ただ、最上級の恐怖に支配された感じだった。

男は、耳元で何かをぶつぶつ言いはじめた。全く理解できない。
首を絞められ気が遠くなった。だが、また羽交い絞めにされて目が覚めた。
気が遠くなり、また羽交い絞め。その繰り返しだった。
最後に目が覚めると朝になっていた。一応、生存。
危害を加えられた形跡はなく、盗まれたものもない。掘られてもいない。
というか、ヤツがこの世の者じゃないと既に分かっていた。
他の宿泊客が話しているのを聞いたのだが、
俺は一晩中ぶつぶつと何かをつぶやいていたらしい。
俺は声を出せなかったのだから、それは俺ではない。

つづく


990 :本当にあった怖い名無し:2008/08/28(木) 03:07:55 ID:ziwwAwgn0
989のつづき

旅を続ける中、一人の旅人と意気投合した。
俺は、あの宿での体験を話しのネタにしようと思った。
少し話し始めるや、その旅人はその宿を知っているといった。
彼も宿泊したことがあるという。
彼は、彼が宿で体験したことを話しはじめた。
俺の体験とほぼ同じだった。詳しく聞いたところ、
彼が寝たのも同じベッドだった。

何のオチもないのだが、以上が俺のしゃれにならない体験だ。
実は、オチになると思われるような話しも聞いたのだが、よく理解できなかった。
宿のある場所がかつてネイティブの聖地だったというようなことを彼から聞いた。
だが、細かいことはよくわからなかった。

旅から帰って、ふと思った。
あのバスの中の女は俺を見て何かヤバイものを感じとったのかもしれない。
もちろん、ただの痴女、というか、頭が変な人だった可能性もある。
いずれにせよ、今となっては、知るよしもない。

おわり

991 :本当にあった怖い名無し:2008/08/28(木) 03:29:27 ID:j0aRIzqk0
んじやこのスレで一番怖かった話は八尺様ということで

992 :本当にあった怖い名無し:2008/08/28(木) 08:30:40 ID:UOOoTgaV0
>>908
このスレで一番怖かったわ。

封印の地蔵が壊れたってことは
八尺様が全国どこにでも現れる可能性が出たということと
魅入られたら逃げることが出来なくなったということだよな…。

成人前の若い人間は気をつけろよ。

993 :本当にあった怖い名無し:2008/08/28(木) 08:47:17 ID:haKZzgFi0
腹の底から「おっぱい!おっぱい!」と連呼すれば怪異の方が逃げてくよ。
八尺様とやらも例外じゃないね。

994 :本当にあった怖い名無し:2008/08/28(木) 08:49:51 ID:C7jSZd5G0
>>992
アッー!

ってことか。
そうかそうか。

995 :本当にあった怖い名無し:2008/08/28(木) 10:40:52 ID:Kfq29J8x0
鮫島

996 :本当にあった怖い名無し:2008/08/28(木) 11:09:11 ID:LrHBan/J0
>>989.990
事件、怪談、笑い話のどちらにも転びそうだな。

997 :本当にあった怖い名無し:2008/08/28(木) 13:01:13 ID:Z0bHszwRO
>>1000なら
八尺様はねずみ先輩

998 :本当にあった怖い名無し:2008/08/28(木) 13:08:32 ID:NWwUeV/w0
>>1000なら
八尺様は既に寺生まれのTさんにより撃破済み

999 :本当にあった怖い名無し:2008/08/28(木) 13:20:02 ID:aBvstKeRO
999999999999

1000 :本当にあった怖い名無し:2008/08/28(木) 13:21:57 ID:adxedC8g0
>>1000なら、寺生まれがまた大活躍

1001 :1001:Over 1000 Thread
                      γ
                      (
                      _ノ

                   /
                __
             ,、'"   .  `' 、
             i`ー  _    ',
.             l| !|      i""!|
                 }: }i    |{  !j
               〈| 'J |!   }j  :}
            _ノ;し  i}  {J  |
         ,、-,、'         ハ- 、
         ( .( '、_    _ ,ノ  ノ:i   )
        ,、'""`ー---‐'"フ、_ - _,、' -'"
        (  _   ,、'"    ̄
         `ー--─'"
千本目の蝋燭が消えますた・・・
新しい蝋燭を立ててくださいです・・・

424 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)