5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

後味の悪い話 その90

331 :本当にあった怖い名無し:2008/07/30(水) 07:22:39 ID:i3I2zmfG0
先日学生の頃からの友人に会ったときのこと。数年ぶりに彼女が出来たという。
彼女は会社の後輩で、何年も仕事一緒に仕事をしていたのに
ほとんど会話したことがなかったが、打ち上げの飲み会で意気投合したのだとか。
友人は無類の活字好きで、彼女とも本の話で盛り上がった。

友人「じゃあさ、○○著の××って読んだことある?」
彼女「それは読んだことないです。○○の△△はすごくよかったです」
友人「△△読んだんだ!○○なら××が最高傑作だよ。」
友人は彼女にその本を貸すことを約束した。

○○はロシアかどこかの文豪で、△△が代表作。(自分が無知なので失念)
××ってのは友人の十数年来の愛読書で、擦り切れるほど読んでいるらしい。
友人はやや潔癖で神経質なところがあり、彼女に貸すにはあまりにも酷い状態だったので、
新しい物を買って彼女に渡した。

本を渡した翌週の月曜日、彼女が友人のところにやってきて興奮気味に話し始めた。
土曜日の朝から食事も忘れて読みふけっていたらしい。日曜日もそんな感じで、
分厚い本の4分の3ぐらいまで読んでしまったという。
その週末、本を返してもらうのを口実にデートに誘い、交際することになった。
本の感想は友人が期待した通りで、彼女とは価値観が合うと思ったという。

366 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)