5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

後味の悪い話 その86

1 : :2008/05/11(日) 18:31:30 ID:l/bJ7kA40
■注意■
・ネタバレ必須です。 既出上等。
・知らない人にも内容がわかるように紹介して下さい。(>>2-5あたり参照)
・ageよりsage進行でおながいします。
・映画や小説、漫画、ネットの噂などのネタやコピぺも可です。
・1回で投稿しきれない長文は、投稿前にメモ帳でぜんぶの文章を書き終えてから、連続投稿してください。
・漫画ネタを見たくない人は「漫画」「まんが」「マンガ」「アニメ」をNGワード登録しておくと快適にご覧いただけます。

聞いた後に何となく嫌な気分になったり、切なくてやりきれない夜をすごしてしまったり、
不安に駆られたり、体中がむず痒くなるような話を語り合うスレです。

★重要!
【次スレは950を踏んだ人が立てて下さい。】
 ※950が立てられない場合は早めに申告して下さい。
  次スレが無いのに埋める荒らしが居るため、スレ立ては最優先でお願いします。
  950を超えたらネタの投下は次スレまで待つぐらいが良いでしょう。

後味の悪い話 その85
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1206953906/


過去ログはこちらからどうぞ
「後味の悪い話 まとめサイト」
http://badaftertaste.web.fc2.com/


2 : :2008/05/11(日) 18:31:36 ID:l/bJ7kA40
ネタの書き込みの悪い例


マウントスノーの村が後味悪い。老人は酔った勢いで口を滑らせただけなのに、
50年間たっても許されない。

でも主人公たちが頼んだら許してくれて、よかった・・・と思ったら老人は
若返らず、友達や知り合いにも、あの爺さん誰? とか
言われてる。
しかも女王は「自分だけ50年の歳月が流れている。それが本当の罰です」とか
言ってるし。じゃあ今までのは罰じゃないのかよ! と・・・orz


3 : :2008/05/11(日) 18:31:49 ID:l/bJ7kA40
ネタの書き込みの良い例


ゲームのネタでDQ6の雪国の山奥の村の老人の話。
細かいことは覚えてませんが、だいたいこんな話。

主人公たちがやってきた雪深い山奥の村は、住民が氷漬けにされていて、
生きて動いているのは一人の老人だけ。

昔、若者だった老人は山奥で、氷の女王に遭遇してしまう。
絶対に私と会ったことを口にしてはいけないと口止めされたにも関わらず、
老人は酒場で酔った弾みに友達にそのことを話してしまう。
気づいたら老人だった若者以外みんな凍りついていた。

罪の意識を感じた老人は、無人の村で孤独に50年過ごす。

主人公たちは女王様に会いに行って村にかけた呪いを解いてもらうように頼む。
女王様は彼ももう十分苦しんだでしょうからね・・ってあっさり呪いを解いてくれる。
呪いが解けて活気が蘇った村で、酒場で50年前の続きをやっている友達や知り合いに、○○(老人の名前)の部屋にいるあのジイサン誰だろうな?って言われる老人。
老人が若返ったりする救済無し。

「周りがあの時のままなのに、自分だけ50年の歳月が流れている。それこそが彼に対する本当の罰です」
このイベントの後に女王を尋ねると、↑みたいなことを言っていた気がする。

結果的に彼の不幸によって主人公たちは伝説の剣を手に入れられるんだけど。
後味悪い。


4 : :2008/05/11(日) 18:31:59 ID:l/bJ7kA40
        ∧∧  ミ   _ ドスッ
        (   ,,)┌──┴┴──┐
       /   つ テンプレ ここまで│
     〜′ /´ └──┬┬──┘
      ∪ ∪       ││ _ε,' 3
               ゛゛'゛'゛


5 :本当にあった怖い名無し:2008/05/11(日) 18:45:10 ID:wzKEv/WV0
>>1
乙〜

プロの華麗な仕事ですな。

6 :本当にあった怖い名無し:2008/05/11(日) 20:32:48 ID:xuaDF8Ew0
30秒以内に全ての仕事を完遂させる・・・素晴らしい手際だ。
>>1ハラショー

7 :本当にあった怖い名無し:2008/05/11(日) 23:54:11 ID:yaM1PcbF0
子供の頃、祖母の家の近くに「クロ」という犬がいた。
クロは、1メートル四方の網の檻に入れられ、
散歩にも連れて行ってもらえず、食事もあまり・・・の状態で、
ストレスから、そばを通っただけで吼えまくる犬で、
かわいそうと思いながらも、どうすることも出来ずにいた。

しばらくして、おばあちゃんから、クロ死んだよ・・・って。
近所の子供が、クロの檻に手を入れて、手を噛まれたから、
保健所へ・・・って。

8 :本当にあった怖い名無し:2008/05/12(月) 01:41:26 ID:bofTlV7Y0
住宅の壁とブロック塀の隙間の半畳程も無い所で飼われている犬が居た。
その家の人はとても忙しいらしく放置されているストレスの所為か
犬はブロック塀の隙間から見えるものや気配に対し狂ったように吠えていた。

その家の人は番犬だから吠えるのは普通と言っていたが
近所で働いていた犬好きの小父さんが犬に楽しみをやろうと
半ば無理矢理一ヶ月に二〜三回程昼休みに犬を散歩させてやってた。
それを知った小父さんの同僚は「強引でヤクザみたいな人だが良いところも有る」等と言っていた。

無理矢理他人の家の犬を散歩させた小父さんは
野良猫を脅かすそうと犬をけしかけ子猫が一匹食い千切られた。
その後同僚に「矢張り駄目な人だった」と非難されてた。

9 :本当にあった怖い名無し:2008/05/12(月) 03:09:41 ID:uptLF/z+0
>>1
おつ!

10 :本当にあった怖い名無し:2008/05/13(火) 00:34:29 ID:Zea+LsvLO
>>8
おじさんに萌えた

11 :本当にあった怖い名無し:2008/05/13(火) 03:26:58 ID:vwx4nRr5O
動物ネタは勘弁してくだせえ(;ω;)

12 :本当にあった怖い名無し:2008/05/13(火) 12:39:10 ID:62vm/D1d0
>>7
似たようなコピペを思い出した。
おばあちゃんが散歩させてた犬をからかった子供がかまれて
保健所送りになっちゃったってやつ。

本当に、犬ってかんだくらいで保健所送りになっちゃうのかな。
ドラえもんとかアニメで出て来る怖い犬って即保健所送りだな。

13 :本当にあった怖い名無し:2008/05/13(火) 12:40:47 ID:62vm/D1d0
新スレなのにすっげー下にあるな
1回あげとくわ

14 :本当にあった怖い名無し:2008/05/13(火) 16:34:13 ID:HLhCkZ4G0
>>12
飼い犬が、飼い主の家族以外の他人を噛んだら、まず保健所に連絡。
その上で狂犬病の疑いなどが無いかを検査。これは法律による義務。

大体、都道府県において「犬による危害防止条例」とかが制定されてるから、それに従う。
「人の生命、身体又は財産に対する急迫の侵害のおそれがある」場合にのみ、
「捕獲し、又は殺処分」と規定されてる場合もある。保健所で預かる場合もアリ。

他人を噛んだことによって、被害届けが出されれば飼い主は傷害罪に問われる。
被害者が大事にしたくない場合は、口輪とか、そういう処置を執るように保健所から指導される。
治療や、それに関する費用を払うのは飼い主の義務。

噛まれた被害者が「殺処分を希望」してたり、
飼い主側が、良心の呵責に耐えられない場合は、この限りではない。

15 :本当にあった怖い名無し:2008/05/13(火) 17:22:18 ID:cLXMuD3J0
飼い主が死んだ後も、けなげにずっと待つ犬も
ある意味、後味悪い。

16 :本当にあった怖い名無し:2008/05/13(火) 17:22:59 ID:69f1Dqaq0
そーいやハチ公映画化だよな。
ハリウッドで。

17 :本当にあった怖い名無し:2008/05/13(火) 18:18:55 ID:64xnnxmE0
ペットってのは法律上器物なんだよな。
よその犬猫を殺しても「器物破損」なんだ。殺動物の罪はない。

血統書付きは損害賠償請求が可能。
雑種は貨幣価値無し……

1人暮らしのばーさんが孫のように可愛がり大切にしていても、雑種は法律上価値がなく、
金持ちが道楽で飼い殺しにしていても、血統書付きなら高い価値がつくとな。

18 :本当にあった怖い名無し:2008/05/13(火) 18:34:51 ID:GplloWt8O
飲みかけの缶コーラを飲んだら…なんか粒が?…何だこれ?…と思いつつ舌で確認しようと転がしてみる…ムニュムニュしてる…全くわからん…ペッとはきだす…蝿だった

19 :本当にあった怖い名無し:2008/05/13(火) 19:00:03 ID:5w2OVop1O
ホントの意味で後味が悪いってか。

20 :本当にあった怖い名無し:2008/05/13(火) 19:06:43 ID:ZgeeRJY40
>>14
へぇー…。わざわざさんきゅ。
そういや小学校の時、休み時間に校庭に中型の犬が入って来て
低学年の子供が噛まれたけど、腕に直径3ミリくらいの
牙による穴がぽっかり空いててびびったっけなあ。
あの犬も保健所行きだったんだろうなあ。

21 :本当にあった怖い名無し:2008/05/13(火) 23:08:28 ID:GplloWt8O
>>19
ネタじゃない。小学生の時に本当におこった話だ。
コーラを捨てる時、まだ二匹くらい入ってたのを覚えている。

22 :本当にあった怖い名無し:2008/05/13(火) 23:28:42 ID:KZVHJ/ZR0
飲み終わって灰皿にしてた缶コーヒーを
飲みかけのと間違えて口をつけてしまった時と>>18、どっちが嫌だろうか

23 :本当にあった怖い名無し:2008/05/14(水) 00:49:55 ID:RbBF2pMtO
>>17
飼われてようと野良だろうと、動物殺しの罪はあるよ
ただ器物破損の方が刑罰が重いから、誰かに飼われてればそっちに問う場合が多い

これで思い出したけど、ディルレ事件は2ちゃん内で起こった事件は個人的に最も後味悪いな
つーか胸糞悪い

24 :本当にあった怖い名無し:2008/05/14(水) 01:57:14 ID:Ue8sF8x6O
働きたくない

25 :本当にあった怖い名無し:2008/05/14(水) 02:26:40 ID:FaVv8EPFO
働かないで一年過ごしたら、後味の悪い一年として記憶に残るね

26 :本当にあった怖い名無し:2008/05/14(水) 06:37:22 ID:r6O17NxnO
高校の時、近所の老夫婦が飼ってたバカ犬に噛まれた
(うちの犬を散歩させてたら鎖を切って飛び掛かってきた)
脚を噛まれ血だるまになった\(^o^)/かなり縫った

うちの親父は怒り狂い、そのバカ犬を保健所に叩き送ろうとしたが
老夫婦に泣いて土下座され、思わずほだされて保健所はナシとなった
人間噛んでも=即保健所というわけではない

今でも傷が残っているので、見るたびに怒りが甦り
「やっぱりあのクソ犬ぶち殺してやればよかった」と思うが
実際保健所に送ってたら今も後悔しただろうな

バカ犬は天寿をまっとうしたらしい

27 :本当にあった怖い名無し:2008/05/14(水) 06:39:28 ID:CEuvIblc0
俺こわくてしかたないんだけどお払いしてもらおうかな。


28 :本当にあった怖い名無し:2008/05/14(水) 06:41:47 ID:r6O17NxnO
↑保健所に送る、とは殺処分希望するの意味でね

29 :本当にあった怖い名無し:2008/05/14(水) 07:35:23 ID:qh0k7PCd0
なんだろう、同情できない

30 :本当にあった怖い名無し:2008/05/14(水) 07:40:18 ID:0bo1VUIL0
>>26
何針も縫う大怪我だったにもかかわらず、狂犬病にかからなかったんでしょ
ワクチンちゃんと打ってたのかしらその老夫婦
保健所に送っていたら怒りよりも後悔のほうが強くなってたんじゃないかな
同じ犬飼ってる者同士なわけだしさ
なんにしても同情できないのは文章のせいかしら

31 :本当にあった怖い名無し:2008/05/14(水) 09:23:26 ID:EuXtO4wt0
幼稚園の頃、近所の犬にじゃれつかれ、背中に血が滲む程度の怪我をした。
飼い主のおばちゃんは家まで来て謝ってくれて、うちの親も特に怒った訳でもなく、
自分自身も数日後にはすっかり忘れてたんだが、最近あの犬見ないな〜と思ってたら
その犬はすぐに保健所に送られてたと聞いた。

保健所が何をするところなのか知ったのは小学生になってからで、
当時の担任の先生(20代前半女)の話からだった。
学校にノラ犬が迷い込んできて、クラスの男子がうちで飼うと連れて帰った。
で、次の日彼がその犬を保健所に連れて行ったという話をしたんだが、それを聞いて先生激怒。
「保健所なんて連れてったら殺されちゃうでしょ!なんてことするの最低!」みたいな感じで
ものっそい勢いで騒ぎ始めた。その男子涙目、他の子ポカーン。
結局その子の家に電話して確認したらしく、帰りの会では一転して
「保健所には検査のために連れてったんだって。早とちりしてゴメンネ☆」とニコニコ顔だった。

親からは保健所とは「野良犬とかをいっぱい飼ってる所だよ」としか聞いていなかったので
このとき初めて、あの時の犬は殺されちゃったんだなぁと知ってショックでございましたよ。

32 :本当にあった怖い名無し:2008/05/14(水) 12:20:16 ID:HUwyo+M00
引越し先の都合で、飼い犬を飼い続ける事が出来なくなり
幼い子供に、「親切な○○さんに預けたのよ」と言いつつ
実は保健所に・・・

って話は多いんだろうな。

33 :本当にあった怖い名無し:2008/05/14(水) 12:37:22 ID:tCwrml+E0
おいらの親父は狩猟が趣味。
猟犬を数匹飼ってるんだが、交通事故で死んだ犬以外、家で最後を
看取った犬はいない。
犬がいなくなって親父に聞くと、「良い犬だから、繁殖に使いたいと言う人が
いたから貸した」と言われて納得していた。
(猟犬として)血統的に優秀な犬、猟犬の競技会で優秀な成績を収めた犬
なんかもいたし、親父もよく狩猟仲間から成犬を借りていたので、
その言葉を素直に信じていた。

最近、親父が使っていた猟犬の殆どが、数年の使用の後で保健所に
行っていたことを知った。
子犬の頃から育てた、可愛かったあの犬も、あの犬も、みんな殺されてた
んだと知って、本気でショックだった。



34 :本当にあった怖い名無し:2008/05/14(水) 13:55:30 ID:K/zhf3A60
>>33
だからと言って、親父を殺すなよ

35 :本当にあった怖い名無し:2008/05/14(水) 15:35:06 ID:mCVhu9WN0
>>33
やっぱ狩猟とか労働目的で飼われてる犬は
年取って繁殖もできなくなったら処分というのがデフォなんだろうか?
ペットじゃないし、犬に対する価値観が違うだろうから父ちゃんを責めることはできんが、
犬=ペットという感覚しか持ってない者からしたら、なんともやりきれない話だね。


36 :本当にあった怖い名無し:2008/05/14(水) 16:14:54 ID:MKTY/jYS0
殺生を趣味にしている人間は、生物の命に愛情など持たないというのがよくわかるね。
獲物は食糧、家畜は道具。ある意味、虚飾なしに人の本質を地で行ってる感があるな。

37 :本当にあった怖い名無し:2008/05/14(水) 17:31:30 ID:vDrkhYdk0
狩猟地区では住宅街でも薬莢が落ちてたりするんだってね。
住民が飼い犬を殺されたって話もあった。



38 :本当にあった怖い名無し:2008/05/14(水) 17:32:16 ID:tCwrml+E0
親父、昭和一桁生まれの農家の出だから、殺生が趣味っつうか、
本人にとってガキの頃からの日常の延長なんだよ。
春は山でふきやらわらびやらぜんまいやらをとり、夏は海と川で貝やら
たこやら鮎やらをとり、秋はミカン農家の繁忙期なので仕事に精出し、
冬は山で鹿と猪を追う。
主な仕事は他にあるし、それを楽しんでいるし、金に換えないから
趣味の範疇なだけ。

おいらは、親父のとってくる獲物に関しては食料としてありがたくいただく
ということで殺生することには納得してたんだが、犬に関しては「ペット
兼使役犬」と勝手に思っていたし、親父が嘘をついてるなんてかけらも
思っていなかったんで、知った時はショックだったんだ。

ちなみに、親父は無神論者・オカルト否定者。
自分が死んだら、骨を散々獲物を殺してきた山に撒いて、山の栄養、
川の栄養、海の栄養にしてくれと言っている。

39 :本当にあった怖い名無し:2008/05/14(水) 17:44:36 ID:Ue8sF8x6O
うちの親父も昔はその辺のスズメ捕まえて焼いて喰ってた話とかするなー
まあペットに服着せて「ちゃん」付けしてベタ可愛がりするのと
仕事の道具として使い捨てるのとどちらが正しいかとかはないよなー

40 :本当にあった怖い名無し:2008/05/14(水) 19:08:23 ID:9uYx/GNV0
>>20
野犬だったらどうしようもないだろうなぁ
鑑札とか付いてれば、また違ってくるけど

>>33
「東京伝説」に「パンチ屋」って話があった
保健所にも連れて行かずに、個人に始末してもらうという話
「狩猟期間が終わると買い換えるのがほとんど」なのだそうだ

41 :本当にあった怖い名無し:2008/05/14(水) 19:14:53 ID:r6O17NxnO
犬に噛まれた>>26だが、老夫婦の犬を殺処分にしなくてよかったと思ってるんだ
怪我はむかつくけど、天寿をまっとうしてくれて良かったよ
犬、好きだし

狩猟犬の寿命について、
やはり鉄砲撃ちの友人の家では
「犬の寿命はだいたい2〜3年」と言っていた
血統書のある専門の猟犬じゃなくただの雑種だが
鼓膜がいかれてしまうこともあり、長生きできないらしい
(耳栓してやれよ…)

うちの犬が18才で死んだ時、その友人にやたら驚かれた
「犬ってそんな生きんの!?」と

42 :本当にあった怖い名無し:2008/05/14(水) 19:19:56 ID:qh0k7PCd0
>>33
残念ながら、今の日本で、趣味で狩猟してる人なんてそんなもんでしょう。

関係あるかないかわからないが猟友会に関する事件。
千葉の山中で、ひとりの老婆が撃ち殺された。撃ったのは林という男。
林の主張では、老婆が歩く物音を猿と間違えて撃ってしまったという。そしてその主張は受け入れられ、
業務上過失致死となった。

だが、その程度の認識で発砲していいのか? そして、業務上過失致死という判断は妥当なのだろうか?
林は老婆を射殺後、応急処置も病院への連絡もせずに山中に放置し死なせているのだ。

ヤクザの巣窟である猟友会の後ろ盾もあったのかもしれない。

「猿と間違えた」と言う言い訳だけで殺人罪を逃れられる猟友会員。他にも、軽率な発砲で
危険な目にあったり、自宅に弾が飛び込んできたりといった被害報告もある。
そのような連中が今でも銃を持って日本中を歩き回っているのが後味悪い。


43 :本当にあった怖い名無し:2008/05/14(水) 19:26:19 ID:jZDh5es00
>>41
犬を狩猟の道具として使う事は別に批判する気は無いが、
そういう人にペットとして動物飼って欲しくないな。
下手に長年動物扱ってる分、色々間違った固定観念持ってそう。


44 :本当にあった怖い名無し:2008/05/14(水) 19:33:32 ID:sJ19NvWo0
特撮・機動刑事ジバンの「壮絶!ジバン死す」(うろ覚え)
ある科学者が隕石の中から生命体を発見した。それを知った悪の組織バイオロンの首領、
ドクター・キバはマッドガルボ(対ジバン戦闘兵器)とサイの怪人に博士と彼の娘の拉致、
生命体の強奪を命じた。これは首尾よく成功し、サイの怪人とマッドガルボは生命体を注入して
パワーアップし、ジバンに「博士と娘の命を助けたければ来い!」と挑戦状をたたきつけた。
上司である博士に「罠だ!」と止められたが、「親子を助けなければならない」とジバンはそう言って出撃した。
ジバンは博士と娘を救出して戦いに挑んだが、生命体の力でパワーアップしたサイの怪人とマッドガルボには
攻撃が全然通用しなかった。そこへ謎の女性が現れてジバンに攻撃をしかけた。
その攻撃で目が見えなくなったジバンは、サイの怪人とマッドガルボのリンチを受け、左腕を斬られ心臓を
刀で突き刺されて死んでしまった。
ナレーションも追い討ちをかけるように「ジバンは死んだ! もうこの地球を守る者は誰もいない!」と絶望的だった。
この話をリアルで見ていた当時の私には「ヒーローの死=番組の終了・打ち切り」という認識があったので、
「これはもう、ワーストエンド確定だな」と次回予告を見ないでチャンネルを変えた。
そしてそれ以降「機動刑事ジバン」を見るのをやめた。

45 :本当にあった怖い名無し:2008/05/14(水) 19:33:54 ID:jffXdZTMO
>>39
だな。ただ、趣味で使い捨てるのは問題外だけどね。

46 :本当にあった怖い名無し:2008/05/14(水) 19:47:38 ID:oxKfS64u0
>>38
俺の親父はお前の親父さんよりちょっと若いけど、
話に聞いてた疎開してた子供の頃の日常はほぼ同じ。
趣味で狩りもやってたとこも一緒。(うちの親父は20代でやめたけど)
自分たちが食べる分もないのに、ってんで
生まれたばかりの子猫を川に捨てに行ったって話も聞いた。
お前の親父さんのやってることは筋が通ってると思う。

でも実際に猟犬として優秀で、血統書付きで繁殖にも使えるのに
なんで殺してしまったんだろうな。
セコい話だけど、犬を飼い替えるのは金がかかるし、
繁殖に使えば金になるわけじゃん?

47 :本当にあった怖い名無し:2008/05/14(水) 20:46:46 ID:Nu2vbTtt0
>何針も縫う大怪我だったにもかかわらず、狂犬病にかからなかったんでしょ
>>30は小型犬にかまれても大騒ぎしそうだなwww

48 :本当にあった怖い名無し:2008/05/14(水) 20:49:35 ID:9uYx/GNV0
>>46
猟犬としては優秀でも、繁殖となると、結構難しいんじゃないかな。
それこそ、メスとの相性もあるし、遺伝子検査もあるし、
繁殖できるまでに掛かる費用を考えたら、下手すりゃ赤字だと思う。

49 :本当にあった怖い名無し:2008/05/14(水) 22:12:38 ID:8qPlkP9f0
多産な動物だから優秀な一部の個体以外は要らないカス扱いされるんだろう。

50 :本当にあった怖い名無し:2008/05/14(水) 22:44:28 ID:7ocKfRW90
うちの犬(秋田)もブリーダーから安く譲ってもらったんだけど、
良い血統を入れるためのつなぎの「クズ犬」だから安くしときますわ、って言われたな
一応血統書もつけられる犬が2万。あとでペットショップに行っていかに格安か判った…
そのブリーダーさんは心ない飼い主がつき返してきた犬もちゃんと飼ってたけどね。
(だから可愛がれないならいつでも連れてきなさい、って言われた)

51 :本当にあった怖い名無し:2008/05/15(木) 00:10:12 ID:niqS4KF40
>>44
俺も似たようなことが・・・
仮面ライダーBLACKが、シャドームーンに倒された場面・・・。
それ以降も毎週見ていたはずなのにまったく記憶にない・・・。
あんなに好きだった番組なのにまったく覚えていないのは
かなり後味が悪い。

52 :本当にあった怖い名無し:2008/05/15(木) 00:28:40 ID:b0LLHrBp0
>自分たちが食べる分もないのに、ってんで
>生まれたばかりの子猫を川に捨てに行った

うちの親なら本当に自分たちの食べる分が無くなっていたら猫は捨てずに食べていたと思う。
「かわいそうなぞう」の話とか聞かせると「カボチャの種はオヤツや非常食では無く主食。」とか
「毒が入れられるような食べ物が手に入るなら人間に食わせろと言いたい。」とか
「戦時中子供に喜んで貰おうとして動物園の動物を生かそうとしたというが動物の肉を食べさせて貰える方が嬉しかったと思う。」とか言っていた。

53 :本当にあった怖い名無し:2008/05/15(木) 00:47:11 ID:CLJhF7+/O
>>50
ペットショップの犬は、仕入れる時一頭2〜3万で、10頭とか仕入れる
仔犬で免疫力が弱いから、移動やなんかで大体が死ぬ
だからその分+儲けだのなんだので、一頭当たり数十万の値段になる
一頭2万てのは、実は業者間では普通

54 :本当にあった怖い名無し:2008/05/15(木) 00:56:39 ID:4S3V8RWA0
>>42
都会じゃどうか知らんが、田舎の猟友会はヤクザの入り込む余地ないよ。
ヤクザもいないような田舎なだけだがw

>>46
いい犬は確かにもらわれていったりもしたし、仲間内で繁殖もさせてたん
だよ。(仲間内なので金にはならない)
でも、それはほんの少数だったんだ。

55 :本当にあった怖い名無し:2008/05/15(木) 01:12:49 ID:VtK6kRlL0
朝鮮の話とかだと10分以内とかで「いつまで同じ話しんてだギャアアァァ」という自治厨が出るのに、
他の話題だと来ない
別にこの流れに文句はないのだが、不思議だよね

56 :本当にあった怖い名無し:2008/05/15(木) 01:19:57 ID:KEE/MN6T0
>>33>>38

そんな親父がわざわざ嘘ついてたってことは、少なくとも>>33の犬への愛着には
理解を示して気遣ってあげていたってことだろ?イイハナシジャナイカ…

57 :本当にあった怖い名無し:2008/05/15(木) 02:04:20 ID:nCKBU/rzO
>>55
だって何つーか今更と言うかどれも同じような話なんだもん<朝鮮の話
下男やマイナスドライバーやお守りの話みたく聞き飽きた
目新しい事なら何だろうと別に良いけどさ

58 :本当にあった怖い名無し:2008/05/15(木) 02:36:40 ID:2gr5OhB7O
わんちゃん自慢スレはここですか?

59 :本当にあった怖い名無し:2008/05/15(木) 03:12:07 ID:mZjnojzPO
>>55
朝鮮人は気が短いから仕方ないよ
あいつらトウガラシで脳やられてるからな

60 :本当にあった怖い名無し:2008/05/15(木) 03:39:33 ID:hW3NT+NEO
猟犬さ、保健所に連れてかないで山の栄養にしてやれば良かったのに。
お父さん、自分の美学と反してると思う。


61 :本当にあった怖い名無し:2008/05/15(木) 04:18:34 ID:X65/+DtS0
自分の犬でも殺して山に捨てたら犯罪では

62 :本当にあった怖い名無し:2008/05/15(木) 04:59:59 ID:D2ZY1fFgO
公道に放置とかしなければ大丈夫

63 :本当にあった怖い名無し:2008/05/15(木) 05:09:12 ID:CLJhF7+/O
どんなに不必要だったとしても、一応は自分の飼い犬を、直接自らで殺したり出来たらさすがに頭おかしいだろ
山に捨てるとか云々以前に。だから保健所持ってったんじゃないのか

64 :本当にあった怖い名無し:2008/05/15(木) 05:14:31 ID:bmgeX6nFO
>>62
公有地に飼ってた動物の死体埋めるのも駄目なんじゃないの?
公衆衛生が〜とかいう理由で。

65 :本当にあった怖い名無し:2008/05/15(木) 08:47:34 ID:5HT3wRr50
私有地でも公有地でも不法投棄になるんじゃね?

66 :本当にあった怖い名無し:2008/05/15(木) 08:54:29 ID:MxEs3eN9O
>>57
きたあああw

67 :本当にあった怖い名無し:2008/05/15(木) 09:40:05 ID:884Tw4V+0
朝鮮人の話って似たようなモンばっかりってのは同意
またその話かよ…って思うんだけど。
あと、正直嫌韓厨や男女厨みたいな気違いはウンザリだ。
あいつらの思考って特定アジアの反日感情を、そのまま別のものに変えただけじゃん。

まぁいいや、朝鮮人にとっては後味が悪いであろう話をしようじゃないか
朝鮮人が大好きな唐辛子は、日本を経由して朝鮮半島に伝播されました
一説によると、彼らが目の敵にしている秀吉の朝鮮侵攻のときに渡った可能性が高いんだと。
まぁ、江戸時代に入ってからって説も有るんだけどね。
どちらにしろ、彼らがどう思っているのか気になるところがある。

68 :本当にあった怖い名無し:2008/05/15(木) 10:37:05 ID:mUwNitzj0
どうでもいいよ

唐辛子ってくらいだから
中国→朝鮮→日本
(あるいは中国→日本 & 中国→朝鮮)
って伝播ルートが自然だとは思うがな

69 :本当にあった怖い名無し:2008/05/15(木) 10:46:54 ID:vhMRbJOA0
>>67
毎年いるよなぁ。得意げに嫌韓の話題を出してはウザがられて逆切れしたり朝鮮人認定する奴w
4月に進学や就職したおこちゃまにはめずらしいんだろうなw


70 :本当にあった怖い名無し:2008/05/15(木) 10:53:34 ID:VtK6kRlL0
いつまで過剰反応して引っ張ってんだ。

71 :u.n.KNowen ◆Nuw2uNkZFs :2008/05/15(木) 10:54:40 ID:GcbrZOfsO
ここはオカ板だからな。
それを忘れてはいけない。

72 :本当にあった怖い名無し:2008/05/15(木) 10:57:10 ID:vhMRbJOA0
>>70
お前がいうな

73 :本当にあった怖い名無し:2008/05/15(木) 10:58:18 ID:rHBFQaYS0
全力で釣られるZeeeeeeeeeeeeee!!!!!!!!!!!!

74 :本当にあった怖い名無し:2008/05/15(木) 10:58:44 ID:MxEs3eN9O
>>67>>68>>69
もういいですか?
いつまでも荒らさないでください。お願いです、お願いです、、、。

75 :本当にあった怖い名無し:2008/05/15(木) 10:59:56 ID:vhMRbJOA0
>>74
だから、

お 前 が い う なw

76 :本当にあった怖い名無し:2008/05/15(木) 11:11:29 ID:+aSg6c0b0
じゃあ、俺が言うよ。

77 :本当にあった怖い名無し:2008/05/15(木) 11:13:07 ID:vhMRbJOA0
>>76
許可しよう。

78 :本当にあった怖い名無し:2008/05/15(木) 11:20:23 ID:khULXhlI0
このスレ自体が後味悪い

79 :本当にあった怖い名無し:2008/05/15(木) 11:30:15 ID:MMj6Kqwe0
このスレ自体が〜って落語の落ちみたいな落とし方で、
次に進むパターンが実はちょっと好きだ。

80 :本当にあった怖い名無し:2008/05/15(木) 19:31:53 ID:Va+Nyhu60
起死回生ならず


81 :本当にあった怖い名無し:2008/05/15(木) 20:34:32 ID:G6OmQr/A0
恥ずかしながら新婚当時某ねずみ講にハマってしまい、結婚後旦那の親戚
ほぼ全員に勧誘行為をしていました。
今現在はやっていません。
その中の一人の女の子(旦那の伯父の娘で当時25歳位)にも直接電話をして
セミナーに来ない?とか会員になるとこういうメリットが・・みたいな話を
した時、
「これ以上ウチの家族に変な話をしてこないで下さい!迷惑です!」と
怒鳴られガチャ切りされました。
彼女のご両親に「是非相談したい事がある」と言って呼び出してねずみ講に
勧誘した事があるのでその事を言っていたのだと思います。
確かに自分がやった事は褒められた行為では無かったと今なら思えます。
でもあれから私もねずみ講からは足を洗って何年も経つというのに彼女は
未だに親戚の集まりなどで顔を合わせてもツンケンした態度を取るし
他の親戚に
「あの人は金の亡者」
「普通結婚早々に旦那の親戚に片っ端から勧誘なんてする?」
「ヘタにあの人と会話なんかしたら何を売りつけられるか分からない」
「お兄ちゃん(私の旦那)は女を見る目がない」
と私の事を好き勝手言っているようです。

私は結婚して縁あって親戚になった人達なので皆と仲良くして行きたいだけ
なのに。
ほんのちょっとのミスでここまで何年も悪口を言われ続けなければいけないので
しょうか。

82 :本当にあった怖い名無し:2008/05/15(木) 20:35:16 ID:G6OmQr/A0
彼女に謝罪はしていません。
彼女自身はあの当時、結局セミナーにも来ずねずみ講に関して1円も使って
いないので彼女には実害は無かったので。
謝らないといけないのでしょうか。

私がねずみ講にハマっていた当時、旦那の親戚を利用して金儲けしてやろう!
という気持ちでは無かったんです。
良いものだから紹介したい。紹介する事で私も利益が出るし、勧誘された方も
同じように誰かを勧誘すれば得をするから皆が得をする。という風にしか
考えていませんでした。
そんなにオカシイ考えではないと思うのですが。
まさか私の人間性までとやかく言われるとは思ってもみませんでした。

83 :本当にあった怖い名無し:2008/05/15(木) 20:40:00 ID:wPGLZACI0
>>68
>唐辛子ってくらいだから 中国→朝鮮→日本

当時、舶来物を「唐物(からもの)」と呼んでいた。
舶来の辛子だから「唐辛子」。
ちなみに原産は南米。
中国関係なし。

84 :本当にあった怖い名無し:2008/05/15(木) 20:45:24 ID:ym4aqqfK0
>>81-82
「信用を失う」とはそういうこと。生半可なことで取り戻せるものではない。

「ねずみ講にハマった」それ自体が悪であり、勧誘されるだけで、充分に迷惑。
しかも、縁の切れない親類だし。実害が無かったから善しとする理由も無いし、
その家族にも迷惑をかけたのだという自覚が無いから、「ほんのちょっとのミス」と
自分で言えるんだと思うよ。縁を切られなかっただけマシだと思う。

大体、「金儲けしてやろう!」と思ってないねずみ講信者ほど性質の悪いもんはない。
商品の紹介だけをするのならともかく、
「勧誘された方も同じように誰かを勧誘すれば」だなんて、その前提がまずおかしい。

「反省してるんだから、許してよ!」っていうのは、謝る立場の人間が言うものではないよ。

85 :本当にあった怖い名無し:2008/05/15(木) 20:52:12 ID:tHLgqHdX0
>>81-82
貴方マルチとネズミ講の区別付きますか?
どっちも悪質だけど、日本の法律ではネズミ講は違法なんですが。
>>84
ウチだったら問答無用で縁切るぜw

86 :本当にあった怖い名無し:2008/05/15(木) 20:54:40 ID:mxiH4Jxo0
>81 コピペか釣りだと言ってくれ。余りにも馬鹿すぎる。

87 :本当にあった怖い名無し:2008/05/15(木) 20:56:47 ID:HZa//gP60
まあ、どっかのコピペじゃない?
流れ的に、>>81>>82の間に叩かれてると思うぞ、これw
まあ、それでもなにもわかってないわけだが。

88 :本当にあった怖い名無し:2008/05/15(木) 20:59:58 ID:pgbiUW/j0
ゴルゴであった話

第二次大戦中にユダヤ人を多数救った(シンドラーみたいな)人がいた。
そして終戦直前に活動していたハンガリーで、侵略してきたソ連軍に
「見返り無しで他人を助ける奴はいない、スパイだろう」と連れ去られそれ以来50年行方不明。
実際はロシアの刑務所に50年間幽閉され続けていた。

当時彼に助けられ、戦後財閥を築くまでになったユダヤ人富豪が最近その居場所を探し出し
CIAのユダヤ人経由でゴルゴに奪還援助を頼む。奪還自体はやはりユダヤの子孫たちがやるから援助をと。

そしてなんだかんだでゴルゴの協力もありどうにか彼が刑務所から助け出される場面があって
彼は50年ぶりに解放されたのかと思ったんだが

森の中でユダヤ人富豪がCIAユダヤ人に経過報告されていて、
「彼はアメリカが確保した。見返り無しにあんたが彼を助けようと思うなんて有り得ない。
 ユダヤの神的な存在である彼をどうせ事業の切り札に使う気だろうそんなことはさせない」と言われ
「なんだとまた彼は幽閉生活になるのか!」とガックリした富豪はCIAユダヤ人に撃ち殺されて終わり。

89 :本当にあった怖い名無し:2008/05/15(木) 21:00:44 ID:68mVMr+m0
>>81-82
今はもう「自分はマルチに騙されてた」ってわかってるんだよね?
じゃあ、「自分は人を騙そうとした」ってのもわかるかな?
悪気はなかったみたいだけど、
「悪気なく人を騙そうとした人」って怖くない?
だって、悪気はないんだもん、
また悪気なく善意で騙そうとしてくる可能性もあるよね。
そんな人が身近にいたら誰だって嫌だし、
自分の身内が騙されないように注意はすると思うよ。
だって、あなたものすごく再犯しそうだもん。

90 :本当にあった怖い名無し:2008/05/15(木) 21:17:52 ID:4IZXB3sC0
>>81-82は既女板相談スレのコピペ
誰かが面白がって貼ったんだろう。

91 :本当にあった怖い名無し:2008/05/15(木) 21:33:52 ID:tHLgqHdX0
>>90
情報thx。滅茶苦茶叩かれてるなw↓
ttp://human7.2ch.net/test/read.cgi/ms/1209348296/239-

92 :本当にあった怖い名無し:2008/05/15(木) 21:41:13 ID:0j/0AR5P0
676 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2008/05/14(水) 22:35:27 ID:Xac3uHcQ0
中国人留学生による、自分の世話してくれた福岡一家4人惨殺事件の実像

あまりにも残酷なので、報道では伏せられている。
一人が最初にフロ場の奥さんをレイプ。
他の二人が室内を物色中に長男を見つけて、即頚椎を折って殺害。奥さんは風呂場の中で息が
あったんだけど、ダンナが帰ってくるまで暇つぶしに拷問した。その時、カード等の暗礁番号も聞いていた。
中国マフィアでは憎い相手の肉をこそぎ落とす、凌遅刑と呼ばれる拷問をするらしい。彼らがマフィアだとは思わないが、
順番に肉をこそぎ取って、そのとき死んだら殺したやつに罰があるという賭けをしていた。血が流れるので
風呂場で拷問していたようだ。

奥さんを最後に殺してしまったヤツが、ひなちゃんを頃す役になった。幼い女の子を頃すのはさすがに嫌だったのだ。
中国人留学生達の僅かな良心が見えるが、地獄であることに変わりは無い。しかし、地獄はこれで終わらない。

帰ってきた、ダンナさんの前で子供を盾に金を出せと脅した。なかなか金の在りかを言わないのにイライラした中国人留学生達は、
目の前でヒナちゃんを絞殺。だんなさんの、俺は死んでもいいから、ひなだけは助けてくれ、という必死の嘆願は無視した。
彼らは子供は殺して脅す方が効果的と考えたようだ。日本では、自分より、子供を優先するというのを分かっていなかったのかもしれない。
おまえもこうなるぞと言って脅したが、結局、金の在りかを言わなかったのでそのまま絞め殺したようだ




93 :本当にあった怖い名無し:2008/05/15(木) 21:45:48 ID:3jHmKGQkO
二度死んだ二歳児

http://c.2ch.net/test/-/newsplus/1210853054

94 :本当にあった怖い名無し:2008/05/15(木) 23:23:40 ID:k4FjMAVp0
りぼんでやってるハイスコアってギャグ漫画
ギャグにしてるけど真面目に読むとひどい内容だった

景織子は、死んだ両親の代わりに働いて生活費を稼ぎつつ、
勉強もがんばり学校では優等生の座をキープする努力家。
しかし、両親の死でグレた妹はDQN化してあちこちを暴れまわるようになってしまう。
それらの損害賠償の額はかなりのもので、まともな仕事では払いきれなくなってきた。
仕方がないので景織子は、自らの美貌を生かして女優デビュー。
なりふりかまっていられないので初演作からいきなり脱ぐという痛々しいものだったが、
意外とその道があっていたようで、ずるずるAV路線に行ったりすることなく、
演技力などが評価され一躍有名女優に。妹も更生した。

女優としての地位が安定して数年、景織子は年下のモデル男にストーキングされるようになる。
景織子は誰かに対して恋愛感情を抱いたことがなく、もちろんモデルをスルーし続けていたが、
常に躁状態のモデルは景織子の部屋に不法侵入しては「結婚してくれないなら死ぬ!」と割腹自殺未遂を繰り返したり、
結婚を承諾させるために景織子を拉致監禁して精神的にも肉体的にも追い詰めようとする。
なんとかそれらの危機を乗り越えてきたものの、最終的に偽装婚姻届を提出され、
無理やり夫婦にされ、景織子はもうこれ以上逃げる術はないと悟り、全てをあきらめたのだった。

モデルの実家に挨拶に連れて行かれた景織子は、そこで運命の出会いを果たす。
その相手は、モデルの父であった。モデルと違って、落ち着いた静けさをたたえるその人は、
忙しい日々の中で苛まれ続けていた景織子が求めていた男性像そのものであった。
モデル父から見れば小娘にすぎない景織子は相手にされることなどないし、
モーションをかけるつもりもなかったが、ただモデル父の傍にいたいという思いで、
景織子は心から結婚を受け入れるようになり、モデルの子を産まされた後も、
ずっとモデル父を思い続けたままなのであった。


景織子とモデルの子供が主人公な感じだが、ここらへんの話題は景織子が悲惨すぎた
なんだかんだで好きな人のそばにいられるなら幸せなのかもしれないが

95 :本当にあった怖い名無し:2008/05/15(木) 23:27:12 ID:pZ1DLXYr0
さっきやってた映画が後味悪かったわ・・・

96 :本当にあった怖い名無し:2008/05/15(木) 23:30:23 ID:LDT6NhB50
>>95
ファイナルディスティネーションか?
3は未見だけど2は後味スッキリよw

ちなみに1のアナザーエンドは「ええぇ〜(;´Д`)」って強引なハッピーエンドで、
逆に後味悪い。

97 :本当にあった怖い名無し:2008/05/16(金) 00:08:07 ID:Zl95xoim0
>>94
おっ女のギャグセンスはわからないぜ

98 :本当にあった怖い名無し:2008/05/16(金) 00:18:44 ID:qUj+DWpkO
>>95どんな話か解らないから後味も何も…

あえて言うならそのレスが後味悪い(´・ω・`)

99 :本当にあった怖い名無し:2008/05/16(金) 00:25:44 ID:5eanV7tY0
>>97
普段はそれなりに面白いと思うんよ
作者弟が考案したキャラって事でゴンちゃんつーのが出てくるんだが、
初見の時はあまりのインパクト(頭と手足が生えたちゃぶ台)に吹いた覚えがある
あ、ちなみに俺男な

100 :本当にあった怖い名無し:2008/05/16(金) 00:28:25 ID:iDHjZUeE0
>>95
>・知らない人にも内容がわかるように紹介して下さい。

わかったか?

101 :本当にあった怖い名無し:2008/05/16(金) 00:32:31 ID:XG/2rWzt0
>>81-82に対するレスが後味悪いわw

おまいらネットの中ぐらいもうすこし寛容力を持てよw
そんなんだとモグちゃんが来ちゃうぞwww

102 :本当にあった怖い名無し:2008/05/16(金) 00:32:58 ID:57IYRLER0
>>94
ハイスコアって確かにブラック要素はあったがそんな壮絶な内容だったか…
言葉をかえて漫画にしたらギャグにもなるんだろうな。

>>97
ゴンちゃんは死ぬ程ツボったw
お前のせいで思いだしてしまったじゃないかwww

103 :96:2008/05/16(金) 00:39:38 ID:qbtkcRco0
協調レスした以上、責任は持つのだわ。
今日はもう気力ないんで、明日で良ければまとめてみる。<ファイナルディスティネーション

ただ私のまとめは長いんで、それなりに覚悟することね(つД`)・゚・

104 :本当にあった怖い名無し:2008/05/16(金) 00:59:42 ID:JPKgwKy0O
>>103

105 :本当にあった怖い名無し:2008/05/16(金) 01:01:06 ID:JPKgwKy0O
>>103
変な顔文字はいらんから、できるだけまとめて書いてくれ

106 :本当にあった怖い名無し:2008/05/16(金) 01:02:55 ID:rv21XJ930
>>96
あれって、1と2で設定変わってるよね?
1度死ねば(心配停止)運命から開放されるんじゃなかったっけ?

107 :本当にあった怖い名無し:2008/05/16(金) 01:46:06 ID:ykIpmwBg0
>>47
>>30だけど、どこをどう読んだらそうなるんだw
つうか飼い犬にちょかい出しまくって、何度も口の中まで噛まれてたよw
もう噛まれるのが快感さ、愛犬には申し訳ないけどさ

108 :本当にあった怖い名無し:2008/05/16(金) 02:03:37 ID:+InDF4czO
>>95確かに最後相当後味わらはらかった

109 :本当にあった怖い名無し:2008/05/16(金) 02:24:34 ID:IVQC+W8G0
わらはらかったんか...
見ればよかった

110 :本当にあった怖い名無し:2008/05/16(金) 12:24:14 ID:TCwgSGrp0
ファイナルディスティネーション

死の運命を予見して一度は逃れても、
運命は変わらないのでどんなにあがいても結局は死ぬって話。

1作目。飛行機が落ちる事を予見した学生が友人何名かと飛行機乗ることを拒否。
おかげでその時は死なずに済んだが、不可解な事故で次々死んでいく。1人生き残る。

2作目。玉突き事故を予見した女の子が車を止めて、
その子と後続の車に乗っていた人々が助かる。また次々死んでいくが、
1の生き残りの子に協力を仰いで死の運命から逃れる方法を探る。
2人生き残るが1の生き残りは結局死亡。

3作目。ジェットコースターの事故を予見して降りたいと騒ぎ、
学生数名が降ろされて助かる。また次々死んでいくが数名(4人だっけ?)何とか生き延びる。
これで助かったと思ったら数ヵ月後に偶然地下鉄で全員乗り合わせ、
あれっと思ったら地下鉄が事故にあって全員死亡。

ストーリーよりも死に方を楽しむ映画で、ピタゴラスイッチみたいな、
嘘みたいな偶然が重なって死ぬところが面白い。
クリップが皿の上に落ちる→気付かず電子レンジでチン→火花が散り始める
→排水溝のディスポーザーを調べてて時計が引っかかり手が抜けない
→レンジが爆発して火事になる→何とか手が抜けて窓から非常用梯子で逃げようとする
→折りたたみの梯子が降りない→転げ落ちて上向きに倒れ背中にガラスが刺さる
→でも助かった、ほっとする→降りなかった梯子がギロチンのように
滑り落ちてきてくびちょんぱ・・・みたいなの。

でも1と2では、例えいつか(次作とかで)死ぬとしても、
とりあえずあがいた事でなんとか運命から逃げ切れたってラストだったけど、
3は駄目でした。で終わりなのがイマイチだった。
死に方もグロいばかりで凝ってなかったし。

111 :本当にあった怖い名無し:2008/05/16(金) 14:11:08 ID:/8i9/8/YO
今更だが誰もつっこまないので…

×ファイナルディスティネーション

○ファイナルデスティネーション

112 :本当にあった怖い名無し:2008/05/16(金) 15:08:11 ID:ihbaYatl0
>>111
英単語の表記にいちいち目くじら立ててるような人がいないだけじゃねーの?

113 :本当にあった怖い名無し:2008/05/16(金) 15:21:38 ID:10iznXGR0
>>111
だいたいの人は気づかないほど瑣末なことだし、
気がついても英語のカタカナ表記なんて曖昧なもんだろう、でスルーするだろうな。

114 :本当にあった怖い名無し:2008/05/16(金) 15:26:53 ID:Ezu3OkXy0
あれはでも
「運命」と「死」をかけてあるんじゃないの?
だからディスティネーションじゃなくて
デスティネーションなんだと思ってたけど

115 :本当にあった怖い名無し:2008/05/16(金) 15:31:57 ID:NzwtHRE+0
まあ、Deathともかけてるだろうねぇ。

116 :本当にあった怖い名無し:2008/05/16(金) 15:34:07 ID:1egggK/d0
>>110
1は死の運命から逃げ切れたわけじゃないだろ。
ネタバレになるけど2で無理矢理引っ張り出された挙句、無駄に死ぬし。

117 :本当にあった怖い名無し:2008/05/16(金) 15:41:46 ID:Zl95xoim0
一作目は女の子も生き残ってたよね?

118 :本当にあった怖い名無し:2008/05/16(金) 15:46:23 ID:NzwtHRE+0
>>116
2で死ぬことはちゃんと書いてるじゃん。

119 :本当にあった怖い名無し:2008/05/16(金) 16:07:41 ID:Tgm1QUHB0
犬猫板からのコピペ

421 名前:ワンニャン[] 投稿日:2008/05/14(水) 00:09:34 ID:TIBiQO2a
トリミングをやってる店に勤める者ですが。。。
最近犬を預けて取りに来ず捨てる人が後を絶ちません。
今、パグ3匹、ダックス2匹、ポメ一匹、MIX1匹、プードル2匹、チワワ2匹、パピヨン1匹、ミニピン1匹。
犬の十戒を読んで欲しいです。
飼う前にちゃんと考えて買って欲しいです。
捨てられた犬達はストレスで下痢したり、失明したり、体中ハゲたり可哀想です。
保健所に連れて行くのは罪悪感あるから店に預けてにげるのですか?
ほんとうにいいかげんにしてほしい。
この前は店に来店したお客さんに「長期では飼えないから2年契約とかで2年たったら犬を返すとかできないの?」って聞かれました。
意味がわかりません。どういう心境で言ってるんですか?犬は物ではないです。
感情もあります。飼い主の事もわかってます。捨てられたって事も分かります。ご飯も水も飲まなくなって病院に入院した子も居ます。
そういう現実もあるのです。ちゃんと環境も病気も全て完璧だという状態で飼って欲しいです。

ちなみに犬を飼うなら基本の手入れくらいしてください。
人間も一日一回は髪をとかすでしょう?
プードル、シーズー、マルチーズなど毛が伸びる犬を飼ったら毛玉だらけで放置しないでください。
3日に一回でもいいです、ブラッシングしてください。
この前来たアメリカンコッカーは5年間放置して毛玉で前足の血がとまってて前足二本失いました。
おしりもウンチが毛玉で固まって取った時にはかぶれてウジがわいてました。
速攻病院でしたけどね。

120 :本当にあった怖い名無し:2008/05/16(金) 16:17:28 ID:5PGtlI3b0
210 ('A`) 2008/05/08(木) 21:25:29 O
俺には小3から高1まで大親友がいました
なにするのも一緒。怒られるのも誉められるのも一緒。教師達からも「おまえらいいコンビだな」と言われるくらいに
そいつが一度ある事件で疑いをかけられた時、俺は教師にたてついてまでかばった。もちろん無罪
あいつ泣いて俺に感謝してた。「高校は違うけど一生の友達だ」と
俺は市外の私立高校、やつは市内の県立高校に入学したけど、互いに時間みつけてはよく遊んでた
そして夏休み明けて友情が終わった
たまたま遊びにいったときに女の靴があり、彼女ができた事を知った。しかも中学時代のDQN連中や高校で知り合ったであろう他校のDQNが部屋にたまっていた
見た目や口調も変わってたよ。俺はその日パシりのごとく扱われた。あいつは一応友人を装っていたがPCから目を離さず俺と目を合わさなかった
その後、電話で以前に見に行く約束してた映画(アニメ)の話題だしたら
「まだそんなのみてんの?だから彼女できないんだよ。俺これから仲間と遊びにいくからきるよ。お前も努力しろよ」と一蹴されました
悲しかった。たぶん泣いたと思う
なによりも今まであいつは絶対に俺を「お前」と呼んだことがなかった
それからは会うことはまったくといっていいほどなかった
3学期くらいに突然あいつから電話があった
「浮気相手の子供おろすからカンパして。頼むお前しか頼れねえんだよ」
もちろん金が無いからと理由つけて断った。そしたら舌打ちする音がきこえ、それいらい電話来ることがはなくなった
中絶事件から5年たった今も連絡はまったくなく互いになにしてるかなんてわからない。まあこっちからするきもないけど
もしまたなにかで俺を利用しようとしたら絶対断るよ
俺ばっか損してるみたいでバカらしいし


121 :本当にあった怖い名無し:2008/05/16(金) 17:08:45 ID:ykIpmwBg0
縁切ればいい

122 :本当にあった怖い名無し:2008/05/16(金) 17:09:44 ID:m4xIM32s0
>>119
そーいやどっかの国では動物飼うのに
免許制とりいれるいれないの話になってたなあ。
日本もペットは免許制にしていい。

123 :本当にあった怖い名無し:2008/05/16(金) 17:16:27 ID:7d9sn8aB0
>>114
そうそう。2は「デッド」コースター だしな。

124 :本当にあった怖い名無し:2008/05/16(金) 17:51:39 ID:7MMu0A1QO
>>94
怖っ!どこがギャグなんだ?
りぼんって小中学生の純粋な女子が読む雑誌じゃないの?

125 :本当にあった怖い名無し:2008/05/16(金) 18:03:38 ID:ykIpmwBg0
最近の少女漫画はえぐいよ

126 :本当にあった怖い名無し:2008/05/16(金) 19:19:12 ID:LmtihNjVO
94>>ハイスコア昔から好きで読んでるけど
普通にギャグとして笑ってた話もそうやって改めて真面目に書いてみると怖いな…
妹が元ヤンのくだりとかは現在の妹のキャラとのギャップにワロタんだがw

ていうか景織子ママの人生波瀾万丈すぎるw


127 :本当にあった怖い名無し:2008/05/16(金) 19:55:11 ID:3a0L6vkf0
>ファイナル〜
ああ、もうなんかまとめられてる。
じゃあまたいずれの機会に書くのだわ。

128 :本当にあった怖い名無し:2008/05/16(金) 21:45:43 ID:9SP90nViO
↑きんも〜

129 :本当にあった怖い名無し:2008/05/16(金) 22:19:08 ID:ogvkv31j0
2で生き残ったやつも、3では死んでるらしい。


130 :本当にあった怖い名無し:2008/05/16(金) 22:45:52 ID:7zfS7hFB0
>>119
人間が手入れしないと死んじゃう犬なんて
そもそも生きてる意味無いんじゃね?

131 :本当にあった怖い名無し:2008/05/16(金) 22:47:25 ID:zqTxCoal0
続編で、生き残りが死ぬといえば
映画「エイリアン2」だな。


とある惑星の開発チームが通信不能となり
地球から、軍隊を中心とする救援チームが選抜される。
エンリアンの知識があるという理由で、チームに参加することになった主人公(女性)。

救援に向かった惑星で、エイリアンの群れに遭遇。
次々と殺されていく軍隊の精鋭達。
そんな中、主人公は生き残りの少女を救出し
なんとか母船で脱出することに成功した。

しかし母船には、エイリアンのボス「マザー・エイリアン」が進入していた。
少女を守る為、主人公 VS マザー・エイリアンの肉弾戦!!
そして、傷付きながらも勝利した主人公。

はるか彼方の地球へ向け、母船を自動操縦にコールドスリープに入る主人公&少女だった・・・


そして、続編「エイリアン3」の冒頭
宇宙船は惑星に不時着、少女は死んでいました(´・ω・`)

132 :本当にあった怖い名無し:2008/05/16(金) 22:57:25 ID:NyhX9egs0
>>131
海兵隊の男も思い出してください…2でリプリーと良いムードだった人ですがw

133 :本当にあった怖い名無し:2008/05/16(金) 23:02:25 ID:vyR4gDho0
>>107
狂犬病は狂犬病ウィルスに感染した動物からしか伝染しないんだけど、
>>30では犬に激しく噛まれると感染すると思ってるように読み取れたんだよね。
自分も犬好きなので、誤解する人がいたら嫌だなと思って書いた。


134 :本当にあった怖い名無し:2008/05/16(金) 23:03:14 ID:4PpKgDkN0
>>131
アンドロイドのビショップのことも・・・

135 :本当にあった怖い名無し:2008/05/16(金) 23:19:12 ID:92ihoUXR0
>>131 勝手に情報を流すコンプュ〜タ〜も。

136 :本当にあった怖い名無し:2008/05/16(金) 23:24:06 ID:92ihoUXR0
あれっ。コンピューターでした。

137 :本当にあった怖い名無し:2008/05/16(金) 23:48:08 ID:zqTxCoal0
>>132
>>134
>>135
いろいろ抜けていてスマンw
結構、生き残ってたのねwww

138 :本当にあった怖い名無し:2008/05/17(土) 02:53:54 ID:l7e8J3hy0
エイリアンたいしたことねえなw

139 :本当にあった怖い名無し:2008/05/17(土) 08:09:14 ID:3TBJAhCR0
クローンとはいえ、3で格好良く逝ったキャラが4で大復活した方が
ある意味後味悪いです。

140 :本当にあった怖い名無し:2008/05/17(土) 09:46:38 ID:0ZFJjDaK0
それより最近はエイリアンとプレデターが抱き合わせで出演してる方が後味悪いわ。
なんだよプレディアンてw

141 :本当にあった怖い名無し:2008/05/17(土) 11:02:29 ID:Orh35q/x0
プレデターって自分でそう名乗ってるわけじゃないのにな。エイリアンも名前じゃないのにな。意味わかんねぇよw

142 :本当にあった怖い名無し:2008/05/17(土) 11:33:32 ID:spZQtwbl0
>>130
もともとそういう種類だったんじゃなくて、
人間が愛玩用にそういう風に変えていったんだよ。
小さい方がかわいいから、毛がクリクリしてる方がかわいいからって
品種改良を繰り返してな。
チワワなんて、人間の手を借りて帝王切開しないと、分娩できないんだぞ。

143 :本当にあった怖い名無し:2008/05/17(土) 13:01:29 ID:tWe6Ar9nO
>>140 プレデリアンな

144 :本当にあった怖い名無し:2008/05/17(土) 13:37:26 ID:9P8acOW70
プリティアンw

145 :本当にあった怖い名無し:2008/05/17(土) 15:35:48 ID:poyD60fM0
ブルドッグなんて、
1.一人がメスを抑える
2.もう一人がオスを勃起させる
3.手を添えて挿入させる
4.動かす
までしないと繁殖しないぞ。

ちなみに子犬は親犬が潰してしまうため
生まれるとすぐに取り上げ、ミルクから何から何まで人間が世話をする。
生まれてしばらくは歩く事すらできず、カエルちゃんのようにズルズル這う。

でもだからブルちゃんは人間は「とっても優しい!大好き!」な犬になり、
人を見ると懐きまくるのだ。
可愛いのだ。

146 :本当にあった怖い名無し:2008/05/17(土) 15:36:29 ID:OgYS1GcYO
>>142
マジで?じゃあ絶対野生では栄えられないね

147 :本当にあった怖い名無し:2008/05/17(土) 16:03:04 ID:Ix5t1lZc0
子猫のまま大きくならない猫を誰か作らんものかなぁ。

148 :本当にあった怖い名無し:2008/05/17(土) 16:12:45 ID:1ngSi2OGO
>>147
やっぱ仔猫のままは無理だろうね
ブリーダーは繁殖させてなんぼやし
品種なら成体になっても2.5キロ止まりの猫はいるな
人気ないのか見たことはないw

149 :本当にあった怖い名無し:2008/05/17(土) 16:17:45 ID:YTVX3yyN0
>>148
シンガプーラ?ホームセンターのペット売り場で見た事あるよ。

150 :本当にあった怖い名無し:2008/05/17(土) 16:23:10 ID:GH+yDj2Z0
>>145
後味いい話っぽく締めやがって!!

151 :本当にあった怖い名無し:2008/05/17(土) 16:48:13 ID:I4XR0nA20
そのうち、遺伝子組み換えで成長しない
ペットが大流行すると見た。
成長するペットは、ブリーダーとか、信念を
持つ人しか飼わないとか。

152 :本当にあった怖い名無し:2008/05/17(土) 16:58:58 ID:8QdgB3HM0
まあ、確かに大きくなっても避妊手術受けさせる訳だから、
子供のままで成熟しない犬猫がペットとして売られててもあまり問題は無い気もするな。



153 :本当にあった怖い名無し:2008/05/17(土) 17:04:11 ID:RSstCJhCO
そんな話あったな
愛玩用のアンドロイドを子供の代わりにしてゆっくり朽ちていく人類の話

154 :本当にあった怖い名無し:2008/05/17(土) 17:04:25 ID:CT7yxwYC0
室内犬が吠えてうるさいから声帯潰したりとかな。

DQN連鎖は子供だけでなくペットにも及ぶという。

155 :本当にあった怖い名無し:2008/05/17(土) 17:10:33 ID:1ngSi2OGO
>>149
ああそれだ!
今はホムセンで何でも売ってんだな

犬猫なら遺伝子操作ペットはあり得る気がするわ
買う奴はチップ登録必須とかの条件付きなんかで
繁殖しないってんなら倫理観以外問題なさそうだし
魚とかは安易に捨ててしまう奴が後をたたなくて
自然界での繁殖防止の為光メダカが販売禁止になった過去もあるが

156 :本当にあった怖い名無し:2008/05/17(土) 17:41:43 ID:wZuBJGx+0
            
                    
           
               アツイヨ-…
                                  
                     
                            ヒモジイヨー…



                  


157 :本当にあった怖い名無し:2008/05/17(土) 18:10:01 ID:bmkW1f7b0
>>153
小林泰三か
この人も後味悪い話多いような
思い出せないけど…

158 :本当にあった怖い名無し:2008/05/17(土) 18:28:06 ID:/zjo1XTs0
>>153
小林泰三って人の小説にも似たような話あったよ。
もしかしたら同じやつかもしれないけど。

159 :本当にあった怖い名無し:2008/05/17(土) 18:30:21 ID:YX9FmTOY0
お前ら結婚汁

160 :本当にあった怖い名無し:2008/05/17(土) 19:29:18 ID:aJ9yVKnz0
>>145
マジで!?ブルドッグが!?

外国の小説なんかで狩りにブルドッグを使うとか、
畑に変な物が出た時に獰猛なブルドッグを借りてくるとかあるから、
あんなんでも案外獰猛で機敏なんだと思ってた。

161 :本当にあった怖い名無し:2008/05/17(土) 19:34:27 ID:KPXJsLlb0
>>157-158
自分で子供を産むのが嫌だから豚の腹で子供を作る夫婦の話だな
結局それも殺してアンドロイドに世話させて、老人になって死んでしまっても理解できずに
一日のプログラム通り行動し続けるってやつ

162 :本当にあった怖い名無し:2008/05/17(土) 20:05:47 ID:poyD60fM0
あのね、シンガプーラは人工的に小さくしたんじゃない。
シンガポールの地下道で繁殖し、
それを人間に発見されて飼い猫用に繁殖させた。


163 :本当にあった怖い名無し:2008/05/17(土) 20:12:21 ID:poyD60fM0
>160
元々ブルドッグは闘犬用に改良された犬で、
つぶれた鼻は噛みついても息が出来るように、
たるんだ皮膚は噛みつかれてもダメージが少ないように、と改良された。
気性も荒かったが、今は完全に愛玩犬。
そこらの躾の悪い小型犬なんかよりもずっと安全。
小型犬は衝動買いできるけど、ブルは
本当に、ブルドッグがほしい!と言う人がブリーダーに問い合わせて飼うからってのもあるけど。
そこまでして飼う飼い主はやっぱり心構えが違うからね。
ドーベルマンやシェパードだって、大きくて怖いイメージだけど
たいていプロの躾をされた礼儀正しい犬。
犬なんて飼い主の気持ち一つだよ。


164 :本当にあった怖い名無し:2008/05/17(土) 20:25:50 ID:W4OR1O2E0
続編で前作の主要人物が死ぬってのは米映画の伝統だな。
古くは狼よさらばでレイーポされた主人公の娘が続編ロサンゼルスで
再びレイーポされた揚句に自殺ってのがあってな。
あとマニアックコップで助かった主役カポーが続編でいきなり殺されたのはワラタ。
13金の主人公も続編で殺されてたっけ。

最近のところだとボーン・アイデンティティの彼女役が続編で殺されてたし、
殺されずに済んでもスピードやダイハードみたく別れさせられてたりするしw
まあこの二つはギャラの問題らしいが。

165 :本当にあった怖い名無し:2008/05/17(土) 20:26:40 ID:W4OR1O2E0
あ、古いところじゃ猿の惑星なんかも続編で主役死んでたっけ

166 :本当にあった怖い名無し:2008/05/17(土) 20:30:43 ID:V2f0h0TQ0
子供のまま...っていうと、山岸凉子の汐の声を思い出す。

167 :1/3:2008/05/17(土) 22:02:07 ID:OuUzUMIS0
山岸涼子の短編も後味悪い話満載だわな。

「時じくの香の木の実」(文春文庫「夜叉御前」収録)も後味が悪い。

ある一族に生まれた女の子が主人公。
女の子には兄と、腹違いで2ヶ月早く生まれた異母姉がいる。
同い歳の姉妹は、一族のしきたりに従って妹が8歳になった日に、
ある実を食べさせられる。この実を食べると、二人のうちどちらかが
永遠に歳をとらない者になるのだというその実を食べた結果、
激痛に襲われた姉妹。
妹が気がつくと痛みは去っていたが聴覚を失っており、姉は布団で紫色の
顔で臥せっていた。自分は姉に勝利し、一族の巫女になったのだと知る妹。

以来、父・兄をはじめとした一族の者は、妹に様々な捧げ物と一緒に、
様々な相談ごとを手紙に書いて持ってくるようになる。
不老となった妹は不思議な力で未来を見通し一族を導いていくが、
その能力は年とともに成長していく姉の状態によって左右されてしまう。
妹が大好きな兄の結婚についての宣託も、姉が生理で床について
いたために伝えることができず、兄は不幸をもたらす女と結婚してしまう。

168 :2/3:2008/05/17(土) 22:02:37 ID:OuUzUMIS0
妹の能力は、同じ屋敷にいる姉の性的な何がしかに影響を受けている。
例えば、姉がオナニーをしていると、妹は手足がしびれ声が出せなくなるのだ。

やがて、生活に疲れ果てた兄がやってくる。大好きな兄のために姉に
「妻が良くない、別れるように告げなさい」と託宣を与える妹。
兄は不幸をもたらす女と別れ、一族に多大な権力を与える女と再婚し、
父は託宣を与えられて何度も大きな地位(国会議事堂が描かれている
ので大臣かと思われる)にもついた。

しかし、兄が結婚して数年後から、妹は、しばしば手足がしびれ声が
出せなくなるようになる。
姉をこの屋敷から追い出さなければと妹が思い始めた頃、妹は大好きな兄が
姉とセックスしているところを見てしまう。
二人の間に割り込もうとした妹は、妹の存在が目に入らないように行為を
続ける兄と姉に、初めて、自分には体がないということに気づく。

実は、あの実を食べた時に妹は死んでおり、この世での歳を取らずあの世にも
行かないという意味での不老不死になっていたのだ。
本当の巫女は、妹の託宣を一族のものに伝える姉の方だったのだ。

169 :3/3:2008/05/17(土) 22:03:05 ID:OuUzUMIS0
やがて、兄と姉の関係は一族にバレ、常処女としての巫女の資格を失った姉は
一族を追われ、やがて兄との間にできた子供を産み落とす。
真性半陰陽に生まれたその子の泣き声は聞こえないはずの妹の耳に届き、
一族はその子を姉から取り上げて、やがて8歳になった時に例の実を食べさせる
ことを決める。
妹は、その時こそ、性という凶々しさのない真のシャーマンが誕生するのだと確信する。

そして、妹は、そうなったら兄の子を通じて一族に世界を掌握するほどの最高の
権力を与えようと決める。
それが、自分が兄の子を産み落とした姉に勝っていることをはっきりと示すこと
なのだと信じて。


巨大なきのこ雲を背景に、妹は独白する。
「永遠に8歳の私に不安を覚える者もいるが、ばかにしないで。分別まで8歳だと
いうわけではないのだから」と。

170 :本当にあった怖い名無し:2008/05/17(土) 22:41:18 ID:j/q3ap2E0
このお話知ってる人いませんか?

年齢こそ近いものの、全く接点の無い男女7名が、吹雪の山荘で孤立して1人ずつ孤立していく。
1人殺された所で電話線は切断され、車は破壊され、唯一残されたスキーまで壊されて完全に孤立してしまったのだ。
これは30年以上前の話だから携帯はなし。そうやって1人ずつ殺人鬼に殺されていく
同時刻、ふもとの町では双子の強盗が、双子の特性を活かしまくって、凶行を繰り返していた。
最初の事件があってから5日目、双子の弟が銀行を襲い、女児1人を殺害してしまう。
しかし、強盗は現行犯逮捕され、同時に電話線が回復した山荘からメーデーが発信された。
その時、山荘には3人の生き残りがいたんだけど、翌日、ヘリを飛ばして偵察に行ったときは二人しか生き残っていなかった。
その半日後、救助隊と家族が山荘に行くと、全員が死んでいた。
警察は双子強盗と、山荘殺人を同一事件と考えて捜査を進め、とうとう犯人を特定した。
最後、オレは直接手を下してないから悪くないと嘯く犯人に、
「お前は罪の無い人間は殺してないつもりなのかもしれないが、強盗が銀行を襲った時に女の子が死んでいるんだ。
確かに、お前を殺人罪で死刑にする事は出来ないが、2,3年で出所するお前と違って、殺された女の子は生き返らないんだ。」
うなだれる犯人相手に警察は容赦なく口撃を浴びせ、釈然としないまま物語は終わる。

171 :本当にあった怖い名無し:2008/05/17(土) 22:57:12 ID:qzqV/QzpO
>>166
お前なんかでも>>1を読むことくらいはできるよな?

172 :本当にあった怖い名無し:2008/05/17(土) 23:11:38 ID:xvRR8yl3O
>>170
気になる話だけど、全く意味がワカラン…
双子強盗≠犯人??

誰か詳細プリーズ!

173 :本当にあった怖い名無し:2008/05/17(土) 23:31:27 ID:QUyp/ne70
>171 汐の声

「高校生霊能者」の女の子が、テレビ番組の収録で「幽霊屋敷」ドキュメント番組みたいのに出演する。
共演にババア・ジジイの霊能者がいる。

女の子は、本当は自分の霊能力をたいして信じていない。
「ママが…」で所謂ステージママの力でやってる。気が弱い子。
テレビスタッフ・ジジババ霊能者からは「エセ霊能者」と思われている。

その幽霊屋敷で、女の子は本当に霊を感じてしまう。
しかしジジババ霊能者はなにも感じないから
局スタッフも「またあんなこと言って気を引こうとして」くらいにしか思わない。

誰にも信じてくれないまま追いつめられる女の子。
最期に風呂場で顔はオバサン体系は幼女のコビト女に襲われる「おまえは、わたしだ」。

その家には、数十年前に子役タレントで活躍したが、
ステージママが劇薬を盛ったせいでそのまま成長しなくなった子が住んでいた。
そしてその子はコビト女になりある日ステージママを絞殺した。その呪いがその家にはあった。

風呂場で不審死していた、エセ霊能者と呼ばれた女の子。
その女の子の霊は永遠に子役タレントの霊に追いかけられる続ける。

174 :本当にあった怖い名無し:2008/05/18(日) 00:35:54 ID:il5pxeJL0
>>173に追加

結局この番組はお蔵入り。
その理由は、部屋に居る霊能者の女の子を映した収録フィルムの映像には
背後に子役タレントの姿が映っていた(ただし可愛らしい子供の姿)ため。

あの顔だけオバサンのコビト女が姿を現すコマがトラウマだ。

175 :本当にあった怖い名無し:2008/05/18(日) 01:13:17 ID:dEYSSl97O
>>174
にしこり に似てるやつねw

176 :本当にあった怖い名無し:2008/05/18(日) 01:44:17 ID:ihS+8ZRQO
>>170
西村京太郎「殺しの双曲線」
だったと思います

177 :本当にあった怖い名無し:2008/05/18(日) 01:48:04 ID:t2b/oT1F0
>>176
>>170のあらすじだといまいち理解できない。
もうすこし、わかりやすいのをお願いします。

178 :本当にあった怖い名無し:2008/05/18(日) 01:53:51 ID:WJBLzUBf0
>>175
ちょwww松井かよwwww

179 :本当にあった怖い名無し:2008/05/18(日) 01:54:50 ID:zeoB+fCyO
真犯人が、どうやって直接手を下さずに殺したのか、
何故双子の強盗と、山荘の皆殺しが同一事件として繋がったのか、
の詳しい説明が欲しい

180 :本当にあった怖い名無し:2008/05/18(日) 10:12:28 ID:oaDIVqK20
>>170
まったく意味がわからん上に孤立しすぎ

181 :本当にあった怖い名無し:2008/05/18(日) 13:56:32 ID:JMJFKMB60
この間見たおじゃる丸が後味悪かった
自由に歩けて言葉もしゃべれる植物の妖精(見た目まんま植物)が
道路の真ん中で小さい芽を見つける
アスファルトを盛り上げて成長しようとする芽に「お前すごいな根性あるな」と
妖精は大感激。毎日「頑張れしっかり生えろ」と応援する
やがて芽はアスファルトを完全に押し上げる。喜ぶ妖精
しかし芽が盛り上げたアスファルトにご町内の親切な老人がつまづき転んでしまう
「これはいけません。子供達が転んでケガをするかもしれません」と呟く老人
場面変わって妖精は日課になった芽の成長を見ようと、今日もウキウキと芽の元へ向かう
今日もたくましく成長しているアスファルトから生えた芽を見て顔を輝かせる妖精
その時後ろから大きな音が。驚いて振り向くとロードローラーがこちらに向かってくる
ロードローラーは盛り上がった道路の上にアスファルトをぶちまけその上を通る
「盛り上がりもなくなってこれで子供達も安心です」運転席にいたのはあの老人だった
完全に平面になった道路を見て、涙目の妖精のアップで終了


182 :本当にあった怖い名無し:2008/05/18(日) 14:48:44 ID:PGftVsyx0
うわああああ後味わっるううううう
両方悪気がないのがまた…

183 :本当にあった怖い名無し:2008/05/18(日) 15:32:49 ID:5C4Iv1Xt0
正統派だな

184 :本当にあった怖い名無し:2008/05/18(日) 16:11:05 ID:UK8Z1hHc0
>>181
おじゃる丸ってこの手のカオスな回がたまにあるからな〜


185 :本当にあった怖い名無し:2008/05/18(日) 16:31:49 ID:y9Vu//Il0
>>181
久々にクリティカルに後味悪いのがきたな。

186 :本当にあった怖い名無し:2008/05/18(日) 17:34:56 ID:YkJdw8qg0
>>181
子供向けアニメなのになんて残酷なんだ・・・

187 :本当にあった怖い名無し:2008/05/18(日) 18:28:17 ID:UJNkiSud0
>>181
老人ってのは、ろくな事しないんだよな・・・

という事でよろしいか(´・ω・`) ?

188 :本当にあった怖い名無し:2008/05/18(日) 18:32:07 ID:2WrcsI7e0
とりあえず違法工事だな。
ちゃんと認可をとらないと。

189 :1/3:2008/05/18(日) 20:00:04 ID:o4fAWhWk0
この間見た映画の「ミスト」が後味悪かった。

アメリカのある地方が舞台。幼い息子を連れてスーパーマーケットへ買い物に来た主人公。
前夜嵐に見舞われた為、店内は食料の買い込みに訪れた多くの住民でごった返している。
そこへ唐突に顔から血を流す男が飛び込んでくる。「霧の中の何かに襲われた…」そう男は言う。
店の外にはいつの間にか濃い霧が立ち込め、見通しが利かない。前日の嵐の為か、
電話や無線も一切使えない状況の中、人々は見えない恐怖に徐々に苛まれていく。

一人目の犠牲者は店員の若者だった。
主人公の制止を聞かず、倉庫の発電機を直そうと外に出ようとした所を霧の中から伸びた
「何か」に食われたのだ。主人公他、それを目撃した何人かは店内の人々に警告を発するが、
聞く耳を持たない者、狂信的な妄想を口にする者などにより内部分裂が起こり、人々の溝は徐々に深まっていく。

190 :2/3:2008/05/18(日) 20:02:18 ID:o4fAWhWk0
時間が経つにつれ、犠牲者は更に増えた。中には自殺をする者まで現れる。
助けを呼ぶと外に出て行った一団は戻らず、
武器を取りに外へ出た一人は下半身だけになって戻って来た。
人々は恐怖から狂信者の女の妄想に取り込まれていき、
ついに一人の若い軍人が「生贄」として殺されてしまう。
主人公は複数の仲間をつどい、店からの脱出を目論む。

狂信者達を振り切り、命からがら車に辿りついた主人公達だが、外の状況は何もわからない。
絶望の中ゆっくりと車を走らせ続けるが、目に入るのは霧と、「何か」に襲われ変わり果てた町の姿だった。
やがてガソリンが尽き、車は道半ばで止まってしまう。

主人公は唯一の武器である、一丁の銃を取り出す…玉は四つ。車に乗っているのは、自分を含め五人。
一人は自分の息子だった。
泣きながら「絶対に僕を化け物に殺させないで」と言った最愛の息子。

191 :3/3:2008/05/18(日) 20:04:17 ID:o4fAWhWk0
立て続けに銃声がした後、主人公は一人になった。
「さあ来い…」叫びながら車を飛び出す主人公。
辺りには相変わらず霧が立ち込め、何も見えない。だが音がする。
化け物の音だ…主人公は音のする方をじっと睨みつけ、待った。

…霧の中から現れたのは、大きな一台の戦車だった。

呆然と立ち尽くす主人公。
続けて、救助された人々を乗せたトラックが次々と主人公を横切って行く。
武器を持った軍人は、町に巣食った化け物の駆除に取り掛かっている。
いつの間にか、霧は薄れていた。

絶叫する主人公…で終わり。
もう少し車で待っていれば、または店に残っていれば助かったのかも…と思うと後味が悪い。

192 :本当にあった怖い名無し:2008/05/18(日) 20:20:16 ID:YJaeuPaq0
みんな知ってるんだろうがさ、おじゃる丸の原作者の犬丸りんは飛び降り自殺しちゃったんだよな。

193 :本当にあった怖い名無し:2008/05/18(日) 21:44:13 ID:y9Vu//Il0
>>189
霧よりも軍隊の方が強いというのがアメリカ的だ。

194 :本当にあった怖い名無し:2008/05/18(日) 22:03:30 ID:2WrcsI7e0
あー、映画版はそうなったのかー。
元が短編だからなあ、霧。

195 :本当にあった怖い名無し:2008/05/18(日) 22:16:26 ID:Z8zks0fiO
>>193
霧自体は軍が行ってた研究による産物「らしい」

正直この映画では霧と怪物は大した問題では無いと感じた。

見始めはよくあるB級パニック系だと思ってたし。
他のパニック系映画より人物同士の会話に重点おかれてるから余計にキツい

息子含め一緒に脱出した4人は本当に主人公を信頼していて
自分達の命を主人公が断つと言う決断を受け入れた
主人公も後を追うため怪物に襲われにでた
なのに
現れたのは最早必要ない筈の救援


196 :本当にあった怖い名無し:2008/05/18(日) 22:19:01 ID:rQ7UaB+F0
「キリがない」という高尚なギャグだった可能性は・・・?

197 :本当にあった怖い名無し:2008/05/18(日) 22:20:10 ID:YWRi+/M+0
テーマパークのユニバーサル・スタジオで見た『ウィケッド』」ってショーが、思い

がけず掘り出し物だったんだけど(後味悪いという意味で)、

書いていい?
かなりな長文になるから、一応断っとく。

198 :本当にあった怖い名無し:2008/05/18(日) 22:22:36 ID:QA40ITnkO
ウィキッドか?

199 :本当にあった怖い名無し:2008/05/18(日) 22:23:23 ID:y9Vu//Il0
>>195
なるほど、怪物 vs 人間という枠組みで見てはいけないわけね。
それなら、ラストをそういう展開にしたのも理解できる。

200 :197:2008/05/18(日) 23:04:17 ID:YWRi+/M+0
>>198
です。演るとこによって、ウィキッドだったりウィケッドだったりするみたいですね。

>>194
キングですよね。
原作では主人公を含む一部の人々が、マーケットから全てが霧につつまれ滅びたであろう世界に出て行く、というところで終わる、結末を濁したラスト……でしたよね?

201 :本当にあった怖い名無し:2008/05/18(日) 23:41:40 ID:3NjA+hOqO
天人唐草ってのあらすじらしい。

11:おさかなくわえた名無しさん :2008/05/18(日) 23:26:39 ID:Yq/G3qPJ [sage] >>7じゃないけど。
幼い頃から父親に女らしく女らしくと厳しく育てられた主人公が、すごく引っ込み思案な女性になってしまって上手く人と接せなくなってしまう。
就職して数年後、母親が亡くなって家事のために仕事を辞めて、数ヶ月後に父親も亡くなってしまう。
死後、父の不倫が発覚し、父親の通夜に来た不倫相手がいかにもなキャバ嬢みたいな女で、今まで父親に強いられてきた理想の女性とは何だったんだろう…と意気消沈して夜道を歩いてたら変質者にレイプされて精神的に病んで終わり。

202 :本当にあった怖い名無し:2008/05/19(月) 00:02:47 ID:ZBrXdrsN0
>>197
長文でもなんでもおk。
はよ投下してくらさい。

203 :ウィケッド @:2008/05/19(月) 00:18:59 ID:+wha2MYS0
>>197
了解、落とします。


『ウィケッド』

童話“オズの魔法使い”の前章譚という設定のミュージカル。
老魔術師オズの前口上。
「これは二人の少女の友情の物語。
 一人は後に良い魔女グリンダと、
 悪い魔女エルファバとなった、その理由の物語だ。
 この物語を聞いた後、
 あなたはきっと誰かを大切にしたくなるだろう……」

主人公は若き日の“悪い魔女”エルファバ。
ミュージカルなのでキャラは誇張気味だが、
グリンダはチヤホヤされ慣れて無邪気に自己中心的、
振り付けもセリフもキュートなハリウッド・ブロンド。
エルファバは肩肘張ったがり勉タイプで、
黒衣に太めで緑の肌をしている。


204 :本当にあった怖い名無し:2008/05/19(月) 00:19:18 ID:/GjXD2sOO
420 名無しさん@八周年 2008/05/12(月) 13:36:33 ID:+l1yS3ne0
成人式の後に中学校の同窓会があった
当時の担任も呼んで、地元の生徒はほとんど参加した
時間も過ぎ盛り上がって来て先生に挨拶する生徒もいたりした
その時の現場
元不良「先生には迷惑かけましたが、今は車関係の仕事について今年結婚をしました
来年には子供も生まれるんですよ」と幸せそうに語っていた
先生「そうかー頑張ったんだな、嫁さんも貰ってもう一人前だなこれからも頑張れよ」
そこへ当時、彼に虐められていた奴が酔って割り込んできた
「なにいい気になってるの?俺の額見ろよ!見えるかこの傷跡は一生残るんだぞ! 
この腕を見ろよ!お前にやられた根性焼きの跡がまだ残ってるんだぞ、
全てが水に流されると思ったら大間違いだ 俺はお前を一生、恨むし、許す気もない」と叫びだした、余程我慢していたものが一気に噴出したみたいだった
わいわいしたざわめきが一気に無くなり、会場が一気にシーンと冷たくなった。
ドラマと違って現実は元不良が謝って仲直りする事もなく、元不良が気まずそうに帰っていった

205 :ウィケッド A:2008/05/19(月) 00:21:27 ID:+wha2MYS0
エルファバとグリンダは学生時代に出会い、
初対面から反発する。
が、エルファバには自分にもよくわからない力
(=魔法の才能)があり、
これにグリンダが興味を持って
二人の距離が近づく。
友達となった二人だが、
グリンダが冴えないエルファバに
「もっとオシャレしなくちゃ」と押し付ける
“いかにもなエピソード”が、
内なる力に葛藤するエルファバと、
価値観が表面的なグリンダを対比する。

また、グリンダには、
彼女に「その力は何?」と問い詰められて
「自分にもわからない」と答えるエルファバに対し、
ふくれっ面で「私がその力を持ていて、
友達に力のことを訊かれたら、ちゃんと答えるわ。
だって私は、いい人だから」とか、
エルファバにお洒落させるのに
「これは私の為なのよ
(=お前がダサい私の恥になる、と取れる)」
などという台詞があって、ホントに友達?と感じさせる
やり取りが多い。


206 :ウィケッド B:2008/05/19(月) 00:23:23 ID:+wha2MYS0
さて、エルファバは力の正体を知る為に
魔法使いオズを会うことを決心し、
グリンダに同行を頼む。
対面した老紳士オズは、彼女の魔法を試すのに、
「私の飼う猿が鳥に憧れている。
彼を飛ばせてやってくれ」
と魔法書を差し出す。
これを人生の転機と期待するエルファバは魔法書を使い、
猿の背に羽が生えるが、
ちなみにこれは原作でも登場する怪物
翼のある猿の原型である。

しかし猿は苦しみ、
戸惑うエルファバにオズは笑う。
「これは空から敵を伺う、いい偵察役になる」
テストはエルファバを利用する為のものだった。
彼女を傍に置こうというオズに、
グリンダは喜ぶが、
エルファバは拒んでその場から逃げ出す。


207 :ウィケッド C:2008/05/19(月) 00:24:26 ID:+wha2MYS0
グリンダが追いかけオズに謝るよう諭すが、
エルファバは「私の中で何かが変わった
(=力は自分の意思で使うという決意)」と歌う。
そこへ国中に響くオズの声。
「エルファバは罪のない猿を魔物に変えた。
奴こそ悪い魔女、緑の肌は悪魔の印だ」
オズから逃れる為、エルファバは“西”を目指す。
グリンダに一緒に逃げようと言うが、彼女は「行けない」と答える。
「けれど、あなたは私の親友。あなたと出会えて良かった」
と歌うグリンダ。抱き締め合う二人、
の前にオズの追っ手が現れる。
エルファバは魔法を解き放ち、
空高く舞い上がる。
「私は自由だ。
もう誰も私を引きずり下ろすことはできない。誰も」
高らかに歌い上げるエルファバ。
暗転、カーテンコール。


208 :ウィケッド D:2008/05/19(月) 00:27:03 ID:+wha2MYS0
ここからは、私が後味悪く感じた点だが、

1.グリンダに友情あるの?
  損得で、金のあるブスを傍に置く女、
  って感じがする。
  最後、ピンチにはあっさり見捨ててる。
  物語の結末が“二人の真の友情が〜”的な
  流れになっているが、
  額面通りに受け取っていいのやら困る。
2.狂言回しであり、
  全てを見通す賢者の役目かと思ってたら、
  悪者のオズ。
  前口上で「エルファバが悪い魔女になった理由……」
  と言っていたけど、お前じゃん。
  初めはサンタクロース的いい人なので、
  落差もでかいのさ。
3.なので、オチで“オズの真意”的な
  フォーローがあるかと思いきや、何もない。
  ホントに悪者で終わる。
  となると、終始オズ側に立っているグリンダも、悪者側……?


209 :ウィケッド D:2008/05/19(月) 00:31:44 ID:+wha2MYS0
4.設定上“オズの魔法使い”に物語が続く。
  結末で心の自由を得たエルファバも、
  悪として滅ぶ運命が確定しているし、
  グリンダは良い魔女になる。
  美しいけど意地悪な娘と
  醜いが優しい娘の結末には、違うくない?
  西の魔女はドロシーに殺されるんだし、
  オズのエルファバへの悪意が一貫してる。
5.という点から、
  これは友情モノとしながら、
  実は見せかけの友情を皮肉る意図の
  物語だと思うんだが、とすると、
  テーマパークのショー向けじゃないよね。
  UFJは客層高めだとしてもさ。
  しかも、ショーのステージは、
  園内でも小さなお子様向けエリアにあるんだよ。


210 :ウィケッド E これで終わりっす:2008/05/19(月) 00:33:18 ID:+wha2MYS0
 6.と、思いきや、寡聞にして知らなかったんですが、
  これってブロードウェイ・ミュージカルが元にあって、
  その原作まであるそうです。
  劇団四季でも演ってます。
  (四季版だと表記は198のいう『ウィキッド』となる)。
  それが、UFJ版はかーなりのダイジェストみたいで。
  推測ですが、元の話では二人の見せかけの友情が本物になる過程や、
  オズの行動の真意、がある?
  そこを端折ると話が180°変っちゃうけど、
  じゃあ編集がバカってこと?ワザと?
  ただ、原作もブラックな内容だそうなので、
  元々イヤな話の可能性もありますけど。

……と、まあ内容も、媒体も、
背景も含めて多重に後味悪かったワケで。
もし、完全版をご存じの方おられましたら、
違いの部分を御指摘頂けますと幸いです。

それと、通し番号、Dが重複ですわ。スマン。
でわ、スレ汚し様でした。


211 :本当にあった怖い名無し:2008/05/19(月) 00:45:20 ID:T3LscnSMO
志村〜UFJ!

212 :197:2008/05/19(月) 00:53:09 ID:+wha2MYS0
>>211
あ!

ボケてUSJをUFJって書こうかと考えてて、
マジボケしたよorz
書き始めで自分に声かけてるし。

もういいや、ちくしょう。寝るわ。

213 :本当にあった怖い名無し:2008/05/19(月) 01:24:23 ID:Bkp/1qR70
ここのまとめサイトで、夫の後輩が亡くなった話をみつけた。
夫が書き込んだものではない。
私も彼に会った事があるが、一度だけなので顔も覚えていない。
夫は今年も命日に墓参りにいくつもりだったが、
体調が悪くて行けなかった。

214 :本当にあった怖い名無し:2008/05/19(月) 01:27:05 ID:i79vmQbN0
>>200
原作は曖昧な終わりだね。
だからこそ寂寥や恐怖を感じるんだが、軍隊がきちゃいました、にするところは
いかにも映画的ともいえるが……うーん。

215 :本当にあった怖い名無し:2008/05/19(月) 01:45:52 ID:gqx8qHEk0
>>200
「霧」のラストは原作の方がいいな。

原作のラストでは車に乗った主人公達が廃墟と化した街を走ってるんだけど、
ハイウェイに差し掛かったあたりで山のように大きな「それ」とすれ違って呆然とする、という終わり方だった。
作中で何度か地震みたいな地響きがするんだけど、実は「それ」の足音だったという。
映像化されたらどんな風になるのか見てみたかったんだが・・・

216 :本当にあった怖い名無し:2008/05/19(月) 01:49:50 ID:0oHrpv3E0
映画化された作品多いが、どれも評判はパッとしないね<キング

217 :本当にあった怖い名無し:2008/05/19(月) 01:55:39 ID:OKEVGUFP0
本人版シャイニングは好きだな

218 :本当にあった怖い名無し:2008/05/19(月) 02:20:01 ID:0oHrpv3E0
あ、そーいやホラーの映画化は評判悪いけど
感動系は評判いい映画が多いな。
刑務所から脱出するやつとかスタンドバイミーとか。
ホラーの映画化って難しいんだろうか。

219 :本当にあった怖い名無し:2008/05/19(月) 02:20:39 ID:MaeegvvB0
スタンドバイミーだけはガチ

220 :本当にあった怖い名無し:2008/05/19(月) 04:24:21 ID:Bd25kqTq0
実話
先日、夜10時過ぎに公衆電話から私の携帯に着信があった。
出てみると、中学の同級生のS。彼は名古屋、私は東京に住んでいて、
最後に会ったのは5年ほど前だ。
S「突然で悪いんだけど、今日、明日と泊めてくれない?」
野暮用(本人談)で2泊の予定で上京し、あてにしていた所に泊まれなくなったらしい。
ホテルに泊まるほどの金は持っていないというので、そもそもどういうプランで
上京したのかがわからない。
私は翌未明、1泊旅行に出かける予定もあり、今は彼女と同棲していて場所もないので
非常に心苦しかったが無理だと断った。
そして、彼は携帯は持っているが、プリカ式で、既にポイントを使い切り、着信は
できるが、発信はできないという。
無計画な上京、ポイントの無い携帯。30代とは思えない窮状のようだ。
電話を切ってから、無慈悲なことをしたと思い、共通の友人にあたってみようかと
思ったが、自分が断って他人に振るのも気が引けたので、プライドを傷つけぬよう、
貸すという名目で1万円カンパしようと決めた。
そして、どこかで会うべく、携帯のメモリーに入ってる彼の携帯に電話をかけると
「現在使われておりません」 その後どうなったのか私は知らない。



221 :本当にあった怖い名無し:2008/05/19(月) 07:21:25 ID:i79vmQbN0
>>218
ハリウッド映画は「見せない」演出が下手だから、描ききらないで恐ろしさを出すホラーは難しい。
なにより、倫理規定とか厳しくてある程度勧善懲悪要素いれないとだめとか微妙な縛りがw
感動ものは全部描くので問題ない。

222 :本当にあった怖い名無し:2008/05/19(月) 09:36:02 ID:A8tDaY4WO
>>215
バリスタと大タル爆弾で応戦するわけですね
マジ燃える

223 :本当にあった怖い名無し:2008/05/19(月) 10:16:21 ID:0ZhwitIMO
>>204
『成人式の後に中学の同窓会があった。』
成人式の終わった後、同じ日に同窓会があったと読める。
元不良は「今年結婚して来年には子供も生まれる」って言ったんだよね?
正月明けに随分忙しい結婚式をしたんだなぁ。
まだ仕込んでもいない子供が何故来年生まれると言えるんだ?と不思議に思ったんだが。
地方によっては旧正月に成人式をやる所もあるみたいだが、子供の計算が合わないぞ?

ゴメ!書いてて気付いた。デキ婚もあるわな…。


224 :本当にあった怖い名無し:2008/05/19(月) 10:19:42 ID:0ZhwitIMO
今年と来年の書き間違いに気付いた。
が抜けてたorz。
後味悪くてスマソ。


225 :本当にあった怖い名無し:2008/05/19(月) 10:36:24 ID:aY0GjFKw0
まあ、あれだw
おちつけwwww

226 :本当にあった怖い名無し:2008/05/19(月) 11:57:02 ID:qS50Tok/0
最近は、お盆に成人式をするところもある。


227 :本当にあった怖い名無し:2008/05/19(月) 13:22:02 ID:cY1DFheJ0
「ミスト」で一番ショックを受けたのは

ある母親が最初は主人公たちと一緒にスーパーマーケットにいたが
小さい子供だけを家にを残して来たから家に帰らないといけないと言い出す
まわりの人は止めるけど母親は絶対帰る、誰か送っていってと言う。
頼まれた人は困りながらも断る、主人公も自分にも子供がいると断る。
彼女はみんな地獄に堕ちろと捨て台詞を残して外に出る。

その彼女が最後に救助された人々の中に子供を連れていて
絶望しきった主人公の横をトラックに乗って通っていくのが何よりきつかった。

228 :本当にあった怖い名無し:2008/05/19(月) 13:50:27 ID:WIeEbdTq0
>>204
その後、いじめられっこがいじめっこに慰謝料請求とかなら後味悪くないと思うんだけど
やっぱり現実問題難しいのかね。

229 :本当にあった怖い名無し:2008/05/19(月) 14:40:36 ID:zr8AVL8Y0
>>204が「不良カワイソス。いじめられっこは空気読め」な目線で書いてるのが後味悪い。

230 :本当にあった怖い名無し:2008/05/19(月) 15:58:42 ID:/QPL603g0
さすがに「霧」原作そのままの映画にはできないよね。
息子と一緒に逃げた主人公は、どこかのホテルにいきつく。
「今息子と二人です。このままこの町はどうなるのか、
自分たちはどうなるのか、今は何もわからない。」
と、ホテルにあるノートに書き記した文章で終わる。
さすがキングだ、後味悪いな〜と思ってたけど、映画の方がもっと後味悪いね。


231 :本当にあった怖い名無し:2008/05/19(月) 15:59:59 ID:F27RiLn30
そんな風には思わなかったがな。

232 :本当にあった怖い名無し:2008/05/19(月) 16:31:01 ID:RboZtap30
2 : 珠姫の父(茨城県) :2008/05/18(日) 22:35:11.62 ID:eYVpLEjr0
http://kabup.tank.jp/img/1210925441153.jpg
http://kabup.tank.jp/img/1210928749093.jpg
http://kabup.tank.jp/img/1210970343814.jpg



233 :本当にあった怖い名無し:2008/05/19(月) 16:48:49 ID:BqnyqvIq0
これはさすがに仕込みでしょうよw

234 :本当にあった怖い名無し:2008/05/19(月) 17:01:52 ID:+8IhQrmiO
>>232
観てて腹たったわ〜

235 :本当にあった怖い名無し:2008/05/19(月) 17:13:39 ID:MaeegvvB0
>>232
エエエェェェ(´Д`)ェェェエエエ

236 :本当にあった怖い名無し:2008/05/19(月) 17:16:29 ID:wU86kelP0
>>232
ひでえ・・・

237 :本当にあった怖い名無し:2008/05/19(月) 17:41:23 ID:ZCcrKadq0
マスゴミの質を考えるとこういうに酷い奴がいる系の番組・コーナーって、
自分より下の人間がいるという事を示して視聴者を安心させているのではないかと邪推してしまうんだよな。



238 :本当にあった怖い名無し:2008/05/19(月) 17:43:29 ID:3MdeZLaXO
>>232
携帯からでは画像の字幕がみえない…
誰か説明してくれないでしょうか

239 :本当にあった怖い名無し:2008/05/19(月) 17:44:39 ID:iblRuQYj0
>232
死ねばいいのに

240 :本当にあった怖い名無し:2008/05/19(月) 17:49:58 ID:jAhLAZGp0
>>238
嫁さんが、実は男だったと言う事を
旦那さんに告白した。

241 :本当にあった怖い名無し:2008/05/19(月) 17:50:31 ID:/QPL603g0
作者もタイトルも忘れた短編。タイトル確か「侵入者」とかそんな感じ。

主人公A子は裕福な家で育ち、夫も一流企業、何不自由なく暮らす今で言うセレブ妻。
出産で入院し、多少不安になっている時、その病院で働く掃除婦B子と出会う。
B子の娘は同じ病院に入院し、出産予定日も同じだというので話があい、
部屋に掃除をしに来た時、よく話すようになった。
B子の家は母子家庭で、生まれつき傲慢なA子は心の中で
「こんな家に生れ、こんな母がゴミにまみれて仕事をする家で育った娘と、
裕福で立派な両親に育てられた私とは違う」と思っていた。
退院し、赤ちゃん用に改築した豪華な部屋、素晴らしい家具に囲まれ、
優雅に育児を始めるA子だったが、B子が頻繁に訪ねてくるようになった。
戸惑いつつも、高慢なA子は
「一生自分にも、その娘にも縁のない世界だから憧れているのだろう」と家に入れてやる。
家に来るとB子は、赤ちゃんを見ては「かわいいかわいい」と褒めちぎり、
A子もそれを聞いて悪い気はしない。
むしろ「選ばれた人間の子、B子の孫とは全く違う世界の子」だから当たり前位に思っている。
ある日、切羽詰まった様子B子が訪ねてきた。
「ちょっとこれから遠くへ行く事になったので、最後にもう一度赤ちゃんを見せてください」と。
いぶかしみながらも、子供を見せると
まるで我が子のように慈しみ、涙を見せて帰って行った。
その後、テレビのニュースで、
B子が、B子の娘に暴力を振るう娘の内縁の夫を殺害したと報じられる。
そしてそれにはB子の孫も巻き添えになったと。
そこで気がつく。
警察が追ってきているのに、なぜわざわざ他人の子である我が子を見に来たのか。
それも涙を浮かべ、名残惜しそうに帰って行ったのか。
殺されたB子の孫は、本当にB子の孫なのか。
子供だけでもまともな暮らしをさせたいというB子のたくらみではないのか…
ふと我が子の顔を見ると、まるで侵入者のように見えた…

242 :本当にあった怖い名無し:2008/05/19(月) 17:57:08 ID:q9uQi3py0
このスレの常連、阿刀田高だな。
キング・オブ・後味悪。

243 :本当にあった怖い名無し:2008/05/19(月) 21:46:23 ID:gIPRgxI20
ちなみにタイトルは「来訪者」だね。
ドラマ化もされた。

244 :本当にあった怖い名無し:2008/05/19(月) 23:25:25 ID:RboZtap30
まだ赤ん坊みたいだしとっとと施設にほり込むべきだな

245 :本当にあった怖い名無し:2008/05/20(火) 00:53:44 ID:W6fvY/s20
>>240
おいwww

246 :本当にあった怖い名無し:2008/05/20(火) 05:52:12 ID:0biv6EEA0
>>242
阿刀田先生、その称号はむしろ喜ばれそうだw

247 :本当にあった怖い名無し:2008/05/20(火) 07:06:24 ID:iWoA/kCq0
赤ちゃんポストにGOですね

248 :241:2008/05/20(火) 07:20:56 ID:ojGEEV9U0
激しく既出スンマソ

249 :本当にあった怖い名無し:2008/05/20(火) 09:48:56 ID:hPvFyAQH0
>>248
「既出上等」なスレだから、気にしなくて良いんだよ

250 :本当にあった怖い名無し:2008/05/20(火) 10:25:43 ID:8jEEQzhDO
ミスト と 霧 のあらすじを読んで、激しく原作を読みたくなったのですが、霧 はキングのなんというタイトルの短編集に入っているのでしょう?
ご存知の方いらしたら教えてください

251 :本当にあった怖い名無し:2008/05/20(火) 10:35:03 ID:vvQjQGluO
ググれカス

252 :本当にあった怖い名無し:2008/05/20(火) 10:36:21 ID:dY1C5DFB0
>>250
スケルトン・クルー1 骸骨乗組員 (扶桑社)

他にも、闇の展覧会 霧編(早川)というアンソロジーにも入ってる。いま出てる文庫は、
闇の展覧会ってタイトルより、霧の字や映画のミストの字のほうが大きいバージョンw

253 :本当にあった怖い名無し:2008/05/20(火) 12:14:54 ID:8jEEQzhDO
252さんありがとうございます。買って読みます

254 :241:2008/05/20(火) 13:49:43 ID:ojGEEV9U0
>249
……('A`*) ポッ


255 :本当にあった怖い名無し:2008/05/20(火) 14:32:18 ID:GIgFyJ+50
>>227
やったな母親w 

256 :本当にあった怖い名無し:2008/05/20(火) 15:02:52 ID:W6fvY/s20
>>254
あ、フラグが立った。おれないといいな。
でも後味の悪い話スレだしな。折れるだろう。

257 :本当にあった怖い名無し:2008/05/20(火) 15:03:37 ID:+41JcIV30
まさにセリフ通り地獄に堕ちたというのがなんとも・・・

258 :本当にあった怖い名無し:2008/05/20(火) 16:40:52 ID:Z2BXx3TN0
スケルトン・クルーといえば「ミルクマン」も意味がわからなくて後味悪い。

文字通り牛乳配達の男が主人公。
早朝、牛乳配達人が各家庭に牛乳や乳製品などを配達する。
何か欲しい場合は家の前にメモを出しているんだけど、そのメモの書き方が丁寧なモノには
ちゃんとしたミルクやクリームなどを配達し、簡潔に書いてあったりぞんざいな書き方をしているものには
ビンに毒ガスや毒グモを詰めたものを配達する。

最後は朝、起き出して朝日と青空を見上げてにっこりする子供を見つめて引き上げていく・・・

259 :本当にあった怖い名無し:2008/05/20(火) 17:12:14 ID:+41JcIV30
ナマハゲのあちら版とでも思っておけばええ

260 :本当にあった怖い名無し:2008/05/20(火) 17:15:41 ID:uu5CS0D10
>>258
何に収録されてるか忘れたけど、ミルクマン2もあるよね。
より意味不明だった。内容覚えてないけど

261 :本当にあった怖い名無し:2008/05/20(火) 17:21:16 ID:ddgLF0P00
なんか以前ネットで見かけた外国のアニメ動画に似たのがあったなー>ミルクマン
そっちのミルクマンは女をレイプして殺しまくったりしていたな
見たことある人いますか?

262 :本当にあった怖い名無し:2008/05/20(火) 18:57:00 ID:Z2BXx3TN0
>>260
2ではミルクマンの友人?が主人公でしたね。

アル中で刑務所返りで洗濯工場でアルバイトしてる男。
ミルクマンの高校時代の同級生で、彼に女房を寝取られたあげく、そのことで
ミルクマンを殺そうと拳銃を持ち出したために警察に逮捕され、お勤めを終えて
出て来たと思ったら交通事故で死亡するというお話。

警察に逮捕されたのも、交通事故で死んだのもミルクマンが何か仕掛けた事を
ほのめかすような描写はあるけど実際のところは意味不明・・・

263 :本当にあった怖い名無し:2008/05/20(火) 19:14:34 ID:6MH4vixd0
それはホラー映画なのか…?

264 :本当にあった怖い名無し:2008/05/20(火) 19:18:31 ID:7GXa/HCqO
まずそのFLASHの方のミルクマンを思い出したなー。
こっちはミルクマン家族が被害者だけど。

穏やかなBGM、みんなに親しまれてるミルクマン、
円満な家庭、ってほのぼの始まって
配達先の病んだ男に惨殺&屍姦(ミルクマン含む)される。

母親が犯されてるのを見つめてる子どもが忘れられない。
BGMもだんだん狂ってくるみたいだった。

265 :本当にあった怖い名無し:2008/05/20(火) 19:48:06 ID:1k652gSH0
恐ろしいなぁ、ミクロマンって。


266 :本当にあった怖い名無し:2008/05/20(火) 20:13:53 ID:FsSWwtjw0
>>264のFLASH
http://www.fat-pie.com/milkman.htm
グロ注意!

267 :本当にあった怖い名無し:2008/05/20(火) 23:06:59 ID:YkIPS29E0
>>266
264で内容知った後でも精神にキた。

268 :本当にあった怖い名無し:2008/05/20(火) 23:58:45 ID:ZFRmFYCa0
>>266
ほかのFLASHも意味不明で面白かった
さっそくブクマしたよ、ありがとう!

269 :本当にあった怖い名無し:2008/05/21(水) 03:08:31 ID:KdfRVYMu0
「不倫されて全てを失った 」
http://moemoe.homeip.net/view.php/10527

読んだ後、鬱になったよ。

270 :本当にあった怖い名無し:2008/05/21(水) 04:20:12 ID:bTMEecwP0
>>265
小さな巨人乙

271 :本当にあった怖い名無し:2008/05/21(水) 06:59:17 ID:pBY1lMyH0
>>266
エロいの期待したのに、こういう絵柄かあ

272 :本当にあった怖い名無し:2008/05/21(水) 07:36:01 ID:nel4DO/j0
エロかったら後味悪い話にあがらんだろう
このタッチ好きだな
ほかのFLASHもイミフで面白かったw

273 :本当にあった怖い名無し:2008/05/21(水) 08:47:34 ID:pzSahj+iO
不倫サレ話は後味悪いよなぁ…
場合によっては加害者が一時的なりずっとなり幸せになれるんだから。

274 :本当にあった怖い名無し:2008/05/21(水) 12:19:06 ID:vpBAYul80
ニヤニヤほくそ笑む勝ち組がいる
ってのがこのスレ的な必勝パターンのひとつだな

275 :本当にあった怖い名無し:2008/05/21(水) 12:30:27 ID:b4Y32Jb60
>>266
これはひどい
だがそれがいい

276 :本当にあった怖い名無し:2008/05/21(水) 13:23:52 ID:5X+UDxU90
キングの短編ならこの話が好き。所々(愛しい人の名前とか)うろ覚えだけど

浮かれた足取りで花束をもった男が町をあるいている。
男を見て町の人々は思う。
ああ、あの男は恋をしているのだ――
町の人々に冷やかされたり、励まされたりして照れ笑いを浮かべながら、男は愛しい人のもとへと向かう。
町外れで、男は愛しい人の姿を見つけ、花束を差し出しながら言う。
「やあ、愛しいキャサリン」
女性は一瞬驚いた後、微笑みを浮かべて言う。
「人違いじゃないかしら、私は……」
「いや、君はキャサリンだ」
そう言って、男は隠し持っていたハンマーを振り下ろす。
数分後、醜くなったそれを見下ろし男は思う。
ああ、やはり彼女もキャサリンではなかった――
悲しそうな顔をしていた男だったが、すぐに花束をもって幸福そうな足取りで歩き出す。
まだ見ぬ愛しい人に会うために。

277 :本当にあった怖い名無し:2008/05/21(水) 14:09:39 ID:9yqqOpvb0
>>276
( ;∀;)イイハナシダナー


じゃ俺もキングを。

ある学生の元に、母親が脳溢血で倒れたとの知らせが入る。
危険な状態は脱したらしいが、母の事を心配する学生は
住んでいる寮から母親の元まで、一人でヒッチハイクする事にする。

やっと一台の車を止め乗り込むと、それは「死神」的な存在だった。
死神は学生に問う
「一人連れて行く、自分(学生)か?それとも母親か?」
幼い頃の思い出や、母親の優しさを思い出し悩む学生だが
結局、「母親を連れて行け、俺を連れて行くな!」と言ってしまう。

母の待つ病院に到着すると、母親は生きていた。
(死神は、『いつ』連れて行くとは言わなかったのだ)


278 :本当にあった怖い名無し:2008/05/21(水) 14:27:56 ID:xzniSgmd0
>>277見て思い出したんだけど、
子供が危篤だって連絡を受けて、とーちゃん嵐の中を病院に向けて車を飛ばす。
だけど途中で強盗に遭って殺される。
子供は危篤状態を抜け、安定する。
とーちゃん無駄死に。

ってな事件だか小説だかなかったっけ?
うろ覚えだからこんなのだけど、もっと後味悪かった気がする。

279 :本当にあった怖い名無し:2008/05/21(水) 14:55:43 ID:qX1F9jPO0
>>278を見てさらに思い出したんだけど、
子供が病気で危なくなっちゃって、とーちゃん嵐の中を家に向けて馬を走らせる。
だけど途中で子供が幻覚を見始める。
とーちゃんは一生懸命否定するも、子供の幻覚は酷くなる。
あそこに魔王が!とか言い始める。家に着いたら子供死んでた。

ってな詩だか歌だかなかったっけ?
音楽の時間にやった気がする。

280 :本当にあった怖い名無し:2008/05/21(水) 15:11:43 ID:2NuWU6IU0
>>279
まんまシューベルトの「魔王」じゃんw

281 :本当にあった怖い名無し:2008/05/21(水) 15:15:22 ID:mQkYXVuc0
>>278
事故かなんかで病院に担ぎ込まれた子供の為に呼び出された医者
しかし病院に向かう途中で強盗に車を奪われてしまい、結局、子供は死亡
実は子供の父親が病院へ行くために車を奪ったのだったって話
このスレで何度か出てるから、それじゃないかな?


282 :本当にあった怖い名無し:2008/05/21(水) 15:39:14 ID:vpBAYul80
>>279
おーとーさーん
おとーさん
まーおーうがーいまー

だろ?w

283 :本当にあった怖い名無し:2008/05/21(水) 15:44:00 ID:qX1F9jPO0
>>280>>282
「シューベルト 魔王」でググったらソレっぽい。
>ようやく館に着いたが、腕に抱えていた子供は既に息絶えていた。
ってけっこう後味悪い話だったんだねーと言って誤魔化してみる、ハズカシイ

284 :本当にあった怖い名無し:2008/05/21(水) 15:44:15 ID:vpBAYul80
>>279
捜してきた
これだろ?

・・・・・・
こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのは誰だろう。
それは父と子だ。
父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」

子「お父さんには魔王が見えないの。かんむりをかぶって、長い衣を着ている…」

父「あれはたなびく霧だ…」

魔王「かわいい坊や、一緒においで。Yo、party time!」

魔王の娘「パティーターイ!」

子「ボンバヘッ!(ボンバッヘッ!)ボンバヘッ!(オトーサーン!)燃っえっだっすよーなー!あっつい魔王!」
父「Oh、Year!」

魔王「ボッ、ボッ、ボンバヘ!ボッボッボンバヘッ!」

子「ボンバヘッ!(ボンバッヘッ!)ボンバヘッ!(オトーサーン!)無っ茶っしって知ったー!ホントの魔王ー!」
父「get down!」
魔王「Everytime wont you!何時でもFound you!逢いたいおーもいが〜ぁ〜!」
子「ボンバヘッ!(オトーサーン!)ボンバヘッ!(オトーサーン!)魔王がぼくを見つけてKiss you!今夜も熱くなる!!」
父親はぎょっとして、体を全力で踊らせ歌った。子供を両腕に抱え、やっとの思いで歌い終えた…
腕に抱えられた子はすでにボンバヘッ

285 :本当にあった怖い名無し:2008/05/21(水) 15:47:25 ID:pBY1lMyH0
ご愁傷様

286 :本当にあった怖い名無し:2008/05/21(水) 17:06:04 ID:BM+LAHyM0
>>284
ドンマイ。タイミングが良ければ面白かったと思うよ。

287 :本当にあった怖い名無し:2008/05/21(水) 17:10:04 ID:E516v5By0
どんなタイミングでもつまんねーよ

288 :本当にあった怖い名無し:2008/05/21(水) 18:22:18 ID:6WSWtksj0
YAZAWAバージョンだったらクスリと笑えたな

289 :本当にあった怖い名無し:2008/05/21(水) 18:29:15 ID:vpBAYul80
そんなにいじめるなよ 俺が悪かったよ

290 :本当にあった怖い名無し:2008/05/21(水) 19:38:02 ID:9yqqOpvb0
>>289
反省してるのか?


291 :本当にあった怖い名無し:2008/05/21(水) 19:53:28 ID:/7LSoKuX0
俺の祖先は沖縄県出身だったんだけど・・・。
戦後間もなく近所の女子中学生、米兵に連れ去られる→
3日後、傷だらけになって戻ってくる→
翌年、混血の子を出産。少女自体は13歳だったため大出血をおこして死亡→
祖父母、子供を虐待気味に育てる。「一応孫」と言っていたらしい。→
祖父母死亡。親戚の家に引き取られる。当時7歳。→
数年後少女妊娠。相手はわからず。どうもその親戚が少女に売春させてその上前をはねていたらしい。
少女行方不明に。
全部実話です・・・。

292 :本当にあった怖い名無し:2008/05/21(水) 19:55:33 ID:fE+fOA7h0
>>291
後味ってよりも胸糞だな

293 :本当にあった怖い名無し:2008/05/21(水) 20:11:13 ID:0OUOV4sN0
行方不明先でなにもかも受け入れてくれるイケメン大富豪と結婚して
少女も子供も幸せになりました

294 :本当にあった怖い名無し:2008/05/21(水) 20:20:20 ID:NrALgkmo0
ニッカポッカの兄ちゃんが少女も富豪もボッコボコにしました。

295 :本当にあった怖い名無し:2008/05/21(水) 20:32:34 ID:Yo3rJvE/0
>>291
ふとこれが脳裏を過ぎった
               , r::':::::::::::::..ヽ 、
             /::::::::::::::::.:::::..::::::::ヽ、
                /:::イ::N、..iv、..:..:..:.:.::::::::vr−、
/⌒ヽr−、  _    /i::;;;:/十ヾN-、Ni:::i!:::::/    i
たや i! ::.'´ / ・ヽ  ' Y:::i ⌒ , ⌒`}::N)::i ふ家 .!
え っ i!     ,, `●,/N:::!.'' r-v, '' ,}rrノ::| え.族 |
ち.た i!  r−、 ーrイ:/ .i!N;;>`ニ イ/ト;;;< る.が |
.ゃね > ヽ :::、==´=}   _,.r'r'| ,./ ` >! .よ  .|
ん  i!ヽr=>   `ヘ>V⌒)|| ,iト、_,/  ノ/、 !!  /
! ./  |'/,フ7   /⌒i:/ト、ト` ヾ三テイ'  .iー'
`ー'   、' ' レi     ノ'::i`ーi  ヽ´ ./.:   |

296 :本当にあった怖い名無し:2008/05/21(水) 20:51:40 ID:G8fOf4Ah0
今日、大学でシナ人留学生が四川地震救済のパンフレット配ってた。
んで、帰りにオレもパンフ配られたんだけど、
下にある駐車場の傍にそのパンフが沢山捨ててあるんだよ。
それには『義捐金とか言って、どうせ軍事費に回すんだろ?誰が協力すっか!死ね!』
とか、『そんなに国が大事ならさっさと日本から出て行け犯罪者集団!!!」
『これまでいくら中国に金出してきたと思ってんだよ!誰でも彼でも騙されると思うなよ!!!』
『そんな金あるんだったら、ドブに捨てた方がマシや!シナ大好きの福田首相にでも懇願しろや!』
とか心無い悪口が書かれていました……

297 :本当にあった怖い名無し:2008/05/21(水) 20:54:54 ID:E516v5By0
え、悪口? どこが?

298 :本当にあった怖い名無し:2008/05/21(水) 20:58:23 ID:pBY1lMyH0
その程度の正当な批判さえいけないってほど厳しい世の中なら、中国人の居場所が地球になくなってしまうよ
にしても、自分で募金したり祖国に帰る前に速攻でパンフ作って配ってるのかそのシナ人は


299 :本当にあった怖い名無し:2008/05/21(水) 21:00:34 ID:W5O6wEx90
日頃の行い

ざまあwwwwwwww

300 :本当にあった怖い名無し:2008/05/21(水) 21:22:41 ID:0OUOV4sN0
大学のレベルが知れるな

301 :本当にあった怖い名無し:2008/05/21(水) 21:35:22 ID:E516v5By0
まじめな話、もらったパンフレットを捨てるだけならともかく、なんか書くまで行動するとは思いにくい。
だって、わざわざペン出して書くか?
自演か創作か、どちらにせようさんくさすぎ。

302 :278:2008/05/21(水) 21:50:20 ID:qtI7VQee0
>>281
それだ!ありがとう。
死んだのはとーちゃんじゃなくて子供だったか。
とーちゃんが子供を思いすぎて罪を犯さなければ全員が幸せになれたのに。
なんとも言えない後味の悪さ。

303 :本当にあった怖い名無し:2008/05/21(水) 23:02:14 ID:CDAPIzDC0
ttp://www13.plala.or.jp/namako/ehon.html
すごい遅レスで悪いが、後味悪い動物ものです
パソコンで閲覧してください

一応ニコニコ
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm2354235

304 :本当にあった怖い名無し:2008/05/21(水) 23:06:12 ID:kCSkuIpE0
>>301
そもそも支那の本性を知った日本人なら、極自然な意見だし。

もちろん被害に遭った人は気の毒とは思うよ。
思うけど、軍事費とスポーツ大会に回す金があるんだったら
自分で尻拭えとも思うがね。

305 :本当にあった怖い名無し:2008/05/21(水) 23:14:08 ID:z32bcEWB0
>>303
遅レスならアンカー付けてくんろ

306 :本当にあった怖い名無し:2008/05/21(水) 23:31:05 ID:8XSTVbH00
>304
日本人なら、そんな行為はしないよ。

307 :本当にあった怖い名無し:2008/05/21(水) 23:38:26 ID:E516v5By0
>>304
意見としてはわかるよ。
問題は、わざわざパンフに書いて、それを捨てるか、ってこと。
そういうことまでするのは日本人ぽくない。

308 :本当にあった怖い名無し:2008/05/22(木) 00:06:41 ID:XHJfEwBU0
パンフにわざわざ書いて捨てちゃったら意味ないよな。
大学なら掲示板とかあるだろうし、そこに貼っておけばいいのに。

309 :本当にあった怖い名無し:2008/05/22(木) 01:03:44 ID:0CVENKcsO
わざわざパンフを貰っといて、わざわざそこに落書きをして、それを捨てたと??

普通、日本人ならパンフなんか貰わない、とかそんなんで示すだろ
なんでそんなに無駄で過激な事する必要あるんだか、
嫌いな国の国旗を燃やしたりする中国人じゃあるまいし
しかもそれを行ったのが何人もいるような書き方だしな

中国に対する感情がどうのって言うよりは、そんな行動普通するかよっていうとこでおかしな話だ


310 :本当にあった怖い名無し:2008/05/22(木) 01:27:17 ID:tEgHZpEg0
ネタだ。

311 :本当にあった怖い名無し:2008/05/22(木) 02:05:36 ID:rv5XjJWS0
>>309
中国人は息を吐くように嘘を吐く。
そもそもパンフに落書きされて捨てられてたということ自体あったことなのか冷静に考えてみよう。
で、そんな話をする理由は何のためか考えよう。

最近はカジュアルに日本人を貶める工作がいたるところで行われている。
国費留学生は毎月30万ももらってるくせに身銭切らず募金やらに支援もとめるってのは
邪な心が垣間見える調子のいい話ですよねw

312 :本当にあった怖い名無し:2008/05/22(木) 02:08:50 ID:xow6m0XR0
「リーペンレンはひどい奴らアル。お前ら地震があったんだからチベット大虐殺は忘れるアル」と
同情を集める工作をしようとしたら、「それも当然じゃね?」という強気な対応が多くて戸惑う>>296

別忘記天安門大屠殺

313 :本当にあった怖い名無し:2008/05/22(木) 05:36:02 ID:0QeJKrtr0
仮に本当に>>296の言うところの「悪口」が
パンフレットに書かれて捨ててあったとしても、どうせ留学生の自演だろうしな。

314 :本当にあった怖い名無し:2008/05/22(木) 08:46:38 ID:ABRn+Pb20
もういいよ中国人の自演だの日本人は偉いだのどうでもいい
ニュース速報あたりで好きなだけやってくれ

315 :本当にあった怖い名無し:2008/05/22(木) 08:55:41 ID:U2sjI6zs0
さりげなく、日本人は偉いという誰も言ってないワードを混ぜてるあたりがいやらしくていいですね。

316 :本当にあった怖い名無し:2008/05/22(木) 09:08:30 ID:0fBRUe/0O
>>315
ほんとだワロチwwwwww

317 :本当にあった怖い名無し:2008/05/22(木) 09:21:42 ID:21lL0fGs0
>306.307あたりね じゃ日本人もお前らみたいに粘着で醜い奴ばかりってことでどっちもどっち

318 :本当にあった怖い名無し:2008/05/22(木) 09:33:55 ID:6rVM5KwO0
日本人と中国韓国の違いは
「集団や匿名だと散々やらかすが単独では出来ない上、ばれる事を恐れる」
「集団でも匿名でも単独でも散々やらかして開き直る」
程度じゃない?


319 :本当にあった怖い名無し:2008/05/22(木) 09:35:09 ID:U2sjI6zs0
>>306-307が称賛には結びつかないだろう
そこまで露骨な行動をとるほど攻撃性が高くないというだけのこと。
消極的で気弱だという風にもとれる。

しかし
>>317の書き方だと、自分は日本人じゃないって認めたみたいで工作員失格になっちゃうよ?

320 :本当にあった怖い名無し:2008/05/22(木) 09:37:52 ID:k51b7p1T0
そーいや中国の巨大掲示板を翻訳したスレ見たけど、
但し書きがないと2chと錯覚するくらい似たようなgdgdしてたなw
どこの国でも似たようなサイトはあるもんなんだな。

321 :本当にあった怖い名無し:2008/05/22(木) 09:38:41 ID:u106ds9x0
日本人の粘着は他国に迷惑かけてねーもん。
他所の国のガス田勝手に採掘して、本来の持ち主が近づいたら威嚇射撃したりしねーもん。
国内の少数民族を弾圧して同化させようなんてしねーもん。
友好の証と言って動物1匹押し付けて1億円搾取しようなんてしねーもん。
地震が起こって何万人も死に、何十万人も苦しんでるのにスポーツ大会に必死だったりしねーもん。
餃子に毒入れたりしねーもん。

322 :本当にあった怖い名無し:2008/05/22(木) 09:50:10 ID:21lL0fGs0
いいかげんにしろよ

323 :本当にあった怖い名無し:2008/05/22(木) 10:07:34 ID:V3lepdqPO
ガキのすくつ(笑)

324 :本当にあった怖い名無し:2008/05/22(木) 10:17:40 ID:966XKDRJ0
何か笑えるスレになってきたから
次行こう次

325 :本当にあった怖い名無し:2008/05/22(木) 10:29:27 ID:brK35PEu0
じゃあ、エロアニメの話だけど。

病弱で身よりもいない友人(♂)の学費を免除してもらうため、通っている
高校の学長のDQN息子に慰み者にされる毎日を送っている女子高生。
DQN息子のいたぶりはだんだんエスカレートし、逆らえない女子高生の心は
だんだん壊れていく。
ある日、DQN息子は女子高生が思いを寄せているその病弱な友人を、いつもの
逢い引き場所に呼び出して(女子高生には内緒)二人の行為を見せつけてやろうと
画策する。
その同じ日、これまでの仕打ちに耐えかねた女子高生は、いつもの場所にDQN息子が
入っていくのを見届けると、外から扉に鍵を掛け、ガソリンを撒いて火をつける。


でも彼女は知らなかった、そこにはDQN息子だけでなく、彼に呼び出されていた
友人もいたことを。
いつもの待ち合わせ場所で一人、彼女は待ち続ける。「これからはずっと一緒に
いられるよ、(友人)君・・・・」


・・・・・書いてみたらたいしたことねぇなw

326 :本当にあった怖い名無し:2008/05/22(木) 10:35:22 ID:U2sjI6zs0
>>325
ほぼ同じ話のマンガをみたことがあるけども、その話では最後に好きな人も中にいることを女が
知って愕然としてたな。

327 :本当にあった怖い名無し:2008/05/22(木) 10:51:34 ID:brK35PEu0
>326
あ、じゃあそれ原作のマンガかもね
アンチェレラントって題名なんだけど
↑よいこの未成年はググっちゃダメだお

328 :本当にあった怖い名無し:2008/05/22(木) 11:19:04 ID:XXE2N4vI0
アッチェレランドだ。
原作の方だと、建物に火をつけて復讐が出来たと思っていたら、
燃えさかる建物の中から「○○、助けてくれーっ!」って女の子の名前を
呼ぶ男の子の叫び声が聞こえてくるんだよな。
その後何か続きがあるんじゃなくて、絶望的な女の子の顔で終わりだったような。


329 :本当にあった怖い名無し:2008/05/22(木) 11:39:00 ID:brK35PEu0
>328
補完thx。タイトル間違ってらorz
アニメだと、待ち合わせ場所で笑顔で佇む女子高生、その背後に立ち上る黒煙・・・で
完、だったな。
ありがちなエロアニメと思ってただけに、ちょいショックな結末だったよw


330 :本当にあった怖い名無し:2008/05/22(木) 11:56:17 ID:xow6m0XR0
>「○○、助けてくれーっ!」
友人って男かよ。そこまで影で世話になっといて、最後の言葉もそれか糞が。どこまで情けねえんだ。
死んでよかったわー

331 :本当にあった怖い名無し:2008/05/22(木) 12:32:51 ID:Wn+1pObr0
>330
>325で友人が男であることは明記されている

332 :本当にあった怖い名無し:2008/05/22(木) 13:01:25 ID:aEIHRRsO0
>>330
友人(♂)

333 :本当にあった怖い名無し:2008/05/22(木) 13:45:41 ID:YCDcAsvUO
>>330

334 :本当にあった怖い名無し:2008/05/22(木) 14:10:51 ID:XXE2N4vI0
女の子に助けを求めたんじゃなかったかな。名前は呼んでた気がするけど。
誰も書かなかったら、調べて夜以降に投下する。

335 :本当にあった怖い名無し:2008/05/22(木) 15:23:07 ID:unUwRSVT0
(多分)星新一の短編から

海上で小さなボートの上から釣りをしている男が、古い壷を釣り上げる。
中を覗き込んでみると悪魔が出てきた。

「久しぶりに出てこられた。ありがとうございます。お礼にタダで願いを一つ叶えましょう」

何か言おうとする男を悪魔は制し、

「いやいや、長年の経験から人間の望むものは分かっていますよ。これでしょう?」

そう言って腕を振ると船の上に金塊がギッシリと詰まった重い木箱が現れる。

「では、願いは叶えました。ごきげんよう」

悪魔はそういうなり、煙のように消えてしまった。
もう振っても叩いても壷からは何も出てこない。
男は舌打ちをしながら壷を海に放り込むと、重い木箱も一緒に捨ててしまった。

ボートが流され遭難してから5日目、食料も水も底を尽き、一刻も早く発見されなければ
命にかかわる・・・

336 :本当にあった怖い名無し:2008/05/22(木) 15:58:06 ID:yg43AazyO
>>330
わかる。男子としてはゴミ以下だな。

337 :本当にあった怖い名無し:2008/05/22(木) 16:04:56 ID:6t8W/5DO0
>>330 >>336
じゃあなんだ、「我が人生に一片の悔いなし!」とでも叫べばよかったのか?

338 :本当にあった怖い名無し:2008/05/22(木) 16:34:50 ID:aEIHRRsO0
燃え盛る教室の中でDQNとワイヤーアクション張りの戦闘を展開。
それに勝利した後、窓ガラスを突き破って飛び降りてくる。

……まあ、普通に考えりゃ「助けてくれ」以外に何言えって話だよな

339 :本当にあった怖い名無し:2008/05/22(木) 16:36:13 ID:Wn+1pObr0
何だろうな…
僕はもう死ぬけどユミちゃんいままでありがとう! 
みたいな?

340 :本当にあった怖い名無し:2008/05/22(木) 16:46:17 ID:GPJhsIck0
もう助からないと分かった時点で、主人公への愛とか励ましを遺せば
後味の悪さは一層増して良かったと思う。
「○○今までごめんな、幸せになってくれ。さよなら」とか
「○○大好きだったよ、ありがとう!」とか

341 :本当にあった怖い名無し:2008/05/22(木) 17:10:02 ID:966XKDRJ0
>>338
しむらー 病弱! 病弱!

342 :本当にあった怖い名無し:2008/05/22(木) 17:13:20 ID:KRYVP1xe0
…てか、何で病気の友人(男)が主人公を働かせて貢がせていたのか判らない。

343 :本当にあった怖い名無し:2008/05/22(木) 17:18:53 ID:YCDcAsvUO
そこらへんも>>334がまとめてくれるはず。

344 :本当にあった怖い名無し:2008/05/22(木) 17:22:35 ID:U2sjI6zs0
根本的なところ誤解してるやつがいるけど、女の子が体を差し出してるのは、彼の奨学金を
なくすぞ、と学長の息子が脅してるから。
もちろん、病弱な男はそんなことは一切知らない。

そんなもんわかってて抱かせてたら鬼畜だろw 全然後味悪くならねえよw

345 :本当にあった怖い名無し:2008/05/22(木) 17:25:03 ID:U2sjI6zs0
ちなみに最後は「あついよぉ、XX」って声が中から聞こえてくるんだな。

346 :本当にあった怖い名無し:2008/05/22(木) 17:31:34 ID:qlWHt0wo0
そして、その熱さが
彼の病気を治すんだな。

健康になって死亡。

347 :本当にあった怖い名無し:2008/05/22(木) 17:37:12 ID:yPsy37zq0
のちのスポーンである

348 :本当にあった怖い名無し:2008/05/22(木) 17:45:14 ID:KRYVP1xe0
主人公は学長息子交際や殺害に走らずに相談所を探すなり民事事件にするなりすりゃよかったのに
二人殺したから殺人罪で死刑だ。主人公は人を殺そうとした報いを受けたんだな。

349 :本当にあった怖い名無し:2008/05/22(木) 17:53:24 ID:kASKywO10
>>348
エロアニメですから…
法廷で弁護士、裁判官相手に陵辱プレイするわけにはいかんでしょ。

350 :本当にあった怖い名無し:2008/05/22(木) 18:02:39 ID:elwJl1rb0
>>348
現実的な対応したら話が成立しない。

351 :本当にあった怖い名無し:2008/05/22(木) 18:09:50 ID:RPqQftOq0
アニメはしらんがエロ漫画はどうと言うことはない展開だぞ
タイトルは少年グリエ

352 :本当にあった怖い名無し:2008/05/22(木) 18:53:31 ID:gN5lWdew0
5年ほど前に読んだなかのゆみの漫画
主人公の少女が中学生の時に母親が再婚する。義父は中学の教師で先妻との間に娘が一人居た。母は横暴な性格の義父が好きではなかったが生活の為に再婚した。
義父と連れ子は母の真意を見抜いており、母子は無給の使用人としてこき使われた。義父の連れ子は私立高校に、少女は公立女子高校に進学する。
進学した高校の同級生には、義父の元教え子であった遊び人グループが含まれていた。義父は教えべたの上に、優等生は贔屓しそれ以外は屑扱いという駄目教師であった。
当然成績も素行も良くない遊び人グループは義父に虐められていた。
因にこのグループかなりの悪で彼氏は暴走族、痴漢の示談金詐欺を行っていた。
「あいつの娘で小遣い稼ぎしてやろうよ」「良いね、私の彼氏の暴走族仲間の売ろうよ。処女っぽいし10万くらいで売れるんじゃない?』
少女は騙されて呼び出されたところを、3人の暴走族に強姦されてしまう。
後に彼女達の犯行だとわかるが遊び人グループは平気な顔をしており、家でも義姉と義父からのメイド扱いは続く。
やけになった少女は大学進学後、男遊びを始める。2年目の冬に乱れた性生活がたたって子宮がんを煩ってしまう。
実家に帰り自分の病気、そして自分が義父のせいでレイプされたことを告白し、家を出て行く主人公。
真実を知った母は離婚届を出して娘の後を追う。自分が娘の人生を狂わせたことを知った義父も心を入れ替え
これからは親子を支えると約束する。
いや、badendでは無いけどさ・・・遊び人グループ咎めなしかい?



353 :本当にあった怖い名無し:2008/05/22(木) 19:16:53 ID:hVl0EZRL0
>真実を知った母は離婚届を出して娘の後を追う。自分が娘の人生を狂わせたことを知った義父も心を入れ替え
>これからは親子を支えると約束する。
ありえねー。
現実には絶対ありえん展開だな。

354 :本当にあった怖い名無し:2008/05/22(木) 21:19:17 ID:tEgHZpEg0
ていうか、さっさと警察行けば。
と思ってしまった。
レイプされたことに、全然きづかない母親にも、後味わりー。

355 :本当にあった怖い名無し:2008/05/22(木) 21:25:35 ID:Wn+1pObr0
レイプなんぞ、服ボロボロで山中に放り出されたとか大金請求されて親の金盗んだとかでなければ
本人が隠そうと思えばいくらでも隠せる。いじめと同じ。

356 :本当にあった怖い名無し:2008/05/22(木) 21:30:43 ID:R7InsAgT0
>娘の人生を狂わせたことを知った義父も心を入れ替え

不謹慎でスマンがここで爆笑してしまったわw
このころに義父は人格改造セミナーか新興宗教にでも行っていたのかね?

357 :本当にあった怖い名無し:2008/05/22(木) 21:45:03 ID:6t8W/5DO0
>>354
レイプされて警察行っても時間が巻き戻るわけじゃないしナー。
なんか解決すんの?

358 :本当にあった怖い名無し:2008/05/22(木) 21:53:46 ID:ba4wrp3y0
何もしないよりは溜飲下がるんじゃね?

359 :本当にあった怖い名無し:2008/05/22(木) 22:02:17 ID:Wn+1pObr0
ねらーの警官にさんざ冤罪だー嘘付いてるんだろーだの責められて余計滅入るな

360 :本当にあった怖い名無し:2008/05/22(木) 22:25:31 ID:6WP3gbaf0
>>358
溜飲が下がるどころか、セカンドレイプに遭うのがオチだと思う

361 :334:2008/05/22(木) 22:32:02 ID:5AcaFB9R0
まだ需要があるのかな?

同じ話なんで>>325が書いてくれたのとほとんど同じなんだけど、
いちおう、原作版ということで投下します。

少年グリエ(世徒ゆうき・アッチェレランド収録)

主人公の少女巴(ともえ)は、恋人の徹(とおる)が奨学生になることと
引き替えに、学長の息子に身体を売り、構内の倉庫で陵辱される日々を送っている。

徹は手術を要する重い心臓病を患っており、巴のおかげだと露ほども知らずに
奨学生として学校に通いながら手術費用を貯めている。巴は病弱な徹がいつの日か
元気になることを望み、彼を励まし応援しながらも、学長の息子に身体を捧げていた。

学長の息子は、そんな巴と徹の仲を妬んでいるのか、徹の奨学生資格を盾に
さらに巴を弄び、彼女の心と身体を蝕んでいく。

彼は、巴をどれだけいたぶっても飽きたらないのか、徹の目の前で巴を犯すことを
画策し、彼を例の倉庫に招き入れる。

一方、巴はついに限界に達したのか、学長の息子への復讐を考え、倉庫に灯油を
撒き、彼が倉庫へ入ったことを確認した後、鍵をかけ火を放った。
学長の息子の悲鳴を背に、校舎へと立ち去る巴だったが野次馬達の『倉庫の中に
何人かいるらしい』という言葉に、背筋を凍らせる。

おもむろに窓を開け、燃えさかる倉庫を見下ろすと立ち上る黒煙と熱気の中から
学長の息子の声だけでなく『ぎゃああ、あついよぉ』『たすけて、ともえぇ』と
聞き覚えのある叫び声が聞こえてきたのだった。 -END-

性描写がメインの作品なんで設定は結構いい加減。また、巴(らしき女性)は作者の
他の作品にも度々登場しており、本作はその女性の過去編の様な位置づけで書かれた
物と思われる。

362 :本当にあった怖い名無し:2008/05/22(木) 23:38:03 ID:6t8W/5DO0
>>361
改めて見ると「助けて巴」ってセリフはやっぱなんかおかしいなw
犯人知ってたんか?

363 :本当にあった怖い名無し:2008/05/22(木) 23:58:07 ID:+BgjJwsj0
セカンドレイプだろうがなんだろぷが、警察に言うのと言わないのじゃ
えらい違い


364 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 00:02:36 ID:wXK0dtgS0
>>362
きっと
「助けてくれたまえ」と言ったのを
聞き間違えたんじゃないのかな。

365 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 00:04:14 ID:P7NRy5130
>>363
ずいぶん警察信用してんだな

366 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 00:14:59 ID:Q7ULBAj70
とりあえず警察がいくら糞でも事件として扱ってもらわなきゃ始まらないじゃん。
個人では犯人裁く事なんてできないんだし。
なにか他に方法あるの?>365
煽りじゃなく教えて欲しい。
レイプ被害にあった時、犯人裁いてほしいと思ったら警察以外に他に手があるか?

367 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 00:16:22 ID:x4OEVZhXO
ムキになって警察へ通報させまいとしてる人はなんなの

368 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 00:19:17 ID:BlRXWB5b0
パソコンと携帯から自演っすか

369 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 00:30:15 ID:YXZ2x544O
>>364
どこの公家だよww

あとレイプ通報問題に関してだが
とりあえず警察に行くのは大切なことだ
過程でセカンドレイプと感じることがあれば、その対象も後に告訴できる
警察を信じるのではなく、自分が雇った弁護士を信じて欲しい
法曹界には(人間的には)カスも一杯いるが、少なくとも
料金分はきっちり全力を尽くす

370 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 00:36:32 ID:XIPOQYjD0
35 :マジレスさん:2008/04/09(水) 14:35:04 ID:kqk5bfT3
父のドメスティックバイオレンスがひどく、
四歳の頃母が家を出て行き、母の代わりに私が父から散々暴力を受ける。
前歯が欠けたこともあった。ご飯が食べれずにスーパーでお菓子を万引きしていたら
私服警備のおばさんに捕まってしまい、そこから親の暴力が発覚して孤児院に
保護された。それまで私はお風呂に入れなかったものだから保育園の子たちから、
くさいくさい、ばい菌女と罵られていたけれどようやくその苦痛から開放された。
8歳の時、私を養子にしてくれるという人が現れた。若い弁護士の人だった。
私は父の戸籍からはずれてその人の養子になった。でもその人は一緒に暮らしはじめて
しばらくすると私を犯すようになった。精液もいやという程飲まされた。
しばらくしてその人のしていたことが発覚して私は孤児院に逆戻りになった。
その事はニュースや新聞にも載っていたらしく。テレビをみる事が禁止されてディズニーの
白雪姫をビデオでずっとみていた。私はそれからかディズニーのお姫様キャラクターに憧れ
一人ぼっちでよくお姫様ごっこをしていた。中学校に入学した直後父がコンビニ強盗をして捕まり
なぜかクラスの人たちにばれてそこでも孤独だった。本格的に私の頭がおかしくなり始め。夜眠れなくなり
精神科でパキシル錠を処方してもらうようになった。パキシル錠を飲むとすごく眠たくて学校にまともに行け
なくなり、そこから不登校児になった。全く友達が出来ずに15歳になり、北海道の通信制の高校を受ける。
私の腰には父から受けた古傷が残っていて、年頃の私はどうしても治したくて健康雑誌などを読みふけっていた
その雑誌は新興宗教が発行していた雑誌でそこから宗教にのめり込むようになってしまった。
三年後くらいにようやく目が覚める。目が覚めたけど私にはもう心のよりどころがどこにもない。
今から死のうと思う。ここにいる皆さんが幸せになりますように。次生まれ変わるときは
子供を大事にするっていうオランダに生まれたいなぁ・・・。

371 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 00:47:40 ID:RExYYNso0
>>370
これ読んで抜けた俺が死ねばいいと思う

372 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 00:50:38 ID:CWg+4G5KO
>>370その若い弁護士って独身だったのかな。
養子縁組って、単身者はほぼ認められないんじゃなかったっけ?特に男性は。

373 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 00:58:04 ID:XIPOQYjD0
財力が決め手になったんじゃないかな

374 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 01:17:51 ID:OLnJPeDI0
独身男性の孤児引取りなど、無いと思いたい。

昔読んだ漫画。
三原順かも?かなりうろおぼえ。
白人の国(国名不明)にいる、幼い兄妹(←脇役)
いつもぬいぐるみを抱える妹が、ある日キレイなかけらを拾う。
兄は妹のヌイグルミの首のリボンかどこかに、かけらを付けてあげる。
しばらく後、妹は体を壊し寝たきりに。
そのかけらは放射能タップリの、人工衛星の破片だったらしい?
一家全滅に近いことになっていたような。
ストーリーの中の一エピソードで、もしかしてコミックスだと削られたかも。
探しても見つからない。

375 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 01:31:25 ID:PtTV3a+80
青く輝くチャレンコフ光がキレイだからと、石を持って帰った子供がry

376 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 01:33:58 ID:OLnJPeDI0
>375 あ!それかも!?コミックス化してますか?

377 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 02:52:57 ID:9unF25hJO
実話で南米の国であったよね
廃工場から綺麗な砂を持ち帰ったら放射性物質で村全滅

378 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 03:29:59 ID:xOJRWXhj0
>>372-373
お金があっても、独身者が施設から養子を貰うのは無理。
夫婦でも若いと無理。若いと自分の子供ができる可能性があるから。
日本では子持ち夫婦は駄目だからね。

379 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 03:38:40 ID:BiF8isbH0
形の上だけ若い弁護士の父親を養父するというのは可能なのかね。
戸籍上若い弁護士と兄弟になるって感じで。

380 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 03:41:06 ID:tI2MN0Ez0
平山夢明の「東京伝説」でも似たのがあったね

語り手の友人Aの、大学時代の友人(♀)の話。
異性の前では媚を売るので男に不自由せず、財布や足代わりに巧く使い分けているが
同性からは嫌われている友人。彼女がある日からぱったり講義に出てこなくなった。
Aが心配してアパートを訪ねると具合が悪いという。胸元には爛れたような小さな傷があった。
「金属アレルギーになったみたい」
彼女がずっとつけていたのは、緑色の美しい光を放つ小さな石のついたネックレス。
半年ほど前に外人がやっていた原宿の屋台で見つけ、財布代わりの男に買わせたものだという。

1ヵ月後、Aにその友人からしわがれた声で電話があった。大学を辞めて帰郷するという。
翌朝には親が迎えに来るので最後に会いたいという。
変わり果てた友人の姿を見たAは驚いた。やせ細った身体は包帯だらけで
その間から覗く皮膚はドス黒く変色し、自慢だった髪は抜け落ちていた。
友人は最後にあのペンダントを「自分の気持ちだから」とAに譲り、故郷へ帰っていった。

Aは友人の病気がうつるかも知れないと思いペンダントを身にはつけなかったが
なぜか捨ててしまうには惜しいように思え、兄の知人の宝石商に何の石か調べて欲しい、と実家へ送った。

後日、父親が「あんなものをどこで手に入れた!?」と凄まじい剣幕でAに電話をかけてきた。
「あれはウランの結晶だ。あんなものを首からぶら下げていたら放射能で死ぬぞ!」

翌日Aは原宿の屋台を回って同じようなものを探したが、そんなものはどこにも見つからなかった。


381 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 04:19:25 ID:KabTEvTO0
>>367
そりゃもちろんレイプ犯だろうよ

警察に通報したら・・・
この話の唯一の後味の悪さが消滅するなw

382 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 04:56:33 ID:fZ7m0HPQ0
庭りかの漫画『銭鬼』


善子はブスでデブで愛想も愛嬌もない女。
両親が高校時代に亡くなり高校を中退してから
安い賃金のパートやアルバイトを重ね金を貯めた。

そして清掃婦として勤めている会社の上司やOLたちに金を貸し金利で儲けていた。
だが返済が遅れると、貸した相手が一番借金をしている事を知られたくない相手に取り立てに行く為、
善子に家庭や縁談を壊され恨んでいる者もいた。

ある日、上司として配属された美代子。
美代子は何かと善子を気遣い、なんとか皆と馴染ませようと努力をしたり
金貸しなんかしていると危険な目に合う心配もある、
お金よりも大切な物がアナタにもきっとある、と善子を説得する。


383 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 05:03:45 ID:fZ7m0HPQ0
心を開かず『私は銭鬼よ!世の中銭よ!』と
善子は美代子に暴言を吐くがそれでも美代子は善子を何かと気に掛ける。

ある日善子は風邪をひいて寝込んでしまう。
そこへ見舞いにくる美代子。
高熱の善子を見て慌てて息子の武を呼び
彼女を病院に連れて行く手配をする。

次の日、武は自分の勤めるパン工場のパンを差し入れに持ち
善子を見舞いに訪ねる。

他人が優しくしてくれる時は必ず下心がある、
自分に寄ってくる人は金目当てでしかない、と云う善子は
武に『パン屋勤めなら失敗したパンをたくさん持ってきてよ。』と冷たく追い返す。

その言葉を間に受け、次の日からせっせと毎日失敗作のパンを運ぶ武。

『タダならコゲたパンでもなんでも貰ってやる。』と言いながら
少しづつ武に心惹かれる善子。


384 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 05:14:41 ID:fZ7m0HPQ0
ある日、武は善子に言った。
『僕の前の彼女は贅沢が好きだった。そんな彼女に疲れて別れたんだ。』
『僕はコゲたパンでも美味しそうに食べる、そんな女の子が好きだよ。』


次の日、会社の階段で美代子が『毎日武がお邪魔してごめんなさい』
と声を掛けてくる。
そこへ一人のOLが善子に縁談を破談にされた事を恨み善子を突き落とすが
美代子が身を呈して善子を庇い身代わりに階段から転がり落ちてしまう。

美代子の元に駆けつける善子。
『主任、大丈夫ですか!?』と慌てる善子の頬を美代子は平手で殴り
『だから言ったじゃないの!人に恨まれるような事はするな!と!』
『金貸しなんてもうやめて…アナタの事が心配なのよ…』と善子を抱きしめて泣いた。

美代子は善子の金貸しを辞めさせるため自ら善子に借金をしてる人間を探し出し
一人残らず善子に返済をさせた。
借金は全て回収され、その事を知る人は誰も善子に二度と借金を申し込まず
善子の金貸しは休業状態になってしまう。


385 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 05:24:10 ID:fZ7m0HPQ0
その後、今だせっせとパンを持ってくる美代子の息子、
武は善子にプロポーズする。
『私と結婚したいなら言わなくちゃいけない事があるんじゃないの?』と問う善子。
『ああ、ごめんよ。愛してるよ…善子ちゃん。』と答える武。

『…主任の狙いはこれだったのね…』
『そうだよ。母さんも僕が善子ちゃんを好きなのを知ってたんだ。』

結婚式はしたくない、という善子の言い分を聞き
善子と武はすぐに籍だけ入れ美代子と武、善子の三人だけで祝いをする事になった。

『雪の日にお祝いをしたいだなんて善子さんはロマンティックねぇ』
三人で鍋を囲みながら微笑む美代子。
酔ったら介抱してあげるから心配しないで、と云う善子の言葉に酒が進み
武は酔いつぶれて寝てしまう。

『武さんは二階に連れていって寝かせます。』そう言って武を善子が連れていったが
戻るのが遅い善子に美代子も声を掛けに二階へ上がる。

そこには裸にした武を雪の降るベランダに放り出し武の体に水を掛けている善子がいた。


386 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 05:34:23 ID:9yhqYFVXO
これで終わり?

387 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 05:35:46 ID:fZ7m0HPQ0
『な!何をしているの!凍死しちゃうわ!』慌てる美代子に
『武さんは酔っ払って裸になってベランダにでちゃったんですよ。』と善子は言う。

『何言ってるの!死んじゃうわ!』と叫ぶ美代子に善子は言った。
『武さんが死んだら武さんの借金は払わなくてよくなりますよ…』

武は前の彼女の浪費癖の為、貢いだ金が多重責務になり
家を売って借金を返済する、と云う美代子と対立していた。
美代子は亡くなった夫が建てた家は形見同然の思いがあり、家を売りたくなかった。
そこで武と善子を結婚させ、善子の金を拝借するつもりでいた。
より多くの金を善子から引っ張る為に
美代子は善子の金を全て回収し金貸しを辞めさせていたのだ、

しかし善子はその事を事前に近所から聞いて知っていた。
『プロポーズされた時、武さんが本当の事を言っててくれたらちゃんとお断りした。』
『だけど金目当ての結婚なら私も金目当てに結婚してもいいかと思って。』

『実は籍を入れた翌日に生命保険に入れたんですよ。』
『それでどうしますか?今すぐ息子さんを布団に入れて温めてやりますか?』
『借金は武さんが死ねば突っぱねる事が出来るし保険金も半分あげますよ。』

388 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 05:41:20 ID:fZ7m0HPQ0
『下へおりてシャンパンを飲みましょう。私達も酔って何も知らなかった事にしましょう。』
そう言って階下へ下りる美代子の背中に

『世の中銭よ!!!!』と言い放つ善子。

美代子の優しさを本物だと一瞬は信じてていた善子。
『…せめて…せめて銭がなきゃ生きていけない…何も信じられるものなどないのだから』
ひとりポツリと呟いた。



文章下手で伝わり辛い上に長文すいませんでした。
美代子の腹黒さ、冷徹さが、最初はよくある金目当てで騙されるブスの話かと
悪いのは息子だと思って読み進めていたぶん、なんかキツかった…

389 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 05:52:33 ID:9yhqYFVXO
割り込んじゃってごめんね(´・ω・`)
美代子いい人だと思ったのに…((((゜д゜;))))

390 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 05:54:37 ID:cJBcmSzjO
少女革命ウテナ33話の後味の悪さはかなり私の中でトラウマ

391 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 07:36:25 ID:2mS7nAPe0
>>388

しかし美代子は自分の息子を見殺しにしたんだよなぁ

392 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 07:47:02 ID:2mS7nAPe0
ある結婚詐欺師の男がいた。

若くてハンサムで口も上手く、気品もあるので、多くの女性を騙して一財産築くことができた。
今度のターゲットA子は、不細工だが相当な資産を持っており、この女から巻き上げたら
しばらく遊んで暮らそうと思っていたが、ガードが固くてなかなか思うようにいかない。

しびれを切らした詐欺師はA子のマンションを訪れ、プロポーズをして激しく口説いた。
何時間も熱心にかき口説き、A子の態度が軟化しかけた時に、部屋に警察が踏み込んでくる。
「ああ、とうとう警察が俺の事を嗅ぎつけたんだな・・・それともA子は俺が詐欺師だと気づいてたのか?」
観念した男だったが、警察はA子を逮捕した。

分けが分からず混乱している男に刑事がこう言った。

「危ないところでしたね。あの女は財産目当てに言い寄る男と結婚し、保険金をかけて殺すのです。
あなたももう少しで犠牲になるところだったんですよ。」

393 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 08:13:34 ID:4Iaml4i2O
>>388
庭りかって小さい子が虐待されてもいじらしい性格で見るほうをホロリとさせたり
不幸や苦労があっても最後には報われたり救われたりする話が多いのに
確かに銭鬼はなんかモニョるよねえ
美代子はたった500万で息子を見捨てるし
息子死去後すぐ退職再婚
まわりには堂々と今まで息子のせいで再婚出来ずにいたけど今は凄く幸せとか言うし。

394 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 08:46:03 ID:s35c7A7B0
>>392
星新一か?

395 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 09:00:42 ID:71fqmKky0
>>368
自分がID変えとかやましいことしてると他の人もやってると思っちゃうって奴か

396 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 09:03:25 ID:sRDTjrcz0
>>392
似たような話がハッピーピープルにあったな。
結婚相手にトリカブトを盛って遺産を取りまくる男。
んで金持ちのブサを殺ろうと買ってきたケーキにトリカブトを盛る。
しかし実はブサ女も同じ手口で金持ちになったのであって
ケーキを食べるときに出した紅茶にトリカブトを盛っていた。

最後は二人とも毒飲んで死亡。あれ?全然後味悪くないや。

397 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 09:47:35 ID:bpAB4M4y0
>>374
たぶん三原順「X Day」の中の1エピソード
最後に少年は死ぬ

398 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 10:30:02 ID:Pjirck3A0
>>396 辻占売師でもあったな
配偶者を事故で亡くしたA子が同じく配偶者を亡くしたB夫と再婚するか悩んでいた
そこで辻占いに相性をみてもらう
「相性は大変によいかと思います・・・・・」
その言葉で再婚にふみきる

1年後 再婚相手のB夫は同僚に妻がノイローゼ気味だと相談していたが
実は真っ赤な嘘 B夫の前の妻は保険金目当B夫てに殺されいた
今度はA子を自殺に見せかけ殺そうと 睡眠薬 ロープ を購入
それを隠そうと家の中をあさっていると
自分が購入した物と同じ 睡眠薬 ロープ を発見する
さらにB夫の生命保険の書類が・・・・・・
B夫がA子に掛けた生命保険と同額のものだった

一方A子は友達にB夫がノイローゼ気味だと相談していた

「相性がよいからと言って うまくいくとはかぎらない・・・・」
辻占いの言葉で終わり

399 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 10:33:57 ID:E6or9mw30
>>374
三原順の「X-Day」
ダドリーとルドルフが出てくる奴。

三原順の後味悪いでは「Self Murder Series」がけっこう来る。

離婚した中年男性。会社での立場は微妙。
最近企画が当たったおかげで今のところは順調だが、
これが長続きしないことは自覚している。
一人息子が夏休みに帰っきており、
一緒に釣りに行こうなどと計画していたが、
今まで何度も仕事の都合で家族行事を潰してきたので、
息子の方は友達と過ごす予定だとはなから相手にしない。
友達とキャンプに行く準備をする息子に
「なあ、もし私がお前と……愛することの素晴らしさや……
信頼することの尊さ……誠実であるべき道義上の問題……
そういうことをお前と話したいと言ったら……」
と語りかけ、そこで言葉に詰まった男に息子は
「気でも狂れたの?」

主人公は医者から癌の宣告をされ、
自分の寿命が長くないことを知っており、
せめて今まで貯めたお金を使い果たす前に息子に残してやろうと、
自殺の計画を立てていた。
かつて野心家でいつかこの会社のトップに上り詰めるつもりで居た
当時の自分へのオマージュとして、
重役達のオフィスが在る23階から飛び降りようと、
非常階段を上っていた。やっと21階だ。後2階昇ったらと言うところで、
胸の痛みでうずくまる。
「藪医者め、心臓が悪いなんて一言もいってなかったじゃないか
待ってくれ、まだ今は21階の……」
中途半端は場所で主人公は息を引き取った。

400 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 11:13:53 ID:wXK0dtgS0
健康って大事ですね。

401 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 11:24:28 ID:DFAYlINj0
後半の主人公の行動がgdgd過ぎて泣けてくるな・・・

>せめて今まで貯めたお金を使い果たす前に・・・自殺の計画を立てていた。

使い果たしたり、逆に生命保険をかけて家族のためにお金を残したい、とかだったら
筋が通っている気もするが、何という中途半端・・・

402 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 11:37:44 ID:E6or9mw30
>>401
アメリカじゃ自殺で保険金下りない。
延命のために遺産を使い切る前に……って話。

「もし私の病気が会社に知れたなら
昇進はおろか現状の維持さえ難しくなる
優遇してくれる転職先も無いだろう
体調を伺い……合間にしか仕事が出来ない人間には
誰も期待しないものだ

だからお前が社会に出る前のために
有力なコネを用意しておいてやる事もできないし
もし残せるとすればたった一つ……
金しかない

だったらそれまでも
ただ死を遠ざけるためにだけ
行き続けるためになど
使い切ってしまう事はない」

403 :402:2008/05/23(金) 11:42:24 ID:E6or9mw30
行き続けるためになど ×

生き続けるためになど ○

間違えた。欝だ。死のう。

>>401そのgdgd感が等身大というか
身に抓まされるgdgdというか。



404 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 12:15:15 ID:pTYAdgwh0
>>391
借金は人を変えるよ。特に身内のを背負うと尚更。

405 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 13:10:32 ID:1Ro4zVa60
まあでも生命保険くらい
まっとうな社会人なら入ってるだろうし
結果としては
その中途半端な場所でぽっくり死んだことで
貯金を使い果たしもしないし
生命保険も残せる
って言うある意味最高の死に方になったんじゃないか?

あれ?後味が・・・

406 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 14:44:20 ID:KM/LT9Qm0
>>405
大丈夫 そのあと国民の金を使い込んでる国が
この先の保証もせずに分け前よこせとやってくる・・・

407 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 16:05:29 ID:9unF25hJO
和同開チン

408 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 16:27:25 ID:kK9MVlmh0
はなくそをほじっても当時はティッシュを持ち歩いておらず学級机の裏側につけておく癖があった
ある学期末の大掃除に机を裏返して拭くときに、先生が絶叫。
机の裏は茶色くパリパリになったものでいっぱいになっていた。
机はごちゃまぜになっていて誰のものかわからなかった。
当時はなくそを食べる田端さんがいたので、その人が溜め込んで食べていると噂が広がって私は難を逃れた。

409 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 16:31:32 ID:1Ro4zVa60
ひでえwww
「私は難を逃れた」じゃねえだろw

410 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 17:07:29 ID:ozHIGJTR0
後味悪いと思ってねぇだろwww

411 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 17:41:06 ID:YzfClUEq0
パネェwwww

412 :小野拓実「絵に描いたような不幸」:2008/05/23(金) 18:55:35 ID:qrtB2JiX0
双葉はひどいブスでその上デブだった。おまけに性格も暗く愚図である。
美しい母親はそんな娘を酷く嫌い、双葉が小さな時から育児も家事も放棄して遊び歩いていた。
双葉同様不細工な父親は気は優しいものの、小心で頭もまわらず、浪費家の妻と離婚もせず一人で双葉を育てていた。
小学校に上がると双葉は「ブタバ」というあだ名をつけられて虐められるようになる。
双葉が4年生になったある日、母親が失踪する。貯金を全額卸し、夫名義のカードで限度額いっぱいまで借金した上で逃げ出したのだった。
父親は嘆いたが双葉は嬉しかった。元々母親は双葉に親らしいことなどしなかったし、学校も堂々とずる休み出来るようになったからだ。
父親はカードの返済の為に会社が終わった後アルバイトを掛け持ちしていたが無理がたたって過労死してしまう。
頼る者がいなくなった双葉は、父の弟の家に預けられる。叔父も叔母も従妹も双葉を酷く嫌い、ろくに食事も与えられず毎日こき使われる。
才色兼備で人気者の従妹は学校でも双葉を虐めた。
学校を操業した後、双葉は清掃の仕事を掛け持ちで始め、生活を切り詰めながら生計費用を貯めていた。

413 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 19:00:16 ID:HwcaJ8RT0
開き直りブスの大逆襲~巻頭カラー!!余命宣告された腹いせ・自暴自棄の大復讐「絵に描いたような不幸」-小野拓実

414 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 19:10:40 ID:4Jj2M2xX0
>>412
終わり?

415 :小野拓実「絵に描いたような不幸」:2008/05/23(金) 19:11:45 ID:83YLTVvr0
体の調子が悪くなった双葉は病院に行く。その病院では従妹が看護婦として働いていた。
従妹は「やっと顔をみなくなってさっぱりしたのに・・・。それにしても双葉の奴全然変わってない。吐き気がするわ」と嫌な顔をした。
一応診察を受け、アパートに帰ると従妹が訪ねてきた。
「実はあんた、ガンで後半年の命だってさ。良かったね、ブタバ♡これからどんどん痩せれるよ」
かっとなった双葉は従妹を傘でなぐって追い返す。
「どうしよう、ガンなんて・・・せっかく整形の費用がたまったところだったのに」
絶望した双葉に翌日更なる悲劇が待ち受けていた。
母親が双葉のアパートに忍び込み貯金を全額卸した挙句自分のホストクラブのツケに充てていたのだ。
「あ〜、借金返したらなくなっちゃったわねぇ、あんたの貯金。ねぇあんた、ブス専用の売春倶楽部が有るんだけどね、行ってくんない?」
かっとなった双葉は母親を刺殺する。
「どうせ死ぬなら最期に思いっきり好きなことやらないと損だわ」
双葉は叔父の家に放火し、叔父・叔母・従妹を焼き殺した後、高級寿司屋で10万円分無銭飲食を行い、警察に捕まる。
アパートから母の遺体が見つかったことや従妹が傘で殴られた傷の診断書を警察に提出し、双葉を刑事告訴しようとしていたことから
殺人と放火の罪にも問われる。
「それが何か?どうせ後半年で死ぬんだから最期に好きなことやろうとしただけよ」と開き直る双葉。
しかし刑事により衝撃の事実が告げられる。
「ガン?いや、君を診察した医者は単なる胃潰瘍だと言っていたぞ。そりゃ君をいじめていら従妹が嫌がらせについた嘘だろう」

416 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 20:36:56 ID:aTcxcCSU0
ああなんか最近このスレが盛り返してきた気がする。
みんなありがとう。

417 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 20:58:41 ID:sRDTjrcz0
>>415
それ従妹も逮捕されるね。後味スッキリ!

418 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 21:06:27 ID:wdOySNqu0
>417
>双葉は叔父の家に放火し、叔父・叔母・従妹を焼き殺した後、

419 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 21:09:34 ID:mN1/0mQN0
従妹「残像だ」

420 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 21:11:07 ID:X3qm1wt70
弟から借りて一気読みした脳噛ネウロ。
どの謎食いエピソードも人間の負の部分とか過去のトラウマとかが根っこにあって
基本後味悪く出来てるんだけど、樋口の幼少の頃のエピソードがキツかった。


IQが高い天才のハッカー樋口。
生まれた家庭は父親も母親も遺産を食い潰しながら
365日ネットゲームに明け暮れるゲーマー。
樋口はネグレクトされている上に親と一緒にゲームをさせられ
親の指示で強い敵と戦って手に入れるアイテムの収集をやらされていた。
小学校と家との往復、コンビニへの食料買出しとゲームの中だけが樋口の世界。

ある日樋口は授業でのコンピュターの時間にこっそりとウイルスを作り
学校のパソコンから初めてのハッキングを決行する。
ゲームサーバーに潜入して過去10年間のデータを全てデリート。
これでマジックナイトと云う名の父親
ダークプリーストと云う名の母親、モンスターハンターの自分、ではなくなり
成績や天気のや下らない話を普通に出来る普通の家庭になれる!と樋口は意気揚々と下校する。

家に帰りワクワクとドアを開けると両親は二人とも首を吊って死んでいた。
PC画面には二人の遺書が。
『世界が壊れてしまったので死にます。さようなら。』
両親のとっての現実はとうの昔にこっちの現実ではなくゲームの世界だった。


今、育児板から派生してネット実況にまで飛び火してる
ネトゲ狂ネグレクト上司夫婦に家庭を壊された部下妻スレ追ってる最中だったから
余計に後味悪く感じた。


421 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 21:35:19 ID:pUi+UQZW0
すごく前に友だちの家で読んだ少女マンガ。なんか急に思い出したので書いてみる。
といっても、作者もタイトルも覚えてないんだけど…
ふつーに可愛らしい、いかにも少女マンガらしいふわふわした可愛い感じの絵柄だったのに
ラストシーンのシビアさとのギャップが衝撃的だった。

オンディーヌとか、キャンディーヌとか、そんな感じの名前を付けられたメスのチンパンジーの話。
生まれた頃から人間(若いイケメン博士)に育てられたので、自分を人間の少女と思ってる。
実際、マンガの中でもチンパンジーはずっとヒラヒラのドレス来た人間の女の子の姿で描写される。
イケメン博士はオンディーヌ(仮)に手話を教えて、
チンパンジーの人間とのコミュニケーション能力についての研究をしている。
手話をよく理解し、情緒面でも人間の少女となんら劣らぬ能力を見せるオンディーヌ(仮)についての研究発表は
発表された当初は大センセーションとして世間を沸かしたが、
やがてあまりにも人間じみたオンディーヌ(仮)の生態について、博士の捏造ではないかと疑われるようになり、
世間の評価が下がるにつれて研究費も削減され、とうとうイケメン博士はオンディーヌ(仮)の研究を続けられなくなる。
イケメン博士の研究をずっと手伝っていた女博士にオンディーヌ(仮)が怪我をさせてしまった事件をきっかけに
イケメン博士はとうとうオンディーヌ(仮)を薬物の動物実験施設に売却することを決意する。
オンディーヌ(仮)は実験施設に売られた自らの境遇を理解した上で、イケメン博士に向かって
「わたしのささやかな命が、あなたたちの社会に貢献できるこの運命と、
この気持ちを皆さんに伝える手段をわたしに与えてくれたあなたに心から感謝します」
みたいなことを手話で伝える。泣きながら実験施設の人たちにオンディーヌ(仮)の言葉を翻訳して伝えるイケメン博士。
ラストシーンは、血液検査されて腕に包帯を巻かれたオンディーヌ(仮)(相変わらず人間美少女の姿)が
コンクリートの殺風景な檻に「ガッシャーン・・・」と閉じ込められてる姿が、一ページまるごと使って描かれてた。
このラストシーン見た瞬間、マジで鳥肌立ったよ…
オンディーヌ(仮)はいろんな薬物投与されて、近い将来ボロボロになって死んでいくんだろうな・・・

422 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 21:40:09 ID:DFAYlINj0
>>420
なんか鉄道模型を捨てちまった妻の話を思い出しちまった。
この少年の要求は至極当然のものだし、この夫婦に同情の余地は全くないけど
こういう展開になることは読めなかったのかね・・・?って流石に小学生じゃ無理か・・・

この先、少年に幸福があることを願う・・・

423 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 21:56:54 ID:X3qm1wt70
>>422

マンガの中ではその天才ハッカーぶりを買われて
警視庁のサイバーポリスになってたよ。
それなりにホノボノと生活してる天才君、って役どころで登場、
その後、悪意と意志のあるコンピューターHALとの対立時に
HALに洗脳されて過去の話をしたのが上のエピソード。

洗脳された時に悪意のHALの手先になって破壊の限りをしでかしたんだけど
それでも上司は『お前みたいなじゃじゃ馬を乗りこなせるのは俺だけだろ』と
彼を理解してお咎めなし。

最後は救われた気がした。

424 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 22:06:32 ID:AGCZUYIa0
>>423
> それでも上司は『お前みたいなじゃじゃ馬を乗りこなせるのは俺だけだろ』と
> 彼を理解してお咎めなし。

素敵なBLですなふふ

425 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 22:09:13 ID:mkmfLAPv0
>421
清原なつの「銀色のクリメーヌ」

426 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 22:09:16 ID:q2XsIRXO0
>>421
ごめん、オンディーヌの段階でワンナイを思い出して笑ってしまった。

427 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 22:13:17 ID:g22C+ZLx0
何かのスレで、胸ポケットに外側に向けて鏡を入れておくと魔よけになる
的なことで、胸ポケットに鏡を入れていたんだが・・・
トイレに行って屈んだ時、鏡を落としてしまう、とっさに手を突っ込み鏡を救出!
酔っているって凄い!右手が、右手が漂白剤かけたけど・・・。

428 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 22:32:04 ID:W54c0wlC0
なんか、古いアンパンマンのビデオを見てたらあった話。


アンパンマンはジャムおじさんから「ドド」という絶滅しかけている珍しい鳥の話を聞く。
それを聞いたアンパンマンはそのドドに会ってみたいと思うようになった。
ある日、パトロール中にばいきんまんに襲われ、ある島まで吹っ飛ばされてしまう。
その島でアンパンマンは岩に脚が挟まってしまい、動けなくなっていたドドと出会う。
アンパンマンはドドを助け、そのお礼にドドのひみつの場所へと連れて行ってもらう。
そこでお昼寝をしたりと楽しく時を過ごす。
日が暮れ、ドドはアンパンマンを自分の家へと連れて行く。そこにはドドの両親もいた。
すっかり仲良くなったアンパンマンとドド一家だったが、そこに再びばいきんまんが現れる。
ばいきんまんのマシンに捕まってしまうアンパンマン。
ドド一家はアンパンマンを助けるために、空に向かって大声で鳴き始める。
すると島の火山が噴火し、溶岩や岩石が降り注ぎ、島は燃えながら沈んでいく。
驚いたばいきんまんは逃げ出してしまう。
アンパンマンはドド一家を連れて一緒に逃げようとするがどこにも見つからず、島は海の底へと沈んでしまった・・・。

429 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 22:40:49 ID:vrZ2DKHh0
ドドのモデルが、ドードーだというのは
よくわかった。

430 :本当にあった怖い名無し:2008/05/23(金) 22:43:46 ID:CxuPBkl40
ジャムやろうが余計なことを吹き込んだせいですね。

431 :本当にあった怖い名無し:2008/05/24(土) 00:19:57 ID:0EAcRMSC0
アンパンの野郎、いつもバイキンを逃がすんだよな。
きっちり捕まえて、禁固刑にしてしまえば
どれだけの人が救われたか・・・


432 :本当にあった怖い名無し:2008/05/24(土) 00:22:53 ID:U6Pa+pjs0
>>421
かなり前のスレで一回紹介されてたな。
その時もっと後味悪くしようと思ってこの本↓の紹介ページを貼った覚えがあるので今回も貼ってみる。
http://www.all-creatures.org/ha/Shoseki.html

433 :432:2008/05/24(土) 00:24:33 ID:U6Pa+pjs0
あ、注意書き忘れた。
動物もの弱い人は見ないでください。

434 :本当にあった怖い名無し:2008/05/24(土) 00:29:57 ID:s9EHJNRf0
チンパンジーは素で後味悪い。
よくTVなどで見かける芸をするチンパンジーは、子供。
寿命が約60年近くあるチンパンジーの2歳児位を親から引き離して
芸を仕込む。これが使えるのは大体7歳くらいまで。
それ以上成長すると、大きくなりすぎて力も強いので、
調教が不可能になる。
その後保護施設に引き取られるのはましな方で、
動物実験に払い下げられたり、動物園とは名ばかりの、
見世物小屋みたいな所に売り払われる。
USで人気のTVシリーズ、Seinfeld.の1エピソードに出演していた
チンパンジーは、見世物小屋の檻から逃げ出したため、
飼い主に撃ち殺されている。
マイケルジャクソンが飼っていたサルは、保護施設に引き取られている。
施設のオーナーみたいな人が「マイケル・ジャクソンの元にいた頃、
しつけの為に部屋の向こうまですっとぶまで、
放り投げられたって聞いたわ。もちろん、
マイケルがそんなことすると思えないから、
多分猿の調教を任された世話係がやった話だと思うけど」と、言っていた。
(ファンなのかね?それとも寄付金たっぷりもらったとか?)

現地でチンパンジーの子供を捕まえる時、
群れの大人の猿を皆殺しにしてから捕獲するそうだ。
紛争でごたごたしているのも在って、
現地のチンパンジーは銃と人に対する怖さをすりこまされている。
そうした経験を経たチンパンジーを保護している施設が
アフリカにあるのだが、其処から逃げ出したチンパンジーの一群れが、
観光に来ていた白人二人と現地のガイド三人(数うろおぼえ)の乗った
ジープを襲って、うち現地ガイド二人を殺した事件がある。

435 :本当にあった怖い名無し:2008/05/24(土) 01:13:09 ID:pv5vcjrhO
人間を殺したのか
それは他の動物みたいな防御本能じゃなくて憎しみからなんだろうね

436 :本当にあった怖い名無し:2008/05/24(土) 01:23:44 ID:0EAcRMSC0
いよいよ、サルの惑星始まったな

437 :本当にあった怖い名無し:2008/05/24(土) 01:46:48 ID:slky33gj0
バイキンマンで思い出したけど、アンパンマンであったエピソードで
あの村に遊園地が出来て、バイキンマンがそこのジェットコースターか
何かにどうしても乗りたくて、変装して行列に並ぶも他の客にバレて騒がれる。
でも、バイキンマンはただ乗りたかっただけなのでちょっと待ってと話すが
現れたアンパンマンに吹っ飛ばされるって話があって、自業自得とは言っても
何もしてないバイキンマンが可哀想でちょっと泣けた事があった。

ちなみにその後、バイキンマンは復讐しようとしてもう1回吹っ飛ばされてたと思う。


438 :本当にあった怖い名無し:2008/05/24(土) 06:21:22 ID:jm6FQZKcO
日頃の行いが良くないからなぁ

439 :本当にあった怖い名無し:2008/05/24(土) 06:27:35 ID:zlAvM5o0O
某番組で「ミニブタしつけ王選手権」を見てたんだけど、
番組の最後に流れた次回の放送予告は「ハム・ソーセージ王選手権」だった。

440 :本当にあった怖い名無し:2008/05/24(土) 09:47:26 ID:6CPvggM/0
もう10年くらい前だが、テレビで「田村亮子に続け」みたいな感じで天才柔道少女を
決めようというのがあって、10歳未満の小さい子たちの大会を開いていた。

その親どもの中のひとりに「自分の柔道への夢を娘に託した(別に自分は大成してない)」
というのがいたんだが、小さな娘は明らかに嫌々柔道やってた。
で、そういう親父だから試合に負けると「なにやってんだ馬鹿野郎!」とか怒鳴りまくる。

気持ち悪かったのは、馬鹿親なりに力を発揮させようというのか、次の試合の直前になると
ニヤニヤして「さあ、次の試合だ。泣くな。がんばろうな」とかって肩に手を置くの。
いくら子供だからってそんなん騙されるか。切り替えられるか。阿呆かと。
あの娘がいまどうなっているのか気になってしまう。

そういう親(飼い主)だと、負けた豚は次回に回しそうだなあと>>439を見て思ったって話


441 :本当にあった怖い名無し:2008/05/24(土) 10:03:18 ID:qzSABujc0
>>437
悪い事やってる奴は後々まで後ろ指を指されて受け入れてもらえないなんて後味いい話じゃないか

442 :本当にあった怖い名無し:2008/05/24(土) 10:26:37 ID:37xijrIv0
 60歳代男性会社員。近くに30歳代の娘と幼児の孫が住んでいます。

 娘の夫は2年前に家出しました。携帯電話で連絡は付くものの、住所不定、車で寝泊まりしているようです。娘に生活費は送ってきません。借金を重ねており、娘のところに督促状が届いています。

 彼は「もう少ししたらまとまったお金ができる」という話を繰り返していますが、実現しません。我が家が借金の尻ぬぐいをしています。泣いて頼む娘に、老後の蓄えはほとんど持って行かれました。

 娘には離婚するよう迫りましたが、「いつか目が覚める」「子どもがかわいそう」と泣きます。

 離婚はしないけれど、私たち夫婦と同居したいと娘は言います。孫も私たちになついています。娘と孫を呼び寄せても、問題ないでしょうか。どうしたら娘と孫が、彼と縁を切ることができるでしょうか。(大阪・K男)

443 :本当にあった怖い名無し:2008/05/24(土) 10:55:26 ID:SzMG78AB0
これは林先生の出番なのだろうか

444 :本当にあった怖い名無し:2008/05/24(土) 11:00:04 ID:6CPvggM/0
貼っておくか
http://www.so-net.ne.jp/vivre/kokoro/psyqa1087.html

445 :本当にあった怖い名無し:2008/05/24(土) 16:33:46 ID:WDnm5Vw60
高校で登山に行ったときだ。
結構本格的な山に登った。登ってるときはもううきうき。
なかなか危ない崖みたいところもおそるおそる通っていったり、
滑落したら絶対100%死だなとか言い合ったり。

頂上ついて昼を食べてから下山する時に異変が起こった。
腹が痛い。滅茶苦茶痛い。私は口数が少なくなり、冷や汗がしたたりまくる。

山にトイレなんかあるわけない。しかし、降りるのに3時間位かかる。
もう死すら意識したが、必死で仲間の目を避けてなんとか野糞をすることができた。

ところがちょっと離れて後ろから来た一団に野糞が発見され、
「まだ温かい!」「これはどう見ても人間のウンコだ!」などと大騒ぎに。

しかしクラスに以前ウンコを漏らした田端さんがいたので、彼女が野糞をしたんだと噂になり、私は面目を保った。


446 :本当にあった怖い名無し:2008/05/24(土) 17:17:28 ID:Bnzje5wE0
>>437
ちょっと笑ってしまったw
すまんバイキンマンよ

447 :本当にあった怖い名無し:2008/05/24(土) 18:10:48 ID:H3WuHnrD0
バイキンマンは本当はカワイソウな奴なんだ系の創作って一時期流行ったけど
ぶっちゃけ無理矢理お涙頂戴って感じで面白くなかった。

448 :本当にあった怖い名無し:2008/05/24(土) 18:27:28 ID:8JWHLdKR0
ばいきんまんは基本ヌルい悪役なんだけど、たまに見てる方が引く位ヤバイ事もやるからな。
で、たまに良い事もするからバランス取ってるんだろ。

449 :後味の悪い昔話 「馬喰八十八」:2008/05/24(土) 18:39:23 ID:1B9oCZzK0
 昔々、あるところに八十八(やそはち)という名の貧しい馬喰(馬商人)がおりました。
貧乏なので馬商人のくせに、たった一頭のやせ馬しか飼っておりませんでした。
ところが隣に住む長者どんの家には、48匹もの立派な馬が飼われておりました。
八十八は、ぜひとも隣の長者どんのような立派な馬を曳いて道を歩いてみたいものだと思い、
隣の長者どんに頼みました。
「ダンナ様や。明日の馬市に立派な馬を挽いて行きたいすけ、馬ぁ明日一日貸してくれねぇヴえか?」
長者どんは
「お前がこの馬を『隣の長者様の馬だ』と言って町中ふれ回るならば、貸してやっても良いぞ。」

そこで八十八は48匹すべて馬を借り受けて、翌日馬市に行きました。
八十八が体格も毛並みも見事な馬を連ね、最後に自身のやせ馬を繋いで道を歩いていると、知り合いのものが驚いて誉めそやします。
「八十八ぁ、こげな立派な馬どこで買ってきた?」
八十八は口から出任せに
「なぁに。 となりの長者がバカだすけ、みんな俺に売ったのさ。しんがりのやせ馬ばかりが長者の馬だ。」

馬市の様子をこっそり見に行った隣の長者どんは八十八がデマを流したことに怒り、
すぐさま村へ帰えり、やがて馬を連ねて戻ってきた八十八に
「この野郎よくも町でボガ(うそ)流しやがって、俺に恥かかせて。この返報はこうだ!」
と叫ぶが早いか、巨大な斧を振りかざし、八十八のやせ馬をぶった切りにして殺してしまいました。

馬を殺された八十八はひとりきり泣いた後、せめて皮でも剥いで、町に行って売ろうと
皮を剥ぎ取りました。
そして翌日、馬の皮を背負って町へ向かいました。


続く

450 :本当にあった怖い名無し:2008/05/24(土) 18:58:03 ID:0EAcRMSC0
    ∧  ∧
   / ヽ‐‐ ヽ
  彡      ヽ
  彡   ●  ●  馬。
  彡  (      l  最近まで八十八だった。
 彡   ヽ     |   マジでお薦め。
 彡    ヽ    l
 / `     ( o o)\
/ __    /´>  )
(___|_(   /<ヽ/
 |       /  ´
 |  /\ \
 | /    )  )
  ヒl    (  \
       \二)

451 :後味の悪い昔話 「馬喰八十八」:2008/05/24(土) 18:59:42 ID:1B9oCZzK0
ところがその日はひどい雪降りで、馬の皮を背負った八十八は難渋するばかり。
見ると野中に一軒家があります。八十八がその家の縁側にこっそり座って休んでおりますと家の中から睦み声がする。
戸の隙間から中をうかがえば、その家のカカァが間男を引き込んで、酒飲んでイチャイチャしているではありませんか。
これはけしからん、となおも伺っておりますと、表のほうから、カカァ今帰ったぞ、と声がする。

主人が帰ってきたことに驚いたカカァは慌てて酒の膳を奥の座敷に、つまみのタコの足は壁の釘に引っ掛け、
大事な間男は戸棚の葛篭(つづら)の中に隠しました。
そして平然としながらダンナをむかえます。
「ああ寒かった。よくこんなに火を焚いてくれたな。」
「あんたが帰ってくるころだと思って、焚いておいたのさ。」

そこへ八十八がやってきて、
「私は旅の八卦置き(占い師)だが、この屋の旦那様には今日明日中にとんでもない災難に遭う相が出ておりますぞ。」
藪から棒にこう言われただんなはあきれるばかり。
「私は何でもお見通しです。この家の奥の間には膳と椀がありますぞ。台所の壁にはタコの足がかかっております。」

ダンナが見れば確かにその通り。
そして八十八は背中からやせ馬の皮を取り出すと一層もったいぶって
「わしはこの皮を揉んで、臭いを嗅いで物事を知るのです。
今この皮にでておりますことによれば、その戸棚の葛篭の中に、今夜おまえさんの命をとる
化け物が隠れている、と出ておりますぞ!」

452 :本当にあった怖い名無し:2008/05/24(土) 19:44:43 ID:lakyLLNeO
続きwktk

453 :本当にあった怖い名無し:2008/05/24(土) 19:49:01 ID:xZ7/imOdO
ここで終わられたら後味悪い。
てか消化不良

454 :本当にあった怖い名無し:2008/05/24(土) 19:53:44 ID:aEsdxp/q0
wktk

455 :後味の悪い昔話 「馬喰八十八」:2008/05/24(土) 20:16:50 ID:1B9oCZzK0
葛篭の中に命をとる化け物が潜んでいる、と聞いただんなは泣き顔になって
「どうか八卦置き殿!何とかおらの命を救ってケロじゃ!」
八十八は戸棚から葛篭を引きずり出し、
「こら化け物よく聞け!お前は何の恨みがあってこの屋の旦那の命を取ろうとするか!
次第によっては貴様の命をもらうからそう思え!」
葛篭の中の間男は恐ろしさにガタガタブルブル。葛篭が揺れ動くのを見た旦那は殆ど半狂乱で
「八卦置き殿、百両払うから、どうかこの化け物をどこかへ持っていって捨てくれ!」

八十八が答えることには
「これはわしの手に負える代物ではない。とても100両では足らない。」
「それではもう50両出すから!これを退治してクナさい!」
「ならば50両に負けて引き受けよう。」
そういって150両の金を懐に、八十八が葛篭を担いで出て行こうとしますと、

「八卦置き殿、どうかその占いの皮をワシに売ってくれ!50両出すから。」
「とんでもない。これはワシの商売道具である。とても50両では売れぬな。」
「それでは50両足す!どうか売ってくれ!」
というわけで八十八は旦那から化け物退治代150両、馬の皮代100両受け取り、
さらに間男入りの葛篭を担いでその家を出ました。

続く


456 :後味の悪い昔話 「馬喰八十八」:2008/05/24(土) 20:41:55 ID:1B9oCZzK0
間男入りの葛篭を担いだ八十八は村はずれの大川の橋の上まで来ると葛篭を肩から下ろして
「この化け物めが!この八卦置き様が貴様を川の中に放り込んでやっからな!念仏の一くさりでも唱えろ!」

葛篭の中の間男は泣きながら
「八卦置き殿、どうか命だけは助けてくだされ。100両出すから!」
「いいや、100両では足らぬ!」
「それではもう50両出すから助けてクナさい!」

「それならば150両にまけて勘弁してやる!これに懲りて、二度と人のカカァ盗むような真似だけはするなよ。」

こうして八十八は間男を解放しますと、化け物退治代150両、皮代100両、間男から150両。
都合400両受け取って家に帰りました。

そして翌日、隣の長者どんに金をズラリと並べて言うことには

「ダンナ様ぁ。昨日ダンナ様に殺してもらったうちのやせ馬の皮を町に行って売ったら、
これだけで売れあんした。何でも近いうちに戦が始まると言うて、陣太鼓の皮に鎧に、
革が幾らでも入用なんですわ。ダンナ様のところの馬も、殺して皮はいで売ったらどうであんすか?」

続く

457 :本当にあった怖い名無し:2008/05/24(土) 20:51:49 ID:0OA8wgDe0
こういう昔話っていままでアタマ悪いと思われてたうつけものが
急にアタマの回転良くなったりするよな
一瞬だけ回転良くなってメデタシメデタシでもその後どうなるか・・
転落を考えると後味がいいwww

458 :後味の悪い昔話 「馬喰八十八」:2008/05/24(土) 21:15:23 ID:1B9oCZzK0
昨日の間男の一件なぞ知らない長者どんはすっかりだまされて
「幾ら馬ズッパリ(たくさん)飼っていても飼い葉は食うし、手入れもせんらなん。
それじゃぁおらも馬殺して皮にして売るべぇ。八十八、お前も手伝え!」

そうして長者どんは下男や村の衆を集めると、48匹の立派な馬を斧や棒で片っ端から
ブチ殺してしまいました。やっぱり一番殺しが上手いのは八十八でした。
そうしてみんな皮を剥ぐと、「皮一枚のご祝儀」などと言って村の衆を集め、大盤振る舞いをやらかしたのです。

そうして翌日、下男どもに重い馬の皮を担がせ、街の真ん中から外れまで
「馬の皮、300両に負けた!安い安い!」と呼ばわって売り歩かせても
「あれ、バカな者もいるわ。やっぱり気が違ったこったべ」とあきられるばかりでした。

事の次第を聞いて怒り狂った長者どんは、馬を殺すのに使った斧を振りかざして八十八の家へ
暴れこみました。

そのころ八十八は、たった一人の婆様を介護放棄で死なせたばかりでした。
あれどうすべか、葬式出したら銭出さねばらなん、などと考え込んでおりますと、
例の如く長者どんが斧持って暴れこんでまいります。


続く

459 :本当にあった怖い名無し:2008/05/24(土) 21:20:14 ID:Bnzje5wE0
長いな!これでオチが大したことなかったらガッカリだぞw

460 :本当にあった怖い名無し:2008/05/24(土) 21:23:32 ID:6CPvggM/0
ていうか100両で売れる八十八のやせ馬の皮すげえええ

461 :本当にあった怖い名無し:2008/05/24(土) 21:24:17 ID:xLdWseev0
>介護放棄で死なせたばかりでした。
わろた

462 :後味の悪い昔話 「馬喰八十八」:2008/05/24(土) 21:45:07 ID:1B9oCZzK0
斧持って暴れこむ隣の長者どん。
八十八はとっさにバァ様の遺体を投げつけました。怒り狂う長者どんはあたりのものを見境なく斬り付け、
婆様の遺体の腹を斧でザックリ断ち割ってしまいます。ドロリと流れ出す内臓。

八十八はわざとらしく大声を出して
「隣のだんながたった一人のおらのバァ様殺した!」そしてウソ泣きしながら
「明日にはお代官さまに訴えるべぇ!」
その声でやっと長者どんもわれに返り
「八十八悪かった、どうか許してくれ、隣近所のよしみで助けてくれ、お代官様には内密にしてくれ!
100両はらうから!」
「いいや、たった一人のバァ様だ!人の命を100両バッチで買えるかや?」
「ならばもう100両!」
「足りない!」
「ならばまだ100両出す!」

こうして八十八ははじめから死んでいたバア様の遺体をわざと斬らせ、ダンナから300両むしりとったのでした。

それからその金で馬を1頭買い、村の衆が誰も知らないことをいいことに、バア様の遺体の腹を布で縛って
生きているようにして馬に乗せました。
そして「湯治に行く」と言って村を出たのです。

湯治場へ向かう道中。峠の茶屋へついてみますと、中では四、五人のドキュソ遊び人が酒盛りをしておりました。
八十八は上がり込むと、ドキュソが飲んでいた酒を断りもなく飲んでしまったのです。


続く

463 :本当にあった怖い名無し:2008/05/24(土) 21:47:46 ID:z6Ro0+TG0
何これw
これは酷いだろwww

464 :本当にあった怖い名無し:2008/05/24(土) 21:54:20 ID:8bpLjcjB0
せめていくつまであるのかとか・・・な?

465 :本当にあった怖い名無し:2008/05/24(土) 21:59:02 ID:tQPLzha90
次でも終われそうでもあるが、延々と一月続いてもおかしくない
むしろそれでも

466 :後味の悪い昔話 「馬喰八十八」:2008/05/24(土) 22:08:13 ID:1B9oCZzK0
さて、勝手に酒を飲まれた茶屋のドキュソどもは怒り狂い
「どこの馬の骨だ!そんなに酒が欲しけりゃこうしてくれるわ!」と、
炉にかかっていた鉄瓶を八十八めがけて投げつけました。
ところが八十八はヒョイと身をかわしましたので鉄瓶は茶屋の外にまで飛び、
馬の背に乗っていたバァ様の遺体にヒット!
はじめから死んでいるバァ様は馬からバタリと転げ落ちます。

それを見た八十八は
「やぁ、この人でなし、湯治に連れて行く途中のおらのバァ様殺した!」とわめきたて、
結局ドキュソから50両もゆすりとってしまったのです。

もともとはじめから遺体のバァ様ですから湯治までもないと、八十八はバァ様の遺体を家へ持っていって、
庭の柿の木の下に埋めておきました。

そして翌日、隣の長者どんに言うことには
「ダンナ様、昨日ダンナ様に殺されたうちのバァ様を、50両で売ってきた。
何でも人の肝が薬になるというて、人買が峠の茶屋まで来ておった。旦那様どうでがんすか?
お宅のバァ様生かしておいても仕事は出来ない、この時代だからお上から年金も払われない。
無駄飯食って介護にも疲れる年寄りだ。
この際タタッ殺して、売ったほうが得であんす。」


続く


>>464
あと4回くらいです。

467 :本当にあった怖い名無し:2008/05/24(土) 22:11:02 ID:GETpWn2C0
面白いし、せっかく書いて頂いてる所悪いが・・・

>>1
>1回で投稿しきれない長文は、投稿前にメモ帳でぜんぶの文章を書き終えてから、連続投稿してください。

テンプレにもこうあるのでお願いします。

468 :本当にあった怖い名無し:2008/05/24(土) 22:17:03 ID:gUxL4qrWO
八十八がDQNすぎる……

469 :本当にあった怖い名無し:2008/05/24(土) 22:33:28 ID:nFYPmwnB0
このスレに投下するってことは、八十八は…
すんげーイライラする予感w

470 :本当にあった怖い名無し:2008/05/24(土) 22:35:48 ID:zZlUs88d0
そのDQNな八十八が大儲け、
短気で強欲な隣の長者が大損。

小気味良いんだか悪いんだか、微妙なところがポイントかね。

471 :本当にあった怖い名無し:2008/05/24(土) 22:36:05 ID:9f5yy0Ph0
ふつーにババアの死体を散々利用した揚句大金持ちになってめでたしめでたしでしょ

472 :本当にあった怖い名無し:2008/05/24(土) 22:44:22 ID:zZlUs88d0
「目くされ用心、火の用心」のくだりもあったような気がする

473 :後味の悪い昔話 「馬喰八十八」:2008/05/24(土) 22:44:23 ID:1B9oCZzK0
隣の長者どんは八十八に何度も騙されていながらまたすっかりその気になって、
自分のバァ様を斧でブチ殺してしまいました。
そして前に馬を全部殺して、自分の馬も無いものだから八十八に借りた馬にバァ様の遺体を載せ、
峠の茶屋まで行ってもそんなもの買うものがいるはずもない。

八十八の口車で馬を殺し、バァ様まで殺した長者どんは怒り心頭、
このような外道畜生国賊非国民を生かしておいたら、
この先どんな目に遭わされるかわからない、今のうちに始末してしまえ!と
屋敷の下男どもを呼びつけ、
「八十八の畜生を、大川の深みにタタッ込んでしまえ!」と命じました。
馬鹿だんなに仕えていながら忠実な下男どもは夜も明けきらぬうちに寝込みの八十八を襲い、
蒲団ごと縛り上げてグルグルの簀巻きにして、ウンセウンセと引っ張ります。
「お前ら、俺をどうするんだべか?」
「お前のような畜生を生かし置いたら、この村の衆みんなが迷惑するだ!だから旦那の命で、貴様を
大川の淵にタタッ込んで殺すんだ!」
それを聞いた八十八は
「それなら覚悟を決めよう。お前らとは朝晩顔をあわせた仲だ。俺はたんまり溜め込んだ銭金を、庭の
柿の木の下に埋めてある。それをお前らにやろう。」
下男どもは八十八がたっぷり銭を毟り取っていることを知っているものですから、
それっとばかりに八十八を放り出してかけ去ってしまいました。
橋の上に放り出された八十八がほくそ笑んでいますと向こうから牛飼いが、
牛の背中に魚の荷をドッサリ乗せてやって来ます。蒲団巻きから首を出してみてみますと、
その牛飼いはひどい眼病やみで、腐ったような目やにまみれでした。


続く

474 :後味の悪い昔話 「馬喰八十八」:2008/05/24(土) 22:46:28 ID:1B9oCZzK0

やってきた牛飼いは不思議そうに八十八を見て
「おめ、そんな格好でどうしてるだ?」
八十八が言うことには
「おらも昔はひどい目腐れだったが、巫女殿に聞いてみたら
『橋の上で蒲団さくるまって、目クサレ御用心御用心、と唱え続ければ治るべ』という話であんす。
どだ?おめも酷い目クサレだすけ、おらみたいにやったらどうだ?おらはこの通り良くなった。」
と、でまかせ言ってはじめからきれいな自分の眼を見せました。
牛方はすっかりその気になって八十八を蒲団から出し、自分がかわりに蒲団に入って縛ってもらうと、
「おらも唱えてみるすけ、おめはおらのかわりに街さ行って、魚の荷届けてけろじゃ!礼はあとでするすけ。」
八十八はいい気持ちで牛方から魚荷をのせた牛を受け取り、村へと帰りました。

一方、八十八を放り出した旦那の下男どもが八十八の家の柿の木を掘ってみたら、出てきたのはバァ様の腐乱死体。
「やれ、八十八の外道が!旦那にあきたらずおらたちまで騙し腐って!」
怒り心頭で大川の橋の上に行ってみれば、橋の上では蒲団包みが「目クサレ御用心 御用心」としきりに唱えております。
何言ってごまかすか!この畜生!と下男どもは、中身は牛飼いの目腐れとはつゆ知らず、大川の深みにタタッ込んでしまいました。



続く

475 :後味の悪い昔話 「馬喰八十八」:2008/05/24(土) 23:03:07 ID:1B9oCZzK0
下男どもは意気揚々と旦那様のお屋敷へ帰り
「旦那様シ、八十八の野郎を確かに深みにブチこんで参りました。あんな畜生でも往生したべぇ!」
と自慢げに語っているところへ現れたのが八十八。魚荷をどっさり乗せた牛を連れております。

「いや皆さんおありがとうであんす。淵の中には立派な御殿があって、きれいなあねさまがおった。
そいで、よく来てくれたと言っておらに牛だの魚だのくれた。
今夜は泊ってけって言われたども、真っ先に旦那さまに知らすべと思ってこれだけ貰って帰ってきた。
どだ?旦那様。もう一度行ったらもっと貰えっかもしんね。まずはこれはおらからの土産だべ。」
と、牛方の目クサレ爺様からくすねてきた牛と魚を旦那様に渡しました。

それを聞いた長者どんは
「おらも淵の底さ行って、きれいな姉様から宝物もらうべかな。」
「そうするべそうするべ。おらだけでも牛だの魚だのもらえたんだ。
旦那様だったら幾らでも貰えっぺ。」

こうして旦那様はまた八十八の口車に乗せられ、大川の淵に飛び込んで、2度と上がってきませんでした。


続く

476 :本当にあった怖い名無し:2008/05/24(土) 23:07:13 ID:Nixb+hZyO
ですよね ですよね 僕もいましたもん はは でもたしかにありがとうでもないですね おとといもあや吐きました せっかくきのうからなげたのに ひどいですよね? はい よろしくおねがいします

477 :後味の悪い昔話 「馬喰八十八」:2008/05/24(土) 23:08:42 ID:1B9oCZzK0
そうして八十八は長者どんの留守宅に上がりこみ、長者のカカァ様に

「オカカ様、長者どんは竜宮城さ行って二度と帰ってこね。
オカカも屋敷のみんな八十八さくれてやると言ってあんした。

だからおらと夫婦になってござい!」


こうして、八十八は長者どんの後家さんと結婚して、幸せに暮らしましたとさ。

めでたしめでたし。


完!


参考文献『聴耳草子』佐々木喜善 著 昭和39年 筑摩書房発行


478 :本当にあった怖い名無し:2008/05/24(土) 23:22:09 ID:qkFaPzah0
今北
流し読みしたけど、全文丸写しなの?
まとめとかあらすじでよかったんじゃ…

479 :本当にあった怖い名無し:2008/05/24(土) 23:46:40 ID:HpzVSaY7O

後味めっちゃ悪…!
読んですげえムカムカした、でもおもろかったよ

480 :本当にあった怖い名無し:2008/05/24(土) 23:47:02 ID:388/gVTd0
最初の2スレくらいで、丸写し(少なくとも要約の意思ナシ)なのはわかったけど・・・
たしかに、この話はものすごく後味悪いけど・・・
あんたの書き方はいろいろルール違反で反吐が出そうだよ。

481 :本当にあった怖い名無し:2008/05/25(日) 00:24:23 ID:oL40Cvf90
畜産祭りのふれあいコーナーなどで子供たちと楽しく戯れた子豚さんたちは
管畜への感染を防ぐためイベント終了後すぐに処分、遺棄される



482 :本当にあった怖い名無し:2008/05/25(日) 00:30:02 ID:RJOngQWG0
>>481
それは畜産だけだよね?


483 :本当にあった怖い名無し:2008/05/25(日) 00:50:23 ID:oL40Cvf90
動物園のふれあいコーナーで子供たちと楽しく戯れたウサギさん
モルモットさん、ヒヨコさんは猛禽類、霊長類のおかずになる運命


484 :本当にあった怖い名無し:2008/05/25(日) 01:11:04 ID:mLyWk8C50
>>479
面白くねーだろ・・・はっきり言ってやったほうがええよ

485 :本当にあった怖い名無し:2008/05/25(日) 01:50:36 ID:gvYAdAEF0
ハム工場を営んでいる牧場のサイトで、
ハムの作り方とか豚肉の販売とかやりつつも、
かわいらしい子豚の紹介をしてるところがあったな。

486 :何がジェーンに起こったか?1/4:2008/05/25(日) 02:10:32 ID:Q27kMiAJ0
1910年代。ブランチとジェーンの姉妹は芸人の娘で、幼女ながらも舞台に立っていた。
妹のジェーンは可愛らしく、歌も踊りも上手で「天才少女スター」として
あちこちの演芸場で引っぱりだこ。父親はそんなジェーンに好き放題させ、
ジェーンも「家族を養っているのは私」と言ってはばからないわがままで
高慢な性格だった。対照的に、姉のブランチは地味で注目を浴びることもなく、
妹にバカにされ、父親に冷たくあしらわれては涙を流す毎日を送っていた。
母親だけは「いつかおまえも認められる時が来る」と慰めてくれるのだったが、
それもブランチの心を癒すことはなかった。


487 :何がジェーンに起こったか?2/4:2008/05/25(日) 02:11:22 ID:Q27kMiAJ0
20年後。女優として大成功を収めていたのは姉のブランチの方だった。
それに引き替え、ジェーンは少女スター時代の輝きも失せ、
演技もろくにできないくせにプライドだけは高いため、業界の鼻つまみ者になっていた。
ある晩、姉妹の乗った車がパーティーの帰りに事故を起こした。
車が門柱に激突した現場には重傷を負ったブランチが倒れており、
飲酒運転していたと思われるジェーンは姿をくらましていた。
ブランチは下半身不随となって引退を余儀なくされ、人々は陰で
「妹がわざと姉を車で轢いてあんな身体にしたのだ」と囁きあった。


488 :何がジェーンに起こったか?3/4:2008/05/25(日) 02:12:10 ID:Q27kMiAJ0
さらに30年近く経った現代(この映画の作られた60年代)。
老いて過去の栄光もすっかり忘れ去られた姉妹は、街なかの一軒家に二人で暮らしていた。
ブランチは二階の自室より外に出ることができず、通いの家政婦とジェーン以外に
人に会うこともなかった。ジェーンはそんな姉の面倒を見てはいたが、
酒浸りで粗暴な言動を繰り返し、家政婦や近所の人達からも嫌われていた。
ジェーンのアルコール依存は日増しに悪化し、体の自由が利かない
ブランチに罵声を浴びせ、暴力を振るうようになっていった。妹の虐待に耐えかね、
殺される恐怖すら感じるようになったブランチは、なんとか他の人達に知らせようと
手を尽くすが、それらの画策はことごとくジェーンに見破られ、阻止されてしまう。
その度に虐待はエスカレートし、ついにはベッドに縛り付けられ、
口にテープを貼られて助けも呼べない状態になってしまった。
頼みの綱であった家政婦は、ブランチを助けようとしたところをハンマーで殴り殺された。
殺人を犯してしまったという事実におののくジェーンは完全に狂気に陥り、
幼女時代へ退行して子供のように振る舞うのだった。


489 :何がジェーンに起こったか?4/4:2008/05/25(日) 02:12:55 ID:Q27kMiAJ0
いよいよ犯罪が明るみに出そうになったとき、ジェーンは衰弱しきったブランチを連れて
海辺に向かった。海辺ではしゃぐジェーンに、瀕死のブランチは告白する。
「死ぬ前に言っておきたいことがある。あの事故が起こったとき、
運転していたのはあなたでなく私だった。パーティーで酔っぱらったあなたが
私をバカにしたので、怒りのあまりあなたを轢こうとしたけれど、
門柱にぶつかって自分の方が大ケガをしてしまったの。なんとか座席から這い出して、
運転していたのはあなただったように見せかけた。ずっとだましていてごめんなさい」と。
しかしジェーンは理解できない様子で、「アイスクリームを買ってきてあげる!」と
無邪気に言って露店に向かう。露店ではアイスクリームの代金を払わないので騒ぎになり、
他の海水浴客の注目を集めた上に、家政婦殺害の容疑で捜索していた警官にも見つけられた。
ジェーンは大勢の目が自分に向けられているのに気付き、嬉々として、
スターだった頃のように歌い、ダンスを踊ってみせるのだった。


490 :本当にあった怖い名無し:2008/05/25(日) 02:23:18 ID:P/9/fBCQ0
人と人との豊かなコミュニケーションを回復させることを目的に・・・
な学部の先生。
ネラーで、気に食わなければ「シネシネ」攻撃。
被害者に逆切れして、しつこく嫌がらせをする。
自分の金は自分の金、人の金も自分の金がモットー。

491 :本当にあった怖い名無し:2008/05/25(日) 03:50:37 ID:rtGVatmxO
>>489
ラストシーン見てみたい…少女のように踊るのはばあさんか?

492 :本当にあった怖い名無し:2008/05/25(日) 09:02:42 ID:GYU1AkMe0
>>486を読んでなんとなく思い出した今邑彩の短編。

オールドミスの妹とひっそり暮らす往年の人気女優。引退の理由は自らが運転する車で事故を起こし、恋人だった映画監督を死なせてしまったため。
そこへ映画サークルの学生たちが名女優にインタビューと称して訪問、結局泊まっていくことになる。そこで学生間の痴情のもつれから殺人事件が起こったりなんだりするわけだが、その辺は割愛して、ラストシーンの元女優の婆さんの回想が後味悪い。

実は、死んだ監督が想っていたのは女優ではなく妹の方だった。それを知った女優は故意に事故を起こしたのだった。
「人生でただ一人、心から愛してくれた男がいたことさえ知らず、妹は老いてゆく…」

女の妄執・嫉妬ってこえぇ。


493 :本当にあった怖い名無し:2008/05/25(日) 11:49:37 ID:qGOF9wTj0
>>491
ジェーン役ベティ・デイビス、ブランチ役はジョーン・クロフォード。
往年の大スター2人(特にデイビス)の鬼気迫る演技がすごいよ。
一見をおススメします。

494 :本当にあった怖い名無し:2008/05/25(日) 13:42:09 ID:Ysa6EUoG0
そういや主役二人はいがみ合ってて、ビンタシーンで本気で相手を引っ叩き、
その仕返しに引っ叩かれたほうが引きずらるシーンで服の中に重りしこんで
相手に大汗かかせたという逸話が残ってるな。

495 :本当にあった怖い名無し:2008/05/25(日) 14:55:43 ID:Zo88p3Uz0
>>492
>女の妄執・嫉妬ってこえぇ。

実際にあった出来事に対して言うならともかく、作り物に向かって何言ってるんだ。
まあ、ありえそうな事だからそういう話が作れるってのもあるけどな。

496 :本当にあった怖い名無し:2008/05/25(日) 16:09:56 ID:gN9ekXKw0
>>495
想像力の乏しい人だね

497 :本当にあった怖い名無し:2008/05/25(日) 16:50:04 ID:Zo88p3Uz0
その突っ込みずれてね?

498 :本当にあった怖い名無し:2008/05/25(日) 18:02:59 ID:F8AyfLgZ0
女の妄執・嫉妬なんぞ全く怖くない
たまたまここ読んでみただけの人間だが、ここのスレの流れ見てると
ここの住人頭がどうかしてるとしか思えんw
AA板の虐殺スレ並みに気持ち悪くなったわ

499 :本当にあった怖い名無し:2008/05/25(日) 18:52:20 ID:JBke2wqI0
>>498の必死さが正直気持ち悪い

500 :本当にあった怖い名無し:2008/05/25(日) 18:54:45 ID:RhuloU5C0



AA

501 :本当にあった怖い名無し:2008/05/25(日) 19:01:01 ID:CrnNJyX20
>>500

  /⌒ヽ
  ∞  ヽ
  |* ゚  ゚ )ノ 呼んだ?
  ヽ ◎ノ
 ノノノハヽヽ

502 :本当にあった怖い名無し:2008/05/25(日) 19:13:21 ID:3JNNmtY+0
ワロスw

503 :本当にあった怖い名無し:2008/05/25(日) 21:48:37 ID:9qFd9x5CO
これは可愛いw

504 :本当にあった怖い名無し:2008/05/25(日) 22:30:09 ID:LmkmIRox0 ?2BP(211)
クロダコブラザーズのタコミか。

505 :本当にあった怖い名無し:2008/05/25(日) 23:00:35 ID:6r79FibJ0
おおおお、俺だって女なんて怖くないぜええええ
バリケードも作ったし、スタンガンも買ったぜええええ

506 :本当にあった怖い名無し:2008/05/25(日) 23:26:37 ID:RtyOKCJ40
>>505
ばかやろう!
スタンガンを使う程接近を許した時点で負けだろうが!

507 :本当にあった怖い名無し:2008/05/25(日) 23:32:07 ID:pBWpVOKL0
きっとテイザーなんだろ。
命中するかどうかは知らんけどw

508 :本当にあった怖い名無し:2008/05/25(日) 23:48:32 ID:GtnQqQAb0
スタンガンを使う奴はスカタン

509 :本当にあった怖い名無し:2008/05/26(月) 00:09:36 ID:h70619WB0
女の子を脅してレイプするときは、斧で脅せば一番効果があるんだよ。

510 :本当にあった怖い名無し:2008/05/26(月) 00:17:39 ID:WtLPONdy0
>>509
斧って、どんだけ田舎やねん(;´Д`)

511 :本当にあった怖い名無し:2008/05/26(月) 00:20:34 ID:/cCavtaO0
みんないろんな方法で必死に身を守っているんだな

512 :本当にあった怖い名無し:2008/05/26(月) 01:44:06 ID:eKocUWGYO
ホモじゃないが女は嫌いだ

513 :本当にあった怖い名無し:2008/05/26(月) 01:46:42 ID:WqDvPwFT0
>>512
ホモではない
女が嫌い

ということは貴様ゲイだなww

514 :本当にあった怖い名無し:2008/05/26(月) 02:05:32 ID:9VaA2SQ10
>>512
誰も何も聞いて無いのに、何でいきなり語り出してんだお前

515 :本当にあった怖い名無し:2008/05/26(月) 02:07:29 ID:FYeTjX+F0
ワロタw

516 :本当にあった怖い名無し:2008/05/26(月) 06:14:07 ID:s6TSoq4T0
>512は女だろうが

517 :本当にあった怖い名無し:2008/05/26(月) 08:06:19 ID:/cCavtaO0
>>512のHPはもうゼロよ

518 :本当にあった怖い名無し:2008/05/26(月) 11:36:53 ID:L4m5THia0
>>509
レイプ会場にどうやって斧を持ってゆくのかと

519 :本当にあった怖い名無し:2008/05/26(月) 13:01:50 ID:dMmoMf1k0
「遊戯王」の闇マリクと獏良の前世の顛末が後味悪かった。

520 :本当にあった怖い名無し:2008/05/26(月) 13:07:23 ID:1bskqG5RO
別にあらすじとか気にならないからいいや。ただ、もう来ないで>>519

521 :本当にあった怖い名無し:2008/05/26(月) 13:26:56 ID:86k4UgTO0
漫画アニメネタは漫画アニメ板でどぞ。

522 :本当にあった怖い名無し:2008/05/26(月) 13:42:38 ID:t5Cw0zWS0
実話ネタは生活板や家庭板でどぞ。

523 :本当にあった怖い名無し:2008/05/26(月) 14:20:01 ID:lANdiZiU0
後味の悪い話は後味の悪い話スレでどぞ。

524 :本当にあった怖い名無し:2008/05/26(月) 15:34:27 ID:b9PDQxoj0
半年程前、飼っていた猫が死んだ。
老衰で最後も看取れたし、めいいっぱい可愛がってたから
後悔で泣く事はなかったが
寂しくて骨壷見ては毎日よく泣いてた。

で、最近はやっと泣くこともなくなり落ち着いてきてたんだが
先日、体調を崩し2、3日高熱にうなされ頭がボーっとしてたんだ。
布団の中で横になりながら目を閉じてウトウトしてたら
わき腹あたりからなんか音がする。ゴロゴロというかグルグルみたいな。
よくうちの猫は布団に入ってきて俺の脇で寝てたんだ。喉鳴らして。
それがなんとも心地良かったのを思い出しちゃって泣けて仕方なくて
「まだ成仏できないのか、ごめんな、でも嬉しいよ。一緒にいてくれるなんて。」
とかボロボロ涙こぼしながら言ってて気付いた。
このゴログルって音、俺の体内から聞こえてくる。
あ〜そういえば2日もメシ喰ってない。
腹が空きすぎてる音だったのか・・・
なんだよもー勝手に成仏してないとか決め付けてぼろぼろ泣いて恥ずかしい。
あまりの恥ずかしさに熱はすっかり下がった。
猫ごめん。ってことで後味悪かった昨日の出来事。

525 :本当にあった怖い名無し:2008/05/26(月) 15:36:31 ID:y1MXGx+A0
後味悪くないがワロタw
猫の事ホントに愛してたんだな、あんた

526 :本当にあった怖い名無し:2008/05/26(月) 15:51:36 ID:L4m5THia0
普通にちょっと笑えるいい話じゃねえかバカ野郎w
そこまで愛されてその猫 幸せだったと思うぞ

527 :本当にあった怖い名無し:2008/05/26(月) 15:51:47 ID:5zEO+FxZ0
へっへっへ。
泣いちゃーいるが、体は正直だよな。
下っ腹はもうこんなになってるじゃねーか。
観念しな。

528 :夏樹静子「貴方に似た子」:2008/05/26(月) 18:56:56 ID:k9FT5YEy0
都心の高級マンション。
才色兼備の人妻・A子は同じマンションに住む妻子持ちの一流商社マン・Bと浮気していた。
優秀な勤務医である夫は真面目で優しく、子供も天真爛漫で賢い良い子。
Bも理想的な妻と息子(A子の息子と同い年)がおり、お互いに家庭を壊す気はない。ただ、A子は小太りで男性的な魅力のない夫より
美形でスマートな魅力を持つBに魅力を感じていたのだ。またBもおっとり型の妻より、打てば響く賢さを持ったA子に魅力を感じていた。
しかし二人に思いも寄らぬアクシデントが起こった。あまりにA子夫妻の息子とB夫妻の息子が似ていたのだ。
これにより周囲には心ない噂がたつ・・・。A子の息子はA子とBの不義の子だと。
しかしA子とBが浮気を始めたのはお互いの子供が幼稚園に入ってから。そのようなことはあり得ない。
不本意ながらA子とBは関係を断つ。

529 :夏樹静子「貴方に似た子」:2008/05/26(月) 19:18:59 ID:dMmoMf1k0
A子の隣人はTV局に勤めている子供の居ないC夫妻だった。C夫妻は軽薄な性格で金遣いも荒く、A子はあまり好きでなかった。
ある日、A子に脅迫電話がかかってくる。「お前とBのことを知られたくなかったら300万渡せ」
結婚前の蓄えもありA子なら用意できる金額だった。しかし300万渡したところで強迫は終わるのだろうか?
脅迫電話はBにも来ていた。既に400万渡したと答えるB。明日が約束の期日となった日、A子ある計画を胸にした。
翌日指定された場所に金の入った袋を置き、物陰に隠れるA子。脅迫者の正体を突き止めようとしたのだ。
袋をとりに来たのはCだった。脅迫者の正体を突き止めたA子はCが金に困っていると確信。TV局に匿名の電話をかけ、Cが素行に問題があると密告。
TV局の調査によりC夫妻の常軌を逸した女遊びと(妻はホスト遊び)そのための多額の借金がバレ、Cは地方に飛ばされた。
金は帰ってこなかったが全てが解決しA子は満足していた。Bは間もなくワシントンに出張になりA子とは完全に切れた。あの優しい夫をほおって浮気なんて
なんて馬鹿だったのだろう。A子は反省していた。
銀座でショッピングを楽しんでいると高級デパートでレターセットを買い物をしているBの妻を見る。
「相変わらず上品で淑やかな人だわ」と、B子が何やら試し書きをしている。何となくその試し書きを
みたA子は仰天した。
そこにはA子の夫の名前が書かれていたのだ。ということは自分の息子とBの息子がそっくりだと言う事が・・・。
A子は全身から力が抜けていく事を感じた。

530 :本当にあった怖い名無し:2008/05/26(月) 19:52:23 ID:N0Qfzu0o0
また後味スッキリな話を書きよって

531 :本当にあった怖い名無し:2008/05/26(月) 20:11:15 ID:KeOWBmb10
爪水虫は精力剤に入っている白癬菌で起こるらしい。

532 :本当にあった怖い名無し:2008/05/26(月) 20:14:00 ID:O9D7OC6C0
A子とBだけでなくA子の旦那とBの妻も浮気してたってことかな?

533 :本当にあった怖い名無し:2008/05/26(月) 20:42:21 ID:dgrhyYtYO
そういうことだと思う。

別に後味スッキリだとは思わないけど、なんとなく丸く収まった感じはするね。

A子は浮気をやめて夫に愛情が戻った矢先、自分より先にその夫が浮気してたかもしれないと気付く
ってラストがポイントなんじゃないかな。
どっちも浮気性の仮面夫婦ってなんか情けないね…

534 :本当にあった怖い名無し:2008/05/26(月) 21:07:27 ID:t1DuWvqP0
Cに関するエピソードに必然性を感じない話だな。
2時間ドラマ用に書いて、時間合わせに書き足したんかな?

535 :本当にあった怖い名無し:2008/05/26(月) 21:36:23 ID:rvAnpTzn0
近所のおばさん、私が子供の頃から太っていて豪快な人だった。
「痩せたいわーあははは!」とか言いつつどんぶり飯をかきこむ感じ。
進学で地元を離れ、数年ぶりにおばちゃんに再開したら、
すっごく痩せていてスレンダーに。
おばちゃんいわく「体重が半分くらいになった」そうだ。
155センチくらい、80キロ位あったのが40になったとかで
本人は実はちょっと気にしていたらしく本当に喜んでいた。
しかもいくら食べても太らないし、運動しなくても痩せたらしい。
でも顔色がとにかく酷い。
痩せて色んな服を着るようになり、カラフルな服に
青黒い上たるんで、生気のない顔が怖かった。
本人は拒否したが、家族が無理やり病院に連れて行ったら即入院。
結局そのままがんで亡くなった。
しかし痩せた事を喜び、食事を拒否、
顔色を見るために化粧を禁止されたら、半分意識がなくっても
「化粧したい化粧したい」と言い続け、
調子がいい時には鏡とメジャーを手放さなかったそうだ。
手術をしようと言われてもがんが治ったらまた太ってしまうのか、と悩んでいた。
結局手術しても転移があって治らなかったんだけど、
「死の苦しみ<スレンダーボディ」か…
手術後、ダメだった事をしったおばちゃんは
「もうちょっと痩せるかな…」と呟いてまた眠った。
意識不明に陥り、昏睡状態のまま亡くなったんだけど、家族が確認した最期の言葉は
「私今何キロ…?」
だった。
女の美しさに対する妄執って恐ろしい。


536 :本当にあった怖い名無し:2008/05/26(月) 22:13:39 ID:stFttkWx0
なんか判るなあ…
豪快とはいってもスレンダーには憧れてたんだよ
デブなのをバカにされても明るく笑って心で泣いてたんだ
今までを取り戻したかったんだよ…

537 :本当にあった怖い名無し:2008/05/26(月) 22:55:42 ID:rvAnpTzn0
その人嫁に来たばかりの頃は確かにスラッとしてて綺麗だったらしいな…
明るい人だったけど、536の言うとおり心で泣いていたのかもしれないね。
辛いな…

538 :本当にあった怖い名無し:2008/05/26(月) 23:09:37 ID:RPQFxNgW0
>>535
まあ、死への恐怖に駆られたまま死ぬよりも
最期の最期まで美への思いに駆られて逝けたのであれば
少なくとも本人にとっては、これで良かったのかも知れん。

遺された家族にとってはたまらんが。

539 :本当にあった怖い名無し:2008/05/27(火) 00:25:23 ID:v3Lz7TQ30
( ;∀;)イイハナシダナー

540 :本当にあった怖い名無し:2008/05/27(火) 01:18:09 ID:PZbzdTCAO
永遠に美しく

541 :本当にあった怖い名無し:2008/05/27(火) 11:40:51 ID:HTCx1uuE0
死に怯えながら、死にたくない、死にたくないと死ぬよりも、本人は
幸せだったかもしれないと、家族も思ってくれるといいなあ。

542 :本当にあった怖い名無し:2008/05/27(火) 21:02:56 ID:M4M8JjLQ0
>>535
化粧を禁止とかひでえな。どうせ死ぬんだから、
好きなようにさせてやった方が、よっぽどいい。
周りの人間は残酷だな。

543 :本当にあった怖い名無し:2008/05/27(火) 21:07:05 ID:3oSxGxKx0
>>542
その時点ではまだ死亡確定じゃないよ

544 :ほよよ宇宙大作戦1/2:2008/05/27(火) 22:01:13 ID:RylN14rC0
ガキの頃に観て超ウロなんだが、
アラレちゃんの映画がかなりイヤなラストだった。

スペオペ仕立てのストーリーで、
ノリはいつものDr.スランプ。
宇宙の帝王に扮するマシリトから、
お姫様のミドリ先生を助けに行く基本ドタバタギャグだが、
マシリトの基地のコンピューターが巨大な女神像の姿をしていて、
テイストの浮いた異質なキャラ造形。

像はマシリトの母親の人格が移植され、
マシリトはこれをママと呼んいる。
攫ったミドリに拒絶されて、
「ママ、僕のこと嫌いって言うよ」
「マシリトちゃん、
女の子は好きな人に嫌いって言うのものなの」
と慰めてもらうように、
マザコン息子と過保護ママのような関係。
子ども向け映画だし、
マシリトが威張ったキャラクターなので、
怖いオッサンが子どもみたいに振舞う、
というギャグではあろうが……。

545 :ほよよ宇宙大作戦2/2:2008/05/27(火) 22:03:28 ID:RylN14rC0
ラストでアラレ達に敗北し、
崩壊する基地のコンピューターへと逃げてきたマシリト。
「ママ、どうしよう!」
しかし、ママのコンピューターも壊れつつあり、
「マシリトちゃん、眠いのね?
 ママが子守唄を歌ってあげますからね」
と歌いだす。
「ママ!違うんだ!
 僕は歌って欲しいんじゃないんだ!」
マシリトは必死で訴えるが、
ママは優しく歌い続ける。
その顔を見上げるマシリトも、
合わせて口ずさみ始める。
「マシリトちゃん……マシリトちゃん……」
基地と共に女神像も崩れ始め、
マシリトに呼びかける声も、女性の声から
だんだん低い間延びした声になっていく。
「ママ…………!」
直後、マシリトへ向かって女
神像がt崩れ落ちる


話の内容はほとんど覚えていないが
(というか、アラレちゃんの映画だし、
内容というほどの内容はないだろう)、
マシリトとママの描写は鮮明に覚えている。
特に、壊れかけたママと一緒に歌い、我に返って
「ママ、違うんだ!」
と繰り返すマシリトが子ども心にすごく悲しくて。
そこだけ抜き出すと、
かなりマジな悪の最期のシーンなんだけど、
どうして“アラレちゃん”でそういうことするかな………

546 :本当にあった怖い名無し:2008/05/27(火) 22:08:09 ID:vb6nmeFM0
マシリトって
当時、鳥山あきらの担当だった「トリシマ」さんをもじったキャラなんだよな



547 :本当にあった怖い名無し:2008/05/27(火) 22:11:37 ID:RylN14rC0
それを言うなら、
アデランスの中野さんもだよ

548 :本当にあった怖い名無し:2008/05/27(火) 23:59:20 ID:rDbt/jC80
>>545
えエー、マジかw
基地が爆発しても、マシリトがアフロになるくらいでいいって作風なのにw
映画スタッフの中に、変な風に張り切っちゃったのがいるのかな

549 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 00:03:05 ID:wcLaaJio0
ぐぐってみた
Wikiだからラストまでは書いてないけど、これだろうね
http://ja.wikipedia.org/wiki/Dr.SLUMP_(%E6%98%A0%E7%94%BB)

550 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 00:12:46 ID:f0fN4QG30
>基地のコンピューターが巨大な女神像の姿

女帝オレアナを思い出したのは自分だけでいい

551 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 00:14:35 ID:TysMDyPo0
GTO


ハイレベルな学級崩壊を起こしてるクラスの担任となった
元暴走族のヤンキー教師が、問題児たちを成敗していくという話。

かなり序盤でほとんどの問題児たちは鬼塚と打ち解けるのだが、
学級崩壊の中心人物である相沢は相変わらず問題行動を繰り返しているし、
まともになった生徒たちも、鬼塚には心を開いているものの「教師」を敵視する考えが残っている。
それらの原因は、元担任教師と生徒たちとの間に起こった事件、
そしてその事件のために学校を去って行った一人の生徒のためらしい。

終盤にその理由が徐々に明かされる。
学級崩壊が起こる前、そのクラスは明るく和やかで、
生徒たちはいつも元担任(当時の担任)を慕い、放課後遅くまで残って元担任と取り留めもなく話すのが日常だった。
相沢も元担任のことが大好きだった。だが、元担任はその好意を裏切り、相沢をレイプしたのだった。
その事を知ったクラスメートの男子は元担任を殴り倒し重傷を負わせ、退学処分となった。
その一連の事件によって、生徒たちは教師へ不信感を抱くようになったのだった。

が、実はそれは相沢の狂言だったと判明。
相沢は元担任に恋心を抱いており脈アリだと思っていたのだが、
元担任に婚約者がいると知ってしまい、
「信じていたのに裏切られた」と感じ、復讐のためレイプされたと嘘をついたのだった。

事情を知ったクラスメートたちは相沢を責めず「気づいてあげられなくてごめんな」
「一人で抱え込んでたお前も辛かっただろ」と同情モード。相沢も鬼塚にデレるようになった。

ちなみにかつての担任は教師を辞めた。レイプ疑惑が漏れたりはしなかったのだが、婚約者にも逃げられた。
「もうわけがわかりませんでしたよ 信頼しあっていたと思ってたんですがね…」
的なことを鬼塚に言ったところ「なんでわかろうとしないんだよ屑教師」的なことを言われてフルボッコにされた。
結構な人格者でいい先生だったようなのに相沢のせいで人生ズタボロすぎる

552 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 00:22:22 ID:XkWZyrNJ0
新華社アンマン(ヨルダン):ヨルダンメディアの報道によると、ヨルダンに住む
26歳の男が、従妹を刺殺するという事件が起こった。

惨劇は22日、ヨルダンで行われた結婚式で起こった。
男は新婦の胸や腹をナイフで何度も刺したという。
男はその場から逃走したが、警察に取り押さえられた。

男は、「新婦は自分の従妹。あいつは俺のプロポーズは断ったくせに、
他の男に嫁いでいったんだ」と供述しているという。
【翻訳編集:JCBB(H.A)/G-SEARCH】

ソース:livedoor ニュース 2008年05月26日21時12分
http://news.livedoor.com/article/detail/3656451/

このニュースを見て思い出したけど、「イスラム(正確にはアラブの風習かな)では
男にとって従妹が自分の許可を得ずに、他の男と結婚することは最大の侮辱
になるらしい、夫が親しみを込めて妻を呼ぶときは「わが従妹よ」と呼び、実際に
従妹である場合が多い」と昔読んだ本に書いてあったな
本自体かなり昔に発行の本だから、いまでもそうかはわからんけど、女性は大変だよな
人生が宗教と風習に左右されるんだからな

553 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 00:25:33 ID:hTiXi6fG0
別に女性だけじゃないけどな。

554 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 00:26:25 ID:nv4MenCg0
>>544-545
うおー、懐かしい! たぶん保育園の頃、映画館で観たわ。
マシリト、みどり先生の写真をベローンってなめてなかった?

>>546
トリシマさんはその後、ジャンプの編集長になったんだよな。
ドラゴンボールが終わって「もう週刊誌はこりごり」って思ってた
鳥山明をもう一度引っぱり出して来た人。
鳥山明が単行本で「編集長が僕が昔お世話になった方なのでやりました」
みたいなことを書いてたよ。違ってたらスマン。

555 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 00:32:33 ID:IjFcbSCp0
>>552
あちらの風習ではいとこ同士は生まれつき婚約者同士なんだよね。
都会だと近親婚の弊害とかを知ってる人が増えてそういう因習も消えつつあるらしいけど。
男の方が時代遅れだとこういうことになるんだな。

556 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 00:46:27 ID:AtvZtO4B0
相手になりそうなのが、その従妹くらいしかいなかったんだろうな…

557 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 00:56:00 ID:2L1YMjNU0
これだから男様は 死ねばいいのに

558 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 00:57:08 ID:Sr4JR5wPO
男差別社会の我々から見ると異次元みたいな話だな。

559 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 01:07:13 ID:wcLaaJio0
>>558
ヒィツ、馬鹿! すぐ上に女性がおわしなさっているぞ!
同じ罪を犯しても、女性であるというだけで司法ですら刑罰を軽減するというこの異常社会で
女性の不利になることを言うとは。正気か!?

>>557
ですよねー。ゲヘヘヘ。

560 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 01:39:39 ID:2L1YMjNU0
ほんと男様ってつまらない書き込みしかできないんだな

561 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 01:57:58 ID:HiXJI8AI0
>>559
馬鹿晒して恥ずかしいな

562 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 02:05:28 ID:5ci0k/NV0
>>559
わざわざ「男様」といってるあたり昔の男女差別的な男を残してる男のことを指してるんだろう。
それに対する反論として女全体を対象に持ってくるのはおかしいだろ。
お前、みっともないぞ。

563 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 02:50:48 ID:qT4liewKO
男根さま、おとこ様

564 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 02:57:14 ID:ScXFVy920
>>551
原作もドラマも見たことなかったけどそんな話なんだ

>「なんでわかろうとしないんだよ屑教師」的なことを言われてフルボッコにされた
なんで被害者がフルボッコにされるんだろう
これがDQN思考というものなのだろうか

565 :sage:2008/05/28(水) 03:45:58 ID:+a7sz10T0
子供の頃見た怖いニュース

ある老人の元に覚えのない借金の取立てがくる。
調べてみると老人の養子になった男の借金だった。
だが老人には養子を取った覚えがない。
老人の知人の男性が、老人に無断で勝手に養子縁組の手続きをしていたのだった。
その男は借金を作ったあと行方をくらましており、連絡がつかない。
驚いた老人がお役所に事情を話し、養子縁組を解消しようとするが
お役所では「立場の弱い養子を守る為、法律で養父母の側が一方的に
養子縁組を解消するのを禁じている」と言われ退けられた。
ならば裁判を起こし、この養子縁組が無効であると証明しようとしたが
裁判費用を計算したところ、到底老人に払える金額ではないと判った。
老人は裁判を起こすのを諦めた。
養子になった男の了解があれば養子縁組の解消は簡単に受理されるので、
老人はテレビに向かって「怒っていないから戻ってきて欲しい」と訴えていた。

明らかに老人は被害者なのに、お役所が被害者を助けてくれないという現実が
子供心にすごくショックだった。

566 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 03:48:40 ID:+a7sz10T0
ごめん、sage間違った。

567 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 03:50:19 ID:5ci0k/NV0
役所の問題というより法の問題だから役所責めるのは筋違いじゃねーの

568 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 03:57:58 ID:732PmRqC0
>>565
勝手に養子縁組されたなら、勝手に解消できるってもんでしょ
じぃちゃん、可哀想杉
木っ端役人の怠慢だろw

569 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 04:16:41 ID:ML1F3XP0O
そうなんだ。テレビ見た人がおじぃさんに教えてあげてたらいいね。

つうかGTOの話しとじぃさんの話しで久しぶりに後味悪くなったぜ。

570 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 04:29:24 ID:bbmrYvjM0
いや、怠慢も何も役所って出された書類の書式が正しいか見て、
許可するかしないか判断するだけの機関じゃねーの?
たかが役人にその養子縁組の内容まで見て審査する権限与えられて無いと思うんだけど。
普通養子縁組の場合、裁判所の許可が必要なのは養子が未成年の場合みたいだし、
役所も書類出されたら出来る事無いんじゃね?
それとも役所側で何か出来る事あるのか?
だからどちらかというと法制度の問題ではないかと考えるわけであって・・・

つーか公務員試験のときにちょっと法学齧った程度の役人に、
そんな重要な事の内容まで審査されるほうが怖いわ。


571 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 04:30:18 ID:2DW59kMqO
養子縁組の解消に当事者双方の了解が必要だと言うなら、
縁組の承認時もそうするべきだよな。
ストーカーが女の分も判子押して、勝手に夫婦になってた事件もあったし、
法律が犯罪者を守るような事件はやりきれない。

572 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 04:45:14 ID:ovA7Zk8JO
>>563
西村寿行乙

573 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 07:00:56 ID:ABkjB8m60
>571
それ、保証人?だっけ立会人みたいな欄はどうしたんだろう。
双方それぞれ一人必要だが。それまで偽造したのかな。

574 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 08:25:53 ID:wcLaaJio0
>>562
いあ、つまらん書き込みにつまらなく返したんだが、不快にさせてしまったようで申し訳
ありませんでした。謝罪します。

575 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 08:29:34 ID:unpQhMk00
>>571
今は婚姻届は印鑑証明が必要なんじゃないっけ?

576 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 08:37:29 ID:Mv3syf1X0
>>573
保証人2人は別に誰でもいいから適当に知り合いの名前と住所書いて
100均でその名前の印鑑買って押しておいてもおkだと思う。
自分この間訳あって養子縁組したんだが保証人の欄は母親と叔父さんに書いてもらった。
手続き終わったあと、養父には確認の書類がくるけど
保証人には別に何もない。
だから極端な話だけど勝手に保証人の欄に名前が書かれてても
保証人にされた方は全く気付けないと思うよ。
字体とか全く一緒だったら窓口でちょっとは疑われるかもしれないけど。

577 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 09:13:52 ID:U8OD6NgW0
>>551
鬼塚が来るまで3人教師が変わっていてうち一人は失踪。一人は手首切って自殺騒動(未遂)。
3人目の華原とかいう美人教師なんか、男の顔に放尿してるアイコラ校内にバラまかれて教室にガソリンまいて火をつけようとした挙句
過食症になって豚のような姿になりインチキ教団(大練馬銀河教。宇宙意志イデと交感することで精神の浄化をはかるらしい)に入信。
特に最期までフォローはありません。
後、鬼塚の罪かぶせられて交通刑務所行きになったトラック運転手とかも後味悪かったな〜。まぁその運ちゃんは前科者だったんだけど。

578 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 09:28:23 ID:bbmrYvjM0
>>574
そんな言い訳がましい事言う位なら初めから書かなければ良いだろ・・・

579 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 09:29:10 ID:rJ3G3dyl0
正直どうでもいいことをいつまでもひっぱるな。

580 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 09:35:18 ID:uojHJ3PZ0
>>577
なんかすげぇな。
後味というより既に胸糞じゃないか。

581 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 10:34:01 ID:AEjpwVz0O
GTOって結構売れたんだろ?
何でこんな胸糞悪いもんが…

582 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 10:34:25 ID:1k2txVmG0
>>577
教師=大人が嫌いなのは作中の生徒達じゃなく、
作者の方なんだろうね。

583 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 10:49:13 ID:oT5QFq9kO
ここで語られたエピソードはギャグとして扱われてたからな
ブラックジョークみたいなもんだ

584 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 13:02:12 ID:uojHJ3PZ0
>>582
それ、>>551読んだときに思った。
作者、学生の頃担任(のような立場の大人)に片思いしてたんじゃね?
で、報われなかった自分の恋心の恨みつらみを作品で具現化したみたいな。

いずれにしろ自分的には胸糞。

585 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 13:53:04 ID:LScNtQTX0
>576 >手続き終わったあと、養父には確認の書類がくるけど
すると
「だが老人には養子を取った覚えがない。
老人の知人の男性が、老人に無断で勝手に養子縁組の手続きをしていたのだった。 」
てのはちょっと不自然かなあ。まあ年寄りはよくわからない書類は捨てるけど。

586 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 13:59:16 ID:XmLciJIG0
>>567
何かのコラムで、ある人が公務員の父親に新聞などに書かれている内容を元に公務員の仕事ぶりを批判したら、
「公務員てのは上の人間(市長、知事、首相など)に言われた仕事をしているだけなんだ。
それに従わなかったらそれこそ問題だ、だから下っ端の公務員の責任云々を糾弾するのはお門違いだ」
と反論されたそうだ。

587 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 13:59:55 ID:XpckAubY0
そもそもこの話は日本の話なんだろうか

588 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 14:17:37 ID:oT5QFq9kO
>>586
書類の申請でたらい回しにされてスタート地点に戻ったり
「担当者が不在なので今できません」等の頭の悪い対応を首相が指示しているわけですね

589 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 14:21:42 ID:2DW59kMqO
>>585
もしかすると養子の男が先回りして通知を受け取っていたのかも。
養父側に内緒で養子縁組をしようと企む男なら、それくらいやりそうだ。
老人が読みはしたけど意味判らなくて捨てちゃって、
それきり忘れてしまった、って可能性も高いけど。


590 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 14:26:37 ID:hTiXi6fG0
適当な老人とかではなくて、借金まみれになってる者同士で順繰りに養子縁組させて
名前を変わったところでほうぼうのサラ金から金をひっぱらせ、自分のところ(闇金)
の借金を回収、てなのもあるな。
こっちのほうが手っとり早い。大手サラ金は損金で処理するし。

591 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 14:52:10 ID:F6Pl/Pu70
>>588
「言われたこと以外やってはいけない」って言う側面はあるんだろう
お役所仕事は(ある程度は、だけど)そうでなくては崩壊するよ

592 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 16:08:34 ID:i8weS03w0
>>575
本籍地以外で提出の場合、戸籍謄本の写しが要る場合もあるし、
提出後、その事実に間違いはないかと、確認の書類が自宅に来る場合もある
自治体によって結構違ってたと思う

「婚姻届の不受理申請」とかもあるけど、養子縁組もそういうのがあるのかなぁ

>>589
養父の住所が、最初から違うものになってたりするのかも

593 :「ずっとお城で暮らしてる」1/2:2008/05/28(水) 16:41:50 ID:+vlfE5Y20
アメリカの小説「ずっとお城で暮らしてる」

主人公は18歳の少女で、10歳年上の姉と、叔父との3人で町外れのお屋敷に暮らしている。
両親や叔父の家族などはみな数年前に亡くなった。夕食時に使った砂糖壷に砒素が入っていたのだ。
事件の夜、少女は夕食を食べず、姉は普段から砂糖を使わず、
少量を摂取した叔父は半身不随とすこしの精神異常となって生き残った。
姉は料理担当だったので当時犯人とされたが無罪になり、その後ずっと屋敷に閉じこもって暮らしている。

少女は美しく優しく料理上手な姉が大好きで、週に2回、町に買い出しに行く役目を果たしているが、
そのたびに町の人は腫れ物に触るようにもしくは「毒殺屋敷の子」として囃し立てたりする。
少女は「みんな死んでしまえ」と思いながら肉屋や雑貨屋をまわる。

少女と姉はそれでもお互い「お姉ちゃん大好き」「わたしもよ」と幸せに暮らしていたのだが、
ある日、従兄が訪ねてきた。最初は緊張していた姉はだんだん従兄を受け入れるようになり、
従兄も死んだ父の部屋に居着いてしまう(姉と体の関係があったわけではない)。
従兄はしきりに姉に「君のためだ、この屋敷から出た方がいい」と誘うが
しかし少女は従兄の目的がこの家の金と美しい姉であることを悟り、従兄を嫌う。
従兄もそれを感じ、姉を懐柔して少女を追い出そうとする。

従兄はよく火のついたパイプを置きっぱなしにしていた。
少女はある晩、それをわざと屑籠に落とし、火事を起こす。



594 :「ずっとお城で暮らしてる」2/2:2008/05/28(水) 16:43:00 ID:+vlfE5Y20
火事で町の消防士ほか住民みんなが見物にやってきた。少女と姉は外に出てじっと隠れその様子を見ている。
住民は「燃やしてしまえ」と騒ぎ、消防士が「仕事ですから」と火を消したあとは
半焼になった屋敷にみんなで乗り込んで室内をめちゃくちゃにし、従兄は一所懸命金庫を持ち出そうとしていた。
やっと、以前から叔父の病気を診ていた医師がストップをかけ、一行は引き上げていく。
ボロボロになった屋敷に戻り、少女は姉に言う「町中のやつらに毒を盛って見物してやりたい」
「この前みたいに?」「うん」。

それから一切、少女も姉も家の外には出なくなった。
叔父は火事のときに発作で死んでしまい救急車で運ばれ、医師の手で墓に葬られたらしい。
食事は自家菜園と備蓄の保存食で賄っている。
服もみな燃えてしまったがテーブルクロスを巻き付けて代わりにしている。
一度だけ少女が「あたしが砂糖に入れたんだ」と姉に言ったが、姉は「知ってる、もうこの話は無しね」と。

最初のうちは町の中でも多少親しかった人や医師が声をかけにきたが無視しているうちに来なくなった。
結局金庫を持ち出せなかった従兄も「屋敷には大金が眠ってる」「姉妹の写真も高く売れる」と、
一度だけカメラマンを連れてやってきて「顔を見せてくれよ」と呼んだが無視した。
そのうち不思議なことに町のものが「あのときにお宅の椅子を壊して悪かった」「ハープを壊してすまなかった」と
焼きたてのチキンだのパイだの入ったバスケットを持ってくるようになった。
ドア前にバスケットを置いて帰るので、しばらくして少女はそれを家に引き入れ、
姉が料理を取り皿を奇麗にして戻した。
子供が度胸試しなのか家の前で、むかし少女を囃した歌を歌ったときは、
その後「子供の失礼をお許しください」とメモの入った食べ物が置いてあった。
その食べ物を運びながら少女は姉に「あの子は今頃叱られてるのかしら」「かわいそうに」
「ねえお姉ちゃん、わたしたちとても幸せだね」と呼びかける。


595 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 17:09:38 ID:f6kjQJmr0
電車内に手話でやり取りする二人組がいて
近くにいた普通な感じの高校生三人が、
あの二人手話で結構酷い事言ってるという様な事を言い始めて、
聞えた周囲の人々に注目されて手話やめて違う車両に行ってしまった。

高校生が意外とどす黒くて二人をハメたのか、
それともああいう人たちは手話で結構そういう事をやるのか。

596 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 17:56:40 ID:WVgYNlmL0
>>594 どうゆうオチなの?町の人の差し入れには毒が入ってるって事?

597 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 18:03:16 ID:ETm+/5e60
死んだと思われて幽霊扱いされてるってことじゃね?

598 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 18:28:15 ID:9BKXlpHV0
>596-597
実際のラストも「幸せだねあたしたち」のセリフで終わっているのですが、
町の人たちは酷いことをしたのを悔やんだのか復讐されたらどうしようと思ったのか
誰からともなく姉妹に食料を貢ぐようになったって感じです。
姉妹、特に主人公(妹)は、そのまま一生屋敷から出ないであろう生活に
キチガイじみた満足感を感じてるってような薄ボンヤリとした結末でした。タイトル通りです。

599 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 18:44:39 ID:DFQ9SfC50
>>584
どうでもいいけど作者オッサンだぞw

600 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 19:05:15 ID:V3NaBBWQO
オッサンだって若い頃があったんだよ。オッサンは恋しちゃ駄目なのかい?

601 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 19:06:35 ID:2Hi6s/N90
駄目です

602 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 19:18:12 ID:wcLxs4p70
>>593-594
ずっと気になってた本だよ
ありがとう

603 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 19:27:52 ID:sNflCzyU0
面白そうだ。
早速、図書館に予約を入れた。
姉の方の気持ちが気になって仕方ない。

604 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 20:43:32 ID:hE0+/9Wz0
昔読んだエロ漫画にこんな話が・・・

女に全くもてない主人公は開き直ってビニール製のダッチワイフを恋人のように扱っていた。
名前を付けて何かと話しかけたり、抱いて寝たり、仕事から帰ってくると「ただいま〜」とか
挨拶したり、いつもピカピカに磨いていたり。

するとどういうわけかダッチワイフに一日だけ魂が宿り、ものすごい美女に変身する。
(どうしてそうなったかを忘れちゃったんだけど・・・)

そんで、二人で外でデートしたりHしたりと恋人気分を満喫したところで1日が過ぎ、またしても
もとのダッチワイフに戻ってしまう。
泣きながら名前を呼んでももう動くことはない、ただのビニール製の人形。
しかし主人公は、大事にしていればいつかまた人形に魂が宿ってくれると信じて、前以上に
丁寧にあつかうようになる。
今度は服を着せて外で一緒に散歩したりする。

ある晴れた休日に、
完全にイッってしまった目でダッチワイフと腕を組んで楽しそうに公園を散歩する彼を見て、
街行く人たちは誰もが青ざめつつ遠巻きに見守るのだった・・・

605 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 21:03:18 ID:ML1F3XP0O
なんかリアルでいそう…

606 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 21:32:38 ID:x7T2YlsC0
どっかで見たな。
ダッチワイフ愛好家みたいな人の集まり。
彼らにとっては愛しい恋人で娘らしい。
女性にもいるよね。
高価な人形を買って人間扱いして大事にしてる人。

ペットが人形に置き換わったようなもんなんだろうけど、不気味だ。

607 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 21:34:30 ID:hTiXi6fG0
外にもちだすのは不気味だが、家の中に置いてる分にはいいんじゃね?


608 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 22:00:56 ID:b3CvrNhD0
>>548
だよな。
でも、原作でもマシリトは悲惨なキャラだよ。

千兵衛ハカセを倒すことに執念を燃やし、対アラレロボ“キャラメルマン・シリーズ”を繰り出すも、倒される度に自分自身もどんどん身体がメカ化していく(顔の半分が金属→両手がバルタン星人みたいな義手)。
しまいには車に顔と手が付いただけの姿になってたし、WWWのDr.ラブレスみたいに。当時はギャグとして笑ってたけど、よく考えたらすごいよね。
最終的には自らキャラメルマン9号として完全メカ化し、結局死ぬんだっけ?

609 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 22:35:02 ID:eus9kCSf0
>>551>>577の『GTO』のあらすじ読んでたら思い出した、昔見たムカツクドラマ。
昔っていっても十年は経ってないと思うけど。
タイトルは「ヤンキー母校へ帰る」で、実際に昔ヤンキーだった人が
改心して問題児の多い高校に赴任した時のノンフィクションをドラマ化した話だったみたいだけど
わたしは原作ノンフィクションは読んでない。

あと、ムカついたという事実だけ心に残ってて、肝心のドラマのエピソードについての詳細が
曖昧なんで、意味不明な部分もあるかも。ゴメン。


元ヤンキー教師の担任クラスにいた二人の女生徒は、自他共に認める親友だった。
一人は、家庭(両親)問題が原因で精神的に弱ってしまったために引きこもりになり、
この問題児だらけの学校に転校してきたさやか。
もう一人は、もともとDQNでほかに受け入れ先がなく、不良債権押し付け的にこの学校に通っていた、なつき。
二人は寮で同室になったのがきっかけで、自分のトラウマなんかも互いに話し合えるくらいに心を許し合える
まさに「親友」だった。もともとヤンキー体質というか、姉御肌のなつきと友だちになったことで、
お嬢様育ちでおとなしいさやかは漸くクラスに馴染めたという経緯もあり、二人はとにかくべったりの関係だった。
ところが、元ヤンキー教師のやり方の何か(この部分がどうしても思い出せない…スマソ)が気に入らなかったなつきは
クラスみんなに呼びかけて、元ヤンキー教師の授業をボイコットする。
しかし、元がお嬢様で真面目だったさやかは、なつきの呼びかけに賛同できず、
ほかのごく少数のクラスメイトと共に、元ヤンキー教師の授業に出席し続けた。
これを知ったなつきは、「さやかだけはほんとの親友だと思ってたのに、裏切られた!!!!」と逆切れ。
クラスメイトたちを煽ってさやかを苛烈にイジメはじめる。
お弁当をダメにしたり、体育着を捨てたり、机にネズミの死体入れたり…


610 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 22:35:36 ID:eus9kCSf0
もともと家庭環境が原因の欝症状で引きこもりになり、こんな学校に転入せざるを得なかったさやかは
追い詰められて欝が再発、手首を切って自殺未遂。病院に運ばれて間一髪で命を取り留める。
元ヤンキー教師は、さやかをこれほど追い詰めたいじめの卑怯さについて涙ながらに説教して
なつきの言葉に安易に従い、さやかイジメに加担した連中を激しく責めるが、
肝心の主犯であるなつきに向かっては
「信じた人間に裏切られた辛さ、俺は痛いほど良く判るぞ…!!そんなふう(さやかいじめ)に追い詰められる前に
どうしてこの俺に相談してくれなかったんだ!!お前の苦しみを察してやれなかった自分が憎い!!」
みたいな的外れな演説を始めて、最後までなつきを責めたり叱ったりは一瞬たりともしなかった。
最後は、クラス全員でさやかに謝罪、なつきとさやかは、さやか入院先の病室で穏やかに和解…ってなったんだけど。

ドラマ見ながら、自分で思い出しても恥ずかしくなるくらい腹が立って、家族にキレまくったよ…orz
「何があってもイジメなんて絶対間違ってる、イジメの存在を知りつつ見て見ぬ振り&どういう形であれ加担したクラスメイトは
 イジメ首謀者本人と同罪、或いは首謀者よりも罪は重い!!!
 ・・・でも、イジメ首謀者のイジメざるを得なかった心情にはたいへん同情する、
 お前も辛かったんだよな、俺が鈍い教師だったことでお前を追い詰めてしまった、
 お前は悪くない!!スマン!!」
みたいな論調で、最終的に感動ドラマに持ち込もうとするんだもん。
このドラマ制作に関わった人間て、すべてバカなのか??ってはらわた煮えくり返ったよ。
原作者か、ドラマ化したプロデューサか知らないけど、
なんか、自分の高校時代に大人に対しての鬱憤を溜め込んだまま大人になっちゃって、
こんなふうに爆発させちゃったんだろうなーって、GTOのひどいあらすじ読みながら思い出しました。


611 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 22:46:30 ID:T+19iZRZ0
自分の感情が先に立ってうまくしゃべれないタイプだ

612 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 22:58:54 ID:jEeHGDaj0
元ヤンを売りにしてる時点で
ろくな人間じゃねーよな

613 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 23:14:16 ID:msEAdO3b0
原作者自体胸糞悪いからな

614 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 23:16:56 ID:TYDp6ngq0
ていうか、学校生活程度の集団生活すら行えない不良品が
それをウリにして他人を教えるとか、悪いジョークにしか思えんな。

615 :本当にあった怖い名無し:2008/05/28(水) 23:46:14 ID:DFQ9SfC50
今は国会議員だろ?世の中わからんな。

616 :本当にあった怖い名無し:2008/05/29(木) 00:07:58 ID:23YMddBL0
今はいるか知らんが某大手予備校にいた講師の話

もともとヤンキーだった彼は彼女に
「学が無い人とは付き合えない」といわれ振られる
それがもとで一念発起して猛勉強を開始、そこそこの大学に合格
「元ヤンの俺でもここまでできたんだ、お前らも頑張れ」的なことで
予備校講師になり、本も出した
本の要旨は「最近の子供はすぐに投げ出す、夢を叶えたいなら死ぬ気で勉強しろ」
という昨今の効率重視を推奨する世論と間逆の、斬新といえば斬新な内容だった

617 :本当にあった怖い名無し:2008/05/29(木) 00:09:09 ID:23YMddBL0
ここまではいいんだが
その本の自分の体験談がDQNというか眉唾もの
「毎日徹夜した」「眠くなったら体を針で刺して、それでも眠くなったらユンケルと
コーヒーを飲んで勉強した」「国語を徹底的に勉強したら全国2位になった」など

おまけに「俺は元ヤンで勉強したから偉いんじゃない、努力したから偉いんだ」と
「元ヤン講師」で名を売ってるわけじゃないことを何遍も言い訳しているが
実際の講義中の格好はどぎつい柄シャツにボンタン、机に足を上げて講義をするなど
明らかにヤンキーの延長
いい大人でそこまで言うなら普通にスーツ着て普通に授業をしろよ、
と言いたくて仕方なかった

初投稿で長文&後味悪くないような話でスンマセン

618 :本当にあった怖い名無し:2008/05/29(木) 00:22:27 ID:iiZ8s1DVO
後味悪い話

619 :本当にあった怖い名無し:2008/05/29(木) 00:25:07 ID:23YMddBL0
訂正
×ユンケルとコーヒーを飲んで勉強した
○ユンケルとコーヒーを混ぜて飲んで勉強した

620 :本当にあった怖い名無し:2008/05/29(木) 00:26:04 ID:tklcjhwH0
>>619
いーよそんなんどうでもw

621 :本当にあった怖い名無し:2008/05/29(木) 01:17:55 ID:zy6P9hJ40
>>617
自分で偉いと他人に言う人ほど偉いとは思えん

>>609-610
イジメに関しては
 イジメの張本人<<<見て見ぬ振りをする第三者
っていうのが、現在の教育のイジメに対する見方になっているので
間違ったことをいっているわけじゃないな。

ただ、ノンフィクションをドラマにすると演出がうざく感じる
なにか恣意的なものを感じる。
で、後味悪いというか胸糞悪くなるけどな。


622 :本当にあった怖い名無し:2008/05/29(木) 01:29:11 ID:cifgJdk/O
亀有に住む両さんは 
「一回グレて迷惑かけまくったヤンキーが
普通になったぐらいで偉い訳ねぇだろ!
ほんとに偉いヤツってのは最初っからグレたりしねぇで 
真面目に頑張ってんだよ!!」 
 
って言ってた。 
うろ覚えだけど両さんはすごい。

623 :本当にあった怖い名無し:2008/05/29(木) 01:31:13 ID:tklcjhwH0
>>622
まったく同じ事よなw
それが普通の感覚だからすごくも何ともないだろ?w

624 :本当にあった怖い名無し:2008/05/29(木) 01:36:39 ID:D4ByOBgg0
>>616-617
教師が元ヤン売りにして「教育」を語るのは問題だが
はなっからガキに勉強させるのが商売の予備校講師が
うさんくさい自伝やキワモノキャラで客を釣ろうとするのは、まあ勝手じゃね。
所詮お客さま相手のパフォーマンスだ。

625 :本当にあった怖い名無し:2008/05/29(木) 01:36:54 ID:JdqLBKw40
>>608
たしか、センベイさんが未来に行った時に、
「今マシリトは?」ってアラレに質問して、
連れて行かれた先に、ネジ1本しかなくて、
子供ながらに凄い怖かった記憶があるな。


626 :本当にあった怖い名無し:2008/05/29(木) 01:54:46 ID:NEYgm2t50
>>624
予備校教師はキャラだからなあ。
女子生徒に手を出して中退させ結婚しちゃったような教師が議員にまで上り詰めた方がよほど後味悪いね。

627 :本当にあった怖い名無し:2008/05/29(木) 01:55:09 ID:0szAL8uQO
鳥山明よっぽどそいつが嫌いだったんだな

628 :本当にあった怖い名無し:2008/05/29(木) 04:24:12 ID:3CGcHA/b0
そのいじめの首謀者なつきに手出して子供はらませて
結婚してんだよ、義家は

629 :本当にあった怖い名無し:2008/05/29(木) 04:57:21 ID:4iWyMh/vO
そんな教師持ち上げるメディアも胸糞悪いわ。
まあ、今に始まったことじゃないけどな。

630 :本当にあった怖い名無し:2008/05/29(木) 06:48:54 ID:DfRNLTH/O
>>607数年前に海で見たよ。
「溺れているお姉さんを救う勇気ある青年」に見えた男性が、浮き輪替わりに使ってたW
しかも海から上ったら小脇に抱えて「ナイス!サーファー風」でちょっとカッコイかった。
周りはクスクス笑ってる人と凝視してる人とポカーンな人だった。
初めて見たけどあんなビックリ顔(お口パックリW)で良く抜けるな〜と思った。
近くにいた子供が「パパッ!僕もあれ欲しい!」とおネダリしててパパさんは困ってたよ。


631 :本当にあった怖い名無し:2008/05/29(木) 07:49:28 ID:GycpGWtA0
>>630
なんだっけ、どっかの国であるな。
ダッチワイフを抱いて泳ぐ水泳大会。

632 :本当にあった怖い名無し:2008/05/29(木) 09:38:23 ID:IasQE4Zc0
>>630
まさしくプロのワイファーだな!

633 :本当にあった怖い名無し:2008/05/29(木) 09:38:35 ID:mmxace6X0
>>592
不受理申請というのは婚姻届に対してだけでなく戸籍に関わる様々な届けに対して有効
 協議離婚届
 協議離縁届
 婚姻届
 姻族関係終了届
 氏・名の変更届
 協議による親権者指定届
 国籍選択届
 国籍留保届
 戸籍法77条の2の届出
 戸籍法73条の2の届出
 戸籍法第62条の出生届
 死亡者との離縁届
 親権(管理権)回復届
 親権(管理権)辞任届
 転籍届
 入籍届
 任意認知届
 復氏届
 分籍届
 養子縁組届


634 :本当にあった怖い名無し:2008/05/29(木) 10:01:45 ID:qn+fjYBC0
うちの近所の区役所は、今までは婚姻、離婚、転籍、養子縁組の4種は
いつでも誰でもすぐ貰える様にカウンターの所に置いてあったんだけど
最近気付いたら養子縁組の用紙だけが置かれなくなってた。
勝手に養子の手続きされる事件とかあったから
窓口でくださいって言えば差し上げますよ。みたいな注意書きが貼ってあった。
まあ窓口に言えば貰えるんだからあんまり意味はないんだろうけど
これくらいしか今は打つ手ないんだろうな・・・と思ったらあまりにも簡単に人の籍を変えれるんだと
改めて実感してちょっと怖くなったよ。

635 :本当にあった怖い名無し:2008/05/29(木) 10:28:03 ID:/ov/adCZ0
>>625
ごめん 爆笑した

636 :本当にあった怖い名無し:2008/05/29(木) 11:06:47 ID:LRGn7INKO
このスレのマシリトの流れを見てたら、正直笑えない
原作のギャグテイストの流れなら笑えるのかも知れんが

637 :本当にあった怖い名無し:2008/05/29(木) 12:00:25 ID:B6L6+5o+0
漫画を読む限りじゃ、そこまで悲惨さはないな。
つーか、最初から最後まで、歪んでるしアホだし失敗ばかりだし。
その未来ではセンベエさんは禿げてた。

638 :本当にあった怖い名無し:2008/05/29(木) 12:18:00 ID:ZaHnGOUV0
マシリトって今は集英社取締役なのね

現場で編集者やってた人間がそこまで出世しちゃうものなのか

639 :本当にあった怖い名無し:2008/05/29(木) 12:20:15 ID:U1Znj2DF0
そういや、桃鉄のあまのじゃくもマシリトだったな。
そういう方面での現場での活躍も認められたんだろうな。

640 :本当にあった怖い名無し:2008/05/29(木) 12:55:32 ID:v8/rc+9xO
>>636
このスレの話はあんま信用しない方がいいぞ
話の前後を省略したり記憶違いで改変していたりするから
実際読んで拍子抜けすることが多々ある

641 :本当にあった怖い名無し:2008/05/29(木) 15:05:43 ID:w4PDwbOf0
>>604
まぐろ帝國ry

5、6年前に夕方のニュースでやってたやつ。うろ覚え。既出ならスマン。

東京で悩み事相談所をやっている人の話。在日韓国人だったか?
いろんな人から相談や頼み事がやってきて、それを白(仮)が解決していくんだけど、その中の一つ。
ある男から2日前に妻が失踪したので探して欲しいと依頼があった。探偵じゃないんだけど〜ぼやきつつ、
その男宅に向かう。そこには男の娘(3,4歳)と、家事を任せるために呼び寄せた男の母がいた。
妻が残した置き手紙に「探さないで下さい。」
夫「以前から何度か相談したい事があると言われていたけど聴いてやれなかった。」
「何か手がかりはないかと思って読んだら、大分前から子育ての事について悩んでいたらしい。」
と、悠長にカメラの前で妻の日記帳を広げてます。
この時点でそれヤバイって!!とっとと探しに行けよ!!と思うよな。
白もそう思ったのか「何故あなたが探しに行かないんですか?」と質問。
夫「仕事があるし娘もいるし”妻がいなくなったから”家の事もやらなきゃいけなくなったし…」
白「折角お母さんに来て貰ってるんだから、娘さんはお母さんに預けて…」
夫母「孫の世話も家事も妻の仕事。まったく仕事をほったらかして…」
と洗濯物を畳んでます。
埒が明かないのでやはり白が探しに行く事に。
夫に心当たりとして思い出の旅先などをいくつか訊いて、一人捜しに行く白。
翌日午前中。白から電話。あっさり妻が泊まった旅館が割れた。夫婦が新婚旅行?で泊まった旅館だった。これからそこに向かいます。
その日の昼頃。白から電話。旅館に着きました。
夕方。白から電話。その旅館に近い池から女性の遺体が引き上げられました。

勿論奥さんでございました。

642 :本当にあった怖い名無し:2008/05/29(木) 18:09:42 ID:b6W7h0OL0
>>638
鳥嶋さんがマシリトになって取締役になったのか

643 :本当にあった怖い名無し:2008/05/29(木) 18:18:28 ID:uxDqtcrs0
うう…頭が混乱する!

644 :本当にあった怖い名無し:2008/05/29(木) 18:46:00 ID:PU+kTEtuO
>>641
死ぬ前に実家に逃げるとかできなかったのかな
嫁カワイソス
子供カワイソス

645 :本当にあった怖い名無し:2008/05/29(木) 19:00:16 ID:1cpj1t3rO
高1である妹の友達と付き合い始めた。
だがそれ以来妹の様子が少しおかしい。
いつも何かにイライラしてる感じだ。聞けば妹の友達にも冷たくあたるようになったという。
まぁ年頃だしな、と気にせずいつものように部屋でイチャイチャしてたら、妹がいきなり部屋に入ってきて、
「お兄ちゃん!わたしのほうがタカシ君なんかよりずっと前からお兄ちゃんのこと好きだったんだよ!?ひどいょぅ…」
と泣き出す。
さすがに俺も狼狽した。


646 :本当にあった怖い名無し:2008/05/29(木) 19:03:12 ID:yCI0yegi0
俺女ウゼー

647 :本当にあった怖い名無し:2008/05/29(木) 19:03:47 ID:keShFaBv0
>>645
お兄ちゃんホモだったのか・・・

648 :本当にあった怖い名無し:2008/05/29(木) 19:06:28 ID:uxDqtcrs0
>>646
よく読め!

649 :本当にあった怖い名無し:2008/05/29(木) 19:13:34 ID:/q7sTH4JO
よく見るコピペじゃん。後味悪くないんだけど

650 :本当にあった怖い名無し:2008/05/29(木) 19:14:59 ID:4iWyMh/vO
>>646
すげー読解力

651 :本当にあった怖い名無し:2008/05/29(木) 19:36:06 ID:AV2jZh7C0
>>645
男と女の兄弟の場合、どちらかが先に結婚すると
やはり、気分良くないらしい。
会社の人の普通の兄餅女の子から聞いた話。
現実的な問題として、妹の隣部屋であへあへはデリカシーなし。
べつに、恋愛感情無くても、うざいか、ショックかどっちかだと思うけど。
もちろん、無駄にハンサムで優しかったりすると、そんな兄いらねー
って思うけど。(絶対、手に入らないものが理想的って悲劇だから。)

652 :本当にあった怖い名無し:2008/05/29(木) 20:28:24 ID:yJP8FIUB0
なにそのとんちんかんなレス

653 :本当にあった怖い名無し:2008/05/29(木) 20:47:38 ID:uxDqtcrs0
後味悪いなw

654 :本当にあった怖い名無し:2008/05/29(木) 22:33:07 ID:BwcPWNpM0
>>645
最後にホモと分かる小話だと思ってたら、ちょっと捻ってあるな。

655 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 00:48:32 ID:FuxcgDg20
あるところに長者がいた。
ある日のこと、前庭に大きな蛇がいたので棒で打ったら、蛇は三つに切れて死んでしまった。
ところがそれからまもなく、今まで長年子供が授からなかった奥方が懐妊し、
月満ちて玉のような男の子を産んだ。

その翌年にもまた懐妊して男の子が生まれ、その次の年も男の子が産まれた。

揃いもそろって美男子で、しかも大変仲の良い三人兄弟。
長者夫婦は子供に囲まれ幸せ一杯だった。

しかし長男が20の年に死に、翌年次男がまた20歳で死に、三男も20歳で死んでしまった。
長者夫婦は息子のことを思い出しては嘆いていたがどうしてもあきらめられず、
ひと目でも息子に会いたいと思い、恐山まで向かった。

恐山の坊さんに事情を話し、息子達の霊を呼んでもらうのだ。
坊さんは、
「それならば息子を呼び出すが、姿はわしの袖をすかして見なければならぬ。声を出してもならぬ。」
といった。
坊さんが経を上げると、息子の姿が袖をすかして現れた。
長者夫婦は懐かしさのあまり、声をあげた。

すると三人兄弟の姿がひとつになり、巨大な蛇の姿になった。
蛇が語ることには
「わしはお前に殺された蛇である。
殺された悔しさに仇をとってやろうと、草の根わけて探しても子種の無い
お前達の子供として生まれてきた。
そうして機会をうかがっていたが、あんまり大事にされるので本望を遂げかねた。
悔しいぞ。」

と言って、ペカっと消えてしまった。

656 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 00:51:38 ID:foqsesVI0
長者は思った。

「なんてヘビーな話なんだろう・・・」

657 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 00:56:03 ID:5nbekG1i0
>>656
お前というやつはw

658 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 00:58:23 ID:Gphp3Khp0
でも>>655だけだと良い話だよねこれ

659 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 00:58:34 ID:ne9NMfaC0
恐山で思い出した。リアルの話。

観光で恐山に行った時、話の種にイタコに見てもらった。

婆さんイタコに友達のお爺さんを呼び出して貰ったんだけど
名前が『清巳(キヨミ)』だったせいか
出てきたのは友人の祖母を名乗る女の人だった。

で、訛り全開のキヨミバアサンがゴニョゴニョと喋っている最中
チラっと時計を見て、ゴニョゴニョいいながら
病院の薬袋を開いて、白湯入れて薬飲んだ。

明らかにイタコの意思あるじゃん。
つか、キヨミジイサンですらないじゃん。と呆れてたら
帰り際にしっかり8000円請求された。

『払わねーよ。インチキでももうチョイましに騙せよ。』ってゴネてたら
さっくり警察呼ばれた。

660 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 01:11:25 ID:DJg94IOI0
>>659
恐山は既に観光地だからなぁ。
本物のイタコさんは、いないんじゃないかな。


661 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 01:18:43 ID:Z93CiDEnO
>>659
それでどうなったのか気になる。

662 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 01:29:05 ID:400mL17uO
>>550
亀だけどワロタw

663 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 02:37:09 ID:vMOYorS30
>>659
まぁ、あれはエンターテイメントだからねぇ。

664 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 02:38:58 ID:vMOYorS30
>>550>>662
ロボット刑事も思い出してしまったのは、俺だけでいい

665 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 04:37:45 ID:qgOM9f1EO
当たらなくても占い師には易料を払うのと同じで
ウソ臭くてもそういうのはちゃんと料金を払わなきゃ駄目だろJK
イタコとかはある程度「わかってて」行くもんじゃないのか
どんだけDQNだよ

666 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 04:42:18 ID:znv6M2VlO
666!

667 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 09:17:34 ID:GCnRlR0Y0
30年以上大昔の話。女性自身とかのその手の雑誌に出てた
ルポタージュでした。
それは、恐山のイタコにまつわる悲しい人生。
目の見える人、見えない人もさまざまな事情を抱えた
女たちがイタコになろうと目指してやってくる。
しかし、想像を絶する厳しい修行を遂げたものだけが、真のイタコ
として、濃い霧の中のこの世とあの世の境目で
死者のお告げを語ることができる。
けれども、彼女たちは一生を、その代わりに、男を知ることも無く
白髪になっても下界の世界に戻ることは無い。
(イタコは、醜く老いさばらえた者ほど
ただしい死者の言葉を告げられるとされ、
年功序列らしい。)
どうしても、亡くなった人たちに会いたい
ひとは、馬鹿高いお金と引き換えに
死者とひと時、語らうことができるのである。

興味本位で、wktkでイタコって何みたいで読んだ子供の頃

上記で、思い出したけど、都市伝説みたいなルポを読んで
目が見えないというだけで、一生男も知らず
厳しい修行と徹底して、世俗とのかかわりを
もとうとしないイタコが大人になった今、後味悪かった。


668 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 09:42:06 ID:xzzhLvfu0
>>44
なんか知らんがめちゃくちゃ笑った。当時見たときは、私もすごい
ショックだったけど、最近YOUでみたら、なんか爆笑してしまった。

ジバンってロボットだから、もっとバラバラにして、コンピューター
いじって、仲間にしちゃえばいいのにって冷静に思ったよ。

669 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 14:17:13 ID:ANkgf3H60
つーかイタコの相場3kくらいってでてくるじゃん検索すると

670 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 14:20:36 ID:VrUEJQYL0
保険使えない病院の薬代が5kだったのかもしれん。

671 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 14:48:49 ID:L0Rz6njC0
テレビでイタコにマリリンモンローの霊を呼び出させたら、
青森弁で「わがもんろおだー(私がモンローです)」とか言ってたのを見た事がある。


672 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 16:44:48 ID:Ok+T2RWp0
星新一のショートショートで本物のイタコを発見した広告会社の社員が、
ベートーベンを呼び出してCMソングを作ってもらおうと考えたが、呼び出された霊は
耳が聞こえなくて全く話にならなかった・・・というお話があったな。

代わりに他の作曲家の霊を呼び出そうにもベートーベンに遠慮して出てこないし、
大物の作曲家にはベートーベンの代用品扱いはごめんだと断られる。

673 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 16:51:08 ID:foqsesVI0
>>672
じゃあ、コムロの霊を呼べばいいじゃん

674 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 16:53:00 ID:s4K8Cu2h0
>>673
マドモアゼル・モーツァルト

675 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 17:20:19 ID:cUp+8SXz0
派遣で、いろんな施設で
高齢者にパソコンを教えてるんだけど、
この間、ご夫婦で来ている方が
「新しいパソコンを買ったら、ここのパソコンと表示が違うので
ここで勉強しても家に帰ったら使えないので辞める」と言われた。
まあそれは仕方ない。
その先がすごかった。

・家に教えに来てほしい
・家のパソコンと電気代を使うことになるので、
 2人で1か月5000円にしてほしい(今は1人5000円)
・施設のすぐそばに住んでいるので、
 ここの帰りに寄ってくれればいい。(ので交通費はなし)
・施設の講座で余った配布プリントをくれればいい。(ので教材費はなし)
・これからは施設の配布プリントは、Vista用で作ってくれ。

676 :659:2008/05/30(金) 17:24:45 ID:kSvwaQ52O
後出しごめん

見料は先払いで払ってた。
帰り際に『お心任せのお礼』を払えと言われた。
じゃあ1000円…と思ってたら8000円請求されてモメたら
警察呼ばれた。

警察が間に立ってくれて結局1000円で話がついたよ。

677 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 17:25:57 ID:foqsesVI0
>>675
高齢者には
「ずうずうしい!」の一言が効果的。

やんわり断っても
「でも、だって、それくらい良いじゃない!」と
さっぱり理解してもらえないからね(´・ω・`)

678 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 17:31:01 ID:ootaKgwp0
>677のレスは>676にも使えますな

679 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 17:59:46 ID:ZkKHXD9U0
>>676
その場ですぐに見てもらえるイタコもいるんですね
知り合いが見てもらった時は、予約制と言われて
結構前から予約してたみたい。

680 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 18:02:42 ID:qgOM9f1EO
>>671
霊は英語で喋っているわけではないから、
あくまでも「イタコの身体と口を借りて」現世の我々と会話している
(ということになっている)。
だからクチヨセたイタコが青森弁なら
それがヘプバーンでもリズテイラーでも青森弁で喋る。

681 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 18:03:13 ID:ANkgf3H60
>>679
予約制の方が怪しい

682 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 18:23:59 ID:foqsesVI0
イタコのイ太郎、カップの味噌ラーメン

683 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 18:25:17 ID:kZRiGRwpO
いたこ☆プリメーラ

684 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 18:50:51 ID:bIdJm6mZ0
だれだっけな・・・。ものすごいトラウマ。

中年の男が部下とともに帰宅途中、背の高い黒ずくめの男が
男に「あと50日です」と声をかけられる。
誰かと思い、部下に確認するが見ていないと言われ、疲れただけだろうと
思いそのまま帰宅。だが次の日も黒ずくめの男に「あと49日です」
と声をかけられる。また次の日も言われたので、男は問い詰める。
黒ずくめの男は、にやけながらボソっと
「死神と考えてもらってかまわんよ。」

次の日から、男は病院へいって診てもらう。
しかし、異常なし。死神にそのことを伝えると、
「病気で死ぬとは一言も言っていませんが・・・」
確かにそうだ。事故、通り魔で死ぬことがある。男は気になり、
次は神社へお参りに行く。死神は
「願うだけで助かるのならば、苦労はしません・・・」
助かる手段がなくなった男。しかし死神のカウントは刻々と迫ってきている。
そこで男は忘れることにし、海外旅行にいくことにした。
さすがにそこまで死神は追ってこず、男は旅行を満喫した。

685 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 18:51:35 ID:bIdJm6mZ0
「お楽しみのようでしたね。ですがあと14日ですよ・・・」
帰国早々、死神はやってきた。一気に現実に振り戻された気がした。
男の妻は、近頃の男の奇行に疑問を持ち男にどうしたのか聞いた。
いまさら隠しておいても仕方がないだろう。死神のこと、自分があと
2週間も生きられないこと、すべて打ち明けた。
妻、息子はそのことに驚嘆し、パニックになったが
男は運命だから仕方ないとなぐさめた。どうやら理解してくれたようだ。

それからの2週間、男は近辺の整理をした。
自分の会社へ部下の態度報告・状況といった、部下に恨まれるような
ことをすべて社長に報告した。
会社にいづらくなるのでは?と心配されたが、
あと少しで死ぬのだから関係なかった。
死後の家族のために保険金をあげておき、死亡届出も印刷した。
そうしているうちに、死神のカウントはあと1日となった。

男は最後の食卓を家族全員で囲んだ。
今までの思い出話で盛り上がった。
そして最後だからと妻に旅行に金をつかってしまったことと
浮気をしたこと、それから息子に日記を見てしまったことを謝った。
2人は、自分も浮気をしたし、財布からお金をとったからおあいこだ。と男を許した。
夕飯がおわり、男は寝室へあがった。
「お別れだ。明日の朝、死亡届出をポストに入れておいてくれ。」
2人は泣いていた。
男は薬を飲み、床に就いた。しばらく寝たようだった。
まだ12時前か、と時計をみた。

686 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 18:53:40 ID:bIdJm6mZ0
A.M 3:00。
もう次の日になっていた。
「第一日でございます。」死神は元気よくいった。
どういうことだとたずねたが、死神は
「私は『構わない』といっただけです。『死神です』と断定はしていません。」といった。
まったく人騒がせな・・・。男は腑におちず、ブツブツいっていた。
すると黒ずくめの男は、ゆっくりかつ、ハッキリした声で言った。








「これからどうなさいます・・・。」

オレに文才があれば・・・orz


687 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 19:10:55 ID:foqsesVI0
乙!


そういえば、海外で
癌を告知された患者が、すべての財産を使いきったものの
実は誤診で、余命期間を過ぎてもピンピンしていた・・・
って事件があったね。

診断を下した医師を訴えてたけど、どうなった事やら。

688 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 19:20:40 ID:L0Rz6njC0
リズテーラー生きてっぺww

689 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 19:47:22 ID:ScKM+jSGO
ごめんゆとり過ぎて理解できねえorz

つまり死ぬ準備した主人公プギャーっていうこと?

690 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 19:51:03 ID:I+rNp8KO0
西原理恵子がイタコで末井編集長(健在)を呼び出したら
ちゃんと出たという話を思い出したな

691 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 20:20:14 ID:W1PJsqV80
>>689
そう。
死ぬ気の良心で家族同士で秘密を打ち明け、
会社にも密告まがいのことをやった。
黒づくめの男の目的は
「あなたがこれからどうするか、それを見るのが楽しみというワケで」

星進一ですな。

692 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 20:21:28 ID:W1PJsqV80
折角だから、投下しよう。
ゲームは荒れると承知の上で、
「MOTHER3」の話をさせてくれ。
マザーシリーズはアメリカンポップ調で
ホノボノしたグラフィックだが、
内容は結構ブラックで、
油断すると痛い目に遭う。
ことに3は全編通して、これ鬱展開。

舞台はとある島。西部開拓時代を思わせる、
村の人々もみな家族同然の小さく牧歌的な村。
主人公は頼りGUYなテンガロンハットのトーチャン、
優しいカーチャン、幼い双子の兄弟の家族。
仲良く互いを愛する描写のOPの直後、カーチャンが死ぬ。
兄弟の遊び友達でもある、
おとなしい恐竜にやられたらしい。
双子の兄が恐竜を追って飛び出し、更にトーチャンが追う。
しかしトーチャンが見つけたのは、改造され心を失った恐竜と、
幼い息子の片方の靴だけだった……

村に行商人が現れる。
商人は、物々交換で暮らす人々に
“お金”という素晴らしい物を教え、
幸せの箱(=テレビ)を配り、
素朴な村に文明の恩恵を広めていく。
時を同じくして、
村の周辺に奇妙なマスクを付けた軍隊が活動を始める……

ここで、数年が経過する。

693 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 20:22:09 ID:W1PJsqV80


村は近代化し、貨幣経済が定着した。
しかし物は豊かになったが、
どこか人々の心は乾きつつあった。
また、島に奇妙な怪物、
人為的に合成されたキメラが現れ始めた。
マスクの軍隊も暗躍する中、双子の弟は、
軍の“仮面の指揮官”が自分に似ていることに気づく……

冒険は、島を崩壊させる鍵を巡る攻防へ展開した末に……

マスクの軍隊の黒幕、ポーキーが姿を現す。
ポーキーはマザー2からのキャラで
、2の主人公の少年の幼馴染だが、
ワガママで自分勝手なポッチャリ系。
最初は世界を救う使命を背負った主人公に嫉妬し、
ことあるごとに邪魔する『クソガキ』程度の役だったが、
最終的には宇宙の破壊者たるラスボスをけしかけた果てに、
別次元へと逃亡した筈だった……
3で現れたポーキーは、病に冒された老人だった。
「ボクはあらゆる時と次元へと逃げ、全ての時間から、
 弾き出された。ボクはもう、
 永遠に死なない存在になった。
 老人のまま。頭の子どものままなのにね」
永遠のワルガキにとって、生き物をキメラにするのも、
平和な村を狂わせたのも、島を崩壊させることも、
時間潰しに過ぎない。
全て、強大な力を持つ子どもの、悪戯なのだ。

694 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 20:22:58 ID:W1PJsqV80

更には、主人公の住む島さえも、
ただの素朴な村ではなかった。

かつて高度な文明があり、
崩壊し、消滅した。ひとつの島を残して。
生き残った人々は、自ら記憶を改ざんし、
それぞれが『村長』『保安官』『恋人同士』
『家族』という架空の人生を作って、文明を封印し、村を作る。
村での暮らしは、
『登場人物が自分が役を演じていることを忘れたお芝居』
であったのだ。
文明の崩壊は、遥かな過去ではなく、
村人達が体験した出来事なのだ。
島が崩壊すれば、この世界は完全に無と帰す。
ポーキーは言う。
「それが見たい。
 世界が消えた後も、
 ボクだけは存在し続けるのだろうけど」

ポーキーを退けた弟の前に立ち塞がる、
仮面の指揮官。その正体は双子の兄。
改造され、心を失い、肉体は既に死んでいる。
弟を思い出し、母親の魂に導かれることを救済に、
兄も消滅する。
直後、鍵が発動して島も崩壊し、
画面がブラックアウトする。


695 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 20:24:30 ID:bfp1kiATO
>>617代ゼミか

696 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 20:25:15 ID:CsVFJmWMO
宜保愛子に子供の霊が乗り移った時は本当に子供の声だった…
声だけ差し替えたんかな?

697 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 20:25:38 ID:W1PJsqV80
真っ暗な画面に、
物語の中で出会ったキャラ達の声がする。
破壊の後に世界が再生されたこと。
再生された世界とプレイヤーの世界が隔たり、
彼らの姿を見ることができないことなどが語られ、
おしまい。

ダイジェストにするとこんな感じだが、
また枝葉のエピソードが一つ一つヤな話満載なんだ。
毒キノコ食って、幻覚で見たポストを覗き込むと、
「千匹の鼠の死骸が詰まっていた」
「向こうからも覗いていた」
とかさ。
しかもカタルシスのない終わりだしさ。

698 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 20:35:42 ID:4Q3bOFHK0
長文乙
確かに後味の悪いゲームだったな 2は名作だったのにどうしちゃったんだろう?
あと行商人がサルに電気ショック与えるとことかもうね

699 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 20:39:22 ID:EzkaJnfR0
マザー3はこの没ネタが入っていたらもっと後味が悪かっただろうな・・・
http://jp.youtube.com/watch?v=ubVnmeTRqhg

700 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 21:53:32 ID:lfaOq8Fa0
マザー3ってもともとデキが悪くて何度も発売中止を繰り返してたからな。
ファンの熱心な後押しでなんとか発売したけどやはりデキは悪いままだったんだろう。
それより発売前から「犯人はヤス」並の勢いで「ラスボスは兄」と貼られまくってたのが後味悪い。

701 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 21:59:47 ID:Gphp3Khp0
つってもイベント戦だけどな

702 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 23:12:49 ID:DJg94IOI0
MOTHER3悪くないだろwww
それどころか、続編を出すと宣言しておいて発売中止になったが、
結局は、ちゃんと完結させた(未消化は置いといて)
糸井氏には感謝してもいいくらいだ。

俺的には、2が評価されすぎているのが後味悪いな。
確かにいい作品ではあるけど、2と名乗っているのに
1との関連性が薄すぎる上に、世界観がまったく違う。
対象年齢の幅を広げている感が強すぎる気がする。


703 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 23:17:31 ID:Gphp3Khp0
>>702
1と2で発売時期に差がありすぎるんだから仕方ないと思うよ
SFCの2発売当事に話理解するためにFCの1買えってのも無理な話だろうし

704 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 23:24:37 ID:DJg94IOI0
>>703
そうかもしれんねぇ。

ただ、2が評価されてるのはいいんだけど
1も2に負けてないからやって欲しいよーって感じがするんだよね。
もちろんFCで・・・って無理な話か。

705 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 23:25:54 ID:7NSqc68h0
>村は近代化し、貨幣経済が定着した。
>しかし物は豊かになったが、
>どこか人々の心は乾きつつあった。
この時点で ウヘェー だな。

706 :692:2008/05/30(金) 23:32:37 ID:d1H9nK+d0
まあ、あの全編通した無邪気顔した悪意は、
ある意味でデキが悪いとは言い切れないんだけどねー。

でもオレとしては主人公側も悲惨なんだけど、
ポーキーがモヤンモヤンするんだよなぁ。

ある場所に“偉い人の部屋(おもちゃだらけの子供部屋。
AKIRAのタカシ達の部屋みたいな。
考えたら、見た目老人の子供も元ネタか?)があって、
そこで『トモダチのヨーヨー』というアイテムが手に入る。それって、マザー2の武器なんだよ。
それから、ポーキーの本拠地の町の映画館で、
マザー2のシーンが放映されている。
ポーキーの基地に博物館があって、
ここにも2の懐かしい品々が飾られている。

つまり、ポーキーは2の主人公の邪魔をしていたけど、
ポーキーがそれでも友達と呼べるのは2の主人公だけだった。
2の冒頭では、
「僕も世界を救う仲間なのか?ドキドキ」
とか言ってるし、どっかで、
「お前も来いよ」
って言って欲しかったのかなぁ。
なんかね、歪んでるんだよ。愛情的に。2のギーグもさ。

707 :692:2008/05/30(金) 23:32:57 ID:d1H9nK+d0
そもそも、MOTHERは善意が裏目出る話だよ。

1では、
ある夫婦が宇宙人の子供ギーグを拾い、育てる。
しかし、そいつは邪悪な種族で、成長して地球を攻撃。
夫婦の孫にあたる少年が立ち向かうも歯が立たないが、
祖母がギーグに歌って聞かせていた
子守唄のメロディを歌うことで、
邪悪な心にわずかに芽生えた愛により
ギーグが自己矛盾を起こし、撤退する。
「I’ll be buck!」と言い残し。

2では、
ギーグが再び攻めてくる。
しかしラストバトルまでに自己矛盾から
精神崩壊を引き起こしている。主人公に向かって、
「主人公・・・トモダチ・・・」
「タスケテ・・・タスケ・・・・」
「イタイ・・・キモチイイ・・・」
と呼びかけながら襲いかかってくるラストバトルは圧巻。
ここでポーキーはギーグを見限って次元の向こうへ逃亡。
1でギーグを逃がしたことが2の発端であり、
ギーグに愛を与えたことが彼を破壊した。

3では、
ポーキーを倒すor救えていれば、
悲劇はなかったかもしれない。
また2と3の世界につながりがあるなら、
3の始まった時点で2の主人公の守った世界は滅びている。

なんだか、もうね・・・

708 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 23:59:12 ID:AD5gYXZ00
いつまで語るんだ

709 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 23:59:54 ID:eQC5DzPtO
そのマザーとかいうゲーム、全然知らない人には今の話題ついてけてないし、
>>692からの説明も、全く知らないとところどころわからない部分があってストーリー理解しづらいし

今の話、あんまり長くならない程度にお願いします

710 :本当にあった怖い名無し:2008/05/30(金) 23:59:58 ID:3TVtEfIa0
マザー好きなやつはゲーム好きなやつの中でもかなり空気読めない。

711 :本当にあった怖い名無し:2008/05/31(土) 00:13:18 ID:fFF3Kmyn0
いま、コンビニで買ってきた島耕作マンガ読んでるんだけど、
いろんなエピソードが飛び飛びで収録されている。
ベトナムの工場を現地の娘さんと協力してどうにか始動させた話の次のエピソードがその数年後で
シマコーの上司が「あのベトナム工場も結局失敗に終わったし…」て言ってた。

712 :本当にあった怖い名無し:2008/05/31(土) 00:15:51 ID:prCsO1Ef0
まぁあれだ。
工場は失敗したが勝負には勝ったというやつだ。

713 :本当にあった怖い名無し:2008/05/31(土) 00:50:17 ID:Q5yoCfHgO
>>710
ゲーム好きはみんな空気読めないだろ

714 :本当にあった怖い名無し:2008/05/31(土) 01:24:17 ID:NFGwzP8t0
>>713
だから、中でも、って書いてるだろ。

715 :本当にあった怖い名無し:2008/05/31(土) 01:42:55 ID:FHkHrOGy0
喧嘩はやめよう

716 :本当にあった怖い名無し:2008/05/31(土) 01:44:11 ID:J0Q7WErz0
ル・グィン「ギフト」

その世界では、村ごとに違った不思議な力を操れる人々がいて、
その力のことを「ギフト」と呼んでいた。
主人公の少年は、視線で相手を殺すことが出来る「ギフト」の血筋なのに
年頃になってもいっこうに力が発現せず、肩身が狭い。

ある時父親と出かけた少年は、突然強力な力を発揮して木やその周辺を黒こげにしてしまい。
その後飼い犬を死なせてしまったために、力は強いが制御できないやつだと言うことになって、
その時から両目をおおう目隠しをして生きることになった。
皆から恐れられ、決して目隠しをはずせないまま何年も過ぎる。

主人公の母親はよその町の生まれで、父親が若かったころ仲間達とその町に出かけ
ギフトを使うぞと住人を脅かして連れてきた女たちのひとりだった。
それでも彼女は夫を愛していたが、その美貌に目をつけ言い寄ってきた男を拒んで
その男のギフトにやられてしだいに衰弱して死んだ。
そのいまわの際にも、主人公は目隠しをはずせなかった。

結局最後に主人公は、まったくギフトを持ってはおらず、
木を焼いたのも犬を殺したのも、その時近くにいた父親がやったことだったと分かっておわり。

717 :本当にあった怖い名無し:2008/05/31(土) 01:53:28 ID:N6urYiN90
ゲームの話は↓でやれ。専用スレあるんだから。
怖いと感じたゲームやマンガやアニメ 第15話
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1207651514/


718 :本当にあった怖い名無し:2008/05/31(土) 02:01:48 ID:BvDbZDfn0
ゲームだろうと後味が悪ければここじゃないのか?

719 :本当にあった怖い名無し:2008/05/31(土) 02:49:31 ID:3+fFtmcO0
書き込み例がそもそもゲーム話だしなw

とは言えゲームに全く興味のない自分としては
長々語り込むんなら専用スレへ・・・って気持ちも
理解できない事はない

720 :本当にあった怖い名無し:2008/05/31(土) 02:52:38 ID:iA/Ew1b/0
> 692 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/05/30(金) 20:21:28 ID:W1PJsqV80
> 折角だから、投下しよう。
> ゲームは荒れると承知の上で、


っていう目論見どおりなワケだな

721 :本当にあった怖い名無し:2008/05/31(土) 02:57:40 ID:J0Q7WErz0
まだやってるのか。んじゃもひとつ。

「女奴隷は夢を見ない」

主人公たちの仕事は人身売買。女を買って、オークションに出す。
騙されて売られた女、分かって売られてきた女、年齢も身分も様々取り扱った。
現在のストックは、両親に売られた女子大生、若い愛人が出来た夫に売られた人妻、盲目の外国人の少女など。

反抗的な女は、「教育」を専門に生業とする男に頼んでしつけて貰う。
そのしつけ方とは、暴力、強姦、説得のくり返し。
人妻は手ひどく「教育」され、男の「買われた先で気に入られて結婚して幸せを掴んだ女もいる」という言葉にはかない希望を抱く。
しかし、買われた先で酷い虐待を受けて、相手を殺して逃走した少女がいるのも事実だった。

主人公は盲目の少女が気になって、オークションまでの間、自分の部屋に呼んで
ウィスキーを飲ませたりチーズを与えたり、話をする。
少女は東南アジアの貧しい国の生まれなので、今の暮らしは幸せだという。
主人公は仲間に、盲目の少女を売らないように頼もうかとも思う。
実際、仲間のひとりの死んだ娘に似た少女は売られずに済み、ここで働いていた。
けれども、幼女の時から娼婦で性技にたけた盲目の少女は仕入れ値が高く、
結局主人公は「売らないで」とは言えなかった。

主人公達はある老人の屋敷に、以前売った女の下取りに行った。
その女は、酷い虐待のせいですっかり身も心もぼろぼろになっていた。
主人公達は、こんどオークションに出す女達はこいつに落とされないといいね。などと言い合う。

オークションの当日。
女子大生はすっかり混乱したため、十字架みたいなものに貼り付けにされて競りに掛けられた。
人妻は、美しく化粧をして、ストリッパーの舞台のようにふるまった。
そしてふたりとも、あの老人に競り落とされた。
盲目の少女は別の男に買われ主人公のことはすでに忘れかけ、こんどは何を食べさせて貰えるかを考えていた。


722 :本当にあった怖い名無し:2008/05/31(土) 03:59:40 ID:iA/Ew1b/0
続きないのかよw

723 :本当にあった怖い名無し:2008/05/31(土) 04:08:18 ID:1ktanC2F0
後味悪いっちゅうか、中途半端っちゅうか。

定番だが、盲目の少女が老人に競り落とされそうになり、主人公が
大きな犠牲を払ってそれを阻止するという一段階が欲しかった。
(でないと、老人の出る意味がないと思う)

主人公がそこまでしたのに、主人公のことをすっかり忘れてる盲目の少女、
というほうが後味悪いと思うんだが。

724 :本当にあった怖い名無し:2008/05/31(土) 04:25:51 ID:hwHXPUt+0
ただ世間話しただけの奴をいちいち覚えてらんないよなw
自分は大変な状況にあるわけだし。

725 :本当にあった怖い名無し:2008/05/31(土) 07:50:25 ID:AihpO5EXO
エロ8割ストーリー2割の実用書じゃないのか?

726 :本当にあった怖い名無し:2008/05/31(土) 09:12:23 ID:vTxN3j1e0
「永遠に苦しむ」という話が一番怖い。

ここで読んだか、違ったか。
タイトル失念の漫画の話。
主人公は友達から
『ボタンを押すと10万円が出てくるが、
精神だけが何もない真っ白な空間の飛ばされ、
1万年(不正確)を過ごした後に
ボタンを押した瞬間に戻ってきて、
無の部屋の記憶は消える』
というボタンを渡され、押してみる。

無の部屋は本当に何もなく、
百年で主人公は退屈のあまり廃人化しかけるが、
やがて思索に耽り、悟りを開いて宇宙の真理に至る、
神の領域のモノスゴイ精神状態へと上り詰める。

と、いうところで一万年経過。もとの場所へ。
主人公は一万年の思索を全て忘れ、
手もとの10万円を見て大喜び。
ラストのコマではボタンを16連打しているところで終わる
(客観的には連打だが、その度に無の一万年を体験している)。

ギャグ漫画らしいが、笑えねーよ。

727 :本当にあった怖い名無し:2008/05/31(土) 09:12:54 ID:vTxN3j1e0
S・キングで最悪に怖い『ジョウント』。

ジョウント=瞬間移動システムによる
惑星間旅行が実用化された近未来。
ジョウント空港にて出発待ちの家族、
父親がジョウント開発の歴史について話している。
発見当初、ジョウントは生物を送れなかった。
ジョウントさせたネズミは肉体に変質はないのに、
なぜか死んでしまう。
死刑囚から志願者を募った研究などで、
どうやらジョウントは物理的には瞬間移動だが、
精神は永遠に近いような時間を体験してしまうこと、
ただ眠ってさえいれば精神的影響を回避できることが判明する。
なので、今は麻酔をかけてジョウントするのだ、
と父親が語ったことで時間が来て、
係員が吸気麻酔を運んでくる・・・
父親が火星で目覚めると、辺りが騒がしい。
見ると、騒いでいるのは彼の息子。
麻酔を吸わずに寝たふりをしていたのだ。
「パパ、思ったより長かったよ!」
好奇心から永遠を除いた息子は発狂しており、
その目は遙かな時間を見てきたように古い・・・
息子は自らのその目を潰し、運ばれて行った・・・

麻酔効いてるかくらい、確認しようよ・・・orz
というツッコミは別にしても、怖い。
特に父親が家族には言わなかったジョウント唯一の事故例
『妻の浮気相手を、全ての出口ゲートを閉じた
 状態でジョウントさせた技師』
証拠はなく、
被害者も永遠に出口のない
時の狭間を彷徨い続けるため完全犯罪、だそうで。

728 :本当にあった怖い名無し:2008/05/31(土) 10:07:17 ID:sXJj+zdj0
パパ!案外長いよ!パパ!案外長い!


729 :本当にあった怖い名無し:2008/05/31(土) 10:16:51 ID:it656HQ90
こ、これは何年か前このスレで一世を風靡した
「パパ!案外長いよ!案外長い!」の話じゃないか。懐かしいw

730 :本当にあった怖い名無し:2008/05/31(土) 10:38:54 ID:kppeZP3FO
父上!案外長いでござる!

731 :本当にあった怖い名無し:2008/05/31(土) 11:12:41 ID:tABhcbpc0
キリスト教色がにじみ出る話ですね

732 :本当にあった怖い名無し:2008/05/31(土) 14:38:50 ID:zzHFpOUf0
案外長いktkr!


733 :本当にあった怖い名無し:2008/05/31(土) 15:29:27 ID:9sx1tQuk0
>726 自分もここで見た覚えがあるよ

734 :本当にあった怖い名無し:2008/05/31(土) 15:35:59 ID:Qe/m8GBXO
書き込み主の自演でブームが沈静化した伝説の「パパ!案外長いよ!」でしたか

735 :本当にあった怖い名無し:2008/05/31(土) 16:08:25 ID:9sx1tQuk0
自演なんてあったっけ?忘れたしどうでもいいよ

736 :本当にあった怖い名無し:2008/05/31(土) 16:13:17 ID:cEQxuWhl0
>>734
kwsk

737 :1/3:2008/05/31(土) 18:56:54 ID:3S9x/9uY0
火色の椅子

とある架空の王国が舞台。
青年ナギは、王座を狙う悪名高いバジ一族の者。
だが本人は特に権力争いには興味がなく、本を読むのが趣味。
戦の時も率先して斬り込みにいこうとするタイプではなかった。
戦場では、腕の立つ兵士の中に、女性兵士が二人いた。
一人はキラ。いい家出身で、綺麗な服に汚れ一つつけず華麗に戦う。
一人はヨダカ。キラとは反対に、ダイナミックに敵を斬りまくり、返り血で常に真っ赤な姿をしている。
ヨダカはその姿から「赤い星」と呼ばれ尊敬されており、ナギも彼女に惹かれていた。
だが、ヨダカは国王といい仲になってしまい、戦いを嫌うようになった。
王のことだけを気にして、血まみれになるどころか少々の服の汚れも気にし、
「もし王に嫌われたらどうしよう」と言って怯えて泣いた。
弱々しいただの女となったヨダカの姿は、かつての凛々しさを知る者には醜悪とも思えた。

ナギたちがある戦から帰ってくると、ヨダカは王都を追い出され行方知れずとなっていた。
王の子を孕んだヨダカを危険視したバジ家の者が、王を唆し追放させたのだった。
なんであんな糞一族に生まれちまったんだろとナギは鬱になるが、数年後ヨダカの所在を突き止めた。
ヨダカは出産後に体を弱くして亡くなってしまっていたが、息子はその辺境の村ですくすくと育っていた。
その息子・ルカは、ナギが名を名乗った瞬間に、恐怖と侮蔑で顔を歪ませた。
恐らくはヨダカから、自分を捨てるよう唆したバジ家への恨み事を聞かされて育ってきたのだろうとナギは理解した。
それと同時に「ルカは、憧れの存在だったヨダカの子であると同時に、我々から星を奪った者の子供でもある」
とナギは思い、衝動的にルカをフルボッコにした。

738 :2/3:2008/05/31(土) 18:58:33 ID:3S9x/9uY0
幼い息子に恨み事を言い続けるような人物に成り下がったヨダカが死ぬまで暮らし、
それらの原因ともいえるルカが現在暮らしている辺境の村を、ナギは忌々しいものとして感じ始めた。
バジ家は勢力を伸ばし続けており、その気になればナギが王座を手に入れることも可能だった。
王の血を引くルカも、擁護してくれる者がいれば王座につくことはできる。
ナギはルカにそのことを告げ「もしも私が王になったらこんな村焼き滅ぼしてやろう」と言い
「椅子取りゲーム」をもちかけ去って行った。
一連の出来事で「子供殴るなんて俺も屑人間じゃん こうなったら屑道突っ走ってやんよ」と
ナギは開き直って外道なこともするようになり、バジ家内での地位を高めていった。

数年後。王が死に、バジ家はバリバリ王座を狙っていたが、
反バジ派の従者はそれを阻止すべく、ルカを探し出した。
ルカは仲の良かった少女・セツに別れを告げ、孤児の少年を連れて村を出た。
実はルカは、貧しさから過酷な労働をし続けていたために体を壊しており、
あと数年で死ぬだろうと医者に宣告されていた。
「王座を守るため、もっと生きられるルカが行くべきでしょう」
ルカは道中で従者に、少年を自分の替え玉にするよう持ちかけた。
村を焼かせないため、そして、風の噂にでも自分は生き続けているのだとセツに思わせるために。
従者との会話は、刺客にルカが襲われたことで果たされた。
その刺客は、ナギと同じ理由でルカに逆恨みをしているキラが遣わせたものだった。
「もしかしたらルカはまだ生きているかもしれない
 いつかルカが現れた時のためにも、王座を守る者が必要だ」
と言いくるめられ、少年は王座につくことになった。

739 :3/3:2008/05/31(土) 19:02:42 ID:3S9x/9uY0
数年後、ルカの姿を一目見るためにセツは王都にやってきた(第一話はここからはじまる セツが主人公)
だが「ルカ」として現れた少年は別人だった。少年から事情を聞いたセツは、
ルカ探しを初め、ルカがどこかで生きていることや、ルカの母の素情などを知っていく。

最終回で、キラは私兵を連れ、王城を攻め立てた。
前王を殺すために蓄えた戦力だったのだが、
その前に王が亡くなってしまったので、キラは怒りのやり場を
前王の血を引く者や、王の象徴である城に向けるしかなかったのだった。
「王」として命を狙われる少年と、それを守ろうとするセツの前に、ルカがやっと姿を現した。
彼は医者の宣告よりかは長生きできたものの、どちらにせよもう長くはないという。
「長い間すまなかった 名を返してもらうよ」
重傷でまともに動けない少年とセツを無理矢理逃がし、ルカは王の服を纏ってキラの襲撃を受けた。

その戦いの中、キラはユダカへの百合心を語りながら死亡。ルカは生死不明となった。
ナギはすっかり意欲をなくし、次の王はバジ家の中では珍しい善良な人格の者が継ぐこととなった。
少年は自分の本当の名前をセツに告げ、二人はぼろぼろなものの、新たな道を歩みだした。


かなりストーリーうろ覚えだが、ルカの親とその仲間たちがひどすぎた。
ルカは生活費だけではなく、ヨダカの治療代も稼いでいたから、
逆恨み連中を抜きにしても結局ヨダカのせいで死んでいた。

740 :本当にあった怖い名無し:2008/05/31(土) 19:08:55 ID:xbVP+tYV0
昔読んだ漫画で「終わらない夢」を見続けている男の話というのがあった。

最初はすごくリアルな夢の中で一日を過ごし、目覚めてみるとほんの数時間眠っていただけ
だったのが、だんだんと夢の中で過ごす日数が長くなる。
1週間、1ヶ月、1年間・・・

ものすごくリアルな夢で現実と区別が付かない。
夢の中で何年も過ごし、目覚めて見ると1日も経っていない。
とうとう病院に入院したものの、一向に症状は改善せず、むしろ酷くなる。
(ただし、精神異常として扱われなかったのはせめてもの救いだったが)

ついには夢の中で何千年も過ごすようになり、容貌も怪物じみたものへと変化していく。
目は潰れ、髪の毛は抜け落ち、頭部は異様に巨大化し、反対に体は痩せ細り・・・

「このままでは永遠に覚めない夢を見るようになるんだろう」
最後に眠る前に患者はそう言い残して、夜明けとともに粉々になってしまった。

741 :本当にあった怖い名無し:2008/05/31(土) 19:09:48 ID:xbVP+tYV0
その患者の担当医は、もう一人別の患者を抱えていた。
麻美という若い女性で、彼女は病気に蝕まれて余命いくばくもない。
周囲がいくら誤魔化しても助からないことはすでに知っており、そして死を非常に恐れている。
「もうすぐ死ぬなんて嫌だ。時間が経たなければいい」
毎日のように泣き叫び、ひたすら怯えて過ごす。

医者は、あることを思い付いた。
粉々になった患者の体は保存しているが、その一部を彼女に与えてみてはどうだろう?

効き目は、すぐに現れたようだ。
久しぶりに落ち着いた様子を見せた彼女は、静かに医者にこう言った。

「先生、最近夢がすごく長いような気がするんです…」

742 :本当にあった怖い名無し:2008/05/31(土) 19:27:31 ID:CnHH+jQX0
伊藤潤二だね
後味悪いのとか気味悪いのでも
なんとなくスッキリした気分になる潤二マジックw

743 :本当にあった怖い名無し:2008/05/31(土) 20:37:32 ID:kbGeMeJI0
>>740
伊藤潤二の「長い夢」か。
主人公の見たという夢で「トイレを8年間探す夢」が地味に嫌だったw

744 :本当にあった怖い名無し:2008/05/31(土) 21:02:43 ID:iA/Ew1b/0
740-741読む限りでは全然後味悪くないな

745 :740:2008/05/31(土) 21:40:49 ID:xbVP+tYV0
>>742 >>743
ありがとうございます。
作者の名前を今知りました。
ずっと気になってはいたんですが。

ググってみると他にも色々書いてるみたいなんで、明日にでも書店回ってみます。

746 :本当にあった怖い名無し:2008/05/31(土) 21:43:24 ID:blJvV+Lc0
ショートショートは基本的に後味悪いものが多い

747 :@:2008/06/01(日) 03:38:34 ID:xaqzdhHc0
誰の小説だっったか忘れたけど
新作ゲームの実験台になった男が現実と虚像の世界がわからなくなってしまった
話は後君が悪かった。細かいところ忘れたけど、
 
ゲーマーであるAは新作ゲームの実験台となる。もともと金に困っており
ゲーマーでもあるのでその新作にふれ金までもらえるのはうれしい話。
しかもその上かわいい女の子までパートナーに選ばれた。これは楽しむしかない。
ゲーム自体も今までのテレビ画面を通すチンケなものではなく、全身を機械装置に
いれ、自らの脳で操作するバーチャルなもので大興奮。しかし新作だ。実験台だけに
失敗も付きもの。何度か途中で息苦しくなったり、目の前が真っ暗になったり
怖い思いすらしたことがある。
ゲームは会社の人が秘密にしている「研究室」でやっているそうだが
実は実験台の二人はその「研究室」がどこなのか知らせてもらえない。
無論実験するときはいつもそこに行くのだが車に乗せられ目隠しのようなものをされて
全くどこへつくか分からないのだ。


そうしてゲーム尽くし、かわいこちゃんとも仲良くなっていくうれしい日々が続くが
ある日、かわいこちゃんB子がしてはいけないいたずらを思いついたのだ。
それはいつものように目隠し車に乗っている際のこと、彼女が窓ガラスに貼られているスモークに
傷をつけ場所の確認をしたのだ。ほんの数ミリ程度の傷だったがこれでどの辺を走っているのか少し
道のりがわかったようだ。だからと言って特になにをしようとも思っていない、ただの好奇心だったのに。

ゲーム会社の担当からの契約には「決して研究所のありかを探ろうとはしないでください、そしてこのことは
決して誰にも口外しないように」とあったのだから。

748 :A:2008/06/01(日) 03:39:50 ID:xaqzdhHc0
その数日後ゲームの最中にゲームがいきなり中断された
「Aさん、あなたのお姉さんが事故にあわれたと連絡がありました。すぐに病院へ!」と会社の人に声をかけられ
一目散で病院へ向かったAとその会社員。しかし病院へ付いたあときいてまわるが
「そんな人は知らない」「連絡もしていない」と。
その後Aは姉に電話するがそこではいつものように生き生きとした姉が・・
なぜ?誰がこんなことを?と思ったその時、
 「変ですね?どうしてうちの会社に連絡が来たのでしょう?ここは誰も知らないはずです。どうしてAさんが
うちのゲームをしていることを知っているのでしょうか?」とつぶやいた。
その後いろいろと思考した揚句考え付いた答えは「ライバル会社が目をつけてきた」ということだった。
そのため実験台となっているAをおびきよせたんだ、
「Aさんに何か害が及ぶことも考えられます。十分気を付けてください。」 と、

しかしAにはその時に言えないことがあった。それはB子が約束を破り、車の外を見たから。
もしかしたらそのことが会社の上の方にばれてしまったのかも。もしそうなら今頃B子は?!

ふと、車の後部座席の窓ガラスを見るとこの間ほんの少し傷つけたスモークが貼り替えられていた・・


数日後、B子が気になるもゲーム会社からお呼びがかからない日が続き、「もしかして首になるかも」と
思ったころ会社からお呼びの電話が。早速行ってみたところ、そこにはパートナーのB子の姿がなく
代わりにいかにもゲーマーという感じの学生風がいた。
「B子さん、Aさんが病院に行った日にもうやめますと電話が来たんだよ。だから数日前から
彼に来てもらってる」と。
まさか、彼女もかなりのゲーム好きでこの企画を楽しんでいたのに。
それに仲良くなりかけていた自分、秘密を分かち合える只一人に自分に何も言わずやめるはずがあるか!と
思い立った彼はB子から聞いた住所をたずねて行くが。


749 :B:2008/06/01(日) 03:40:26 ID:xaqzdhHc0
B子のアパートに差し掛かったところで彼女の部屋かと思われるあたりに女性の影が見えた。
B子だと思い走り寄るが実は彼女はB子の親友C子だった。C子はいう。
「B子が数日前から帰っていない。どうなっているか分からない」
聞いてみるとC子はAが何者かに病院の呼ばれた日から彼女の家に泊っているそうだが
その日からB子は帰っていないという。
Aは問う。「本当にB子を見てないの?泊っていたんでしょ?」
「本当よ。私たちは親友でお互いの家の鍵を持ってるから好きな時に互いの家に行ったり
泊まったりできる。この間から勝手に泊ってるけど、その時からB子は見ていないわ」

いくら親友だからと言って住人のいない間に合鍵を使い人のうちに入り込むだろうか?
もしかしたらこの女はライバルゲーム会社の人間で自分を陥れようとしているのではないか?
Aは「Aさんに何か害が及ぶことも考えられます。十分気を付けてください。」という言葉を思い出していた。
しかし実際に害が及んだのはAではなくB子だったのだ。


結局C子は本当にB子の友人だったらしい。自分の考えを恥ずかしいと思いながらも
もうひとつ思いついていたことをC子に打ち明け始めた。
B子が会社の車のガラスに傷をつけたことを告白した。
「もしかしたら内部の会社のやつらが、契約違反だと知って制裁したのかもしれないわ」とC子。
考えれば考えるほど怪しい。信じられない装置やゲーム内容。そしていくら新作とはいえ
あれほど内密にやる意味が分からない。
「実際は何か怪しい組織なのかもしれないわね・・」
そうなのだ。C子から出た言葉はまさしく
Aがうすうす感じていたものズバリだったのだ。



750 :C:2008/06/01(日) 03:41:00 ID:xaqzdhHc0
AとC子はいろいろな情報を新聞記者の協力もあり、あの研究所、研究所長にまつわる
忌わしい話を探り当てたのだ。「だからこんな風に隠していたんだ」と思わせる事件が隠されていた。

これでB子があの研究室にとらわれていることは確実だった。「すぐに助けに行かなくちゃ!」
今まで奴らが必死になって隠していた研究所の場所も確認したし、二人はそこへ忍び込む。
要塞と化した研究所もいつも以上に怪しく恐ろしい闇と空気が広がる。
その時だった。C子が研究所所長にとらわれた。「どうやらここの秘密を知ってしまったようだな、
仕方ないこの女もお前もB子のように始末しなくてはならない」と。
C子を人質にされたままエレベータを乗ることを強要され、そのまま3人でエレベーターに乗る。
その隙を見てAは所長に襲いかかった。一発逆転だ!と思ったちょうど上から霧状のガスが降ってくる。
遠くなる意識の中でAは思った。

 「おれはB子を助けられなかった。それだけではなく奴らの本当の目的も分からず、しかもC子まで
危険にさらしてしまった。」


Aは咳きこんだと同時に目を覚ました。
いきなり明るくなる目の前
そして知っている数人の顔、声。
「どうでした?」「すごいここまで出来たんだ!」「もう少しでクリアだったのにもったいない!」などなど。
Aは意味が分からない。
「今のは全部ゲームの中の出来事だよ」と微笑む所長。
あれがゲーム?あのリアルな感触が?感覚?
「そうよ、Aさんすごい。さすがだわ!」と満面なB子の顔まで見える。
いったいどこからどこまでがゲームだったんだ?と聞いた見たところ
「病院に行けと声をかけたところから今の今までだ、君はあれからずっと機会の中だったんだよ」とのこと。
だから病院にも実際はいっていない、B子の失踪もなかった、もちろんB子の代わりにきたゲーマーも
C子もゲームの登場人物だったのだ。

それからAは山奥に逃げることとなる。誰かが自分を追っかけてくるのではないか?
自分はまだゲームの中ではないのか?もしかして自分自身ゲームの登場人物であり実際には存在していないのではないか、
と妄想しながら。

751 :本当にあった怖い名無し:2008/06/01(日) 04:01:44 ID:xaqzdhHc0
追記、
下手でごめそ。
小説ではどちらかというとB子よりはC子とAが一緒にいる描写も多いし
一生宅連となるので、それが実はゲームの中での登場人物でしかないというところが
マジでうすら寒くなるくらいあと気味悪かった。
もう何も信じられないっていうのがすごく伝わってきたもので。

752 :本当にあった怖い名無し:2008/06/01(日) 04:05:20 ID:jEZJFX5tO
Aの姉は無事なんだよな?

753 :本当にあった怖い名無し:2008/06/01(日) 04:07:12 ID:xaqzdhHc0
>>752
ウン。姉はいるけど事故自体がつくられた話。というかゲームの中で
Aが聞いていたことだから

754 :本当にあった怖い名無し:2008/06/01(日) 04:11:37 ID:j+bRqdgv0
>>737
「緋色の椅子」だよ

755 :本当にあった怖い名無し:2008/06/01(日) 04:13:32 ID:1boRN6FAO
一生宅連したいす

756 :本当にあった怖い名無し:2008/06/01(日) 04:14:18 ID:oQFWcAmiO
>>751
一生宅連って君が考えた言葉?


757 :本当にあった怖い名無し:2008/06/01(日) 04:18:03 ID:xaqzdhHc0
ス、すみません
一蓮托生でつね・・

758 :本当にあった怖い名無し:2008/06/01(日) 04:26:19 ID:WIGjfjRw0
全宅連
ttp://www.zentaku.or.jp/

759 :本当にあった怖い名無し:2008/06/01(日) 04:38:17 ID:jEZJFX5tO
>>753
なるほど。
ありがとうございました。

760 :本当にあった怖い名無し:2008/06/01(日) 05:31:09 ID:OvUFXVAy0
>>728
懐かしいのと思い出し笑いで吹いたwww

761 :本当にあった怖い名無し:2008/06/01(日) 05:34:36 ID:D7OHvLmK0
>>747
岡嶋二人の「クラインの壺」だね。
主人公はゲーマーというより、ゲームブックの原作募集に応募したことがきっかけで、
ヴァーチャルゲーム「クライン2」の製作にかかわることになった青年。
いわばシナリオ作家のような立場で、ゲームのテストプレイヤーとなる。

で、最後、自分がいるのが現実世界なのか虚構世界なのか
わからなくなった主人公は、どこかの山荘に逃げて、自分の体験を手記に書く。

ここが「壷(ヴァーチャルゲームをプレイする時に入る装置のこと)」の
「内」なのか「外」なのか、もうわからない。
書き終わったら、風呂に入って手首を切ろう…
ここが「内」ならばゲームオーバーで目覚めるだけだ、「外」ならば…。でエンド。

何が真実で何が虚構なのかわからなくなってくる恐怖感、
考えても考えても堂々巡りになり抜け出せない絶望感が、じわじわくるw

762 :本当にあった怖い名無し:2008/06/01(日) 06:08:29 ID:3tMG5tYd0
誰かに話しかけてみて

「○○村にようこそ!」
「武器や防具は装備しないと意味が無いぞ!」
「昨夜はお楽しみでしたね」

こんな会話だったら、そこはゲームの世界。

763 :本当にあった怖い名無し:2008/06/01(日) 06:44:44 ID:v2vDwbGIO
ワロタ

764 :本当にあった怖い名無し:2008/06/01(日) 09:57:14 ID:GlozO1h+O
クラインの壷懐かしいな!
10〜15年くらい前の作品じゃなかったか
バーチャルリアリティもインターネットもあまり普及してない頃だったから
当時、ものすごい斬新なストーリーだと思ったよ

読後感の怖さはSFというよりホラー

765 :本当にあった怖い名無し:2008/06/01(日) 10:19:30 ID:bcTP2wVp0
クラインの壷ってドラマ化もされてたよね

766 :本当にあった怖い名無し:2008/06/01(日) 10:29:09 ID:lVDpGJx70
NHKでやってたね
佐藤藍子が出てた
主役がぶっさいくだったなあw

767 :本当にあった怖い名無し:2008/06/01(日) 10:58:14 ID:KRjNrFEQ0
>>747,751
後味を「あときみ」って思ってる?
リアルで口に出して人に言う前に、正しい読み方を覚えるんだ!

768 :本当にあった怖い名無し:2008/06/01(日) 12:35:59 ID:x1R7YrOr0
小学生が一生懸命書いてくれたんだろうね。マジで
中学生ならヤバい、高校以上なら樹海という手もある

769 :本当にあった怖い名無し:2008/06/01(日) 13:06:06 ID:vAM3z5Tn0
マジレスすると、
後気[BackSpace]味
じゃね?


770 :本当にあった怖い名無し:2008/06/01(日) 13:12:29 ID:OvUFXVAy0
>>764
そういえば昔(25年くらい前)、ボンボン(かコロコロ)で
プラモデル屋さんが作った電気椅子みたいな装置に座ると
自分で作ったプラモデルに乗ってジオラマ内で戦えるって話があった。
今思えばあれもバーチャルリアリティの走りだったんだな。

771 :本当にあった怖い名無し:2008/06/01(日) 13:41:57 ID:3tMG5tYd0
あの技術力があるプラモ屋の親父って
一体何者だったんだろうなw


772 :本当にあった怖い名無し:2008/06/01(日) 14:09:06 ID:IOwBhu+j0
プラモ好きが極まったあまり会社をやめ、ベンチャー企業を
設立してガキを相手にあくどく稼いでる天才技術者のおっさん。

773 :本当にあった怖い名無し:2008/06/01(日) 17:39:46 ID:Kwukpw9X0
泉鏡花 「外科室」

将来を嘱望されている青年医師の元に、一人の美しい公爵夫人が訪れる。
公爵夫人は、胸に重い病を患っており、すぐさま夫をはじめ家族が見守る中、
その青年医師が執刀することになる。

青年医師がその夫人に麻酔をかけようと、彼女は頑なにそれを拒む。
「麻酔はうわ言を申すと聞きます、私には心の奥にひとつ秘密がある。
それを聞かれたくはないのです。」と。

仕方なく、麻酔なしで彼女の胸にメスを入れようとしたそのとき、
その婦人は突然そのメスを奪い取ると、自分の胸に深く刺し
絶命していく。
「あなたは、私を知りますまい。」
「いえ、忘れておりませぬ。」
その医師の言葉に、うれしそうに微笑みながら。

実はその二人、10年前に桜の花が咲き乱れる小石川植物園ですれ違い、
言葉を交わすことはなかったものの、互いに相手への思いを秘めていたのである。
10年間一度たりとも会うことはなかったが、一途に思いを貫き、
その青年医師もまた、夫人が亡くなった翌日に身を投げ命を絶つ。


っていう話なんだけど、たった一度ひとめ見ただけで
10年も、それも自殺するほど好きだっていうのも無理がある設定なんだけど、
家族の前で、執刀医に恋の告白して自殺するっていうのがなんとも。
それも確か、まだ幼い娘もいたはず。
残された伯爵はどーすればいいのよ。
それも医者がそんな簡単に自殺してどーするのよと。
実際読むと、その文章の美しさに感動するんだけど、
あらすじにして書くと、個人的にどうにもモヤモヤする話です。

774 :本当にあった怖い名無し:2008/06/01(日) 17:41:08 ID:Kwukpw9X0
>青年医師がその夫人に麻酔をかけようと
    ↓
青年医師がその夫人に麻酔をかけようとすると

775 :本当にあった怖い名無し:2008/06/01(日) 17:52:57 ID:Qku0n3ne0
本当の話かどうかは知らないけど、平安時代だかいつだかに
同じような事があったらしい。
お屋敷の廊下を歩いてる女と、庭に居た男が一目ぼれ。
結局一生話をする事も無かったが、
死ぬまで相手を思い続けて二人とも独身のまま。

平安時代には美しい女を口説いている時に、
相手が屁をこいた事に絶望して出家した男もいるらしいしな。

776 :本当にあった怖い名無し:2008/06/01(日) 18:08:18 ID:FWkFEAeh0
ブボボ(`;ω;´)モワッ

777 :本当にあった怖い名無し:2008/06/01(日) 18:11:20 ID:3tMG5tYd0
      ∧_∧         ∧_∧
   .  (`;ω;´)        (`;ω;´).     放    絶 絶  ブ
     /    ヽ       /    ヽ、.   屁    対 対  ボ
     | |    | |        | ∧_∧| |    テ    に に . ボ
     | |    ヽヽ ∧_∧.| (`;ω;´) |   ロ    .だ 許  モ
     .| |∧_∧ヽ(`;ω;´)/´     (___)  被    ! さ   ワ
     | (`;ω;´)∪   ヽ  |     / )   害      な   ッ
     (_/   ヽ | |___.(⌒\___/ /   者      い  
      |     ヽ、\   ~\______ノ|.   の      .!
   ____|    |ヽ、二⌒)        \.   会          
   |\ .|    ヽ\..|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
   |  \ヽ、__  .|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
.      \     \


778 :本当にあった怖い名無し:2008/06/01(日) 18:11:31 ID:SmUBKrQW0
なんつうかキモイ二人だな。今でいうストーカー気質だな。

779 :本当にあった怖い名無し:2008/06/01(日) 18:55:01 ID:tpd20uf60
   /  \      / ヽ
   |    ● (_人_) ●  |
   ヽ_ ) )     _) )ノ  絶対にだ・・・
    /:::::( (:| ┏━━━┓
    |::::|::>:| ┃ ( ・)(・)┃
    ヽ__(⌒) (__人_) (_)
     |:::::::|ニ┃ヽ`ー' ノ┃
       T::::::::┗━━━┛
      |:::::::::::|:::::::: |
      |::::::::: |::::::: |
      ( ̄ ̄)  ̄)

780 :本当にあった怖い名無し:2008/06/01(日) 19:46:24 ID:p6GntHU00
>773
自分はそういうの受け入れられるな。現実とは別の話だから。

781 :本当にあった怖い名無し:2008/06/01(日) 20:12:34 ID:Qku0n3ne0
屁に何か辛い思い出でもあるのか?w

782 :本当にあった怖い名無し:2008/06/01(日) 21:03:39 ID:lVDpGJx70
>>773
それ、吉永小百合で映画化してなかったっけ

783 :本当にあった怖い名無し:2008/06/01(日) 21:10:31 ID:D4Ksr3qR0
してたよ 上映時間が50分しかなかったんで1000円でやってた

784 :本当にあった怖い名無し:2008/06/01(日) 21:15:17 ID:8IL5L3Oh0
外科室がストーカー気質二人の話なら、
八百屋お七なんて妄想地雷女以外の何者でもなくなるな。

785 :本当にあった怖い名無し:2008/06/01(日) 21:41:07 ID:TGAiVPew0
>>466
長者も間男もDQNも…
ポンと大枚五十両とか百両とか出せるって、すっげー金持ちばっかだなw
一両を今の価値に換算すると恐ろしいことに…。

786 :本当にあった怖い名無し:2008/06/01(日) 21:43:18 ID:j8DasDMO0
>778
ストーカーは相手の意志を尊重せず、一方的に無遠慮に思いを寄せる
というか欲望を突きつけてる犯罪者。
それぞれ相手のことを思って、耐えて忍んできた
秘めた両思いの恋心とは全く違う。

それぐらいも分からんとは、ホントに日本人か?

787 :本当にあった怖い名無し:2008/06/01(日) 21:56:42 ID:omGOOSZG0
>>786
少なくとも女性は、最後に家族をほったらかしにして自殺した時点で
耐え忍んだもへったくれもないと思う。
相手のことは考えても家族はどうでもよかったのか。
娘と夫のことを考えたら、結婚しないか、最後まで秘めて病死すべきだろ。
ストーカー気質ではないかもしれないけど、自分に酔うなら独身でやれ。

788 :本当にあった怖い名無し:2008/06/01(日) 22:23:35 ID:8IL5L3Oh0
現代の感覚で語るなよ、情緒ねえな。
明治時代に書かれた小説だと言うことはわかってる?
江戸時代から心中ものは流行っていたという背景を受けてるんだしさ。


789 :本当にあった怖い名無し:2008/06/01(日) 22:27:21 ID:1UCn9ZQf0
>>705
いや、意外といい話だったぜ。そのくだり。
あらすじ読むだけと実際にゲームやるのとは違うしな。
悪評多いみたいだけど、自分は結構話好きだった。
でも、ゲームバランスが悪過ぎて終わる直前で投げちったw

790 :本当にあった怖い名無し:2008/06/01(日) 23:06:42 ID:he8lRQRN0
昔エロ雑誌で読んだエロ漫画



SFな世界が舞台
「夫が私を殺し続けている 助けてくれ」
という変な依頼が主人公(警察官的な立場)のもとに届いた
依頼者は中年だが、顔も体も整った美しい女性で、
表情にも基地外めいたところはなかった
わけがわからないものの、主人公は調査に乗り出す

依頼者は夫と長い間別居生活を続けていた
夫は名の知られた科学者で、現在は広大な屋敷に引きこもっている
屋敷に乗り込む主人公
そこには、中学生くらいの少女と戯れる夫の姿があった
少女の顔は依頼者とそっくりだった
依頼者は少女の姿を見た途端に半狂乱になり、いきなり二人を銃殺しようとした
なんとか主人公はそれを止め、依頼者を落ち着かせ、屋敷内を捜索した

巨大な水槽がいくつも置かれている部屋を発見する
それぞれの水槽は6〜22(うろ覚え)とラべリングされており、
ラベルと同じ年齢の女性の死体が入れられていた
そのどれもが依頼者と同じ顔をしていた すべて、依頼者のクローンだった
夫は依頼者を愛するあまり、写真を撮ってはアルバムに連ねていくようなノリで、
依頼者のクローンをつくっては殺して標本にしていたのだった
空の水槽は二つあり、一つには「ORIGINAL」と書かれていた
もう一つの水槽には、やがて少女が入れられるはずだったらしい

主人公は夫を逮捕した

空の水槽の前で少女は倒れた
自分がオリジナルを記録するための存在でしかないことに絶望し、自殺したようだった

791 :黒い葬列 1/2:2008/06/02(月) 00:24:52 ID:DUDEvjAV0
作者忘れちゃったけど、「黒い葬列」というミステリー短編。
記憶をたよりに書きます。

主人公は20歳女性。図書館司書をしており、父と小学生の弟妹と4人暮らし。
この父親が酒乱で、普段は真面目に仕事をしているが酒が入るとひどい。
弟と妹は怯えるが、主人公は二人のため暴力にも必死に耐える。
父親は酒が抜けると泣きながら子供たちに謝る。そして酒が入るとまた暴れる、の繰り返し。
弟と妹もこの状況に病んできているようで、学校で全く笑わない妹
そして学校に行かず川端で蟻を見つめている弟の姿を知り、主人公は愕然とする。

そんな中主人公は、図書館に来る医者の卵の男性に恋をする。
男性も主人公を好きになり、主人公の父に会いたいと言う。父の酒乱について話し、反対する主人公。
しかし、彼の熱意に押され会うことになる。
最初は和やかに男性と話し喜んでいた父だが、酒が入って暴れだし男性を殴ってしまう。
もう終わりだ、と主人公は絶望する。彼の家は名家らしいし、元々釣り合うはずがなかった・・・
が、彼は全く気にしておらず「一緒に実家のある東京に来てほしい」とまで言ってくれる。
「うれしいが、弟と妹を置いてはいけない」という答えにも
「待つよ」と答える男性。



792 :黒い葬列 2/2:2008/06/02(月) 00:25:29 ID:DUDEvjAV0
しばらくして父親が自宅で死んでいるのが見つかる。ガス栓が開かれており、一酸化炭素中毒とのことだった。
その時間主人公も弟妹も家にはいなかったが、死に方に不審な点があるということで警察の取調べを受ける。
男性との一件から、主人公と男性に最も疑いの目が向けられており
刑事から男性にも事情聴取に行ったと聞いた主人公は、暗澹たる気持ちになる。
やがてなんだかんだで疑いも解け、父の死は自殺と結論付けられる。
そして弟妹とも親戚の元に預けられていた主人公は、
ついに男性のもとへ向かう決心をつける。
身辺整理をし、弟妹に手紙を書き、鞄ひとつで電車を乗り継ぎ男性の前に立った。
「来たんだ」という男性に「私、来ました」と答える主人公。男性が次に言ったのは
「何しに来たの?」

警察が実家まで事情聴取に来た、両親にもそのことでとやかく言われた、
いつまでいるの?残念だなぁ色々案内したかったのに、と続ける彼の言葉を主人公は空虚に聞く。
五年後、そのまま東京でホステスとして働いていた主人公は
数年ぶりに故郷に帰る。弟は高校生になっていた。
弟と二人の席で、主人公は「お父さんを殺したのはあなたではないの?」とたずねる。
(ミステリーなのでトリックがあるが、割愛。確かに殺したのは弟だった)
暗い瞳をした弟を見て、この子の目が晴れることはあるのだろうかと考える主人公でEND。
〜〜〜〜〜〜〜

別れるなら別れるで、一言いってこいよ男。途中までは本当に良い人な描写だっただけにキツかった。
弟もおそらくは姉のことも考えてやったのだろうけど、結局誰も幸せになっていないという・・・

793 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 00:36:53 ID:iQQB4gxn0
>>791-792
乙でした。

「さて、一番悪いのは誰?」っていう
心理クイズになりそうな話だねw

794 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 00:51:46 ID:2rYKeDR10
>>791-792
久しぶりに後味悪い話、乙です。

まぁ、男が名家なのに妹弟も連れて行くと
言える度胸がなかったと分かった時点で
そんな感じはしたな。

795 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 00:59:38 ID:ueXpTZLq0
>>794
つまりここしばらくの>>791-792以前のレスは
くそつまらなかったということですねそうですね

796 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 01:03:09 ID:YRIdJEyg0
>>794
後味悪いか?w

797 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 03:21:11 ID:VzmfuRhx0
>>790

鬼頭莫宏の作品だね。「殻都市の夢」の中の一編。

798 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 04:31:14 ID:FtJVGAEAO
このスレでもわりとお馴染みのトラウマ漫画家だね
「なるたる」「ぼくらの」とかの作者の

799 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 08:14:47 ID:U7Yi35MPO
キン肉マンU世のアシュラマンのエピソードが後味悪かった
アシュラマンは夢の超人タッグ編以来悪魔超人から正義超人に転向していて息子のシバも正義超人として育てようとする
ところがある日シバが昔アシュラマンが悪魔超人だったことを知り、自分の中に流れる凶暴な本性を自覚する
そしてある日アシュラマンが家に帰ってくるとそこには悪魔超人と化して実の母親を手にかけてしまったシバの姿が…
アシュラマンは正義超人としてシバを自らの手で制裁する
そして人生に絶望して魔界をさまよっている所を悪魔将軍にスカウトされ再び悪魔超人としてキン肉マンU世と勝負する
終始優位に試合を進め必殺アルティメットアシュラバスターの態勢に入るが「あいつは実の息子を殺した外道だ!」と野次られて動揺し首のロックを緩めてしまい逆転負けを喫する
その後に「シバよ…すまない。私が正義超人になろうなどと考えなければお前を死なせることもなかったのに」と呟いて試合場を去る
文才無くてスマソ
これに限らずU世は悪魔超人が正義超人になろうとするが本性が悪なので挫折するというパターンがやたら多い
ゆでが入信した創価学会の影響かな?

800 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 08:29:38 ID:o5ftY8SS0
アシュラマンというとケチャケチャラジオの面白いアシュラマンさんが出てきて困るw

801 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 08:58:47 ID:rECiffL80
>>787
結婚相手を自由に選べなかった時代なんだよ。
親に決められて無理矢理結婚させられてたに決まってるだろう。
世間体で家族として暮らしてきたが愛情は持ってなかったってことだろうが・・・
少しは歴史の勉強をしろよw

802 :sage:2008/06/02(月) 09:17:44 ID:3u+q5imt0
>>801
相手の意思を尊重せず
一方的に無遠慮に思いを寄せる

一途に片思いを通し(=相手から好意を無視し)
目の前で自殺する(=自己満足を遂げる)

文学性と日本人好みの情緒を剥けば、
骨組みは同じな気がする。
自己陶酔・自己満足・自己完結がキモイんだよ。
ちょっとは相手を思いやろうよ。
まあ、骨組は同じでも肉付けによっては、
全く別モンであるとも言えるが

恋愛ものは多かれ少なかれエゴが核なんで、
ものものあんまし好きでないんだけど。

803 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 09:18:46 ID:3u+q5imt0
みんなごめん。
本当にごめん。

804 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 09:36:48 ID:o5ftY8SS0
ドンマイ

805 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 10:03:23 ID:iQQB4gxn0
>>799
なんで、あんな救いのない話にしたんだろうね


やっぱ、ゆでだからだな(´・ω・`)

806 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 10:30:43 ID:rECiffL80
>>803
no problem

807 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 10:41:15 ID:3u+q5imt0
人の優しさに触れ、己を省みつつ、
書き込ませてもらいます。

恋愛=自己愛ではあるけど、
あまり自分本位が勝ち過ぎると気持ち悪いよ。
嫁が見てた深田何とかが主演してたドラマが
その典型だった。

主人公(雌)は好きな歌手だかの
コンサートのチケット代欲しさに
一回だけ売春してエイズ感染して、
何かその歌手といい仲になって、
歌手の元カノみたいなんとドロドロして、
歌手と二人で「愛してルー」とか叫んで川に飛び込んだりして、
親に病気ばれてトーチャン激怒・カーチャン味方みたいな流れで、
でも主人公のカーチャンも若い男と不倫してたりして、
なんかそんなん。

途中、
歌手帰宅→部屋で元カノ自殺未遂などの
ワクワクイベントも発生。

808 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 10:41:47 ID:3u+q5imt0
最終的に、カーチャン男と出て行って、
主人公はトーチャンを
「母さんが寂しい時に父さんは放っておいたじゃない!
 私がエイズになった時も 父さんは逃げたじゃない!」
とビッチ論理で撃破して、
病気が進行してヤバくなって、
「歌手との子どもを残したい」とか言って、
「店長、とりあえず生中一丁!」とかヤって、
そんで最期は歌手と赤ちゃんには感染してなくて、
主人公産み逃げで死んでメデタシ×2。


これ、感動する話らしいけど、
一か八かで愛する人に感染及び
子どもが生まれながらに死病かもしれない→
結果オーライ、感動ぉー♪って狂ってるとしか思えん。
てか、これを感動できる人間とは、
絶対に価値観を共有することはできんと思った。

809 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 10:52:42 ID:Fh5fiaHQ0
後味悪いとは、ちょっと違うかもだけど
とある漫画の1エピソードでベトナム戦争に従軍してた
元米兵の話として出てくる一人語り

・・俺がその夢を見るようになったのはテト攻勢の頃かな
戦場での眠りなんて浅いもんだからあまり夢なんて見ないもんだが
その夢は何度も見るようになった。そのうち夢にでてくる風景が
生まれ故郷のオハイオにそっくりな事に気付いた。懐かしくて長閑な風景さ
現実はクソみたいな戦場だから、俺は段々夢の中のが心地良くなってきたんだ
そして夢の中にいる時間のが段々増えてきて、やがて現実に戻る事がなくなった
そのうち、夢の中で適当な小屋を見つけてそこで暮らし始めたのさ
しばらくのんびり暮らしてたんだけど、いきなり警察と軍がやってきた
聞けばこっちの世界でも戦争をやってるそうじゃないか
俺は脱走兵って事にされちまってた。それで刑務所にぶち込まれたわけ
そう、俺は今でもずっと夢の中さ


ちょっと細かい所はあやふやだけど、こんな感じでした
なにか不思議な、もやもやした気持ちが残ったよ・・

810 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 10:55:48 ID:fSt1FM2i0
ドラマ知らないけど、人工授精すればよかったんじゃないかと思うね。
ちゃんと病院に説明しておけば出産時の母子感染は防げるそうだから。

視聴者を感動させたいがために、本来は回避できるはずの
危険な手段をとるって理解できないな。

811 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 11:19:59 ID:E/B+lrbo0
恋空チックだな
なんでやたらに死と性行為が絡んでくるんだああいうの

812 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 11:23:08 ID:p077vxId0
>>807
神様もう少しだけ?とかいう奴だっけ?そんな内容だったのか。
だとしたらタイトルからしてなんかムカつくわ
売春しといて神頼みかよw

813 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 11:48:45 ID:HcjmkplS0
ドラマを仕掛ける側は、話題作りのためにあえて露悪的でセンセーショナルな話に
してるんだろうね。アコギなことできる方が評価されるんだろう。
そんでそれを見て本気で感動してる層には、煽って踊らせてお金落として経済回してね、
それを操ってる業界人の俺たちリアル島耕作カックイー
てとこだな

814 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 11:56:07 ID:U7Yi35MPO
そういえば島耕作ってさりげに後味悪い話多くないか?
愛人に生ませた娘が飛行機事故でミンチになったのに仕事優先して成功してめでたしとか

815 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 12:43:47 ID:o4AdBp310
>>807
俺、もう後味悪いの通り越して笑ったよw
無茶苦茶な話だなーw

816 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 13:02:56 ID:zA/DavMIO
恋愛に生死絡めるのは食傷気味で胃がもたれる
あいつら命をなめすぎだろ

817 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 14:00:52 ID:7wXVDdnK0
そこで純愛ですよw

818 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 14:30:48 ID:iQQB4gxn0
愛があれば何でもできる!
迷わずヤレよ 生めばわかるさ
中出しダー!

819 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 14:31:48 ID:E/B+lrbo0
愛っつーよりただのヤリマンだけどな

820 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 16:03:33 ID:3LR7dw+b0
神様もう少しだけの最終回の最後の最後に
エイズはホントに危険な病気で現在も苦しんでいる人がたくさんいて〜
みたいな字幕が光の速さで表示されて消えたから全く読み取れんかった
やるんならちゃんとやれ

821 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 16:38:30 ID:geOZeXMx0
悲惨な人生→恋愛→どっちかが難病→死→生きてる方は強く生きるのじゃあ
みたいな安易なテンプレ狙ったんだろうけどな

糞ビッチがあーゆードラマ見て
「エイズな彼とあえて寝る私、カコイイ!」みたいな
ばかな勘違いをしそうだ

822 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 16:43:07 ID:6lGZ/VAV0
エイズ感染者だってことをカミングアウトして自分はいつ死ぬかもわからないんだ!
とか訴えてたくせにいつまでも死なない、結婚までしちゃった阿呆議員様も悪い

823 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 16:51:51 ID:ueXpTZLq0
>>822

世にも奇妙な物語にこういうノリの話あったな

死ぬと予言された青年がなんとか生き延びるのだが、
それまで青年をはげましていた周囲の人々は途端に
「なんだ死なないのか」「予言はでたらめだったのかツマンネ」
といって、死ななかった青年を空気読めない奴のように扱い白眼視するという落ち

824 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 16:52:14 ID:p077vxId0
どちらかが死ねば感動してくれるんだから製作者側はずいぶん楽だよな。
見る方も見る方で誰か死ねば泣けば、
そのドラマや映画を理解したつもりになれるし何も考えなくて楽だな。
なんかパブロフの犬みたいだな、こういうもん好んで本気で感動してる奴って。

825 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 17:56:50 ID:FgtATU9iO
犬になりたい

826 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 19:34:29 ID:d92nHotX0
開運!!何でも探偵団から後味の悪いエピソードを二つほど。
一つは2004年春放映された。
東京都港区の億ションに住むセレブ夫妻がご登場。両方とも資産家の令嬢&子息で旦那は東大出て、厚生労働省で働いているらしい。子供はいない。
夫婦そろって人が良さそう。容姿は旦那様が内村光良、奥様が田中好子に似てたと思う。
持ち込まれた鑑定品は皿だの時計だの絵だのいわゆる調度品。
どうやらこの品物、奥様の学生時代(聖心だったか白百合だったか)のご学友から買い取ったものらしい。
まぁことの始まりは奥様、大学の同窓会に出席→たまたま同じ英文科の同級生と再会(そう仲は良くなかったらしい)→
学友、「うちは今主人と自由が丘でアンティークショップ経営してるの、是非遊びにいらして」と奥様を招待。
奥様、旦那様を連れて学友の経営するアンティークショップを来訪→いくたびに10万、20万の品物を売りつけられる。旦那は容認。
半年程立った頃、学友が家に駆け込んでくる。学友の経営するアンティークショップは経営不振で夜逃げしかないことを告白し、
今店にある品物を助けると思って買い取ってくれ、もし買い取ってくれなかったら夫婦ホームレスになってしまうと懇願される。
旦那も奥様も「それ程困ってるなら助けなきゃ!!」と店の品物を総額300万で買い取る→という流れ。


827 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 19:39:54 ID:d92nHotX0
そんで最近になって「あの品物は本当に300万の価値があったんだろうか・・・」と心配になって鑑定に来た模様。
んで気になる鑑定結果は・・・じゃらじゃらじゃらはい、150万え〜ん。どうも人が良いのにつけ込まれて夫婦そろって食い物にされていた模様。
中島誠ノ助さんのコメントが酷かった「何ですか!!この品揃えは・・・。年代も趣味もバラバラではやっているものだけとにかく仕入れてる。
こんな心がけじゃ店が繁盛するはずがないですよ!!」
学友に善意の施しをした結果がまさかの詐欺被害・・・。この時ばかりは紳介も苦虫を噛み潰したような顔だった。

828 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 19:42:23 ID:UsxPhLon0
食い物にはされてるが、詐欺ではなかろ。
誇大な値付けではあるが。

829 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 19:44:31 ID:p077vxId0
300万が150万ならまだマシな方かもしれない

830 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 19:49:13 ID:zvxrbi/T0
もっと値段が下るかと思った

831 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 19:49:35 ID:0pXMocVM0
骨董の世界は「身銭を切って騙されなきゃ鑑定眼は養われない」って
世界だからな。

大体、助けるために買ってやったんなら、無価値上等じゃん。
自分がロクに真贋を見極められないものをまとめて買って、
半額の価値があっただけでももうけもんだよな。

832 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 19:50:46 ID:d92nHotX0
開運でもう一つ後味の悪かったエピソード。
開運鑑定団はたま〜にしか来ないイギリス人の依頼人。かなりの美男子だったと記憶。
依頼人は名門貴族の嫡男。オックスフォード大学で経済学を勉強していたが、留学生として来日してたらしい。
依頼人本人のお宝は、家紋のブローチ。第一次世界大戦当時、海軍将校として活躍していた依頼人先祖が手柄を立てて褒美として賜ったとか。
紅潮した表情でどれだけ我が家がその家宝を大切にしていたかをアピールする依頼人。日本語はもの凄い堪能だった。
で、気になる鑑定結果は・・・24万。鑑定人曰く「いくらイギリス軍からたまわったものでも勲章と一緒に贈呈されるものがそう高価なわけはないですよ」
がっくりと肩を落として帰っていく依頼人の姿が印象的でした。

833 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 19:59:25 ID:yTDUoORCO
よくあること

834 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 20:07:34 ID:UsxPhLon0
勲章や、賜る品は名誉こそが価値だからなあ。
所有者が有名人だとかの付加価値がつかないで、それだけの値段つくのは大したものではないか。

835 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 20:11:42 ID:6lGZ/VAV0
>>832の依頼人の描写が思い入れありすぎててキモイ

836 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 20:29:43 ID:/1SSPWMB0
別に普通じゃない?目に浮かぶようで分かりやすい描写だったよ。

それより鑑定団でウザイのは、金持ちが/プロの手を借りて/本場で/大金を投じて/
入手したご自慢の品をいくつも持ち出してきて鑑定させるパターン。
いつぞやはそのようにして集めたお宝専用のマンションを借りているというセレブ夫婦が
鑑定依頼して、「これは観ていただいた専門家も素晴らしいものだと言っていた」とかって
鼻の穴膨らませて語っていた。…そもそも鑑定済みなんじゃん。
何のためにわざわざ番組に出すの?
そう言うのが偽物ならまだ面白いんだが、なんちゃらオークションに出てたとかそういう
立派な品々は悉く出自もしっかりしていて全部で何億もする本物。(鑑定済みだし)
なんか見ていると微妙な気分になる。

837 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 20:32:34 ID:6AUO390j0
>>836
まあ、単なる自慢番組だからしようがない。

838 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 20:33:35 ID:6lGZ/VAV0
それは後味の悪い長文なのかい

839 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 20:40:02 ID:p077vxId0
>>836
価値があるんだか無いんだかよくわからない物が家にあって対処に困るから、
プロの目で鑑定して欲しいってのが本来の番組の主旨なんだろうし、それは確かに違うわな。
まあ、番組が続く内に段々主旨が変わってくるのもよくある事。


840 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 20:42:14 ID:o5ftY8SS0
鑑定団は基本品性下劣で胸糞悪い番組だと思ってる
何が面白いんだか

841 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 20:43:42 ID:zMT527Ah0
何でも鑑定団で一番後味の悪かったのは、
有名な漫画家の直筆色紙だか初期作品の初版だかなんだかを鑑定に出したら、
すごい値段がついて鑑定依頼者大喜び。「家宝にします!」とか言って退場。

その後、その依頼者が亡くなって、家族が相続税を払おうとした時に、
その色紙だかに鑑定値段分の価値があるとされてすごい額の税金が課せられた。
とても払えないんで、その品物の買手を探して売却し、そこから税金を払うことにしようとしたら、
あくまで鑑定結果は「これくらいの値段で取引されてもおかしくない」というだけのもので
誰かがその値段で購入するという保証のあるものではないので、
鑑定額では売れないどころか、売った金より税金分の方が高かった…という話。

税務署もテレビ番組鵜呑みにしてんじゃねえ、と思った。

842 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 20:46:42 ID:UsxPhLon0
とれるところからとれるだけいただきます。
鵜呑みにできるものはいくらでも鵜呑みにいたします。

843 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 20:52:26 ID:VG+8BRFl0
>835 なんとも思わない おまえがキモイ

844 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 20:55:52 ID:6lGZ/VAV0
>>843不感症だなw

845 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 21:01:49 ID:ueXpTZLq0
>>844
無理やりすぎるその返しがキモイ

846 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 21:29:09 ID:2HK0xg2T0
鑑定団で凄かったのは材木商の成金オヤジ
貴重な材木時価数千万円の代金として受け取ったというボロボロの掛け軸
国宝級の逸品との謳い文句でオヤジ評価額強気の一億円

さあ気になるお値段は?   ピコピコピコピコピコピコ・・・千円!!!
       


中島誠之助 「印刷ですもん」

847 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 21:40:32 ID:HSPSD0qr0
>>841のような悲劇を避けるためテレビの収録では安く見積もらせておき
実際には高価だという例もあるかもしれない。

848 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 22:33:30 ID:FgtATU9iO
後味悪い

849 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 23:17:37 ID:zvxrbi/T0
このあいだ出てた中年独身獣医さんが持ってきた画は2000万だった

850 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 23:41:15 ID:MmJ01Q+F0
>>841
鑑定団の値段は基本的に店先の値札の数字。買い取り価格は当然その数分の一。

851 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 23:45:41 ID:M7KYB7Qv0
相続税って確か余程の財産残さないとかからない税金だって聞いたんだけど・・・
その色紙はそんなに高価なものだったのかな?

852 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 23:54:32 ID:MYFFSbmh0
なんでこんな伸びてんのと思ったらw

853 :本当にあった怖い名無し:2008/06/02(月) 23:57:55 ID:PHWHUQPp0
>>851
ネタでしょ

854 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 00:26:59 ID:XtMDd1I00
>853
確か鉄人28号描いた漫画家が火事で亡くなったあたりで聞いた話なんだが
(その漫画家が件の色紙だか初版の作者だったっけ)
ニュースサイトで見た話だから、確かにソースと言えるものは確かなもんじゃないな。

855 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 00:59:12 ID:K3XuO/+QO
携帯からですまないがこの話が理解できないorz
http://kimyo.org/toshi/kaibun.2/kaibun.2018.htm

856 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 01:22:19 ID:o1TW6fknO
携帯とかそんな話以前に解説スレじゃない
orzで媚られても困る

857 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 01:42:48 ID:hB6ZnOil0
>>854
横山光輝?

858 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 02:13:24 ID:Y0ha0Zw20
御茶漬け海苔作品で
自分と父親を捨てて出て行った母親が実は
父親に殺されていた。それを知った主人公は
父親を責めるが「お母さんは浮気して男のところに行く予定だった
自分とお前を捨てるつもりだった。だから殺したんだ」
それを聞いた主人公も父親に同情し、一緒に母の遺体を隠匿しようとした
とき、母が主人公へあてた手紙が
「お父さんは狂ってる、今すぐに逃げて」

最後に「あなたは母親と父親、どちらを信じられますか?」と
言う作者の問いで終わった。

859 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 03:02:05 ID:eLXUr5KbO
>>856
さんざん既出

860 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 03:28:34 ID:iioOuIVrO
長野の聖火リレーの際に警察が沿道にチベット人を入れなかったことを今さっき初めて知ったこと。
チベットを応援する日本人が中国人に殴られてもそばで見ている警察はなにもしなかったということ。
いつもならこんな酷い事件があればどのスレにも案内が来て知ることができるからと、
連休だったしタカをくくって常駐スレしかロムってなかったこと。
無事に終わったというマスゴミを信じてしまってたこと。

861 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 04:14:42 ID:mfMyi3tU0
リアルタイムで知ってたらどうだってゆーのさ?w

862 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 05:07:55 ID:trrcH2uLO
またチベットの話ぃ?

863 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 06:23:48 ID:HHXIy7V8O
ブラピ

864 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 07:18:19 ID:eSxSavmkO
>>862
支那人乙

って言って欲しかったんだろ!
このいやしんぼめ!

865 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 08:29:24 ID:+zTWbGcW0
>860
次からはいいかげん生活板でやれよ

866 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 11:37:07 ID:JdCZfNQp0
鑑定団じゃないが、
いろんなマンガ家のイラストやサインを、鑑定家が誰のでいくらくらいかという
鑑定をやっていて、藤子不二雄のイラストがあったときに「AとFどちらが描いたものか?」
という話になったとき、「どちらが描かれたかわかりづらいですが、タッチからすると
A先生でしょう」と言っていた。
タッチはどう見てもF先生だったし、原稿のすみにはF先生の署名があった。
タッチの見間違いはまだわかるが、あからさまに無知による間違い鑑定に
思わず抗議電話を入れたくなった。

867 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 12:01:16 ID:BAKIsZtD0
>>858
おお〜いいね。

868 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 12:45:19 ID:f61f17RGO
鑑定団といえば、後味悪いの思い出した。
依頼人は和服の似合う上品でおっとりしたおばあさま。
道を歩いてたら、突然男に声をかけられ、「あなたの後ろに光が見える。あなたのようなこの皿にふさわしい主をずっと探していた」
とかって骨董の皿を見せられ、なぜか300万で購入するお婆さん。
鑑定結果は1万円くらい。
再現VTRがただの「実録詐欺被害」って感じになって、寒かった。
しんすけもあなたの美しい心が300万だとかなんとか意味不明なフォローしてた気がする。
なぜそんな詐欺にひっかかるんだよ。

869 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 12:46:12 ID:SUi9PRbT0
>>858をみて思い出した

父親が母親を虐待し、死なせた事を許せない主人公。
家を飛び出し、母親の性を名乗り一人で生きている。
しかし仕事の企画を通じて、偶然にも父親と再会。
父親にひどい暴言を吐かれ、ゴミくず扱いされる。

父親を見返すため、会社の同僚と共に頑張る主人公。
だが、物語が進むにつれ
主人公から受けた恩も忘れ、社会的地位のある父親に取り込まれていく同僚たち。
愛を誓い合った妻(元同僚)でさえ、「あなたの方が悪い!」などと言う始末。

最終的には、父親の理不尽な振る舞い全てが
主人公の妄想だった・・・と言うことにされ、物語は終わる。


870 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 12:47:08 ID:2Q8jLmJG0
そりゃ、詐欺師がうまいからか、ひっかかるやつが底抜けにアホだからだろ。

871 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 12:48:31 ID:671SqK/QO
全国ネットで恥晒しに行く依頼人の気持ちが解らない
普通にちゃんとした店で鑑定してもらえよ

872 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 12:49:27 ID:PTnaQf/s0
>>869
美味しんぼって終わったの?

873 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 12:51:34 ID:2Q8jLmJG0
>>872
美味しんぼは、原作者がもうネタがないつって適当に和解させて一区切り。
明確な終了をつけずにネタができたら続けるんじゃね。

874 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 12:53:27 ID:+zTWbGcW0
劇画原作者お気に入りの飛沢ってのを新しい主役にして続ける気満々だって。

875 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 13:20:09 ID:Idhs91He0
えっあれってすべて妄想ってオチなの?

876 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 13:38:28 ID:Xo0csG1K0
アレが全部主人公の妄想(あるいは被害妄想?)だったらすごいなw

ここは林先生の出番かもしれない

877 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 13:46:26 ID:2Q8jLmJG0
というか、>>869は美味しんぼのことなの?
美味しんぼの和解のことなら、雄山が折れたって感じしかしなかったけど。
特に感動もなく、不愉快さもなかった。

878 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 13:52:14 ID:mfMyi3tU0
> 特に感動もなく、不愉快さもなかった

すくなくともこれは>>869も同じだろw

879 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 13:56:40 ID:/sJWEH7z0
まぁ本気で後味悪くさせるような結末にするんだったら
「なぜ信じてくれないんだぁぁぁぁ!」と夜の街をふらふら歩きながら
山岡が絶叫するシーンで終わらせるだろうな。

880 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 14:19:04 ID:xiw2/0w50
しかし「美味しんぼ」の中で高級料亭の跡継ぎのはずだったのに
家を飛び出して焼き鳥屋を始めた男は

「奴ら(料亭の客)は料理の味なんてどうでもいい。ただ、飾ってある壷や掛け軸が高級なら
それで喜ぶんだ」

みたいなことを言ってたけど、それって・・・

881 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 14:24:01 ID:mfMyi3tU0
焼き鳥屋の客なんか酒とタバコで味覚なんかないから味なんてどうでもよかった

ってゆー後味悪い話なんですねわかります

882 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 14:27:25 ID:UsqDnRSk0
味のわからねぇ客なんかに俺の料理を出せるか!と店を出たはいいが、そんな客は
どこを探しても最初からいなかったとか実に後味悪くていい感じだ

883 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 14:31:03 ID:AYzsxwqdO
ここで林先生の出番ですよ^^

884 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 14:34:10 ID:671SqK/QO
ナイトスクープの出番だな

885 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 15:17:25 ID:RkFVv58a0
美味しんぼで思い出した。冠婚葬祭板のスレで読んだ話で、ソースは不明なので
真偽のほどは確かじゃないけど。
相手の女性が気の毒だ・・・・・・

***** 私は見た!! 不幸な結婚式 3 ******
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1039350338/410

410 名前:愛と死の名無しさん[sage] 投稿日:03/01/16 03:00
ものすごい遅レスですいません。
>>381についての、「新郎新婦の仲を裂こうとしていたのでは?」
という話についてですがそれを読んで思ったこと。

結婚なんかしたら俺達の大好きなあいつと、もう心置きなく遊べなくなる、
バカをやれなくなるという理由で仲を裂こうとしたのかもしれないなと。

美味しんぼの原作者が親友のひとりに、他の親友達と結託して
それをやったんだよね。親友の彼女についてあることないこと吹聴したりして。
確か他に女がいるとかなんとかもやったんじゃなかったかな。
そんで裂くのに成功したんだって。自慢気にそれを書いてた。
更に何十年も経った今も彼女がそのことを恨んでいると風の噂で知って
そんな昔のことを、俺だけがやったわけじゃないのに執念深い、みたいな
書き方をしていて吐き気がした。


886 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 15:28:59 ID:bt+0RB2B0
>>885 うわ、nice胸糞

887 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 15:51:08 ID:AebSPrym0
>>880
取材・協力「船場吉兆」

888 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 15:52:01 ID:jSbnlgGh0
小学生の時に読んだ赤毛のみっともない男の子が母親に虐待される「にんじん」って小説が
特の落ちもなく母親が何の制裁も加えられないまま終わって後味悪かった。
いくら俺が読書好きだからって小学3年生にあんなもの進めんなよ、担任教師・・・。
「ああ無情」でさえ、ティナルディエ夫妻に天罰が加えられたというのに。

889 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 16:13:36 ID:/ZTnTX4u0
にんじんか・・・あれは確かに。
子供心に理不尽さを感じざるを得なかった。ストーリー忘れたが。

890 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 16:15:16 ID:eSxSavmkO
>>885
おいしんぼの作者ってほんとキチガイなんだな

891 :戸川昌子「緋の堕胎」1/4:2008/06/03(火) 17:13:27 ID:+zTWbGcW0
都内のある堕胎医院は、院長の中年男性と看護師役の男子学生バイト二名の計三人でやっていた。
妊娠6,7ヶ月までになっていても秘密裏に堕ろしてくれるのでそれなりに流行っていた。
院長は吝嗇で、本来は専門業者にださないといけない死んだ胎児や手術時の汚物などほとんどを、
バイト学生たちに表の庭に穴を掘らせて埋めていた。

ある日、7ヶ月になる若い女が堕胎しにやってきた。水商売で、同僚に評判を聞いたのだという。
7ヶ月になっていたらまずは人工的に陣痛を起こさせて堕ろすので、
院長はその注射をし医院の2階の汚い和室に寝かせておくよう学生バイトの健次郎に言いつけた。

健次郎ももう一方のバイト学生福原も、特に医療関係ではないただの学生だった。
健次郎の田舎の父親が院長と昔からの知り合いとかで、頼み込んでバイトさせてもらっているのだ。
健次郎は福原に対抗しなければという気持ちで、
院長の指示に従い黙って庭に穴を掘り胎児や汚物を埋めたり、
時にはまだ息のある未熟なカエルのような胎児の首を絞めて殺したりしていた。

健次郎はまだ女を知らなかった。和室の、前の患者からシーツを変えていない布団に、
寝間着だけは洗ったものを出して患者の女を寝かせた。
無遠慮に女の体を扱いながら「この女も薄汚れた男女の関係に溺れていたんだ」と憎悪と嫉妬を覚えたが、
女の汗の匂いと苦しそうな「すみません…」という言葉でふと同情心がうまれた。

892 :戸川昌子「緋の堕胎」2/4:2008/06/03(火) 17:14:17 ID:+zTWbGcW0
院長には妻の常子がいたが、数年前から別居していた。
もともと医院の土地は常子のものだったので、常子は隣りの離れに住み、院長は渋々毎月家賃を払っていた。
常子は新興宗教にはまっており
「胎児を庭に産めないでください、胎児の霊がさまよっています」と言いながら
しばしば医院をうろついていた。

院長は二駅先に愛人を囲っていた。
元患者で、2度目の堕胎の後に「先生のお世話をしたい」と言い出してそういう仲になったのだった。
週に1度は愛人の愛子のところでビールを飲み枝豆を食べた。

その日も7ヶ月の女の処置をしてから愛子のもとで寛いでいたら、夜中に健次郎から呼び出し電話がかかった。
聞けばその女が大変な苦しみようだから医院に戻ってくれと言う。院長は自分の腕には自信があったので
「そんなことでいちいち呼び出すな!もう電話しなくていい!」と叱っておいた。

健次郎は電話を切られてから、再度苦しんでいる女を見に行った。
暗いなかで女の名前を呼びかけると、女は苦しみながら男の名前をつぶやきだした。
健次郎が背中をさすってやると多少楽なのか、そのまま蒸し暑いなか30分ほど経ったところで、
女がまた男の名前と抱いてほしいようなうわごとを言った。
健次郎はぼんやりとした頭で自分に言ったのだと勝手に解釈した。
健次郎は後ろから女を抱き、そして、欲望のまま動いた。女は叫び声をあげ抵抗したがそのうち大人しくなった。
終わり、現実感が戻ってきた健次郎が下にカルピスを作りにいき、二階に戻ろうとしたとき、
物をぶつけるような大きな物音がし悲鳴が聞こえた。誰もいない二階の窓から下を見下ろすと、
たまたま庭に出していた敷石にぶつけたのであろう女が頭を割って死んでいた。

健次郎は夜のうちに女を裏庭の敷石の下に埋めた。朝戻ってきた院長には
「夜中に急に家に帰りたいと言い勝手に帰ってしまった」と言っておいたが特に追求もされなかった。

893 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 17:14:58 ID:lvlxBEIh0
にんじん大好きか・・・あれは確かにひどかった

894 :戸川昌子「緋の堕胎」3/4:2008/06/03(火) 17:15:14 ID:+zTWbGcW0
常子は前々から院長の吝嗇を嫌っていた。そして堕胎で院長の金が増えることを憎んだ。
その日も院長にイヤミを言おうと医院の窓辺をうろついていたら院長に怒鳴られ、
そして庭で掃除をしていたバイトの健次郎経由で院長の離婚の医師を告げられた。
今までは一応妻であったから庭の胎児のことなど黙っていたのだ、
離婚してあの愛人と一緒になる気ならもう滅茶苦茶にしてやると常子は思った。

常子は新聞社に話を持ち込み、院長が胎児を庭に埋めていることを新聞沙汰にした。
「奥さんの嫌がらせですよ」と愛子からその新聞を渡された院長はカッとし、名誉毀損で訴えてやると裁判を起こした。

裁判が始まった。院長は知らぬ存ぜぬで通した。健次郎も証人として証言台に立った。
裁判前に健次郎は愛子に呼ばれ「院長に世話になっているんでしょう」と
裁判で余計なことをしゃべらないよう体を投げ出され説得されていた。
健次郎は証言台で意外なほどすらすらと嘘をつけたが、急にあの晩の飛び降りた女の話がでて、狼狽した。
裁判はとりあえず無難に終わったが、健次郎は再びあの女にとらわれ始め、
水商売の妊婦があれされたくらいで自殺するだろうか、自分に自殺の責任があるだろうか、
もしかして埋めたときはまだ死んでなかったのでは、いや頭があんなに割れたら生きているはずがない、
などと悩むようになった。

実地検証で裁判所一行が医院にやってきた。
院長は裁判を起こした時から「人んちの庭を勝手にいじれるか」と高をくくっていたが、
医院の外周を検証したら次に庭を掘ると知って怒りだし、無駄だと知ると院内にこもってウイスキーを飲みだした。
愛子は「他人の庭を勝手に掘り起こすなんて、これが裁判所のすることですか!」と弁護士に無駄な電話をしだした。
健次郎は「なにごとにも終わりがくるのだ」など思いその様子をぼんやりと眺めていた。


895 :戸川昌子「緋の堕胎」4/4:2008/06/03(火) 17:15:38 ID:+zTWbGcW0
表の庭で常子が嬉々としてここに胎児を埋めただのなんだの言い、しばらくして「あったぞ!」と声がした。
最初はちっぽけな骨しか出なかったが次第に胎児の人骨とわかるものが出てきた。
確認のため骨が院長のものとに持ち込まれた。
院長はなんとなく骨は溶けているような気がしていたが溶けなかったのだと思った。
骨を見ているうちに無意識に指先ですりつぶしていたらしく裁判所員に注意され院長は叫んだ。
「こんな胎児をいちいち役所に届けろというのか、だれが親として届けたがるんだ!
 この肉のかたまりだったのはみな女どもがだらしなく孕み棄ててったものだ、それを埋めて何が悪いんだ!」

表をあらかた掘った一行は裏庭にまわった。健次郎が表の庭石に腰を落とし呆然としているうち、
常子の「この敷石の下です」との指示ですぐあの女の骨が見つかった。

大人の人骨が出たので場はどよめいた。院長も確認に来させられ見て驚いた。
常子は「この人が手術を失敗しお腹の胎児を腐らせたので埋めたのです」と騒ぎ、
院長はぼんやりとむかし実際に失敗した手術を思い出しながら「おれじゃない」と一言いうと戻ろうとした。
常子がその後を追いギャアギャアと院長を罵った。
院長は辺りを見回し、立て掛けてあったつるはしを常子の脳天に振り下ろした。

健次郎は結局、罪に問われなかった。院長がなぜかすべてを沈黙でひっかぶったのだ。
健次郎はいなくなった院長の代わりに愛子のもとへ通うようになり、ビールと枝豆を食べるようになった。

愛子のもとで健次郎は何度も同じ疑問を考える。常子はなぜ自信を持って敷石の下を掘るように言ったのだろう。
あそこに女死体を埋めたことは自分しか知らないはずだった。常子はあの夜こっそりと見ていたのか。
ならなぜ止めなかったのか。
二階から落ちたくらいで人はあんなに頭が割れて死ぬだろうか。落ちた女の頭を常子が割ったのではないか。
その答えは考えても解らなかったし、そもそもあの女があの医院に来たことも偶然なら
その夜に敷石を庭に並べていたことも偶然で、俺はその偶然の運命の歯車に使われただけなのだ。俺に責任は無い。

そう考えると楽になり、健次郎は愛子の膝のあいだに顔を埋めた。何も考えたくない時はそうするのに限るのだった。


896 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 17:46:38 ID:671SqK/QO
あれ?後味悪いはずなのにスッキリした気分だな
常子があの女を殺して医師が常子の言動からそれを悟ったってこと?

897 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 18:00:29 ID:+zTWbGcW0
それが本当に解らない。
落ちたときにストレートに敷石に頭をぶつけたとすれば健次郎がやっぱり間接的に殺したことにもなる。

>常子があの女を殺して医師が常子の言動からそれを悟ったってこと?
院長は大人の人骨が出てきた時はもう酒も入ってて
更に自分では一流だと思っていた堕胎手術の失敗を思い起こされて頭がぼんやりして
でそのまま常子の声に血がのぼって殺しちゃったから
(そのときに院長の目の前に庭の胎児たちが燃え上がる緋色が見える)
女の死体についてはよく理解していないと思う。
全てに沈黙してる理由もよくわからないけど自分は院長は全てがだるくなったんだと思う。


898 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 18:52:23 ID:eSxSavmkO
登場人物がカスばかりだな
しかし健次郎がちゃんと不幸になってないのが胸糞

899 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 19:10:26 ID:DYmS4Ls40
女が落ちた音がしてから悲鳴が聞こえたって時点で何があったか丸わかりだろう。

900 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 19:12:31 ID:KyTl0UQJ0
にんじんを読んでるやつが他にもいてうれしい。
ひとつ覚えているエピソードで、夕食後にメロンが出るんだけど
母親がお前はメロンなんて嫌いだよね、とか言って食べ終わったメロンの皮を
あげるシーンがあったように思う。
にんじん(主人公)はメロンの皮にわずかに残った果肉をこそげて食べたと思う。
あの母親の悪意の意味がわからなくて困惑した小学校低学年の夜。
いまだにわからん。継母だったっけ?


901 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 19:12:33 ID:dz0T+GZ10
堕胎した赤ちゃんの後始末に良心の呵責を覚えないのに加え
堕胎手術の後(心身ともに悲惨な状況の彼女なのに)
うわごとを理由にレイプする主人公。
さらに、小説の最後で、ずうずうしくも自分は悪くないって!
後味の悪さが際立ちますね。


902 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 19:31:02 ID:LkCJRXP50
>901
ああ、ごめん長くなったので削ったけど、生きていた胎児の処理については
前々から「殺人と同じなのではないか」と思って一度おそるおそる院長に聞いてみたけど
「どうせほっといても死ぬんだ」と言われて安楽死のようなものだと自分を納得させていた。

とにかくどんよりとした嫌な感じの話だった。
戸川昌子が31歳のときに書いた話ってのもなんか鬱屈とした感じがした。

903 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 19:39:15 ID:671SqK/QO
同僚への対抗心のみで胎児の首絞めたりとか自分には無理ッス><

904 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 19:46:03 ID:LkCJRXP50
>900 ちょっと違う。
母親がメロン嫌いで「にんじんお前もあたしと同じでメロンなんて好きじゃないよね」って言われて
にんじんもなんとなくそんな気持ちになって「うん」って言って
で家族が食べ終わった皮を「ウサギにやれ」って持たされる。
で兎小屋でにんじんはその皮に残った甘い汁と実を吸う。うさぎには種と緑の皮をやる。

自分は、にんじんの兄がつるはしをにんじんの額に打ち落としちゃって、
それを見た兄自身は気絶したんで母親はその手当にかかり切りになってにんじんを手当てしたのは姉だけだった。
で姉があとで「まるでバターに突き刺さるようににんじんの額にめり込んだ」って話したの覚えてる。

てか「にんじん」うちにあるんでちょっと開いてみたたとこの話。

母親;にんじん、返事くらいはおし、人に話しかけられた時はね。
にん:ウォオン、オガアザン
母親;だからいつも言ってるだろ、子供は口に物を詰め込んでしゃべったりしちゃ、絶対にいけないって。

理不尽だ

905 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 19:52:27 ID:LkCJRXP50
>904のつるはし事件に補足、
倒れた兄がベッドに寝かされて頭に包帯を巻いたにんじん含め家族一同見守っているなか兄が目を覚ます。
みんなほっとする。母親「にんじんおまえ、注意できなかったのかい、馬鹿な子だね!」

906 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 20:10:05 ID:v4BSpomG0
ちょ、誰か最初からのあらすじを書いておくれ>にんじん



907 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 20:12:50 ID:mfMyi3tU0
いやもういいよにんじんw

908 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 20:14:57 ID:SUi9PRbT0
一本でもにんじんw

909 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 20:15:14 ID:HHXIy7V8O
おしんの少年版みたいな感じ?

910 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 20:27:33 ID:XtMDd1I00
小学校の頃に読んだ時にはよくわからなかったけど、
どうもにんじんの母は南北戦争時(?)に兵士に乱暴された節がある。
にんじんだけが赤毛である事から、にんじんの実父はその兵士なんじゃないか>900

911 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 20:27:44 ID:LkCJRXP50
にんじん、別にあらすじみたいなもんは無い。両親兄姉との5人家族で、最初の話は

ある夜に鳥小屋の戸が閉まってないのに母親が気付き兄に言うが
「ぼくは鳥小屋の世話をするためにここにいるんじゃない」(兄はものぐさで臆病)
姉に言うが「やだわ私こわいわ!」二人とも本に夢中で顔もあげずに返事をする。
母親「そうだにんじんを忘れてた!」にん「僕もこわいよ!」兄&姉「こいつにはこわいものなんてないさ!」
兄&姉のお世辞?ににんじんは大胆になりおっかなびっくり鳥小屋の戸を閉めにいく。
姉だけが気の毒に思って家の扉口までランプを持って付いてきてくれる。

どうにか戸を閉め、得意満面で戻ってくるにんじん。みんなの賞賛を待つが兄&姉は読書にもどり没頭している。
母親「これからは毎晩お前が閉めにいくんだよ!」


こういう小話の集まり。たしかたま〜に母親は優しいことがあったような記憶もある。

912 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 20:35:31 ID:LkCJRXP50
にんじん、内容あまり詳しく覚えていないんであとがき読んでみたけど
まずにんじんの残酷さがあって(鶏の頭を踏みつぶしたり母親が女中を嫌ってるのを感じて失敗を捏造しクビにさせたり)
で母親の残酷さがあって、さらに見てるだけの兄姉の残酷さがあって、さらに無責任な父親が〜みたいなんだって。
そういやにんじんがベッドでシッコ(もしかしたらウンかも)漏らしたときその漏らしたもの入りスープを飲ませてしまう話があった。

913 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 20:36:37 ID:3kVQZ9wy0
「にんじん」は作中に明記はされていないが、父親とその浮気相手(愛人)の
間に生まれた子であるために母親から疎まれ(異母)兄姉に軽んぜられている。
父親はにんじんの置かれている状況を把握しているんだけど、自分の負い目
ゆえに妻に強く出られず、結局にんじんと父親とが散歩しながらの会話で
「お前もつらいだろうけど私もつらいんだ、もう少し辛抱していてくれ」と
告白、にんじんも「まぁそうだろうね」と呟くようなgdgdで終わっている。

914 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 20:43:18 ID:LkCJRXP50
>910,913
そのあたり、ググってみたけど出てこない。何かの本に載ってたのかな?参考に教えて。

915 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 21:22:17 ID:XtMDd1I00
>914
何か、「お母さんは昔戦争があった時にとても辛い目にあって、
その所為でお前に辛くあたるんだ。辛抱してくれ」的な事を
父親がにんじんにいうシーンがあった。
その時は「だから何故その理由でにんじんにあたるのかを詳しく!」
と思ってたんだが、大きくなってからよくよく考えるともしかして…と思った。

916 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 21:42:31 ID:IqPeHM9B0
うーん、にんじんが父親に「僕には母親がひとりいるけど、あっちも僕を愛していないし、僕も愛していない」言ったら父親が「それじゃわしがそいつを愛しているとでも思ってるのか?」てのはあったけど戦争云々は見つかんなかった。
またちゃんと読み直してみるわ、ありがとう。

917 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 21:48:53 ID:MV78HLMl0
ようやく気付いた
にんじんって人間か
何故かうさぎだと思って読んでた

918 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 22:06:15 ID:XtMDd1I00
>916
そう言われてみると、小学生以来にんじんを読んでない自分にははっきりあのエピソードがあったかどうかあやふやになってきた。
何せあの頃は親にゲーム買ってもらえなくて友達とも話題が合わなかったもんだから、県立図書館に入り浸って手当たりしだいに読んでたから、何かと混同してるのかもしれん。
良い機会だから、自分も改めて再読してみるわ。

919 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 22:11:52 ID:IqPeHM9B0
>918 理由なくただなんか虐めてる方が後味悪いっちゃ悪いかもねw

920 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 22:15:03 ID:NDaxlyZ30
これの作者って、どんな気持ちでこんな胸くそ悪い話作ったんだろう?

921 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 22:17:23 ID:avJJNbCl0
鬱ゲー作る作者と同じ心理じゃないの。

922 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 22:17:50 ID:KyTl0UQJ0
おお・・・記憶がよみがえってきた、やっぱり小学1年の自分にはわかるはずもなかったな。
なぜ父親が初めての本として「にんじん」を自分に与えたのかもわからない。
字が読めるようになったばかりで、いくらなんでもあれはないだろ…
まあ本とういものがうれしくて、それから読書好きにはなったが。

923 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 22:27:34 ID:IqPeHM9B0
なんか、自分の少年時代の母親との葛藤を描いてるらしい。
あのころは愛もあり憎しみもあったがとにかくお互い口べただったって文章も残したってあとがきにあった。

924 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 22:48:42 ID:21aE/AjL0
>>923
自分は「にんじん」自体は小学生の頃に図書館で読んでものすごくモヤモヤして、
大人になってから、作者の自伝(的作品)だったってことを知った。
で、子どもが主人公だからって児童文学扱いして
小学校の図書館においてあること自体が間違いだったんじゃねーの?と持った。
いや、世間一般でも児童文学として通ってるんだろうけどさぁ。

ただまぁ、実際そうやって、現実にも何かしら本人にはどうしようもない理由で
理不尽な不幸に見舞われてる子どもってのはたくさんいるんだろうし、
そういう子が「にんじん」をッ読んだら、「こんなに辛いのはぼく/わたしだけじゃないんだ!」
ってことで励まされるようなことも、あるのかもしれないけどね。

925 :本当にあった怖い名無し:2008/06/03(火) 22:53:18 ID:IqPeHM9B0
自分は夏休みかなんかの推薦図書で読んだよにんじんw
でもあれ、にんじんも悪どいやつだからなあ

926 :本当にあった怖い名無し:2008/06/04(水) 00:39:04 ID:Mi43LR9E0
君達は虐められてつらいのかい?なら自分よりもっとつらい立場のものをあざ笑って
やろう。自分より辛いものがいるのは心が休まる。身近にいないならいいものやるよ。
ほれ。ってな感じで本にしたんだろ。人参。アメリカ人に必要なものは向上心じゃない。
自分より劣った奴隷だ。

927 :本当にあった怖い名無し:2008/06/04(水) 02:46:53 ID:9iD2l0Du0
むしろ、その「自分より辛いものを見て心を慰めるしかない人間たち」を描いて
子ども達にその先を考えさせる話だと思った。

「可哀想な良い子が悪い継母から虐待を受ける」
みたいなドラマティックな悲惨さも
「最後は母親に罰が下って子どもは愛される」みたいなご都合主義も排除して
嫌な母親と、間の悪いクソガキと、責任の押し付け合いの父や兄弟とで
壊れかけの家庭を何とか維持させてる状況を淡々と描いて
最終的に「こういうのは誰が悪いってわけでもないしどうしようもない。
文句があるなら早く自立しろ」ってメッセージ。

上手く行ってない家庭の日常を、あえて子供にも分かる文章でリアルに描いた
ってところが児童文学として価値のある話なんだと思う。

928 :本当にあった怖い名無し:2008/06/04(水) 06:41:30 ID:21Azm1ie0
にんじんの作者ルナールはフランス人だよ。
手元に本がないから分からないけど、南北戦争じゃなくて普仏戦争?

レイプの子とか継子とか、そういう分かりやすい理由がなくても、
家族の中に一人サンドバッグ要員がいる家庭というのはまま存在する。
にんじんは教育目的の児童文学ではなくて、救いのない醜い現実を書いた
一種の自然主義文学なんだと思う。

929 :本当にあった怖い名無し:2008/06/04(水) 08:03:06 ID:d31q/2Ui0
フランスの話だよね。それで>927のような、少年の家庭からの自立を伝える話。
あと戦争云々は出てこなかった、そこらは記憶違いだと思う。

にんじんは、単純なお涙頂戴ってよりなんかもっと飄々とした感じだし、
一方的にただ虐められてますって話でもないし反抗もするし、
もう実際にこれは読んでもらわないとそこらへんのニュアンスは解らないと思う。


930 :本当にあった怖い名無し:2008/06/04(水) 08:19:35 ID:30Epyq1V0
いっぽんでも↓

931 :本当にあった怖い名無し:2008/06/04(水) 08:26:05 ID:JxNboDUm0
判定は覆らなかった

932 :本当にあった怖い名無し:2008/06/04(水) 08:50:55 ID:+Rx8S7I2O
>>858
父親はどんな理由にしろ実際に母親を殺してるんだから、おかしいのは父親ってわかるけど、
自分がまだ自立してない娘の立場だったらわからないよね。

933 :本当にあった怖い名無し:2008/06/04(水) 10:54:45 ID:FpKtW3CE0
お前w
いきなり別の話に振るなよw
何事かと思ったじゃないか

934 :本当にあった怖い名無し:2008/06/04(水) 10:58:18 ID:J6jcThuX0
この流れを「にんじんだいすき」っていう作品だと勘違いしてたw
いじめられても最後にはお母さん食べちゃうからスッキリじゃんって
両方とも2chで話を知っただけで実際に作品に触れてないから
こんな勘違いするんだなー
今度本探して読んでみるよ


935 :本当にあった怖い名無し:2008/06/04(水) 11:01:11 ID:/QjxeKpV0
クラインの壺懐かしいね
TVで放送されたのをたまたま家族で見て、親に「ゲームばっかやってるとアンタもこうなるんだよ」
って言われたよ

936 :本当にあった怖い名無し:2008/06/04(水) 11:23:06 ID:cbyGzVvG0
「にんじん」の母親は、にんじんへの愛情が全くないわけではないと思うけど・・・。
でも明らかな精神異常なんだよなぁ。

937 :本当にあった怖い名無し:2008/06/04(水) 11:40:52 ID:7ZMHzFsP0
て、とこでまたにんじんに戻って悪いwが、やっぱちょっとスッキリしたいなー、て人には
山岸涼子の「赤い髪の少年」とジュリアン・デュビビエ監督の映画「にんじん」を
オススメしとくよ。
映画は父親との和解の一歩が描かれ、山岸作品はにんじんの理解者となってくれる人物が現れる。
別のドアが開くような、そんな気にはなると思うよ。

938 :本当にあった怖い名無し:2008/06/04(水) 11:42:12 ID:7ZMHzFsP0
リロってなかったorz
>>936ゴメン

939 :本当にあった怖い名無し:2008/06/04(水) 12:52:41 ID:cbyGzVvG0
>>936
「にんじん」原作でも庭番の爺っていう理解者がいるよ。
仲の良い幼馴染みもいるし(そいつも家族から虐待されてる)。

940 :本当にあった怖い名無し:2008/06/04(水) 12:56:02 ID:OfZl7yUN0
ポルノグラフィティのカルマの坂

941 :本当にあった怖い名無し:2008/06/04(水) 12:58:55 ID:OgztEHO9O
>266

942 :本当にあった怖い名無し:2008/06/04(水) 18:22:32 ID:FR+S3flR0
>>888-889
にんじん、私も細かいストーリーは忘れたけど
主人公の赤毛の少年が、実母と実姉からネグレクトされまくるだけという内容の
救いもカタルシスもない児童文学で後味悪かったよ!!!

一つだけ覚えてるエピソードが
家族でメロンを食べる時に、母と姉が実を食べて
主人公には、母親から「この子はメロンの実が嫌いで皮が好きなのよ」と決め付けられて
母と姉の食べたメロンの皮を与えられて、皮に残った実を食べていた、という話。

小学校3年の時に私はこの児童文学を読んで
こんな親が物語の中とはいえ存在することにショックを受けたり
こんな物語子供に読ませるなよバカヤロー、作者死ね、ああもう死んでるか…と
理不尽な気持ちになった。

大人になってから、インターネットの感想サイトや
アマゾンカスタマーズレビューの「にんじん」の項目をを読んだら
にんじんの母親は主人公の少年を愛していた、みたいな感想が多くてビックリした。

943 :本当にあった怖い名無し:2008/06/04(水) 18:23:03 ID:S6LzPgVk0
さんざん既出だろうが、ねこぢるはほんと救われないな

944 :本当にあった怖い名無し:2008/06/04(水) 18:23:27 ID:FR+S3flR0
しまった、リロードしたら、>>900も同じことを書いていた。
メロンの話はやっぱり強烈だよね。

945 :本当にあった怖い名無し:2008/06/04(水) 18:24:17 ID:KRObBdo40
だからメロンは母親も嫌いだから食べてないっつの

946 :本当にあった怖い名無し:2008/06/04(水) 18:27:54 ID:dA8cMg+Q0
ベリーメロン!

947 :本当にあった怖い名無し:2008/06/04(水) 18:28:06 ID:FR+S3flR0
しかも自分の記憶がところどころ間違ってるし。
そういえばたしか、にんじんには兄もいたな。
父親がヘタレだったんだ。

948 :本当にあった怖い名無し:2008/06/04(水) 18:29:53 ID:FR+S3flR0
>>945
ごめん。小学校3年の時に読んで以来、20年以上も読み返していないから
細かいところ全然覚えてなくてウソだらけだった。

しかし大人になった今、にんじんを改めて読んでみたいとは思わない。

949 :本当にあった怖い名無し:2008/06/04(水) 18:40:38 ID:oLMrYmhp0
にんじん絡みのレスをずーっと読んでたら
昔のサンライズアニメに出てきた少女キャラが
やたら「にんじんにんじーん♪」と連呼するアイキャッチ?を思い出した

950 :本当にあった怖い名無し:2008/06/04(水) 18:43:18 ID:z90LHbHp0
>>942
あー、そうそう、公に読める「にじん」の感想文て
けっこう「母親も愛情表現の下手なかわいそうな人で〜」みたいな
ホントは根っこには健全な親子愛があるんだよ…みたいな解釈してる人が多いよね。
でもあれって、まあ本人がそのように読んだんなら、
その人にとっては「にんじん」はそういう物語なんだろうけど、
でも正直読解力ないっていうか、希望的観測にすがりすぎだと思う。
そう思わなきゃ後味悪すぎるから、勝手に母親の愛情の存在を期待しちゃってるだけだと。

でもさー、こういう例ってきっと現実にもあるんだろうね。
母親からひどい虐待受けた子に対して、「善意の第三者」が勝手な憶測で
「でも、本当はおかあさんだってあなたのことを愛してるのよ〜」みたいなこと言って、
虐待されてた子を余計に苦しめる、みたいな。
いや、「本当は愛してた」って嘘でも言ってもらった方が救われるタイプの子もいるだろうけど、
でも、すくなくとも「にんじん」は、そんな嘘で幸せな気分に浸れるようなタイプじゃないよなw

951 :本当にあった怖い名無し:2008/06/04(水) 18:45:57 ID:JxNboDUm0
もういいってばw

952 :本当にあった怖い名無し:2008/06/04(水) 18:49:37 ID:FpKtW3CE0
お母さんも本当はあなたを愛してたのよ
とか言われちゃうとな
お母さんの行為を「虐待」と感じ
それに苦痛を覚えてた自分が
何か「悪い子」みたいな気がして来るんだよ

あの言葉はマジでよくない

953 :本当にあった怖い名無し:2008/06/04(水) 18:52:48 ID:VGN7DLt40
実際、母親がにんじんに優しくする話もある。不確かな記憶でレスし続けるな。もうたくさん。

954 :本当にあった怖い名無し:2008/06/04(水) 19:10:50 ID:TCtkiGriO
もうにんじんの話はいらん
気になるやつは実際に読むかググるかするだろうし
このスレではもういいだろ?

955 :本当にあった怖い名無し:2008/06/04(水) 19:25:47 ID:zjzRznA10
これだけは言わせてくれ。
メロンの嫌いな子供なんていないんだ!!

956 :本当にあった怖い名無し:2008/06/04(水) 19:26:53 ID:L2EFChqX0
瓜臭くて嫌いな人もいるぜ

957 :本当にあった怖い名無し:2008/06/04(水) 19:30:41 ID:u196FE9t0
大人はデカメロンがすきだけどね

958 ::2008/06/04(水) 19:31:50 ID:qQHon8IP0
おぼろげな意識の中でこう聞こえた。
「・・・死んでるのか」
「ダメだ・・・クレーンでも使わない事には・・・・」

エヴァは地元名士の娘。
ハーバードのメディカルスクールを卒業後、地域医療の為に奮闘している。
貧しい人たちを助け、ピープル誌の表紙にもなった。
恋人のギャレットはハンサムでお金持ち、
まさに理想の恋人で、結婚の約束をしている。
全てが上手く行ってるかに思えたエヴァの人生だが、ひとつ悩みがある。
エヴァはひどい悪夢を見るのだ。
ゴムの様な感触の物体の「重し」に押しつぶされ、動けなくなるという夢だ。
実際に息も苦しくなり、激しい痛みを覚える。
その事は幼馴染のマギーしかしらない。
マギーは貧しい家の出で、顔には大きなあざがある。
そのあざのせいで引きこもりがちなマギーを、エヴァは連れ出して一緒に遊んでいたのだった。
醜さから同級生の心無い嫌がらせを受け、
親からもさげすまされるマギーをエヴァは憐れんでいた。
大人になったマギーは急激に太り始め、歩く事さえできなくなる。
もはやマギーをからかう人も居ない。
同級生たちは巣立っていき、マギーの親は亡くなってしまったのだ。
マギーが人と触れ合うのは、食料品店の配達人と度胸試しをしに来る子供たち、
それとエヴァだけだった。
体重が増えていくにつれ、マギーはどんどん意固地になりエヴァとも喧嘩をするようになった。
エヴァも肉塊の様なマギーを疎ましく思い始めるが、
結婚式にだけは出てくれないか、と頼むとマギーは了承してくれた。


959 ::2008/06/04(水) 19:33:06 ID:qQHon8IP0

「・・・ったく酷い・・・」
「・・・どうやったらここまで・・・」

そして迎えたギャレットとの結婚式。
美しいオーダーメイドのドレスを着たエヴァは輝かんばかりの美しさだった。
父親と一緒にバージンロードを歩くエヴァが、ふと鋭い視線を感じて目をあげると
会衆席からマギーがニヤニヤしながらこちらを見ていた。
そして「お前は私、私はお前」とつぶやくマギー。
エヴァはまた体中に重しをつけられたような感覚に陥り、例の悪夢が始まった。
真っ暗闇の中必死で「重し」を除け様と手を動かすが、
「重し」はブヨンブヨンと揺れながらエヴァを押しつぶし続ける。
「いや・・・いや・・・・誰か・・・・」
苦しい呼吸の中、必死で助けを求めるとふと鮮明な声で
「大丈夫ですか?」
と聞こえた。

ハッと目を開けると白衣を着たギャレットがエヴァを覗き込んでいた。
声をかけようとしても喉がつぶれて声が出ない。
するとギャレットは「無理しないでください。心臓発作を起こしたんですから」と言う。
結婚式はどうなったのかしら・・・それにどうしてこんなに他人行儀なの?


960 ::2008/06/04(水) 19:33:59 ID:qQHon8IP0
何も聞けずにいると、ギャレットは何か言った後看護師と交代し、
看護師から無遠慮に近親者について聞かれる。
訳が分からず唖然とするも、ふと大きく盛り上がった胸部が目に入り、
「どうしてこんなにたくさん毛布をかけているのだろう」と疑問に思う。
看護師に何か書きこみながら、「少し痩せないといけませんね」と言われたエヴァは
「これ以上痩せたら無くなっちゃうわ」と答えると、
看護師はまるで「こんな面白い事は聞いた事がない」と言うように笑い、部屋を出て行った。
ふと横を見たらカーテンの向こうにマギーが居る。
お仕着せのパジャマを着て、ベッドの上に横たわり、こちらを驚いたような顔で見ていた。
「マギー・・・?」
エヴァは重たい手をゆっくりあげると、マギーもこちらに向かって手を上げた。
「一体どうして・・・」
マギーも口を動かしている、エヴァと同じように。

エヴァはおかしくなってクスクス笑い出した。
ガラスに映るマギーも笑いだした。
笑って笑って、涙が出ても笑った。
エヴァは丸めた粘土をつなげた様な腕を持ち上げ、
最後の力を振り絞って体に付いている管を引き千切り、また目を閉じた。
「まだよ・・・ギャレット・・・待たせてごめんなさい・・・今行くわ・・・」

961 :本当にあった怖い名無し:2008/06/04(水) 19:56:15 ID:SR8cBW9h0
接続された女、という小説を知ってる人いますか。
後味が悪いらしいのですが、私は内容知らないもので。
このスレにいる人ならあらすじくらい知ってるかなと。
ぜひ教えてください。

962 :本当にあった怖い名無し:2008/06/04(水) 20:02:59 ID:0A6O0+7r0
>>961
後味悪いというか、切ない。
短編SFだから買って読むのを勧める。

963 :本当にあった怖い名無し:2008/06/04(水) 20:34:12 ID:VGN7DLt40
>961 それでふと思い出した安部公房の「R62号の発明」

工場をクビにされた機械技師が自殺しようかと港をさまよっていたら、
あやしい会社に「生きたままの死体」として買われることになる。
そして手術により、
人間の潜在能力を効率よく引き出す装置を付けたロボット「R62号」に改造される。
意識はロボット的に薄ボンヤリとしているが、
なんとそれは自力で新しい作業機械を発明できるロボットであった。

R62号が発明する新しい機械は偶然にもクビにされた工場に納品されることになる。
納品日、R62号が言うには、人間をより効率的に使う機械を発明したという。
R62号=機械技師をクビにした覚えのある工場社長がおそるおそる試運転させてみると、
はたしてその新しい機械は社長の腕を抱え込み指を一本一本切り落としていく。
7本目で社長は自ら刃に体を落とし死ぬ。

惨劇の終わったとき、その場にいた、R62号を作った博士がR62号に問う。
「これは何を作る機械だったんだ?」R62号は薄ボンヤリと笑うだけだった。


964 :本当にあった怖い名無し:2008/06/04(水) 20:39:21 ID:FR+S3flR0
後味悪い話は色々知ってるけど、後味悪すぎる話は細かいストーリーを忘れるので
ここに正確に書けなくて困る…。

ドラクエ7の「金の女神像」が原因で村人からリンチされる牧師さんの話や
ドラクエ7のイワンカヤペペリンダの4人の、誰も幸せになれない不倫愛話が
後味悪すぎてムカムカしたのだけど、細かいストーリーを説明できぬ。

965 :本当にあった怖い名無し:2008/06/04(水) 21:07:56 ID:0vsyVYIS0
>>964
それだと>>2のままだぞw
>>3を目指そうw







次スレ立ててくる。

966 :本当にあった怖い名無し:2008/06/04(水) 21:21:09 ID:S6LzPgVk0
>>964
レブレサックな。過去に行って、街の神父が化け物の姿になってしまい、そのおかげで町は救われたけど町の人は気づかないまま、
神父を化け物と勘違いして殺してしまい、現代に戻っても勘違いされたままその話は受け継がれてるって感じじゃなかったっけ

967 :本当にあった怖い名無し:2008/06/04(水) 21:21:42 ID:S6LzPgVk0
やっぱり意味がわかりづらいな

968 :本当にあった怖い名無し:2008/06/04(水) 21:31:43 ID:2mDXU4fA0
先日の読売新聞の書評欄が後味悪かったよ。


『なぜ僕は“悪魔”と呼ばれた少年を助けようとしたのか
 /今枝仁著』

例の光市母子殺害事件の、弁護団途中解任の今枝仁の書。
事件自体の胸糞悪さに加え、
「解任→本書こう」の節操の無さもさることながら、
西川美和(映画監督w)の評がまた
ステレオタイプの文化人気取りでもう。

元少年の不幸な生い立ちを並べ、
“私達”が被害者側と自分を重ねて
怒りを覚えたことに疑問を呈する。
虐待された子どもが、健康な精神熟成を許されず、
蛮行に至るような社会を支える“我々”は何者か。
“我々”が自分を重ねるべきは
「怒れる被害者遺族」だけではなかったかもしれない。
自らの欺瞞と危険性に気づかされる一冊だ、と結ぶ。

969 :本当にあった怖い名無し:2008/06/04(水) 21:32:49 ID:2mDXU4fA0
言葉も見つからんが、
少なくとも自分に直接関係のない反社会行為を見た時、
とりあえず秩序の側に立ち、
一般的な社会正義に基づいて捉えない人間は、
社会の構成員になってほしくない。

というか、犯罪に対しては
直接原因(殺した←金を奪う・強姦する等)のみが
法の場で取りざたされるべきであり、
間接原因(金を奪う←貧困・強姦←虐待歴云々)は
切り捨てるべきではないのか。
何か、不幸な奴は他人を不幸にする権利でもあるってか?

つーか、スレ違いの上に後味じゃなく胸糞の上に、
荒れる火種になりそーな気がしてきた。
スマン、するーしてくりゃれ。

970 :本当にあった怖い名無し:2008/06/04(水) 21:41:25 ID:TCtkiGriO
>>969
でも実父に幼い頃からレイプされ続けて子供産まされてた女性が
ついに親父ぶっ殺した事件とかあるじゃん
そういうのも全部「殺した」の部分だけで判断するわけにはいかないから
難しいとこだよな


でも光市の犯人は死刑でいいお(^ω^)

971 :本当にあった怖い名無し:2008/06/04(水) 21:49:53 ID:2mDXU4fA0
>>970
尊属の事件か。
それは「殺した←虐待への復讐・ある種の自衛」で
直接の動機になるかな?言葉遊びでしかないかも……

難しいとこだよね

972 :本当にあった怖い名無し:2008/06/04(水) 21:58:59 ID:1WngHC6L0
>>970
子供が親を殺したら死刑って法律を変えるキッカケになった事件だよね、たしか。
あれは加害者を被害者が殺した事件だから
全く無関係の人を基地外が殺したって事件と同列には語れないけど
969が言うことも970が言ってる事もどっちも正しいと思う。


973 :本当にあった怖い名無し:2008/06/04(水) 22:02:41 ID:La1wrmysO
>>970
それは比較対象として例に挙げるのはおかしいんじゃね?

殺害に至った動機が被害者と加害者間で完結してるじゃん。
光市の例に当てはめるとすると、
実父からのレイプが原因でトラウマとなり、そのせいでまともな人格形成ができなかった奴が、
何の関係ない他人を殺したって感じになるんじゃね?

974 :本当にあった怖い名無し:2008/06/04(水) 22:09:35 ID:6gSmskmcO
自分に自分語り乙な後味悪い話なんで 暇な人以外どうぞスルーして下さい


今日、仕事中にどうにも具合いが悪くなり早退させてもらって病院に行き 点滴を受けての帰りの電車。
熱と気持ち悪さと会社に迷惑かけたなって色々考えながらなんとなく嫌な気分で下を向き、目をつぶってそのうちウトウト寝てたら
突然ヒールで足をギューッと踏まれた。
ギャッ と起きて前を見ると お腹だけ大きなガリガリの妊婦のおばさん?が私の事を睨んでて
「あなた、私は妊婦なんだから早く席譲りなさいよ」って言われた

知らず知らずに私は指定席に座ってしまったんだと あ、ハイどうぞと席を立ったんだが
よく見ると指定席でもなく周りを見回すと昼過ぎあたりだったので車内ガラガラじゃないですか …



975 :本当にあった怖い名無し:2008/06/04(水) 22:12:52 ID:6VjHcW3j0
>>973
いや、飽くまで加害者の生い立ちや生活状況、犯行動機を知ることで刑の軽重が決まるという一例を
示したというこだと思うよ。

え、光市の犯人?そりゃ死刑だろ。

976 :本当にあった怖い名無し:2008/06/04(水) 22:13:40 ID:bbJFFE950
本当に妊婦か?精神やばい人じゃねーの?


977 :本当にあった怖い名無し:2008/06/04(水) 22:29:09 ID:7PuKIUTWO
叩かれるのが余程嫌なんだろうけど、『自分で自分語り乙』とか
『スルーして下さい』とか、先回った自己防衛が過剰過ぎて返ってウザイよ。

978 :本当にあった怖い名無し:2008/06/04(水) 22:29:39 ID:JxNboDUm0
そーだなw

979 :本当にあった怖い名無し:2008/06/04(水) 22:37:01 ID:vgdHajBnO
>>974
ツンデレktkr
「せ、せっかく私が話しかけてあげてるんだから何か話しなさいよね!」
ってことだな
おそらく父親は既にいないんでしょう
認知してあげてください

980 :本当にあった怖い名無し:2008/06/04(水) 23:19:48 ID:nBXxaxz20
>>974
踏まれてないけど、ガラガラなのに「そこは私の席なのでどいて下さい」って
言われたことあるよ。
病気なんだと思う。

981 :本当にあった怖い名無し:2008/06/04(水) 23:55:52 ID:nDxTujCx0
生活板池

982 :本当にあった怖い名無し:2008/06/05(木) 00:24:25 ID:2qNh80D7O
キチガイ話はさほどスレ違いでもないぞ
延々とにんじんよりは良い

983 :本当にあった怖い名無し:2008/06/05(木) 00:29:35 ID:WX6uZV2o0
生活板池

984 :本当にあった怖い名無し:2008/06/05(木) 00:39:35 ID:Kxztjija0
実話がくるとすぐ生活板池っていつぞやの作り話お断りみたいだなw

985 :本当にあった怖い名無し:2008/06/05(木) 00:48:50 ID:DlsqrPCR0
>>965はどこ行ったんだ

次スレ立てて来るよ

986 :本当にあった怖い名無し:2008/06/05(木) 00:52:04 ID:DlsqrPCR0
次スレ立ったよ

後味の悪い話 その87
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1212594610/

987 :本当にあった怖い名無し:2008/06/05(木) 01:22:47 ID:TMyBPfvR0
 その昔、下総国のある村でのこと。

 村の鎮守の社殿の上には、大木が覆いかぶさるように繁って、樹上に幾年来、コウノトリが巣をかけていた。
 その巣でコウノトリが、獲物の亀やら蛇やら貪り喰らって骨を吐き散らし、大いに糞を垂れるので、社殿の汚れようは見るに堪えないものだった。
 参拝に来た氏子たちは憤慨した。
「この社に神体はいらっしゃらないのか。これほどまでに穢されながら、罰をお与えにならないことの口惜しさよ!」
と罵って各々帰宅したが、その夜、巫女に氏神のお告げが下った。
「氏子どもの申すところはもっともである。よって、きたる某日、鳥を罰することとした。皆々来て見るべし」

 お告げは、近郷は言うに及ばず、遠く離れた地まで知れ渡って、『これこそ末世の奇跡』と評判した。
 当日、早くから神社に詰めかけた群衆が、今か今かと待っていると、十時ごろになって、社殿の中から八尺ばかりの白蛇が現れた。
 紅の舌をひらめかせつつ大木を登る神蛇の姿に、見物の人々は崇敬の思いで深く礼拝した。
 白蛇が木のなかばまで登ったとき、これに気づいた雌雄のコウノトリが、喜び勇んで巣を飛び立った。
 二羽はたちまち蛇に襲いかかり、頭をさんざん蹴り潰して殺害した。そして、死骸を咥えて社殿の屋根に降りると、ことごとく食い尽くし、残ったのは骨ばかり。
 見物衆は、意外な結果に呆れるばかりだった。

 神体がこうなっては是非もない。今度はコウノトリを神と崇めて社を建て直し、土地の名も『鴻巣』と改めたという。


988 :本当にあった怖い名無し:2008/06/05(木) 01:31:33 ID:GrUDhQaoO
>>980
自閉症とかそうだよね

989 :本当にあった怖い名無し:2008/06/05(木) 01:38:36 ID:OqXcbs3lO
>>987
後味悪いってよりも面白い話だな
徒然草とかに載ってそうな無情と皮肉を感じる

990 :本当にあった怖い名無し:2008/06/05(木) 02:23:40 ID:QsqHaroc0
>>987
うん、面白いな。
神の世界でも弱肉強食とか、仕方ないと神を替える民とか。
ていうかコウノトリ強すぎんぞw

991 :本当にあった怖い名無し:2008/06/05(木) 02:27:56 ID:nNKpYuEY0
>>987
>氏子どもの申すところはもっともである。
いや、氏子に言われてから動くなよw

992 :本当にあった怖い名無し:2008/06/05(木) 06:38:12 ID:TaHbWYBB0
鴻巣って埼玉県の鴻巣市?下総じゃないだろ?
千葉にもそういう地名があるの?

993 :本当にあった怖い名無し:2008/06/05(木) 07:49:44 ID:IkjFGqHr0
【社会】 「40代前半で独身」とウソついた69歳女、結婚詐欺→騙された49歳男性、年齢や言動に不自然さ感じ発覚…栃木
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1212477428/431

431 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/04(水) 16:06:23 ID:NA2zDrknO
年齢サバ読んでそうな奴には昔好きだったアニメ聞けばいいよ。

ガンダムで言ったら何が好き?って聞いたら宇宙戦艦ヤマトって答えた自称29歳OLには吹いた。



994 :本当にあった怖い名無し:2008/06/05(木) 07:54:37 ID:iAbzx9OY0


995 :本当にあった怖い名無し:2008/06/05(木) 07:55:34 ID:iAbzx9OY0


996 :本当にあった怖い名無し:2008/06/05(木) 07:58:13 ID:iAbzx9OY0


997 :本当にあった怖い名無し:2008/06/05(木) 07:59:02 ID:iAbzx9OY0


998 :本当にあった怖い名無し:2008/06/05(木) 07:59:29 ID:iAbzx9OY0


999 :本当にあった怖い名無し:2008/06/05(木) 08:00:17 ID:ikZZcnUm0
うさ


1000 :本当にあった怖い名無し:2008/06/05(木) 08:00:28 ID:iAbzx9OY0


1001 :1001:Over 1000 Thread
                      γ
                      (
                      _ノ

                   /
                __
             ,、'"   .  `' 、
             i`ー  _    ',
.             l| !|      i""!|
                 }: }i    |{  !j
               〈| 'J |!   }j  :}
            _ノ;し  i}  {J  |
         ,、-,、'         ハ- 、
         ( .( '、_    _ ,ノ  ノ:i   )
        ,、'""`ー---‐'"フ、_ - _,、' -'"
        (  _   ,、'"    ̄
         `ー--─'"
千本目の蝋燭が消えますた・・・
新しい蝋燭を立ててくださいです・・・

369 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)