5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

2012年に本当にアセンションあるわけ? Part16

1 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 03:18:04 ID:+bf1rX2R0
2012年に本当にアセンションあるわけ? Part15
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1208890075/

関連スレ
★NESARA・フォトンベルト・アセンションスレ23★
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1201456226/l50

2 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 03:25:45 ID:5dBwN+LxO
2げと

3 ::2008/04/27(日) 03:42:22 ID:lHDF0A0G0
農耕民族と狩猟民族は共存できねんだよ

生き方そのものが違うからなー

理想を語るな。自分のポテンシャル下げてまで

生きたくねーよ

4 ::2008/04/27(日) 03:44:41 ID:lHDF0A0G0
もーちょっと心臓のリズムの
勉強

してこいやぁ!!!

5 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 03:46:29 ID:+bf1rX2R0
好きにすればいいだろう

理想なんぞ語らんよ
俺が言う事が理想に聞こえるかどうかは知らんが
好きな道を歩けばいいだけだ

6 ::2008/04/27(日) 03:51:25 ID:lHDF0A0G0
俺は走り抜けるぜ。

な、もうおいてちゃった。
一緒に歩くと肩がこるぜよ。




7 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 03:52:31 ID:hJk7wBIi0
このスレでぽつぽつ書く事があったが、ずっとこれは変わらん
好きにすりゃいいのよ
ただ、お勧めは?、と聞かれれば、あるいはそういう流れになれば、
比較的無難そうなのを言ってみたりはするが、それだけ
強引に我田引水しようとするのが出てきたら、とりあえず文句言うけどなw
冷静によくよく考えて、「自分がこうするつもりです」という事なら、
個人のレベルでは好きにすりゃいいだけの話
全体が関わる様な話になったら、それはそれでまたやや違う話になるだろうけど

>>6
それでいいんじゃないか?
お幸せに

8 ::2008/04/27(日) 03:53:30 ID:lHDF0A0G0
平等だと思うなら三木道三とXジャパン交互に聞いとけ

9 ::2008/04/27(日) 03:54:46 ID:lHDF0A0G0
乙!!!

10 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 03:54:57 ID:93GlApxX0
世の中に平等なんてあるのかw?
非常に広い視点では、どれも一緒、だけど
細かいレベルでは平等なんてあるの?

というか、誰が平等だと思ってるんだ?
まさか俺?

11 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 03:56:04 ID:hJk7wBIi0
ともあれ、勝手に頭の中であれこれ妄想するなよw
お前はその傾向が強いな、鬼
考えてもいいが、自分の事にしておけ

12 ::2008/04/27(日) 04:00:29 ID:lHDF0A0G0
思ってないじゃん

13 ::2008/04/27(日) 04:01:51 ID:lHDF0A0G0
二〇〇〇円札

流通してんのかしら

14 ::2008/04/27(日) 04:04:47 ID:lHDF0A0G0
義務教育は真の勉強に値しないな

15 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 04:09:43 ID:93GlApxX0
まあ言ってる事の幾分かはわかる気もするんだがな、鬼w
だからつい付き合ってしまったんだが
やれやれ

ネットで易をやってみても、「うかつに動くな、自然にしてろ」ばかりだ、俺は
易をちゃんと引いているというよりも、背後の連中の助言臭いがなw
何が起こるのやら

16 ::2008/04/27(日) 04:18:18 ID:lHDF0A0G0
もっと勉強しれ

頑張れ。

17 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 04:57:47 ID:UHDKo5KL0
アセンションもいいけど、目の前にある理不尽な聖司政策を蔑ろにしないように
2012年になって天を仰いでる人達、それを過ぎて何も無かったら混乱と無気力に襲われる
至福を肥やす聖司屋に、良い様に扱われ無い為にも毎日をしっかり生きよう
これから生まれ行く子達にも明るい未来を示してあげましょう
それが現在の使命です...って降伏の科学の人が言ってた。


18 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 05:30:08 ID:PNEXuJXEO

アセンションて誰?

19 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 06:04:40 ID:gSNZQ0KiO
>>18
むしろなにじゃない?

20 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 06:22:46 ID:ehRFpehE0
>>前スレ886
かつて自意識が発生した人類は、内側から外側へと、母系社会の庇護から独立し、その陰の性質を治めました。
しかしその反動として父性の力が強まった結果、父なる神を唯一絶対とする信仰が興り、母なる神は封じ込められ、
それを是正すべくキリストは父と母をつなぐ愛を唱えましたが、強力な父性によって殺され、その教えは歪めらました。
かくしてその力は西から東へと移動しながら、先の大戦を越えて世界は父性に大きく傾き、
現代はその偏ったバランスを整える方向に意識のベクトルが向かっています。

>あとは子を産むためのシチュエーション作りですかね。笑
そうですね。まだ互いを受け入れ合うというところまでは達していないようですw

21 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 07:15:33 ID:EMlNGuzW0
スレ流れるのはええよ。w

>>1 乙!

22 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 08:03:01 ID:EMlNGuzW0
ところで、前スレの 936 に誰も答えないのはなぜだ。w

2012年に本当にアセンションあるわけ? Part15
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1208890075/936

>936 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/04/27(日) 01:54:20 ID:vvJbvd7b0
>マヤの話も分かった。
>アセンションも分かった。
>
>だが、
>目の前にあるはずのフォトンベルトの観測情報はどこにあるんですか?

そうだよな。
2012年は4年後なんだから、宇宙観測的にはすぐ目の前にないとおかしいよな。


23 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 08:12:58 ID:hqaCXF2p0
いきなり発表されることはないよね。
本当でも大騒ぎになるから隠すでしょ。

24 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 08:16:44 ID:EMlNGuzW0
>>23
天文観測って隠せる類じゃないんだけど。www
4年後に突入するのなら、マックス速度光速で移動していたとしても、4光年先でしょ。
だったらアマチュアの持ってる光学望遠鏡で十分見える距離ですが。
アマチュアによる観測はなんて、早い者勝ちの世界でいきなりの発表ですよ?
この時点で観測結果が出てないのなら、あとはテレポーテーションしかありえねえ。w

25 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 08:21:23 ID:K82Fju6MO
フォトンベルトってそもそも目に見えるような物なの?

26 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 08:28:32 ID:EMlNGuzW0
>>25
フォトンベルト発表当時はハッブル望遠鏡で観測できたと騒いでたけどね。

>http://www.net-g.com/photon/reset.html
>1996年、ハッブル宇宙望遠鏡は宇宙の遥か彼方に存在するフォトン・ベルトの撮影に成功しました。
>今、地球を含む太陽系は、凄まじい速度でフォトン・ベルトに近付きつつあります。
>すでに様々な預言で、2012年に地球が大変革することが語られていますが、じつは科学的にもこの事実は証明されているのです。
>しかしその事実をNASAをはじめとした科学技術集団は公にしようとしません。

でも、これって別の銀河の写真であることが判明済みだけどね。w

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88
>NASAが観測したフォトンベルトとする写真[2]は、フォトンベルトと無関係の銀河NGC4650Aのことであり、その後フォトンベルトに言及がないのは当然である。

27 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 08:36:11 ID:5W74IbBh0
おとぎ話を人々に見せてるってことですかね

28 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 08:43:42 ID:K82Fju6MO
>>26
なるほどね
太陽系を覆うようなでかい光だの電波だの宇宙エネルギーだの言ってる人いたから
地球から視覚で確認できない都合の良いものだと思ってたわ

29 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 10:44:52 ID:HLoaYLiI0
ギコナビで初めてあぼーん使ったわw
すっきりしまくり。

30 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 10:47:39 ID:HLoaYLiI0
んー、今日暇だから、
フォトンベルトの観測データに関して調べてみるわ。
英語苦手だから日本語サイトぐらいしか巡回できないけど。

で、無かったらどうしようwwwwwwwwwwwwww

31 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 11:23:54 ID:1tkFNn6l0
いまだにフォトンベルトはありますと言ってるサイト(写真つき)
あると言われていたもの(上記の写真)は全然関係ないただのチリの集まりだったというサイト
NASAはそんなものはないと否定していると言うサイト
探したところでこんなもんだろ。

最近はこっちのがwktkするw
tp://www.asahi.com/culture/update/0424/TKY200804240257.html

32 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 11:30:48 ID:1mvmTMkw0
>>22
渡邊延朗の本からの引用だが、
 
 ・・実はあまり大々的に報道されていないが、既存の物理学では説明できない非常に強い
エネルギーをともなったミステリアスなパワーが、ここ数年、地球に向かって謎の粒子を
浴びせ続けているというのだ。
・・この宇宙からの未知のエネルギーはこれまでの常識の1000倍以上もあり、いかに世界的な
頭脳が結集したドリームチームであっても、この事態の解明はまったくのお手上げ状態だと、
そのローカル紙の記者は報告している。

1996年12月20日 ハップル宇宙望遠鏡が、「フォトンベルト」の撮影に成功したとある。
写真記載  
http://www.google.co.jp/gwt/n?u=http%3A%2F%2Fwww.y-asakawa.com%2Fmessage%2Ffoton
-beruto1.htm&hl=ja&mrestrict=chtml&q=%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%88%E3%83%B3%E3%
83%99%E3%83%AB%E3%83%88&source=m&output=chtml&site=search

33 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 11:38:52 ID:JDPB2YB+0
>>32
失敗したので再度記載
http://www.google.co.jp/gwt/n?u=http%3A%2F%2Fwww.y-asakawa.com%2Fmessage%2Ffoton
-beruto1.htm&hl=ja&mrestrict=chtml&q=%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%88%E3%83%B3%E3%
83%99%E3%83%AB%E3%83%88&source=m&output=chtml&site=search

34 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 11:40:04 ID:JDPB2YB+0
うまくいかないからあきらめ

35 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 11:45:31 ID:gK2qXR0zO
うまくいかないからあげうめー

36 : ◆OldmagiJXA :2008/04/27(日) 12:29:34 ID:Xvd70laL0
観測されないから存在しないとか、
逆に観測されたからそうに違いないとかは無意味な議論だよ。

物理学的に存在が予測されているにも関わらず見つかっていないエネルギー体なんてごまんとあるんだから。
ニュートリノだって実際に観測されたのは最近なんだしさ。(1998-2004 カミオカンデ)


真空エネルギー
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%A8%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC
ダークマター
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9A%97%E9%BB%92%E7%89%A9%E8%B3%AA

37 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 12:31:11 ID:PNEXuJXEO
今の太陽の異常はフォトンに突入してるせいってこと?

38 : ◆OldmagiJXA :2008/04/27(日) 12:47:23 ID:Xvd70laL0
>>37
そんなの誰も答えられない。
ついでに言うと人類の太陽の観測期間が短すぎるから「異常」かどうかも分からない。
でも2011〜12年頃に活動は極大になると予測はされてるから、数年後に騒がないように。
http://www.astroarts.co.jp/news/2006/03/24solar_storm/index-j.shtml
http://swnews.nict.go.jp/kiji/special/080101_sun_24/080101_sun_24.html

39 : ◆OldmagiJXA :2008/04/27(日) 12:53:17 ID:Xvd70laL0
太陽活動はここ400年の中では最も強くなることが予想されていて、
NASAは2010年〜11年にピークが来ると考えていて、
http://science.nasa.gov/headlines/y2006/21dec_cycle24.htm
"Solar cycle 24, due to peak in 2010 or 2011
'looks like its going to be one of the most intense cycles since record-keeping began almost 400 years ago,'
says solar physicist David Hathaway of the Marshall Space Flight Center. "

これからどんどん強くなっていくみたいね。
http://www.swpc.noaa.gov/SolarCycle/
http://solarscience.msfc.nasa.gov/predict.shtml

40 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 13:09:20 ID:7PL6SGFp0
俺の勘では今年中に日本に住む人全員、
5次元世界に突入してると思うのだが。
この世は鏡像世界だから、あくまで俺のビジョン
なんだけど。

41 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 13:10:53 ID:7PL6SGFp0
そして5次元世界だろうと2ちゃんはあるような
気がする

42 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 13:13:41 ID:On4lBIBd0
>>36
どっかに書いてたけどノアの箱舟の存在を知っている人は多いけど
信じていた人は殆どいないとかそういうもんかな
ノアもそうだけど究極のところその時になってみないとわからないから
信じる人、信じない人両方いてどっちかを排除するということは
現実問題むりだと思うから摩擦の少ない話題を選ぶなり、
スルーするなりしないとどうしようもないよ
特に2chみたいな超オープンな掲示板では無意味な議論は避けられない

俺は他人を変えるのではなくて全部を抱擁できるぐらいに
自分を変えた方が良いのではないかと思うよ

43 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 13:36:20 ID:T2oLjp4CO
>>36
アホだ。
ニュートリノとフォトンベルトを一緒にしてる。w

44 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 13:40:32 ID:7PL6SGFp0
世界広しといえど日本一でかい掲示板でアセンションだの
5次元だの議論してるのは日本くらいなもん。
駅でアセンション関連のビラを撒く人も出現している。

中国とか東南アジアに行ってごらん?
みんな「何それ?」っていうから。

45 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 13:42:30 ID:1OtNlQgr0
ちゅうごくじんはあせんしょんできますか?

46 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 13:44:00 ID:7PL6SGFp0
フォトンベルトは賛否両論に分かれるよね。


47 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 13:47:15 ID:7PL6SGFp0
分かってることは今年中に未来の雛形が作られるだろう
ってこと。
チベットの人も中国の人も救われて欲しい。
中国人の8割の人は生活苦を強いられてるんだから。

48 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 13:47:48 ID:Dk7G8YUyO
前スレからの流れで、鬼のコテ名の意味が理解できましたよ。笑
その霊統もだいぶ解放されてきているように感じますが。。
>>15
ここでは「うかつに発言」しないほうが良いかもしれませんね。笑
私も背後から警鐘を鳴らされる時があります。

49 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 13:55:50 ID:Dk7G8YUyO
>>20
キリストは父性に対して牽制としての役割を担っていたようですが、
処女受胎の技によることで、その役割を完了させたようです。
贖罪としての役割は過去のものとなり、
ここでは外と内を繋ぐための媒体として作用しています。
キリストの肉体の消滅後は歴史からも理解できるように、
人類の意識はあまりにも不均衡な状態に陥ってしまいました。
しかし現在は再び均衡点を見出そうとしている段階ですね。
チャネリングやニューエイジ思想は、このような流れの本質から
人々の目を逸らすように働きかけているように思います。
私は、それをとても危ういと感じているのですが。

50 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 14:00:15 ID:2/XLUUuQ0
>>49
具体的じゃないからわからない

51 : ◆OldmagiJXA :2008/04/27(日) 14:08:19 ID:Xvd70laL0
>>42
でしょうね。
「ある/ない」って最初から決め付けるのが一番無意味で、
「あったらあったで…」「なかったらなかったで…」っていうファジーな状態を自分の中で維持するのと、
「そういう考え方もあるねえ」という感じで、意見が違う人を排除しないのが大事だと思います。

>>43
レスするのもバカらしいけど、「あるとは言われていたけれど最近まで見つからなかった」ものの例ですから。


52 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 14:12:07 ID:HR95jLMqO
>>48
ここで吐き出して浄化wされてく人は多いね

53 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 14:43:23 ID:PqXx/IIS0
>>29 同上。レス番をクリックしてIDのあぼ〜ん、透明あぼ〜んの方法を初めて学んだ。
ところで、IDじゃなくてコテハン名であぼ〜んしたい時はどうすればいいのでしょうか?
NGワード編集というのも初めて試してみたけど、これだと該当コテハンと同じ文字列が
たまたま別の人の本文中にあってもあぼ〜んされてしまいそうで不便なので。
(スレ違いすみません)←これでもギコナビ約3年ユーザだったのが我ながら笑えるw


54 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 14:47:09 ID:hJk7wBIi0
俺も「やめとこ」と思った
だから、これから発言は控えるw

55 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 14:55:13 ID:Jds2Als40
>53
ギコナビだとあぼ〜んに限界があるから
俺は最近ABONE2に乗り換えた
まあまあ便利

56 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 15:02:18 ID:T2oLjp4CO
>>51
ほんとにアホだな。
ニュートリノは物理学による裏付けがある。
だがフォトンベルトにはいかなる裏付けもない。
あれは一から十までデタラメ何だよ。
まだ観測されてないとかそんな問題じゃない。
調べればすぐにわかる。

57 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 15:07:54 ID:PqXx/IIS0
そういえば「蓬莱橋」(静岡県大井川にかかる‘世界一長い木造橋’)が
去年7月の台風4号で一部流されて破損した!ていうニュースを思い出したけど
ブログとかぐぐってみたら被害は大したことなかったみたいだ。めでたしめでたし

当スレを永らくROMってるけど、自分的にはかなり同調できる数少ないコテハンさん
なので、(もちろん敬意を表するし)ついつい連想してしまう


58 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 15:27:47 ID:xCdzpINr0
これからの話しは、「想像」からの内容になる。 また、前スレの流れの内容を
知らない人は、理解が出来ないかも知れないとして・・・。

人間や動物も、体内に「電気信号が流れている」・・その電気は、周波数、波長、振動も
持っている。 それらの微弱電気は、相対するモノからの影響を受けるし、
反対に影響も与える。....その事を覚えておいて次の「想像上の話」に進みたい。

人間は、草花や 木々、樹々、自然に接すると、癒される。ホット!する安心感を
感じるし、得られる。・・・・ではなぜか?と考えた場合。 植物も体内に微弱電気を
持っているはず。....植物に音楽を聴かせると成長が活発になると聞く。
それは音楽の持つ=周波数、波長、振動数が植物の持つ・微弱電気と干渉をして活発化
するのでは?と考えられる。

その様に考えると、自然の中には多くの植物がある。 山にも野にも、多くの樹木や
草花がある。・・つまりそれらの植物の全てから「微弱電波」が出ていると推測できる。
屋久島の大杉=何千年と生き続けている。だからその大杉は、古代に受けた=
微弱電波の影響を、その古代からの微弱電気の性質を変える事なく、大杉の体内に
持ち続けているのでは?と推理できる。 その他の大きな樹木も、古代の微弱電気の
性質を変える事なく持ち続けているのでは?と推理できる。 だから屋久島の大杉からは
「古代の電波の種類が発せられている」とすれば、多くの人が屋久杉を見て
大きな刺激と感動を受けるのは、当然とする整合性がある。 自然の中の植物に触れて
「植物からの微弱電波=電気」を受けて、人々が自然から癒しを受ける理屈も
分かって来る。 その様に想像をすると、地球には微弱電波が溢れていて、
動物も植物も、人類も、その微弱電波により=日々活かされていると言えるのでは
ないだろうか?

59 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 15:33:10 ID:S8mBBALB0
前にアセンションを信じてるとか、気にかけてる人は、
1999年7月のノストラ騒ぎの時は、どうしてた?って聞きました。

気にしてないという返事が多かったです。
ていうか、同様の質問を見ても、
気にしてなかったとか信じてなかったという答えしか見たことない。

逆に、気になったんだけど、あの1999年の頃、もうすぐ地球が滅びるかもって、
真剣に考えてた人って、このスレにいる?
1999で懲りてしまって、もうここにはいないのかな?
なんか、そうやって、入れ替わり立ち替わりしてるだけなのかな?って気になったので。

60 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 15:43:30 ID:ZlIXNJPYO
我々は後四年以内に悟りを開き新世界を形成する光の子達である!

それまでは我が100万人の同志はひたすら邪悪から心ない罵声を浴びながらも部屋で瞑想に励むだろう!
たまにテレパシー(ネット)で修業の経過を同志達と魂の会話でしている!
これは仏教でいうとこの大座談会、イスラムでいうとこのラマダン、キリストでいうとこのミサであり立派な職務である!

我々は五次元体に移行するのだ!




61 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 15:43:37 ID:vm3C490g0
>>59


62 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 15:44:16 ID:ZlIXNJPYO
硫化水素、、、

残念な事に多くの同志が自ら命を絶ってまで、この社会を変えようと名誉の戦死を遂げている。

我々は彼等の分まで命つきるまで戦うつもりだ!世界を牛耳る巨大な組織と!

戦わない事で戦っている!これすなわちキリスト教や仏教の真理である!
我々100万のニートは産業革命以来封じられしこの方法で日夜血の滲む聖戦に挑んでいる!

日の出は近い、同志達よ、戦わないことを諦めるな!



63 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 15:45:18 ID:xCdzpINr0
>>59 の様に考えて来ると、都会には植物が少ない。 人工的な物が多い。
物も、それぞれの「固有振動数」を持っているけれども、はやり人工的な振動数。
自然が発する振動や、周波数、波長とは違う。

都会に植物が少ない事は、自然からの「癒しの周波数=波長や振動数」から
良い刺激を受けれない事を意味している。・・だから都会にはストレスが多い、
良い意識を創りにくい。 人間性を忘れてしまう・・などの影響が出て来るのでは
ないだろうか? その状態が、都会には色々な犯罪が多く発生している原因にも
なっている様な気もする。

64 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 15:46:15 ID:iO8Y0RINO
>59
ノシ
小学校低学年の時にその話を知って、1999年の話を見る度に怖くなったり、聞く度に不安になってた。
その年になってみると、いつ世界が終わるかドキドキしたもんだ。
今ではいい思い出だよ。

65 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 15:57:02 ID:xCdzpINr0
「音の共振」というものを調べるのに→「音さ」という「共鳴器」が有る。
U字形をした器具。....片方の「音さ」を叩き音を出すと、もう一方の
「音さ」が、同じ固有振動数を持っている器具であれば、叩かなくても
音を出している「音さ」と同じ音を出し始める。

また、電気モーターなどを回すと、振動が発生するけれども、その振動数と
同じ固有振動数を持っている物が近くにあると、共鳴を開始して、別の物が
「うなり音」として音と振動を発生し始める。

つまり、音=電波とも言えるし、周波数、波長、振動とも言えると思うのだけれども、
その様に、相対するモノに共鳴をするという性質を持っている。

我々の人体、脳細胞も、その様に「相対するモノとの共鳴する性質」を
持っている事は、推理を働かせると分かるモノだと思う。

人類は考える力を持った為に、ともすれば理屈を編み出して、自然への
理解を忘れ、自然から受ける恩恵を忘れ、自然の流れを「捻じ曲げた」と
思う。 それが今の不条理に溢れる世界であり、苦しみの続く我々の
生活環境になって来たのでは、ないだろうか?

66 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 15:59:38 ID:xCdzpINr0
>>63 のアンカー先は間違い。 >63 は、>>58からの続きだ。


67 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 16:01:45 ID:ZlIXNJPYO
我々100万ニートは日夜増え続けている→金にしか価値を見いだせない世代は老後に差し掛かった→
→主世代の我々は無駄に戦わない流行りを求めない→
無駄な欲が出ない→すなわち金の流れが止まる→ユダヤ資本は壊滅→
自然に本来の教えに従い皆、粗食や粗衣で健康に農業帰依し物々交換で暮らす世界に。

全ては地球の為に。

我々は学生運動に学んだ!戦いでは解決出来ない!
だから戦わない!学生運動の時より我々の方が遥かに数が増殖している。



68 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 16:15:45 ID:xCdzpINr0
色々と考えて来ると、人工物からでは、「新しい意識へ向かう為の刺激ブツ
(知識や感覚、情報)は少ない」ように感じる。

道端にある「雑草」でもいい、小さな草花に瞬間待てでも良いから意識を向ける
必要があると思う。 なぜなら、自然の植物は、人工物でない=微弱な電気信号、
それは自然界の周波数、波長、振動を発しているからだ。

その自然からの、微弱電波が、脳に「新たな意識へ向かう為に必要な何かの刺激」を
与えてくれるのだと思う。 雑草でもいい、草花でもいい。意識を向ける事で、
脳細胞は「自然からの共鳴・波長」を感じ取ろうとするはずだ。

人類は余りにも「人工物」に囲まれ過ぎてしまった。 それでは、自然界からの
良い共鳴・波長を感じ取れるはずがない。 だから、人類の人工物を増やす事だけに
熱中して、人工物が増える事が、人類を豊かにすると間違った意識に向かったのに
違いない。 それは、ある面の「意識の退化」と言えるのではないだろうか?

69 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 16:24:14 ID:vm3C490g0
>>68
自然に帰れって言うのは簡単だけどさ
自給自足な生活して何億人くらい地球は養えるのさ?
農業も地球を破壊してるし、だからこそ多くの人間を養える

70 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 16:25:35 ID:xCdzpINr0
この様に考えて来ると、都会に人工物を増やすべきではないな。

人工物よりも「植物を多く増やすべきだ」
そして、都会に人口を密集させるのではなくて、植物=緑を増やすべきだな。


71 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 16:28:55 ID:7PL6SGFp0
地球規模で意識が進化すれば
そこらじゅうゴロゴロ超能力者が
徘徊するって事でしょ?

エコロジーな文明にいやでもなるわな。

72 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 16:39:43 ID:xCdzpINr0
人工物に囲まれて、人工物だけを求めていては、「新しい意識の発見」へ
向かう事は出来ないな。

生活をする為、社会を維持して行く為には、ある程度の人工物は必要。
用品は必要。 しかし、それらを求める事だけが全てではない・・を
知らなければ、これから「新しい意識」は出来ないと思う。

ヒトラーが予言をしている様に、これからは少しずつ、好む・好まざるに
関係なく、無意識の内に=宇宙からのエネルギーにより、人類の意識の変化へ
向かって行くのだと思う。 その意識が変化に向かう過程で、人工物だけに
意識を向けていては、「新人類と呼べる意識への変化は不可能」である!

・・と言えるのだと思う。 意識の変化=それは、宇宙からのエネルギー干渉が
脳に影響をして来る事を意味している。 つれは微弱電波の形としての干渉だと思う。
その微弱電波を感じるのは、人工物だけに意識を向けていては、脳が
「共鳴作用」を起こさせない構造に縛られている事になるのだと思う。

宇宙からのエネルギーを素直に受けれる(干渉)ようにする為に、
「新たな意識へ向かおうとする姿勢(それも意識になるが)」が必要なのでは?
と思う様になった。

73 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 16:45:07 ID:wKs/t74qO
>>59

自分はマジで信じてた。
みんな信じてなかったから、
家族に見つからないように、ひとりだけリュックに荷物(非常食)を詰めてた。

結局何もなかったので、2000年問題は信じてなかったがw

74 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 16:53:43 ID:HLoaYLiI0
>>53
NGワード登録すると良いんじゃないか?
「ツール」の項目にそれらしき物があったぜ。

75 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 16:53:52 ID:xCdzpINr0
>>71
「新しい意識を持った者」と 超能力者は違うと思う。
「新しい意識を持った者」=それは、今までと違う社会、国、世界を
造る為には、今までとは違う考え方が必要である・・という意識に変化を
した者と考える方が良いのだと思う。

今の世界・・、どう考えても、破壊へ向かう意識しか持っていない様に感じる。
その宇宙からのエネルギーを素直に感じる状態=それこそが、禅の境地→
雑念を払い、宇宙からの干渉を素直に受ける状態を創っておく!という
事ではないのだろうか?

76 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 16:57:27 ID:c6poVE8V0
>>41
2ちゃんだって次元上昇するだろ?
4ちゃんになってるよ

77 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 16:59:36 ID:S8mBBALB0
>>61>>64>>73
アリガトン、全部総入れ替えしてるってわけでもないようね。
自分の場合は、本番頃には忘れてましたけど・・。
でも、今回のアセンション予定?も、「良い思い出」になりそうな気がしなくもない・・。
10年くらいしてから、2ちゃんオカルト板に、
結局、アセンションあったのかよ?スレとか立って、
思い出を語ってたりしたらヤダ(>_<)
アセンション来い〜

78 :53:2008/04/27(日) 17:00:01 ID:PqXx/IIS0
>>74  レスサンクス
NGワードに問題のコテハンを登録してみた。確かに消えるけど、>>48さんのレスも
一緒に消えてしまう(本文中に同じ文字があるため)。これをなんとか避けたい


79 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 17:05:16 ID:xCdzpINr0

社会で起きる多くの事件を、全て「宇宙のエネルギー増加によっての影響」と
考えるのは危険だけれども、これから先に不可思議な事件や、完全に頭が
イカレテいるのでは?とする犯罪が増えるのは事実と思う。

「意識を良い方向に向かわそうと努力をしない人」は、無意識の内にも犯罪を
犯している状態になっていたとする犯罪が多くなって来ると思う。 確実に。
数年前からの不可思議な事件の増加をみていると、益々 凶悪な社会に
向かっている事は、多くの人が感じていると思うけれど・・。

80 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 17:05:48 ID:7PL6SGFp0
ノストラと汗の違いは社会現象が伴ってるか
どうかの違い。

81 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 17:09:16 ID:HLoaYLiI0
>>78
あー、なるほど。
そうするとやっぱり、
その日ごとにID選択であぼーんするしか無いかも。
面倒だけど。

>>55
氏が言ってるABONE2って何だろう?
調べてみたらどうかな?


今フォトンベルトについて調べてるんだけど、
すっげー量だねwwwwこれは調査に数日かかるかもしれん。
ことごとく怪しいサイトばっかなのが笑えるんだけど、楽しくなってきたww

82 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 17:12:20 ID:PqXx/IIS0
来たら困る「負」の大災害イメージ濃厚だった、1999騒動やY2K問題と
来たら嬉しい「正」の進化イメージの、アセンション祭りでは意味が違うような希ガス。
当時は大変なことになりませんように、くわばらくわばら…と祈るような気持ちでいたけど
その割には結構自分は、いつも通り会社に行ってY2K対策デバッグ仕事してたなw

1999騒ぎの結果、ノストラダムスに偽者的な悪いレッレルが貼られてしまったのが残念。
「おそれ多き大王が降り立つ」ていうだけの意味なのに、人類滅亡的な解釈を
広めてしまった五島勉氏の勇み足だったと思う。
自分的には今でも、ノストラダムスの百篇詩集の各予言は有効だと感じてる…


83 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 17:16:33 ID:Ev5QKBRn0
国立天文台
ttp://www.nao.ac.jp/index.html

質問9-6) 「フォトンベルト」や「反地球(対地球)」ってあるんですか?
答え)
 ありません。

 星や宇宙に関係することで、科学的な根拠のないものについてのご質問をいただくことがあります。
科学的根拠のないものにはさまざまなものがありますが、たとえば、「フォトンベルト」や「反地球 ( 対地球 ) 」などがその例です。
地球に未知の巨大な惑星が近づいているというようなお話をいただくこともあります。

 このようなものはたいてい、もっともらしい説明とともに紹介されていますが、説明が具体性に欠けていたり、よく考えると説明が矛盾していたりします。
学問的にはまったく意味のない、荒唐無稽なものです。

 現在、そのような「不思議な」天体が、国立天文台をはじめとする世界の天文台やアマチュア天文家によって観測されたという正式な報告はありません。
 また例えば、もし太陽系の中に、ある程度の質量を持つ天体が存在すれば、たとえそれが太陽の向こう側などの観測しづらい位置にあったとしても、
他の天体の運動に影響を与えますので、長期間気づかずにいるということはありません。

 観測者の間で天体についての情報がやりとりされるときには必ず、いつ、どんな機材でどんな観測をして、星座のどの位置に、どのような見え方のものが、
どのぐらいの明るさで、(移動しているのであれば)どちらにどんな速さで移動しているのかが報告されます。それによって、他の観測者がその存在を確認
することができるのです。逆に、そのような基本的なデータのない情報は、信憑性が低いのではないかと考えざるを得ません。

  皆さんも、見聞きしたことをそのまま鵜呑みにしてしまうのではなく、言われていることが妥当なのかどうかを検討してみたり、いろいろな意見を比べてみたりして、
納得できる説明になっているかどうかを、自分自身でしっかり考えてみる習慣をつけるようにしてください。

84 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 17:17:12 ID:wKs/t74qO
俺的に考えたのはノストラダムスの言う「恐怖の大魔王」ってのは
実は1999年7月に地球に降りていて、2012年12月に目を覚ます。



という妄想でした。

85 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 17:18:55 ID:7PL6SGFp0
当時は五島勉=ノストラダムスだったからな。
彼は今何してるんだろう?

自分は当時、中国でバックパッカーしてたな。
その頃から2012情報を知っていたから
恐怖も感じてなかったけど。
知らなかったとしても恐怖は感じないだろうが・・・

86 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 17:21:39 ID:HLoaYLiI0
国立天文台つえぇwwwwwwwwwww

87 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 17:22:08 ID:xCdzpINr0
アセンションについての色々なHPを見ると、アセンションとは=肉体を離れて
(肉体を捨てて)、魂(霊)だけの世界に移るという事を意味している様に捉えられる。

では? 肉体の無い=霊の世界で、何を考えて生きて行くのだろうと考えた事は
ないのだろうか? 霊の世界だから物質(現在の様な用品)は無い。
食べる必要もない。 地球で苦しむ人類を見て悩みは有るのかも知れない。
救おうと意識するのだろうか? アセンションで次次元に移れば=(霊)意識体だけの
存在になる。 その時の生活様式を想像した時はあるだろうか?

今とは違い、全ての物が必要でない世界。 そんな霊体としての世界に住む。
その時の「意識=何を感じて、どう?生きているのだろう?」と想像してみるのも、
アセンションへの理解に近づくのかも?知れないな。

88 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 17:24:39 ID:njIHW0Q00
>>59
>あの1999年の頃、もうすぐ地球が滅びるかもって、
ノストラさんが何を意味して書いたんだか実際はわからんからね
俺ら人間が勝手に解釈してそう騒いでただけだしなw

89 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 17:25:29 ID:wKs/t74qO
>>87
霊体の存在だけになると、幽体離脱してる人はアセンションしてるの?

90 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 17:25:45 ID:7PL6SGFp0
<意識体だけの存在になる。
 その時の生活様式を想像した時はあるだろうか?

それだよな興味あるのは。
みんなワラワラ浮遊してるんじゃないか?


91 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 17:40:31 ID:xCdzpINr0
また、アセンションについて書いているものを読むと、
アセンションに向かっては=意識を良い方向に高めておく必要があると書いている。

他力 任せで、その時が来るまで何も「意識改革の努力」をしないでいると、
アセンション=高次元には移れないと書いている。

つまり、これから先は、アセンションに関わらずに「意識の改革は求められている」
と言う事になる。 つまり「意識改革」は、アセンションを望むなら絶対に
「意識改革へ向かわなければ」いけない事になるな。

92 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 17:40:48 ID:rhHsMq1n0
>>68
養えないから、人口が減っていくんでしょ?
本来ならばそういうロハスな生活をしていれば生き残れるはずの人種が淘汰されてくのは
何故だろうね?
地球がそういう星ならば、自然淘汰されるのは人工的な文化や知識を持った人種のはずなのに。
やはり、これは進化=進歩という法則で前進してるんだろうな。
人工物=悪ではなくて、協調=共存の法則。

いつだったか、テレビで添加物を取っている普通の食事の夫と玄米などの体を浄化すると言われている食べ物とヨガをしている奥さんの
体内毒素の測定検査っていうのがあったんだけど、実験結果はこの奥さんの方が数値は上だった。
要するにこの世に生きて以上は雑食=何でも食べるということ。
善も悪も全て。

93 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 17:45:28 ID:rhHsMq1n0
ただ、精神は物質じゃない。
だから、どういう意志を持っているか?っていうのも波長でしか測れない。
チベット問題にしても、チベットを守り中国が批判されているのは
精神価値によるもの。国境なき記者団のメナールさんだったり、フランスなんかの
ヨーロッパは博愛精神が発達しているから。
だけど、ヨーロッパだって血塗られた歴史があるし、完全に善ってわけではない。
それを超えて進歩しよう!っていう意志があるだけ。


94 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 17:49:05 ID:7PL6SGFp0
自分が「真実だ」と思える情報に出会った時、
97%眠っているジャンクDNAの一つが
ON状態になるそうだ。
それは思考や感情に影響されると言われる。
となれば当然、自分の人生で展開されるリアルも変わってくる。
無意識の選択だ。

「意識の改革は求められている」

自分の周りに敵が多い人はまさにするべきだと思う。

95 :94:2008/04/27(日) 17:50:42 ID:7PL6SGFp0
×それは思考や感情に影響されると言われる。

○それは思考や感情に影響を与える言われる

96 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 17:53:45 ID:gBEekWna0
日本人の道徳的基盤が破壊されている以上、その基盤無しでの
精神基盤の形成は難しいんだな。それで精神に関心があるものは、
当然に宗教や啓蒙的なものに飛びつくのだが、それがまたカルト
宗教や勉強会にベラボウな講習費を要求する啓蒙扇動者だ。
こんな状況だと何を基盤にして精神を構築していいかわからんわけだよ。
そこで俺が思ったのは過去から継承されている哲学なり、伝統宗教の教えを
団体や教義に参加せずに独学で理解していくしかないと思ったわけだ。



97 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 17:57:26 ID:wKs/t74qO
>>93
でも血塗られた歴史があるからこそ今の博愛主義のヨーロッパがある。
中国も、もしかしたら未来、ヨーロッパのように博愛主義を気づけるかもしれない。


今のヨーロッパだろうと今の中国だろうと、
国の主義を作っているのは国のトップの連中で
いわば、国民はそのトップの連中にマインドコントロールされている。

精神は物質じゃないが、操る(操られる)のはたやすいことであると思う。

98 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 17:59:13 ID:rhHsMq1n0
2000年を超えてから、確かに不思議な経験をした。
偶然が多くなったと言うか。
それがネット社会になって、これから繋がりがますます加速すると思う。

5次元っていうのはその既存のものから派生的に分派する価値観が増えるってことじゃないかな?
それによって眠っていた遺伝子のスイッチがオンになる=感受性が高まる。

自分は最近はテレビを見ても以前のようにワクワクしなくなったどころか、
嘘や助長が多いと気付くようになりイライラするようになった。
最近は役にたつ情報やニュースなどしか見ない。
芸能人なんて猿まわしの猿にしか見えなくなってきたし。(ただ単に年をとっただけかも)
今までの絶対的権力から=縦から横へとが織り交ざるっていうのは真実だと思う。
ただ、それは甘い夢なんかじゃなくて結構、戦いだったりするんじゃないかと。。。



99 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 18:03:15 ID:rhHsMq1n0
皮肉なことに国に存在するっていうことは、すなわち多かれ少なかれ
その恩恵を受けているってことなのよね。
だからトップには逆らえないというか・・・
イエス様だって、血祭りにあげられてるし。
地球の地の神っていうのは、太古から言われているように血を欲するのかね?


100 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 18:03:33 ID:7PL6SGFp0
>>98
民法の波長はまさに毒波そのものだ。
自分は子供の頃からTVを見せられないで
育ったから運が良かったのかも知れない。

101 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 18:06:01 ID:gBEekWna0
政治後退とマスメディア後退、そして経済後退は物質的影響力がモロに
低下している証拠でもあるとおもうのだが。これに関して否定すること
難しいと思う。それで今の世のトップ達はそれを維持する為に躍起に
なっているが無理と言っておきたい。もう流れが一部の権力者の下に
動かなくなってきているのは事実だろうな。そのような流れが出てきている以上、
アセンションという現象を100%否定することは大局観的にまずいかなと思う。

まあとにかく何かが始まっているなという実感はある。


102 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 18:07:39 ID:xCdzpINr0
>>98
同感。 猿まわしは・・よかった。 的を得た見方かも知れない。

103 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 18:12:07 ID:rhHsMq1n0
>>101
まぁ、トップの人口よりも下の人口の方が多いから。
ただ、トップは何をしても=どんな手を使っても維持しようとするよ?
だから市民団体とか下のパワーが突き上げる改革が必要なんだろうね。
日本の国の経済だって悪く言ってしまえば、そういう権力が働いていないという
皮肉な結果ではない?
本来ならば、内需をしっかりしないと国内の経済なんて安定しないのに。
中国に技術を提供したりしてるうちに逆襲にあったり。


104 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 18:12:49 ID:xCdzpINr0
>>98

しかし、番組を作っている者達も結局、猿まわしの中の一員である事を
知らずに、番組を作らされているのかも知れない。
そして、猿まわしの中の一員として働いている。

そしてアセンションの時期が来ると、「意識を高める訓練をしていなかった」
ために、無能人間になっている事に気がつく。 場合によっては、
無能人間になっていた事さえも分からない意識の低下になっている。

それが、ヒトラーが言っている=ロボット人間の姿なのだろうと思うな。

105 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 18:18:08 ID:gBEekWna0
ある文献で読んだのだが、波動が上がると波動の低い者に血祭り上げられると
書いてあった。たしかに過去に聖人と言われた人達は例外なく人々から血祭りに
上げられていた事実がある。それで現在において人類の波動が上がっているならば、
当然に上がった者とそうでない者といるわけで、その結果で波動が上がった者は
引き篭もったり、社会的に失墜した状態に陥っている可能性は非常に高い。
波動が上がると言うことは、現在においては社会不適用者に成らざるを得ない状況下に
置かれているのかなと思っている。だが本当に地球が次元上昇しそれに適応できる者だけが
地球に残るということがデマでなければ、そのようなものが生き残る可能性はあるのではないか
思ったりしたりもする。勿論、これは仮説だ。


106 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 18:19:19 ID:GURjObbw0
持つものはさらに持ち、持たないものは持っていると思っているもの
ものも無くなる。

107 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 18:20:31 ID:xCdzpINr0
■アセンションを待つまでもなく、「意識の変革は必然的に求められて来るのだと思う」。

文書1-日本の厚生労働省あて(二〇〇七年L月二日)....ジュセリーノ予言
http://ameblo.jp/gitarcla/

予知内容 → ・二〇一八年の東海地震  ・二〇〇八年までの鳥インフルエンザの流行
        ・ノロ・ウイルスの危険性

メッセージー
1)まず、私が夢に見ましたのは'二〇一八年六月二十一日に'東海地方でマグニチュード・」>
 という強い地震が起き、1千人以上、もし-は百万人もの人が死亡するだろうということです。
2)鳥インフルエンザが日本で発生し、二〇〇八年九月二十六日までに、他のすべての国に広がり、
 多くの日本人が死亡するでしょう。
3)新しいウイルスが日本に現れるということを、貴国の代表者に二〇〇五年七月二十二日に
 申し上げましたが、それは下痢と発熱によって死に至ります。 それは日本中に広がるでしょう。

※専門家によれば'感染爆発は時間の問題であり'秒読みに入っているとしている。

・日本でインフルエンザが増加します。
そして、インドネシア、韓国、(※韓国では現在、鳥インフルが実際に拡大中)、および中国に
サブタイプ9も現れます。 ・狂犬病がブラジルのサンパウロへミナスジエライス、マット・
グロッソ'マット・グロッソ・ド・ス-ルおよびゴイアスといった都市の中心部に現れます。
(※この狂犬病もイギリスで多く発生している。 中国も狂犬病に掛かる人が多いらしい)
・デング熱がブラジルで流行し、干ばつや嵐によってさらにひどくなる傾向があります。
流行の火の手はいたる所に見られます。 (※デング熱=ブラジルで去年の末から4月までに
多くの人が感染。60数名が亡くなっている)

108 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 18:23:14 ID:wKs/t74qO
>>104
アセンションを科学的に証明できない限りはメディアを通してアセンションを伝えるのは難しそうだな。

つまりは人間は科学的裏付けのみ固執して、精神的、霊的、宗教的なものは信じようとしない。

霊的がどうこうより、問題はほとんどの人間が科学を完全に信用仕切って、依存すること、と考える。
科学でさえトラブル、未知の部分があるというのに人間がもうすでに信用仕切っている。
あぶない。

109 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 18:24:20 ID:gBEekWna0
>>103
>日本の国の経済だって悪く言ってしまえば、そういう権力が働いていないという
>皮肉な結果ではない?

日本は元官僚の議員が多いでわけで、実際は官僚が日本を動かしている。
そのような者は大概において企業と連結してのし上がっていく為、
そのもの意向を無視することは事実上不可能。その結果、経済界に有利な政策を
蔓延らしてしまったということ。それで現在の日本は火の車の状況下にあるわけで、
これを放置すると国家は崩壊する。これも実はカルマ論で言えば、当然の結果だと
思うんだよね。だから今後においてそのカルマ返しは激しくなるというのが
現実としてあると見ている。



110 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 18:29:32 ID:Ev5QKBRn0
マヤ・カレンダーもフォトンベルトも否定されて
なんでまだアセンションとか言う訳?

111 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 18:31:41 ID:iO8Y0RINO
>110
信じたいから信じる。
それでいいじゃん。
後のことは自己責任。
当たって喜ぶのも、外れていい思い出にするのも、また人生。

112 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 18:34:11 ID:xCdzpINr0
>>107 の様な内容のジュセリーノ予言。 ジュセリーノの予言には年を増すごとに
世界に酷い状況になって行く内容になっている。

生活の場において、周りに死んで行く人が多くなる。 不条理な世界を
生活の場の周りで見る様になる。・・世界中でも死ぬ人が膨大になる。

その様に、苦しみや「死」というものが、日常的に生活の周りに現れて来るとすれば、
それはもう・・意識の変化を積極的に取り入れて、精神状態を守って生き残って
いく以外にない状況が来ると思う。 だから、アセンションを待つまでもなく
「意識の変革は求められている」のだと思う。 それでも意識の変革への努力を
しない者は、低能な意識から抜け出せない=人は直ぐに死ぬもの、だから他人を
殺しても関係がない。 好きな事をして過ごせばいい・・などとの意識から向け出せない
者もこれから多くなると思う。

しかし、そんな低能な意識の者が増えると同時に、「意識改革をした者も現れる」
その者達が、新たな意識により「社会の秩序を正す為に」、新たな対策を作り
犯罪者を今までとは違う意識によって罰して行くのだろうと思う。
それは、今までの様に「誤魔化しで刑を逃れる。軽くしてもらう」などが出来ない
社会意識になり、犯罪は増加するけれども極刑という手段で、社会秩序を
守り続けて行く努力をするのだと思うな。

113 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 18:35:36 ID:gBEekWna0
ネガティブ思想が現在の主流なら、ポジティブ思想がアセンション後の
主流になるなら、アセンションと言う現象を否定する必要は無いと思う
俺がいるな。実は現在のネガティブさに疲れていて、こんな状況下が
永遠に続くならこんな世界は廃棄されてもいいよとも思っている。
そんな者が増えているんじゃないか?これってアセンションの下地として
かなり進んでいるとも思えるんだが。まあ、あくまで仮説だけど。


114 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 18:52:46 ID:xCdzpINr0
これから起きること
http://homepage2.nifty.com/motoyama/event.htm#event00

人間社会の権力形態には3つあるという。

・武力による支配
・知識階級による支配
・富裕者による支配
・・・・その形態はサイクルがあると言っている。 そしてそのサイクルは30年周期。
30年で変化が現れなかったら次の30年後に現れると言っている。 第二次大戦が
1945年に終わって60数年経過をしている。その60年周期が事実として起きるならば、
世界の形態はそろそろ「変化をする時期になる」。

 そして更に悪い条件として「温暖化問題が加わって来た」。
だから2008年以降は、今までとは違う「巨大な変化」が待っているのではないのだろうか?
だからこれから生き延びる為には当然、今までとは違う「大きな意識変化」が求められる
のだと思うな。

115 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 19:00:58 ID:w4ZYCqcN0
>>110
否定されたって本物なんだからしょうがないじゃん。

116 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 19:02:29 ID:xCdzpINr0
※こんな記事が出ていた。 この時期の温度としては明らかに異常。
 ただ単に、凄い温度だとして感じるだけではダメだと思う。
 なぜこんな時期に、こんな温度?として意識に留めておいて、天候の変化への
 異変に気が付く材料にしなければ、いけないのだと思う。

 ■なのに猛暑日?インド 気温41度に
       2008年04月27日 17:35 発信地:ニューデリー/インド
       関連写真 8枚

インドの首都ニューデリー(New Delhi)にある動物園の池で休むホワイトタイガー
(2008年4月26日撮影)。(c)AFP/RAVEENDRAN

【4月27日 AFP】インドの首都ニューデリー(New Delhi)では26日、気温が41度に達した。
気象予報士によると、インド北部全域に ■熱波が押し寄せているという。(c)AFP

http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2383935/2869127

117 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 19:07:06 ID:w4ZYCqcN0
ジュセリーノの予言に今年の日本の夏の平均気温が40度を超えると書いてなかったっけ?

118 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 19:10:44 ID:PqXx/IIS0
>>96
>こんな状況だと何を基盤にして精神を構築していいかわからんわけだよ。
>そこで俺が思ったのは過去から継承されている哲学なり、伝統宗教の教えを
>団体や教義に参加せずに独学で理解していくしかないと思ったわけだ。

強く同意。全く同意。激しく同意。昔と違って、ネットもブックオフもある!
安くて良い情報源を自分でゆっくり吟味できる、いい時代になった。
個人的にはナツメ社の「図解雑学」シリーズの各宗教入門なんかオヌヌメ

ところでこのスレに、イスラム教を判り易く解説してくれる大家はおらんかね?
キリスト教系や仏教系は多いけど、三大宗教のイスラーム抜きにして
アセンションはありえないかも…、と不安になるw


119 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 19:14:00 ID:xCdzpINr0
>>117
     42度〜43度

120 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 19:14:48 ID:w4ZYCqcN0
アセンションしたら宗教はなくなるらしいぞ

121 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 19:16:12 ID:1tkFNn6l0
三角が四角になってるフイタ


122 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 19:19:53 ID:rhHsMq1n0
>>109
だから、そういう官僚権力と連結してない政治家が必要なんじゃない?
自分は小泉さんは結構、好きなんだけど。
犬型ではなくて独立して動くネコ型。
情にほたされることなく、是は是。非は非とバサバサと切っていくような。
官僚=悪っていうんでもなくて、その性質が問われてるんだよね?


官僚社会とは言うけれど、実際は頭脳明晰で手回しが上手いという生物学的にも
生きる上で優秀な種だから、力を持つのは当然と言えば当然。
人間の場合、動物と違って人間同士が食い合う。
動物は普通は種同士の群れ意識があるけれど。

そんな強い人間でさえも微生物にはあっけなく負けてしまう事実もあるんだよな。




123 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 20:00:03 ID:NibzE3WbO
アセンションの前にイスラエルが消える

どう思う

124 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 20:15:13 ID:/6Gm4hSp0
確かにイスラエルは諸悪の原因だーね。
あそこほど血塗られた聖地もあるまい。

125 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 20:38:08 ID:rhHsMq1n0
逆に聞くけど。
血塗られてない聖地ってある?



126 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 20:44:47 ID:EMlNGuzW0
>>110
自分の終末願望をかなえてくれる物がないからでしょ。
ヨハネの黙示録でもいいけど、あれは年代が特定できない。
ローマの終焉にも当てはめられたし、20世紀の終わりにできた。
21世紀の近しい日時で「この世の終わり」を予言してくれたのが、
フォトンベルトでありアセンションだったわけだ。
だから、フォトンベルトがデタラメだと分かっても、アセンションを捨てられない。
気に入らない世の中の仕組みが滅びて、自分の愛せる理想社会が来る。
そんな夢を見せてくれるから。

127 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 21:03:56 ID:S6YM5qNf0
>>126
どうしてもあんたの本心はフォトンベルト、アセンションをデタラメにしたいわけだ。
それって、もし本当の話だったら、あんた最悪だね。

128 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 21:05:23 ID:7PL6SGFp0
>>117
一日くらいなら越える事はありうるだろ。
東京も今現在の気温で7月の中旬並みの
気温になったからな。

温暖化にせよ太陽黒点の増加にせよ気温が上がるのは
問題だよな。

129 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 21:06:04 ID:/6Gm4hSp0
>>125 いっくらでもありますがな

イスラムの聖地の一つ「メッカ」
仏教の聖地の一つ、「ブッダガヤ」
仏教の聖地の一つ「ルンビニー」
仏教の聖地の一つ「ミガダーヤ」
ドルイドの聖地、アボリジニーの聖地、沖縄ノロの聖地、日本神話の聖地等々

130 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 21:09:56 ID:EMlNGuzW0
>>127
だってデタラメなんだからしょうがあんめー。w
一万歩譲ってアセンションがあったとしても、フォトンベルトはでたらめだよ。
フォトンベルトの説明文を読むだけで、それが嘘だとはっきり分かる。
その程度のもんなんだよ。

>>129
アボリジニの聖地、エアーズロックも血に汚れてないんじゃないかな。
あと、伊勢神宮も血は流れて無いように思う。

131 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 21:12:55 ID:7PL6SGFp0
沖縄ノロの聖地

行ったことある。はるか昔、禊場は男人禁制だったとか。
パワーはあんまり感じなかった。
感受力が弱いんだろう。

132 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 21:13:00 ID:S6YM5qNf0
>>130
どうしようもないな

133 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 21:13:24 ID:/6Gm4hSp0
>>130 そだね、まだまだ挙げればきりが無いと思うよ

134 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 21:14:33 ID:EMlNGuzW0
俺がデタラメだといってるのは、

http://www.net-g.com/photon/reset.html

この人の提唱するフォトンベルトな。
いい加減なんてもんじゃない。あり得ないほどメチャクチャだ。
こんなのを信じる人がいる方が驚きだね。

ちなみに、アセンションそのものは否定しきれない。
中国の神仙思想にも似たようなのはあるしな。
実際に人体消失とか、不可思議な失踪とかあるし。
アセンションが嘘だと言える材料はない、ってのが俺の考えかな。

だが、フォトンベルトによる強制アセンションなんてのはデタラメ決定だ。
だってフォトンベルトが100%デタラメなんだから。


135 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 21:14:58 ID:EMlNGuzW0
>>132
信じたければ信じてればいいよ。
お好きにどうぞ。

136 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 21:16:15 ID:7PL6SGFp0
今日は長文の人着てないのかな。

疲れる・・・

137 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 21:18:34 ID:EMlNGuzW0
あと、自分は今後起きる「地球規模の大変動」や「人類社会の大変化」は何一つ否定していない。
ただ、フォトンベルトを否定してるだけだ。
フォトンベルトはあり得ない。それだけはガチ。

138 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 21:33:53 ID:Pi/mkKqa0
不用意に広範囲攻撃にも見てとれるレスをして
一時的に反感をもたれているのでしょう。


139 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 21:35:08 ID:mcQHLzfH0
>>134
今頃そんなのを出してきてデタラメと言っているのは遅れすぎ。
あんたは、それ以来思考停止していたみたいだね。
反論するにも疲れるわぁ

140 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 21:36:21 ID:HLoaYLiI0
>>113
たしかに言いたい事はすげー分かるし、
気持ちもすげー分かる。
根拠が無いからといって否定する必要は無い事も分かるし、
すでに上昇した者のいくつかは
社会不適合者として生きている可能性がある事も理解出来るし、
このままの社会が続くなら壊れればいいんじゃねーのとも思える。

だが、
万が一1999年の騒ぎの時と同じように、
何も起きなかったらどうするよ?
っていう、壮絶に現実的な問題から、目を背けてはいけないとも思うんだ。

141 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 21:36:44 ID:EMlNGuzW0
>>139
んじゃ、それ以降で「フォトンベルト」を肯定してるのは何?
URL教えてくれ。
それだしてよ。そうすりゃ俺みたいな奴の思考も進むよ。w

142 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 21:36:55 ID:rhHsMq1n0
結局のところ、こういう変革で期待されるのは
夢のような世界=お花畑ってことみたいだけど、そんなに都合のいい世界はありえない。

やっぱり死後の世界だけだと思う。


ただ、嘘がばれやすい社会になるとは思う。
正体見たりみたいな。ただ、その正体事態が曖昧なわけで。
人間は欲深いからね。正体を知っても魔力があったり魅力があれば支持するし
神と仰ぐ。



143 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 21:39:15 ID:EMlNGuzW0
>>142
ネットの広がりによって、かって通用した嘘が通らなくなるって事は良くあるよな。

144 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 21:41:43 ID:mcQHLzfH0
>>141
あと、自分は今後起きる「地球規模の大変動」や「人類社会の大変化」は何一つ否定していない。

 これはどうやって信じれるのかね?

 あんたが信じようと信じまいとどうでもいいんだけどね。

145 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 21:43:49 ID:EMlNGuzW0
>>144
> あんたが信じようと信じまいとどうでもいいんだけどね。

んじゃ、そうしてくれ。
「変革を否定はしない。」
俺はそう書いただけなんだからよ。www

146 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 21:44:47 ID:EMlNGuzW0
失礼、変革とは書いてなかったな。「人類社会の大変化」だ。w

147 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 21:45:03 ID:yvmOvuLE0
ノストラダムス。1999年7の月の予言、
あれは、その後のオカルト系の予言の類をいっさい信じなくさせるための壮大な、
つり。

なんて事を考えてみたりしてるが・・・。
ま、なるようになるしかないわなぁ。

148 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 21:47:13 ID:mcQHLzfH0
>>145
根拠なしに書いたのか?それだったら他の事(フォトンベルト)もいい加減に否定するなよ。

149 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 21:49:08 ID:EMlNGuzW0
>>148
根拠なし??なんのこっちゃい。w
あんたの「信じる根拠は何?」という要求に応えてないだけだよ。
別に俺が何を信じようと信じまいとどうでも良いんだろ?
そういう人に自分の信じる物の根拠を言う義理はないね。W

150 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 21:51:45 ID:mcQHLzfH0
>>149
ということはあんたの言っていることはデタラメと取っていいわけだ。
わかったよ!
あんたの思い込みということでOK?

151 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 21:55:01 ID:EMlNGuzW0
後、フォトンベルトの否定は根拠なしじゃない。
書き出したらきりがないから書いてないだけで、100%デタラメだとすぐに分かることばかりだ。

http://www.net-g.com/photon/reset.html
>1996年、ハッブル宇宙望遠鏡は宇宙の遥か彼方に存在するフォトン・ベルトの撮影に成功しました。

こんな事実はない。これだけでもデタラメだってのは十分なんだよ。
その後に続く文章、みんな嘘。ちょっと調べれりゃすぐわかる。
実際に調べてサイトでまとめてる人けっこういるぜ。
さんざん既出だが、こういうのとか。

http://www.kotono8.com/2004/09/24pleiades-in-fact-and-fiction.html

ま、信じる信じないはご自由に、だな。w


152 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 21:55:55 ID:EMlNGuzW0
>>150
凄い文章読解力だな。まあ、頑張れ。
デタラメに付き合うのもほどほどに〜。w

153 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 22:00:57 ID:EMlNGuzW0
こういう人もいるな。

http://blog.goo.ne.jp/heywa/c/d4ef83f07e895e6ec2d74b79af2da120

謎に満ちた天文学者ポール・オットー・ヘッセがどうやって出てきたか、このブログで初めて知った。w

154 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 22:01:42 ID:mcQHLzfH0
>>151
あんたは以前にも同じレスをしただろ?
そしてそれを反論したのもたぶん私だよ。今、同じ事をやってるんだよ。わかってる?

そこに書いてあるフォトンベルトの理論はおかしいのは誰でも理解できるんだよ。
それを否定している第一人者がいた。
だけど今は、存在することを認めた。

155 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 22:04:01 ID:EMlNGuzW0
>>154
だいぶ前にフォトンベルトの銀河の写真のURLをさらしてくれた人はいたな。
それは覚えてる。
「それは別の銀河の写真ですよ」と指摘させてもらったっけ。
まあ、このスレにはいろんな人が来るよな。w


156 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 22:06:07 ID:EMlNGuzW0
つかよ、フォトンベルトを信じたいんだったら信じてれば良いんじゃないの?
信じちゃいけませんよ、なんて誰も一言も言っちゃいないんだし。
俺はフォトンベルトはデタラメだと思うから、デタラメだよと書いてるだけなんだし。w


157 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 22:06:15 ID:S8mBBALB0
>>154
横入りでごめん。ちなみに自分は、フォトンの件は初レス。
フォトンは、自分はないものと思ってたのでけど、
否定派から肯定派へ意見を変えた人がいるってことですか?

158 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 22:14:36 ID:yZ6UtqRA0
>>155
ネクサスマガジンのひとりの大学生が、はじめてフォトンベルトの話を持ち出したと言っているが、
それよりも以前に、こういう説明をしているヒマラヤ仙人を取材した記者が書いた本がある。

それで、さっきの根拠の話だが、あんたはジュセリーノの予言を信用しているか?

159 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 22:36:52 ID:EMlNGuzW0
>>158
自分は予言と呼ばれる類のことを「信用」したことは一度もないが。
ジュセリーノの予言も同じだ。
当たるのもあれば、当たらないのもあったな、と思うだけだな。
つか今まで予言が当たってたからって、次も当たるという根拠にはならんだろ。
そういう物を信用するってのは、俺にはできんな。
そういうのがあると思うだけさ。


160 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 22:37:33 ID:GHuV3kgT0
フォトンや アセンションの時期の前よりも、「意識の変化」は必要に思う。

去年の夏、気温の上昇。40度超えも何度かあった。 その結果、日本でも
「熱中症による死亡数 120名以上」  中高生の若い年代でも部活動の後に
熱中症で死亡。そんな記事が多くあった。

また、そんな高い気温だったので、海水浴や川遊びに出かける人も多く、
その結果、海や川で亡くなる人も多数いた。 300名以上、400名近くしれない。
その位の大人数が水の事故で亡くなった。 その事も思い起こして、夏に向けての
事故防止の意識を作る必要もあるのだと思う。

夏前から、熱中症防止の情報を集める。 海水浴での注意を再点検する必要も
あるのだと思う。 海岸には「対岸流という危険な流れがある」のも多くの人が
知っておく必要があるのだと思う。....その様な過去の事実から、新たな意識を作り
夏の事故に備える必要もあるのだと思う。

161 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 22:46:24 ID:SlYWx41e0
>>159
あんたはそういうことに馴染みがないからそういう思い方をするんだろうが、
私はこういうことには馴染み深いんだよ。
そういう立場からフォトンベルトは、はっきりし過ぎるほどに知識がある。
ジュセリーノの予言もなぜ出来るのか知っている。
ノストラダムスも同様。
でもまあ言ってもしょうがないなあ・・

162 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 22:49:14 ID:HLoaYLiI0
>>161
>予言もなぜ出来るのか知っている。

全然関係ない俺が興味を持ちました。
集合無意識へアクセスとやらですか?

163 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 22:49:40 ID:EMlNGuzW0
>>161
言ってもしょうがないのなら言わない方が良いな。
あと、さっきから述べてるように、だれが何を信じようとフォトンベルトがデタラメな事に変わりはないよ。
信じたければ信じればいい。w

とゆーか、さっきからID変わり続けてるんだが、同一人物なのか?w




164 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 22:51:48 ID:SlYWx41e0
>>163
これ以上言っても拉致があかないだろうということだよ。そう思うだろ?

165 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 22:52:02 ID:7PL6SGFp0
大事なのは個人の変化なんだよね。
現時点ではポツリポツリ覚醒した人が
出現している程度。
今年はブレイクする人達が増殖する予感がする。


166 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 22:53:07 ID:7PL6SGFp0
マイナスにブレイクする人もかなりいると思うが・・・

167 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 22:53:34 ID:EMlNGuzW0
>>164
言いたいこと言えば良いんじゃねえの?2ちゃんなんだし。
俺は言いたいことを言いたいように言ってるがな。w
デタラメを仰いで信じたい人は、そうすればいいのさ。
それを止めることは誰にも出来ないし。
良いんじゃねえの、らちなんかあかなくて。w

168 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 22:57:18 ID:SlYWx41e0
>>162
体外離脱とはどういうものか、ということだよ。
体外離脱は四次元に居ることだ。
四次元は瞬時にして移動できるし、過去にも未来にも行って情報を得ることができる。
現在において、すべては(過去も未来も)ここにある。

169 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 23:00:09 ID:rhHsMq1n0
変革なんて普通の人間でも普通におきてるよね。
10年前の自分と今の自分は同じ?っていうとそうでもないし。

結局、神?は人間に何を求めてるんだろう?
どういうのが理想なんだろう?
私個人では、自然と共に歩み共生というビジョンしか浮かばない。
物事の本質を知り、目覚めるというのかね。
今更、太古のようにアダムとイブ如き裸の生活に戻るわけにもいかないし。
携帯電話もパソコンも・・どういうのが理想なんだろう?


170 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 23:00:16 ID:vSj4G+G20
ガチガチ否定派 :フォトンはベルト状に安定など絶対しない。よってウソは明白、物理を知らない奴はこれだから困る。
チョイ否定派 :銀河中心から放出される高エネルギー粒子の流れがあるが、それは駒の芯の方向。よって地球には届かない。
なんとなく中立派 :物理的なフォトンベルトはないかもしれないが、高次元のエネルギー領域というものがあるかもしれない。
チョイ賛成派 :多くのチャネラーが言ってるんだから、何かしらそのような現象があるのだろう。信じてみてもいい。
ガチガチ賛成派 :真実を明らかにされると困る存在が情報を潰している。みんな支配者達の陰謀に気づこうよ。

171 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 23:01:55 ID:7PL6SGFp0
5次元を体感してる人は歩く時、
周りの風景が自分の後からついてくる
ような感覚になるそうだ。

まさに(過去も未来も)ここにある感覚ってやつだろう。
今を生きるっていうのは怠け者には難しい感覚に思える。

172 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 23:04:42 ID:EMlNGuzW0
>>169
自分の思い描く理想社会は、嘘を必要としない社会かな。
あと、企業や個人が営利に走ってなるったけ儲けてやろうと頑張らない社会。
「売り上げの1割が利益となればそれで十分ですよ。」
なんて言って、駆け引きや騙しあいや、なんとか金をふんだくろうとする人が一人もいなくなる社会。
これが俺の最高の理想だ。w


173 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 23:10:48 ID:VWrsGalC0
>>171
>まさに(過去も未来も)ここにある

現在においては、これは悟りの境地になる。

174 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 23:14:46 ID:7PL6SGFp0
しかしアセンションと異世界の関係は、このスレでは
語られてないよな。
地球がアセンションを果たせば異世界の住人と再会して
大いに盛り上がるという話があるんだけど。


175 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 23:15:03 ID:OEHApBeL0
色々な情報から知識として、記憶して「新しい意識」を作る必要があると思う。

韓国では今のこの時点、韓国全土に「鳥インフルエンザへの警戒警報」が出ている。
その拡大防止に従事していた韓国軍の兵士も「高熱を発生。鳥インフルエンザに
感染した事が確認されている」。 そんな危険な状態になっているのに、能天気に
GWには韓国旅行をする日本人は多いとニュースで報道された。

日本政府も 日本のマスコミも悪い。危険情報を与えずに危険地域に旅行をする人を
野放しにしている。 仮に日本に鳥インフルエンザが入って来て拡大感染の猛威が
襲って来たら、たったの数十万人の為に、想定では64万人の死亡。感染者は2500万人
などを試算していると言う。 疫病の拡大は想定を超える危険もある。

だから情報を知らずに「危険意識を作らないで危険地域に行く事は、他の大勢、
下手をすれば、日本の人口を極端に減少さす危険も起こしてくる」
たった数十万、数万人の為に、数百万人も死亡、その他に感染を招く危険も
発生さす。 その様に「低能な意識」=危険地域であるのに近づいて行くという
無能な意識は、日本の社会を崩壊さす場合もあると思う。

だかられからは、無能意識では、日本社会そのものが生き残れない事も意味
して来る場合もあると思う。 日本の社会が安全に保たれるのには「新しい意識」が
絶対に必要な時代になると思う。

176 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 23:17:30 ID:7PL6SGFp0
>>173
悟りの境地が面白みのある社会を作れればいいんだが。
共生社会になるんだろうな。

177 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 23:23:10 ID:OEHApBeL0
意識の変革の必要性の中には、こんな事もある。

ジュセリーノはこれから先は、太陽の活動が活発化をして来るので
紫外線が非常に強くなる。 だから皮膚ガンや 目の病気が
多発をして来ると言っていた。

そんなのは関係ない・・と、今までの意識(感覚)で、無防備に肌を露出していたり、
暑い日に限り海水浴に出かけるとかすれば、皮膚ガのリスクが高くなる。
紫外線予防が必要だとして対策をして行けばリスクは減るが。
古い意識で無防備に夏を過ごしていると、数年先には皮膚ガン、白内障などの
病気が発病して、悔やむ事になる。 だから「新しい意識への変革」は、
日々の生活の中にそのヒントが有ると知って、「新しい意識」を作って
行くべきだな。

178 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 23:24:43 ID:7PL6SGFp0
紫外線が非常に強くなる。

色黒の俺は安全だな。後、黒人も。

179 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 23:25:06 ID:XJMSPXq/0
>>176
悟りの境地は覚醒した人の意識のあり方だ。

180 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 23:26:57 ID:HhrMnOrZ0
風化させてはいけない事件
足立女子高生コンクリート詰め殺人事件
おまけでエロ動画あり
http://toolx.4.tool.ms/

181 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 23:28:39 ID:7PL6SGFp0
>>179
人間の考え方なんか状況しだいでコロコロ変わるからね。
覚醒したら疑問さえナンセンスになるんだろうな。

100%直感に依存した生活がライフスタイルになるんだろうね。


182 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 23:30:01 ID:7PL6SGFp0
>>180
フォトンベルトは無い。それでOKじゃないか。
まったく・・・

183 :179:2008/04/27(日) 23:44:14 ID:+ygv0NLA0
>>1821
>100%直感に依存した生活・・

違うっつーの!   下手に考えすぎないで、き君は今のままを維持するように。


184 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 23:45:20 ID:0LDceJnn0
「危険意識」を言葉で理解するのと、「実際に危険意識として持つようになる」
のとでは大きな違いがあると思う。 これから先の時代は、危険な時代になると
言葉で言ったり、言葉だけを覚えていても実際の「危険意識は作られていない場合」
もあると思う。

「危険意識」を持つとしい事は、その意識により「実際の危険予防行動」を行え始めて
、初めて危険意識を持ったと言えると思う。 つまり、今の社会は危険が一杯と言いつつ、
実際の行動で、夜遅くまで外出している。夜遅くまで遊ぶ。出会い系サイトを
利用する。 危険を感じているのに誘いに乗って遊びに行く。 携帯電話を使いながらの
歩行、音楽を聴きながらの歩行は犯罪に遭う危険が高いと言われているのに、
忘れて、直ぐに携帯電話を使いながらの歩行をしてしまう。

それらは、「言葉だけで危険意識を理解しているだけで、まだ実際に危険意識を
持っていない事になる」と思う。 「意識は行動が伴って、新しい意識を持った」と
言えるのだと思う。 色々な情報を知り、その情報を記憶して意識とし、その意識から
実際の行動を行える様になった時に、新しい意識を持ったと言えるのだと思う。

185 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 23:53:30 ID:0LDceJnn0
>>184 の続きとして→「だから・・・」

これからの季節(時代と言ってもいい)、犯罪は増える。夏に向かうと
更に増える。毎年の記事を見ていると分かる。 だから・・・

早めの帰宅、夜遅くまで遊ばない。危険を感じる誘いには乗らない。
携帯電話、音楽を聴きながらの歩行は止める。 戸締りはいつも確認。

高い階に住んでいるとしても、ベランダ側の戸締りは絶対に必要。
夏になれば、2階、3階、それ以上の階でもベランダ側からの侵入で
強盗被害、性的被害が多発をしている。暑い時期は本当に凄い数の被害が
発生している。そんな事実も知って、全ての戸締りはいつも必要だ!との意識
を作る必要がある。

意識とは、行動が伴ってこそ役に立つものと知るべきだ。

186 :本当にあった怖い名無し:2008/04/27(日) 23:57:10 ID:ehRFpehE0
>>49
次は我々が自ら贖罪をする番ですね。
外と内をつなぐ媒体ですか、なるほど。神の”子”というわけですね。

共感性の魔に囚われないがために自我・自意識という分別ある領域に自らを隔離したわけですが、
なくしたものがネットを媒体に戻ってきているので、どうしてもそちらに意識が引っ張られてしまうようです。
しかしそれは同時に負の感情も引き寄せあい集まりやすくなっているので注意が必要です。

チャネリングやニューエイジも現代に足りない認識を補うエッセンスとして評価はできます。
しかし糖分は体に不可欠ですが、取りすぎは体を蝕むものです。
糧として自分に活かすのであれば効果的ですが、そこに自分を同化させてしまうのは禁物です。
伝える側も神的な威厳に預かり語るのではなく、きちんと自己に昇華し、自分の言葉で語ってほしいものです。

しっかしスレの流れがはえーな
ここのVORTEX(意識の渦)も強くなってるねえ。

187 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 00:02:18 ID:zDaS4YdF0
近頃は治安の悪化が一層増してるようだからね。

人気の無い川っぺりに「チカン注意!」って看板でてるけど、
そんな場所を年頃の娘が1人で通るのか疑問に思った。
またチカンがそこでずーと待機してるとも思えない。
でも市民は恐怖を感じているんだな。
それは理解できる。

犯罪を犯す人も被害者も可哀想だ。

188 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 00:19:50 ID:EXgcBtVB0
>>170
目だけは色黒になれないから。
サングラスかけた方がいい。

189 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 00:21:27 ID:EXgcBtVB0
というかさ、お前ら熱くなりすぎじゃね?

2012年てまだ4年も先だぜ。

190 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 00:27:53 ID:19KLX5v90
■※あるプログに投稿されていたものを拝借した。 この中に書かれている事は
  ヒトラーが予言をした=「東方が巨大な実験の場になる」--
  「■永遠の未成年者集団」の出現 ・・それは日本を指しているのだろと思う。
  にピタリを言い表している内容だ。 そのプログの話しからすれば日本人の精神は
  相当に「劣化の進行が進んでいる」ように感じられる。


・・・さん
いつもありがとうございます。日本人がファンタジックであるとのご意見ですが、
私もまったく同意見です。ファンタジックとは実に的確な言葉ですね!

もう大昔になりますが、大手語学学習機関でサラリーマンをやっていた頃の話ですが、
外国人講師の研修が私の仕事の一部でした。そこで外国人講師から寄せられた悩みとして
一番多かったのが ■「30歳を過ぎているにもかかわらず、男女関係やレストラン、
そして車にしか関心がない日本人の生徒に向かって私は何を話せばいいの?

社会的な事柄に一切関心がない人間って始めて見た。これってなに!」というものでした。
ある社会学者は ■「日本人は自分の個人的な感情が直接投影できる小さなバブルのような
世界で生きている。 当然、これを超える大きな社会的な世界が存在するわけだが、
日本人はこれを理解するすべをもたない。それはいっさい現実感覚のないファンタジーとして
しか感じられないようだ。」といっていましたが、まさにそうですね。
 

191 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 00:30:32 ID:zDaS4YdF0
仏陀の弟子にアナンダってのがいる。
彼は元、強盗で100人ほどの命を奪った。
にもかかわらず仏陀が一番信頼する人間となった。
彼はたぶん自分を許す事ができたから認識を変えることが
できたんだと思う。
苦しんでいる人は自分を許せない人。
あるいは自分を裁いている事に無自覚な人。

多かれ少なかれ誰もが綺麗に生きちゃいない事実があるのに
自分を責める。
アセンションとは自分を認める事だと自分は教わった。


192 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 00:31:17 ID:NZfQv05j0
それは外国人講師が日本人を知らないだけだなw
2ちゃんねるみててもわかるだろうし、ブログをちょっとあさってもわかるが、
実は「結構色々考えている人」は日本には多いよ
ただ、そういう事をあまり話したがらないよね、日本人は
特に大人になる程、政治と宗教の話は避けるw
そういう突っ込んだ話をしてもいいと思える程、親密になっていないし、
信用もされてないってだけだと思うよ

193 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 00:32:24 ID:h8iigy230
>>189
俺のひきこもり生活の10年間が光の速さで過ぎていった事から考えると
4年なんぞ体感として数日の勢いでやってくるに違いない。

194 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 00:32:58 ID:19KLX5v90

アセンションがどうの?という前に、もう一度 ヒトラーの予言を読み直して
みる必要がありそうだ。
「■永遠の未成年者集団」の出現 ....ロボット人間の誕生
それらは、日本の事を言っている様にも思えてくる。
※劣化した意識で幾ら アセンションを考えても答えは出ない。
 意識の劣化、精神の劣化を防ぐ事から始めなければ日本は危ない様に感じる。


 ヒトラーの予言
 http://xx-xxx-xx.hp.infoseek.co.jp/kikaku2/hitler.html#mirai


195 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 00:38:08 ID:19KLX5v90
※一緒に投稿をすればよかったけれども・・・・・

  ヒトラー予言 の完全版もある
 http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha400.html
 

196 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 00:38:51 ID:uklGaon7O

最近 誰でも良かった ただ人を殺してみたかったとかって事件

多いよなぁ こいつ等って( 虚ろな心 )の持ち主だよね

悪魔ってのに取り付かれて 頭逝ってしまって操作されて事件起こすんだろな

しかし多い



197 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 00:39:03 ID:zDaS4YdF0
ヒトラーとチベットの癒着は実に面白いと思う。
それにヒトラーはベジタリアン。

昔、落合信彦の「20世紀最後の真実」ってのに
ナチスとUFOの関係が書いてあった。

ヒトラーはチベットの地下にあるシャンバラを
血眼になって探していたんだそうな。

198 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 00:44:45 ID:uklGaon7O
>>178

皮膚癌の死亡率は アフリカ辺りの黒人が圧倒的なんだが…

ま 薬も病院も無いのも理由だが



199 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 00:48:34 ID:EXgcBtVB0
>>197
知らなかった。
黒人でさえ紫外線には勝てないのか・・・・。

でも、オゾンホールがあるのは極地点だけだよね?
赤道付近も開いてたっけ???

200 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 00:48:56 ID:uklGaon7O
>>172

蜜蜂や蟻の世界に近い感じ?



201 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 00:49:00 ID:EXgcBtVB0
miss>>199>>198へレス。

202 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 00:51:11 ID:zDaS4YdF0
日傘させばいいんじゃないの?

203 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 00:51:14 ID:TmTj4z1s0
そのヒトラーの予言とかって捏造じゃないの?
なんでもヒトラー=悪の化身みたいだけれど、そうでもないんじゃないかな。
何かに操られていたのは理解できるけど、大衆がそれを望んでも居たわけで。
誰か1人のせいにすでば済むような話じゃないと思うよ。

ロボット化するのだって、そうなる土壌=社会構造があるわけで。
なんでも人のせいにはしたくないっていうのがあるけれど、日本人が表で
宗教や難しい話をしないのは「和」を尊重したい意志があるわけで。
今回の長野の聖火リレーも萩本金一さんが襲われていた事実があるにもかかわらず、
「欽ちゃん走りを自分がしないで周りがしてた」ってユーモアに変えてたあたりは
日本人ならでは。
なんでも親しくもない人に頭っから難しい話をしてみせる外人って考えてるようで口先だけだったり。
(いわゆる知的だっていうポーズ)外国の友達を見てるとそう思う。
いわゆる、頭と下半身は別っていう男の子にありがちな体質と似てる。



204 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 00:56:14 ID:uklGaon7O
>>199

南極と北極だけだったよね

地球の磁場の流れの場所とか

アフリカは灼熱地帯だから 日本国内なら色黒も最強かもよ



205 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 00:59:17 ID:19KLX5v90

  多くの意見に、なるほど・・・
  というものを感じました。 更なる思考を巡らせてみます。

206 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 01:00:11 ID:zDaS4YdF0
うむ。ヒトラーは時代が作った悪の産物だ。
立場が独裁者に仕立てあげた。

もっと言えば戦争で金を儲けてる連中に祭り上げられたって
ことだな。

207 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 01:10:29 ID:19KLX5v90
昔、「老子の事を書いた単行本」を少し読みました。
少し記憶の残っている部分で・・・

良い君主か? 政治というものは、人民に治めている事を感じさせないのが、
最高の君主か? 最高の政治らしいと書いていた。

人民に感じさせない・・・・。 それは、人民に不満が無く、悩みもなく、
苦しみのない生活を営む事が出来ているからだと思う。

それからすると今の世界は、人類全てが不満や苦痛を感じている。
世界の政治は悪いと言える。 最悪の政治と言える。

ヒトラー予言の中だったかな? その内に超人が誕生をする。神に近い存在になり
争いを収めて、人類は争わなくなる。 そして宗教は無くなってくる・・と
書いていた様な・・・・。 確かに、人類に苦しみや苦痛から解放されると
救いを宗教に求める必要もなくなって来る。 ヒトラーが予言している様な
「超人」が誕生するのであれば、争いもなく、悩みもなく、苦痛もない世界に
なるので、宗教も無くなって来るのかも知れないな。

208 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 01:19:11 ID:19KLX5v90

         ヽ / /⌒\
         /ヽヽ|/⌒\ii|\
       / /ヾゞ///\\|
       |/   |;;;;;;|  \|
             |;;;;;|
             |;;.∧_∧
.           |(´・ω・`)  <....アセンションはまだ見えない 
             |;;⊂.  )      だから今は、現実的な意識改革を
             |;;(_、ノ          目指すべきではないだろうか?....
             |;;;;;|
             |;;;;;|


209 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 01:19:24 ID:zDaS4YdF0
その「超人」が汗人を指しているんじゃないかい?

210 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 01:20:52 ID:16Q69ueGO
2012年、人類は絶滅しますよ
これは変えられない真実

211 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 01:21:13 ID:Gr5jko6H0
俺は正直、2010年の方が気がかりだ。
うちのテレビが映らなくなるような気がしてならない。

212 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 01:24:32 ID:16Q69ueGO
それより私は、2012年まで愛犬に生きていてもらわないと困る
一緒に死にたいワン
2012年地球全滅が楽しみで仕方ない…

213 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 01:25:51 ID:16Q69ueGO
>>211
ラジオでいいじゃんw

214 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 01:26:47 ID:uklGaon7O
>>211

俺も心配だ 家のテレビも機能停止状態になりそうだ

これは真実である!



215 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 01:27:34 ID:zDaS4YdF0
>>211
今年で決まる。勝負師の勘がそう言ってる。

216 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 01:29:30 ID:uklGaon7O
>>212

貴方はアイアム レジェンドに…



217 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 01:32:54 ID:e9h7vwYZO
なんか波が出せるようになるのか?

218 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 01:39:03 ID:19KLX5v90
スレでアセンションという状態が本当に来るのかを模索している訳だけれども、
仮にアセンションが現実に起きるものだとしても、その2012年までには、
相当な苦労が人類に襲って来ると、色々な予言者は警告を発している。

それらからの感じでは、2008年、それも夏から大きく異変が始まる感じもする。
水不足、食料不足、多くの自然災害の多発、世界規模での犯罪の増加。
犯罪や事故も事件の多くが暑い時期から多く発生する傾向にある。

その様に考えると、夏からが本格的な地球規模の異変に向かって行くのでは?
とする気持ちが強くなる。 その苦難を乗り越えられるのはやはり、個人個人の
「意識の持ち方と思う」。 しかし、予言によれば2008年〜2012年は、2000年の
経過を経験する位の大異変らしい。 2000年という流れの経験を5年間で
経験する位の異変。 温暖化の影響、紛争やテロが多発をしている現状、
食料不足などを見ていると、その5年間は絶対に良い期間とは言えない。
誰が考えても悪い方での材料しか見えないからだ。
2012年まで生き残るとすれば、相当な「意識の変化」は必要になるのだと思う。
ただ漠然とした意識の変化ではなくて、現実的に役に立つ意識が必要になるのだと思う。

219 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 01:40:15 ID:zDaS4YdF0
あるいは明日かも知れない。

一寸先は闇だからな。

220 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 01:44:19 ID:19KLX5v90
>>211
心配はないと思う。 デジタルチューナーの普及がそれ程でもないらしい。
また、ジュセリーノか? マグモニールか? 予言をしていたが、
完全なデジタル移行には、新東京タワーの建設が必要。
その新東京タワーは、自然災害の影響で、建設が遅れて2013年にズレ込むと
予言をしていた。 ※予言は意外と信じている。だから色々な不備が
重なり、2011年のデジタル完全移行は数年先にズレ込むと思っている。
だから心配はいらないと思う。

221 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 01:59:38 ID:19KLX5v90
※これからは、温暖化に関するこんな記事を多く目にする様になるのだと思う。
 しかし、残念な事に、危機が迫っていると漠然的には分かるのだけれども、
 それきまだ言葉だけの理解に留まっている感じが強い。 本当に意識が危機感を
 感じ始めるのには、まだ時間が必要な様にも感じる。 (※ではなぜ? 意識が
 本当に危機感を感じないのか?というと、情報不足なのだろうと思う。 海面上昇
 水不足への影響、気温上昇による脅威の情報などが不足をしていて、意識がまだ
 危機感を感じ取れないのだと思う)

 ■ニュージーランド最大の氷河、完全消失の危機

 気候温暖化によりニュージーランド最大の氷河の溶解煤速度が速いために委縮し
完全に消失してしまうと、同国の科学者らがこのほど警告した。
教授は大学のウェブサイト上で「過去10年でこの氷河は非常に委縮している。
海抜730mという低緯度に存在する氷河を維持するには気候が暖かすぎる。このため
迅速に溶解が進み、完全に消失してしまうだろう」と話した。
 また、マッセイ大学の報告によれば、氷雪の減少は90%以上が気温上昇によるもので、
 南島の12の氷河が溶解しているという。
 (08/04/27 10:20)
 http://jp.epochtimes.com/jp/2008/04/html/d49188.html

222 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 02:06:41 ID:EXgcBtVB0
そもそも全ての氷が解けても海面上昇は物理的にありえない。
もし水が地表だけにあるという説が正しければ。

そして、北極点と南極点の氷まで全て解けるという事はありえない。
気温だけが上昇しているという説が正しければ。


この温暖化は、
空気中の二酸化炭素によって暖かくなっているのではなく、
・地球そのものの体温が上昇し、海底の温度が上昇。
・その結果地中にあるメタンガスが噴出し、大気の温度が上昇。
・さらに海水に溶けている二酸化炭素が海水温度上昇により放出され大気の温度を上昇させる。
この3つが重なっているだけ。

人間の仕業ではない。

223 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 02:08:45 ID:zDaS4YdF0
いつもにも増してテンション高いな。
どうしちゃったんだ。みんな。

224 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 02:14:19 ID:h8iigy230
>>223
変なの数人沸いてからずっとこの調子だぜ。

225 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 02:17:30 ID:zDaS4YdF0

ウム。変人の俺は何もいえないけどな。

226 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 02:19:42 ID:h8iigy230
そんなつもりじゃなかったのに俺涙目www

227 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 02:21:03 ID:zDaS4YdF0
単なるジョークだよ

228 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 02:22:13 ID:h8iigy230
さらにマジレスまでされてますます涙目wwwww

229 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 02:25:48 ID:19KLX5v90
※世界にも目を向けている必要がある♪

 ■中国:高騰する物価、天安門事件の前兆を予想する専門家

@驚異的な物価上昇

A高度のインフレは中国動乱の前兆か

 英・タイムズ紙(16日)の報道によると、食品価格の高騰と、冬の異常な大雪は、
中国経済の高速成長にピリオドを打ち、中国社会を、オリンピックを前にした不安定な
苦境に陥れているという。中共当局はこれを恐れており、オリンピックの力を借りて
自己のイメージを高めようとした当初の手法が逆効果になることを懸念している。

 中共当局は、インフレ抑制のために様々な措置を講じているが、ますます多くの事実が、
これらの措置に効果がないことを示している。3月期のCPIは、前年同期比で8.3%の上昇となり、
過去12年来の最高値を記録したといえ、また、中共が今年定めたインフレ目標値4.8%を
遥かに上回っている。最近の数十年間において、高度なインフレは、街頭での抗議や、
他の動乱の火種となってきた。

(08/04/22 11:24)
http://jp.epochtimes.com/jp/2008/04/html/d46195.html

230 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 03:16:25 ID:3km/UNtw0
漠然とした考えだけれども、日本の宗教観は=個人の問題として捉われやすい
のではないたろうか? 諸問題の根は個人の心より現れる。だから個人の心の
奥深くに問題の根を探して行く。

外国の宗教観は=全体の問題として捉える性質があるのではないだろうか?
つまり、問題は全体の問題である。 問題は全体とは別の所にある。
だから、問題があると思えば政府を批判、デモを起こす。 他民族を批判、
排除しようとする。 宗教とは全体意識を高めるものであり、全体をまとめるもの
であるとの意識が強いのではないだろうか? だから他宗教との争いが絶えない
のではないだろうか?

日本の宗教は、個人の問題の根を探し、その根を改めさせようとする。
他方、外国の宗教は全体的宗教であり、集団意識を高める為のものである。
問題はいつも、全体の外にあると考える=集合意識を高める為に宗教がある。

その様なものだとすると、日本の宗教は個人的な宗教観。
外国は、全体主義としての宗教観。まとまる為の宗教・・という性質を
持っているのではないだろうか?

231 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 03:20:50 ID:3km/UNtw0
>>230 を分かり易くまとめると、
日本の宗教は、個人的な内面を求める(探す)為に宗教がある。

外国の宗教は、全体的なまとまりを求める為に宗教がある。・・のでは?
ないのだろうか。

個を求める宗教と、全体のまとまりを求める宗教。 それが違いに
なっているのではないだろうか?

232 ::2008/04/28(月) 03:22:05 ID:GfnD8QGv0
なぜ地球には二進数二拍子の人間と三進数三拍子の人間がいるのに、
二進数二拍子の音楽と三進数二拍子の音楽しか電波で
流れてないんですか。三進数三拍子の人間はお目目死んじゃいますよね。
これに気がつく事がアセンションの隠された本当の意味じゃ
ないですかね。20121222←これ三進数三拍子ね 
マヤは〇型狩猟民族文明

233 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 03:31:40 ID:y1I0maxv0
なぜ地球人には腹筋が四つに分かれてる人と、三つに分かれてる人がいるんですか?


234 ::2008/04/28(月) 03:32:23 ID:GfnD8QGv0
物理や数学詳しいならこのミュージックテロに気づこうよ。
ヒトラーは戦後の日本は実験の場所になるっていってたよね。
なぜアメリカは米なのに国歌がシャッフルのリズムなんですかね。
世界は仕組まれて回っている部分が多いですよ。くだらない
駄洒落が多すぎるよ。米から日本に入ってくる情報にも
駄洒落おおいし。裏の日本があります。しくまれてます。

235 ::2008/04/28(月) 03:35:55 ID:GfnD8QGv0
01
の情報羅列で構成された生命と
012
の情報羅列で構成された生命がいます。

四はまだ一回割れるでしょ。強がらないで。
その発想がねつ造社会を生んでる。

236 ::2008/04/28(月) 03:37:26 ID:GfnD8QGv0
01は有機カラクリ。
ロボットです。地球の生命体じゃないの。

237 ::2008/04/28(月) 03:42:40 ID:GfnD8QGv0
01はトットットットットットットットってリズム
で心臓が動きます。

012はトットトットトットトットトットってリズムで
心臓が動きます。

012の人種が電波で滅ぼされようとしています。

238 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 03:45:17 ID:EXgcBtVB0
>>231
それは違うかな。

日本には神道というのがあるが、
あれは宗教的であるけど、概念に近い。
なので、「あぁ」と理解出来ればそれで良い。
そのため、具体的な説明がほとんど必要無い。(マナーとしての儀式はある)

海外の特に一神教の場合は、
その絶対的な神以外は認められないという構図になる。
何故なら、他の神を認めた瞬間に、自分たちの神が絶対ではなくなるから。

又、仏教というのは複数あるけども、
仙人思想(個人の究極化)や世界解釈(南無阿弥陀仏やその他膨大な書物がある系)
世界解釈の中で誕生した神々の個々を祭っていたりと、散漫になっている。

日本が自発的に争いをあまり行わないのは、個人を追求してるからではなく、
調和が保たれていて楽しけりゃいいんじゃね?という大らかかつ真理に近い概念を持ってるから。
この思想は一度持つと崩れることが無い。何故なら「良けりゃなんでもいい」から。
そして、本当に八百万の神々はいたりするので、むやみに神々を怒らせると大変だったりする。

239 ::2008/04/28(月) 03:48:44 ID:GfnD8QGv0
昔アメリカの黒人もイヌと呼ばれて迫害を受けました。
クウィーンは代表的ですね。
今米から入ってくる黒人音楽は全部ハッタリです。
リズムが違います。
アンパンマンのバイキンマンは
ハーヒフーヘホーっていいますよね。
これってトットトットトー
ってリズムなんですね。
012の人種をバイ菌呼ばわりしてるんですね。
これが洗脳社会っていうんですね。

240 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 03:52:23 ID:TmTj4z1s0
>>230
それは仏教=人間の内面を研究した宗教とキリスト教=外への変革を求めた宗教の
違いじゃないかな?

時代で言うと、キリスト教の方が進化版なんだけど、別個に考えるから駄目になる。
内面と外面と変革は対のものなのに、分離して戦わせようとするから。
外に平和を求めるのなら、まずは自分の内面を見つめようってことのはず。
ガンジーも糸車(チャルカ)を回そうと提言してたよね。
本当は個人→家庭→企業→社会のはずなんだけど、儲けや利益を優先することによって
順序が逆になったかた崩壊しつつある。
今や人間は社会や国をつくるためのロボットになってしまっている。
それを変える劇的な刺激がないと変革は無理でしょ。
それがアセンション?だといいんだけどね。
ニートや弱者じゃなくて、本来はトップが目覚めるのが1番早いのに。
生命力が弱い方に働きかけているのかな?要するに同じ波長というか、微弱な電波。


241 ::2008/04/28(月) 03:55:40 ID:GfnD8QGv0
ドラゴンボールは二進数の農耕民族
の事を戦闘民族サイヤ人と呼んでいます。
ただ右翼として地球に送り込まれた極右は
頭を打って、名前は極右だけど心が極左になって
地球を守るようになる。って話です。
ピッコロ大魔王は日本の先住民族の蝦夷の
事ですね三進数の人種です。

242 ::2008/04/28(月) 03:58:57 ID:GfnD8QGv0
アセンションは三進数三拍子の人種が
20121222のリズムで覚醒するって意味ですよ。

243 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 04:00:13 ID:EXgcBtVB0
勘違いしている人が多いんだけど、
日本は仏教国じゃないですよ。

日本は神道という入れ物があって、
その中にビー玉を入れるかのごとく複数の宗教を取り入れてるだけだから。
仏教はその中の一つにしかすぎない。

244 ::2008/04/28(月) 04:05:11 ID:GfnD8QGv0
新垣ユイはポッキーのcmでオモシローイネー
ってギャグやってるけど、
あれはトットトットトーーーってリズムにのって
やってるんですね。ヘキサゴンのお馬鹿も三進数
タイプですね。島田は二進数ですね。
無理やり低能扱いしてますね。
当人らは本当はかなり頭いいです。

245 ::2008/04/28(月) 04:06:18 ID:GfnD8QGv0
この情報に反応しない人は豚です

246 ::2008/04/28(月) 04:09:29 ID:GfnD8QGv0
オレンジレンジも金で買われてロックやってるんですね。
琉球のリズムはシャッフルが基本です。

Xジャパンや邪2’sもそうです。012を滅ぼすために
在るのでしょう。

247 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 04:11:12 ID:WSq7q+PzO
カバラ計算すると20121222は3になるな。
次世代はシリウス領域へいくって言ってる人がいるけどその数は23らしい。
2と3が仲良くするってことかもよ(こじつけだけど…)

248 ::2008/04/28(月) 04:17:02 ID:GfnD8QGv0
01すべてが012の力が失われていっているのを
知りつつも黙っています。
潜在能力に差がありすぎるから。
もう世界はロボットと歩く屍だらけということに
気づきます。気がついて三進数三拍子を
体に叩き込んで眠っている筋肉を
目覚めさせるのです。その努力をするのです。
自分の視力の高さに驚くでしょう。
そして自分は健康で生きているだけなのに
他人からただならぬオーラがでているとか
言われましょう。

249 ::2008/04/28(月) 04:19:08 ID:GfnD8QGv0
左右対称を目指し。
クンダリーニを覚醒さして
サードアイを開きましょう。

250 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 04:21:39 ID:TmTj4z1s0
精神世界ってこじつけ多いよね。

むりやりっていうか。

251 ::2008/04/28(月) 04:24:29 ID:GfnD8QGv0
長ーい文章書いて予言や天体の周期がどやとか言ってるやつは
01か死んだ012かねつ造部隊でしょう。

自分が究極に健康なら生きているだけで極楽です。


252 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 04:26:04 ID:EXgcBtVB0
鬼さ、何で1レスにまとめようとしない。

253 ::2008/04/28(月) 04:32:58 ID:GfnD8QGv0
012の中には自分が犬と分かっていても
もー一歩奥の犬ならばどうあるべきか。
周りがいかに不自然か。に気づくことができず。
肉体の不調から精神病に陥るひとがおおいです。
究極に乱れた社会です。
アセンションなんざしなくても地球に
01がいる限り地球は勝手に滅びます。

254 ::2008/04/28(月) 04:34:30 ID:GfnD8QGv0
2で割り切れないと気持ち悪いか???

255 ::2008/04/28(月) 04:36:50 ID:GfnD8QGv0
煮干しとゆで卵をたくさん食べましょう


256 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 04:40:54 ID:CQwCf+bXO
これからの季節
励むベッドの上じゃ
汗っとションまみれ
最近は噴く娘ばかりだよな
 
昔は噴く娘は珍しかったが…
霊的連鎖なのかね?
お宮の下だしな、、
よって汗ションはもう起こっているで糸冬っ

257 ::2008/04/28(月) 04:47:45 ID:GfnD8QGv0
やはり変態エロ知障だね。
逆もしかりだぜ。
知ってる奴はお前がきもくてしょーがないだろうな。
一個欠落すると豚のような人生になる。


258 ::2008/04/28(月) 04:50:15 ID:GfnD8QGv0
オス豚が死んだメス馬にミニマム一物突っ込んで
ない腰必死にカクカクしてますってか???

259 ::2008/04/28(月) 04:50:57 ID:GfnD8QGv0
ペンギン村にかえれよ豚足

260 ::2008/04/28(月) 04:56:54 ID:GfnD8QGv0
逆に豚はたくましい馬に群がる。
尽くしてでも手に入れたがる。
適当に遊んでも賢い馬はないものねだり
せずに馬を選ぶ。
畜生が金と権力をもつとこんな世界ができる。
自分の存在自体をはじればー

261 ::2008/04/28(月) 05:06:33 ID:GfnD8QGv0
お前は地獄に落ちるよ

262 ::2008/04/28(月) 05:08:25 ID:GfnD8QGv0
神人に下衆と呼ばれるだろうよ

263 ::2008/04/28(月) 05:20:20 ID:GfnD8QGv0
馬鹿はシャッフルのワルツを踊れ!!!

264 ::2008/04/28(月) 05:23:30 ID:GfnD8QGv0
お前らは地獄に落ちる!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

265 ::2008/04/28(月) 05:36:36 ID:GfnD8QGv0
20121222
トットトトトトト
右っ左右左右右右

左っ右左右左左左

忍者みたいに両手目の前に組みます
両手人差し指を鼻に突っ込んで耳抜き
するように強めに息を鼻から空気が
少しずつ抜けていくようにはきつずけながら、
椅子に座って上のリズム(トットトットトット)
てリズムを
右からも左からも

足の指を広げるように
力を込めながら

地面を踏みつけるように
リズムを刻んでください。

最後のトトトが最初はきついですが

慣れてくると目が覚醒します。

266 ::2008/04/28(月) 05:39:01 ID:GfnD8QGv0
ずっとやると三進法三連譜
体質に戻ります。
普段使ってない筋肉が反応します。
肩が凝る理由がわかります。
豚を殺すことを誓います。

267 ::2008/04/28(月) 05:41:57 ID:GfnD8QGv0
三進法三拍子ね

共存はねーよ

低能ぶたヤロー

268 ::2008/04/28(月) 05:47:53 ID:GfnD8QGv0
金に興味無くなるし
物欲が消えうせます。
生きることが楽勝で楽しくなります。
苦しんでる人を助けたいと
思うようになり、
使命感を持って生きるようになる。
 
馬鹿限定だけどねー

269 ::2008/04/28(月) 05:50:47 ID:GfnD8QGv0
つま先重心になるように頑張って。



270 ::2008/04/28(月) 06:01:49 ID:GfnD8QGv0
右足に重心が乗ってるほうがいいです。
地球はまわってるので。
豚は地球が回るのを止めたいみたいです

271 ::2008/04/28(月) 06:03:59 ID:GfnD8QGv0
かじられたお尻がなおります。

豚はたるんだケツしか舐めれません。

272 ::2008/04/28(月) 06:06:08 ID:GfnD8QGv0
選ばれた人間しか知りません

273 ::2008/04/28(月) 06:06:42 ID:GfnD8QGv0
理解できなかったら選ばれてません

274 ::2008/04/28(月) 06:11:32 ID:GfnD8QGv0
経験上右足ばっかりやった方がいいです

275 ::2008/04/28(月) 06:13:24 ID:GfnD8QGv0
内緒にするより同種には教えまくってください
それが上昇につながります。

宙返りできるまで頑張れ。

常に頭でトットトットトットトットトットって言いましょう

276 ::2008/04/28(月) 06:33:38 ID:GfnD8QGv0
いや左右どっちもだ。どっちも毒されてるよ

277 ::2008/04/28(月) 06:38:07 ID:GfnD8QGv0
まーこれが

スキマスイッチのいみだよ

278 ::2008/04/28(月) 07:06:02 ID:GfnD8QGv0
2012から電波の乗りが変わるんじゃねーの?

279 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 07:14:51 ID:z0HQMptZO
レスの連投の削除依頼って何処でやるんだっけ。
運営の削除依頼?削除整理?

280 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 09:21:51 ID:J+0GlxwO0
声優の中原麻衣は水星座(魚座)のAB型で神と融合できる素質のある人物である。

281 ::2008/04/28(月) 09:25:22 ID:GfnD8QGv0
あほか??


282 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 09:32:59 ID:z0HQMptZO
occult:オカルト[レス削除]
http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/saku/1164191881/

削除依頼しておいた

283 ::2008/04/28(月) 09:39:05 ID:GfnD8QGv0
神と融合??
それあせんちょん??

284 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 11:58:07 ID:qQYdQ2TG0
十七条憲法 (伝承 作:聖徳太子 604年 日本書紀)

第一条: 一に曰わく、和を以って貴しとなし、忤(さから)うこと無きを宗とせよ。
人みな党あり、また達(さと)れるもの少なし。
ここをもって、あるいは君父に順(したが)わず、また隣里(りんり)に違(たが)う。
しかれども、上(かみ)和ぎ下(しも)睦びて、事を論(あげつら)うに諧(かな)うときは、
すなわち事理おのずから通ず。何事か成らざらん。

第二条: 二に曰わく、篤(あつ)く三宝(さんぼう)を敬え。
三宝とは仏と法と僧となり、則ち四生(ししょう)の終帰、万国の極宗(ごくしゅう)なり。
何れの世、何れの人かこの法を貴ばざる。
人尤(はなは)だ悪しきもの鮮なし、能く教うれば従う。
それ三宝に帰せずんば、何をもってか枉(まが)れるを直(ただ)さん。

 「聖徳太子のこころ」/金治勇 [大蔵出版 1986]


285 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 12:06:29 ID:qQYdQ2TG0
Ave Maria, gratia plena; Dominus tecum.
Benedicta tu in mulieribus, et benedictus fructus ventris tui、Iesus.
Sancta Maria, Mater Dei, ora pro nobis peccatoribus, nunc et in hora mortis nostrae. Amen.

In Nomine Patris, et Filii, et Spiritus Sancti. Amen.


286 ::2008/04/28(月) 12:10:53 ID:GfnD8QGv0
おい、聖徳太子は馬だよな。
おれはそういう思想でフェアに努めて生きてきたんだよ
ばればれの嘘ついて人だます
ヒラメの金ちゃんとも遊んだんだよ。

無理なんだよ。
一個回路すくねーの。


287 ::2008/04/28(月) 12:14:05 ID:GfnD8QGv0
もうここでそんなもん
掲示する時点で辻ずまがあってねーの。
ずれてるねー


288 ::2008/04/28(月) 12:16:35 ID:HeePFLVZO
ぼくヒキコモリです
いっぱい白いのかけていじめてくたさひ

289 ::2008/04/28(月) 12:18:19 ID:GfnD8QGv0
ねつ造乙

290 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 12:18:45 ID:GfnD8QGv0
いいとも見ろよ

291 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 12:35:44 ID:qQYdQ2TG0
大災害と滅亡のお告げを民衆の意識改革で回避する、という珍しいパターンの預言書
旧約聖書「ヨナの書」第三章〜
----------
主の言葉が再びヨナに臨んだ。
「さあ、大いなる都ニネベに行って、わたしがお前に語る言葉を告げよ。」
ヨナは主の命令どおり、直ちにニネベに行った。
ニネベは非常に大きな都で、一回りするのに三日かかった。
ヨナはまず都に入り、一日分の距離を歩きながら叫び、そして言った。
「あと四十日すれば、ニネベの都は滅びる。」
すると、ニネベの人々は神を信じ、断食を呼びかけ、身分の高い者も低い者も身に粗布をまとった。
このことがニネベの王に伝えられると、王は王座から立ち上がって王衣を脱ぎ捨て、
粗布をまとって灰の上に座し、王と大臣たちの名によって布告を出し、ニネベに断食を命じた。
「人も家畜も、牛、羊に至るまで、何一つ食物を口にしてはならない。
食べることも、水を飲むことも禁ずる。人も家畜も粗布をまとい、ひたすら神に祈願せよ。
おのおの悪の道を離れ、その手から不法を捨てよ。
そうすれば神が思い直されて激しい怒りを静め、我々は滅びを免れるかもしれない。」
神は彼らの業、彼らが悪の道を離れたことを御覧になり、
思い直され、宣告した災いをくだすのをやめられた。


292 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 14:17:44 ID:SNIbUNsE0
その昔、阿部清明や和気清麿らといった陰陽師がいた。かれら陰陽師は
森羅万象の大自然と人間界との密接な関係を陰陽の法則として大成して
いた。とりわけ大地震や落雷、嵐、これらの重大災害は時の施政の欠陥
がもたらす現象とした。中国大陸でも、わが国でも、天変地異は悪政に
よる結果であって、このために政権が崩壊していくこともあった。大自

然災害と人心の荒廃は直接的なエネルギー等価の関係であって、陰陽師
ならずとも当時の人々には天災則人事の法則を根強く信じていたのであ
る。大地震や大きな災害は人間が放つ悪想念エネルギーが基本原因であ
る。科学万能の時代には見えない心や霊的現象は科学の対象外とし、見
えるものだけを取り扱ってきた。ゆえに災害と人意識とは無縁のものと

されてきた。人間が撒き散らす負のエネルギーを、地球ガイア生命体は
自己治癒のための悪寒、発熱現象で振るい落とす。今日の科学信奉の時
代よりも大昔の人々のほうが、自然にやさしく、自然に感謝し、かつい
敬い、恐れもし、大自然と人心の切り離せない一対同軸の関係を知って
















293 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 14:20:46 ID:SNIbUNsE0
いたのである。人心の騒乱や天災は行政悪にある。それが徳川末期の現
象でもあった。異船の襲来や、朝令暮改の幕末執政に加え、1836〜1838
年の天保飢饉、1825年と1855年には大江戸大火が発生している。やがて
薩長連合の討幕運動をむかえ1868年にようやく明治親政となった。当時
の人々にとって明治維新とは、天地動転の出来事である。今日の世界で

いえば人類の金星移住開始に近い驚愕すべき変化であったに違いない。
300年の社会体制が崩れ落ち、土地の制度も、身分の制度も、貨幣経
済もそっくりひっくり返ったのである。この天地動転の一大事は、たっ
た20数名の松 下村 塾の学徒から始まった。その20数名の憂国の志
士に共通するのは、「日本のために死ねる」というすさまじい志であっ




294 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 14:21:23 ID:SNIbUNsE0
一握りの気高い志は約十倍の300名の同胞を雲霞ように産み出し
た。学歴だけでは社会は渡ってゆけない。学識をさらに高めて己の思想
を深め、独自の見識をもち、加えて「日本のため私心なく死ねる」とい
う気高い性根が、どの時代にも求められるのである。道徳意識の高い社
会、言霊の文化、それらは、物質原理や競争原理とは正反対である。

果たしてこの平成の時代、大人社会も含めて、国会議員も国ため、国民
のために死ねる人物はいか程居るのだろうか?物質経済社会では心のモ
ノ指しがないから私的・公的に「大人だ!」という認定書がない。 
21世紀はこころや霊性に価値を置く神聖紀である。社会という「大き
な心」にまじめに向き合って、自分の心の置き所を静かに見つけるべし
である。


295 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 14:28:26 ID:t72fHO4s0
どんなに難しい事でも、
子供に理解出来るように手短に説明出来ないのならば、
それは説明する者が理解していないという事だ。

296 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 14:47:26 ID:SNIbUNsE0
・天変地異は悪政による結果であって、このために政権が崩壊していく。
・大自然災害と人心の荒廃は直接的なエネルギー等価の関係。
・つまり大地震や大きな災害は人間が放つ悪想念エネルギーが原因。
・人心の騒乱や天災は政悪にある それがやがて革命維新となる。
・社会体制が崩れ落ち、土地の制度も、身分の制度も、貨幣経済も
 そっくりひっくり返る。
・道徳意識の高い社会、言霊の文化、それらは、物質原理や競争原理
 とは正反対である。
・21世紀はこころや霊性に価値を置く神聖紀である 自分の心を静
 かに見つめるべきである。



297 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 14:49:30 ID:dNrNQPLM0
人類の歴史上、悪政の無かった国ってあるんか?w

298 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 14:52:22 ID:dNrNQPLM0
逆に言えば、天変地異が殆ど無い地域は善政だけだったのか?
んなことはないだろ。w

299 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 14:56:40 ID:xkKLlfI20
精神世界で癒される第37章
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/healing/1206356877/

このスレのスレ主さんである単、直さんが、リアルのほうが忙しいので顔をなかなか出せないと言う事で、下りられるそうです。

そこは、無国籍男女混浴風呂。
どなたも、癒やされますよ。
ひとっぷろ、どうですか?


↓ ここも、語り手を、つのっています、<(_ _)>
公案に参禅

坐禅と見性第56章 名詞を剥ぎ取る、なんと呼ぶか
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1205841481/

300 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 15:43:34 ID:wqRAZECL0
age

301 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 16:07:48 ID:J5qWhsc10
既出な話題でしょうけれど、
古神道のご神体って鏡なんですね・・・
鏡っていうことはつまり、自分自身
なんか、哲学ですねぇ

302 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 16:07:50 ID:W9J4cEFA0
>>296
要するにさ、時代のニーズがあるってだけでしょ?
そんな小難しく語らなくてもさ、毎日88人が自殺してる国を生きてるんだからさ。

みんな時代に振り回されないようにしっかり自分を持ちましょう、でいいじゃん。

303 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 16:33:58 ID:TmTj4z1s0
確かに人間の体からは微弱な電波が出ていると思う。
それが集合して天気に影響を与えるのは分かるけど。

それも現象と現象を結びつけて考えたがる人間の脳?
よくわかんないけど。


304 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 16:36:39 ID:t72fHO4s0
>>303
お前さ、
人間の発する脳波ごときで天気が変わると本気で考えてんの?

305 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 16:41:36 ID:zDaS4YdF0
旧KGBは脳波が物質に与える影響を研究する為に
莫大な予算を注ぎこんだのだよ。


306 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 16:42:16 ID:TPCMjD6+0
>>302
それはそうだけれど、「自分を持ちましょう」で、多くの人が悩んでいる。
自分とは何なのだ? 自分はどうあるべきか? 自分という意識を感じる方法は?
・・みんな色々の考えで「自分探しをしていると思う」。

ただ好きな事をして、楽しい事を求めて、遊ぶ事、生活を続けて行く事・・だけでは
「自分というものが分からない」と思う。 今までの時代はそれで生きて来られた。
これからも、自分というモノが分からなくても生きて行けるのは確かだ」。

しかし、自分の発見というよりは、生きて行く為の「新しい意識=それが新しい自分」
というモノになると思う。 これからはただ漠然観で生きて行くのには大変な時代に
なるとハッキリ言えるな。

307 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 16:45:22 ID:zDaS4YdF0
>>306
笑いたい時に笑い、泣きたい時に泣く。
殴りたい時に殴らないで分別を心得、
自由気ままに生きるってことでしょ

308 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 16:47:49 ID:z0HQMptZO
>>305
その研究の結果、どういう理論が生まれだの?

309 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 16:50:03 ID:TPCMjD6+0
>>305
なるほど。 旧ソ連も、敗戦を迎えたドイツから、ナチスの研究資料、
ヒトラーの予言資料を持ち帰ったという。 だから旧ソ連時代、現在のロシア
でも、「人体の未知」 更にはヒトラーが予言していた=超人誕生に
凄く興味を持ち続けていると思う。 だから「脳の秘密」「脳の未知なる部分」の
研究を現在も続けていると思うな。

味気ない言い方をすれば、現在の地球に溢れる物質文明、世界の混乱の多くは、
全て「人間の脳が造り出したもの」・・ だから脳を研究する事は、
未知の何かを発見できるかも知れない。

310 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 16:54:15 ID:zDaS4YdF0
>>308
↑の人が言ってるようにもともとナチスの研究を
独自の改良を重ね発展したものだ。
ナチスの研究をアメリカとソ連がぶんどっただけ。

サイキックウエポンでググればいくらでも情報がでてくる

311 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 16:55:20 ID:z0HQMptZO
>>310
つまり成果ゼロか。

312 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 16:56:10 ID:zDaS4YdF0
思考盗聴器はそれを応用したもんじゃないか?

313 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 16:57:00 ID:TPCMjD6+0
>>308
それらの研究結果は、どの国も「国家機密」に位置づけられるもの。
研究さえも秘密にして、結果は絶対に公表をしない。
しかし米国の秘密などでは、時々 リークで凄い研究をしている事実が
「ニュース? ブログなどで出ている」。

それらの国家機密は絶対に知る事は無理だ。


>>307
その、自由に生きて来た結果が、現在の結果ではないのだろうか?
日本に住む全ての人に言える。 企業家でも、政治家でも、国民でも。
みんなが自由に過ごして来た結果が、今の日本の混乱社会を造っていると思うが・・・


314 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 17:03:47 ID:z0HQMptZO
>>313
なんで研究さえ秘密の国家機密を知ってる人がいるの?

315 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 17:04:00 ID:TPCMjD6+0
■アリゾナ・ワイルダーが見たエリア51 
 http://d.hatena.ne.jp/hourou-33/20070723/1199849417

エリア51は本当は大規模な遺伝子の研究所
実はドイツから伝わったテクノロジーです。

★参考:ナチス製UFO「HAUNEBU」写真集
http://www.youtube.com/watch?v=IpCGemQ4ck0

サイポーグは人間の遺伝子を持っています。彼らはまた、イルカの遺伝子も持っています。
繰り返しますが、それは巨大なプロジェクトで、遺伝子に関する全ての事柄や、
宇宙探査用の宇宙船の先端技術研究開発を目的とするものです。
 ----------------------------------
※これらは、米国の国家機密だけれども、誰かがリークをしてその驚きの
 事実が少しずつ出ている。

316 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 17:04:37 ID:zDaS4YdF0
思考盗聴器の精度は思考の波長をある程度、言語化
できるとこまできているそうだ。

我々、民衆に真実を知るすべはないのだが・・・

317 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 17:06:25 ID:zDaS4YdF0
アリゾナ・ワイルダーといえばレプタリアン・・・

精神世界ではタブーになっているのに・・・

318 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 17:10:53 ID:W9J4cEFA0
>>306
高次の自分の発見、それがアセンションでしょ。
アセンションが重要なのは、それがないと次の時代への適合が難しくなるからってことでしょ?

新しいことをやろうとしてるんだから、大変なのは当然だよ。
各々が自分のペースでゆっくりやればいいと思うよ。

319 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 17:13:14 ID:Q0ZOCN100
ひとまずのまとめ
2012年に何が起こるか!
1、太陽系のフォトン・ベルト突入によるアセンション
2、太陽系のヘリオスフィア・スパークによるアセンション
3、ポール・シフトによる天変地異
4、地殻大移動による天変地異
5、宇宙人来訪

320 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 17:13:15 ID:zDaS4YdF0
>>314
その研究に関わった誰かが世間に暴露する為、
その筋のライターに情報を流す場合があるんだよ。
もちろん偽情報も流れるから、読者が判断するしかない。

321 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 17:14:42 ID:zDaS4YdF0
5、宇宙人来訪 はあると思うな。

322 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 17:15:08 ID:W9J4cEFA0
>>319
6、アセンションの波のピーク。もしくはアセンションの波の終端。

だと思ってるんだけど、私だけかな?

323 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 17:15:39 ID:t72fHO4s0
>>314
良いセンスだ。

324 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 17:17:28 ID:t72fHO4s0
精神論はお腹いっぱいなんだけどさ、
もっと具体的かつ明確に話せる人はいないの?

根拠のある説明が聞きたいのだが。

325 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 17:19:29 ID:TmTj4z1s0
>>295
社会制度が変わるっていうけど、体制は上辺だけ。
で、実際は旧家はそのまま力を持っている事実。
子孫がそれを守ろうとしたり、資産を隠したり。知らないのは一般市民。
身分制度だって実は今も階級が存在する事実。

ユダヤ人だって迫害の歴史を持っているけれど、今も脈々と受け継がれてる事実。
やっぱり強いものは勝ち残る。
何が強いかと言うと、いろいろあるけれど。愛だったり、生存本能だったり。
その生存本能が時代の波が変わると変質しなければ生き残れないという要請だったりすれば、
なんとしてでも変体しようとするのが人間や生物の体の仕組み。
なんら不思議なことはない。


326 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 17:21:42 ID:zDaS4YdF0
魚が爬虫類に進化したようにか

327 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 17:29:29 ID:rQuME9Sw0
>>325
輪廻思想は知っている前提で話すが、これを国民レベルで理解し始めると、
もはや盲目の支配は不可能になるんだな。だから権力者は根拠がないと否定して
カルト扱いして捨て去っているわけなんだ。しかし生まれ変わりが証明され、
しかも生前のやったことが次の転生に反映されることが理解されると、
生きる前提が根本から変えざるをえないということだな。それで今の強者と言われるが
今生で社会的に高い地位に就き、それを乱用するようなことになればその反作用が
今生中もしくは来生に反映されるという仕組みが存在しているとなることを知って
いるならば現在のような乱用は少なくとも緩和されるはずだ。



328 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 17:32:55 ID:t72fHO4s0
>>327
たしかに緩和されるはずだが、それを証明しないと誰も耳を傾けないよ?

329 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 17:35:47 ID:z0HQMptZO
>>320
そんなんで漏れる国家機密って。w
それより国家機密と秘匿にされてた研究情報を民間人が真偽判定する事は原理的に無理だよな。
何が真相か知らないのだから判別なんか出来ない。


330 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 17:39:52 ID:mnc3U7qp0
風化させてはいけない事件
足立女子高生コンクリート詰め殺人事件
おまけでエロ動画あり
http://toolx.4.tool.ms/

331 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 17:40:03 ID:zDaS4YdF0
力ある権力者ほど我々が想像する以上に敵だらけだから
身の保全を保つ為に全エネルギーを使ってるのさ。

332 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 17:40:04 ID:t72fHO4s0
>>329
たしかに。
こちら側が確認出来ない事は、断定できない。

「かもしれない」とは言えるし可能性はあるけど、「絶対こうだ」とは言えないよな。
「可能性としては1%ぐらいある」→「かもしれない」→「きっとそうだ」→「私は信じるよ」→「絶対そうだ」
となって、
「かもしれない」事が「絶対そうだ」に脳内変換され、固定化してしまってる人が多すぎる。

333 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 17:40:56 ID:D4zgHz3U0
>>320
国家機密でも何でも良いが、実用化されていない秘密のテクノロジーなんかには興味ないな。w

334 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 17:41:30 ID:rQuME9Sw0
>>328
>たしかに緩和されるはずだが、それを証明しないと誰も耳を傾けないよ?

国民レベルでは証明は絶対に必要。それでこのような仮定は5感を超えて
いる為、証明は不可能。なぜ5感を超えると証明が不可能かというと大概の
者は5感しかないから。その前提だと普遍的な証明は無理であると言うのは、
現段階での解釈。それでここは進化とか次元上昇ということを頻繁に議論して
いるわけだが、特に強調されているのが6感以上の事柄だと思う。実は輪廻思想を
理解するのは6感という新機能を取り付けなくてはならないと思っていて、
これが今後において国民レベルで備わっていくのではないかと想像をしているわけ。
そのような新機能は備わり始めると、今のような体制は必然的に崩壊ぜざるをえない
とみているわけ。勿論、これは仮定だから鵜呑みにしないでほしい。


335 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 17:48:53 ID:D4zgHz3U0
江戸時代には大半の人が輪廻思想を理解し信じていたんだがなあ。
物の見事に徳川幕府に支配されていたけど。w

336 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 17:52:53 ID:zDaS4YdF0
この地球上で最大の利益がでるビジネスは戦争なんだよ。
ミサイル一発作るのに経費が何千万単位かかる。
日本の電子機器メーカの製品が海外の軍需企業に
部品を供給している事実は新聞にも書いてあるよな?

そして現代の戦争ってのは核兵器が使えないから
兵器の優劣で決まってしまうのだよ。当然機密は厳重な
わけだ。そこまでくれば、自分が他国を出し抜ける為に
何を開発すればいいんだろう?って想像すれば
おのずと結論に導かれるんじゃないか?

そろそれアセンションの話に戻すか。



337 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 17:54:14 ID:rQuME9Sw0
>>335
>江戸時代には大半の人が輪廻思想を理解し信じていたんだがなあ。
>物の見事に徳川幕府に支配されていたけど。w

信じる状態は盲目だから、そこには権力者の都合の良い解釈を付け加えること
が可能。それで今の時代は証明だから、信じるではなく理解するといったことに
なる。その証明に都合が良い解釈が入れば、識者達に一斉に批判されそこを指摘
されやり直すことになる。この過程を繰り返すことによって証明は可能になると
思う。




338 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 17:56:10 ID:D4zgHz3U0
>>337
それは江戸の庶民に失礼だろ。w
というか理性的に輪廻を理解していれば体制が変化するって、どうしてそう思うの?
関連性が全く見えないんだけど。

339 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 17:59:48 ID:zDaS4YdF0
>>338
あんたはどう思っているんだ?


340 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 18:01:11 ID:D4zgHz3U0
>>339
あんたにはノーコメント。w

341 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 18:02:10 ID:rQuME9Sw0
研究中だから偉そうなことは言えないけど、輪廻転生は主に行為した
ことの結果の反映ということになっているらしく、そのような式が成り立つ
ならば、どの身分であろうがそのシステム上では平等であるとみる。
もしこの普遍性が事実ならば、どの身分であろうとも謙虚に物事に当たらずを
得ないと考えるのが自然ではないかと思ったわけだ。それが真実であるならば、
今の社会はその真実を無視しているのではないかと感じたわけ。


342 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 18:03:34 ID:t72fHO4s0
>>337
本当に皆から恐れられるほどの影響力を持った者の多くは、
罪の意識は無く、むしろ良い事をする救世主だと信じていたりする。
人は罪の意識を抱えたまま、大きな罪を繰り返す事は出来ない。

すると、例え輪廻転生の理論が正しいと証明されたとしても、
本人に罪の意識が無いのだから、やはりその行動が正される事は無いのでは?

343 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 18:05:19 ID:D4zgHz3U0
>>341
さんきゅ。なるほどね。輪廻による魂の普遍性から公平性を促す、と。
そういう視点もありか。
自分的には「死は存在しない」ということが、体制の変化を促すって気もするよ。

輪廻思想の神髄は、「人間に真の意味で死は存在しない」ということでしょ。
今の世界は死を恐怖させ、その恐怖をベースに動いてる所が多い。
死ぬことを罪悪と見なし、死を忌み嫌い、死を遠ざけるべく大金を使う。
死への恐怖が経済活動を促し、この社会そのものを構築している。
その意味で、「死は存在しない」というのは、巨大なハンマーとなって社会を揺さぶるとは思う。


344 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 18:06:30 ID:zDaS4YdF0
輪廻を信じる人間は子供の頃からそれが普通に思えてる
から疑問なんて感じないのが普通だと思う。

そしてそれを信じなれない人間との接点は無いと思うんだが

345 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 18:10:14 ID:rQuME9Sw0
>>342
>本当に皆から恐れられるほどの影響力を持った者の多くは、
>罪の意識は無く、むしろ良い事をする救世主だと信じていたりする。
>人は罪の意識を抱えたまま、大きな罪を繰り返す事は出来ない。

歴史上の人物レベルの証明は、国民レベルの解釈とは相違しそうだよね。
そこは今後の課題かもしれん。その証明には現在では元首相小泉純一の
精神構造や某宗教団体の教祖の精神構造を分析してみる必要があるね。
でも一般人は上記に書いた内容からそんなにずれていないとおもうのだが。


346 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 18:11:25 ID:t72fHO4s0
>>343
数千年前に揺さぶった結果がエジプトだったりするんだ。
そこまで夢見れるほど素晴らしい世界にはなってないぜ。

347 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 18:14:37 ID:D4zgHz3U0
亡くなる人をみとったことがある人なら分かると思うが、
今の病院は一分でも一秒でも生かそうとする。
明らかにもう助からない、これ以上は苦痛を与えるだけだと分かっていても延命する。
それが良いとされてきた。でも、ほんとにそうなんだろうか?

輪廻思想によれば、人間には死が存在しない。
肉体はさなぎのような物で、死という脱皮を超えて、魂は蝶のように羽ばたく時を待っている。
ならば、魂を肉体というさなぎにつなぎ止め続けることは良いことなんだろうか?
死を引き延ばす努力は、良いことと言えるのだろうか。

輪廻思想を理解し実践すると言うことは、こういうことを考えることでもあると思う。


348 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 18:20:12 ID:D4zgHz3U0
>>346
いや、エジプトの死生観は「死はない」という類のものではなかったよ。
死から別の存在に生まれ変わる、再生の思想だったねえ。
まあ、それでも古代社会を揺さぶるには十分なインパクトがあって、
それによってあの絶対王政による王朝が生まれたんじゃないか、と思うけど。
なにせ、ファラオは現人神(あらひとがみ)でしたから。w

ちょっと違うが、輪廻転生を信じる古代インドはすさまじい差別の嵐だったし。
バラモンに生まれたのは前世の徳があったから。
スードラに生まれたのは前世の罪があったから。(自業自得)

輪廻を信じるからって、これで良いとは絶対に思わないが。。。w




349 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 18:20:17 ID:t72fHO4s0
>>347
苦痛から回避する事を悪と捕らえるのがすでにおかしい。
何故地球上が天上のごとく楽園ではいけないのか?

病気にも数多くあるが、
苦痛を伴わないのは老衰程度で、毎晩絶叫を繰り返す病も数え切れないほどある。
解決策は探せばあるのに、
そういうのをあえて放っておく方が善だという方が、俺は異常だと思う。

350 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 18:21:47 ID:D4zgHz3U0
「死はない」という輪廻思想が「証明」されたら、この社会に対してもの凄いインパクトはあると思う。
だけど、それがすぐさま理想社会につながるとはとうてい思えない。w

351 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 18:23:51 ID:D4zgHz3U0
>>349
ほっとくなんて一言も言っちゃいないがねー。w
打つ手はもはやモルヒネしかなく、意識ももうろうとして、
あとはもう死ぬしかないって状態って、患者を生かし続けるしかない現場ってのがあるんだよ。。。


352 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 18:28:30 ID:+ns7om/80
>>316
仮にある程度の開発が進んでいるとしても、使える時期は短い?か、全く
無いのかも知れない。 なぜなら、2012年前後に、ヒトラーは「人類の意識が
変わってしまう」と言っている。 その「意識が変化した者達」は、超人の思考に
向かうとまで言っている。 すると研究から推理する人の思考を計れる事が
出来なくなる可能性もある。

しかし、それでも尚、人間の思考を装置で読み取ろうとした場合、更に醜い世界が
広がって行く予感もする。 例えば、装置で「国家に楯突く者」「国家転覆を狙う者」
「国家、社会に反旗をひるがえす者を探り出して」→ 暗殺や 監禁、強制収用所送り・・
などを行い、社会コントロール、世界コントロールの力を強めようとするからだ。

だから、科学技術も使い方を間違うと、大変な事になる。 意識や 思考の方向さえも
権力者にコントロールされてしまう時代になる。 それは恐ろしい事だ。
しかし、今でも多くの科学技術が間違った方向に使われて、酷い世界に成っているのは
事実だ。 しかし中でも「人間の意志、思考、精神状態」までもコントロールしたいとする
権力者の欲望は、人類とっての最大の「悪」かも知れない。

353 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 18:29:22 ID:D4zgHz3U0
アセンションは「自殺願望」の変形なんじゃないか、と思うときもある。
輪廻思想やスピリチュアル系の話を総合すると、
霊界は安らぎに満ちた美しい所で、現世は辛い修行の場、という結論に達する。
もういい、もう死にたい。死んで霊界で楽に生きたい。
自分の人生の辛さから逃げるために、そう思う人は多いと思うよ。
自分もそう思うことが一度や二度じゃなかったし。

アセンションの話を良く聞くと、肉体が変化し意識が拡大されるとかに注目が行く。
逆に意識を拡大変化させれば、肉体が変化し(アセンションし)次元上昇が起きるとか。
これってつまり、今の肉体を何とかしたいという事だろ?
この肉体を何とかしてくれ、という切なる叫びなんじゃないかな。
アセンションという手段を使わなかったら、肉体の死、自殺につながるんじゃないのかな。

自分の肉体をもてあまし、何とかしたいと思ってる人がアセンションに飛びつくような気がする。

354 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 18:37:46 ID:TmTj4z1s0
>>327
輪廻の仕組みがあろうが、権力を持とう!と思ったり、何かをしよう!と思っている
野心的な魂には言っても無駄というよりかは、聞く耳は持ってないと思う。
来世たとえ罪を購うことがあっても、必要と思ったならばやる!精神の強さがその位置にいる所以なんだと思う。
来世がどうなる、だから今はそれをしない・・などという弱腰の魂には僧侶としての輪廻が来世も待っているだけ。
来世の罪だとか考えていたら、今を楽しむとか今を生きるっていう感覚にはならないと思うんだよね。
今までいろんな前世を持っている人とネットなどでも会話をしたことがあるけれど、
来世がみすぼらしい人生でもそういう強い魂を持っている人は逃げないというか
たんたんとその罪を購っているんだ。


355 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 18:39:00 ID:+ns7om/80
確かに、アセンションを別の方向からの「疑いの目」で考えてみると、
この様に言えるのかも知れない→

いずれは、現在 色々な見解が出ている様に「地球規模的な異変が来る可能性が
非常に高い」・・・・その異変での、生き残りの人類の数は非常に少ない。
おそれは世界中に恐怖の連鎖を呼び、地球異変よりも先に「人為的な破壊活動により、
地球が破壊をされてしまう」。・・ だから、アセンションという昇天という希望を
持たせて、「世界的な破壊精神が蔓延して行くのを、防ごうとする意志」が、
どこからか働いて、「アセンションという希望的な世界」を創ろうとして
アセンションという言葉が出て来たのでは?・・とする=アセンションの否定的な考えも
出て来る(※あくまでも個人的な感想だけれども)。

356 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 18:41:42 ID:TmTj4z1s0
だから学ぶっていうことは「経験」することだとも思う。

でも、何億年続いていて輪廻しても学んでも同じことを繰り返す人類って。。。
神様はもっと違う未来を創造したいはずなんだけど。
その神様の意志がアセンション?なのかとも思う。


357 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 18:43:52 ID:TmTj4z1s0
ちなみに自分はアセンションは信じてない。

夢のような変化は起こらないと思う。ただ現実にいろんな災害が起きて
今までのような考えでは生きていけないから意識を変えましょうってことだと。


358 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 18:45:10 ID:QJyst6Pa0
俺もどちらかというと信じてないけど2012年かそれまでに
雰囲気的に何か起こりそうな気がする…

359 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 18:47:02 ID:D4zgHz3U0
>>356
逆じゃないかな。
アセンションかどうかはともかく、輪廻の繰り返し続けて、今こうしているわけでしょ。
ならばこの状態でいいんじゃないかな。今こうしてることは、とても良いことだと思う。
失敗はあったかもしれないし、間違いも多かった。
でも、まだ、先を進むことが出来る。そういうことなんじゃない。

だから、自分はアセンションなんかしない方が良いと思ってる。
(というかアセンションというのは信じられる部分が少ない)
学ぶことは個人個人で違う。一律でこの年代まで、という類の事じゃないんだから。

そして人類はもっともっと良い状態を作り出せると信じてるよ。

360 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 18:52:06 ID:Wyx1oPVY0
盲目的信仰に近い進歩思想では良い状態を作り出すのは無理だと思うけどなw
金融とかも進歩したし、経済とかも進歩したが、どっちかというと腐敗が増えただけで、
それをなんとかする知恵の方は仮に出てきても圧殺されるのみ
サブプライムについても、食料危機についても、本質的な問題は投機の問題だが、
政府も経済界を知らんぷりをして、問題があったら公的資金=税金をつぎ込めばいいという始末

現状の延長線上にはよい未来はないと思う

361 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 18:55:07 ID:D4zgHz3U0
>>360
では、どのような変化を現状の社会や人間生活に付け加えれば、人類は良い進歩を遂げると思う?

362 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 19:05:01 ID:xBK2Qwdm0
キリスト教でのイエス・キリストの存在を信じている様に、その他の宗教で
神の存在を信じている様に、日本での神道、仏教で神様、仏様を信じている様に
何らかの形で「霊的な存在は、あるのだと思う」。

その様に考えた上で、この様に言うと「神様や仏様に怒られると思う」。
しかし、それらの神様や仏様は、世界をよくするというよりは、個人個人への
精神的な啓蒙での干渉をしているのだと思う。 仮に、世界を住み易く、世界が
平和である様にメッセージを発しているのかも知れないけれども、現在の世界を
見ていると、神様や仏様のメッセージは、人類に届いていない事になる。
もしもし届いているとするならば、世界は今の姿と違って、住みよい世界になっているはず。

世界が住みにくいという事は、昇天した(アセンションした)霊的な魂は、力不足であり、
悪に負けている事になる。 だから仮に、我々がアセンションの時期を迎えて
「魂が次の次元に昇天したとしても」・・ 3次元世界で存続し続けている地球にのこる
人類には、何の手助けも出来ない事になる。 つまりそれ事は、アセンションをした後の
「魂」は、個々の魂として存在し続ける事になる。 他のいかなるモノにも
干渉をせずに、悪く言えば「個の浮遊体」として存続し続けて行くだけの存在となる。

つまり、アセンションとは、「浮遊体となったとしても、個での存続を求めての
幸せ観」を求めているだけなのではないだろうか?

363 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 19:06:32 ID:zDaS4YdF0
ようはこの世が平和で戦争なんかなかったら
アセンションの必要性なんてないのさ。
進化の必要性も無い。
普通に仲良く暮らしていけばいいんだからな。

ところがこの世は苦悩している人が世界中にごまんといる。
多くの人達が心の中で悲鳴をあげている。
オカ板見ても分かるでしょ?
「他人を呪うスレッド」なんかある自体まともじゃない。

ところが現在それを変えたいと願う人達が多くなってきた。
数多くの輪廻を得てこの現代に蘇った。
アセンションとは平和を願う魂達が自分で決めたイベント
なんだ。



364 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 19:09:46 ID:h8iigy230
アセンションサイトで「アセンション後の世界は日本が中心国となる」
って言ってるとこあるんだけど、これ何を根拠に言ってるんだろうか。
どこだって我が国は世界一、我が国が中心であるべき、って思ってるのと
似たようなもんなんだろうか。

365 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 19:11:56 ID:zDaS4YdF0
それとアセンションは「信条」じゃなく
人生を通じての「選択」だから、
結局、本人の自由といえるよな。


366 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 19:14:42 ID:zDaS4YdF0
>>364
それを証明する術はないがアセンション情報の普及率は
日本が世界一だと思うぞ。

367 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 19:24:05 ID:qQYdQ2TG0
アセンションの本質にとっては、現世社会の政治の良し悪しなんて
どーでもいいことなんじゃないか、と感じることがある(極論だけど)。

たとえばアセンションの代表モデルかもしれないキリストの場合。
当時のユダヤ民衆はローマ圧政から解放してくれる救世主を期待してたのに
「カエサルのものはカエサルに返せ」(帝国の税金はちゃんと払いましょうw)
的なことを堂々と言って、真面目な政治運動家たちから総スカンを食らった。
つまり民族自決とか哲人政治とか資本家の陰謀とかそーいう世俗的なレベルを超越して
真の神の国はこの世と関係ないっていうスタンスをキリストは貫いた。

結局アセンションの準備は、各自がどういう霊的な姿勢で生きるか
っていう(スレのネタとしては眠くてw)抽象的な精神論にならざるを得ないかも。


368 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 19:24:47 ID:jMKvYJVv0
 ■インカ文明で見られる頭部穿孔は熟練した外科手術の跡、米研究者

  2008/4/28 18:05】 インカ文明の遺跡から発掘されたインカ人の頭蓋骨に
よく見られる頭部穿孔跡の研究から、インカ文明では外科手術の一環として
頭部穿孔が非常に一般的に実施され、また、これらの外科手術の技術も非常に高かった
ことが米学術専門誌「American Journal of Physical Anthropology」に掲載された
論文により明らかとなった。

 研究グループはプレ・インカ文明とインカ文明の遺跡から見つかった頭部穿孔の跡を
残した頭蓋骨を調査することによって頭部穿手術の後も患者が生存することができたのか
などを詳細に分析。その結果、プレ・インカ文明の場合の術後の生存率は3分の1前後
だったのに対して、インカ文明の場合の生存率は80〜90%にも及んでいること、また、
術後の感染症なども発生していないことを発見した。
http://www.technobahn.com/news/2008/200804281805.html
 ----------------------------------------
※この様に古代での優れた医療技術。 その他にも優れた建築技術、天文学。
 それらの高度な発達をしていた文明からなぜ? 人々が突然に消えたのか?
 それは今もまだ解明されていないという。

 解明されていないけれど、確実に分かるのは、その時の時代の人が、生存出来なかった。
 だから消えてしまった・・とする事実以外にはない。
 その様に過去に、人類を消す程の脅威が地球に襲って来たとする事実だと思う。
 その脅威は、色々な予言からすれば、近い内に来る事は確かなのだろうと思うな。

369 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 19:27:07 ID:Wyx1oPVY0
>>361
増やすばかりが能じゃないだろうな、削る事考えた方がいいんじゃない?
とりあえず今の「都合がいい時だけ自由経済」には見切り付けた方がいいと思う
まずくなったら公的資金の投入を迫るくせに、
自由に商売できないと困ると主張する経済界については規制が必要だ
金、金、金、で何もかもおかしくなってるというよりも、
そもそもまともな議論が出来るプラットフォームをぶち壊してる感じだし

370 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 19:32:33 ID:D4zgHz3U0
>>369
自由経済に在る程度の規制を導入するのは大賛成。
投機筋の流れに左右されて、原材料高騰になるんてどうかしとるわ。
自由経済を標榜する「投機家」という無生産層の連中に、
実態経済が搾り取られて破滅するかもしれんしね。


371 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 19:34:06 ID:NZfQv05j0
民主投票についても、おかしなもんだしな
イスラム圏とかで宗教色の強い政党が躍進したら、
「民主主義的ではない」と欧米は非難する始末だし
が、そういう政権であっても、というかもっと酷い独裁政権であっても、
金になるならピタリと非難する声はやむw
こういう土台になる所でもう腐ってるので、今のまま続けてもダメだろw、ってのはある
「力があるんだから好き勝手やって何が悪い」の方がまだシンプルなくらいだ
わけのわからん理屈やキャンペーンで言いくるめるのが発達した事が、
社会の腐敗を根深いものにしてる気がするぞ

372 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 19:34:58 ID:zDaS4YdF0
このスレで発言する意義は、まだアセンション情報に
出会ってない人がこのスレを見て自分で情報を集めて
自分の心で判断する事にある。

自分の場合、出会人もいるいがネットではなく人と書物だった訳だが、
中には読書が嫌いな人もいるし、人の出会いに恵まれ無い人もいる。
そしてアセンションの存在なんてのは人生を通じてしか分からない事だし、
真偽の議論はナンセンスだと思うよ。

373 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 19:41:43 ID:HhYwKuHU0
>>368 の続きを書くとすれば、>>367 の言う様に、アセンションとは?
「精神的な部分での救いを求めての準備」という事になる。
実際にアセンション出来るのか?は、個々個人に任されているのが事実
と思う。アセンションは、個々個人での捉え方に任されているからだ。

アセンションを信じるか?どうかは個人に任されて、どの様に昇天する
努力をするのかの方法も、個人個人に任されている。 それは何か?
不自然だ。 地球の歴史の中で最近は、何度か、人類の歴史が壊滅される
脅威が襲って来ている事が分かり始めている。 とすれば? その何度かの
人類滅亡の時に、アセンションした「霊的な存在は多くいるはず」。

しかし、そのアセンションをして「高次元へ移った霊体」からのコンタクトは
ない。 テレパシーという形でのイメージ伝達も無い。 それは、なぜなのか?
それは仮にアセンションをしたとしても、もう全く別の世界(3次元の地球)
には干渉できない存在になっている事を意味しているのではないだろうか?

本題はここからだ→ アセンションへの理解はまだまだ難しい。
ハッキリとして分かる「未来の人間の姿」は、ヒトラーの予言からの
「新人類誕生」だ。 ヒトラーは具体的に、こんな「タイプの人類になって来る」と
言い表している。 ヒトラーの言う「新人類への模索」をする方がよほど
現実的な模索になると思うのだが・・・・・・

374 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 19:44:31 ID:D4zgHz3U0
中国の経済活動見てると、まさに金・金・金だな。
環境に対する配慮や、食や薬などの安全に対する配慮もかなり低い。
中国製の製品や薬品で、今まで何人死んだことか。
環境、特に大気汚染も酷い。汚染された空気は海を越えて拡散してる。

自由経済と欲望が直結し無制限に解放されたらどうなるかを、中国は如実に示してくれた。
中国を見てると経済の仕組みを地球規模で何とかしないと大変不味いと痛烈に感じる。
・・どうすればいいかはまだ分からんが。。。

375 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 19:47:12 ID:+Y1gR/n10
アセンションはたいていは次元上昇が引き金になって起こるものだ。
次元上昇は、フォトンベルトの到来によって起こる。

1万1000年ごとにフォトンの充満したベルトの中に入り、2000年間かかって
そこを通過することになる。周期は異なってもこれは宇宙にあるふつうの自然現象だ。

 地球に存在する者の魂は、平均数百回の生まれ変わりを経ているみたいだから、
次の次元での学びをはじめても自然な成り行きだろう。
人類は現象界(この三次元世界)の困難の中で一生懸命生きてきたのだから、次元上昇後の
一切困難のない幸福な世界を生きれるようになるとしても自然だろう。

困難のない幸福な世界というのは、現段階では想像できないかもしれないがそれはある。
人が覚醒してくれば自ずとわかるものなのだ。


376 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 19:50:29 ID:t72fHO4s0
だんだん誰が何話してるのか分からなくなってきた。

377 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 19:52:12 ID:zDaS4YdF0
ようはエネルギー戦争なんだよな。
精神間のエネルギー戦争。
政治が悪いだの景気が悪いだのは単なる現象。
結果の世界で、その背後にそれを構成させるエネルギーが
存在するんだ。

378 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 20:03:29 ID:Z/5mwK0U0
話題は少し変わるが、GW期間中のネットの取り扱いには注意が必要だ。
ニュースでは、GW期間中は企業が休みに入る為に、中国か? 中国経由での
日本企業のサーバーに不正アクセスをされる件数が、GW前から急激に増えた
との事。1ヶ月間に3万件以上の不正アクセスがあるとの事。 中には企業の
データを盗まれている所もあるとの事。

それらの不正アクセス。 企業ばかりだけではなく、個人のPCにも不正アクセス
をして、個人データを盗もうとしているはず。 ネットに繋がない時には
モデムの電源を切る。 PCを使わない時には、モデムの電源を切るなどの防御策が
必要に思う。 不正アクセスは年々 巧妙になり、セキュリティー会社でも
不正アクセスの証拠を掴むのは難しいほどに、不正アクセスは巧妙化をしているとの事。

これからは、個人のパソコンにも攻撃が増えるはずだ。 攻撃を防ぐという意識も
絶対に必要になる。

379 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 20:07:31 ID:zDaS4YdF0
メールでスパイウエアを忍ばす以外にアクセスする方法なんて
あるの?

380 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 20:15:29 ID:Z/5mwK0U0
アセンション出来るか?どうかは、その時が来るまでは分からない。
仮にアセンション出来たとしても、他人には分からない。
アセンションが出来た者にしか分からない。

しかし、アセンションが出来ると仮に考えても、アセンション出来るという事は、
肉体を抜け出しての昇天なので、生活をしている周りに多くの死んで行く人を
見る事になるのだと思う。 そしてアセンションを信じている人達は、その死体を見て、
アセンション出来て幸せな人だったね♪ と思うのかも知れない。
その様に死んで行く人を見送られれば幸せと思う。

しかしそれは、アセンションが来る時の事。 ヒトラーが言っていた=新人類誕生
その新人類誕生の足がかりはすでに始まっている。 記事にも出ているが、
世界では、新人類の特徴=今までとは違うDNA構造を持ち、どんな疫病にもかからない
性質を持ち始めた。 更に小さな時から、学んでもいない知識を知っているという。
それらの誕生し始めている=新人類の意識への研究が進んで来れば、今までとは
違う意識を持っている事も分かり始めるのかも知れない。

アセンションの時よりも先に、新人類誕生での「新たな意識」への解明の方が
先に来るような感じもするが・・。
確かに個人的には、その「新人類の新たな意識」の方が、アセンションよりも
興味が湧き始めた。

381 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 20:20:47 ID:TmTj4z1s0
>>377
でもって、皮肉なことに力と力がぶつかれば戦争になる。
それがどういう形かはこれからだけど、今のところ、弱者の淘汰かな。
ジワジワ波紋が広がって精神弱者・経済的弱者。

それでも足りなければ、病気や災害などで人口調整。
地球の健康を取り戻すのも大変だね。


382 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 20:22:45 ID:Z/5mwK0U0
>>379
詳しくは知らないけれど、色々とあるのでは?
色々なHPの中には、HPそのモノにウイルスを仕込んでいる場合もあるし、
ウインドーズのOSには、メッセンジャー機能もある。そのメッセンジャーの
中にもウイルスが仕込まれていたと解説していモノを読んだこともある。

更には、セキュリテイーソフトなのに、そのソフト・・そのモノにウイルスを
仕込んでウイルスに感染させるソフトもあるとの事。外国のソフトだけれども。
だから、用心をする事は必要だ。

383 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 20:29:40 ID:zDaS4YdF0
>>381
そうだね。
>>382
手遅れかもしれん。
まぁ、たいした個人情報なんて入ってないけど。

まいったなこりゃ。

384 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 20:31:03 ID:TmTj4z1s0
霊的干渉やPCでのウィルスなど、自己防衛するものがいろいろあるね。



385 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 20:42:14 ID:bwDabTdl0
>>377
それを釈迦は縁起と呼びました。
ユングは共時性、ボームは内蔵秩序とよんだりしています。

要は同じ性質の波長を持った個別の意識領域が
時間と空間を越えて共鳴しながら寄り集まって増幅され集合意識を形成し、
意識の渦と化して現象化するという仕組みです。

縁って起こるというわけですね。



386 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 20:43:41 ID:zDaS4YdF0
>>384
船井幸雄さんが誰かから呪術を受けて病気になったそうだ。
彼のHPに体験談を書いている。
そんなことがあるんだね。

387 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 20:45:27 ID:zdpjsZeW0
【軍事】ロシアのスホーイSu-27『フランカー』の知的所有権で中露が対立。
   「提訴も辞さず」とロシア側が警告[4/28]
  http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1209375475/l50

 ロシア空軍の傑作機として国際的評価が高いスホーイSu-27『フランカー』の
知的所有権を巡り 中国とロシアの間で対決機運が盛り上がって来た。

ロシア政府は中国政府に対し中国製戦闘機瀋陽『J-11』はロシアのスホー
Su-27SK型機のコピーで知的所有権を守るため提訴も辞さないと警告した。
ロシアの有力メディアが相次いで報じた。

中露間の兵器取引は過去2年、6割減に落ち込み中国側の露製ハイテク兵器の
コピー横行が一因となっている。 中国は中東・アフリカなどの"第3世界"への
コピー兵器売り込みで本家のロシア製を追いつめており国際兵器市場の争奪で
両国が正面対決するのも時間の問題となってきた。
http://www.aviationnews.jp/2008/04/su27_7d75.html

388 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 20:48:34 ID:zDaS4YdF0
>>385
問題はどっちの集合意識が強いかだよな。

389 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 20:49:04 ID:zdpjsZeW0
【Windows】MS「6月30日でXP販売終了。変更なし。顧客の声聞いた」
→サポート企業「XPの終了望み、Vista称賛する声は皆無」
   http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1209363590/l50

390 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 20:58:02 ID:bwDabTdl0
>>388
まあ現在、バランスを取り戻す方向に動いているので、
足りないほうが強まってきています。

391 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 21:00:17 ID:/McQDRhbO
>>186
インターネットはヨハネ黙示録の666のことだそうです。
WORLD WIDE WEB WWW=666
666コードとは「入力と出力を同時に行うことができるもの」のことです。
インターネットは現実感が伴わないので、無意識の領域に埋没しやすいのでしょうか。
このスレを見てもわかるように集合意義を形成しやすい傾向はあるようです。
このようなものが用意されたのも世界が父性に偏ったことの反動かもしれませんね。

392 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 21:01:07 ID:QJyst6Pa0
>>385
なるほどねぇ

393 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 21:10:58 ID:/McQDRhbO
そこで>>301の鏡こそが、母性の象徴なのです。
古の神々(母性)との繋がりが強まると無意識の領域が拡大され自意識が縮小されるので、
物事を深く考えたり感じたりすることができなくなります。
思考や感情が神々(母性)から無意識の領域を通して送られてくるからです。
鏡には自分自身とそれをとりまく自然が映し出されています。
そこには思想も哲学もありません。
自然と一体になった自分が在るだけです。
一神教の神(父性)によって神々(母性)との繋がりが切断されると人類は自意識に目覚めます。
思考や感情を自意識を通して表現できるようになるのです。
そうすることで初めて思想や哲学が生まれました。
言葉を自分のものとすることができたのです。
こう考えると、人類の歴史とは無意識の領域を縮小して、
自意識を発達させるための過程であったと云うことができますね。

394 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 21:11:07 ID:A0AGj0nQ0
※推理力も必要だ・・・・・・ この2つの事件。つなぎ合わせると、犯人に感染の
 可能性もある。 又、これからの野鳥に対する虐殺も感染の可能性が含まれる事になる。

【秋田】十和田湖の白鳥4羽から鳥インフル、低病原性H5型
  http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1209370968/l50

 秋田県は28日、同県小坂町の十和田湖で死んでいるのが見つかった白鳥から、
低病原性鳥インフルエンザウイルス(H5型)を検出したと発表した。
白鳥の発見現場から半径10キロ以内には、養鶏農家はないが、県では
農家に注意を呼びかけている。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080428-OYT1T00410.htm
-----------------------------------------
ハクチョウ、コクチョウ7羽惨殺 水戸・千波湖....2008.4.28 13:00

 ハクチョウなどの死骸が見つかった水戸市の千波湖=28日午後 水戸市千波町の
千波湖で「コクチョウが死んでいる」と、110番通報があった。 調べでは、
殺されていたのはハクチョウ2羽とコクチョウ5羽。同湖北側の半周1.5キロにわたる
岸辺や湖中に倒れているのが見つかった。いずれも頭や首に何かで殴られたような
あとがあったという。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080428/crm0804281258010-n1.htm

※犯人は白鳥に触ったか? 返り血を浴びている可能性もある。白鳥がウイルス
 を保菌していれば感染の可能性も。 場所が離れているので可能性は低いと
 しながらも、これからは分からない。野鳥は移動するから。 これからの似た様な
 事件を起こす犯人にも、鳥インフルエンザの感染のリスクは高くなる。
 犯人に高熱症状が表れれば、感染の可能性があるな。

395 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 21:11:56 ID:t72fHO4s0
>>379
・実際に対象のPCへスパイウェアを忍ばせておき、後でデータを盗む方法。
・メールにウィルスやスパイウェアを仕込む方法。
・企業HPへF5だっけ?更新アタック。(これはサーバーダウンが目的)
・企業HPのhtmlファイルが置いてあるサーバーを探し出して、
 そのHPを改ざんするためにアタック。
・企業サーバーへ潜入するためにアタック。
・個人サーバーを専用ソフトを使い割り出し、アタック。
・個人PCを専用ソフトを使い割り出し、アタック。

本当に個人PCがアタックされてるかを確認したければ、
カスペルスキーを入れる事をオススメする。日に何度もブロックしてる。

396 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 21:20:45 ID:zDaS4YdF0
>>395
ありがとう!

397 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 21:31:42 ID:bwDabTdl0
>>391
そういう説もありますね。
これはあくまで個人的な推測なのですが、黙示録には父性的な力の母権の復帰に対する恐れを感じるのですよw

情報化というコミュニケーションを強化するために人類が辿った歴史の歩みも、無意識に母性を求めた結果でしょう。
現在まだネット社会は仮想という位置づけで捉えられがちですが、
ネット社会は徐々に現実社会との親和性を高めていき、現実を拡張していこうという傾向も見られます(Augmented Reality)

しかしながら龍殺しの神話に喩えられるように、
母性には捕らえられると埋没してしまう危険性があるので、いかに成熟した自意識によって制御するかが鍵ですね。
電脳コイルというアニメがうまいことその危険性を示唆しています。


398 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 21:56:42 ID:A99WW//f0
■超巨大都市の現実】(上) 上海 傷ついた土壌 黒くよどむ川
    垂れ流される汚染 (1/5ページ)....2008.4.28 18:05

 開幕まであと2年となった上海万国博覧会は、8月の北京五輪とともに
“台頭する中国”を象徴する国を挙げてのプロジェクトだ。万博のため工場や住宅
1万8000戸が立ち退かされ、地下鉄8路線が同時建設されるという中国ならではの
強引な大改造が着々と進められている。だが、チベット騒乱や反欧米デモがはからずも
“大国”の脆弱(ぜいじやく)さを示したように、万博への準備が進む上海では、
汚染排水がいまだに垂れ流されるなどの現実が経済繁栄の陰に潜む本質的弱さを見せている。
http://sankei.jp.msn.com/world/china/080428/chn0804281806004-n1.htm
 ----------------------------------------
※このままでは、中国はいずれ人の住めない国土になるのではないだろうか?
 産業重視、経済性重視。 人民の生活や 農業に必要な「土地」までも軽んじて
 発展への材料として利用している。 日本が農業を軽んじて来た歴史をの
 後追いをしているようだ。 中国もその内に自国での食料生産が必要量
 まかなえない国になってしまう予感がする。 その先にあるものは何か?
 それは、中国国内の暴動しか残っていないのでは、ないだろうか?

399 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 22:04:25 ID:A99WW//f0
 ■手足口病で児童19人死亡 中国安徽省....2008.4.28 18:02

 中国中部の安徽省阜陽市で、今年3月から児童789人がエンテロウイルス71
(EV71)に感染、重度の手足口病により19人が死亡したことが、28日までに
 明らかになった。

 中国国営新華社通信などによると、3月上旬から同市農村部の児童の間で、発熱し
口や手足、臀部(でんぶ)に発疹(ほつしん)が出る病気が流行。同市当局はEV71の
感染症と断定した。27日までに、脳、心臓、肺など多臓器の機能不全を起こした19人が
死亡し、204人が入院したという。

 EV71の感染症は日本では手足口病として知られ、一般的には38度以下の発熱で
 症状は軽いが、平成9年に大阪市で3件の死亡例が報告されている。

 市民の間では、「子供版の新型肺炎(SARS)だ」「鳥インフルエンザが流行している」
などのうわさが広がっており、市当局は否定に躍起になっている。
http://sankei.jp.msn.com/world/china/080428/chn0804281802003-n1.htm
 ---------------------------------
※これは?? アセンションよりも前に人類は「奇病で昇天する日」が
 近づいているのかも知れない。 危機に対する意識は、アセンションよりも
 大切になりそうだ。

400 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 22:17:41 ID:GRpoiHoZ0
やっと、アセンションに対して気が付いた者が増えてきたな。

このゴールデンウィークを使って全員に知らせるのだー

401 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 22:19:43 ID:QiM8nfSZ0
おいおい、このままだと中国はエルサレムに突入するぞ。
 
 黙示録の赤い竜 
 赤=共産・竜=チャイナ

402 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 22:36:10 ID:/McQDRhbO
>>397
黙示録はルシファーが見せる幻から人類を離脱させようとするプログラムだと思っていました。
だけど今では、それも古い情報となりつつあるようですよ。
現在はさらに先へと進んでいます。
ネットも現実面へとリンクしていくのならば、それで良いのでしょう。
重要なのは、自意識によるバランス感覚と愛の視点を持ち、
それを現実面において行使できるかどうかだと思います。
それが集合意義として集まり大きな渦となれば、
世界は必ず良い方向へと変化していくと信じています。
現在はそこへと至る過渡期なのでしょうね。

しかし、父と母が寄り添うのはいつなのかな。笑
それはもうすぐのような気もしますが。。
電脳コイルですか、調べてみますね。

403 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 22:36:40 ID:lI6ri8hV0
フォトンベルトもいいけどさ、
俺はオシャレなベルトが欲しいんだ

404 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 22:40:44 ID:Eiq77btE0
アセンションを待つまでもなく、今 いってヨシ!

405 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 22:47:47 ID:TV69gU8F0
気のせいだと思うんだが、なんか。
ネット回線が不安定なんだが・・・。
まさかもう攻撃くらっているのか?

406 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 22:48:29 ID:GRpoiHoZ0
>>403
くだらないこと言ってないで、
統合意識を、浄化して高めるのだ。

厨房、頭ぺし!

周り10人、意識レベルを上げようー

407 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 22:48:46 ID:QiM8nfSZ0
666はチップの人体埋め込みによる情報管理だと言われているな

お上に逆らえば存在自体が消されてしまうというあれだ

408 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 22:51:52 ID:zDaS4YdF0
>>405
気のせいだよ。

409 :本当にあった怖い名無し:2008/04/28(月) 23:19:48 ID:GRpoiHoZ0
http://jp.youtube.com/watch?v=0HYHKlcDsZI

この動画観て、泣け。

心を浄化せよ

410 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 00:40:35 ID:Wy3NA6/J0
http://jp.youtube.com/watch?v=0HYHKlcDsZI

この動画観て、泣け。

心を浄化せよ


411 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 00:50:29 ID:Q0VjYlps0
瞑想やヨガでアセンションする訳じゃないんだってさ。

「あなたは全て持ってるのです。それに気づけばいいのです」
と言われたが・・・分からん。
さっぱり分からん。

412 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 00:58:24 ID:Q0VjYlps0
相手は自分なのです。
相手を通して自分を知っていくと、エゴがなくなるのです。
そうすると、私という実体がなくなります。
そうすると、相手の実体も消えます。
そうすると、全体が残ります。
これが意識なのです。

というとここで荒らしている連中も自分ってことになるのか。

413 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 01:02:25 ID:cW+XFWSZ0
>>411
そりゃわからんわ

414 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 01:09:52 ID:Q0VjYlps0
あと波動が高いだの低いだのも関係ないらしい。
どうも自分はアセンションの概念を見直さなければ
ならないようだ。

「細胞に記憶が刻まれている。あなたがそれを信じれば
 必要なモノは勝手に集まってくる」
とも言っていたがマーフィーの理論みたいだね。

自分の直感はその人は正しいと判断してるんだが。

415 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 01:13:37 ID:uqWFg04V0
こんばんは。

最近ふとアセンションに興味を持ったんですが
このスレを読んでも、関連するサイトを見ても
難しくていまいち理解できません。 

皆さんはどうやって知識を付けていったのですか?
初心者向けのおすすめ本やサイトなどありますか?
教えてチャンで恐縮ですが、ご助言いただければ
ありがたいです。

ちなみに私はスピリチュアル系の知識はほとんどありません。
またアセンションの有無についても今のところは
中立な立場にあります。

どうぞよろしくお願いします。



416 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 01:15:54 ID:Q0VjYlps0
「瞬間に生きればいいのです。」

これだけが古今東西、偉大な賢者が言ってる共通項だな。
2ちゃんやってるのは瞬間に生きてないってことか?
うーん?


417 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 01:17:23 ID:Q0VjYlps0
>>415
自分は分かったつもりでいたけど何だか勘違いしてたようだ。
実際にアセンションした人に話を聞くのが一番だと思う。

418 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 01:17:44 ID:wpdOECTfO
つまり… 自分を第三者的な視点で客観視出来ることが大事なの? ゴルゴ13のように。

419 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 01:23:28 ID:Q0VjYlps0
>>418
それは俺でもマスターしてる。
そうじゃなく自分の出会う人物はネットも含めて自分の
分身なんだよと彼は言っていた。

420 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 01:27:35 ID:miM0E6VU0
>>414
波動が高い低いはおおいに関係あるよ

421 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 01:28:29 ID:Q0VjYlps0
いや、マスターしてるっていうか癖の一種なんだろうな。
そしてそれはあまり意味がない事にも気づいた。

422 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 01:30:09 ID:Q0VjYlps0
>>420
でしょ?

423 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 01:33:38 ID:kMweR7rP0
屁理屈こねくりまわして、挙げ句着地点を探すなんて愚の骨頂だな。

母親の子宮に顔突っ込んで出口でも探してるみたいだ。

424 :420:2008/04/29(火) 01:34:25 ID:miM0E6VU0
波動が高くなければならない理由がある。この意味がわからないとダメなんだ。

>アセンションした人に話を聞くのが
 って誰?

425 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 01:37:04 ID:wiqBFRyF0
>>415
このスレに集まる者、それ以外の者、どの様にして「アセンション」という
探究心に魅せられて来た流れは?難しいけれども、それぞれに、何らかの
自分なりの答えを見つけ始めたのだろうと思う。
個人的には、アセンションは個々個人の「想念の産物」として懐疑的な答えを
出し始めている。 しかし、アセンションを信じている人もいる。

最終的には、アセンションは個々個人のが出すべきモノだろうと思う。

※参考になると言うよりは、色々な不思議な問題から、アセンションへ興味を
 引かれるに当たりの「入口」を見つけたのだろうと思う。 又、参考?としての
 HPは膨大に有るが、少し投稿をしたい。 それらから派生をすれば色々な
 HPに辿りつけると思います。

■温故知新・2012年アセンションに向かって ・・・
http://sungod2012.blog96.fc2.com/blog-entry-43.html

文明の終末に起こるとされた「暗黒の3日間」
http://www.y-asakawa.com/message/foton-beruto2.htm

ホピ 宇宙からの予言
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/bookstand21.html

「ヒットラーの予言」
http://xx-xxx-xx.hp.infoseek.co.jp/kikaku2/hitler.html#mirai

ヒトラーの予言(完全版)
http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha400.html

426 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 01:39:42 ID:Q0VjYlps0
俺の質問

>鏡面世界(三次元世界)は個人の波動の強さによっても変わりますよね?
>ヘンリーさんはどうお考えですか?
>
>それとへんりーさんはアセンションする為に、
>ヨガや瞑想等の努力をしたからアセンションできたのですか?
>
>もう一つ、アセンションした人間が人や動物や
>植物などを見ると光り輝いて見えるというのは
>本当ですか?

彼の回答

この世は、ミラーワールドです。
外側を見て、自分の内側を見るという事です。
自分が波動が強いと思うと、相手が弱いと反転して映ります。
しかし、それは自分と相手との関係性で、
ほんとうはどちらでも無いという事です。

ヨガと瞑想は全くやっていません。
今回のアセンションは、そおいう小手先ではなく、
根源的なもので普遍的なものです。
男と女でやるお話です。家庭でできます。
これも関係ないと思います。
(アセンションした人間は周りが光輝いて見えるのか?って質問)
ただ輝いた人はいると思います。

ただ、自分がなくなると、すべての人と同化できるので、
相手の事がよく判ります。

427 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 01:44:56 ID:Q0VjYlps0
>>424
http://profile.ameba.jp/hennry/
この人のブログ

428 :420:2008/04/29(火) 01:45:39 ID:miM0E6VU0
質問も回答もわからんでもないけど変

429 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 01:50:22 ID:wiqBFRyF0
※多くを載せるけれども、多くの人も、数ヶ月、数週間、あるいは何年と掛かり、
「アセンションを消化していると思う」 多くのHPに書かれている事を短時間に、
自分なりの消化をしようとしても無理と思う。 色々な事柄を繰り返し、繰り返して
消化をする内に何とか?自分なりの答えを見つけられるものと思う。

これから起こること
http://homepage2.nifty.com/motoyama/event.htm

フォトン・ベルトの謎
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/daiyogen25.html

地球大異変・天変地異・気候変動・異常気象
http://www.1-em.net/sampo/kiko/

なわのつぶやき記P  @〜Qまである。
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/tsubuyaki0710.html#1

ふるやの森
http://blog.goo.ne.jp/flatheat/c/89993a50548ee04d10461c1ebac90a52

ヤハウエの巨大潮流預言
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/bookstand-yhwh.htm

スペース
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/space-library.html

430 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 01:50:57 ID:JMVF980S0
一言でいうと「逝っちゃってる」って感じ。

なぜかというと、まだそのアセンションの価値観がこちら側(3次元社会)には
認められていないから。
認めてもいいけれど、力不足だから説得力ない。
数の論理でいけば、数が増えれば増えるほど変革があるだろうけど、
第二次世界大戦の前にも、アセンションらしい予言があったみたいよ。
戦争の前に起こる予知波みないなものかもしれない。


431 :420:2008/04/29(火) 01:54:38 ID:miM0E6VU0
じつは聖書自体がアセンションのためのものだと思う。

432 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 01:59:19 ID:Q0VjYlps0
早い話、自我の消滅の事言ってるんだと思う。

433 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 02:00:26 ID:hYv13JmQ0
>>432
それ何てエヴァンゲリオン?

434 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 02:01:10 ID:Q0VjYlps0
違うよ

435 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 02:03:18 ID:kMweR7rP0
仏造って魂いれず。
現実を昇華する方法を修練するのが先だよな。
何がアセンションだっていう話になる。
心技体って三つ並べても三つとも欠けてる。
思い当たらないか?ここに屯ってる人たちは。

436 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 02:06:54 ID:wiqBFRyF0
温故知新・2012年アセンションに向かって
フォトンベルトの真実
http://sungod2012.blog96.fc2.com/blog-entry-33.html

2012年・5次元への移行はここをクリック!・・・・というクリック・ポイントも有る。
クリックすれば色々な項目にジャンプが出来る。

フォトン・ベルトの真相
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/daiyogen38.html#黙示録

謎のシュメール文明
http://members3.jcom.home.ne.jp/dandy2/works/works_14_2_m.html

≪シュメール神話≫
http://chiba.cool.ne.jp/mutyo/planet/nibiru.html#シュメール神話

1.太陽は爆発に満ちている!
http://hinode.nao.ac.jp/PO/Space_weather/

アセンション・オンゴーイング
http://homepage3.nifty.com/gaia-as/ongoing2.html

437 :420:2008/04/29(火) 02:08:16 ID:miM0E6VU0
自我の消滅ってそんな簡単にできるものじゃない。
近道ってのは真実を知ること。そしてそれを認めて慣らしていけばいい。
波動を高めるというのは、意識を高めることで「すべてがひとつである」ということを
思い出すこと。

438 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 02:09:48 ID:Q0VjYlps0
それを極めるのにどれくらいの時間がいるかが問題だよ。

439 :420:2008/04/29(火) 02:12:43 ID:miM0E6VU0
時間の問題じゃなく知識を集めて周囲や法則、今までの経験からそれが真実であることを認めていく。
つまり、よくいう覚醒のこと。

440 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 02:18:53 ID:Q0VjYlps0
>>439
自分は覚醒してないけどあなたは覚醒してる?

441 :420:2008/04/29(火) 02:20:25 ID:miM0E6VU0
まあ、覚醒が進んでいると思うよ。だから、何でも質問していいよ。

442 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 02:21:58 ID:hHuQlyyI0
スパロボでいう二回行動か

443 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 02:23:24 ID:Q0VjYlps0
>>441
質問が思い浮かばん。
ありがと。

444 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 02:25:19 ID:hHuQlyyI0
具体的にどうなるんだかね、五次元とか言われても想像つかん

445 :420:2008/04/29(火) 02:29:10 ID:NQsCeN4I0
覚醒するには、まずは無償の愛を少なからず心がけたほうがいい。
知識はやはりアセンション、覚醒とか、そういうのを求める意志が強くなければならない。
なにより、アセンションとは何かを知り、アセンションをしたいという意思が本物でないと
いろいろなことは自分に付いてこない。

446 :420:2008/04/29(火) 02:33:12 ID:NQsCeN4I0
五次元とは肉体を離れた意識の世界だ。思っただけで物事が実現する。神の波動に近くなる、
より秩序が整っている。

447 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 02:34:09 ID:JMVF980S0
>>437
「すべてが1つ」というのは理解できる。
でも、個という自我があるかぎり、その固体としての個性を生かすように作られている。
自分が自分であることに意味があって、その個を生きることによって全体の調和が保たれている。
だから、凶暴なテロリストも何らかの信念と意図があってそれを行っているだろうし
その行動によって気付くことも皮肉なことだけど、ある。
そういう繋がりでもって「全ては1つ」ということなんだよね?
「全ては1つ」だからお団子のように幼稚園児みたいに一緒に行動して一緒に分け合ってっていうだけとも違う。


448 :420:2008/04/29(火) 02:41:20 ID:9Bd/X80a0
地球のような現実は魂のレベルも低いから、そこで繰り広げられる事象はすべて経験と学習のために
起きている。カガミの法則だね。
人類が「すべてはひとつ」を理解できたら、今までの地球の現実はなくなる。

449 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 02:49:43 ID:Yl64Hzw30
すべてひとつを理解したとしても、すべてひとつにはなりたくないな…
そういう「すべてひとつ」か「ひとつになる」っていう話のアニメとかあると
だいたい「個であるからこその愛」とか「個であるからこそ意味がある」
っていうまとめで終わるのが多いけど、その通りだと思っちゃううちは
まだまだだねって感じなんだろうか。

450 :420:2008/04/29(火) 02:56:34 ID:9Bd/X80a0
すべてひとつになるのではなく、その逆。「すべてはひとつ」を理解するだけ。
個性はすごく大事。例えば人体の各細胞がきちんと自分の役割をこなさなければ
人体として成り立たない。
個人が最も幸福でなければ全体としても意味はない。

451 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 03:00:08 ID:Yl64Hzw30
でもアセンションや転生輪廻に関して、ブログやサイトで多く説明されてるのは
「何度も何度も転生して勉強して魂のレベルを上げて、最終的な転生の目的は
神とひとつ、全てとひとつとなること」ってやつなんだよね。
転生の目的と、すべてはひとつという考え方自体は好きなんだけど
ひとつになったら愛もくそもないじゃんって感じだから、ひとつにはなりたくないw


452 :420:2008/04/29(火) 03:03:27 ID:9Bd/X80a0
神の目的はこの宇宙を経験して学習することにある。そのために創った。
最終的には神の元へ帰るんだけども一体になるわけじゃない。


453 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 03:06:05 ID:hYv13JmQ0
恐ろしい話を一つ。

勉強して魂のレベルを上げて一つになり、一つとなりそれが神となった途端に
細分化されまた0からやり直しの無限ループ。

だったらどうすんだよ。

454 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 03:06:43 ID:Yl64Hzw30
その「神の元へ帰るんだけども一体になるわけじゃない」ってのも
わりと見かける説明なんだけど、いまいちピンと来ないんだよなぁ。
魂は水にように柔軟だから、くっついたり分離したりするらしいけど
神の元に帰るってのは、神と同じ次元(波動)には帰るけども
柔軟だからそのまま水滴のように個であったり出来るって事なんだろうか。
でも波動が高くなればなるほど、個としての意識は無くなるってのも
よく見る説明なんだよなぁ。

455 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 03:13:53 ID:YQCBpP9K0
・今一時として意識がある。それはある場所から来ており、来ている場所(次元)
 が同じって事か。
・エゴの終焉とは植物のように害を及ぼさず共存を尊重することか。
・愛とはすべてを司る、例えば意識や物を存在させる物のことか。

最近の俺のギモン。

456 :420:2008/04/29(火) 03:14:13 ID:RzsfMVvO0
無限の進化なんだろうけど、それは幸福と喜びの中での欲求なんだよ。
勉強ではなくて神の遊びなのさ。
君もたいくつな人生だと思っているようだけど、義務とは考えずに遊びだと思うようになったらいい。
そう思えないのは社会に洗脳されているんだと思うよ。
そういう証拠に出会えて目覚めたらいいと思うね。

457 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 03:18:34 ID:Yl64Hzw30
流石に戦争真っ只中の地域の人たちとか
食べるものもろくに手に入らなくて死んでいく人たちとか
病気で生きたくても生きられなかった人がいるこの世界が
遊びの一言で片付けられるようなものだとは思えないな。
仮に遊びなんだとして、それに気付きたくない。
気付いたら今苦しんでる人たちは一体何なんだって話になる。

458 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 03:25:46 ID:Q0VjYlps0
<あなたの、なんらかの行動を世界が待っているのです。

ビラでも配れっていうのかな。
それともここで説教でもしろと


459 :420:2008/04/29(火) 03:30:29 ID:RzsfMVvO0
>>454
君は永遠に君のまま。神に近づくというのは最高の自由で幸福になると考えていい。
個の消失というのは他のわずらわしい事は気にしなくてもいいということ。
周りは周りできちんと機能しているということだから。
>>457
不思議なことだろうけど、魂はそれを経験したがっているってことだよ。
心はそれをこの現象界に来る前に了解していたということ。
魂は完全無欠の生命だからいろんな経験をして学習し、知識として蓄える。
将来の完全な幸福のためにどうしても経験しておかなくてはならないらしい。
それを知らないと結局どういうものかわからないんだろうな。
ただ心は正しい考え方というか受け取り方がある。


460 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 03:34:59 ID:Q0VjYlps0
<魂はそれを経験したがっているってことだよ。

それは違うと思うぞ。
ものには限度ってもんがある。

461 :420:2008/04/29(火) 03:38:39 ID:RzsfMVvO0
>>460
そういうと思ったよ。これは「神との対話」や他のチャネリングの本にも書かれている
共通のことなんだよ。
詳しくは、もう読んで理解するしかない。
心と魂の区別は難しいけどね。

462 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 03:47:36 ID:RqhSTTWp0
おいおい、お前ら!
これから統合意識が、シリウスの領域に移行するらしいぞ!

準備しとけよー厨房どもー


463 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 04:17:18 ID:JMVF980S0
>>462
>シリウスの領域

ってなんでしょう?

464 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 04:23:33 ID:kiv1HUR80
詩が閃いたので書いておきます。

「勉強して傲慢になるなら、やらんほうが良い。
 勉強して謙虚になるなら、やったほうが良い。」




465 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 04:34:58 ID:Q0VjYlps0
>>463
半田広宣さんの本に書いてある。
難しいよ。
>>464
人に優しくありたいよな

466 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 05:08:06 ID:QzaOG+m8O
ぶっちゃけて言えば、神様が人類や他の生命を生み出したのは友達や家族が欲しかったからじゃない?
一人でいるのは神様も寂しいから、自分と同じ魂を生み出したとか。

467 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 05:39:35 ID:RwHv2TXC0
意識とは、何なのか?
その意識の一つの面の性質として、「集めて分けるという性質がある」と言えるのかも
知れない。 そして、色々な情報を集めて、分けて、意識が大事なモノとして感じたモノ
だけを集めて、「精神(情報知識の集合体)にする」。 そんな流れではないのだろうか?

人間は生まれてから、誰に教えてもら訳でもないのに興味のある対象を探して楽しむ。
その時はまだ意識というモノを感じない。 しかし、ある程度大きくなるまでは、興味の
ある対象物についての知識、情報を集める。 その内に意識というモノを感じ始めたら、
その意識が、色々な情報・知識を集め始める。そして、集めた情報・知識の中から、
自分に必要な知識・情報を訳で記憶する様になる。

その時から、自分という意識(知識・情報の記憶集合体)を感じ始める。 そして、更に
知識・情報を集めて、細かく分け始める。 だから、意識とは「集めて、分けるという性質を
持っている」と言える。 そして集めた知識・情報の中から更に分けた知識が、集合体を造り
「精神という意識構造を造る」。 その様に「意識とは、集めて分けるという性質が基本」だ
とすると、ヒトラーが言う「新人類の性質は、知識・情報を集める能力が高く、更に必要な
情報・知識を細かく分ける能力に優れている事を意味しているのだと推理したい」。

また、すでに「新人類の性質を持っている子供達が生まれ続けている」。それらの子供は、
知能が高くて、普通は知らない知識をすでに持って生まれて来るという。 つまり、知識も
すでに脳の中に勉強という形ではなくて「集まって来る性質を脳の性質自体が持っている
事になる」。 勉強はそこそこかも知れないが、知識・情報を集める能力が高く、その中の
必要なモノを分けて記憶する能力も高い。 更には、使われていない脳の中の部分にも、
未知の知識が記憶されていて、その回路が開く為に、新人類と呼べる性質の人間になるのかも
知れない。 そんな時期になるのが、2012年前後なのだろうと思う。ヒトラー予言からすれば。

468 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 05:45:06 ID:RwHv2TXC0
更に言えば、新人類は、その脳の中の未知の記憶部分に、それぞれの役目を記憶した情報が
あるのかも知れない。 だから、突然変異の後は、超人(神的な存在)になったり、知らずの内に
ロボット人間(機械的な感覚しかない人間)になっていると言っていた。 的確な表現かは分からないが、
突然変異をした後には。それぞれが自分の役目をすでに知っているという事になる。

超人に突然変異をするのか? ロボット人間になるのか?は、突然変異の時期が来たら、それぞれの
人間が自然と分かり、意識しないまでも、それぞれのタイプに分かれて来るのだと思う。
推理では・・。 だから色々な知識・情報などは、直感的にどこからか集まり、瞬時に
必要なモノに分けてしまう。 そしてその知識により造られた意識の集合体は、優れた
精神性を持っていて、人々が争わない社会を自然と造れる能力を持っている。 だから
ヒトラーは、半神半人・・という表現をしたのではないだろうか?

まとめると? 新人類は、突然変異の後は自分の役目タイプを自然に知っていて、超人(半神半人)、
ロボット人間、半野獣人などに、自然と分かれる。 それは頭の脳の中に情報が隠されていると
いう部分は大きいけれども、今からでも意識を高める事により、知識・情報を集めて、分けるという
能力を高めれば、脳の中に隠されているタイプ情報への切替えスイッチが、良い回路の方へ
切り替わる可能性もある。
つまり、脳の中には電気信号が流れている。 電波でもパソコンでも周波数の高い程、
情報処理能力は高い。 つまり新人類の脳の中に流れる電気信号の周波数は非常に高い
周波数により、脳の活動がコントロールされていると考えられる。 だから新人類の知識は
豊富で、情報分析、問題やその他の処理能力は的確で、凄く早い。 その事は、
ヒトラーも超人が問題を解決して、地球は争いが無くなる?の様な予言をしていたと思う。
話しは混乱したけれども、新人類の頭の中の周波数は非常に高いものである。 また、
それらの周波数は、また未知の周波数の形をしているのかも知れない。
なぜなら、これから届くであろう宇宙からの未知の高エネルギーの干渉により、
人体や脳の中に流れる電気の性質(周波数の性質)が未知のタイプのモノに変わって行くのだからだ。

469 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 05:46:57 ID:RwHv2TXC0
だから今から、脳内の周波数を上げる訓練としては、知識・情報を多く集めて、分けて
必要なモノを記憶するという作業を多く繰り返して行く必要がある。 集めて・分ける
作業の訓練。その速度を上げる事により、脳の中の周波数は上げられる。

 なぜなら、高い周波数は情報の処理能力が高く、多くを記憶できるからだ。
色々な情報・知識を集めて、分ける。そして考えて又、分ける。そして記憶。また集める・
分ける。記憶。 それらの訓練が必要に思う。 その様に訓練をして、脳の中の
周波数を上げて行けば、新人類でも良いタイプの方に変化が出来る可能性も残されている。
まずは、脳の訓練が必要と思う。


470 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 07:02:15 ID:IGAPUmUZ0
>>467-469
長文を書くということは、「俺はすばらしい文章を書くことが出来る」という気持ちの表出であるかもしれないよ。
だけどよく読み返してみてください。冗長すぎる、同じ言葉やフレーズが繰り返し出てくる、余分な装飾が多い。
読み手に分かりやすくしようとして、かえって失敗しています。これからは推敲して短文でお願いします。

このままでは間違いなく厨房扱いされるでしょう。皆同じ轍を踏んで2chに慣れていくのでした。

471 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 07:06:34 ID:vVQqQbmJ0
「言葉のサラダ」というにはまだ足りないか

472 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 09:01:14 ID:ty/dG1WJ0
アインシュタインも絶賛したという
チャールズ・ハプグッドの「地殻移動理論」を応用した
グラハム・ハンコックの2012年天変地異に賭けてみるか。

まあやっぱり何も起こらないだろうけど。

473 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 09:14:46 ID:ar3upe8x0
>>467-469
やたら長いだけでとても知性の高い文章に見えない。
長ければ銘文だと勘違いするタイプ。

474 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 09:17:15 ID:S2dzPtmj0
脳のクロックアップ的な発想は半田イズムとはあんまり関係無い様な

475 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 09:19:45 ID:ar3upe8x0
>>467-469
とりあえず、↓ここを読んで勉強しろ
http://ja.uncyclopedia.info/wiki/%E5%86%97%E8%AA%9E%E6%B3%95

476 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 09:28:29 ID:skXcayHC0
フォトンベルトが天文学者の間でどう思われてるかも知っておくべきだな。
これも読んでくれ。

http://www.kotono8.com/2004/09/24infamous-photon-belt.html

477 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 09:54:59 ID:skXcayHC0
フォトン・ベルトは天文学的にありえない
http://www.kotono8.com/2004/09/24infamous-photon-belt.html

>プレアデス周回軌道にあるとすれば、「なぜ」というのがもっと大きな疑問となります。
>そうなるためには、巨大な重力が中心になければなりません。
>対象物の軌道(円形軌道と仮定)の速度は方程式v^2=GM/Rで求められるという事実から、
>質量を計算することができます。これを書き直すとM=R×v^2/Gとなります。
>それでは、太陽が410光年の距離を0.1cの速度でプレアデスを周回しているとして、そのとき中心に必要な質量Mは、
>
>M=410光年×(3×10^7m/s)^2 / 6.668×10-11 m^3/kg*s^2
> =3.88×10^18m×9×10^14m^2 / 6.668×10-11 m^3/kg*s^2
> =5.24×10^43 kg
>
>太陽の質量は2×10^30kgですから、これは太陽の2.6×10^13倍(26兆倍)になります。
>銀河の質量は、ダークマター(下記参照)を含んで太陽の10^9から10^10倍(10億〜100億倍)と推定されています。
>ですから、プレアデスを周回するためには、そこには1万個くらいの銀河がなければならないということになります。
>ここには注目しなければなりません――重力レンズ問題だけでも!


478 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 10:13:16 ID:rfoSoMxH0
>>477
あんたが書き記したのはフォトンベルトのことではない。

479 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 10:15:05 ID:skXcayHC0
>>478
じゃあ、フォトンベルトのことを示しておくれ♪
URLぷりーず。w

480 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 10:16:20 ID:rfoSoMxH0
いっていることがわからないのか

481 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 10:19:11 ID:skXcayHC0
>>480
あの文章を示したのは、太陽系はプレアデスの周回軌道にあるためには、
こんな無茶な質量がないと成立しないことを示しただけ。
これだけで、「太陽系はアルシオネを中心に公転」というのが不成立になり、
フォトンベルト突入なんてのはあり得なくなるんだよ。
まあ、文章を読めない人には分からないかもしれないけどね。w

さあ、そんなことはどうでもいいから、フォトンベルトのことを示してみんさい。w
いいから、いいから、ほれほれ。www

482 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 10:24:12 ID:rfoSoMxH0
>「太陽系はアルシオネを中心に公転」というのが不成立・・

 これとフォトンベルトとは関係がない。誰が読んでも同じ。君の場合は別か?
 

483 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 10:25:47 ID:08X9YOITO
>>464
おお、いい言葉だ。
心のすみにおいて置きます。


なんか罪を裁かれる人と、向上するために知識をつける人が増えてような気がする。
今まで気付かなかっただけかもしれないけど、周りが二極化していく流れが
最近本当に多いように感じる。
ふるいにかけられているんだろうか?

484 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 10:30:20 ID:qDV5YEAaO
>>482
初心者?

485 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 10:39:10 ID:rfoSoMxH0
>>481
まずは>>32を読んでみろや

486 :仙人:2008/04/29(火) 10:41:24 ID:wxVoR5wj0
悪政を施く政治こそが災害や飢饉といった天変地異を呼びこんでおる

487 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 11:58:44 ID:C/tzQiVE0
>>420はアセンション終わったの?
禁句かな?

488 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 14:18:13 ID:S4W5ztke0
たぶん禁句。

489 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 14:33:42 ID:HV2W+kMr0
>>402
ルシファーは難解ですね。魔というタブー視された性質により理解がはじかれてしまう。
だから干渉を受けやすいのでオープンに話すことができないわけですが。

あくまで意識の性質的象徴として神学の概念を用いますが、
本来キリストとルシファーはどちらも父性に抗う力、子として存在している点から同質の存在です。

かつてヴァイスハウプトがイルミナティには光と闇が存在すると語っているように、
子が成熟し覚醒に至る過程で、深淵に堕ちるか堕ちないかの違いによりその性質が二分されます。
知恵の実により人類にインストールされた父性的観点からするとそれらは善悪で裁かれますが、
大局的にはそれら二つの流れが相互に交換されることにより、
人類を導き自立させるエネルギー(プロメテウスの火)として機能しているわけです。

そして現代、上のレスの流れからも明らかですが、
人類レベルでひとつ(個・父性)でありひとつ(全・母性)であることを認識しはじめ、
意識の統合(子らの成熟)に向かいつつあり、彼ら先達たちが人類を導くのもそろそろ終わりに近づいています。

神の子である人類は神から自立することで、神である自己を認識し、
そして新たな母胎と交わって、新世界(子)を創造するというわけです。

490 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 14:47:00 ID:pXbGLmPj0
晴れている地域の人は、太陽の光と熱の強さを感じていると思う。
今の時刻が一番強く感じる時間帯と思うけれども、何か強すぎる感じを受けてしまう。

ジュセリーノ予言で、今年からは水不足や 干ばつが多くなるという言葉に
影響をされて、過敏に太陽の異常な暑さを感じ様とする意識(感覚)が、異常に
強いのでは?と感じてしまうのかも知れないが、それにしても今日の太陽の
光の強さと熱は暑く感じてしまう。 やはり今年は、紫外線=太陽光線に
注意が必要のように感じてしまうな。

491 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 14:53:20 ID:hHuQlyyI0
ここのレスは読んでるだけで頭が痛くなってくる・・・これが理解できないうちは昇華とかは無理なのかねww

492 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 14:54:04 ID:pXbGLmPj0
ジュセリーノ予言の影響からだけれども、やはり今年の太陽光線の強さには
注目だな。 まだ春先。 そなのにこの太陽光線の強さ。 6月よりは、
7月、7月よりは8月と、去年は40度超えが何度かあったが、
ジュセリーノは42度〜43度も日本であると予言。 8月に向けて
その気温の異常に驚くに違いない。 それは、熱中症と 皮膚ガン
白内障 海水浴での事故に注意だな。

493 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 14:57:25 ID:pXbGLmPj0
>>491
心配はない。 みんな誰もアセンションを理解していない。
想念を働かして みんなが好き勝手な想像からのアセンションを
書いているだけだ。 だからアセンションに対して色々な意見になっている。

アセンションは、これだとする意見はまだ出て来ない。

494 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 14:59:21 ID:dwI+JWuOO
要するに太陽が異常活動して、人類が死んじゃうから、神の元へおいでよってことじゃん?

495 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 15:06:13 ID:pXbGLmPj0
最近出たインドの気温の記事。 この時期で 41度を記録したらしい。
緯度が低いインドだからと言っても、この時期の気温で41度は
明らかに異常だ。 この太陽の強さからすると、世界では今年多くの人が

熱中症 水不足 食料不足で亡くなるな。 この太陽の暑さからそんな
予感がしてしまう。

496 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 15:17:45 ID:aHv4lbF60
>>489
植物を観察しる

>>491
まず読書する習慣を身につけるといいよ
モニタだと疲れるから
本でね。好きな作家なんかができると、ハマるから。

>>493
そうやってみんなで刺激し合って
塗りつぶしてるところなんだから
それでいい

人間の想像力の行き着く先は、
まずこの次元をみんなの想像力で塗りつぶしてから
次なる空白のステージが待ってる。
そこは光の中に今は見えるかもしれないけど
またそこを我々は色んな色に塗りつぶすだろう

497 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 15:18:19 ID:pXbGLmPj0
>>477
フォトン・ベルトは科学的に証明されていないとしても、太陽系の中の惑星の
気温が上昇しているし、磁気が強くなって来ているのは、探査衛星を使い
科学的に異常な活動に向かっている事が証明されている。 ただなぜ?
その様な異常活動になっているのかが分からないだけ。 惑星が変化をしている事は
事実。 とすると、まだ証明や理解は出来ていないけれども、宇宙からの
エネルギーが干渉や作用をして、それらの惑星に変化を与えているという証明になる。

だから当然 地球も宇宙からのエネルギーの干渉や 作用を受けても不思議ではない。
今はただ、その宇宙エネルギーを検出する技術、知識が無いだけだろうと思うな。

498 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 15:32:31 ID:jtxCSYVh0
どこの観測データがそんな事を言っとるw

499 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 15:32:39 ID:MfUHRu+zO
AA→フェアリー AO→レプラカーン AB→エルフ OO→ノーム BO→ホビット BB→ドワーフ

遺伝子型別未来の姿

500 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 15:40:31 ID:evYVUYFa0
2012年は何かあるとおもう。
皆既日食があるし、注目だよ。

501 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 15:42:31 ID:+T0wcLHT0
各国の政府、研究機関は色々な情報を隠していると思う。
世界に恐怖と混乱を与えない為に。 または国家機密の部分があるからだと思う。

驚異的な事実の中から、少しリーク出来たもの(情報)だけが少しずつ出て
いるだけだと思う。 だから我々はその少ない情報から、判断をするので
フォトン・ベルトはある、無いの対立意見となるのだと思う。
その他の地球温暖化での事実情報は隠されていると思う。だから意見の対立が
起きるのだと思う。 今隠されている情報が全て出されたなら、人類全てが
フォトン・ベルトの存在は事実であると認識できるのではないだろうか?

情報が隠されていて、情報が少ないから意見の対立がある事も、
知っておく必要があると思うな。

502 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 15:47:28 ID:+T0wcLHT0
中国の黄砂が日本に届いているけれども、「黄砂の情報」は、
中国にとっては防衛上の国家機密だとの事。 だからかなり長く
「黄砂情報」を公開するのを中国はしぶっていたが最近公開したとの事。

我々からすれば、「黄砂情報」がなぜ国家機密になる?という感じ
だけれども、国家が感じる機密情報を隠す感覚はよく分からない。
その様な不可思議な感覚から、色々な国、研究機関からの情報の多くは
隠されているに違いないと思う。

503 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 15:49:28 ID:jtxCSYVh0
陰謀論キターーーーーーッ

504 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 15:52:31 ID:skXcayHC0
>>482
ああ、そういうことか。
つまり、フォトンベルトと太陽系とプレアデスの関係を知らないって事か。
だから、太陽系はプレアデスを公転していない、というのとフォトンベルトが結びつかないんだな。

http://homepage3.nifty.com/gaia-as/photon.html
「ガイア・アセンション」シリーズ フォトン・ベルト

>フォトン・ベルトは、おうし座にあるプレアデス星団の最輝星「アルシオネ(Alcyone)」を基点とする
>末広がりの光のスパイラル上の一点で、太陽系が26000年かけてスパイラルと共に一周するとき
>に遭遇する、巨大で精妙な光の帯です。この帯は、スパイラルの中心軸に重なり、太陽系の回
>転面に直交しているので、太陽を含む太陽系のすべての星は、26000年のサイクルのなかで、
>これに2回遭遇することになります。太陽系は、フォトン・ベルトを2000年かけて通過し、
>残りの11000年は「銀河の闇」を旅します。現在は、ちょうど「闇」を出て「光」に入る時期に当たります。
>本来は、これは、太陽系だけでなく近隣の宇宙も関係する、壮大な「宇宙の祭り」です。

外のサイトでも、太陽系はプレアデスを中心に公転軌道を描いているという記述が多い。
その周期はおよそ2万6千年で、その公転の中でフォトンベルトに遭遇するんだとよ。
で、それはあり得ないと、述べてるわけだ。

505 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 15:58:58 ID:skXcayHC0
>>497
それならフォトンベルトは全く関係ないんじゃないか?
それはそれで別に構わないと思うが、その場合はフォトンベルトでアセンション〜
っていう選択肢は無いと思って欲しいが。w

506 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 16:00:54 ID:skXcayHC0
アセンションとフォトンベルトを切り離してる人も多いよな。
フォトンベルト関係在りません。2012年にはこだわりません。
アセンションはいつでも起こりうるし、未来に大規模に起きてもおかしくない。
でも、フォトンベルト関係ありません。

まあ、こっちの方が自然というか、無理がないと思うけどな。
(アセンションの発想自体が無理がないかどうかは、話は別だがw)

507 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 16:04:56 ID:tCHCaYql0
ちゃんと公的機関で認められているぞ
しっかり調べろ!
http://www.j-tokkyo.com/2003/D06F/JP2003-062393.shtml

508 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 16:15:02 ID:skXcayHC0
>>507
ホントだ。w

509 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 16:16:38 ID:jtxCSYVh0
>>507
よくこんなの見つけたなw

510 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 17:00:57 ID:HV2W+kMr0
>>507
これは画期的説明だw

511 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 17:09:57 ID:tCHCaYql0
便利なんだぞ
見た事ないけど

512 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 17:41:59 ID:S4W5ztke0
縄文人さんのページは、情報満載だし、
縄文人さんもお人柄はとても良いと思いますが、
アセンション情報としてはどう思いますか?

513 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 18:23:45 ID:uwtzwNP00
フォトン・ベルト レポート] 第70号
マスコミが伝えない2008年6月からの国家非常事態

http://archive.mag2.com/0000101181/index.html

514 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 19:00:18 ID:HV2W+kMr0
>>496
すみませんレス見失ってました。
正直返答に困りますが、とりあえず思うことは。
花を見るか、木を見るか、森を見るか、山を見るか、星を見るか、宇宙を見るか、己を見るか。
すべては等しく同じ命でありながら、私はその一部しか見ることができない。
私が意味や理由を求めるがゆえに。

この現実世界に共有されている観測可能な要因から推測した私なりの解釈。
これもまた局所的にならざるを得ず。限界は常々感じております。

515 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 19:25:51 ID:EFe+j1Yl0
でも、所詮人間なんだよね、私たち。
それ以上になるには何かを創造しないといけない。
猿にはない何かを。


516 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 19:41:00 ID:EFe+j1Yl0
ここ、最近、パソコンが突然切れたり、MD聴いてても突然、音が
飛んだりするんだけど、そういうことがある人いませんか?

電磁波の影響?

517 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 19:50:01 ID:C/tzQiVE0
うちもマザーボードが逝った。
予期せぬ出費だよ。

http://suzakunoibuki.blog7.fc2.com/
『電化製品とのつながりもよくありません。ちゃんと動かなかったり、次から次へと壊れたり、解決方法がありません。 』

518 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 19:50:19 ID:3i1A6cqFO
魂の次元とかはよくわからん
しかし資本主義の崩壊が間近なのは多分誰でも薄々感じてると思うけど
それが物質文明の終焉というならば大歓迎だ
貨幣が意味をもたなくなり
新型インフルエンザに淘汰され
石油の時代はおわり
ああ、この先どんな世界になるんだろう
俺は生き残れ無い分類の人間だろうが
ネットの普及による人々の情報のやり取りが異常に早くなった影響だろうか
世の中の事象の全てが早すぎる程早い
この未曾有の大激動の革命、混乱、発見
世界の、地球の、人間の
新世界を見たい、そこに行きつく過程も見たい
想像できない恐怖と苦しみが待っているかもしれんが
それでも見たい

519 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 20:05:40 ID:Yl64Hzw30
水星の逆行期間はPCや携帯、その他「繋がり」をもつ電化製品は
壊れやすいってのは聞いた事あるけど、今ってその期間じゃないよな。

520 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 20:21:41 ID:WfIR11laO
案外、アセンションはあるかもしれない
それが人の手によるか、神の手によるか…だけだ
マヤカレンダーはある意味正しかったのかもな…

38:名無しさん@八周年 :2008/04/29(火) 20:05:46 ID:REySylFg0
この画像作ったやつすげーー

  http://www.vipper.org/vip806124.jpg



1936年にベルリン五輪、1939年秋にWW2
ということは2008年に北京五輪だから2011年秋にWW3か?

521 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 20:21:55 ID:39N3aO+20
千円札の野口英世の左目と裏の富士山
と合わせてフリーソーメンのシンボルに
なるらしい。

522 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 20:22:00 ID:U2hUrjnT0
現在水星は普通に運行中。
ただ水星海王星天王星火星木星が
位置してる星座は違うものの21〜24度付近に集中して
それぞれリンクしまくって混乱模様かも。
自分も三日前くらいからPCおかしくなった。

523 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 20:26:28 ID:Q0VjYlps0
惑星の位置によって決まる「ボイド・タイム」
ってのが存在するようだね。
魔の時間帯なんだって。

524 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 20:28:13 ID:Yl64Hzw30
まぁうちのは何年も使ってたから単なる寿命だとは思うけど
去年の水星逆行の時はDVDドライブとマザボとCPUが逝ったっけなぁ。
ドライブはともかく、絶好調で動いてたのが前触れもなくフリーズして
次の瞬間CPUアボーンさらにマザボアボーン画面真っ黒俺涙目だった。
さらに先週は別マシンの電源が急に火を吹いた。
バラしたら何か色々溶けてたし、やっぱり4年くらい使ってた奴だから
寿命だったんだと思いたいw

525 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 20:28:21 ID:34ape7Z40
ノストラダムスの時と同じだから安心しろ

526 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 20:30:54 ID:Yl64Hzw30
ボイドタイムぐぐってきた。
仕事しすぎだろもっと控えろよボイドタイムwww
なんでこんなに期間がいっぱいあるんだよwwwww

527 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 21:00:46 ID:U2hUrjnT0
ボイドタイムは月が星座移動するときに起きるので
大体2日おきにあるよ。数分〜1日以上と様々。
物がぶっ壊れる期間じゃなくて、話合いがうまくいかないとか
いつもとは違う妙なことを考えるとかやってしまうとかその程度。

528 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 21:09:03 ID:EFe+j1Yl0
>>522
自分も1週間くらい前から。
普通の誤作動じゃなくて、MDも急に音が止まる、飛ぶ。
PCも急におちる。急に切断されるって言う現象。
ここでも注意をされてた、中国のウィルス攻撃?


529 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 21:10:36 ID:EFe+j1Yl0
知り合いの霊能者も新しく買ったエアコンが買っても変えても
壊れるって言ってた。
霊って電磁波だっていうから、影響があるのもね。
温暖化が進んでるから、エアコンをやめろ!っていうことらしい。
電化製品が壊れるっていうのは注意が必要だね。

530 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 21:28:37 ID:wlD+kcdIO
>>522
今、DoCoMo携帯を使っているが、
昨日いきなりiモードブクマと画面メモあと保存メールが突如全部消えてもた(:_;)

以前よりSH携帯スレにて、上記の不具合はかなりの報告が上がってたが、いざ自分の携帯に不具合が起こってみると、かなりショーック(*_*)

531 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 21:36:53 ID:vWbdu7bT0
転生を繰り返して最終的に神と一つになるってのはね、分かりやすく言うと、

恋人とデート繰り返して、一つになって気持いいでしょ。(童貞にはわからんだろうけど)
でもそれが終わると、また離れる。
離れてから、また一つになって気持ちいい。一つになったままでは、一つになるときの快感が味わえないから。

まあこんな感じ?w


532 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 21:51:15 ID:IPi+2Zuo0
田舎だけど虫が異常にうるさいな

533 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 21:52:04 ID:EFe+j1Yl0
>>530
ああ携帯ね。うちはメールを送っても届いてなかったり、2・3日後に送れて届いたりする。
でも、おかしいと思うのは末端の一般ユーザーにはこういう現象があって
放送局や国の機関などでは、めったにないってこと。
そのおかげでテレビ中継なんかは無事に見れているんだけど。
不思議。
アセンションに見せかけて何か影の組織がうごいてる?
なんて、疑ったらきりがないんだけど。


534 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 22:08:30 ID:U2hUrjnT0
メディアは故障はない代わりに
真実を伝えないという欠陥が元々日本にはあるわけだけど
そのことが最近、より顕著になり
ようやく一般の人たちが変だと気づき始めてきた。
それも長野聖火リレーから急速に。

535 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 22:12:16 ID:WfclznXv0
やはり、言葉や文字でさえも「周波数というか、波長を持っている」との
感じが強くなった。 例えば、「アホか、お前はーーー」と言われたり、
「ウザ奴、出て来るな!」という文字などを見ても、気分はイライラしたり、
不愉快になる。

では、なぜか?と考えると、言葉でも 文字でも「電気信号に変換して脳に伝える」。
それで言葉を理解したり、書かれている事を理解する。その言葉や 文字が持つ
「周波数」が、自分の中の常識的な周波数と不協和音(混信による乱れ)的な
干渉状態が脳の中に発生をする。 だから、不快感、イライラ感が発生するのだと
理解が出来る。 だから、言葉でも文字でも「周波数を持っている事が分かる」。

とすると、テレビ番組の中で芸能人同士が、馴れ合いで「言葉を乱暴に使ったり、
相手を罵倒する言葉」の中には、乱れた周波数を多く含んでいる事になる。
だから、言葉を乱暴に使う番組は、観る人の脳波を乱す周波数を多く出している事になる。

だから、日本の言葉や 社会的に理解不能な変な性質の事件などが多くなる事も
理解が出来る。 脳波を乱す「乱雑な周波数を多く出す番組からの、不快感干渉」を
習慣的に受ければ、脳の中の周波数は狂って来ると言えると思う。

日本の社会の乱れには、「悪いテレビ番組の影響」が原因の一部という部分は
絶対にあるな。 はやく言えば、日本の低脳番組が、脳の周波数を狂わしている・・
と言える部分があるという事になるな。

536 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 23:04:54 ID:dvYJh3OrO
>>489
天主の右手にキリストが座して、その対面にルシファーが座しています。
キリストの対に在りて「光を掲げる者」がルシファーです。
ルシファー=ルシフェルとは、人と霊に光と闇の幻影を見せている、
宇宙の混沌として具現する作用そのものです。
堕天使の集合意識の形成において最も古くから在る意識と云うこともできます。
現在では、ルシファーはルシフェルへと反転することで、
人類の意識のベクトルを統合意識へと導こうとしています。
このルシファーの反転によって月の領域(千年王国)が地球に統合されたため、
ヤハウェのプログラムも自動的に終了となったようです。
そのころから地球の浄化力が強まり、内的に変化を感じた方も多かったと思います。

かなり電波な内容になりましたが、笑
これが私なりのルシファー=ルシフェルへの見解ですね。
それと「新世界の創造」と云うことから、
私はアセンションを宇宙自体の進化と捉えています。
新世界が生まれることで宇宙の階層は重層性を増すからです。
宇宙は「脱皮」することで新しい宇宙へと生まれ変わります。

537 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 23:23:48 ID:4FUj0EpE0
あるHPによれば、「新月の時分」は、精神的な内面を考えるのに良い時期と
ありました。 内面へ意識を向けて、精神的な何かを考えると良い結果が
得られるそうとの事です。

今はちょっうど新月に向かっています。 満月から新月に向かうけれども、
半月を少し過ぎた時期です。5月5日ごろがちょうど新月です。
しかし、真新月の数日前は、反対に思考が低下をするようです。5月2日ごろに
なると、物事を考えにくくなると思います。2日までだったら、精神的な何かを
求めるのに良い結果が出ると思います。

538 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 23:26:33 ID:4FUj0EpE0
アセンションは内面的なモノが重要なカギを握ると書かれています。
新月は、精神的な何かを求めるのにちょうど良い時期。
まさにアセンションを考えるのに良い時期と思いますが・・・・・。

539 :本当にあった怖い名無し:2008/04/29(火) 23:44:53 ID:tuQFng6K0
>>534
真実なんて知ってしまったら、生きていけないんじゃないかな?

知らぬが仏って諺もあるけれど。

540 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 00:01:32 ID:Yl64Hzw30
うちの父が買ってくる電化製品はことごとくハズレというか
すぐ壊れたり調子悪くなるから
なるべくそういうのは母が買うようにしている。
電化製品に嫌われてる人ってのは居るもんだなぁというのが
昔から父に対する感想w
>>529の霊能者とやらもそれかもしれん。
あと悪い事とか電化製品が壊れる時がまとめていっぺんにやってくるのは
よく聞く話だけどね。

そういえばアセンションサイトで、体の不調とかライトボディの目覚めに始まって
最終的に電化製品が壊れたりするっていう説明してるところがあったっけなぁ。


541 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 00:30:25 ID:qj+RWhZ80

           ∧_∧ 
          ry *´ω`*ヽっ  モキュ〜♪ ....ちょっと遊びで
          `!       i         アセンション〜〜〜♪
          ゝ c_c_,.ノ            異次元へGO!〜〜〜
             (
              )    
         .∧ ∧.( 
         (`・ω・∩ 
         o   ,ノ
        O_ .ノ
          .(ノ


542 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 00:38:49 ID:ll96MbtP0
タイターの予言はおかしいところがいっぱいw

北朝鮮からミサイルがとんできたせいで日本に来る台風の軌道がそれ
ニューヨークに直撃するとかありえないことばっかwwwwwwwwwwwwww

543 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 00:39:43 ID:EKVrLDFm0
>>539
生きていけないのはその情報操作で一般市民を騙してる人達。
知らぬが仏というそのことわざも、騙してる人間にとったら
人々を真実から遠のかせる体のいい目くらましだよ。

これからは今までの誤魔化しは通用しなくてなっていくんだけど
維持しようとすればするほど、歪みは大きく露呈して
目覚める一般市民が増えていくから、騙してる人達は
ある意味そのままでがんばってもらいたい。

544 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 00:40:10 ID:qj+RWhZ80
  【>>・・・考え疲れた・・・・ 】


      ∧,,∧ ∧,,∧
   ∧,,(´-ω-)(-ω-`)∧,,∧
  ( ´-ω)旦o) (o旦o(ω-` )    ....アセンションは難しいの・・・・
  (_  o[(  ´-) (-`  )]o _)     うんだ うんだ......
  └'ー-(_   )][(   _)ー'┘       お茶が うまいの〜〜〜
      'ー'^ー'   'ー'^ー'           うんだ うんだ......


545 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 00:53:12 ID:CzZd5xd20
アセンション情報によると、地球の波動が上がってくると今まで蓋していた
負の部分に光は当たり始めると書いてあったが、実際にそうだよな。
今になって急に負の部分があちらこちらでクローズアップされてきている。
それで日本においては自民の負や創価公明問題が世間で問題視されるように
なってきた。やはり波動の上昇が要因であるのだろうか?と考えてしまう。
波動理論と現実のリンクが実際に起こり始めていることが、過去にあった
ノストラダムス現象とは明らかに違う。

546 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 00:54:55 ID:DtnhxXD50
>>540
現実を直視しろよ。

どうせそのよく壊れる電化製品とやらは
中国、韓国、台湾製だろ?
ただそれだけのことだ。

DELLだのSOTECだの
詐欺商法に騙されてんじゃねーよ。

スピリチュアルだのアセンションだのエコロジーだの
詐欺師はなんでも利用するからな。

以前から関っていた奴らも
詐欺師に騙されて
同じように世間に飽きられて
ポイされるのが常。


547 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 00:55:59 ID:9izzDJmM0
寝る前に通販で頼んだ映画パッション観ようと思うんだけど、内容重い?

548 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 00:57:55 ID:CzZd5xd20
つい最近の俺は心の真っ直ぐさが重要だと思っていて、これは明らかに
過去の感覚とは違う。こんなことは愚かにも思っていたが、今は違うんだ。
真っ直ぐな心無しには今後は生きていけないだろうくらいに思うようなっている。
これって俺だけの感覚じゃないような気がしてて、潜在的に結構な数に
達しているのではないかと思っているのだが、まあとにかく感覚が前とは
ぜんぜん違うのは確かだ。これが地球の波動上昇が要因になっているかは
わからないが強ち嘘ではないように思えるな。


549 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 01:06:06 ID:DfFqsGCl0
波動が上がってきて影響が出ているのは、温暖化かな?
犯罪が多くなったというのははっきりしない。
地震が多いというのはある。
他には決定的にこれがそうだ、というのはあるだろうか?

550 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 01:08:22 ID:CzZd5xd20
ひん曲がった心は魂の地球活動の弊害になっていると、この頃の俺は感じていて、
ようやく心の重要性が感覚的にわかり始めてきた感じだ。それでひん曲がった心を
真っ直ぐにするということは、ひん曲がった者の気持ちも理解できるということだから、
そのような者に対して敵意を持つと言うことは無いと思う。実はそこが重要だと思っていて、
ネガティブからポジティブになるというのは簡単ではない。だからそこに貴重な体験として
価値がある。もしこれをアセンションというならこれは稀な現象であると思う。
だが現在はひん曲がった心を助長する傾向があり、改心するような者が本当にいるのだろうかと
思ってもいるが、でも改心する数はおそらく増えていくと思う。


551 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 01:09:43 ID:9izzDJmM0
人に優しく、自分に厳しく。
時にその言葉を忘れて悪しき思念に身事支配される。
人を憎んで何になるか考えた時、自分自身が荒んで行く事しか見えない自分がヤになります。

自分は自身の都合の良い様に考えて行動し、答えも自身の都合のよいまま、
こんなどーしょうもない自分でも、アセンションに頼る事無く生きていけたら幸せですか?

きっと自分自身が幸せになるように道を選んでしまうでしょうが....それが自分です。


552 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 01:11:16 ID:KBQiojyR0
個人的にアセンションを理解するとすれば、こんな風にも思えてきた。

アセンションは、肉体が死んでから高次元に魂が移動をするものとすれば、
絶対に「肉体の死を迎えなければならない事」。 それがアセンションの
条件でもある様に思う。 そして仮にアセンションでの高次元への移動が
可能であっても、それは個々個人が感じられる事であって、高次元へ移動をする
喜びは、浮遊体としての「個」でしか感じられない。 浮遊体の個としての存在に
なった後に、浮遊体同士の共通意識はあるのか? 無いのか? それさえも
分からないが、今の3次元世界とは接点のない世界の住人になるのだろうと思う。

それで浮遊体となってしまった意識は、幸せを感じ続けるのだろうか?

553 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 01:11:30 ID:DfFqsGCl0
改心する人の数が増えていくと思うのはどういうことから?

554 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 01:11:45 ID:CzZd5xd20
物理現象として地球温暖化は実際に影響ありそうだよね。
ただそれだけでなく、人間の負の部分を意識させる現象でも
あると感じていて、それで現在おいて苦しんでいる者も結構いるのでは
無いか思うね。

555 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 01:16:04 ID:DfFqsGCl0
>>552
アセンションの定義は肉体を伴って次元上昇する。だから死んで魂だけになるわけではない。
それだったらただの死になる。

556 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 01:16:29 ID:CzZd5xd20
アセンションと言う現象は人間の心に光を当てる現象であると感じていて、
そのことによって自分の負の部分と対面せざるを得ないと考えている。
その結果で改心する者とそうでない者に別れていくだろうが、そのような
選択肢が誰にでも起こると言うことかなと思っている。当然、現段階だと
アセンションは不確定なわけだから、それに懐疑的もしくは心にたいして
関心がない者は改心はしないと思うが、たいていの者は負の部分を意識した時、
改善という方向に向かっていくと思う。だからアセンションは選択とか
そんなことが言われているのではないかと直感的に思ったりした。


557 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 01:24:26 ID:Lx1R4FjF0
>>556
そうじゃないなあ!
フォトンベルトのエネルギーが良い心と悪い心を助長するはたらきがある。
だから二極化を促進しどんどん差が大きくなっていくみたいだ。
悪い心の持ち主はやがて墓穴を掘るような行いをして、消えていく運命にあるらしい。
だから、アセンション後は、困難のない幸福な世界だろうというのが定説。

558 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 01:27:08 ID:KBQiojyR0
>>555 の解釈であれば、ヒトラーの予言でいう「超人、新人類への上昇」になるな。

「ヒットラーの予言」
http://xx-xxx-xx.hp.infoseek.co.jp/kikaku2/hitler.html#mirai

ヒトラーの予言(完全版)
http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha400.html

※しかし、このスレの中の意見を見ると、アセンションとは肉体を離れた
 魂だけの高次元への昇天と理解している人が多い。 ほとんどの人と
 思っても良いと思う。 アセンションとは魂だけの昇天と思っている人が多い
 のも事実と思う。

559 :557:2008/04/30(水) 01:27:13 ID:Lx1R4FjF0
>>556
同じ意味だったね。失礼

560 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 01:30:09 ID:BcK4Bqgc0
>>547
http://jp.youtube.com/watch?v=pT6t5m2ZDrc&feature=related

561 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 01:30:28 ID:CzZd5xd20
>>557
色々な説があるけど、波動上昇が心に直接に影響を与える点では一致して
いるかもしれないね。俺も過去において心がひん曲がった状態にあったあったが、
だからといって現在において真っ直ぐなったとは言い切れないが、それでも
現在のほうが心は晴れている。なぜ過去においてあんなに屈折していたのだろうかと
思うくらい。それでも犯罪を犯したりとか、物質的な執着、性への執着があったわけでは
ないが上手くいかない俺が本当に嫌だった。そんな感じだった俺が今はその執着すら消えた。


562 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 01:32:36 ID:82ukSer00
>>558
魂だけの昇天だなんて誰も思っていないな。だからそれは死ぬということ。
ヒトラーの予言なんて参考にならない。誰でもそれは控えると思うけどね。

563 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 01:32:52 ID:BcK4Bqgc0
>>547
http://jp.youtube.com/watch?v=INGzKGk6Eho&feature=related

こっちでした。間違い。これで平気なら見ても平気。

564 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 01:35:12 ID:82ukSer00
>>561
それは単に大人になって成長したという意味が大きいんじゃないかな?


565 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 01:38:49 ID:CzZd5xd20
心に闇を多く持っている者ほど、波動上昇はきついのではないかと思うわけ。
その闇に光が注がれ、意識したくない思い出したくないと言った部類の浮かび
上がってくると言ったことが人類規模で起こるもしくは起こっているということなか。
当然、心に闇がなければ関係ないと思うわけだが日本人で闇を抱えていない者は
そんなにいないだろう。だから必然的に闇に光が注がれ、それと対面させられる。
だからそれを真正面から取り組めばきつく大変な状態になると思うから、当然に
回避しようとする者が多く出る。これが今の日本をよりおかしな方向に向かわせている
原因の一つかなと思ったりしたりする。


566 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 01:39:09 ID:KBQiojyR0
>>557 の意見が、現時点での的を得ている見解だと思う。

アセンションの時期=ヒトラーが言うある時点、それはフォトン・ベルトの
影響が現れる時点と同じかどうかは分からないが、アセンションの時期よりは、
ヒトラーの言っていたある時点での影響の方が早く現れる気がする。

その効果というのが、>>557 の言う二極化現象。 確かにその二極化現象は
現実に起こって来るのだろうと思っている。 その思いを確かなものにするのが、
未来を見たというヒトラーの予言になる。 アセンションはまだまだ難解な存在
だけれども、ヒトラーの言っていた「新人類誕生=二極化とも言える」は、
ヒトラー予言での説得性というか、納得性を強く感じられる。
だから、ヒトラーの言う二極化及び 新人類誕生は、現時点でアセンションよりも
数段信じられる。

567 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 01:41:01 ID:CzZd5xd20
>>564
それもあるかなと思うけど、現代人は精神的に大人になるということが
難しくなっているよね?これは日本のシステム構造上そうなっているとしか
思えない。だから俺だけが大人になるとは思えない。

だけどそのへんは解明されてないから、保留かな。


568 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 01:49:27 ID:DtnhxXD50
悪循環が始まりした。

要するに今の政府の対策が予定通りにいえば、国が、
「円満に衰退する。」失敗すれば、国家破産。
年金の問題でわかるようにもう限界が近い、
破産の可能性が大きいと思う。

この事を信じられない人が多いはずだ。
じゃこれでチャレンジ゙をしましょう。
自民党のどんな政治家でもいいから私と編集のできない
生放送テレビで討論をしろ!絶対に怖くてできないはず。

テレビタックルで自民党の大物たちが論争で
この件で完全に私に負けた。しかし、権力の卑怯な手を
使ってその負けた場面は全部編集でカットされていた。

朝日の生テレビ特番でハマコーが似たような論争をする前に
いきなりスタジオからにげた。
何で逃げたかというと自民党の国民に対する嘘がばれそうになったからだ。

怖くて絶対自民党の誰でもこの私のチャレンジにこたえられない。

今の日本の政府それだけ弱くてひどいものだ。
こういう臆病の人たちが日本を沈没へと導くだろう。

569 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 01:52:32 ID:KBQiojyR0
>>557 の意見に補足をすると、これからは犯罪が極端に多くなる事を意味している。

なぜなら、これからは人の意識が二極化されて行く。 悪い意識を持っていれば
当然に悪い方の意識が増幅される。 そして知らない内に犯罪を起こしている
という事になる。 無意識の内に犯罪者になるという事。

自分が知らない内に犯罪を起こしているので、当然 犯罪は増える計算になる。
その意味では、犯罪の被害者にならない様に警戒が必要になるな。

不可思議な殺人事件、誘拐事件、も増えて来た。 バラバラ事件も多くなり始めている。
意識の二極化が進んでいる事は、これから犯罪、事件が増える事で徐々に
ハッキリと分かって来ると思うな。

570 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 01:53:26 ID:PS9JD3kP0
闇というのは何かはっきりしないけど、人は大抵心にキズを持っている。これを「トラウマ」というね。
それに伴い「癒し」という言葉も出てきている。
昔はなかった言葉だ。
実をいうと、トラウマを持っていると心の成長というのは大きく成長できないんだね。
ヒーラーという人も出てきた。これは、トラウマを除いておかないと後のアセンションの
大きな妨げになるんだ。人類の魂を引き上げるために援助する何者かがはたらいている
ということなんだよ。

571 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 01:54:34 ID:DtnhxXD50
一番もったいない事に、この国がやるべきことをやれば、
高度成長をしながら、世界のあらゆる国のだんとつトップになる
潜在能力を持っている。明治維新と同じくらいの改革をすれば、
実現できる。日産自動車が良い例だ。破綻に向かっていたにも
かかわらず、社内に危機意識もなければ、対策もなかった。
「家が燃えているのに、みんなのんびりソファに座っていた。」
とカルロスゴーンが言った。彼は社員に、「日産自動車を、
強い自動車会社にしたいか。」と尋ねたところ、皆は「はい。」
とこたえた。「では、しがらみや、タブーはいっさいないこと。」
と彼は指示した。結果的に、3年で借金を返して、世界で
一番利益率が高い自動車会社にした。日本国家にも同じ事ができる。
「日本をあらゆる分野で世界だんとつトップにしたいか?」
「日本を世界で一番住みやすい、豊かで環境保護を徹底している国に
したいだか?」そこで「はい。」と答えるなら、国を元気にする
ため、すべてのしがらみやタブーをなくし、のりこえるしかないのだ。
国を再起動させなくては!
要するに日本人が起き上がって一新しようと思えば何でも可能になるということに日本のみなさん気づいてください!

572 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 02:02:02 ID:CzZd5xd20
トラウマの塊ではあったよ俺はw
でもつい最近になって、急にそれから開放された感じなったのは事実としてある。
勿論、それを解消する為に積極的に動いてきたということもあるが、
それでもこの頃の急激な心の変化は異常だと思うよ。こんな俺は俺じゃないだろうと
思うくらいに変化した。

573 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 02:04:38 ID:KBQiojyR0
こんな記事を見た事があるだろうか? ヒトラーが言う「新人類の誕生」は
すでに始まっている。 アメリカでも同じ様な子供が発見されている。
大人でも免疫機能の高い人が発見されている。

 ■ロシア科学者:地球に超能力の新人種が出現

 ロシアの新聞『ウネン』の報道によると、ロシア社会科学院の研究者達は、近いうちに
地球上に超能力を持つ新人種が現れると指摘している。この新人種の共通の特徴は知能が
とても高く、感性が非常に鋭い。 報道によると、「ブルー児童」は、内臓の機能がすでに
ある程度変化している。彼らの免疫系は普通の人より数倍も強く、疾病に対する完備した
免疫力を持っている。エイズのような病気は彼らには感染できない。さらに、彼らのDNAも
現代人類と異なっている。科学者達の推測では、現在の地球上には、すでに「古い人類」に
属さない千人ほどの新しい人種がすでに誕生しており、この過程の進展はあまり早くないが、
確実に進んでいる。
(07/04/21 07:29)
http://jp.epochtimes.com/jp/2007/04/html/d51862.html
 ---------------------------
※この記事からしてもヒトラーが予言をしていた「新人類の誕生」はウソでは
 なかった事になる。 とすると、ヒトラーがその先に言っていた人類の二極化は
 事実になると言えると思う。 今はまだ二極化の段階の始まりか? 段階の途中。
 いずれは、ヒトラーの言う二極化、新人類としての子供達を多く知る様な日も
 近いと思うな。

574 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 02:05:38 ID:gxLqTOJi0
>>546
買って壊れてるのは日本製だよ。
壊れてるPCの部品も一応全部日本製だけどな。
ってオカ板で現実がどうとか言い出すのも
板違いってもんだと思うがw

575 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 02:06:03 ID:Kg2Ods+I0
>>556
ヒトラーというのはユダヤ権力のひとりなんだけどね。
ロツクフェラーと血がつながっているよ。
未来に起こる現象はすべて見通していて、その上で計画を立て過去も現在も支配して来たし
している。そして未来も計画通りにしようとしている。

彼らははっきりと次元上昇があることを知っている。

576 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 02:06:39 ID:DtnhxXD50
日本経済の大掃除が終わったら、今度は日本をあらゆる分野で世界
のトップを目指すことだ。 そのためには明治維新の原点に戻るべきだ
。世界中から一番良いやり方を導入して、日本型でそれを改良する。
例えば福祉でいえば、福祉で一番進んでいる、スウェーデンやカナダ
などの元首相などに手伝いを頼んで、世界トップ級の福祉を入れる。

教育に関して日本の教育を、世界トップ級にしてもらう。
東大を世界40何番目から一番目に変えられる。もちろん今みたいに
教育の護送船団方式、よするにみんなを同じようにしょうとするのを
やめてそれぞれの持つ得意分野を最大限に磨くべきだ。
日本の従来の強み:正確さ、勤勉さ、知恵の深さなどに欧米型の理屈
と論理の操り方を足したら、日本人の学生は、世界で一番鍛えられ
た、バランスのある頭脳の持ち主になるでしょう。

国内の問題が解決すれば日本は世界の指導を取るべきだ。
今欧米人が世界に人口の17%とGDPの40%をしめるがアジアは
世界の人口の65%とGDPの40%を持っている。しかし国連を
初めとしてほとんどの国際機関が欧米人の管理になっている。
そらはアパルトヘイドという。日本はアジアの時代の始まりを
旗あげするべきだ。そのはじめとして3年の世界平和戦争を始める。
第二次世界大戦を超える意気込みで3年間で世界から貧困、環
境破壊、戦争、疫病と無知をなくす。その後世界会議を開いて
新しい地球の運営の仕方を決めるべきだ。

577 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 02:12:09 ID:CzZd5xd20
>>575
なんで俺にヒトラーついて。。。。。w

ヒトラーが予知能力をある程度有していたのは知っているけど、
その全てを鵜呑みにするのは危険かなとは思っている。
てか情報の質がネガティブ過ぎて、読む気にもならんというのが今かな。
昔は信奉はしていないが、かなり熱中して予言やヒトラー自身を研究した
時期があったのは事実ね。だから現在においてヒトラー情報を興味もって
読んでいる人の気持ちはよくわかるから、俺は何も言わないようにしているんだな
。。。。。w


578 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 02:12:21 ID:Kg2Ods+I0
>>573
それはインディゴチルドレンと言われる、高度に進化した星から地球のアセンションを
援助しに転生してきた「優れた魂」だ。

579 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 02:16:06 ID:Kg2Ods+I0
>>577
ヒトラーに予知能力があるのではなくて情報を知らされているんだよ。
事は人類の知らないところから来ている。人類は操られている。

580 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 02:21:43 ID:CzZd5xd20
>>579
「あいつ」という存在だよね。それはルシファーであったと言っている
人がいて俺もそうかなと思った時期があった。でもなそのような憑依から
告げられた情報を人間が鵜呑みにするのはどうかなと思ったりもした。
たとえそれが正確な情報であったとしてもね。俺はそうやって現実の世界に
生還していった過程があるから、そのような過程にある人の気持ちはよくわかるし、
それを否定するつもりはない。ただ現在よっては未来は変えられると筋も意識して
おいたほうが良い。すべて決まっていると言う固定観念は人生を破壊しかねないから、
そのへんは柔軟にしておかないといけないと思うね。

偉そうに聞こえたら、スマンな。。。


581 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 02:26:35 ID:ll96MbtP0
ヒトラーは未来人に憧れて、才能のある人材(児童)を集めて
特殊な磁場でのトレーニング(ピラミット、六芒星の形をした磁石の中で修行)
やドーピングをさせたんだろ。彼は道徳よりも、知力や肉体を早い段階で限界値に達した者を
超人と呼んでいるんだろう。中にはその限界を突破した天才まで現れるということをいいたかったんじゃない?

582 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 02:27:45 ID:Kg2Ods+I0
>>580
すべてが決まっているわけじゃない。
未来は人の意志によってつくられる。
決まっているのは次元上昇とか温暖化、ポールシフト、小惑星の衝突だな

583 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 02:32:25 ID:gxLqTOJi0
アカシックレコードとやらに全て記されてるんじゃないのか。
人の意思である程度変えられるけど基本的には筋書きがあるっていう。

584 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 02:36:53 ID:KBQiojyR0
>>581  ロシアの記事→>>573 を読んだら良いと思う。httpを開くと記事の全部が出る。

ヒトラーの言う超人とか、新人類の性質は、現代人と全く違うもの。
身体の細胞の性質が違う。意識も全く違う。今は変化の初期だと思う。
その新人類の速度が速くなって世代を変えての新人類の子供達を見たら、
身体の姿は同じだけれども、意識が全く違う=異次元の意識と感じる程の
ものに成っているのではないのだろうか?

想像だけれども、現代の天才とかいうのを超えている意識と知能を持って
いるのではないのだろうか? ヒトラー予言からするとそんな風に感じてしまうけれど。

585 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 02:37:45 ID:2EU/vsIN0
>>583
そう。ジュセリーノの予言がよい例

586 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 02:46:09 ID:ePmbti6hO
日本人はどうして自殺者が多いの?

587 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 02:46:35 ID:KBQiojyR0
※ジュセリーノの予言・・という言葉が出たので、ジュセリーノの予言を貼りたくなった。

2010〜2020年
http://blogs.yahoo.co.jp/arbin1013/25624017.html

2021〜2043 年
http://blogs.yahoo.co.jp/arbin1013/25611747.html

2008年 : エイズとデング病に有効なワクチンが開発される/フィリッピンで
7月18日マグニチュード8・1の地震が起き、数千人が死亡する/エンパイアステートビルで
9月にテロ事件発生/9月13日、中国で南寧と海南島を震源地とするマグニチュード9・1の
地震が起きて、 30m以上の津波が発生し、百万人を超える犠牲者が出る
(これだけの地震だと対岸の日本に押し寄せる津波が心配になってくる)

2009年
 世界的に暴力事件が拡大し、新しい疫病が出現する/一月二十五日にマグニチュード8.9の
地震が大阪や神戸を直撃し数十万人の犠牲者が出る。十一月にも日本で大きな地震があり、
数千人が死亡する/八月二十四日にトルコのイスタンブールでマグニチュード8.9の
地震が起き、街が崩壊する/十二月十六日にインドネシアの小スンダ列島の東で
マグニチュード7.8の地震が起き、数千人が死亡する/ブラジルの経済危機で
保険や年金が出なくなり、都市や刑務所で暴動が頻発


588 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 02:50:57 ID:2EU/vsIN0
>>586
日本人は勤勉だから単純にストレスがたまるんだろうね。
>>587
ジュセリーノはいいね。未来がどうなるのか教えてくれるから助かる。
まだ言ってないけど、ポールシフトは今年からはじまるよ。

589 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 03:00:12 ID:3EnL699S0
日本人は真面目なんです。
神経が細いからストレスもすごいです。

590 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 03:01:11 ID:KBQiojyR0
>>586
それは政治が悪いからだと思う。 政治が劣化をしている。
政治が劣化をしているから、意識の劣化した者が政治家になる。
それで政治が更に悪くなり、意識の劣化した国民が増える。
されでまた政治は劣化に向かう。 その繰り返しで、劣化をした政治家が
劣化をした政治を作る。 そしてまた国民の意識は更に劣化をして行く。

自分という存在価値を見出せず、生きる気力も作れない。また政治の劣化で
生活も作れない。 それで死を選ぶ。 それでもまだ国が壊れている事に気が
付かない政治家により、更に劣化をした政治を作る。 だから、全てが劣化をした
意識の行き着く先が、死を選ぶという事になるのではないだろうか?

591 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 03:10:29 ID:ePmbti6hO
難しい文章は書けないんだけど、国が腐って行くのは分かる。

その国に生まれ、その法を守って苦しい中から税金や年金を払って、また働く…。

でもこれを一生従っていくのはどうしようもないことだよね。いくら自己を高めても大体が自分の生まれた国のシステムに従うよりほかないのでは?

592 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 03:12:07 ID:gxLqTOJi0
今の世界のシステムとか、それが間違ってるとかいう話題は
これで何度目だろうかw


593 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 03:39:55 ID:KBQiojyR0
だから救いは、ヒトラーの言った「新人類の誕生」や「二極化されるタイプ」への
進化が救いになるのかも知れない。
このままの政治や 社会が進んで行っても決してよくはならない事は分かっている。
政治も、国民も何をどうしたら良いのかが分からなくなっているからだと思う。

新人類になれば、優れた意識に変わるという。 そして世界にある問題を
解決して行くと言っている。 それだけの知能と知識、そして解決出来る意識を
持っている事になる。 だから救いは新人類の誕生かも知れないな。

希望は、すでにそんな新人類の子供達が生まれているという所にある。
また、フォトン・ベルトの影響かどうかき分からないが、我々現代人も
意識が変わって来るというし、意識が突然変異をすると言っているし。
その意識の突然変異に期待をする以外に手はないな。

594 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 03:48:46 ID:KBQiojyR0
  こんな時間だから....こんな顔.......


     ∧,,∧ ...∧,,∧
  ∧∧(´‐ω‐`)(´‐ω‐`)∧∧
 (´‐ω‐)..∧∧). ( ∧∧(‐ω‐`)  ....アセンションよりも確かな事は
 | U (´‐ω‐`)(´‐ω‐`) と ノ       意識の突然変異は絶対に起きる
  u-u (l    ) (    ノ u-u         その意識の変化が良い方に
       `u-u' `u-u'             変化をする努力が必要といえる


595 ::2008/04/30(水) 04:01:08 ID:dMuvEvaG0
二進数二拍子の農耕民族

三進数三拍子の狩猟民族

マヤ人は狩猟民族
日本のマヤは蝦夷

この世で最も優れた文明

それはこの地球そのもの。

を破壊する二進数二拍子の農耕民族。

は地球のがん細胞

日本の電波で三進数三拍子の音楽は流れていない

これぞ神隠し

生き残り、覚醒したければ三進数三拍子の曲
を作る。
清水翔太が百万人に一人の天才といわれているが
それはハッタリであります。
マヤ蝦夷ならだれでもできる。
もっとウマく歌える。

596 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 04:04:54 ID:KBQiojyR0


パッ     パッ   パッ    パッ   パッ   
 [ねむ]  [眠い]  [寝る]   [寝る]  [では] ....また 明日  
  ‖∧∧  ‖∧∧ ‖∧,,∧ ‖∧,,∧ ‖∧∧  
  ∩-ω-`)∩-ω-`) ∩ -ω-`)∩ -ω-`)∩ -ω・∩
   (    ). (    ). (    ) (    ) (    )
   `u-u´  `u-u´   `u-u´  `u-u´  `u-u´ 


597 ::2008/04/30(水) 04:05:58 ID:dMuvEvaG0
マヤが覚醒すれば
今のご時世天才扱いされる。
農耕民族社会だからね。
頭のキレと身体能力が違うの。
カラクリ農民はプログラムが徒然すぎて
今の社会のスピードに対応できない。
先見の目がない。


598 ::2008/04/30(水) 04:11:33 ID:dMuvEvaG0
お粥大好き小沢が政権を握るのは時間の問題。
気になるのは徒然タイプのあいつが時代に対応できるのか
ということ。
それが無理なら政権を握ったときに発令される
シナリオがもうすでに用意されているのか?
どのみち日本に未来はない。
資本主義は崩壊している。
一部の人間の遊び場と化している。

599 ::2008/04/30(水) 04:23:12 ID:dMuvEvaG0
低所得でも楽しみ方はいくらでもある。
人生は楽しいもんだ。
今の日本は
鳴かぬなら、ばれないように殺して
死んでいることも気付かずに泣いてもらいましょう
ホットトッギス。だね。
心を奪われているのに気付かずに泣いている
人がたくさんいます。
波動が存在するならとんでもないことになってるね。
オモシロオカシク生きようぜ

600 ::2008/04/30(水) 04:29:24 ID:dMuvEvaG0
ヒトラーの予言は本人が自身で実行しようと
してたことだよ。
人体実験してたしね。
彼の策略から抜け出した三進数三拍子の人種は
超人になれる。

601 ::2008/04/30(水) 04:30:50 ID:dMuvEvaG0
金という権力で日本は破壊されるのさ。

602 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 04:47:16 ID:cgO3Krt00
>>536
意識の古層に首を突っ込んで表に出そうとすると、それに相応する汎用性のある概念が用意されていないので、
人の想像しうる妄想的なイメージに頼らざるを得ないんですよね・・・

私も闇に堕ちた光がかつての輝きを取り戻すことを重要視しています。
しかし既に反転していたとはなあ。それっていつごろですかね?
心当たりがあるっちゃあるのですが。あくまで個人的な転換ポイントだと認識しているので。
あと月と千年王国についてよくわからないのですが、差し支えなければ解説をお願いしたいです。

蛹から蝶へのメタモルフォーゼですね。
私たち人類の集合意識の中に宇宙の新しい層が増える感じですかね。

本来の目的とはずいぶん逸脱したもんですが、興味深い話が聞けてなによりですw

603 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 06:25:05 ID:FTGBFLol0
>>552
その解釈は俺のと似ている。死んだ後、個としての意識がどこまであるかは分からないけど、
集合無意識に合流するような気がする。そして、ちょっとだけ精神的に向上した魂がいっぱい
合流して、集合体の波動をちょっとだけ上げる。それに影響される生きてる人たちがちょっとだけ
幸せになり、幸せの意味に変化を生じる。全部、ちょっとだけの積み重ね。

あるいは集合無意識に感応する人が増えるという、現実界での変化もあるかもね。アンテナが
ちょっとだけ精巧になり、他人にやさしくする人がちょっとだけ増える。

604 ::2008/04/30(水) 06:41:44 ID:dMuvEvaG0
波動とか霊とか好きな人。

電波ではあるが

北京オリンピックってどんな波動がでるわけ?

605 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 06:44:54 ID:EgdV9DqlO
×先見の目

○先見の明

606 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 06:45:24 ID:zdLxqUr40
そもそも「波動」って何か説明してくれ。
少なくとも物理学用語とは全く無関係みたいだが、
紛らわしいから別の用語にしてくれ。

607 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 07:11:48 ID:f2xzE336O
物価が上がっても、自分を反省しても、家電製品が壊れても波動のせい。
なんでもかんでもハドーに結びつけたい年頃何だろな。
私にも覚えがあるよ。
あれは中学二年ぐらいの時だったな。

608 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 07:15:38 ID:ll96MbtP0
>>604会場から放射能という波動が出てる。

609 ::2008/04/30(水) 07:22:23 ID:dMuvEvaG0
まちがっ茶った

610 ::2008/04/30(水) 07:27:51 ID:dMuvEvaG0
かめはめは
みたいなのじゃねーの???

611 ::2008/04/30(水) 07:37:51 ID:dMuvEvaG0
まー小沢は
辞任撤回とかくだらんポーズ
してる時点でアホ
選挙に行く国民はもっと阿保
全員投票に行かなければいーのにねー

612 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 09:25:38 ID:di10lmWJ0
アセンション=イエスの昇天
ですので、イエスの言葉(福音書)は読んでおきましょう。
2極化の話が出ていますが、
良い倉(こころ)の実(言葉)か、
悪い倉(こころ)の実(言葉)か、識別できるようにしておきましょう。
識別できなければ、己の口から出る悪い倉の実により、
ネガティブな作用をみんなに与えてしまうことになります。
世の混乱の一加担者になってしまうわけです。
言霊(倉の実)にはポジティブな性質とネガティブな性質があります。
そんなわけで「互いに愛し合いなさい」というイエスの言葉は、
ポジティブな相互作用について説いた重要な言葉であると理解できます。

そして日月神示に、これはアセンションでは?と思われる記述があります。
参考にして下さい。
日月神示「言霊霊行場」
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1208086901/l50


613 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 09:26:52 ID:DTXRzAvU0
>>612
巣に帰れ

614 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 09:28:05 ID:DTXRzAvU0
ID:di10lmWJ0 は「日月の騎士」
かって名無しのアセスレや、この本当スレを荒らしまくった奴。

615 ::2008/04/30(水) 09:34:19 ID:dMuvEvaG0
まーサードアイは
先見の目だよ

616 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 10:37:44 ID:ll96MbtP0
鬼=グレン か?
あかね、はるか、つきかげあとだれだっけ

617 ::2008/04/30(水) 10:39:36 ID:dMuvEvaG0
なんすかそれ???

618 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 10:40:39 ID:DTXRzAvU0
鬼もグレンもあぼーんしてるからしらね。w

619 ::2008/04/30(水) 10:44:50 ID:dMuvEvaG0
トットトットトットトットトットトット


620 ::2008/04/30(水) 10:48:03 ID:dMuvEvaG0
マンガオタクか

621 ::2008/04/30(水) 10:51:07 ID:dMuvEvaG0
君にUSEDの電動エネマグラをあげよう

622 :鬼畑 蝦夷:2008/04/30(水) 10:53:25 ID:dMuvEvaG0
クラスチェーーーンジ!!!

623 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 10:54:26 ID:bm0SQ1rU0
4月30日ガソリン暫定税率を維持する法案を衆院で再可決、
5月からハイパーインフレだな!


624 :鬼畑 蝦夷:2008/04/30(水) 11:00:26 ID:dMuvEvaG0
世界に目を向けなさい。

農耕民族社会は崩壊するんだよ

625 :鬼畑 蝦夷:2008/04/30(水) 11:04:10 ID:dMuvEvaG0
てか暫定税率の話で吠えんなよ


626 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 11:08:37 ID:HvBK6jzyO
そろそろ釘を刺しておくか。ジュセリーノは私文書偽造の詐欺師。本やTVで稼ぐための確信犯なので二年前からオカ板ではニヤニヤ・ヲチ対象となっている。真摯なアセンション関連の情報源と同列に語るのは、チャネラー他の人達に大変な失礼にあたるので、以後は禁止w

627 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 11:46:52 ID:4IZeD9/m0
>>624
それは今の中国の事を言ってるんですか?

628 :鬼畑 蝦夷:2008/04/30(水) 12:14:39 ID:dMuvEvaG0
日本よりガソリン税が高い国は普通にありますから。

二進数の生物は地球では成立しない。
地球からすりゃウィルスみたいなもんなんだよ。

資本主義っちゅう波の上で豚が調子乗って
ずれた価値観が育っちまったの。

ひっくるめてみれば戦後の近代化は
破滅への道

629 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 12:25:23 ID:C/BFjEJW0
ヒトラーの予言はおとぎ話くらいに考えたほうがいいよ。

630 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 12:30:11 ID:xnM8dWtc0
ユダヤ人の男はヒゲを伸ばす風習があるからな。ヒトラーもやはりユダヤか・・・

631 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 12:54:25 ID:gCu8AU9V0
ヒトラーが予言したってのは、歴史的事実なのかな?
そういう話をネットや本で読むのだけど、今、自分が聞いてる
「歴史的事実か?」ってのは、情報源が明確で、ちょっと学問的な表現をすれば
一次史料として認定できるものか?っていう、情報源の信用度の話なんだけど。
その予言、専門的研究の対象として扱われてるかしら?

ヒトラーが言ってたってよ、ってヒムラーが言ってたよ、
って元ヒムラーの部下が言ってたと作家が聞いたというようなのは、歴史的事実としての認定度は落ちてしまいますよね。
もちろん、たくさんの伝聞があれば、事実の一端として積み上げていくことはできますけど。
ナチ党員の一部や初期にナチを支持した団体が秘教団体であったことから、
ナチ党員に降霊術などに興味を抱くものがいたのは確かに事実なんですけど。

632 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 13:23:20 ID:tT4WTme9O
>>602
このようなことを言葉にするとき、私が持つ語彙に委ねられるため限界を感じますね。
でも話の流れは予測できないほうが楽しいです。笑

ルシファーの反転は2006年の1月ごろでしたよ。
あのとき日本に大雪が降りましたが、その集合意識に連なる者が行く道を清める雪となりました。
地上のある場所へと導かれる者がいましたね。

私は行ってきたり。
霊智を見出したり。
諸世界の外縁に立つ少女を見出したり。

マンダの詩篇からの引用ですが、
ここには母性が純化された少女の姿として象徴的に表されています。
陰極まれば陽となると云うことでしょうか。

月については難しいですね。
月の世界へと向かう意識が辿り着く場所が千年王国だそうですが、
これはたぶん神学を学ばれた方のほうが詳しいのでは。。
そこでキリストに導かれた者は再び太陽の世界に行けるようです。
現在では多方向に向かう意識のベクトルは、ひとつに収束されていくのだと思います。

私は宇宙の進化は蝶ではなく蛇のようなものとしてイメージしています。
ウロボロスかな?
大蛇が自分の尾を噛むシンボルがありましたね。

633 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 13:40:39 ID:1oKB4q5lO
Lilithに似てるな。

634 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 13:46:02 ID:1oKB4q5lO
反転かw
ブッチャー橋本の後任が決まったのが2006年1月だ。

あの月のあの雪か。
ソリッドたちアホどもが火遊びを始めた直後のことだ。
東京にピンポイントで雪が降ってことなきを得た。

635 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 13:46:55 ID:1oKB4q5lO
それじゃ。

636 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 14:05:12 ID:OQSMkdVP0
ところで皆さん、どうしてアセンションに興味を持つようになったんですか?
2012年を信じている人はどのくらいいるのでしょうか。

637 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 14:11:26 ID:PfW327v30
>>606
「波動」で一番分かり易い現象には、この様な事がある。

近くに、トンボや 蝶ちょが止まるとする。 その昆虫を見て「捕ろう」と
思わなければ、昆虫は長くその場所に止まっている。 しかし、その昆虫を
捕ろうと思った瞬間に昆虫は逃げてしまう。 まだ捕る動作もしていないのに
なぜ?危険を感じてにげるのか?

それは、波動が関係していると思う。 意識を働かす=それは、脳細胞が昆虫を
捕ろうとする考えを持つと、電気信号が脳内に流れる。 電気は周波数=電波を
出す性質がある。 その電波が「波動」という事にもなる。

「波」が動く。その波とは→ 電気が流れる事により、電波という周波数の発生。
昆虫や野生の動物は、その微弱な電波信号を感じる機能が優れている。
だから、人間が「意識」を働かせた時の電気信号の発生による=電波(周波数、又は波長
の発生が生じると思っていいと思う。

だから「波動」とは? 意識から出る=電気信号による・電波の発生。
周波数、波長の発生と言っても良いと思う。

638 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 14:17:04 ID:PfW327v30
>>636
極論としてり味気ない意見になるけれども、アセンションは個人の問題。
個人的にどう捉えるかが問題。 多数決の意見でアセンションを捉えるモノ
ではないと思う。

アセンションに興味を持つのはやはり、世界に終末が来るとすれば、
やはり、苦しみもなく、痛みもなく、魂だけに仮に成っただけとしても
生き残りたい。この世に存在していたいとする=生存本能欲求からの
興味から、アセンションを気にしているのだと思うな。

639 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 14:19:23 ID:+5R0ck3pO
>>637
しかし虫は、
例えばカマキリなんかは他の虫を見事に捕まえているけど、
彼らは虫を捕まえようとする意識はないのかい?
もちろん失敗する場合もあるけど。

カマキリに限らず、動物の第二消費者全てに言えるけど。

彼らこそ意識が最も働いている気がするけど。

640 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 14:20:52 ID:+5R0ck3pO
>>639
スマン
>>637にちゃんと書いてあったね

641 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 14:49:26 ID:PfW327v30
>>639
昆虫や 野生の動物は、食料を得るだけに生存の理由を持っている部分も
一面にはある。 過去、数百年、数千年と 食料を捕獲する為の進化をして来た。
進化が無ければ食料を手にいれられなくて死ぬからだ。
その面を考えると、「意識を消す」という機能を優れたモノにしているのでは?

野生の動物でも、テレビで観た事があると思うけれども、草食動物も
ライオンや チータ、 その他の肉食獣が、満腹で襲わないと知った時には、
肉食獣が数m先にいても逃げないし、安心をして草を食べている。

なぜか? それは、肉食獣に「襲う意識が無い」=つまり、襲う時の「周波数パターン」を
発信していない事になる。 獲物を襲う「波動」を出していない事になる。

その様に理解をすれば、「波動」というモノを理解し易いと思う。
更に言うと、人間の波動が一番 荒いのかも知れない。 人間の波動の方が
肉食獣よりも荒いのかも知れない。 だから、波動の荒い者が増えている現在は
ギスギスした社会になっているのかも知れない。 波動は干渉をし易いからだ。

642 :鬼畑 蝦夷:2008/04/30(水) 15:07:04 ID:dMuvEvaG0
生態系破壊してる当人らが必至だね。
マクド直営の牧場の家畜たちはどんな
波動とやらをだしてるのかね。
マジ青春まっただ中に死ぬためだけに生まれてきてるよね。

643 :鬼畑 蝦夷:2008/04/30(水) 15:10:44 ID:dMuvEvaG0
もー自分も含めてだけど
人間とんでもねーよ。
もしマジで波動が存在するならもー終わりだよね。
恥ずかしげもなくそんなこと書き込んでる奴は
豚確定。

644 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 15:17:36 ID:PfW327v30
人間の波動が一番荒い。とする所ではこんな事も言えるのかも知れない。

人間は他の動物と違い、色々な思考をする。それだけ脳を使う事になる。
脳が働けば電気信号の数は増える。 その電気信号は色々な周波数=電波を
発生する。

しかし、その電波の種類=周波数パターンの中には、悪いパターンが多いはず。
お金儲けの為に人を騙す方法。実際の行動計画。色々な悪知恵を働かす。
犯罪を考える。犯罪の実行で活動する脳からは悪い周波数パターンが多く発生するはず。
襲う、暴力を振るう。騙す。いじめ。自分利益、権益の為なら国をも売る、
社会が壊れても関係がない、人が多く死んでも関係がない自分だけが良ければ
それでいいとする意識かせ発せられる不快な周波数パターン。
その様な「波動の荒い周波数パターン」が、人込みの中に飛びかっているはず。

それらの悪い周波数パターンが、正常な意識活動を妨害したり、悪い干渉をする。
そんな社会だから人間の「波動が一番荒い」のだと思う。

更に言えば、おなしな事件、悪い犯罪が発生をすると「模倣犯」が現れ易い。
なぜか? それは同じ悪い周波数パターンを持つ者に、共振という現象を呼ぶ
からだと思う。 同じ悪い周波数パターンを持っているので、周波数の共振により
犯罪性を増幅してしまう。 だから大きな事件、おかしな事件の後には
「模倣犯」が出やすいと言えるのだと思う。

645 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 15:21:30 ID:V2rilAJYO
なんとか科学に結び付けようとして失敗してるいい例だなw
周波数?電波?ひでぇwwwwwwwwwwwwwww

646 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 15:25:10 ID:PfW327v30
>>645
がんばって「脳科学者になってくれ」......そして、脳の不思議を解明して欲しい。


647 :鬼畑 蝦夷:2008/04/30(水) 15:34:13 ID:dMuvEvaG0
生物ってのは自分の身の危険を感じると
他を破壊してでも
安らぎを得ようとするんじゃねーの?
それが生存本能だろ。
安らぎ⇒金
作用反作用の法則で地球破壊。



648 :鬼畑 蝦夷:2008/04/30(水) 15:36:29 ID:dMuvEvaG0
取り合えず局は音楽のジャンルを固定してほしいよ
マジで

649 :鬼畑 蝦夷:2008/04/30(水) 15:41:40 ID:dMuvEvaG0
波動とかフワフワしすぎなもんに
お前ごときが挑むなって。
あんたはどーしたらいい波動が出せるの???
自分の周りの人間にハグしてまわればwww


650 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 17:31:48 ID:NRQvf24h0
  【>>・・・流れが止まった・・・・ 】


      ∧,,∧ ∧,,∧
   ∧,,(´-ω-)(-ω-`)∧,,∧
  ( ´-ω)旦o) (o旦o(ω-` )    ....こんな時こそ お茶 お茶・・・・
  (_  o[(  ´-) (-`  )]o _)     うんだ うんだ......
  └'ー-(_   )][(   _)ー'┘       お茶が うまいの〜〜〜
      'ー'^ー'   'ー'^ー'           うんだ うんだ......


651 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 17:55:32 ID:DE8kjHD10
ある仮説

宇宙創成を司る神は無限に近く存在する子供達を使い、
無限ともいえるくらい多種多様な「ワールド」を
創作しました。

どの「ワールド」も人間から見れば愛が溢れる完全無欠で完璧に
思える世界ですが、遊び好きな神は飽き足りませんでした。

そこで神に近いほどまでに進化を遂げた息子や娘達を集めて
相談しました。

神「今までに無いニュータイプなワールドを創作したいんだが、
  どうだろうか?」

息子A「で、どのように「ニュータイプ」なんですか?」

神 「私とは対極な存在を進化させるのだ。
   お前達は気の遠くなる間、私とその対極を右上左上する
   ことになるだろう。お前達の誰かは究極な「対極である究極な存在」に
   成長するかもしれん。そして「対極の存在」ゆえに成長をとげ
   る者もおるかもしれん。それぞれに進化を遂げた、 
   お前達は、ある時期が来た時に融合する。
   光と闇の芸術。私自身体験した事もないワールド。
   そんな世界を創作したいのだ。どの方向性に成長するかは
   お前達の「個性」にまかせる」

652 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 17:56:00 ID:DE8kjHD10
娘A「で、「器」はどうするんですか?」

神「お前達がそれぞれ進歩をとげたら「地球」という器に
  集結することになる。そこで流転を繰り返し「時」が
  来たとき融合しワールドは誕生する・・・予定だ・・・」

娘B「予定・・・ずいぶんハッキリしないんですね。」

神「お前達がどう選択するか完全にお前達に委ねることにしているからな。
  考えつくされるほどの遊びを体験し、その兄弟愛の絆で眩いばかりの
  結晶を作ってきたお前達じゃ。さぞ面白い「ワールド」と作ってくれるだろうよ」

息子B「あいかわらず無責任なんですね!あなたらしくていいや!八ハハ!」

そして地球時間2008年。
笑い事ですまされない宇宙規模の厄災の危機に直面しているのだ!

そんなんだったらどうする?

653 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 18:12:57 ID:ZoMAaenf0
まだ漠然とした考えだけれども、ヒトラー予言の様に、今の人間の意識が
「突然変異」をする方向に向かっている途中だとしたら、2012年前後?には
今までとは違う意識になると思っている。(※個人的に思っている)

とすれば、その内に、自分という意識も薄れて来るのではとの心配もある。
もしも、自分の意識が薄れて「現在の自分ではない意識に変化」をするのが、
ある面 恐ろしい。 良い意識、良い考えを持ち続けるのだろうかと・・・。

そんな心配の事も考えると、今、色々な事を考えられる時期に色々と
何かを考えて行きたいと思っている事も確かだ。 もしもその内に、
何を考えているか分からない意識(自分)になった場合が恐ろしい。

ヒトラーは、その内に意識は変わると言っている。 良い意識に変わる様に
良い事を考え続けるべきでは、ないのだろうか?

654 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 18:26:28 ID:C/BFjEJW0
ヒトラーの予言はおとぎ話くらいに考えたほうがいいよ。
オカルトにはなっても、道標にはならない。

655 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 18:29:12 ID:L2/M1XRi0
>>652
それはない。
何故なら、地球という星は、
人間が思うほど宇宙にとって重要な星ではないから。

656 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 18:38:41 ID:f2xzE336O
>>655
どうしてそう思うの?

657 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 18:41:55 ID:7Gw79SglO
人間は菌の乗り物だ。

658 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 18:45:14 ID:+5R0ck3pO
>>650
△⊂(`・ω・;)⊃■ ▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
ならオニギリ作るさー

659 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 18:47:36 ID:+5R0ck3pO
とりあえずアセンションは起きない可能性もあるが

地球が滅びる可能性もあるということだな(゚д゚)

660 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 19:25:15 ID:gCu8AU9V0
やはり一次史料としては、ヒトラーの予言は確認できないのかな?

ttp://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha400.html

また、五島勉か・・。この人は、ちょっと・・。

661 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 19:49:20 ID:8Chzb0660
【ポールシフト(地球の極移動)】
http://www.1-em.net/sampo/kiko/

※ポール・シフトにはまだ興味を持っていないので、よく知らないけれど
 シフトは起こるのだろうか? 地軸は本当に傾くのだろうか?

662 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 19:54:35 ID:8Chzb0660
しかし、古代のシュメール文明。 学校の歴史では教えないはず。

しかし、シュメール文明の記録により、アセンションにも、ポール・シフトにも
関係をして来る=ニビル惑星の存在を知り、これから先の時代に
ニビル惑星の接近が大きく関わって来るのは確かなのだろうと思う。

現在の人類は、まだまだ宇宙の惑星の運行などに無知と言ってもいい。
ニビル、アセンション、ポール・シフト・・・・。
まだまだ、地球の内部にも、宇宙にも未知の部分だらけだ。

663 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 19:55:52 ID:gxLqTOJi0
昔は月は2つあった、なんて書いてあるブログを見て
ねーよwwwとか思ったけど、月が2つある世界が舞台の話って結構あるし
そういうの見ると妙にwkwkするから、あながち間違ってないのかなぁと思えてきた。

664 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 20:19:39 ID:z5cFWNfd0
アセンション?の時期にも関係すると思うから、これからの研究(推理)の
課題だな。 つまり、タイター予言では2012年 メネシス星の接近とある。

そして、ある書き物からするとメネシス星は、ニビル惑星の衛星だという。
ニビル惑星は5つの衛星を連れているという。

その一方で、ゲリー・ボーネルやジュセリーノは、2012年に惑星の接近や
衝突の危険があるとは言っていない。2012年よりも更に先には、接近や衝突の
危険はあると言っているが・・・・。

しかし、ホピ予言では、2012年の終末ごろになると、太陽は2つになると予言。
すると2012年ごろにニビルの接近を予感させる事になる。ニビルが接近をすれば
その巨大さからして、太陽が2つになったと見えると思う。

しかし、現代の予言者と古代の予言からする惑星の接近の年代のズレは、
何を意味するのだろう? ニビルの接近は確かなのうだけれども、2012年なのか?
それともまだ先なのだろうか? そこがまだ分からない。

665 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 20:24:35 ID:z5cFWNfd0
災厄をもたらす星についての記録
http://ameblo.jp/gitarcla/entry-10066867138.html

災厄をもたらす星についての記録

その最古の記録は^6000年前のシュメール文明に遡る。
謎の文明が伝える災厄の星二ビルの正体

1980年代以降に発見された未知の天体
http://ameblo.jp/gitarcla/entry-10066772490.html

古代エジプトで発見された謎の天体図〜『死海文書』に記された数字の意味
http://ameblo.jp/gitarcla/entry-10066955865.html


666 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 20:27:19 ID:0dcKznIV0
666

667 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 20:47:50 ID:z5cFWNfd0
伴星ネメシスの存在が地球に異変を起こす
http://ameblo.jp/gitarcla/entry-10066777989.html

■これから起きる予言
 http://hyla.jp/future.htm

※ポピの予言に、たぶん2012年の末に近づいた?時だと思うけれど、重要な
 ヒントが書かれている。→

 いつの日か、大地から不思議な @霧が立ちのぼり、全ての人々の 思考力と
 心を弱めてしまうという。
 彼らの智恵と知識は方向を失い、創造主の偉大なる掟は人々の頭から消え去ってしまう。
 子供たちは手に負えなくなり、人の言うことを聞かなくなって、道義のない、貪欲な戦いが
 繰り広げられるのだ。

 世の終焉が迫ると、 A太陽の周りに「もや」がかかるという。
 その「もや」は B4回現れ、我々に自分自身を改めるよう警告する。
 すべての人種がひとつとなって、生き残るために立ち上がり、それを妨げる
 原因を明らかにしなければならないのだ。 もし人が、自らが作った武器で
 戦いを始めなければ、平和はやってくるだろう。
-------------------------
■その様に、@大地から不思議な霧が立ち上る現象。
 A太陽の周りに4回「 もや 」がかかる現象。......その様な現象であれば、
  ハツキリと確認出来る規模のものに違いない?くらいのものと、
  想像できる様な気がする。だからそれらの現象は、ハッキリと確認出来る。
  その現象は「人類への警告になる」に違いない。

668 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 21:07:53 ID:Sac8SoZB0
>>667 の ホピ予言に書かれている・意識部分の記述は、
ヒトラー予言にある「新人類誕生」の前の「意識の変化過程」を表しているし、
ヒトラー予言とも符号する部分だと思う。

@全ての人々の 思考力と 心を弱めてしまう=つまり、意識がモウロウとし始める。
 意識を薄れさせてしまう。これは心を弱める・・つまり、善悪の意識を一時的に
 無くしてしまう事を意味している。自分が誰であるのか? 自分は何なのか?も
 思い出せない。 下手をすれば、野獣の性質を持ってしまう事も意味しているのだと思う。

A彼らの智恵と知識は方向を失い、創造主の偉大なる掟は人々の頭から消え去ってしまう。
 子供たちは手に負えなくなり、人の言うことを聞かなくなって、道義のない、
 貪欲な戦いが 繰り広げられるのだ。 ・・・・これは、その言葉そのものだと思う。

 知恵と常識性は消え去り、良心とする心(意識)は無くなる。だから全ての人が
 犯罪であろうが、殺人であろうが好きな事を開始し始める。
 -------------------------
※それらの時期を過ぎると、ヒトラーの言う=二極化をされた意識を持つ
 「新人類の誕生」になるのではないだろうか?

 新人類は今までとは全く違う意識を持つ様になると言っていた。その為に、
 一時的に今までの記憶を全て消されてしまう。 その後に新しい意識が
 宿り始める。 しかし、良い方向での意識作りをして来なかった者は、
 ロボット感覚の意識しか持てなくなる。 あるいは、半野獣の意識か持てなくなる。
 その様に解釈をすると、ヒトラーの言う二極化された新人類は非常に理解が出来る。

669 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 21:12:50 ID:uh0a/1BE0
>>660
ヒトラーの予言とかは、都市伝説の類じゃないのかな。
まことしやかに語られながら、その根拠となる一時資料的な文献がまず見あたらないんだし。

670 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 21:30:46 ID:Sac8SoZB0
>>669
根拠となる一時資料的な文献がまず見あたらない??....いいポイントに
気が付いたと思う。 ヒトラー予言には未来の姿が書かれていた。
その信憑性の恐ろしさに、戦勝国はナチスの資料と共に、ヒトラー予言の資料
を持ち帰り、厳重に政府の秘密倉庫に隠しているとの事。
その内容の恐ろしさ、信憑性の為に、誰の目にも触れさせない様にしているらしい。
だから文献などは絶対に出て来ない。

今、出て来ている予言はほんの一部。 関係者が自己記録したり、記憶していた部分を
集めて、まとめたモノが出て来ているだけ。 予言の全てを知る事が出来たとしたら
それは全世界が驚くべき内容なのだろうと思う。

なお、現在の兵器は全てナチス時代のコピーと言われている。ジェット機
ロケット、ミサイル、ナチスはUFO円盤までも開発したと言われているらしい。
その他、人間改造の知識と研究も数段に進んでいたらしいとの事。

チナス、ヒトラーに関する情報は、それを知った国家にとっては、役に立つ資料。
と同時に、他国には知られてはならない情報。だから本当の情報は出て来ないと思う。

671 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 21:32:21 ID:uh0a/1BE0
>>670
んじゃ、だめじゃん。妄想との区別が付かない。
証拠なしだったら、何とでも言える。

672 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 21:39:29 ID:Sac8SoZB0
ヒトラーの予言
http://xx-xxx-xx.hp.infoseek.co.jp/kikaku2/hitler.html#mirai

ヒトラーの予言 (完全版)
http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha400.html

ヒトラーの「超人思想」の謎
http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha100.html#08

★参考:ナチス製UFO「HAUNEBU」写真集
http://www.youtube.com/watch?v=IpCGemQ4ck0
-----------------------------------------


673 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 21:43:26 ID:uh0a/1BE0
やはり「伝説」の類だな。
誰でも確認できる、根拠となる文献的史料が無く、うわさ話同然の話だけが流布してる。


674 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 21:51:19 ID:wzby2H+Y0
>>673
お前さんは4分足らずで>>672の内容を確認し、根拠たりえないと判断したんだな?

675 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 21:52:57 ID:uh0a/1BE0
>>674
いや、1分弱だな。一次資料がないと聞いた時点で判断したよ。
当たり前だろ。
ろくな根拠を持たずに、話が膨れあがるのを伝説と言うんだ。w

676 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 21:53:48 ID:Sac8SoZB0

     ∧,,∧ ...∧,,∧
  ∧∧(´‐ω‐`)(´‐ω‐`)∧∧
 (´‐ω‐)..∧∧). ( ∧∧(‐ω‐`)  ....まあ〜〜〜
 | U (´‐ω‐`)(´‐ω‐`) と ノ      説得したい訳でもないし・・・
  u-u (l    ) (    ノ u-u
       `u-u' `u-u'          捉え方は個人の自由だし・・・

                    ....てなことで、オパッピ♪と言っておこう♪


677 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 21:56:04 ID:uh0a/1BE0
ヒトラーにニーチェの超人思想があったことと、ヒトラーの予言(予測?)があることは話は別。
それらが存在することを証明するテキストがなきゃ、おもしろおかしい流言飛語だろ。
そうじゃないっていうのなら、ヒトラーが直接語ったか、あるいは直接書き記したか、
そのような資料のありかを示してほしいもんだ。
隠蔽されてて確認できないようなモノじゃ、話にもならん。

678 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 21:56:48 ID:uh0a/1BE0
>>676
うん。そうだね。
都市伝説の類だなーと思って流し読みしてるだけから。
あ、話の腰を折るつもりはなかったよ。続きをどうぞ。w

679 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 21:57:12 ID:c2dbh3xjO
>>663
太陽光を反射しないブラックムーンが存在している
と言う噂は作り話なのかね。

680 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 22:09:05 ID:Sac8SoZB0
>>667 と重複を スルメ(イカではない、タコでもない、スルメ)だけども→

■これから起きる予言
 http://hyla.jp/future.htm
に書かれている部分・・・

全ての人々の 思考力と 心を弱まってしまう。
彼らの智恵と知識は方向を失い、創造主の偉大なる掟は人々の頭から消え去ってしまう。
子供たちは手に負えなくなり、人の言うことを聞かなくなって、道義のない、
貪欲な戦いが 繰り広げられるのだ。・・・・この部分がこれからの一番の問題だな。

その部分をクリアしなければ、アセンションがあるとしても、アセンションが
出来ない事になると思う。 意識を良い方向に変える努力をしていないと、
昇天は出来なく、半野獣人となって生き続けなければ、ならなくなるのかも知れない。

681 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 22:21:03 ID:Sac8SoZB0
>>680 での部分

全ての人々の 思考力と 心は弱まってしまう。 ・・・・それは、ある意味、
大変に怖い事になる。 自分という意識は無くなり、心(精神的部分)も弱まり、
自制心や常識性を忘れる。それは本能に近い形で行動を起こし始める?などの
様子も想像させる。 社会の中にそんな者が溢れて来ることを想像すると
恐ろしくなる。

次の部分→
彼らの智恵と知識は方向を失い、創造主の偉大なる掟は人々の頭から消え去ってしまう。
子供たちは手に負えなくなり、人の言うことを聞かなくなって、道義のない、
貪欲な戦いが 繰り広げられるのだ。
・・・・これらの現象はすでに始まっていると分かる。 不可思議な事件、犯罪の増加。
企業や政治家さえも、国を支え、国民の生活を守るという「偉大な神の教え」を
破り、企業の生き残り、自分の権益だけに生きる。 そんな貧欲な道義のない
精神の者が多いように感じてしまう。 この部分のホピの予言は、すでに
ハッキリと始まっていると言えるな。

682 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 22:35:58 ID:9v21SF9C0
>>680
ホピの記述は今見たのだが
ヒトラーの予言および日月神示そして出口王仁三郎までが一致して
ひとつの記述を語ってる。
世界が神々と悪魔(あるいは獣)しか住めない環境に陥るというもの。
>>昇天は出来なく、半野獣人となって生き続けなければ
という記述がそれに相当するのかもね。
ちなみに同じような記述は聖書の「バルクの黙示録」にもあるな。


683 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 22:39:27 ID:hsnx830b0
>>661
まちがいなくあるよ。
最近のジュセリーノの本に載っている。ジュセリーノ氏は初来日したときにある議員と
対談し語っている。他にも情報有り。
08〜38の期間続くらしい。

684 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 22:51:47 ID:1cE9hIzr0
ある日夢を見た
2041と書かれた看板を中央に置いた箱庭だった。
私は箱庭がひっくり返るのは41年なのかと夢の中で考えていた。

目覚めて思った。箱庭は現世、アセッションにしろ滅亡にしろ
まだまだ時間はあるのだな、生きなくてはならないのだなと。

そこまでは生物学的寿命が尽きるまでは 生きなくちゃってw

685 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 22:54:00 ID:9/6hVP8Q0
>>682-683 ....なるほど。

こんなものもある。米国で霊視を見せられた人の話になっている。時期は
第三次大戦の時期らしい。 霊視の内容は真実なのかは分からない。
しかし、>>682 の内容に符号する部分もある。 なぜなら、戦争という状況では
人々の中に多くの鬼畜性の心が表れるからだ。 だから生き残った人々は
小グループや 小さなコミニティーを作り、それらの野獣人と戦っているとの
記述もある。

■サラ・ホフマンの幻視全訳.....その風景は米国での風景。
 http://ytaka2011.blog105.fc2.com/blog-entry-21.html

次に私が見たのは、人々が病に倒れどんどん死んでゆく光景です。特にニューヨーク、
ロサンゼルス、サンフランシスコ、ソルトレイクシティーの4つの都市で
起こっているのが見えます。
 ・・・・・・・・・・・・・
人々は田舎に逃げようと、都市から続々と避難します。都市の秩序は完全に失われ、
崩壊しています。なぜか分からないのですが、都市には電気はなく、またあらゆる
場所で 車が山のように積み上げられて道を封鎖しているので、人々は徒歩で
都市を脱出しています。 ・・・・・・・・などと続いている。


686 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 23:16:42 ID:3AMypw7e0
だから、この様な事かも知れない。
極端な言い方になるけれども、今からどちらのタイプで生きて行くのか?
「タイプを選ぶ時期」に来ているのではないだろうか?

一応 まともな人間らしい意識を持った新人類として生き残りければ、
「意識を高い方向へ向かわす努力が必要」。 その一方で、精神性、意識を
向上さす事を諦めた者は、半野獣人となって生き続ける。

どちらのタイプで生き残りたいのかを、今 決めなければならないのだと思うな。
良い人間として生き残るにしても、半野獣人と戦いながら生きて行かなければ
ならない。 そこには今までとは違う意識と知識が必要。 人間は善であるべきとの
意識は捨てなければならない。 なぜなら相手は、人間性を持っていない半野獣人。
人を殺す事に楽しみを覚え、欲しい時には奪う、殺す、騙す。本能のままに生きるだけ。
姿は人間だけれども、性質は野獣。 もしもそうだとしたら、相当な意識の改革が必要。
それらの者と戦いながら身を守り、周りの人々をも守って知識と意識を合わせて
生き延びなければならないからだ。

つまり、新人類になり「全く違う意識の人間にならなければ、生存出来なくなる」
そんな世界が来るのだと思うな。

687 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 23:39:38 ID:LkwrvaZ50
>>686
半野半人ということもあるだろうが、

自分で考えて生きていける人と/ほぼ奴隷で思考を失った人々

で、2分されるだろうね。

ほぼ思考を失った人は、半獣半人のことだがな。

688 :本当にあった怖い名無し:2008/04/30(水) 23:42:48 ID:DE8kjHD10
>>686
そのストーリーだと「猿の惑星」シリーズの
2作目のような世界になるね

意識改革してミュータントになるか獣人?に退化するか


689 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 00:20:17 ID:fqWmilDn0
家の外が海っつうか川になっちゃってる夢を見たけど
これは洪水とかの水災害が起きて大きな被害が出るとか言われてるやつの暗示か!

690 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 00:53:36 ID:D34ZMNTj0
ジュセリーノはこんな予言をしている。

2009年
▼世界的に暴力事件が拡大し、新しい疫病が出現する/ 一月二十五日にM8.9の地震が
大阪や神戸を直撃し数十万人の犠牲者が出る。十一月にも日本で大きな地震があり、
数千人が死亡する/八月二十四日にトルコのイスタンブールでM8.9の地震が起き、
街が崩壊する/十二月十六日にインドネシアの小スンダ列島の東でM7.8の地震が起き、
数千人が死亡する/ブラジルの経済危機で保険や年金が出なくなり、
都市や刑務所で暴動が頻発
---------------------------------

※これからは意識が混沌として、人間が荒れるという部分で重要なヒントが
 予言に出ている→ ▼世界的に暴力事件が拡大し・・とある。

2009年だから、その傾向はすでに始まっていると感じた方がいい。
深夜のニュースで、韓国で小学生による暴力事件が発生との報道。内容は、
アダルト映像に刺激をされた小学生が、小学校内で同級生の女子児童を集団暴行。
その被害者、加害者を合わせると50人くらいだという。 小学生でも性犯罪を
起こし始めた。 その人数も多い。それは明から意識の退化に向かっている証拠の中の
一つの事件と思った方が良いのだと思う。

これからは急激に、意識の退化を感じさせる事件や犯罪が増えるのだと思う。
ジュセリーノは2009年からと書いているが、事象の変化とは徐々に現れるもの。
2009年に急に現れるものではない。とするとすでに暴力事件が多発をする下地は
出来つつあると思った方がいい。 だからなるべく早く、はっきりした意識。
良い方向性の意識を創ろうとする「意識」が必要だな。 遅れれば遅れる程に、
自分というものが分からなくなって来るのだと思うな。

691 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 01:13:47 ID:j8zamqmeO
>>690
ナンテコッタ/(^O^)\
来年ジャネーカ

692 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 01:16:40 ID:CMA/yGf40
>>690
じゃあその「意識」を世界中の人が持つにはどうすれば良いか考えようか

693 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 01:42:44 ID:BImN9zxp0
方向が違うと思う。二極化の意味はそうじゃないし、外的作用がない限り意識は低下はしない。
選択によって覚醒する方向か、地球を去るかのどっちかだ。
 争いごと(戦争)か、自然災害に巻き込まれるかが予想される。


694 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 01:44:29 ID:D34ZMNTj0
>>692
世界中の人が、「良い意識に向かう必要性」を感じるのは無理だ。
更にすでに世界では、多くの苦しむ人がいるが、「意識とか、精神とか」を
考える余裕がないからだ。

また、「意識とか、精神」を考え易いというか? 内面のモノを求めようとする
意識は、どちらかと言えば東洋的な考え。 その東洋的な考えを直ぐに
世界に広めようとしても無理だし、これからの世界の混乱が迫る時期においては
すでに時間がない。 日本中に「意識改革の必要性」を広めるのにも時間がない。
すでに「時は遅かった」と言えると思う。 今の日本の犯罪の増加、不可思議な犯罪の
増加、政治の無能さを見れば、とても「意識の大切さ、意識改革こそが生き延びる方法」を
広める時間が無くなっている事に気が付くはずだ。

だからすでに時間はない。 個々の個人が早く「意識の大切さ」「意識改革の大切さ」を
知ろうとしての思考を強めるべきだな。 時は遅い。だから、個人がまず気が付き、
家族にも意識改革の必要性を知らし、周りに者に広めるしかないと思うな。

695 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 01:52:49 ID:D34ZMNTj0
例えば、こんな意識も必要だ。
今までは、お金が入るとまずは好きな物、欲しい物、遊びに使う、
などの様に「楽しみのモノにまずは使うと思う」。 残りで生活を
考えていたと思う。 しかし、これからは「お金の価値が下がると言われている」
また「物価も凄く上がって来る」。 先に、楽しみの為にお金を使うと
生活できなくなる。

だから意識を変える必要がある。 お金が入ったらまずは、支払うものを
引いておく。 ローン、保険、税金、水道代、電気代、ガス、ガソリン代、
その他にも絶対必要な経費がある。・・それらを先に引いてみると、
残りは意外に少ない事に気が付くはず。 その少ない中での生活を
考えて行くようにしなければ、これからは生き残れない。

遊び優先や、楽しみ優先の意識から、生活優先の意識に変えて行かなければ
絶対に生き残れないと知る意識も、必要になって来ると思う。

696 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 01:56:25 ID:B9mWraYL0
意識改革というならすでに覚醒の進んでいる人たちは多い。
そういうための本は以前からあって、たとえ少数でも人類に与える影響は大きい。
それに決定的なのは、次元上昇によるアセンションが一気に人の意識を引き上げる。
楽観視は決して出来ないが、踏み堪えられなければならない。

697 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 02:03:51 ID:vVqaVZ7E0
そもそも、お金が無いと何も出来ないという条件付けを意識の中から取り去りたい。

698 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 02:05:24 ID:JcaJQnnp0
>>696
まったくそのとうりだよ。
知らないだけで「覚醒」した人や「覚醒」寸前の人は
水面下に沢山いるのだ。

699 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 02:09:14 ID:Qf6vwsNk0
覚醒という名の洗脳
罠は沢山あるから気をつけろ

700 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 02:14:19 ID:0b0NMxR00
「覚醒」を普通の人とは違う境地に達することと捉えるか
単に目覚めることと捉えるかの違いだな

701 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 02:16:28 ID:3pPhqb1m0
>>689
同じく数年前から、しょっちゅうそのような夢を見てた。



702 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 02:20:45 ID:fqWmilDn0
>>695
まともな日本人なら遊びより生活を先に引いてから
残った金で何しよっかなっと考えるんじゃなかろうか。
収入あって真っ先に遊ぶ馬鹿は自己管理が出来ない奴と
ドブに捨てるほど金があまってる奴だけだろjk

703 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 02:21:29 ID:B9mWraYL0
>>697
いろんな意味がある。 おそらくお金は使い物にならないと考えた方がいい。
そうすると、最後の人類の試練として「助け合う」ということが大きな意味合いを
持つことになる。(個人一人の力では絶対無理) 
これが果たして出来るだろうか?
日本人ならその要素が十分にあると見てはいるのだが...

704 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 02:24:26 ID:D34ZMNTj0
ジュセリーノは数個の巨大地震を予言している。また日本に鳥インフルエンザが
拡大すると予言をしている。 それらの予言通りに驚異的な危機を現実的に
目にすると多くの者の目が覚めるのではないだろうか?

今までの意識では、生き残りの考え方が浮かばない。 多くの人が死んで行く
現実を見る。 どうすれば生き残れるか?の究極的な恐怖心理で精神(意識)が
圧迫をされる。 そんな時に意識は、突然変化をするのではないだろうか?

その時の「意識の突然変異」に期待をしたいな。 つまり外的なショック療法
により、日本人の意識を変える手段はない無い様に思えて来た。
だから、反対に考えれば、これから日本を襲う驚異的な凄い状況の現実は、
「意識を突然変異」をするカンフル剤かも知れない。 日本人の意識を変えるのには
外的なシッョクが必要なのだ!と考えれば、これから来る巨大地震も
鳥インフルエンザの脅威も、日本人の意識改革には、必要なモノなのかも知れないぞ。

705 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 02:25:23 ID:fqWmilDn0
今の日本に助け合いが出来るとは思えないなw俺も含めてwww
資源が無限にあるなら争いも起きないから皆気ままに生活するだろうけど
枯渇してる時ほどそういう意識にはなりにくいと思うぜ。
昔からよく言うじゃん、良い人間ほど損をするってね。
損だの得だの自体が無くなるくらい無限にならないと、良い人間が早く死ぬだけだ。
それを変えていこうっていうのは、理想論ってやつだと思うけどね。
変えようと思うのは大事だけど、実際に変わるかどうかは別じゃね。
人類滅亡とか言われんのも結局そういうとこにあるんだと思う。

706 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 02:31:03 ID:B9mWraYL0
意識の突然変異じゃなくて、本来の意識のあり方を思い出す、とか戻るじゃないだろうか?
習慣的な考え方を捨てないと生き残れない。もちろん少数が残ったって意味がないわけだから..



707 : ◆OldmagiJXA :2008/05/01(木) 02:33:32 ID:9R+DGeTm0

人が元気になる方法はそれなりにある。
より肯定的なエネルギーを持つ方法も同じく。

よい睡眠は、その中でも比較的実行が簡単で、
その割には、かなり不当に軽視されているものの一つだ。

708 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 02:37:14 ID:gzpNIt7U0
変えようなんてのはたぶん無理だな。
対応していくぐらいで精一杯だろう。
良い人間は全体性を見る。人間は全体性の生き物だよ。
悪い人間は孤立性だから、どうしてもみんなから外れていってしまう。
ひとりでは何も出来ない。

709 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 02:37:44 ID:D34ZMNTj0
>>704 の続きを書けば→

その様な巨大な災害は絶対に日本に起きて来る。 そして多くの人が亡くなって行く。
しかし、亡くなるであろう人も、知人、家族を無くす人も、心配はいらない。

なぜなら、それらの人の犠牲は、次の新しい意識を創る為に「命を犠牲にして、
意識の突然変異」をする事に役立ててくれたからだ。
日本は多くの戦争をした。 そしてその戦争に参加した兵士は、日本が生き残る為、
日本の未来の為に、命を捧げる気持ちで死んで逝ったと思う。その時の死ぬ間際の
意識は、悲しい反面、日本の未来を夢見て幸せだったかも知れない。

だから、これから起きるであろう巨大な災害で多くの人が亡くなったとしても、
その戦争に参加をして亡くなった兵士の心境と同じで逝って欲しいと思うべきだな。
そして、命を犠牲にしてまで、次の世代の゛意識の突然変異」を手助けしてくれた
という感謝の念で、よい意識を創る気持ちに向かう意識を強く持ち始める
べきなのではないだろうか?

710 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 02:42:53 ID:fqWmilDn0
その考え方はなんか危ない宗教みたいで恐いわ。

711 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 02:45:00 ID:n8LC4NGd0
同感

712 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 02:49:47 ID:JcaJQnnp0
>>708
悪い人間は孤立性だから・・・

そんな事はない。あるのは個性だけだから。
かの文豪ドストエフスキーも極端に孤立していた。
自分の絵を描けばいい。

713 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 02:54:43 ID:vVqaVZ7E0
>>703
それをするためには自分や他の人の生存を有る程度確保出来る知恵と準備が必要ですが、
これをどうするか、ですね。実際問題としてシミュレーションしないと(って、もう
時間無さそうなんですが・・)いけないでしょう。鳥インフルエンザで予行演習
って感じになりそう。

714 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 02:57:04 ID:D34ZMNTj0
>>710-711
そうか。 悪かった。 飛躍をしすぎたようだ。

それとは別にして、やはり「理想論」だけでは、世界は壊れるという事を
現在の人は知ったのではないだろうか?

第二次大戦後に、多くの理想論が生まれたはず。 理想論で世界は全て
幸せになると思ったはず。 日本にも多くの理想論が生まれて、理想論の様に
日本の国が進めば全ての国民が幸せになれると思ったはずと思う。

しかし、世界と日本を見ても分かる通りに、幸せになるどころか、苦痛の日々、
生活さえも破壊され、生きる希望も無くなり死ぬ人が多い現実になった。
(※余談だけれども、硫化水素ガスで自殺をした人は、1ヶ月間で80人も
  亡くなったらしいとの事。ニュースで言っていた)

その様に、理想論で世界は壊れ、日本も壊れかけている。だから理想論では
決して幸せになれない事が証明された事になる。 だから、これからは
理想論とは別の「新しい意識による思考で、新たな考えが必要になった」と
言えるのだと思う。 この時期において、まだ理想論に縛られる意識を持っていると
日本の破壊は更に早くなると言えるのかも知れないな。

715 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 03:00:32 ID:fqWmilDn0
その新しい意識とやらが、なんだか免疫力の高い子供だっけ?
インディゴチルドレン?なんじゃないの。
他の星から手助けするために転生してきた魂もあるとか言うじゃない。
つまり外の手、新しい意識の手を借りない事には、従来の人間の意識は
変われないって事なんじゃね。

716 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 03:04:45 ID:D34ZMNTj0
理想論とは、心地よく聞こえるもの。 全てが幸せになれる様な錯覚をさせる
言葉なのかも知れない。 もしもそうだとすると、心地よい言葉には、
これからは警戒と注意が必要だ。

特に、政治家が使う 心地よい言葉には特に警戒が必要なのかも知れない。
事実としては、これで日本はよくなると言う言葉を多く聞いて、それに期待を
したけれども、こんな破壊が進む日本になってしまった。
それこそ、政治家が使う心地よい言葉は、ウソだった事になる証拠だな。

717 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 03:08:51 ID:VHTzD1ZAO
その「理想論」というところにこそ大穴があったんだよね。

幸せな世界ってどんな世界よ

私の描く幸せが必ずしも誰もの幸せではないのに、
先人達は幸せな世界の為努力を重ねて来て今の世界が出来た…
食うに困らない世界 実際実現してるんだろうね、きっと。

だけど現代が幸せな世界だって心から思える人がいま一体どれくらいいるんだろう?
ほんとうのさいわいって何なんだろう。
メディアの視点は個人の視点ではないよね。集団からなる大いなる視点から見た世界の問題を知ってしまうから苦しいのかな。
そんなの知らないですめば今は幸せな世界と思えただろうか。

718 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 03:27:46 ID:fqWmilDn0
俺的に考えて、働かなくても食っていけて、金に縛られず
金が全てを決めるような世界じゃなくなって
食べるものも、そのほかの色んな資源が無限にあり、さらにアニメとネットがあって
魔法が使えちゃうファンタジー(笑)な世界にでもなってくれたら幸せwww
でも働く事が好きな人、稼ぐのが好きな人、そういう人にとっては
幸せじゃないだろうな。

719 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 03:39:11 ID:wc3ATyZJ0
偉大な哲学者、偉大な思想家、偉大な芸術家はなぜ? 名前を残せたのか?
と考えた場合、それは多くの、膨大な苦しみの中から、偉大な哲学、思想、芸術を
生み出せる「意識と精神」を創り上げたからではないのだろうか?

一番偉大なのは、その言葉でもなく、表現する技術ではなかった。
それらを生み出せる「意識と精神」を創ったからこそ、偉大な言葉(哲学、思想)
そして表現方法の技術を生み出せたと思う。 偉大な大元は「意識と精神」

そして、その「偉大な意識と精神」は、多くの苦しみと苦痛により、
創られたと思う。 考えを間違っては、別の思考を繰り返す、非難を浴びる、
攻撃を受ける。それでも尚、真理とは何なのだ?とする探求心を続ける事の苦しみ。
その様な意識の苦痛から、最後は「偉大な意識と精神」を手にいれて、
偉大と呼べる哲学、思想、芸術を手にしたのではないだろうか?

全ては苦痛の中から「偉大な意識と精神」を創り上げた。 言葉よりも前に
偉大な、高尚な「意識と精神」を創り上げた。 その事が名前を残す為の元になった。

その様に考えると、やはり「意識と精神は大切なモノである事が分かると思う」。
そして今、我々は、偉大を目指す訳ではないけれども、次に生き残る為に
「今とは違う意識と精神」を全ての人に求められている事は確かだと思う。
なぜなら、今ある意識と精神では、世界が、日本が壊れて行く現実を知っているから。

世界が壊れても、日本が壊れても生き残る為には、今までの「意識と精神」では
生き残れないと思う。 しかし、偉大な哲学者、思想家、芸術家の様に、
新しい意識を持つ為には、思考において相当な苦しみ、苦痛を感じるはず。
それは今までとは違う意識を発見しようとしているから。 哲学者、思想家、芸術家が
この意識では哲学を発見できない、新たな思想を発見できない。だから新しい意識が
必要であり、思考を繰り返して行き「新たな意識に辿り付いた時に、偉大な功績を
残すモノに辿り付けた様に」、全ての元は「苦しみの先にあると知って、苦しみ
ながらも、今までとは違う新しい意識」を創り上げて行くべきだな。

720 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 03:59:56 ID:VHTzD1ZAO
やっぱり苦しいのは今なんだろうね…
だけどその孤立したりなぜか受け入れられず非難されたり疎外され味わうような苦しみのおかげで、
意識や意志 精神が研ぎ澄まされて鍛練されていくのなら、そういった苦しみを与えてくれる対象、相手にこそむしろ感謝すべきなのかもしれないね…。

アセンションでははたしてどちらかがいきのびどちらかが死ぬのかなあ?

私の中では、世界が少しずつ、多色刷りの印刷が微妙にズレるみたいに剥離していって、お互いのことをすっかり忘れて、忘れたことにも気付かないで、離れていくんじゃないかなっていうイメージなんだけど。詳しくなくてごめんなさい。
辛くないだろうけど、なんだかせつなくて悲しいなぁ。

721 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 04:33:49 ID:JcaJQnnp0
この世はギャンブルだよ。
思いがけない時に百万馬券を当ててしまうものなのさ。

722 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 04:53:16 ID:ZuJkDu7zO
早く家に帰りたい

723 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 06:02:25 ID:PobxO4mS0
いやいや、半分冗談で百万馬券を予想しておきながら、なんとなく買わずにいて、
実際にソレが入着したのを見て呆然とし、体がブルブル震えるようなものだよ。

涙なしには語れない、そんな世の中。

724 :鬼畑 蝦夷:2008/05/01(木) 06:51:14 ID:GsVYBiiM0
芸能人で覚醒してる人間はいないんですかー
ポテンシャル高い人間多いと思うんだけど

誰も光ってないな

725 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 08:49:40 ID:3pPhqb1m0
>ほんとうのさいわいって何なんだろう。

宮沢賢治も問うてたね。
釈迦も本当は???なんじゃないかな?

726 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 08:50:18 ID:LdqWv1Ol0
アセンションって何?
まあしらんがあるだろ

727 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 10:07:57 ID:IP/28u1WO
なんやかんやで愛だの気付きだの関係なく
ガンガン今後の天変地異で大勢の人がやられていっちゃうんだろな
アセンションとかよーわからんけど
自然、食物、資源、経済システム
人間を取り巻く全てがなんだか不穏なのはわかる
もう5月だってのに気持ちいい晴れの日が非常に少ない
空を見上げてもいつも薄暗い雲が覆ってる
法的に道徳的に悪だろうが善人だろうがおかまいなく
雲は地上の人を包んでる
これから本当にどうなるんだろう

728 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 10:13:44 ID:b+iQIU5A0
>>727
そうかい?昨日なんか五月晴れで良い感じの日だったが。
自分の気持ちの中が、薄暗い雲が覆ってるから周りの景色がそう見えるんじゃないかな。
まあ、順風満帆とは言い難い世の中だとは思うがな。w

729 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 10:35:33 ID:IP/28u1WO
>>728
まぁもちろん地域で差があるのは当然だろうけど
俺の地域ではこの時期こんなに
雨や青空見えない日が続くのは珍しいんだわなー
ロクな人生じゃないから気持ち落ちてるのも否定はせんがw

730 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 10:45:37 ID:b+iQIU5A0
>>729
そうだな。地域差はあるよな。
沖縄とかはこの時期は曇りが多く、北海道は晴れが多いと聞いた。
陳腐だが、雲の向こうには太陽があると思えばいいんじゃないかと。w

731 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 11:32:52 ID:tVs6h+m10
>>632
まあ重要なのは言葉の裏でのやり取りかもしれませんがねw

探らせてもらったら色々わかりましたよ。
関連があるか分かりませんが、実はその2ヵ月後、転換を個人的に実感しているんですよね
まさに陰極まれば陽となるというかんじで。
ちょうど覚醒スレが賑わいはじめた頃ここにきて、情報も得られるようになりました。

しかしまたいいインスピレーションもらいましたよ。
蝶は魂を冥府に運ぶ象徴なんですね。

ウロボロスの円環は生と死を永劫に繰り返す宇宙の基本構造です。
そのパターンは太陽と月が織り成す昼と夜の繰り返しにも見出すことができます。
太陽を生、月を死と捉えるならば、ミクロ的に蝶へと変容を遂げた人の魂、あるいは意識が、
月へと向かい太陽へと還ることでマクロでは宇宙が脱皮し、その姿を少しずつ変えているのかもしれません。

しかし円環の閉鎖系ではエントロピーは均衡状態に移行し、いずれ世界は静止ししてしまうわけです。

それを打破すべく散逸構造論的に考えると、
人類が認識しているこの世界という閉ざされた器の、さらに外側にある開放された意識からもたらされるエネルギーと、
観察者たる我々の個別の自我が、現状に用意されたファクターから新たな関係性を創発するエネルギーとがあいまって、
ゆらぎとなり、それらが自己組織化することで世界に新たな秩序系を創出し、
閉ざされたウロボロスの腹の中で混沌化していく世界を断ち切り、螺旋をつむいで、新たな円環へと移行するというのが、
私の考える進化のアーキタイプです。

まあそれでもさらに巨大なウロボロスがぺろっと脱皮したに過ぎないとは思いますw

ウエサク祭ももうすぐですね。

732 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 12:46:05 ID:B/KPWxwu0
ん〜・・・何言ってんだかさっぱり分からん
ほんとうにありがt(ry

733 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 13:05:02 ID:KrrlYDCI0
2012年まで時間ありすぎ。
来年ぐらいにしてくれよ。

734 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 13:43:12 ID:/dkm3cD70
テレビのニュースで「恐ろしいニュース」を報道している。
「硫化水素ガスを使った殺人」未遂事件。 この未遂は家族間で起きた事件
だけれども、「硫化水素ガス」を使う殺人までは思い付かなかった。

しかし、考えてみれば確かに「このガス」も凶器になる。ある面 簡単な凶器で
使い方によれば、強力な殺人道具になると思う。
今までの事件の模倣犯の出現--という事を考えた場合。 硫化水素殺人・事件にも
警戒が必要と思った。

735 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 14:00:49 ID:fxO5KenDO
4年後には死んでる可能性高いってことかな?
もう三次元こりごり

736 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 14:14:38 ID:+c1LFShm0
まず、ぐたぐた語る前に、

常温核融合(フリーエネルギー)しようぜ。
この技術は、もう確立されている。
日本として、金かけてやると出来る。道路財源を半分以下にしてな。


全員が意志をそろえればできるだろ。
もう既に、これをすることを表明している団体があるし。

やろう。



737 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 14:17:00 ID:+c1LFShm0
現実にできることを、
粛々とやるんだよ。おまえら。常温核融合。

これをやれば、
人間の意識なんて、大幅に変えることができる。

周りに伝える?
伝えただろ。そして、その人は、気付いた?

否だろ。反対にバカにされただろ。

常温核融合をするのだよ!!おまえら。

738 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 14:24:57 ID:7MuYhBS00
しかし、なぜか?きになるホピの予言。
次の部分が無性に気になり始めた。

■これから起きる予言
 http://hyla.jp/future.htm
に書かれている部分・・・

全ての人々の 思考力と 心を弱まってしまう。
彼らの智恵と知識は方向を失い、創造主の偉大なる掟は人々の頭から消え去ってしまう。
子供たちは手に負えなくなり、人の言うことを聞かなくなって、道義のない、
貪欲な戦いが 繰り広げられるのだ。・・・・※この部分が気になる。

つまり、記憶力は弱まり、意識さえも軟弱になり、下手をすれば自分というのも
意識できなくなる位に「意識の低下。 精神性(善悪の判断など)の欠如」などが
ホピの予言からでは、起きて来る訳だけれども、「その人間性の欠如の状態」は
日本だけに現れる事ではない。 隣の韓国や 北、そして中国にも、
中東、ヨーロッパ、米国・・・・、世界中の意識がその様に低下をする事になる。

その様な「意識の低下が進む世界」にも、ヒトラーが言う「超人(神に近い存在)」が
現れて世界を救うと言っているので、少しは救いがあるけれども、世界の全体では
超人の意識よりも、「意識低下をした新人類(二極化された意識)」が多い。

その中に次世代人間の性質を持っている者も多いけれども、半野獣人も多い
事にになる。 その二極化される時期が、早めに来る感じがして、どうも
心配になる。 最後まで人間性を持った意識のまま、新人類の意識に突然変異を
すれば良いけれども・・・・。 新人類への移行の前には「意識が薄れ、意識が消えて、
記憶が消える」というのが問題だな。

739 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 14:32:09 ID:b+iQIU5A0
>>737
やり方を教えてくれ。w

740 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 14:35:57 ID:7MuYhBS00
個人的には、道路建設も必要な地域はあると思うけれど、
それ以上に、現在の都市構造を変える部分にお金を使うべきだな。

色々な予言は、地球の環境は激変すると言っている。
海水面の上昇は、賛否両論があるけれども、これからは巨大地震の発生、
巨大台風、巨大豪雨などにより、沿岸部に発達している「都市構造」は
絶対に何らかの被害を大きく受ける様になるのは事実になると思う。

つまり現在の沿岸部に発達している都市は、壊滅か?大きな破壊が来る。
だとすると、時間や国のお金に余裕のある時こそ、都市を分散する計画を
実行するべきだと思うな。 標高が高い場所に、新たな都市を造るべきだな。

741 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 14:43:14 ID:b+iQIU5A0
>>740
東京も沿岸部に発達してる都市だよ。
東京を高台に分散するには誰がどのように実行すればいいと思う?
実行者は東京都?それとも都知事?あるいは日本国首相?
そのお金はどうやって捻出するの?税金?企業から特別徴収?国家から支出?
その計画はどうやって段取られ、どういう形で承認されるの?

742 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 14:52:11 ID:JcaJQnnp0
空即是色

743 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 14:56:25 ID:7MuYhBS00
>>741
それは勿論、政府が行うのが正当性がある。
お金の問題は、苦手だからどの様にして集めてよいのかは分からない。

しかし、数十年前には、実際に首都移転構想は出ていた。 何が原因で
消えてしまったのかは、分からないがその時に実行していれば、実際に
首都移転、都市の分散構造は可能だったと思う。 本当に今思えば残念だし、
政治の無能さを感じてしまう。

しかしまだ手はあると思う。 これからは巨大地震や 巨大台風などで国土は
破壊をされる部分もある。 その時こそが、都市の分散を実行できる機会だと思う。
都市が地震などで破壊をされた場合、復旧はそこそこにして、別の地域に分散型の
都市構造の基盤として「復旧移転計画+都市移転」としての計画性の基(又は、下)に
してとの考えで実行すべきと思うな。 重要なのは政府の決断。
この「決断」こそが、次の時代の都市であり、日本が生き残れる基になると思うけれど・・。

しかし、政治の無能さを見ると、「決断は出来ない」が100%だな。

744 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 15:04:20 ID:7MuYhBS00
>>741
また、こうも言えると思う。 その様に「都市移転や 分散型都市の計画」を
政府が出すとすれば、それは、政府がこれからの日本に「巨大災害が襲って来て
日本が破壊をされる部分があると認めなければいけなくなる」。

政府というものが、前もって「国土は自然災害で破壊をされる」と
認める事が出来るのだろうか?という問題も出て来る。
自然災害で日本が破壊をされる事を認めると、国内的にも、世界経済の
流れからしても、経済損失を受ける部分が大きくなると思う。

その様な経済的なリスクを無視して政府が「都市移転構想」(日本に巨大災害が
襲って来るを認める事になる)を、実行する決断が出来るかと言えば、
不可能に近い部分はあると思う。 残念だけれど。

745 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 15:07:27 ID:b+iQIU5A0
>>743
>それは勿論、政府が行うのが正当性がある。

とゆーことはー、日本の政府をどの党が編成するかで変わりますねー。
都市移転プランを掲げて実行すると公約してる政党って何処だと思います?

自民党がやってくれるでしょーか?
民主党ならヤルと思う?
公明党はどでしょうか?
共産党は決断すると思います?
社民党はどう動きますかね?



746 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 15:20:28 ID:b+iQIU5A0
それとも新たに政党を立ち上げるとか。

Neo democratic political party

    "THE Ascend"

とかなんとかいって、新党を立ち上げ、自公民を打ち破って衆議院の過半数を獲得すれば、
ホピの予言や聖書の黙示録に対応できる、都市移転計画を計画実行することが出来るかも。

747 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 16:25:55 ID:n8/Fvtc20
しかし、2012年なのか?は分からないけれども、これから、ホピ予言によれば
人類の意識は薄れ「混沌とした意識に向かう者」が多くなる。
その中に政治家も含まれる。 今の顔ぶれを見ると、多くの者が無能に向かう
かも知れない。

つまり、政治家も含めて、日本にヒトラーの言う「超人の誕生」を待たなければ
新しい日本の構想は実現できない様な気もする。

748 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 16:35:18 ID:n8/Fvtc20
要は政治での「決断力」と思う。
巨大地震、これからのジュセリーノが予言している「疫病での脅威」
それらが発生すれば、政府は「非常事態宣言」が出せる。

その「非常事態宣言の範囲」を、一過性のモノとして取り扱うのではなくて
これからも続いて行く「日本の驚異的な危機」に対する対策をも
含むとの「位置づけ」にすれば、ある程度の「大きな決断」は出来ると思う。

その「大きな決断構想」の中において、「都市分散計画」を宣言したら
良いだけだと思う。

都市を分散すれば、驚異的な疫病の拡大も食い止められる。人口も
極端には減らなくなる。巨大地震が来たとしても完全な都市機能の
破壊は食い止められる。 また、物流が細分化をされて無駄な
流通ルートを整理できる。 更に農産物の供給システムがコンパクト化を
されて、輸送費の軽減、価格の安定、供給能力の均一化なども
行える様になるのかも知れない。

749 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 17:18:23 ID:+c1LFShm0
>>745
頭ほんとうに悪いなぁーー
お前らは。学ばないから頭悪いのだよ。カッコばっかりつけてー

この世を変革できる政党は今は”ない”
ないのだよ。
それを踏まえた上で、どうするか・・自民党も民主党も同じである。
ということで、まず、自民党を次の選挙でこてんぱにする。
自民党に票を入れないということな。民主に固める。

それと同時に、常温核融合を政策としている団体を応援する。独立党とか
その他金のいらぬ世の中を作ろうとしてる人いるだろ。そこを応援する。

援護しながら、自民党をこてんぱにして、次に独立党に政権をとらせる。

しかし、独立党では、ダメだw分かりきってるw。

独立党には、常温核融合をさせて、その後ぽぃと捨てる。

国民主導の政治体制の確立だ。

やっと次の段階へいける。とにかく、常温核融合をするのだ!!

次の選挙で、自民、公明、共産、社民は、潰せ!0議席へ
ヒーヒー言わせるのだ。小泉新党には、絶対入れるなよ。お前ら。

750 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 17:21:41 ID:JcaJQnnp0
共産党に一票だろ。
少なくとも憲法第九条は守ってくれそうだから

751 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 17:37:37 ID:vrYsEXia0
>>749
本当にこの国を愛するなら、
革新政党は残しといたほうが良いと思うよ。

752 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 17:48:48 ID:3pPhqb1m0
2chで論議しても、手のひらで見られてるよ。

どう動くか?は計算済み。フリーエネルギーがあっても潰されちゃうでしょ?
この星では。


753 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 18:17:02 ID:3vqrUYQc0
「与党」「野党」「小泉新党」

三すくみのほうがバランス良くなると思うよ。
「小泉新党」の基盤が弱いゆえに、国民の声が確実に反映されやすい。

自民と民主が大連立したら終了だが…

754 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 18:34:52 ID:RZmWuXnK0
まあ・・・・ 余談話になるとして

月の形( 引力に関係 )での、思考意欲というか? 書き込み意欲の変化は?
という事を気にかけている。 まあ・・感覚的なものからの観察だけれど。

その感覚で分かった事は、全ての人ではないけれども、満月、新月、半月の
2日ごろ前からは、何かを考えようとする意欲が低くなる。だから書き込みも
少なくなる傾向にあるのでは?とする感じがしている。

まあ、書き込みもあるけれども中には、無理に書き込んでいる場合もある様に
見えた。 3、4、5、6日?位は、思考意欲が低くなるかも知れない。
そんな余談話でした。

755 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 19:34:53 ID:8VEwl8smO
常温核融合が成功するのと、
日本共産党が政権を手に入れるのと、
地球規模のアセンションがおきるのとでは
どれが一番実現の可能性があるだろう。

756 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 19:40:49 ID:gPuJv+UH0
これからの時代のポイントの一つに、「本音」で勝負するというもの
があります。
今までは本音と建前を上手く使い分け、また裏工作や根回しといった
ものも巾を利かせていましたが、今後は何事においても、本音での
勝負となってくることでしょう。つまり隠し事がなかなか出来なく
なり、表面化してくるために、表舞台での勝負、真っ向勝負となっ
てくることになるのです。

つまり真なる実力、パワーのある人、日頃から自己研鑚をし、
光を発している人、格の高い人等がリーダーとなってくることで
しょう。これは次ステップへいくためには、当然のことと言えましょう。

今後ますます格差というものは付いてきます。これは致し方ないこ
となのです。 koyo

757 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 19:49:01 ID:MIy//wKUO
協賛が政権とったらアメリカと戦争しかねん

758 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 19:49:23 ID:cwcPvBSS0
ヒトラーの未来予知
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1199775402/l50

※ポール・シフトの研究も面白いかも知れない。

759 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 19:53:22 ID:8GRfOYHJ0
近頃、ポールシフトとやらが重要なキーワードになっている
らしい

760 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 19:54:53 ID:pEXbe5ssO
ポールシフトって何っすか?

761 :731追記:2008/05/01(木) 20:29:43 ID:tVs6h+m10
>>536で月の領域と地球が統合されたと書かれていましたが、
月はさまざまな生体リズムにも関わっていますね。また豊穣の地母神との繋がりも多い。
我々は月面に映し出される地球の影を見ているということからも、無意識との関わりを感じずにはいられません。

>>754
満月と新月の日は月の引力が強まるので精神が昂ぶり、
上弦と下弦の日は月の引力が弱まるので逆に精神が鎮まり、
犯罪や事故もそれに応じた傾向が見られるとの考え方もあるので、
住人の思考もそれに影響されるかもね。

762 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 21:06:20 ID:KzcRloGR0
>>759 ....なるほど。
>>758 の ヒトラーの未来予知 ..に書こうか? こちらに書こうか?と迷ったが
こちらに書く事にした。

まず、地球の構造を知る必要がある。
■地球の構造
 http://133.5.170.64/Museum/Part5/P51/earth_struct.htm

その構造を見ると、一番中心の内核は「主として鉄」とある。
そのから地殻(表面)に向かっては、流動性の物質で満たされている。
下部マントル、上部マントル・・岩石と書かれているが、火山噴火でマグマが
上がって来ることからして、地殻の下は流動的な性質を持っているとしても良いと思う。

つまり、我々が住む地殻は、内部の下部マントル、上部マントルとは別に
地殻の下は流動性の物質なので、地球の内部とは別に、地殻だけがズルッ!と
内部よりズレル事も可能になる。 そのズレが、ポール・シフトの一面で
あると思う。※地軸の傾きとは別の変化として見る事が出来る。

ではなぜ? 地球の内部と地殻という表面部分がズレルのか?
それは外的な力の作用とするのが一番考え易い。 つまり、月の引力だけでも
海水は持ち上げられる。 引力という外的な力が作用をする為に。

※長いので次に→

763 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 21:10:49 ID:1oZa5EMy0
最近何もなくても座ってると一日に5回くらい
幸せの発作みたいのが来て、クサイけど今を生きてる幸せが
体の芯から沸き上がり嬉しさに身震いを起こしながら頭に突き抜けて
みんなを愛したい、全てを良くしたいみたいな
そんな感覚と活力に襲われる。

よく言う高次元の愛だとかなんとかってこれを凄くした感じなのかな

764 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 21:13:11 ID:KzcRloGR0
>>762 の続き→

それを頭に置いておいて、古代予言には終末の時は、火山噴火の多発、地震の多発の
記述がある。火山噴火、地震の多さ=それは、内部の流動物質が高温化をして
現在よりも更にドロドロとして流れ易くなっている事を意味する。
内部がドロドロであれば、火山の噴火は起きやすい。更に内部と地殻という表面のズレは
起きやすくなる。 その様に内部の流動物質が現在よりも更にドロドロになる状況を生む
原因とは?....考えると地球内部の高温化。太陽も現在、高温化に向かっているとの事。

その様に地球、太陽、太陽系の惑星の高温化が進む原因は、宇宙からの高エネルギーが
作用し始めている以外に原因はないと思いたい。 更に、その様に地球内部が
高温化して流動物質が凄いドロドロ状態である時に、月の引力の様な外的な
影響を持つもの=地球の地殻をズラス程の引力を持つ惑星の接近が考えられる。

だから、地球内部の高温化により内部の流動性が高くなっている時に、地球に
引力の強い惑星が接近して来ると仮定をすれば、ポール・シフトの一つの現象=
地殻の移動が起きる可能性があると言える。 極端な例では、日本が熱帯地域にも、
極寒地域にも簡単に移動をしてしまう可能性もある。

■ だから、太陽、地球、太陽系の惑星が高温化に向かっている以上、
 地球内部は高温化をして、内部の流動性は高くなる。 そして、引力の強い
 惑星が接近をして来て、その引力に地殻が引っ張られて移動をするのだと思う。
 地殻を移動さす位の引力だから、当然に海水の高さは異常な高さになって、
 津波として襲って来るのだと思うな。 その様に地殻の移動と大津波、そして
 同時に、巨大火山噴火、巨大地震も起きて、新たな地図の配置に大陸は
 動くと推理できるな。 これは・・・・・。

765 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 21:31:00 ID:VHTzD1ZAO
>>763

わかる!わかるよ!すごいわかる!
私もなんだ!クサイようだけど、愛している!ってすごく叫びたくなるときがあった!最近。

自分おかしいのかな、なんか極限状態なのかな?とか体調が悪いのかな…とか思っていたんだけど、あなたの言ってるのとほとんど同じような気持ちなんだ。

誰を?っていうとよくわからない。
なんだけど、なんだか自分の内部から、むしろそこを越えてどこからかまったくわからないんだけど、愛が溢れて身が持たないくらい爆発しそうになるときがあるんだ。

なんだろうね、これ。

とにかく、憎しみを空に向けて放つより、愛みたいな、なんだか愛おしいような気持ちを投げたほうが自分にもそれが降り注ぐんだろうから、よくわからないけど泣きそうになりながらなにか祈ってるよ。

あなたと話してみたいな。

愛って何だろうね。
性欲とも違うんだよね…なにこれ。

なんかよくわからないけど、あなたのこともとても好きだ!

興奮気味で…きもかったらごめんなさい。

766 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 21:37:52 ID:JcaJQnnp0
このスレ、アセンドしつつあるなぁ

767 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 21:38:30 ID:BtOhVL3S0
きもいとは言わん。
だから少し落ち着け。w

768 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 21:40:11 ID:h7j4oiwHO
>>731
度重なるアセンドの失敗は闇の側を排除してきた結果だと聞かされていました。
ヨハネ黙示録は光の側の主導によるプログラムであるため、闇の側の干渉は排除されていますが、
現在では、その干渉を受けることになったのでプログラムに変更が生じたのでしょうね。
ここの時間軸では光と闇の双方が揃うことで、完璧な形でのアセンドを成し遂げようとしているようです。
グノーシスの教義は闇の側の視点から記されたものだそうですが、
キリスト教会がそれを排除したことで真実は歪められ、
本来のキリストとルシファーの本質をも歪められたのだと思います。
でも今となってはこれも過去のことですね。笑

宇宙はそうですね。私も同じように見ています。
私なりの説明をしますと、まず渦巻きを想像してみてください。
いちばん外側のラインに人類がいて、これをミクロのウロボロスの円環とします。
これは進化の時がくると噛んだ尾を離して、ひとつ内側のラインの尾に噛みつきます。
これが全てのラインに起きることで全体のラインが渦巻きの中心である主へと近づくのです。
ラインは中心に近づくにつれて間隔を狭くしますが、
いちばん奥は中心になることはなく作用は縦方向に伸びて外側のラインに繋がっています。
この宇宙全体がマクロのウロボロスの円環というわけです。

その時期に貴方が転換を感じたのであれば、たぶんその意識の流れに乗っているのだと思いますが。。
ウエサク祭りは知らなかったので調べてみたら。。だからまあそういうことですね。笑

769 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 21:41:02 ID:vUYMAByY0
俺がネット上のあらゆるオカルト系の知ってる中で、
最もアセンドしてるのがここ。

時々ついていけないんだ。

770 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 21:41:47 ID:BtOhVL3S0
「アセンド」を日本語で言うと「いっちゃってる」

771 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 21:44:45 ID:QTLXegzUO
うんこばーか

772 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 21:46:41 ID:VHTzD1ZAO
>>767
ごめん…w

>>763
みてるかなぁ。


芸能人だと、榎木孝明はどうでしょう…
なんかあの人の考え方自分とすごく近いところがあって驚いた。それまでは知らなかったんだけど、
あの人はなんだか生き残る感じがしたなあ。

無責任発言ですが。どうでしょう、じゃねーよ自分!

みんな一緒にアセンションを乗り越えられたらいいのに…。
好きな人もきらいなひともみんな。
このままでは別れていくんだろうな…。

773 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 21:57:07 ID:y+g/nlkn0
シルバーバーチ霊言によるとアセンションなんて無いと思うんだけど…
アセンション信じてる人ってシルバーバーチ霊言についてどう思ってるんですか?


>>763
まぁ人間の本質は霊ですからね。


774 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 21:58:36 ID:h7j4oiwHO
>>761
月の作用の外的な働きかけが、その時から地球と人類の内的なものに変わっていますね。
浄化力を自分のものとしています。
自浄作用によって様々な出来事が現実面で起きている。
体調不良や病気になりやすく、犯罪なども頻発するのはそのためだと思います。
無意識にあったものが表面に現れやすくなっているのでしょう。

775 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 22:01:36 ID:BtOhVL3S0
>>773
シルバーバーチは全部読んだけど、はっきりと最後の審判の類を否定してるね。
霊団の活動が活発になり、霊的なことに敏感になる人は増えるとは言ってるけど、
ハルマゲドンだの、人類滅亡だのは完全否定してる。
また、個人個人の意識的活動による霊的進化を強く訴えてるので、
アセンション2012年説にみられる、せーので全員アセンションは否定されるだろうね。

776 :773 :2008/05/01(木) 22:09:37 ID:y+g/nlkn0
やっぱりそうですよね…。
アセンションってあったら良いんだけどね。

シルバーバーチ霊にアセンションについて、
聞けるものなら聞いてみたいなぁ…。

777 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 22:12:14 ID:BtOhVL3S0
>>776
努力と根性と試練がモットーのシルバーバーチですからねえ。
人は苦しむために生まれてきた、魂を磨くため人生の苦悩を味わうべし。
こういう発想だと、アセンションで修行終わりってのはないと思うが。(^−^;

778 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 22:24:03 ID:BtOhVL3S0
アセンションするとかはじめに言い出したのって、誰なんだろうね?
セス?

779 :773 :2008/05/01(木) 22:24:39 ID:y+g/nlkn0
シルバーバーチを知ってから、毎日、希望と疑念が混じり合ってるって感じ、時にしみじみとした幸福感に包まれたり、あぁもう死にたいと思ったり。

アセンションなんて都合のいいモノって無いんだろうなぁ。



780 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 22:29:21 ID:h7j4oiwHO
どれほど進化した存在でも、その存在のいる場所からの視点でしか世界を見ることができません。
だから情報とは、その存在の視点に限定されるわけです。
霊界層にいる存在が霊界について語るのと、霊界層のひとつ上の層にいる存在が霊界について語るのとでは、
視点が違うため、その情報の内容も違ってくるのです。
その情報がどこの場所から、どんな存在によってくるのか見極められればいいのですけどね。

781 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 22:37:02 ID:BtOhVL3S0
>>779
まあ、シルバーバーチのみが正しい訳じゃないので、その他の著作を読んでみるのも良いかも。
個人的にはエンリケ・バリオスの「アミ 小さな宇宙人」がお勧めですな。
子供向けのおとぎ話の話を装いながら、かなり深いことが描かれております。
http://www.amazon.co.jp/dp/4198612706

シルバーバーチのように、マゾヒスティックに現世の苦悩を肯定するのではなく、
愛と喜びと楽しさの中で生きていきましょう、苦しみを捨てましょう、ちゅうスタンスだから。
アミのおとぎ話っぽいのを抜き、バリオスの考えのエッセンスを集めたのが「魔法の学校」。
http://www.amazon.co.jp/dp/4198620032

この方がむしろ読みやすいって人もいるかも。
共通してるのは、人が苦痛や苦悩で魂を磨くのは一時的な段階であり、
それを超えると苦痛なし愛する喜びの中で魂を磨いていけるようになる、ってことかな。


782 :773:2008/05/01(木) 22:37:27 ID:y+g/nlkn0
>>778
ニューエイジは詳しくないからなぁ自分、
誰が言い始めたんでしょうね。

>>780
最近のニューエイジやチャネリングって
何処まで検証や研究がされてるんでしょうね?
さにわ役とかいるんですかね?

アセンションって素敵だけど、今の自分の知識の中では
色々矛盾するんだよね。



783 :773:2008/05/01(木) 22:40:51 ID:y+g/nlkn0
>>781
わ、いろいろありがとうございます。
参考にしてみようかな。

784 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 22:44:13 ID:oQd7rm4w0
>>782
何が矛盾するのか言ってみてほしいな?

785 :773:2008/05/01(木) 22:49:04 ID:y+g/nlkn0
>>748
すんません、今日は寝させてもらいます。
本当は色々聞きたいですけど…。

786 :773:2008/05/01(木) 22:50:07 ID:y+g/nlkn0
また間違えた…。



787 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 23:14:04 ID:h7j4oiwHO
>>782
カテゴライズされるものではないから検証や研究は難しいでしょう。
アセンド最初に言い始めたのはキリストかな?
古い伝承や神話などにもありそうですね。

788 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 23:17:29 ID:BtOhVL3S0
昨今のアセンションブームという意味での始まりは、どっかのチャネラーからだとは思うが。
で、フォトンベルトがアセンションを盛り上げたって感じかな。


789 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 23:25:27 ID:3pPhqb1m0
苦しみや悲しみがないっていうのは、ちょっとあり得ない世界だよね。
理想だけど、実際それだと逆に喜びの感覚が希薄になりそうで。

進化したら進化しただけの別の苦しみや悲しみが待っていると思う。


790 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 23:51:44 ID:/uknI0Bl0
まあ・・、今夜は材料だけを置いておこう。 ホピ予言を投稿したけれども、
No.1..の中に、No.2 No.3 が有るのに気が付かなかった。

No.3..には、これから「生き残る知恵」が書かれていた。しかし、物質文明の
世界に住み、今は何でもお金で買える時代。備蓄という意識を持つのは難しい。
また、どれ位の量を備蓄できるだろうか?
ホピは「生き残る知恵」を教えているが、現代の日本でそれを実践するのに
難しい部分もある事は確かと思う。 一応→

これから起きる予言....ホピ予言  No.1
http://hyla.jp/future.htm
-------------------------------

いにしえよりの警告
http://hyla.jp/warn.htm

■ホピの生き残るための智恵
-大地との調和と生命への祝福-
 http://hyla.jp/guide.htm
---------------------

791 :本当にあった怖い名無し:2008/05/01(木) 23:56:51 ID:/uknI0Bl0
>>790 の ホピ予言のNo.3 には次の様に書かれている。

ホピの生き残るための智恵

1.箱船に乗ったら、創造主とマサウウに、あなた自身の誓約を立てなさい。
  あなたは特定の宗教に加わる必要さえない。 神聖なる創造主を信じるだけで充分。
  このメッセージは、永遠がどうこうとか、来世はどうとかいう類のものではない。
  ただひとつ「生き残り」のためのものなのだ。

2.質素に生きよ。マサウウがそうするように。物質文明に溺れてしまってはならない。
3.自制しなさい。
4.■自給自足しなさい。
   ひとりひとりが、来るべき山を越えるための準備をせよ。
   準備してしすぎることはない。 それが長きにわたるかも知れないからだ。
   ■都会に住んでいる者は、もし明日、全ての食料供給が絶たれたらどうするのか、
    考えておかねばならない。

    我々も予言にあるような災害に襲われた時に備え、家族が生き延るために
    ■充分の腐らない食物を備蓄しておかねばならない。

5.優先すべきものを、見直せ。注意深く選ぶのだ。
6.創造主の願いは、我々を救うことにある。ホピと共に世界を救おう。
7.心で思うことは、それを実行することと同じだと思え。

  ■何かすることを頭に思い浮かべるのは、それを実際に行動におこすより
   重要な意味を持つこともあるのだ。

8.命を尊重し、環境を神聖なものと考えよ。
 

792 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 00:05:39 ID:jiNzTFmF0
>>789
いや、有りえる世界でしょう!
進化した存在の世界は、宇宙の多くの真理を学んでいくために努力を惜しまないで
いるんだと思う。だから、研究、開発をすればそれなりの達成感はあると思います。
宇宙を多く深く知れば、喜びもそれなりに大きいでしょう。それが神の理解にさらに近づく
ということでもあるし。


793 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 00:12:39 ID:XJ0RGW4l0
>>768 774
完璧な形のアセンドですか、そりゃいいですね。
どんな形となって現れるのかこれから楽しみです。
まあそんな確執した対立構図があればこそ、和解へと向かうエンディングには花を添えられるというわけでw

まさに端と端が繋がった電話コードです。自分はそこから着想を得ているので。

自分は導管が切られている人間だと思うので、霊感だとかそういう類のは分からないんですよね。
ただ転換を機に拾い集めた種々雑多な情報を直感で繋げて、認識を広げていった結果、
そこから読み取れる傾向から、どうもそちらの意識の系統が作用しているとは自分でも感じてはいるのです。

実は先月の新月に自分も月の内的な浄化作用を身をもって経験するようなことがありまして、
嫌な思いはしましたが、執着していたものを断ち切ることができ結果オーライなできごとでした。

794 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 00:18:15 ID:56HvKp630
何だかもう永久ループですな。
一年以上前から同じところをグルグルと。
それとも住民がどんどん入れ替わってるから
同じ話を延々としてるようにみえるんかね?

795 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 00:18:20 ID:1mspFLfK0
>>789
たしかに、自分にはちょっとイメージし難い類の犯罪が起きたりすると
「こんなこと世界に必要なんだろうか?」と思えたりする

アップルコンピュータの創業者?ウォズニアックの言葉で
「苦悩のない人生が果たして幸せだろうか」というような
ことを言ったらしい
聞く側にある程度の人生経験が必要だけれど、
深い言葉だと思う

>進化したら進化しただけの別の苦しみや悲しみが待っていると思う。
苦楽、悲喜、善悪等の振れ幅が大きくなっていくということでしょうかね

796 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 00:21:53 ID:AIU1khif0
>>791 の中のホピの予言には、今からでも実践可能なものもある。
それらから直ぐに実践をして行く必要があるのだろうと思う。

1.箱船に乗ったら、創造主とマサウウに、あなた自身の誓約を立てなさい。
  ※これは説明にもある様に、難しいものではなく、「信じる者は救われるを
   強く信じなさい」という事だろうと思う。

3.自制しなさい。
  ※これも実践をしやすい。 足るを知り、無駄使いをせずに質素に生きなさい。
   欲は生活、自分も破壊をするから、足りる範囲で生活をしなさいと
   いう事だろうと思う。

4.■自給自足しなさい。
  ※これが一番難しい。 我々は今、公共システムから与えられる便利性で生きている。
   電気、ガス、水道、トイレでさえも、食料品もお金で買うシステム。
   農地はない。生活をする資金を得る環境を捨てにくい。公共性のシステムに
   全てを依存している生活環境から抜け出すのは難しい。
   だからこの教えが一番難しい。

5.優先すべきものを、見直せ。注意深く選ぶのだ。
  ※これは意識の変化を強く願う事により、意識が変化をすれば可能。

7.心で思うことは、それを実行することと同じだと思え。
  ※これも、良い意識を創ろうと願えば、可能になる。

797 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 00:22:18 ID:56HvKp630
上でウロボロスがどうこう言ってる連中がいたけど
このスレ自体がウロボロス化してるよ。
マジでw

798 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 00:23:10 ID:Qz/4jUCk0
人によりけりだろうけどこの世の最大の苦しみってなんだろうな…


799 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 00:30:51 ID:H1Hqlaqn0
>>797
そりゃお前みたいに1年以上も前からこんなスレにはり付いてる奴なんて
そうそう居ないだろうからループくらいするだろうなw

800 :30 ◆RPG8JNHiII :2008/05/02(金) 00:35:25 ID:9NGDb71H0
俺は、マヤ暦やフォトンベルト云々も含めて
2012年12月23日にタイムマシンが発明されるというか
時間の行き来が可能になると思う。それも一般的に

しかし、そうなるとすべてが停止することになる
文化も科学も向上心も
逆に劣等感もイジメも失敗もなくなるわけだ
これが次の次元に移るってことじゃないかな?

801 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 00:40:16 ID:DwbyYuTo0
>>798
自分は「愛しいもの」がいなくなることかな。

自給自足は日本国内でも、これから急速に進むでしょう。
お米はおいしいし、やっぱり国内の野菜や肉は味が違う!
最近はなるべく不必要なものは買わずに、そっちにお金を使ってる。


802 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 00:40:38 ID:1mspFLfK0
>>798

ん〜・・・やっぱ絶望して自ら命を絶とうとすることかな
前のスレにもあったけど、陰極まって陽に通じる
ピンチは最大のチャンス
苦悩を突き抜け、歓喜に至れ!
・・・って感じで、自殺を考えてしまっている人たちは
なんとかその一時、その一日を耐え忍んでほしい
他人事だと思って軽薄なこといいやがって・・・と思わないでほしい
オジサンも以前は結構、苦労してたんだよw

803 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 00:42:27 ID:U6A+5BaB0
>>795
>アップルコンピュータの創業者?ウォズニアックの言葉で「苦悩のない人生が果たして
幸せだろうか」というようなことを言ったらしい。

そんなこと言っていた?
彼は前途ある若者に、私は自分好きな道を脇目もしないで歩いてきた。そうしたらいつのまにか
今の立場にいた。だから君たちも好きな道を選んで進んでいきなさい。とか、そういう話を
していたように覚えている。

804 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 00:44:31 ID:1mspFLfK0
>>802 ×スレ→〇レス
最近なんか認知症チックだな・・・私はディセンションしてしまうのか
およよ

805 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 00:46:16 ID:v3TkVs4u0
>>788
火付け役はバシャールだと思う
始めに読んだ時はいい本だな。程度の感想だったけど
色々アセ本読んだ後に読むとその奥深さに感服する

806 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 00:46:20 ID:T3G/rDKU0
>>798
また、難しい問題を考えたな。
この世界には、数億人という人々が悲しみ、苦しみ、痛みを感じている。
最大の苦しみと限定すれば、他の数億人の苦しみを忘れる事になると思う。

しいて言えば、愛する者の命を失った人なのかも知れない。
生きているけれども、命の消える時間を知っている人かも知れない。

イラクやアフリカ、先進国でも、日本でも、愛する人の命を失う人は多くいる。
今でも自殺者は多い。 死ぬかも知れないと感じていても、助けられないと
知る時には苦しむだろう。 どの苦しみが一番。 最大の苦しみなどと
分ける事は出来ないと思う。 苦しみに上下はなく、どれも等しい苦しみと思うが・・。

807 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 00:47:59 ID:U6A+5BaB0
>>800
前半は幾らか当たっているが、後半はぜんぜんダメ。

808 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 00:58:13 ID:ZRlnR77x0
アセンション教徒は増大していく。

809 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 01:18:47 ID:vliX/tYWO
で、結局いまから何すればアセンションできるんだよ。
どいつもこいつも抽象的で困るわ
だれか具体的に教えてくれ

810 :30 ◆RPG8JNHiII :2008/05/02(金) 01:18:54 ID:9NGDb71H0
>>807
まぁ、いろいろってことで

というか、前半と後半は切り離せないと思う
前半はただのオカルトな終末思想の妄想だけど
もし、時間の行き来が自由に出来るようになるとしたら
後半のようになってしまうと思う

俺はタイムマシンというより
人間自体が時間を移動できるようになるんじゃないかと思う
つまり、3次元が4次元に昇格するってこと
現に、2次元は既に3次元に昇格してる節がある

811 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 01:27:56 ID:1mspFLfK0
>>803
以前読んだコンピュータ関連の本で、そういう主旨のことが
書かれていた。いわば又聞きなんで、違ってたらゴメンね
ただ、あなたの挙げた氏の言葉と私の挙げたものとは
相容れないということはないと思う


812 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 01:30:42 ID:Lqr69uC9O
>>808
それちょっと自分も思う
金のかからない宗教

健康体になり浪費なくなり心穏やかに
イイコトずくめ風味w

813 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 01:42:20 ID:+LncHEKBO
想像でしかないんだけど、睡眠時間と体験する空間を操作する技術くらいは
生きてる間に出来そうな気がする。
夢が4次元以上の世界である事が認知されればそれはタイムマシンと言っても差し支え無いとも。

814 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 01:43:23 ID:JlU58BdD0
>>810
進化というのはきちんとしたレールの上を辿っていくものだよ。
先が見えたって飛び越えていくわけにはいかない。
一つづつ学んで行き、ひとつ飛び越えて学んだ途端に頓挫してしまう。
未来は現時点で見るもの。未来のある時点で見るとまた違っている。

815 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 01:46:30 ID:JlU58BdD0
タイムマシンは人が直接送り込まれる装置。体外離脱は意識のみ。夢は体外離脱である。

816 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 01:50:51 ID:+19VX+hMO
>>815
横レスすまんが
夢は体外離脱と言うが、夢がめちゃくちゃなのは何故?

体外離脱なら普通の光景が見えても良いはずたけど。

817 :30 ◆RPG8JNHiII :2008/05/02(金) 01:51:51 ID:9NGDb71H0
>>814
kwsk

時間が壊れるってことは
進化も壊れることだと俺は思う
規則として進化といえるのは
次元の変化?ということになるかな

一般的に四次元=たて×よこ×おくゆき×じかん
って言われてるし

818 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 01:56:13 ID:0H166qWXO
>>804
およよってwナツカシスww

819 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 01:56:51 ID:5fprppUu0
>>816
睡眠中は脳を管理している幽体が抜け出るから、脳細胞が脈絡の無い
ばらばらな映像を吐き出すためらしい。
でも幽体離脱の時の記憶も含まれるから、よけい支離滅裂になるらしいよ。

820 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 01:58:59 ID:HDPMGasr0
だから、時空の壁というか、処女幕というか、一種のバリアーに
2012年頃、地球は突入するんよ。

処女・・・準備の出来てない人・・・痛いわけw
破れ膜のひと・・・準備が出来てる経験者・・・妊娠する・・・新しい次元に行けるかも

、、、ということらしいのだが、、、

821 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 02:00:38 ID:+19VX+hMO
>>819
なるほど
しかし、中には前世の記憶なるものを思い出す人もいるけど

こういう人たちはどうなの?
聞いてばかりでごめんなさい。

822 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 02:01:34 ID:qf++L/b+0
>>816
それはまだ正しい情報が入っていないし、よく考えていない。
ただ、寝るということは魂が肉体を窮屈に思っていて離れることらしい。
だから夢も体外離脱というわけ。
ただ、魂の経験することは現象世界の肉体が経験することとはぜんぜん違う。
あらゆる好きなことができるんだろう。

たぶん、それだからあっちいったり、こっちいったりの、めちゃくちゃなんだろう。
 自分の夢の経験からだけど、自分で好きなようにいろいろ変えている節がある。

823 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 02:04:09 ID:5fprppUu0
>>821
幽体離脱の時の記憶の分が多い人じゃないかなぁと。
幽体のバイブレーションが高い人ほど、そういう記憶を思い出すらしいですね。
自分もまだ勉強中なので詳しくはわかりませんが・・・

824 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 02:12:27 ID:HDPMGasr0
自分の考えではこうなるね。
睡眠中は幽体や霊体が肉体からずれることが多いわけ。
連結部分がゆるくなるようです。
であるから霊的な機能が目覚めやすいしさまざまなインスピレーションが生じるでしょうね。
当然、前世の情報も出てくるでしょうし、
科学や哲学的な疑問に答える情報もあると思う。
ただ、覚醒時に記憶した多くの情報も脳にあるので、その霊的情報は
普通は脳の中途半端な働きと混合し、撹乱されてしまい、ごちゃごちゃな夢として記憶されることが多い。

時として理路整然とした前世の記憶みたいなのが出てくる人もいるが
そういうのはかなり少ないので、ラッキーな人と言えそう。

825 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 02:14:36 ID:5fprppUu0
>>824
おお、わかりやすい。thx

826 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 02:22:29 ID:HDPMGasr0
霊体と幽体の連結具合、また幽体と肉体の連結状態は人によって異なる。
だから、睡眠中の霊的体験も多い人と少ない人が出てくる。
そして、心霊的遠隔治療が効きやすいか否かも、其の連結状態によって
異なると言われています。(相性もあるようだが。)
この状態は同じ人でも年齢によって違って来るようです。
子供のときは霊感的な夢をよく見たけど、大人になったらぜんぜん見なくなったという人も
けっこういるでしょう。まー、そういうことなんです。

827 :黄電改:2008/05/02(金) 02:56:27 ID:2A6UoJbw0
こちらで伺うのが良さそうなので。

☆木花咲耶姫様からの神示☆
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1207281821/l50

↑の様に専用スレもありますが、この「木花咲耶姫様からの神示」というブログは
アセンション系と考えてよろしいと思います?

828 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 03:22:22 ID:H1Hqlaqn0
tp://sankei.jp.msn.com/economy/it/080412/its0804121306001-n1.htm
なんか電脳化や電脳メガネがそう遠くない気がしちゃうぜ。
アカシックレコードに人為的、機械的にアクセスとかも
いずれ出来るようになったりしてwktk

829 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 03:50:28 ID:/Xs9vGgx0
このごろ眠りに落ちる瞬間と夢から覚める瞬間の、微妙な意識常態を観察できるようになってきた。
夢の中で当たり前のように繋がっていた物事の「意味」が、現実世界にはうまく存在しないため、
認識論的な中継網が寸断される事に気づきました。そして夢の内容は変質していってしまいます。

そして明晰夢では、夢の内容と現実世界の意味が継続してるのです。・・・だから何?っていうひとり突っ込み。

830 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 07:56:30 ID:VbNaqM0m0
ある年をもってアセッションが行われることはないだろ。
惑星の歴史は数十万年から数百万年単位で変化しているので地球も
これからゆっくりと物理的レベルからアストラルレベルへ移行するはず。
したがって2012年に、はい変わりましたというのは荒唐無稽な話。
惑星は4つの時代を経て進化するが現在はカリ・ユガの時代でありその
期間は43万年。残り42万年は残っているので、いかに歴史がながい
か分かるだろう。カリ・ユガを過ぎると黄金時代がくるがそれは100万年
以上つづく。このように時間をかけて惑星が進化しているのである1年を
もって変化が起こるような話はありえないのです。

831 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 10:49:22 ID:8N/G2e5B0
>>828
プレアデス人はアカシックレコードを
TVモニターに映す装置を持ってるようだぞ
ビリー・○イヤーの本で見たが

832 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 11:29:00 ID:z9Z535xY0
【多幸】タコウ[英]euphoria

広義には,機嫌が良く快適な気分の高揚状態を総称して多幸といえるのであり,
健康状態や通常の酩酊状態,また躁状態での上機嫌も含められる。
狭義には「多幸症」と訳すこともあり,器質性脳疾患(老年期痴呆,前頭葉腫瘍,
多発性硬化症など)や薬物中毒(アルコール,覚醒剤,モルヒネなど)でみられる
特殊な爽快気分のことで,内容がなく空虚で現実と遊離しており,落ち着きなく
興奮したり,逆に自発性が低下したり,人格変化や知能障害を伴ったりしうる。

【多幸薬】タコウヤク[英]euphoriant, euphoretic[同義語]陶酔薬

精神医学的に異常な,誇張された,現実的根拠のない幸福感をもたらす薬物。
モルヒネやコカインなどの麻薬がこれに属し,依存性および耽溺性を伴う。
臨床的には鎮痛薬や局所麻酔薬として用いられている。

(今日の診療 (C) 医学書院)


833 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 11:40:05 ID:z9Z535xY0
去年秋に『超能力板』というのができてたのを、一昨日まで知らなかったw

そこで見つけたスレ
2012年ポール・シフト(地球自転軸移動、北極・南極ズレ転移)の原因は
もしかするとジュネーブCERNのLHCによる人為的ミス→空間曲率と公転軌道変異なものかも
っていう、ちょっと怖い書込みを見つけた(単なるネタかもしれないけど)

超能力板 2008年の予知予言
http://etc7.2ch.net/test/read.cgi/esp/1197480410/93-


834 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 12:40:56 ID:5403bdcpQ
【ナノテク】フェムト秒レーザーで立体的で複雑な光回路をガラス内部に作る技術を開発=京大
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1208181824/


なんかスレ内ではクリスタルって単語が出てきてる
リアルFFやアトランティステクノロジーが再現されるのか?

835 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 12:56:51 ID:xhuRgoQiO
>>793
創世に関わったものたちがすべて揃ったようなので、
偏った形でのアセンドにはならないと思いますよ。
実際そうなっていますし、この先どうなるかは予測できませんが、
完璧な形でのアセンドを私は望んでいますね。
楽しみと不安の半々かな。

そういえば、あなたに似た人が知人にいましたよ。
私はそちら側ではなく対となる場所にいる者です。
このような場所でこうして話しているのも何かの縁かもしれないですね。笑
いまは月の浄化作用とともに宇宙の中心からの光も強くなってるので、
それに触発されて浄化力もより強まるみたいです。
ゆえに気象の変動や地震なども頻発するかもです。

836 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 13:04:42 ID:dFKJd11j0
月の浄化作用は知らないなぁ。
月の位置による(満月や新月)地球磁気の変化によつて人類に影響がある話は知っている。
磁気の増減が大きく関わっているらしい。


837 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 13:12:05 ID:B0v+hiKp0
>>738
もし、麻薬が合法化したらー水道局が飲料水に麻薬を添加するようになると思うよ。
これで「考える力」は薄れていくよね。でもーその高い依存性を制御出来れば見返りに
高い集中力を得られると思う。それが超人になるための最初の条件なんじゃないかな?
麻薬じゃなくたっていいさ。「恐怖」で集中力を高めれば超人になれる。

中国人は決して知能指数は高くない。なのに、なぜ海外の一流大学にいるか分かるか?
それは恐怖で能力を引き出しているからだよ。

838 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 13:19:51 ID:NDoxG5ul0
>>887
その恐怖で能力を発揮した結果があれじゃぁな。
使い物にならない証拠じゃないかw

839 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 13:20:54 ID:HDPMGasr0
まだまだ、サイババは活動してるようだ。
最近の動画見れます

http://www.saicast.org/festivals2007.htm#071227US

840 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 13:21:24 ID:EwGAmCOJ0
特亜の皆さんには能力以前にモラルを身につけて欲しい。


841 :ホペータにチュウ星人 ◆l9nKp336/U :2008/05/02(金) 13:26:26 ID:++/oH7iiO
漏れが昔1984、5、6年頃?に20〜30秒くらい見た
今にして思えばあれがアカシックレコードだったのかな?と思うページは
3000年くらい先まで書かれてあったのだけど

実際に密に書かれてあったのって
2050年までだったからなぁ。
(* ・∀・)

842 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 13:31:57 ID:xhuRgoQiO
>>836
たぶん太陽の光が月に反射することで浄化作用が働くのだと思います。
月の光が人の無意識を照らすからです。
無意識にあるものが表面化して
意識的にそれを解決しようとする体験が増えるかもしれないですね。

843 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 13:40:07 ID:I1G233av0
いや、中国人の海外留学に関しては、協定とかが大きいのではないかな。
国立大学などには、一定の人数を留学生で迎えることが要求されるよ。
とくに大学院になるけど、留学生の場合、入試はあってもないようなものだから。

それに中国の場合、推薦状をつけてくるのだけど、
この推薦状と向こうでの成績がまたあてにならないのだそうで、
そのことは私の指導教授もごねてましたから。
留学生に都合の良いように、むこうの大学でチョコチョコと書き換えてしまうみたい。
ちょっと前の話だけどね。基本は変わってないでしょう。
融通が利くといえば利くのだけれど、本当に優秀かどうかわからずに留学してきてしまう。
だから、東大の院生だろうが、留学生の場合はとくに優秀かどうかは別問題。
日本人ですら、教授間のコネや研究室間のやりとりで押し込まれてしまうことがあるんだからね。
押してはかるべきでしょう。

ただし、大きな国であり、人数も多いので、優秀な人がそれなりにいるのも事実ですので
中国人は元々能力が低いのに無理して恐怖で能力を高めているなどと決めつけるものではないと思います。

844 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 14:57:41 ID:XJ0RGW4l0
>>833,834
自分もCERNの実験や情報技術革新、太陽活動の活発化、地球の地磁気減少等のファクターには注目しています。

>>835
私もそれを望むところですが、まだまだ先は読めませんね。
はっきりと現象に顕在化している段階ではないですし、
現在が対立の歴史の延長上にあるだけにやはり不安は否めません。
その上でこういった調整の場が設けられているとは思います。

気になりますね〜その人。
私もあなたには縁を感じていますよ。
よっぽどのことが無い限り、書き込みしませんし、
話が通じていること自体ミラクルですわw

地の龍さんもいよいよお目覚めですかね。
ツチノコが見つかった!と先日タブロイド一面に報道されたこともありますしw

845 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 15:37:56 ID:PrMPbJoo0
>>883 の紹介のhttpの中に こんなものが合った→
94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/07(金) 23:29:54 ID:AG3XQiZZ
>・・93
スイスの実験でとんでもないことが起こって、
地球の軌道がずれて、、、、、
悲惨でした。

 -------------------------------
※そのスイスの実験の記事は気に掛かっていた。 そして、誇大妄想が出た。
 誇大妄想なので、その実験が開始されるまで投稿しないつもりでいた。
 また、誇大妄想なので 信じない様に♪

その誇大妄想しは? → ヒトラー予言の中に、将来 同じこの時、この時刻に
大戦を考え出す者が現れる。しかし、私(ヒトラーにのり移った者・あいつ)が、
「そうはさせない」と言ったという。

それはどの様な方法で、大戦を起こさせない様にするのか?
今の世界には、色々な考え、色々な言葉が溢れている。フロパガンダにより、
言葉で世界の意識を大戦に向かわせない様にするのか? しかし、今の世界には
すでにイラクや パレスチナの様に戦争状態とも言える状況がある。 とすると
「言葉で第三次大戦」を止めさせる事は無理だと思う。 言葉ではない方法。
それは、強制的な物理的なショックを世界に与えて、大戦よりも先に、
「地球の事を考えないと、地球は本当に破壊をするぞ!」という警告の意味で、
その「物理的なショック療法」としてのその実験ではないのだろうかと、妄想をした。

つまり、その実験で地球に劇的な異変が現れて、世界はその激変な状態を修復
しようと考え始めるのでは、ないだろうか?と考えた。 それが、ヒトラーに
「のり移った・あいつ」の策なのかも知れないと・・・・・・。

846 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 15:51:26 ID:PrMPbJoo0
>>843
中国を悪く言うつもりはないけれども。
確かにどこの国でも良い人、悪い人はいる。日本でも。

しかし、中国の人口はあの凄い数だ。 良い人が多くいて、その凄い数の人民の
意識を良い方向に導こうとしても無理だ。 良い人が人民の意識を良い方向に
導く事が出来たとしたらすでに、中国は今とは違う国になっていたはず。

聖火リレー、フランス製品のボイコット運動などで見られる「愛国運動」流れ。
その愛国運動に潜む=民族主義の意識の強さ。 その意識の方向の行方は不安定。
中国国内の情勢の変化によって、どの方向に向かうのか?が全く予測できない
「意識の薄さ」が問題と思う。 中国の現在の若者の多くがネットをして、
ネット人口は2億2000万人。 その中の多くの者は、中国は大陸。愛国で状況では
他国と戦争をしても良いとする意識の者が、多いという。

つまり、中国に幾ら良い人がいても、意識の低い「愛国心・意識」の数に
圧倒をされて、一度 中国が戦争を望む意識に向かえば、その流れは止められない
可能性が非常に高い。 だから中国とは、ある距離を置いて、中国というものを
考える必要があると思うのだが・・・・・。

847 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 16:02:35 ID:8N/G2e5B0
予言者ジュセリーノ氏は「2007年度中に温暖化を阻止しないと人類は5年後に滅亡する」と述べています

848 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 16:35:25 ID:B0v+hiKp0
2012年アセンションで〜
日月神示「世変わりたら、生命長くなるぞ」
マタイ伝「正しい者は永遠の生命に入るだろう」
ルカ伝「彼らはもう死ぬことができない。彼らは天使のようであり、復活の子らとして神の子となったからである」
イザヤ書「もはや死ぬことも、滅びることも、パンの欠けることもない」
エズラ書「病は消え去り、死は姿を消し、地獄は遠ざかり、腐敗は忘れ去られる」

ヒトラーの予言のもっと先の出来事かもしれないけれど、
植物と人間が融合した姿が新人類なんだよ。方法は分からないけど、偉大なユダヤ人が
キリストの血液から遺伝子を取り出して植物と融合させ、女性のメシアを誕生させたんだと思うよ。
植物と融合すれば放射能に汚染された地域でも生きていけるし、植物の割合が高いほど寿命は伸びるよね。
水と光と二酸化炭素とミネラルだけで生きていけるから経済的だし。
温暖化も人間自身が植物になることで回復していく。人間は天使になれるかもしれない。

人間+植物=天使

未来のメシアはキリストから授かった力で、過去の人に映像を送っているんだと思う。
人間は永遠の生命を手に入れるかどうかの選択に迫られる。これが二極化でしょう。
快楽のために人間のままでいるか、快楽を捨てて天使となり、永遠の生命を得るかの選択だね。

849 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 16:46:09 ID:PrMPbJoo0
しかし、「人間の意識の部分」での変化については、確実なモノとして
この様に言えると思う。

人間の意識は「二極化」に向かう。アセンションでの「魂だけの昇天」は
実際に起きるのか?を知るのは現時点で無理だけれども。
しかし、アセンション前の「意識の変革(変異)」には全ての人に起きると思う。
その「意識の変化」を、個人が望む、望まない、に限らず強制的な外部影響力によって
変化をする。

太陽系の惑星の高温化。地球でも地震の発生回数の多さ、ジュセリーノはこれから
火山噴火は多発との予言。それは地球内部が高温化をして、マントル部分の
「流動化が促進される」ことを意味している。 つまり、地球という物質に宇宙からの
外的影響力が働き始めている事を意味している。

勿論、人間もある意味=物質だ。肉体を持っているから。 とすると?
その肉体という物質に、宇宙からの強制的な影響が及ぶことを意味している。
電気に+と−がある様に、磁力にS極、N極がある様に。 電子の中にも
陽子、陰子の性質がある様に。 物質には両極の性質を必ず持っている。

ここから、自分でも「まとめ方」に迷うけれども、人間も物質であるので、
極端な言い方をすれば、二極=対峙する意識があっても不思議ではない性質を
持っていると言う風に結び付けたい。 つまり、良い方向の意識、悪い方向の意識と
いう風に「両極の性質を持っているのだと思う」。 しかし、これからは
宇宙からの外的な影響力で、物質の構成構造が変化をして、人間の意識も
どちらかの「極に変化をし易い」と考えるべきなのではないだろうか?

意識が「二極のどちらかに変化」をする。それがヒトラーの言う二極化の意識への
突然変異。 全ての人が良い意識に変化をすると言う思考は=それこそ、人間の
傲慢な意識であり、こじつけの思考なのだろうと思う。 意識が二極に分かれ、
良い意識の人、悪い意識の人に分かれる。 とすると、これからは、表面からは
難しいが、人を見分ける能力が必要になる。 その能力を高めないと被害者になる
可能性が非常に高い事になると思う。 絶対に。

850 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 16:49:50 ID:sc9H591A0
アセンションすると将来への不安をもなくなるのか。

851 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 16:52:04 ID:DwbyYuTo0
植物人間ってよく言うよね。
響きが怖いけど。永遠に生きるのは恐怖でもあるね。
できるだけ美しい姿であればいいけれど。

852 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 16:53:42 ID:I1G233av0
>>843
もちろんおっしゃる意味は分かりますよ。
でも、そういう政治の方向の問題や個人の性格が良いとか悪いとかの問題と
能力の問題は別だということを言いたかったのですよ。

最近の中国批判は、とにかく中国人はバカという方向へ持って行きたがり、
なんでも批判しますが、「敵」の状況を感情ではなく、情報戦として正しく
捉えるという姿勢が、欠けている人が多いと思います。

第二次世界大戦で、細部で異論もあるとしても、大きく言えば日本はアメリカとの情報戦に負けたというところも大きいようですので、
精神論だけでいくことの痛さはよく分かってないといけないのではないでしょうか。

853 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 17:14:07 ID:PrMPbJoo0
全く余談の話として投稿をしたいと思う。

仮に中国が国内に目を向けないで、これから先に「戦争という思惑を持ち、
準備をする」としたならば、中国は内部から崩壊するな。 高い確率で。

なぜなら、ジュセリーノは控え目だけれども、この様に予言をしていた。
中国は「水の問題が始まりになる」。 短い言葉だけれども、それがこれからの
中国という国の運命を決めるのだと思う。

中国が「水不足という現実に目を向けて、水問題を軽く見ていた場合」、
それは、人間の生存欲求からの怒りが中国政府に向くと思う。 その意味では
「意識は大切になる」。 意識が良い方に構築されなければ、問題に気が
付かない。 中国の意識が「戦争」という方向に向かえば、水問題は忘れられる。
そして、中国人民の生命は危険に晒される。 それは中国国内の大暴動になり、
内戦をも意味するのだと思う。

その様に「意識の方向性」は非常に大切なものだと思う。 日本政府の意識の
方向性もおかしい部分はある。その方向性が間違えば、日本にも危機は早めに
来ると思う。 やはり全ての人が「意識の方向性の大切さを知る事」が必要だな。


854 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 17:23:56 ID:PrMPbJoo0
【政治】 "危機的" 福田内閣支持率、19%台に。「民主党中心の政権」望む人は
     50%…共同通信調べ
    http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1209715541/l50

【政治】 福田内閣支持率、ついに20%に下落。自民党「選挙できない」
       …民主党「一度、民主党にやらせてみようという民意が」★7
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1209711442/l50

【政治】 福田首相 「在任期間、1日でもいいから安倍前首相を超えたい」…英紙伝える★2
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1209715989/l50

【米大統領選】 オバマ氏、支持率急落…牧師発言直撃か
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1209712486/l50


855 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 17:29:38 ID:PrMPbJoo0
我々のアセンションよりも前に、福田政権のアセンションが先に
来るのではないだろうか? そんなアセンションだったら先に来ても良いけれどな。

やはり、意識が低い指導者では 国は潰れると思うように感じ始めた。

856 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 17:43:09 ID:5fprppUu0
ある説では、いきなりアセンションってわけじゃなく
2012年から始まって、じわりじわりと進んで、2020年に完了するらしい。

857 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 17:52:56 ID:B0v+hiKp0
>>851
メシアはとても美しい姿でしたよ、日月神示ではこのような予言がされています。
「何もかも一旦は天地へお引き上げぞ」

きっと一部のユダヤ人を除き、人類は絶滅してしまいます。
最も予言的中率の高い「中国の推背図」や「ジュセリーノの予言書」は2050年を目前にしてプッツリ切れてます(´;ω;`)

でも、人間の骨髄から核を採取して天使として再生させると思うので
18歳まで若返りますよ!記憶は失われると思うので、再生というよりは転生というべきかな。

858 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 17:59:00 ID:PrMPbJoo0
>>856
なるほど。 オォトン・ベルトに入るのも2013年という事を書いていたブログも
あった。

>>857 も、なるほど・・。

859 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 18:15:55 ID:DwbyYuTo0
>>853
確かに、中国の人の意識が代わるのと日本人の意識が変わるのとでは
意味が違うような。人口と性質と文化との違い。
だから日本人が培ってきた「和」の精神と高い精神性を取り戻して世界をリードしていくような
意識が必要なんでしょうね。

>>857
確かに「輪廻転生」が事実であるとすれば、今のユダヤ人が過去のユダヤ人とは
限らないので、器は引き継がれていても中身は全く別物かもしれませんね。
一度、天に引き上げて器が濃縮した形で数を減らし神として生きる。
おもしろいですね。
雑多なものから濃縮された宝石が出来上がる様子が伺えます。


860 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 18:20:42 ID:SEyCVmDRO
縄文人→シュメール人 弥生人→ユダヤ人

861 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 19:15:30 ID:mcFk/myA0
100 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・[] 投稿日:01/12/11(火) 13:16
たぶん日本はここ10年いないぐらいにごちゃごちゃになってくると思われ
だいたい教育された人達は愛や仁など宗教からきたものに幸せをかんじるが
最近は、人を殺したり裏切ったり、悪い事をすることに幸せや、美を感じる人間がふえてると思う。
彼らからみたらまわりの人など敵にしかみえないだろう。
今の常識から見ればあきらかにそういうことは罪だろう。しかし彼らからすれば幸せを邪魔する
常識人のほうが罪のように見えると思う。彼らだって寝る時幸せをえがくこともあるだろう。ただその幸せの定義が違うだけ
こうかんがえると頭がこんらんしてくる。しょせん僕たちには正しいと悪いは区別できないんだろう。いやそんなものはないのだろう。
今は愛をもとにしたほうが力が強いが、これがもし逆転したら?逆転するため何か行動をおこしたら?
とにかくとんでもないことになるだろう。混乱しはじめたら世の中で、今の人達はどういう行動をとるだろうか?
ちゃくちゃくとそういうものが進行していってると思うのは僕だけなんだろうか。

キリストが罪にきづいて十字架を背負った時から人間のはぐるまがくるった。
キリストは罪にきづいてしまったとういう重罪だ。

862 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 19:29:30 ID:DwbyYuTo0
確かに何が悪かは人によって違う。

何年か前だけど、ある雑誌で「これからは人の屍の上に平気であぐらをかいていられる
人が生き残れる時代になった。」

「もう、核などの戦争はできないから、違う形での戦争=人殺しが行われる時代になるだろう」
って言って人がいた。誰によるものかは忘れたけれどテリー伊藤みたいな新鋭なライターによるものだったのは
記憶してる。
自分もなるほどなーと納得した部分もある。
今の現状を見てるとその通りだから。


863 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 19:31:22 ID:DwbyYuTo0
それがアセンションだったり、何かは分からないけど。
何かの問題について何もしてないっていうのは、あきらかにこの部類に
属する人種だよね。



864 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 19:32:59 ID:SEyCVmDRO
(笑)

865 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 19:44:50 ID:xhuRgoQiO
>>844
大まかには流れは捉えているんです。
他の方たちも言われているように、突然変わるのではなくじわじわと移行していくようです。
四次元から五次元への移行が完了するのが200年後ぐらいですかね。
その段階でプレアデスや金星人が公に人類に接触を始めることで、
人類は「地球人」としての統一された意識に目覚めるそうです。
問題なのはこれからの数年ですが、私のリアルに関わることなのですこし緊張しますね。

そういえば思い出しましたが、前スレの始めのところである願掛けをしたんです。
そうしたらあなたが現れました。笑
話の合う方が来てくださってよかったですよ。
地竜でマークしてるのはやはり関東ですね。
その大元はいまは半覚醒の状態ですが、杭が外れたら暴れ出すでしょう。
そこは守護する存在がいるようなので、しばらくは大丈夫みたいですが。

866 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 19:59:00 ID:Dkwax6US0
>>861
問題はお前自身が心の底からそれを楽しんでいるかどうか
なんだよ。
本当に楽しんでるならこんなスレ一々チェックなどしないだろ?

お前が育ててきた自我とお前が生前選んだ覚醒始めたDNAが今、
争ってるから苦しんでるんだよ。

苦しみは覚醒の証。
時間が解決してくれるさ。

867 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 20:14:41 ID:xhuRgoQiO
>>857
>人間+植物=天使
いいですね。
現在の人間の人体は天使と比較すると上下逆転してるそうですよ。
生殖器が上方か下方かの違いですが、
進化した人類は植物と同じように上方に生殖器を持つようです。
口から子を生むようになるんです。
神はすべてのものを言葉によって創造しました。
神の子である人間も創造する力を受け継いでいます。
いまだ人間の発する言葉は生命を持つものとなりませんが、
さらに進化していくことで言葉は生命を持つ子となります。
言葉が創造する力になるんですね。

868 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 20:29:56 ID:Nu04Le8B0
「意識と 精神性」の違いは何なのだろう?と考えてみた。

意識とは、表層面での感覚により、例えば→ こんな事考えた。 なぜだろう?
それは面白い? それはこう思う。 そんな事を感じた。・・などの思考は、感覚の
浅い部分での思考からの意識によるもの。

精神性とは、その様な意識により考えた思考や 感覚的なものが、緻密な集合体に
なった「少し高次元の意識の集合体」の領域にあるもの・・と考えた。
つまり、言葉で表せば→ 世界はこうあるべきだ。 日本はこうあるべきだ。
社会はこの様にあるべきだ。だとする「緻密性の意識(知識)の集合体」。

更にその先には、「想念の意識体(世界)」があるのだと思う。精神性よりも更に
進んだ意識の集合体=想念の意識体。
その発露の形は→ 世界を良くしたい。日本を良くしたい。苦しみを救い
幸せな世界を広げたい。などとする、精神性よりも高くなった意識=それが、
想念体と呼ばれるものだはないのだろうか?

だから、意識での順序(段階)を創るとすれば、意識 → 精神性 → 想念の感覚
という順序で、精神性を高め様としているのではないだろうか?
東洋的というか? 日本的な志向では、その「想念の感覚(世界)」よりもまだ先に
「意識的な何かが?ある」との強い思いから、その想念よりもまだ先のモノを
求めようとする=それが、東洋の神秘性を感じさせるのではないだろうか?

869 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 20:41:40 ID:Nu04Le8B0
>>868 の様に、意識にもランク的な順番があるとすれば、ヒトラーが言う
「超人、新人類の誕生」とは??

今は、意識領域で人類は生活をしているけれども、まあ一部には精神部分も
重要視して生きている訳だけれども、その時期が近づくと、意識領域から
一気に、「精神性の領域」「想念性の領域」を通過する事なく飛び越して、
「想念の領域」よりも、次の「意識体の領域に入って行く」のではないだろうか?

その未知の領域(意識の)は、精神性、想念性の領域も跳び越しているので、
意識としては全く今と違うもの。 しかし、意識の次元が数段上なので、
平和、幸せ、営み、などの創る知識と知恵は数段上になる。 それで世界は
平和に超人によって創られるのではないだろうか?

870 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 20:49:12 ID:mcFk/myA0
>>866
もしかして霊視してくれたの?
そのとおり、苦しんでるけど。

871 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 20:59:11 ID:3ZR/FbfP0
>>869
少し読んでみたけど、もう滅茶苦茶。まるで意味ないので今後もスルーする。

872 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 21:00:34 ID:OJXY8ubg0
> 「超人、新人類の誕生」

これはDNA鎖が4重、5重螺旋の子供たちがこれから生まれてくることだよ。

873 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 21:02:12 ID:H1Hqlaqn0
自分の考えとやらを持つのはよろしい事だが
毎日毎日そのお考えをだらだらと長文でべたべた貼ってる約2名は
そろそろコテつけて欲しいもんだな。
この人らいつも書くだけ書いて、レスもらってもほとんどスルーか
レスしたとしても会話になってないんだもの、一方通行でやるなら
それこそこんなとこでなくブログなりサイトなりでやりゃ十分だろ。

874 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 21:13:21 ID:Nu04Le8B0
想像を更に広げて行くと、面白い。

今は、意識の変革が必要だと気が付き始めた人が多いと思う。精神性を求めて
いる人も更に高い精神性が必要として、次の次元の精神性を模索しているはず。
勿論、想念の領域を模索している人も更に次の領域(次元)を模索しているはず。

それを流れで示すと、意識の改革 → 精神性の模索 → 想念の模索 →
次の何か? → 更に次の領域の模索 → そして最終的にアセンションの模索。

その様な流れで、今の意識は動いているのだと思う。
そこで、意識とは、脳細胞の活動により、知識を集めて知識の集合体になった
領域のモノ。 今の脳細胞間は、「シプナス」という電気信号回路によって
結ばれている。 そして、脳細胞間に情報の行き来があっても意識を創り上げている。

だから、今、その意識の向上を目指す事は、シプナスという電気信号回路に
信号が通り易くなる。また、回路を増やし=使われていない脳細胞をも使う様になる。
それが意識の拡大になる。 だから、ヒトラーが言う意識は突然に変化をすると
いう状況の前段階において、シプナスという電気信号回路に信号が通り易くしていれば、
宇宙からのエネルギーの影響が大きく作用し始めた時に、その回路は強化されるし、
使われていない脳細胞にも回路が拡大して、新しい意識へと変化が促進をされるのか?も
知れない。

それか? 今の脳は、脳細胞間の信号のやり取りは、シプナスという電気信号回路が
絶対に必要。 しかし、ヒトラーの言う時期が来れば、シプナスという回路を
使わなくても、脳細胞の一つ一つが、情報をやり取りする「情報システム」を
脳内電波による・情報のやり取りをする様になるのではないだろうか?

もしも、その脳内において「情報のやり取りを、電波による方法」として人類が
使う様になれば、人類の多くが統一した意識の集合体となるのは、可能だ。
なぜなら、対面する人同士が、脳内電波を互いに感じて、意識を統一したものに
創り代え易いからだ。 ....まあ、今の想像は、こんな所までだな。

875 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 21:20:26 ID:Nu04Le8B0
>>872
それは、物理的なモノだ。 DNA鎖が4重、5重螺旋・・でも、6つ、7つでも
どんな意識に変化をするのかの探求にとって意味はない。

手はなぜ?指が5本なのか? 6本、7本だったら便利なのか?
まずいのか?という物理的な話題だ。 これからの問題は、人類の意識が
どの様に変化をして行くのか?の模索と探求だと思う。

なぜなら、超人? 二極化された意識? 半野獣人? それらのタイプは
どの様にして現代人から分かれるのかが、気になるからだ。

876 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 21:21:43 ID:mcFk/myA0
340 名前:神も仏も名無しさん[] 投稿日:2008/04/13(日) 16:21:48 ID:ATXhSvy1
勝つことにこだわると目的を見失う。
憎むべき対象が害悪そのものより加害者に転嫁される。
加害者に勝ち制裁報復することで憎むべき害悪は消滅するか?
むしろ己自身も憎むべき害悪に侵されてはいまいか?
そもそもの原点を見失い本末転倒になりかねない。
なぜ加害者が害悪に手を染めたか。
根深い怒りの連鎖かもしれない。
しかし快楽に基づいた犯罪もある。
思想なく恨みなく他人を犠牲にし自己の欲求を満たす。
真に恐ろしいのは知性のない罪である。
これをさとす術を私は知らない。
それはただ悲しく虚しい、自然災害に似ている。

877 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 21:28:44 ID:3upk1YNd0
>>873
こいつら二人の登場でスレ住民が入れ替わったからなあ
オカルトの素養ない人が聞きかじりの妄想を手当たりしだい書き散らして
悦にいるスレになりはてて最近は流し見するのもしんどいよ。ムリ('A`)

ブログ界のパワーバランスなんかが非常に面白い時期なんだけど
ここで語り合おうって気にはなれん

878 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 21:37:11 ID:Nu04Le8B0
>>873
このスレに入っているのは、決して「馴れ合いを求めている」からではない。
自分なりに、アセンションとは? 地球の未来は?などを模索、探求を
したいからだ。 だから馴れ合いに似たレスをするつもりはない。

模索と探求が一番気になる事(目的)だから。
また、模索、探求の過程で出て来た言葉だから、これが正解の答えだ!と
するところの言葉でもない。 だからそれ以上の説明が出来ない時もある。
また、反論を見て、そうなのかなぁ〜〜〜?という反省もある。

だから、一々 レス出来る状況でもない。 個人的な目的は、模索と探求。
正に、オカルト的な良いスレッドだ。

879 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 21:41:02 ID:mKjwasS5O
それならブロ(ry

880 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 22:00:47 ID:3ZR/FbfP0
>>878
自分の中だけで考えたって探索どころか進歩さえしない。
他の書物を読んで勉強して来いや。
ましてやヒトラーを参考にするなんて、馬鹿馬鹿しいにも程がある。

881 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 22:01:56 ID:Nu04Le8B0
※こんな記事が出ていた。カエルの話だけれども、「飛び越し現象」が起きた。

 ■卵からオタマジャクシにはならない珍種カエル、子どもは指先サイズ
  2008年05月02日 関連写真 1枚

【5月2日 AFP】シカゴ(Chicago)のリンカーンパーク動物園で2月16日に
ふ化したソロモンツノガエル。

 ソロモンツノガエルは、オタマジャクシにはならず、子カエルとしてふ化する、
極めて珍しい種のカエル。2008年は、両生類減少の危機を人々に伝えるため、
動物園水族館協会の提唱により「カエルの年」とされており、同動物園でも
「カエルの年」を記念した活動が行われている。(c)AFP
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2385980/2889384

※珍しいカエルと認知されているけれども、「飛び越し成長」の必要性が
 あるので、早い成長過程という機能を手にいれたのではないだろうか?

 卵から→ おたまじゃくし → カエル では、お玉じゃくしの期間は、
 長い間、水が必要。 卵から→ カエルでは、水中で成長とい過程を省ける。
 生き残りの機能としては優れた機能だと思う。

 「飛び越し機能」・・・・、これからの人類にも必要な機能だな。
 しかし、その「飛び越し機能」は、意識の部分において、起きる可能性があるな。
 だぶん・・・・。

882 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 22:09:05 ID:Nu04Le8B0
<鳥インフル>韓国で被害が急拡大 処分も636万羽....5月2日18時38

 【ソウル中島哲夫】韓国南西部で4月初めに確認された強毒性の鳥インフルエンザ
(H5N1型)による被害が1カ月で全国各地に広がった。過去2回あった流行より
拡散がはるかに速く、処分された鶏やアヒルも過去最大の635万9000羽に
達したと報じた。

 鶏などの大量死は4月2日、南西部の全羅北道金堤市で初めて表面化し、
強毒性のウイルスを検出。同道と全羅南道の養鶏場などで次々に感染が確認された後、
はるか北方にあたる京畿道平沢市、中部の忠清南道、東部の蔚山市・慶尚北道にまで
同ウイルス確認例が広がった。釜山や大邱でも疑わしい例が報告され、検査を急いでいる。

 KBSによると5月1日までの被害確認件数は22件。韓国では03〜04年と
06〜07年のいずれも秋から冬にかけて同種の被害が起きたが、件数はそれぞれ
19件(処分530万羽)と7件(同280万羽)だった。今回は春になってから
発生し、わずか1カ月で急拡大した点に特徴がある。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080502-00000063-mai-kr

883 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 22:10:27 ID:H1Hqlaqn0
ID:Nu04Le8B0、コテつけてくれ。
毎日毎日NGすんのもう疲れたよ。


884 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 22:20:13 ID:Nu04Le8B0
>>883
それはごめんだ。 コテは「馴れ合いの始まり」になる。
だから ごめんだ。

885 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 22:23:42 ID:3upk1YNd0
アセスレに時事ニュースベタ貼り&自説垂れ流しはレプの得意技だったけど
こいつレプなんじゃね?だとしたらコテ忌避もわかる気がする

886 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 22:25:11 ID:EwGAmCOJ0
>>884
じゃあ、君が書き記す文章の文頭には、必ず固定ワードを入れるというのはどうだろ。
アセンションNO5とか、適当に。
そうすれば、他の人はコテでなくてもNGワード設定できるから。
これも他人への親切の一種だと思うよ。

ま、俺はそういう設定は一切してないけど。
スルーするのにあぼーんなんか使わない。ww

887 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 22:27:30 ID:H1Hqlaqn0
まったくこの人は会話にならんから困るなw
レス=馴れ合い
コテ=馴れ合い
ってんなら2chやめればいいんじゃね?w
なんでそんな馴れ合いの塊の2chでわざわざご自分のご立派なお考えを
一方的で一方通行な形で貼ってらっしゃるんだか分からんわw

888 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 22:30:45 ID:Dkwax6US0
>>870
俺、霊能力0だから。

889 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 22:41:25 ID:AW/nTtsl0
レスの交換がイヤならブログでやれ
それは確かに思う

あるいは独り言板か

890 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 22:43:56 ID:ZSoVJcig0
彼の文章は不思議と頭に入らないから自然とスルーしてる

891 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 22:44:50 ID:j4lVtN5t0
みんな波動がまだ荒いな。
とうぶんアセンションは無理なようだ。

892 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 22:47:04 ID:EwGAmCOJ0
>>891
まあ、他人をあれこれと判定してる間もアセンションできないと思うがね。w



893 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 23:00:44 ID:Dkwax6US0
シーン。

894 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 23:03:58 ID:ntuTrz3z0
悟りスレと同じだけどさぁ、意識Lvが上がれば上がったで、
それが普通の事になるんだぜ?


何かお前ら美化しすぎだろwww


アセンションした所で、なった人はそれが当然の事になって、
また別の事に目を向けるようになるんだよ。

バカな人から頭の良い人を見ると「すげー」と思うが、
頭の良い人はその状態が普通だから、「すげー」と言われてもぴんとこない。
そんな感じなんだよ。

アセンションする事が大事なんじゃなくて、
その後に何をするかが大事なんじゃねぇの?
遠足前のガキみてぇ。

895 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 23:07:17 ID:ZSoVJcig0
あなたはアセンション後に何するんですか?

896 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 23:24:53 ID:bONDISdMO
>>881
赤ちゃんの頃からしゃべるとか?

ごめんよく考えたらヒトが卵を産んでそこから子供が生まれるんじゃないかぎり無理だわね…

お母さんから産まれてくるかぎり、赤ちゃんのサイズで産まれてくるだけでもぎりぎりだもんね。

飛び越し か〜。

面白いね。

カエルの進化が宇宙のエネルギーとかアセンション間近の影響だったらその影響はヒトにもきっとあるだろうけど、どんな風にあらわれてくるんだろう。

まあそもそもアセンションがあるのか無いのかってことがスレタイだけどね。

そのカエルがただ環境にあわせて変わっただけなのかもしれないしね。

今年って両生類が減少するの?

897 :本当にあった怖い名無し:2008/05/02(金) 23:37:29 ID:bONDISdMO
>>874
ごめんちょっと待って
自分が無知なだけだったらごめん
>「シプナス」

「シナプス」じゃなくて?


898 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 00:00:14 ID:I1G233av0
間違いなんじゃないの。
でも、シプナスも検索でたくさんかかってくるねえ。
行き渡った間違いってことか。。

899 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 00:03:55 ID:H1Hqlaqn0
シプナス の検索結果 約 989 件中 1 - 10 件目 (0.02 秒)
シナプス の検索結果 約 593,000 件中 1 - 10 件目 (0.07 秒)
900件がいっぱいなのか…っていうより
シナプスが59万件しかない事に驚きだったw

900 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 00:10:47 ID:E2Uo6F1E0
>>895
さらに上を目指しつつ、
知能の低い生物を自分並みの生命体にする遊びをする。

901 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 00:13:46 ID:4dqs1/so0
>>867
生殖器が上の方に移動するのはありえると思いますが、顔の一部(例えば口が女性器)に
なるということはないです。新人類のバックは死角になっていたので確認出来ませんでしたが、
おそらく腰から背中にかけて限りなく植物に近い翼に覆われた巨大な枝豆が生えると思いますよ。
女生器は尻尾のあった位置まで移動すると思いますね。
ちょっとイヤラシイですが・・・他に穴の開いてそうな箇所は、頭の三本の角の左右と
枝豆の先端部分ですね。頭から100cmほど頭上になります。
でも、基本サイズが分からないので、今の人間ベースで計算しました。

902 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 00:30:10 ID:S8ILVP+F0
※この記事の中にも、「新人類に近い子供たちの、飛び越し現象」が起きている。
 @生まれて直ぐに「目が見えている」。 A生まれる時に、母体に苦痛を与えない。
 B早い時期に言葉が話せる。 その文章力も正確。特に教えていないのに。
 Bこれも、習っていないのに宇宙の知識まで持っている。
  ※それらの事は、今の人類よりも「飛び越し現象」が起きている事になる。

ロシア科学者:地球に超能力の新人種が出現
http://jp.epochtimes.com/jp/2007/04/html/d51862.html

 ラトビアに一人の女の子が住んでいる。彼女はよく周りの人に自分が宇宙の中を
自由に往来する様子を語る。しかも、彼女は同年齢層では分からないはずの宇宙に関する
知識をたくさん知っている。

 「生まれたばかりの赤ん坊は注意力を集中して物事を見ることができない
はずですが、ボリスは婦人科の医者の目つきで私をずっと注視していた」。
ボリス君は生まれてから一度も病気にかかったことがなく、8か月のときにすでに
一句一句の言葉を丸ごと言えるようになった。しかも、文法や発音などに誤りがなく、
親からもらったおもちゃを簡単に正しく組み立てることができた。

 ボリス君は3歳になる前から、すでに両親も知らない宇宙の知識を語りはじめた。
しかも両親が天文学の書籍を調べたところ、彼の話したことは間違っていないことを
確認した。また、彼は古代の人類が3メートルほどの高さがあると話したことがあり、
未来の地球環境の変化についても話したことがある。ボリス君は人々の犯した罪を
語ることもできる。彼は時に街を歩いている人を呼び止めて、麻薬をやめるように
説得したり、ある人に自分の妻を騙さないように教えたりすることもある。
ボリス君の話によれば、地球上の人類は2009年と2013年に水に関係がある大災難に
見舞われる可能性があるという。

(07/04/21 07:29)
http://jp.epochtimes.com/jp/2007/04/html/d51862.html

903 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 00:35:03 ID:cOJwAwsz0
>>902
私たちの立場がないんですけどつД`)

904 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 00:43:51 ID:bHuAl1QR0
>>903
それでは、一旦死んでから、またブルー児童に生まれ変わってきましょうwww



905 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 00:44:41 ID:4dqs1/so0
>>902
それだけ能力があるなら核を無効化する兵器やUFOぐらい作れるんじゃないの

906 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 00:49:26 ID:S8ILVP+F0
>>903
しかし、今の我々も「意識の突然変異」が待っているはず。
意識の改革=高い精神性を求め続けていれば、その部分に変化が起こり、
今までとは違う高い意識に迎えるはず。 なぜなら、それらの子供達も
宇宙からの異次元エネルギーでの影響を受けたのだから、我々にもその宇宙
からの影響を受けなければおかしい。 ヒトラーは、2039年には、今までとは
違う人類に全ての人が成っていると予言しているのだから。

だから、我々の意識の変化は、これから起きるのだと思っているところ。

907 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 00:52:42 ID:S8ILVP+F0
>>905
もしかしたら、UFOは出来ているかも知れない。
ナチスは完成させていたらしいから。

★参考:ナチス製UFO「HAUNEBU」写真集
http://www.youtube.com/watch?v=IpCGemQ4ck0


908 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 01:03:09 ID:qzMxdY3b0
山田高尾氏の著作によると、彼の友人のマインド・マシンの創設者、D.エステス氏はUFOのように見える高速の乗り物は
すでに何人かの地球人によって出来ていて、それは3種類あると言った。
一つは、ピラミッドパワーを応用したもの、もう一つは磁気を応用したもの、
もう一つは化学反応を利用したものであるということ。

いずれ、そう遠くないうちに、其のうちの一つは公に発表されるものと思う、とも語っていたようだ。

909 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 01:13:16 ID:7z5DfgK90
ホピの予言では、終末になれば人々の意識は薄れ、記憶が無くなる様な事を書いていた。
だから、ヒトラーの言う「新人類誕生」の前には一度、人類は意識は薄れ、
記憶を無くした後に、意識の生まれ代わりの様な感じで復活して来るのでは
ないだろうか?

どこに書いていたかは忘れたが、こんな事を読んだことがある。
それは、終末になると、一時的な仮死状態になる。 そして再度、息を吹き返す者も
いるけれども、そのまま死ぬ者もいると書いてあるモノを読んだ事がある。
その状態は、ホピの予言に近いものかも知れない。 意識が薄れ、記憶を無くす
のだから、仮死状態に近い状態になっても おかしくはない気もする。

910 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 01:24:44 ID:d/Q4Xci70
>>902
<地球上の人類は2009年と2013年に水に関係がある大災難に
見舞われる可能性があるという。

俺も昔、その夢2・3回見たよ。
でも変わる可能性もある。

911 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 01:39:31 ID:d/Q4Xci70
てか、今年に入って水面下の集合意識の流れが急展開してるから
ボリス君が発言した頃とは状況が違うと見るべきだろう。

912 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 01:42:26 ID:7z5DfgK90
>>910
その、2009年  ジュセリーノの予言の中の2009年はどんな事を書いている?と
調べようとしたら、保存をしていた 他の予言が出た。 この予言も
多くの予言にある・終末の風景の描写。 だから気になる予言でもある。

マザー・シプトン(1488〜1561)の予言
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/shipton.html

マザー・シプトンは15世紀のイギリスに出現。その存在については
 不明瞭な点も多いが、近未来をいくつか予言したことで知られた。

火のような龍が天を横切るだろう。
それは地球が絶滅するまでに6回とも
人類は震え、そして脅え
この予言の6つの前兆によって起きる。

今世紀を生きぬく人たちは震えながら
恐怖のあまり
山や洞窟に
沼や森や野生の湿原地へ逃げる。
・・・・・・・・・・・・・・


913 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 01:51:09 ID:E2Uo6F1E0
>>907
This video has been removed due to terms of use violation.

914 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 01:53:46 ID:d/Q4Xci70
>>912
と言っても未来はコロコロ変化するからねー

915 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 02:10:34 ID:7z5DfgK90
ジュセリーノの 2009年を調べようとしたら、マグモニールが出てきた。

◆日本の食糧生産  2045年を過ぎると、世界の大洋には魚影が
 ほとんど見られなくなる
http://www.internetbusinessjapan.com/forum/viewtopic.php?t=92&postdays=0&postorder=asc&start=45

※マグモニールの透視でも ジュセリーノ予言でも、2012年以降に
 脈々と続いている人類の社会。 その脈々と続く内容が不思議だ。
 古代予言では、終末 地球は壊滅的な風景になる。

 それなのにジュセリーノや マグモニールの書いている内容は
 脈々と世界の社会は続いている。 その古代予言とのギャプが
 不思議だ。 何かが抜け落ちているか? 流れが何か?変わって
 来るのだろうか?

916 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 02:14:28 ID:3OAOzVmO0
マクモニーグルちゃうんかい。

917 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 02:32:34 ID:bHuAl1QR0
だから「予言」の類は悲惨な状況を回避すべく”警戒”の意味が強いんだと思う。
怖い、恐ろしいことを言っておくことによって、人間の意識の中に恐怖=回避したい!という
願望が生まれ、散在意識に刻み込まれる。そのことによって、その最悪な事態から回避できるというシステム。
死にたい、滅亡したらいい・・と思っていても、実際に目の前にその光景に直面したならば
生存本能が回避するべく必死になると思う(笑)


918 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 02:41:58 ID:kEluz7xA0
潜在意識への刷り込みという点では、マイナス効果だって意見もあるよ。
たとえば、病気の怖さを意識して、病気は怖いって思うと、
かえって病気になり、意識したとおりに怖い症状をきたすというもの。

マイナス思考するとマイナス効果が出るってやつね。
今はやりの、潜在意識や波動の法則は、どちらかというとこういう警戒感を
意識したりすり込むのには否定的だと思うんだけど。

919 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 03:03:48 ID:E2Uo6F1E0
>>918
正解。

920 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 04:03:32 ID:7z5DfgK90
>>919
しかし、だったらなぜ? アセンション・スレや ジュセリーノ・スレに
人気があるのだろうか? 色々な予言自体に今は人気がある。

マイナス効果?と知りながらも、やはり恐ろしい事には、警戒感や 興味が
出て来るという事だな。 マイナス効果だと思っている人は、脳内変換で
「予言だから〜〜〜 気にしない、気にしない」で、気軽に流せばよい訳だな。
なるほど・・・・。

921 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 04:10:45 ID:E2Uo6F1E0
>>920
それは生物学的な宿命とやらが潜んでる。

人だけでなく、
自立行動が出来る生き物のほとんどが、
幸福よりも恐怖の方が強く記憶出来るようになっている。

例えるなら、
生い茂るジャングルの中で、猛獣に襲われそうになった地域があったとるす。
しかし、その地域には貴重な食料が豊富にある事が分かった。

その時、もし人間が幸福を強く記憶できて、恐怖の部分の記憶が弱かったら、
発見した人は同じ地域へ行って襲われるだろう。


いい事は何も警戒する必要が無いので、放っておけば良い。
生死や利害に関する恐怖は、自分の生命維持に関わるので最優先課題となる。
その違い。

922 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 04:49:58 ID:7z5DfgK90
>>921  なるほど。
何か・・哲学的だな。

923 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 05:11:21 ID:d/Q4Xci70
<潜在意識への刷り込みという点では、マイナス効果だって意見もあるよ。

その通りだと思う。
サブミナル効果の予言板だろう。
でも日本人はノストラダムスという強力なワクチンを
ほとんどの人が打っているから潜在意識まで届かない。
アセンション関係に興味ある人ならなおさらだ。

924 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 06:06:35 ID:pkKx54Ac0
>>893
自分が言われたのかと思ったけど、違ったのかな。コピペに対してのレス?

925 :30 ◆RPG8JNHiII :2008/05/03(土) 07:14:43 ID:qTUwuGQM0
>>918
なるほど、歯を磨かないと虫歯になると思い込むから虫歯になるのか
じゃあ、考えないようにして磨かずに寝よう

926 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 08:05:58 ID:kEluz7xA0
簡単に考えると、虫歯になることを考えない方がいいのだけど、そうも簡単ではないそうよ。

一応、磨きなよ
歯くそ臭いと、もてないぞw

潜在意識っても、個人のものだけではなくて、
人類全体の集合意識にまですり込まれるのは、
自分だけいくら思わないようにしても効果はたかが知れてるっていうよ。
いくら「心頭滅却す」なんて思っても、やっぱり火は熱いでしょうし
焼かれれば火傷して死ぬわな。
それだけ長年の物質世界の制約による共通の意識があるからだそうな。

全部、伝聞形で書いているのは、あくまでも理屈だからなんだけどね。

927 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 09:37:14 ID:wwt6MYPn0
ちと長いが書かせてくれ。すまんの。

魂という物が肉体に宿っているとするだろ。
テレパシーとか虫の知らせとかがあるとか言うだろ。
今まで、それらの伝達イメージはこんな感じで捉えていた。

 魂が何かを感じる → 脳に連絡&処理&「何か」を発信 → 空間を「何か」が伝達 
    → 他人の脳が「何か」を受信&処理&その人の魂に連絡

電磁波だか重力波だかしらんが、それらが脳から発信されると思ってたんだわ。
脳じゃなくてもい、肉体全体でもかまわん。とにかく、空間を横切る「何か」がある、と。

でも4次元を考え直したり、ホログラフィックユニバースを読み返してみて別のことも考えた。
肉体に宿る魂という物は(あるいは肉体そのものでも良い)は、その内部に無限があると見なしてみる。
全ては一つ。何もかもはつながっている。それは魂の深奥のなかでそうなってると仮定した。

 自分 → 自分の肉体 → 自分の魂 → 無意識 → 集合的無意識 →(謎)→ 全にして一

自分が感じた何かを外部空間を横切る何らかの手段を通じて他人に伝播するのではなく、
自分の内側を通じて、他人の内側からにじみ出てくるような。

たとえて言うのなら、井戸の中だ。
誰か宛に自分の伝えたいことを手紙に書いポストに入れて郵便屋が配達するのではなく、
自分の家にある井戸に手紙を投げ込むと、水脈を通って他人の井戸の中からその手紙が出てくる。
そういうイメージ。(奇しくも井戸は「イド」だな。井戸は無意識層の中心の機能。w)

928 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 09:53:33 ID:9Yh2/CE70
>>865
ものごとは連綿と続く流れの中で変化していくものですが、人はその局面を見ようとしますからね。
自分は以前も書いたように神や宇宙人というのも、ある意識の領域を人間の持ち合わせているイメージで具象化したものと考えていまして、
(逆説的に言えば私たちがこの観じている世界はその意識の投影だともいえますが)
200年後に人類レベルでその意識と合流を果たすのであれば、いずれは越えねばならない深淵でしょうね。

何を願掛けされたかは知りませんが、
私が投稿を始めた目的はとりあえず果たせたかなw

大元というのは海を挟んだ向こう側の龍のことですかね?

>>867
このネットという世界も言葉によって創造(プログラム)された世界ですね。

意識のフラクタル構造、暗黙の了解により確定していく世界、危機予測的予言の意義、
さらりと本質を突いてる人たちがいるようで。

929 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 09:55:34 ID:wwt6MYPn0

 一切の内部は全ての内部とつながっている。
 自分の魂はその奥で、全てがつながる領域がある。
 その全てにつながる領域を通じて、自分と他人はつながっている。

こう考えると、輪廻転生のイメージがずいぶんと変わる。
自分的には、魂というのを独立しているエネルギー的な情報体と想定していた。
生まれるときは霊界と呼ばれるどこともしれぬ空間から、
魂というなの情報体がふらふらとやってきて肉体に宿る。
死ぬときは肉体から魂が抜け出して空間を漂い霊界に戻る。
魂の移動は物理空間的な移動を考えていた。

だが全ては内側でつながっているのだとしたら、魂がやってきたのも内側からなんじゃないか?
肉体に魂が宿るというのは、肉体が形成されていく過程で、
全てである領域から肉体の内側に向かって、魂がにじみ出てくるものなんじゃないだろうか。
つまり魂というのは物理的な移動というものを全くしていないのではないか。
魂の移動、向こうからこちらへ、こちらから向こうへというのは、
内から外へ、外から内へと、「存在のあり方」を変えてるだけなんじゃないか。

花と種の関係に似ているかもしれない。
花が咲き、種が出来るが、種は花からやってきたわけでも、種から花が飛んできたわけでもない。
同じ植物が同じ場所で存在のあり方を変えているだけだ。

魂が肉体を纏うという行為をしてるだけであり、(肉体を生み出してるのかもしれないが)
魂というのは常に同じ場所に存在し続けるだけなんじゃないか。
その場所というのは、全てが、何もかもがつながる根源。
そういうことなんじゃないかと。


930 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 10:09:18 ID:wwt6MYPn0
魂の奥にある全なる領域を内在空間と読んでみる。
(もちろんボームの内在秩序から得た名前だw)

実験などによりテレパシーが存在してるはかなり確かなことなのに、
いかなる計測によっても「テレパシー波」なるものは観測されていない。
てゆうか、テレパシーとよばれる情報の空間伝播が物理的にどのような形で行われているか、
その理論さえもないのが現状だろう。
だけどテレパシーが内在空間を通じて行われてるとすればつじつまが合う。
この手法ならば外部空間に対してなんら影響を与えない。
やりとりは互いの心の内側、内在空間を通して行われる。
世界の内側、裏側に向かってボールを投げ合うような物だ。
そのため外部空間をいくら計測しようとしても、いかなる物理変化も見いだされない。
あえて言えば、やりとりを行う人間の相脳内活性が起きてるだけだろう。

輪廻転生も同じだ。
魂があるとか良いながら、その魂はどんな手段を持ってしても形成されない。
というか、どんな理論を持ってしても、見えざる情報体というのは絶対に想定できない。
情報を記録するには必ず媒体がいる。媒体を用いるのなら、かならずそれは「見える」。
物質を持たない情報体というのは、この物理世界の中では存在し得ない。
だから魂は存在しないことになるが、現に輪廻転生や生まれ変わりは科学的に裏がとれ始めてる。
理論的にあり得ないのに、現象は存在してる。

そこで、肉体の内側に、魂の内部に、存在の奥にもう一つの世界があると仮定する。
こう仮定すると、輪廻転生やテレパシーとかが鮮やかに説明できてしまうんだよな。

931 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 10:11:34 ID:wwt6MYPn0
長文スンマソ。
しかもアセンションに絡めることが出来なかった希ガス。ww

ノシ

932 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 10:12:55 ID:wwt6MYPn0
>>930
× その魂はどんな手段を持ってしても形成されない。

○ その魂はどんな手段を持ってしても計測されない。

933 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 11:00:40 ID:4dqs1/so0
虫の知らせってさ
笛とかラッパのように聞こえるんだよ。これマジね

934 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 11:37:42 ID:JJXjuYt1O
>>901
鮮やかな形態構築をされてますね。
存在とはエネルギーです。
人間の場合そこに形態を与えるには四次元の実存に委ねざるをえません。
人間が見る形態は四次元の実存に依存しているのです。
だから角や翼や枝豆などの姿形が表れてくるのですね。
人間が想起するイメージの原型のすべては四次元に存在しています。
そこを通ってくるものがありますね。
とてもおもしろいと思いますよ。

935 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 11:51:46 ID:JJXjuYt1O
>>928
私が願ったことは、彼方から此方へと超えてきた意識と出会うことです。
その後、私が書き込んだチベットの話に同意してくれる方がいて
その方の怒涛の書き込みが終わった後であなたが現れました。笑

人類には自らを映す鏡がありません。
だから地球人としての統一した意識を持つことができないのです。
異なる星の意識と出会うことは、統一した意識を持つのに必要なことなんですね。
それはとても重要なことで、それが果たされた時ここのくくりは完成されます。

大元は関東の巨大な渦巻きのことですよ。
この流れは富士山と繋がり、さらに海外の大大元に繋がってるみたいです。
関東大震災は回避されそうですね。

人間は言葉に命を吹き込めないので、その言葉は物質に埋没してしまいます。
ネット上の言葉は物質にも埋没できず空虚ですが、そこに感情や思考などの力を込めることはできますね。
ここではリアルな体温を感じられないのが残念ですな〜。笑

936 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 14:00:41 ID:SbcuyvSf0
●オカ板のジンクス ‘J’で始まる人の予言は信憑性が薄い

× ジョー・マクモニーグル
× ジョン・タイター
× ジュセリーノ
× JJ

このうち一番ましなのはマクモニーグルか。過去に外れた予言がたくさんあることを
率直に認めているので多少は良心的ともいえるが、FBI関連については経歴詐称と
疑われても仕方ないかも

炊いたーは、明らかにエンタテイメント目的の釣り氏。2000年秋に米国サイトに登場し
年末クリスマス休みに、タイムマシンの模型や仕様書をガレージ工作して、2001年の
年明けに嬉しそうに写真等をアップして、別の複数サイトでも宣伝を始めたあたりが
注目を浴びたいという動機ミエミエ

ジュセリーノは環境問題の警告という大義名分で信者を集めているが、元々は
極貧生活からの脱却をもくろんで、フセインの件でアメリカ政府に損害賠償を
求めたような人物だから、言わずもがな

JJは過去の予知夢の記録としてアップしたノートのメモ書きのスキャン画像が
若い頃をわざと思わせるような書き方だったり、いろいろ不自然で疑惑多数


937 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 14:08:13 ID:BdMmouvM0
JJは酷かったな(笑)
本人が酷かったか、信者が酷かったか、どっちが酷いかはなんともいいかねるが
自分の願望を書いてるだけなんじゃないかというのが強かったが

938 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 14:25:51 ID:SbcuyvSf0
●玉石混交の情報源を、参考になるからといって単に並べたり比較するのは危険

自分は超自然現象、特に予知夢・予言や宗教的‘預言’を信じるタイプの人間だけど
だからといって、何でもかんでも並べて議論するのはマズいと思う
「2012年」「黙示録」「人類滅亡」「アセンション」とかのキーワードで
探せば、いくらでも本やサイトやブログが見つかるけれど
‘似たような事をたくさんの人が言ってるから’といって信頼性が高い訳じゃないと思う

Aさんが何か言い出して、それを聞いたBさんやCさんが深層意識で共感して
チャネリングでBやCさんの高次意識?もこう言ってる、とサイトに書いたら
A、B、Cの3倍に情報が増える(増えたように見える)。
さらにDさんがそれを読んで本に書く。ついでにEさんが経営コンサルティングの
参考資料として同じ件に言及する… こんな感じで、あっというまに増殖する

ジュセリーノの著書を読むとわかるけど、彼の主張の多くはオリジナルでなく
1970〜90年代のニューエイジ思想的な終末観に強く影響を受けていて(パクっていて)
そこに温暖化とか小惑星異常接近とか鳥インフルとかの新しい要素を混ぜて
それらしく料理して‘予言’しているだけ。だから、Aを参考にしてBが言ったことを
掲げて「BもAと似たことを言ってる」と列挙するのは変。似てるのは当り前

ついでにヒトラー個人については、かなりオカルト方面に通じていたのは確かだけど
日本でそれを紹介した主要な書物を‘五島勉’氏が書いた点で、大いにダウト!
五島氏独自の終末思想は一連のノストラダムス著作群ではっきりしてるので
彼が描くヒトラー像がその雰囲気を色濃く出すのはむしろ当然だと思う。
話半分どころかせいぜい20%ぐらいまで割引して読むべきかも


939 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 15:12:47 ID:Vri2sJ510
通りすがりだが、
君ら間違っても人前でそんなこと口にするなよ

940 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 15:26:14 ID:x3pfXba/0
>>939
10年後じゃ普通に語られてると思うけどね。
A「なんも無かったな。俺何気に信じてたよ」
B「アー!俺もおれも!」
A「どうすっかなー、これから」
B「ゆっくり自力アセンションするのが一番じゃね?」
A「だよなー。はぁ、飯でも食うか」
B「欧米版の寿司食いに行こうぜwww」
A「いいねぇ〜」

941 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 15:29:16 ID:kEluz7xA0
>>938
とっても、もっともな意見。
でも、そういう思考法が出来ない人は、
元ネタが同じものを並べて根拠にすることのおかしさには気がつかないでしょうね。
単なる勘違いでも、すべてシンクロの一言で片付けてしまう可能性が大きい。
これからも変わらないのだろうね。

942 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 15:34:01 ID:+H75f1gG0
>>938
フォトン・ベルトもそんな感じで広まった情報みたいだね。おおもとがコケても、すでに広まって
独自に発展していったチャネラー情報は生き続ける。ネット情報には不思議な慣性が働くようだ。
間違いも増殖して新陳代謝されていけば、消滅させるのはとても困難な場合がある。

というわけでネットの情報は、「ある問題」についての瞬間的な真偽判定には向かないね。
でも時間を置けば偽は淘汰されると考えれば、無いよりははるかにマシだろうと思いました。

943 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 15:34:33 ID:QM7C3bSh0
未来の事柄を知ることができるのならば、人の自由意志はあるようで実はないことになる。

例えば、今からグー、チョキ、パーのどれかを出すから、当てて見せろと言って予知させる。
予知されたのと違う手を出せば、予知ははずれ。

大統領が暗殺されるのを見て、その犯人をも予知したとする。
事前に犯人を捕まえるなり殺すなりすれば、予知は外れる。

もし予知というものが本当にあれば、予知は当たらないものになるので、自己矛盾する。

944 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 15:48:14 ID:x3pfXba/0
>>943
どんなに予知が正確に出来ても、
決められた出来事は変更できないシステムが作動している可能性を考慮すると、
矛盾していない。

945 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 15:54:55 ID:/mPk9+A10
そのシステムって、コンピュータかなんか?

946 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 16:00:46 ID:sMQgbLGS0
チベットの人には本当にお気の毒だけど
チベット、北京五輪騒動は、完全に
仕組まれたものだね。911と同じ匂いがぷんぷんする。
欧米人も中国人もどっちもどっちなのは
言うまでもないけど、
とにかく日本人はどちらの立場にも身をおかないこと。
やりたいだけやらせておけばいいんです。
彼らはギャラリー(とくに日本人)がいなければ
モチベーションは低下します。
マスゴミが必死で煽って関心をひこうとするでしょうが
とにかくスルーしましょう。
可哀相な人、むかつく人
こういうのに過剰に反応すれば奴らの思う壷です。
意識や感情を操作されないための
訓練だと思ってください。

ダライラマに関しては、今は、まだ、発言を控えます。

947 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 16:13:54 ID:bDd3Xqwy0
次元の違う全く余談的な事として・・・ (※個人的には次の思考の何かのヒントになる)

「文化」とは何か? 「文(もじ)が化(ば)ける」と書く。
人類が誕生をする。言葉が生まれる。その言葉を基に文字が生まれる。
文字が生まれれば、言葉は更に種類が発達をする。言葉が発達をすれば、文字は
更に発達をする。....その様にして、文字と言葉は交合に競い合い=多くの言葉と
文字を作って来たのだと思う。 その文字と言葉の多さが、人と人の意思を繋ぎ合わせて
人類の増加に役たった。 種族が分かれても意思は伝え合う事が出来た。
少しは困難もあると思うけれど、異種の人種とも分かり合える様になった。
全ては「文字と言葉」のお陰だと思う。

その様にして、人類は増殖をして行った。そして、言葉と文字により、物質の物を
多く造り出せて、現在の様な「物質文明」。 ある意味=現代風物質文化とも言える。
人類が、文字と言葉を巧みに使う事を覚えなかったら、今の物質文明は出来なかったと思う。

西欧の学者、研究者、王族。 言葉と文字がもしも未発達な状況なら、地球は丸い。
海の向こうにも大陸は有る。 海の端に行っても落ちない・・という言葉は生まれなかったと思う。
地球は丸いを王族に説明をして、冒険家は海に出て色々な大陸を発見した。
そして「言葉と文字」を多くの大陸に伝え、意識的に繋がりが広がって行った。

「文化」とは、別の面では、「言葉と文字の発達による=物質を構築した姿」と
言えるのではないだろうか?

・・※だから何?と言われれば、分からない。ただ、文化とは、文字と言葉が創り、
言葉と文字が、化けたモノが「文化」と言えるのでは、ないだろうか?とする話だけ。

948 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 16:19:20 ID:pkKx54Ac0
コロコロコロが読み解く今後の世界情勢。
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1200764396/

949 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 16:31:57 ID:bDd3Xqwy0
???・・・・すると? 人類の意識はまだ未発達だ。 >>947 の考えからすると?

人類は、その文字と言葉を、物質の種類を多く生み出し、巨大な建造物を造る
事に多くを使っている。 言葉と文字は、意識を物質を作る事だけに役に立って
いるのではない。 言葉と文字は、人間の意識に大きく作用をして、精神性、
想念領域の意識も造る事が出来る。

しかし、今の世界、今の日本を見ても、「物質や社会システム」造りに意識を
使っている。 つまり、言葉と文字の多くが物質を作る事に使われている。
端的に言えば、道路を作るべきか? ガソリン税は必要か? その様に言葉と文字は
「物質文明の維持の為だけに」多くの数(文字数、言葉数)を使われている。

つまり、人類は、「文字と言葉」の神秘性?の一面しか、まだ使っていない事になると
思う。 物質という物に惑わされた? 魅せられた為に、言葉と文字の使い方の
「一面しか使わなかったのに、違いない」。

「精神性、意識性」の発達に使われるべき=もう一面をまだ使っていないのに
違いない。 だから、ヒトラーがその内に「超人、新人類」が誕生をする・・
と予言したのは、「言葉と文字」が造るもう一方の「異次元の意識」・・
「新たな意識」が造られて来るのではないだろうか?

950 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 16:34:25 ID:kEluz7xA0
>>946
仕掛けたのはアメリカと見てるわけ?
あるいはもしかして中国と見てるわけ?

951 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 16:38:32 ID:bDd3Xqwy0
つまり??....言葉と文字を使い「新たな意識を学習する時間」の
飛び越し現象・・。

その「飛び越し現象」が2012年か? その先に待っているはずだな。
文字と言葉を使っての「新しい意識を学習」するのには、膨大な年数が
必要になる。 数百年来、物質の発達ばかりに意識を奪われた人類の
意識を、新たに「物質に頼らない、精神性を求める意識に変革するのは
大変に難しいし、今では困難だ」。

だから、ヒトラーが言うように突然に「意識は変化」をする。
それは、「意識の飛び越し現象」が突然に来るみとを意味しているな。
これは・・・・・・・。

952 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 16:44:06 ID:+H75f1gG0
>>950
ユダヤ陰謀論の匂いもするね。中国を被害者に持っていこうとする論理から。

953 :938:2008/05/03(土) 16:44:13 ID:SbcuyvSf0
>>941,942
レスありがとうございます
ジュセやマクモやヒトラーなど複数の予言を、安易にアセンションに絡めて論じる
雰囲気を警戒して熱くなり、つい長文を書いてしまいました。
決して原典至上主義ではなく、自分の心に響く考え方なら同調もするんですが
最近のスレ進行は速過ぎw

付け足しですが、古本とか入手したら、原文の‘著作年’を重視することにしてます。
フォトンベルト説が急に広まりはじめたのが1991年らしいのですが
それ以前にもDNAの本数が増える説とかのアセンション本は少しあるみたいなので
1990年位までに米国で初版が出た本なら、フォトンベルトと切り離した
もともとの「人類進化願望」的なものを辿れるんじゃないかと思ってます。


954 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 17:09:29 ID:5e4kX3Ge0
ひとつの世に出た情報源から各々の情報発信者がパクっていったがために
同じような情報が氾濫したなんて確かめようがないな。
あくまでもそういう推測も成り立つというだけ。
パクッた奴ももちろんいるだろうけど
独自に情報を発信してる奴だっているかもしれない。
そんなことを見分ける術はない。
すべての情報発信者の情報源のウラを全部取れるってなら話は別だけど。
そんなこと出来るはずもない。
原文の著作年なんて何の当てにもならんね。

955 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 17:10:57 ID:bHuAl1QR0
でも、この世界が物資で出来てる限り、物質文明は変わらないよ。
変わるのは意識のほう。
モノに対しての意識とか付加価値とか。

956 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 17:33:51 ID:bDd3Xqwy0
「新しい意識を求めての思考」について・・・

個人的な話で悪いけれども、「新しい意識へ向かう手順」は、意外に容易に
起こることかも知れない。 アセンションや 新人類などは、どうして発生をする?
予言の中の終末は本当に来るのだろうか?  などを探求し続ける事により
「思考の神経回路は増えるけようだ。 だから、最近は長文になるけれども
不思議として、言葉が出る(書く)のは苦痛ではない。 最初の言葉だけ出れば
後は意外と悩まないでも出る。それは、意識の回路が増えたのだと思う。
(※長文になり、不評もある時があるけれども、意識して長文にしている訳でもない。
  言葉が出るので、書いているという感じだけ)

その様に「新しい意識」とは、探究心により脳(※目的とする方向に刺激を
与え続けていると、シナップス回路)は活性化をする様に思う。
その様に、方向性を決めて探求、探求を続けて行けば、脳の活性化に繋がり、
あれでも「新しい意識を知る・入口」を発見できるのかも知れないと・・思います。

アセンションの答えはまだ分からないけれども、探求は「良い意識への入口」へ
導いてくれる様な気もします。

957 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 18:06:29 ID:jamyEvFj0
>マスゴミが必死で煽って関心をひこうとするでしょうが
>とにかくスルーしましょう。

チベット問題なんか全然報道されてないじゃん
ただ、五輪関係で上っ面だけを報道してるだけ。
中国がチベットを侵略した時から日本は一切報道してこなかったし

なんか、「自分がアセンションをしたい」がために
世の中を変えようと努力しないこともまた胡散臭いものを感じる


958 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 18:08:01 ID:bHuAl1QR0
アセンション=オナニー???

959 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 18:20:57 ID:jamyEvFj0
「アセンションへの道」というのを読んだら
アセンションを選んだ人たちの未来と、選ばなかった人たちの未来の
パラレルワールドが出来ます、って書いてあったんだけど

これってアセンションが起きなかった時の言い訳に使われそうだ

960 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 18:21:22 ID:LWNgbOMB0
ふとした、漠然的な感じだけれども、人類は「言葉と文字」だけでの発展は
限界にのではないだろうか?

今の世界には凄い数の「言葉と文字」が溢れている。そして世界システムを造り
文明を造っているけれども、その文明の発達が、歪を生み始めて、地球そのものを
破壊する状況までにもなっている。

つまり、「言葉と文字」による人類の発達は、これで限界を迎える。
だから、次のステップとして、「言葉と文字」に頼らない世界に向かうのでは?
ないだろうか?

ロシアで誕生し続けている「新人類?での子供達」。 生まれながら能力が高い。
「言葉と文字」を膨大に勉強しなくても? すでに多くの知識と、言葉を操っている。
大人達も納得させる話が出来るという。

つまり、その環境を考えると、その子供達は今の「言葉と文字」よって
構築された意識ではなくて、「原因は分からないが、生まれてから早い時期に、
別の意識を構築されている事になる」。

つまりは、今の言葉や文字に頼る事なく、「意識を構築した」という事になると思う。
ではなぜ? その様に「新しい意識=それは、現在の言葉と文字に頼らないで造られた」は、
やはり地球外の影響と考えられるのだと思う。 宇宙からの影響が、新しい意識を
造らせた。 そして現代人と違うけれども意識の繋がりは必要。だから、
今の言葉と文字を使う。 しかし、知識はすでに宇宙の知識までも持っている。

なぜか? やはり? ある意味=テレパシー的なもので意識の構築が行われる?
のではないのだろうか? と言う事は??

今の「言葉と文字」に頼る時代は過ぎて行く? 数十年後には、意思の即通はある程度・・
テレパシー的な感覚で相手に伝えられるのだろうか?

961 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 19:09:52 ID:3OAOzVmO0
疑問系と、つける必要ないとこにまでクエスチョンが舞ってて読む気失せるわ。

962 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 19:19:50 ID:c8GrWlRm0
>>960さん

まだお若い方なんでしょうね。高校生くらいでしょうか?

>最近は長文になるけれども
なんか微笑ましくなってきましたw
ただ、投稿する文章は要旨をまとめて
もう少し簡潔に書かれたほうがいいと思いますよ。
質問も数を絞って。
そうすれば、このスレに参加している方々と
より建設的なコミュニケーションが生まれると思います。

963 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 19:21:15 ID:LWNgbOMB0
今日のニュースを観た人は分かるけれども、先日 水戸市の湖で
白鳥 黒鳥 合わせて7羽が殴り殺された犯人が犯行を認めたとの事。

13歳と15歳の少年らしい。 動機は単純=殴る? 殺すのが楽しいから。・・
だったとの事。 殺すのが楽しい・・・・これはまさに、ジュセリーノか予言を
している内容が現実に向かう予兆の現象と思う。予言では→ 世界は暴力事件が
拡大をして行く。

この少年達の犯行をただ、一過性の犯罪と捉えれば「これから暴力が拡大をして行く」
という事実を本質を見抜く事は出来ないと思う。 どこだったか、今日も15歳の
女子高校生が殺されていた。 動機は単純なものだろうと思う。

少年達の様に、動機は不明確であり、単純。しかしその結果は凶悪的な犯罪。
そんな風な犯罪が増えて行くのは確実と思う。 ジュセリーノが予言している様に
この「単純化されていめけれども、結果は凶悪な犯罪」は、ある面、防げない
現象となって世界に拡大をして行くのだろうと思う。

それは、少年だから、動機が単純だからと言って「許してはいけないという社会意識」が
必要になって来る時代だと思う。 なぜなら、殺すのが楽しい。犯罪は楽しい・・
とする社会を破壊する意識が広がるのを防ぐ必要があるからだと思う。

少年だから、単純動機だからと言って刑を甘くすれば、落ち度のない国民の多くが
これからはそんな犯罪人に簡単に殺されて行く社会になって行くのだろうと思う。

964 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 19:54:04 ID:qzMxdY3b0
>>963

象徴的なことだな。白鳥と黒鳥が。これは白人と黒人がやられるということにつながるのか?
7羽か。7という数も霊的な波動を現しているのかも。

まあ、オリンピクで白人と黒人が不調で、黄色人種とインディアンが絶好調などという
程度にとどまるならいいんだけどな。


まあ、いずれにしても、こういう事件が多くなると、青少年保護を目的とする、という名目で
有害サイトを締め出して違法化していく傾向がどんどん強まって、児童ポルノ規制とも絡まって、
ネット規制が激しくなるだろうな、、、。

965 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 20:05:50 ID:2pONEVq+O
犯罪の低レベル化が進んでいると思う。
俺は昔、虫などを殺したことがある。
小学校低学年くらいの頃だ。
そこらの蟻を踏んだ。
その当時は楽しいと思っていた。
でも、今はその当時の行いは最低な行為だと思っている。
白鳥などを遊んで殺したって奴らは、こんな小学校低学年の奴と同レベルの思考みたいなもんだ。

一寸の虫にも五分の魂。
殺すのが楽しいって言うのは俺は認められない。
それを認めてしまったら、俺は快楽の為に殺されるのを認めてしまうことになる。
少し立ち止まってみんなも考えてくれ。
相手に悪意を持って何かを成そうとする時は、その悪意を自分に成されることを認めるということだ。
お前らは、覚悟はできているのか?
俺はできていない。

966 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 20:50:25 ID:wwt6MYPn0
>>965
意味分からん。
君が認めなくたって、殺しは楽しいと主張する奴の気持ちは変わらないと思うが。
認めたくない=人の悪意を見たくない ってことかいな?

967 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 20:57:23 ID:2pONEVq+O
>966
よくスピリチュアルの話で使われてる鏡の法則。
俺自身が相手を快楽の為に殺してしまったら、快楽の為に自分が殺されても仕方がない。
因果応報。
相手を殺すつもりならば、逆にその相手に殺されることを覚悟しなければならない。

俺は自分勝手だ。
他人がどう考えていても俺には関係ないが、俺は自分の身はかわいい。
だから、俺は他人に悪意を成そうとは思わん。
自分が悪意によって傷つきたくないから。


968 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 20:59:50 ID:wwt6MYPn0
>>967
それはそれでいいんじゃねえの?
ただ他人がどんな価値観で行き、どんな悪意や善意を抱くかはその人の選択の自由だろうに。
認められないと言ったって、快楽殺人を選ぶ奴は選ぶよ。


969 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 21:08:48 ID:2pONEVq+O
>968
どの道を選択するかはそいつの自由。
他人の俺には関係ないし、口出す権利もない。
ただ、その危害の矛先を無関係な人間に向けるのは勘弁してもらいたいがな。
特に俺には。

快楽殺人したい奴がいるなら、俺に矛先を向けずに自分、もしくはそいつの身内にでも向けてくれ。

970 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 21:12:46 ID:wwt6MYPn0
>>969
もっともな意見だ。完全に同意するよ。

ただ、「なぜ快楽殺人を選ぶのか」というのは追求してみたい気はする。
俺や君にとって、自分以外の生命を楽しみで傷つけるなんて反吐が出ることだ。
だが、それを「喜び」と感じる人もいる。なぜ?

人は生まれる前は、幸福で幸せな世界にいると聞いた。
地上に生まれるのは魂が学習するためためだとも聞いた。
だのに、なぜ、いたずらに他を傷つけ、傷つく様を喜ぶ残虐さが芽生えてしまうのだろう。
この世界に邪悪があるのか。
それとも邪悪に見えるだけで、実は邪悪じゃないのか。
何かの意味がそこにはあるのか。

・・・まあ、答えは出てこない問いかけではあるのだが。

971 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 21:27:16 ID:2pONEVq+O
>970
ファンタジーな話でよくあることだが、悪がある故に善がより映える。
そういう話がある。
そうかどうかは分からん。
人の痛みを知らないから快楽殺人をするのか。
人の痛みを知っているが、それが心地良いから快楽殺人をするサドマゾなのかは知らん。
ただ一つ言えることは、快楽殺人が行われれば、痛く悲しい思いをする奴が出ることだ。

972 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 21:38:05 ID:03kTKfjU0
>>971
善も悪もねぇよ。
それを定義してるのは人間だけ。

973 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 21:52:57 ID:2pONEVq+O
>972
確かにな。
善悪なんて言うのは人間くらい。
というか、人間なんて同じ人間としか意思疎通ができない。
だから、他の種族が善悪を考えているかなんて、知るわけがない。

974 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 21:55:11 ID:eaAcSiZS0
ロシアの「新人類の子供達とも呼べる子供達の誕生」。

それらの子供達が「新しい意識」を持ちえたのはなぜか?を少し考えた。
子供が母親のお腹に居る時、生まれてしばらくは、外界のわずらわしい
雑念の意識からの影響は少ない。 また、それまでの期間は子供達の意識は
「無の意識とも呼べる領域にあると思う」。 つまり、その邪魔をされない時期に
「新たな意識が作られる下地が作られた?」と考える事は出来ないだろうか?

つまり、「新しい意識を創るけれども、邪魔をされる雑念が無かった」
だから「新しい意識に移行を出来た」。 つまり生まれる前の環境も、雑念が少ない
環境で、父親も母親も、雑念の無い環境に住んでいたのではないだろうか?
乱れた雑念の少ない環境が、「子供達に新しい意識」を持たせた。
その様な外的な環境があったのではないだろうか?

仮にそうだとすると、我々大人の意識が突然変異であるにしても、難しい部分はある。
色々な雑念意識、乱れた意識を多く持っているから。 それらの雑念想念が
「新しい意識に向かう為の変化」の邪魔をする。 古い意識が「新たな意識作り」を
妨害すると言えるのかも知れない。 もしもそうだとすると、雑念の多い想念を
少なくしておく必要がある様に感じる。 しかし、これから日本で生まれてくる
子供達の環境は問題が多い。 ストレスだらけ。社会、家庭、学校などに多くの
雑念想念が渦巻いている。 両親の意識は雑念想念で満たされている場合もある。

そんな中では、生まれて来る子供達は「新しい意識の基」を作れないのかも
知れない。 つまり、日本からはヒトラーのいう超人、良い方の新人類誕生は
難しいかも知れない。 今の大人達が余りにも「多くの雑念思考を持ち、雑念想念
を持ち過ぎている」からだと思うな。

975 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 22:25:03 ID:+mujYM/M0
誰か正気な人間がレスしてくれ

976 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 22:34:22 ID:PjTLrKVX0
おまえ、オレのケツの中でアセンションしろ

977 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 22:58:29 ID:BvI2P5f00
闇「えーっ?!光の中にですかァ?」

978 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 23:01:31 ID:bTKEuy5H0
長文だと読む気が起こらないので、簡潔に書いてくれるといいな。

979 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 23:09:06 ID:d/Q4Xci70
快楽殺人が本人の意思ではなく、第三者が
絡んでいたとしたら、話はまったく別問題になる。

諜報機関の催眠技術はそうと進んでいるらしいから。

980 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 23:15:52 ID:kEluz7xA0
でも、殺人って兄弟間などの身内殺人がとても多いのだそうだ。
他人による猟奇的な殺人は話題にはなるけれど。

兄弟姉妹や親子、身内って、こじれると切れないだけに大変。
ところで、みなさん、兄弟姉妹とはうまくいってる?
愛情深い関係で、あるかもしれないアセンション後の社会に向けて用意できてる感じですか?

こんなんではいけないと思いつつ、自分は出来てないけど・・。
自分は棚に上げて、ずるい命令ばかりしてくるので、はっきり言って合いません。
自分の場合、意識の改革とか思っても、いまのところ絵に描いた餅になってるね。

981 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 23:18:41 ID:d/Q4Xci70
時間が解決する時もある

982 :本当にあった怖い名無し:2008/05/03(土) 23:28:43 ID:DCoCaEpf0
忘れることによって解決することもある

983 :本当にあった怖い名無し:2008/05/04(日) 00:05:14 ID:9GCWOsuW0
殺人というのは悪魔が入り込んで来るのだそうな..

妬み、恨みの感情を抱き続けていると悪魔に誘いかけられるそうな。
よく罪を犯した者に聞くと「殺してしまえよ、すっきりするぞ」と言う具合に、そそのかされ
たというのだ。
つまり低波動は心のままでいると同じ質の心である(悪魔)を呼び寄せてしまうのだ。

984 :本当にあった怖い名無し:2008/05/04(日) 01:45:35 ID:JTmQFDo40
最近は数日おきに耳鳴りがする。2、3日おきと言ってもいい。
夜に聞こえる。昼間は感じない。
地震の前にも耳鳴りが聞こえる現象があるらしいけれども、
別の原因で(と言って病気ではなくて)、そろそろ意識的な変化の為に
宇宙的な電磁波エネルギーが届き始めているのだろうか?

最近、耳鳴りが数日おきに聞こえる人はいないだろうか?
その耳鳴りは、生活に支障を与える程の大きい音ではない。
ギィーーーンという音だけれども、ともすれば高周波音。小さな虫が連続して
鳴いている様な錯覚をする音にも似ている。

985 :本当にあった怖い名無し:2008/05/04(日) 01:51:06 ID:3RntoiqsO
>大変です。
クラスでアセンションをしていないのは、どうやら僕のグルー
プだけのようでした。
目立つ女子のグループなどでは、小中の頃に済ませてしまって
いたコもいるそうです。
このGW中にアセンションしようと皆で計画を立てているので
すが、
何かいいアドバイスがあったら教えてください。お願いします



986 :本当にあった怖い名無し:2008/05/04(日) 02:08:28 ID:9nGlXZY90
>>984
耳鳴りじゃないけど、耳が真空パックみたいに詰まるときがる。


987 :本当にあった怖い名無し:2008/05/04(日) 02:20:09 ID:jomUkSui0
>>984
ある。なんだろうね。

988 :本当にあった怖い名無し:2008/05/04(日) 02:31:55 ID:B2e9I6D80
>>984
耳鼻科にいけば万事解決

989 :本当にあった怖い名無し:2008/05/04(日) 02:31:58 ID:HJPiqeJ30
>>984
マグマがぐつぐつ煮えているような感じがする。
山が爆発するか、福島県沖の大地震がありそう。

990 :本当にあった怖い名無し:2008/05/04(日) 02:35:37 ID:B2e9I6D80
>>976
このレスが一番まともに見える

991 :本当にあった怖い名無し:2008/05/04(日) 02:41:17 ID:3+7OhRZ40
今日福島県沖で2回くらい地震なかったっけ?
そのずっと前と、地震起きた後である今も
遠くで車のエンジンかかってる時みたいな
ブーンって低い耳鳴りが止まらないけどなw

992 :本当にあった怖い名無し:2008/05/04(日) 02:47:47 ID:VD7jC1qW0
こちらも現在、数時間 耳鳴りが鳴りっぱなし。
音的にはそれぞれの個人差や、擬音化によりギーーンとか、ブーーーンとかの音で
表すけれども、同じ感じだと思う。
あれでも、これからまだ大きな地震の前兆として聞こえているのかも
知れないな。 地震の話が出ていたので、地震の関係でかもだ。

993 :本当にあった怖い名無し:2008/05/04(日) 03:07:46 ID:47BX8xT10
2012年に本当にアセンションあるわけ? Part17
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1209838011/

次スレ建てました

994 :本当にあった怖い名無し:2008/05/04(日) 03:10:21 ID:VD7jC1qW0
これからの観察課題にしよう。
つまり、耳鳴りは地震の前兆の関係かもしれないし、
月の引力の関係で 脳内の圧力が高くなっているのかも知れない。
明日の5月5日がちょうど新月。 満月と新月に耳鳴りが始まるのか?の
観察をしてみようと思う。 みんなも新月と満月に耳鳴りが始まるのかを
観察してみれば、何かの役に立つかも知れない。

995 :本当にあった怖い名無し:2008/05/04(日) 03:10:51 ID:47BX8xT10
たまには1000取らせてもらっていいですか?

996 :本当にあった怖い名無し:2008/05/04(日) 03:13:46 ID:47BX8xT10
なるほど・・・私もたしかに、最近耳の詰まった感じや
耳鳴りがよくします。
明日がそうですか〜ちょっと注意してみようかな

997 :本当にあった怖い名無し:2008/05/04(日) 03:14:32 ID:VD7jC1qW0
>>993  サンクス


パッ   パッ   パッ    パッ   パッ     ミ /\
 [乙!]  [GJ]   [おつ]  [GJ]  [乙!]    \  \    
  ‖∧∧  ‖∧∧ ‖∧,,∧ ‖∧,,∧ ‖∧∧ /\/ ,☆ 
  ∩・ω・`) ∩・ω・`) ∩・ω・`)∩・ω・`) ∩・ω・∩ (xωx`)ガッ
   (    ). (    ). (    ) (    ) (    ) (    )
   `u-u´  `u-u´   `u-u´  `u-u´  `u-u´  u-u


998 :本当にあった怖い名無し:2008/05/04(日) 03:15:15 ID:O0sufDug0
うめ

999 :本当にあった怖い名無し:2008/05/04(日) 03:16:04 ID:VD7jC1qW0
>>995 どうぞ♪ ではしばらく投稿を控えます。

1000 :本当にあった怖い名無し:2008/05/04(日) 03:16:20 ID:YazpCna5O
せん

1001 :1001:Over 1000 Thread
                      γ
                      (
                      _ノ

                   /
                __
             ,、'"   .  `' 、
             i`ー  _    ',
.             l| !|      i""!|
                 }: }i    |{  !j
               〈| 'J |!   }j  :}
            _ノ;し  i}  {J  |
         ,、-,、'         ハ- 、
         ( .( '、_    _ ,ノ  ノ:i   )
        ,、'""`ー---‐'"フ、_ - _,、' -'"
        (  _   ,、'"    ̄
         `ー--─'"
千本目の蝋燭が消えますた・・・
新しい蝋燭を立ててくださいです・・・

427 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)