5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

現代刀スレッド 其の弐

1 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/20(火) 22:26:40 ID:w9VjnZ2a
語りましょう

現代刀スレッド
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/knife/1198773274/

2 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/20(火) 23:57:29 ID:x8ASHOy0
>>1
乙にござる

3 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/21(水) 00:13:12 ID:dq8ayB/V
今夜は岡山が生んだ我等がヒーローむっちーの偉業70周年記念日です。

ハイパーむっちーナイト会場はこちら↓

【こらえて】津山30人殺し【つかあさい!】九軒目
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1210795251/


4 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/21(水) 00:29:44 ID:Q2JPde8C
現代刀名工

高橋義宗
桜井正次
堀井俊秀
塚本起正
天田昭次

宮入一門(地鉄に働き無し地沸地鉄といったところか)
宗勉(助広写の鍛え割れなしは上手)
大野義光(地沸足らず写り無しながら焼きは上手)


5 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/21(水) 00:33:38 ID:mImUeOmz ?2BP(1000)
今日岡山城に
隅谷氏、天田氏、大野氏 
の太刀を展示したのだが、
大野氏の直刃のたち、映りがあるよ。

あと、隅谷氏も名工だと思う。
少なくとも備前伝の焼刃は最高峰だと。

6 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/21(水) 00:45:27 ID:waX8VCty
あの映りは昔の映りとは違うね。

7 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/21(水) 01:37:20 ID:Q2JPde8C
>>6
その通り。でも現在備前伝を造る刀匠は写りという難敵があるので
厳しいね。吉原兄弟もうまいが匂い口がややぷっつりいって
隅谷さんにはおよばない。
隅谷さんは刃紋作家で後期、地鉄を捨てたのでややNG

8 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/21(水) 03:57:17 ID:rR6tX8Nz
現在の若手刀匠で別格に上手で将来が期待できる方っていますか?


9 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/21(水) 07:24:07 ID:Q2JPde8C
真鍋刀匠(相州伝)
地沸と刃中の働きの沸が白くなれば完璧
現在はまだやや黒い。特に金筋

10 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/21(水) 07:44:51 ID:rR6tX8Nz
>>9
有難う御座いました。
出来れば本名を教えていただけると嬉しいです。


11 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/21(水) 07:46:35 ID:rR6tX8Nz
>>9
今調べましたが真鍋純平刀匠でよろしいのでしょうか?


12 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/21(水) 09:54:57 ID:Stq+omKP
刀剣商から見た真の現代刀名工

堀井俊秀
月山貞一
天田昭次

絞ればこの3名。他とは一線を画すレベルです。

13 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/21(水) 11:25:41 ID:UKwwgn4O
>>12
あなたは本当に刀剣商ですか????

14 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/21(水) 12:48:24 ID:CfTQt2rK
吉原一門は?

15 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/21(水) 14:59:24 ID:waX8VCty
現代刀はこんなもんでしょ。

16 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/21(水) 16:49:44 ID:UKwwgn4O
>>14
>現代刀はこんなもんでしょ。

『こんなもん』てどんな意味ですか?

出来?美術的価値?
古刀と比べたら?
新刀と比べたら?
新新刀と比べたら?

詳しく教えて下さい。




17 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/21(水) 16:51:47 ID:UKwwgn4O
16ですが。
>>15でした。

18 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/21(水) 17:33:47 ID:dOVRQTjW
今が作刀域が限界

19 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/21(水) 17:34:40 ID:dOVRQTjW
使うには最高ですけど。

20 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/21(水) 19:01:12 ID:Stq+omKP
当たり前。
現代刀のが日刀保の紙付き刀より切れ味は上だもん。

21 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/21(水) 20:17:27 ID:waX8VCty
そんなことないよ、末のまともな刀使ったことありますか?


22 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/21(水) 21:19:49 ID:pmnXTRtO
大野さんの荒試しの結果を見ると切れ味と強度なら昔の刀と同じか上だと思う。
昔の大業物以上のもので荒試しする人なんかいないから本当のところは
分かんないけど。


23 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/21(水) 22:16:55 ID:waX8VCty
大野さんの荒斬りの話はよくスレで見ますめど事実はどうですか?聞いたことが
無いですけど、事実確認の情報はあいりますか?
強度は現代刀も負けていないでしょう、勝っているかも?
昔の人は荒斬りなんてしないから、だって刀は大事ですからね、テスト程度
はしたかも?
人や死体は斬っても荒斬りは、ほとんどしていないと思います、大業物だったら
高い刀ですからなおさら斬らないでしょう、昔の人は合理的です、業物と言われる
刀は商売が入っていますよ。
バイバイW

24 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/21(水) 22:25:50 ID:Q2JPde8C
故宮入師曰く昭和の名工は高橋義宗と堀井俊秀が双璧と。
貞一は腕よりも名門で云々・・・・

25 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/21(水) 22:27:44 ID:Stq+omKP
>>21

あるよ。うちの親父は新田宮流で一ヶ月に一振り刀潰してたから
どんな刀がよく切れるかは分かってる。
結構高い刀も試し切りしてたよ。昭和のまじめな刀がよく切れるらしい。

26 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/21(水) 22:40:06 ID:waX8VCty
どの刀を使ったのですか?
昭和初期の真面目な刀は良いらしい。
斬れるのはもとより耐久性の問題が大事。


27 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/21(水) 22:44:47 ID:waX8VCty
でも凄いですよね、少なく見積もっても拵え込で35万×12ヵ月×10年
としても4200万ですね、お父上はお金持ちですね。

28 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/21(水) 22:55:51 ID:pmnXTRtO
>>25
1ヶ月に一振りって一体いくら使ったんだ!?


29 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/21(水) 22:57:25 ID:waX8VCty

21ですけど因みに末備前無名使っています(現代刀も)短いですが重ね身幅あり丈夫です。

30 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/22(木) 08:44:17 ID:3+hGm4ak
>>27
田舎の地主だったからね。
見渡す限りの山をいくつか所有してたよ。
あとアホなスーパーカーも一時期あったよ。
詳しくは知らんがフォードのGT40?とか。
刀には2億くらい使ってると思う。
呆れた刀剣商は美術刀剣でも平気で試し切りさせてたとか・・・。
竹じゃなくて樫の木を切ってたらしいぞ。

31 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/22(木) 08:50:50 ID:UZ8EvM09
んーフェラーリとかカウンタックじゃなくてGT40か!
その好みでいきなり好きになった。

32 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/22(木) 09:21:10 ID:sg/Fun51
>>23
20年以上前の無鑑査になる前の事です。

大野義光現代刀荒試し
この時の「義光刀」は2尺3寸5分 元身幅1寸1分 小沸出来 逆丁字 
作り込:本三枚 
以下でワラ何本とあるのは、(畳表1枚半で1本のこと)したがってワラ3本というと、畳表4枚半を巻いた太いものになります。

●第1回  試刀者  戸山流 某氏( 実名は了解を得ていないため容赦ください)左右袈裟斬り ワラ3本  切断 4回
横一文字斬り(左右) ワラ2本  切断 2回
片手左袈裟斬り    ワラ2本  切断 1回
据物斬り   ワラ4本(3回) ワラ4本半(2かい) 切断

●第2回  試刀者 某氏 某流
孟宗竹 2日間荒斬り、直径7センチ以上のもの、竹林に生えているもの、切断本数数え切れない。
桜、生木、直径7センチ位 12本 切断
松、生木、直径12センチ位 3本 切断
孟宗竹(枯れ竹)直径7センチ位 右袈裟斬り 10本 切断
弓 1本  竹刀立切り 4本 切断
畳表1枚半の中に牛の太骨直径8センチ以上を巻き込んだもの4本切断
鉛板 幅10センチ 厚2センチ 6回切り込み9分切れ(小さな刃こぼれ)番線(針金)1・5ミリ 3本巻き 15回切断
2寸釘(台上)1本切り 2回切断・2寸釘(台上)2本切り 1回切断

●第3回  試刀者 某流 某氏
孟宗竹  直径6センチ以上  荒切り 80本以上

●第4回  試刀者 某流 某氏
欅板 幅約30センチ 厚9センチ 長40センチ 正座切り 3回(2回約15センチ切り込み3回目で切断)
銅 丸棒直径2センチ 正座切り2回 8分切(小さな刃こぼれ)

●第5回  試刀者 某流 某氏
孟宗竹 荒切り 3日間 150本以上
鉛板  幅10センチ 厚2センチ 2回切断(僅かに刃こぼれ)
ラワン材 幅30センチ 厚1センチ 左右袈裟切り6回切断
ラワン材 1寸角、台上に5本並べて2回切断
無銘刀 打ち込み合い 100回以上 相手の刀に棟、鎬、刃、切り込み残る 義光刀、刃こぼれなし 無類の強さ(強靭性の試し)
無銘 槍 約1尺 末備前3角  中央にて台上切断
無銘 槍 約6寸 3角 台上にて切断 台版切断の上コンクリートに2センチ食い込む。
日本刀(現代刀)2尺4寸 棟より1刀で切断 3回
軍刀の日本刀と棟で打ち合い、日本刀折れる。(2尺2寸)関物 1回
ブロックに打ち込みブロック粉々 5回 (義光刀僅かにはこぼれ)
この後義光刀は強靭さを試すため、折れるまで金床に打ちつけついに2/3ほどのところから折れた。

●第6回 試刀者 某流 某氏
兜 砂をつめて試す  約1センチ切り込み
兜 松丸太(地面に杭状に打ち込む)にかぶせて試す  かなりの切り込み
(この兜試しは折れた後の義光刀で試した)刃こぼれほとんどなし
以上が荒試しの内容ですが、第1回から第5回の折れるまで約3ヶ月を要したとのことです。
まさに驚くべきことで信じられない内容ですが、真実のことであります。



33 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/22(木) 09:50:59 ID:/Y6Jw7BD
>>32
このコピペうざい。。
某流、某氏 某某某
大野丁子の場合の刀は非常にもろい。
でも美しい。
あきるけどね。

34 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/22(木) 11:09:56 ID:UZ8EvM09
専用ブラウザで「あぼーん設定」しておくと便利。
ここ最近導入したが わけわからんカキコしてる奴は大抵同一人物。
随分とすっきりした良スレにしか見えなくなります。

35 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/22(木) 16:12:16 ID:MeA2L1A5
32
この記事は前にも見たけど真実性が無い。

36 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/22(木) 16:14:51 ID:MeA2L1A5
結局折れたのですよね、切れ味が有っても耐久性が無い。


37 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/22(木) 17:24:07 ID:/Y6Jw7BD
現代刀工、そういえば二唐さんも上手!
この画像下手だけど二唐さんの丁子出来は一線を画してる。
ttp://sinogi.dee.cc/katarogu/1610/kunitoshi-k13208/kunitoshi-k13208.htm
直刃出来で120万か、本当に価値が見直されてきたね。


38 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/22(木) 17:31:23 ID:sg/Fun51
>>36
よく読んでね! 耐久性が無いと思いますか・・・

原文は私では有りませんが荒試しは20年以上前ですが真実です。
以前、大野刀匠本人とお話して確認致しました。
ちなみに「銅と鉛を斬った時の刃こぼれしたのが不思議だったが後で
原因が解った」それから兜割の際の兜の固定方法が・・・などなど話
してくれました。

39 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/22(木) 17:50:58 ID:MeA2L1A5
分かりました、最近の刀はそれほどの刀は無いのですか?33さんの話は聞きますが。

40 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/22(木) 22:20:37 ID:oIY8cpHo
>>38
兜割の固定方法の話をご存知とは、本当に大野刀匠と話を
された方ですね。私もその話を御本人から伺いました。

他の刀匠の方で荒試しに挑まれる方はいらっしゃらないのでしょうか。
いや、美術工芸品でそれは出来ないか…

41 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/22(木) 23:00:54 ID:zvB46p/1
本当ですたら欲しいです

42 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/22(木) 23:17:28 ID:zvB46p/1
大○さんの刀は刀が逝った時は保障効きますか?
効くなら注文したいのですが、情報ください。


43 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/22(木) 23:29:27 ID:tunc9vrA
つ 松○次康

44 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 00:31:25 ID:KDJE3XtV


45 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 01:58:50 ID:Tylxs5S5
大野さんに切れる刀を注文するといくらになるんだろう?
山鳥毛だと500万を超えるらしいけど。


46 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 05:38:46 ID:JlHhtTJg
45
斬れる刀と斬れない刀とどう違うのですか?


47 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 06:16:29 ID:Tylxs5S5
>>46
斬る目的で作られた刀と鑑賞目的で作られた刀。


48 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 08:04:28 ID:D8F0eGu5
斬れる刀≒刃がついてる
斬れない刀≒刃がついてない

2chの住人と一般の刀持ってる人たちの定義は違います

試斬用の刀は「使い捨ての消耗品」です、よって消耗品なのに100万〜
の刀を使う人は滅多に居ません。
逆に鑑賞するほど綺麗ではない安い刀を試斬用として使ったり
経費を抑えて製作した刀を居合用刀とか試斬用とかと言うだけで
値段で区別されるのが通常かと。

およそ10〜80万が居合や試斬用 80〜くらいから鑑賞用として
使い分けてるかと

別に40万のかたなで鑑賞を楽しむも 500万の刀で居合いするも
個人の自由ですがね、お金さえあれば・・・

49 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 08:26:25 ID:MgWiUbdh
金があれば虎徹や清麿、それどころか正宗や三池典太でやる人もでかねないだろうね。
日本には刀に狂った金持ちが居なくて助かる。
アメリカ人辺りだと本気でやりそうだからな。

50 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 09:10:52 ID:KDJE3XtV
47
作刀、材料はどう違うのですか?

51 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 09:42:35 ID:UTRb//xF
>>45
大野刀匠は斬る刀と鑑賞する刀は作り込みが違います
斬る刀は本三枚、鑑賞は甲伏せだそうです。

価格は現在たぶんどちらも300万円位だと思います。(研ぎ上がり、白鞘)
しかし、斬る刀は現在は受けてくれないと思います。(無鑑査刀工の
立場で刀の美術的価値を考えていますので斬る為だけの刀はたぶん
作らない)
鑑賞刀が斬れない訳では有りません昔から備前刀は甲伏せが多い。
荒試しに耐える様な刀は本三枚がより良いとの事ですが美術品として
見た時少し劣る作品出来やすいそうです。

金が有ったら本三枚で美術的も美しい試斬刀が欲しい!

保証の件ですが刃ぎれ以外は無理でしょう、斬り手のミスで折れる場合
も有るでしょうから・・・


52 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 10:14:25 ID:KDJE3XtV
刃切れを保証してもらえるなら確かな刀匠さまですね、斬刀は受けていないとは残念
です、通常竹を普通に斬って、刃切れしても保証してもらえないのが殆んどです。
予断ですが末備前は芯金は入っていますが一文字系は入っていないと思いますが?
本三枚の作り方が理解出来ません、折り返し三枚なら理解できるのですが・・・
どうやって作るか教えてください。

53 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 12:44:29 ID:YPfByd5T
>>51
良くご存知ですね。
直接頼み込んでもダメですか。
本来備前伝はきっちりと丁子を焼けるかどうかが命ですから、
三枚で造りこむと刃縁にいやらしい働きが出やすいんですよね。
沸かしを上手くやれば甲伏せとそんなに変りませんよ。
大野氏ぐらいの名人だと。

54 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 12:51:07 ID:W8FKrrwf
>>42
お前みたいな糞カスが刀を持つ資格ネーよ。
iPodじゃねんだから保証なんてするわけなーだろ。
爪切りでも買って鑑賞しとけ

55 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 13:46:49 ID:YvCyVovR
大正、明治と刀作りは廃れてきたが、昭和に入ってからの刀は酷いらしい。
特に昭和初期、20年前後は日本刀とは名ばかりで、切れない刀しか作られなかったと聞いた。
その理由は鍛錬せずに鉄を延ばしただけの偽物だから。それを軍刀と言うらしい。
骨董店からの知識です。
うそくせー。

56 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 17:13:37 ID:JlHhtTJg
54
私の使っている刀は刃切れ、折れに関しては保証してくれます、(竹、茣蓙に限って)
自信が有れば保証するし無ければ保証しない
52の質問は分かりません、どうやって本三枚にするのでしょう


57 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 17:36:37 ID:D8F0eGu5
>>55
その骨董店の亭主はいまだに地動説信じてるくらいの馬鹿物かと。
大抵の刀は普通の鍛錬、太平洋戦争時に刀が急激に不足したために
特殊軍刀や靖国刀匠でもおいつかなく造兵刀として一部鉄を延ばしただけの
物もあるが。

そもそも刀の偽物ってなんですか?鉄伸ばした形だけの刀はともかく
科学を利用して作った特殊軍刀は日本刀の進化の歴史で最後の進化
でなんですが。満鉄刀もいまでは本物は高いですしね

現在の刀の作り方は江戸後期の2重構造しか法で認めてない、それが
刀剣市場とかによって歪められ、その製作以外の刀は偽物と
言われてる経緯があります、しかしそれをいうと古刀は全部偽物という理屈に

普通の本鍛錬で靖国刀自体は全体出来の良い物ばかりでも、
現在価値が高いものですが当時は偽物ということでゴミ的な値段で販売でしたが

58 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 17:46:51 ID:c4Z4DaJw
荒試しは意味なし


59 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 17:51:05 ID:c4Z4DaJw
極限値は数値化しなくちゃ
何世紀の話だろうか


60 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 18:58:14 ID:D8F0eGu5
>>57
見直して吹いた、、地動説→天動説

61 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 19:24:30 ID:e/V+8xgC
うんこビチビチビチビチビチ!!!!!!!!!!!!!

62 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 20:13:33 ID:KDJE3XtV
本三枚作り方教えて?

63 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 20:27:11 ID:m14HoGqM
>>62
ttp://www.eonet.ne.jp/~sumihira/04kajikoubou/4tukurikomi/tukurikomi.html

64 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 21:46:40 ID:KDJE3XtV
本三枚の作り込の写真だけが赤めていないので文章で書いてあっても理論で
あって実際どうやって貼り付けるか写真が無いので分かりません、物理的に
考えて三枚の鉄を順番に張り付けていくと最初に金が結構溶けるので最後の
鉄を張る時には最初に貼った鉄と厚さが変わると素人考えで思うのですが、
皮金の溶ける予防として衣金を張ると書いてありましたら写真が無いので
分かりません、詳しい方いましたら教えてください。

65 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 01:44:58 ID:MPzXntUZ
やはり、分からないのですね、残念

66 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 06:06:14 ID:94f7T1W3
>>65
別に分からない訳ではありませんがあなたの態度が 
気 に く わ な い の で 教えません。

67 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 06:51:38 ID:MPzXntUZ
態度を改めますので、そんなこと言わないで教えてください

68 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 08:14:42 ID:I6MMWj5h
吉原兄弟の刀剣の業者価格が今回のオクでわかったね。
注文うちなら300以上がオクで90万円代・・・・
業者の青いでも130万、市では80万ぐらいでしょうね。泣

69 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 11:43:04 ID:fV9X7ewi
>>68
写し物や彫が無ければ300以下で注文打ちできるよ。


70 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 13:28:08 ID:MPzXntUZ
現代刀の価格が落ちていますね、まだ打ち下ろしで5,60で売れるうちは
いいのですが、刀匠も大変です、私の知り合いなんか30で出していますからね
大変

71 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 15:27:26 ID:MPzXntUZ
竹花久司刀匠の試斬刀を使っている方いますか?、刀匠のホームページでみました
刀匠曰く丈夫とのこと、興味がありますので知っている方が居ましたら感想
などお聞かせください。

72 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 17:02:58 ID:hMkGWTi8
現代刀も含め、古刀〜新々刀まで在庫余ってるから
どうしても現代刀は値上がりができないのが現実かと。

そして良い作品すら安値で売買されるので一般の鍛冶屋は刀などでは到底
食べていけない・・・
無鑑査か一部の人気刀匠のみ

刀剣も持つこと自体が一般の認識だと異常な趣味と写る、

また一般認識では、刀を持つことは難しい、武器として禍々しい刃物
と思われ、「美術品」ということがわからない方のが多い。
持ちたい人が居ないかわりに刀だけあふれてる・・・

幕末で480万振り、明治廃刀令で350万振り、大戦後紛失没収され200万振り
実際朽ちないで残ってる刀は150万振りくらいと思われます国内で

しかし身近な人で会社で友人で刀を持ってる方どれくらい居ますか?
ほとんどいません!故にあふれかえる
値段はこれ以上安くしても買う人は限定されますからね、


73 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 19:12:45 ID:h0Dw0hfu
ボクの知り合いで刀持ってる人は2人かな〜一人はおじいさんが刀匠で幼いころから刀がある
のが普通の日本家庭だと思っているし あと一人は、やはり前々から自宅に脇差しがあったって
言ってます
二人とも最初は普通の日本家庭は皆持ってると思っていたみたいで大人になって
普通の家庭にはないことに気がついたみたい 
ちなみにその後自分でも新しく買っていて数増えてました



74 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 23:19:15 ID:YOeoi0Ts
>>71
俺は使ったこと無いけど竹花さんに会ったときに
「今度斬るために作った刀で試斬り会をしますのでいらしてください」
と言われた。たぶん料金はかからないと思う。
まだやっているのなら行ってみれば。


75 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 23:38:08 ID:d0Bxbd8o
小宮國治刀匠の刀の購入に興味があります。目的は居合稽古と試斬です。
刀匠のオシャレなホームページは拝見したのですが、
いくつかのネット通販刀剣商で作品をみかけますが、
ぐぐっても2ch 過去ログを見ても、これといった評判が見つかりません。
マイナーな方なのでしょうか?



76 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 00:01:52 ID:YnQuJFsz
竹花刀匠の試斬刀はいくら位しますか?

77 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 02:39:44 ID:AmSiMtkB
竹花刀匠の刀ってギネスに挑戦する番組で1000本斬りに使ったよね

78 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 02:46:17 ID:gON8PtJk
>>76
値段は分からないけど竹花刀匠が通常の鑑賞用よりは安いといっていたよ。


79 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 05:48:43 ID:YnQuJFsz
打ち下ろしで御幾ら位ですかね?

80 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 06:49:28 ID:D0WNc76o
>>80
ホームページがあるからメールか電話で問い合わせればいいと思う。


81 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 12:51:40 ID:2pu2bW0R
現代刀ならオークションで購入しても安心ですよ。
私も何振りか宗勉と河野貞光を購入しましたが
結局安上がりなのでお徳かと存じます。

http://www.bidders.co.jp/dap/sv/nor1?id=104755391
この赤松太郎光宏かなり出来がよろしいですな。
http://www.bidders.co.jp/item/105169176
あと高橋貞次も豪快なのが出てきました。

82 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 13:13:28 ID:YnQuJFsz
寸法が合わない

83 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 21:27:05 ID:BDzokfUB
>>81
この貞次は保存通らないよ。

84 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/26(月) 02:34:45 ID:K760OAii
>>83

なぜですか?
教えてください。

85 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/26(月) 02:56:21 ID:H3uFRdgO
偽銘。

86 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/26(月) 03:53:36 ID:K760OAii
>>85

ありがとうございます。

87 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/27(火) 11:17:56 ID:iyNjwuOH
>>83
この堀井俊秀はどうでしょうか?

http://www.bidders.co.jp/item/105330107

88 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/27(火) 12:36:40 ID:rsJaV7af
>>81
下のはまるで赤松太郎の刀銘を消して後から銘つけたくらい
作りがに・・・ゴホゴホ(’’;

89 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/28(水) 00:18:57 ID:HwSgVS4M
>>87
聞くまでも・・・・
ってキャンセルされてるじゃん

90 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/28(水) 01:50:30 ID:HwSgVS4M
>>87
すまん。また出てた。
信俊刀匠は昭和十八年11月までフィリピンにいたので
資料あさられたら即偽名。
というかそれ以前に・・・
本当に堀井俊秀刀なら100万でも欲しい。
宮入刀匠の「刀匠一代」を読めば堀井刀が欲しくなる。

91 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/28(水) 01:56:07 ID:HwSgVS4M
「それから刀鍛冶の方では、最も影響を受けたのは清麿だね、この人の
ことは別として頭の下がるような仕事をしている人は相当沢山いる。
なんと言ったって千年もの歴史をもつ刀剣の世界だから、名人、上手
は両手に数え切れないが、近代の名工では、私は北海道の堀井さんを
第一の人だと思っている。」
まだまだあるけど疲れた宮入刀匠著 刀匠一代 読んで下さい。。。

92 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/28(水) 15:43:45 ID:TN25kYO4
銘より裁断能力が気になる。刀身で1キロってことは
巻藁斬りが楽しめる重さだ。太刀で試し切りしたことあるか?
楽しいぞ〜〜〜ww

93 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/29(木) 01:58:34 ID:M5IIRX0D
竹花刀匠以外に刀匠本人が試し斬り刀宣伝販売している刀匠は居るのですか?
宗刀匠や河野刀匠は斬れるとゆうことで名が売れていますが本人は宣伝してな
せんよね。

94 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/29(木) 07:26:52 ID:2bcO7H97
居ない。

95 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/29(木) 20:39:06 ID:M5IIRX0D
自信があるのですね。

96 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/31(土) 19:07:54 ID:XK9+N9J7
昨日TV番組でお笑いタレントが畳表をいとも簡単に切っていましたが
芯に竹が入っていませんでしたが、今は竹を入れないのでしょうか?

97 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/31(土) 21:45:03 ID:Rf0ygCB6
お笑いタレントと言っても居合いやってる人も少なくないらしいぞ。
タレントはなまじ金あるから名刀もってたりする。
噂の話ならタモリなんかかなりの名刀を所持している上、居合いの腕は日本屈指と言う。
タモリの抜刀は神速で一秒間の千分の一の世界まで写せるスピードカメラでも何も映らないらしい。

98 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/01(日) 16:07:28 ID:eXdjKUzT
>97
テレビ東京
居合の先生を訪ねる番組
若手のコンビだったよ。見た目へっぴり腰。一人が見事で一人は外した。

99 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/01(日) 19:58:08 ID:C4rNJrk5
そのじ居合の先生は、刀剣はたやさんじゃない。

100 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/01(日) 21:00:57 ID:oT1WkP7r
>>97
デタラメ流すなよ大ボケ!タモリは柳生新陰流二段は持ってるけど
ただの愛刀家なだけ。

>一秒間の千分の一の世界まで写せるスピードカメラでも何も映らないらしい。
人間の限界超えてるって言うかそんな動作できる生物は存在しねーよ。

101 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/01(日) 22:35:55 ID:IpyzI3Au
>>100
スカイフィッシュ

102 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/01(日) 22:41:09 ID:Jm8JJF9O
そもそもスカイフィッシュなんて存在しねーよ

103 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/02(月) 07:41:57 ID:+777j0LO
>>68

今さらながらだけれど
国家の太刀が90万円台なら
買っておくべきだったと後悔している
でも吉原兄弟の刀剣は電解鉄だというのは本当なのでしょうか?
電解鉄であんなにすごみのある刃紋が出るものなのでしょうか?
だれか知っている人いたら教えてください

104 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/02(月) 13:31:32 ID:lrMBLlNm
もういいよ、電解鉄は安いからコスト削減ということで駄目ですか?

105 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/02(月) 15:47:38 ID:hIqPzDcW
電解鉄だから簡単に出来る刃紋もあるよ!重花なんたら

106 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/02(月) 16:52:46 ID:k/O7xr/J
電解鉄は高純度の鉄です。玉鋼は不純物が多い鉄です
鍛錬するのはこの不純物を取り除く為です。

また折り返し鍛錬は横からの衝撃実験では
0回2.42 1回4.882回 5.08 3回2.42 16回2.42
要は折り返し鍛錬を2回以上すると素延べの状態まで強度が元に戻ります
なぜ鍛錬するかは「不純物除去」が最大の理由です。
不純物が多すぎると良く錆びる脆い鉄になります

古刀では製法が今と違い低温鍛錬の「低折り返し鍛錬」の「1重構造」が基本なので粘り強い
刀が多かったかもしれません。

鉄の錆びる硬いは不純物が原因で、純鉄は錆びなくとても柔らかいものです、
不純物炭素で硬さを調整してるわけですが主に。
これにちょと違う金属をいれるとまたより硬い鉄になります、
平成の虎徹、、もこれをふまえ折り返し2回で電解鉄に不純物を自己で混ぜ
通常の玉鋼より硬く、鍛錬回数をおさえて強度を上げる手法を使ってる方が居ます。
刃紋は焼きの時の土置きなので影響はありませんですし。
電解鉄は錆びやすいといいますが逆で工学上は錆びにくいはずですしね。

いま言われてる電解質の悪い印象は刀剣店の幻想かと。勝店がいう結果のデーター
自体がないのと相反するデーターなら存在する点から。

107 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/02(月) 20:52:37 ID:HN88xzrW
>>106
平成の虎徹とは河野貞光 石断丸の事でしょうか?

硬くして強度を上げる手法はわかりました。硬いから斬れ味がいい。
しかし紙、茣蓙、竹が斬れる位鋭利に砥いであっても刃毀れしない。
それだけ硬くして、砥いであっても刃毀れしない手法は?

108 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/02(月) 22:14:33 ID:cvnv0Rig
そういや友達から聞いた話だがリアル斬鉄剣ってのがあるらしいぞ。
ルパンに出てくるヤツを実際に作って見たとか。
安岡力也だかなんかその辺りのタレントが車を両断したとか。しかも刃毀れ無し。
材料は何なんだろ。なんでそれで刀を量産しないんだろ。そんな刀欲しいんだけど。
人間国宝級の刀なのかな。

109 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/02(月) 22:31:23 ID:lH/Ba2gf
>>108
あんたが海外在住なら、岡山アロイ工業に三千万円ぐらい払えばつくって貰える。

110 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/02(月) 23:20:34 ID:e+IATnAq
>>107
無いよ、何時かは刃切れか折れる

111 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/02(月) 23:59:19 ID:XVu4Yx0X
無い事はないだろ?実際存在するんだから。

まっ、200〜300万も斬れば金属疲労で折れるかな?

112 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/03(火) 00:47:24 ID:3vOnDX3v
10万持てば100点(5センチの竹を斬って)

113 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/03(火) 02:59:13 ID:BN0eZ7HB
>>112
私のは軽くもう及第点です。

10万本なんて楽勝ですよ。
福岡の弟子にはそれ位斬ったのが、ごろごろいるらしい。
「2〜30万本斬ったら砥いでもらおうかな?」だって。

114 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/03(火) 03:14:58 ID:rgyZCJkE
河野貞光は子供5人いるんで金に困ってるから(沢山といっても年24本)造ってる
今虎徹は販売業者が勝手に命名したものだから河野刀匠は虎徹を目指して造ってる訳じゃない



115 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/03(火) 03:40:13 ID:9MD6pWWz
>>113
どう考えてもそれ電解鉄じゃないだろ?

116 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/03(火) 11:51:57 ID:5gOjAmk6
同じような竹を何万本も斬って楽しいのかな、たとえば10本まとめて斬れたなら、もうそれでいいんじゃなかろうかと思うのだが。


117 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/03(火) 15:15:03 ID:3vOnDX3v
>>113
30万本って月どのくらい斬るのですか?30万本斬ろうとしたら相当な時間
がかかるでしょうね、毎週200本斬っても月1000本、年間で12000
本ですから暇があるのですね。

118 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/03(火) 15:51:54 ID:hU0vRZiN
>>117
>毎週200本斬っても月1000本、年間で12000本ですから

私の場合、休日に朝から夕方まで時間があると1千本斬ります。
連休だと2千本斬る事もあります。

いい運動になります。私にはストレス解消にもなります。
(色々言う人もいますが、個人的な趣味ですから)

次の日ちょっと筋肉痛があるけど。

119 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/03(火) 16:20:02 ID:RBNZ3s3d
>>107
硬い刃だといくら斬ってもそうそう刃が減りにくく
また切味も良い。
がやはり刃こぼれはどうしてもしますよ、刃筋がくるえば
刀にはいつでも妄想や噂話が多くそれが過大になる傾向があります。

ずっと刃こぼれしないのは使い手次第かと、刃筋と軌道さえあえば刃こぼれ
はまずしません、鉄板叩いても。
同じ刀でも使い手が悪くて無理な「軌道」「刃筋」「力方向」で
曲げたり刃こぼれは良くあることですから。

また竹はそんなに刀に負担はかけないです、5cmくらいのなら
硬い種類の10cmの竹とかは危険ですが。
竹3000本くらいでは普通刃はあまり磨り減らないから安心して良いかと

河野さんの刀で新品一発で駄目にした人も居たが・・・
曲げる刃こぼれする方の特徴として力みすぎて軌道がまっすぐでなく
曲がってる、刃筋と力のかかる方向が違う、この両方がかさなると一発で駄目
にとかありますから・・・
河野さん意外で試る事を目的とした刀を製作する方で戸○流居合向けにつくってる
鍛冶屋が居ます

120 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/03(火) 16:27:17 ID:lgjU7NN6
>>118
九州にはそんな方が多いのですね、竹藪がすぐ無くなってしまいますね
演武会にはあまりこられないのですね。

121 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/03(火) 16:44:22 ID:lgjU7NN6
>>119
河野さん意外で試る事を目的とした刀を製作する方で戸○流居合向けにつくってる
鍛冶屋が居ます >

刀匠はどなたですか?差し支えなければ押してくださ。
河○さんの試斬刀は不思議と無理しても刃こぼれしなかったです、刃も
減らなかったですが、多少の曲がりと刃切れしましたので処分しました
無理なことをしないのならいい刀と思います、ただ硬い刀は怖いです。

122 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/03(火) 17:05:04 ID:nTtwV/7V
>>120-121
私は九州ではありませんが、地主に許可を得た竹藪3ヶ所もあれば、
無くなることはありませんね。1年で1ヶ所斬っても2年待てばまた出てきますから。

試斬する人にしては、素人みたいな質問しますね。

門弟ではありません(個人的な趣味です)から演武会には出ませんね

123 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/03(火) 19:27:38 ID:XZAggMyf
>>118
どんな刀を使ってるんですか?

124 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/03(火) 19:29:44 ID:XZAggMyf
>>119
中田正直ですか?

125 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/03(火) 19:46:05 ID:EfRHaFS2
知り合いで、水に漬けた藁束を切ったところ
灰汁が付いてあと難儀したといっていたが、
皆さん灰汁は付きませんか?

126 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/03(火) 20:20:09 ID:RBNZ3s3d
関住正直ですね

かなり良く斬れる刀でしたが≒刃が硬い
鑑賞には不向きです。
身幅が広めの丈夫そうな刀ですが。

たぶん斬れると堅牢をモットウ?に作ってるかも

戸山流は大戦時の陸軍の刀操作訓練から生まれたらしいもので
試斬りを主にやってるらしい。

127 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/03(火) 23:53:29 ID:ES7f8IKF

あのリングでやる撃剣だけは止めて欲しい

128 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/04(水) 00:12:49 ID:i0X0/q8V
何か醜いもの見たような気がするが・・・??

>>119 ID:RBNZ3s3d
>>126 ID:RBNZ3s3d

129 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/04(水) 00:14:32 ID:BeUFYCge
何で?

130 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/04(水) 00:17:51 ID:BeUFYCge
>>118
毎週斬ってて筋肉痛になるのですか?御歳の方ですか?御怪我なさらないよう。

131 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/04(水) 00:23:57 ID:BeUFYCge
>>64
答えがでないですね。

132 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/04(水) 09:47:11 ID:3+oIprZu
現代刀で居合い刀って安く売ってますが、それって本鍛錬されてない奴なんでしょうか?
本鍛錬された現代の美しい刀って売ってないんでしょうか?

133 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/04(水) 10:10:51 ID:fSsActxQ
今ホットな話題の電解鉄なら鍛錬の回数は極端に少ないです
16回鍛錬されたしっかりとした美しい刀もありますよ

134 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/04(水) 10:49:51 ID:6nIA3aKk
ほーそれはすごい!なっ。よく刀工が見せてくれたな?常連客か?刀屋か?鍛錬するのをしっかり16回数えたか?

135 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/04(水) 11:40:06 ID:fSsActxQ
騙されて安い電解鉄の刀買ったぐらいでそう熱くなるなよ

136 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/04(水) 11:46:05 ID:QdWkgphZ
ID:fSsActxQ
出鱈目はもう止めましょう。見ていてつまんない。

137 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/04(水) 12:20:04 ID:/g7K2bEn
見分け方は鍛え肌が出てるかどうかぐらいじゃないのかな?

138 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/04(水) 12:29:50 ID:BeUFYCge
信用出来ないなら好きな鍛冶屋に注文して鍛練を見せてもらうしかない
、半分に切る訳にいかないし、巷では肌で分かると言うがどうかな?
話題変えて所持現代刀の自慢話でも聞きたいですね。

139 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/04(水) 12:37:46 ID:QdWkgphZ
そうですね。「斬鉄剣」小林康宏の話聞きたい。        

140 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/04(水) 13:01:28 ID:BeUFYCge
小林刀匠の情報は興味あります、だれか詳しい方居られないのですか?

141 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/04(水) 15:06:18 ID:qRsUPYCN
よく考えたら、現代居合刀って電解鉄使用とかなんとか、なんだか本来の日本刀じゃないみたいな感じ。
それなら、無名の新刀、新々刀で同等な値段の刀のほうが良いような気がしてきた。

142 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/04(水) 18:16:22 ID:HVNI0+mn
無名の新刀、新々刀で同等な値段の刀のほうが売れるような気がしてきた。だろ?

いかにも刀剣店の発想だな?
居合刀と新刀、新々刀のファンはちょっと異なる。
ラグジュアリーカーとスポーツカーのファンの違いかな。?

143 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/04(水) 21:51:40 ID:SX/8NkIZ
今更だけど
電解鉄ってなに?。

144 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/04(水) 22:33:54 ID:SMRmIIyn
俺の赤松太郎光宏は鍛え肌が見えないから電解鉄かも知れない

145 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/04(水) 23:17:28 ID:4AQAsSdx
>>142
単なる日本刀と準日本刀ってとらえかただろ

146 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/04(水) 23:33:37 ID:qB0VO/Nx
日本刀の定義自体がね...

147 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/04(水) 23:56:51 ID:OFHpmDuz
>>142
ほぼ同意。大雑把で極端だけど、
観賞用vs試斬用
古い刀vs現代刀
どれも悪いとは思わないが、ビミョーに好みが違う。
清麿、虎徹、正宗などは誰でも欲しがると思うが、手に入りにくいので別格。

148 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/05(木) 03:56:16 ID:fhT6DSqc
142
商売はしてるが、刀屋ではない。
俺が言いたかったのは、試し斬りするには昔の刀のほうが使用する前提で造られてるので、斬ったり、振ったりするのならば、そのほうが自然じゃないかなと思うって事。
斬り用だから電解鉄っていうのが違和感がある、なんかただの鉄でできてるって、粗末にしそうだな。
実際、古刀、新刀、現代刀の貞光を所持してるが、貞光は見た目凄みが感じられないし、なんか無機質な感じ。ただの斬り用刃物って感じる。






149 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/05(木) 08:34:12 ID:bZqEbBHZ
儀●屋の刀は電解鉄なので試斬の際に折れる危険性大

150 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/06(金) 03:08:41 ID:ON/lk0Gr
>>143
狭義では電気精製の鉄だが、ここでは玉鋼以外の洋式鉄のことだろうね
実際には洋鉄でも作刀法そのものが伝統的手法なら問題ないし、そもそも古刀から輸入鉄は多く使われていたから問題なし
単に刀屋の商売の都合上、玉鋼至上主義になっているだけ
ttp://www.k3.dion.ne.jp/~j-gunto/gunto_031.htm

151 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/06(金) 13:46:29 ID:Ex7kLh6h
>>149

その通り

>>150

作刀法が伝統的手法じゃないから問題なの
折り返し鍛錬が4回しかない
模擬刀に刃をつけたのと何ら変わりはない

152 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/06(金) 13:51:03 ID:BT38mEKB
美術刀剣商の広告がうざい。電解鉄だろうがスウェーデン鋼だろうが本分は切る事だろ。
鉄も切れずに直ぐに折れてしまう見てくれだけの『バールのようなもの』にも劣る
鉄くずの焼き物を作って何になるんだ。


153 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/06(金) 15:03:23 ID:XpsJfMWg
>>151
4回やってるじゃん
電解鉄なら精度が高く、本当は折り返し鍛錬が要らないんだから
儀式として4回もやれば立派な物だと思うぞ

少なくとも法的には何ら問題なし


>>152
よく言ってくれた!
見てくれとカタログスペックばかりで実際には切れん刀を
日本刀の本分だと言われるのは、はらわたが煮えくり返っていたところだ

それにしても、本当は、自衛隊当たりで現代刀を使った剣術を導入して欲しいところだよなあ

154 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/06(金) 16:51:05 ID:bRC8xnFK
144>>俺の赤松太郎光宏は鍛え肌が見えないから電解鉄かも知れないって
ことだが?もし電解鉄なら真面目に研げば肌がよくでる地金、出が悪いの
は研ぎがしっかり研いでいないか、別の鉄だね



155 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/06(金) 21:53:57 ID:rkqxjURN
>>153
いまの戦闘服のアーマーは軽量で頑丈だからね。どうも武道やる人は
そういう知識に欠けている

156 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/07(土) 00:37:29 ID:5j+T+MU2
>>155
真剣術を覚えるのは真剣で相手をぶった切るためだけでも無かろう
英軍でフェンシングをやっているようなもんで、自衛隊で真剣術をやるのも大事だと思うんだよな

157 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/07(土) 01:21:56 ID:BIVrniBi
○雲会の鍛冶屋ビリこいてヒケヒケや、掲示に対して何故受け答え出来ないの
かな?自信が無いのか腕が無いのか分からないが・・・

158 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/07(土) 01:34:42 ID:BIVrniBi
あそこの掲示板は2チャンネルと違って商売だから掲示板の受け答えは
した方が良いと思うのだが、刀匠の信用だからね、売るつもりなら、
趣味で鍛冶やっているなら別だけど、なぜか言葉を濁らせて逃げる
返事書いて書いた奴が納得してしまえば終わりなのにね。


159 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/07(土) 01:41:23 ID:Es/CrKYB
たしかに応援したいんだがあれでは引いてしまう。
実際あの会の某刀匠に注文打ち大小を依頼しようと
したけど一連の態度や発言に人間性が刀に反映されると
思って兵庫の山の刀匠に依頼した。

160 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/07(土) 01:54:06 ID:BIVrniBi
刀工は見栄張ってもしょうがないです、出来ない物は出来ない、
出来る物は出来るとハッキリ言った方がいいと思うけどね
カッコ付けて能書き、口だけより、その方が気持ちいい。

161 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/07(土) 14:51:14 ID:mUWNzonZ
掲示板のできた当初はプロの意見交換の場所。そこにひとりふたりとアマチュアの
ナイフ製作愛好家がはいってきた。だから私らはカキコ遠慮していた。
そのうちに初心者が、ちょっと調べればわかりそうな質問書くようになって荒れて
しまった。少なくともプロ同士の話の場所だって空気が読めない人が参加する
場所ではないよ


162 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/08(日) 02:34:25 ID:ExYbCrwh
荒らされて困るなら掲示板を作らなければいい、刀匠は刀、腕を宣伝すればいい、
刀匠どうしの話は掲示板でなくても、メールか電話で話せはいい。
でもどうやって食べているのか気になる、ある程度の値段と注文が無ければ
食べていけないと思う、訳の分から事止めて、良い刀作って注文取って、勉強して
頑張って欲しいものです。

163 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/08(日) 10:05:45 ID:LKm9omUf
>>162
だから廃止しようかって話がなんども出てたじゃん。見てない
ことの話はしなさんな

164 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/08(日) 23:21:18 ID:RN20UUT6
見てない ことの話はしなさんな >

意味が分かりません説明をお願いします


165 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/08(日) 23:22:22 ID:a89u+Hhw
>>164
ことわる

166 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/09(月) 10:02:33 ID:l2TkJLU0
パンツっていうのは相当アレだね。
某掲示板で自分がキチガイ扱いしてる刀匠から諭されて
こんチワワなんて似合わないHNに改名しながら
何があったか前にも増して狂った書き込みを続けてる。
特定の居合流派とそのメンバーを名指ししてキチガイ扱いしてるけど、
誰が見たってアキバで事件起こしそうなのはこんチワワこと腐れパンツの方だよねwww

167 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/09(月) 10:24:40 ID:/VyNKqx5
だれだって「客」の質問ならよろこんで答えるよ
注文出すわけでもないクレーマー相手にするのはたいへん

168 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/09(月) 12:36:18 ID:bfvcChJb
パンツとこんチワワ同じ人物なの、ホストしてたっていう??


169 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/09(月) 17:53:20 ID:wABvy1fi
何か知らんが些細なことで挫折して人間がひね曲がったらしいね。
ダメな奴はホストしたってヤクザやったって所詮ダメだよね。

170 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/09(月) 21:02:13 ID:NUR9fIpl
刀の話をしろよ。

171 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/09(月) 21:11:13 ID:rAprohze
今度の事件で規制が強まる

172 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/09(月) 21:54:41 ID:lOqgieqd
やくざとホストを一緒にするな

173 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/10(火) 08:29:44 ID:BBiaRTFK
パンツ静かだな。
もしかしてビビった?

174 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/10(火) 09:27:47 ID:4hOfHylu
>173
オークションスレで>704-757と惨い自演を繰り広げている

175 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/12(木) 13:24:06 ID:o9hLfSb8
顔が不細工で彼女いなくて定職もない人間って同じような雰囲気持ってるよね。
パンツとか加藤とか。

176 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/14(土) 01:14:16 ID:JUtTwXfU
人間国宝大隈刀匠は日刀保、天田刀匠は刀匠会
吉原兄弟も弟親子は日刀保、兄は刀匠会って分かれたみたいですね。
これで時期人間国宝は月山貞利と吉原国家で内定?

177 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/14(土) 11:00:08 ID:Vsw8tfVt
現代刀でもそれなりの値段で買い取ってくれる東京のお店をおしえてください。

売り物に現代刀が多いところが良さそうですが、
H名刀会とかなんでしょうか?

178 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/14(土) 11:14:08 ID:ua4Yxblj
>>177
買取より委託販売のほうが高く売れると思う。
時間はかかるけど。


179 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/14(土) 12:15:31 ID:IaP9PFBY
居合用だと買ってくれないところが多いよ

180 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/14(土) 13:13:54 ID:xT7fZ3dC
>>177
刀剣店なんてどんな傑作持っていっても安く叩かれるだけ。
ビッダーズに出品しなよ。それで自分の納得のいく値段で売れなければ
店に持って行けばいいじゃん。ビッダは現代刀好きな人も最近多いから。

181 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/16(月) 13:35:55 ID:mZti0LTS
電解鉄居合刀は鮪解体刀といっしょ。

182 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/16(月) 16:15:37 ID:q+zOroK7
斬鉄も出来ず直ぐに折れるガタナは鉄屑の焼き物といっしょ。

183 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/16(月) 21:23:28 ID:eP8u2tt3
儀●屋の新作刀は全部電解鉄
鉄の棒きれと一緒

184 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/16(月) 21:40:17 ID:L5skQHDZ
丈夫でよく斬れれば、何鉄でもいいよ。いや、
登録できるなら、実は鉄でなくてもいいくらいだ。

185 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/16(月) 21:43:45 ID:5FYEB3dr
電解鉄 は丈夫ではないのだよ。
 ttp://www.touken-katsu.com/knowledge/denkaitetsu.html

186 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/16(月) 22:09:10 ID:wIrN/Uea
>>185
またそこかw
んで、電解鉄は丈夫ではないという具体的なデータはどこにある?

187 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/16(月) 22:50:40 ID:5FYEB3dr
どこかで「茣蓙を切ったら曲がった。竹を切ったら刃こぼれした。」って
見た覚えがあるな。
逆に電解鉄は丈夫だよ、って具体的なデータはどこにある?

188 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/16(月) 23:14:06 ID:lKLo20xv
>
吉原兄弟も弟親子は日刀保、兄は刀匠会って分かれたみたいですね
,ウン????
逆。

189 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/16(月) 23:22:43 ID:wIrN/Uea
>>187
>逆に電解鉄は丈夫だよ、って具体的なデータはどこにある?
俺は見たことがないな。だからお前さんが
>電解鉄は丈夫ではないのだよ。
と断言するに足るような理論的根拠があるのか聞いてみたんだがねw

190 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/06/17(火) 00:45:46 ID:++b7Mn8Z ?2BP(1000)
>>183
>儀●屋の新作刀は全部電解鉄

違うって言っているだろが、
少なくとも自分のしっている刀匠は違う。



191 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/17(火) 10:38:47 ID:fBqyvyQp
>>189
まず
ttp://www.touken-katsu.com/knowledge/denkaitetsu.html
の反論しろ!ボケ

192 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/17(火) 11:17:24 ID:5pEaBmeV
>>189
お前さん,お馬鹿さん?

193 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/17(火) 11:19:25 ID:EuGBhqTH
>>189

そうだ。反論しろ呆け。

俺は儀●屋の口から河野●光は電解鉄と言ったのを聞いたぞ

剣は2chやるひまがあったら修行しろ

194 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/17(火) 11:30:00 ID:5pEaBmeV
剣氏は2chとmixiもやっていていつ修行するんだろ?

195 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/17(火) 11:37:50 ID:EuGBhqTH
これから刀を買う時は刀剣勝にしよっと

196 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/17(火) 12:39:18 ID:cthA/Ivj
>>194
刀剣の里のホロン部というかチーム世耕=剣。

197 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/18(水) 01:55:28 ID:Mp6CWqGK
http://sinogi.dee.cc/katarogu/1610/kunitoshi-k13208/kunitoshi-k13208.htm
二唐さん作 
ここ写真下手だけどこの刀、以前柴田で見たけど本当に良い刀だった。
堀井さんの弟子作で120万か。
堀井俊秀入手は困難だな。

198 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/18(水) 11:27:09 ID:uEmLKTA7
杉田善昭刀匠の刀が好きなんだが
ここでは余り話題に上がらないのかね

199 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/18(水) 16:09:08 ID:2wy4TJzz
>>198
好きなら何がいいか説明して話盛り上げて。

200 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/19(木) 01:58:51 ID:lk85led7
現代刀なら人間的にも尊敬できる人のを買うほうが精神衛生上好ましいと
思う。
天田さんや堀井さん。
でも天田さんはめったに出ないし注文も3年〜待ち、堀井さんの入念作の刀
なんてここ数年見たこと無い。やっぱりそういったものは手放さないのかな。
どちらかの長刀欲しい。

201 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/19(木) 05:00:12 ID:1HfSqGM7
丹羽兼信ってどんな刀匠?ですか。

202 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/19(木) 17:30:24 ID:WckrNGGb
刀以外にも彫刻、修理も旨いらしい

203 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/19(木) 23:54:59 ID:lk85led7
弟子義光に市場価格でおおきく差をつけられた吉原兄弟はどんな
心境なんだろう。

204 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/20(金) 00:31:20 ID:cW625z1z
どの位の差ですか

205 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/20(金) 02:25:17 ID:/HhcTFuH
>>204
1.5倍以上。
大野さんのでも山鳥毛辺りになると2倍以上の差がある。


206 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/20(金) 05:57:18 ID:JeXNbjZp
そんなに違うのですか、山鳥毛写しとは大げさですね。

207 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/20(金) 09:45:03 ID:T05vnZEo
無鑑査前の作品の重花丁子で250万〜
無鑑査後の写しで300万以上
>>206
中々上手ですよ
http://www.nona.dti.ne.jp/~sword/katana/picture/yoshimitu/hamon09.jpg
吉原兄弟なら刀剣店に出れば150万程
平成物でも120万で出てる。

208 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/20(金) 10:00:54 ID:T05vnZEo
健在の現代刀匠で天田刀匠と大野刀匠が価格でも双璧。
ただ、大野刀匠は刃紋は美しいが地鉄の妙味は全くと言って良いほど
無い。刃紋作家。

209 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/20(金) 11:05:02 ID:FSnS+z5q
>>208
そんな事無いよ!
大野氏の作品の研ぎは差し込み研ぎが多いので地がねが見えにくいのです。
金肌拭いを入れ刃取りをした大野刀の地がねを見た事有りますか?
肌が見える見えないは研ぎしだい、地景が縦横によく入った地がね見た事が
ありますよ。

210 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/20(金) 12:37:58 ID:cW625z1z
一文字展で吉房の刀見たけど、大野刀匠の重花丁子と全然違う
同じだったら一文字の価値が無くなるけどw

211 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/20(金) 12:41:49 ID:cW625z1z
http://ime.nu/www.nona.dti.ne.jp/~sword/katana/picture/yoshimitu/hamon09.jpg
これは差し込みではないですね、刃取りしてあります。
上手いけど昔の刀には及びませんね、一文字は買えないけど、この刀
なら手に入れることは出来ますね。

212 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/20(金) 13:10:45 ID:FSnS+z5q
>>211
これ(画像)が差し込み研ぎです。
刃取りが無いでしょう。刃取りとは化粧研ぎの事ですよ。
金肌拭いを入れると地金は良く見えるが刃が暗くなるので刃取り(化粧研ぎ)
をするのです。
この画像の様に刃紋の上下の出入りが激しい大野氏の重花丁字は差し込み
研ぎが良く見えるのです。


213 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/20(金) 13:20:56 ID:FSnS+z5q
>>210
おっしゃる通り同じはずがない匂口が違う大野氏の重花丁字は
明るいが締まり過ぎ一文字吉房は柔らかく深い匂口が明るい。

刃紋は大野氏オリジナル、大野丁字とか入道丁字と言う人もいる。

214 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/20(金) 14:09:54 ID:cW625z1z
>>213
私の眼が悪いのですね、刃取しているように見えました。
大野刀匠も吉房と比較してもらってもこまるでしょうw。
大野刀匠の刀をお持ちですか?綺麗な丁子ですね、私も備前物が好きです、鎌倉
中期の一文字は派手で見栄えがいいですね、金や刃中働も写せたら最高です、
そんな刀を作って欲しいです。

215 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/20(金) 15:32:38 ID:FSnS+z5q
>>211
この画像は成蹊堂のHPからのコピーでしょう。他の画像も確認すれば
刃取りがしてない事が解りますよ。
>>214
私の蔵刀は備前伝が多いです。しかし鎌倉期の一文字や長船はとても
とてもせいぜい応永、永享、末、新刀石堂です。
大野刀匠の刀も持っています(山鳥毛写し影打ちではありません)
本歌より少し光の反射が弱いが金筋は良く入っています砂流しや
葉、足も良く入っている方で綺麗ですよ。欠点はたまに刃縁に
硬い光った刃が入る事(キブイ刃これは良くない)

216 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/20(金) 15:35:02 ID:yCEa8FYs
>>199
土置きをしない事で出るという
あの独特かつ華やかな刃文が良いと思った

なかなか作らない人だと聞いたが
短刀で一本欲しいな

217 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/20(金) 15:45:14 ID:FSnS+z5q
>>199
先日、日刀保本部で新作刀展を見てきましたが
杉田刀匠の今年の優秀賞の短刀すごく良いよ。

218 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/20(金) 16:52:37 ID:SGHvMZWG
>>214
大野氏の刀も重ね3分ぐらいで作って2分5厘位まで研ぎ減らせば
鎌倉位の匂口になるんじゃないか。
>>215
大野氏の山鳥毛はいいねぇ。
何時かは欲しいけど無理だろうね。

219 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/20(金) 17:00:27 ID:T05vnZEo
>>212
差込じゃないですよ。
化粧研ぎです。ここでそれはおかしいと思うのであればそのお店に
聞けばわかります。
青江写しの脇差は所蔵していましたが、やはり地鉄は無地風です。
隅谷さんの方が地鉄を捨てたわりには働きがありました。

220 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/20(金) 17:02:19 ID:T05vnZEo
http://www.premi.co.jp/t-yoshimitu01.htm
これも地鉄、無地風でしょう。
もちろんこれも化粧研ぎです。

221 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/20(金) 17:48:34 ID:SGHvMZWG
>>220
其の短刀は刃取りしてあるけど>>211は差込だよ。
大野氏の重花丁子は複雑で刃を拾えないんだよ。
店主が知らないんじゃないの。重花丁子は本人が差し込み研ぎをしているって
言ってるんだから。ごまかしが効かないからねぇ。刃を拾わないのを差込って言ってるからなぁ。
昔の差込とは違うのかもしれんけどね。
其の短刀は手に持って見たことあるけど、無地風だけど底に肌は見えるよ。
研ぎで肌を出す研ぎ方をすれば、もう少し肌は破出るんじゃないかな。


222 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/20(金) 17:52:50 ID:JeXNbjZp
>>215
応永備前三光をお持ちですが凄いですね、大野刀匠が旨くても、三光と比べれないですねw
>>217
あの逆丁子と言うのですかね、土置なしでやるのですねか?凄いですね、写りも
出てますね。

223 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/20(金) 17:55:16 ID:FSnS+z5q
>>220
確かに刀剣高吉の画像は化粧研ぎです。
しかし、成蹊堂の画像は差し込み研ぎです良く画像を見て下さい。
何度も書きますが大野刀匠の肌は研ぎしだいです。

地肌は新刀のつんだ肌に近いとおもいます。

224 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/20(金) 18:01:46 ID:SGHvMZWG
もう少し

現代刀で肌を出すのは簡単なんさ。其の肌を働きと言うかは別だけど。
硬軟の鉄を積んで折り返しを少なめにすりゃいいんさ。
だけど、大野氏のような出入りのある高い刃を焼くには、鉄の炭素量が均一してなけりゃ一定した匂口の丁子刃は焼けないんさ。
だから地鉄を良く練り鍛えて炭素量の調節をするんさ。
必然的に地肌は良く積んだ地鉄になるって事だな。




225 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/20(金) 18:01:50 ID:JeXNbjZp
昔のような差込研やる研屋はすくない、差込でお願いします、ハイ分かりました
と言いながら刃取する、こんな話は良く聞く、刃取の方が研屋は楽でしょう、
差込風と言うことでどうでしょうか?


226 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/20(金) 18:08:24 ID:SvQO4mme
>研ぎで肌を出す研ぎ方をすれば、もう少し肌は破出るんじゃないかな。
それ、薬研ぎあるねw
刀に後々ダメージが残るあるよw
数十年後が楽しみあるねw

>>211は硝酸使っているから刃がギラギラあるねw
この手の派手丁子、刃を優先するから無地当然あるよ
地肌を優先すれば、刃が地味なるね
お客さんもっと勉強しなきゃダメあるよw

227 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/20(金) 18:13:17 ID:T05vnZEo
>>225
そうです。本当の差込は刃部は地鉄の色と同じに見えます。
刃縁の匂口のみ白く見えます。
>>224
現代刀と言うかそれが古刀の鍛錬です。
そしてその鍛錬法で肌に働きがあり元から切先まで一定した匂口とふっくら
柔らかい刃を焼くのが名工です。
大野刀匠は地鉄を起こせば刃が眠くなりがちで匂口も締まりすぎる
きらいはありますが、現代ではものすごく上手だと思います。

228 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/20(金) 18:20:27 ID:JeXNbjZp
>>226
詳しいですね、知識が有る方の書き込みは嬉しいです。

冴えさせるために現代刀は高温で焼くと聞いたことがある。

229 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/20(金) 18:25:39 ID:SvQO4mme
昔のような差込研やったら地味過ぎて今のお客さん変な顔するある
だから、硝酸使って刃をギラギラさせて引き立たせればお客さん喜ぶあるよw
「あー 刃が冴えてるッ!!」てねw

230 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/20(金) 18:27:20 ID:T05vnZEo
刃紋は義光、地鉄は国家ですね。
吉原一門では。
国家さんは小糠風にならないからいい。

231 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/20(金) 19:34:17 ID:JeXNbjZp
研ぎの知らないお客だったら手抜きしたと思われると思います、古研ぎは
いいですね。

232 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/20(金) 21:39:25 ID:cW625z1z
応永、永享備前を所持している人が現代刀がいいって言うことが凄

233 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/20(金) 22:13:22 ID:8wI45GkV
>>231
現代の研ぎは派手でいいんだが、飽きがきますよね。
例えると英国式ガーデニング。

その点古研ぎは味があるというか、飽きがこない。
例えると和風庭園。

234 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/20(金) 22:26:39 ID:jKFmAIZo
>>233 黙れ池沼
金魚にでも話しかけてろ

235 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/20(金) 23:37:01 ID:T05vnZEo
http://www.geocities.jp/nitinitisyou/_gl_images_/163_6329.JPG

差込研磨。地鉄の肌も起きている。
これでも新々刀の中作。

236 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/21(土) 00:32:04 ID:VGjj/7Be
>>233
不注意で傷を付けてしてしまったり、一部黒錆びの古研ぎの刀や短刀を
研ぎを頼もうか、このままにするか真剣に悩みます、研ぎに出して現状の
研ぎが出来るのか、上手い古差研ぎの刀を研ぎに出そうと考えると怖い。

237 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/21(土) 00:40:13 ID:OVCrn0cA
だろうね、今と昔では研ぎが違う。
けど、正統な研ぎを守っている研ぎ師もまだいるはず。


238 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/21(土) 00:58:20 ID:+qhEel6E
差込で昔よりも上手、または同等の研師は確実にいません。

239 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/21(土) 01:00:24 ID:VGjj/7Be
現代刀スレと関係ないのでスイマセン

意外と看板上げていない所や有名でない、聞いたこともないような、
年寄りがやっている研屋がいい研ぎする所があるよね。

240 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/21(土) 01:15:06 ID:OVCrn0cA
差込でないけど、まともな研ぎする職人はまだいる。

241 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/21(土) 01:18:56 ID:XutBqXBJ
以前研ぎのコンクールで
差し込みでやってる研ぎ師見たけどな

昔より上手いかどうかは見る目がないので判りませんが

242 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/21(土) 03:25:38 ID:VGjj/7Be
差込研は幅が広い、ようは差しっぱなしで刃取りしない訳だけど色々だね

243 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/21(土) 04:31:05 ID:VGjj/7Be
一概には言えませんが現代刀は肌を起こして研ぐように努力すると思いますが
古刀は肌を抑えるように研ぐ(備前)

244 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/21(土) 08:38:48 ID:gs2UFDum
根拠は?

245 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/21(土) 08:39:55 ID:+qhEel6E
>>244
自分で調べよう!

246 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/21(土) 17:02:59 ID:+UCFpKf/
>>235
画像見れない

247 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/21(土) 17:10:58 ID:NPwm7QmX
末物の肌を押さえるのはテクがいるでしょう。
大野刀匠の次の話題は何?

248 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/21(土) 17:54:03 ID:znSVIVSy
この間「山田英」先生が手がけた差し込みを見たがすばらしかった。
研ぎの巧拙が分らない小生でも綺麗だと思った。
ああいった刀は巡回するといいね。

249 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/21(土) 17:57:10 ID:znSVIVSy
連投ですまん
20数年ぶりに新作刀展を見たが、むかしは鑑賞会で手にとって見れたが
いつからダメになったの?

250 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/21(土) 22:14:27 ID:5J+5LjB3
>>248
「山田英」先生の研ぎがまだあるのですか?
私も見たことがります。
私の知る限り、昭和の差込み研ぎは「山田英」先生が一番だと思います。
あの研ぎは打粉で手入れをすればするほど味わい深く良くなりますね。


251 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/22(日) 00:47:17 ID:f83HER4b
>>210で大野さんと吉房が比べられているけど宗勉さんの清麿写しの
傑作もやっぱり本物の清麿には敵わないのかな?
聞いた話だけど宗さんの清麿写しの傑作を磨上げて無銘にしたものを
藤代さんの鑑定に出したら清麿と極められ鑑定書が出たという話を
聞いたことがある。


252 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/22(日) 01:05:45 ID:zsTkkaMh
宗さんも上手いけど清麿、助広と並べたら差が出ます、よく化けると言うが
それは騙すです、本物以上でしたら本物の価値の意味が無くなる。

253 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/22(日) 01:29:31 ID:f83HER4b
>>252
やっぱりそうですか。
ちなみにこんな書き込みも見つけました。

345 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/11(日) 13:49:20 ID:uMYU3TGr
>>341

大阪の刀剣商が立ち話してる聞いたんだが、
清麿本人より宗勉刀匠の清麿写しの方が上手なんだとか。
だから買うなら助広写しより清麿写しを狙うべし。
宗勉でもピンキリだから100万以上は出したほうがいい。
平成に打たれた宗勉は20年後値段が高騰するらしいから。


254 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/22(日) 02:25:27 ID:zsTkkaMh
>>345
20年後に高騰するかどうかは分かりませんが、多分大したこと無いと思う
出来に関しては宗さんが50歳代に作刀した刀の方が覇気があると本人が言って
いたらしい、最近は年取って出来ないらしい、値段もピンキリです、35万
位からあります。

255 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/22(日) 02:26:10 ID:zsTkkaMh
>>345
20年後に高騰するかどうかは分かりませんが、多分大したこと無いと思う
出来に関しては宗さんが50歳代に作刀した刀の方が覇気があると本人が言って
いたらしい、最近は年取って出来ないらしい、値段もピンキリです、35万
位からあります。

256 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/22(日) 02:27:09 ID:zsTkkaMh
間違えました254さんです

257 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/22(日) 15:27:32 ID:pi54GSx7
>250
先生のお孫さんから説明を受け、その場にいた人が
驚き再度刀を見ました。(その日の参加者のうち数名のみが聞いたこと)

258 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/22(日) 15:53:09 ID:vD0vBDr1
>>253
これは本当ですね。私は現代刀展によくお邪魔しますが、
宗勉の清麿写しが本人より上手なのは有名な話です。
254さんは手にとってご覧になったことが無いでしょう?
本物を見れば納得しますよ。150万以上はしますけどね。
最近お年を召されて作刀が100%でないのは本当みたいです。

259 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/22(日) 18:37:06 ID:zsTkkaMh
相手は新々刀ですよ、それも清麿、宗さんが上手くても勝てないよ、それなら
清麿の価値が下がる、宗さんの所で納品前の刀見せてもらったこともあります
日本レ○ンで数か月前山王住の刀もみましたが、上手いです、でも本科には
かなわない、本科が買えないから写しを買うのでしょう。

260 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/22(日) 18:50:25 ID:5xDu+uJU
宗勉さんの清麿写しが売ってるところって今ありますか?

261 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/22(日) 19:22:02 ID:vD0vBDr1
>>259
相手が新新刀でも古刀でも上手は上手。
清麿の価値が下がるのではなくて、宗勉の価値が
高いんですよ。
>>260
今は無いですね。たまにしか出てきません。赤松一派の清麿はその辺に
ごろごろしてますが・・・。

262 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/22(日) 20:03:04 ID:zsTkkaMh
価値が高いとはいえ35マン位からあります宗さんの刀はいい、悪いがあるし
傷物をへっちゃらで世に出す、業者と変な商売してますよ、でも上手いのは
認めます、ただ清麿より上手いと言うのは認めません地金見比べてください
分かります、清麿も左にはかなわないと同じ、私はモッパラ斬刀として使っ
ています。宗さんも80歳すぎたらもう作刀は無理でしょう、鍛冶場見たこ
とあれば重労働は御わかりと思います、息子さんが今は代作ではないでしょうか?
新新刀>新々刀

263 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/22(日) 20:12:25 ID:mAZaG1eK
業者的には、おいしいんだろうね。>宗勉作の駄作

264 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/22(日) 21:25:36 ID:zsTkkaMh
宗さんの刀値段数年前に比べると下がっているね、欲しい人今が買いかも。
業者はうれしいと思う。
たとえばttp://www.jikisintouken.com/
ぼろ儲け。

265 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/22(日) 21:30:58 ID:zsTkkaMh
写し物の刀が新・古刀と同等以上の刀が作れたら高いお金出して買わなくて
済む、古い刀が売れなくなるでしょうね、現代刀工もそのような刀を作って
欲しいものです。

無理w

266 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/22(日) 21:39:06 ID:3TJiaLOP
>>262
>清麿も左にはかなわないと同じ

でも値段だと左の特重、重美の短刀と清麿の傑作の短刀は同じくらいだよね。
清麿も10本に1本の傑作なら志津や左より良いものがあるんじゃないかな。


267 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/22(日) 21:52:24 ID:vD0vBDr1
>>262
お前何も知らんね。息子はもう打ってねーよ。
宗勉の清麿と本科の清麿を見比べて極めれる人間が
どれだけいると思う?少なくともお前には無理。
地金って地鉄のこと?
>新新刀>新々刀
人間国宝の大隈さんは【新新刀】と書いてた。
つうかどっちも同じ。

268 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/22(日) 21:58:58 ID:JLttOsDR
「々」は、あくまでも省略のための繰り返し記号だからね

269 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/22(日) 22:39:54 ID:3TJiaLOP
>>267
地鉄のことを地金(じがね)って書く人もいるよ。寒山先生とか。
なんか急に口悪くなってるね。


270 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/22(日) 23:17:27 ID:zsTkkaMh
無鑑査の昌親刀匠が作刀していないのですか?知りませんでした、長男の
兼好氏が作っていないのは知っていましたが、昌親刀匠はまだ無鑑査にな
って日が浅いのにね。


271 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/22(日) 23:21:53 ID:6IIjT9i6
清麿写しは金筋がややあれだが、
助広写傑作は本当に傑作。
これは今まで見た中で3指にはいる助広傑作
http://www.mononofuya.jp/p0801/c11/c11s.jpg

272 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/22(日) 23:23:55 ID:6IIjT9i6
昌親刀匠は今の新作刀展覧会に平成二十年作
で出品していますよ。

273 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/22(日) 23:31:15 ID:zsTkkaMh
昌親刀匠、作刀しているのですね、267氏が息子は作っていないと書いて
いましたので、無鑑査になったばかりですからね、長男と間違えているので
すかね?まだ50歳ですから、これから一番脂が乗るかもしれませんw
宗さんは81歳、長男は54歳と思いましたが、もう宗さんは無理ですか?



274 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/23(月) 01:46:13 ID:nQp1EmiV
今年も出品してたけど代作かもね。
造れるだろうけど出来は昔のようには無理だと思う。

275 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/23(月) 05:37:49 ID:5ZDt+ssY
刀一振り造るのに大変な作業だから81歳の御大では目も悪いし作れても、良い物は
無理、鋼選んで沸かして鍛えて素延べ、火造り、口で言うほど楽ではない、手作業
が多く大変な作業です、傷が出ればスクラップ、やり直しがきくのは焼き入れくらい
鉄、炭、時間考えたら人気の無い鍛冶屋は食べれない、だからおかしな事、刀工が
最近やりだした、話は飛びました。

276 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/23(月) 07:37:01 ID:xYyl1iY8
助広写しなら関の兼国さんはどうなの?

277 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/23(月) 09:42:30 ID:1uXJXuRA
あまり売れないみたい、助広なら宗さんの方が上

278 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/23(月) 11:06:39 ID:LFG8D7TG
宗さんが助広より上ならなぜ人間国宝になれなかったんだ?
出来に関して言えば
天田さん>宗さん>新刀、新々刀最上作
って順番なのかな。


279 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/23(月) 11:33:17 ID:h4EKM7OB
人間国宝というのは、実力だけではなれないのだよ。
刀を配ったり(奉仕や寄贈など行う)、何より推薦してもらわなければならない。
その推薦者が政治的に力のある方でないとね。
特に近代において、技術よりも人脈作りが重要でしょう。

280 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/23(月) 11:38:21 ID:LFG8D7TG
>>279
でも天田さんが戦後で一番上手いという人は多いよ。2chでもそうだし。
宗さんって正宗賞はとったことあるのかな?


281 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/23(月) 13:24:00 ID:SFcDo2QL
人間国宝になると、年間200万の助成金が出るらしいが、
あーだこーだ五月蝿いから、断る人もいるらしい。


282 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/23(月) 13:42:23 ID:h4EKM7OB
>>280
天田さんは人間国宝になるのは当然です。
ただもう一人は・・・

>>281
そう。
欲のない人は断るだろうね。
粋だよ。

283 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/23(月) 16:19:23 ID:5ZDt+ssY
>>279
それは無鑑査だって同じ

284 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/23(月) 16:52:11 ID:B1AtVHu5
すると無鑑査であり人間国宝の天田さんは、人脈作りが非常にうまかった
という事ですね。

285 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/23(月) 18:19:31 ID:h4EKM7OB
ある歌舞伎役者が、よく海外公演するのも人間国宝になるための下準備だろ?

286 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/23(月) 21:57:42 ID:MBqeczwH
天田さんの場合は、
技術的にも美的センスも卓越してるからだと思うんだが。

というか、そう思いたいんだが、それだけじゃダメなのか?

287 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/23(月) 22:22:02 ID:1uXJXuRA
いいよ、好みがあるからね。

288 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/23(月) 23:02:02 ID:1uXJXuRA
>>264
駄目だね、詐○商法?

289 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/23(月) 23:56:14 ID:pmLGGmKK
>>284
一応筋は通っているよな。>>279>>283

290 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/24(火) 00:51:34 ID:P5/cTW9w
宗勉が老いぼれでもうもう駄目なら天田も駄目だろ。
あの二人は同い年なんだから。


291 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/24(火) 01:54:34 ID:MUghrh2c
宗さんの刀も天田さんの刀も両方見たけど俺は
天田さんの方が上手だと思った。
宗さんが助広、清麿以上と思っている人は

宗勉>>>新刀、新々刀最上作>>>天田

だと思っているの?



292 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/24(火) 02:07:56 ID:P5/cTW9w
どうして新刀、新々刀ってくくるの?バカか?
刀工名出せよ。清麿なら清麿。天田だって宗だって同じ人間。
新刀、新々刀を打った人間もただの人間。
時代を経てるから凄いとか出来がいいとか関係ない。
天田が鎌倉時代の人間なら1億の値が付くわけだし。
オレは現代刀は堀井>天田>宗だな。

293 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/24(火) 02:46:25 ID:MUghrh2c
>>292
>どうして新刀、新々刀ってくくるの?

助広、清麿より宗さんのほうが上手いという人がいるから。

>刀工名出せよ。

助広と清麿を出してるじゃん。

>天田が鎌倉時代の人間なら1億の値が付くわけだし。

天田さんが鎌倉時代に刀を作っていたとしても重文以上に
指定されるという保証は無いから1億の値がつくとはいえない。
重文、国宝の一文字や粟田口は天田さんより遥かに上手だと思う。
まあ鉄の質というのもあるんだろうけど。


294 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/24(火) 02:57:43 ID:hOWAI05C
天田さんは現代では最高の刀匠だと思うよ
だが、助広清麿と比べると、やっぱり厳しいね
そのワンランク下の刀匠となら互角だが
もっとも、助広清麿は経年で選別されている面もあるのだろうが

295 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/24(火) 03:07:29 ID:ayuplasV
>>292
気があうねぇ。
俺は 堀井>天田>宗=盛吉>真鍋

296 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/24(火) 04:23:13 ID:Y0XVqW20
堀井さん、宗さんって斬れる刀つながりって気がするけど、天田さんはどうなの?

297 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/24(火) 07:40:27 ID:cX7zPCKT
>>296
斬れる、斬れないって、焼きが入ってる刀ならどんな刀でも切れるよ。
斬れ味に大差ないさ。要するに斬り手の腕だろ。
しょうもない話ばっかだな。



298 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/24(火) 07:54:51 ID:hOWAI05C
>>297
そうでもない
結構切れ味違うぞ
斬れない人の作品は斬れないし、曲がる人の作品はとにかく良く曲がる

299 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/24(火) 13:33:09 ID:je6kSp7y
河内鍛冶は古い刀とかすると聞くけど
作ってる刀のできはどうなんらろう。

300 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/24(火) 13:59:51 ID:P5/cTW9w
297は大まかな話をしてるんだと思う。
虎徹と直胤じゃあ切れ味はかなり違うしな。


301 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/24(火) 14:37:13 ID:JWlKcweU
清麿,助広,行秀,天田,堀井,宗勉のどれが良いか人によると言うことは,
好みと言うより傑作刀の出来に大差がないことのなによりの証拠だ.
清麿の方が一文字や粟田口より高いのだから,結局現代刀の傑作は大銘との
出来に大差はないことになる.
この結論は誰も異存がないね?

302 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/24(火) 14:46:15 ID:KqQ7yNyN
>>301
オークション厨?
清麿、助広、行秀と天田氏、宗氏、堀井氏の傑作刀では出来に大差が
あるから価格が違う。ただそれだけ。
他のスレにも書いていた人がいたが現代刀匠が昔と同じレベルのものを
作れるのなら新々刀以前のものの価値が無くなっている。


303 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/24(火) 15:29:40 ID:P5/cTW9w
ちょっと待て、古刀は作り方も分からないんだし鉄も今では手に入らない
良質なものが使われているから無銘でも高価だ。ここまでは間違いないね?
問題は作者も製造法も分かっている江戸期からの刀に付く値段と刀匠の技術の
問題でしょう。
そりゃあ天田さんが鎌倉時代に生きていて古刀の作り方を知っていたら
そらもう凄いものが作れると思います。
ただ単に清麿が高いのは柴田さんが褒め殺したからで、清麿会なんて
もんまで作っちまったからね。清麿が5,000万円する理由を
素人にも分かるように説明するのは不可能に近い。
いくら劇的な人生を送って、42本しか作刀してなかったとしても
5,000万円の値段が付くにはそれなりの理由がいるよな。

304 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/24(火) 15:39:13 ID:bD2Qem9i
中小企業の持株会

305 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/24(火) 15:51:15 ID:51WI7kbO
>>303
>ただ単に清麿が高いのは柴田さんが褒め殺したからで、清麿会なんて
>もんまで作っちまったからね。

清麿は清麿会が出来る以前から新々刀としては別格の値段だったよ。
戦前でも清麿の傑作は虎徹と同じくらいの値段がした。
あと清麿値段が上がった原因は藤代さんと斉藤茂一郎って人が褒めたから。

>いくら劇的な人生を送って、42本しか作刀してなかったとしても

現存しているものは150本以上ある。42本というのは刀の数字だろう。


306 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/24(火) 16:12:35 ID:JWlKcweU
こう言うことを実感している人いる?

http://www.geocities.jp/ntooma/m-masamune3.html
>「古人が(正宗のような)あんなに素晴らしい物を残してくれた、その
>ことを思うと言葉がみつからないほどの感激です」と語るのは現代作
>刀界の第一人者で人問国宝の天田昭次師、七十四歳。
>「昭和十五年の人門以来、全国に伝わるさまざまな鍛法を学び、作刀
>して六十年余。私に残された最後・最大の目標が正宗です。正宗を見
>る刀の放つ幽玄美に心を奪われてしまう。どうしてこういう世界が生
>み出せたのか。地鉄(じがね)と刃に見られる激しい変化の妙昧に酔い
>しれる。それまでの古備前や山城の刀の持つ端正な美しさとは打って
>変わって、正宗の美しさは豪放自在。自由なものが感じられます」と
>言う。


307 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/24(火) 16:24:23 ID:51WI7kbO
正宗賞は現在まで10数回受賞している方がいるようですが
各回の受賞者の名前が分かる方いませんか?
いましたら教えてください。


308 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/24(火) 16:27:45 ID:JWlKcweU
>天田師もいう。「私たちは作刀法の模索はそれこそしらみつぶしにや
>ってきた。あらゆる試行錯誤を繰り返してきたが、鎌倉への道は遠い」
>と語る。

正宗写しは無理と言い,助広や虎徹や清麿写しはやる現代刀工.
まてよ宮入昭平は初代兼氏写しをやったか.
やっぱりそれぞれの傑作を並べれば,
1文字,粟田口>正宗>虎徹,助広>清麿,行秀>天田,宮入,宗,堀井
となるのか?
結局古いほど良いと?


309 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/24(火) 16:39:28 ID:51WI7kbO
>>308
自分の好みの刀や人気のあるもの(売れるもの)を
写そうとするんじゃないかな。


310 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/24(火) 17:25:06 ID:0AYQdvGu
マるはンジャパン銀行   パチンコ業界と警察  パチンコ業界と警察  
池田犬作AA荒らしの解説  北朝鮮に送金  パチ屋の売り上げ1割が偽札だった    
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/pachij/1209949043

池田犬作AA荒らしにより○○○マるはンパチンコタワーパート13○○○2008/05/04〜05/21(水)は、たった18日間で512k超えで終了
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/pachij/1209868638/601-700
池田犬作AA荒らしにより○○○マるはンパチンコタワー渋谷パート12○○○は、たった12日で終了
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/pachij/1208790114

内部告発文書?

マるはン王国の闇
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/game/1733/1086581896/3-8

311 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/24(火) 17:47:21 ID:cBLsQbVg
>>298
斬れる切れないは研ぎが重要、あとは耐久性だと思う。

鎌倉への道は遠い>
省がないです、作刀が違うのだから、夢はあきらめて、購入する方は形と刃紋
で選ぶしかない。



312 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/24(火) 17:55:42 ID:cX7zPCKT
刀は好きずきですよ。
古刀が好きと言う人もあれば、新刀新々刀が好きだと言う人もいる。
更には現代刀がいいという人もいる。
別に鎌倉がいいの室町がいいのと区別する必要はない。
自分の好む刀を持ったらいいんさ。
高くて持てないなら鑑賞会で見て満足するしかないねー。
しかし今の現代刀は入念に作ってるよ。


313 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/24(火) 22:43:36 ID:LnzDvHyL
>>312
良い意見だ。と言うよりそれが常識だろう。しかしそれを日本刀スレ
に書いてごらんなさい。眼を三角にしてカミつく奴が何人もいる。
あいつらは1流店の業者じゃなかろうか。

314 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/24(火) 23:36:46 ID:Hv0vUSy5
>>271
200万か150ぐらいならいいのに


315 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/24(火) 23:36:51 ID:Pl5cGRw6
陰口とは情けない

316 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/25(水) 01:29:00 ID:7HaV4vwc
>>303
柴田さんは新々刀では固山宗次が一番好きと新々刀入門で書いてるよ。

317 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/25(水) 01:51:24 ID:7HaV4vwc
>>308
1文字,粟田口>正宗>虎徹,助広>清麿,行秀>天田,宮入,宗,堀井

では需要と供給の関係から一文字=正宗>粟田口=清麿>虎徹>助広>行秀>天田>堀井=宮入>宗
かな。傑作でね。

318 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/25(水) 02:02:19 ID:7HaV4vwc
値段的には知っている限りでは
一文字吉房1億6500万、正宗無銘8500万、粟田口吉光短刀、7800万
清麿(斉藤一郎遺愛)8000万、虎徹、4500万、助広3000万、
行秀1800万

319 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/25(水) 02:11:21 ID:7HaV4vwc
そういえば銀座のビルで隅谷短刀180万、堀井刀240万
で出てるよ。両刀素晴しい。
隅谷の煙りこむような美しい刃紋に堀井の古刀のような地鉄
両刀混ぜたら一文字・青江いらないぐらいは言い過ぎか。。。

320 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/25(水) 02:43:00 ID:wD105YbT
>>317
正宗=粟田口>福岡一文字だとおもう。

粟田口の傑作はなかなか出てこないよ。
現存数も福岡一文字に比べるとかなり少ない。
福岡一文字の傑作は無銘、在銘をたまに見るけど
粟田口の傑作が売りに出たという話は聞かない。
文化庁が数年前に買った国宝の久国くらいしか
取引されていないだろう。


321 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/25(水) 02:43:18 ID:sqNb3xWG
>>312
うむ良い意見だ。しかしこう言う意見には日本刀スレでは眼を三角にして
カミつく奴がいるな。不思議だが。

322 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/25(水) 02:50:45 ID:wD105YbT
>>318
鑑定書、指定書によって違うよ。

吉房は特重2500〜3500万、重美で3500〜5000万、重文で1億、
国宝で2億〜3億くらい。正宗はこれより少し高く
吉光は短刀しかないからこれの6割くらい。
虎徹だと4500万というのは重美の値段。
あと斎藤昌麿所持の清麿の短刀は最高傑作だから例外的な値段だね。
清麿の重美はバブルの頃に1億数5千万でも持ち主が売らなかった。


323 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/25(水) 03:15:05 ID:7HaV4vwc
>>もちろん、出来によって違います。ただ鑑定・指定はこのクラスに
なると関係無くなっています。
また出来は傑作で国宝は除きます。
斉藤遺愛刀は短刀ではなく生中心ではない刀です。(無艦)

324 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/25(水) 03:27:24 ID:wD105YbT
>>323
>ただ鑑定・指定はこのクラスになると関係無くなっています。

それは清麿だけだよ。重文の吉房、長光でも1億ちょい。
重文の吉房なら1億6500万までつく可能性はあるが
重美以下だとそこまでの値はつかない。
吉光の7800万も重文以上でなければありえないね。
ある刀屋が鎌倉期の在銘の太刀、重文クラスといってもいい傑作の
重要刀剣指定品を1億で売って裁判になったことがある。

>斉藤遺愛刀は短刀ではなく生中心ではない刀です。(無艦)

間違えた。斎藤昌麿所持の短刀かと思った。
こっちは無鑑の短刀で7800万。
清麿の最高傑作といわれている。



325 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/25(水) 07:09:08 ID:DgiO+es+
日本刀スレッドに移動してやってくれよ。
こっちは現代刀スレッドなんだぜ?

326 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/25(水) 08:57:52 ID:7HaV4vwc
>>324
もちろん重文は含みます。
>>325
最近は本当に現代刀に興味が出てきた。
天田刀匠、月山貞伸、吉原国家、真鍋純平いずれも地鉄の
処理が上手!

327 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/25(水) 09:04:28 ID:MXQJ8X9W
>>326
>もちろん重文は含みます。

じゃあやっぱり吉房の1億6500万や吉光の7800万は
重文ってことか。

>天田刀匠、月山貞伸、吉原国家、真鍋純平いずれも地鉄の処理が上手!

国家さんの刀は持っていたことがあるけど確かに地鉄は良かった。
しかし刃紋はどの刀も同じものばかり。地鉄の国家、刃紋の義人だね。


328 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/25(水) 09:35:36 ID:7HaV4vwc
吉原一門なら地鉄の国家、刃紋の義光。
合作してくれないかな。現代一文字

329 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/25(水) 12:07:16 ID:Bi3PBnFN
>>327さん、いずれも地鉄の処理が上手!???
って、どうかな、古刀の地金再現?意識しすぎなのか
肌あいガサガサに感じる。どうみても脇物クラス
名刀の地鉄もっと研究しないと 、いいところもあるが



330 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/25(水) 12:20:45 ID:7HaV4vwc
>>329
現代刀として肌に潤いがあると言う事です。
肌ガサガサは後づけ古刀肌再現刀匠でしょう。
上記刀工は古刀の綺麗な部分のみを目指しているので
鍛え割れや未鍛着部分が無く非常に肌が綺麗ですよ。
地鉄の処理=古刀の再現ではありません。
逆に処理は現代のほうが数段上でしょう。

331 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/25(水) 17:57:51 ID:NPx1TgLK
>天田刀匠、月山貞伸、吉原国家、真鍋純平いずれも地鉄の処理が上手!
研ぎ上がった地鉄で評価するのは間違いだぞ
内曇りで肌をおこした状態がごまかしのない本当の地鉄
それから評価すべきである
刀匠も、本当の地鉄を刀剣愛好家に知らしめるために見せるべきだ
皆、興味あるだろうに・・・

332 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/25(水) 18:46:18 ID:Bi3PBnFN
>>331素人なのか、自演くさいんよー


333 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/25(水) 19:45:17 ID:NPx1TgLK
研ぎで地鉄を変化させられることを知らぬのか、ID:Bi3PBnFNのボクちゃん?

334 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/25(水) 21:04:26 ID:Bi3PBnFN
研ぎで地鉄を変化させられてダメになる刀は脇物、
変化させられても名刀はりんとしとります。だから素人は恐いんだ

335 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/25(水) 23:16:46 ID:Lptwt7OB
>>334
貴方が超ド素人みたいよ。

336 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/25(水) 23:21:34 ID:Z9UraY9W
試斬用に居合研ぎすると良し悪しは一目で分かるよな
斬ればもっと分かる

337 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/25(水) 23:28:02 ID:Z9UraY9W
ああ、もちろんただ切れるだけの刀が良い刀とも限らん事も言っておく
たまたま本物の虎鉄で藁を斬るのを見た事があったが、居合の名人が斬りそこなっていた
人だったら虎鉄は良く切れるのだろうが、藁なら鉈形状の方が切れる

338 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/25(水) 23:37:21 ID:vqjmRviU
>>337
ここまでスケールの大きい嘘は初めて見たぞ

339 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/25(水) 23:53:28 ID:fSSHKPdF
虎鉄なんて刀は存在しない。
阪神ファンがマスターの居酒屋かなんかか?

340 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/26(木) 00:02:27 ID:Z9UraY9W
元々古鉄なんだから、虎鉄でも間違いじゃないだろ
信じて貰えないようだけど、時代刀は現代試斬刀に比べるとあんまり藁は斬れんよ
研ぎの問題もあるのかも知れないが

341 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/26(木) 00:23:21 ID:bWoAbuCk
藁なんか切れても意味無いし。

342 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/26(木) 00:38:33 ID:z+76DTCg
居合の名人が斬りそこなっていた >

虎徹でどの方が斬ったの?もし本物で斬ったら馬鹿、居合の名人の名前が
知りたい。


343 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/26(木) 00:45:31 ID:urMHThWK
なぜ馬鹿と言える?
頼まれれば頼まれた道具で頼まれたように斬るのもプロだろう

344 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/26(木) 02:02:53 ID:TiDx7m6f
居合の名人って大道芸のプロなんですか?

345 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/26(木) 02:11:51 ID:KFAsxWvx
きっとそうでしょ?茶目っ気たっぷりの
依頼主も「斬りそこなってくれ」と頼むユニークな人だったんだろな

346 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/26(木) 02:22:58 ID:z+76DTCg
私なら達人と書くが、取りあえず釣られときますが嘘でしょ、虎徹で所持者
が斬れ味を人に託す分け無いし、もし大金持ちの道楽にしては行き過ぎでは
ないかと、大金持ちの方が無意味なことはしないし合理的な人が多いと思う
だから金持ちになると思います、それが事実ではればそうとうな変わり者と
言うしかないです、明治のころの話では子爵か男爵はしれませんがそうとう
荒斬りした金持ちがいて清麿が大変気に入ったと大鑑に書いてありました、
良い刀を数多くスクラップにしたらしいけど定かではありません。
茣蓙斬りで斬り損じたと言うことは、その名人は高価な刀でビビッタか、下手
か・・・名人、囲碁や将棋みたいですね。
次。

347 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/26(木) 02:25:10 ID:z+76DTCg
プロですか、私は剣術使いですがアマです。

348 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/26(木) 02:29:51 ID:KFAsxWvx
反論が楽しみだな そろそろ ドゾ

349 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/26(木) 02:43:35 ID:z+76DTCg
釣れるといいけど。

350 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/26(木) 04:19:14 ID:j4W5YB8A
>>346
>明治のころの話では子爵か男爵はしれませんがそうとう
>荒斬りした金持ちがいて清麿が大変気に入ったと大鑑に書いてありました、
>良い刀を数多くスクラップにしたらしいけど定かではありません。

たぶん黒田清隆だね。総理大臣で伯爵。
入手した刀でよく試斬りを行っていて清麿も所持していた。
真改の刀を持ってきた客に「この真改は折れる」と言って
青銅の鉢に叩きつけて折れるかどうか試したりしていたそうだ。


351 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/26(木) 08:27:06 ID:+EmP+9lD
>>331
それなら古刀で地鉄が綺麗と言われている景光なんて肌ガサガサじゃないか。
昇竜なんて内曇をひいた時の写真なんてガサガサどころが疵だらけ。
松田刀匠もネットコラムで書いてるけど名古刀の仕上げ前なんて
本当に疵だらけ。

352 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/26(木) 09:34:08 ID:jMcnIero
切れ味一本勝負

虎徹VS宗勉

さぁ、勝つのはどっちだ?オレは宗勉だと思ふ。

353 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/26(木) 09:56:47 ID:jbtjkKoH
>>352
絶対に実現しない対決だな。


354 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/26(木) 11:30:31 ID:iRFW7pU1
虎徹なんて所詮は最高額1500万以下の新刀じゃん
古刀の名刀ならともかく、そんなに目くじらを立てるようなものでもないだろ
ちゃんと由来があっても安い奴は結構安いし、本数も多い
ちょっとした家なら持っていてもおかしくないような代物だ
パフォーマンスや試し斬りに使う人間なんていくらでもいると思うが

宗勉あたりだと普通に型に使っている奴も結構いるぞ
名刀でも普段使い出来るのが現代刀の良さだ

355 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/26(木) 11:38:30 ID:jbtjkKoH
>>354
>虎徹なんて所詮は最高額1500万以下の新刀じゃん

虎徹の刀で1500万って言ったら平均的な価格か少し安いものじゃん。
虎徹の最高額は1億超えるよ。

>名刀でも普段使い出来るのが現代刀の良さだ

それは同意できる。
吉原兄弟の刀で色々斬っていた人もいる。


356 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/26(木) 11:55:20 ID:iRFW7pU1
>>355
1億越えはバブルの頃だろ?
今は虎徹の名家由来もせいぜい2,3千万
特に著名でない普通の虎徹なら実質1500万以下だよ
フェラーリより安いし財産価値がある、ってのが最近の売り文句だからね

現代刀の方は、刀匠名+居合とかでググルと、結構派手に使っている人が多くて面白いよな

357 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/26(木) 12:07:41 ID:jbtjkKoH
>>356
今でも1億超える虎徹はあるよ。
それに大名家伝来でも出来が良くなければ1000万台。
伝来が分からない虎徹でも3000万以上するものがある。


358 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/26(木) 12:14:09 ID:iRFW7pU1
>>357
つ今でも1億超える虎徹はあるよ
あれ、そうなんだ
刀屋の言うことを真に受けていたんだが
こっちの生活レベル見られてるかな

つ大名家伝来でも出来が良くなければ1000万台
まあ、大名家も元々ピンキリだからね
外様出身の大大名ならその辺の富豪には負けないが
徳川家の遠い親戚だというだけの名ばかり大名だと元々その辺の商家よりも貧乏だったわけだし
そういうところの虎徹は影打ち虎徹どころか本物かどうか事態怪しいよな
今や賃貸暮らしの大名家も多いし

359 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/26(木) 12:25:22 ID:jbtjkKoH
>>358
>刀屋の言うことを真に受けていたんだが
>こっちの生活レベル見られてるかな

売りに出るかどうかは分からないけど売りに出た場合は
1億を超える虎徹はあるよ。

>まあ、大名家も元々ピンキリだからね

刀の場合(特に新刀以降)は大名家伝来でも出来が良く健全で
なければ重要、特重、重美にはならないよ。
刀自体が余りよくないから重要で止まっている名物もあるし。
虎徹自体は江戸時代それほど高価ではなかったからどの大名でも
所持できたはずだけど傑作が手に入るかどうかはまた別。

>今や賃貸暮らしの大名家も多いし

うちは大名家ではなかったけど結構、身分の高い武士だった。
でも今は普通の家にまで没落した。


360 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/26(木) 12:42:38 ID:iRFW7pU1
>>359
つうちは大名家ではなかったけど結構、身分の高い武士だった。
つでも今は普通の家にまで没落した。
(゚∀゚)人(゚∀゚)ナカーマ

361 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/26(木) 12:57:35 ID:jbtjkKoH
>>360
君のところもそうだったのか。
俺の家には明治頃までは刀も焼き物も掛け軸も沢山あったようだけど
ほぼ全て大正、昭和にやった数回の売り立てでなくなってしまった。
せめて良い刀くらいは残していてくれたらなあと思うよ。


362 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/26(木) 13:00:12 ID:QDujPK5Y
>>351
それなら新作刀だって、内曇ではあまり肌をおこせないんじゃないか。
内曇をひいた時の写真なんてほぼ無地。
後は地鉄を薬で溶かして、硬い地沸をひきたたせて肌がおきた様に見せる。
例外(真鍋刀匠など)もあるが、新作刀の仕上げ前なんて本当に無地に近い。

363 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/26(木) 14:13:29 ID:snkCA7fL
>>350
えっ黒田清隆か!女房を刀で切り殺した奴だ。何をやってもおかしくない。

364 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/26(木) 14:16:56 ID:snkCA7fL
>>351
ふ〜んガサガサで瑕だらけなのか。
で、どうやってそれをピカピカに仕上げ砥ぎをするのか教えてたもれ。

365 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/26(木) 17:31:16 ID:fqkbb1Jb
>>352
虎徹で決まり、勝負にならない。

虎徹は大変良い刀ですが形が個人的に好きにならない、末備前の俗名無しの刀で
程度のいい刀がお値打ちと思いますが、なかなかそんな刀がないですね、俗に
言う祐さんばっかw

大名家は明治になって家臣にお金や、お金の代わりに物品を支払った所が多いので
小大名は貧乏な所が多いかも?大大名で密貿易などやっていた所は金持ちが多い
と聞いたことが有り、島津、細川、毛利etc・・・

現代刀が古刀に勝てないのは分かっていることだから、違う話題無いですか?
現代刀につて。

366 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/26(木) 17:36:44 ID:fqkbb1Jb
ネタです、今虎徹で我慢したら、全然虎徹と違うけど、売り名今虎徹、河野○光
刀匠だそうです、いいとは思えないですけどw

367 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/26(木) 18:24:52 ID:jbtjkKoH
>>365
>大名家は明治になって家臣にお金や、お金の代わりに物品を支払った所が多いので
>小大名は貧乏な所が多いかも?大大名で密貿易などやっていた所は金持ちが多い
>と聞いたことが有り、島津、細川、毛利etc・・・

島津も毛利も大正昭和に何度か売り立てしているよ。
島津は3回も売り立てして美術品は殆ど売ってしまったはず。


368 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/26(木) 18:32:41 ID:fqkbb1Jb
島津家の売り立て目録を持っていますが、凄い物がおおいですね

369 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/26(木) 20:44:42 ID:jMcnIero
今日現在、1億を超える虎徹は存在しません。個人蔵でも全て値段が決まっているから。


370 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/26(木) 21:02:52 ID:97TkT79l
うるせえ

371 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/26(木) 21:07:02 ID:pVeeLmIx
>>370
『静かにして頂けませんか』って言えないのか?

372 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/26(木) 21:15:40 ID:jbtjkKoH
>>369
存在するよ。


373 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/26(木) 21:52:41 ID:jMcnIero
>>372
じゃあ言って見ろ、乕徹大観の何ページのやつだ??


374 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/26(木) 22:00:59 ID:xSLel33Y
>>352
宗勤

375 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/26(木) 22:18:32 ID:qBzzdP4r
別に無理して間違えないでも・・・

376 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/26(木) 22:19:39 ID:jbtjkKoH
>>373
虎徹大鑑持ってないから分からない。
重文の虎徹は1億するよ。


377 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/26(木) 22:41:40 ID:z+76DTCg
>>374
何で?刃味、金?

378 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/26(木) 22:50:18 ID:kIkQ11bl
1億の虎鉄?
あるわけないじゃん。
あるならソースを出せよ。

379 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/26(木) 23:56:53 ID:jbtjkKoH
>>378
古刀、新刀最上作の重文の相場が1億。
その中でも最も高い虎徹は1億を超える。



380 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/27(金) 00:23:24 ID:QPSGGFKf
>>359-361
ナカーマ!!

うちは東北の小大名家だったけど
明治と戦後でちっちゃい花屋になちゃった。
家系図だけで刀は・・・・OTZ

ばあちゃんも俺が愛刀家になどなるとは思いもしなかったろうに。
今では痴呆で俺のことすらわからない(TOT 

381 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/27(金) 00:28:26 ID:QPSGGFKf
>>377

よく、2chの刀関連スレで、切れ味は研ぎ次第って言うけど
抜けは刀の形状が(見幅と反り)が関係するよね。
と、すれば刃がしっかり残っている現代刀のほうが抜けがいいのでは。

ごめん俺>>374じゃないや。てへっ!

しかし、何でIMEはトウの変換で刀が中々出てこないんじゃ〜!!

382 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/27(金) 00:59:47 ID:mAudxt95
>>380
花屋ってB職だよ? 小大名の家がなんで?
家系図だけでなく累代の墓ぐらいあるでしょう。

383 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/27(金) 01:25:51 ID:2MC1fCFN
革細工デザインをはじめた大名家や、牧場開いて畜産業に転職した武家だっているよ
この時代、職業に貴賎なんて気にしていられるものか

384 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/27(金) 01:46:33 ID:mAudxt95
むしろ累代の墓もないのになぜ武家だとわかるのか答えて欲しかったなあ。
家系図なんか明治以後に系図屋がいくらでも捏造してるから。

385 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/27(金) 01:51:30 ID:2MC1fCFN
あ、俺は>>360
うちは先祖代々の墓があるし、地元の集まりの代表はたいていうちの家の者から出ることになってる

386 :380:2008/06/27(金) 13:25:21 ID:QPSGGFKf
>>382, >>384

墓どころか寺がある。
雑貨屋から色々経て花屋。
それにすべての花屋がB職ではないよ。

家系図どころか、その地方の人(特に年長の方々)は皆知っている。
それから普通、墓は資産に数えんだろうが!

387 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/27(金) 13:31:57 ID:QPSGGFKf
>>384

もう一つ。捨扶持武家なら兎も角、地方の小大名は
周りが知っているから騙れないよ。

そもそも、明治以後に系図屋が作ったって。。。。
呑百姓やそれこそ被差別家系じゃなければ
利用しないよ。特に地方はそういうの煩いから。
大抵、江戸期までの出自は近所が知っている。

388 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/27(金) 13:36:10 ID:ph8vvywQ
かっこいいな、大名の子孫て
俺なんか、忍者の末裔だよ・・・

389 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/27(金) 13:40:39 ID:3HcAwyi8
武家の次男三男は生き残りに必死だったからね
刀なんかかんたんに捨てる素地があったべ


390 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/27(金) 13:48:37 ID:3HcAwyi8
うちは足軽組頭。東北の某地方で、家格は低いが殿様から拝領した
刀があった。満洲にもっていき戦死のため行方不明。
しかし、いざとなったら皆さんにひいこらするか、槍を突きつけなくちゃ
ならんかったわけだからたーいへん。(笑)


391 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/27(金) 16:15:17 ID:SoVlUNDu
現代刀に関係ないけど行政書士にたのんで家系図作ってもらいました、幕末位
までで跡は寺の過去帳で調べないとそれ以前は分かりません。

最近現代刀工が冴えないですね、刀匠会、日刀保のこととか、食べていけないとか
頑張って作刀して欲しい物です、私の個人的な意見は戦前より、落ちていると思う。


392 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/27(金) 18:37:57 ID:SoVlUNDu
本三枚造りは良く聞くけどどうやって作るのですか?甲伏せ、マクリ、無垢は分かる
のですが、ご教授お願いします。

393 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/27(金) 18:56:25 ID:/lsUJqvq
>うちは足軽組頭。東北の某地方で、家格は低いが殿様から拝領した
皆んな殿様からの拝領。
軍人は○○から拝領と言われた聞くが

394 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/27(金) 23:24:16 ID:RFXiJ4mF
ここはお家柄自慢スレではない。
自重しろ阿呆ども。
そんなんだから没落すんだよ

395 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/27(金) 23:39:39 ID:Ex9t1Hic
>>392
本三枚って包丁みたいだね
刃金を軟鉄で挟んでると、真ん中は硬い刃金って事かな?

396 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/28(土) 13:06:20 ID:6jP4RZdn
>>394
マジレスすると今は国際金融資本に媚を売ったり選ばれた在日系が政治的に
主要な地位についたり(国籍は日本人になっていても血筋は全く違う例:竹中とか池田犬作とか…永田町には大勢いる)、大企業の社長になったりしてるから、家系に誇りを持ち
昔の価値観で生きようとする人ほど苦しい状況になっている。

397 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/28(土) 17:13:57 ID:FPHuXBsr
古刀でも現代刀でもなんでもいいからどんどん買えよバカ

398 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/28(土) 17:34:36 ID:02dFvZYF
>>395
刃鉄と皮鉄は硬い、芯鉄は柔らかい?ですかね、しかし包丁と違い刀の本三枚
の作込みはどうやってやるか分からないし疑問、しりませんか。

399 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/28(土) 19:02:31 ID:Q40fnrVg
>>398
http://www.eonet.ne.jp/~sumihira/04kajikoubou/4tukurikomi/tukurikomi.html
本三枚…四枚構造で作るようですな。

400 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/28(土) 22:03:17 ID:+jtqFBPi
400

401 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/28(土) 22:43:21 ID:TJlL7jlo
>>399
図解では説明してありますが実際作刀の写真が載っていないです、甲伏せ
マクリは写真で実際作り込しているのが載っていますが、本三枚の場合は
赤めている所が無い、実際やっている刀匠がいないと思うこのごろです、
ご存じの方がいましたらおしえてください。

402 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/28(土) 23:38:23 ID:9WwOKfQD
401は何がしたいのかと思うこのごろです

403 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/29(日) 00:13:29 ID:UQ2Or1Mh
天皇陛下から毎年新年の挨拶がくるほどの名家に、なんと7万円の刀がある。
金持ちなのか貧乏なのかわからねー!!
ビッダーズで買ったらしい。

404 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/29(日) 02:38:51 ID:SemhuBgV
  /\___/\
/ /    ヽ ::: \
| (●), 、(●)、 |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |  < まーた始まった
|   ,;‐=‐ヽ   .:::::|    \_______
\  `ニニ´  .:::/
/`ー‐--‐‐―´´\


405 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/29(日) 16:49:08 ID:IBVIcXBO
薩摩刀に興味があります。
質問でした。
薩州住盛和(藤田新一刀工)で注文打の価格ご存知ですか?

406 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/29(日) 20:48:12 ID:9qkqETL2
>>405
鹿児島在住の刀匠名簿にも載ってる方ですね
しかし「薩摩刀」これは作ってないと思います。

薩摩刀は薩摩独特の刀ではなく大和系が元で直刃に近いものなので
刀匠に直刃で作ってもらうしか。
江戸末期には相州系がはやったそうですが薩摩で

薩摩刀は「薩摩拵」が独特なためにそう名づけられた意味合いが強いです
寸が短く1尺8寸=2尺程度の短い刀で無骨な拵えでつばも小さく、
戦時期の軍刀に近いイメージがあります。

薩摩剣術に合う様にした結果、軍刀のような利便性と堅牢性を求め
短い刀を使う感じになった経緯が

この刀匠は普通に注文しますと60〜65万程度で製作してくれるはずです
通常の2尺3寸〜4寸程度の刀で並研ぎ、現代金具並拵えで。
薩摩拵えを作る鞘氏が居るかわかりませんが、本気なら一度電話で話してみたら
どうですか?

407 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/29(日) 22:56:49 ID:auFLcolR
現代刀匠は折り返しが出来てないと聞いた。
昔の人は数千回と折り返し鍛錬をしたのに、今の人は2回とか3回だとか。
だから強度が違うんだと。
その技術はどこで失われたんだろう・・・

408 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/29(日) 23:22:36 ID:h0D3jfI3
今の鉄は不純物が少ないから折り返しの回数なんて問題じゃない気がするけどなあ

409 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/29(日) 23:34:13 ID:P4upNfh/
>>407
数千回と折り返し鍛錬をしたのに>

そんな刀は昔から無い

昔の和鉄も不純物は少ない、逆に現代刀工の方が洋鉄使ったりしているよ

410 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/29(日) 23:42:57 ID:U44qwxPa
折り返し鍛錬をしすぎると、地鉄のおもしろみが減って刀の価値は落ちるぞ
戦国時代のいわゆる数打ちの刀がそれだ

411 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/30(月) 00:35:44 ID:Jfpwisri
>>407
失われた技術というか根気があれば千回でも出来る。
ただそこまでやる必要が無いだけだろ

412 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/30(月) 09:35:27 ID:qixb85TE
>>407
>>409
>>410
>>411
このスレのレベルが低くなってしまった馬鹿らしくてコメントを書く気も
しない。過去レスを良く読んで勉強して下さい。

知らないのに知ったかぶりをするな!!



413 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/30(月) 09:53:51 ID:+z9cmh5L
折り返し鍛錬は1000回が普通。
昔は時々粉砕した人骨とか混ぜていた。カルシウム不足にならないように。
そうすると鉄の強度が増すと言われている。
現代刀工にはそれが出来ない。

414 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/30(月) 10:12:42 ID:FOSle2d7
そんなに無地の鍛地が好きなのか?

415 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/30(月) 10:18:01 ID:FOSle2d7
皮鉄が15回鍛錬で32768層
心鉄が5回鍛錬で32層
これが3枚鍛えだと、32768+32+32768で65568層

古刀で、大体これが標準な

416 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/30(月) 10:20:03 ID:FOSle2d7
言っておくが、>>415の例は、地が詰んでいてほぼ無地に近い刀の例だぞ
板目にしたければ皮鉄は10回(1024層)程度で行く

417 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/30(月) 11:53:59 ID:xtyc4Lo3
>>412
お前もなw

418 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/30(月) 12:50:47 ID:6oq2wcOI
ちなみに折り返し鍛錬10回で鉄は半分になる
これを1000回やって1キログラムの刀身を残すには何トンの玉鋼がいるでしょうか?

419 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/30(月) 13:39:18 ID:+z9cmh5L
>>418
なんで1000回もやる必要があるんだ?

420 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/30(月) 13:46:52 ID:6oq2wcOI
必要ないよ
というか物理的に不可能

100回折り返し鍛錬で、最初の玉鋼が1トン以上必要になる
1トンの塊を打てる鍛冶屋を俺は知らない
バカバカしいので計算してないが、1000回鍛錬だと、どんな凄腕の歩留まりの鍛冶屋でも、軽く地球より大きい玉鋼がいるだろうな

421 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/30(月) 14:02:36 ID:6oq2wcOI
あと、腕が良ければ鋼が減らないから1000回行けるという屁理屈は無しな
折り返し鍛錬は質の悪い鉄を酸化鉄に混ぜてズクとして叩き出す工程でもあるから
10回で半分になるというよりも、10回で半分になるようにしていく、という言い方が正確
ズクが出ない折り返し鍛錬なんて、ただの鉄の折り紙。無意味だ

422 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/30(月) 18:48:08 ID:7Y+JoVW0
只単に「1000回」と「1000層」をまちがえてるだけじゃねーの?

423 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/30(月) 21:00:18 ID:FOSle2d7
>>422
間違えてるにしては、現代では折り返し鍛錬をあまりしていないとか、妙な言いがかりばかりだよ
現代刀でも、特殊な仕上げでない限り皮鉄も10〜15回やるのはごく普通なんだが

424 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/06/30(月) 21:09:21 ID:nJtwiQ9U
1000回もやったら炭素が抜けてしまうて。

洋鉄を使っているのでなければ、3〜4回の折り返し鍛錬だけで、傷なく大肌が出ない鍛えができるなら、その方が技術的には上だと。

回数を多くするほど無地肌になり面白みに欠けるので、いかに回数を減らすかが技術だと思うのだけどな。

鎌倉期の太刀などは10回も折り返してないと思うよ。肌の層からみて
それでいて、ガザつかずねっとりとした肌が出せるのだからなぁ。

425 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/30(月) 21:49:39 ID:Jfpwisri
>>412
知らないのに知ったかぶりをするな!!
って捨て台詞あるけど見てると恥ずかしいな

426 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/30(月) 22:13:30 ID:FOSle2d7
>>424
確かに、いわゆる数打ちの末古刀の方が、鍛錬回数は多いと言うね
鎌倉太刀の例は、当時の刀鍛冶の腕が良いと言うよりも、そういう名刀しか残るに値しなかったんじゃないかという説もあるよね

427 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/30(月) 22:45:15 ID:HNJ5gzg0
グレシャムの法則ですね。相当質の悪い刀の方が
圧倒的に多かったとは思います。

428 :名前なカッター(ノ∀`):2008/06/30(月) 23:21:33 ID:6dvVrcI/
>>424
まてまて剣さん、そこん所をしっかり調べて教えてくれい。
○古刀の鉄は新刀以降より悪い鉄だったらしい。そこで折り返し鍛錬を20回
以上もしたのではないか、と言う説の方が多い。結果味のある地鉄になった。
○新刀以降に使われた鉄は大量生産に向く新製鉄法で、良質だが地鉄が無地風
になってしまい面白みが減る。新々刀以降は特にそれが甚だしい。
○しかし古刀の製鉄法は現在まったく失われ再現できない。よって古刀の地鉄
が再現できない。

以上が現在の有力説ではないのか?

429 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/01(火) 00:49:42 ID:v/M5oHiy
で現代刀との関係は?

430 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/01(火) 00:52:27 ID:tXlsyjI8
>>429
古刀を越える鍛錬方法の実現を目指す

431 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/01(火) 11:54:20 ID:RImtJ+Fx
>>429
現代刀は古刀のような魅力的な地鉄ではないと言うことで散々バカにされてきた。
もし古刀の地鉄が再現できれば、安い現代刀は飛ぶように売れるようになるだ
ろう。
古刀はさらに暴落するだろう、つまり刀剣愛好家の天国がやってくる。

432 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/01(火) 12:07:02 ID:Ie1YA33N
と、まぁ〜夢の様なお話をしておりますです。ハイ。

433 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/01(火) 12:12:52 ID:WVzYZUDG
海外では古刀より現代刀の方が評価高いね

434 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/01(火) 12:17:24 ID:pb2eWYBp
たたら以前の古い製鉄法って、どんなのだろうね
金穴流しをしたとしても、現在わかっている製鉄法は、結局は砂鉄のたたら吹きでしょ?

435 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/01(火) 23:41:50 ID:ArutRue1
もしかして、このスレは現代刀スレとは名ばかりで、
空気読めなくて日本刀スレに居られなくなった人が集うスレなのかな?

436 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/02(水) 11:22:05 ID:WZtAtvDD
現代刀であまり値崩れしない刀匠っていますか?

437 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/02(水) 12:40:35 ID:jrC4sr8/
>>431
そうなると私のような貧乏愛刀家は嬉しい

438 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/02(水) 18:14:47 ID:JbLd6YcG
>>436
もう亡くなった有名刀匠の刀。


439 :まだ知らない人はコレ見て怒れ!!!:2008/07/02(水) 19:10:33 ID:ZKpIEUda
【ニュー速報+板からきますた】口コミで出来るだけ多くの人達に広めて下さい!!!

69:名無しさん@全板トナメ参戦中 :2008/06/30(月) 17:36:03 ID:2aGz0rPl0
【世界中から信頼される日本記者クラブの毎日新聞が英語版で、世界に向けて9年間も発信していた記事】

■思春期の受験生の集中力を増すために母親はフェラチオで息子の性的欲望を解消する
■日本人の若い女性はファーストフードを食べると性的狂乱状態になる
■日本人主婦は皆コインランドリーに附属のコインシャワーで売春している
■日本のティーン(10代)たちはバイアグラを使ってウサギのようにセックスをする
■少女嗜好が発達した日本では、小学校に通うごく普通の少女たちが放課後、売春婦として働いている
■日本の看護婦たちは通常、病院内にバイブレーターを持参し、仕事柄、アナル開発に興じている
■日本人女性の55%は、出会ったその日に男と寝る
■20才から35才の間の日本人の4分の3がセックスの写真やビデオを撮ったことがある
■漁師経験者談;日本人は何とでもセックスをする
■24時間オルガズムが止まらない病気で苦しむ日本人女性の数が増えている
■六本木のあるレストランでは、コックは食事の前にその材料となる動物と獣姦する
■福岡の米祭りは、顔にベトベトの白い液体を塗るため、AV業界が「顔射」と呼ぶものによく似ている
■日本の最新の流行:70歳の売春婦
■老人の売春婦の人気にもかかわらず、日本では小学生の売春婦にも仕事がある
■ほとんどすべての漁師は海でマンタとSEXしている
■男色は日本の伝統。八坂神社では女装祭りを行っている
■日本男子は柔道や空手の部活で男相手に童貞を捨てている
■日本の首相は結婚生活ではなくオナニーで政権が取れると言っている
■横浜の女装祭りはゲイの宣伝になる
■かつてパールハーバーと南京大虐殺を起こした日本政府が、児童性愛者向けのマンガを作ってオタクを自衛隊にひきつけようとしている
■熱海の伊豆山神社のある木は、屠殺人の木またナギと呼ばれ、その後イザナギと呼ばれたが、
■イザナギは神道伝説の神話の神であり、日本列島は彼のこぼした精液から生まれた

440 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/02(水) 20:09:55 ID:4tfsUXJk
>>436
月山貞一、高橋貞次、堀井俊秀、天田昭次、吉原義人

あとは準で宗勉

441 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/02(水) 21:36:19 ID:jrC4sr8/
値崩れしてるよ、宗勉の刀上がると思って買ったけど甘かった。

442 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/02(水) 23:49:25 ID:Abwkk0wb
>>440
義人は安いよ。セカンドオーナーにとって。
義人の代わりに隅谷さんのほうが○。
あとは異存無し。

443 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/03(木) 22:26:38 ID:XT7vQNwJ
>>440
義人は良く売ってるの見るけど高橋、堀井はともかく他のはあまり見ないな

444 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/03(木) 23:05:24 ID:9VOnatzI
>>437
>そうなると私のような貧乏愛刀家は嬉しい
値下がりしないと業者が沢山書き込んでいるでしょ。
つまり現代刀以外は値下がりが始まっているから必死なんだよ。
まぁ1年後を見てご覧なさい。私の予想は甘すぎた、なんて言われるほど
下がるかもしれない。


445 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/03(木) 23:44:06 ID:ewcr2O0W
で、何の予想ですか?

446 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/03(木) 23:51:08 ID:yqtnWQrQ
>>440
月山多いよ。
天田>堀井>高橋>月山>義人
出回る数が少ないじゅんね。高橋、堀井は偽物も多い

447 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/04(金) 00:23:23 ID:X7WHYYSu
月山は大阪でよく見るのはナゼ?

448 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/04(金) 19:48:40 ID:id1rkPOL
>>440
義人刀匠より大野刀匠の方が値下がりしないんじゃないの?


449 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/04(金) 22:10:42 ID:vYbZSr/K
>>442
そうなんだ。あんまり欲しいとは思わないけど時期人間国宝とか噂されてるだけに
値段はどうなるか注目ですな。

>>446
隅谷はそのへんに転がってるけど大隈さんと天田さんはまず見たことがない。

>>448
大野さん忘れてたwこの人の刀も値下がりしないよね。でも丁子は飽きるんだよね。

450 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/04(金) 23:05:33 ID:WdgmEFPC
いや、大野さん下がってきたよ天田さんより150万安い、今
重花で200万〜250
重花袋丁子の3町毛風で300ぐらい

隅谷さん、短いのは出回るけど大刀はあまり出ない

451 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/05(土) 00:52:49 ID:Zie2lK35
>>450
ってことは天田さんの刀は450万以下で買えるの?
一度も刀剣店で見たことが無いからいくらくらいするのか
全然分からなかった。


452 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/05(土) 07:04:31 ID:fv+zfLls
もう年で作れないと違うかな?

453 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/06(日) 16:01:56 ID:vApSJmEG
筑州住国忠を買おうと思っていますが
評価お願いします。

454 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/06(日) 17:22:10 ID:Ohe/vreO
安刀 すぐ飽きる

455 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/06(日) 19:52:13 ID:Btf88BLB
>>454
作りはどうなの?
安くても良刀だったりしない?

456 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/06(日) 20:45:11 ID:P6n2GpxK
刀の出来と値段、銘は別問題。
無銘の刀匠の傑作が安く売られてるとする、さてこれは良い刀かどうか?

みればわかるだろ

必ずしも物の質と出来と値段は一致はしない

どうでもいいが銘とか無視して好きな刀を買え、何のために刀買うんだい?

457 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/06(日) 22:53:44 ID:ZNorpiHw
>必ずしも物の質と出来と値段は一致はしない
半分くらい言ってることの意味が分からないんだけど。
漏れは人と違う刀が欲しかったから2尺6寸の刀を買って
毎日素振りしてる。
銘の為に何百万も出すくらいならいいクルマに乗ったほうが
よっぽどいいと思うけどな。
刀は刃物。切れ味を追い求めて何ぼ。

458 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/06(日) 23:31:06 ID:P3FLVNKB
>>457
じゃあ、その2尺6寸は、切れ味がいいってことで買ったの?

459 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/08(火) 22:16:13 ID:2bPFHMYb
くず鉄だったんだろ

460 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/08(火) 22:39:23 ID:mciwBruC
>>453
筑州住国忠:小宮国忠この前見てきたけどいい仕事してるね。
店主に電解鉄か否か訪ねたら
「これはどう見ても違うでしょう」と言ってた。

俺はこれは良い刀だと感じたな。


461 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/08(火) 23:07:02 ID:eshK6mt+
新作刀で50万円前後のものは電解鉄と思った方が良い。

462 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/09(水) 01:19:18 ID:N5pmKonE
必ずしもそうとは限らないと思うが

463 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/09(水) 07:51:28 ID:aCY+CuYS
ヤスキ鋼(青、白)三原鉄、出雲鉄、スエーデン鋼、アーサーバルファー鋼、アッサブ鋼、W6タングステン鋼
玉鋼、どれで作っても地は出るし、波紋も、働きもでる、錆びやすいかも?

464 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/09(水) 12:06:29 ID:0QWuoEeG
現代刀匠は腕が無いんだよな。
もう少し腕を上げてほしい。今の刀は日本刀のような形をした別物。
鍛錬の質も悪いし鉄の質も悪い。腕も悪い。
昔の刀匠は違ったんだけどね。情けない。

465 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/09(水) 12:13:39 ID:jMehZqQH
使用した材料を明記してほしい。

466 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/09(水) 14:48:50 ID:34IJMQdn
>>ID:jMehZqQH
儀●屋か?

467 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/09(水) 15:31:52 ID:aSIYeRtV
>>464
根本的に勘違いしているんではないかい。良い鉄なんて今じゃ簡単に出
来るんだよ。今の玉鋼は江戸後期のたたら製鉄法で作ったやつだが、古
刀期の鉄より品質は良いのに地鉄の味は少なくなった。
これは一体全体どういうわけだ、ちゅうのが新々刀以来の悩みだろう。

468 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/09(水) 16:30:11 ID:NrR2dtLT
昭和初期の現代刀の方が出来がいい

469 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/09(水) 18:15:24 ID:NrR2dtLT
>>464
食べていけないから悪影響になっている

470 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/09(水) 20:49:40 ID:kZUyt2xz
>>ID:jMehZqQH

儀●屋必死すぎ

471 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/09(水) 20:59:31 ID:a9yIwpJQ
>>467
一子相伝なので言えないが、オレは鎌倉時代の刀の作り方を知っている。
水心子なども江戸時代に我が家を訪ね、半年間毎日家の前で土下座して頼み込んだと言うが結局
我が家は一子相伝なので鎌倉期の刀の製法を伝えることは出来なかった。
もっとも我が家はオレのみで両親もすでに無くなっているのでオレの代で技術は失われるだろう。
もう40過ぎてるのに10年間も派遣アルバイトだし、彼女居ない歴40年以上だし、子孫も期待出来ない。
オレの代で全てが失われるのは惜しいのでここで一つ記そうと思う。
鎌倉時代の生活をしてみろ、それだけだ。そこからなにかわか

472 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/09(水) 21:02:33 ID:aCY+CuYS
鎌倉時代の生活自体も分からない、教えてくださいよ

473 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/09(水) 21:07:21 ID:a9yIwpJQ
考えるな。感じるんだ。
感じ続けるとどうなると思う?コスモが流れ込んできて鎌倉になる。

474 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/09(水) 21:34:51 ID:YV22jk0c
>>471
まずは刀の作り方より子供の作り方を覚えろ

475 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/09(水) 21:47:32 ID:a9yIwpJQ
バカだな。
子供はコウノトリが運んでくるんだよ。
作るってなんだよ。
きっと50歳位になったらコウノトリがエマワトソンのような美少女を運んできてくれる。

476 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/09(水) 21:48:15 ID:BqTHwVwK
>>471
鎌倉時代と同じ刀が作れるなら
なんでお前は貧乏なんだよww

477 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/09(水) 22:06:54 ID:xYkYmzj0
>>476
本人ではないが俺が答えよう。

>もう40過ぎてるのに10年間も派遣アルバイトだし、彼女居ない歴40年以上だし、子孫も期待出来ない。

これ以外はすべて嘘だからだw

478 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/09(水) 22:26:07 ID:0eLPb07S
>>471
死ねよヒッピー野郎!
何が鎌倉時代の生活だよwそんくらいで鎌倉刀が作れるわけねーだろ。
ウソばっか書くなよ

479 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/09(水) 22:34:32 ID:aCY+CuYS
>>473
最高

480 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/09(水) 22:50:10 ID:aCY+CuYS
いいではないか、書かせた方が面白い

481 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/10(木) 08:39:45 ID:gEdtNF6u
釣り宣言がでる前にこれはっときますね

「釣り」と称して煽ったり変な事を言ったり、冷静な振りで「釣り」に応対して煽り返してるレスをよく見かけるけど、
それって実は釣り糸同士絡ませあってるだけなんだよね。

      自称釣り師                    自称釣り返し師
        ↓    /\              /\    ↓
  釣れたw> ○  /   \           /   \  ○<あっそ、つまんねー釣りw
        (Vヽ/       \        /      \ /V)
        <>          \    /         <>
   ゙'゙":"''"''':'';;':,':;.:.,.,         \ /       .,.,::;.:'';;':,':;.:゙'゙":"''"'''
              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ξ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                       ξ

    ヤレヤレ上が騒がしいな… >゚++< 〜
                     ↑
                  その他大勢の住民



んで煽りあって、お互い釣れたと思ってる。

 ,〜〜〜〜〜〜 、     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    ,〜〜〜〜〜〜 、
( 釣れた釣れたw)  /                     \ ( 釣れた釣れたw)
 `〜〜〜〜〜v〜´/                        \`〜v〜〜〜〜〜´
          ○)ノ                         ヽ (○
      .      )                           /
           ノヽ                         <ヽ
      ゙'゙":"''"''':'';;':,':;.:.,.,____________ .,.:.;:',:';;'':'''",''":"゙'゙
                      ?
                     >゚++<


482 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/10(木) 15:12:16 ID:bS/AIYAL
くだらない

483 :名無しの愉しみ:2008/07/11(金) 21:16:21 ID:CT1iYaAr
あー、実は私も一子相伝継承者でしてのぉ。

.            /| 
     ○  /  |
.    (Vヽ/    |
    <>     |
゙'゙":"''"''':'';;':,':;.:.,.,__|_________
             |
http://kjm.kir.jp/pc/?p=60605.jpg

484 :名無しの愉しみ:2008/07/11(金) 21:49:53 ID:CT1iYaAr
つ、つれねぇ

485 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/12(土) 20:04:07 ID:WOxji54e
>>484
心配するなっ なっ!

486 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/14(月) 08:42:52 ID:0A3hMbNt
刀剣博物館の新作刀展終わってしまった。
見にいくの忘れてた。


487 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/15(火) 23:06:07 ID:tryK8H4s
おれも見逃した!!
次の刀博の展示テーマ何?

488 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/17(木) 12:45:51 ID:9wqHPVr2
>>487
サイトでは「7月15日から11月3日まで、古刀新刀名作展を開催予定です」としか
ありませんでした。

489 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/17(木) 23:14:23 ID:ZNi6sbS6
まぁ、適当に並べとくよ

490 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/27(日) 05:55:35 ID:RyECFT/n


491 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/27(日) 10:11:40 ID:GCcHa7dE
質問です。
肥前刀はなぜ太刀銘で切るのでしょうか?

492 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/29(火) 19:24:36 ID:LjHL+Hs4
宗勉の刀売っている店って都内にありますか?

493 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/29(火) 19:34:53 ID:fUqa69Lb
>>492
平成名刀会なら売ってると思う。
しかしあそこは高い。
他の店だと少し前に葵に120で平成打ちの結構良さそうなのが出てたよ。

494 :名前なカッター(ノ∀`):2008/07/31(木) 06:51:25 ID:R9LostwL
w


495 :名前なカッター(ノ∀`):2008/08/14(木) 07:40:00 ID:fkJNTvEO
 

496 :名前なカッター(ノ∀`):2008/08/14(木) 18:23:41 ID:tIKQ3AS+
>>307
正宗賞、受賞一覧
天田昭次 1977年、山城伝 1985年、相州伝 1996年、備前伝

隅谷正峯 1964年 1966年 1971年 備前伝

大隅俊平 1974年 1976年 1978年 山城伝

藤村国俊 1962年 相州伝 包丁正宗写し
 

497 :名前なカッター(ノ∀`):2008/08/19(火) 13:59:15 ID:hdYNVW2x
AOIに宗勉が入ったよ。120マソ

http://www.aoi-art.com/sword/katana/08001j.html

498 :名前なカッター(ノ∀`):2008/08/21(木) 20:06:22 ID:FgE4Y3DU
馬鹿高いな

499 :名前なカッター(ノ∀`):2008/08/21(木) 20:27:49 ID:/GXAZ5lK
この前平成打ちが120で出てたからこれは買いじゃないな。


500 :名前なカッター(ノ∀`):2008/08/21(木) 20:49:29 ID:kqiewngV
ここ最近全体的に値下がりしてるよね
景気悪いからかな?

501 :名前なカッター(ノ∀`):2008/08/21(木) 21:08:17 ID:/GXAZ5lK
>>500
戦前の現代刀と新々刀の良いものは値上がり。
昭和後期以降の現代刀と無銘重要の下位の物は値下がり
ってところ。


502 :名前なカッター(ノ∀`):2008/08/21(木) 21:27:01 ID:kqiewngV
ここ最近(半年位前から今を比べて)はどちらも下がってると思うよ
横ばいだとしても値上がりはしてないんじゃないかなあ?

503 :名前なカッター(ノ∀`):2008/08/22(金) 16:13:54 ID:7AiLgrrG
http://www.choshuya.co.jp/sale/sword/0808b/sotsutomu/sotsutomu.htm

長州にも宗勉入荷。こっちの方がいいね。安い。

504 :名前なカッター(ノ∀`):2008/08/22(金) 16:42:47 ID:feBQKqot
下手に名刀狙うより、現代刀工による、名刀の写しを買った方が良いね。
例えば児童斬安綱、正宗などね。
こういうのやってもらうと40万でどうにかなるかな。

505 :名前なカッター(ノ∀`):2008/08/22(金) 19:02:04 ID:qFsoP4mr
>>504
児童を斬っちゃまずいだろ…童子でも一緒かww
ちなみの、童子は「酒呑童子」って鬼だか、盗賊だかだがな。


506 :名前なカッター(ノ∀`):2008/08/22(金) 19:51:26 ID:7AiLgrrG
>>504
確かにな。でも値段が下がらない刀匠のを狙わんとな。
大野義光とか天田昭次とか。

>>505
新撰組は児童斬りやってたぞ。切れ味を試す為に。

507 :名前なカッター(ノ∀`):2008/08/22(金) 20:11:19 ID:qFsoP4mr
>>506
安綱でか?

お前一所懸命馬鹿だなwww

508 :名前なカッター(ノ∀`):2008/08/22(金) 22:30:49 ID:7AiLgrrG
>>507
安綱なんて書いてないだろう。子供を斬っていた事実があるって書いただけ。

509 :名前なカッター(ノ∀`):2008/08/22(金) 22:53:21 ID:qFsoP4mr
>>508
ばーか、>>504を見ろ。
ホント流れが分からない馬鹿は始末に負えないなwww

510 :名前なカッター(ノ∀`):2008/08/23(土) 00:36:25 ID:DPajjx04
痛い奴だな

511 :名前なカッター(ノ∀`):2008/08/23(土) 07:55:03 ID:K5VzuOAz
>>503
安いと思ったら、2箇所刃が欠けてますね
鑑賞用の作品っぽいので残念ですね

ガラスの茶碗かカップとかにぶつけたっぽい
結構簡単に刀は刃こぼれするからね、せとものにあたると

512 :名前なカッター(ノ∀`):2008/08/23(土) 17:45:29 ID:NMxTSL3T
宗刀匠の刀は筑州山王住が良いとききました?

513 :名前なカッター(ノ∀`):2008/08/24(日) 01:31:21 ID:MdpLsU2D
新撰組が手慰みに子供斬りをしていたのは事実。
寺子屋を襲って子供を斬ったり犯したりしていた。
本当かどうかは知らんが切った子供を鍋にして酒盛りまでしたという。

514 :名前なカッター(ノ∀`):2008/08/24(日) 12:33:58 ID:bI3LtEat
>>513
オマエは毎日新聞か?

515 :名前なカッター(ノ∀`):2008/08/24(日) 14:16:12 ID:Qzr7Iuzg
映画や小説のせいで変に美化されているだけで
新撰組の人切り癖や幼児強姦は史実。
地元の怨みは深いよ。
NHKがドラマにした時は連日地元NHKの前で
デモ行動があったぐらいだ。

516 :名前なカッター(ノ∀`):2008/08/24(日) 15:32:35 ID:umIS1g//
>>515
聞いた事ないな

517 :名前なカッター(ノ∀`):2008/08/24(日) 16:49:15 ID:bI3LtEat
>>515
捏造すんな!ソース出せ!

518 :名前なカッター(ノ∀`):2008/08/24(日) 17:00:42 ID:/3HxyozW
特亞が日帝の仕業とか、残虐非道の事件を描写する場合
とても日本人では思いつかないような残虐さを発揮します。
過去に事例がないほどの。


でも通州事件にはとてもよく似た残虐さがあらわされていたりする。
ぐぐれ。

>>515
特亜で報道されたのがソースとは笑える

519 :名前なカッター(ノ∀`):2008/08/24(日) 19:06:02 ID:vlQ/Cpxv
>>517
ソースは彼の脳内です。そっとしてあげてください。

520 :名前なカッター(ノ∀`):2008/08/27(水) 22:56:04 ID:wXw0Pv6H
>>515はパンツそっくりですね

521 :名前なカッター(ノ∀`):2008/08/28(木) 18:03:18 ID:DqwPa8OE
>>520
研究が足りません。

522 :名前なカッター(ノ∀`):2008/08/29(金) 19:40:06 ID:lai7hYhr
 

523 :名前なカッター(ノ∀`):2008/08/30(土) 13:41:28 ID:NnugO2Dp
現代の刀工は中国風、あるいは西洋風の直剣を作ったら違法なんでしょうか?
それとも売れないから作らないだけ?

524 :名前なカッター(ノ∀`):2008/08/30(土) 15:08:14 ID:rpzDFr2U
>>523
中国風は知らんが両刃の剣を作っている刀匠ならいる。
少し形を変えて剣を西洋風のものにすることも可能なはず。


525 :名前なカッター(ノ∀`):2008/08/30(土) 17:53:55 ID:UV9INGM3
西洋風・中華風の剣は登録不可能なので銃刀法違反。
もちろんアルミや真鍮製の模造刀なら合法。

526 :名前なカッター(ノ∀`):2008/08/30(土) 19:10:09 ID:NnugO2Dp
>>524-525
つまり日本風の剣ならOKだけど外国風のものは日本刀ではないのでNGということですか
外装を変えればいいだけなのかも知れないけれど
ありがとうございました

527 :名前なカッター(ノ∀`):2008/08/31(日) 00:05:23 ID:BZIU5ie9
長い剣を打ってもらって西洋風の拵えをつけるって面白そうだな
ちょっと見てみたい気もする

528 :名前なカッター(ノ∀`):2008/08/31(日) 09:12:51 ID:1DN5wXlT
>>525
西洋風の剣でも刀匠が作れば剣として登録できると思う。
まあ相当特殊な形のものは無理だろうが。
>>526
外装は登録時に持っていく必要がないので関係ない。
両刃で切先が鋭角になっている細身の剣くらいなら登録できるはずだよ。
>>527
どこかで明治、大正の金持ちの将校は日本刀を海外に発送して
特注でサーベル拵えを作ってもらっていたというのを見たことがある。
今でも海外で本格的な西洋風の剣やサーベルの拵えを作ってくれる
職人はいるのかな。


529 :名前なカッター(ノ∀`):2008/08/31(日) 09:34:57 ID:0WV/CFE7
三鈷柄剣 刃長:65.3cm
http://www.samuraishokai.jp/sword/09001.html

530 :名前なカッター(ノ∀`):2008/08/31(日) 15:01:41 ID:52FOrUDl
>>529
全然「西洋風」じゃないけどな。


531 :名前なカッター(ノ∀`):2008/08/31(日) 19:16:24 ID:s2gxwQnb
http://www.bidders.co.jp/item/108229940
西洋風ってのはこういうの言うのだよ、糞パンツ。
しかも同じ羽山円真(無銘

532 :名前なカッター(ノ∀`):2008/09/03(水) 19:59:34 ID:UwsonCUO
ある一門の刀鍛冶の中に、「日刀保の新作名刀展」と「ある一門(刀匠会寄り)の現代刀秀作展」両方に出品する人がいるけど、どういう考えしているのかね?
世渡りが上手いのか、それともズウズウしいのか、両方から信用されなくなるよ。

533 :名前なカッター(ノ∀`):2008/09/03(水) 21:33:56 ID:DniPQanF
どうでもいい。

534 :名前なカッター(ノ∀`):2008/09/04(木) 10:56:04 ID:P0vRTH6N
>>532
両方に出品して良いのでは?自分の作品に自身が有れば日刀保と刀匠会の
確執を気にする方がおかしいと思う。
私は現代刀が好きですので刀匠には自由に挑戦(作品に)して貰いたい。

535 :名前なカッター(ノ∀`):2008/09/04(木) 17:09:24 ID:xFjYZd92
自分の作品に自身云々の話ではない。
各々に”義理”というものがある。
はっきり白黒つけるべきだ。

536 :名前なカッター(ノ∀`):2008/09/04(木) 17:29:47 ID:Nkb1bpqa
義理立てするような立派な団体かにゃ

537 :名前なカッター(ノ∀`):2008/09/04(木) 19:33:01 ID:wOkD8GaD
義理立てするような立派な団体ではないので両方に出す方がむしろ正しいですね。

538 :名前なカッター(ノ∀`):2008/09/05(金) 10:38:49 ID:L2KvjNZp
>>532
普通は両方出す物ですが、いつから慣習的に禁止になったのですか?

539 :名前なカッター(ノ∀`):2008/09/07(日) 01:17:41 ID:5R/f5hHb
昨日から

540 :名前なカッター(ノ∀`):2008/09/07(日) 09:04:59 ID:5R/f5hHb
某協会の三階にご自分の刀を見せに行っていた刀匠の方々はまさか裏切っていないでしょうね?

541 :名前なカッター(ノ∀`):2008/09/07(日) 13:10:20 ID:nZrqpw7r
出来の良い宗勉の刀が見つからん。大刀剣市にでるかな?

542 :名前なカッター(ノ∀`):2008/09/08(月) 22:36:25 ID:fZO5ohFW
大市は、現代刀はあんまり並ばないんじゃない?

543 :名前なカッター(ノ∀`):2008/09/08(月) 23:57:59 ID:ubR9Svos
ばかこくんでねえ、平成名刀怪やら秀作現代刀コーナーも
にぎわっちょル。

544 :名前なカッター(ノ∀`):2008/09/09(火) 15:27:10 ID:6o7uEKUR
150万で宗勉のできの良いの買えますか?

545 :名前なカッター(ノ∀`):2008/09/09(火) 17:09:19 ID:dRsikeds
買えるよ。


141 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)