5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本刀スレ 参拾壱代目

1 :剣恒光:2008/04/20(日) 23:42:48 ID:TkcVYI1p
楽しく、ためになる刀・槍・薙刀・小刀の話をしましょう。
また刀装具の話もここで。
スレをあらす人の立ち入りは厳禁とします。
また、スレ参加者も餌をあたえたりしないようご協力願います。
また無意味な業者認定などもお控え下さい。
日本刀に関係のないコピペ・ネタ・コテハン叩きは禁止。

過去ログは>>2,3に
関連スレは>>4
スレ派生参考は>5に
次ぎスレは>>970以降にお願いします。

画像うpはここを
 日本刀総合うp板
  ttp://0bbs.jp/tsurugi_s/

避難所はここに
日本刀スレ(避難所)
  ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/sports/28080/1188980897/


2 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/20(日) 23:45:10 ID:no2kiht6
こっちのが9秒早い

3 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/04/20(日) 23:45:43 ID:oMKJdeuu ?2BP(1000)
過去ログ

初代スレ ttp://game.2ch.net/test/read.cgi/hobby/988386775/
二代目  ttp://hobby.2ch.net/test/read.cgi/hobby/1027265861/
三代目  ttp://hobby.2ch.net/test/read.cgi/hobby/1042248599/
四代目  ttp://hobby.2ch.net/test/read.cgi/hobby/1058699338/
伍代目  ttp://hobby.2ch.net/test/read.cgi/hobby/1066191288
陸代目  ttp://hobby.2ch.net/test/read.cgi/hobby/1072712150/
漆代目  ttp://hobby.2ch.net/test/read.cgi/hobby/1077804076/
捌代目  ttp://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/hobby/1083773365/
玖代目  ttp://hobby6.2ch.net/test/read.cgi/knife/1091197545/
拾代目  ttp://hobby6.2ch.net/test/read.cgi/knife/1095873932/
拾壱代目 ttp://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/knife/1103958383/
拾弐代目 ttp://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/knife/1109867002/
拾参代目 ttp://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/knife/1117626440/
拾肆代目 ttp://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/knife/1124283448/
拾伍代目 ttp://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/knife/1130069104/
拾陸代目 ttp://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/knife/1134809080/
拾漆代目 ttp://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/knife/1141650470/
拾捌代目 ttp://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/knife/1145805149/
拾玖代目 ttp://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/knife/1153481628/
弐拾代目 ttp://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/knife/1160407203/

4 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/04/20(日) 23:46:20 ID:oMKJdeuu ?2BP(1000)

弐拾壱代目 ttp://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/knife/1167298614/
弐拾弐代目 ttp://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/knife/1174232071/
弐拾参代目 ttp://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/knife/1180700686/
弐拾肆代目 ttp://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/knife/1183799904/
弐拾伍代目 ttp://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/knife/1186738376/
弐拾陸代目 ttp://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/knife/1189246050/
弐拾漆代目 ttp://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/knife/1193741541/
弐拾捌代目 ttp://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/knife/1197691429/
弐拾玖代目 ttp://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/knife/1200677495/
参拾代目 ttp://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/knife/1204096951/



5 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/04/20(日) 23:47:13 ID:oMKJdeuu ?2BP(1000)
関連スレ

 関連スレ
 
【武家】日本刀の斬れ味 〜三の太刀【目利】
ttp://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/knife/1195571136/
旧大日本帝国軍刀総合スレ 伍
ttp://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/knife/1180295842/
模擬刀(模造刀)総合スレ 08
ttp://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/knife/1191412219/
オークションで出品してる刀の漆
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/knife/1194856160/
■刀剣購入、優良店、極悪店、意見交換スレ6■
ttp://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/knife/1198326090/
刀鍛冶になりたい
ttp://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/knife/1140349230/
〜ヲ 日本刀はステンレスで造れるか? 〜ヲ
ttp://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/knife/1092474474/
■現代の科学を利用した刀て日本刀より強い?スレ■
ttp://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/knife/1124572338/
現代刀スレ
ttp://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/knife/1198773274/
朝鮮刀?問題総合スレ 03
ttp://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/knife/1148560006/

6 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/04/20(日) 23:47:52 ID:oMKJdeuu ?2BP(1000)
参考

「日本刀分類 Wiki 」日本刀スレ参拾代目>>507氏作成
 ttp://wikiwiki.jp/katana/
「刀剣伊呂波歌留多」東風麿氏が提案してこのスレ等で作り上げたもの
 ttp://homepage.mac.com/tsurugi_t/katanakaruta.pdf
「初めて触れる日本刀」刀剣鑑賞における注意点 08.04.05
 ttp://homepage.mac.com/tsurugi_t/katana-kansyo.pdf
「偽物について」偽物の種類、銘消しなど
 ttp://homepage.mac.com/tsurugi_t/katana-gibutu.pdf
「樋について」樋の強度などの考察 08.03.13
 ttp://homepage.mac.com/tsurugi_t/katana-hi.pdf
「ハバキについて」08.04.05
 ttp://homepage.mac.com/tsurugi_t/katana-habaki.pdf

7 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/20(日) 23:54:45 ID:no2kiht6
>>1
スマン。てっきり参考スレ貼り終えてると思ってフライングした。
あっちのスレ使う?

8 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/04/21(月) 00:01:45 ID:M9OqsLLl ?2BP(1000)
>>7
まぁそういう事も有る。

このスレはこのスレとして使いましょう。


9 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/21(月) 00:19:21 ID:DxWhZrki
興味があるので前スレの話を続ける。

984 :名前なカッター(ノ∀`) :2008/04/19(土) 23:52:34 ID:dvdug3G9
それにしても鑑定の本はいくらでもあるが鑑賞の本が1冊もないなぁ。
鑑賞を突き詰めれば、骨董刀の価格差に見合うほどの美術的価値の差はない
ことが結論されるはずです。
もし差があるのならちょっとした眼があれば偽物は1発でわかるはずです。
ところが寒山先生も得能先生も上だけ見ただけではわからない偽物も多い、
と書かれている。つまり本物と偽物の出来に差のない場合が結構あると言う
ことでしょう


10 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/21(月) 00:20:02 ID:DxWhZrki
988 :名前なカッター(ノ∀`) :2008/04/20(日) 07:13:52 ID:iu89bk3p
>984
支離滅裂
鑑賞と鑑定の目的は全く別で、真贋判定は鑑定のお仕事
どんな美術分野でも渾身の作品(絵画では個展や展覧会出品作)と生活の糧とする
ための作品(絵画では売り絵といわれる小品)には出来の差は歴然としている

名工といわれる人にも当然不出来がある。それを偽物と断罪してしまうのは、後世の
人に申し訳がたたない。

11 :9:2008/04/21(月) 00:26:20 ID:DxWhZrki
>>10>>9のどこが支離滅裂と思っているのだろう?

1流刀工にも安造りや不出来のものがあるとして、それと>>9の内容とは
何の関係もないが?

12 :前スレ988:2008/04/21(月) 08:04:11 ID:YeZ+lSKU
剣氏スレ立て乙です

>11氏
またすり替えですか?前スレ984の全体を引用しなきゃ議論にならないでしょう
この話は「名刀とは何か」という問いかけの流れであり、「国宝と保存の美術的価値の差が分からない」という謙虚な話に対して、貴殿が「鑑賞を突き詰めれば真贋判定ができる」とレスして流れがあさっての方向にいきそうだったので一石を投じたまで

貴殿が問題にしている「美術的価値に特化した本」がないという点は同意している
しかし美術的価値に言い及んでいる本は多数ある
ある個人の美意識に特化した書き物が本という媒体で世に出て評価されるのか?というのは、また別の話

13 :9:2008/04/21(月) 14:06:14 ID:DxWhZrki
>>12
>貴殿が「鑑賞を突き詰めれば真贋判定ができる」とレスして
は〜てな根本的に勘違いしているのはわかるけれど、そんなことを書いていな
いし、そんなたわけが刀剣界にいるとも思えないがなぁ。私はこう書いている。
>>鑑賞を突き詰めれば、骨董刀の価格差に見合うほどの美術的価値の差はない
>>ことが結論されるはずです。


14 :9:2008/04/21(月) 14:23:48 ID:DxWhZrki
>>12
待てよ皮肉が通じなかったかな?
ほらよく言うでしょ「この有名な刀がこれだけ高いのはそれだけ出来が
良いからだ」って。
正宗にして然り、正宗が最高値なのは古今前後に絶する傑作刀だからだ、
本間先生も小笠原先生もそう言ってますね。

では本当にそうなら2流や3流刀工の刀を使って1流刀工の偽物を作っ
ても1発で見分けられる、と言うことになるはずです。
しかし寒山先生や得能先生はそうは言っていない、「上だけ見ても判定
できない偽物も多い(1流刀工と差のないほどに上出来偽物も多い)」と。

15 :9:2008/04/21(月) 14:40:51 ID:DxWhZrki
前スレ>>971のスカッとした意見を納得する人も多いのでは
>おそらく昔の有名刀匠が今の刀剣コンクールに出したとしたら
>実際客観的に考えると入選されないものばかりが多いと思います。
>(一部の優作を除けば)


16 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/21(月) 16:39:00 ID:vyWKauAJ
前スレより971の者です。
美術価値と値段について。
現在の刀剣市場の価値と価格は昭和大戦後に形成されたでしょう。

一時刀ブームも昔ありましたのでバブル期とかはかなり高沸して偽物も
多くでまわりましたが。(昔話)

刀剣市場は日本保存協会の後ろ盾もあり発展したのも事実で
刀の世界でかなり貢献もしてますが、膿もまたあるでしょう。

世界的にも収集家は多くいますが、海外では価格が安いだけで
ただ刀を欲しい者(居合用も含む)と美術品として集める人におおよそわかれます。

世界的に現在の重要などはあまり重視はされません、銘などと言っても
ほとんどわかるわけなく。「刀の出来」「拵の出来」この2点が重視されます。

鑑定家もみなわかってますが、1流刀工だから良いわけでなく、それを超える
2流刀工も多くいて、また鑑定自体もある程度までのあくまでも判断
での推測にすぎません。(個々の作品なので出来の不出来のばらつきはかなりあります)

現在の刀剣市場と価格についてここをみてるみなさんはどう思いますか?
刀剣保存協会の紙で値が上がる仕組み等も踏まえて。
特にバンツの意見を聞きたいのだが


17 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/21(月) 16:56:09 ID:hTMOMdge
これから後は暴落するような・・・

18 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/21(月) 17:07:56 ID:YeZ+lSKU
>13
なるほど
>鑑賞を突き詰めれば、骨董刀の価格差に見合うほどの美術的価値の差はない
ことが結論されるはずです。
の文章と
>もし差があるのならちょっとした眼があれば偽物は1発でわかるはずです。
の文章は別の段落だったのですか。いや〜難読ですね。読み取ることができずに失礼しました

ところでスレの雰囲気が悪くなってきた気がします。これ以上続けるならスレを変えた方がよいと思いますがどうですか?

19 :9:2008/04/21(月) 18:06:11 ID:DxWhZrki
>>18
>スレの雰囲気が悪くなってきた気がします。
ご冗談でしょ。下らぬあらしの多い2chでこんなまっとうな議論ほど
雰囲気の良いことはないですよ。

>>もし差があるのならちょっとした眼があれば偽物は1発でわかるはずです。
>の文章は別の段落だったのですか。いや〜難読ですね。
ん?同じ意味ですよ。もし1流と3流が刀の出来(美術性)で決まる部分が
多いとすれば、3流刀工の刀で1流刀工の刀の偽物を作ったら、出来に
雲泥の差があるわけだから、これは偽物と1発でわかるはずだ、と言う意味
です。わからない例が結構あると言うことはつまり
>>鑑賞を突き詰めれば、骨董刀の価格差に見合うほどの美術的価値の差はない


20 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/21(月) 19:33:08 ID:L1pj8Wjo
>おそらく昔の有名刀匠が今の刀剣コンクールに出したとしたら
>実際客観的に考えると入選されないものばかりが多いと思います。

入選は現代でも普通出来なら通る、問題は入賞レベルだ。
長雲斎綱俊なら入賞できるというか無鑑査推挙だ。

21 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/21(月) 22:29:13 ID:HWNI/hK1
鑑定でも鑑賞でも、それほど揉める様な話では無いと思いますよ。
当然のことですが、骨董美術品が

「骨董的価値」+「美術的価値」+「道具的価値(日本刀では切れ味)」+「市場需要」
で価格構成されているのだから
議論されている御二人の意見はどちらも正しいと。
即ち、「骨董的価値」=「美術的価値」=「日本刀の価値」では無いのですから、
鑑定(骨董的真贋)≠鑑賞(審美眼)ということは、御二方の共通意見に見えます。

さて、問題は「今後の刀剣界としてはどの価格構成要因に重きを置くべきか」
では無いでしょうか?お二人が共に懸念されているのは
「市場需要が自然ではなく、一部の権威筋に恣意的に操作されているのでは?」
ということと愚察しました。

私見ですが、骨董的価値派が優勢であろうと、美術的価値派が優勢であろうと、
そこは日本刀の持つ歴史と美観ゆえ、健全であると思います。



22 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/21(月) 22:39:22 ID:HWNI/hK1
ところで、「鑑賞の手引き」の本が無いという点ですが、
私も気になっています。

私は初心者ですが、「この刀は良い!!」と思うのは自分の感性に頼るしかなく。
自分の着目点が正しいのか、正直迷うところでもあります。
せめて、博物館にある「名刀」だけでも見所が明記されていれば
日本刀の美に対しての理解は広まるのではないでしょうか?

その見所を美ととるか醜ととるかは個人の好き好きですが。

同好の諸先輩の鑑賞日記などを一所に集めてみれば、面白いのかもと
思います。日刀保の方々などの一振りの刀の鑑賞座談会記事とか。

23 :9:2008/04/21(月) 22:58:09 ID:DxWhZrki
>>21
私が思うに三つに分かれると思うのです。骨董刀と美術刀と実用刀(居合
とか試斬)。この中で認知されていないと言うか新しい分野が美術刀です。
この他にもちろんどの分野にもガタナ(傷物とか錆身)の世界があります。
さて問題は偽銘刀です。出来の良いものは美術刀へ、出来の悪いものは
実用刀に分類されていくのではないでしょうか。

いずれにせよ、今5百万本(日本と海外)はある日本刀の中で骨董的価値の
はっきりしているものは1,2%でしょう。多分2、3割は美術刀として
おかしくないでしょう。この膨大な新しい市場を抑えようとする意見が刀剣
商にもあるのが不思議です。

24 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/21(月) 23:15:50 ID:YeZ+lSKU
>19
う〜ん、微妙に論点がずれていると思うのですが、ここは貴殿の提起をもとに話を続けましょうか

>鑑賞を突き詰めれば、骨董刀の価格差に見合うほどの美術的価値の差はない
ことが結論されるはずです。
申し訳ないが、これは明確に否定します
仮に写しの場合は必ずどこかに破綻があるわけで本歌に勝るところはないと考えます。その見極めに私が重要視しているのは「帽子の出来」です
また、あまり好きな表現ではありませんが、三流工の会心作が一流工に迫ることもあることは賛同するにしても、そもそも三流工の会心作と一流工の不出来とを比較することが支離滅裂なのであって、同じ土俵として互いの会心作を比べたらその美術的価値の差は歴然としています
寒山、得能両先生の言葉にしても、その意図する裏を読まなけばならないわけで、掟通りに刀を見ただけなら見紛うこともあるので、多方面から見てみなさいという忠告でしょう

25 :9:2008/04/21(月) 23:21:54 ID:DxWhZrki
>>22
刀の美術品としての魅力はどこにあるか、と言う話ほどこの世界で嫌
われる話はないです。だから未だに鑑賞専門の本がないのでしょう。
作者がはっきりしない美術刀なんて、本数が多いだけに高値になるわけ
がないので商売としての旨味がすくないからでしょう。

何よりの証拠に、未だに正宗の美術的魅力の解説がせいぜい数行なので
す。この前寒山先生の本を読んでいてびっくりしました。明治の今村長賀
正宗凡工論を出したのに、それを正宗抹殺論と勘違いした人たちが多く、
文献論的正宗実在論考が未だにいたるまで多いと。
私には正宗の刀はとても空前絶後の傑作刀とは見えないのです。どこがそ
んなに傑作なのか、現在の映像技術ではっきりさせてもらいたいと思うの
です。それをしないのは刀の美術的比較をしたくないからでしょう。

26 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/21(月) 23:25:30 ID:YeZ+lSKU
自己レス
酒に酔っ払ってダラダラと推敲しているうちに>21>23の様な良い方向に意見が出ていますね
前段の私見は保留扱いで願います>11氏

27 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/04/21(月) 23:27:08 ID:rhmNkJ8H ?2BP(1000)
美術品としての魅力ってのは乱暴に言えば個人の好き嫌いだから
定量化し難いのでは無いだろうか?

個人的には相伝は全く魅力を感じない。


あと、勉強を突き詰めると好き嫌いは無くなるそうだ。
その時代、その刀工に有った作ならそれが良いと。


28 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/21(月) 23:29:48 ID:die36qNj
刀の買い取りのいい店教えてください、中部、東海三県内、よろしくお願いします。

29 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/21(月) 23:40:52 ID:YeZ+lSKU
>22
>せめて、博物館にある「名刀」だけでも見所が明記されていれば
日本刀の美に対しての理解は広まるのではないでしょうか?
個人的にはその様な努力をしている博物館を知っているのですが、宣伝になるので控えておきます
また刀剣の展示に力を入れている博物館では鑑賞の手引きを刊行しています(佐野美術館や大阪歴史博物館など)

一般的な書物で古今の日本刀の美に関して一つの回答を示しているのは寒山先生の『日本名刀100選』(秋田書店刊)にあると思いますがどうでしょうか

30 :9:2008/04/21(月) 23:53:17 ID:DxWhZrki
>>24
>そもそも三流工の会心作と一流工の不出来とを比較することが支離滅裂
>なのであって
おかしいなぁ、私はそんなことは書いていませんが??

>同じ土俵として互いの会心作を比べたらその美術的価値の差は歴然としています
これを証明するような、例えばTV番組なんかがあると面白いのですが。
例えば正宗の上出来と出来の良い正宗偽物を20本を並べ、何人かのベテランに
出来の良い順に並べてもらう。もちろん正宗代用にされてきた郷や志津兼氏や大左
等も数本混ぜておく。
小笠原先生や本間先生の言うように正宗は空前絶後であると言うのなら、
誰もが正宗を第1番目に選ぶはずです。私はかなりあやしいと思っています。

31 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/22(火) 00:00:00 ID:Q7cmXezc
>>28
マルチポスト乙
一箇所に絞れ。

32 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/22(火) 00:04:02 ID:jAxCDepB
>30
やっぱり微妙にずれていましたね

私は正宗の様な個銘について話をしているのではなく、刀剣全体について話をしていたつもりでした

一つの結論としては>21氏がキレイにまとめていただいたと思いますがいかがでしょうか?

33 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/22(火) 21:06:20 ID:gOZlTht0
カーボンナノチューブの層を鍛造工程で玉鋼に混ぜ込んだ日本刀が信州大学で作られたらしいな
これから基本性能を調べるらしい

34 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/04/22(火) 21:49:18 ID:BrU1z3dd ?2BP(1000)
>>33
>カーボンナノチューブ
そいや刀剣の里でもやっていたな。

35 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/04/22(火) 22:17:31 ID:BrU1z3dd ?2BP(1000)
あ、工業新聞をみた。同じ物ですね。大成化研さんの所か。
調べるのが信州大学で、造ったのは刀剣の里の刀匠だよ。
それ以上は言えませんが。

36 :9:2008/04/22(火) 22:25:36 ID:3OkoGmaT
>>27
>美術品としての魅力ってのは乱暴に言えば個人の好き嫌いだから
>定量化し難いのでは無いだろうか?
価値を定量化したものが価格です。たしかに美術的価値は定量化し難いです。
ですから骨董刀の価格の殆どは骨董価値になるわけです。

>個人的には相伝は全く魅力を感じない。
ぷわははは、さすがは備州住人ですね。
しかし大段平が好きなんでしょう。相伝でない大段平ってありましたっけ?
ああ美濃伝にありましたね。

>あと、勉強を突き詰めると好き嫌いは無くなるそうだ。
>その時代、その刀工に有った作ならそれが良いと。
百本は並べてある展覧会でも、気に入るのはせいぜい2,3本の私はとても
その境地にはほど遠いです。

37 :22:2008/04/22(火) 23:16:49 ID:BXFEX8uQ
>>29
「日本名刀100選」
早速ネットで購入しました。

どうも寒山先生は著書が高額なので
著書を買い控えていました。

「日本名刀100選」はお手頃価格なので、買っちゃいました。
ご推薦dクス。



38 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/23(水) 18:51:30 ID:ZUfuLEr3
協会の職員は正宗を評価するね。
手にとって見てもよさは分らん。
地景がすばらしいというがよさが分るほど手にとっていないが・・・。
よさが

39 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/23(水) 21:49:39 ID:MOML4v9S
馬鹿パンツ連絡寄こせやごるぁ。

opa6321@docomo.ne.jp

40 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/04/24(木) 07:18:15 ID:/vYDbHGi
明らかに葵美術で小刀を買い漁ってる奴がいるだろ
安くて汚いのを何本も乱暴な買い方をしやがって

41 :リムジン:2008/04/24(木) 08:01:25 ID:kLw9xb8j
パンツさんて何?貶し方も色々あるけど、相手の言っている事にそって言っているのなら解るけど、貶す為に相手の言う事勝手に変えちゃダメダメダメ。読解力無し。パンツよりパンティさんと呼ばせていただきます。頭スカスカのレースのパンティさん。可哀想。

42 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/04/24(木) 08:07:21 ID:/vYDbHGi
>>41
どうしたん?急に
俺は相手の言うことを勝手に変えた事はないよ
俺は
「無銘の鑑定書の無い刀を120万円で買って日刀保で手がいと認定された」
としか言ってない
アンタが自分で書いた事だろ
俺は何も勝手に変えちゃいない

43 :9:2008/04/24(木) 13:01:53 ID:7XMp9L7g
>>32
あなたの意見は従来の刀剣界(特に刀剣から収入を得ている人)の代表的なも
のですし殆どの刀剣本にもそう書いてあるものが多いですね。その象徴が正宗
第1とする考え方です。ですから正宗を論じることは刀剣全体の話をすること
に近いと言うことになります。

「価格差ほど1流刀工傑作と3流刀工傑作の出来には差がない」と言う私のよ
うな意見は今まで異端だったわけです。面白いことに、商売人ではなかった
寒山先生や得能先生は従来の位列表に疑問を呈していて、私のような意見を
よく書いていることです。商売人にとっては面白くないこういう意見は今まで
無視されてきたと言うことを知って、はなはだ愉快でした。なぜなら貧乏人に
も刀剣を楽しめる大いなる新天地が、膨大な数の傑作刀が残されていることが
わかったからです。それで今大いに楽しんでいます、安刀だが出来の良い刀で。

44 :9:2008/04/24(木) 13:14:51 ID:7XMp9L7g
骨董の世界はそれはそれで非常に楽しいことはわかっています。例えば
千利休の茶杓が1千万円と何でも鑑定団で評価されていました。審美眼
のある千利休の作った茶杓ですから当然美しい。しかし出来の良い茶杓
はいくらでもあるわけで、千利休作の証拠がなければせいぜい1万円で
しょう。逆に1万円出せば、その程度に美しく古そうな茶杓はいくらで
もあるわけです。刀も同じような話だと言うことを従来あまり言わなか
った。
ただ骨董好きにとっては千利休作と言うことがぞくぞくするほど魅力的
なわけで、骨董刀でも同じだと言うことはよくわかっています。


45 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/24(木) 13:30:29 ID:pvMLQpWn
パンツの意見の方が真っ当だと初めて思ったな。
それにリムジンさんよ、そろそろお里が知れてきたな。
言葉遣いが無理っぽ、使い慣れた2ch語で語りなよ。
それと携帯電話でも「改行」位は覚えなよ、読みにくいし。

46 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/24(木) 15:44:08 ID:NBlWizQY
Mp9L7g=リムジンでいいのかな?
骨董的価値を求めるなら銘や公の鑑定を求めるのは当然だわな。
例えば重要(保存会を除く)在銘村正だから700万出せるが保存無名千子極めの短刀なら出来がよくても100万台だし
村正クリソツ冬広あたりじゃあ100万以下だし俺は要らない。
刀集めなんて所詮自己満足の世界だが、骨董価値は結局人の評価が気になるもんだ。

47 :9:2008/04/24(木) 15:57:51 ID:7XMp9L7g
>>46
>Mp9L7g=リムジンでいいのかな?
まったくの別人。

48 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/24(木) 16:04:29 ID:g7iTCQnH
>>9 同感です
刀剣市場においての市場価格がなぜ昭和期以降こういう状態で
市場が動いてるのかはリムジンのような方が多いからと確認。

骨董価値も値も人が決めることで、人気あるのもそれを求める
人がやまないからなのですねやはり。
ただ刀は刀身自体に元々価値があり、拵もお金がかかってるものは
元々価格が高いです。

その価格にどれ程度価格を上乗せできるか、歴史、銘、作風、状態
等で。やはりどの美術品の関しても自己満足な世界なのですな。

そして自分の持つ刀を自己満足の世界では収まらずに、他人に評価
してもらいたい、他人に認めてもらいたいという願望が少なからず誰にでもあるかもしれません。
非難されるとそれを打ち消す安堵感を求めようと、自己世界に逃避しながら
他人を貶す、あまりに周りが見えなくなると恐らく自分で何をしてるのかもわかってない方も居るでしょう、可哀想

49 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/24(木) 18:47:50 ID:FZ8dpP39
ちょ”ちょっと待て!
あんた意見はまともだと思うが、最後に可哀想って〆てる
けど・・・・・ま、ま、まさかリムジン?

50 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/24(木) 20:01:44 ID:DCcVSii8
>43
あまりに我田引水が過ぎるので、正直これ以上続ける気がなくなりつつありますが…

ではあなたにとっての「一流工」と「三流工」の差は何だと思いますか?人の意見を借りずに貴殿が思うままをお書きいただきたい

あと申し訳ないが、美術的価値に特化して刀剣類を愛でる姿勢をお持ちの方は貴殿だけではなく、昔からおりますよ。その様な方々が新々刀や靖国刀、刀装具の価値を今日のように高めてこられたのですから

51 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/24(木) 20:06:26 ID:OfI1wShz
>>49
文章構成から云って正解だな。
いとあはれなり。

52 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/24(木) 20:26:49 ID:DCcVSii8
>43
もう一つうかがいたい
貴殿にとって美を決定する極めどころはどこですか?
私は以前述べたように「物打ちから帽子までの出来」に重きを置いています

53 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/04/24(木) 23:19:54 ID:/vYDbHGi
日刀保の鑑定と
なんでも鑑定団の鑑定の違いは
日刀保は真贋
鑑定団は値段
まあ鑑定団といっても柴田が値段を付けてるんだけどね

54 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/04/24(木) 23:37:24 ID:/vYDbHGi
なつかしのコピペ

笑うポイントはネットオークションで暴力団が刀を買ってるという所です


【ネット競売】さび刀ネットで購入、磨いて60本未承認で販売→銃刀法違反

 福岡県警は2日、同県田川市伊田、造園業沖島義次容疑者(47)を銃刀法違反
現行犯で逮捕したと発表した。沖島容疑者は、インターネットオークションで、
さびたりした刀剣を購入しては磨き、再びネットで販売した。
 調べによると、昨年11月、沖島容疑者の出品した刀剣を見た岡山県内の男性が
気付き、福岡県警に通報。1月16日、沖島容疑者が自宅に短刀1本(刃渡り18センチ)を
隠し持っていたところを逮捕した。
 沖島容疑者は、刀を1本500―1000円で購入。研磨機などで研いだあと、
1本1―3万円で売りに出していた。昨年4月から捕まるまで、約60本の日本刀、
脇差しなどを売っていたという。
 県警は、購入した東京、大阪など9都府県に住む11人を特定し、計56本を押収した。
購入者のなかには、暴力団員もいたという。約30本を所持していた愛知県豊川市の
銀行員(35)や、広島県呉市の自衛官(51)など大量に所持していた4人については、
福岡地検飯塚支部に同容疑で書類送検する方針。
 銃刀法では、日本刀など刀剣類の製作や所持には、都道府県教委の承認や
登録が必要と規定されているが、沖島容疑者は承認を受けていなかった。このため、
オークションに「刀剣」として出品すると、違法行為が明らかになるため、「さび身」
「残欠」と偽っていた。購入希望者から「違反ではないか」と聞かれることもあったが、
「天井裏で見つけたと言い訳すればいい」などと説明していたという。

55 :9:2008/04/24(木) 23:59:08 ID:7XMp9L7g
>>50
1流と3流の差は上出来の刀を作る確率の差でしょう。
さらに超1流は魅力的な独創的な点(形とか地肌とか刃文とか)を創っ
た刀工でしょう(後からそれを模倣するのは容易な場合が多いわけですが)。

美術的価値に特化した意見があることは初級の頃はまったく知りません
でした。そんなことを何年か前のネットで書こうものなら鼻で笑われた
ものです。平安から鎌倉初期の刀が最高で、応永以降は刀ではないと。
まして現代刀なんて大きい包丁位の扱いでした。まともな刀剣店なら
現代刀なんて置いてないと。百万以下の刀はガタナと言うとか、貧乏人
はお呼びでないとか。そう言う意見や本ばかりだったので危うく刀剣趣
味をあきらめるところでした。

>>52
私はまず全体の形です。それが美しくない刀にはまったく魅力を感じません。
刀は純粋美術品ではなくまずは実用品ですから、美は美でも機能美なわ
けで、まずは武器としての迫力のあることが最低限の条件と思うわけです。
ですから平安貴族用の華奢な刀なんてまったく魅力を感じません。

56 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/25(金) 00:13:38 ID:/kzqoLs7
>>54 >刀剣を見た岡山県内の男性が

これが妙に気になった

57 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/04/25(金) 00:21:01 ID:vjBhIsbG
長州屋のホームページを見てごらん
20万円の刀を10本並べて売ってるから
刀剣が安けりゃ欲しいという人が沢山いる
一般庶民にとって100万円以上の刀を買うなんて荒唐無稽だ
思い切って趣味に使える金額は30万円だろう
そういうのを子会社とはいえ長州屋がやるってのはいいよ

58 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/25(金) 02:31:58 ID:Q9hg/Lpe
日本人は有名ブランドに弱いじゃないかな?

学生があれだけブランド品を持っている国は他にないだろう!?



59 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/25(金) 11:41:57 ID:gwsQrNRo
>55
ありがとう。納得した。

一流と三流の意見は全く同意です

また美術的価値を重んじる姿勢について、貴殿が今に至る経緯も全く同感

ただ最後の
>刀は純粋美術品ではなくまずは実用品ですから、美は美でも機能美なわ
>けで、まずは武器としての迫力のあることが最低限の条件と思うわけです。
>ですから平安貴族用の華奢な刀なんてまったく魅力を感じません。
この部分に見解の相違がありますね

私は、刀はその時代の人に求められた「機能」によって作り出され、その時代の「美意識」によって高められたものと考えます
古ければ何でも良いかということは言いませんが、いま現在まで大切に残されているにはそれなりの理由があると思ってます。今の人が今の価値観のみで取捨選択してはいけないのです
貴殿の価値観も尊重し、他者の価値観も尊重しなければなりません。>21氏の言う通り対局にある我々の価値観は刀剣鑑賞に必要な両輪なのでしょう

ですから、これ以上議論をし続けると不毛になるだけかもしれませんね

60 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/25(金) 11:57:56 ID:dgReLm9d
平安貴族の太刀は以外と実用品だったんだぞ。
当時の日記とか見ると、治安が悪い。
通い婚だから夜狙われやすいというのもあるw
清少納言の旦那なんか、盗賊を返り討ちにしてる。
ナイフや包丁より遥かに立派な刃物なので、格好だけのためにあるわけじゃない。
メインウェポンと言うより、脇差し的な護身武器の扱いが近いかも。

61 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/25(金) 12:06:23 ID:arF1IsuR
と、言うことで刀剣に対する自己満足屁理屈論争合戦
は長い戦いに終戦協定を結んだとさ。
めでたし、めでたし?


めでたく終わったんだからクソリムジンは出てくるなよ!

62 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/25(金) 13:06:20 ID:b6BpNk+s
既出だと思うんだが、唐順之の日本刀歌の和訳がどこかにないか教えろください。

63 :9:2008/04/25(金) 14:28:30 ID:xE9M8OOP
>>59
>ですから、これ以上議論をし続けると不毛になるだけかもしれませんね
どういたしまして、価値観が違うだけだと言う話で終わったのは初めて
です。今でも美術品に特化した意見はまず認めてもらえませんでしたから。

これからの私の研究テーマは「1流大段平正真に並ぶ偽銘刀」です。
並ばないと言うあなたのような意見をいつの日にか変えたいと思っています。
それにしても偽銘の研究本は何冊もありますが、偽銘刀の本はないですね。

64 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/25(金) 16:47:38 ID:gwsQrNRo
>63
研究成果を期待しております

最後に大村邦太郎という方をご存知ですか?下記サイトに簡単に紹介されていますので、一読されることをお勧めします
http://www2m.biglobe.ne.jp/~haru-sho/omura/index.htm


65 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/25(金) 18:44:02 ID:uGm+AVSl
>>63
清麿制作の偽コテッちゃんが有るんだから、偽名刀は有るよね!?
ただ制作時には当然駄目だっただろうね偽銘だからね。

66 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/25(金) 19:44:55 ID:ApvKnP+7
突然だが、剣さん銘入りの刀打てるようになるのはいつごろ?

67 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/25(金) 21:22:20 ID:LWqV14RR
>>57
パンツが下流だと云うことは認識した。
100万如きで「荒唐無稽」だと、大笑いだな。

刀を語るなら、最低でも「300万」は出せ。
チンピラがコテで何を語ってるんだ。

68 :名無しの愉しみ:2008/04/25(金) 22:14:18 ID:2ibddfbR
>>62
昆夷道遠クシテ復通ゼズ 宝刀近ク日本国ヲ出ヅ・・・

という欧陽修の日本刀歌なら知ってる。
しかもやたら長い。

69 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/25(金) 23:00:30 ID:4ewh9LHC
>>66
刀匠ではないから無理

70 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/25(金) 23:40:40 ID:kH7Gam72
>>64
興味あるんですが結構、値段が張りますね。
25000円落札とかありますが、これくらいが相場なんでしょうか?
稀少本だから仕方ないのかな。

http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n58124745


71 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/26(土) 00:53:46 ID:sVCHSJmd
この宗勉作の刀の出来はみなさんどう思いますか?
http://www.mononofuya.jp/p0801/c11/c11.htm


72 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/04/26(土) 00:56:18 ID:NpLrnxrE
>>67
何で300万円出す必要がある
誰に300万出すんだ?
俺がお前に300万円渡せってか?
お前は乞食か
お前に300万円出さないと日本刀を語っちゃいけないなんて法律は初めて聞いた

73 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/04/26(土) 01:01:25 ID:NpLrnxrE
刀を買わない奴は日本刀を語るなってのは刀屋の言い草だろ
買わなくても語っていいじゃねえかよ
買う事を前提にするな

74 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/26(土) 03:55:12 ID:dbdvT2uT
パンツがいい事を言っている。
これは天変地異の前触れだ。
明日、長野に未だかつて無い未曾有の天災が降りかかる。
これは予言です。

75 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/26(土) 08:13:50 ID:NxWv7E89
パンツ氏にお願い

金とヒマがあったら大倉の一文字展を見て感想を聞かせて欲しいな
良いもの一杯ならんでるみたいだゾ

76 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/26(土) 08:37:36 ID:JUxTMD7n
質問です。 許可証を紛失したのですが、再発行すれば最初の登録年月日、
登録番号は変わってしまうのですか? それとも前のままで再発行ですか?

77 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/26(土) 09:16:40 ID:VhEzgXY+
>>72
法律でもなんでもない30万の刀を何本買おうが何の見所もないだろ?
300万の刀をそれこそ飽きるまで見ることで分かることがある。

まあ、小刀愛好家のパンツに云っても無理だと思うけどな。

話のすり替えが馬鹿すぎる、刀屋に300万出すんだよ。
誰が貧乏人のパンツに恵んでくれなんて云ったんだ、日本語理解しろよ朝鮮人が。

78 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/26(土) 11:50:45 ID:NxWv7E89
>76
昔のままで再発行されます
再発行のためには再審査と所定の手数料がかかります

79 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/26(土) 11:54:08 ID:Zfo9tamh
>>77
藻前のレスが余りに「あれ」だから、
パンツも無理やり捻ってレスしただけだろう。
日本語理解の問題ではない。

パンツも>>77もレスに中身がないのは一緒だ。

80 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/26(土) 17:50:45 ID:3+q9qjIx
奈良県の新刀新々刀時代の郷土刀匠教えて下さい

81 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/26(土) 18:15:36 ID:JUxTMD7n
>78
ありがとうございます。
再審査があるのですか?

82 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/26(土) 18:19:59 ID:VhEzgXY+
>>79
で、なんの主張もないレスは意味があるのか?

83 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/26(土) 18:32:35 ID:MizF/ZUu
>>82
おまい、しつこいよ。

84 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/26(土) 18:41:55 ID:VhEzgXY+
>>83
まあ、貧乏人は僻んでいたらよろしいw

85 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/26(土) 18:56:21 ID:NxWv7E89
>81
まずは登録証の発行元である教育委員会にTEL
後は先方の指示に従ってください。詳しくは「刀剣登録」でググると出てくる日刀保のページをご参照あれ

86 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/26(土) 19:50:29 ID:JUxTMD7n
ありがとうございます。

87 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/26(土) 20:10:03 ID:Bb5l0S20
>>77 ププw
お前負けてるぞww

88 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/26(土) 20:15:05 ID:VhEzgXY+
>>87
貧乏人乙www

89 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/27(日) 01:06:59 ID:KUKizb4o
>>88 3000万ほどありますけど?w
まぁ信じないでしょうけどね
負け犬さんwww

90 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/27(日) 08:40:31 ID:HSpCsWA1
オイオイ、幾つの人だか知らないが、オジサンからの忠告。三千万円しかなかったら500万以上の刀は買ったら駄目だからね、まず、結婚して家買って、自社ビル買って、愛人囲って…刀は後々♪

91 :----------v---------:2008/04/27(日) 09:17:56 ID:LVXWFyrJ
 
   (::::::::::/ ミミミミミミミ.ミ 彡彡彡彡彡  :::::::::::)
   ((:::::::// ̄ ̄ ̄ ̄ヽ===/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ |:::::::::)))
    |==ロ  -=●==- ‖ ‖ -===●=- ロ===
/⌒ |:/ ‖   --/ /ノ  ヽ \---- ‖  ヽ|ヽ⌒ヽ
〈   |/  ヽ`======/  .⌒ ` ========ノ.   ..| |    〉
ヽ  .( 。 ・:・‘。c ( ∩  ∩ ) ;”・u。*@・:、‘)  /
 | ( :。・;%:・。/:::U:::| |::U:ヽ  ; 8@ ・。:% ) | 
 \( 。;・0”*・o;/::| |::::::::.:||::: \ :。・;%:・。. )/
    (;8@・。:  /~U  ̄..||~~\: ”・ : 。;”・.)  
    (0”*・ o/  し   .U   \ 0”*・o:)
  .  (・:%,:)|.  ~| | ̄| ̄U| ̄  | :(:%”・:)
    :(; 8@・ \  U ̄ ̄υ   /;8@ *・・)
     \:::o :::: \_し__| |_/:::::::::::::::/
       ヽ ヽ::: _-. )( ::::: U: :::::::-_  ノ



92 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/27(日) 10:11:08 ID:QB8kq1cD
>>89
馬鹿だな、そのくらいの金は誰でも持ってるだろ?
それを自由に刀に注ぎ込めるかって話だ。

知恵遅れさん乙

93 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/04/27(日) 10:18:30 ID:ktRbuFfs
清麿は借金まみれで夜逃げしたんだろ

94 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/27(日) 11:25:55 ID:j8ieCWJe
>>92 悔しいか?お前持ってないだろwwww

95 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/04/27(日) 11:28:08 ID:ktRbuFfs
例えば鉄道マニアは電車を買ったりしない
刀剣マニアも刀剣を買う必要はないな

96 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/27(日) 11:36:27 ID:wGMDeKwO
幼い話題が続いております

97 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/04/27(日) 11:41:53 ID:ktRbuFfs
織田信長なんて今川義元を殺して太刀を分捕るんだからな
買ってないもん

98 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/27(日) 13:53:22 ID:30gzYLI0
>>95
アホかお前?

99 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/27(日) 14:05:38 ID:QB8kq1cD
>>94
馬鹿だな、家の敷地1500坪ですが、なにか?

100 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/27(日) 16:06:46 ID:HSpCsWA1
↑チバラギの?

101 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/27(日) 18:16:20 ID:gvKxpRmw
>>100
チバラギなめんな。貧乏あんま言うな金もってる奴はそんな事言わんから。3000万本当にあるなら通帳の金額欄をUPしてもらえば分かるだろうが

102 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/27(日) 18:36:04 ID:QB8kq1cD
>>100
4畳一間の住人乙www

103 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/04/27(日) 19:15:59 ID:kPtNc5rB ?2BP(1000)
>>80
有名所では
和州手掻住包国(慶長頃、重国の父)
南紀重国(本国大和、後に紀伊)
筒井越中守紀充(享保ごろ)
和州住越中守包国(延享頃、紀充の子)
大和守菅原国武(上野守助包同人、貞享ごろ)
若狭守藤原包広(本国大和のち京、寛文ごろ)
豊後守藤原包高(本国大和のち大阪、寛文ごろ)
文殊藤原包忠(本国大和のち摂津、寛文頃)
文殊紀久(元禄頃)
和州南都住藤原包常(元和頃)
平井土佐掾藤原正信(本国甲斐のち大和、延宝頃)
和州南都住下総守友重(元禄頃)
大隅守平朝臣広光(慶応頃)
和州住越中守藤原国吉(元禄頃)



104 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/27(日) 20:17:34 ID:n0kKyr97
金持ち自慢の方々へ、

いいな〜、そんなに自慢するほどあるなら
俺に400万ほど下さい。
ちゃんと刀買うので、下さい。

俺にくれないなら、自慢するだけ
意味が無いから。

ちょうだい。ねっ!

105 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/27(日) 20:32:30 ID:39fdzDVm
所有の刀に拵えを作ろうと思います。
高級品では無く、実用に耐える丈夫さを優先したいです。
お勧めの業者さんを教えて頂けませんか?

106 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/27(日) 20:56:56 ID:QB8kq1cD
>>104
いいよ、振込先を教えてね。

107 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/27(日) 20:57:15 ID:X9m2/3TP
>>104

400万あげると俺に何かいいことあるのか?w

108 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/04/27(日) 21:21:20 ID:kPtNc5rB ?2BP(1000)
>>105
>高級品では無く、実用に耐える丈夫さ

どれぐらいのレベルを差すのでしょうか?
実用として、模擬刀と同じでよいのか、

製作法、材料は伝統の物にこだわるか?


あと、模擬刀と同じく現代の形物金具を使うのなら問題ないのですが、
本歌の金具を使うのであれば、拵えを注文する前に金具を自分で集めるべきだと思います。

109 :>>104:2008/04/27(日) 22:12:50 ID:n0kKyr97
>>106

ありがとう、ございます。
捨てアドにメール頂戴。wkwk

okanekuretearigato@mail.goo.ne.jp
お金くれてありがとう@mail.goo.ne.jp
だからわかり易いでしょ。

400万も貰うのだから、取りに行かせていただきます。
ご住所をお教えください。

>>107
一緒に日本刀を買いにいける。
しかも、あの悪名高い、刀剣高○に。
その後、友達になろう。


110 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/27(日) 22:16:17 ID:n0kKyr97
>>105

私の知っている限りでは、
http://giheiya.sakura.ne.jp/
が安そうです。頼んだ事はありませんが。

ただし、剣殿が仰るように、金具は新物で
鍔は鋳造が多い希ガス。

111 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/04/28(月) 01:48:15 ID:4DDIbkUN
物に執着しちゃダメだよ
買いたい
買いたい
なんて煩悶してちゃダメだ

112 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/28(月) 02:06:58 ID:JuBfcpBI
早く病気治して働こ 話はそれからだ

113 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/28(月) 02:10:00 ID:Ze0LoeKu
先日、堀井秀明の昭和七年紀の短刀を入手したのですが、“嘉村鋼”と添銘があります。
ご子孫がお書きになった『えにし』他、堀井刀匠関係の本を見てみましたが記述があり
ませんでした。
どなたか、“嘉村鋼”についてご存知の方はご教示ください。

114 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/04/28(月) 02:12:19 ID:4DDIbkUN
>>113
いくらで買ったの?
50万円ぐらい?

115 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/28(月) 09:43:11 ID:WqXyjRfh
いえ、下取り品という事で、それよりかなり安かったです。

116 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/28(月) 17:26:17 ID:D449wh2o
大倉集古館の備前一文字展に行った方はいらっしゃいますか?

いらしたらお訊きしたいのですが、
*展示されていたのは刀身だけですか? 拵え付きのものってありました?
*図録って売っていましたか?
よろしくお願いします。

117 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/28(月) 19:20:54 ID:yJ7TYBnZ
>>109
馬鹿はこれだから始末に負えない。
提供側がリスクを冒すはず無いだろ乞食が。

118 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/28(月) 20:20:18 ID:Q3ZcECr5
>>99 ぷぷwwwwコケにされてやんのwww
お前みたいなカスのこと昨日は忘れて遊びに行ってたよww

119 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/28(月) 20:49:28 ID:yJ7TYBnZ
>>118
お前以外、特にレスは付いてないようだが?
昨日はって、毎日遊んでるんだろ、地図を見ながらww

120 :104&109:2008/04/28(月) 23:14:57 ID:X9HyshYD
>>117

乞食だろうが、なんだろうが構わないから
400万円下さいよ。

何がリスクなの?俺がわざわざお金取りに行くこと?
じゃ、一緒に高吉に刀買いに行こう。
すでに400万円、見知らぬ人間にポ〜ンと渡すぐらい
出来る人なんだろうから、それぐらいのリスクなんでもないでしょうに。
身元がわからぬ人と会うのが怖いなら、怖いお兄さんでも、ボディーガード
でも雇えば良いよね?そんなお金はした金でしょう、貴方ほどのお大尽なら。

うおっ!ボディーガードつきのお金持ちから、400万円入りの封筒貰うのって
ちょっと、カッコ良くないですかね。俺、すごくみすぼらしい格好していくよ。
その方が何か絵にならない?

貴方がぐらいのお金持ちなら、俺みたいな貧乏人ドウとでも出来るでしょ。
楽勝!楽勝!

121 :104&109:2008/04/28(月) 23:20:36 ID:X9HyshYD
何なら、オフ会にしましょう。
それなら、もっと安全でしょう?

>>106>>117は同一人部ですか?

貴方が、俺が欲しい刀を高吉から買って
その場で渡すの。
俺、「へへ〜、お金持ち様、ありがとうごぜえますだ。」
って頭下げて賜るの。

たったそんだけの、
誰来るか無いわからん、面白味も
意味の無いオフ会。

122 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/28(月) 23:24:42 ID:X9HyshYD
連投スマン。

訂正

X=誰来るか無いわからん、面白味も
意味の無いオフ会。

○=誰来るかわからん、面白味も
意味も無いオフ会。

123 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/29(火) 02:01:25 ID:AuYhdyPv
有言実行してもらおうや

ねぇ>>120さん

124 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/29(火) 02:59:04 ID:oSzJdHM1
俺にも400万ちょうだぁ〜いw


125 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/29(火) 03:24:43 ID:kXNclJ4b
>>123

>>120だけど、俺が何を実行するの?
ごめん。俺はただねだっているだけなので。。。。
ああ、捨てアドは既に用意しているよ。

ご連絡待ってます。

126 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/29(火) 10:48:54 ID:HxXtNJfk
>>125 いや、キミじゃなくデカイ口叩いたお大尽さんにだよ
お金持ちさん
もう謝ったら?w

127 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/29(火) 10:49:52 ID:HxXtNJfk
106 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/27(日) 20:56:56 ID:QB8kq1cD
>>104
いいよ、振込先を教えてね。
106 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/27(日) 20:56:56 ID:QB8kq1cD
>>104
いいよ、振込先を教えてね。
106 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/27(日) 20:56:56 ID:QB8kq1cD
>>104
いいよ、振込先を教えてね。


128 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/29(火) 18:22:32 ID:5vNGHdD5
下賤の者と顔を合わせろと?流石に上流の流れが読めないらしいな。
特に>>127
馬鹿と乞食が滲み出てるが振込先を教えれば授けてやろうぞ。


129 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/04/29(火) 18:41:51 ID:bmxgF42Z ?2BP(1000)
>>128
>振込先を教えれば
ほい

郵便局ぱるる
 記号 14190
 口座番号 17121551

130 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/29(火) 18:44:48 ID:+nILajtO
×郵便局ぱるる
○ゆうちょ銀行総合口座

郵政民営化から何ヶ月経過してると思ってるんだ……

131 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/04/29(火) 18:44:54 ID:nMr0si3a
何で田舎者って郵便局が好きなんだろう

132 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/29(火) 18:48:07 ID:+nILajtO
かといってオク板の連中みたいに、
駆け込みで新銀行東京の口座を作るのもアレだろう。

133 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/29(火) 19:34:26 ID:X79u99qD
そろそろ
日本刀の話に
戻りましょうか。

134 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/29(火) 20:36:56 ID:xqf9s8R2
オフ会やるんだろ?
よしおれは重要の虎徹もっていくわ

135 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/29(火) 21:56:15 ID:vWMjURc5
>>131 てめーはすっこんでろゴミ

136 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/29(火) 22:09:55 ID:qjzbkQl5
>>128
逃げるな目糞
どうせしがないリーマンだろwwwwwwwwww

137 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/29(火) 22:20:34 ID:YupArP0D
ふたたび新作刀コンクールの時期が到来、今年は協会の確執絡みで
応募数が低いようです、入賞枠も少ないのだろうか?


138 :104&109&120:2008/04/29(火) 22:26:54 ID:kXNclJ4b
じゃあ、

三井住友銀行
ドットコム支店
普通:3105760

待ってるよ〜

139 :104&109&120:2008/04/29(火) 22:33:46 ID:kXNclJ4b
でも、オフ会にして、楽しくやったほうが
面白いですよ。偶には下賤の者とも
お話しませんか?

お礼もちゃんと言わないといけないし。

140 :104&109&120:2008/04/29(火) 22:55:04 ID:kXNclJ4b
ごめんイーバンク銀行って入金先
変わっていたのね。
長い間使っていなかったので
訂正します。

イーバンク銀行
リズム支店
普通:1161381

繰り返します。>>138は間違い。

141 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/30(水) 01:53:54 ID:coz3OE0u
>>116
今日行って来た。

*刀身の他にも拵えがいくつかあり。糸巻太刀と天正拵えがいくつか。
 あと唐太刀拵えもあった。
*売ってたけど既に品切れ。もう東京会場では買えないみたい。

あれだけの数の刀が見れる機会はそうそうないと思う。
東郷元帥佩刀の一文字吉房も展示されてた。

東京近辺の人は万難を排して行くべし。

全国巡回してるようなので東京以外でもそのうち見れるが・・・。
東京の次は徳川美術館でやるらしい。

つか、オフ会はここでやったら?

142 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/30(水) 02:00:25 ID:RH/1OwVr
東京のどこでやってるの?

俺にも教えて〜

143 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/30(水) 02:11:12 ID:coz3OE0u
>>142
「大倉集古館」でぐぐれ。

144 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/04/30(水) 08:20:10 ID:R3LhZ5+c
宗勉作る

宗勉の銘を削られて清麿に改造される

宗勉が発見して削られた自分の銘を再度彫る

の短刀を誰か買いやがった
http://homepage2.nifty.com/FUJITOKEN/page035.html

145 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/30(水) 14:26:02 ID:Zkpvqhrc
http://www.antiyah.com/
あんちyahoo!!復活

146 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/30(水) 19:10:40 ID:qZAYHfip
>>140
タコ、口座人名が無ければ振り込み出来ないじゃね〜か、カス。


147 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/30(水) 20:21:26 ID:jsWOc6+b
>>144 黙れ池沼

148 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/30(水) 20:22:06 ID:jsWOc6+b
■ おすすめ2ちゃんねる 開発中。。。 by FOX ★
このスレを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)
【ニコニコ】踊ってみた系について語るスレPart10【動画】 [YouTube]
汚部屋☆47たん応援スレ8 [YouTube]
日本刀は最強の武器じゃないだろ [格付け]
阿部子スレ part3 [YouTube]




プッ

149 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/30(水) 21:49:39 ID:u6nYk+Mz
イーバンク間の振込は口座名義は不要だから省略してるんだろうな。
こんなところで口座情報を晒すと押し貸しに合う可能性もあるのに。
第三者によるいやがらせの可能性があるので通報しておいた。

150 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/30(水) 21:55:47 ID:qZAYHfip
>>149

>>129
この偽剣にも融資って形で振り込めばあれか?


151 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/30(水) 22:40:45 ID:qZAYHfip
池沼と乞食が消えたか。
口座と個人が特定されるなか、馬鹿か支那の工作員だろ。

あたまも悪さにビックリ売るわ。

以下被害者なら、告訴をお薦め。

------------------------------------------------------------------

郵便局ぱるる
 記号 14190
 口座番号 17121551

------------------------------------------------------------------
三井住友銀行
ドットコム支店
普通:3105760
------------------------------------------------------------------

何処へ通報したらいい?

152 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/04/30(水) 23:39:48 ID:0CaLDLqz ?2BP(1000)
いい加減話終わって欲しかったので、曝したのだ。
まぁマジで振り込んでくれたら、独立後それに見合った仕事はしますけどね。

>>131
全国を転勤しまくる仕事をしていると郵便局が便利だったのだな。

>>137
その上、今年から〆切厳守になって、間に合わなかった人が多いとか。
昨年までは1週間ぐらいならまってもらえたそうだが。

>>144
有る意味面白い物だと思う。

153 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/01(木) 00:21:01 ID:K8rHqhxC
あたまも悪さにビックリ売るわ。
あたまも悪さにビックリ売るわ。
あたまも悪さにビックリ売るわ。

wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww



154 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/01(木) 01:38:45 ID:Y5ioL1oM
天龍子秀寿の打ちあがったばかりの刀(樋無し)に樋を入れるか、
無銘(胤光極め)の樋の入った刀を素直に買うか迷ってます。
価格(秀寿は樋を入れた場合)が同じくらいなんですが、
ここの皆さんの意見を意見をお聞きしたい。

155 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/01(木) 02:31:51 ID:CyZfK88b
樋を入れると強度が落ちるのに何故いれるんだろ?
居合いをする人?軽くするため??

156 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/01(木) 02:49:24 ID:ZUlsdmEX
後から樋入れるのに何の得があるんだろ?

157 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/01(木) 04:29:40 ID:Y5ioL1oM
樋を入れると、ちゃんと刃筋が通っているか確認しやすいです。
かきながしではなく、ハバキくらいまでで止めれば、強度は大丈夫かと。

後から樋を入れるのは、重さの調節とか、自分の好みの樋を入れられるから。

158 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/01(木) 07:10:26 ID:niG52IM9
結局大倉集古館行った人ってあまりいないの?

159 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/01(木) 12:25:21 ID:xzsCDU1s
>>157
初心者の人が樋を彫りたいって言うと、周りの人のが彫ってあるから自分も
って理由が多いような。樋はなくても、わずかな風きり音が鳴っていて聴こえるもの。
樋のびゅんびゅんいう音を嫌う人も多い(自分もそう)。うるさいだけ。
音で敵に自分の位置を知らしてしまっていいのかという理由をあげる人もある。


160 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/01(木) 12:40:56 ID:xzsCDU1s
>>159
彫っちゃうと元にもどせないから、おやりになるなら慎重に


161 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/01(木) 13:12:25 ID:zf5KHIgn
>>154
どうしても樋が必要なら初めから樋有りで作刀依頼するのが無難でしょう。

162 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/01(木) 17:51:54 ID:7KXfEpJb
>>152

> まぁマジで振り込んでくれたら、独立後それに見合った仕事はしますけどね。

何年後になるやら、それに「見合った仕事」なんて出来るのか?
おまえ絶対馬鹿だろw


163 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/01(木) 18:20:34 ID:t1rxS9EL
YAHOO!オークションにて沖島義次が出品中。
ニックネームは gotatuya500 ???


164 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/01(木) 19:57:26 ID:7KXfEpJb
>>152
タコが、郵貯だって名義人の入力が必要だったよ。
まさか郵便局へ足運べとか云うつもりぢゃないだろな。


165 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/01(木) 19:59:06 ID:7KXfEpJb
>>151
振り込め詐欺の口座番号として通報ってどうよ?


166 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/01(木) 20:39:03 ID:OkSdGHfs
何だよ負け犬の井上かよ

167 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/01(木) 20:44:11 ID:julqNj8j
>タコが、郵貯だって名義人の入力が必要だったよ
ATMなら不要。
記号と口座番号を入力すると相手の名義が表示される。

168 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/01(木) 20:47:26 ID:7KXfEpJb
>>167
ネットで決裁出来るのは何の為。
原始人は好きにしろ。


169 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/01(木) 20:56:07 ID:3oWncIG/
>>168
剣の名前か?
片山恒だよ
なんて読むのか知らないけど
カタヤマツネで振り込んでみれば

170 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/01(木) 22:00:10 ID:julqNj8j
>ネットで決裁出来るのは何の為
ヒキコモリのため。
一般人は現在無料期間だからATMを使う。

171 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/01(木) 22:43:23 ID:UcWbO6G6
振込みの話は飽きたよ。
正直、乞食根性と、本物かどうか分からんが、
口座さらしたのに、振り込む度量もない自称金持ち。

どっちもどっち。

ウザイからどちらも刀剣趣味ヤメレ!!

172 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/01(木) 22:45:37 ID:UcWbO6G6
一文字展いったよ〜。

俺の趣味ではなかったけど、眼福。
勉強になりました。最初の方に行ったので、
図版も買えた。

噂には聞いていたけど写真が良いね、佐野は!

173 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/02(金) 00:36:49 ID:H/UOU/l7
   
           :¨゛ ヾ;: ,ゝ`/~ /~ /~ '・, ,'・, . '・,.,
         :ヾ´ ・ '・,.ヽ;:〈(_|  | |~  |~  /・, . '・,.、,'
         :ゝ ・ '・,.;:;;:::'''::/~ /~ /~ ~ /~ //・ '・,.、ヽ
        :《   ・ '・,.()/)/~ /~ |~/~ |・ '・,.、  ,'・, ,'・,
        ソ;:  '・,.、:¨゛ヾ\〈,|,,、,,|,,、,,,,,|~,,,,、〈~/,'・,,'・,  ::::ヽ
       ;;|;:  '・,.、:o,;;:・∴,,//)/~ /~ |~/~ :;|,,",,∴";;∴ヽ: ヘ:
      < ヽ:;゙o,;;:・∴,,''∴:\〈,|,,、,,|,,、,,,,,|~,,,,/∴O・;;゙∴;;;:::/:/:",,∴:ヽ
      (",,;":\; /∵,,゙・;;^\ヾヽヾヽヘヘ//∴,,゙・;;;^\ ;|,.、:o,;;|:
      \;∴:|;:「∵;,,''“∴∴・ | "ミヾ丶/ 「∴;, ,''゜∴,・ | ;:;| o,;;:・:|
       <o,;;:・|::i,.∴ ,,゙;;;;;,ノ,'・,,'・;;゙∴;;;:,i,.; ,,゙;;;∵;,ノ;;:|∴:/ :|
        \,,゙;;:|\∴;,,o,;:/ o,;;:・∴,,'' O\∵;,,o,;:/ ;;|◎;;//
           :: i,,゙;;i;∴O・;;゙(;) (;)゙◎∴:;;::::。∵/:_/
           ;\;∴::",,''o∴;◎;;;",,;"::",,''o∴;∴|:: 
            :;|「∴;, ,''゜∴_,-'ニニニヽ,.∴ ,,゙;;;∴;,;:| 
            ;:|;◎;;;",,;",.│▽▽▽|;;∴;∴''o゜:/: 
             ;:|;∴::",,''o│△△│,;;:・;,∴,,・'/| 
             ;:\;∴;:∴;ヾニ二ン◎;;..;;:O・;;./
               ''|'''―ゝ∵_∵°ノ―''''' /  入
            _/`ー-、∵,'・, ,'・,,'・,:"∵,,''/ ,.-'" \
            /   ,.-'"  \:,;;:・∴,,.-''"       |::;
          /     \   ____>、,.-''"   ;;:: |
    ,,..-‐'''"""   |/―――――\    /―――――、/丶ミヾ


174 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/02(金) 01:30:52 ID:dSDPHGzI
>>172
図版買えたのはうらやましい・・・。

あれはこの板の住人なら「行くのは義務」と言ってもいいくらいのものだよね。
もう一度行きたいな。

175 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/02(金) 04:40:38 ID:EfK4idAA
『新々刀大鑑』所載の山浦真雄の小刀45万円
http://www.finesword.co.jp/sale/touken/htm/402_toshinaga/402toshinaga.htm

板橋区の誠友堂で水心子正秀の小刀が21万円
http://www.seiyudo.com/KG-08041.htm

176 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/02(金) 04:49:36 ID:EfK4idAA
剣の師匠の彫刻もあるじゃん
http://www.seiyudo.com/WA-08041.htm

177 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/02(金) 12:28:56 ID:F5DBQ7fh
図版ってそんなに貴重なの?
俺も買ったけど、柴田にも在庫あった気がするけど・・・

178 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/02(金) 12:45:03 ID:5nUEAyEE
素朴な疑問なんですが、、、

小刀の魅力って何だろう?

179 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/02(金) 12:59:38 ID:WP1K1Su8
>178
比較的少額で有名工の作を入手できることでしょう
刀工の個性もそれなりに表現されていますしね

180 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/02(金) 14:05:19 ID:EfK4idAA
これ貴重刀装具が付いてるんだけど
http://www.finesword.co.jp/sale/kodougu/htm/436/436.htm
銘 大石良雄所佩 源重信

こういう場合は、源重信の正真という事で、大石良雄の持ち物かどうかというのは鑑定してないのか?

181 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/02(金) 15:17:11 ID:dSDPHGzI
>>177
あれらは映画のパンフレットなんかと同じで、基本その時買えないとあとからはなかなか
手に入らない。

もちろん会場外でも売ってることはあるし、博物館のミュージアムショップには過去に
そこで開催した特別展のは在庫ある限り並んでることもあるし、ヤフオクなんかでも
手に入るけど、基本はその時買わないと。

今大倉でやってる備前一文字展に関して言えば、東京地域の人は買えなかったら次の
徳川美術館会場に行かないといけないので。

いやそもそも図版や図録の何がいいの? と訊かれると、いいものはいいんだよ、としか
答えようがないけどね・・・。

182 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/02(金) 15:27:10 ID:EfK4idAA
>>181
刀剣店が仕入れてるじゃん
>>177は刀剣柴田の店内にドッサリ積んであったと言ってるんだろ


183 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/02(金) 18:00:52 ID:G2ipjqsX
そうなんだよ、俺佐野美で買ったが、よく考えたら俺別に、一文字隼人好きじゃないから定価で売れるなら売っちまいたいな。

184 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/02(金) 18:04:14 ID:w2Lw/G64
好き嫌いというより、一つの資料として持っていても良いんじゃね?

185 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/02(金) 18:51:29 ID:3pjufu/f
>182
そのとおり、そこでだいぶ前に買ったよ。
写真と押形がありいいと思うよ。
清麿・虎徹展の図録ほしい。買い損なった。

186 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/02(金) 20:06:53 ID:AWJlNw/2
パンツは他人の本名は平気で晒すのなw


187 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/02(金) 20:45:21 ID:AWJlNw/2
パンツが教えてくれたけど。

 郵便局ぱるる
 記号 14190
 口座番号 17121551
 片山恒

こう云う口座があるらしいぞ。


188 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/02(金) 21:17:27 ID:FrE+sOsG
>>187 だからどうした?知障は消えろやカス

189 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/02(金) 21:18:01 ID:qoo6QDyF
>>187
通報しました。
口座番号は個人情報扱いなのを知らんのか?

190 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/02(金) 22:21:37 ID:AWJlNw/2
ここはマセた中学生が語る場所だったのか、場違いスマン。


191 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/02(金) 22:38:46 ID:EM5qIdoa
>>187 お前井上だろ。つまらん書き込みするなクズ

192 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/02(金) 22:57:40 ID:AWJlNw/2
ここの屑共「井上」「井上」五月蠅いけど、俺は正体を知ってるかっらいい加減にした方がいいぞ。

誰か一人でも住所のあった所に行ってみろ。


193 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/02(金) 23:15:01 ID:vD6edTJY
ちょっと教えてください。

鯉口が緩くなっているので修理したいのですが、鯉口に薄い木の板を貼ればいいのですよね?
どの様な木がいいのでしょうか?又どこに売っていますか?
貼り付けるときは膠を使うのでしょうか?他に良い接着剤が有るでしょうか?

詳しい方、詳しく教えてください。お願いします。

194 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/03(土) 00:05:14 ID:bMi2TGAr
別に木じゃなくても和紙でもいいよ。接着には白飯を練るとか、子供が図工で使う糊でもいい。木が使いたいなら経木を買えばいい。

195 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/03(土) 00:16:25 ID:85xGugbe
>>192 クズにもなれないギョウ虫乙

196 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/03(土) 00:49:36 ID:5FMGJkVd
□□□□■□□□□□■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□■■□□□□□■□□□□□□□■■■■■■■■■■■■□□
□□■■□□□□□■■■■■■□□□□□□□□□□□□□■■□□
□■■□□■□□□■□□□□■□□□□□□□□□□□□■■□□□
□□■□■■□□■■■□□■■□□□□□□□□□□□■■□□□□
□□□■■□□■■□■■■■□□□□□□□□□□□■■□□□□□
□□■■□□□□□□□■■□□□□□□□□□□□■■□□□□□□
□□■□□□■□□□■■■■□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□■■■■■■□□■■□□■■□□□□□□□□□■□□□□□□□
□□□□■□□□■■□□□□■■□□□□□□□□■□□□□□□□
□□■□■□■□□□□■■□□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□□■□■□■□□□□□■■□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□■■□■□■□□□□□□□□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□■□□■□□□□■■■□□□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□□□□■□□□□□□■■■□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□□□□■□□□□□□□□■■□□□□□□■■■■□□□□□□□




197 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/03(土) 00:53:41 ID:D3dcxhnv ?2BP(1000)
>>193
>>192氏が言っているように和紙などが便利だと。
木工用ボンドは便利だけど、酸性なので、後々錆の原因になる可能性が有るので避けた方が良い。
はる場合にはまず刃方に、そしてそれでもゆるければ棟側に
平の面には貼らないように。ハバキの側面は鯉口に接してないのが正常。

_________________

一文字展の図録
ハードカバー版とソフト版が有るけど、皆さまはどちらが好み?


198 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/03(土) 00:56:39 ID:5FMGJkVd
□□□□■□□□□□■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□■■□□□□□■□□□□□□□■■■■■■■■■■■■□□
□□■■□□□□□■■■■■■□□□□□□□□□□□□□■■□□
□■■□□■□□□■□□□□■□□□□□□□□□□□□■■□□□
□□■□■■□□■■■□□■■□□□□□□□□□□□■■□□□□
□□□■■□□■■□■■■■□□□□□□□□□□□■■□□□□□
□□■■□□□□□□□■■□□□□□□□□□□□■■□□□□□□
□□■□□□■□□□■■■■□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□■■■■■■□□■■□□■■□□□□□□□□□■□□□□□□□
□□□□■□□□■■□□□□■■□□□□□□□□■□□□□□□□
□□■□■□■□□□□■■□□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□□■□■□■□□□□□■■□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□■■□■□■□□□□□□□□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□■□□■□□□□■■■□□□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□□□□■□□□□□□■■■□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□□□□■□□□□□□□□■■□□□□□□■■■■□□□□□□□




199 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/03(土) 01:01:27 ID:Mt08UYnN
サラリーマン荒らしの井上がゴールデンウィークで絶好調
わかりやすーい

200 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/03(土) 01:08:22 ID:hrVIxlFQ
保存用にハードカバー
見るためにソフト

201 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/03(土) 09:14:14 ID:hAnywsOd
井上の恥かしい失言
其の一
みんな、ゴメン・・・

キモい。

202 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/03(土) 10:17:33 ID:1mHlmMbG
刀盗まれた。
まさか盗まれるとは思ってもなかった。
居間に飾ってあった現代の宮入清宗だが悔しい。
刀なんて、ましてや歴史的価値もない現代刀なんて盗まないで欲しいな。
ぜってー中国人だよ。
カギ閉めてない玄関から入ったようでやられた。
この手口は間違いなく中国人。
許せねー。中国人は死に絶えろ。
人の物盗むのは中国か韓国って決まってんだよ。
警察曰く「まず見つからないですね」と最初から探す気がない発言にキレた。
しかもプレステ2もなくなった。XBOX360は残ってたけど。
皆さんも家のカギのは基本的にしめた方が良いですよ。盗まれてからでは遅い。

203 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/03(土) 10:20:42 ID:5YasTLLs
アホか
鍵閉めとけ

204 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/03(土) 10:24:14 ID:jM41sJx/
>>202
どんだけ田舎だよ

205 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/03(土) 10:26:45 ID:5YasTLLs
てめえの過失だろクソ202

206 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/03(土) 13:16:35 ID:1mHlmMbG
>>204
そうだな、村人80人くらいって言う田舎だな。自分の家の土地もどこまでかよくわかんねーな。
山も所有してるし。田舎と言えば田舎だな−。
でもそれだけ人を信用してるんですよ。周りの人はみんな家族みたいなもんでして、人が留守にしていても
近所のガキは勝手にあがってゲームしてるし、近所の人がしらねーババァと一緒に人の家の縁側で飯食って
たりするな。
独り身なのに帰るとよく誰かが勝手にいるって感じだな。おかえりーって近所の人が集まってたり。で、酒盛りしてて
オレは風呂入って寝るって感じかな。
買った覚えのない米が置いてあったりするな。普段勝手に使われてるから誰かが置いてく。
田舎も悪くはないぞ。
ただそんだけ周囲を信用して生きている土地でこういう事件があるとカギ閉めるしか無くなるよ本当に。
幸い新刀期の脇差しは無事だったけどね。城鞘なんで横にして竿代わりに使って洗濯物干してたのが幸いした。

207 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/03(土) 18:29:03 ID:D3dcxhnv ?2BP(1000)
>>200
お、同じ事考えている人が居る。
見るのはソフトカバーのほうが見やすいですよね。


208 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/03(土) 18:43:06 ID:AmjAvfXQ
先日、某有名店で、中心裏に「円鍛」と切ってある新刀を見ました。
もちろん表には銘があります。これは無垢鍛えのことだと思うんですが、
無垢鍛えは、言わば手抜きの、良くない刀だと理解していたのですが
こんなに堂々と切っているのは何故なんでしょう?
特保がついていて、結構な値がついていました。


209 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/03(土) 19:32:38 ID:z6uAkmzP
>208
むしろ古い刀は混り物を交えた無垢鍛が主流だったようです
また新刀期には大坂新刀の著名工に無垢鍛の作刀があるようです

そもそも本三枚や四方詰が上等な鍛えだというのは新々刀期にいわれたことで、実際には注文や用途に応じて鍛造法を使い分けていたようです

210 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/03(土) 19:36:28 ID:z6uAkmzP
自己レス

「〜ようです」ばっかりで申し訳ない
最初と最後の文章は「〜です」と断定調にニュアンスを変えておきます

211 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/03(土) 20:17:50 ID:AmjAvfXQ
そうなんですか。ありがとうございます。
心鉄がないと、とにかくダメなのかと思ってました。

212 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/03(土) 20:35:42 ID:rZBm4Gm1
むしろ心鉄を入れる方が手抜きな気がしないでもない。

213 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/03(土) 20:36:05 ID:ZqQP38NJ
在銘保存程度の新刀すら買えない馬鹿の集まりはここですか?


214 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/03(土) 21:22:48 ID:z6uAkmzP
>212
いい意味での「手抜き」といえるでしょうね
これだけの利器を大量生産できたのですから

215 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/04(日) 00:44:34 ID:cg83lYzo
>>214
そうですね、できるだけ安く、そして早く作る工夫だったわけで、正宗なんか
はそう言う造り方に大工夫をしたと言う評価ですね。腕は凡工という人も多い
ようですが。本来無垢鍛が高級物だったのでしょう。しかし誰が日本刀の強さ
は軟らかい芯鉄を入れる事を考え出したからなんていいだしたのでしょう?

216 :質屋:2008/05/04(日) 01:15:55 ID:YviH9X3A
>>214
現在の刀の製法は軟鉄に硬鉄を包み込む方法しか認めてませんが
これは江戸後期に水心一派が広めたもので実際の刀の歴史からすれば
一般的なものでもありません、製法は地域や各国により差異があり
使う鉄もそもそも違い地域特色もある

現在の話は、戦後GHQに刀は美術品ということで、没収を避ける
為にで法の整備上で江戸後期の一部製法を「これが日本刀!」
としてしまったために、民衆にも全体的にその製法が日本刀
と広まったわけです、現在の製法は年代も歴史も浅くもあります。

特に古刀はそんなことはしないで鍛錬で不純物取り除いて形成が主だった
はずです、これは古刀を切断して研究した方も居るのでそういうほうが
圧倒的に多かったのは事実かと思われる(本知識より)

そもそも折り返し鍛錬であろうが、元の不純物を取り除き炭素量調整をするので
鉄自体に不純物が無いものならそもそも折り返し鍛錬する必要性も薄いのも事実です。
(それでも分子密度を高める為にはある程度鍛錬必要あり、密度高すぎると錆びないかわりに軟らかくなりますが
通常はそれは鍛錬では不可)

ただ折り返し鍛錬すると地肌が複雑になったり模様ができ特徴がでます
、これが美術品の要素とも考えられ、またその地肌の様々な動きを皆が
好むので折り返しでないと売れにくいでしょう。

217 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/04(日) 08:15:05 ID:ASpijuZW
>>208
刀を造る材料として、芯鉄は汚い安い鉄、皮鉄は美しくとても高価な鉄。
刀身の外から中身まですべてを高価な鉄を使用していると言う事で価値は上がる。

そもそも芯鉄を入れる理由は中に安い鉄を入れて美しく見える鉄は表面のみに使用する
、コスト削減の為に行われていた面が大きい。


218 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/04(日) 16:24:25 ID:jhmLe90f
刀の断面
ttp://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=phistory&nid=64594

219 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/04(日) 18:02:54 ID:q0h2Kb2R
鑑定してください。
ttp://canonpapa.at.webry.info/200805/article_5.html

入札はここでもブログの方でもかまいません。

相当知識豊富な方がいらっしゃる様なので、ヒントは少なめです。

220 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/04(日) 19:03:07 ID:lWjCpatk
>>219
鍛冶の名前は知らんけど
キズが多いので30万円

221 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/04(日) 19:32:05 ID:q0h2Kb2R
>>220
国や時代だけでもいいですよ。

222 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/04(日) 19:35:35 ID:YviH9X3A
>>219
画像少ないのとup写真および茎の写真ないと鑑定は難しい、無理
千手院系か尻懸系の作風にみえる本物か模したは知らないが


写真のupないから難しいがこれは高めだぞっと、
詳細な写真あれば70〜200近辺で査定はできますよ
というかこれあれなら、、どっから手に入れたんですか?
初心者が買う代物ではないし、家に元々あったのかな?

223 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/04(日) 19:42:31 ID:q0h2Kb2R
>>222
申し訳ないです。
画像はクリックしていただければ、多少アップで見られますので、それで勘弁してください。
全身画像は、拡大すると銘が読めてしまったので、加工してうpします。
ちなみに茎尻は切りです。


ちょっと写ってますが、某鑑定会の鑑定刀です。
俺の安月給では買える代物じゃありませんよ。当然

224 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/04(日) 19:46:39 ID:YviH9X3A
>>221茎みないと時代は判別難しい、模した作品の場合もあるので
普通に見ると 平安末期〜鎌倉中期 大和国、今の奈良県かと

模したようには見えないので上記↑くらいの値段はつくかと
長さが短いおそらく摺り上げをしたのではないだろうか。
よって70〜200の範囲内かと、画像ないと査定も鑑定も難しい

225 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/04(日) 19:52:10 ID:q0h2Kb2R
銘部分を消した全身画像を追加しました。

226 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/04(日) 20:01:38 ID:q0h2Kb2R
刀の写真は難しいです。



ところで、やっぱりこのスレ見てる詳しい人が結構いるんですね。
もっと普段から書き込んでくれればいいのに。

剣氏、東風麿氏もどうですか?入札。見ていれば

227 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/04(日) 20:10:22 ID:q0h2Kb2R
と、思ったらまだ2人でしたね・・・

おそらく個名は出ないと思われます。
個名にたどり着いた方は、多分実物を見たことのある人です

228 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/04(日) 20:46:14 ID:YviH9X3A
IDみるとわかるけど俺とパンツしか書いてないぞっと
初心者が買った刀の値段知りたくて投稿と思って2度も書いたが

写真やっぱわかりずらい、時代は平安〜鎌倉中期で間違いはないはず
大和系または似てる山城系しか浮かばない、銘があるということなら山城系の可能性に絞り込める
大和系は銘ないから

鑑定刀と考えるとむしろ3文字と書いてあったから中島来〜来国俊あたり
と絞込み。

2chみてる人にはきついぞっと、刀好きでも鑑定など出来ない人のが
圧倒的に多い。
銘や時代わからなくても別にいいけど、刀の出来すら判断できない人もまた多い


229 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/04(日) 21:13:37 ID:q0h2Kb2R
観る眼がつくまでは、自分で購入はしないと決めてます。
いつの事になるやら・・・

2人以外の方もどんどん入札してやって下さい。
過疎スレの遊びですから。

230 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/04(日) 21:46:47 ID:YviH9X3A
>>229
鑑定できてもあまり意味はないぞっと、出来と年代、作風から値段算出
銘あれば銘で上乗せ値段算出、鑑定書あればそれの値段も上乗せで
適切な値段でなおかつ本物か見れるだけだから

刀は趣味の域だぞっと、良い刀と高い刀は別。虎徹でも実際銘なければ
50万くらいの代物が400万とかで売られる世界なので。
有名刀匠でも個々の作品によって余りに不出来が激しいのがある。

人気なくて不当に安いが、出来が非常に素晴らしい刀匠も居る、
全ては需要と供給の問題で値段が決まる

変な知識や本、鑑定学とかに惑わされないほうがいいぞっと

231 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/04(日) 21:55:50 ID:q0h2Kb2R
無名刀工でも構わないので、良い刀が欲しいですね。
いつの日か

232 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/04(日) 21:59:49 ID:q0h2Kb2R
さて銘のうpは明日一日様子を見て、明後日にでもしますか。

今日は娘を寝かし付けつつ自分も寝ます。

では明後日。おやすみなさいZZZZzzzz・・・



233 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/04(日) 22:28:24 ID:WvXrBxSq
姿は尋常で小鋒のため一見古雅に見えるが輪反りであるため鎌倉後期
3枚目の写真を見る限りでは地鉄が冴えて地景が顕著であること
中直刃を丁寧に焼いている事を見て…

来国光に入札します


234 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/04(日) 22:28:59 ID:lWjCpatk
>>232
あんた小さい子供を4人も抱えて
金持ちじゃないと刀剣なんて買ってられないじゃん
というかチビが4人いて父ちゃんが日本刀買ってたらキチガイだと思われるぞ

235 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/05(月) 01:30:50 ID:r18rrxAp
有名な「明智拵」の、カラーの画像が見られる書籍もしくはサイトがありませんでしょうか?

イマイチ文章だけだと色合いが想像つかなくて・・・。

236 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/05(月) 01:37:33 ID:ZnDECTQN
>>202
釣りだろうけど登録証番号と一緒に警察に届ければ
とりあえず転売は出来ないと思うがナー

237 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/05(月) 02:15:23 ID:k4H0GTGK ?2BP(1000)
>>235
カラーブックス(文庫)の「刀剣」小笠原信夫著が安くて良いのでは?

鑑定はまぁみなさんの言う通り、加えハバキをみる限り鎬はさほど高くないので大和は外し、銘の位置などから「来国俊」に入札して見る
目釘穴の開け方が来ではないような気もするのだがなぁ。


238 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/05(月) 02:33:32 ID:xZDBxDC7
>>235
ttp://iaidoshop.tozando.com/iaito/ka109a.html
居合い刀ならば

239 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/05(月) 03:56:34 ID:r18rrxAp
こんな時間にレスどうもです。

>>237
どうもです、探して見ます。
>>238
あ、これ欲しい・・・高いけど・・・。

ただ、「明智拵」の柄巻は文献等の解説によれば「萌黄色」であったような。
その辺はレプリカだからいいんですかね?

240 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/05(月) 08:51:12 ID:YxbHEwj7
>>234
パンツ君
幸い相方、会社、親戚、ご近所さんも自分の刀剣趣味に多少の理解があるんで大丈夫。

長女にいたっては、一緒に鑑賞、鑑定会に参加する位。
大まかな時代なら判別できる程になってます。

241 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/05(月) 11:12:34 ID:7PUm2NLp
時代は鎌倉を下らない、山城ものだと思うけど…。
3文字というと、来くらいしか思い浮かばない。
「来国光」にしておきます。

242 :中高年アイドル:2008/05/05(月) 11:53:44 ID:w1ubZAQw
じゃ、あえて綾小路きみまろあたりで入札(芸人)

パンツ的には汚め刀で「30万」・・・
安い短刀には詳しいのにな 





243 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/05(月) 12:07:20 ID:YxbHEwj7
三字銘は無視した方が良いかもです。

244 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/05(月) 16:12:27 ID:4uylUbbP
>>240
自己中心的な男だな
周囲の人間に自分の趣味を押し付けるなんて
ワンマン社長かよ
幼い娘を刀剣趣味に連れて行くなんて言語道断
市中引き回しの上打ち首獄門

245 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/05(月) 16:29:55 ID:YxbHEwj7
>>244
押し付けてはいないけど、自己中ってのは当たらずも遠からずだね。

小6の娘は自分から行くって言い出して、自分から勉強してる。
去年の夏休みの自由研究は、日本刀について書いてたよ。
ということで無罪放免

246 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/05(月) 16:35:38 ID:vRKIhW6n
>>244
ひとりよがりなアフォは無視するが吉

247 :長井秀和:2008/05/05(月) 17:29:47 ID:w1ubZAQw
今回わかったこと、何気に話題をよくそらそうとするが、その実態は!
それはパンツは実は刀について全く知識も
鑑定能力もない、間違いない!


248 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/05(月) 17:44:58 ID:4uylUbbP
>>247
知識と鑑定能力がないと何か問題でもあるのか?

249 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/05(月) 18:51:52 ID:k4H0GTGK ?2BP(1000)
>>243
では再入札
近村上(京三条)

250 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/05(月) 18:52:20 ID:LRYQWLjN
<245
お嬢さんは刀を手にとって見ているのですか?(太刀も?)

251 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/05(月) 19:01:09 ID:4uylUbbP
なんかよくわからん
子供が4人いて
刀は1本も所有してない
理由はもっと勉強してから買いたいから
でも女房や会社や親戚や近所は本人の刀剣趣味に理解してくれる
小6の長女と刀の勉強会に出席する
繰り返すが刀は1本も所有していない
何なんだろう

252 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/05(月) 19:08:47 ID:4uylUbbP
本人の文章で並べると、

某鑑定会の鑑定刀です
俺の安月給では買える代物じゃありません
観る眼がつくまでは、自分で購入はしないと決めてます
2007年に一気に子供が三人(2月に次女、11月末に長男&次男の双子)も増え二男二女のおとうさんになった
相方、会社、親戚、ご近所さんも自分の刀剣趣味に多少の理解がある
長女にいたっては、一緒に鑑賞、鑑定会に参加する
大まかな時代なら判別できる程になってます


なぜか刀を1本も所有していないのに
女房や親戚どころか
会社や近所までもが刀剣趣味に理解する
なぜ?
状況が全く分からん

253 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/05(月) 19:16:04 ID:Fu36Q6hZ
古美術商の社員さんでせう

254 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/05(月) 19:18:08 ID:k4H0GTGK ?2BP(1000)
>>252
別におかしいとは思いませんが
また一振りも持っていないとは書いてないですし。
たとえば実用としての刀をもっているが、美術刀剣は勉強してから購入と考えているかもね。(自分はこれだった)

また刀剣鑑賞会などにあしげく通っているなら、家族(親族)の理解が必用でしょうし、(家族サービスwをおいとくわけだから)
友人や同僚を刀剣鑑賞会などにさそったり、一寸した会話の中で蘊蓄をだしたりしたら、刀が好きな人となるでしょう。
で、本人の人柄から「怖い・危ない」が排除されるなら「刀が好きな人」として理解を得る事が出来るでありましょう。


因みに中学一年ぐらいで、鑑賞会に参加する人はいますよ。
岡山県支部の初心者講座では親同伴であれば小学生高学年にもキチンと指導して、鑑賞させますし。

255 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/05(月) 19:18:24 ID:4uylUbbP
>>253
ブログを見ると旋盤工みたい

256 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/05(月) 19:22:25 ID:k4H0GTGK ?2BP(1000)
>>255
>旋盤工みたい
あぁならわかる。金属加工など金属を相手にする職業の人は日本刀に興味ある人多いから。

で、パンツ氏
ここは日本刀についてはなす所で、日本刀趣味の人のネットウオッチをする所ではない。

257 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/05(月) 19:28:57 ID:4uylUbbP
ネットウオッチも何も
いきなり出てきて
娘を寝かすだの
自分の情報を語り出して
刀剣の画像を載せるのはアップローダではなく
自分のブログで
そのブログに自分の子供のデジカメ画像をベタベタ張りまくる
おまけに俺をパンツ君なんてふざけた呼び方しやがる
自分からアピールしてるんだよ
それを俺がまとめてやっただけだ
何の文句がある
旋盤工として腕がいいのか分からんが
自信満々で
他人に対してナメた態度を取りやがる
命を失っても知らねえぞこの野郎

258 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/05(月) 19:39:49 ID:SkeZSZ4o
お前は目障りなんだよ、消えろ。

259 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/05(月) 19:57:40 ID:k4H0GTGK ?2BP(1000)
ここまでの入札
>>220 パンツ氏
>>228 ID: YviH9X3A
>>233 ID: WvXrBxSq
>>241 ID: 7PUm2NLp
>>242 中高年アイドル氏
>>249

260 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/05(月) 20:03:18 ID:4uylUbbP
>>258
俺に言ってるのかお前
住所調べて殺すぞクソガキ

261 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/05(月) 20:04:46 ID:k4H0GTGK ?2BP(1000)
>>257
>いきなり出てきて
前から居る文体だと思いますが。

>刀剣の画像を載せるのはアップローダではなく自分のブログで
便宜上うp板を置いてますが、別に他の手段でも問題ないし、そうする人も結構居る。

>そのブログに自分の子供のデジカメ画像をベタベタ張りまくる
ブログなんだからイイじゃないかw

>おまけに俺をパンツ君なんてふざけた呼び方しやがる
いつもおいらは呼び捨てにされてるよな君から

>自信満々で他人に対してナメた態度を取りやがる
鏡を見たらどうかと。


262 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/05(月) 20:05:16 ID:xPnSCSq7
日本刀を買う心得みたいなのって有りますか?
自分の生年月の刀を探してたんですが見つからず、仕方なく刀剣店に依頼したらこんな一言が。
「そんなの探してどうするの?君のために作った刀でもないし、生年月があえばなんでもいいの?こだわり無いの?」
と言われた。
ムカついてこっちからお断りしましたけど、こういう刀の探し方ってやっぱ失礼かな。
何々の刀を探しているとかなら居るんだろうけど、誰の刀とかではなく年月で探すのはダメなのかな。

263 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/05(月) 20:11:12 ID:4uylUbbP
仕事も順調
プライベートも順調
刀剣趣味も
女房や親戚はおろか
会社や近所
小6の娘さえ理解してくれる
あー俺は幸せだ
何もかもがうまくいく
そんな奴に
よお!パンツ君!
なんて言われて肩に手を置かれたら
モロ肌脱ぎになって「馬鹿野郎殺すぞ!」と力むのが男よ

264 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/05(月) 20:20:47 ID:7FQEnpkt
>262
失礼でも何でもありませんよ
むしろ最初の一振りの動機としては健全だと思います

で、貴殿のご希望ですが、見つけることはかなり難しいと思います
ご存知の通り現代刀匠は作刀数に制約があり、該当する刀はさほど多いとは思えません

少し視点を変えて、同い年の刀匠の作品を探すというのはいかがですか?1975生まれまでなら確実にいると思いますよ

265 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/05(月) 20:23:04 ID:k4H0GTGK ?2BP(1000)
>>262
まぁ価値観は人それぞれですからね。
2月8月は多いですが、それ以外の月は少ないかも。

おすすめは自分の生年月日にあわせて注文する事かな。
(その刀匠が作刀資格をもっている年月日で有る事が最低条件だが)


>>263
まぁそれは激しく理解するよw




266 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/05(月) 21:14:50 ID:YxbHEwj7
>>250
今のところ脇差位までですね。
さすがに刀や太刀になると随分重いものがあるので、代わりに持ってあげてます。

>>251
「自分では購入しない」けど頂いた刀はあるよ。


ブログに載せたのは、最初にブログに書き込んで、こっちのネタにも良いかと思ったもんで。

「自分の情報を語りだして」とか言われたんでこの辺でやめます。

なんかおかしな方向に行きそうなので早めに回答を
↓コレです。今回はブログではありません。
http://www.touken-sato.com/web-gallery/tikamura.htm

剣氏、お見事です。
まさか個名まで当てるとは思いませんでした。
他の方(一くくりにして申し訳ありません)も流石ですね。
正直あの画像でここまで近くたどり着くとは思っていませんでした。
 
ブログにも書きましたが、細かい解説は出来ませんのであしからず・・・


鑑定ネタは最初で最後にしますね。   以上

267 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/05(月) 21:29:59 ID:rT9z+Lj7
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3200335


パンツの娘

268 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/05(月) 21:47:09 ID:SggoZG90
>>267
パンツに娘どとろか伴侶もいないだろ?
自分で、しごいてる変態だろw


269 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/05(月) 21:54:56 ID:k4H0GTGK ?2BP(1000)
>>266
ほー倉敷に有ったのか。まだ一度も行った事ないのだよなぁ。近いのに。

26回の重要ですね。再刃だそうです。

自分が至った経路
太刀だ
反りから備前物を排除
鎬高から大和物を排除
三字銘から来一派に
が、肌や茎(元穴)がもっと古そうに思える。
で、三字銘に拘るなと情報
で有れば、二字銘に「作・サク」か「上・タテマツル」
肌が粟田口や来より荒く、時代を上げる
三条派?
タテマツル銘を近村が切ったと言う話をどこかで聞いた。
重刀図譜見る。

270 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/05(月) 22:12:16 ID:iLZPeI7Z
>>269
この近村上は倉敷には無いはず。
ある業者がビッダーズに出品して200万ちょいで売れていたと思う。


271 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/05(月) 22:14:52 ID:k4H0GTGK ?2BP(1000)
>>270
写真が有ると言う事は一度は倉敷にあったのかな?と思って。

>ビッダーズに出品して200万ちょい
ん、そう言えばその話題刃物板か趣味一般で読んだ気がする。

272 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/05(月) 22:26:35 ID:w1ubZAQw
パンツ以外は地域と時代はほぼ正解  剣氏はおみごとです☆

重要刀剣を汚めだから30万で片付けたパンツもある意味おみごとです!


273 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/05(月) 22:29:00 ID:iLZPeI7Z
>>271
そうだよ。元々は倉敷で450万くらいで売られていたはず。
倉敷刀剣美術館やってる店は銀座より値段が高い・・・
あとこの近村上を再刃だと見たのは薫山先生らしい。


274 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/05(月) 23:15:22 ID:IHVNRclz
素朴な疑問、再刄でも重要って通るのかな?
倉敷は行ったが、あそこって、美術館とは名ばかりのただの刀剣屋だよね。
遠くからワザワザ足運んでかなりガッカリしたよ。
刀剣の里の方が100倍◎だったよ。
ワザワザ行く価値は全く無いと思うが…

275 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/05(月) 23:32:46 ID:Iv189pDg
あんなしょーもない画像で、なんの知識も持ち合わせない素人の出題説明しかない
入札鑑定で当ってもなんにも見事な事はない。
あほらしい。


276 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/05(月) 23:40:02 ID:6KHq1QZP
>>275
別にいいじゃないか、疎外された人たちの知識披露なんだから。

277 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/05(月) 23:41:36 ID:YxbHEwj7
>>275
逆でしょう。
あの画像、出題であそこまでわかるのはヤッパリ見事ととしか言いようが無い。

俺が知識の無い素人なのは認めるよ。
あと、文才も。

278 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/05(月) 23:44:07 ID:b20qAq+z
>>275
そんなことは当ててから言えば?
個名当たりの人が居るのだから、見る人が見ればそれだけ特徴の出た画像だったのだろう。

279 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/05(月) 23:56:23 ID:w1ubZAQw
最初芯の画像すらない時に パンツの30万発言に惑わされないで
最初に時代と地域を特定した奴くらいなれば 

刀買う時騙されないでいいもの買えるか または安く売られてるボロ刀の中で高価な
もの発見できたり 鑑定できるならできたほうがいいだろ

280 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/05(月) 23:59:52 ID:6KHq1QZP
KT山って全国水平社幹部の同姓がいるし、
同じ苗字の同級生はクズ屋のせがれで暴力団に入った。

281 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/06(火) 00:07:44 ID:VhMQWLzl
>>274
>素朴な疑問、再刄でも重要って通るのかな?

近村は資料的価値が高いから特例で通っただけじゃないかな。
三条系の刀なんて殆ど現存していないから。
あと重美にも再刃のものがあるよ。

>倉敷は行ったが、あそこって、美術館とは名ばかりのただの刀剣屋だよね。

ただの刀屋だし値段が滅茶苦茶高い。
倉敷では無銘重要の一文字が1000万、特重の正恒が5000万前半。
銀座や都内の店よりも2〜3割高い。


282 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/06(火) 01:37:03 ID:ngX6UcYH
知ったかパンツ己の無知を曝け出して消えたなw

283 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/06(火) 03:37:45 ID:wCSmHSc2
意味が分からん
俺はいらないよ
だって刃にキズがあるもん
あんな刀は30万で十分だろ

284 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/06(火) 08:00:16 ID:kDFWv12h
>パンツ氏
貴方にはこの言葉を贈りたい

「木を見て森を見ず」

285 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/06(火) 08:07:05 ID:wCSmHSc2
>>284
その言葉って外国の言葉かな

286 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/06(火) 08:26:21 ID:wz1LQI/S
>>277
ほんまアホやね。
あの画像から刀が分かる事は無い。(反射で普通の写り方ではないが、一部地鉄の分かる部分は有る)
偶然図譜で発見したからもしくはネットで以前の画像を発見したから個銘が出てくるわけだ。
そんな事は見事なことじゃぁ無いと言っている。 

287 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/06(火) 08:28:39 ID:wCSmHSc2

木を見て森を見ず
can't see the forest for the trees

外国が先か
日本が先か
グーグルで調べると俺と同じ疑問を持ってる人がいるな
俺が最初に知ったのはヒューイ・ルイスのアルバムで
「Forest For The Trees」を連呼する歌がある
その歌詞カードに「木を見て森を見ない」と書いてある
外国にも日本と同じことわざがあるのかとビックリした
似たようなことわざがある事はあるが
物の名前などが違っているような事がある
これの場合は、木と森でバッチリだからね

288 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/06(火) 08:31:27 ID:5zkyAV+4
だいたいこんな所で、パンツ君叩きの為に、
ワザワザ鑑定なんて持ち出して馬鹿みたいな奴だな、
底意地の悪さが知れますよ。

289 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/06(火) 09:03:23 ID:8cPPIdGz
なぜ鑑定がパンツ叩きになるのかがわからん
本人は過疎スレの遊びだと言ってたじゃん

290 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/06(火) 09:05:21 ID:kDFWv12h
パンツ氏
>外国が先か
>日本が先か
そんな視点が些末でもったいないと思うのだよ

文章を見た所まだ若そうだし、刀に興味があって勉強もしているようだから、レス乞食にならずに本格的に勉強始めたらどう?

釣りでも煽りでもなくマジなアドバイス

291 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/06(火) 09:17:35 ID:NW4X2xuq
オレはパンツさんの30万円発言は悪くないと思うな。
固定観念による美術品としてしか刀を見る事が出来なくなってる人には分からないだろうね。
美術協会が「こういう刀が良い物」と決めた物の見方しか出来ないって事だ。
パンツさんはその辺りの物の見方が違うんだと思う。
純粋に刃のキズ、再刃であることにすでに価値を捨てたのではないかな。
古い=凄いと見ないで、実際に自分の感性で感じたまま言えるのではないかね。
昨今こういう人はなかなか居ないよ。決められた価値観でしか語れない人が多い。つまりは自分がない。
自分と言う物をもってないんだよ。
世間としては何百万の価値があるとしても、パンツさんの価値観としてはやはり30万なんだろうね。
歴史的価値を尊重するんじゃない。出来、造りの良さで見てるのではないか?そうなるとオレもこの刀には
大した価値は付けられない。美術協会が1000万と言おうがオレにはそんな価値観は通用しないな。
所詮人切り包丁、されど美術品。好きなように自分の感性で感じたままを語って何が悪いか。
決められた価値観しかない世界は面白くない。

292 :血の華まりぃ ◆DEVIL/abGA :2008/05/06(火) 09:37:41 ID:DL8px3n6
                 __    __
                 ,.::´:.:.: : : : : .:.:.:`ヽ、
              /::    . . . .    : :ヽ.
            /:  .: : :.:.:.:.:::::::.:.:.:.:.: : .  :.',
            /:. : :.:.:.:::/::,ィ::::l,:.:l、:;:.: : .: .:.:i
            i::::.i:.i:.i:::l:l:::l {i:::|ヽi::l::|::i:::::i:.:.:l
            |:i:l|::|十H-l、ヽ! -H十l|i::l|::::| よっ変態
            リ」l:lr'1)^;ト    イ)^;l゙刈jLi|
            i:::::l| l ゞ='    ゞ=' ,'ij:::::::!       ri`!
            |:i:::`iヘ ""  .:!   "" ,:::i:::::i:|     !l ln
            l:|:::i::l:::ゝ  ヾ フ  ,.イ::il::i::l:|    n 川l|
           ノi|::liノi::i:ノi`i .  ,. i::i::!:ノl:ハ:lj    | | j ヽ} |
           ノ从ノl八j;_j  `´  |_l八ハ从iヽ  | ヽ / !
          ___,、_____,/_ノ     l \      ゙!   ′|
         ,r1  「:.:.:.:.:.! l      `7 |:`ヽ、   ヽ、   l
       / |  |:.:.:.:.:/ |__   __,/  |:.:.:.:.:`ヽ、  |   !
      /    ! j:.:.:.:/___ ! `  ´ / ____」:.:.:.:.:.:.:/ヽ、 |   !
       /   ,イ l:.:.:.:.:.:.:l/ |   ./`\l:.:.:.:.:.:.:.:/r'⌒゙, l   |

293 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/06(火) 09:38:45 ID:wCSmHSc2
桔梗隼光って刀鍛冶が

4月まで2万円で小刀売ってたのに
http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g60290194
5月になったらいきなり値段を5万円にしやがった
http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f61329470

大出世じゃないか
賞でももらったか

294 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/06(火) 10:06:16 ID:5Gfti6WX
>>291
たぶんそういう話ではないかと、パンツは確かに「安いもの」を探してきて
2chにネタを投稿するが、問題はおそらくどの刀をみても30万とか安い値しか
言えない点、以前から。
価値観以前に安い物に縛られすぎ、または思考回路がそうなってる点に問題が
あるかと。

例えば鑑定刀と最初パンツも2番目の奴もわかってなかったが、次の奴は70〜200
万摸してなければ高いと、刀の出来だけみてもそうなるだろうと

銘の特定は鑑定でははっきりいって不可能です
通常鑑定は、「時代」「地域特定」無銘極め判定で○○派推測、派は推測しか無理ですしね
極端な特徴が無い限り。

趣味の域といっても2chの人はオークション系みてる人もおおいだろう、
みてても良い刀と悪い物を見極める事ができないから、金額決定の判断材料
がわからないから割高か安いかも判らない、刀剣店行っても同じ事だろう。
極端な話、刀剣店で偽物渡されても気づかないで高い金を払う者

それは世間での価値観以前に、自己の価値観が形成されてない。
世間の価値観や刀の価値を踏まえた上で自己の価値観を持ち
好きな刀を買う、とわからないで買うとでは大きな差が。

刀は安い買い物ではないでしょう、それ故に多少みな勉強してから
買ったほうがそれに越したことは無い。



295 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/06(火) 10:16:41 ID:7tkfZp5o
>>291
>自分の感性で感じたまま言えるのではないかね
こういう眼もいいよね。鑑定は恣意的な可能性を排除できない。
(たとえば上で出ている銘は三文字だとか)


296 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/06(火) 10:27:58 ID:7tkfZp5o
>>295
失礼ながら、大半の人がひっかかっていたような・・・・


297 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/06(火) 11:15:08 ID:ngX6UcYH
パンツを擁護する者も若干名いるようだが、
パンツは刀の知識云々の前に日本人としての謙虚さを身につけるべきだ。

何度かパンツの「住所を調べて殺す」と言った書き込みを目にしたが、
ネット上でまで必死に虚勢を張っている姿は非常に見苦しい。


その点を改善すれば、パンツも皆とうまくやっていけると思うんだが…

298 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/06(火) 11:26:03 ID:ywqEgc1B
皆さんに、御聞きします。
金着ハバキの汚れを、取りたいのですが
金着を傷めずに、綺麗にするには
どのように、掃除をすればいいのか
御教え下さい。

299 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/06(火) 12:51:20 ID:pWcRR/hS
己が益荒男役に起たなくなった爺の究極自己万オナヌ趣味ニホントウコレクタ
お前らの自慢のオナネタ晒せや
俺の自慢のオナネタはこれじゃ
ttp://everyday.ddo.jp/uploader/src/up0008.jpg

300 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/06(火) 13:29:32 ID:gOnhca1i
アルコールをティッシュに含ませ拭う。
消しゴムでこする。
使い古しの歯ブラシに、洗剤か石鹸液をつけてこする。
などしては如何でしょうか。

301 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/06(火) 13:54:39 ID:5zkyAV+4
買った刀が再刄かも?と言う理由で審査に落ちたんだが、刄紋もとても気に入っているが再刄ってそんなに価値無く悪いのかな?またそんなに数出回ってるのかね?

302 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/06(火) 16:36:25 ID:CIqCbJPj
俺の意見としては再刃というのは悪くない。
審査と言う物はどれだけ元の状態を維持出来ているかだから、再刃は別の人の手が入ったので
審査は通せないとされたのかもしれないな。だけど再刃をしてでも残したかったと言う元の持ち主の
気持ちを考えれば悪い物ではないと思う。
美術品として見れば元の作者の後に火事などでダメになった物を再度作り直したから価値はないかもしれない。
でも元の鉄の時代まで変わるものでもなく、歴史的価値としてみるのなら価値はある。
審査なんて価値観の問題でもある。審査の合否に惑わされることなく、本当の価値を見て欲しい。
ただ再刃した刀と言うのは歴史的価値の有る物が多い。鎌倉時代とか時代物が多い気がする。
二度と戻らない時代を失わないために再刃してでも残したくらいです。本当の意味での価値は確実にあります。

303 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/06(火) 17:08:00 ID:vbP5eytD
質問ですが
「日本刀の拵―高山一之作品集」
って本をもっている方はいらっしゃいますか。
内容はどんなものなのでしょうか?

買ってみたいと思っているのですが、高い本なので内容を見てから・・・と
思ったんですが売っているところでは中が見れなくて。
近所の図書館には所蔵されていませんし・・・。

304 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/06(火) 17:18:52 ID:h/6+9Mzi
再刃見て分かる人いるのかね?

305 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/06(火) 17:21:06 ID:JohiS+Ji
>>298
歯ブラシ使うなら柔らかいのにしなよ。
そして優しくな。

306 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/06(火) 18:02:09 ID:CIqCbJPj
>>304
ナカゴから刃の高さが明らかに違ったりする。
ナカゴからみれば分かるかと。

307 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/06(火) 19:28:14 ID:brJgr/j+
うまい鍛冶屋が焼くと分からないよ、本に書いてあるのとは違う。

308 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/06(火) 19:29:58 ID:brJgr/j+
298
良い拵え(金具)なら触らない方がいいよ。

309 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/06(火) 20:01:31 ID:CIqCbJPj
>>307
なんか本に見分け方が書いてあるんですか?オレは刀剣の本は一回も読んだことないんでわからん。
ただ経験上そういう見分けが出来たと言うだけの話です。
焼き方ではなく刃の高さが違うんです。ナカゴから見ると分かります。
刃、ねーじゃん、てな感じなんで。通常刃の部分は少し三角に高くなってるけど、再刃のはなってなくて
ナカゴからストレートになってる事が多いんです。
上手い鍛冶屋はナカゴも加工してしまうと言うこと?そでないと高さは変えられないはずですが。

310 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/06(火) 20:02:33 ID:kDFWv12h
>303
名品の写し物からオリジナルの意匠まで約30点ほど掲載されていて、すべてカラー写真で大変見応えがあります
巻末には打刀拵の作成手順が写真入りで紹介されていて資料性も高いです

価格は一般書としては高いものですが、専門書としては妥当かなと思います。こだわりがなければ古書店のサイトで検索してみては?

311 :298:2008/05/06(火) 20:11:19 ID:ywqEgc1B
皆さん御意見、有難う御座いました。
>>308
やはり触らず、そのままに
しておいた方がいいですかね−。

312 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/06(火) 20:52:42 ID:rlxOxmOH ?2BP(1000)
>>273
>再刃だと見たのは薫山先生
この話題も2chで見た記憶が、もしかすると>>269の「言う話をどこかで聞いた。」
はここかも知れんなぁ。

>>286
少なくとも山城の来・粟田口より古いまでは分かったよ。
もっとも三字銘に引っ掛かって>>237となる訳だが、
銘を除くと三条?となり、探す範囲が狭くなる
三文字の銘で、三字銘ではないとなると大きく搾られるわけだ。
三文字銘で有ると言う情報がなければ個名辺りは無理ですね。

ただし、記憶には無いが、この近村の情報を2chで見た事がある気がするので、
画像を見た可能性も高く、頭の隅に引っ掛かってた可能性も否定しない。

まぁこの鑑定刃文がハバキ元しか分からないのできついです。


>>298
汚れと言う物がどういう物なのか。
やや赤黒くくすんでいるのは金錆などとよび逆に良い物です。
中性洗剤を一滴たらした超音波洗浄器にネルで作った袋にいれて掛けて見たらどうでしょう。
それでも取れなければ、重曹を柔らかい歯ブラシにつけて洗うかな、けどこの方法を使うと金錆や色上げが完全に取れてしまい、白っぽくなると。
18青金が金着せに良く使われるけど、色上げしてないと一般に想像する金の色ではないですよ。



313 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/06(火) 20:54:41 ID:rlxOxmOH ?2BP(1000)
>>303
拵えについてのカラーの参考書は少ないので、拵えに興味が有れば買い
残念ながらまだ古本市場には出回る数少なし。

>>309
それは再刃関係なく、研ぎ減った刀と言うだけですよ。


314 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/06(火) 21:44:41 ID:XGn/Pjm5
どの刀剣書もそうだけど活字での説明はあるが画像付きで刀身の欠点や偽銘を記したものがないと思われる

315 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/06(火) 23:13:46 ID:gOnhca1i
汚れを取るのは消しゴムがお勧め。汚れを鉛筆、生地を紙と考えれば、鉛筆は綺麗に
消えても紙は少しも傷んでいないところから、生地は絶対に傷めないと言えます。
これは、油が古くなってこびり付き、地肌が曇った刀を綺麗にするのにも有効です。

316 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/07(水) 02:26:06 ID:xXi0a7hh
この板の方々は無銘すりあげで、目釘穴3個 などという刀は、
・生ぶナカゴじゃないからちょっとねぇ
・昔から大事にされていたらしいっぽい?から、無銘でもそれはそれでいいのでは?
と、どちらの意見が多いですか?

ちなみに私は後者です。

317 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/07(水) 09:55:09 ID:oXk6DI50
無銘に関しては完全に出来次第という意見です。

318 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/07(水) 10:40:43 ID:/xifRFCC
>>297
おっしゃるとおり。ただし援護ではなく是々非々で。
コミュニケーションの中で些末なことでも自意識を犯されると
耐えられずに、気分が乱高下し饒舌になりうめき声を上げる。
ようするに他人からの評価をすごく気にするタイプなのであろう。
だからよい点は認めてあげた方がいいと思ふ。


319 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/07(水) 10:41:30 ID:/xifRFCC
>>314
ないこともないけど少ないね。偽銘に関しては、真作の特徴を明らかにすると
すぐにそれをまねるのが出てくるという問題もある。



320 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/07(水) 20:01:50 ID:ewXIzVnp
>>314
最近「偽銘刀の研究」という福永酔剣の本が復刊されたようだ

清麿、虎鉄、村正。天下に名だたる名刀だからこそ、偽銘刀は存在する。
業者、技術者、鑑定家と三者一体となって世に流通する、真ッ赤なニセモノの見分け方とは?
主な内容は、昔の名人も裏では偽作、時代ニセ作りの刀工、ニセモノの材料になる刀、
趣味のニセ物作り、銘の見方、ナカゴ色の見方、偽銘刀押し型集、
著名刀工の偽銘なかご原寸大写真、現代に切られた偽銘写真集、
座談会(偽銘の見どころと勘どころ)他。
著者は一振りの刀の銘からダグラスマッカーサーの刀の伝来を看破した最強の目利き、
福永酔剣氏。巻末に偽銘刀をつかまされた愛刀家たちの、
泣き面に蜂のごとき貴重な体験談を収録しております。


めちゃくちゃ面白そうじゃん
「趣味のニセ物作り」って何だよ
そんなもん作るんじゃねえ
「現代に切られた偽銘写真集」
ほれお目当ての物もあるぞ

321 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/07(水) 20:45:12 ID:oBpz5VeL
刀の鑑定士はどこにいるのかな?

322 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/07(水) 20:58:54 ID:mYfvDjyh
>316
磨上の無銘ならOK(時代の錆び、目釘穴)
戦後錆び付けしたものを見ますが、あれはNO

323 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/07(水) 22:37:05 ID:LeUVUuGp
>>320
その本持ってるけどなかなか面白いよ。


324 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/07(水) 22:38:37 ID:zbLq+qU0
神社の宝物館に展示してある刀は、何故滴り落ちるほどの油を
塗りたくるやら?
オマイらどうせ見てもわかんねえんだよと言いたげな・・・
鹿島神宮にて

325 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/07(水) 23:51:17 ID:Jn1A6lZT
以前行った田舎の資料館も展示してある刀に
たれるほど油塗ってたな
あれは何なのかね?

326 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/08(木) 00:16:04 ID:MLUFlurp
油も滴る良い刀

327 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/08(木) 00:22:32 ID:OctB3PwH
じつは襤褸隠しですねえ、傷の目立つ物や見栄えの良くない物は
タプウリ油ギッシュな展示方法がお勧めでしょう。

328 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/08(木) 01:41:07 ID:euOIjspd
>>324
・細かな手入れが面倒臭いから。
・刀に興味ないから
・なんか傷ついちゃったので、油べっとりでごまかしとこか

329 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/08(木) 02:05:29 ID:PhpPPiC3
>>321
鑑定なら日本美術刀剣保存協会が一番いいけどここは
会員にならないと鑑定してくれない。
鑑定料と鑑定書の発行にもお金がかかる。
会員になったりお金をかけたくないのならまともな刀剣店に
持ち込んで見てもらうのがいい。


330 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/08(木) 02:50:53 ID:kMwWm1Gu
>>320
それがね、偽銘刀の見分け方が中心で、他の同類本も同じだ。
残念ながら偽銘刀に使われる刀について詳しい本はない。
誰か書いてくれないかなぁ。

331 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/08(木) 03:36:10 ID:ezsRcHAV
329
日刀保は鑑定士とは違うよね?いい鑑定士を探しています。

332 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/08(木) 04:00:13 ID:lIuXFjP4
>>331
日刀保は鑑定書を出している機関。鑑定できる人間もいる。
日刀保や保存会の人間以外で鑑定士として鑑定専門で活動している
人間はいないよ。
何が目的かは知らないが今もっている刀を鑑定してもらいたいのなら
目利きの人間がいる老舗刀剣店に持ち込んで見てもらうのが一番早いと思う。



333 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/08(木) 06:05:27 ID:9gfz65fh
>>332
資産価値が知りたいんだろ

334 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/08(木) 06:48:47 ID:C7xgra8q
日刀保で鑑定をして貰った無銘の刀(美濃の正利)を持っています。
最近の鑑定で保存刀剣です。
@棟と鎬に5箇所ほど切り込み疵がある。切っ先にもあります。
A金象嵌の試し切り銘がある。が、何故か試し切りをした人の名前はなくて
「袈裟落」とか「一胴落」とかが書かれているだけです。

刀の事は詳しくないのですが、@は市場価格ではプラス要因なのでしょうか。
Aのような試し切りをした人の名前がない試し切り銘は事例があるのでしょうか。
また、試し切りをした人の名前を記さなかった理由としてはどのような事が考えられるのでしょうか。

上記について、どなたか教えて頂けると大変有り難いです。
なお、私が買ったものではなく、大昔から家にある刀です。
蛇足ですが地肌が黒ずんでいます。
 

335 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/08(木) 07:30:41 ID:euOIjspd
@いいえ
Aオーナーが自分で試した。
オーナーが戦場等で使った際に、
実際に一胴切れたので書いた。

336 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/08(木) 07:44:26 ID:C7xgra8q
>>335
回答ありがとうございます。
Aですが、裁断銘で試し切り銘がない場合は、「オーナー」が書いた
と云うのは通説なのでしょうか。もしも出典などありましたら教えて頂けると
ありがたいです。勉強してみます。

337 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/08(木) 14:24:38 ID:oVS+68wo
http://www.antiyafuu.com
何でもそろう、あんちやふー

338 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/08(木) 15:05:30 ID:OutBO4co
切り込み疵は、実戦に供されたことをあらわしまして、美観を損ねるもので
ない限り珍重されます。しかし、それを逆手にとりいい値段で売れる
ように、切り込み疵と見分けのつかないキズをわざとつけたものがあります。
金象嵌は、笹露(首がすぐ落ちるという意味)のように、重代の刀に業物
であることをあらわすために持ち主が願いを込めて彫ったものではないでしょうか。
評価がどうであれ、伝家という誉れのある来歴をお持ちの刀は大切にして
くださいませ。


339 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/08(木) 15:36:56 ID:C7xgra8q
>>338
>>334です。ご丁寧にありがとう存じます。
・切り込み疵は当方所有のものは、昔殿様から頂いた刀として伝え
られて来ましたので、おかしな細工はなされていないかと思います。
また別段、その疵が刀の美観は損ねてはおりません。
戦場で先祖がその刀を使って命を掛けて戦ったものですので、
切り込み疵を見ておりますと色々感じる所があります。

・よく切れる刀であれかし、と願いを込めて彫った、、、
なるほど、そういう事もあるのですか。初めて知りました。

いずれにせよ、「どんなに貧乏しても決して手放してはならない」と伝えられた
刀ですので、これからも大切に扱って子供の代に残したく思います。
どうもありがとうございました。

340 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/08(木) 17:03:07 ID:9FhHHlqg
332
鑑定士ならいるよネットで検索したら?
刀剣、古物鑑定、DNA鑑定、筆跡鑑定、印影鑑定指紋鑑定、交通事故鑑、定遺留品総合鑑定、
血液鑑定、写真鑑定etc・・・
このような鑑定士は相当目は利きますが、日刀保のように価値(値段)が上がるか
上がらないかは分かりません。

341 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/08(木) 19:09:16 ID:Khjmpl1M
錆びていて刃こぼれのある短刀を残欠にしたいんですが、
どうやって切断すればいいのでしょうか?

342 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/08(木) 19:45:39 ID:klrU89RU
俺が貰ってやるからちょっと待て。

343 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/08(木) 21:05:39 ID:Khjmpl1M
残欠にしてオークションに出品したいと思ってます


344 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/08(木) 21:46:08 ID:VYr/cH5v
>>343
早まるな、錆身なんだな、登録が無いわけだな。
俺が何とかする、残欠にだけはするな。

希望価格と写真をくれ。

illegal_immigrant_illusion@yahoo.co.jp


345 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/08(木) 21:49:34 ID:L+YRIhrg
残欠にしたら単なるゴミだもんな

346 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/08(木) 22:24:41 ID:xEQcOJY8 ?2BP(1000)
>>341
まず登録証の有無を

切断するならディスクサンダーか高速切断機で
頼むからバーナーで焼き切るのはやめて下さい。
焼が戻ってしまって使い物にならない。



347 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/08(木) 22:27:43 ID:uh+AtwaT
錆身って言っても少ししか錆びてません
登録証は有りません
だから処分に困ってます
しかも2本も

348 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/08(木) 22:45:26 ID:uh+AtwaT
画像貼ります
画像1:http://photo.qpd.jp/v.php?f=uus
画像2:http://photo.qpd.jp/v.php?f=c7T
 
買い取って下さるなら、
画像1の白鞘の短刀には木製つなぎ入りの拵え
(鍔と鮫皮と柄巻無し)付けます
http://photo.qpd.jp/v.php?f=AQ8

349 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/08(木) 23:19:14 ID:uKBSSVnP
相伝備前について教えて頂きたい。
そもそも、相伝備前は匂出来なのか沸出来なのか?
相州伝と備前伝は地肌がかなり違うと思うのだが、
相伝備前ではどちらの特徴が強く出るのだろうか?

また、相伝備前で小切っ先で踏ん張りの強い
2尺4寸ほどの太刀を見たのだが、時期的に
大切っ先の先・元の差が無いつくりのはず。
果たして相伝備前で上記のような、平安か鎌倉初期のような
姿があるのであろうか?

諸兄の知識を是非お借りしたい。
お願いいたします。

350 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/09(金) 00:14:12 ID:JtwKVmyi
>>348
パソコンで見られないんですが・・・

351 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/09(金) 01:09:56 ID:OlRhMwdC
池袋の刀剣屋で店主と話してたら、
893っぽいのが来て、
「刀20本くらい買ってくれないか」
「ゴルフバッグに入れて、車のトランクに入れてあるんだけど」
「使った奴もあるけど」とか云い出したので慌てたことがあるw

ちなみに店主は丁重に買取断ってたが。

352 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/09(金) 02:17:43 ID:gQ8Zfdz4
画像1の白鞘の短刀、いくらだったら売ってくれますかね?

353 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/09(金) 04:22:53 ID:42e5rloK ?2BP(1000)
皆さまへ
嘆願署名協力の御願い。

日本刀はその刀身、拵え、金具など日本の芸術の粋を集めた総合芸術です。
世界に誇れる文化であると思います。
この文化を後世に伝えるために財団法人日本美術刀剣保存協会では
その刀剣の材料となる玉鋼の製造と、各刀剣職人に対する技術保存研修会。そして現代の職人の技術発表の場としての新作刀展を行ってきました。
その文化保存に対して年間約400万の文化庁の補助が有りましたが、これが打ち切られました。

現在の玉鋼に異論や疑問が有る事もしっていますが、自家製鋼の出来る余裕の有る刀匠が少ない事も事実です。

日本刀製作文化の伝承のために再び文化庁の協力を得られるよう、皆さまの声の協力を御願い申し上げます。
御家族、恋人、友人などなど日本人に限らず多くの声を集めて下さい。

下記URLのPDFファイルをダウンロード御願いします。
http://homepage.mac.com/tsurugi_t/syomei.pdf
またダウンロード出来ない方でご協力して頂ける方、メールにて住所氏名を教えて頂けたら
其方に送付します。
tsurugi_2chアットマークmac.com

締め切りは5月24日ですが、それ以降も募集します。

354 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/09(金) 07:26:14 ID:0PC9+J2a
>353 剣氏
その文章は私も存じており、主旨は理解できるし職方の苦しみもわかるが
「何故文化庁からの補助が打ち切られたのか」という原因と今日に至る経緯が全く記されていないことに強い憤りを感じる
「報道などでご存知でしょうが…」などという無責任な言い逃れはますますもって許し難い

署名をお考えの方はぜひご一考を

355 : ◆89yNiXaaUI :2008/05/09(金) 07:43:33 ID:DDSoPGUg
テスト

356 :341 ◆89yNiXaaUI :2008/05/09(金) 07:46:18 ID:DDSoPGUg
http://imepita.jp/20080509/276090
白鞘短刀
http://imepita.jp/20080509/276210
刃こぼれ短刀
http://imepita.jp/20080509/276330
白鞘短刀の拵え


357 :341 ◆89yNiXaaUI :2008/05/09(金) 07:48:27 ID:DDSoPGUg
希望は2本で6万くらいでお願いします

358 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/09(金) 12:42:37 ID:ExIcfllJ
↑ボロだから高いと思うのですが・・・・
登録書も無いのでしたら3万くらいが妥当ではないでしょうか?

359 :341 ◆89yNiXaaUI :2008/05/09(金) 13:20:44 ID:DDSoPGUg
やっぱ高いですよね
相場分からないんですよ
拵えつきで3万5千くらいでどうでしょうか?


360 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/09(金) 13:27:38 ID:Lza9dNj/
>>353
えらいことになりましたな。
火種を作った張本人はすでにあの世。
とんでもないことしてくれたよ。

361 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/09(金) 13:43:59 ID:e0SCv7cW
俺が税金をもらってる団体のくせにデタラメやりやがってと怒ってたら、
剣は「税金なんてもらってない」と言って来たから説明したら
「少しは貰ってる」みたいな事を認めて
その税金をストップされたら
仰天して署名活動
日刀保って馬鹿じゃねーの

362 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/09(金) 13:52:32 ID:e0SCv7cW

355 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/02/02(土) 21:06:57 ID:z3Ex7UvZ
>>354
日刀保は税金を貰ってる団体なんだから
「趣味人の集まり」なんてガキの言い訳が通じるワケがない


357 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2008/02/02(土) 21:22:40 ID:lUJMWEIW BE:147420364-2BP(1000)
>>355
>税金を貰ってる団体
????
もらってないよ。

358 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/02/02(土) 21:22:55 ID:z3Ex7UvZ
税金を貰ってるし、
税金を払わなくていいし、
国から特権を貰ってる団体である日刀保が「趣味人の集まり」のワケがない
税金を貰って、
税金を払わなくていいという
特権に飽き足らず、
理事と刀剣商が結託し金儲けをする
監督する官庁からの改善命令に反抗する
自分たちの贅沢な暮らしと利益を守るために
刀剣を利用してるだけだ
金額は大した事はないが、
やってる事は極悪だよ
補助金という税金を貰って、
納税を免除されて、
刀剣利権で私服を肥やす
どの業界でも聞く話だけどな
政治家と理事と刀剣商がグルになって儲けてる
剣のような岡山の貧乏人が腐敗した業界の上の連中の擁護してるとはどういうこった

363 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/09(金) 13:57:03 ID:e0SCv7cW

362 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2008/02/02(土) 21:33:55 ID:lUJMWEIW BE:214988257-2BP(1000)
>>358
>補助金
あぁ400万ほどもらってるなぁ。


363 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2008/02/02(土) 21:41:03 ID:lUJMWEIW BE:165848639-2BP(1000)
>>358
>擁護してるとはどういうこった

擁護している訳ではないよ。
ただ、印象操作のみでの非難はどうかと言っているだけです。

沖縄集団自決や慰安婦の問題にしても自分は同じスタンスです。



国会で提言されたものが全て真実ではない
国は悪質な印象操作をしている
税金400万円ほどもらってたかなぁ
日刀保は利益団体ではなく、趣味人の集まり
日刀保は国とトコトン戦います

鼻息が荒い佐々アンド剣

364 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/09(金) 14:16:48 ID:e0SCv7cW
当時の文科大臣で現在の自民党幹事長の伊吹文明が激怒
その税金の400万円がストップされちゃいました
400万円なんてボロ刀を重要刀剣にすればすぐに稼げる金額だよね
いつもやってる通りに不正に審査して稼げばいいじゃん
これを機に国との関係を断って
剣のいう本当の趣味人の集まりになれば?
そのかわり今までみたいな税金の免除はなくなりますよオホホ

365 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/09(金) 14:25:23 ID:e0SCv7cW
○佐々木(憲)分科員 

日本共産党の佐々木憲昭でございます。最初に、伊吹大臣にお聞きをしておきたい。
基本的な考え方です。公益法人は、国からの補助金を受給し、税制面でも優遇されております。
したがって、運営の上で、不正とかあるいは疑惑とか、そういうものを生じてはならないと思うんです。
文科省、文化庁は、所管のもとにある公益法人に仮に問題があれば、それを指摘し是正させる、
そういう監督権限というものが当然あると思うんですが、いかがでしょうか。


○伊吹文部科学大臣 

先生、これは補助金をもらっているもらっていないにかかわらず、
日本の諸法人というのは基本法として民法によって規制されているわけですから、
民法によって、主務官庁は法人に対して監督上必要な命令をすることができるということがまずあります。
その上に立って、公益法人の設立許可及び指導監督基準に基づいて指導監督を行い、
職権による検査や監督上必要な命令を発する権限は当然持っておりますから、
公益に反すること、失敗をすることについては、先生の御指摘は全くそのとおりだと思います。


主務官庁の監督上必要な命令に従わなかったので補助金の400万円を受給できなくなったのです
この400万円を指摘された剣は「あぁ400万ほどもらってるなぁ。」←なんですかこの態度は
どうなってるんですか日刀保は?末端の会員までがこの態度
会長の佐々ってのがどういう人間か分かるってもんです
その400万円の補助金を受給できなくなったら署名活動
そんなの理解を得られるわけがない

366 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/09(金) 15:09:06 ID:e0SCv7cW
ついに文部科学省とその配下の文化庁が日刀保に制裁

・新作名刀展の後援を打ち切り
・玉鋼製造への国庫補助金交付の打ち切り
・美術刀剣刀匠技術保存研修会の廃止

疑惑のデパートと国会で名指しされた森政雄理事見てる〜?イェ〜イ!

367 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/09(金) 16:05:14 ID:gQ8Zfdz4
>>357
一枚目の写真の刀だけ売ってもらうことはできますか?



368 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/09(金) 16:50:51 ID:C0VPNrf6
日刀保たたらが操業出来なくなったら それこそ大変。


369 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/09(金) 17:02:36 ID:e0SCv7cW
>>368
・新作名刀展の後援を打ち切り
・玉鋼製造への国庫補助金交付の打ち切り
・美術刀剣刀匠技術保存研修会の廃止


こんなん金額にしたら大した事ないよ
日刀保は儲かってるんだから
新作名刀展も
玉鋼製造も
美術刀剣刀匠技術保存研修会も
やろうと思えば自分の金でできる

ただ、今まで国から払っていたものを
自分で払わなければいけなくなっちゃったからブーブー言ってるだけで
幹部が贅沢しなければ
どの事業も金銭的には何の問題もなく続けられるわけです

370 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/09(金) 17:06:49 ID:Vhp29+xd
368
玉鋼余っているから大丈夫、真面目な鍛冶屋は自家製鉄と日刀保の在庫
不真面目な鍛冶屋は洋鋼

371 :341 ◆89yNiXaaUI :2008/05/09(金) 17:07:03 ID:DDSoPGUg
画像1の刀を拵えつきでですか?
3万でどうですか?

372 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/09(金) 18:28:22 ID:ILdzGQJ7
纏めて書くって知恵は無いのか?
ウザイよ。


373 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/09(金) 19:19:21 ID:5QstnKA7
鑑定士って言っても刀の場合プロみたいなのはないからな。骨董屋とか目の肥えた人に見て貰うしかないよ。
実際オレも無名の鎌倉時代って刀をネットで買って、飽きたから売ろうとしたら「これは酷いね。どう見ても明治頃の
刀だね。10万がせいぜいだね」と言われた。
購入額が15万なんで想像以上だと思った。鎌倉ではなく明治だったのが痛いが。
他の店でも価格を知りたくなり、別の所でも見て貰うと言ったら急に「50万出す」と言い出した。
いきなりとんだなー、と思いつつ、もしやもう少しいけるかもと渋ったら最終価格80万円で引き取ってくれた(w
明治の刀で80万で買い取るとは愚かなり。こっちは得したけどね。
世の中アホな骨董屋が居て助かる。15万で買ったのが80万ですよ。騙したようで悪い気すらしたよ(w
ビッダーズもたまにはもうけさせてくれるもんだな。鎌倉時代で無かったのは痛いが。

374 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/09(金) 19:52:17 ID:nsu8wEdE
逆かもね。
今頃、大出世鴨ね。

375 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/09(金) 20:34:02 ID:BBH7mHea
釣り

376 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/09(金) 20:42:44 ID:mRTWq+d3
重要刀剣の刀ですと200万台からありますが、特別重要刀剣です
と最低いくら位から売っているのでしょうか?
500位で売ってるもんでしょうか?教えてください。

377 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/09(金) 20:57:00 ID:UkWUk3sG
特別重要は昔の重要美術品クラスなので短刀でも1000万以下で入手するのは難しい。

378 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/09(金) 21:02:27 ID:M+JgUHvK
>370
そうなんだよね
ネットで玉鋼売りに出ているよね。
署名はしましたよ。そうでないとますます閉鎖的になる。
剣氏
締め切り日が要請書には記載されていませんでしたが
締め切り日あったんだね。当たり前だけど。
支部長宛の文書にはなかったもので。

379 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/09(金) 21:06:01 ID:UkWUk3sG
ついでに特別重要に指定されるのは重要の5%程度なので、それからしても価値のあるものであることがわかる。

380 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/09(金) 21:22:36 ID:e0SCv7cW
共産党の佐々木憲昭議員が国会で、
「公益法人の許可取り消し」について言及してるんだが、
事態はそこまで来ているというのに
のん気に署名活動なんてしてると公益法人の許可を取り消されちゃうぞ
そしたら重要刀剣の価値が暴落するかな

381 :341 ◆89yNiXaaUI :2008/05/09(金) 21:27:56 ID:DDSoPGUg
画像貼ります
画像1:http://photo.qpd.jp/v.php?f=uus
画像2:http://photo.qpd.jp/v.php?f=c7T
 
買い取って下さるなら、
画像1の白鞘の短刀には木製つなぎ入りの拵え
(鍔と鮫皮と柄巻無し)付けます
http://photo.qpd.jp/v.php?f=AQ8
 
これ全てで35000円で買い取ってくださる方いませんか?
あくまで希望ですが。
買い取ってくださる、または考えてくださる方、
anmamimuto27@yahoo.co.jp
までご連絡下さい。
 
ちなみに住居は神奈川です。

382 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/09(金) 21:32:33 ID:e0SCv7cW
さてさて、本当にこれは剣のいう共産党による悪意ある印象操作なのか

それとも

・新作名刀展の後援を打ち切り
・玉鋼製造への国庫補助金交付の打ち切り
・美術刀剣刀匠技術保存研修会の廃止

に続き、あっさりと公益法人の許可も取り消されてしまうのか
すでに制裁が発動されてるのに反省もせず
署名活動で真っ向から文化庁との対決姿勢を崩さない刀剣カルト集団には
公益法人の許可取り消しこそがふさわしいのではないか

383 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/10(土) 01:52:17 ID:0iswAwez
要は自力じゃ喰えないから、政府にたかって甘い汁を吸いたい無心だろう。
利権にたかる腐った現代刀工の刀なんてイラネ。

384 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/10(土) 02:27:05 ID:lSoQPwRG
>>382
これは明らかに日刀保への文化庁からの重大警告だろう。
つまり理事長以下現在の理事が退任し、方針を変えることを表明しない限り
公益法人認可の取り消しをすると言うことだ。
数年に渡り監督官庁たる文化庁の勧告を無視続けたあげくの話だから、これ
くらいの仕打ちをされるのは当然だろう。非は文化庁にあるのではなく日刀
保にあるのは衆目の一致するところなのだから。
なぜ佐々理事長が晩節を汚すようなことをしているのかまったく理解できな
いが。

385 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/10(土) 07:56:42 ID:QErzTtvy
>>376>>377
長州屋で無銘特重の来国行が1200万だったから
無銘特重の短刀なら450万円くらいからあると思うよ。


386 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/10(土) 08:14:50 ID:/dgVK4Nh
常務理事 田野辺道宏
芸名 田野辺探山
職業 鞘書きアルバイト

どうもこの人が刀剣界のトップらしい
この人の鑑定には誰も逆らえない
田野辺の一言で無銘重要が出世して値段が跳ね上がる

剣は田野辺に詰め腹を切らせる署名を集めたほうがいいのではないか
田野辺が怖くて自浄作用が働かない組織は公益法人としての資格がない

田野辺に詰め腹を切らせるか
田野辺と心中するか
それしかないんじゃないの

387 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/10(土) 08:55:47 ID:jgqpMyBq
パンツ君、凄くまともな事言ってるので感動した!
しかし、協会が廃止になったら今までの紙はどんな扱いになるのかな?


388 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/10(土) 09:41:01 ID:zx4k1Qtk
オレもパンツには同意ですね。
一部のトップがあまりにも力を持ちすぎてる。

>>387
裏に漫画でも書いておくと良いと思う。
そもそも今の協会の鑑定は当てにならない。金次第でどうにでもなりそうだし、紙も売っていて
偽物がいくらでも量産出来る状態に有るし、何も信用ならない。
自分で信じた好きな刀を買えばいいと思うよ。紙なんて当てにするな。

389 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/10(土) 09:50:24 ID:QErzTtvy
>>387
協会時代の鑑定書が高値で取引されるようになると思う。
>>388
>そもそも今の協会の鑑定は当てにならない。

どの辺が当てにならないの?
何年何月の何がダメだか教えて欲しい。
出来れば重要刀剣がいいな。図譜があるから。

>金次第でどうにでもなりそうだし、紙も売っていて
>偽物がいくらでも量産出来る状態に有るし、何も信用ならない。

誰にいくら払えば偽物が量産できるの?詳しく教えて。
重要や特重に合格させるには金や裏工作が必要だと言う人間が
何人もいるけど詳しいことを知っている人は一人もいなかった。


390 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/10(土) 10:06:36 ID:/dgVK4Nh
>>389
真玄堂の高橋歳夫が
この世に存在しない人間の会員名義で
重要や特別重要の審査に何本も刀剣を出している
こんな事をできるのがおかしい
何で日本に戸籍のない、住所を調べても住んでいない
謎の会員の名前が日刀保に存在して
その名義を真玄堂の高橋歳夫が使っているのか

391 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/10(土) 10:23:15 ID:/dgVK4Nh
不正をやっている人


専務理事 林盈六

常務理事 田野辺道宏 小林暉昌

理事 森政雄 小泉陽 鯉沼昇

刀剣商 真玄堂高橋歳夫 霜剣堂


これはもう終わりだよ
完全に腐っちゃってる
不正がバレたら自分たちが被害者だと訴える
「平成の刀狩だ」「刀剣文化に対する弾圧だ」
なに言ってるんだ
刀剣の文化を腐らせてるのはどこの誰だ
さっさと腹を切れ馬鹿者が
少し刀剣の鑑定眼が優れてるからといって
性根の腐った愚か者を協会の幹部に据えた
日本美術刀剣保存協会に刀剣を扱う資格はない
さっさと解散せい馬鹿者が

392 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/10(土) 10:28:02 ID:vLxDYGcV
389の言う事が一番有りそうな…。>紙が値上がりする

功罪は色々有るだろうけれども、
刀屋に売りつけられた刀が正真がどうか
ある程度きちんと判断してくれる組織が有るのは
良い事だとおもうがな

393 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/10(土) 10:28:50 ID:zx4k1Qtk
新日刀保の相談役にパンツが就任すると良いな。
こういうハッキリ物を言える人が必要。
そもそも保存刀剣の無記載の紙とかオークションで売ってるしあてになんねーし。
駄目なものは駄目とハッキリ言えないとな。

394 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/10(土) 10:32:34 ID:QErzTtvy
>>393
>>389に答えてくれ。


395 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/10(土) 10:41:31 ID:X5/4o8l2
剣氏は自分の言いたいことだけ言いっぱなしで、都合が悪い話題は完全スルーか。
そんなんじゃ協力は得られないよ。

396 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/10(土) 10:41:52 ID:/dgVK4Nh
>>394
どうして日刀保は組織のナンバー2が規則に違反するんだ?
何のために誰のために
規則に違反するんだ?
こいつらは何をやっている?
日本国に住んでいない
地球上に存在しない人物を日刀保の会員にして
その会員の名義で重要や特別重要の審査に出している奴がいる

一次審査、二次審査を経て決定した無銘重要の鑑定結果が
常務理事の田野辺道宏の命令ですぐに書き換えられるって何なんだ?
誰のために何のためにやっている?

ウラでカネが動いてると言われても仕方がないぞ

397 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/10(土) 10:51:55 ID:DMc43ZJw
>>392
売りつけられた刀ってw
自分で正真か判断できないのに結局買ってるんだからそれは自分が悪いんだろ。
わからなければ買わなきゃいいんだし。

398 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/10(土) 10:56:18 ID:/dgVK4Nh
公益法人を私物化し許可取り消し寸前にまで追い込んでる愚か者ども


専務理事 林盈六

常務理事 田野辺道宏 小林暉昌

理事 森政雄 小泉陽 鯉沼昇

刀剣商 真玄堂高橋歳夫 霜剣堂

399 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/10(土) 10:56:59 ID:QErzTtvy
>>397
>自分で正真か判断できないのに結局買ってるんだからそれは自分が悪いんだろ。

嘘ついて客を騙す刀屋も悪いぞ。
偽物を堂々と売っている刀剣高○や会○は悪くないと言うのか?

>わからなければ買わなきゃいいんだし。

業者でも鑑定書が無いと分からないと言う人がいるよ。


400 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/10(土) 11:03:33 ID:/dgVK4Nh
公益法人はあなた達の私服を肥やす道具じゃないんですよ
公益法人の許可が取り消される前に
目を覚ましてください林サン
何で国会で疑惑を追及されて許可取り消し寸前になってるんですか
あなた達は馬鹿ですか?

401 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/10(土) 11:12:54 ID:fhGPenJz
送検堂の社長の名前はなんてーの?

402 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/10(土) 11:18:57 ID:/dgVK4Nh
>>401
黒川精吉

403 :401:2008/05/10(土) 11:26:39 ID:fhGPenJz
>>402
サンクス!珍玄堂の高橋○夫と送検堂の黒川○吉の名前で重刀になってるものはヤバそうだから買わないようにするよ!!
刀剣鷺吉=ゴザも癒着してるんだろうな〜

404 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/10(土) 11:43:05 ID:QErzTtvy
>>403
高義にそんな力はないよ。


405 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/10(土) 11:43:54 ID:/dgVK4Nh
>>403
ほとんどの重要刀剣はデタラメな名前で審査に出されています

『刀剣美術』(05年11月号)において、
「重要刀剣」指定物件の一つに「脇指 銘 和泉守国貞 小泉忠雄」と発表されているものがある。
当時(平成17年9月)の受付の際、当該物件申請者の会員番号は「19945」となっている。
私どもの調べでは、この会員番号は、存在していない。
また、申請者住所に申請者が存在しないことも明らかになっている。

406 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/10(土) 12:01:40 ID:unTpETOy
>剣氏
署名しますた

407 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/10(土) 12:02:21 ID:fhGPenJz
>>パンツ氏
そこまで知ってるなんてパンツ氏って、もしかしてすごい人なんですか。
『私どもの調べでは。。。。』なんて、なんかの団体のトップとか。

>>403
そうなの?
ゴザも珍玄堂や送検堂に比べれば、まだまだ小悪人かな。
では、
『特別重要極悪店』
珍玄堂
送検堂
『重要極悪店』
刀剣鷺吉=ゴザ
ということで(w

408 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/10(土) 12:29:51 ID:NioMg0BE
>>407
パンツは公開されている文書から引用してるだけだよ……

409 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/10(土) 12:30:25 ID:QErzTtvy
>>407
そうだよ。高○はネットで偽物を売り店頭販売で後代の
兼元とかを孫六といって売っているだけ。
真玄堂や霜剣堂は癒着はあったかもしれないが重要に
出している刀や扱っている刀は良いものばかりだよ。
あと真玄堂はたぶん現在の刀剣業者の中で一番の目利き。


410 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/10(土) 12:40:32 ID:vLxDYGcV
QErzTtvyから業者匂がするなw
でも嘘ではなさそうだ。

面白いからどんどん書き込んでくれ

411 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/10(土) 12:42:50 ID:/dgVK4Nh
>>409
>あと真玄堂はたぶん現在の刀剣業者の中で一番の目利き。

田野辺、小林については、余人をもってかえがたい鑑定眼のゆえ


これが問題だと言ってるんだよ
俺がいつも言ってるだろ
刀剣の知識なんて二の次だと
鑑定だけやってりゃいいよ
なんで鑑定しかできねえ田野辺、小林の馬鹿野郎を幹部にするんだよ
鑑定しかできねえモラルのねえ馬鹿なんだから悪い事をするに決まってるじゃないか
常務理事の田野辺道宏や小林暉昌、真玄堂の高橋歳夫、
目利きといわれる馬鹿野郎どもに平身低頭して
こいつらが何をやっても文句が言えない
そういう刀剣界の気風が
日本美術刀剣保存協会が公益法人の取り消しに向かって一直線に進んでいる原因だ

412 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/10(土) 12:44:05 ID:QErzTtvy
>>410
俺は業者じゃないよ。
刀剣店に出入りしていれば誰でもこれくらいのことは分かる。


413 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/10(土) 13:33:08 ID:/dgVK4Nh
俺が何か書くと「鑑定もできない奴は黙ってろ!」と騒ぐ奴がいると思ったら
2chのスレッドだけじゃなくて刀剣界全体がそういう雰囲気だったんだな

>田野辺、小林については、余人をもってかえがたい鑑定眼

これが全てだろ
田野辺、小林がどんな不正をしても
田野辺、小林が文化庁の命令を無視して好き勝手にやっても
誰も文句が言えない
それは田野辺、小林が「余人をもってかえがたい鑑定眼」の持ち主だから
田野辺、小林が「鑑定もできない奴は黙ってろ!」と叫べばみんな黙っちゃう
どーなってんだ刀剣の世界ってのは
馬鹿じゃねーの
何で鑑定する奴が幹部なんだよ
おかしいだろ
鑑定しかできねえ馬鹿だろ
誰も文句言えないの?
そんなに田野辺、小林が怖いのか
それともその上の林が怖いのか
おかしいよお前らのやってる事は
白髪アタマのジジイとか立派な金持ちとか社会的身分の高い連中が集まってんだろ
学校の校長先生みたいな真面目な男も刀剣を趣味にしとる奴もいると聞く
なんで林、田野辺、小林のやってる事を誰も注意しねえの?
日刀保ってのは林、田野辺、小林の物じゃねえんだコレは
林、田野辺、小林が日刀保に迷惑をかけたら辞めてもらうしかない
「余人をもってかえがたい鑑定眼」なんてどうでもいいんだよ
不正したんだから辞めろこの野郎
林!田野辺!小林!辞めろ!

414 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/10(土) 14:34:18 ID:07/2smgA
>>377>>379>>385ありがとうございます。
やはり特重の太刀、刀は最低でも1000以上するのですね。
重要は審査基準で重美に準ずるって割には安いものもあるの
で、特重も重美の上位か重文に価値が相当するって協会が言
ってるだけで、市価は意外と安いものも有るのかなと思いま
したが・・・・
レス頂いたみなさん有難うございました、参考になりました。


415 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/10(土) 14:49:47 ID:52l/JJQZ
>>414
特重でも無銘の刀なら1000万以下であるよ。


416 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/10(土) 15:35:16 ID:/dgVK4Nh
監督官庁の命令を無視して暴走を続ける目利き集団
公益法人の取り消しは目前だ
外堀を埋められてもなぜか強気な姿勢を崩さない目利き集団
本当に彼らの目は見えているのだろうか

417 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/10(土) 16:30:45 ID:na8p/nyg
正直パンツさんの知識に驚いている。
前から口は悪いが知識は凄いと認識していたが、凄いも凄いで凄すぎる。
ここまで知ってるとさすがに凄いです。本気で驚いた。

418 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/10(土) 17:38:25 ID:Zjza9x9J
>>416
少し休め、おまえには関係ない世界だろ?


419 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/10(土) 17:39:57 ID:Zjza9x9J
>>417
おまえは情報の検索能力を高めろ。
パンツ以外は無視してるだけの情報だ、つうか常識な。


420 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/10(土) 18:01:51 ID:CUYw3vE+
日○保、真○堂、霜○堂
の話が続いているけど、

日○保の元メンバーの面々にこそかなり問題がある
という話もよく聞きますし、だから追い出されたとか
発端が発端ですし。
(追い出された人達が、自分達が行ってきたことを棚上げして
他人に責任をなすりつけるためとか、色々ときなくさい話も聞くんですよね)

真相は別として、いつになったら決着つくんだ



421 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/10(土) 18:38:01 ID:/dgVK4Nh
あとは公益法人を取り消すか取り消さないかの決断だけ

422 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/10(土) 19:15:33 ID:Zjza9x9J
>>421
お前、それだけ鼻息が荒いんなら取り敢えず、チンパンジー一匹殺せ。
株が上がることこの上ないぞ。


423 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/10(土) 19:18:00 ID:9BAOy5f3
パンツ氏の情報はかなりのものだね。
>420
その噂を聞いたことがあります。
しかし、両山先生がいなくなってからの協会は小粒になったな。
職員も刀好きというより、”博物館の学芸員”になってしまい
アタマでっかち。

424 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/10(土) 19:35:19 ID:/dgVK4Nh
情報でもなんでもない
共産党が調べて発表した物をそのまま書いてるだけだよ
褒めるなら共産党にガンガン内部告発してる人間と共産党の調査能力を褒めなさい
ガハハ

425 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/10(土) 20:14:03 ID:Zjza9x9J
>>417

>>424
を嫁、正直なもんぢゃないか。


426 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/10(土) 20:26:58 ID:/dgVK4Nh
>>425
少なくとも俺は共産党に投票したから佐々木憲昭は俺の票で動いてるわけだ
俺が調査させてる
お前はどうせ小泉に入れたんだろ

427 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/10(土) 20:39:30 ID:M0rA+gvf
パンツよ〜
【ニコニコ】踊ってみた系に来てくれよ
みんな待ってるぜ!


http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/streaming/1209913762/



428 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/10(土) 21:18:42 ID:3H13Rpqu
>パンツ氏
その佐々木議員がその後の委員会でトンデモ質問をして、愛刀家全員から総スカンを食らっているのは折り込み済みだよね?

429 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/10(土) 21:27:03 ID:/dgVK4Nh
>>428
佐々木を批判すれば
日刀保が守れると思ってるのか?

430 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/10(土) 21:40:04 ID:3H13Rpqu
>429
いやいや佐々木議員を批判している訳ではないよ
>俺が調査させてる
っていうくらいなら、恥をかかせないようちゃんと指導してやれってこと

431 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/11(日) 02:29:02 ID:yz8J5hih ?2BP(1000)
補助金打ちきりにたいしての公式発表は日刀保側、文化庁側ともになされていません。
無論、様々な噂、誹謗中傷は流れてきますが、確証の有る物はない。
それゆえに表面に現れる確実な事は「文化庁の補助が打ち切られた」と言う事実のみであり、その点に立脚して自分は文を書いています。
また日刀保の組織に問題があるためであれば、日刀保関係ない文化庁主催の技能講習が中止される理由がつかない。

うわさは自分も多数聞いています。渦中に居るため多分大概の人よりも。
巻き込まれて事実無根で、破門になりかけた事も有るしね。
ゆえに巻き込んだ側に対してはあまり良い感情は抱いていません。

が、自分で確認した事以外はあくまで参考ていどに聞いています。
マスコミが報道した事が全て真実と盲信するほどおめでたくはないですしね。
議員の発言はその支持者の代弁でありそれが真実と言う訳でも無い。それが代議士の仕事ですし。

432 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/11(日) 02:30:31 ID:yz8J5hih ?2BP(1000)
これも噂の一つとして聞き流してもらえれば

文化庁に知人(同級生)がいます。
文化町内に、メンツを潰されたと言うことから強硬派がいるそうな。
財団法人としての日刀保は他の財団にくらべ資金面での自立性が高く、また会員数も多い。ゆえに日刀保そのものを揺さぶる材料に欠ける。
それゆえに一番弱い立場の職人を揺さぶろう。
実際、日刀保に関係ない刀匠にも関係する研修会(刀匠認可の国家試験のようなもの)
を使う事には文化庁内部でも批判が有った。日刀保問題は文化庁の言いなりではないものの改善が見られてきたとね。
たとえると、警察庁の監督組織になるある運転免許教習所の内部運営に問題が有るから全ての運転免許の試験を行わない。と同じである。
裁判に訴えられると問題だとね。庁としてやらねばならない業務を行わない訳で、実際認可を受け独立するかどうかは各職人の人生に関わってくる問題でありますからね。
が、強硬派はそれを押し通す。文化庁内部では心配するこえも有ったが、強硬派の思惑通りになった。「職人は徒弟制度で上に従う事になれ、また世間知らずだから」と笑い話になったそうな。
自分も公務員暦がアリ(自衛隊と検察庁)官僚の行動原理がマスコミが言う利権などの損得よりも、メンツで有る事が大きい事は肌で感じているので、有る意味納得した話だ。
まあ何よりも文化庁内に刀剣を専門とする人(愛刀家)が居ないのも問題だそうだが。

433 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/11(日) 02:32:27 ID:yz8J5hih ?2BP(1000)
日刀保に全く問題が無いとは自分も思わない。が、それは職人に関係する部門で起きた訳ではない。苛めやすいからと、弱き立場を攻撃するというやり方は問題あると考える。

また、自分が思うに、本来日刀保と言うものは、組織を運営する事務、学術研究と分類・展示教育を行う学芸、市勢の愛刀家を束ねる各地方支部、そして伝統技術を保存する職人
これらが一体となり運営されるべきものであると思う。

がその四身一体のうち、事務、学芸が重きを置かれ、地方支部、職人がないがしろにされつつあったのが問題の起こる空気を産んだのではないだろうか。

自分は職人として組織内での職人の地位を上げる立場ではない。まだまだね20年ぐらいw
であれば、一愛刀家として、各地方支部の地位を上げるために微力ながら動いて見よう。
組織(日刀保)が危機的状況の時それを助ける大きな働きをした者(地方支部)はその組織内で発言力が増すのは自明である。
発言力が増せば、組織全体に対する改善への道が開けるのではないだろうか。

日刀保のやり方がイヤならば、それを改善する様動くか、もしくは日刀保から離れて無関係になる事だと思う。

434 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/11(日) 03:59:36 ID:CWt4v02B
む?
何かスゲー事件が起こってんの?

435 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/11(日) 08:10:57 ID:GgyWqOds
職人は悪くないのに・・・

436 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/11(日) 09:08:11 ID:/ZOOLYHO
革命戦士「剣恒光」ガンバレッ!!


437 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/11(日) 10:01:16 ID:LS39Nx09
そんなに職人が自己主張したかったら月山貞利が
財団法人ウーパールーパー研究所でも作れよ
ヘアスタイルがウーパールーパーみたいなんだから

438 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/11(日) 10:04:06 ID:LS39Nx09
とにかく片山重恒なんて修行中のチンピラの意見なんてどうでもいい
問題は月山貞利の馬鹿野郎だ
しっかりしろ貞利

439 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/11(日) 10:31:40 ID:LS39Nx09
唯一笑ったのが剣が破門寸前に追い込まれたという不幸話だけだな

440 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/11(日) 10:36:44 ID:LS39Nx09
叢雲会の刀鍛冶のおっさん達は何を聞かれても
「わかりません」「しりません」「どうなるのでしょうか」
それに比べて刀身彫刻の見習いが
政治的な動きをしすぎて破門寸前に追い込まれるとか
いろんな人間がいるもんですねー

441 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/11(日) 11:32:43 ID:/ZOOLYHO
どういうわけかパンツの意見が一番的を獲てるんだよなw

442 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/11(日) 11:36:42 ID:eCHLiEDp
剣氏って政治活動もしてんだ。
右翼とかそういうの?なんかガッカリだな。
刀剣一筋かと思っていたのに革命戦士とかそういうのか。こえーな。

443 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/11(日) 13:29:44 ID:BV1icwIO
僧県堂の黒皮は表参道に自社ビル持ってるし、震源堂の鷹箸もいま神田に自社ビル建ててるらしい。
目利きでまともな刀屋もいるんだろうけど、普通に商売しててもこの2店の超悪徳業者みたいには儲からないんだろうね。
自社ビルなんて10億円くらいするだろうし、どんだけ儲けたんだか〜

444 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/11(日) 13:55:23 ID:LS39Nx09
ヤクザみたいな奴らだな

445 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/11(日) 15:21:15 ID:ARjkU4MR
>>441

俺には、どちらの意見にも理があるように見える。
仕事で官公庁と関わると役人の面子に仕事を
邪魔されること多数だよ。
役人気質の最たるものは、
「何口応えしてるんだ!俺の言うことは『はい』と言っていればいいんだよ!」
だと感じることが多いよ。

一方で組織とは程度の差はあれ、腐敗する物です。
日刀保の鑑定が利益を生む要素があるのだから、
そこに利権が絡む事があってもおかしくないだろう。
実情に詳しくないので、推測だけどね。

要は日刀保に自浄作用がある事が外から見ても
分かる様になっていれば良い。組織外の監査役とか
重要ポストの会員による承認投票とか、完全では無いにせよ
システムがあるかどうか。
公益法人であるからは、行政の指導は受けるべきでもある。
そこに、監督官庁の文化庁が腐ってるから、言うこと聞かないと言うのは
民主主義からは逸脱しているとも言える。

総じて見ると、やはり日刀保にも問題はあると言えるし、
追求側の議員と文化庁も、根拠を明白に出来ていないし。。。。

446 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/11(日) 15:22:56 ID:LS39Nx09
>>445
問題は、

審査する人が、自分の所有する刀を自分で審査する

それでも公正な審査が行われているという人もいるが、
ひどい例になると、1次審査、2次審査を経て決定した鑑定結果の「伝古吉井」を
常務理事の田野辺道宏が「伝新田庄」に勝手に書き換えちゃった

そういう事を税制の面で優遇されている公益法人がやるべきではないから
監督官庁が「審査員が自分の刀を自分で審査するのはやめなさい」と命令したら
「審査員が新しい刀を買って鑑定したくなったら鑑定できなくなるじゃないか」と命令を無視した

そんなのは日刀保の理事が買った刀は刀剣保存会で鑑定してもらえよと俺は思うけどな

447 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/11(日) 15:37:08 ID:n8jEiUzZ
>>443
>普通に商売しててもこの2店の超悪徳業者みたいには儲からないんだろうね

長州屋は今のところ問題を起こしていないけど銀座にビル持ってる。
真玄と霜剣のことを超悪徳業者と書いているがこの二店は日本中の
刀屋の中でも一番出来のいいものを扱っている。
真玄堂の商売は少しやりすぎなところもあるけどね。


448 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/11(日) 16:45:08 ID:ZlxH+DNQ
協会の役員から「人間国宝」が二人とも外れた。
分科省は面白くないのでは?
ここ10年協会の権力闘争すざましかったね。

パンツ氏
T氏に優刀を見せ、彼の薦める研師に依頼して、年一回の審査合格って人知っている。
刀がよかったのか、研ぎがよかったのか、あるいは?

449 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/11(日) 17:56:53 ID:bJJOtjJH
>>448
今度評議員になった研師?
誰かの息のかかった鼻息の荒い研師ねw

450 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/11(日) 18:23:33 ID:LNqeWNJC
>>447
長州屋が銀座にビル持ってるのは単に老舗だからでしょう。
長州屋は学研の本とかにも積極的に協力して、「刀を売る」以外の事にも
熱心なのはよいね。

451 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/11(日) 18:46:20 ID:PtAcNhh8
>>431->>433
俺は未熟者で根性無しだけど…
まで読んだ。


452 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/11(日) 18:48:28 ID:PtAcNhh8
>>437->>440
パンツがクリオネに憧れてる…
まで読んだ。

453 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/11(日) 19:15:18 ID:fi1HU36V
447氏は、論点がずれている。超悪徳業者と書かれるのは、政治力を使って協会
上層部に取り入り、又幽霊会員を使ってまで所有刀を重要、特重にしているからなのでは。
いずれにせよ、いまの協会は上の人間には絶対服従の雰囲気。
ちょっと前に、自分では古刀とみた在銘刀に新刀と鑑定がついたので訊きに行くと、
誌上鑑定でお馴染みのH先生が鑑てくれ、「茎や銘振りから、確かにこれは古刀ですね。
上の者に聞いてきます」と上がって行ったのはいいが、降りてきて「上の者は、新刀
と言っています」で話は打ち切りになった。
パンツ氏には感心しました。頑張って下さい。

454 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/11(日) 19:41:15 ID:n8jEiUzZ
>>450
長州屋は老舗じゃないだろ。

>長州屋は学研の本とかにも積極的に協力して、「刀を売る」以外の事にも
>熱心なのはよいね。

あの本は思いっきり長州屋の宣伝をしているだろ。
真玄堂も刀装具関係の本になら協力していたはず。

>>453
俺は超極悪業者という点について少し書いただけだから。
霜剣と真玄は協会との癒着はあったにしても刀屋の中では
一番良い物を扱っている。


455 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/11(日) 19:42:36 ID:PtAcNhh8
>>453
パンツ氏って書いてるだけでアレだなWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW

456 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/11(日) 19:53:40 ID:n8jEiUzZ
文化庁は日刀保を潰したければ重用美術品指定を復活させればいいのに。
重要文化財以下の貴重な美術品の海外流失も防げるし。
重美を復活させたら次は重美の下のランクも一つ設ける。
これで日刀保の必要は無くなるから潰れる。



457 :井上真改:2008/05/11(日) 20:18:20 ID:PtAcNhh8
相変わらずだな、馬鹿パンツが暴れてるのか、フッ。
どれ、パンツには一生縁のない恩賜の煙草を戴いて寝るか。


458 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/11(日) 20:27:32 ID:LS39Nx09
>>457
今は配ってないだろ
お前タバコに賞味期限があるの知らんのか?
それに今どきタバコ吸ってる奴はキチガイだけだぞ

459 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/11(日) 20:40:08 ID:U7rHBepo
あほだな
癒着があるから良い品だけ扱えるんだろ
審査前に落ちる物を指摘してもらい、合格分だけ提出
ダメなのはすぐに市場に黙って流せば良いんだから損しようがない

460 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/11(日) 20:48:28 ID:wV2DHmAd ?2BP(1000)
>>458
>今は配ってないだろ
あるよ
貰えるのは皇宮護衛官とかが多いけど。
昔一箱もろた。味はマイルドセブンのような気がした。

____________________________

政治運動ではないなぁ
自分は県支部に入って居て、そこで勉強させてもらっている。
普通は手に取れないような刀を手に取りね。

その県支部が決定して協力を求められたら、自分が出来る最大限の協力をするのが義であろう。

むろん、義理ある者に盲目的に従うと言う訳ではない。
反論異論が有れば決定に至る前に議論すべきであろうよ。
そして、いざ決定が下れば、自分の反論異論は置いといて、その決定に全力を尽くす。
それが信ではないかと。
で、その決定に従えないのなら、その組織・社会から黙って去るのが筋だ。

議論すべき時に議論せず、おわってから批判するのは簡単だ。責任も負わないしね。

461 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/11(日) 20:49:53 ID:n8jEiUzZ
>>459
>癒着があるから良い品だけ扱えるんだろ

それはない。
真玄、霜剣は力のある業者で地方の末端の何でも買います的な
骨董屋からも刀が集まってくる。刀だけではなく情報も。
そして目利きだからその中から良いものだけを選んで重要に出したり
鑑定書を取って売ってるんだよ。


462 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/11(日) 20:55:16 ID:LS39Nx09
>>460
>今は配ってないだろ
>昔一箱もろた


今の話してるのに何で昔の話をするんだ
ウィキペディアでは2006年末に配るの止めたと書いてあるぞ
つまり現在存在する恩賜のタバコは
全て賞味期限切れだぞ

463 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/11(日) 20:56:12 ID:wV2DHmAd ?2BP(1000)
>>462
>2006年末に配るの止めた

すまん、それは知らなかった。自分がもろたのは2005年だな。

464 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/11(日) 21:17:48 ID:LS39Nx09
審査員や審査員の身内が自分の刀を審査に出す理由って何だ?
自分が審査員、または身内が審査員なら
審査に出さなくても自分で鑑定できるだろ
つまり審査に出したがるという事は
鑑定書を付けて値段を吊り上げて転売したいという理由しか考えられないよな

465 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/11(日) 21:45:03 ID:bJJOtjJH
>反論異論が有れば決定に至る前に議論すべきであろうよ。
>そして、いざ決定が下れば、自分の反論異論は置いといて、その決定に全力を尽くす。
>それが信ではないかと。
>で、その決定に従えないのなら、その組織・社会から黙って去るのが筋だ。

>議論すべき時に議論せず、おわってから批判するのは簡単だ。責任も負わないしね。


剣恒光くん、そんなこと書かない方がいい。
君にはまだこの業界のことをわかっていない。
それに本当の怖さもね。
修行の身なんだから、ヘタをすれば君の師匠に迷惑が掛かる。
独立してからそういうことを書きなさい。

466 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/11(日) 22:02:03 ID:eCHLiEDp
前から気になっていることがある。
特別保存は罪名が沢山あるのに、重要刀剣はなんで無名ばかりなんだろ?
銘の有る重要探してるんだけどなかなかない。
あと鎌倉時代とか古いだけの刀も要らない。江戸時代中期くらいで刀が美しい時代の重要刀剣ってないの?

467 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/11(日) 22:17:39 ID:LS39Nx09
>>466
とりあえずネットですぐ見れるのは刀剣杉田のホームページに転がってるよ
1350万円の水心子正秀とか

468 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/11(日) 22:32:29 ID:wV2DHmAd ?2BP(1000)
>>465
はい。その通りですね。
ありがとうございました。

469 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/11(日) 22:38:08 ID:wV2DHmAd ?2BP(1000)
>>349
>相伝備前は匂出来なのか沸出来なのか?
沸出来だと。

>相伝備前ではどちらの特徴が強く出るのだろうか?
自分が見た感じ兼光は長船正系の地肌
長義、兼長はやや混ぜ金したのか相伝に近づいていると感じるが映りが立つなど
やはり鉄の良さは感じました。

>果たして相伝備前で上記のような、平安か鎌倉初期のような
>姿があるのであろうか?

相伝備前を造る刀匠に復古の刀を特別に注文したのかもしれませんね。
たとえば公家あたりが。


470 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/11(日) 22:46:58 ID:LS39Nx09
刀身彫刻見習いとしては腕が悪い剣が
日刀保の支部を牛耳って
本部に乗り込もうとしてるというのが
なんとなく分かった
そういう出世方法を狙ってたわけね
刀身彫刻見習いより
支部での活動に熱心なんじゃないか
やたら同人誌を作って支部で配ったりしてるみたいだが
数十年後には理事の座を狙ってるんだろ
そん時は俺が怪文書をバラ巻いてやるからな

471 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/11(日) 23:00:09 ID:eCHLiEDp
>>467
たかっ!!
重要刀剣って250〜300くらいじゃないの?特別重要じゃないんだから。
オレが今までネットで見ていたのは底辺だったと言うことか・・・甘かった。
1350万じゃオレの家より高い。

472 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/11(日) 23:24:53 ID:i8doH2Hg
>>ID:n8jEiUzZは、信玄堂・総研堂信者か?
せいぜい特保クラスのものを賄賂を贈って重要にして店に並べてるだけだろ?
どこが良いものを扱ってるんだ!
大体がもっと目利きの刀屋は他にもいるだろうに!!

473 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/11(日) 23:44:06 ID:guSz+5mB
日刀保の鑑定も結構あてにならないという事がわかったが、それでも日刀保の鑑定が幅を利かしてるのが怖い気がする。
無名重要なんて高い金出して、買えないな。問題の多い日刀保より保存会の方に重きをおけばいいんじゃないか。
疑わしきは罰せずの精神でいけば、みんな安心するし、大事にするようになればいいんでないか。


474 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/12(月) 00:24:18 ID:Y0ftB/Z0
>>469剣氏
御回答ありがd

刀剣博物館で長義を見たときは
「これが相伝備前か〜。あまり備前と変わらん気が???」
とオモタ。

相伝備前って作品数も少ないから特徴がいまいち分からんです。

>相伝備前を造る刀匠に復古の刀を特別に注文したのかもしれませんね。
>たとえば公家あたりが。

自分が見た刀に限り、これは無いかと思います。
だってたったの2字銘で、もし特注ならもっと長い銘かと思いますが、
この点はどうでしょうか?


475 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/12(月) 00:29:02 ID:zESNtlC+ ?2BP(1000)
>>474
>特注ならもっと長い銘かと思いますが、

注文刀など特別なものに長銘を切るのは室町以降だったような気が。
ここまで来ると自分の知識では良く分からないです。

476 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/12(月) 01:30:35 ID:E14/2HP1
>>466
南北朝以前の長い太刀は室町や江戸時代に刀として指せるように
茎を詰めて短くしてある。重要刀剣に合格するものは南北朝以前の
物が多いので刷り上げられた無銘が多くなる。

>>471
杉田は高いよ。銀座より高いかも。
安めで売っている店だと新刀や新々刀の重要刀剣が
480〜800で買える。
一部の最上作はこの値段では無理だけどね。

>>472
>せいぜい特保クラスのものを賄賂を贈って重要にして店に並べてるだけだろ?

俺は真玄、霜剣の信者ではない。
この二店は柴田の展示販売会で目玉商品になるような
刀が普段から金庫に入っている。国の指定品もね。

>>473
今の保存会の鑑定は日刀保よりも信頼が置けない。
昔の保存会ならまだ良かったんだけど今は無銘極めとか甘すぎ。
あと昔の保存会で優秀刀と評価されたものを日刀保の鑑定に
持ち込んでも保存で落とされることがある。
やっぱり日刀保の鑑定が一番厳しいと思うよ。


477 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/12(月) 02:09:06 ID:srjZko1/
審査前に落ちる物を指摘してもらい、合格分だけ提出

これを繰り返せば・・・、確かに損することなく良い品"だけ"扱える名店になれるw

でもある程度目利きでないと良い品自体選んでもらうことすらできないわな
そもそも双方とも普通の神経じゃ出来ない芸当だし

嘘であってもらいたいものだ

478 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/12(月) 02:29:28 ID:X1Rk9ZtB
話題をぶつ切りますが、「明智拵」って明智光秀の差料なのか明智光春の差料なのか
どっちなのでしょうか。
なんか資料によって違ってるんですけど・・・学研の本には光秀とありますがWikiには
光春のとありましたし・・・。

もしかして最初光秀のものだったけれど後に光春に譲られた、とかそういうことなんですかね?

479 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/12(月) 16:06:53 ID:Pb8vFUbQ
>>476

>>国の指定品の刀が普段から金庫に入っている。

文化庁に通報しました(w

480 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/12(月) 16:13:22 ID:op4ozDM+
>>479
国の指定品=重美だろ。


481 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/12(月) 19:04:24 ID:0aG3TY57
>>458
戴くって書いてあるだろうが、ググルのもいいが辞書も引け、朝鮮人が。
ネットで情報漁るのは得意だがいかんせん、常識的知識がなさ過ぎる。

戴く、「頭上高くに掲げる」って意味だってあるだろ馬鹿。


482 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/12(月) 19:04:32 ID:Z8NuDDBt
国の指定品というと、国宝、重要文化財、重要美術品の3つだね。
信玄と送検なら国宝、重要文化財でも金庫にありそうやな。

483 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/12(月) 19:05:48 ID:Z8NuDDBt
>>479
それよりリアルで通報してたら笑うな〜

484 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/12(月) 19:10:44 ID:op4ozDM+
>>482
重文までなら1年で1〜3本扱うだろうから金庫に入っている
こともあるだろうが国宝はまず扱わないと思うよ。
国宝は個人蔵がかなり少ないしなかなか動かない。
最近では文化庁が結構買ってるし。


485 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/12(月) 20:33:30 ID:/rwwlxkE
そういや刀ではないけど、本多忠勝で有名な蜻蛉斬りを持っていると豪語しているオッサンがいるな。
蜻蛉斬りってすでに存在してないんじゃなかったっけ?
近藤の虎徹どうように第二次世界大戦で核の炎で燃え尽きたはずなんだが。
世の中本物偽物の見分けが付かないヤツが多いから夢を追い続けてるんだろうな。

486 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/12(月) 20:37:05 ID:WRwkOic3
>>485
昭和42年の時点で蜻蛉切を持っていたのは
沼津市に住む矢部利雄さんだった事は確かだぞ
現在は誰が持ってるのか知らん

487 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/12(月) 20:48:39 ID:WRwkOic3
>>485
矢部利雄で検索したら
江戸時代から続く商人でジャスダックにも上場してる会社だった
今の社長は矢部彰造だから息子か
蜻蛉切の矢部利雄の時代は金物屋だから
槍に興味があってもおかしくないな
上場企業の創業者一族だから
売らずにそのまま矢部家が今でも蜻蛉切を持ってんじゃないの

488 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/12(月) 21:40:03 ID:0aG3TY57
>>487
お前どんだけ暇なの?

知識じゃ無くて調べれば分かることばっかりな。


489 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/12(月) 21:52:24 ID:WRwkOic3
ありゃりゃ矢部利雄は国宝も持ってるんだ
織田信長が持っていた備前一文字の太刀だって

>>488
当たり前じゃないか
調べなければ分からない
調べる事が悪いのか?

490 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/12(月) 21:57:55 ID:0aG3TY57
>>489
古くからの自分の知識見たく云うからアウト。
調べたら「うんぬん」じゃないかって表現を一回も見ない。

さも自分の昔からの知識のように云うから綻びができる、理解出来ないのか?


491 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/12(月) 22:00:29 ID:WRwkOic3
調べる事の楽しさってのが分からないかな
まあ分からない人には分からないと思うんだけど
ちなみに蜻蛉切の所有者の名前はネットには載ってないだろ
俺が持ってる本に書いてある矢部利雄の名前でほじくったら
ジャスダックに上場している企業のオッチャンだと言う事が分かる
国宝まで持ってることが分かる
織田信長が所有していた国宝を持ってるぐらいなら
本多忠勝というチンピラの持ってる槍なんて朝飯前で手に入れるだろうなと感心する
調べる楽しさを分からないなんてかわいそう
調べるきっかけとなる知識すら持っていない君には
どうやって調べていいか分からないんだろうな

492 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/12(月) 22:06:36 ID:WRwkOic3
蜻蛉切を持っていると言ってる馬鹿がいるけどインチキだろと書く奴がいる
それを見て「そういえばワシの持ってる本に蜻蛉切の所有者が載っておったわい」と
本を広げて調べる「あったあったわい矢部利雄とな」それで
「矢部利雄とはいかなるものぞい」とネットで調べる
関係ないのがいっぱい出てくる「住所は沼津じゃ」検索ワードを追加
「なになにジャスダック上場企業、創業は江戸時代、職業は金物屋」
「これじゃ沼津で金物屋で金持ちこれこそが蜻蛉切の所有者じゃ」
「ムムム国宝も所有しとる、これは間違いないわハハハ」
こういう流れがあるんだよ

493 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/12(月) 22:16:38 ID:srjZko1/
重要文化財の所有者が変更したときは、新所有者は、文部科学省令の定める事項を記載した書面をもつて、
且つ、旧所有者に対し交付された指定書を添えて、20日以内に文化庁長官に届け出なければならない。

重要文化財の所有者又は管理責任者は、その氏名若しくは名称又は住所を変更したときは、
文部科学省令の定める事項を記載した書面をもつて、20日以内に文化庁長官に届け出なければならない。

これしてなきゃ違反。

重美は指定品ではなく、認定品だったとおもた。

494 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/12(月) 22:17:04 ID:WRwkOic3
自分の持ってる本の蜻蛉切の所有者の名前と
静岡県のスーパーマーケットのホームページの会社沿革に出てくるオッサンの名前を組み合わせて
国宝も持ってることも分かる
こんな知識を一般常識のように持ち合わせてる奴が日本に何人いる?
そんなにいないだろ
全然、俺は昔から知ってる知識のように言ってないし
興味を持って調べてみたから知ったわけだし
どこのホームページに
なんという本に
本多忠勝の蜻蛉切は静岡のジャスダックに上場している証券コード9890の会社の社長が持っていて
その社長は国宝の織田信長が所有していた備前一文字も所有していると書いてあるんだ?
それがどこかに書いてあって
このスレッドに出入りする人間が誰でも知ってる話だったらあれだけど
結構、調べてみてオモロイ話だろ
そんなに調べるのが嫌いかね

495 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/12(月) 22:22:03 ID:0aG3TY57
>>494
恩賜の煙草は廃止かもしれんけど、お前には縁のない物だろwwwwww

496 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/12(月) 22:25:47 ID:WRwkOic3
>>495

世間話か?
馴れ合いなら老人会でやれよ

497 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/12(月) 22:44:05 ID:I3b0wOPb
島津家の売り出しの目録には重文、国宝クラスの刀がほとんどで新刀はほとんどなかった
当時のお金で1〜2万円位と目録に書いてありました。

498 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/12(月) 22:57:24 ID:/rwwlxkE
国宝クラスが1〜2万だったらみんな買うわい。
今のお金でも100万くらいだろ。

499 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/12(月) 23:15:15 ID:7X65CLVT ?2BP(1000)
>>494
そこまで深く調べることを尊敬している人多いと思うよ。
研究者を目指して見るのも良いかも知れん。

ただ、調べた事を書くときは出展を明示するべきだと思うよ。
また、その出展がリンクでき、そこを読めば分かるものは
丸々書き込まず

ココを読め!ですむと思う。


500 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/12(月) 23:36:42 ID:op4ozDM+
>>497
島津家の売り立てでも後から国宝、重文に指定されたのはごく一部だよ。
当時2000円くらいのものでも現在重要文化財に指定されているものもある。
国宝の助真は戦前に4000円くらいだったけど現在は国宝。
>>498
もっと高い。当時は陸、海軍大将の年俸が6000円くらい。



501 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/13(火) 00:16:54 ID:mQFbHKrm
重文、国宝クラス>

クラスと書きました
よく読んでね。




502 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/13(火) 00:21:57 ID:mQFbHKrm
島津家一文字吉房
1万7千500円入札、落札されず。

503 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/13(火) 00:34:47 ID:GHd3Sb1W
>>501
重文、国宝クラスもごく一部。
島津家の売り立てに出たものの半分以上が1000円以下で
落札されている。これらは重美にも指定されないもの。
知ったかで書き込むのは止めような。


504 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/13(火) 13:54:59 ID:1WLj0Nk7
>>503
【審議中】
    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
| U (  ´・) (・`  ) と ノ
 u-u (l    ) (   ノu-u
     `u-u'. `u-u'


505 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/13(火) 16:42:50 ID:7/u8/hia
日本刀が新規で製作で100円 興亜一心刀軍刀拵60円 
一般的なサラリーマンは月70〜100円
海軍大将年6000円

だが戦艦大和建造費「1億3000万!」物価から逆算すると
4000倍
大和が4300億円で製作 刀が40万で製作、大体こんな感じか

506 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/13(火) 16:54:54 ID:9p8BDdCB
その頃、刀はある意味実用品だったからね。
逆に鐔の良い奴は500円以上はざらで、千円するのもあったとか。

507 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/13(火) 17:29:05 ID:revbdJEW
 日本刀、業物18振り、輝き放つ
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/news/1210653919/

508 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/13(火) 18:10:48 ID:kv7CvIYm
>>496
「絶対に無い」って自信を持って答えるだけでよろしい。
何が老人会だwww、外出してるだけお前より遙かにマシだなwwwwww

509 :479:2008/05/13(火) 18:18:46 ID:akfYHjBE
>>483
文化庁に電話したら美術工芸課というところに繋いでくれた。
話したら上司と相談すると言っていたYO

510 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/13(火) 22:54:18 ID:b9JcPAoT
マジで通報してたんかい!!

511 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/14(水) 04:33:22 ID:XeU/N465
>>506
昭和初期までだと刀装具の方が高いものがあった。
夏雄の小柄が大正時代に1万円、目抜が5000円とか。


512 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/14(水) 11:40:13 ID:IXbkX/uv
>510
ガセにきまってるじゃん。w

513 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/14(水) 13:35:26 ID:EV1ggZxF
>>509
ところでなんで通報したの?
重美なら通報する必要がないし重文、国宝でも手続きをしていれば問題ない。


514 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/14(水) 14:13:20 ID:wAdC2Uu9
通報は市民の義務だ。
その後は文化庁が判断することであってここで云々してもしょうがない。

515 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/14(水) 14:29:00 ID:IXbkX/uv
>514
文化庁に電話して聞いてみたけど、そんな話はないみたいです。w

516 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/14(水) 14:30:11 ID:IXbkX/uv
本当に電話しなのなら、適当に職員にあしらわれたんでしょう。

517 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/14(水) 14:50:13 ID:HbIxyL+u
教えて下さい。
刀の手入れをする際に
専用布で、拭いているのですが
拭き方として、上下に擦っても良いのでしょうか。
それとも、一定方向に繰返し拭く方が良いのでしょうか。
宜しく御願い致します。

518 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/14(水) 15:07:18 ID:6alXlRZa
ゴシゴシ擦らなけばどっちでもいい。
但し切先と刃区は一方行の方がいいのは言うまでもない。

519 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/14(水) 15:55:30 ID:HNrmMuuy
研磨したての刀は、しばらくの間はマメに手入れをするようにとよく言われますが、
どうしてなんでしょうか? 金属だから湿気が残っているようには思えないのですが。

520 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/14(水) 16:25:28 ID:mkGpIvQu
残ってるように見えなくても残ってるんじゃないのかね。
長年の経験からそういってるんだろうし。

521 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/14(水) 16:57:57 ID:o/lAqW/a
顕微鏡的には、刀の表面はざらざら。


522 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/14(水) 17:47:07 ID:HNrmMuuy
>521
どいう意味ですか?

523 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/14(水) 19:34:47 ID:l2/JiCiW
>>522
研ぎあがりの刀は錆び易いそうですよ 


524 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/14(水) 19:43:55 ID:700Nj1Fd
>>522
>>522
見てみそ
ttp://www.fujiwpc.co.jp/what/index.html

砥石の研磨じゃここまで行かない

525 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/14(水) 20:09:39 ID:CAAsCIL5
光らすのが目的じゃないし
そのくらいわかるだろ?

526 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/14(水) 20:50:00 ID:Xyzm4uqW
田舎の祖父が昔、真剣もってたみたいなんだけど

今遺物でも登録しなきゃだめだよね?
まだあるのかな


527 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/14(水) 20:51:42 ID:D+erVIhf
最近気づいたんだけどパンツって昔は井上とかじいやとか名乗ってたでしょ。
なんでパンツだけ残して井上とかいじいやの名前を捨てたんだろ。
さらにパンツと剣って同一人物じゃないか?

528 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/14(水) 20:56:37 ID:D+erVIhf
この板はいったい何回死んだじいさんの刀ネタが出てくるんだ。
つか何回同じ事書き込むんだこいつは。

529 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/14(水) 21:02:37 ID:EV1ggZxF
>>526
見つけたら登録しないとダメだよ。


530 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/14(水) 21:05:46 ID:CRB2aSc+
あぶらをなじませてやるんじゃよ

531 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/14(水) 21:17:41 ID:Xyzm4uqW
>>528
初めてです
すいません

>>529
そうですよね
ありがとうございます

532 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/14(水) 23:08:38 ID:hVTFfaL1
>517
手入れは518氏と同じです、ハバキを外し、打粉を打って刃区から20〜30センチ位のところから
茎の方向に拭きながら研ぎ溜りのあたりまで引きます、残りの上部を鋒の方に拭き取っていますよ。
専用布はなにを使っていますか?

533 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/15(木) 00:22:36 ID:7gzodlCD
ポイントはどこに打ち粉を打つかです、峰から地です。
そして優しく拭う(女のからだを触るように)。


534 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/15(木) 01:10:12 ID:RfNgjzsh
>>533 痴漢

535 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/15(木) 05:23:21 ID:Ufv4zAms
市販の柔らかいティシュが一番いいですよ。

和紙が一番!なんていう人は最近じゃいませんね、
和紙は扱いが難しくヒケの原因にもなりかねません、
またテッシュより性能が悪いです、硬いし。

細かいホコリが出にくい高めのテッシュが最高かと

536 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/15(木) 06:34:56 ID:hu0a9eC9
脱脂綿がいいよ。

537 :517:2008/05/15(木) 07:36:23 ID:ct5Qv5Qv
皆さん、色々な御指導
有難う御座います。
とても、勉強になりました。
>>532
拭い布は、これを↓使っています。
http://samurai-nippon.net/yougu-05/


538 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/15(木) 08:48:14 ID:NNwRCbuy
>>537

俺らは打粉なんか使ってないなあ。
ティッシュだけで油は取れるし、鑑賞にも不自由して無いよ。
ティシュなら使い捨てだしヒケもつかないし最高だよ。

539 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/15(木) 11:19:26 ID:TwVEpvMh
532です
ティッシュは「スコッティ カシミヤEX220」
布は「ユニチカ ミクロディア」
いずれもパルプ100%、研磨剤の混入していないポリエステル100%
和紙も使いますが、揉んでクタクタにして使用している。

皆さんは何を使用していますか?

540 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/15(木) 12:17:40 ID:AAwidr6V
ティッシュと無水エタノール。
刀身彫刻の油をとる時は最高によいね。

541 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/15(木) 18:16:52 ID:R0g7x3oz ?2BP(1000)
>>539
>「スコッティ カシミヤEX220」
使用。高いけど刀に比べたら高くない。

近年の合成クロス(眼鏡拭きなど)は打ち粉を使わず油が綺麗に取れるけど、
膨れの破れが有ったりした場合、引っ掛かって酷い事になる可能性が有る。
ナイロン(かな?)は結構強いから。

>>540
彫刻の有る刀は手入に手間かかりますね。
自分は彫刻の有る刀は油を引かず、ティッシュでのから拭きのみで手入
手入の間隔を他の刀より短くしてます。

542 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/15(木) 18:28:20 ID:BWFTwAoR
>>541
苔口仙eって生きてる?

543 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/15(木) 18:32:21 ID:R0g7x3oz ?2BP(1000)
>>542
はい


544 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/15(木) 18:34:53 ID:BWFTwAoR

苔口仙eの検索結果 9 件

情報無さ過ぎ

545 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/15(木) 18:47:51 ID:BWFTwAoR
苔口仙eがまだ生きてるとは思わなかった
日本刀の彫物という本の写真には指しか写ってねえし
情報無さ過ぎ

例えば隅谷正峯のウィキペディアみたいに
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9A%85%E8%B0%B7%E6%AD%A3%E5%B3%AF
情報が少なくても剣が苔口仙eぐらい作っておけばいいじゃねえの

グーグルで9件って
刀身彫刻界は寂し過ぎるだろ

546 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/15(木) 18:51:12 ID:TwVEpvMh
>541剣氏
539です
クロスに関して情報を感謝。
気をつけます。

547 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/15(木) 18:52:18 ID:BWFTwAoR

柳村仙寿の検索結果 約 59 件
橋本e巴の検索結果 約 49 件
苔口仙eの検索結果 9 件
片山重恒の検索結果 1 件

548 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/15(木) 19:19:03 ID:BWFTwAoR
謎の人物、岩崎範光が圧勝
岩崎範光の師匠って誰?
立派なホームページがあるんだけどプロフィールが一切書かれてない

岩崎範光の検索結果 約 103 件
柳村仙寿の検索結果 約 59 件
橋本e巴の検索結果 約 49 件
苔口仙eの検索結果 9 件
柳村宗寿の検索結果 6 件
片山重恒の検索結果 1 件

549 :341 ◆89yNiXaaUI :2008/05/15(木) 19:39:03 ID:bEnIsR6R
どなたかこの短刀買い取ってくださるかたいませんか?
処分に困ってます。
今のところ一万円で買うと言って下さってるかたがいます。
ほかに一万円以上で買い取って下さるかたいませんか?
買い取って下さる方にはもう一本はこぼれした短刀差し上げます。
どちらも未登録なので処分に困っています。

購入してくださるかたには、
ほかにも、この短刀の木製つなぎつき拵えをおつけします。

http://imepita.jp/20080512/030860
http://imepita.jp/20080512/030980
http://imepita.jp/20080512/031210
http://imepita.jp/20080512/031330

どうぞ宜しくお願いします。



550 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/15(木) 19:56:03 ID:Ouf9c5Ze
またお前かw
本当に要らないなら警察に持って行って処分してもらえ。
金取るなんて以ての外だ。

551 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/15(木) 20:02:45 ID:NnsAeIrl
>>549
通報しました。

552 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/15(木) 20:15:17 ID:BWFTwAoR
>>549
マジで捕まるよ

553 :341 ◆89yNiXaaUI :2008/05/15(木) 20:22:45 ID:bEnIsR6R
俺も処理したいんですがどうすればいいか

554 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/15(木) 20:27:02 ID:BWFTwAoR
>>553
ヤフオクで売り払えばいいだろ
証拠が残るけど
大丈夫だと思うよ
骨董武士の安塚が何本も売ってる

「切断して送ります」と書くのがポイントらしい

本当は切断しないんだけど

555 :341 ◆89yNiXaaUI :2008/05/15(木) 20:29:58 ID:bEnIsR6R
それめちゃめちゃリスク高いですよね・・・

556 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/15(木) 20:37:50 ID:BWFTwAoR
>>555
ほら骨董武士の安塚が5月にも一本売ってる
http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g66537947
脇差だと思います。切断をして送ります。

557 :341 ◆89yNiXaaUI :2008/05/15(木) 20:47:36 ID:bEnIsR6R
そんなことしないでどっかに捨てたい・・・

558 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/15(木) 20:50:35 ID:BWFTwAoR

切断をして送ります。ながさは47,5cm 在銘 吉国 とあります。 新刀の鬼塚吉国では。
http://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e78747335
長さは 刃渡り34cm 在銘です。表と裏に長い銘がありますがよく見えません。切断をして送ります。
http://page9.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k56727271

559 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/15(木) 21:01:32 ID:8CSPQQ2l
切断しますって本当に切断しないで送ってくるんですか?
だとしたら捕まったりするだろうし、誰か試しに買ってみてくれんかな。
でも紙がないとしたら、元々この人はどこから手に入れたんだろ。
確か紙がないと研ぎにも出せないはずだし。入手も出来ないはず。
不思議だ。

560 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/15(木) 21:32:39 ID:JCzZ8qZd
☆★☆★☆★☆★

■  厳重注意  ■

☆★☆★☆★☆★

このスレをご利用になる前に、専用ブラウザを使ってない方は専用ブラウザを導入してください。
そして、NGワードに「パンツ ◆7vYOZotTDo」を登録してください。
このパンツという人物は、構って欲しいがために
荒れる話題を選んで書き込む、殺人予告(常習犯)、総連関係スレッドで工作活動をするキチガイです。
構うと調子に乗ってスレを無駄に消費するので無視してください。


パンツの特徴

・殺人予告常習者。googleなどで「パンツ ◆7vYOZotTDo 殺す」
 「パンツ ◆7vYOZotTDo 殺し」などを検索するとわんさかでてきます。
 ★通報の数が多ければ逮捕されます。みなさん通報よろしくお願いします★

・埼玉の上尾に住んでいるらしい。実際に会ってもいいと言ってくるが
 話が具体的にすすむと「お前は刃物板の○○だ」とわけのわからないことを言って逃げる

・skypeで話つけようと言っても、ビビッてskype IDを晒さない。
 仕方がないのでこちら側が晒すと、「ラジオにつながった」とわけのわからないことを
 言って逃げる

・都合の悪い話はひたすらスルーで逃げる

561 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/15(木) 21:32:43 ID:NnsAeIrl
>>557
最寄の警察署へ持って行けよ。それが一番確実。
通報しといたから捨てたりすればガサいれ喰らうぞ。
>>559
下手うつと売ったほうも買ったほうも捕まるぞ。

562 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/15(木) 21:34:24 ID:BWFTwAoR
>>561
骨董武士の安塚も通報しろよ
たぶん何度も逮捕歴があるヤクザもんだろうけど

563 :341 ◆89yNiXaaUI :2008/05/15(木) 21:37:16 ID:bEnIsR6R
通報とか・・・

564 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/15(木) 21:40:54 ID:BWFTwAoR
>>563
まだ売ってないんだから大丈夫だよ
警察が来たら鍵を開けずに急いで切断しろ
そうすれば大丈夫

565 :341 ◆89yNiXaaUI :2008/05/15(木) 21:42:31 ID:bEnIsR6R
>>564
切断の方法が・・・

566 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/15(木) 21:55:42 ID:RvITBW24
>>559
>でも紙がないとしたら、元々この人はどこから手に入れたんだろ。
建国義勇軍の会報にはそんなんゴロゴロあったよ。最近は知らんけど。
関西の方じゃポン刀を工場で作ってたそうだけどこれ以上詳しく書けんわ。


567 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/15(木) 22:05:06 ID:PrAT1O1E
>>559
逆に言えば注文打ちしたんでない限り届けを出さなければ登録はされないし
登録証も付かない訳で。

この国はほんの半世紀ちょっと前までは日本刀の所持に特に手続きは要らなかった
んだから、登録制度が出来たあともそのまんま死蔵されてれば未登録紙無しの刀
なんていくらでも誕生する。

個人同士でひっそりと売買譲渡してる限りは登録の有無は問題にならない
(違法行為だけど)し、個人的に知り合いの研師にでもやってもらえれば
登録証なくても研ぎには出せる(違法行為だが)。

とにかく警察に届け出た方がいいぞ。
後々ややこしいことになりたくないなら。

568 :341 ◆89yNiXaaUI :2008/05/15(木) 22:08:07 ID:bEnIsR6R
いやうち祖父に家もマンション、俺の家もマンションなんで正当な理由とかないんですよ
だから届け出たくても無理・・・

569 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/15(木) 22:09:14 ID:BWFTwAoR
>>568
お前、どこで手に入れたんだよ
そのほうが疑問だよ

570 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/15(木) 22:11:13 ID:8CSPQQ2l
でももしかしたら本当に切断して送ってくるかもしれないぞ。
どっちにしても錆びてる上に素質もなさそうだし、買う価値あるのかな。
研げば名刀と言う可能性がゼロではないから買う人も居るのかな。
予想としては研ぎ師の見習いとかが買ってそう。

571 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/15(木) 22:12:54 ID:PrAT1O1E
>>568
遺品だったら「遺品らしきものが出てきた」で構わない。
例えあなたの祖父が永年違法に所持してたとしても、それは祖父の方の
問題であって、遺族の問題にはならない。

現実問題として「犯罪に使用された可能性がある」とかなるとずいぶん面倒なことに
なるが、特に手元に残すことに拘らず「なんであれ処分して欲しい」ということで
あれば警察も上記の疑念がない限り、通常深くは追求はしてこない。
大概「未登録とは知らなかった。登録されているとばかり・・・」で通る。

572 :341 ◆89yNiXaaUI :2008/05/15(木) 22:13:27 ID:bEnIsR6R
某ケータイサイトの日本刀サークルで知り合った人に貰いました

573 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/15(木) 22:15:40 ID:NnsAeIrl
>某ケータイサイトの日本刀サークル
なにその犯罪者予備軍

574 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/15(木) 22:22:30 ID:RvITBW24
発覚寸前の闇サークルなんていくらでもあるだろう。
刀剣友の会や永田市郎みたくおおっぴらにやらないだけでさ。

575 :341 ◆89yNiXaaUI :2008/05/15(木) 22:24:44 ID:R+NPk5a8
でも俺未成年だから届出したときとか親呼ばれそう

576 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/15(木) 22:31:39 ID:Ouf9c5Ze
まあ、親に説明することから始めることだな。

577 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/15(木) 22:41:34 ID:BWFTwAoR
>>572
それオフ会をするの?
何人ぐらいの人が出席するの?
短刀をくれたのは何歳ぐらいの人?
喫茶店とかで会合をするの?

578 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/15(木) 22:47:23 ID:BWFTwAoR
某ケータイサイトの日本刀サークルのオフ会で未成年のボクに
登録証のない短刀を2本くれた優しいオジチャンってか
なんかホモの匂いがプンプンする

579 :341 ◆89yNiXaaUI :2008/05/15(木) 23:10:49 ID:R+NPk5a8
明日警察に届けます
皆様ありがとうございました

580 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/16(金) 08:29:16 ID:9S/5p+OJ
そんなもん下手に警察に持って行くと取り調べされて辛い目に遭うぞ。
古戦場跡にでも持って行ってこっそり埋めてしまえ。

581 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/16(金) 09:28:06 ID:MLcSKhiM
なるべく残したいのなら、警察に行く前に、地元の教育委員会
(埋蔵文化財課とか刀剣を扱う部門がある)に電話して相談する
ほうのがいいよ。どっちにしろ警察に届け出すことにはなるんだけど、
警察では原則として廃棄を勧めるから。

582 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/16(金) 09:40:04 ID:ioGLtBKQ
ケータイの闇サークルで素性不明のホモから貰ったと相談すんのかよw

583 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/16(金) 13:09:46 ID:qDVQjuS+
持っとけばいいのに。もったいない。

584 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/16(金) 15:46:36 ID:A8VRF2mR
刀剣高吉が無銘清麿460万円
これ有名なの?
穴が3つも開いとる
http://www.bidders.co.jp/item/104200189

585 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/16(金) 16:27:01 ID:d7I6hKYX
清麻呂のオリジナル画像は、やっぱりゴザだった。

586 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/16(金) 16:50:10 ID:A8VRF2mR
また葵美術が新商品で
小沢正寿を人間国宝として販売してるんだけど何なの?
http://www.aoi-art.com/gunto/08156j.html

587 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/16(金) 18:15:09 ID:lR0eyysL
正丸峠の小沢さんだよね?

588 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/16(金) 20:10:00 ID:nCB1X51p
さいたまの人か

589 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/17(土) 00:11:30 ID:UDiDWAv1
刀を所有するのに登録が要るのは日本位だろう?

戦争に負けたから仕方ないんだが・・・

国宝正壽 でもどりか

590 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/17(土) 01:05:35 ID:ETYhJZQx
これはおっそろしく真面目な質問なのですが、現代刀のトップ(例えば宮入行
平)も新々刀のトップ(例えば清麿)に出来では足元にも寄れず、新々刀のト
ップも新刀のトップ(例えば堀川正広)に出来では足元にも寄れず、新刀のト
ップも古刀のトップ(例えば正宗)に出来では足元にも寄れない、と耳にタコ
ができるほど先輩に言われました。本にもそう書いてあるものが多いのです。
しかし何度も展覧会や博物館に行って観るのですがそんな大差はどうしてもわ
からないのです。それは君の眼ができていないからだと言われます。何年経っ
ても大差どころか小差としか見えないのです。鑑賞には才能がないと諦めるべ
きでしょうか?

591 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/17(土) 01:13:12 ID:fnt2ixTX
>>590
それは好みの問題だよ。目利きの人でも新刀や新々刀が好きな人がいる。
現代刀に関しては物凄い傑作でない限り新々刀以前のものには及ばない。


592 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/17(土) 01:16:55 ID:2WWvD4AP
590
それは手に取って見ていないのと研ぎの関係でウインド越しじゃ分からないよ

593 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/17(土) 01:23:34 ID:cxdHoMXY ?2BP(1000)
古刀は兎も角、新刀新々刀には勝てる現代刀もあるとおもう。
少なくとも焼刃は
現代作の偽物にプロが騙されると言うしね。

古刀は地鉄の再現が胆かなぁ。
あと映りかな。江戸石堂とか上手く再現しているから地鉄だけの問題ではないと思うのだがなぁ。

594 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/17(土) 02:28:23 ID:ekyFTC2T
>>590
古い刀だけが良いと言ってる人は本や知識に振り回されて
戯言言ってるだけですよ、見た目さえよいなら現代刀の無鑑査は
最高レベルだろう、研ぎも最上研ぎかけてもらえば。

そもそも地肌や刃紋だけが重視されるのも美術刀剣としては当たり前だが
それいったら虎徹なんか実用性に長けても見た目は全然。
あれが良いという人は目がおかしいじゃなくて先入観で良いと
みなが思うから、虎徹もみればわかるが不出来の差がが酷い
清麿も一部の作品はひじょう〜〜〜〜に優れてるが他は??全然駄目です。

物の価値は人が決め、それは先入観や昔からこうだからというのが多いですからね。
良い刀と歴史価値がある刀とは全く別ですから。
凄まじい出来でも100万とかあります

値段の高い刀見分けるのと、良い刀をみわけるのは別の話だぞっと


595 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/17(土) 02:50:42 ID:/Jlw98/m
弟子の代作とかも、ありますからね。
弟子が自分の銘を切った場合、上身はそっくりなのに
銘の一字が違うだけで値段が数分の一だったりする。


596 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/17(土) 03:35:59 ID:2WWvD4AP
新々刀には勝てる現代刀もあるとおもう。 >
上作には勝てないよ、戦前の現代刀にも。


597 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/17(土) 07:59:45 ID:0ydoCgHv
美術品としてなら出来不出来もあるだろうけど、名前も値段の一部だからね。
絵の値付けなんてみてみなよ。基本は号あたり幾らの計算だぞ。
誰それは号100万で、これは30号だから3千万とか。

598 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/17(土) 08:41:25 ID:DQz815is
古刀と現代刀とか、どうやって見分けるんですか?地刃と言うけどオレには何が違うのか恥ずかしながら全く分からない。
鎌倉後期の刀と新刀期の刀を見てもどっちが古いのかも分からない。
そういう物の見方があるサイトなんて言うのはないでしょうか?

599 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/17(土) 08:59:13 ID:anjlcBIM
>>594
>見た目さえよいなら現代刀の無鑑査は最高レベルだろう
>物の価値は人が決め、それは先入観や昔からこうだからというのが多いですからね。

”無鑑査は最高レベル”、思いっきり先入観じゃな
素人相手に適当な仕事する職方がいるぞ
わかっているようでわかってない複雑な書き込みだな

600 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/17(土) 09:49:11 ID:xQ7McYDO
日本刀を作ってみたいんですが。本職ではなくあくまで趣味として。
当方京都在住ですがどなたかアドバイスください。

601 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/17(土) 09:59:23 ID:3bmSJde+
>>598
本読んでください

602 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/17(土) 10:00:30 ID:3bmSJde+
>>600
武器等製造法

603 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/17(土) 10:18:42 ID:xQ7McYDO
>>602
ごめんなさい、よくわかりません。kwsk

604 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/17(土) 10:39:55 ID:KunJMVWq
>>600
捕まります
違法です

605 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/17(土) 10:52:23 ID:xQ7McYDO
美術刀を製造ってことならいいの?

606 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/17(土) 10:56:37 ID:xQ7McYDO
レスありがとうございます。
無知な質問してすいませんでしたm(_ _)m

607 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/17(土) 12:37:02 ID:tqKbFSHF
刀匠の下で5年以上修行して、許可を貰わないと作刀できない。

608 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/17(土) 13:21:28 ID:xc6Qx11f
以前から疑問に思ってたんだが、ナイフや剣鉈と日本刀の法律的な違いは決まってるのか?
例えば今は一尺の剣鉈は自主規制してるよね、でも二年ほど前までは佐治武士作でも40センチの
大物を特注で受け付けてた。
ttp://www.rakuten.co.jp/v-road/433149/503306/478137/
今でも45センチの剣鉈を作る鍛冶屋さんもいる。
ttp://www.team-aria.com/kakuyone/price.htm
一体どこからが「刀」と認定されるサイズなんだろ?サイズだけの問題ではないのかな?

609 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/17(土) 14:06:32 ID:Cyo88+YE
>>608
仕事に使う必要なものであれば作らなきゃしょうがないじゃないか
例えばマグロの解体に使う包丁
http://www.toyokuni.net/hou2puro/kor006.html
http://www.houcyoya.com/maguro.html
刃長60センチから66センチ
全く刀と変わらん

610 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/17(土) 14:11:53 ID:zg9B/Wso
>>608
>ナイフや剣鉈と日本刀の法律的な違いは決まってるのか?
うんにゃ。銃刀法で定められている分類は
「刀剣類」「刃物(刀剣類以外)」「模造刀剣類」「銃砲刀剣類等」くらい。

>一体どこからが「刀」と認定されるサイズなんだろ?サイズだけの問題ではないのかな?
うん。サイズだけの問題じゃあ無いんかも。
「鎬」「柄巻」「鍔」といったパーツを持った15cm以上の刃物なら
「刀剣類」と言われる可能性は高くなるし、(あと殺傷性も勘案される)
上の様な特徴を持たない刃物でも同様の可能性はある。

基本的に銃刀法は「基準は曖昧にしといてどんな物でも逮捕出来るようにしとこうぜ」って
スタンスだから逮捕の可能性は常にあるっぽい。
でも銃刀法の使われ方は家宅捜索のときに剣鉈とか見つかったら
「銃刀法違反の疑いで別件で身柄を拘束出来るぜラッキー」くらいだろうから
起訴まではどうせいかないだろうし、積極的逮捕はまずないと思うから
まー安心していいかも?

それでも捕まったら頑張って最高裁まで行って判例作ってホピ。


参考↓

刃物と所持
http://serious-rabbit.sakura.ne.jp/html/nh_hamonotoshoji.html

611 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/17(土) 14:12:04 ID:10ebPqJE
>>594
虎徹は確かに見た目が地味な物が多い

全然駄目とは思わないし、
清麿も全然駄目だとは思わなかったなあ。

手に取ってみての感想でそれなら
安い刀で満足できて良かったねと言うしかないな

612 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/17(土) 19:32:06 ID:mxg11AvU
>>611
>>594は出来の良いものと悪いもののバラつきがあると言いたいだけなんじゃないかな。
虎徹も清麿も出来の悪いものは弟子のものより劣っている。
しかし良い物は最上作だけあって最高の新刀、新々刀。


613 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/17(土) 21:00:33 ID:9YS8R5fQ
刀の出来に関して述べると、
脇物や二三流刀でも優れた出来のものは確かにあるけど、
そういう品はおさまるところにおさまっていて(好き物は目ざとい)
いざ店頭などにでてくる場合があっても、眼がとびぬける値段ですけどね(古名刀よりは安いけど)

脇物や二三流刀、郷土刀でも出来の良いものがあるから
そういう良いものを選んでかいましょうとかよく店もいうけど、
そういうものは審美眼ある人がもっていくし、店もそういう人に優先的に
渡すのが自然な流れですからね。
普通の客には流れていかない。

上記の文句を並べて脇物や二三流刀、郷土刀を売りつける商法が
よくとられますよね。



614 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/17(土) 21:09:29 ID:UDiDWAv1
まだ解らない人がいるのでつね。

人殺し専用が刀剣類(武器として登録)、単なる道具が庖丁やらナイフ。
したがって刀工は美術品ぶっていても武器製造業。

補足 一部ナイフに戦闘用と誤解を招く物は武器と見做しアウト。


615 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/17(土) 22:35:42 ID:UtNy0Pt5
新作刀(現代刀)
昭和40年代に本部定例鑑賞会のとき、新作刀の特賞、入選作等を見ることがあった。
当時の印象は刀全体が鉛色していて明らかに新刀とは違った。
現在の特賞作品を手にとって見たが、地鉄、刃文など数段の進歩で
すばらしいと思った。
>590氏
現代刀、新々刀、新刀、古刀と並べて鑑賞できる機会があるといいね。

616 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/17(土) 23:23:03 ID:ekyFTC2T
最近刀剣の市場値段という本を見ましたが
明治の廃刀では無銘3円 在銘10円が相場でしたそうな。
(もちろん特定の銘入り刀剣は除く)

これは廃刀令で刀が荷台に山積みで在庫超過剰のためですが
みんな法的に手放さなければいけないのに在庫だけ異常に増えてく為に
ちなみに当時10円≒8万5000円 

ネットオークションより安いわけですが、清麿も含め。
あれの値段と評価上がったは大正で昭和で一気にですしね。

幕末で値上がり<明治で廃刀令もあり急下落<昭和大戦で急値上がり<
敗戦&武器没収で急下落<バブル期で投資目的で急値上がり<
かなり値下がりしたが現在おちつく、情報も豊富で格差市場となっている

いま売ってる70万くらいのものでも不当な評価でかなり出来の良い物が
安値とかありますからね。
市場価格は常に必要とされたら上がる、仮に傑作でも僧でないと安い
そういう評価されてない傑作買うのがお得かもね。

幕末で480万本<廃刀令で300万本<第二次で紛失&没収で200万本内80万は
海外に、実際現在ある刀剣は120万本くらいかもですね登録できる国内刀剣は

617 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/17(土) 23:30:50 ID:vsmPBCBR
それで?

618 :590:2008/05/18(日) 13:19:54 ID:mbymMMWi
ふ〜む人それぞれに考え方があるのですね。私が刀剣鑑賞をあきらめようと思っ
た最大のきっかけは「日本刀の研究と鑑賞」常石英明著の本を読んだ時です。
「初代兼氏は相州上位作に比べ垢抜けしない貫禄負けがする、正宗貞宗はもち
ろん大左や郷に劣り、秋広や広光の地鉄にも劣る」とありました。ところが調
べてみると直江志津はもちろん堀川国広も薩摩新刀も清麿も五字忠弘も初代兼
氏写しをしているではないですか。私が刀工なら正宗写しではなく楊兼氏写し
を試みます。しかし超ベテラン常石氏にしてみれば初代兼氏なんてあんな泥臭
いと言うわけです。私は初代兼氏もその写しの刀もきわめて美しいと思ってき
ただけにショックだったわけです。つまり好みの問題ではなく、そう言う審美
眼がないようでは鑑賞なんて論外だと思ったからです。

619 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/18(日) 17:15:46 ID:vlBY0ur3
>>618 堅苦しいのう。良いと思ったらそれでいいやんけ。
大体、その先輩は何や?鼻でわろとけや
日曜の午後にうっとうしい書き込みしやがって

620 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/18(日) 18:54:08 ID:49VhuMni
正宗と貞宗の刀身彫刻って上手いよな
庖丁正宗なんて彫刻の美の究極だろ
驚いたのが月山一派
これが庖丁正宗の写しだというんだけど
http://sake-tuuhan.com/Osusume/jp/nihontou.htm#nihontou001
庖丁正宗に竜を彫ったって
呆れて物が言えない
正宗の美的感覚を否定して
自分たち月山一派の竜を彫ったんだろうけど
このバランスのなさは何だ
月山の彫刻ってただ彫ればいいと思ってるんだよな
前にも書いたけど
ニコニコ動画に刀の作り方の動画が投稿されてたんだけど
月山貞利が刀を説明しながら作ってるんだけど
ニコニコ動画って動画を見ながらコメントを付けられるんだけど
みんな中学生や高校生が「すごいなー」「日本刀ってこうやって作るんだ」
「かっこいいな」とか言ってたの
そうしたら完成した刀が映された瞬間に、刀に竜だか梅だか忘れたけど
いつものヘタクソな彫刻が入ってたんだよ
そうしたらコメントが一斉に「うわー」「なんだよー」「彫刻はいらない」「彫刻が無いほうがいいね」
こういうお客さんは正直な感想を言うから
月山一派の刀身彫刻って美しくないよね
絶対に彫らないほうがいい
義務感で彫ってるのか知らないけど、彫ったら逆に価値が落ちるのが月山
庖丁正宗の写しを作って竜の彫り物を入れちゃう馬鹿がいるのが月山
中にはマシなのもあるけどね

621 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/18(日) 19:38:57 ID:m4HOxVYM
流石パンツさん、知識が豊富でカッコイイですね(棒)

622 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/18(日) 19:45:06 ID:49VhuMni
日刀保の常務理事の田野辺探山におべっかを使う成蹊堂


白鞘には探山先生による流麗な鞘書きが施され、名品により一層の重みを加えています。
http://www.nona.dti.ne.jp/~sword/hpbs%20gallery/1sadamune.htm

何で探山の鞘書きが重みを加えるんじゃ阿呆が
刀剣界はアホばかり

623 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/18(日) 19:49:35 ID:PHyMw/pw
パンツ鋭い。感動した。



624 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/18(日) 19:59:54 ID:49VhuMni
とにかく日刀保の常務理事の田野辺探山というのは
刀の目利きでは日本一だという
それは別にいいんだけど
悪い事をしちゃったんだから常務理事を辞めなさい
いくら目利きでも不正をした心の汚い人間の鞘書きなんて誰も喜ばないよ

625 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/18(日) 20:07:43 ID:49VhuMni
いくら日本一の目利きだからって不正をしてもいいという事にはならないんですよ田野辺先生
刀剣界の発展のために

専務理事 林盈六

常務理事 田野辺道宏 小林暉昌

理事 森政雄 小泉陽 鯉沼昇

という不正をやった人は即刻、辞任してください

626 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/18(日) 20:22:35 ID:m4HOxVYM
小刀収集家は刀に口を挟むな。

627 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/18(日) 21:58:11 ID:LgiNr6PQ
宮入清宗の刀が好きなんだけど、兄の人間国宝より良い刀が多いと思う。
こういう現代の人だけど故人の場合、日刀保の審査では保存刀剣の証とかもらえないのかな?
現代は論外?
出来の問題ではないのかなー。出来だけならかなりの物だと思うんだけどな。

628 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/18(日) 22:07:55 ID:wfmaecLL
人間国宝や無鑑査の刀匠でも健在なら保存は付かないが、物故刀匠であれば、刀の
出来が一定水準を超えていれば付くはずです。

629 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/18(日) 22:19:46 ID:LgiNr6PQ
ありがちょーん。
なら間違いなくつきますね。

630 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/18(日) 22:24:48 ID:LmsQNFPU
>>626 おどれが何処か行けやアホ!!

631 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/19(月) 02:27:20 ID:hPmF4p7B
河内國平の作った文鎮を使ってる人が
汚れを拭いただけで塗装が剥げたとか
そしたら河内國平が無料で修理するから送ってくれだってさ
やっぱり職人ってのはこうでなくちゃねー

632 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/19(月) 08:04:28 ID:4Kp5nOud
無料か。
それだけ自分の作品に誇りを持ってるんだろうね。
プロだな。世の中から信頼される人の理由ってのはこういうところにあるんだろうね。

633 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/19(月) 12:18:22 ID:Le4IZ3Iz
パンツさん
以前国平刀匠のHPにふざけんなとか書き込みしたのに今度はベタほめ?。

634 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/19(月) 15:02:33 ID:vfDEymZR
パンツさん
剣氏と同じことを言ってる耀変天目さんにも、ぜひ持論をぶちかましていただきたい

635 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/19(月) 16:07:10 ID:OKlVfvfz
>>6332次大戦中は日本も鬼畜米英とかましてたのに、今ではヤンキーの
顔色見ながらヘコヘコしてるんだから良いんだよ”
それが世の常ですよ。

636 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/19(月) 17:57:56 ID:hPmF4p7B
やっぱりマッカーサーだろ
マッカーサーが飛行機から降りてきたときに
日本人はウットリしちゃったんだよ
サングラスにパイプくわえて
日本人はああいうのに弱いから

637 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/19(月) 19:36:11 ID:cLj61FK7
>>630
下層同士仲良くしてろw

638 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/19(月) 20:21:20 ID:1hg/goEc
パンツさんは意外と政治や歴史のことは詳しくないんだね。

639 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/19(月) 20:26:21 ID:hPmF4p7B
歴史は想像力だからね
詳しいか詳しくないかじゃないんだよ

640 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/19(月) 20:29:43 ID:hPmF4p7B
サングラスにパイプくわえたマッカーサーを多くの日本人がカッコイイと思ってしまった事実
これが大きい
政治とか歴史とか
机上の学問じゃわからない部分を言ってる
人間の心を言ってる
ガリ勉タイプには分からないさ
学校では教えてくれないこと教えてくれるのがパンツさ

641 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/19(月) 20:52:51 ID:cLj61FK7
パンツの染みってなかなか取れないのなw

642 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/19(月) 20:58:25 ID:hPmF4p7B
昭和天皇とか東條英機とかブサイクばっかり見せられてた日本人が
戦争に負けて占領されて
サングラスにパイプくわえたマッカーサーを見たらウットリしちゃうだろ
アメリカは見た目を重視する国だから
そういう戦略が日本にマッチしたんだな

643 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/19(月) 21:57:36 ID:ZdTbPu6h
家のばあさんは怖かったと言ってたな。
マッカーサーじゃないけど米軍兵士見たときさ。自分たちと違う生物に思えたらしいよ。
ばあさん死んだから聞き直すことはできないが、怖かったとよく言ってた。
じいさんはしらない。ずっと昔に死んでいるから。
でもオレもムサイ日本人ばかり見ていたら、サングラスにパイポとかはなにか凄い人が出て来たと
感動してしまいそうだな。例えそれが元敵であっても。
金正日みたいな体型なら笑ってしまうがマッカーサーは背も高そうだからな

644 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/19(月) 22:01:21 ID:hPmF4p7B
だってマッカーサーのサングラスは
レイバンという会社のサングラスなんだけど
それを見て日本人はレイバンってカッコイイなーと
サングラスのメーカーにまで関心を持つぐらいだよ

645 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/19(月) 22:16:13 ID:ZdTbPu6h
レイバンって日本人がつけるとマッカーサーではなく大門になっちゃうんだよな。

646 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/19(月) 22:37:28 ID:8iNi87tf
今月の「刀剣美術」13年問題を言い訳しているよ

647 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/19(月) 23:14:03 ID:sHbm3uO8
             ___  ___
          r⌒η::::;;;:::'/  ⌒三\⌒)
         /\ \::/  ( ○)三(○)\    
        /::::::::: :.\ \ :::::⌒(__人__)::\ ヽ, 
        /:::::::::: ::::. |\ .\   |r┬-|   | .i
       ノ:::::::::::::;;:::::..\\  .\  `ー'´  / .ノ
     /:::::::: ::::::: ;:::::::::... ̄\ ヽ       /::|
__ /:::::::::::::::: ::::: ::::::: r⌒ヽ::::\   ・ .  ・i :::::ノ
ヽ;;:::::::::::::::::::::::: ::::::::: :::::: |    \ )      .| ::/
 ノ::::: :::::::::::: ::::::::::: ::::::::: |   .i  \.    __  i /
/::::;;:; ::::::::: ;::::::::::::: :::::::::: |   .i    ヽ.  .| | _i
⌒ヽ,::;;;;:::::::; :::::::::::: ::::::::: |  .ノ\     .ノ | .U
     ̄ヽ,; ::::::::: ::::::::::..|  ./..::::: ヽ、__ (::::)..::) ノ
       \::::::::: ::;:::::: | /..::;;:::::: /    /
        ⌒⌒\: / /..:::::;:::: /   /
            (_/..:::::::::: /  /
               ̄ ̄./ /
               / ./
              /./
             / /
            |_/

        //

    、ハ/|,,、 


648 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/20(火) 00:08:35 ID:Tq+Lm+wx
>>645
それはそれでありだろ(笑)
ってかそんじょそこらのおむすび顔のおっさんが大門になるとは思えんが

649 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/20(火) 11:12:45 ID:rMNiYBq6
質問なんですが、再刃とは研ぎ過ぎて刃が付けられなくなった刀に
再度焼き刃土を塗って、焼き入れ、刃付けをした刀のことですか?

また再刃の刀はどのぐらい価値が下がってしまうのでしょうか?

教えてください!

650 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/20(火) 11:25:31 ID:JrIypttS
>>649
火事場から拾ってきた刀身に再度焼き入れをしたのが再刃。
よって再刃=ゴミ。

651 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/20(火) 11:34:23 ID:7gvjQHRN
刀剣愛好家の豊臣秀頼さんが大量の名刀を持ってて
刀剣愛好家の徳川家康さんと戦争したら
自宅の大阪城と一緒に大量の名刀が燃えちゃって
刀剣愛好家の徳川家康さんが泣きながら自分の子分の下坂康継に再刃を命じたッちゅう事じゃ

652 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/20(火) 16:20:32 ID:7gvjQHRN
河内國平の作った文鎮を使ってる人が、汚れを拭いただけで塗装が剥げたと言ったら、
それを河内國平が無料で修理するから送ってくれという
その文鎮を検索してみたら、
大阪の毎日新聞が行った「チャリティー名士寄贈書画工芸作品」に
河内國平が寄贈したものらしい
いかにも上流社会の交流っぽいな

653 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/20(火) 18:33:46 ID:rMNiYBq6
>>650
>>651

解答ありがとうございます!

再刃は素人が見てすぐ分かるものですか?
オークションで刀を買ったのですが
知り合いに見せたら再刃ではないかと言われて…


654 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/20(火) 18:52:30 ID:qRy1pXzo
あぁパンツが臭い。

655 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/20(火) 18:59:17 ID:GjXibNDI
私も同じような短刀を買いましたが、本に書いてあるような茎に焼け肌や水影は無いのですが、他に見分けるポイントってあるのかな?ただ不思議な事に刃が鏡面で地肌が白けてるんだよね、その短刀…

656 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/20(火) 20:34:56 ID:Fkj9XZEw
>>653
全くの刀剣素人が判別は出来ないだろう。
でもちょっとでも勉強した人ならすぐわかる。

でも、再刃の刀はある意味「修羅場をくぐってきた」ものでもあったりする
ので、再刃”だからこそ”大事にする、という考え方もあった。

完全に美術品化した現代ではちっとも評価されないが、本当に理由ある再刃ならば
大切にするべき。

657 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/20(火) 21:23:59 ID:7gvjQHRN
これ誰か買わないの?
http://www.e-sword.jp/sale/0810_2010syousai.htm
松平阿波守所持だって
65万円
彫られてる文字はどういう意味だ?

我公累年賜資以習刀治之法
今造此刀既至如此是亦公之恵也哉

658 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/20(火) 21:25:08 ID:rMNiYBq6
>>656

素人でも見分けやすいポイント?みたいなの教えてください!

659 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/20(火) 21:41:13 ID:R3gZg3SM
新作の注文打ちで焼き入れ失敗して2回3回と焼き入れするのは再刃とどう違う?

660 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/20(火) 22:05:09 ID:Fkj9XZEw
>>659
それはただの失敗作だろ。

>>658
全体的にボケる。
あと、茎の質感が焼けてないものとは明らかに異なる。

ところで、焼けちゃった刀をわざわざ再刃するからには、
「再刃するだけの価値がある」ということだから、逆に貴重なんじゃないのか、
その一振りは?

661 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/20(火) 22:10:51 ID:sWuoQ/6j
>>658
なかごの錆びの状態が重要だよ。
あと地金がカサカサした感じ。
なかごの状態のわりに上が若く感じるとか。

662 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/20(火) 22:24:04 ID:gm2tHWmp ?2BP(1000)
>>657
>我公累年賜資以習刀治之法

私は公(松平阿波守か?)に長年資金を賜ってそれを以て刀鍛冶の技を習う。

>今造此刀既至如此是亦公之恵也哉

今造に至ったこの刀もまたこれ公の恵なりや


てな感じではないかなぁ?漢文など中学以来だから自信ないけど

663 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/20(火) 22:27:07 ID:7gvjQHRN
>>662
よくわからんが
お世辞を書いて献上したと言う事か
自分の殿様に作って献上する刀に長々と彫るセンスが理解できん
そういうお礼の言葉を強要する嫌な殿様だったのか

664 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/20(火) 22:35:05 ID:gm2tHWmp ?2BP(1000)
>>663
お世辞と言うより感動を表したのでは?


自分で最高傑作と思うものが出来た。だがそれは、それを長年支援してくれた人がいたからである。と言う謙虚な気持ちだと思うが。

良く本でも
「長年の良き理解者であり、支援者であった友人○○に。」とか表紙二枚目ぐらいに書いてあるやん。

人間だれしも一人で物を成し遂げる事などできないのだから。

665 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/20(火) 22:51:38 ID:7gvjQHRN
まあ、いい脇差だし
大名が所持してたという事だし
65万円だし
売れてもよさそうなのに全然売れん
65万で大名気分なんてオッサンが喜びそうなんだけどな
松平阿波守といえば
初代は蜂須賀小六で松平姓を賜ったんだっけ
大名といえども元は盗賊という事で
いまいち有り難味がないのかな

666 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/20(火) 23:06:26 ID:05Kf97x+
パンツは相変わらず良い物見つけてくるな。
高ければいくらでも良いのは見つかるけど、一般人でもなんとか変えそうな値段で探すのが凄い。
いつかパンツに探して貰おうかな。お礼は出来ないけど。
しかし凄い。いろんな刀剣屋のサイトチェックしてるんですね。

667 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/20(火) 23:07:19 ID:R3gZg3SM
新作の例でかましましたが、それで失敗にしてたら現代刀工は食えないよ、
一種の再刃だよ、2,3回焼き直しても分からんでしょ。
古刀は感度がいいから、焼くのも難しいくテクがいるよ。
焼けた中心の焦げだけ落とす方法があり良いものは分からんよ。

668 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/20(火) 23:42:51 ID:NZqUVHQx
再刃については、これを読んで。

http://www.token-net.com/faq/16_saiha.html

669 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/21(水) 00:24:37 ID:waX8VCty
教科書通りの解説ですね。
焼け身は焼きが戻っている状態ですよね簡単に言うと素延べと火作りって
焼き入れと焼き戻しの連続ですよね?分かります?
中心はさらいて錆び付を時間をかけて錆付けしたら分からないしそれが江戸期
でしたら今となってはいい錆びになつているでしょう。
本に書いてあることは正解ですが教科書と違うこともあります。
暇ですので反論してね。


670 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/21(水) 00:29:45 ID:mImUeOmz ?2BP(1000)
>>669
>素延べと火作りって
>焼き入れと焼き戻しの連続ですよね?分かります?

いや焼入れは急冷してマルテンサイト組織を作るものだから違うのではない?

671 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/21(水) 00:31:34 ID:OpEAkCk4
関連質問ですがわざわざ「再刃の刀が欲しい、古いものを」と指定したら
刀屋さんは探してきてくれるものなんでしょうか。
それとも「ふざけるな帰れ」って言われる?

なんかお守り物にするには却ってご利益があっていいんじゃないかとか
思ってしまったんですが・・・。


それともう一つ質問なんですが、拵えについての本を読んだら、昔の刀は
鞘は一旦馬の生皮で包んでからその上に漆を掛けて仕上げていた、江戸期
辺りからは馬革ではなく和紙になった、とか書いてあったのですが、今でも
真剣用の拵えの鞘はそうして作られているのでしょうか?
居合練習刀の高いやつとかもそうなのですかね?

672 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/21(水) 00:43:03 ID:waX8VCty
急冷しなくても焼きは入るよ、だから鍛冶屋は素延べの途中で作業を止める時
にホドに刀を入れて焼き戻ししてから作業を終了するでしょ、これも一種
の焼きと違いますか?。違っていたら教えてください。

673 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/21(水) 01:11:54 ID:iV3jT3cN
  
       ッmmmmmmmmmミッ 
      ,mmmmmmmmmmmm 
     mmmmmmmmmmmmm 
   . mmmm"゙        ゙ "mmm 
    mmmミ       ・       mm    
    mmm 丶/|::/!!!    ミ;=    m 
    mm:::::  :r",,ゞィ    ヨ ●ヾ  m 
     mm:::::  イ●ノ /  、"'ーヘヽ m  ふむ
     m::::::::::: :::"" ,.゙・ ・'' ヽ、""   |  
     ヽ::::::::  " ( "'-三-''" )   ノ 
    /   ゙゙'''‐-...,,,,,,,,,,,,,,,,,,....-‐-‐'''~    
   /`ヽ、_ │              ハ
   ヽ、_  /           /__ |
    /  `/i              /_,」
   {   ,' !           ,'  |
   i   {  !          i  |
   ヽ   i │         ||  !
    ヽ ヽ'`ミ、_         レ"´ |
     ヽ \   `        ', /
     r'‐'´` ヽ、_____,.ノ´{


674 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/21(水) 01:17:59 ID:rR6tX8Nz
>>671
>関連質問ですがわざわざ「再刃の刀が欲しい、古いものを」と指定したら
>刀屋さんは探してきてくれるものなんでしょうか。

店によっては探してきてくれるはず。在庫で持っている店もあるよ。
でも「再刃なんて良くないですよ」と言って普通の刀を薦めてくる
店が殆どだと思う。



675 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/21(水) 01:20:36 ID:S6OfDFmZ
おいおい、もう我慢できねーよ・・・。

体体体●                             
体体体●                       ●●●●●
体体体●                      ●頭頭頭頭●●
体体体●                    ●●頭頭頭頭頭頭●●●
体体体●              ●●●●茎●頭頭頭頭頭頭頭頭頭●●
体体体●       ●●●●●茎茎茎茎茎茎●頭頭頭頭頭頭頭頭頭●
体体体● ●●●●茎茎茎茎茎茎茎茎茎茎茎茎●頭頭頭頭頭頭頭頭●
体体体●●茎茎茎茎茎茎茎茎茎茎茎茎茎茎茎茎茎●頭頭頭頭頭頭●  我
体体体茎茎茎茎茎茎茎茎茎茎茎茎茎茎茎茎茎茎●●●●●●●●     慢
体体体体茎茎茎茎茎茎茎茎茎茎茎茎茎●●●●                我慢
体体体体茎茎茎茎茎茎茎茎茎●●●●                      慢我慢
体体体体茎茎茎茎茎●●●●                           我慢我慢
体体体体茎茎●●●                                 慢我慢我
体体体体茎茎●                                     慢我
体体体体袋袋●                                     汁
体体体体袋袋袋●                         
体体体体袋袋袋袋●                        
体体体体袋袋袋袋●


676 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/21(水) 04:52:52 ID:ipnpCLKZ
>関連質問ですがわざわざ「再刃の刀が欲しい、古いものを」と指定したら
>刀屋さんは探してきてくれるものなんでしょうか。
不動産屋で「自殺のあった部屋が借りたい」と言うようなものだな……

677 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/21(水) 06:04:34 ID:tAz4RHCt
ところで皆は鈴木眞哉説をどう思う?

678 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/21(水) 07:04:08 ID:ipnpCLKZ
鈴木眞哉説といってもいろいろあり過ぎて特定できんのだが。
まぁ、このスレだから日本刀=サブウェポン説のことかな?
鈴木も日本刀=首狩り包丁とまでは言っていないから別に問題はないと思うが。

679 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/21(水) 10:57:13 ID:44JVVvgg
うめだ阪急で「日本の職人展」−10回目開催記念で純金製の日本刀も
http://umeda.keizai.biz/headline/236/

これ凄いな。純金製日本刀で1638万円だとよ。

680 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/21(水) 11:45:02 ID:FM8ZnFzV
純金製とは凄いな、でもこれより高い刀がある事のほうがが凄いね。

681 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/21(水) 12:14:05 ID:MsRApzFi
鈴木眞哉は読んだ事ないけど、
要点を書いたのを見ると
大河ドラマの合戦シーンについて文句言ってるだけだね
大河ドラマの合戦シーンがリアルな戦場を再現してるなんて誰も思わないし
大河ドラマの合戦シーンを否定してどうなるのか

682 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/21(水) 12:21:39 ID:44JVVvgg
>>680
考えてみりゃ刀でも高いのは「同じ重さの金より高い」つー事だよな。
(まー最近は金も値上がりして来たけど)
そういや以前ツールナイフかなんかで何百万円ていうのがあったけど
そういうごてごてしたのより本物が良いよな。
仮に1638万円手持ちがあっても自分ならコレは買わずに
思い切り凝りまくった現代刀注文して残りは貯金すると思う。
あとIDがゾロ目になっててなんか嬉しい。

683 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/21(水) 14:10:07 ID:Th2Pg+w2
本歌の清麿が欲しいのですが、どこかに売っていませんか?

684 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/21(水) 14:13:39 ID:MsRApzFi
>>683
ニセモノなら売ってるよ
http://www.tokenaizu.com/4_20.html

685 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/21(水) 14:19:59 ID:MsRApzFi
>>683
あと、本物の清麿なら
ビッダーズで出品されてる
ただし無銘だが
特別保存
460万円
しかも高吉
http://www.bidders.co.jp/item/104200189
http://www.premi.co.jp/w-kiyomaro01.htm

686 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/21(水) 14:26:48 ID:Th2Pg+w2
>>パンツさんありがとうございます
これはどう思いますか?
とても良い刀だと思うのですが。。
http://www.bidders.co.jp/item/104787620

687 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/21(水) 15:18:27 ID:4I7TUXe0
↑贋物と判っていて60万出すなら問題無いだろ。
まさかとは思うが『わ〜い清麿こんなに安く掘り出しちゃった!』
って思ってるんなら止めなされ!

688 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/21(水) 15:19:49 ID:4I7TUXe0
↑贋物と判っていて60万出すなら問題無いだろ。 <br> まさかとは思うが『わ〜い清麿こんなに安く掘り出しちゃった!』 <br> って思ってるんなら止めなされ!


689 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/21(水) 15:53:06 ID:pUyNXFnW
虎徹の出来のいい重要の刀はなかなかでてこない、手放さない。
出来の悪い重要の刀ならたまにあるけど納得できる出来でないが3000万だったりする。
脇指のほうでいいなら重要でいい虎徹たまに出るね。刀はいいものは厳しい、なかなかでてこない。 


690 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/21(水) 18:34:37 ID:pj+roL8P
>>675
そんな角度でもう我慢汁かw

691 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/21(水) 18:35:22 ID:mImUeOmz ?2BP(1000)
>>672
>素延べの途中で作業を止める時
>にホドに刀を入れて焼き戻ししてから作業を終了する

焼を戻す為のノルマライジングではなく、鍛造などの残留応力を抜く為のノルマライジングだと思っていたが。

焼入れ(マルテンサイト化)赤熱から急冷
焼なまし(オーステナイト化)赤熱から徐冷(炉冷・灰なまし)
焼ならし(ノルマル化)赤熱から放冷(大気中での空冷)

692 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/21(水) 18:55:24 ID:mImUeOmz ?2BP(1000)
>>691
補足(かっこ)内が目標とする鋼組織

焼入れ →(マルテンサイト)・トルースタイトの混合
焼なまし=焼き戻し →フェライト・(オーステナイト)・パーライトの混合
焼ならし=ノルマライジング →トルースタイト・(ソルバイト・パーライト)の混合


ブリネル硬度では

マルテンサイト  680
トルースタイト 約400
ソルバイト   約270
パーライト    225
オーステナイト  155
フェライト     90


夜勤は独学なので、間違っている可能性も高いです。参考程度に。

693 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/21(水) 19:01:39 ID:MsRApzFi
剣は修行3年で何が彫れるんだ?
欄間透かしは彫れるの?
剣巻竜は彫れるの?
何が彫れるようになったら独立なんだ?

694 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/21(水) 19:05:58 ID:pj+roL8P
>>693
パンツのチンコ>>675が彫れれば免許皆伝。


695 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/21(水) 19:08:01 ID:mImUeOmz ?2BP(1000)
>>677
統計のマジックにかかっていると思う。

江戸以前の戦傷者の記録をもとに日本刀=サブウェポン説を唱えているが、
戦死者がカウントされていないしね。
その上、合戦の自己申告の記録のみだから統計の取りかたに問題があるのでは。
追撃戦とか鎮圧戦などは錯雑地で行われる為、飛び道具や長柄武器は有効ではないしね。

それに近代戦の死傷者の大半は砲爆撃が原因だが、いまだ兵のメインウェポンは小銃と言える。


まぁ鈴木氏の日本刀=サブウェポン説はそういう見かたもできると納得できるのですが、鈴木氏の説を荒読みして、日本刀=無用説・象徴説を唱えるのはどうかと思う。


696 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/21(水) 19:10:28 ID:mImUeOmz ?2BP(1000)
>>693
欄間はまだ無理。真の倶利迦羅はまだ挑戦していない。

何が独立の条件かは分からない。

697 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/21(水) 19:20:06 ID:MsRApzFi
どんなんだろうな
一人前になる自信ある?
もしかして師匠から才能が無いから諦めろと言われる可能性もあるんだろ
修行すれば誰でも彫れる様になるわけじゃないんだから
修行3年でも彫れちゃう奴は彫れちゃうんだろ
例えば美術大学の学生が刀身彫刻をやったとして
3年生になったらそれなりの作品を形にできると思うのだが
正直、剣はきついのか?

698 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/21(水) 19:33:37 ID:MsRApzFi
刀剣の知識を披露する時は勢いがいいけど、
刀身彫刻の話題になると歯切れが悪いからな
正直、見通しは暗いだろ
3年って一通りできなきゃダメじゃないか?
それともこれからバリバリ彫るのかも知れないけど
3年やって形あるものは何も彫れないという事は
素人が考えるとマズいんじゃないか
刀鍛冶って真面目にやると何年で独立だっけ?
3年間やって欄間透かしも剣巻竜もやった事がありませんて
やばくないか?
やろうと思えばできるけど師匠がまだやるなと止めてるとか
そんなのだったら分かるが
立派な刀身彫刻を見るたびに
本当に剣は彫れる様になるのか心配になる

699 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/21(水) 19:39:05 ID:QLV2USmJ

まんこ まんまんこ まんまん

まんこ まんまんこ おまんこまんこ

おまん おまんこ まんまんこ

700 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/21(水) 19:44:27 ID:MsRApzFi
>何が独立の条件かは分からない。


正直、この発言に引く
独立の条件って一人で食っていけるって事だろ
例えば師匠の所に来た仕事を
忙しいからお前がやれと言われて彫れる腕前という事だろ
欄間透かしも剣巻竜も朝飯前で
「師匠、もう独立させてくれよ」ぐらいの事を自分から言い出せるような自信
それが感じられないもんな
なんか一人いただろ
刀鍛冶の弟子になって逃げ出した奴
剣も修行失敗の可能性もあるって事だろ
別に悪口を言うつもりはない
それで馬鹿にするつもりも無い
ぶっちゃけ刀身彫刻師として一人前になれそうもないか?

701 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/21(水) 20:13:55 ID:waX8VCty
691
横文字ならべても私は馬鹿なので理解出来ませんが、焼き入れを失敗して
2回3回と焼く場合は横文字での説明は?
話は変わりますが美濃彫り出来ますか?


702 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/21(水) 20:18:41 ID:91GmqVuN
パンツはいつも鋭い指摘するな。

なかなか剣氏もここで見る限り宣伝上手だから将来テレビなんかに出演して”先生”ぶるんじゃないのかなw
腕よりも口で仕事するタイプになるんじゃないのか?

703 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/21(水) 20:28:08 ID:Gd0woJV2
職人に幻想を抱きすぎて妄想になりがちだ。

職人なんて「独立します」って言えばそれで独立だ。
刀と違って彫刻なんて資格が必要ないんだからそれで十分。 
腕の良し悪しとは関係が無い。

口ばかり達者でアレな刀しか作れない刀匠もいるし
彫刻ができなくても銘切りだけで食っていけた人間もかつてはいたりした。
それでも「独立」に違いないし立派に食っていけてる。そんなもんだ。

剣の腕がどんなもんかは
ここで聞いても答えは出ないから
日曜日に刀剣の里に行ってメガネのオッサンに聞いてくればいいさ。

704 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/21(水) 20:38:28 ID:MsRApzFi
たしかに30年後には片山探山と名乗って鞘書きしちゃってそうだもんな
今でも刀剣商と付き合いがあるみたいだし
刀剣商と結託して日刀保を牛耳っちゃうぞ

705 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/21(水) 21:01:07 ID:GZ367s7t
>686
若いとおもうが?

706 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/21(水) 22:47:00 ID:YVpUg6UL
刀は素人なんでよく知らないが、
火事にあって長時間高温にさらされたら、
せっかく一所懸命鍛造して微細化した組織が
再結晶起こして肥大化し、強度も落ちるのでは?
短時間であっても再結晶温度以上に上げるのは
いい影響ないはずなんで、焼き入れの時も
必要以上に長時間加熱しないのが普通では、と。

707 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/21(水) 23:00:18 ID:waX8VCty
いいことは無いよ。
鑑賞としては良いかも。

708 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/21(水) 23:09:30 ID:dYPZFZir ?2BP(1000)
>>698
修業って物を理解してない。
三年なんて基礎練習がおもだよ。
刀鍛冶なら炭切り三年と昔から言うだろが。

基本、師匠に言われた事しかやったら駄目
勝手な挑戦などしたら破門だよ。
第一材料となる短刀もタダではない。

あとなぁ刀身彫刻については私情報だ
刀剣に関しては公情報
君が私生活を話さないのと同じだよ。

一寸だけ話すと
そう、初出品したから関東地方の人は来月見れる。
だいたいパンツ氏が聞くのが分からん。
知りたければmixiみろって。
mixiの自分の文をココに曝すのはマナー違反だからな。

独立の条件は師匠が良しといったらだ。
腕の善し悪しよりもね。

>>701
自分は焼入れし直しを3回位するのは普通だと思っていますし、茎を保護する必用がなければ再刃も焼入れも変わらないと言う立場ですが。

ただし、焼入れし直しは参回ぐらいが限度で、それ以上は地が緩むと聞きますから、長時間高温にさらされた刀は再刃すると、地が荒れるなどの問題が出ると想像します。







709 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/21(水) 23:12:06 ID:dYPZFZir ?2BP(1000)
>>701
>美濃彫り
刀装具の美濃彫ですよね?
まだやった事ありません。魚子打つの嫌いだから避けたいw

710 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/21(水) 23:14:50 ID:waX8VCty
同意。
中心には濡れ雑巾を巻いて水を垂らしながらやるよ。
炭切ることよりも沸かしを覚えることが大事、昔は炭切3年打5年沸かし
一生といいましたがね。


711 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/21(水) 23:19:03 ID:dYPZFZir ?2BP(1000)
>>701
>焼き入れを失敗して
>2回3回と焼く場合は横文字での説明は?

失礼質問に応えてなかった。
たぶん

マルテンサイト化(焼入れ)によりマルテンサイト主体の刃が出来る→失敗
→オーステナイト化(焼きなまし)して、焼刃土を塗って再度マルテンサイト化

>>692の文、大きな間違いがありました。
焼なましと焼き戻しは全く違うものでした
焼き戻しは焼入れ後、靭性を増す為に行うものです。




712 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/21(水) 23:29:14 ID:dYPZFZir ?2BP(1000)
>>671
>江戸期
>辺りからは馬革ではなく和紙になった、とか書いてあったのですが、今でも
>真剣用の拵えの鞘はそうして作られているのでしょうか?

塗師の仕事をみてると和紙貼ってますね。
居合刀(模擬刀)の鞘は分かりません。5万円ぐらいの模擬刀は和紙を貼らずそのまま塗装してありましたが。


713 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/22(木) 00:23:23 ID:Nrnkin86
                           ___  o
                            ( ;;;;;_;;;;; )/'''
                           丶.-'~;;;;;;;;;;;;;;~'-、
                         /~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,ヽ、
                        ,;';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
  .                     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヘ
                       l;;;;;;;;;'   ~''''''''''~    ';;;;;;;;l
                       .l;;;;;;;;;;            ;;;;;;;l
         /\___/ヽ     l;;;;;;;;;;'            .;;;;;;l     /\___/ヽ
        /''''''   '''''':::::::\    k;;;;;;;'  ''''''     ~''''''.;. ;;;;;;.|     /''''''   '''''':::::::\
       . |(一),   、(●)、.:| +  ヘヽ;; (>),   、(●)、::;; ノ    |(一),   、(●)、.:| + 
       |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|     ∧.   ,,ノ(、_, )ヽ、,,   l     . |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:::|     
     .   |  ` -=ニ=- ' .:::::::| +  .  キ   `-=ニ=- '   /+   .  |  ` -=ニ=- ' .:::::::| + 
        \ 。`ニニ´ ゚ .::u:/   +   ヽ 、  `ニニ´  /   +   \ 。`ニニ´ ゚ .::u:/    +
        /`' - ‐ 一'´        /ヽ、_ ___ / '´.       /`' - ‐ 一'´
        / /      l |        / /      l |         / /      l |
        / / ・  ・/ | |        / / ・  ・/ | |        / / ・  ・/ | |  
        / /     /   | |        / /     /   | |       / /     /   | |
       ( /    /   | |       ( /    /   | |      ( /    /   | |   
     ____,/  )--- ヽ  ヽ つ    ____,/  )--- ヽ  ヽ つ    ____,/  )--- ヽ  ヽ つ 
    ⊂---― 'ー----'         ⊂---― 'ー----'       ⊂---― 'ー----' 




714 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/22(木) 00:34:23 ID:zvB46p/1
711
了解
私に言っている美濃彫りは樋の中に掘る美濃彫りです、岐阜県の鍛冶屋は
見事に彫りますよ。

715 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/22(木) 01:10:29 ID:AvYpTS6q
>>712
671です。レスありがとうございました。

今でも和紙は貼ってるんですね。
件の本には、今では馬革がうまく手に入らなくなってきて、江戸期以前の
拵えの完全なレプリカを作るのが難しくなってきた、とありましたが。
馬革の鞄とかは結構普通に売ってる気はするんですがそんなものなんでしょう
かね・・・。


あと、やはりわざわざ再刃のものが欲しいというのは奇をてらいすぎですかね。
一度焼けても尚蘇った、というところに不死鳥的魅力を感じたのですが
自分の感性は変みたいですな(苦笑

国立博物館の「名物石田正宗」みたいに実際に斬り合いに使われた証拠のある
ものも一度手にしたい・・・と思ったことがありますがこれはさすがに自分の
所有品にしたら呪われるような気がなんとなく。

716 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/22(木) 01:32:16 ID:dxBZVDsc
だれも東京新聞見なかったのか?

717 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/22(木) 01:32:45 ID:ly6fRZkH
>>712 生活できてるのか?

718 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/22(木) 02:22:49 ID:sPxKAmxc
>>708
>修業って物を理解してない。 三年なんて基礎練習がおもだよ。
そうかな、博士課程だって3〜5年だ。戦時中に1人前の刀工にするに
は1年しか必要無いことがわかった。つまり師匠の雑用、下済み仕事に
体よく使うための文句だ。まぁ辛抱の修業にはなっただろうが。

719 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/22(木) 02:29:06 ID:sPxKAmxc
>>715
>実際に斬り合いに使われた証拠のある ものも一度手にしたい・・・と
>思ったことがありますがこれはさすがに自分の所有品にしたら呪われ
>るような気がなんとなく。
私の室町初期の刀にもいくつか切り込み傷がありますが、別に。大体に
して刀は人殺し用の武器ですよ、刀が欲しい人がそんなことを気にする
ようなら止めた方がよい。陶磁器骨董なんかの方なら呪はあり得ません
から。

720 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/22(木) 02:36:10 ID:sPxKAmxc
>708
>君が私生活を話さないのと同じだよ。
まったくだ。私生活に関する話をするのはパンツのルール違反で失礼きわまり
ない。パンツよ自分が話さ(せ)ないことを他人に強いる勿れ。

721 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/22(木) 15:17:41 ID:tpPCC9zu
叢雲会の掲示板で中学生みたいのが暴れてる

722 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/22(木) 18:07:41 ID:tpPCC9zu
叢雲会の掲示板で中学生と松葉國正が壮絶なバトル

サンフランシスコの行商から帰ってきた松葉國正に中学生が襲い掛かる!


行商 投稿者:s 投稿日:2008年 5月21日(水)22時21分56秒

何の為に行かれたのですか?
日本で頑張ってください。


何のために? 投稿者:松葉國正 投稿日:2008年 5月21日(水)23時15分12秒

そんなヤボなことを聞かれる方には私の苦労はわからないでしょうね。
遊んでるとでもお思いですか?


S 投稿者:何のために 投稿日:2008年 5月22日(木)00時38分38秒

思っていませんよ。
良いもの作ってください。

723 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/22(木) 18:11:14 ID:tpPCC9zu
中学生の主張は、

・刀鍛冶は外国に行くな
・良い刀を作れ

この中学生は、尊皇攘夷だと思う
幕末の小説を読んで日本刀に興味を持った
日本刀は武士の魂
それなのに、どうしてこの刀鍛冶は外国に行くんだ
それで怒ってる

724 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/22(木) 18:36:58 ID:tR5n5pP1
剣が糞パンツをマトモに相手にしてるから笑える。


725 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/22(木) 20:22:32 ID:zvB46p/1
日本だけでは食えないからね、大変だよ鍛冶屋さんは

726 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/22(木) 22:28:30 ID:R9JZ6WER
現代刀は硬く、古刀は柔らかいと言われるよね。
現代刀は研ぎ師泣かせとか。
でもそうなると古刀は柔らかく曲がりやすく、現代刀は刃が硬いので切断力があり曲がらない、と言う事か?

727 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/22(木) 22:32:37 ID:tpPCC9zu
>>726
何言ってんだ中学生
砥石で擦った時の表面の感触だろ

728 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/22(木) 23:00:33 ID:R9JZ6WER
>>727
あなたは刀に詳しいのですか?
研ぎについてなんて聞いてません。刀の話をしてるんです。

729 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/22(木) 23:08:31 ID:zvB46p/1
現代刀の硬く高温で焼いた刀は曲がらないが何時かは折れる

730 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/22(木) 23:10:52 ID:tpPCC9zu
>>728
お前が研ぎ師泣かせって言ってんじゃん
要するに、刀は消耗品で何度も研ぐことを前提に表面を柔らかく作ってるって事だろ
そこら辺の本に書かれている事は
別にふにゃふにゃ曲がる刀って事じゃない

731 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/22(木) 23:33:47 ID:Fo+blawn
????????????????????????????
表面を柔らかく作ってる!!!!!!
????????????????????????????

732 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/22(木) 23:35:55 ID:tpPCC9zu
そうそう
そういう表現
美食家が食った物を表現するようなやり方

733 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/22(木) 23:39:41 ID:tpPCC9zu
あとは肌荒れかな
女の肌を表現するような
古刀はしっとりとした肌
現代刀は砥石で擦ると引っかかってボロボロの肌
そういうのを良く読むね
それが古刀は柔らかく
現代刀は硬いという事だな
俺は知らんよ
研いだことないから
研ぎ師が書いてるのを読むとそういう事が書いてある
武器として使ったときの硬さ柔らかさではないね

734 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/22(木) 23:45:01 ID:tpPCC9zu
簡単に言うと

古刀の肌は柔らかくて研ぎやすい
現代刀の肌は硬くて擦るとボロボロで研ぎにくい

この違いは、

現代刀は観賞用だから研がない
だから硬くて研ぎにくい

古刀は戦争のたびに研ぐので
何度も研ぐ事を最初から想定して刀の表面を柔らかくしてある

と言うんだな
俺が言ってるわけじゃない
両方を研いだ研ぎ師がその違いを言ってるんだ

735 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/05/22(木) 23:59:41 ID:tpPCC9zu
要するに、
古刀は研ぎやすく、
現代刀は研ぎにくい
その研いだ感触を古刀は柔らかいと表現してる

736 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 00:21:13 ID:IYUrErxm
松葉さんは良い人だ。
パンツ氏、一度会ってみるといい。
掲示板でのイメージと違う。

737 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/23(金) 00:24:58 ID:/kn4jfjT ?2BP(1000)
>>734
>現代刀は観賞用だから研がない
>だから硬くて研ぎにくい
>
>古刀は戦争のたびに研ぐので
>何度も研ぐ事を最初から想定して刀の表面を柔らかくしてある

出展を教えてくれないか?
初めて聞く説だよ。


和式刃物が割込になっているのは研ぎやすさも関係しているが、
基本鋼でくるむに本当には関係ない筈。

738 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 00:28:52 ID:KDJE3XtV
合ってみると、印象が噂とは違うことなんてよくありますよね。努力もしていますね。
しかし刀工は商売ですので、掲示板でイメージを壊さず、きちっと質問や反論に
態様して書きこみ者を納得させなければいけないでしょう。

739 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/23(金) 00:29:23 ID:/kn4jfjT ?2BP(1000)
>>726
>現代刀は硬く、古刀は柔らかいと言われるよね。
平均的にいうとその様ですが、一概にも言えない。

非常に柔らかい地金の現代刀もあれば、タガネが立たないぐらい堅い古刀もあります。

切断力に関わる硬度は対象より堅いことであり、柔らかい刀だろうが、堅い刀だろうが、対象よりは堅い為関係ない。

また、刀剣で言われる堅い堅くないは基本、地の部分の堅さであり、刃先ではないですよ。
(試斬をする武道家の堅い堅くないは刃先のこともあります)

740 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 00:34:23 ID:KDJE3XtV
剣恒光さんは雑学が御有りですね、個人的に刀談義でもしたいです。


741 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 01:27:44 ID:RD8vOQjY
阪急梅田の「日本の職人展」見に行ってみようかなぁ
稽古の前によりたいので、刀担いで行ったらまずいかなぁ

742 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 02:05:27 ID:IYUrErxm
パンツ氏は素人。
だが、本格的にちゃんとした刀剣関係者(職方、研究家など)に学べば、本質を理解できるだけの能力はある。

剣氏は修行中。
う〜ん文章に性格でてる。
あと、ノーコメント。

743 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 02:25:21 ID:vMpz8Us5
どちらも『斬る』事に関しては、素人。
あと、ノーコメント。


744 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 02:43:43 ID:l0evaYrg
剣氏は居合練士六段で、あの町田氏の友人らしいから
全くの素人でもないのでは?

745 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 08:23:09 ID:MgWiUbdh
刀って不思議ですね。
古来より殺人の為の武器として作られたのに、同じ時代に今度は神社に奉納されたり、人切り包丁と
言われたり神聖な物とされたり。
こんなのは日本だけかな?日本刀って意味が深いよね。

746 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 12:05:16 ID:JxxYuuKY
>745
それに気付いたあなたは立派。次はあなたがどう行動するかですね

ところで武器に対して畏敬の念を持っているのは我が国に限った話ではないが、今もって粛々と継続していることが素晴らしいと思う

747 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 12:15:15 ID:oRd235LR
どうして太刀を奉納するのか
どうして神様は太刀が好きなのか
穢れを断つ(太刀)という駄洒落で始まったという人もいてわからんもんですな
やたら神聖とか畏敬というのも感心できない

748 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 13:43:48 ID:YvCyVovR
太刀が奉納されるのは、館ひろしが始めたから。

749 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 13:48:14 ID:nyRsYC3/
>>747
太と言う漢字は、フトいという意味じゃない。
太陽とか太極のように、神聖視されてるモノで、もの凄く大きいという意味。
呼び名からすでに神聖なモノ。
立派な刀という意味の名前のモノと、刀という名前のモノどっちが有りがたいかって事だな。
そもそも神話の時代には刀がなかったので、よりしろにならないだろ。
刀がある時代の武将の神社なら刀だが、上古だと直刀も奉納してるぞ。


750 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 13:53:01 ID:nyRsYC3/
ちなみに打刀は、もともと小さ刀が進化してできたものだから、
形而上的にも反対のも性質だな。

751 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 13:53:49 ID:KdAWds3E
庶民が持てるようになった室町時代から日本の成人男子の誰もが脇差し
や短刀位は持つようになったし、好んだのも世界にその例がないのでは。
ところが男の子が肥後の守さえ持たなくなったここ数10年は日本の歴
史上初めてだろう。
だから50歳以下の刀好きが激減していることは納得できる。しかし刀
は山程残っている。刀が暴落するのは当たり前だ。

752 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 14:28:01 ID:qFHl6krO
ちょっと話題がずれるかもしれないが。

村正出身地だといわれる桑名って村正に関する資料って凄い少ないよな・・・

753 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 14:31:22 ID:waRIfKSh
本来刃物は血を好むもの、一度合戦に使うと武士は神社に奉納した。それを拒み、代々刀が受け継がれてきてる家は胸を病んでる家系が多い。
年寄りの大工などは例え新品でも鋸や、鏨などで怪我をすると捨ててしまう。逸話でいうと妖刀の話がたくさんあるね。

754 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 14:33:10 ID:oRd235LR
刀を奉納する意味をしりたいよな
神聖とか畏敬とか
すぐに言いたがる百姓の話は聞きたくない

755 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 14:34:03 ID:JxxYuuKY
>747
ここからは完全な私見で長文だから、話半分で聞いてね

日本に鉄器が導入されたとき、我々の先祖はその利する素晴らしさに感心し、いつしか畏敬の念を抱くようになった(紀記神話の出雲・素戔嗚尊に見るヤマタノオロチ説話。八束剣(=銅剣)が)欠けて草薙剣(=鉄剣)が出て来たことに象徴されます

続く…

756 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 15:02:30 ID:YvCyVovR
村正って地名だと誤解している人が多い。
備前とか濃州とかと同じに考えている人が多い。
村正って人の名前だぞ。

757 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 15:35:13 ID:CecN13EN
刀剣美術に13年問題の協会側からの説明が載っていたが、絶妙のタイミングで
協会敗訴の判決。後藤前事務局長の解雇は無効。一寸面白くなってきた。

758 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 15:59:30 ID:c4Z4DaJw
合戦の時には、包丁を跨いで門を出たり(邪気をはらう)、出陣日を占いで
きめたりした。人心を安定させるために不吉なことは一切はらわねばならないから
ここに寺社の出番がある。寺社はもっと現実的に武器の入手や中立的な交渉、
など情報発信センターでもあったのだが省略。
戦勝祈願にはいろんな宣文をいれる。建物や土地を寄進するのが普通だが、
それに替わるものとして太刀や甲胄があった。


759 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 16:21:45 ID:nyRsYC3/
>>754
三種の神器見ればわかるように、刀は依代の一つ。
ご神体なので奉納される。
日本の国自体が、神話の時代に布都御魂で平定された。

760 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 16:24:48 ID:oRd235LR
>>759
それは神話じゃん
作り話だろ

761 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 16:33:05 ID:nyRsYC3/
>>760
国史では6世紀にはすでに、剣と鏡をご神体にして天皇が即位してる。
コレは史実。

762 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 16:33:56 ID:oRd235LR
最近の話じゃないか

763 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 16:41:10 ID:GljES1Ht
お前らはなんで生活にまったく必要のない刀に何百万何千万と金をだすのか?

764 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 16:46:18 ID:zpWVwiBO
ID:oRd235LR  ←パンツさん?

765 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 16:47:20 ID:nyRsYC3/
>>762
考古学的に一番古いのは、一支国の遺跡から発掘されてる。
中国で言う魏の時代、すでに三種の神器(よりしろのこと)が祀られてる。
有史以前、刀はその発生の初期からすでに、神のご神体として祀られていた。

766 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 16:48:09 ID:YvCyVovR
>>763
馬鹿。そりゃ会社のむかつく奴を殺すため・・・じゃなくて、美術品だから。
お前は壺とか絵画を買うのに何か意味あるのか?
刀はそれと同じ。武器としてだけではなく、鉄を見たり破門を見たり見所もある。

767 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 16:56:12 ID:GljES1Ht
>>766
>>そりゃ会社のむかつく奴を殺すため
うんそれならうなずけるな

768 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 17:11:14 ID:Uz5IHzWB
>>757
これで保存や特保、重要等の鑑定書も一気に信用だださがりですね。
それで無くとも少し前は、保存はとってある刀剣店でも最近はこだわっていない
ですから。
もう刀工が自ら記した資料や歴史資料が残っていない刀の真贋の行方は
どうなるのでしょうかね。悪徳はこれで仕事がやりやすくなった。
2ch鑑定(みんなの意見)がこれからは主流になったりして。

769 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 17:24:36 ID:c4Z4DaJw
鑑定は別組織にした方がいいと思うけどね。
ちゃんと資格制度を作って


770 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 17:52:15 ID:n1SzjQEr
>>730

> 要するに、刀は消耗品で何度も研ぐことを前提に表面を柔らかく作ってるって事だろ

じゃ何でわざわざ芯金より「固い」皮金でくるんでるんだ。
馬鹿丸出しだな。


771 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 17:53:49 ID:oRd235LR
>>770
現代刀より柔らかいって事だよ
わかったかボウズ
お前が馬鹿だ

772 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/23(金) 18:05:01 ID:/kn4jfjT ?2BP(1000)
>>771
だから一概にはいえないと言ってると。>>727,729


773 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/23(金) 18:05:48 ID:/kn4jfjT ?2BP(1000)
あ、まちごうた>>737,739ですね。

774 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 18:08:54 ID:oRd235LR
柔らかい硬いという言葉に拘るのは馬鹿のやる事だ

775 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 18:15:15 ID:oRd235LR
古刀と現代刀は違いがあるのかという事を話している
古刀と現代刀を研ぐ時の違いを話している
つまり、剣は全く違いが無いと言うわけだな

776 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 18:20:34 ID:n1SzjQEr
>>771
ちゃんと名乗れパンツが。
ヘタレル時は匿名か笑わせるにも程があるぞ。


777 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 18:26:39 ID:C6TB72d9
>>768
>悪徳はこれで仕事がやりやすくなった。

日刀保は悪いことをやっていたが日刀保があったおかけで
偽物を本物といって平気で売る業者は少なかった。
この先日刀保が良くならずに財団が取れて潰れるようなことがあったら
悪徳刀剣業者が増えるだろうね。
>>769
文化庁が重要美術品を復活させれば良いんだよ。
そして重要美術品に相当しないものは準重要美術品とか
保存美術品として指定すればいい。


778 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 18:28:08 ID:oRd235LR
現代刀より古刀のほうが研ぎやすい
実用品の古刀は
観賞用の現代刀と違って
古刀は何度も研ぐ事を前提に作ってあると言ってる研ぎ師がいるんだよ
それを柔らかいと表現しているに過ぎない
柔らかいと聞くとプリンのような柔らかさを想像する馬鹿には理解できない

779 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 18:45:49 ID:n1SzjQEr
>>778
パンツ、コテを付け忘れてるぞ。


780 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 18:48:38 ID:oRd235LR
剣は権威主義だからな
以前も「14センチ程度の手槍の朽ちたようなもの」で銃刀法違反になったという文章を
そんな事を誰が書いたんだと、間違った事を言ってる奴を黙らせてやると言ってたが、
その文章を書いたのが刀鍛冶の真鍋純平だと分かったら
急にトーンダウンして何も言わなくなった
日刀保の大幹部が不正をしても何も言えないし

781 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/23(金) 18:50:32 ID:/kn4jfjT ?2BP(1000)
>>714
樋内高肉彫りのことですかね?
ttp://bbs.avi.jp/photo/79024/29782994
これは習作文鎮ですが。

美濃彫という言いかたは初めて聞きました。
樋内高肉彫り自体は備州にも相州にもありますしね。
有名所では豊後行平でしょうか。
美濃彫の特徴はどういうものでしょうか。

782 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 18:51:03 ID:n1SzjQEr
ID:oRd235LR

いい加減「パンツ」名乗れヘタレが。


783 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 18:51:15 ID:oRd235LR
>>779
今日から固定ハンドルやめたんだよ

784 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/23(金) 18:56:34 ID:/kn4jfjT ?2BP(1000)
>>778
>古刀は何度も研ぐ事を前提に作ってあると言ってる研ぎ師
ですから出展はどこかと。

>>780
>間違った事を言ってる奴を黙らせてやると言ってたが、
そんなことは言っていないが?
酷い話だ。何処で読んだ?と聞いただけで。
最近銃刀法の適用に問題ある砥思うのだよな。

785 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/23(金) 18:58:50 ID:/kn4jfjT ?2BP(1000)
>>780
>日刀保の大幹部が不正をしても
自分で調べたことではないので、分かりません。
噂やマスコミに躍らされて人を批判するものではないと思ってますゆえ。

786 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 19:07:11 ID:JxxYuuKY
>778
今いうところの「甲伏せ」は軟鉄を芯金に硬鉄を皮金にするものですが、鎌倉時代の残欠を検査した天田刀匠によると「逆甲伏せ」のものがあったという(ソースは日本の美術)
平家物語を見ても「曲がった太刀を何度も直して奮戦した」という記述があるように、太刀は基本「軟構造」であり、曲がること=軟らかいこと=折れるよりかはマシという考え方がデフォだという見方ができる

787 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/23(金) 19:10:54 ID:/kn4jfjT ?2BP(1000)
>>786
>軟らかいこと=折れるよりかはマシという考え方がデフォだという見方ができる

これは賛成です。現在の自衛隊が使っている銃剣も同じ思想から硬度が56ぐらいにしてあります。

788 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 19:13:26 ID:oRd235LR
どの研ぎ師が言ってたのか忘れたけど
同じ事を松葉國正が言ってる

意気軒昂 投稿者:松葉國正 投稿日: 4月12日(火)08時10分14秒
うーん、まことによいね、刀工久保善博の咆哮が、日向まで聞こえてきそうだ。

時々日本刀関連のHPをいろいろ見て回っているけれど、現代刀を見る目は微妙ですね。
某砥師は古刀と比較していかに現代刀が研ぎにくく、全く性質が異なるものであるかを力説していますし、某現代刀刀匠の鉄のスペシャリストとしてのしょーもない(と私には思える)コメントををありがたく掲載しているところもある。

その砥師には、少なくとも200人はくだらない現代刀工を、ひとくくりに「現代刀」としてしまうことだけとってみてもおつむの程度が知れますよ、と言いたいですね。
現代刀にはかってどの時代にもなかった個性があると思います。
F先生など、現代一流工、さらに古名刀をつぶさに知悉していらしゃる砥師の見解は聞いてみたいですが...。

杉田さん十数年前玉鋼で作った太刀を研いだことのあるT砥師の話では、砥あたりはまるで古刀だったとおしゃってました。古刀にもいろいろあるけれど、荒砥がすべるようなものでなかったことは確かでしょう。
私のこのところの作品も研ぎやすい、どころか軟らか過ぎると言われて、今年はかなり硬くしましたし、久保長光も見るからに研ぎやすそうですよね。

刀の刃味云々も散見しますが、それに触れると長くなりますのでまたの機会に。

フランスに持ってゆく小物つくり、本当に時間がかかって、もー大変です。

789 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/23(金) 19:15:27 ID:/kn4jfjT ?2BP(1000)
>>788
一概にはいえないにしろ古刀よりも新々刀、現代刀が堅いということは平均的に見ると言える訳ですし、それは否定していない。

自分が聞いているのは
研ぎやすくするために柔らかいと言う説についてです。


790 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 19:18:14 ID:HKj4aoFe
>>783
是非コテを付けといてくれ。
あぼーんするのに必要なんだよ。

791 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/23(金) 19:18:15 ID:/kn4jfjT ?2BP(1000)
追記
あ、別にパンツ氏がそう想像した。というならばそれはそれでいいのですよ。
そういう考え方もありますし、それはそれでありえる話でもあるからです。

研師が言っているとの事でしたので、出展をしりたいと思った訳です。
詳しい事はその研師に聞けば分かる訳ですから。

792 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 19:54:12 ID:oRd235LR
叢雲会で話題になるぐらいのホームページだよ
誰だか忘れたけど検索のかけかた忘れたから探せないけど
今でもあるはずだよ
だって松葉のおっさんがネットサーフィンして見つけて
俺もそのページを読んだ事あるんだから
探せばみつかるよ

793 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 19:55:37 ID:oRd235LR
>>790
もう決めたことだからね
パンツという名前は4、5年使ったかな
もうお終い
特に理由は無い
書き込みも従来通り
固定をやめたというだけだ

794 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 20:04:10 ID:oRd235LR

>私のこのところの作品も研ぎやすい、どころか軟らか過ぎると言われて、
>今年はかなり硬くしましたし、久保長光も見るからに研ぎやすそうですよね。


「研ぎやすい、どころか軟らか過ぎる」
この表現を見ても軟らかいと研ぎやすいんだという事が分かりますね

795 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 20:08:53 ID:oRd235LR

>十数年前玉鋼で作った太刀を研いだことのあるT砥師の話では、
>砥あたりはまるで古刀だったとおしゃってました。
>古刀にもいろいろあるけれど、荒砥がすべるようなものでなかったことは確かでしょう


古刀は研ぎやすい
古刀は荒砥がすべる事はない
ここら辺の微妙な表現は素人には理解できません

古刀は荒砥がすべる事はない
現代刀は荒砥がすべる事がある

と言う事でしょうか

796 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/23(金) 20:09:41 ID:/kn4jfjT ?2BP(1000)
>>794
それは当たり前。柔らかい方が研ぎやすいに決まってる。
むろん、やわらか過ぎて捲れるようになるとまた研ぎ難いけどね。

797 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/23(金) 20:11:44 ID:/kn4jfjT ?2BP(1000)
さて、一概にはいえないにしろ古刀よりも新々刀、現代刀が堅いということは平均的に見ると言える訳ですし、それは否定していない。

で、堅いとはなんであろう。自分は二通りあるとおもう。

1:素材そのものの硬度が高い
 むろん堅ければ堅いほど砥石は滑り研ぎ難い訳です。
2:素材硬度は同じでも密度がちがう。
 いくら堅いものでもスポンジ状であれば研ぎやすいと言えるでしょう。

1:素材そのものの硬度が高い理由はなにかと想像するに
 い:まず材料としての鉄合金の組成が違う可能性がある
 ろ:その内のCの含有量のちがい。
 は:焼入れ温度の違い。
 に:焼き戻し温度の違い。
 ほ:あと、経年での軟化

い:俵博士にはじまり各製鋼メーカーなどが調べているようで
やはり少し違うそうです。
近代たたら吹きは古代の小型タタラに比べ高温になるからか、
素材の砂鉄自体の問題なのか、磁力選鋼が駄目だと言う人も居るそうです。
科学的に成分調整為て作刀して見たり、
古刀からカーボンナノチューブが発見されたと言う事から人為的に混入する試みもされています。
今後に期待ですね。
焼入れ性の問題も素材に関わってきますね。近代刃物鋼はこの焼入れ性を高めて、出来るだけ熱処理ムラを無くす方向ですが、刀剣だけは特殊で、できるだけ、焼入れ性が悪く、ムラが出来やすい方が良い訳です。

つづくかも

798 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 20:12:03 ID:KDJE3XtV
781
そんな感じです。
軟らかいこと=折れるよりかはマシという考え方がデフォだという見方ができる >
大賛成、折れるより曲がる方がいいでしょ末古刀はそんな感じが多いね


799 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 20:12:43 ID:oRd235LR
古刀は荒砥がすべる事はない
古刀は軟らかい
古刀は研ぎやすい

という事で
古刀は戦いの度に研ぐ事を想定して
現代刀のような荒砥がすべる
つまり研ぎにくい古刀は無いんだという考え方であったと思います

ポイントは

荒砥がすべる、すべらない

と言う事であると思いますが

800 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 20:21:40 ID:VbSPaQLa
>>797
カーボンナノチューブがアスベスト以上に危険だと云われ始めてますね
使用に何らかの規制が掛かるかも
刀剣界で注目され始めたとゆうに・・・

801 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 20:23:18 ID:JxxYuuKY
>794
剣さんが言っているのは「研ぎやすくする」という「目的」のために「軟らかい刀」が作られたというが、その根拠とする出どころが知りたいと言っている

あなたが引用した松葉刀匠のコメント部分を見る限りでは、ここで言う「軟らかい刀」は「研ぎやすくする」という「目的」ではなくあくまで「結果の産物」のようですよ

802 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 20:25:53 ID:oRd235LR
剣が刀の硬さとはどういうことかと論じていますが、

>私のこのところの作品も研ぎやすい、どころか軟らか過ぎると言われて、今年はかなり硬くしました

このように現役の鍛冶は、軟らかくしたり硬くしたり簡単に修正しておるようです
だから、硬いとはどういう事かなど論じる必要があるのでしょうか

803 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 20:32:42 ID:oRd235LR
>>801
今まで私が書いた事を総合すると、

・古刀は実用品として何度も研ぐ事を想定して軟らかく作ってある

・現代刀の中には全く研ぐ事を想定せず硬い刀を作りやがって研ぎ師を何だと思ってやがる

こういう事が分かるでしょう
現代刀の中にも松葉國正のように研ぎ師に
「お前の刀は軟らか過ぎる」と言われて、今年からは硬くしたと、すぐに修正したという人もいる

804 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/23(金) 20:37:42 ID:/kn4jfjT ?2BP(1000)
2:密度の違いが何処に起因するかと想像するに
 い:鍛練回数のちがい
 ろ:折り返し回数の違い
 は:鍛練時のインパクト(強さ)の違い
 に:焼入れ時の温度・時間のちがい
 ほ:経年による緩み


805 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/23(金) 20:39:42 ID:/kn4jfjT ?2BP(1000)
>>800
ちょうど先程その話をカーボンナノチューブ混入作刀をした刀匠と電話してましたよ。
「おれ、鼻の中真っ黒にしながら、普通に撒いてたよ・・・大丈夫なのか?」


806 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 20:39:49 ID:oRd235LR
簡単に言うと、

現代刀工の中には研ぐ事を全く考えずに
研ぎにくい
荒砥がすべる
こんなもんどうやって研ぐんだよ
不良品だろ馬鹿野郎というような刀を作る奴がいる
という事でしょ

古刀にはそんな刀は全く無い
ちゃんと戦いで使ったら何度も研ぐのは分かってるんだから
その点をよく心得て
研ぎにくい
荒砥がすべる
不良品を作る馬鹿は一人もいない
という事を言ってるんだと思う

俺は最初からそういう風に言ってるんだが
どこか間違っているかい?
どうしてここまで説明しなきゃ分かってもらえんのか不思議なんだが

807 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 20:47:18 ID:n1SzjQEr
>>793
迷惑な人のことは考えないわけだな、ホントカスだな。


808 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 20:48:27 ID:VbSPaQLa
>>805
こまめに中皮腫の定期健診をと言う他ありませんねぇ・・・

809 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 20:50:05 ID:oRd235LR
>>807
カスだよ
だから関わらないでくれ

810 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/23(金) 20:51:24 ID:/kn4jfjT ?2BP(1000)
>>806
別に間違ってない。

自分は常々、欧羅巴や東南亜細亜の伝統刃物は日本の刃物に比べて柔らかい
故に糞だという硬度至上厨に

それを研ぐ砥石が内からであり、道具は手入をして使うものであるので、その土地に出来る手入方にその道具の性能は束縛される。

と唱えていた訳ですよ。

で、日本刀の硬度についても言えるのではないかと考えていた訳なのですが、そういう論理からの思考展開は浅学なため未見でした。
で、自分の理論と同じ事を言っている研師が居ると聞き興味を持った訳です。

ただ、砥石乗りが悪いというものは硬度以外にも密度も関係すると考えられる為、
日本刀の古刀に置ける柔らかいとはどちらであろうかと考えている訳です。

811 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 21:15:56 ID:JxxYuuKY
>810
それを言うためには、古代末〜鎌倉期の中世遺跡における砥石の出土例を網羅する必要がありますね
今の考古学者に刀剣に詳しい人がいるのか分かりませんが、刀子や目貫はわかっても砥石はかなり見過ごされているかも…

812 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 22:35:18 ID:qvKObgVn
件の研ぎ師のサイトから引用

古刀と現代刀では研いだ感触がかなり違います。錆やすさ、錆方も違います。
どちらが良いとか悪いとかを考えずに、研いだときに感じる単純な違いを比べてみます。
刀は個体差があるので全てが下記にはあてはまりませんが、だいたいの傾向として書いてみました。


●どれぐらい違うのか?
現代刀を天然の粗砥や備水砥で研ごうとしてもツルツル滑ってしまいます。
それに比べ古刀は砥石がキチンとかかります。
昔は天然の砥石しか無いので当然といえば当然なのですが、
刃物は研いで使う物という基本原則にのっとり、
昔の刀工は地鉄を意識して軟らかくしてあるのかも知れません。
 
少しオーバーなイメージですが現代刀はガラス的で古刀は粘土のような感じです。
実際、古刀を研いでると金属でない違う素材のような感覚になる時があります。

813 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 22:36:40 ID:RprUU4bP
『軟らかい古刀を研ぐための石』で、
「硬い現代刀」を研ごうとするのが間違い。

『硬い現代刀を研ぐための石』を探すべきだろ。

814 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 22:51:01 ID:JxxYuuKY
>『硬い現代刀を研ぐための石』を探すべきだろ。

これは賛成。さらに言えば、現代刀をきちんと理解し、その扱いに精通した現代刀専門の研師がいても良いと思う。それが人の叡智であろう。

815 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 23:41:26 ID:UWRHEBSR
このスレの住人は刀の話題より値段が高い安い、値上がりするかと金の話しかしない連中だと思っていたが
パンツが出てくると刀の話になるから読んでいて面白かった。(パンツの言い分が正しいかどうかは俺には判断できない)
パンツ ありがとう。

816 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/23(金) 23:58:59 ID:nGkFXHHu
残念ながら考古学者に刀剣に詳しい人はまずいませんね。
砥石に関してもだいたい幕末くらいまでの記録しかないかな?
内曇砥は平安末期頃には使われていた様な事を何かの本で見た気がします。
間違っていたらすいません。
ただ、内曇砥でないと地肌は確認できないと思うので有っておかしくないと思いますが、、、
でないと、鍛えがわからないし。

ここで現代刀と古刀の硬さについていろいろ議論されていますが、今のほとんどの研師(例外としてわずかに天然砥にこだわっている研師もいる)は下地で人造砥を
使用しているので、天然砥ほどシビヤに砥当たりでの硬さ、柔らかさはわからないと思いますよ。

古刀で、名刀といわれる刀は砥当たりがサクサクとした感があり、砥石の効きがいい様な感じがします。(もちろん例外もある)
そして現代刀は、特に電解鉄を使用した刀は滑る感じはありますね。(これも、もちろん例外もある)

817 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/24(土) 00:19:32 ID:KK596kB9 ?2BP(1000)
>>816
>様な事を何かの本で見た気がします
正倉院研磨報告だったような・・・

818 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 01:01:43 ID:kOqk68cK
現代刀は薬を使用して地肌を起こすとよく耳にする。
やっぱり硬いからじゃないの?

薬を使用している研ぎ師って、声かすれてね。
薬吸いじゃねーのかな?

現代刀工も研ぎ師から直に地肌を起こすところを見せてもらえばよろしかろう。

819 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 01:08:06 ID:Wd3OVvZ5
http://www.kanshin.com/diary/1012328

結局、この件の一審判決は現執行部側の全面敗訴となりましたねぇ

みんなの会費・審査料金などが、この裁判のために数千万円単位で浪費されたわけですた

控訴してさらに傷口広げるのかな?他にも二つも係争中だし

金の使い道をみんなに還元するのではなく、自分の保身に使わす凄い経営判断能力だわん

鞘書先生よぅ



腹の切りどころ間違えるなよ

ってもう遅きに失しっているかw

820 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 01:28:15 ID:vK4rEP8V
件の研師は三流研師さんなので、彼の言うお話は無視するが良い。

「柔らかい=研ぎ易い」 これは大きな間違い。
下地研磨のみを考えればそれも大体合っているが、現代刀の柔らか過ぎる刀は
難しい。

現代刀工にとって刀を柔らかくするのも硬くするのもただそれだけをとって言うならば
簡単な事。

現代刀工は冴えさせる為に硬くするが、古名刀は大変柔らかいにも関わらず地刃ともに冴えている。
ここが現古の違い。

821 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 01:44:06 ID:MPzXntUZ
薬品だけならいいがダイヤ砥、ベルトサンダーなんて聞くよ

822 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 02:49:01 ID:6g+v/mBW
薬品って強酸だろ?どこがいいんだ?砥ぎしは楽でいいだろうけど

823 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 06:41:46 ID:0ZEZuW9/
古刀も元々は硬かったんじゃないの?
ただ現代人の知る古刀はもう400年以上も古かったりして、鉄の経年劣化があり柔くなってるだけなのでは?
そこは言っては行けない領域なのかな?
経年劣化による性質変化ではなく、あくまでも古刀などは天才的だから柔らかいと言うべき?

824 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 06:42:19 ID:MPzXntUZ
最近は鍛冶屋が鍛冶研ぎもやらず、すべて研屋に出すから研屋が図に乗る、
鍛冶研位鍛冶屋が研げばその分利益になるのにね。




825 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 06:50:02 ID:94f7T1W3
>>823
400年で経年劣化?何を言ってるんですか?
放置しておくだけで鉄が劣化するという根拠は?
劣化の具体的な数値はありますか?バカですかあなたは。

826 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 08:19:11 ID:0ZEZuW9/
>>825
では反対に変化しない根拠の根拠を出してくれ。

827 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 08:46:51 ID:kOqk68cK
>>820
ずいぶん詳しいじゃねぇーの。
一流研師さんかい? それともお知り合いかい?
薬研ぎの現状についても詳しく教えておくれやす。

828 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 09:04:43 ID:Nh4NqXhW
そもそも鉄が違うですよね。
古刀との鉄の違いがあります。
やわらかいというより、粘りがあるというのもあると思いますよ。
鍛え傷も古刀だとよせて消せることもありますからね。
新刀以降は無理ですし。

昔の刀工は鉄の特性を生かすのがうまかったのだと思います。
今でも極めて精密な先端技術の中では機械ではできなく、
何々さんじゃないとできないとかありますし。

古刀って手持ちのバランスその他、何をどうしたらかは
わかりませんが、よく出来ていますよね。

科学的な考察からも解明できる点もありますが、人間の微妙な勘というか
繊細な方式によって成り立っているのだと思います。


829 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 09:16:48 ID:94f7T1W3
>>826
はあ?何言ってるんですか?
経年劣化をするという説を出しているのはそちらの方ですよ?
証明する責任があるのはそちらじゃないですか。
あと
>根拠の根拠
ってなんですか?日本語勉強してください。

830 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 09:55:57 ID:emE19B8w
中国で表面をクロム処理した剣が発掘されているけど、刃物の敵は錆び。
錆びにくい鉄処理を試行錯誤したら古刀のような鉄ができたということ
はないのかにゃ。
個人的には、つるつるすべる刃物って、切る目的に限ればそうでないもの
よりよい刃物だと思う。


831 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 10:02:13 ID:RgPc4xt/
鉄は酸化しますからね、手で触れただけでも直ぐ錆てしまう汗や体液は大敵。

832 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 11:50:01 ID:V3m1MJ0j
フツーに考えて400年経てば、劣化するだろ?
空気に触れているだけ酸化するんだから・・・
400年1日も油を欠かさない事も考えにくいし、油も酸化する。

833 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 11:54:14 ID:fV9X7ewi
>>832
一文字の上杉太刀、北条太刀は製作から700年以上経っているのに
うぶ刃が残っている。つまり製作されてから殆ど研がれていない。


834 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 12:28:23 ID:AygWbjst
>>832は一般論を言っている。

間違ったことは書いていない。

>>833は特例ではないか!?

835 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 12:36:32 ID:GQLgEfO0
>832
我々に身近な鉄という金属は不思議なことに様々な製造条件下で全く違った性質が表れるし、何より保管という人の手が加わることで何百年間もサビという劣化は防がれる
刀剣の他にも、室町時代の鉄仏や建築材(城郭の古釘など)が好例

836 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 12:50:39 ID:AygWbjst
>>835
ですから、一般論 「フツーに考えて」ということ。

400年大事に保管というのは、少ないしかなり厳しいのではないかなぁ?
天災もあるだろうし

837 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 13:02:54 ID:Nh4NqXhW
劣化というより、むしろ熟成されて強くなっているという見方もできますよね。

仏閣なんかの釘は1000年くらい前の釘でもいまだに使える優れたものですよね
今のものより丈夫ですし

経年劣化というより経年変化でもいいかもしれないです。
でもどちらにせよ、上記で語られてきた経年によるものというより
元からの特性といったほうがよいと思います。



838 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 13:06:05 ID:rFw9jh8U
>熟成されて強くなっている

('A`)

839 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 13:07:35 ID:AygWbjst
室町時代の鉄仏や建築材(城郭の古釘など)の例えは、
「好例 」というより「特例」では?

ここは、日本刀スレだし




840 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 13:08:14 ID:GQLgEfO0
>836
じゃあ一般論で
・錆びた鉄は還元や炭素量を調整してリサイクル
・鉄製品のうち、(広義で)鋼といわれるものの中にはサビに強いものがある

これでよい?

841 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 13:11:21 ID:Nh4NqXhW
鍛冶の技術との兼ね合いもあって関係あるようですよ
古釘とか。鍛冶の技術も日本刀と同じく鎌倉時代の評価が高いですし

>熟成されて強くなっている
は戯れなんですけどw


842 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 13:25:17 ID:MPzXntUZ
現代刀工は冴えさせる為に硬くするが、古名刀は大変柔らかいにも関わらず地刃ともに冴えている。
ここが現古の違い>
よくご存じで。
鍛え傷も古刀だとよせて消せることもありますからね。 新刀以降は無理ですし>
現代刀も寄金は出来ます、刃の中の傷は古刀も現代刀も無理。
初刃が付いていても研がれている刀もある。

843 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 13:37:52 ID:rFw9jh8U
今のスレの話題と関係ないから。ky

844 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 14:16:35 ID:wB3I/hQ7
経年変化云々で古刀スキーと現代スキーが揉めてるようだが、
経年変化より金属疲労は確実にあるのでは?証明されてるんじゃないの?
まあ、かくいう俺は古陶刀スキーだけどね。

845 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 14:20:03 ID:x173FVFV
戦国時代の連中は200年、300年前の刀を短くして使ってたんだろ
その程度の時間なら実戦使用には何の問題も無いっちゅうことだろ

846 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 15:07:56 ID:GQLgEfO0
まとめる義理もないがそろそろ別の話も見たいので一言
>経年劣化(変化)
この言葉は刀剣鑑定に例えれば「数打ち無銘の極めどころ」と同じで、議論や実証が行き詰まった時の「落としどころ」なんです。悪い言葉でいえば「思考停止寸前」ということ。だって誰にも証明できないんだもん
ちょっと前に剣さんが挙げた説を見ても順番は一番最後になってるでしょ?すなわち議論するにしても一番最後の話題だし、科学的な見方ができないから多分まとまらない。

従って、この話はこれくらいでやめないか?

847 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 15:10:16 ID:W1AJEoNf
>>844
純度の高い鉄は酸化皮膜で守ってるから、
まったく劣化しない分けじゃないな。
劣化の速度が材質の含有量で違うだけ。
鉄も表面積や磁気で影響を受ける。
熱湯程度でも焼きが戻るし、北海道だと低温脆性の影響も受ける。
ま、普通に保管してある分には、砥石のあたりが変わるほど変化無いだろ。

848 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 15:13:50 ID:MPzXntUZ
戦国時代の連中はその時代の刀を使っていたでしょう、戦国時代から
200年前だったら応永、300年前だったら鎌倉から吉野朝時代だから
当時でも大事にしていたと思うよ、たぶん。

849 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 15:18:57 ID:BdekqxVd
鉄は金より貴重に扱われていたと言います。

850 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 15:20:53 ID:MPzXntUZ
過去未来鉄が金より貴重には扱われない。
昔は鉄を大事にしたのは確かです。

851 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 15:22:23 ID:x173FVFV
>>848
何を根拠に言ってるんだ?
戦国時代の武士が300年前の太刀を短くして戦争に使って
汚くなったら捨てちゃったのは事実だろ

852 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 15:28:17 ID:BdekqxVd
過去には、鉄(製品)の方が大切にされた時代は有ったのですよ

853 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 15:31:07 ID:MPzXntUZ
一部はそうかも知れませんんがほとんどは当時の現代刀と思いますよ、
根拠は当時でも200、300年前の刀は高いです、200と300
年の百年の差の意味分かります?

854 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 15:32:37 ID:MPzXntUZ
852さん
そんな時代があったのですか?飛鳥時代とか?

855 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 15:34:42 ID:x173FVFV
>>853
大量生産に移行する前だからでしょ
そんな貴重品の話をしてないし
なかなか話が前に進まんね
俺が前に進めなきゃならんのか
お互いが進められるのがベストだが

856 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 15:37:24 ID:BdekqxVd
金の価値はあくまで希少価値で、歴史をもっと長い尺度で見た場合、新しい価値観と言えます。




857 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 15:41:43 ID:MPzXntUZ
855
了解

858 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 15:46:09 ID:x173FVFV
ほとんどの戦国大名が鎌倉時代の刀を使ってるのはどういうわけか

859 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 15:50:58 ID:BdekqxVd
>>858
家の威信を懸けて戦う事に、先祖伝来の刀を使ったのではないか?と推測してみる


860 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 15:51:05 ID:x173FVFV
織田信長は、へし切り長谷部という南北朝の刀を愛用して
それで殺人を行ったという
織田信長という人は
目の前に落ちているゴミを拾わなかったという理由で女の子供を殺した記録も残ってる
とにかく気に入らないと、周りの人間を切り殺す
その織田信長が無造作に使っていたのが
今の国宝なんだよね
みんな古い刀を平気で使ってたと思うよ

861 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 15:52:52 ID:fBezw5zQ
ttp://konogoro2ch.blog117.fc2.com/blog-entry-119.html

これは酷い・・・

862 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 15:53:13 ID:MPzXntUZ
大名はお金持ちだから鎌倉刀を使う、大名は特別。

863 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 15:56:55 ID:BdekqxVd
>>860
信長が古来の名刀を、自分の身丈に合わせて、あっさり摺り上げた事を賞賛した記述も残っている辺りを考えると、
既に刀が実用品以上の価値を持っていたと考えられます。
みんなに出来た事とは、到底考えられません。

864 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 16:06:16 ID:rhv1HH6I
中央を制して田舎大名なんぞ比べ物にならない富を握っていた織田家は別格中の別格。
その信長ですら磨り上げるべきかどうか専門家に意見を聞いているぐらいだからな。
平気で使っていたならわざわざ相談なんぞしない。

865 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 16:08:47 ID:x173FVFV
だから全てが名刀ではないでしょ
織田信長がそうであれば
家来だって真似して古い刀を持つでしょ
そして使うでしょ
汚くなれば捨てるでしょ
金属疲労だとか気にせず
200年300年前の刀を使っておったといいたいのよ俺は
最初からそう言っとるでしょ

866 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 16:47:30 ID:LFLO7Mz6
ハイクラスの大名は名刀が多いと思うけど、信長のすり上げは性格も有るでしょう。
殿は斬り合い差し合いしないからね。

867 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 16:50:40 ID:LFLO7Mz6
200年、300年と言いますが100年違えば金、形が違うし価値も違う。


868 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 17:00:45 ID:LFLO7Mz6
信長の直参だったらそこそこの刀は所持していると思う。

869 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 17:24:20 ID:5Jfm6DKm
刀は昔の合戦では使われて無いとか言われてるけども集団戦闘での乱戦時の時とかには槍を捨てて刀で戦ったみたいだよ。因みに打刀ではなく太刀のほう。

870 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 17:38:11 ID:quN9wxMq
>>851
パンツのレスは読みたくないと云っておろう。


871 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 17:39:35 ID:rhv1HH6I
>>869
……なんで徒歩戦闘にわざわざ太刀を使う必要があるんだ?

872 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 17:46:27 ID:quN9wxMq
>>863
そんな話は聞いたことがない、百姓上がりの秀吉がやったのは聞いたことがある。


873 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 17:51:28 ID:rhv1HH6I
>>872
振分髪正宗を知らんのか?

874 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 17:59:40 ID:quN9wxMq
>>873
伊達政宗か?秀吉、信長って説もあるけど。
どのみち不確定な要素「振分髪正宗」なんて云ってる時点で馬鹿だな。


875 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 20:32:05 ID:MPzXntUZ
集団戦闘での乱戦時の時とかには槍を捨てて刀で戦ったみたいだよ>
重ね身幅厚い平肉のある短めの刀の方がいいと思いますが?
太刀と刀って差裏表の差と何が違うかな、形状かな?


876 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 22:05:42 ID:z0MwljSP
話を遮って申し訳ないのですが、黒田家伝来として名高い
「金霞鮫青漆打刀拵」の鍔ってどんな形なのかわかる資料は
ないものでしょうか。

いくつかの本やサイトの写真を見たんですが、鍔の平面形が
わからないもので・・・。

877 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 22:54:56 ID:kZezhn8X
平成20年5月20日判決

主文

1 原告らが被告に対し、労働契約上の権利を有する地位にあることを確認する。

2 被告は、原告後○○○に対し、平成18年9月から本判決確定まで、
  毎月10日限り69万0076円、毎年6月15日限り168万3794円
  及び毎年12月10日限り184万4156円並びにこれらに対する
  各支払期日の翌日から支払済みまで年5分の割合による金員を支払え。

3 被告は、原告野○○○○に対し、63万3326円及びこれに対する
  平成18年12月11日から支払済まで年5分の割合による金員並びに
  平成19年4月から本判決確定まで、毎月10日限り36万7268円、
  毎年6月15日限り82万8063円及び毎年12月10日限り90万6926円
  並びにこれらに対する各支払期日の翌日から支払済みまで年5分の割合による金員を支払え。

4 被告は、原告日○○○に対し、、59万9838円及びこれに対する
  平成18年12月11日から支払済まで年5分の割合による金員並びに
  平成19年1月から本判決確定まで、毎月10日限り35万0208円、
  毎年6月15日限り79万7487円及び毎年12月10日限り87万3438円
  並びにこれらに対する各支払期日の翌日から支払済みまで年5分の割合による金員を支払え。

5 訴訟費用は被告の負担とする。

6 この判決の第2項ないし第4項は、仮に執行することができる。



これって、合計幾らくらい払えばいいの?
清麿買えそうですか?

878 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 23:06:30 ID:x173FVFV
葵美術のページってやたら売却済みが並んでるけど
本当に売れてるの?

879 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 23:16:53 ID:YOeoi0Ts
>>877
そこに出ている単位から考えて清麿は無理だと思う。
短刀の出来の悪いものでも1000万はするからね。
>>878
売れているみたいだよ。
値段自体が銀座と比べると安いし高級品は扱っていないから
売れやすいんだと思う。


880 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/24(土) 23:19:07 ID:x173FVFV
>>879
本物の清麿
ただし無銘だが
特別保存
460万円
しかも高吉
http://www.bidders.co.jp/item/104200189
http://www.premi.co.jp/w-kiyomaro01.htm

881 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 01:48:30 ID:gON8PtJk
無銘の清麿の脇差が460万ってどうなんだ?
高吉だからボッタクリ価格?


882 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 01:57:46 ID:FH4iLAIs
何で上杉謙信って刀の鍔を嫌って鍔がない拵えを愛用したのだろう
変わったオッサンだ

883 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 02:12:50 ID:FOypUTw7
>>879

>>877の2は21ヶ月分、3と4は17ヶ月分。それにボーナス?3回分。
これに割り増し料金だから結構いくんじゃ・・・

相手の裁判費用も相当高いんだろうし

884 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 06:37:32 ID:s5RYS83J
よく刀屋で買取保障をしているとこあるよね
「当店でお求めの刀は○%で買い取ります」とかね
あれはどこの店でもあることなの?
刀って資産価値のあるものなの?
お金が必要になったとき売れるのかね?
素人○出しでスマソ

885 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 06:48:26 ID:D0WNc76o
>>884
>あれはどこの店でもあることなの?

無い店もある。

>刀って資産価値のあるものなの?

資産価値はあるよ。

>お金が必要になったとき売れるのかね?

売れます。


886 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 08:07:00 ID:s5RYS83J
>>885
何処で売るのが一番良いですか?

887 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 08:28:11 ID:wPMko4Hp
江戸時代、伊達政宗が登城したとき他の大名に「政宗殿だけに、お腰の脇差しも正宗でござろうな」と
からかわれたとき「もちろん」と言ってさっさと自分の城に戻ると、自分の刀に正宗はあるのか調べさせ、
太刀があったのでそれを短くして脇差しにし、本当に正宗の脇差しをさして登城したと言われている。
徳川とかの城に登城するさいは脇差しまでしか許されずに居たので脇差しに力を入れている大名が
当時は多かったとか。
で、貴重な正宗は、伊達政宗のバカのせいで脇差しになってしまいましたとさ。めでたくないめでたくない。

888 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 08:30:08 ID:qsVkDwyq
誰でも知ってる刀剣豆知識はいらねーよ

889 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 09:10:24 ID:kLmbZjRy
>>884
あまり当てにならんよ。
売る時は「当店でお求めの刀は○%で買い取ります」とか調子のいいこと言うが、
いざ買い取ってもらおうとその店に行ったら「このご時世景気が悪いので」と言
い包められて結局安く買い取られるパターン。

だから刀剣愛好家は減っていき、自分達の首を絞めているわけだよ。

890 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 10:03:08 ID:D05uiTmX
詐欺じゃん。

891 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 11:00:46 ID:s5RYS83J
刀剣商ってやはり鷺の集まりか・・・・

892 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 11:07:46 ID:TIfUrwcP
>>882
室町期から安土桃山期のいわゆる「打刀」は「腰刀」の様式から発展したものなので、
鍔がなく柄も片手持ちの短いものが普通だった。
副装備として帯に差しといて、片手ですばやく引き抜いて斬り付けるものなので
(だから返角は必須)。
数少ない現存品には刀身は二尺近くあるのに柄は五寸ちょっとしかないものが
あったりする。

上杉家伝来の打刀の数々はその時代の様式で作られているので、鍔がない。

腰に差す[打刀]にほぼ必ず鍔が付く様になるのは、天正期のあたりから。


893 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 11:16:34 ID:FH4iLAIs
>>892
鍔が付いてないのは上杉謙信の刀だけじゃん
他の大名のは全員付いてる
上杉謙信は一世代前のタイプを使ってるって事か
田舎だから流行に乗り遅れたかな
謙信の好みで鍔がないと聞いたけどな

894 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 11:38:30 ID:NoslNguu
謙信は懐古主義者だからね。

895 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 11:40:22 ID:TIfUrwcP
>>893
上杉家伝来の刀は「家宝」なので後に拵え直したりしてないので
作らせた当事の拵えが今もそのまま残ってるということ。

当事の武将は流行が変わると拵えも流行りに合わせて作り直す人が
多かったから、最初に作られたままで残ってるものは少ない。

拵えと刀身がセットになっているものでも、刀身は鎌倉期くらいのものでも
現存する拵えは江戸期に作り直されているものが多い。
有名な「童子切安綱」だって拵えは江戸期のもの。

ただ、鍔のない合口拵えの様式が上杉謙信の好みだったのは確かなようだ。

896 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 11:42:17 ID:FH4iLAIs
>>895
桃山に作られた大名の拵えなんていくらでも残ってるでしょ
謙信以外は全部鍔が付いてるって

897 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 11:42:27 ID:wPMko4Hp
上杉謙信は女だったからじゃないかな。
鍔は男の付ける物。鍔がなければチンポみたいだし男に見えるかも、とか。

898 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 11:42:43 ID:TIfUrwcP
>>896
ではそれを例示して。

899 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 11:45:08 ID:FH4iLAIs
>>898
そうですか
すいませんでした

900 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 11:46:21 ID:pJO3Df/S
海外の日本刀市場を見てきたが、国産品の刀はどこでもほぼない。
大抵が中国製品値段は2万5000〜8万円
鍔や柄等も結構しっかりしていて、刀身の見た目も綺麗にできてる。
刃紋も見た目だけなら、いまの工業化学技術なら入れるのは容易いかも

海外では日本円の15万でもかなりの額、月5万以下の所得の国が
圧倒的に多い、中国製がでまわるわけがわかった気がした。

下記中国製日本刀(中国製の時点で日本刀でないが・・
綺麗な木製の刀箱もついてるらしい
輸入できるなら居合、試斬なんかこれでできればかなり安上がりかも
模擬刀と値段同じくらいだしね。
http://209.85.171.104/translate_c?hl=ja&sl=en&u=http://www.swordsofmight.com/index.asp%3FPageAction%3DVIEWPROD%26ProdID%3D142&prev=/search%3Fq%3Dswordsofmight%26hl%3Dja%26rlz%3D1T4ADBF_jaJP243JP244

901 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 11:47:44 ID:FH4iLAIs
こういう奴は相手にするだけ無駄だ
議論のための議論だ
何でそんな例を示す必要がある
馬鹿じゃないか
裁判をやってるんじゃない
誰でも知ってる一般常識を証拠として提出させる意味が分からん
人を馬鹿にするのが目的としか思えん
議論のための議論だ
真実の探求には程遠い
不誠実な態度だ
ID:TIfUrwcPの家庭教師じゃねえんだよ俺は

902 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 11:51:55 ID:FH4iLAIs
何で上杉謙信って刀の鍔を嫌って鍔がない拵えを愛用したのだろう
変わったオッサンだ

903 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 11:57:13 ID:FH4iLAIs
拵えってのは全然分かってないのかな
詳しい人間がいないな
上杉謙信が鍔を嫌うというのはかなりの異常行動だが
それでもその理由が伝わってない
拵えの話題はタブーだったのか
上杉謙信はなぜ鍔を付けないかその哲学を家臣に説明しなかったのか
上杉謙信は戦争の作戦も家臣と相談せず
自分一人で考えて命令するだけのワンマンだったという
鍔を付けるなと命令しただけで理由は言わなかったのだろうか

904 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 12:01:34 ID:FH4iLAIs
検索して出てくるのは、

鍔を用いないのは,反りが高いので先が軽過ぎてしまう為であろうが,
実戦で使用する場合は利き手の拳がノーガードとなるので太刀打ちでの戦法も変り,
相当なハンデとなる。
しかし,上杉謙信の佩刀には他家には例の無いこの様な合口式の拵えが多い。


つば(=相手の刀から自らの手を守るもの)が無い、
つまりはわが身が傷つくことをも恐れないという謙信の思想を表しています

905 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 12:10:25 ID:FH4iLAIs
とにかく謙信だけでなく養子の景勝も鍔のない拵えを使い、
上杉家には鍔のない拵えが何本もある
これは明らかに上杉謙信の哲学だろう
異風を好む派手好きなという拵えは
安土桃山の頃はいくらでもあっただろうが、
上杉家の鍔無しというのは異風好むじゃないと思う
病的な謙信個人の哲学から生まれたと思うがどうだろう

906 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 12:31:10 ID:FH4iLAIs
刀剣と歴史はやっぱり売ることにしたみたいだな

東郷平八郎贈呈刀【保存刀剣】
http://www.geocities.jp/wbcjp/horiike.htm

値段は伏せたようだが初回の提示は220万円
ページもリニューアルして
カウンターまで付けて
刀屋みたいになってるぞ
どうせなら刀の全身の画像も見せてくれればいいのに

907 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 12:32:44 ID:FH4iLAIs
というか
俺は刀より50万円の短刀のほうが欲しいや

908 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 13:04:16 ID:TIfUrwcP
>>900
これだと銃刀法上の規制に引っかかるから輸入も所持も出来ないな。

でもこの手の製品はヤフオクを始め海外外サイトから日本向けに結構普通に
売ってるなぁ・・・。

909 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 13:12:27 ID:FH4iLAIs
刀剣と歴史の東郷平八郎贈呈刀は今まで保存刀剣と書かれてなかったのに
売るために保存を付けたのかな
特別保存にはならないのか

910 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 14:01:43 ID:F4K3vsXj
刀剣と歴史のオッサンはブローカーだからね、
刀屋から値切ってはくれるが完全に間抜いてるからね、自分で値引き交渉出来ない恥ずかしがり君には利用価値が有るが、
自分自身で交渉出来る人は、間に入れると損です。

911 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 14:09:02 ID:pJO3Df/S
>>909
特別保存は明治中期作品ではとれないはずです。

人間国宝の刀でも死んで数十年して初めて保存申請通るくらいなので

刀の出来がいいからといって特保や重要にはならない、
重要だから健全で出来が良いとも限らない。

歴史や付加価値、資料価値も含まれるので、刀に関しては紙切れみるより
出来を見たほうがいいですなやはり

保存〜特重の基準判定については検索すれば乗ってるはずっぽ

912 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 14:13:18 ID:FH4iLAIs

保存刀剣

(5)明治・大正時代の刀工で出来のよいもの、またそれ以降の物故刀工の作は、
生ぶ茎・在銘で出来のよいものに限る

特別保存刀剣

※なお、保存刀剣(5)のなかで、その刀工の傑作と認められる場合、合格とさせることができる。



というわけで、傑作なら明治でも特別保存に合格するようです
刀剣と歴史の東郷平八郎贈呈刀は傑作ではないのかな

913 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 14:20:14 ID:FH4iLAIs
>>910
あと別に俺は刀剣と歴史のファンじゃないから
勝手にお前の解釈に俺を当てはめんでくれよ
何も知らないくせに

最初は220万円で譲りますと書いてあったんだよ
それが2chで紹介された
そしたら次の日に、220万円という値段が外され寄贈予定に変わった
そして、また、寄贈予定が外され値段を表示しない販売に変わった

そういう状況を含めて
刀剣と歴史を楽しんでいる
また、刀剣と歴史も2chを監視している可能性がある

914 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 17:04:17 ID:QaGaqW5R
↑910の人は親切に教えてくれただけで解釈になんてお前を当てはめてない
じゃん!
なにトチ狂ってるんだ?アホか!?

915 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 17:06:32 ID:FH4iLAIs
>>914
>自分で値引き交渉出来ない恥ずかしがり君


目が見えねえのかクソ野郎
キチガイばっかりかこのスレッドは
攻撃的な馬鹿野郎を多いな

916 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 18:30:45 ID:WM9Ga1yg
自意識過剰だな。一般的に言ってるだけだろ。
「君の様な・・・」とか付いてれば個人を指してる事になるが。
攻撃的なのはお前だけじゃw

917 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 19:11:30 ID:El5Sm7MU
>877
ハハハ
○○からきた書類ですね。
高け〜給与払っていたんだね。

918 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/25(日) 19:45:13 ID:5WhdZ27F ?2BP(1000)
キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!


目標以上を頂き、ちょっと
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

6月3日東京にいきます。

パンツ氏新宿まででてこれない?


919 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 20:19:05 ID:4onnUvkp
>>918
入賞したの?


920 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 20:24:08 ID:9/HTX9Gn
>918
努力賞・新人賞かな?おめでとうさん!!

921 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 20:32:07 ID:4onnUvkp
表彰式のため上京という状況か。

922 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/25(日) 20:40:09 ID:5WhdZ27F ?2BP(1000)
ありがとうございます。

優秀賞をいただきました。

新人賞は作刀部門だけですのでありません。

923 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 20:45:19 ID:El5Sm7MU
剣氏
優秀賞ですか、おめでとうございます。
師匠を超える彫りを期待していますよ。

924 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 20:45:25 ID:BDzokfUB
>>913
メールしたらもう寄贈されたそうです。
ついでに刀を買いたいとフェイントかけたら
どうしても欲しい刀が見つかってからのほうがよいとも言われた。

925 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 20:48:06 ID:nyKjCnL6
>>918
受賞おめでとうございます。作品が見たいので出来たらUPしてください

926 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 21:23:00 ID:Qa/PC3Yc
日本刀ではないんですけど、薙刀で刃渡り40cm程度ですが、白鞘ではなくて、日本刀のような
拵えに作り直すことは可能でしょうか。よく薙刀治しの脇差しとかあるし、可能かなと考えまして。
ただ薙刀なんで形の問題もあるし、変に作り直さない方が価値あるんでしょうか?
無名なんで二束三文の薙刀なんですけど。
切れ味は日本刀のごとき切れ味があります。日本刀にも負けてないです。
あとは見栄えを良くしたいんです。

927 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 21:24:43 ID:4onnUvkp
初出品で努力賞飛び超えて優秀賞とは・・・・・

おそるべし重恒

928 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 21:28:05 ID:FUbZkV3y
>>917
良く読むとハ○シ理事が診療所潰れて困ったから自分の増額図るためにお偉いさんの給料Up提案したらしいですね
人のこと非難しておいて、果たしてご自身はその分返上したのか?

あと、
>>877の2の給料が高いのは事務局長と理事の分を兼ねているからだろう
ということは、いまの職員兼理事の二名も似たような給料もらてんだろうね

929 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 21:32:49 ID:9/HTX9Gn
>922
お〜っ、すばらしい!これからは先生と呼ばなければいけませんね
更なる精進で一気に無鑑査だ!!

930 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 21:37:08 ID:FUbZkV3y
>>877の3と4は月給36万7268円と35万0208円(源泉前?)
60過ぎだとしてこの値段は一般的にかなり高い方なの?

931 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 21:49:07 ID:FZNF/aW1
剣恒光おめでとう!


932 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 22:05:20 ID:qsVkDwyq
剣さん、おめでとう。

933 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 22:05:44 ID:szJoPSTU
剣さん おめでとうございます。
いつか、私の刀にも彫り物いれてほしいなぁ。

934 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 22:09:54 ID:Qa/PC3Yc
剣さんおめでとうございます。
物は相談だが、2ちゃんねる刃物板の住人限定で2割引とかで彫ってくれるとかイベントしてくれません?
もっとも剣さんの彫り物が元々おいくらなのかわかりませんが・・・
不動明王とか彫って貰いたいですね。

935 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 22:13:16 ID:szJoPSTU
刀匠がコンクールなどに出展するために鍛える時に、カゲウチってしますよね?
そのカゲウチは、その刀匠の気合いが入った刀と位置づけされるのでしょうか?
砥ぎもすばらしく、ハバキも金+銀の二重で、今まで私が見たこと無いようなすごく精密な組み合わせ方がされていたもので。

936 :名無しの愉しみ:2008/05/25(日) 22:15:54 ID:Sv99vYTy
おおっ!剣さんオメデトウゴザイマス。
何かお祝いしたい気分。

937 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 22:31:11 ID:El5Sm7MU
>928
T氏、タクシー通勤は周知のこと。

938 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/25(日) 22:54:37 ID:eWvMyKok ?2BP(1000)
>>all
皆さまありがとうございます。

>>925
なんかどこのうp板も不調だ・・orz
軍用鱧のうp板に間借り
ttp://0bbs.jp/tsurugi_t/img506_2
重いけど。

正直、自分では今一だと思っています。
全体像に対し、顔が小さい。
鱗を一枚一枚彫っていくのだが、何かつじつまが合わず誤魔化した場所がある。
目つきが気に入らない。
まゆ毛が研ぎ当たりしてる。
脛毛?の毛彫りが・・・・orz

因みに彫るのに5ヶ月かかりました。

>>929
まだまだ修業が始まったばかりです。
これからこれから

>>933
現代刀でしたらいつかそのうち
古い刀は偽物造りになるので、

>>934
まだ修業中の為、値段とか全く分からないです。

939 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 23:03:02 ID:qsVkDwyq
>>938
うほ。うpありです。

あえて粗探しすれば、
課題は、目つきと、腰から尻尾のラインのしなやかさが足りない とか言ってみるテスト

940 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/25(日) 23:08:46 ID:eWvMyKok ?2BP(1000)
>>939
>腰から尻尾のラインのしなやかさが足りない
気づきましたか
自分も彫った後写真を見てあれ?なんだこれ?
と、思った。

目つきは難しいです。まぁ全ての絵画・彫刻は目が難しいそうですが。

941 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 23:35:02 ID:s9uR3Wnq
素人だけど竜好きな俺から。
ご自身が言っている所もそうなんだけど、全体の躍動感が無い?
そして何処か違和感がある。

何処だろう?尻尾の先?角?

「眼」は作品の命。コレを失敗したら全て台無しだと思う。

彫刻も出来ない素人がなんとなく思っただけなのであまり気にしないでね


942 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/25(日) 23:41:57 ID:eWvMyKok ?2BP(1000)
>>941
>何処か違和感がある。
首が細過ぎるからかも
しっぽの先は剣形のものとこのような○留めのものがあるのですよ。

躍動感は難しいですね。一ヶ月毎日下絵を描きまくったのですが。

943 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/25(日) 23:47:52 ID:FH4iLAIs
ヒゲが焼き刃に刺さってる

944 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/26(月) 00:01:59 ID:cQjMuyea
各部位の厚みの取り方は、立体感が感じられていい感じ
腿のところとか、腹側とか

945 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/26(月) 00:05:20 ID:VvYJ/x2i
まぁ、三年でこれだけ彫れればよろしい。
賞を取ったからと満足せず、自分に厳しく仕事をしてもらいたい。
あとね、研いだ研師の下地(ケリだらけ)がヘタなんだよね。
だから、あと2,3回研ぎをかけたら、剣ちゃんの彫りはヤバイことになるかもしれないよ。

946 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/26(月) 00:06:31 ID:/bdVcXwF
というか彫刻が焼き場に刺さってるのを初めて見た

947 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/26(月) 00:22:14 ID:H9IoVgJY
尻尾の丸留めは初めて見たから違和感を感じたのかな。
首はひねり部分がおかしい。尻尾側からラインを引いていくと、背ビレが見えるであろう所が鱗になってる。
細すぎるのもひねり部分でおk?
あと、今気付いたんだけど鱗が大きすぎる。だから細やかな動きが表現できないのかなと。
これも相当苦労したとは思うけど・・・

気にするなと言っておいてなんだけど、やっぱり気になったんで
ごめんなさい。



948 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/26(月) 00:22:20 ID:/bdVcXwF
でもまあ、調べてみると、ある事はあるんだな
別にご法度じゃないのか
鈴木嘉定の「短刀」に載ってる日州住信濃守国広作という短刀は
字も焼き刃にハミ出してるし、
丸っこい坊さんみたいなのが(睡布袋というらしいが)焼き刃に半分以上ハミ出してるわ

949 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/26(月) 00:51:56 ID:DtsqgpAh
だからどうしたの?(笑)

950 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/26(月) 01:00:10 ID:XrxFanYR
剣さんの竜好きだな−。もう虎徹とか超えましたね。虎徹の彫り物なんて赤子同然ですよ。
自信を持ってください。故人はもう成長しないけどまだまだ剣さんは成長出来るんですから。
「虎徹?ああ、あの大黒天の人ね。下手くそだよな」と言えるようになると期待している。

951 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/26(月) 01:06:58 ID:3ZLXwhea
受賞式にパンツがパンツ被って乱入し、>>413に書いてあることを本人達の目の前でぶちまける。
そこえM葉刀匠(合気道師範)に取り押さえられ、パンツがパンツ剥ぎ取られ「僕はこんチワワで〜す?!」とギャグをかます。
そしたら「何だそれ?」と剣氏に突っ込まれる。

あ〜つまらんことを想像してしまった。

952 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/26(月) 01:12:56 ID:XzvMmwWx
>>951 寒いから消えてくれる?オッサン

953 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/26(月) 03:35:29 ID:/bdVcXwF
>>949
だからどうしたとはどういう事だ?
剣のヘタクソな彫刻について語ってやってんだぞ
ありがたく思えや
本来なら溶かして捨てる程度の代物だ

954 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/26(月) 03:41:50 ID:/bdVcXwF
俺に金があったら重要刀剣とか買いまくって
田野辺探山の鞘書きの白鞘を全部引き抜いて山に積み上げて燃やして
全部、白鞘を新調して、また市場に放流する

955 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/26(月) 03:45:14 ID:/bdVcXwF
グーグルで田野辺探山を検索すると俺が書いた悪口ばっかり出てくる
ざまーみろ田野辺

956 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/26(月) 09:49:25 ID:Gv8DwMgM
>>926
可能だが金具(とくに鐔、切羽が少ない)の入手がけっこう大変。
だから鐔無しも考慮しておく。鞘は注文になり、塗りがけっこうする
のはご承知の通り。拵付きのものに買い換えた方が
安い場合がある。


957 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/26(月) 09:52:55 ID:Gv8DwMgM
>>956
あっと、勘違いしてました。日本刀型にしたいのね。これは改造しない限り
むりです。


958 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/26(月) 10:09:49 ID:yzDGz6YF
>>872
マジレスすると史実の秀吉は農民出じゃない

959 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/26(月) 10:17:46 ID:oLbCgxM4
>>958
どのみち不確定な要素「史実の秀吉」なんて云ってる時点で馬鹿だな。

960 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/26(月) 10:23:22 ID:/bdVcXwF
>>958
それを言う奴を2chで見た事があるけど、
秀吉が最初に今川義元に仕官した理由
あっさりと解雇された理由
秀吉が最初に仕えた殿様を非常に大切にして
のちに自分の直参大名に取り立てたという辺りを聞いたら
何も言わずに逃げたんだが
それについて教えてくれ

961 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/26(月) 10:27:12 ID:/bdVcXwF
通説では秀吉の父親は足軽だっけ?
そんで合戦で怪我をして帰農して死んだんだよな
母親の再婚相手が秀吉を虐待した
秀吉少年は家を飛び出し放浪の旅に出た
それの何が違うのか

962 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/26(月) 14:20:00 ID:/bdVcXwF
松葉國正が日本美術刀剣保存協会会長賞
片山重恒が優秀賞
刀剣界の暗黒時代にふさわしい名前が並びましたね

林先生ばんざーい
田野辺先生ばんざーい
小林先生ばんざーい

三馬鹿はやく辞めろー

世間一般は怒ってるぞー

963 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/26(月) 14:54:00 ID:/bdVcXwF
片山重恒が
努力賞の一つ上の優秀賞という事だが
4月の佐々淳行の、できるだけ多くの署名をとって本部に送れ
という命令に、剣恒光の名前ではなく片山重恒の名前で
mixiや2chで多くの署名を集め協会本部に送った
この政治的な功績が認められて
努力賞の一つ上の優秀賞という事になったという
そう思われても仕方が無い

964 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/26(月) 15:01:34 ID:KVSNa18G
剣が優秀賞か。凄いッス。
これで後々の億万長者確定か。うらやましい。

965 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/26(月) 15:02:44 ID:/bdVcXwF
世渡り上手って事なんだろうけど
食っていかなきゃならんという事なんだろうけど
あまりに露骨だな
悪いと言われる奴が上に行く世の中だが
田野辺大先生の「片山を面倒見てやれ」の一言で
刀剣商から仕事の依頼が来る世界だろ
やり方は間違ってないんだろうけど俺には無縁の世界

966 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/26(月) 15:20:21 ID:/bdVcXwF
だいたいコンクールをやってて
そのコンクールに出品してる片山重恒が
コンクールの審査の最中に
協会の指示で多くの署名を集めて本部に送った
そして賞を貰った
これを世間はどう見るか
こういういい加減さが国会で問題になってるんじゃないですか
何をやってるんだ刀剣界は
まさにKYですよ
性根が腐ってる
根本的に腐ってるんだよ

967 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/26(月) 15:36:49 ID:gqEfg4u3
自分に何も無い男の嫉妬は 醜いね。

剣オメ!

968 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/26(月) 16:27:15 ID:z2DmyIHN
>>963
個人名を挙げるんはどうかと思うがそれはなんとなく思う。
アップされてる画像を見ても優秀賞を取れる出来には見えないし。
努力賞なら納得するけど・・・。
(他のがどのくらいのレベルだったのかにもよるだろうけども)

ところで次スレはどうする?

969 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/26(月) 16:59:22 ID:aDaPoMw+
>>967に禿げ同
剣ちゃんを気持ちよく祝ってやれないのかね〜?


970 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/26(月) 17:26:02 ID:z2DmyIHN
祝ってあげられないのと言われても別に個人的な知り合いとかではないしな・・・。
単純にこれをどう思う、と画像だけ見せられたらそんなに高い評価の得られる程の
ものとは思わないけどということで。

>>882
上杉謙信/景勝佩用の品には鍔の付いた拵えも多い。
というか、打刀拵えのものに関して言えば「姫鶴一文字」「山鳥毛一文字」
「高木長光」の三振が特に有名なだけで、際立って
「上杉伝来の名刀には鍔がないものが多い」
とは言えないと思う。

971 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/26(月) 18:35:47 ID:ErndpXWT
吉原國家さんが東京都指定無形文化財の保持者に認定されるのはわかるが、もう一人は何でだ?
同業者から評価低いのに、いわゆる名門(ブランド)&七光りだからか?

972 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/26(月) 19:05:12 ID:OiAUtN3M ?2BP(1000)
>>943
刺さってないですよ、刃取りで分かりにくいですが、逆丁子の谷間に入れてます。
彫れない事もないそうですが、基本、焼刃の中はタガネと同じ堅さになるため彫れません。
彫りに大きくかかる焼刃があるものは彫りを入れた後、焼きを入れたもので、焼入れの際、捩れたり刃切れが来たりしやすくなるため、相当腕の良い(経験を積んだ)刀匠でないと無駄が多くなります。

>>944
浅い彫りで立体感を出すことを最大の目標としました。
彫りだけでなく各部の磨きを変える事によって錯覚も利用

>>945
最大の問題は下地研ぎに出さずに鍛冶研ぎで彫った自分の問題
研師は仕上げ以外は23才の若手です。
研師もまた彫りのある刀を研ぐ練習をしないと行けませんから。

たぶん、2回ぐらいは大丈夫なように彫り直した。むろん研ぎ直しの程度にもよりますが。

>>947
彫っている最中は気づかなかったのです。画像で改めて見ると色々とつじつまの合わない所が。
現物見るより、写真の方がアラが良く分かるのですよ。
途中途中に撮って日記を書きつつ確認はしてはいるのですが。

鱗はわざと大きく。精密な彫りはまだ難しい為、若いのだから力強さを出したかった。
上手くいっているかどうかは微妙ですが。

>>950
まだまだ目標ですよ。個人的には義胤彫などが好みです。

>>968
ちなみに個人で約200名分あつまりました。
2chで協力して頂いたかたありがとうございました。
が、まだ提出してないですよ。支部で集約はしてますが。
千人単位で集めている人も結構居るから自分など功績にも入らんよ。
またとっくの昔に審査は終わっているので関係ないですね。
だいたい、茎を隠して審査(当然出品者は分からないように)、その点の一番高いのと低いのを除外した残りの審査員の平均点で賞や順位が決まるそうです。作刀は茎仕立ても関係してくるので、茎を開いてから修正するらしいですが。

>>970
次ぎスレヨロ  日本刀スレ 参拾弐代目
自分は無理だった。

前出、刀装の諸相
によると、合口拵えの刀はおおき刀と呼ばれその当時は一般的だったそうな。
奈良だったかの奉納刀にも現存しているそうです。
自分が思うに、腰刀が伸びて打刀になった系統と太刀が短くなって打刀になった2系統が有ったのではないだろうか。


973 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/26(月) 19:07:52 ID:LIURC1ii
無形文化財もそうだけど、春の叙勲とかね・・・
推薦さえされりゃ、なんとかなるんじゃないの。

974 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/26(月) 19:32:09 ID:f9G5823a
茎を隠して審査(当然出品者は分からないように)

残念それはガセ

しかし、刀身彫りの参加者3人だけって・・・

975 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/26(月) 19:41:04 ID:OiAUtN3M ?2BP(1000)
>>974
>残念それはガセ
そうなんだ・・・


>参加者3人だけって
え、三人なの?
兄弟子が期日に遅れて断られたとは聞いていたが。


976 :970:2008/05/26(月) 19:46:44 ID:z2DmyIHN
新スレ建てました。

日本刀スレ 参拾弐代目
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/knife/1211798294/

977 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/26(月) 19:49:31 ID:1sSqzYg3
みんな素直に剣氏の成功を祝ってやれ。注意すべき所、改善すべきところが見えたなら教えてやれ。
人の成功は妬む物じゃない。見習うべき物だ。
オレもいつか・・・とか思ったが、オレって中卒のバイトで30過ぎてるから夢がないな。
就職したい、と言っても学歴が低すぎてバイトならとか言われるしな。
中卒で30過ぎが成功出来る事ってあるのかな。
ハップとサンポールを超える組み合わせを発見するのがせいぜいだな。情けなし、情けなさ過ぎるぞオレ。
剣氏のように何か目標を持って生きることを考えよう。オレにも何か出来るはずだ。多分。

978 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/26(月) 20:05:44 ID:z2DmyIHN
いや妬んでいる訳ではないのだが・・・。

後敢えて言うならやはり尻尾に鰭(芭蕉って言うんだったっけ?)が
ある方が龍らしいかなぁとは。
なんというか、件の龍は顔つきとかも含めて西洋の「竜」っぽく見えます。
球持って飛んでるんではなくて四足で歩いているイメージ。

>>972
レスどうもです。

櫃(小柄、笄)のある様式は腰刀から引き継がれたのだと言われていますね。
刀身はともかく拵えの様式については統一された学説や資料があまりなくて、
例え諸説併設でもいいので一冊に纏められた本が欲しいところです。

あと、「山鳥毛一文字」と「姫鶴一文字」の完全写しを製作した人によれば、
両振りとも全体の体配は天正拵の体配よりは室町期以前の黒漆塗太刀から
金具を外したものに近かったとか。
どちらも刀身は太刀の大磨り上げですから、デザインコンセプトとしては
「合口拵の打刀」ではなく、刀身の刷り上げに合わせて「打刀拵に直した太刀拵」
なのではと。

979 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/26(月) 20:09:48 ID:/bdVcXwF
問題はなぜ上杉謙信だけ鍔の無い拵えを使っていたか
その理由とは
そこなんだよ

980 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/26(月) 20:15:55 ID:f9G5823a
>>975
採点方法は合っているので大丈夫
採点方法知っているのは師匠に聞いたのかな?
でも、師匠が最高得点いれたとしても切り落とされているはずだから
手ごころは加わらないと思われ

参加者少なくても点数的にはクリアーしてれば気にすることはないはず

981 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/26(月) 20:25:25 ID:f9G5823a
>>955
悪口じゃなくて、ホントの事書いてあるじゃないですか・・・
ガクガク(((( ;゚Д゚)))ブルブル

鞘書きは2000本との噂ですが、実際は200本程度らすぃ
一本1万でもすごい値段になりそうだが・・・

982 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/26(月) 20:26:29 ID:z2DmyIHN
>>979
この*振はそういう風に作ってみた、というだけなのではないかと・・・。
上杉謙信/景勝の佩刀には鍔のある天正拵の打刀も多くあるわけで、特別に
理由はないのでは。

ただ、かの2一文字1長光の三振はみな(刷上げたとはいえ)刀身は
反りが深く長い太刀なので、刀身がこれなら拵えはこれ、と決めて
いたのかも。

実用という面から考えると、あまり反りが深い刀を両手で振ると、鍔が
あるとバランス的に切っ先が軽くなりすぎて振り辛いだろうな、とは
思いますが。

983 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/26(月) 20:42:07 ID:OiAUtN3M ?2BP(1000)
>>977
職人とかどうでしょう?学歴は関係ないと思う。
年齢は関係大有りですが、自分が飛び込んだのが32でしたし。

>>978
デッサンしている時にネバーエンディングストーリーの主題歌が頭に流れていたのが影響したか?!

拵えはほんと、資料が無いですよね。
「刀装の諸相」日刀保北海道支部
「刀装のすべて」小窪健一
「江戸の刀剣拵え&短刀拵え」井出正信
「日本刀の拵え」高山一之
「東京国立博物館図版目録刀装編」
「日本刀の拵え」鈴木嘉定
「薩摩拵」調所一郎

ぐらいでしょうか?他に有ったら教えて下さい。

>>980
高校生の頃大坂城で、自分の気に入った刀が低い評価なのが納得行かず
審査の方法を聞いたのですw



984 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/26(月) 20:42:36 ID:/bdVcXwF
刀身彫刻で一番好きなのは、長曽祢奥里古鉄入道の二ツ胴の脇差
あれは異常だわ

985 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/26(月) 20:48:03 ID:1sSqzYg3
>>983
32歳ですか。その年で発起するって凄いですね。オレも今丁度32歳。
そろそろ人生も終わりに近いし、死ぬ前に何をなしたいですね。剣氏のように全てを捨てて何かを目指してみようかな。
家族も友達も財産も捨てて何かの境地を目指してみたい。剣氏のように。
俺たちの目標だ。剣氏は。やれば出来ると証明してくれた。才能もあるだろうけど諦めない心が一番素晴らしい。

986 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/26(月) 20:51:10 ID:f9G5823a
>>985






切り落とし方法の採用がいつからか師匠に確かめるがよろし・・・

987 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/26(月) 20:53:30 ID:/bdVcXwF
結局、越前彫ってのが好みだと思うんだけど、
長曽祢奥里古鉄入道の二ツ胴の脇差は凄いわ
五鈷杵の竜の直線的な迫力が凄い
あれを見ると他の彫刻は丸っこくして誤魔化してるように見える

988 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/26(月) 20:55:27 ID:OiAUtN3M ?2BP(1000)
>>985
人間五十年 下天のうちを比ぶれば 夢まぼろしのごとくなり

・・捨てる財産有るだけましだとw

>>986
了解です。
大坂城で聞いた人は若い人だった(作務衣を着ていたから多分職人)
他のコンクール(絵画とか音楽とか写真とか)もそうだからそんなものかと思って伊賀が、もしかして、その当時は切り落としがなかった?


989 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/26(月) 20:57:42 ID:OiAUtN3M ?2BP(1000)
というか、こういう審査の方法とかは公表したら良いと思うのだがなぁ。
保存審査とかも

厳正に審査しています。じゃ、わからんて・・・


990 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/26(月) 21:02:28 ID:/bdVcXwF
結局、刀身彫刻は康継と古鉄の二大名人で決まりなんだろ?

991 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/26(月) 21:07:51 ID:/bdVcXwF
でも、重恒の竜の尻尾はネコのシッポだよあれじゃ
100人に聞いても全員ネコのシッポって答えるわ

992 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/26(月) 21:45:57 ID:cQjMuyea
で、でも、
重恒の竜の尻尾は、ネコのシッポだもん!
100人に聞いても全員ネコのシッポって答えるわ

993 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/26(月) 21:51:29 ID:cQjMuyea
とかふざけてみたりしつつ埋め

994 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/26(月) 21:51:54 ID:cQjMuyea


995 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/26(月) 21:53:08 ID:cQjMuyea
ふっくらした桜を彫って

996 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2008/05/26(月) 21:54:19 ID:OiAUtN3M ?2BP(1000)
>>995
>ふっくらした桜

桜は好きな題材(自衛官だったからw)ですので、様々な挑戦をしたいですね。

997 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/26(月) 21:56:05 ID:cQjMuyea


998 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/26(月) 21:57:29 ID:cQjMuyea
髑髏に花

999 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/26(月) 21:58:03 ID:cQjMuyea


1000 :名前なカッター(ノ∀`):2008/05/26(月) 21:58:46 ID:cQjMuyea
やっぱり桜が好き

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

336 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)