5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【西洋】鄭和の航海【取宝船】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/09(水) 23:37:38 ID:5HNcB13w0

 鄭和は、明代永楽帝に仕えた宦官にして武将。明朝が行った南海への七度の大航海の指揮を執った。
 鄭和が率いる船団は、東南アジアからインド、アラビア半島、東アフリカにまで達し、人類史上に残る偉業となった。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/09(水) 23:51:10 ID:ebIw+M6P0
某作家じゃないが、記録を処分してしまったのは、
本当に惜しいことをしたな。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/10(木) 01:21:58 ID:1GT7Q9+20
かなり昔から広州にアラビア人が来たりしていたし、
航路自体は既に確立されたものだったのかな?

規模は空前のものだっただろうけど。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/10(木) 04:05:38 ID:ar/Uv3OSO
>>2
本当に残念だ。何しろ、コロンブス・マゼラン以前の大航海者だし。
記録さえきちんと残っていたら、世界史に載っていたよ。

カンガン(字ど忘れ)ってほんっと腐ってるな。
(…って鄭和も)

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/10(木) 13:27:15 ID:k7lmGCEL0
重複
http://etc6.2ch.net/test/read.cgi/denpa/1101718190/

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/10(木) 14:36:39 ID:ICjvRPT90
東アフリカからキリンを明まで連れて来たらしいけど、
航海中にちゃんと飼育できたのかな?

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/10(木) 16:06:54 ID:ATv1NwvQ0
「身長180センチ、胴囲150センチ(?)、貴相、眉目秀麗、歩く姿虎の如し」・・・

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/10(木) 22:50:34 ID:ar/Uv3OSO
>>6
あれ?うろ覚えだけど、当時の中国では
キリンは想像上の動物だったんじゃなかったっけ?
(実在するキリンではなくて、例えば龍の様な)

ただの語呂合わせで本物連れてきた、
鄭和さんに詐欺師の疑いが…

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/11(金) 15:51:34 ID:e8bXVF3E0
つうか東アフリカにいるあのキリンに、
中国の伝説上の動物である麒麟の名をつけたのは、
いつのことだったのだろうか?

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/11(金) 23:56:13 ID:b2lp7f/30
>>8
永楽帝、喜んだらしいから、いいんじゃないのw

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/13(日) 01:52:16 ID:4LB+KEa+0
記録が残ってないのは宦官のせいじゃなくて文民官僚のせい
二度とさせないために全部処分したとか
後世大航海時代を知ってるから俺らは色々いえるけど当時の財務官僚からしてみれば金食い虫の計画でしかなかったし
今の感覚でいうと宇宙の果てから資源を探して独占するから国家予算を投入しまくるぞー
いや、別次元を探してぐらいのほうが近い感覚かも

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/14(月) 11:53:02 ID:wtfhAFiF0
本人に悪気はなくても、結果的には大きな損失になったねえ。

ま、明朝が朝貢にこだわって財政破綻し、滅亡を早めたかも知れないけど。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/14(月) 13:59:54 ID:JQ5ZzHbU0
よう考えたら、角の生えた馬より首が異常に長い動物のほうが凄いw

14 :国重高暁:2007/05/14(月) 15:01:22 ID:op/bpuoT0
七度も大航海をした彼だけど……
とうとう来日しなかったのはなぜだろう?

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/14(月) 19:26:03 ID:UAJPcLWn0
日本の向こうに大陸があるなんて聞いたことなかったからだろう
目的はイスラム世界への海路の開拓だし

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/17(木) 21:09:59 ID:sQfGr5rN0
>>13
キリンはむしろ龍のイメージに近い気がした。
>>14
日本は、一応朝貢貿易に参加していたし、明の勢力圏内だから、
今さら大々的に行く必要はないって感じなんじゃない?

しつこく倭寇を繰り返したら、鄭和の大艦隊が日本に遠征していたかも。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/01(金) 23:59:35 ID:2DNVrRZz0
鄭和率いる大艦隊遠征軍と、足利義満率いる室町幕府軍の戦いを見てみたい。
ま、渡海作戦は大変だから日本征服は不可能だろうけど。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/03(日) 16:04:04 ID:l9v7l/8h0
日本だと、10万人ぐらいの兵力を送り込めるかな?

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/12(火) 23:59:45 ID:klSFM2rT0
元寇が参考になると思われ

でも渡海作戦は難しいだろうね

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/23(土) 15:11:24 ID:PPFiSrE60
日本へ進むなら、朝鮮半島経由がやっぱり一番いい。
季氏朝鮮は明の属国だし、問題はないはず。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/04(水) 09:10:49 ID:sCGtUwO60
>>4
いや、今でも世界史の教科書に載ってるから

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/04(水) 10:27:54 ID:Zl+q9uBH0
鄭和が過小評価と言うより、ヨーロッパの大航海時代が大きく扱われすぎなのかもな。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 23:49:59 ID:miEE0uhy0
イスラム圏の商人なんかは普通に中東から中国まで往来していたしね。

井の中の蛙だった西欧人が、広い海に出て来たってだけとも言える。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/20(月) 21:33:03 ID:XdiTGLk80
インド〜中国への航路が開通したのっていつ頃になるんだろう?

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/20(月) 22:36:48 ID:pzED3rP60
後漢〜魏晋南北朝辺りと思われ。
その頃の出土品にローマ製と思われるガラス製品がある。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/21(火) 20:28:53 ID:nwUfSBHM0
そのころはさすがに陸の交易じゃないか?
多分隋代じゃないかと思うんだが

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/22(水) 00:08:05 ID:sNmeVV/r0
漢の時代に大秦国王安敦が使者を送ってきたらしいが、
あれは海路で来たのかな。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/23(木) 20:14:51 ID:tD9NDjwW0
班超や甘英を考えるとリクルートじゃないかな
通訳はどうしたんだろう

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/09(日) 05:21:35 ID:Ldfpqplu0
古代から東西を往来していた交易商人は存在していたようだから、
そういう人たちに道案内とか通訳をしてもらったんだと思う。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/10(月) 00:40:25 ID:+i1bI4Ev0
10人ぐらい介して翻訳してたのかな
随分意味が変わりそうだ

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/10(月) 13:58:03 ID:NPR6YCTPO
伝言ゲームか

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/10(月) 14:11:13 ID:LNVWJkdf0
さすがにそこまでは……

意外にジェスチャーでも意思疎通できるものだし、どちらかの土地に長く滞在していれば、
それなりに現地の言語も身につく。

実際のところ、そんなに深刻な問題ではなかったんじゃないかと思う。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/17(月) 23:03:48 ID:2DheI2J10
昔だったら遠い外国に行ったら何ヶ月かは滞在しただろうし、
言語の問題ってのは意外になかったように思うね。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/18(火) 01:54:37 ID:wqfOlVJK0
何ヶ月か滞在して全くわからない言語を習得できるもんかな

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/22(月) 21:54:16 ID:+V4jNfwaO
おぉい!どうやらコロンブスより先に亜米利加大陸を発見したらしいぞ、スカパーで3周に分けて放送。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/22(月) 22:05:36 ID:9SmV6RqA0
全く何の手がかりも無い状態からだったら数ヶ月では無理だろうけど。
双方の国の言葉を理解できる人間が間に立ったらそいつらから教えを受ければ、簡単な意思疎通くらいならすぐに出来るだろう。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/22(月) 22:56:34 ID:wxUACtp40
言語の習得は、必要性に迫られてこそ一挙に進むものだと思う。
現地にいれば、必死になって覚えようとするだろうし。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 23:25:53 ID:9sIHW2ni0
>>35
最近出て来た世界一周とんでも説は、鄭和もさぞかし迷惑だろうな。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 02:24:06 ID:36PNSiKl0
NHKでこないだていわ艦隊の子孫がアフリカにいるっていう番組やってたな
中国政府がただで留学させてくれるらしいぜ

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/26(金) 13:22:20 ID:jP5edCtX0
>>29
大陸行路の事実上の公用語として機能してたのはソグド語。
チンギス汗の侵略で、ソグド語文化は壊滅してしまったが。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/31(水) 11:02:32 ID:O5CHR6GM0
鄭和の艦隊を、征服戦争に使ったらどれぐらいのことができたんだろう。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/11(火) 14:03:50 ID:GJllyB8K0
武将として優秀だったのに、
自ら特産品をリストアップして交易収支と経費計算に携わる鄭和に萌え。
先祖が元における色目人だけに、商人の系譜だった可能性もあるけど、
だとしても子供のときに捕虜になったから関係ないか。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/09(水) 23:58:10 ID:GW1wvoMs0
>>38
鄭和の世界一周を唱えている英国人の歴史学者なる人、
海軍の将校だった人らしいし、
資料を読んだら星の位置で、新大陸に到達していたことが分かったって、
言っているけど、どんな資料を読んだんだろう?

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/10(木) 09:47:06 ID:RiU72uz70
航海資料って焼かれたんじゃなかったっけ?

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/11(金) 23:04:04 ID:2M5GR5c90
世の中、本が売れれば勝ちだったり

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/13(日) 23:53:23 ID:yc4xHod70
鄭和は、別に新たな航路を発見したわけではなく、
既に確立されていた中国〜東南アジア〜アラビアの航路を行っただけだしな。

特筆するべきは、艦隊の規模や行動の方であって。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 23:12:31 ID:UJ8p0NYr0
>>26
南北朝期の法顕がすでにインドから中国へ海路で帰還しているんだが。
おそらく陸路シルクロードと同じで、国家が掌握する以前から庶民レベルでは
ルートはすでに開かれていたということなんだろう。シルクロードも南海航路も
四川からビルマ・インドルートも、国家が知る以前から開かれていたことは確か。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/17(木) 00:51:41 ID:WcsGNsBP0
縄文時代に太平洋を横断した連中がいたっぽいかったり、
バイキングは新大陸にも行っていたっぽかったりするから、
実際は想像以上に古くから航路が開拓されていたんだろうね。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/01(金) 22:18:13 ID:vTIAVCYs0
中国にも、これはオーストラリアに到達していたんじゃないか?って、
記録があるらしいね。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/01(金) 22:20:21 ID:TTeimEkn0
アメリカに比べたらオーストラリアとか簡単に行けそうだけどな
なんで未開だったんだろか

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/04(火) 11:23:19 ID:+MrNKUOU0
オーストラリアに行き着いていた人は、東南アジア辺りを中心に結構いたんじゃないかと思う。
ただ、大陸のほとんどが乾燥地帯だし、あまり魅力を感じなかったのかな。
米は作れなかっただろうし。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/10(日) 00:42:46 ID:ypsPVDjh0
五輪の開会式で妙に目立ってたな

11 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)