5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

諸子百家で一番使えると思う学派、人物は誰よ?

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 03:48:07 ID:aAMTbK+b0
諸子百家(しょしひゃっか)とは、中国の春秋戦国時代に現れた学者・学派の総称。
諸子はもろもろの学者を、百家は多くの学派を意味する。

諸子百家の分類
分類 代表的人物
儒家 孔子・孟子・荀子
道家 老子・荘子・列子
墨家 墨子
法家 韓非子・商子・申子・管子
縦横家 蘇秦・張儀
名家 公孫竜・恵施
農家 許行
兵家 孫子・呉子
雑家 呂不韋
陰陽家 鄒衍
小説家

このテンプレはあくまでも目安だから好きに語っていいよ

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 03:50:41 ID:aAMTbK+b0
俺は小説家に一番お世話になってるんだが

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 04:31:34 ID:DjpSDNps0
ニートには必読の老子と荘子

4 :名無し募集中。。。:2006/11/13(月) 04:51:10 ID:72IA1YaJO
カンピシかなぁ…

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 09:21:33 ID:xRDT9L0QO
純ウコン

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 14:10:05 ID:Tde6/hAs0
孫子

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 14:50:26 ID:XvPhL589O
その時代の人にとっちゃ墨子
実際に町を守ってくれる職人集団な訳だし
学術的には荀子。斉の国の学長で孔子や孟子みたいに自己主張にあくせくせず
学問体系の第一人者として正に中庸の立場だったから


8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 15:38:57 ID:KQ3XYLQ60
個人的には学派は法家、人物は韓非子かなぁ。
逆に一番使えないように感じるのは公孫竜。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 17:11:41 ID:XvPhL589O
法家は人の温かみがねーな
韓非子は荀子の人間愛の部分をまるっきり受け継がなかったね
荀子の性悪説は手段であって目的ではなかったけど
韓非子は手段をひたすらにシステマチックにした
荀子は人の為の礼だけど、韓非子は法の為の人だね
漢宣帝が看破したように統治の最良は「儒と法を半々織り交ぜること」
理想を最上級に置きながら、現実の最前手を選びなさいという荀子のほうが
遥かに為政者のあるべきを知ってた。韓非子、未だに師に及ばずだな

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 17:34:34 ID:AKj75wogO
墨家集団は庶民にとっては有り難い存在だったかもしれないけど
為政者からしてみれば兼愛と非攻というやっかいな思想を持っていた。
それがために墨子の教えは諸子百家の中でも早くに滅んでしまったという。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 17:47:32 ID:5HGlGIY60
春秋戦国の三大派閥が墨子、道家、法家だっけ?

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 19:03:21 ID:xRDT9L0QO
春秋の段階ではそこまで思想が行き渡ってない

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 02:57:06 ID:qF66lcp80
名家って何かとしらべたら哲学みたいなものか
まーいらないかな

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 08:13:45 ID:cWHI4rwAO
荀子の場合、子孫が実際に曹操の天下取りに貢献しているのも大きいな。


15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 18:58:55 ID:4cWIZOtP0
諸子百家に三平方の定理とか考え出した人いなかったっけ?
近代になってえらい評価されたっていう。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 20:31:51 ID:XnEq9go/O
【週刊新潮】 「孔子も韓国人だった」という韓国の「ゴーマン主張」
http://news20.2ch.net/test/read.cgi/news/1163652921/l50

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 20:55:07 ID:qG+C1RqI0
>>15
算家とかあってもおかしくないよな

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 20:59:37 ID:OwOxPfgt0
法家

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 03:36:00 ID:2jTy3+fpO
【中韓】「漢字発明は韓国人」「孔子は韓国人」とおなじみの主張に中国憤激→日本のTV番組やとある掲示板でも失笑の声
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1164126548/l50

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 06:00:20 ID:7APkT7MzO
良子いまなにしてんのかな

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 17:50:16 ID:gFzOsHWO0
>>19
孔子は韓国人が好きだと思う。

22 :無名武将@お腹せっぷく:2006/11/22(水) 22:31:55 ID:eQpvQgrW0
すでに諸子百家の分類別表がでたじてんで順位人気はそれ
1 儒家〜 11 小説家

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 02:21:02 ID:g7rT30byO
お腹切腹ってなんか変でない

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 18:50:37 ID:z7PArHvC0
韓非子

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 22:49:44 ID:uT7wtS330
老子様最高

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 23:22:42 ID:Rc/klTjX0
韓非子こそ帝王学
リーダの本音と建前なのだ

27 :26:2006/11/28(火) 23:26:50 ID:Rc/klTjX0
後、管子がリストアップされていない。
『富国強兵』
中国史上唯一の資本主義思想・・・→孔子に嫌われる

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 23:34:09 ID:BwSjLbX30
>>21
嫌うと思うよ。
あれは儒教じゃないだろ。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 08:20:54 ID:CBFmcldw0
当時としては革新的で、実際の政事に影響を与えたのは法家なんだろうが
後世への影響度としては儒学とか老荘じゃ

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 13:11:13 ID:kKDoJhWm0
儒学は漢武帝が利用するまで廃れてた

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 13:19:09 ID:CBFmcldw0
前漢で老荘に魅せられたのは竇皇后だっけ?

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 13:28:43 ID:dC0XunPP0
一番使えるのは法家だろう

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 18:09:24 ID:SLbhVCQr0
老荘は深いな。てか分からん。
けど頭でっかちな人にはいいかもしれん。
俺は人生に余裕ができた希ガス。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/12(火) 00:43:44 ID:SjGXGfmj0
漢初は老荘じゃね?

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 10:45:34 ID:PnKMZmIa0
法家

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 03:56:35 ID:VpI+rzuLO
家ん中では老荘
バイト先では儒教

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 19:45:19 ID:ru/wzYi+O
国には荀子と墨子と慎子
日本人には老子と楊子
2ちゃんねらには縦横家と名家
キモオタと腐女子には荘子と列子と墨子
童貞と処女には兵家と縦横家
メンヘラーには屈原

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 21:53:02 ID:ulZaRHYh0
屈原は諸子百家かよw

人間関係には韓非子。
人なんざこれっぽっちも信じちゃいない。所詮自分は自分一人。
たとえそれが恋人や配偶者であろうとも、信じた時点で負けだ、人は全て敵だと思え。
しかし今それをやると刺されかねないので、そこは現代風にアレンジ。
いつも機嫌よさげに己の感情は見せない。
己の職務は黙々と果たす。
現代なので多少の越権行為(人の手伝い)はして好感度age。
これで最強。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 21:18:36 ID:Al59pXme0
荀子は韓非子より日本人向けだと思うけどな。
韓非子理論をそのまま身に着けた奴らが今のシナーだぞ。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 03:35:36 ID:2jD0rC9O0
吉村家だな

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 09:19:01 ID:f4wDJQ5w0
俺は孫子兵法で会社の派閥争いに勝利しました。
会社では、トップ以外は韓非子適用はよしたほうがいいと思う。



42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 12:40:19 ID:rU8zQXydO
私はゲンコツでテッペンとるから、そんな学必要無いです!

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 17:18:58 ID:5VPhgQ2l0
>>40
誰とも会わずに家に篭ってれば争いがないって流派だろ
あの手この手使って国家に弾圧されてるらしいな

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 19:25:18 ID:lcnrSkE50
老荘ってひとまとめにされること多いけど、かなり違わないか?


45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 20:22:32 ID:eUYp/RIuO
>>44
老子は高尚で聖人向き。
荘子は俗で庶民向き。
列子は専門的で職人向き。
楊子は本能的でDQN向き。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 23:19:57 ID:qgH0eDDg0
>>40
無修正のエロビデオ売って、
国家財政を賄うのか?

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 08:07:25 ID:gq8En2Pg0
俺は空手家なんだけど女にもてないよ

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 10:10:56 ID:m65RRQ4s0
西のバイブル、東の論語。

西欧のクラウゼヴッツの戦争論に対し東洋の孫子の兵法書。

現実的な学問で尚且つ普遍的に今現在でも通用する学派という
点で儒家と兵科を挙げる。
法や農業技術は時代とともに変化していくものだし、
無為自然を説く道家や専守防衛を説く墨家は今の時代に限らず
現実性に乏しく実用的な学派だとは言い難い。
宇宙の法則と人間の運勢の関係を研究した陰陽家はたいしたものだが
当時としては統計学的にもデータが少なすぎるのではないか?
儒家と兵科は主張が矛盾する点も多々あるが
平時には論語、非常時には孫子の兵法で対処し
臨機応変な思考力、判断、行動が出来ればいかなる状況にでも
生き残って行くことが出来るのではないだろうか?















49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 00:37:40 ID:Nl84GxwGO
俺は安能さんの春秋戦国志から入ったせいか、論語はダメという先入観がある
逆に常に国を強くしてきた法家こそ使える(もちろん個人レベルの話ではない)、とも思ってしまう

こんな俺に論語のよさと法家のダメなところを教えてくれませんか?

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 16:32:01 ID:iX65rVfB0
論語は、読み物として面白い。…いや、韓非子も面白いからこの点では互角か。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 18:10:57 ID:Udgn1Fyf0
顔淵死のくだりがなんとも切ない

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 23:34:17 ID:aKSMRl0S0
表向きは儒家で、実は法家。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/19(金) 21:20:02 ID:sSygv5iN0
>>49
安能って文革マンセーしたバリバリの共産主義者じゃねえかwww

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 01:42:10 ID:XeTJqHmRO
>>53
で?

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 21:26:25 ID:AIIlHctf0
まあ安能は思想偏向しすぎてて、その発言や著作は全く信頼に値しないということだろうな。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 23:34:35 ID:5pQWJ/5H0
サヨクは嘘つきだからな。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 01:17:55 ID:Yr2cQMI20
韓非子だね。 これほど実践的な思想は他にないよ。
18の時に読んでから、今でも座右の書にしてます。


58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 02:26:15 ID:+u0tjN3DO
韓非子について掻い摘んで教えて

59 :韓非:2007/01/21(日) 05:07:17 ID:hU3Dzht80
優れた君主と優れた大臣が国を治めるなら素晴らしいが、そんな組み合わせなんて何百年に一度の奇跡だろ?
なら、法という指針を作って、国民はそれに従って生きればいい。あ、君主も含めてね。
暗君や奸臣が出てきても、そいつらが法に従わなければ当然処罰を与えるってことよ。
老子の「道」に似てるけど、あれは個人個人の良心良識に依るものなんで小国寡民じゃないと成り立たない。
法は、万民に平等、しかも明文化して恣意的に使えないようにする。
儒家の「天」みたいに恣意的に使えちゃうのはかえって暗君なんかに有利だからね。
まあ基本的に人間は悪い事考えがちなんで、処罰で脅して褒賞で働かせる。これで万事OK俺天才。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 12:06:18 ID:726UB+BD0
掻い摘みすぎw

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 15:54:32 ID:+u0tjN3DO
>>59
凡人でも国家の運営ができる状態を目指したってこと?

>>60
じゃあもうちょっと詳しく

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 17:16:52 ID:Bp6FlpL9O
暗君も否定するが明君も否定するのが法家

たとえば事故で怪我人がでで、救急車が中々こない
で、その人を運ぶために普通自動車で信号無視や速度違反をしたら
普通自動車を運転した奴も間に合わなかった救急隊員も首を跳ねられる


対して、交通違反した人を「自ずから人を助けようとする心ってすばらしいよね」と称賛するのが孟子
「コイツを誉めると間接的に交通違反を容認してしまうから難しいところだ」と見てみぬフリをするのが荀子
「死んだらそれまで。それがそいつの寿命」と助けもしないのが老子
「事故が起きたのも、交通違反も、救急車がこないのも全部政治が悪いせいだ!」と引きこもるのが孔子

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 18:18:22 ID:hU3Dzht80
「こんな世の中、生きてる方がむしろ辛いよね」と慰めるのが荘子
交通整理とテクノロジーで次の悲劇を防ごうとするのが墨子
白い自動車は自動車じゃないとか余計な事いって荘子にバカにされるのが恵子(論理学派)
「おしえてここはどこ私生きてるの」と臨死体験をかたるのが法子(蒲池)


64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 20:26:15 ID:TbeUwEWj0
「私の占いを信じないから地獄に堕ちるのよ!」って怒るのが数子

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 21:36:34 ID:+u0tjN3DO
>>62
老子だけ立ち位置というか事故に対する時間軸違くない?

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 21:55:47 ID:gOsZQHg40
半ばネタにマジレスしてやるなよ

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 22:54:11 ID:+u0tjN3DO
>>66
俺は真面目に質問してるんだが・・・

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 00:55:11 ID:7UkpijBX0
ちょっと待て>>63最後一行と>>64おかしい

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 01:00:19 ID:2Qr1GZYm0
>>67
まあネタだけど真理はついてると思うよ

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 12:39:59 ID:HJ+hcfDF0
>61
100年に一人みたいな特別な天才に頼るのではなく
それなり経験と専門的知識を積み重ねたそれなりの人で
組織運営をしようとするのが背景にあるのは確実よ。

韓非子の人材観は他の思想家よりも実務経験を重視するみたいだけどね。



71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 18:41:36 ID:lC4Qli/y0
墨家は誤解されてるな。
無神論者なんて、現代でも世界人口の1%もいないのに。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 21:30:25 ID:6W0hBuE60
まあ墨子は博愛とか平等とかっていう言葉がそのまま現代の博愛・平等に勘違いされてる面もなきにしもあらず
けど、俺は好きだけどね、墨子。あと荀子も
思想家や哲学者って大抵社会落伍者ばっかなのに
ちゃんと仕事してるから、説得力があるw

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 22:55:06 ID:rFa7lET80
>>72
荘周をバカにするな!

ってか諸子百家が面白いのは、思想が社会と乖離したところで弄ばれる大人のおもちゃになってなくて、
どいつもこいつも(上の人は別だが)自分の思想を国家の理念として通用させるべく研鑽しあってるから
じゃなかろうか。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 23:36:32 ID:6W0hBuE60
俺には単に就職活動に見えるw>自分の思想を国家の理念として通用させる


75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 23:41:26 ID:rFa7lET80
いや、それでも「高尚なオレの思想、庶民には分かるまいフフン(チクショウ愚民ども)」って
世を拗ねてるニート思想家よりも遙かに良いじゃない。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 23:53:34 ID:6W0hBuE60
それ孔子……

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 03:23:48 ID:BF4qJatS0
孔子は就職活動のためにあっちこっち行きまくったじゃないか。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 12:31:36 ID://t7lddj0
でも就職しても長続きしない
結局引きこもる

スゲーな
現代の若者を先取りしてるぜ

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 18:23:36 ID:FJbTnRb+0
現代の若者=ニートって訳でも無いだろw

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 20:53:32 ID:L2MPtuek0
孔子のすごいところは子貢を取り込んだところだろう。
普通のニートなら子貢とか子路を手下には出来んと思うぞ。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 23:22:10 ID:n7doIDPgO
>>78
例を挙げると俺のまわりでニートしてるのは俺だけだぜ?

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 23:37:56 ID:8KJPYyId0
>>81
クズ!

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 23:44:20 ID:nBfhw0zaO
>>80
孔子ってニートというより怪しい宗教の教祖だからな

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 23:52:34 ID:n7doIDPgO
>>82
そんなにはっきり言うなよ・・・
俺のまわりで、って言ったけど俺に友達なんていたかな?

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 23:59:08 ID:BF4qJatS0
まあ、なんどか大臣になれって誘い受けてるのにもかかわらず
ドラッグストアの在庫管理バイト以上のことをやろうとしなかった荘子が最強だな。


86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 00:32:04 ID:gZi5eZIz0
普通に大学長として飯食ってた荀子さんが一番マトモです
しかも孔子が忌み嫌った斉の国でw

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 22:12:43 ID:joqVj7DP0
しかもしっかり楚で就職してるしな。

孔子は一応遊説という名の集団就職活動をしてたからニートではないだろう

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 23:14:18 ID:FEm6ksC20
ハロワみたいなもんか?

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 16:03:32 ID:x4pJ+sJR0
孔子って浮浪者のイメージなんだけど。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 00:16:06 ID:39cAuQMx0
孔子は中田。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 01:39:37 ID:ZFlZPoh70
おいおい、浮浪者だのニートだのはさすがに失礼だろw
何社廻っても内定取れない就職難民ぐらいにしとけ>孔子


92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 00:04:05 ID:vPnRdLOT0
ちげーだろ
文学部で院出たけど就職なくてプライドある奴だろ

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 00:25:18 ID:RP9cNnt+0
ちげーだろ
学歴詐欺の疑いあるぞ。おまえ実は周の礼なんか知らないだろって。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 01:31:03 ID:zzI2Diy4O
正にあさ○らしょ○こう

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 02:10:57 ID:bcCeBJrY0
みんな孔子が嫌いなんだな……















俺もだ!!

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 02:23:07 ID:zzI2Diy4O
いや、俺は孔子好きだよ
あのインチキぶりがね
いつの間にか殷王の末裔ということになってるし

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 02:24:00 ID:bcCeBJrY0
宇宙大将軍の様にネタとして愛してる奴もいるのか

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 02:49:52 ID:zzI2Diy4O
食い物のことにやたらうるさくて、お前はどこの海原遊山かと

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 14:00:05 ID:/TA4Bzhb0
俺も孔子好きだ
聖人君子化された孔子じゃなくて
屁理屈偏屈大魔王の孔丘が好きだ

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 16:42:36 ID:MAEucAaw0
ある意味子路より子供っぽくて、
子貢よりも役立たず。
頑固で世間に受け入れられなくて
野人に駄目だし喰らう孔丘は人間臭くて好きだ。

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 01:18:21 ID:vQKyR03d0
孔子って実は豪傑だぞ。おまけに巫術士がかってる。
孔子嫌いな人は酒見賢一の『陋巷に在り』読むとイメージが相当変わると思うよ。
俺は孔子が好きだな。論語も実は説教と教条主義の書物じゃない。文学としていい線いってる。

儒教の腐りイメージは朱子学と魯迅(と安能w)の影響が大きいんじゃないか?

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 01:21:12 ID:d+GgwL/rO
孔子はあんま好きじゃないけど孟子は好きだな

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 01:23:21 ID:aUi93BeQO
浅野裕一の著作を読めば孔子が好きになるよ
ある意味

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 01:33:26 ID:JkcyT+fV0
安能はボロクソに言ってるからな…
俺は中島敦の『弟子』が好きだな。

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 01:34:45 ID:Nm7SsIX+0
陳先生が傑物伝で孔子じゃなくて子貢を推してるところが流石w

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 01:45:28 ID:XPbzr5R10
>>101
やっぱり朱子学はダメだよな。自浄能力ともいえる革命理論とっぱらっちゃって、
「俺正しいから俺攻撃するヤツみんな悪」だから。まあモンゴルに滅ぼされる
時代性からすると仕方ないのかもしれないけど。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 10:45:16 ID:dV+a5H5oO
俺は安能の俗物描写が好きでたまらない読者だった
孔子をこきおろすのも別に不快じゃなかった
でも毛沢東を「中華の心の太陽」と手放しで賛美してるのにはひいた
騙されていた気にすらなった
うちの親父が共産党員だった

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 10:58:17 ID:ljKj6EA50
現在でも謀略のバイブルである孫子が強烈だろう

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 12:14:58 ID:d+GgwL/rO
安能は中共の批林批孔運動に影響を受けているような気がする

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 23:21:32 ID:L1VDnuly0
酒見賢一は後宮小説だけでOK。

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 23:28:49 ID:aUi93BeQO
>>110
ピュタゴラスの旅と語り手の事情も忘れずに

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 00:16:58 ID:rdIgCeBk0
泣き虫弱虫諸葛孔明と童貞もな。

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 01:51:15 ID:F1nh+qA/0
安能版封神演義の冒頭、儒教集団を「儒教マフィア」と呼んでたのが記憶に残ってる。

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/09(金) 23:28:44 ID:wzTDo4o10
そういや、安能の愛読者だと公言していた奴は大学をまる4年留年してたなw
裏で何の活動してたのかは知らないことにしておくがw

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 16:38:58 ID:scdBaS810
墨子より孫子のほうが有名だよな
墨子のほうが現実的で使える感じがするけど
やっぱ弾圧されてたからかな

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 17:21:55 ID:bOfcup9B0
民族性に合わなかったんだろ。
東洋文庫の「墨子」読むと最後の方に論理学や物理学の萌芽のようなメモがずらっとでてくるんだけど、
それを突き詰めてゆけば支那科学の目覚めもあっただろうになぁ。儒教の蒙昧から醒めるはずが
共産主義の愚昧なんていう更なる悪夢に突っ込んじゃって。

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 18:34:39 ID:AmOTvMjF0
子路がかっこいいよな
弟子は

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 21:06:51 ID:NrCXyfFR0
墨家→道家→道教だよ。

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/13(火) 00:03:36 ID:HWn64v1w0
兵家かな孫子は古今東西の武将に深く影響を与えたらしいから

縦横家は外交術だったよね?
名家は論理学?
雑家は雑学(トリビア)?



120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 11:22:52 ID:rbzsIbLF0
墨子がインド人って本当か

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 20:39:25 ID:BRle1ySl0
剃毛した変態教師は・・・

好きな英雄は商鞅です

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 20:40:33 ID:BRle1ySl0
子曰く
「誤爆」

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 00:07:04 ID:24iQp4g50
恵施なみのおっちょこちょい乙。

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 02:52:55 ID:hzbdz2Xy0
諸子百家のなかに房中術のプロフェッショナルっていなかったんかな?


125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/02(金) 16:41:32 ID:naPZWh5Y0
雑家にあるかも

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/02(金) 23:30:55 ID:OXu1sboU0
>>124
角先生

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/06(火) 22:50:55 ID:jj31+fY/0
何だかんだでやっぱり法家だろう。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/07(水) 22:59:25 ID:jYfoSqt/0
鬼谷子

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/25(日) 06:06:50 ID:e5TFGlk9O
法家age

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/25(日) 23:23:32 ID:HNb/e4R60
やっぱ農家じゃね

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/26(月) 01:17:35 ID:nPbxrhB+O
列子は、自らの失敗談満載のうえに、孔子がその辺のおっさんに怒られたりするのがおもしろい。

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/02(月) 23:02:03 ID:OaA4/6Gt0
孫子と老子ではどちらが、実生活で役にたちますか?

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/03(火) 02:59:24 ID:3AtpUj+u0
答え「状況による」
知識だけ得ても身に付けることは難しいし、使いこなすことはもっと難しい。
役に立たせようと自ら心掛けることが初歩であり大事なこと。
実の無い意見だがそれがホントだ。

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/03(火) 09:17:51 ID:CzF/Dx8l0
>>133
なるほど。。。


135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/04(水) 23:29:50 ID:EZ+ddsM0O
張良なんかみてると、『老子』と『孫子』の相性はいい感じするね。



136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/05(木) 00:18:25 ID:JR6c93rj0
儒教=社会・政治哲学
道教=人間哲学

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/07(土) 00:33:53 ID:VlCo/nPc0
家系…
基本的にうまくはない。

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/03(木) 13:09:05 ID:7vR9glSL0
“法”と“儒”を適当に混ぜ合わせれば、一番使えるんじゃない?

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/03(木) 16:23:23 ID:n4ljkHNk0
混ぜ方間違えると前漢末のグダグダ儒教になるぞ。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/11(金) 17:12:17 ID:64dfliyH0
法家と相性が良いのは道家。
道家はタオという概念が至上でありそこに法という概念がつくことで
公正な立法と運用が期待できる。人治が排されて法治になる。

これが儒となると血縁や地位を至上とするなるわけで
そこに法が植えつけられると汚職やら暴政を正当化する事になる。
人治の為の法となる。

“法”と“儒”の混合は国民からすれば最悪の結果しか齎さない。

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/11(金) 17:58:19 ID:36egW2mR0
ここだけ見てると儒教が百害の元に思えてくる
なんかいいとこあるの儒教って?

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/12(土) 01:42:07 ID:XNvW9X3A0
>>141
ない。

まともな道徳観念さえ持っていれば、
儒教なんて無用。

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/14(月) 22:10:34 ID:VlYgJrCo0
特亜がまともな道徳観念を持ってると思っている>>142がいるスレはここですね?

144 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/05/14(月) 22:53:14 ID:KAs9zphw0
儒教の源は孔子のコンプレックスじゃないのか?


145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/14(月) 23:12:39 ID:Fl2eHa0R0
クリスチャンシオニストの儒教蔑視UZEEEEEEEEEEEE!!!!!

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/14(月) 23:37:11 ID:/ihbqOA30
立川談志が言うには、落語が衰退したのは儒教的倫理が崩壊したから。
つまり、親孝行が当然という世の中のガス抜きとして落語が機能していたのに、
親不孝が当たりめぇになると、落語に出てくる親不孝者を笑えない、と。
 
そこから推して、日本はずいぶん儒教(朱子学)の規範に縛られていたんだな。

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/05(火) 01:26:15 ID:7qwloCR60
>>144
若い頃に心を歪ませるような出来事があったんだろうな。

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/07(木) 13:52:32 ID:ax5ca7SG0
「儒教」って日本の呼び方だろう。
中国では「儒家思想」、「儒学」って呼ばれている。
教と呼ばれるのは、「三教」の時だけ。

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/07(木) 23:47:46 ID:a7ZvbTl60
どっちにしろゴミ。

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/09(土) 15:33:54 ID:GiWQui8B0
春秋は最高の時代だったな

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/14(土) 21:36:43 ID:I7BeS/oR0
あげ

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/15(日) 00:17:06 ID:/zwkUsTB0
俺はたまに孫子を読むから兵家かな。

153 :こんな名無しでは、どうしようもないよ。:2007/07/15(日) 07:13:45 ID:YDhGfNGA0
オレも孫子は時々読んでいるし役に立てる。

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/12(日) 16:43:57 ID:hX8yy2KD0
状況によって使い分けるのが良いかと思う。

家族や親戚に対しては儒家
国家や会社組織に対しては法家
ちょっと疲れたら道家


155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/19(日) 01:27:20 ID:fIlxGcFO0
孫子が現代ビジネス社会でも通用するとか言って読んでる人って大概が無能

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/19(水) 10:42:33 ID:FZv50KIC0
結構孟子は使えると思う

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/19(水) 12:07:19 ID:gw7zcGlG0
文学として荘子はおもしろい
冒頭の文章は特に好き

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/19(水) 19:06:18 ID:afI8WKNk0
>>157
朝三暮四のくだりや蝸牛角上の争いとかいいよな。
荘子の思想は俺も好きだな。
くだらないことで甲乙をつけたがる現代の文化そのものを
皮肉ってるようにも見えて面白いね。


159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/23(日) 00:47:42 ID:+EXnPjRt0
<偽>「孔子は私生児」「子孫は全員ニセ」?福田首相の曲阜訪問前に、復旦大の教授が“過激”講義―中国

 2007年12月19日、上海・復旦大学の朱維ジョン(ジュー・ウェイジョン)歴史学教授が広東省で開かれた特別講座
で、「孔子は私生児」、「子孫は全員ニセモノ」と驚きの講義をしたという。上海の新民ネットが伝えた。

 朱教授によると、これは中国前漢時代の歴史家・司馬遷が著書の『史記』で説いたもの。『史記』の「孔子世家」に
は、「卑賎階級の巫女から生まれた私生児」と記されているという。朱教授自身も、1982年の著書「孔子思想体系」
でこの説を採用した。

「子孫は全員ニセモノ」説に関しては、「孔子の系譜を調べると、何代もの間断絶していた。系譜自体、続けるのが困
難な状況」と説明。また孔子の古里として知られる山東省の曲阜を訪れた際、当時の解説員が「実は孔子の子孫は
全員ニセモノ」と打ち明けたというエピソードも紹介。これらのことから、山東省一帯で70代以上に渡って「子孫」とされ
てきた人たちは、「全員ニセモノだと断定できる」と語った。

 朱教授は復旦大学の中国思想文化史研究室主任でもあり、2006年7月の70歳の誕生日には、ドイツ・ハンブルク
大学から名誉博士号を受けている。折しも27日からの福田首相訪中では、曲阜の孔子廟も訪れるというが…。
ttp://www.recordchina.co.jp/group/g13856.html


160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/06(水) 10:59:56 ID:XCjgIH4y0
>>150
今伝わっているのは、多分に美化されていそうだけど。

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/07(木) 01:07:11 ID:CRwOHnBqO
大学で学ぶなら学部は何になるんだろうか。東洋史?

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/22(金) 23:02:39 ID:kJmhQPeeO
あげ

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/19(水) 19:42:35 ID:RfzEW8KfO
イエス様の教えが一番役にたちますよ。

聖書が一番です

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/22(土) 16:24:56 ID:Mj3qQH4n0
もう般若心経でいいや

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/03(木) 16:26:57 ID:2etytfHF0
儒教は問題ないんだけど朱子学の大半がクソだから困る
道教も同様に太平道とかがだめなんだよなぁ…

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/14(月) 23:48:44 ID:QkhWFcmAO
孟子並みの行動力と
荀子並みの理論力と
墨子並みの自己犠牲精神と
韓非子並みの知性と
孫子並みの洞察力を持てたら最高。
無論私生活では老荘でちゃんとガス抜きするのをお忘れなく。
ここで気を付けないといけないのは、孔子みたいに偉そうにブツブツ愚痴ってばかりいると遂には誰からも相手にされなくなるので、
これだけはやめよう。

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/21(月) 18:12:56 ID:HFgm1DwH0
>>1
法家・韓非子に一票

ざっとスレを読んでみたが、韓非子って意外と人気あるんだね。
仲間がいて嬉しいと思うと同時に、敵がいっぱいいるようにも思えて複雑。

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/14(木) 11:54:48 ID:JR6mD1/50
朱子学の人気の無さは異常
なんでこんなに悪口ばっか言われてるんだろ

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/14(木) 19:43:40 ID:AcYQVQZxO
>>168
個人的な理由だけど、尊大な中華思想(華夷秩序観)の肯定とか、現実に対応しきれない大儀名分論とか
朱子学には、思想史的・比較文化論的に関心はあるが、自分の心の糧とするには偏狭な思想に思えてならない

現代人として、古典から何かしらの生きてく上での知恵を学ぼうとする時、朱子学は余り魅力がないね
江戸時代にあれだけいた儒者が明治以降ほぼ絶滅してるのは、社会の構造や価値観が儒者を必要としないように変化したためだし、それによって思想自体の有効性も失われた

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/14(木) 21:02:48 ID:JR6mD1/50
>>169
現代では論語くらいの方が自分の良いように解釈できるし使いやすいのかな?
でも明治くらいはまだ儒が幅を利かせてる気がする。教育勅語とか。

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/14(木) 21:46:16 ID:brt5w00i0
>>168
孔子−儒学の浸透してない大国と儒学の浸透した蛮国なら後者のが住みやすいね俺は。
孟子−ってか、儒学をおろそかにする政権は滅ぼすのが正義だ!

朱子−何があっても我々漢人が正しい。正しくないモンゴルが中原支配してるのはおかしい。
     なのになんであいつら滅びないんだよキィーーーーー!

ってな感じで、学問や思想色が薄まった新興宗教だからだろ。

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/14(木) 22:07:07 ID:JR6mD1/50
>>171
正直、知識が無いもんでその辺りを教授してもらえると嬉しい。
図書館行っても宋学関係はあんまり置いてない・・・

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/15(金) 19:26:55 ID:Q/mblm6Q0
>>172
ここに分かりやすく書いてある。
ttp://www.geocities.co.jp/Bookend-Ohgai/3816/
ここだけ見れば、そう悪い学問でもないと思った


174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/15(金) 21:40:04 ID:Go71GoWW0
朱子学は先入観がある
高校じゃあ、江戸幕府の支配に都合がいいから幕府が奨励した、
君臣の立場を云々かんぬん、としか教えられなかったから
まあ俺の浅い学の中だけでは、だけど

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/15(金) 22:19:13 ID:iCx+JhlE0
>>173
ありがとう。いまちょうどその人が書いた近思録の訳本読んでるw
いまのところ批判される最大の原因であろう華夷思想については出てこない。
君臣の立場云々もそれほどやかましい印象も受けない。
どの辺りに出てくるのかな。

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/16(土) 23:38:17 ID:2aycf4Nv0
>>173
>しかし、朱子学では、天命はだれにとってもプラスになると考えています。
>このことについては、すでに述べたとおりです。たとえば、先の恋愛の例に
>関して言うと、外見の美しくない人が朱子学者なら、その人は
>「外見の美しくない自分は、外見だけで人を好きになるような人に近づかれなくて
>すむので、本当の愛をみつけることができる。ともあれ、中身を磨いてがんばろう」
>と考えるでしょう。

う〜む・・・。どうも負け惜しみっぽいが・・・。
いや! そうだ!きっとそうだ!!絶対にそうなんだ!!!

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/16(土) 23:59:56 ID:20Sx4Zrd0
>>176
その部分は荘子っぽい気がw


35 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)