5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ドイツvsソ連タイマン勝負

1 :名無し三等兵:2008/09/06(土) 20:45:54 ID:QhdeWlcE
米国も日本も参戦しなかった場合、独ソ戦の勝利の行方は?

2 :名無し三等兵:2008/09/06(土) 20:52:25 ID:???
大魔王スターリンに伍長程度が勝てるかよ

3 :万民の神 ◆banmin.rOI :2008/09/06(土) 22:29:47 ID:??? ?PLT(12400)
中国と同じ戦法をソ連がやっていずれ壊滅する

4 :名無し三等兵:2008/09/06(土) 23:03:28 ID:???
>>1
間にポーランドがあるのにどうやって「タイマン」できるの?
馬鹿なの?死ぬの?

5 :ハインフェッツ:2008/09/06(土) 23:03:49 ID:hzbF8H2v
「タイマン」ってつまり決闘でしょ?
伍長とスターリンが互いに十歩離れて単発式拳銃で撃ち合うの。
ネタじゃん結局。

6 :名無し三等兵:2008/09/06(土) 23:45:15 ID:???
伍長はどっちかっていうとマジックユーザータイプだな
スターリンは戦士系だろう

7 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 00:54:10 ID:???
>4
ポーランド侵攻で英の対独宣戦は議会でわずか1票差で決まったから
それが否決され、その後も介入しないとかいう設定なんじゃないの?
オレ>1じゃないから知らんけど

8 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 13:23:23 ID:6oUhKGyD
タイマン(笑)

9 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 13:30:11 ID:00yGFyab
ま た 独 厨 ス レ か

10 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 13:43:29 ID:???
バルバロッサ→補給切れで息切れ
パグラチオン→補給切れで息切れ、これを繰り返して引き分け。

11 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 14:28:28 ID:???
つか「タイマン」と言うからには、
当然ハンガリーもルーマニアもイタリアもフィンランドも、
ドイツに付かないんだよな。
なら投入兵力が限られる以上、北や南にスケベ根性出さず、
モスクワ打通を狙う位しか勝ち目は無かろうが、
その場合側面や後方をソ連軍に脅かされ、ナポレオンの二の舞を演じた揚句、
そのまんまベルリンまで送り狼されて終わりだな。

史実通り悠長に三方軍集団で攻め様にも、長大な戦線を維持できないため
史実より進出範囲は狭まる。
よくてブレスト・リトフスク条約での国境線まで進出できれば関の山だし、
その状態で膠着状態が続く内に赤軍が攻勢かけるか、
ドイツ国内で反乱が起きるかして終わりだな。

12 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 14:39:38 ID:???
>>10
「バ」グラチオンな

13 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 15:05:39 ID:???
同盟国が付かない設定ならドイツはソ連に侵攻しないだろうね。

14 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 15:38:44 ID:???
だって同盟国付いたら「タイマン」にならんやん?w

後「英仏が手を出さない」、となると、当然そのシマであるデンマークや、
ノルウェー、ベネルクス三国、ユーゴスラビアも独立を保ってないとおかしいし、
更に言えばポーランド・ソ連の同盟国であるフランスが、
チェコスロバキア・ポーランド両国の亡命政府受け入れ先である英の、
大陸派遣軍共々ドイツの背後に居座る事になる。

大方「”タイマン”ならソ連がレンドリース&第二戦線失いドイツウマー。」
位に思ったかも知れんが、史実におけるドイツの側のアドバンテージも、
かなりの割合で失われ、結果下手すりゃ却ってソ連が優位になるんだよw


15 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 16:38:00 ID:???
大きいイライラ戦争になるだろ。

16 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 17:07:42 ID:???
そうなれば国家の地力と政権の安定性に劣るドイツ側が、
せいぜい五年位で音上げて終わりだなw

17 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 17:47:57 ID:???
確かに国力や国際的地位ではぶっちゃけ両方世界の嫌われ者だしともかくとして、
実際にクーデター起こされた伍長閣下と生きている間は神だった同士スターリンとじゃ
ドイツの分が悪いなぁw

18 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 18:10:53 ID:???
スターリンはソビエトの現人神だったからな…

19 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 18:39:31 ID:???
更に言えば国力でも差がある。
>>13でも述べたが、ドイツ一国で「フィンランド湾から黒海まで」、
戦線を維持するとなると、兵力はどうしても薄くなるから、
史実の様にウクライナの穀倉地帯や鉱工業地帯まで進出できるか怪しい。
一点ならずともモスクワ等を含め重点突破を図ろうもんなら、
広大な国土にひしめくパルチザン含むソ連側兵力によって、
側面に楔打ち込まれるなり退路絶たれるなりして、
そのまんまソ連軍の十八番の包囲殲滅戦喰らい、
軍主力を失った所をソ連に逆進攻されかねない。

なので結局は薄く広くを覚悟で、
ほんの少し国境を東に押し返し対峙。ということになるだろうが、
そうなると兵力でも資源でも勝るソ連側が長引けば長引く程優位。

20 :19:2008/09/07(日) 18:42:38 ID:???
>>19訂正
×:>>13でも述べたが
〇:>>11でも述べたが

21 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 19:07:46 ID:???
スターリンも暗殺計画はあったよな?

22 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 19:31:38 ID:???
ソースは?

23 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 19:36:02 ID:???
あれだけ粛清しといて神もないだろ

24 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 19:36:36 ID:???
5W1H

25 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 19:44:14 ID:???
結局ソース無しの妄想か?w
相も変わらずブザマよのぉw

26 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 19:51:31 ID:???
粛清が無かったら独ソ戦もなかったろうに

27 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 19:54:10 ID:???
ま、スターリンの神格化を完成させたのが対独戦の勝利だからなw。
案外あの世で伍長に礼でも言ってるかもなww
「お前の馬鹿のせいで救国の英雄扱いだぜ」ってなwww


28 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 19:55:42 ID:???
>>26それ何て責任転嫁?

29 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 19:56:01 ID:???
暗殺を企てた嫌疑で粛清されてるだろ

30 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 19:56:15 ID:???
>>23
スターリンは祟り神

31 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 19:58:29 ID:???
>>28
ただの結果論だろ

32 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 20:00:43 ID:???
>>26
つまり「お前がトゥハチェフスキー始め赤軍将兵を粛清したから、
簡単に侵略できると思って戦争始めちゃったじゃないか。どうしてくれる?」と?
なんつーか半島人並のメンタリティーだなW

33 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 20:00:46 ID:???
>>30
いえてるなw

34 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 20:03:50 ID:???
>>32ワロタw

35 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 20:04:34 ID:???
>>32
別に俺はドイツ側じゃないんだが、ソ連は馬鹿だなと思うよ

36 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 20:06:47 ID:???
>>32
被害妄想凄すぎてワロタw

37 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 20:12:01 ID:???
>>29
それは戦前の話だろ、
かつお前さん自身「嫌疑」なる語を用いてる様に、現実味に乏しいな。

所が史実じゃドイツ侵攻直後の最大の危機の時ですら、
暗殺・反乱どころか逆に引き篭った所政・軍の指導者が揃って慰留してる位だ。

片や伍長の暗殺未遂や反政府活動の回数の多いこと多いことw

38 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 20:13:26 ID:???
>>32
実際そうだし、それが現実

39 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 20:14:50 ID:???
>>37
戦前でもあったのなら、生きている間は神だった同士スターリンってのは言い過ぎだろ

40 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 20:16:06 ID:???
勝てる勝てないの話してる時に、
「しゅくせいはいけないことだとおもいましゅ」とか、
小便臭い大儀論持ち出す馬鹿は何なんだ?

41 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 20:18:09 ID:???
ほっときゃいいのに

42 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 20:20:23 ID:???
>>38
へ〜。侵略した方よりされた方が悪いんだ。

そういうのを世間一般では、
 「 盗 人 猛 々 し い 」
と言いますが何か?w

43 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 20:20:36 ID:???
スターリン批判はやめとけ色々とめんどくさい

44 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 20:21:54 ID:???
>>42
勝てばなんでも有りの時代だから、その通りだな

45 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 20:23:03 ID:???
>>39「現実味に乏しい」は無視かね?

46 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 20:25:04 ID:???
>>45
調べようがあるか?

47 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 20:28:14 ID:???
>>44
>勝てばなんでもあり。
じゃ、勝てない戦争仕掛けて自滅したナチスドイツは、
当時の基準からみても救い様の無い馬鹿国家で、
その馬鹿国家をまんまとハメて世界大国にのし上がったソ連は偉大な国って事になるなw

「結果論」がお好きなんだろ?w

48 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 20:29:31 ID:???
>>47
その通りだよ、歴史どおりじゃん?

49 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 20:33:54 ID:???
>>48
じゃ、結局侵略したドイツの方が悪いんじやん。
それとも自分のレスすら忘れたか?

50 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 20:33:52 ID:???
もう満足したか?

51 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 20:35:30 ID:???
結局お前何がしたいんだ?荒らしか?

52 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 20:36:33 ID:???
>>49
歴史がそうじゃんか、負けたんだしそういうもんだろ

53 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 20:38:50 ID:???
>>51
煽りいれて来るから適当に相手しただけだけど

54 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 20:45:25 ID:???
そもそも戦争に影響を与えるファクターとしての政権の脆弱性の指標としての、
暗殺計画の有無の話をしてるのに
実体の無い粛清の口実としての暗殺計画持ち出して何を語りたいんだ?

仮に粛清そのものも含めソ連政権の脆弱性の傍証としたいなら、
何故史実において(仮に実在するなら)”反体制派”にとって最大のチャンスである、
ドイツの対ソ侵略直後に、反乱や反政府活動が起こらなかった?



55 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 20:47:49 ID:???
生きている間は神だった同士スターリンってフレーズはどうかなと思ってレスしただけだよ
それ以上でもそれ以下でもない

56 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 20:49:41 ID:???
>>53
どの辺がどう「煽り」だか説明しろや。


57 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 20:52:47 ID:ncGAlsio
>>56
そんくらい考えろw

58 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 20:58:40 ID:???
>>55
それは俺が書いた訳じゃないから知った事じゃない。
ただし当時のソ連におけるスターリンへの個人崇拝の表現としては、
まんざら間違った表現ではない。

単純にお前個人が気に食わないと言うだけの理由で、
いちいち牽強附会に「暗殺計画」でっちあげんなや
スレのお題お構いなしに単に個人的な「スターリン批判」がやりたいだけなら、
相応の板に逝くかチラシの裏にでも書いてろ。

59 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 20:58:44 ID:???
ドイツの重爆が貧弱なソ連のインフラを破壊すれば、広大な国土の縦深も資源も無いも同然!
ソ連軍は撤退できず殲滅さるる!これで勝つる!!!

というわけで、ゲーリングをぬっ頃す作業に戻るんだ。

60 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 20:59:58 ID:ncGAlsio
>>58
すいませんでした、ごめんなさい。スターリンは神です。

61 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 21:03:23 ID:???
まさか俺が書いた「生きている間は神だった同士スターリン」ってフレーズで荒れるとは思わなかった。
今は反省している。
ちょび髭とは比べ物にならないくらいフサ髭は強固な独裁体制だった、
厭戦気分くらいじゃスターリン体制は揺るがないがナチスは揺らぐ、
といいたかっただけなんだけど、今は反省している。

62 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 21:04:21 ID:???
荒らしに反応するのも荒らしです

63 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 21:06:29 ID:???
>>57
つまり、
「自分自身にも論理的に説明出来ないけど、
とにかくオレサマにとって都合が悪くオレサマの意に沿わないレスは、
須らく「煽り」であり、これに対してオレサマは、荒らしに類するものを含む、
いかなる手段を用いても対抗する事が許される」 と??

 お 前 っ て 何 様 ?

おっと「煽」っちまったかな?W

64 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 21:07:48 ID:???
>>63
好き勝手思ってくれていいですよ

65 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 21:13:12 ID:???
だから厨呼ばわりされるんだよ。

66 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 21:15:37 ID:???
いい加減にしろ

67 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 21:16:38 ID:???
>>59
戦闘機が随伴出来る程度の範囲だったら、地上軍の移動速度が低下しかねないし
(ドイツも鉄道自分たちで使えるように作り直したり道路利用したりするわけだから)、
それ以上の範囲だと爆撃機の損害が大きくなりすぎる可能性が高い
ドイツは地上からも空からも敵の先手を打つことで戦術的成果を得てきたが、
地上軍の攻撃にさらされる可能性のない、滑走路も地対空装備も温存されてるところに爆撃機だけで突っ込むのは無謀

68 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 21:19:45 ID:???
どっちも醜いな

69 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 21:28:24 ID:???
どっちが厨かワカンネ

70 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 21:32:03 ID:???
同意。
ウザイからどっちも死ねっての

71 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 21:38:41 ID:???
いつものパターンだ。
立論が論破されるとやれ「煽り」とか、
「態度が気に食わない」と人格攻撃。
ほとぼりが冷めたら破綻した立論蒸し返し以下無限ループ。

そんなに自分の意見に反論されたくないなら、
わざわざ2ちゃんにスレ立てず、個人でHPなりSNSのトピなり立ててそこでやれば良かろう。
さもなくば創作板あたりに、
「ぼくがかんがえたさいきょうナチスドイツぐんだいしょうりのれきし」スレでも立てるが良い。


72 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 21:39:30 ID:???
とりあえずルーデルが10人居ればドイツの勝ちだ。
1人ならソ連の勝ち

73 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 21:39:49 ID:???
お前も死ね

74 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 21:42:10 ID:???
はいはいナチスドイツ最強最強(棒読み

75 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 21:43:49 ID:???
>>71
あんた精神科行った方がいい

76 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 21:45:08 ID:???
別にナチスマンセーには見えなかったが

77 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 21:49:56 ID:???
>>71は元糞コテの軍装だろ。
コイツが湧いてくると必ず荒れる。
それこそいつものパターンw

78 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 21:52:34 ID:???
>>72
戦車が少ない分ソ連も41、2年の冬季攻勢で慎重になったかもしれない
43年になれば生産数的になんとかなる

79 :ハインフェッツ:2008/09/07(日) 21:53:48 ID:BKGpYui9
>>72
前提からして間違ってますね、そもそもルーデルとはナチスドイツが国民の体位向上を狙って
「牛乳を飲もう」というキャンペーンを張った事が始まりです。

この課題について、ゲッペルスは「牛乳に相談だ」などという程度の低い事はしませんでした。
「ポパイ戦術」つまり、超絶つおい英雄を一人おっ立てて、彼に牛乳の効能を宣伝してもらおうと考えたのです。
そこで、目をつけられたのが当時空軍でめきめき頭角をあらわしつつあったルーデルであり、
彼の「朝飯食って牛乳飲んで出撃」発言はここから来ているのです。

80 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 21:56:48 ID:???
>>79
牛乳を飲もうキャンペーンについては興味深い話だと思うが、
つまり、どういうことなんだ?

81 :ハインフェッツ:2008/09/07(日) 22:03:19 ID:BKGpYui9
>>80
「ポパイは一人で充分」「ルーデルも一人で充分」って事です。
戦略兵器ではなく広告塔である以上、ボコボコ乱立させる必要は無いわけで…


というネタです。
いえね、某サイトでルーデルが「唯一アンサイクロペディアに嘘を書かせなかった男」
と紹介されていたんで、それならばと…

82 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 22:07:43 ID:???
そういうのはオチまで書いてくれないとな

83 :ハインフェッツ:2008/09/07(日) 22:14:30 ID:zOq27L2s
>>82
本当は「戦後、アメリカではコレをヒントにポパイを作りました」
とやるつもりだったけど、これではさすがに嘘くさくなり過ぎかと思いましたので。

84 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 22:18:39 ID:???
>>75-77自称一橋大生乙w

85 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 22:25:11 ID:???
>>72
それをいうならスターリンが10人いたならドイツの勝ち、だろ…

86 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 22:27:16 ID:???
彼も学ばないねえ。いや、学べないのかな。


87 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 22:29:02 ID:???
>>85
ソビエト人いなくなっちゃうからな

88 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 22:29:55 ID:???
>>77
よっぽど悔しかったんだな?w


89 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 22:33:11 ID:???
スターリン批判はやめろ、面白いから

90 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 22:35:30 ID:???
知識やソースじゃ二人墓に勝てず、
国際情勢や戦略話、論争術では軍装ヲタに勝てず、

荒らしと自演に頼るしかないドイツ厨の中の人も大変だな。

91 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 22:37:37 ID:???
スターリンが10人いてもその内9人は粛正されるから同じことだろ

92 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 22:38:02 ID:???
そんなスターリンの居る国に勝てなかった国(p

93 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 22:40:40 ID:???
物量に負けただけとか冬将軍がとかイタリアがとかナチオタが言うたびに愉快でたまらなくなるのは事実

94 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 22:43:07 ID:???
スターリン批判はやめとけ色々とめんどくさい

95 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 22:43:16 ID:???
「これなら勝つる!!111!!!」と思って振った乾坤一擲の仮想設定が、
20レスも付かない内に破綻したから、
ネタに走るしか無くなったんですね?わかります。

96 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 22:44:32 ID:???
何の話?

97 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 22:52:29 ID:???
>>84
誰の事?

98 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 22:55:07 ID:???
うん。確かにスターリンは頑迷固陋で残虐非道で傍若無人で夜郎自大だ。

そんな彼とそんな彼の支配する野蛮で後進的なソビエトロシアが運良く勝てたのは、
全ては全知全能の偉大な指導者、アドルフ・ヒトラー総統閣下のお導きに違いない!

ドイツ民族の救世主たる慈悲深き総統閣下は、
遅れたスラブの民を救うために、自らの身と祖国、民族と軍隊を犠牲に捧げたのだ!!

ハイル・ヒトラー!!!
ハイル・ドイッチュラント!!!!

99 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 22:57:59 ID:???
白々しいW

100 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 22:58:54 ID:???
100ならドイツ厨絶滅。

101 :だつお:2008/09/07(日) 23:00:00 ID:LnoRfeUL
勝ち戦でも赤軍は相手を上回る損害を出すことは別に独ソ戦に限ったことではない。
ノモンハンなどはその一例として最近はよく知られるようになった。
戦車とか飛行機とかは、戦闘で失われるのはごく一部に過ぎず大半は事故墜落や地上破壊。
ウソだと思うなら、米軍の戦略爆撃調査団報告書を紐解いてみたらいい。
(太平洋戦線で27000機が失われたが、その内戦闘損失は8700機だったと)

102 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 23:01:20 ID:???
101ならドイツオタが生き返る

103 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 23:04:47 ID:???
いいすれ

104 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 23:06:30 ID:???
いつものお馬鹿展開だなぁw

105 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 23:07:44 ID:???
>>101の脈絡の無さと>>102のマヌケさにホットチョコレート噴いたW

106 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 23:09:32 ID:???
理化系としてはドイツを応援したい・・・

107 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 23:12:01 ID:???
見えない敵がいっぱいだな

108 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 23:14:03 ID:???
あれかね?一度位冗談で、ドイツ厨の妄想全肯定して、
設定に無理があろうが何だろうが、とにかくドイツ大勝利って結果に付き合ってやれば
この馬鹿共も消えるかね?
つかいい加減疲れたわ。

109 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 23:14:05 ID:???
理科系ならソビエト科学アカデミーだろ…

110 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 23:15:51 ID:???
相手するから面白がって来るんだろwww

111 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 23:16:26 ID:???
>知識やソースじゃ二人墓に勝てず、

さすがにこれはネタだろW
どっかのスレで見た二人墓の「知識」ってのは「ソ連機は複座機が多いんでドイツより工業力が上」
とかそんなお笑いレベルWW (もちろん単価とか具体的根拠は提示せず)
双発や四発機が多い、とかならまだ話は分かるけどな…W

112 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 23:16:41 ID:???
なんでナチオタはこんなに多いんだろう
ソビエトロシアに燃えるのが男というものなのに

113 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 23:16:49 ID:???
工学・冶金系ならソ連贔屓だな


114 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 23:18:02 ID:???
112
キモイ男だな(笑

115 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 23:18:29 ID:???
スターリンが嫌いなんじゃね

116 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 23:19:55 ID:???
ドイツは空気中の窒素と
安い金属を塩酸につけるとかで簡単に出せる水素を使って
火薬合成に貴重なアンモニアを作った

こりゃいいやというコトで日本にもこの技術を伝えて
アメリカを叩いて貰おうと思ったが
日本の技術ではアンモニア合成に必要な圧力1000atmを出せなかった

こんなコトを高校の先生が言ってたけどドイツの技術は世界一!!!

117 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 23:24:05 ID:???
>>112
今や大して多くもあるまい。
ロートルとその太鼓持ちを除けば。

118 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 23:25:37 ID:???
単に知名度の差だろ。

119 :だつお:2008/09/07(日) 23:29:27 ID:LnoRfeUL
実際グラスノスチ後の史料でも、ドイツ軍が善戦し赤軍はそれを上回ってる記録もある。
だがそれは確かにそうだとしても、ノモンハンの皇軍だって当てはまることだ。

ドイツ軍がクルスクで善戦できたのも電波通信技術の優位が大きかったと思う。
先制攻撃のイニシアチブをいかに確保するかは、やはり電子戦のツバ競り合いではないのか。

史上最大の戦車戦−オリョール・クルスク上空の防衛
ドミートリー・ハザーノフ 著 ヴィターリー・ゴルバーチ 著

だがその詳細は自分なんかの三文評論よりは上の本にあたってみたほうがずっといい。

120 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 23:32:25 ID:???
確保できてないじゃんw

121 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 23:33:16 ID:???
独ソ戦 この知られざる戦い…!

122 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 23:39:15 ID:???
高校や大学で習う化学の反応機構で出てくるのはドイツ人がめちゃめちゃ多い
やっぱドイツを応援したくなる

123 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 23:39:41 ID:???
>>112
多分、後20年もすれば逆転するな。

124 :ハインフェッツ:2008/09/07(日) 23:40:04 ID:chQiOsPZ
>>116
ハーバー・ボッシュ法だけではない。
戦時下の独逸はベルギウス法によって石炭から航空ガソリンを製造していたが
日本ではやっぱり圧力容器が”はにゃーん”なのでこれができなかった。
仮にこれが出来てたら日本もハイオクを確保できてた。
圧力が必要ないフィッシャー・トロプシュ法ならば小規模なブラントがあり、
ちょびちょびと軽油や灯油を生産してたが、この方法ではどうしても
オクタン価の高い炭化水素は作れなかった。

…ちなみに、ベルギウス法プラントを爆撃された独逸は
しまいにゃ開き直って「微粉炭を燃やして飛ぶラムジェットエンジン」
なんてのを研究してたりする。

125 :だつお:2008/09/07(日) 23:41:29 ID:LnoRfeUL
日本VSドイツだと、空母機動部隊と戦車機甲部隊ではどちらが上かで不毛。

ドイツVSロシアなら同じ戦車機甲部隊の対決ということで技術比較はしやすい。
飛行機にしてもエンジン馬力ならソ連優位(シュトゥルモービグだけで3万6千機)、
電波探知機なら防空システム「フレイヤー」の完勝、とか。
世界初のロケットミサイルでロンドン攻撃したが、ソ連もまた世界初の宇宙衛星
「スプートニク」を成功させている。

以上は、独断と偏見。

126 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 23:43:34 ID:???
ソビエトのロケット技術は・・・

127 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 23:48:49 ID:???
>>124

ベルギウス法調べてみたけど・・・
化学式見ると「アホか」と思うが
現実は厳しいんだなぁ

128 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 23:50:00 ID:???
欧州とアジアの融合の元生まれた味わい深い文化。
人間性の深淵を生き生きと描いた文学。
哀愁を帯びつつも情熱的な音楽。
豪壮かつ華麗な美術・建築

それらを併せ持つロシアが好きだ。

129 :二人兄弟の墓:2008/09/07(日) 23:51:26 ID:???
>>111
単価は交換レートの影響を受けるから俺は重量で比較したよ。
双発機のコストにもPe2、Hs129を例に挙げて言及したはずだけど。
さらに裏取りのためドイツの生産増が単発戦闘機中心の増産による、
って「東部戦線のドイツ空軍」から引用も書いたはず。
あと、重量で比較する方法はBUN氏のサイトにも載ってたので、そのリンクも書いておいたな。

130 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 23:51:59 ID:???
既に本旨を外れて「僕はドイツ(ソ連)のこんな面を知っている」披露会場になってるんだが

131 :ハインフェッツ:2008/09/07(日) 23:56:01 ID:gWHH9tAG
>>125
なんでエンヂン馬力の話で航空機の頭数を引き合いに出すんですか?

132 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 23:59:05 ID:???
日本に攻め込んできたソ連は好きになれない

133 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 23:59:12 ID:???
そりゃスレ本題話は>>1-20で決着着いてるからな。
それを認められない奴が苦し紛れにスターリン貶したり、
ドイツ贔屓話に話すり替えてるだけだろ。

134 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 00:00:46 ID:???
一行レスに長文レス返してくれるからやりがいがあるもんなwww

135 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 00:08:20 ID:???
三国干渉の一国で、
黄禍論の発祥地で、
第一次大戦の敵国で、
日中戦争じゃ中国を支援し、
ノモンハン戦の最中に独ソ不可侵条約結び、
日ソ中立条約結べば対ソ開戦し関特演やらせてソ連の怨み買わせ、
戦後は自国の「戦後処理」自慢のために「戦争犯罪」をダシに使うドイツを、
好きにならなければならない理由はどこにもない。

136 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 00:10:37 ID:???
好きか嫌いかはどうでもいい話じゃないか

137 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 00:15:28 ID:???
ところが贔屓の引き倒しで、
「ぼくのすきなくにだからぜったいかたなきゃいやだ」みたいな奴が、
話をまぜっ返したり、負け惜しみで好き嫌い話に話題すり替えたりするからなw

138 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 00:29:36 ID:???
>>134
荒らした揚句「釣りでござい」か?
語るに落ちたな…

139 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 01:04:11 ID:???
>>134
大戦末期のドイツはそんな感じでタコられてたよな。
無茶な攻勢行っては3倍返しでフルボッコされて。
アルデンヌ然り、春の目覚め然り。

140 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 01:07:19 ID:???
書き忘れたが松本零士の「鋼鉄の竜騎兵」にも同じような話があったな。
日本兵が野砲一発打ち込んだら対砲兵射撃で10倍返しにされて
粉砕されるやつ。最近の毒ヲタた立てるスレも、みんなそんな感じだ。

141 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 01:25:22 ID:???
>>10
この「バグラチオン」ではなく「パグラチオン」って表記
「ソ連1国で戦うなら引き分けに持ち込める」って主張・・・
最初に見たのはドイツ空軍 対 ソ連空軍のスレだったな。
懲りない人だ。

142 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 02:18:57 ID:???
ttp://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/army/1216440010/313
自分の過去レスを探してみたが重量の比較データ貼ってたよ、やっぱり。
「もちろん単価とか具体的根拠は提示せず」ってのは間違いだな。




143 :二人兄弟の墓:2008/09/08(月) 02:26:02 ID:???
>>142は俺のレスです。俺もまだ赤軍ヲタになって日が浅いので、
発言に突っ込みどころがあったらなんなりと指摘してくださいな。

144 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 02:43:45 ID:???
ドイツオタは世界史板で、ポラック、ポラックと書き込んで
ポーランドを侮辱しているのが最悪だと思う。


145 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 02:46:25 ID:???
ポラックとコーラックはよくにてる

146 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 02:47:46 ID:???
生まれてから一度もポーランド人に会ったことがない俺にはどうでもいい

147 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 03:12:20 ID:???
この場合、英米などはドイツの勝利を望まない。
しかしソ連の勝利も望まない。いい感じに泥沼化を狙うので泥沼化。

148 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 05:40:33 ID:???
>>147
>いい感じに泥沼化を狙うので泥沼化。

ふ〜ん。どうやって?
やりようによっちゃ、この設定下独仏国境で英仏(+米)勢力と直接対峙する独が、
同盟国(日伊)の暴走に引きずられるパターンを含め、米英仏にちょっかい出し、
たちまち「タイマン」の前提は崩壊するぜ。

それでなくとも対ソ戦線で独側の敗色が濃厚になれば、
ソ連の西欧進出阻止の意味も含め、英仏連合軍がライン越えて、
ドイツ国内に進攻するだろう。

そうなりゃソ連はポーランド全土を占領し、
片やドイツは下手すれば史実のWW2後仏が主張したように4国くらいに分割され、
そこに進駐した英仏軍との間で史実より小規模な冷戦ってところだろう。


149 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 05:56:19 ID:???
つかさ、国力でも地理上のパワーバランスでも、
どうあがいても独側の不利はまず覆らないんだから、
そんなに「ドイツ”勝利”(or”引き分け”クラスの善戦)」狙いたいなら、
中途半端な条件付けを予め前提にするのではなく、
むしろそれが可能な条件そのものを模索する方が先なんじゃねぇの?
それこそ「独ソ戦 こうすれば勝てた!」みたいなw
もっとも、親類縁者にドイツ人が居る訳でもないのに、
そうまでして絵空事の”ドイツ勝利”をでっちあげなきゃならん義理はないがなw

150 :ハインフェッツ:2008/09/08(月) 06:14:57 ID:0+CSQ7+x
>>147 >>148
スレタイには「タイマン」とあるのに、この人達ときたら…

151 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 06:52:33 ID:???
>>149
皮肉だが、「ソ連に攻め込む」だけなら、
西側連合国による有形無形の対ソ支援を勘定に入れても、
同盟国・占領地の兵力資源を最大限動員できた史実の設定が一番独に好都合なんだよねW

>>150
ま、そもそも地続きで列強が角付き合う欧州で、
「タイマン」と言う設定自体無理があるんだがねW
兵器と違って国ってのは動かないんだから、
戦艦や戦車のタイマンのノリで戦略シミュしようって自体どうかと思う。

だから極力「他国は手出し無用」で付き合ってやったが、
具体的手法及び実現可能性抜きで>>147みたいなレス書かれたんで、
相応に返しただけですが何か不都合でも?

152 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 07:14:14 ID:???
ウクライナ・ベラルーシ・ロシア総合スレッド
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1209182633/
より
188 名前: 名無しさん@九周年 投稿日: 2008/09/06(土) 11:14:05 ID:q+u3QO/40
>>122
ポーランドの石油備蓄は138日分(700万トン)、ガス備蓄は40日分(15億m3)
しかも電力の9割は国内産の石炭で調達している

ソースは昨日ポーランドの日本大使館から俺の元へメールで送られてきた
最高機密情報「ポーランド月報(8月)」と「ポーランド政治・社会情勢(8月28日〜9月3日号)」なw

このようにポーランドはヨーロッパの中ではエネルギー自給率が異常に高い国
発電所の廃熱で温水を作り、都市部の各家庭へ供給して生活用のお湯や
セントラルヒーティングに使われるため、冬場の暖房は安心

輸入される石油は国内の施設で精製されてほとんどが自動車の燃料、ガスは家庭の調理用
石油はノルウェーやリビアとも長期契約済
田舎の家庭では灯油を暖房の燃料にするが、灯油なんかほとんどが余るのでドイツに売ってる



153 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 07:32:12 ID:???
相手がレスつけなくなるまでレスしなきゃ気がすまないお子様ばっか、そりゃ荒れるわ

154 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 09:06:45 ID:???
で、どっちとは言わないがレスが出せなくなった頃に
決まって「もう一方の態度が悪い」とか「お子様」みたいなレスが現れる。とw

155 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 10:09:55 ID:???
>>152
何を意図して貼ったかは知らんが、
現在ポーランドの主な炭田であるシロンスクは
この頃「シュレージェン」としてドイツ領だし、
それ以前に石炭と鉄鉱石はドイツではむしろ余っている。

もっともそれ以外の資源がないから継戦能力不足なんだがなw

156 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 10:24:43 ID:???
>>151
史実のヒトラーがしたことはイギリスと戦争中でアメリカ参戦も時間の問題という状態で、
ソ連に喧嘩を売るという暴挙ですよ。
まだ1が言うような「タイマン」の方がマシ。

157 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 12:06:08 ID:???
>>156
>>151
>「ソ連に攻め込む」”だけ” が読めてないようだな。

悪いがドイツが単独でソ連に喧嘩を売る時点で「暴挙」なんだよ。
ドイツが単独で対ソ戦線に投入可能なリソースに比べ
ソ連の戦略正面・縦深の広大さが釣り合わない以上、
どうみても>>11>>19に書いたような状況が関の山だし、
そんな状態では史実と同程度の戦果など望むべくも無い。

翻ってソ連側の被害も少ないから、仮にドイツ側が奇襲しても
史実より早期に立ち直られ反撃を受ける可能性も高いし、
反対側に地続きで英仏の脅威が存在し、挟撃される危険性が存在する。
更に同盟国の兵力や占領地からの略奪資産も使えない。とあっては、
せいぜい占領される相手が>>148に書いたとおり英仏に変わることを除けば、
史実よりはるかに困難な状況下で戦争やることになるだけだ。

158 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 13:35:28 ID:???
ニュー速+でイギリスのGDPはインドに大きく依存してるから、持久戦に持ち込み英国を幸福させ、その後ソビエトに攻め込めばドイツ単独でも勝てるっていってたよ

159 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 13:48:40 ID:???
>>157
ヤダや人を敵とせずに欲張らずにがんばれば旧ポーランド領ゲッツを狙えるよ。

160 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 14:19:15 ID:???
>>158
>持久戦に持ち込み英国を幸福させ
既にこのスレの前提から外れてる。との突っ込みはさておくにしても、
制海権は英国が握ってるのにどうやって?

>>159
ユダヤ人問題はナチのいわば「マニフェスト」なので、
敵に回さなければドイツ国民の支持を失う。
後,具体的な手法の明示が無ければ、
「風が吹けば桶屋が儲かる」式のこじつけにすらならん。

161 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 14:21:10 ID:???
財政ばら撒き続けてればドイツ人の支持は失わないよ。

162 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 14:25:40 ID:???
ユダヤ人が味方なら国債が売れて武器を買えるので10倍どころじゃない敵にも勝てるよ。
ソースは日露戦争。

163 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 15:03:41 ID:???
>>161
じゃ、戦争やる前にドイツ自体が潰れて終わりだな。
>>162
つい最近まで公然と敵対を標榜してた国に、そうすぐに態度変えるかは怪しい。
あと日露の場合のユダヤ人は「アメリカ系」ユダヤ人だろ。
アメリカ自体が反ナチ的なのに怪しいもんだ。
ロビー活動ならルーズベルト時代の場合ソ連も負けていない。

164 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 16:25:43 ID:???
>>163
欧州の天地は複雑怪奇だよ。
キモイ人種政策を止めればドイツは欧米にとって大事な肉壁に変身さ!

165 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 16:39:30 ID:???
どうだかな
「共産主義の脅威」にしたところで、
地理的に考えればソ連が直接影響を与えうるのは東欧だが、
米英仏あたりからすれば史実の戦前の東欧諸国の独ソによる分割見ても解るように
それほど過剰な反応はできない。

一方ドイツの場合、ノルウェーや低地諸国、フランス本国といった
英仏のシマと地続きの脅威として存在するし、
なんといってもWW1前後の記憶がある。
たかだか人種政策変えたところで、膨張政策そのものを止めない限り、
英仏にとってナチスドイツがいずれ打倒すべき脅威であることに違いは無い。

166 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 17:13:38 ID:???
結局「タイマン」といいながら、他国に頼らざるを得ないわけだw

167 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 19:10:11 ID:???
それより反ユダヤとかいうキモイ政策やめるなら、反スラブとかいうキモイ政策もやめよう。
当然チェコもポーランドも占領地は片っ端から独立させる正義の味方になるのさ!そうすれば正義は勝つので大勝利間違いなし!

いや、ドイツだけ正義の味方にしたら不公平だ、ソ連も正義の味方にしよう。
「どうせ独立させられるなら、先に独立させちゃえばいいのです」(篤姫、KO5年)
というわけでウクライナはもちろん中央アジアやベラルーシ、コーカサスも片っ端から独立するんだ。
そうするとどうだ!ソ連は同盟国に囲まれる安全な国になる!

こうするとドイツとソ連は物理的に隔てられ戦争できなくなる!
正義の味方は国を道路と見なさない!
見ろ!キモイ政策を捨てたら平和を勝ち取ったぞ!!正義万歳!

168 :ハインフェッツ:2008/09/08(月) 21:41:53 ID:kNj0aoe+
つか、ヒトラーもスターリンも「緩衝国家」って概念を
理解してなかったんじゃないかと思う。

169 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 23:40:38 ID:???
HoI 2でボリス閣下とかカロル2世閣下でプレイしないとね

170 :名無し三等兵:2008/09/09(火) 05:23:40 ID:ZJOa7rJV
西部軍、南東方面(ギリシャ・ユーゴ)、南西方面(イタリア)軍集団及びノルウェーフィンランド
の数個軍団を使えるから戦略的に幅が広がるな。

逆にロシアはリースを受けれなくなるので不利かと思うが、資源的にはドイツ
の方が他国に依存しているし、結局負けか

171 :名無し三等兵:2008/09/09(火) 06:28:12 ID:???
>>168
まあ、ヒトラーはレーベンスラウムとかなんとか言って
手当たり次第、領土に組み込みたがってたが
スターリンによる東側親ソ政権の樹立は
対西側緩衝地域の形成と言ってもいいんじゃねえか?

172 :名無し三等兵:2008/09/09(火) 13:43:44 ID:???
レーベンスラムといったらプロレスの必殺技みたいだな

173 :名無し三等兵:2008/09/09(火) 13:56:19 ID:???
>>170
地続きで英仏と対峙してるのにそう簡単にそれらの部隊を転用できるかな?
あくまで「他国は絶対手出し無用」の前提で転用可能な兵力を云々するなら、
ソ連側とて極東方面軍145万+航空機3200機弱や
ザバイカル方面軍30万弱+航空機約1500機その他が転用できるわけだが。

174 :名無し三等兵:2008/09/09(火) 14:04:17 ID:???
タイマンというからには、当然、オーストリアやチェコスロバキアも併合しないんだよな?

だよな?

175 :名無し三等兵:2008/09/09(火) 14:17:26 ID:???
>>174
流石にその辺は勘弁してやったら?
じゃないと間にポーランドがあるから「タイマン」できないからな。



176 :名無し三等兵:2008/09/09(火) 14:27:25 ID:???
チェコは違うけど、エスターライヒはドイツ南部だろ。

41 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)