5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■○創作関連質問&相談スレ 40○■

1 :名無し三等兵:2008/08/19(火) 22:02:05 ID:???
・「こんな設定の小説書きたいんですけどどうですか?」から
「この漫画(/小説/映像作品/ゲーム)の設定は正しいのですか?」まで、
とにかく創作&妄想に関する質問はこちらで。

・ミリタリーもの以外の既存の漫画、小説、ゲーム等の作中における
軍事関連の描写についての質問もOKです。

・質問者の人は、最初の質問の時に考えている設定を書いて下さい。
世界観、設定の出し惜しみは適切な回答が得られる可能性を遠ざけます。

・極端に軍事常識から外れたSF兵器、魔法兵器、人型兵器などはそれぞれの該当板へ。

・創作関連以外の質問はこちらへ(回転が早いので質問しようと思った時には次スレに移行している可能性があります)
●初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 493
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/army/1218898118/
・ジョーク系の質問はこちらへ
●笑心者歓迎 スレを立てる前にここで質問を 43
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/army/1214724180/

・その他
創作文芸板
http://love6.2ch.net/bun/
ライトノベル板
http://love6.2ch.net/magazin/

・次スレは950を踏まれた方が立ててください。
950がダメだったら960、960がダメだったら970の方、お願いします。
・質問者はIDを出してください(メール欄無記入で書き込み)

・前スレ
■○創作関連質問&相談スレ 39○■
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/army/1215866998/

2 :名無し三等兵:2008/08/19(火) 22:02:28 ID:???
・設定の後出しジャンケンはご遠慮願います。

・質問が的確でない場合,回答が正確であっても結果が間違っているという事態が生じます.
初心者の皆さんも注意しましょう.
以下,実話.

さいとうたかを「今度新しい劇画描くんだけどさ,いま一番かっこいいライフルって何かな?」
たかをの知り合いの軍オタ「う~ん,今だったらM16かなぁ? 一応最新鋭だし」
たかを「ふ~ん.よく分かんないけどそれにしとくわ」

ゴルゴ13発表.
知り合いの軍オタ「狙撃銃だなんて聞いてねーぞ!」


*テンプレは以上です。

3 :名無し三等兵:2008/08/19(火) 22:04:11 ID:???
1Z

4 :名無し三等兵:2008/08/19(火) 22:16:33 ID:???
>>1
ありがとう。おつかれさま。

5 :名無し三等兵:2008/08/19(火) 22:22:24 ID:???
>>1
乙であります!

6 :名無し三等兵:2008/08/19(火) 22:28:31 ID:CtWhfR48
正直な話、いまの日本を舞台にしたミリものは、書こうと思えば頭が痛くなる
俺が書きたいのは自衛隊がどうのとような作品よりも、むしろテロとかゲリラが中心の作品だからだろうけど。
テロとかゲリラが活動を始めた日本で、いまの日本人の感覚とは余りにもかけ離れた世界だからね。
書こうと思えば書こうと思うほど、いろいろと考えてしまう

7 :名無し三等兵:2008/08/20(水) 01:12:54 ID:???
考えるんじゃない。書くんだ。

8 :がじ:2008/08/20(水) 01:42:42 ID:???
>6
そんな悲観的にならんでも。
確かに、一般的な日本人の秩序意識からすればテロなんてありえない。
それでもカルトに走る奴はいるし、未だに学生運動を引きずっているジジババも居る。
パトレイバーや攻殻みたいに成功した例もあるんだし。

9 :名無し三等兵:2008/08/20(水) 02:01:25 ID:???
攻殻を「日本を舞台にした作品」といえるかどうかはかなり微妙だと思うが…

10 :名無し三等兵:2008/08/20(水) 04:11:11 ID:???
群青(ry

11 :名無し三等兵:2008/08/20(水) 04:27:56 ID:???
>>2の実話ってまじ実話?

12 :名無し三等兵:2008/08/20(水) 04:34:22 ID:???
>>11
マジ。

ちなみにその話の「知り合いの軍オタ」ってのは戦争劇画家の上田信。

13 :名無し三等兵:2008/08/20(水) 17:46:15 ID:JeN4e+Vi
>6
最近の作品だとロストブレインとかデスノートとかどうよ

14 :名無し三等兵:2008/08/20(水) 21:43:47 ID:UJeR8VZO
某ロボットアニメでは、
「80パーセント?冗談じゃありません!現状でジ○ングの性能は100パーセント出せます!」
という有名なシーンがありますが、
実際、未完成の状態の機体が出撃を強行したとして、
100パーセントは無理でしょうが、80パーセント程度の性能は確保できますか?

当時は、
「ジオ○グはそもそも脚があるように設計されたのだから、脚が無くても良い訳がない」
「完成度が80パーセントと言っても、能力的には30パーセントくらいしか出せない可能性だってある」
という憶測もされていたようですが、そういう見方もできますか?

15 :名無し三等兵:2008/08/20(水) 21:43:57 ID:???
ロストブレインは知らんがデスノートは全然違うと思うが。

16 :名無し三等兵:2008/08/20(水) 21:50:49 ID:???
>>14
機体そのものが未完成じゃ無理。
実機を飛ばしてみないことには正確な飛行特性や限界がわからない。
さらにそれらのデータとりをした上でソフトウェアの調整をし、
各種兵器の発射試験やインテグレーションに入るわけだから。

テスト無しのぶっつけ本番で無理矢理出撃したら、
最悪なんにもしないうちからアビオニクスがバグって制御不能→墜落


17 :名無し三等兵:2008/08/20(水) 21:58:59 ID:???
>>14
そこで言われているような見方も成り立つだろう

大抵の兵器には一定の冗長性がある
例えば戦車の場合、敵に照準するためのサイトは複数あるので、
メインがやられてもある程度の能力は維持できる

もちろん、損傷箇所や程度によってはどうにもならない可能性もあるだろう

それで、脚が欠けているというケースだが、正直なところ設定次第
(某ロボットアニメは知らんので、脚やその機体が作中でどんな立場を与えらえているのかも知らない)
航空機の話だが、翼が損傷を受けても、
ある程度は自己修復で能力維持できるような技術も研究されている
近未来であれば同じように、
脚が欠けても(ソフトによる補正等で)性能低下を抑える技術があってもおかしくはないと思う

18 :名無し三等兵:2008/08/20(水) 22:11:31 ID:???
ジオングのあれを現実に当てはめるなら、

マウスを前にした独軍戦車士官
「…機銃が無いな。装具も一部欠けているようだが?」
「しかし足回りと主砲は完璧にしてあります。マウスの性能は100%発揮できますよ」

見たいな感じじゃないかな?

19 :名無し三等兵:2008/08/20(水) 22:16:14 ID:???
>>18
>足回りと主砲は完璧
足回り完璧にできる整備SUGEEEE!!!

20 :名無し三等兵:2008/08/20(水) 22:20:22 ID:UJeR8VZO
なるほど。ありがとうございます。
連続すみませんが、戦場では損傷を受けた機体が、
現場では修理技術や工具、技術士官、部品などが足りず、完全な修理ができなかったため、
一部不完全な修理状態で再出撃した例などはあったのでしょうか?

21 :名無し三等兵:2008/08/20(水) 22:20:57 ID:???
>>14
あの場合はあの形として一応完成はされてるんじゃないか?
本来足があるべき位置がしっかりエンジンで埋まってるし、
そもそも足が完成してない状態なら完成度は80%もないだろうから
80%ってのは完成度を意味してないと思う

ただ、その話とは無関係に未完成or完成度が80%の機体が100%の性能を発揮できるか
という話になると無理やね

22 :名無し三等兵:2008/08/20(水) 22:23:05 ID:???
もしくはこうか

リオ「80%?冗談じゃない。Me262A-1a/U4は現状で100%性能を発揮できますよ」
ルーデル「義足でも使えるんだろうな?」
リオ「足なんて飾りです。偉い人にはそれがわからんのです」

23 :名無し三等兵:2008/08/20(水) 22:30:13 ID:???
>6
テロならいくらでも書けるだろうが、ゲリラはないだろ。
まさか在日外国人が暴れだすような話か?
正規兵による不正規活動を書くつもりならわかるが、それなら
ゲリコマなんて言葉でおまけのようにされてしまうコマンドウの方だろう。

24 :名無し三等兵:2008/08/20(水) 22:32:25 ID:???
まぁ正直言えば
玩具メーカーの偉い人「足つけてね」
禿「はい(足なんて宇宙で何の意味があるんだよ)」
ってなところだろう

25 :名無し三等兵:2008/08/20(水) 22:49:37 ID:rpvqq1R1
旧軍で軍紀違反(抗命とか上官殴打とか)を犯した場合、
「降格」(大尉→中尉とか、軍曹→伍長とか)という処罰はあったのでしょうか?

26 :名無し三等兵:2008/08/20(水) 22:59:57 ID:???
現代戦で空挺作戦モノの小説を書こうと思ってますけど、その中に空挺戦闘車を出そうと思ってるんですけど
輸送機で戦地に車両運んで降ろす時って
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/c/c1/C-130_airdrop.jpg
↑みたいな方法しかないんでしょうか?
火葬戦記なんかだとデカイパラシュートをくっつけて、けっこう高いところから放り出してるだしてる描写が
あるんですが(ひっくり返るのはご愛嬌)、これはできることなんでしょうか?
ちなみに出てくるのはヴィーゼルと軽装甲機動車です。

27 :名無し三等兵:2008/08/20(水) 23:00:07 ID:???
飛行機ぶっ壊した飛行兵曹が兵卒に降格されたりした事例はある。

28 :名無し三等兵:2008/08/20(水) 23:02:45 ID:???
>>26

普通に飛行場制圧してから輸送機を下ろすという手もあるし、
ロシア空挺部隊のように大型パラシュートと制動用ロケットを組み合わせた
車両投下システムを使うという手もある。

29 :名無し三等兵:2008/08/20(水) 23:02:47 ID:???
未完成で出撃だとPoWとかどうよ?艦だけど。

>>20
同じく機体じゃなくて船体だが日向が砲塔の爆発事故で損傷して
直しているヒマがなかったので取りあえず穴塞いで機銃搭載して
出撃した。
艦だったら結構こういう話は有りそうだけど
故障すると落っこちる飛行機はどうかなぁ。

30 :名無し三等兵:2008/08/20(水) 23:07:18 ID:???
>>26
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm1462064
これの1:27辺りからは参考になるだろうか?

これは流石に無理だろうと思う
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm3105306

31 :名無し三等兵:2008/08/20(水) 23:20:59 ID:???
>>14
ジオングはそもそも宇宙戦用の機体。脚は有重力可用のオプションの一部に過ぎなかったはず。
なので脚が無くても宇宙での戦闘機動は十分に可能で、主武装である腕部があれば、戦力としては十分な性能を発揮できる。
脚がなくとも宇宙戦用のモビルアーマーとしての戦闘能力は100%というのは正しいと思われ。



32 :名無し三等兵:2008/08/20(水) 23:23:17 ID:???
>>31
それは足がなくてもOKということですね。やっぱり偉い人にはわからないのですね。わかります。

33 :名無し三等兵:2008/08/20(水) 23:24:48 ID:???
>>25
あるよ。陸海軍刑法で処分するような重大犯罪以外の規則違反者が対象。
ただ、降等処分の対象は下士官以下だけだったような気もする。

34 :>>26:2008/08/20(水) 23:29:50 ID:???
>>28>>30
参考になりました。ありがとうございます。
それと、>>30の動画を見てて疑問に思ったのですが、>>28の言ってた大型パラシュート+制動用ロケットの組み合わせは
米軍とかの西側諸国軍にはあるんでしょうか?それともロシア空挺軍独自のモノなんでしょうか?
それと・・・・乗員込みで戦車を放り出すことは無いですよね?(中の人舌噛みそうだww)

35 :名無し三等兵:2008/08/20(水) 23:46:54 ID:???
>>20
ミッドウエー海戦での友永大尉の例が有名。
ミッドウエー島攻撃で燃料タンクに穴があき母艦に帰還後、その修理が終わらないうちに
空母攻撃に出撃して帰ってきませんでした。

36 :名無し三等兵:2008/08/20(水) 23:52:09 ID:???
>34
パラシュート&制動ロケット方式はうまくいかないと
着地の衝撃で車体が壊れちゃう事もあったりするので
その分を見越して数を投入できるようなとこじゃないとやり辛かったり
なので西側じゃ流行らなかった。

あと、制動の衝撃もきっついので中に人が乗ったままというのは無理
つか上にも書いたけど失敗する可能性があるんでw

で、西側は別の方向を模索して>>26の写真のような方式にしたり
とかやってるうちに大規模空挺降下自体があんまり流行らなくなっちゃって
空挺戦車というカテゴリー自体が過去の物に。
米軍だとキャンセルされたM8ぐらいまでかな、戦術輸送機で空輸可能な戦車は。
これだって投下が前提じゃなかったと記憶してるが

37 :>>26:2008/08/21(木) 00:05:19 ID:???
>>36
なんどもすみません。ありがとうございました。

38 :名無し三等兵:2008/08/21(木) 00:11:09 ID:???
そういや英国が開発したものの中にパラシュートの代わりにロケットを使って
空から物資を投下するやつがあったな。
パンジャンドラムとかと一緒に何かの番組で紹介されてた。

思いっきり地面に落ちた後、跳ね上がりながら点火。物凄い勢いで上まで吹っ飛んでた。

39 :名無し三等兵:2008/08/21(木) 00:13:33 ID:???
>パンジャンドラムとかと一緒に
この時点で信頼性ゼロw

40 :名無し三等兵:2008/08/21(木) 00:30:37 ID:???
ロケット系は点火に失敗すると悲惨だからねー
コールドランチの対戦車ミサイルが点火に失敗して
操作員が逃げ惑う動画はなかなかの迫力であるw
ttp://jp.youtube.com/watch?v=eZPOfwVhokI
ttp://jp.youtube.com/watch?v=-UXl9PcPvKc&feature=related

41 :名無し三等兵:2008/08/21(木) 00:35:51 ID:???
これ、見てる分には大幕僚だが現場の人にしてみれば洒落にならない状況だよな

42 :名無し三等兵:2008/08/21(木) 00:47:02 ID:???
ニコニコしか見つからなかったが多分これだな
これ何の番組だろ
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm775066

43 :名無し三等兵:2008/08/21(木) 00:49:49 ID:???
>>41
何かよくわからんが凄いな>大幕僚

44 :名無し三等兵:2008/08/21(木) 00:53:58 ID:???
大幕僚 【だいばくりょう】
大本営の構成員たる軍人の総称。
狭義では参謀総長、軍令部総長を除く。

45 :名無し三等兵:2008/08/21(木) 00:55:29 ID:???
>42
なんかNHK教育の10分番組臭い感じがw

46 :名無し三等兵:2008/08/21(木) 00:56:56 ID:???
あっと前スレまだ残ってるんだな
先にそっち埋めないと
■○創作関連質問&相談スレ 39○■
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/army/1215866998/l50


47 :名無し三等兵:2008/08/21(木) 00:58:43 ID:???
>>43
自分でも何でsとrを打ち間違えたのかさっぱりだぜ

48 :名無し三等兵:2008/08/21(木) 01:13:58 ID:???
ベトナム戦争において対戦車ライフルがヘリに対して有効だったという記述を
読んだんですが、なんかイメージが湧きません。
ヘリの重要な部品が壊れて墜落なのか、パイロットが死傷して墜落なのか。

また装甲ヘリに対しても有効なんでしょうか?装甲ヘリの装甲っていうのが具体的に
どれほどのものなのかよく分からないんですが、機動性を考慮して戦車よりは軽装?

49 :名無し三等兵:2008/08/21(木) 01:27:20 ID:???
>>48
初期の対戦車ライフルと同じ理由。
乗員の殺傷。
ところで、戦車と同等以上に装甲されたヘリとか、
本当にあるんなら見てみたいくらいなんだが。

50 :名無し三等兵:2008/08/21(木) 01:29:19 ID:???
>>48
部品と乗員。お前さんの考えてる通り。
ただし、ヘリの装甲の比較対象に戦車を持ってくるのは間違い。
戦車と装甲強度を比較できるようなヘリなんて重過ぎて飛べん。
装甲ヘリで防げるのはせいぜい小銃弾くらいまでだな。
陸自の「軽装甲」レベルが限界。

51 :名無し三等兵:2008/08/21(木) 01:30:04 ID:???
戦間期クラスの戦車と同等に装甲されたヘリならあるかも

52 :名無し三等兵:2008/08/21(木) 01:58:57 ID:???
みなさん早いレスありがとう。
映画とか見てると歩兵が使う対ヘリ兵器はRPGばっかみたいなんで、
爆発する訳でもないライフル弾がヘリにどれほど有効なのかピンときませんでした。

装甲ヘリにしても、車で喩えるならハマーを撃つ様なもんですかね?
参考になりました。


53 :名無し三等兵:2008/08/21(木) 02:00:30 ID:???
ヘリにRPGを使うのは普通じゃない…

それスティンガーか何かの間違いじゃないのか?

54 :名無し三等兵:2008/08/21(木) 02:02:13 ID:???
えっ、そうなんですか
ブラックホークダウン見てたらRPGって呼ばれてましたが

55 :名無し三等兵:2008/08/21(木) 02:05:23 ID:???
ブラックホークダウンで使われてたのは確かにRPGだが、
一つの映画だけ見て「歩兵が使う対ヘリ兵器はRPGばっか」って言うのはどうかと思う

56 :名無し三等兵:2008/08/21(木) 02:06:10 ID:???
>>54
RPG手十数人で一斉にヘリを撃つという対空戦術は存在する。
民兵とかゲリラとか兵站の狂った軍隊とか、
とにかく装備が充実してない連中限定の戦術だが。

57 :名無し三等兵:2008/08/21(木) 02:39:04 ID:???
wikiでみたら確かにRPGをヘリに使うのは普通じゃないんですね。
当てるのすごい難しそうだ。数撃つのが有効なわけですね。
ブラックホークダウンでRPGが使われてたのは敵が貧乏だったからなのか

58 :名無し三等兵:2008/08/21(木) 14:34:41 ID:???
今のイラクじゃ、対空ミサイルは電子戦の妨害で効力を中々発揮できないから、
対ヘリ用として信管を弄って100m程飛翔した後自爆するようにした対人用RPGを
持った対ヘリチームがヘリの飛行コース上に待ち伏せ→集中砲火で弾幕を張って撃墜
若しくは損傷を与えるっていう戦術も登場しているしねぇ。

要は手持ちの武器”だけ”で如何に敵軍に消耗を強いるかの問題だあな

59 :名無し三等兵:2008/08/21(木) 14:59:42 ID:3MAx/q4e
質問させてください。
第2次大戦開始間もない頃の充実していた日本機動艦隊に敵の戦闘機・爆撃機・雷撃機混成部隊が接近中。
敵機の接近を、哨戒中の味方からの連絡なり、自艦のレーダーなりで充分離れた距離で探知に成功。
敵機動艦隊の位置は不明。
察知した日本空母からは戦闘機隊が迎撃のために発進する。

ここまではいいとして、日本側の艦載雷撃機・爆撃機隊は敵機襲来の報にどの様な行動をとるものでしょうか?
対空戦の足しに出撃するのか、味方戦闘機のために甲板を開けて自分達は艦内格納庫で待機しているのか。


60 :名無し三等兵:2008/08/21(木) 15:27:13 ID:???
>>59

その時の日本海軍機動部隊の状態による。
例えばミッドウェー作戦時のように陸上基地攻撃中で
飛行甲板が攻撃機で埋まっていて格納庫に収納する暇がなければ
そのまま空中退避させるし、そうでなかったら格納庫内に
収納し、戦闘機隊の飛行甲板利用を最優先させる。

基本的に急降下爆撃機や雷撃機が対空戦に加わることはない。


61 :名無し三等兵:2008/08/21(木) 16:38:30 ID:???
>>59
空に上がっていたらとっとと逃げる。
格納庫にいたらそのまま。
細かい事は状況を見て判断。
だって戦闘機にとっちゃ絶好の鴨だもの。

一つだけ指摘しておくと
>第2次大戦開始間もない頃の
>自艦のレーダー
矛盾してますよ。

62 :59:2008/08/21(木) 20:36:42 ID:Z8e8XJ4O
レスありがとうございました。よく分かりました。なるほど。


63 :名無し三等兵:2008/08/21(木) 20:53:16 ID:wanlTZef
ベトナム戦争を舞台にした空戦ものを創作中ですが、当時の空戦がどんなものなのかよく分かりません
既に戦闘機の主武装が機銃からミサイルに移り変わっていたのは分かりますが、資料を見てみると機銃の撃墜例も多いように見受けられますし…
当時の空戦の様子がよく分かる書籍や映画なんかがあったら教えて下さい

64 :名無し三等兵:2008/08/21(木) 22:16:38 ID:???
>63 F・J・オブライエン「ファイター・パイロット」
ミリタリー・イラストレイテッド1「ベトナム空中戦」(光文社文庫)
http://www.amazon.co.jp/gp/switch-language/product/4499205603/ref=dp_change_lang?ie=UTF8&language=ja%5FJP

あと、「世界の傑作機」のベトナム参戦機種。

65 :名無し三等兵:2008/08/21(木) 22:30:59 ID:???
空母の甲板にひいてあるのはアスファルトなんでしょうか?それとも何か特別な素材でしょうか

それと軍用ヘリの燃料なんですが、飛行機と同じ航空燃料を使うのが普通なんでしょうか
資料によってはヘリの燃料はガソリンと書かれているものも散見されるので混乱しています

66 :名無し三等兵:2008/08/21(木) 22:40:20 ID:???
>>65
現代のヘリは、ターボシャフトエンジンを使っているので、ジェット燃料。
初期のヘリはピストンエンジンを積んでいたので、ガソリンを使う物もあった。

67 :名無し三等兵:2008/08/21(木) 22:41:22 ID:???
>63
まずジェット時代の航空戦に関する基礎的な知識を得る為「スミソニアン 現代の航空戦」から読んでみてはいかがか。
勿論ベトナムの空戦にも一章を割いてあるので、その部分だけでも参考になると思う。

あとはざっとタイトルだけ。
「空母パイロット」P・T・ギルクリスト 「ファントム航空戦」ウォルター・J・ボーイン
「エアー・コンバット」アメリカ空軍省編 「空母機の戦い」ノーマン・ポルマー
「ターゲット・ハノイ」ジャック・ブロートン 「ジャングルの航空戦」マーシャル・ハリソン
この中では「空母パイロット」と「ジャングルの航空戦」が強く印象に残った。

小説では、やや要望とは違うかもしれないがこちらをお薦めする。
「戦闘捜索救難ヘリ北へ」ゲリー・キャロル

68 :名無し三等兵:2008/08/21(木) 22:47:08 ID:wanlTZef
回答ありがとうございます
追加質問、というか聞き忘れただけなんですが、話の大まかな流れとして
ベトナム戦争勃発後すぐに主人公は米空母艦載機乗りとして派遣され撃墜スコアを重ねる
調子に乗っていた頃にソ連から派遣されたエースパイロットに出くわし撃墜される
主人公は辛うじてベイルアウトし、ベトコンの執拗な追撃を振り切り味方救出部隊に救助される
ベトナム戦争末期、最新鋭機に乗り換えた主人公は雪辱を晴らすべく再びベトナムへ
しかしそこには同じくソ連より極秘に持ち込まれた最新鋭機を駆る件のソ連人パイロットが
2人は再びベトナムの空で相見える
みたいな流れを考えているのですが、各々の装備機は何が適当でしょうか?

69 :名無し三等兵:2008/08/21(木) 23:11:20 ID:???
>>68
主人公:F−8E>F−14A
敵:MIG−21>MIG−23
この組み合わせになると思うが。

70 :名無し三等兵:2008/08/22(金) 01:14:36 ID:???
>>65
あれは耐熱塗装されたモルタルで、乱暴な言い方するとセメント。
>空母の甲板

もちろんモルタルだけで構成されているわけではなく、あの下には本来の甲板である
装甲鋼板がある。

71 :名無し三等兵:2008/08/22(金) 01:22:39 ID:???
>66>70
どうもありがとうです。

72 :名無し三等兵:2008/08/22(金) 10:07:43 ID:kNfIuewD
日本のおやしお級潜水艦や新型のそうりゅう型潜水艦は、
航続距離や運用の利便性のため、大型化されているとうかがいました。

想像上の話なのですが、日本が世界の流れに従い原潜を導入してきたとした場合、
日本の潜水艦隊の構成は以下の内、どのようなものになるのでしょうか?

@:原潜を一隻でも多く作り、少数精鋭
A:原潜とおやしお型のような通常動力潜水艦を3対7位に。
  (シーレーン防衛を原潜に、通常動力潜水艦も航続距離を一応持たせる)
B:原潜と小型の潜水艦を半々に
  (シーレーン防衛は原潜に任せ、航続距離の短い通常動力潜水艦で国土防衛)

73 :名無し三等兵:2008/08/22(金) 10:11:44 ID:kNfIuewD
書き忘れておりましたが、Bの航続距離の短い通常動力潜水艦の場合、
航続距離を余り必要としない運用方法、
チョークポイントに張り付き?などになるという感じを想像しておりました。

74 :名無し三等兵:2008/08/22(金) 10:19:48 ID:???
>>72
1はありえんがそれ以上は断言できる奴いないよ。

75 :名無し三等兵:2008/08/22(金) 11:28:27 ID:???
>>72
>世界の流れに従い
この世界には核拡散防止条約というものがあってだな

76 :名無し三等兵:2008/08/22(金) 12:23:36 ID:???
埋められてない前スレカワイソス

77 :名無し三等兵:2008/08/22(金) 12:35:01 ID:kNfIuewD
>>74
ありがとうございます。@以外ですと、AかBですか。
Aは柔軟性を、Bは役割を割り切った感じなのですが……。
近隣の状態によるという感じでしょうか?

>>75
とりあえず問題なく装備できるという前提での妄想ですので。
世界の流れというのは、世界的に原潜が配備されつつあるので、
日本も主力を原潜の開発・配備をしてきたいう風に、
捕らえていただければ。すみません。

78 :名無し三等兵:2008/08/22(金) 12:44:54 ID:???
>>75

核拡散防止条約は”核兵器”の制限はあっても”核動力”に対する制限は無いよー。


そもそも潜水艦は純粋なる攻撃兵器であり、敵方のシーレーンの利用の妨害、
即ち通商破壊作戦や対水上戦はできても、シーレーン防衛には向かない。
現在の専守防衛政策の下では、日本周辺の比較的低水位の海域で活動し、
海峡を封鎖する任務に就くことが期待される通常型潜水艦は欲しても、
その任務を行うには余りにも大型で高価であり、費用対効果に劣る原子力潜水艦が
配備されることはまずない。

どうしても原子力潜水艦を配備したいなら日本の軍事ドクトリンを根本から変えないと駄目。



79 :名無し三等兵:2008/08/22(金) 13:11:28 ID:???
>>78
NPT加盟の非核兵器国はIAEAの査察受け入れが義務付けられている。
そしてIAEAは原子力の軍事利用全般を禁止している。

そして日本の潜水艦の運用だが、通常潜でありながら原潜に近い運用をしている。
これは日本が広い領海を抱えている為に守備範囲が広く、必然的に警戒箇所が数多く、しかも遠方になる為だ。
そのため海自の潜水艦は通常潜としては極めて大型なものになっている。
また、その任務も
>日本周辺の比較的低水位の海域で活動し
とはかけ離れている。
つーか海自レベルの海軍が自国近辺の浅海域で活動するためだけに潜水艦を持つって無駄遣いも甚だしいぞ。

どちらもこの板にいる人間なら常識だと思ったが。

80 :名無し三等兵:2008/08/22(金) 13:27:32 ID:???
> 通常潜でありながら原潜に近い運用をしている。
してないよ・・・
原潜狩りを通常潜でやれると思うか?

81 :名無し三等兵:2008/08/22(金) 13:31:58 ID:???
>>79
どれほどデカくとも、哨戒型って時点で原潜とは似ても似つきませんがな
艦形や排水量の問題ではなく運用の問題ですがな、自分で言ってる割りに分かってないじゃない

この板なら常識だと思いますよ?

82 :名無し三等兵:2008/08/22(金) 13:38:24 ID:???
>>79
んー、海自の潜水艦の運用方法は正に「通常動力潜水艦」の王道だと思うけどな。
ただ、「普通この大きさなら原潜作るだろ常考」というくらい大きいだけで。

全世界的に見るとディーゼルの通常動力潜は沿岸防衛用の待ち伏せ攻撃用に整備されてることが
多いけど、じゃあ海自の潜水艦がそういう用途を全く考えてないか、というとそんなことはない
だろうから。

原子力攻撃型潜水艦の第一任務は敵の戦略弾道ミサイル原潜を普段から追跡して有事の場合には
撃沈すること、また敵の攻撃型原潜から自国の弾道ミサイル原潜を護衛することだが、海自は
そういう任務には使ってないし(つか海自には弾道ミサイル潜がないしな)。

83 :名無し三等兵:2008/08/22(金) 16:32:02 ID:???
海自の潜水艦がでっかいのは日本の領海がやたらと広いからだろうな…
任務自体は通常動力のものなんだが、行動範囲は原潜並みに要求されるからな

84 :名無し三等兵:2008/08/22(金) 18:19:04 ID:XEfqOJCd
つーかジオングに足って設定は
プラモ狂四郎からじゃなかったんじゃないのか?

85 :名無し三等兵:2008/08/22(金) 19:12:12 ID:???
「足が無いな」
「足なんて飾りです」

原作の有名なセリフなわけですが

86 :名無し三等兵:2008/08/22(金) 20:54:35 ID:???
機雷に関する質問です。

機雷には多数の種類があるみたいですが、威力についての資料があまり無かったので・・・
お聞きしたいんですが、たとえばエンタープライズ級空母に対して損害を与える事のできる機雷は存在しますか?
あまりに対象が巨大だとよっぽど凄い爆薬でないとダメなのかなという印象があるのですが

87 :名無し三等兵:2008/08/22(金) 22:56:42 ID:???
>>80-82
横からだが 別に>>79は特に間違って無くないか?

確かに攻撃型原潜みたいな使い方は想定してないが、
活動範囲の広さと艦体規模から、「原潜に近い事をやらせている」
と揶揄されているんじゃなかったっけ?
それで合ってるじゃん。

「原潜と同じ事を求められている」なんてことは書かれてないし
>>83の書いたことともほぼ同じと思われ。

88 :名無し三等兵:2008/08/22(金) 23:03:54 ID:hxLxaA54
>>82

 沿岸防衛というよりズバリ海峡封鎖用。長い海岸線沿いに展開する事は考えて
ないので「小型多数」ではなくなる。海峡でウンコ座りをしていられる時間を倍
にすれば、貼り付けられる戦力も倍になる勘定なので大型化の道を辿る事になる


89 :名無し三等兵:2008/08/22(金) 23:21:33 ID:???
>>85
つーか、
「現状でジオングの性能は100%出せます!」
「(宇宙空間では)脚なんて飾りです」
の言葉は、未完成の機体の乗らざるを得ないシャアが心置きなく戦えるように、
整備兵が気を利かせただけでしょ?

90 :名無し三等兵:2008/08/22(金) 23:34:28 ID:???
あれは整備兵の意地と誇りをにじませる名台詞だと思っていたが

91 :名無し三等兵:2008/08/22(金) 23:39:14 ID:???
>>90
あの整備兵は、
「この機体が連邦の白い奴に負ける訳が無い」
と思っていたんだろうな。

92 :名無し三等兵:2008/08/22(金) 23:48:40 ID:???
>>89
富野御大「宇宙空間用兵器(MA)に足とかいらないよ。 チッ、スポンサーのアホは変なデザイン押し付けてくるし…」

という説もある

93 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 00:04:05 ID:???
>>92
ジオングのデザイン考えたのは富野だぞ。

94 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 00:10:19 ID:???
いつまでガンダムねたをやってんだよ。

95 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 00:33:13 ID:???
・極端に軍事常識から外れたSF兵器、魔法兵器、人型兵器などはそれぞれの該当板へ。

96 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 00:42:29 ID:???
>>93
だから足がないんじゃないの?

97 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 00:45:08 ID:???
 近未来において、高等教育進学率が非常に高い(現代日本と同等かそれ以上の)先進国が、
「軍学校で純粋培養された士官はエリート意識ばかり高くて視野が狭い。現参謀総長だって
先の戦争の英雄だってROTC出身者なんだし、士官全体でも六七割が一般大学出身者
なんだから、伝統にこだわって無能な働き者を量産するなど金の無駄だ」
 として幼年学校はもちろん陸海空の士官学校はすべて廃止し、士官候補生を全てROTC
出身者から採ることにした場合、政治的なゴタゴタは押さえ込んだとして、この国の軍隊が
軍事的に大きなデメリットを被る可能性はあるでしょうか。

98 :97:2008/08/23(土) 00:46:10 ID:fhy9h2gN
ID出し忘れました。

99 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 00:48:51 ID:???
>>97
純粋培養故に、専門の純軍事分野に関しては深く掘り下げることが出来るわけで、それが失われるのは痛い
彼らは有能な働き者だろう

100 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 00:49:16 ID:???
>>97
根本的にその質問は、創作スレでするものじゃないぞ。
そうなった場合のドタバタについての考証ならアドバイスできるが。

101 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 01:16:15 ID:???
>>54
原作のほう読めば、使われたのは確かにRPGだが「普通じゃない」事がわかると思うよw

102 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 01:51:00 ID:mn89G5Nb
アメリカ兵が沖縄戦で「ドイツなんてここに比べたらピクニックだった」と、どこかで言ったのを覚えているのですが、
この言葉は守備に徹し、そして降伏しない(できない)日本兵はやはり強かったという意味に、素直にうけとって
いいのでしょうか? 

大陸打通作戦は、まあ成功。インパール作戦も、補給計画「だけ」がダメで、作戦計画はイギリス軍が包囲分断され
空輸でなんとか生き延びるまで追い詰めた、と聞くと(そのあと崩壊しますが)、日本の陸軍はブツがある状態では
強いのか? (ブツとは基本的な弾薬・食料・医薬品で、史実以上の戦力や超兵器ではないです)とか思ってしまい、
1944年ごろ、完全定数の一個歩兵連隊で日米独英がトーナメントやったら、日本つよいのか? という不毛な考えに
陥ってしまい、筆が止まりました。

地形条件や天候、運不運もあるでしょうが……  なんか、指針というか、ご助言いただければ助かります。



103 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 02:04:22 ID:???
>>102
こんな小噺が。

最高の軍隊:英国の政治家の下でドイツの指揮官に日本の下士官と兵士を指揮させ、アメリカの物資を与える
最低の軍隊:ドイツの独裁者の下で日本の指揮官の元にアメリカの下士官兵を指揮させ、英国の食料と銃を与える

充分な補給物資があれば相当駄目な軍隊でもまぁなんとかなる。
でも日本軍の場合、部隊発揮火力で致命的に劣ってるので、頭数が同じなら米英独の軍隊と戦うと歯が立たない
だろうな。

インパール作戦でも日本軍は結局ボコボコにされているぞ。
たった4両の軽戦車に1個中隊を壊滅させられたりして、個々の戦闘そのものでもちっとも勝ってはいない。

104 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 02:15:34 ID:???
何でこっちで聞くのかわからんが、どう考えても解釈逆だろうと

105 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 03:02:30 ID:???
>86
つ核機雷

まぁ、冗談はともかく、CAPTOR(カプセル入り魚雷)なら高確率で艦底に穴が開くし、ホーミング機雷なんてものもある。
炸薬量は物によりけりだけど、常識的なもので1tから50kgまで。CAPTOPは98 lbsだねぇ。

1t機雷なら、至近弾でもダメージを受けるし、たとえ小さいものでも、艦艇は艦底へのダメージを嫌う。
沈めることが出来なくても、行動を制限したり、掃海の手間をかけさせたりと、時間を稼いだりと、使い道はいろいろある。

106 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 03:21:38 ID:???
>102
>1944年ごろ、完全定数の一個歩兵連隊で日米独英がトーナメントやったら

同じ武器を与えられるならともかく、充足した日本の連隊の装備は、各国のそれには劣る。

対戦車砲は47ミリが最大で、ドイツでは第二線級のPak38以下。
重機関銃は、旧態依然とした保弾板を使う92式重機。威力や発射速度、持続射撃で各国に劣る。
無反動砲や、まともな携帯対戦車火器がない。

イタリアよりはマシ、ってレベルじゃないかなと。1944年時点では。

107 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 03:38:34 ID:???
短機関銃の装備数とかから考えると、イタリアにすら火力で劣ってる気がする
>日本陸軍

108 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 03:42:25 ID:???
>>87
>そして日本の潜水艦の運用だが、通常潜でありながら原潜に近い運用をしている。
>これは日本が広い領海を抱えている為に守備範囲が広く、必然的に警戒箇所が数多く、しかも遠方になる為だ。
>そのため海自の潜水艦は通常潜としては極めて大型なものになっている。

これが、か?
こじつけもいいとこだ

109 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 08:11:07 ID:???
>>103
ドイツは軍隊の頭目にすると政治家の言うことを聞かないので
中間管理職程度にしておいた方がええと思われw

>>106
どこで平均取るかにもよるだろうけど
44年のイタリアは英米装備だったりはしないか?w

110 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 08:20:32 ID:???
>>102
>アメリカ兵が沖縄戦で「ドイツなんてここに比べたらピクニックだった」と、
単純に考えれば、ドイツの方が沖縄より楽だったといいたいアメリカ兵なのだろうが、
1945年の段階ではドイツ軍は完全に総崩れ。
西から連合軍、東からソ連軍、戦力比じゃ50:1にもならない。

しかし沖縄は、日本兵は逃げ場のない死亡確定の島、降伏は許されない。
アメリカは補給線が伸びきってしかも物資は船だのみ、兵力も十分とは言えない(と、アメリカ側は思っていた)
状況なので、必然的にドイツよりは苦戦する。

同じ大陸での戦いに置き換えれば、ソ連にそれなりの反撃を続けていたドイツ軍と、
同じソ連に何も出来ずに総崩れになった関東軍を比較すればわかるんじゃないかな。
島嶼戦は「撤退」という選択肢がきわめて困難で、降伏か死かの二者択一になりがち。
逃げ場のない決死の敵相手の戦闘は損害が大きいので避けるべきで、
包囲した敵に対しては逃げ道を残しておく方がよい、というのは古代からいわれてるしね。

111 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 10:15:07 ID:7gQeL+uy
>>110
>包囲した敵に対しては逃げ道を残しておく方がよい、
>というのは古代からいわれてるしね。

横からですが、その場合、
その逃げ道に敵が集中したとき、逃げ道もろとも叩き潰すのが基本戦法ですか?

112 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 10:38:36 ID:???
>111
>その逃げ道に敵が集中したとき、逃げ道もろとも叩き潰す

「窮鼠猫を噛む」の例え通り、追い詰められた敵が必死に反撃してくるので危険。
信長が一向一揆を叩いた長島攻めでも、和議が成って砦から出てくる一揆側をだまし討ちしようとしたら
非武装だった彼等に逆襲されて大損害出してる。
叩き潰すのは損害を度外視してでも殲滅したい場合か、本当に圧倒的な戦力をもって攻撃出来る場合くらいか。

むしろ一旦逃がして一息ついた所を攻撃するのが常道。
助かった、と緩んだ気持ちの時に襲われると心理的打撃が大きく、結果的に部隊としてのまとまりも失われるので
攻撃側の損害も少なくて済む。

113 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 10:46:19 ID:???
>>111
逃げ道から敗走した軍は組織的抵抗ができなくなっている。
そのため敗走した敵を追う追撃戦や掃討戦ではこちらの損害を少なく敵兵を多数倒すことができる。
つまり逃げ道は敵の敗走を誘うもので、そこで叩くのは逃げ道を作らないのと大して変わらない。

114 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 11:01:42 ID:???
>>112
>信長が一向一揆を叩いた長島攻めでも、
>和議が成って砦から出てくる一揆側をだまし討ち

その話、「花の慶次」で読んだことがあるけど、創作かと思ったら事実だったんだ。
「勝ち戦にある者は敗者以上に死を恐れる」とか、現代の戦争にも通ずるところがあるな。

115 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 11:08:05 ID:???
カンネーではどうだったっけ?

116 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 11:22:24 ID:???
攻撃側:「勝って帰れるんだぞ。こんな所で死んだら無駄死にだ。死にたくねえ」
敗走側:「もう逃げ場は無い。あいつらも地獄まで道連れにしてやる!」

と、なると気力や勢いに差が出てくるのかもな。

117 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 12:17:14 ID:???
だからこそ背水の陣なんて言葉が生まれたんだろうし

118 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 13:15:31 ID:???
つまり督戦隊は有用……なのか?

119 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 13:32:09 ID:???
有用でなきゃやらんだろ。

120 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 18:28:44 ID:???
「孫子」でいうところの「囲師は周するなかれ」
(包囲戦は完全に囲むな)ですな。



121 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 18:42:17 ID:84e5fH8K
ソ連軍で女性士官が男性の下士官や兵士達の部隊を率いていたりするのはありえるのでしょうか?
また、NKVD将校が軍部隊の督戦や防諜のためにNKVD兵を引き連れて軍部隊と行動を共にすることもありえますか?


122 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 19:11:13 ID:w1ox8Ej0
ああ、中国って今「合法的にデモができる場所」を用意して
そこにデモをしようとやってきた人を片っ端から逮捕してるんでしょ、あれすげーよな

123 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 19:13:58 ID:???
>84
ああ、それは「ジオングが剣を持っている」はそれだな

124 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 19:44:09 ID:???
パーフェクトジオングかも

125 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 19:56:18 ID:???
上級モビルスーツにビームサーベルは標準装備でしょうが。

126 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 20:01:27 ID:???
おまんらどれだけガンダムすきなんだよwww

127 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 20:58:52 ID:???
>>126
ガンダムは漢のスポーツだろ。

128 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 21:18:25 ID:???
>>97 マルコス時代のフィリピンじゃ、日本の東大に相当する大学のROTCが軍政を完全に抑えて、
正規の士官学校の卒業生は反政府ゲリラ狩りのドサ回りにもっぱら使われていた。

…その結果が、フィリピン軍の現状だ。

>>121 どっちもやってた。

129 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 21:22:22 ID:lweMUX73
「吾妻司令。」情報参謀を務める三須中佐が敬礼した。
第一艦隊旗艦である情報統制艦「土佐」のCICでは、作戦の前の張り詰めた空気はいまだになかった
敵、アメリカ艦隊との交戦海域に到達するのは、まだ丸二日先のことである。無理はないだろう。

「何かね。」第一艦隊司令を勤める吾妻中将は、部下に敬礼を返しながら尋ねた。

「はい、偵察衛星からの分析でアメリカの機動艦隊の動向が確認されました。」

「我々の敵か」吾妻は、軍人らしからぬ学者肌の人物である。落ち着いた佇まいで言った。

「敵の空母はバラク・オバマとジョージ・ブッシュそれとハリー・S・トルーマンの三隻である事が確認されました。ここまでは予想通りですが、注目するべき事は敵艦載機にはF35のみならず、F22が搭載されていることです。」

「・・・・確かなのか」F22はアメリカ空軍の主力戦闘機であり、海軍には搭載されてはいないはずだ。

「間違いありません、恐らくアメリカは、今度の戦争に備えて、急遽、艦載機型を開発し秘匿していたものと思われます。」


130 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 21:23:12 ID:lweMUX73

「・・・・・さすがだな。」吾妻は相変わらず冷静な佇まいで言った。
技術実証機「心神」をベースとして開発された国産戦闘機F3の艦載機型「烈風」
その能力の高さはすでに実証済みである。アメリカもF35では太刀打ちできないとみて、先の海戦から一年の間にF22の艦載機型を開発し、搭載したのだろう。

もともとF22は艦載機型も開発される予定であったが、冷戦終結によって、空軍に配備される通常型の一機種に止められた経緯がある。
しかしその時に艦載機型の基本設計は出来ていたのだ。そこから実物を開発するのは比較的に容易なことだったのだろう。

中国の沖縄侵攻に驚いたアメリカが、日米安全保障条約を一方的に破棄してから4年。
日本はその戦いで辛くも中国を退けアジアの覇者となった。
こうして空母機動部隊まで建造するに至ったのはそのためだ。そしてアメリカは一度は失ったアジアの権益を取り戻すべく、日本に戦争を挑んできた。

第二次太平洋戦争の幕開けであった。
一年前に初めての日米の交戦があってから、戦いが激しくなる前に休戦協定が結ばれたが、それもアメリカは再び破り、日本に挑んできた。
決して負けるわけにはいかない戦いが、いま始まろうとしている。


って、感じでいまから数年後くらいの世界を想定して、第二次太平洋戦争の構想を練ってみた

131 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 21:31:01 ID:???
>>129-130
自作の小説は自分のサイトにでも書け。

んで、日本が機動部隊を数年で保有す、整備することなんか不可能だ。

132 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 21:37:33 ID:???
>129-130
冒頭部分だけの文章を投下されてもこのスレ的に意味がありません。
質問があるなら具体的にどうぞ。

133 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 21:49:06 ID:???
中学生の妄想作文か?

134 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 22:00:10 ID:???
>>129
艦隊司令長官を司令扱いしたら失礼だろw

135 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 22:39:49 ID:???
夏休みも終わりに近いからって自分の妄想を垂れ流すな

136 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 22:40:17 ID:aS1icOQn
>>121
返答ありがとうございます。

137 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 22:41:14 ID:aS1icOQn
>>136
まちがえました。>>136>>128への返答です。

138 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 23:16:14 ID:UnVFnBfo
エリートコースから外れて、場末の部隊に配属されている陸軍将校を
主役にしたいのですが、30代後半から40代前半だと、どの程度の階級と役職が適当でしょうか?

139 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 23:17:05 ID:???
>>138
どこの所属?機甲部隊なのか歩兵部隊出身なのか

140 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 23:20:53 ID:???
むしろ冒頭部分だけでここまで突っ込みどころが多いのも恥ずかしいな

141 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 23:26:26 ID:UnVFnBfo
>>139
歩兵科将校で、士官学校や20代の頃は優秀だったという設定です。
後出しになってしまい失礼しました。

142 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 23:31:51 ID:???
何でエリートコースから外れたか、っていう理由は勝手に作っちゃっていいの?
それともそっちで決まってる?

とりあえずその年で出世できないんなら要するに陸大を出てないんだろうから、
少佐くらいでどっかの連隊の幕僚(軍の性質にもよるけど、S2とかS4とかかな)とかじゃね?

143 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 23:35:05 ID:UnVFnBfo
回答ありがとうございます。

>>142
> 何でエリートコースから外れたか、っていう理由は勝手に作っちゃっていいの?
> それともそっちで決まってる?

まだ考え中というか、決めかねてるところです。

144 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 23:35:16 ID:???
>>141
それはピンからキりまでいるよ。
定年まで勤めて少佐や中佐どまりのもいるし
陸自の場合も、防衛大学校卒は定年まで勤めて一尉や三佐までというのも、けっこういるそうだ。
エリートコースを外れてとなれば、軍の入隊所のような出先機関の所長くらい。
せいぜい大尉を務めているってのも多いそうだし

145 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 23:37:52 ID:???
>>144
防大卒「以外」の間違いでは?

Bなら最低でも一佐くらいにはなれるって聞いたことがある。
で、定年の日に営門将補。
逆にUだと三佐で定年が普通だとか。

146 :144:2008/08/24(日) 00:46:20 ID:???
>>145
俺は防大出は最低でも二佐になれると何かの資料で読んだけどね
しかし自衛隊の幹部に話を聞く機会があったから聞いてみたら、そんな事はないとの返事がかえってきた
せいぜい三佐どまりだと

147 :名無し三等兵:2008/08/24(日) 02:53:23 ID:???
Bの最低は営門2佐だな。
CGS出なくても2佐までは何とかなる(3佐までは保証されてるから)。

148 :名無し三等兵:2008/08/24(日) 19:16:58 ID:???
部内幹部は1尉まで行けたら万歳?

149 :数多久遠 ◆0rtxwIjHlI :2008/08/24(日) 19:46:42 ID:???
>148
空自の場合、
3佐は珍しくない。
優秀なら2佐になることは、そこそこあります。
極めて稀に1佐になる方もいます。

150 :名無し三等兵:2008/08/24(日) 22:12:30 ID:???
陸軍に、一兵卒から始めて大将まで上り詰めた人がいたと思う。

陸自にもいるが、あの人は確か工科学校出だから別扱いだろうな。

151 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 00:08:54 ID:???
制度的な話を抜きにして「万年大尉」とか「万年中尉」って、いざ有事になると凄い手腕を振るいそうだよな。


152 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 00:32:07 ID:2XnRgHrr
何故、銀河英雄伝の提督は中学生以下の戦略眼しか持たないアホばかりなんですか?
まともな奴は限られてますね。

153 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 00:33:47 ID:61A8meno
質問です。
舞台背景は2020年ごろの東欧を考えています。
エロミリタリーSSにて主人公である大尉が率いる傭兵中隊に移動式火力点用
としてT-55もしくはT-72AMを出そうと考えていますがこの場合だと整備運用
の点から言って何台ぐらいまでなら戦車を保持できるのでしょうか?
弾薬や補給面の問題は別のPMCの補給部隊が提供しており問題ないと考えて
です。

154 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 00:34:00 ID:???
作者の能力を上回る能力を作中の人物に持たせることは出来ないからです

田中芳樹自身が言ってなかったっけ、これ

155 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 00:46:20 ID:???
>>153
傭兵という設定なら戦車中隊ではないだろうからどんなに無理しても1個小隊程度じゃね?
ちなみに陸自の戦車中隊で3個戦車小隊ぐらい。
まあ現実的な数値出すなら多めに見積もって0〜1両とかそれぐらいだろうけど。
それより2020年になってもT-55は動くのかしらん?……動きそうで怖いな。
T-72?あんな気難しいの博物館で丁寧に保管されてもない限り動かねーよ。

156 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 00:47:02 ID:???
>>153
1個小隊4両というのがベターな数じゃないかな。でもってそのうち1両は戦車を改造した
戦車牽引車にすると話の幅が広がるぞ。

157 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 00:47:29 ID:???
T-34とT-55は23世紀になっても動いてるだろうってばっちゃが言ってなかった

158 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 01:01:04 ID:61A8meno
>>153->>157
回答有難うございます。

近代改修型のT-72AMやM-84辺りでも厳しいですかね?
配備数は1から4両程度との事ですので相方と連携を取らせる運用を
狙って2両1セットで4両配備にしてみます。
T-55は枯れた技術で作られていて整備や運用が簡単であるため近代改修
(FCSの改良や足回りの強化)された型を配備している事にします。
元々ロクな対戦車兵器を持っていない民兵の立て篭もった拠点をぶっ飛ばす
演出に使いたかったもので。


159 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 01:05:58 ID:???
>元々ロクな対戦車兵器を持っていない民兵の立て篭もった拠点をぶっ飛ばす演出

カチューシャロケットの出番ですね
わかります

160 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 01:40:22 ID:???
>>152
作者が・・・というのをさておくなら、あの世界、帝國では士官学校で高度な戦略教育とかは
ほとんどしていないっぽい。
まぁ、事実上国を脅かされるような強大な外敵はいない(自由惑星同盟が帝国を軍事的に
滅亡させるのはどうしたって不可能だろう)し、軍隊は反乱の鎮圧と貴族の勢力争いに
使われるだけなのだから、それでもやっていけるんでしょ。

161 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 01:45:18 ID:???
艦隊規模がマクロ過ぎて細かい戦術とか使う余地が無いのかもなぁ

162 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 01:45:51 ID:???
>>160
ヤバいって言えば同盟の高級将校のレベルの低さの方がヤバそうだ。

同盟は同盟で帝国以上にコネがものをいう世界で、いかに政治家の覚えをめでたくしとくかで
出世が決まってるみたいだから、実力? なにそれおいしいの? って世界になってるようだしな。

ビュコックとかはどうやってあそこまで出世したんだろう。
単なる年功序列か?

163 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 01:49:03 ID:???
>>162
作中でやたら爺さん爺さん呼ばれてるとこからしてそうなんじゃないの
>ビュコックの地位の理由
グリーンヒルみたいに有能な人は大概みんな後方兵科の人っぽいので、有能だけど光の当たらない人達が
後方支援とか事務とかの閑職に追いやられてるからこそ支えられてた感じだな
>同盟軍

164 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 01:51:18 ID:???
意外と帝国と同盟の高級将校を取り換えたらうまく行ったりして・・・。

165 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 01:53:55 ID:???
というか兵站をほとんど考慮しないで
弱ったところをボコられるってどんだけ退化してるんだよと

166 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 01:55:27 ID:???
西洋の中世ってそんな感じだったような・・・・・

167 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 01:59:44 ID:???
あのお話は舞台が未来で宇宙なだけで、イメージされてる戦争は近代以前のものだからしょうがない。

それにしたってみんな兵站に無知すぎるとは思うが・・・。

168 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 02:07:25 ID:???
正直規模がでかすぎて兵站の想像が付かない。
一艦隊にウン億の搭乗員がいて、ウン千隻の艦艇を擁してるとかあった気がするし・・・


169 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 02:37:18 ID:???
>>168
もうそこまでいくと全てを艦の中で賄ってるんじゃないか?
バイオなんちゃら装置みたいなので
いや、銀英伝知らないからあれだけど…

170 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 02:40:45 ID:???
>>169
でも、作中の「1個艦隊の人員数」を「1個艦隊の構成隻数」で割ると、1隻辺りの搭乗員数は
200人いないんだよね(あくまで単純割なので駆逐艦と戦艦では当然違ってくるだろうけど)。
だから、ものすごく高度に自動化されてるんだと思う。

で、これはアニメの方の設定だけど、戦艦クラスだと全長500m〜1000m位あることになってるので、
ある程度は館内工場かなんかで賄ってるのではないかと。

171 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 02:49:05 ID:???
よく覚えてないけど
帝国軍が後退戦術(焦土戦術?)で解放した惑星が飢餓状態、
圧政からの解放者という名目上艦隊の食料を供出せざるをえず、艦隊の人員に加えて惑星の住民の食料の負担で
補給が限界を超える、みたいな描画があったような

172 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 03:42:14 ID:???
最初のほうだな、それ

173 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 04:41:33 ID:???
>158
アフガニスタンで北部同盟にT-72を供与しようとしたら、使いこなせないのでT-55やT-62の
方がいいと言われた、という話もあった。ゲリラの整備能力だと自動装填装置や射撃管制装置
が複雑だと、まともに運用できないと思われ。
だから作中の傭兵部隊の整備・前線への部品供給能力の設定がどの程度かによる。

174 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 04:57:44 ID:NE0fD0mB
ボーイングB747がアメリカを始めとして世界各国で軍用輸送/空中給油機として使われているという設定に
したいのですが、B747の軍用型形式番号ってあるんでしょうか?

確かエアフォース・ワンがVC-25だと思ったのですが、そうなると輸送/空中給油機型だったら
UC-25 とか KC-25 でいいんでしょうか?
それとも、KC-747 とかになるんでしょうか?

175 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 07:36:23 ID:???
軍用のB747ならB747-400を基にしたYAL-1っていう迎撃レーザー実験機がある
とても夢に満ちた兵器

176 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 07:52:36 ID:???
付け加えで、というか忘れていたが
型式番号は下のサイト見るとわかりやすいよ
http://zenibo-milimania.world.coocan.jp/mplusa01.htm

177 :158:2008/08/25(月) 08:34:28 ID:???
>>173
回答有難うございます。
という事は補給・整備能力が整っていればT-72(本家派生型含む)や派生型であるM-84
でも運用は出来るという事ですね。

なんでT-72に拘るかといいますと、一つは湾岸戦争の絡みもあってわかりやすいのと
T-55より主砲が大きく敵の火力点を撃破できそうだからです(火力点は重機関銃が
設置されたトーチカという設定)。
T-55を近代改修させて出してもいいのですがエロSSで戦車の乗員が女性という
設定なのでT-55の砲弾装填能力に疑問が残るからでもあります。
改修でT-55に自動装填装置もしくは装填を助ける装置を付けられるかがが疑問なんです。


178 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 09:51:50 ID:???
宇宙戦艦やら宇宙巡洋艦やら宇宙駆逐艦の数万隻の艦隊を毎度毎度用意できる、
同盟と帝国の生産能力に驚く。

普通なら、全力を投入しても一陣営の艦隊総数だけで数千隻が限度だろうに・・・

179 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 09:56:00 ID:???
>>168
一艦の人数はそれほど多くない。
6万隻の艦隊で、兵員は200万人ちょいだったかな?

あの世界の艦はかなり自動化されてるんだろう。

その割りに艦内が古臭いし、無人ワルキューレやスパルタニアンが出てこないのがおかしいところだが。

180 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 10:08:12 ID:???
>>178
同盟側はともかく(それでも惑星数個の国家だが)、帝国側の領土惑星の数と総人口からするに
そのくらいの財政は別に不自然ではない

とはいえ、同盟も帝国も戦争で財政が逼迫しているという描写はきちんと書かれている

同盟
「どっから予算を持ってくるつもりだ?」
「帝国に勝利する前に社会が機能しなくなってしまう!」

帝国
「改善といっても、今のこの財政状況で、どのくらいの見通しを立てればいいものか…」
(反乱起こした貴族からの没収した財産でどうにかするって答えてたが)

181 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 10:13:30 ID:???
>>165
いっぽうでキャゼルヌとか兵站の天才がいたりする。
というか、彼が居ないと同盟の兵站は成り立たないんじゃないか?
みたいな部分もあるが…

イゼルローン陥落後の同盟大攻勢の失敗では、侵攻軍の兵站を
完璧にする自身はあったけど、食料を持っていかれた占領地数千万の難民
まで支えきる見通しなんかありはしないよ、この作戦はもう敗北した、
という感じの台詞があるぞ。
ちゃんと読んだのか?

182 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 10:16:22 ID:???
>>180
それでも、水上艦よりも建造費が掛かり建造期間が長い宇宙艦を、
数十万隻も揃えられるのはどう考えても無理がある。

ナデシコの木星蜥蜴みたいに、ほぼ完全に自律した無人兵器工場が宇宙空間にいくつもあれば不可能ではないかも知れないが。

183 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 10:16:29 ID:???
>>160
>あの世界、帝國では士官学校で高度な戦略教育とかは
>ほとんどしていないっぽい。
しているからラインハルトやキルヒアイスは戦略家になれたんだが。
一方で、士官学校の成績は良くても実戦ではダメダメという将校もいるしな
ちょうど旧日本軍の某参謀とかみたいだが。

後半部分は同意、というかそんな感じに示唆する描写もあったような。

184 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 10:17:24 ID:???
>>181
何で同盟はあの作戦に気づいて撤退できなかったんだろ?

185 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 10:24:54 ID:???
>>184

作戦の提案者「帝国軍と一戦しないで止まるなんて私の面子に関わる!
というか、帝国領土の人民を解放する意義がある以上、侵攻は止まることができない!」
(元々こいつが「どこまで進むか」を具体的に決めてなかったのが原因だけどな)

後方の政治家「とにかく帝国軍に対して軍事的勝利しておかないと、
選挙で勝てなくなる! 帝国軍と会戦するまでは前線を撤退させるべきではなく、
また飢えている占領地住民も見捨てることは出来ない!」
(元々、こいつらが選挙で勝つために侵攻することが決定したのがry)

両者「とにかく帝国軍を探せ! どんどん侵攻しろ! え、また占領地増えて
飢餓人民が多くなったの? 補給?現地調達しろ!」


ほんと、戦争に政治とかヒューマニズム的道義とか絡むとろくなことになりゃしねえ。

186 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 10:29:28 ID:???
あと、前線の提督たちはとっくに気づいてたね
意見具申もしようとしたけど…

187 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 12:09:46 ID:???
>>184
軍人サイドの心情としても
腐っても民主主義の砦な同盟。その守人たる同盟軍が、自らが選んだ政治家の意志に逆らうわけにもいかず。
理念と現実の狭間に揺れる乙女心な具合の、いかにも銀英らしいエピソードだったような。
まあ結局土壇場では、さすがに前線で命張る方々は馬鹿らしくなって撤退しちゃうけど。

そんなんが原因で『やっぱ政治家どもってちょっと褐いれなきゃダメじゃね?』みたいな政治家よりも国の未来を憂いてるような軍人のクーデターとか起こったりするわけで。

188 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 12:22:56 ID:???
>>185
韓国が反米や反中には躊躇しても、反日には躊躇しないのは何故だと思う・
歴史問題やら竹島問題はしょせん言い訳に過ぎない
あの民族はもとより成功者を妬む気質を持っているから、日本への妬みから元から反発があるのよ。
だが、それならアメリカや中国にも同じ事をやっても良いようなものだがそれが出来ないのは、

アメリカや中国は自国への反発に対してはっきりと反論し、そして報復だってするからだよ
中国やアメリカ相手に竹島のような事をすれば躊躇なく戦闘機や艦艇がやってくるし
仁川のマッカサーの銅像撤去の問題でも、アメリカはそれが反米キャンペーンの一環とみれば、即座に制裁に踏み切った。

こうした小さな対立に躊躇しないでしっかりした対立を行うのが大事なのであり、小さな対立から逃れようとしてみれば、それが次第に収集がつかなくなって大きな対立に繋がってしまう。
いまの日本の政治家にはそれがわからないから、韓国はどこまでも調子にのる。
これでは何れ一線を越えてしまうのではないかと心配になってくるくらいだ

189 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 12:25:00 ID:???
>>187
クラウゼヴィッツが戦略を知らない政治家は商売を知らない商人と一緒だと言っているよ。
もとから軍事も学んでいない人間が政治家をやっているのがおかしいのよ。
大学や高校で教養科目として軍事学の必須を日本でも義務付けるべきだろ

190 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 12:29:22 ID:???
しかし大学や高校で教養科目として軍事学を教えてる学校なんて日本に限らず
世界のどこにもないという罠。

191 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 12:33:15 ID:???
>>190
アメリカでは予備役課程として、大学で軍事学の教練も出来るよ
軍事学の学習って言っても、そんなに長い時間を割く必要もないのだし
メディア報道や社会問題の学習の一環として軍事学を入れるのもよいだろ


192 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 13:02:22 ID:???
質問なんですけど、
よく怪獣映画で戦車部隊が一列に並んで攻撃してますよね?
あれって、軍事的にみてどうなんですか?

193 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 13:18:29 ID:???
>>192

相手は1匹でどこにいるかもまるわかりな上に、周りは全部味方、
つまりは正面以外に警戒する必要は一切なし。なら正面への火力を最優先させて横隊。

と個人的には解釈してた。
やっぱ戦車がずらりと横に並んでると画面映えもいいよね。

194 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 13:39:36 ID:???
>>193
でも一回でもゴジラと戦ったんなら、相手が横になぎ払ってくる形の攻撃してくることは
解ってるわけだよな・・・。
にもかかわらず横隊隊形取り続けてるのはいいんだろうか。

まぁ一番の理由は貴方の言うとおり絵面映えなんだろうけど。

>>183
ラインハルトやキルヒアイスは「天才」であって、教育の結果ではないんじゃない?

全くしてないってことはないんだろうけど、内戦の話で出てきたミッターマイヤーの教官
(シュターデンだっけ?)って人のどうしようもなさからして、人材のレベルがやたら
低そう。
「生徒にも「理屈倒れ」と言われてた」とか描かれてたから、コネで教官やってたのかも
しれないけども。

195 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 14:10:49 ID:???
というかお前ら、SF三国志に何ケチを付けてんだ…

196 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 14:23:57 ID:???
>>189
でも高度な軍事戦略を学んだ高級軍人が政治家として有能だったか? と考えると・・・。

ただ義務教育レベルで「戦争とは?」を教えておけば、
「最近の若いもんはたるんでるから徴兵制導入して鍛えなおせ」
とかほざくバカは少しは減るかな。

マキアヴェリ的な考え方に拠るなら、
「政治ってのは主権者が満足してればそれでいいんであって、それ自体が正しいかどうか問うのは無意味」
ということになるのだが・・・まぁ板違いか。

197 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 14:25:41 ID:???
>>188
日本は民主主義国家としてお話にならないからな。

少数の奴から否が応でも選ばれてしまう小選挙区制、
当選させたくない奴も当選してしまう比例代表制。

こんなんじゃ銀英伝の底辺政治屋みたいなのが当選できちゃうわけよ。
我が国は一刻も早く、中選挙区制に切り替えるべきだが。

>>189
軍事を教養科目として取り入れようとすれば、軍事を理解できる知能を持たない白痴勢力が反発してくるだろうね。


198 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 14:27:16 ID:???
>>194
現実だと、ヤン、ラインハルト、キルヒアイスレベルで、
ようやく中の下ぐらいの高級将校レベルなんだけどね。

他の奴らは一般人レベルかそれ未満もいいところ。

199 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 14:29:19 ID:???
地味な火葬戦記ってないもんかねえ
「一式中戦車が早く生産に入って南方にいたら」
「ノルマンディーにM26がいたら」
「独ソ戦前に3号戦車の武装強化が完了していたら」みたいな感じのやつ
戦争の結果は変えられなくても個々の戦闘の結果は少しくらい変化したかもしれないやつを戦記風に書いてくれないかなあ。

200 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 14:32:43 ID:???
とりあえず政治の話は政治板でやろうぜ。

>>197
マキャベリって軍事理論家でもあったんだよな。
傭兵軍を否定して市民常設軍作れとか、軍事訓練で常に一定のレベルを保つことが大切だ、とか
指揮官には演説の才能が必要、とかなかなか先見の名が。

201 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 14:34:16 ID:???
>>199
45年のソ連の日本侵略時に、
樺太と千島列島にそれぞれ陸上自衛隊数個師団が居たらどうなったか?

な仮想戦記が読みたいな。

誰か軍事に詳しい奴書いてくれ。

202 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 14:35:45 ID:???
>>199
佐藤大輔の目標、砲戦距離四万とか戦艦大和夜襲命令とかは?

203 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 14:36:43 ID:???
>>199
いや、初期のは結構そういうの多いぜ。
あの佐藤”遅筆大魔人”大輔御大とかそういうのよく書いてた。

でも、それだと短編集にはなっても壮大なストーリーが成立しないからな。
今では「商品」にならないだろうね。

>>201
既にあった気がするそれ・・・。

204 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 14:38:46 ID:???
>>200
で、市民軍作って大敗してるわけだが

あれは単純に古代ローマは素晴らしい!今は何て駄目なんだ!
っていうネトウヨみたいな無批判な回顧主義的感情から出た結論だからな…

当時最高の軍事システムだった傭兵は、時代の必要性から現れたものだし、
常備軍は時代の必要性から切り捨てられたものだったのに。

205 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 14:51:33 ID:???
>>204
どこの平行世界からやって来た方ですか?

206 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 15:43:21 ID:???
>>197
いま選ばれている政治家達の多くが中選挙区で選ばれた人たちだよ。
中選挙区から小選挙区に移行し、そのまま席に座っている人だ
十年以上経って、ようやくそれも変化が現れたけどね。

中選挙区では、選挙区の票の30%も獲得すれば間違いなく当選する
それは組織票をしっかり持っていれば当選する事を意味して、圧力団体の影響力が強くなってしまった。
小選挙区はそれを排除するのに成功したのだから、当面は続けるべき
むしろ衆議院は小選挙区一本にするべきと思うけどね

207 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 15:49:22 ID:???
>>200
古代ローマ帝国の徴兵期間は10年だよ
10年の徴兵期間を勤めることが、ローマ市民となれる条件だったが
それでも徴兵逃れや脱走兵が相次いだ。
そんな状況に頭を悩ませ、ローマ帝国は戦争を回避するために、周辺諸国に対して金をばら撒いたりしたが
それは結果としてローマ帝国を衰退させ、周辺の敵国を強くするだけだった。
岸内閣が提唱した総合安全保障とやらは、すでにローマ帝国が行い大失敗している事だった

何れにしても、10年もの徴兵が必要となる市民軍となれば、インフラへの負担も大きく
安易に真似できることではないな

208 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 15:54:50 ID:???
小選挙区は市内の圧力団体よりも町内会長の応援取り付けた方が早いってそれはそれで開き直りすぎな溝板選挙なんだが。

209 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 16:10:01 ID:???
>>207
>ローマ市民となれる条件
とあるから主に属州民で構成されたアウグストゥス以降の補助兵の事だな。
それなら基本的には10年じゃなくて25年で満期だ。
そもそも志願制で徴兵制ではない。

210 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 16:58:01 ID:???
>>205
第82階梯世界からだが何か?

211 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 18:23:02 ID:???
なんか軍事板っていうよりSF板の会話だ。
銀英伝の戦術思想を延々と語るのって不毛だな。

212 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 18:53:44 ID:???
田中芳樹は歴史には・・・・
って言いますか歴史小説や文学は詳しいが
軍事の知識は皆無なのは間違いないね
私程度でも彼が語った軍事に関する事は、おかしいと思うことがあったもの

213 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 19:04:21 ID:???
ハードSFで見られるような徹底的な緻密さは生まれないが
歴史に詳しいから、それっぽくはなる

214 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 19:08:14 ID:???
あれが大平原で弓槍で戦ってるとすればそんなに変じゃないもんな。
そのかわり、歴史のツギハギ丸パクリになって独自性が全部ふっとぶけど。

215 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 19:14:38 ID:???
>>212
艦の乗組員が宇宙服を着てなかった時点で推して知るべし。
ありゃガンダム以下だよ。

216 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 19:24:07 ID:???
>>215
変な比喩になるかもしれないが、例えば潜水艦の乗組員は
常に潜水服着てないとダメなのか?

217 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 20:23:28 ID:???
>>216
その例え方は微妙だと思う。
ってかさ現代の話で考えたら個人装備の潜水服で高水圧に耐えられる仕様の物
を四六時中付けられないってのもあるとは思うのよ。
スキューバの装置は長時間の潜水には耐えられないしアクアラングは重いし何より
水圧によっては持たない。

でも銀英伝って「一応」未来の話だろ?なんでワープドライブ実用化、大火力戦艦
建造出来てて個人用のコストパフォーマンスがよくて戦艦に大穴が開いて乗員が
真空中に吸い出されてもある程度耐えられるような宇宙服を兵士に着せられないの
は不自然すぎる。どれだけ兵士一人ひとりの「命の値段」安かったとしてもだ。

218 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 20:35:29 ID:61A8meno
オリジナルミリタリー小説を書いており疑問に思ったので質問させてください。
舞台背景を現代(2010年前後)に設定し米国系列のPMCが派遣した軽歩兵部隊
が中央アジアで敵武装勢力(どこか特定の国をモデルにしてはいません)が持つ
「62式軽戦車」に遭遇してしまった場合撤退する余裕が無い場合はどのような
戦術で戦えばいいのでしょうか?

前提条件
・歩兵の装備は2008年代の米軍歩兵と同等
・対戦車兵器はなくグレネードランチャー程度
・歩兵部隊は米軍2個小隊
・遭遇した戦車部隊は「62式軽戦車」3両からなる小隊で随伴歩兵は少数(10人程度)
・遭遇場所は深いブッシュに覆われておりやや傾斜地である
・農道のような細い道があり車1台がなんとか通ることが出来る


219 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 20:37:49 ID:61A8meno
>>218
本質問は上で書いたエロ小説とは直接関係はありません。
世界観は繋がっていますがエロ小説に出てくる登場人物が体験した過去の話
になります。


220 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 20:42:48 ID:???
作者が無知だから宇宙服を着せてないというのは根拠無いんじゃないの
たとえば作者や読者の視点からみた見栄えを優先したとか


221 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 20:44:53 ID:???
>>206
先生、小選挙区制になって一番勢力を伸ばしたのが他ならぬ公明党だって事実と矛盾します

222 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 20:45:51 ID:???
宇宙服着てたからといって作品が面白くなるもんでもないけどな

223 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 20:50:09 ID:???
そういえば、小選挙区になってから投票率が大きく下がったような

224 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 20:54:39 ID:???
ソースも持ってこずに軍事板の創作関連質問スレで
政治談議する人達カコイイねw


225 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 20:58:52 ID:???
>>218
その地形なら随伴歩兵の半数でも片付ければ、敵に離脱を選択させられる。
(敵がどんなROEや任務なのかにもよるけど)
ただ、あからさまに対戦射火器が全くないことを悟られてしまうとアウト。
あくまでAT4かジャベリンは持ってるけど、絶対のチャンスまでうちませんよ的な空気を読ませる程度に臭わせないとだめかも。

戦術としては、
随伴歩兵が戦車よりもやや先行せざるを得ない地形でアンブッシュし、歩兵に一撃を加えつつ戦車の火線から逃げるだけでいいんじゃないかな。
これでも5人程度なら倒せると思われる。戦車の反撃で何人か死ぬかもだけど。
その地形なら敵の随伴歩兵分隊が戦闘不能になれば、戦車もそれ以上は追撃をためらうはず。



226 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 20:58:57 ID:???
宇宙服を着ていても生存率がそれほど上がるとは思えんのだがね
大半は爆発四散で即死
たまたま艦外に吸い出されるケースでも、
三次元方向に弾き飛ばされるのだから、海上などよりも捜索は困難

ならば活動環境を優先させるさ
ほんの僅かでも可能性があるからと言っているとキリが無くなる
現実でも、イラク戦争で米軍はNBC防護服を着たまま戦闘なんてしてないわけだし
せいぜいが、直ちに装着できるように手元に置く程度

227 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 21:07:33 ID:???
いやでも艦が損傷して船外に放り出されて即死、よりは
宇宙服着てて助かる可能性があるならそっちのが良いだろ
撃破されたら確実な死、なんて兵の士気に関わらないか?

普段着て無くても戦闘配置の時くらい宇宙服着るだろ

228 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 21:24:28 ID:???
>>218
撤退する余裕がない、てことは阻止かね。
とりあえず隠れて砲でも呼ぶんじゃない。戦車が運用できるほど大きな武装勢力相手に
投入されるんなら武装ヘリかなにか使えそうなもの持ってきてるでしょ。

229 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 21:27:44 ID:???
スターウォーズだって宇宙服着てないし、いいだロ。

230 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 21:41:37 ID:???
>>226-227
救助にかかる平均時間と、艦内活動を阻害しない宇宙服の
酸素内臓量を計算した結果、
「救助が来るまで持つようにすると酸素ボンベが重くなりすぎて結局活動を阻害し現実的でない」
とかいう結論になってたりしたら笑い話にしかならないな…


ところで幾つかのSFでは、人間がいるブロック全体とか
艦橋丸ごととか、座席ごととかが、緊急時には人間を丸ごと包み込む
セーフティシェルみたいなのが設定されてることもあったりするわけだが
宇宙服よりはそっちの方が生命維持装置兼救命ボートとして合理的じゃないのかね

あと、スタートレックも宇宙服着てないね。

231 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 21:46:10 ID:???
スタートレックは個人用の防御シールドとかあるけどね。
通信用のバッジのバッテリーを使って防御シールドを10秒間維持させて敵の攻撃
を防ぐって話を何話かで見た記憶がある。



232 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 21:55:17 ID:???
「無限のリヴァイアス」で主人公が一人だけ宇宙服着てみんなから白い目で見られるってシーンあったなあ。

233 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 22:17:46 ID:???
圧壊深度ギリギリで交戦中の潜水艦の乗組員が、浮き袋を口にくわえ
て救命胴衣まで着てたら「頭おかしいのか」と思うだろうなw
深宇宙=深海 軌道上=海面と読み替えれば、乗組員がいちいち全員
宇宙服着用ではない理由が分かる。

放り出されてから僚艦に回収されるまでの時間が分からん上に、生命
維持の手間とコストまで考えたら、わざわざそんな気休めを身に着けて
「じわじわ死ぬまでの数時間」を引き延ばす意味はない罠。

吸い出された瞬間に絶命する方が士気が上がるんジャマイカ?w

234 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 22:18:58 ID:???
宇宙服着させたいんだけど見た目的になんだか…
というか艦内できっちり制服(軍服って意味な)着てる軍人なんていないよな…

ということでSFを諦めた俺がここにいたり。
宇宙服は戦闘配備の時だけにいつもの服の上から着るということで良いとして、
艦内で作業服じゃなくて制服着させる良い口実ってないもんかね。

235 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 22:20:50 ID:???
なんか宇宙服の必要性を艦外に放り出された場合のものとして話してるみたいだが、
普通に艦内の気圧が下がった場合とかはどうなのよ?
被弾して、墜ちはしないけど空調がヤバイ、穴が開いて隔壁が上手く閉まらない、など

236 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 22:31:04 ID:???
いつまでもぐだぐだやってないでいい加減に派生にでもいったらどうですかね?

237 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 22:31:22 ID:???
>>234
それは無理だろ
作業してる人が作業服着るのは当然のことなんだし

238 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 22:32:57 ID:???
星界シリーズでは与圧兜(ヘルメット)を被るだけで体のラインが出そうな薄いスーツがそのまま宇宙服になるぞ
アーヴたちはどういう技術で酸素蓄えてて供給してるのかさっぱりわからんが…
艦内各所に気圧が下がったとかのために兜が設置されてるが、
被弾の時に一緒にやられててみんな使えない&隔壁が逆の意味で壊れて脱出できない、
このままじゃ酸素なくなるという状況があった

結果:外から隔壁破って、宇宙空間に放り出される直前に飛んできた乗員をキャッチ&救助艇の隔壁閉鎖という荒業

239 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 22:38:43 ID:???
銀英伝の場合、帝国サイドに限れば艦内叛乱が発生した時は速やかに該当区域の空気を抜くって狙いがあるんじゃないかと思う。
その為にわざと宇宙服を支給しない、とか。

240 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 22:39:55 ID:???
>>235
その場合は緊急用酸素マスクなり、すぐに着れる簡易宇宙服でしのぎつつ、
空調をガンガンにして抜け出ていく空気より供給する空気を多くして
気圧を保たせ、艦内のエアーが全部なくなる前に可能ならば穴を塞ぐか
脱出艇に移動するか救助を待つ
戦闘中ならば一刻も早く相手をやっつけるか、戦闘区域を脱出する、等が考えられるな

241 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 23:15:43 ID:???
ま、宇宙空間に生身で放り出されても、即死するって事はないよ。
2.3分なら生きていける。
嘘ではなくて、これは本当。
筋肉とかが血に圧力を加えるから、体液が一瞬で沸騰するって事はないらしい

242 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 23:18:02 ID:???
沸騰して死ななくても
一瞬で凍り付くか
高熱で焼けただれるかどっちかな気が…

243 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 23:44:45 ID:???
一瞬で凍りつくて…熱伝導に掛かる時間考えろよ。

244 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 23:44:55 ID:???
傷口などの血液は最初の一瞬だけ沸騰するらしいけど、すぐにシャーベット状に凍るみたいだね

245 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 23:49:38 ID:???
真空なら凍りつくにはかなり時間が掛かると思うよ!

で、宇宙服のネックは手袋だろうなw
台所のゴム手袋でさえ、作業に困る事があるのに、
宇宙服用の手袋なんて細かい作業ができるとは思えない。

細かい作業を必要としなかったり、
特殊な工具で克服できる事もあるだろうけど、
その場合は自動化したほうが早いだろう。

だから多かれ少なかれ戦闘中も素手でいる兵士は出てくると思う。

もし薄手で柔軟で気圧差でも膨張しないスーパー宇宙手袋があれば、
戦闘時には全員宇宙服を着用して艦内を真空にしておいたほうが、
ダメージコントロールに有利だと思うけどね…

246 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 23:52:54 ID:???
宇宙服用手袋は普段は腰にでも付けといて、
やばくなったら付ける、で良いんじゃないかな。

まあ薄くて柔軟で膨張しないスーパー素材でもいいんだが、
それならその素材で宇宙服を作れば女性キャラの胸も強調できて(ry

247 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 00:05:54 ID:???
服の中で1気圧を保つ、ゴワついたカサばる事この上ない「宇宙服」を
イメージするから萎えるんだ。逆に1Gで全身を締め付ける「宇宙タイツ」
が開発されたと仮定すれば……

ごめん、オッサンのモッコリは隠してほすぃw

248 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 00:23:30 ID:???
そういえば銀英って重力制御も実用化されてたよね。

249 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 00:25:15 ID:???
質問スレなんだから雑談してるなよ。
それに軍事よりSFに近い話しだし、SF畑から見れば素人の話だし。
軍事板で政治論争してるのと同じになるぞ。

250 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 00:27:35 ID:???
>>242
蝋燭の火の上に手を置けば焼けどするけど
手をゆっくりと動かせば火傷なんてしないでしょう。
熱伝導率というのがあるのだから、絶対零度の中でも一瞬で氷つくようなことはないよ

251 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 00:29:47 ID:???
>>248
アインシュタインの理論によれば、重力とは質量によって生じる空間のゆがみとの事だが。。。
空間を歪めて重力を作るなんて事は、もしできるとしたらとてつもないエネルギーだな
せいぜい遠心力で、擬似重力を作るのが精一杯だ

252 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 00:32:37 ID:???
お前らいい加減他所でやれ

253 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 00:35:40 ID:???
そろそろ止めた方がいいような気はするが・・・。

とりあえず、原作の小説では最初の方には戦闘時には宇宙服着てる描写があるよ
>銀英伝
後の方になると戦闘中に「額の汗を拭った」なんて描写があるので、作者も設定忘れてる
みたいだけどw

254 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 00:36:56 ID:???
>>249
軍事版で政治討論してどこかおかしいか?
軍事とは政治の一部ではないか。
軍事を語ろうと思えば、自然と政治も語るようになる

255 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 00:39:14 ID:???
>>253
宮殿見学の描写もあるのに、最後のほうで「宮殿に行ったことがない」って言ってたとき
には唖然とした

でもまあ、許容範囲内だよな。致命的なミスじゃないし。

256 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 00:53:06 ID:???
俺は陸のことは分からんから答えられないんだが
誰か銀英伝雑談に埋もれちゃってる>218に答えてやってくれ。
何か気の毒だ。

257 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 00:56:51 ID:???
>>254
このあたりは孫子の「兵は国の大事」、
戦争論の「戦争とは政治的手段と異なる手段にて継続される政治に他ならない」
などの名言もあるしね。

258 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 00:57:36 ID:???
かなり回答が帰ってきてるように見えるんだが?

259 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 00:58:33 ID:???
>>218
62式の装甲は紙っぺらなので、ゼロ距離でグレネードランチャー叩き込めれば
行動不能ぐらいには出来るぞ。

つかその状況なら遠距離から随伴歩兵を狙撃して始末すれば、あとは容易に
忍び寄って手榴弾ハッチから投げ込むなり腹の下に放り込むなり好きに出来る
と思う。
損害はそこそこ出るだろうけど人数で圧倒できるね。
正面から突撃したりしなければ。

260 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 01:00:19 ID:???
>>258
すまん。見落としてた。ごめんorz

261 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 02:19:46 ID:diXA2dzA
WW2自体が起こらず(または大して拡大せず)ドイツが敗戦せずに残り、
ベルリン改造計画が無事完成した、という世界で、ゲルマニアが舞台の
お話を作りたいのですが、ゲルマニアについて詳しく解説した本などあり
ませんでしょうか?

262 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 02:37:16 ID:???
銀河英雄伝説のアニメ版設定ではたとえばティアマト会戦の帝国軍は7個艦隊/艦艇56,000隻/将兵650万人

艦艇一隻あたりの人数は116人。

ところが戦艦の乗員は700名を超している。
戦艦の比率がどれほど高いのかはわからないが、巡航艦や駆逐艦の乗員は極端に少ないと思われる。

263 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 02:38:50 ID:???
>>191
教養科目として軍事学を教えてる国ってどこかあるの?

264 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 02:42:14 ID:???
軍事は要らないが政治経済くらいしっかり教えてほしいもんだ

…一応中学校の範囲のはずなんだけどな

265 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 02:44:14 ID:???
>>262
同盟はともかく帝国の駆逐艦や雷撃艇って実質大型戦闘機みたいな存在だしね。
下手すると乗員数10人くらいかも・・・。

逆に考えると、戦艦のどこに700人の乗員が要るんだろう?

266 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 02:45:58 ID:???
俺の時代には政経・倫理って科目はあったけどね
センターですごく点取りやすいので受験生にはオススメだった

267 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 02:47:39 ID:???
宇宙戦艦(というか宇宙軍艦)の必要乗員人数についてはいろいろ妄想したことあるな…

究極的には艦長だけで大丈夫じゃね?(ほか全部自動化)とか、
水兵はもう必要なくね?(雑用なんてロボットに負かしとけよ)とか、
いろいろ計算して結局何も決まらなかった。

現代のイージス艦と比べて、新たに必要になるだろう人員とか要らなくなる人員とか
考えてみたら良いかもしれない。

…そういやズムウォルト級は75人くらいだっけ?

268 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 02:51:23 ID:???
>>266
今でもあるぞ。
俺は現代社会取ったけどね。…無駄に89点も取っちまった

269 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 02:53:23 ID:???
倫社と現国学びたいオレはオッサンだけどなwww

270 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 03:49:02 ID:???
>>218
ブラヴォー・ツー・ゼロ―に8人で装甲車二台+歩兵を撃退する記述があるから参考になるかも。
(でもアンブッシュして対戦車ロケットでイチコロな気もするが…)


271 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 05:35:49 ID:???
銀英伝マニアは場所を考えず、いつもこんな感じだよな・・・
作品の評判を落としたくなかったら自重汁

272 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 06:55:34 ID:???
>>251
柳田理科男乙www

273 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 08:00:46 ID:???
>>261
第三帝国の神殿にて -- ナチス軍需相の証言 中公文庫
ttp://www.neue-reichskanzlei.de/projecthome.html
ttp://www.dataphone.se/~ms/speer/welcom2.htm


274 :218:2008/08/26(火) 08:33:12 ID:???
>>259
回答有難うございます。
M4の通常装備に狙撃用スコープってあるんですか。
随伴歩兵を倒せばいけそうというのはわかりましたがブッシュがあっても接近する前に
同軸機銃で倒されたりされないでしょうか?

275 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 08:54:37 ID:???
ナジャフで狙撃するブラックウォーター社員
ttp://uk.youtube.com/watch?v=PpbEjdwLQgo
詳しい状況を知りたければ↓の本を読め。
「ドキュメント 現代の傭兵たち」
ロバート・ヤング ペルトン著
角敦子翻訳
原書房

276 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 10:33:22 ID:???
アニメの宇宙戦艦というものは一発でも被弾した瞬間に全ての装甲を貫通されて、
一瞬にして核爆発の火球となって艦体乗員すべてをガス化させながら蒸発していくのが商売です
ダメコンなどまったくありませんし、考えてはなりません
ならぬものはならぬのです
身の程をわきまえよ

277 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 10:49:00 ID:???
>>255
単に忘れていたのだろ
作品が長くなれば、作者自身が書いている事を忘れる事は珍しくない
銀英伝は、最初の一冊目から完結編まで書き上げるまでには長い時間がかかっているのだし

278 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 11:57:56 ID:???
>274
戦車の視界はとても狭い。
随伴歩兵さえいなければ側面や背面に回りこむのは容易。

ブッシュについてはどんな草木がどんな風に生えてるのか、質問の中では説明されていないので
身を隠すのにどの程度有効なのかは判断しようがない。

279 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 12:42:35 ID:???
>>276
何時までその話を引っ張るつもりだ
身の程をわきまえよ

280 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 14:11:06 ID:???
世界のPMCがやっている事をみれば
あのバックにいるのは、どう考えても国家だけどね。
どこぞの政府が後ろ盾でなければ出来るはずがない事をやっている。
例えば、最新鋭の携帯型歩兵兵器を手に入れて使うなど最たるものだ
その辺の裏事情を言及した資料はいまのところ読んだ事ないな
創作でも、けっこう面白いのが書けそうだ

281 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 17:36:48 ID:???
肋骨服がカッコいいんですけど、これを開襟風にできませんかね?

282 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 18:35:10 ID:???
>>271
その一方で銀英伝の本編全く読まずに伝聞と想像だけで批判する低能もまだ生き残ってるようだしね
OVAの一場面キャプしただけの画像だけから、三方向からの包囲が完成した状態から
ラインハルトが逆転勝利したとか勝手に思い込んで批判するという馬鹿をやらかした奴もいたという

283 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 18:39:45 ID:???
銀英伝に限った話じゃないが、創作をおかしいって突っ込みいれる奴は
そのうちの7割ぐらいが、実際にはその作品のことをなんら知らない
(そして指摘も間違ってたりする)

284 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 18:42:00 ID:???
国家も何もイラクではPMCを取り締まれる法的手段が無かった希ガス。
で、ブラックウォーターが民間人を多数殺害したという話が持ち上がって、
騒動にになったと思うのだけど、詳細は賢者に任せたw

285 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 18:45:36 ID:???
>>271>>282
ファンから見れば、読んで確かめてないのに
ここが間違ってる、嘘を書いてるとか勝手に勘違いしてる
アンチの方が、評判を下げてるといいたいが…

90式戦車の底に穴が開く、なんかは特に酷い勇み足だったな

286 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 19:04:07 ID:???
銀英伝のレスが正しい正しくないじゃなくて、
スレチになってきているのに延々と続けるのがダメだと言う事じゃないか?
適当な時以外は話をしない事が一番の評判回復方法

287 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 19:09:19 ID:???
それ、評判回復は別に関係ないと思うが
というか、いつもの(いつから湧いたのかも不明だが)「雑談するなら他所でやれ」厨だろ

一定の回答があった後で二〜三日質問者以外が雑談や議論に移行してるのは
別にこのスレじゃ珍しくないというかもう恒例行事だ
飽きるか語りつくせばそのうち収束

288 :218:2008/08/26(火) 19:52:40 ID:???
>>275>>278
回答有難うございます。
ブラックウォーター社員やPMCについては他の資料もあたってみます。
質問ではM-4に「標準装備として」狙撃用スコープがありそれを正規兵が常時
持ち歩いているのかという趣旨のものだったのですが書き方に不備があった
ようですすみませんでした。

59式軽戦車の仕様を見ている限りでは射撃管制系はかなり貧弱みたいです
ので随伴歩兵がいなくなれば確かに恐るるに足らなさそうですね。
ブッシュはイネ科の背の高い植物が鬱蒼と茂っている状態ですので遮蔽を
とれそうな状況です。


289 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 19:53:36 ID:???
質問者そっちのけで銀河英雄伝説はどうかと思った。さすがに擁護できる奴は引くわ

290 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 20:12:44 ID:???
>>289
もともとの銀英伝への質問>>152は質問なんだか雑談なんだか
それとも単なるアンチが自説主張したいだけなんだか不明、
話そのものも収束しはじめてるのに
>>271とか>>276とかは収束誘導なんだか余計に蒸し返しなんだか不明、
と、別に銀英伝の話したい奴が話を引っ張ってるわけでもないが

291 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 20:16:39 ID:???
もう過剰反応する奴も別のところ行けよw

292 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 20:17:32 ID:???
ついでにいうと、主に話が長く続いたのは銀英伝本編の内容よりも
そこから脱線した「宇宙艦艇で戦闘配備中に宇宙服着るべきか否か」であり
銀英伝以外の作品での描写も持ち出して言及されてる

何故か「銀英伝の話ばかりするな」とか思った奴はいるようだが

293 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 20:20:45 ID:???
>>288
グレネードにも対軽装甲用のHEDPという弾があるみたいだよ?

62式が何ミリの装甲があるか知らんが、BMP程度だと貫通できるそうな。

294 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 20:21:13 ID:???
別質問もいくつか同時進行はしてたけど別にそっちのけにされたとか
回答されてないなんて事は無かったしな

295 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 20:33:12 ID:???
>>288
AUGやSA80みたいなブルパップは、
低倍率のスコープが標準になってるものがあるが、
M4のようなカービンなら標準じゃないと考えて良い。
裸眼でアイアンサイトで照準するのが普通だろう。
ついでに言うと、PMCでサイト乗っけてる場合でも、
無倍率のダットサイトやホロサイトが多いんじゃないかな。

296 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 20:37:07 ID:???
よし質問にも答えたし、銀英伝の話をしようぜ

297 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 20:54:42 ID:???
>>288
無難にSPR Mk12かSAMRをもたせればいいんじゃないかい

298 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 21:02:54 ID:???
>>296
SF・FT・ホラー板に山ほどスレがあるのでそちらでどうぞ。

299 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 21:18:56 ID:???
>>261 ロバート・ハリス「ファーザーランド」読んどけ。

300 :288:2008/08/26(火) 21:22:45 ID:???
>>295>>297
やはりいくら軽歩兵とはいっても全員がM4装備というのは組み合わせからして
不自然ですかね。
偵察任務で軽装備だった所に思わぬ部隊がいたという設定ですので。

>無倍率のダットサイトやホロサイト
こちらが普通であるなら狙撃任務も視野に入れて最初からSAMRを持たせた
歩兵を軽歩兵小隊に組み込むのは「場所が場所だからちょっと準備しておこう」
といった感じなのでしょうか。

301 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 21:31:54 ID:???
>>292
話を蒸し返してしまって申し訳ないが、昨日はスレ見ておらず今ようやく見終わっての疑問なんだけど
なぜ、現実のスペースシャトルでもずっと宇宙服を着ていないことを指摘する人がいなかったのだろうか。

気圧低下なら酸素マスクだけ持ってればいいし。

302 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 21:43:31 ID:???
そりゃ、スペースシャトルは他のスペースシャトルと戦わないし

303 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 21:44:53 ID:???
>>301
「戦闘中」だからじゃない?
海軍だって戦闘中はライフジャケット?着てるし

304 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 21:45:02 ID:???
いや、もしかしたら今、空の上ではアメリカとロシアのスターウォーズが

305 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 21:45:27 ID:???
>>300
軍隊によっては歩兵分隊に分隊狙撃手というポジションがあったりする。
それぞれに用兵思想の差こそあれ、基本的には通常の歩兵分隊に、敵を正確にしかも素早く撃ち殺すのが得意な兵士を狙撃ユニットと一緒にまぜることでの、
敵歩兵部隊に対するアドバンテージ確保とスナイパー対策、それに有効な交戦距離の延長を目的としている。はず。
そのPMCが米軍に近い編成なら、分隊狙撃手を含む編成を採用しててもおかしくない気がする。

306 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 21:47:53 ID:???
2個小隊というと60〜70人だからSAWや選抜射手が居てもおかしくない
というか居ないとおかしいかな。
米軍の一般的な歩兵分隊にはSAWが二挺と選抜射手が配置されるし、場合によっては対戦車火器も配置される。
よほど安全な地域でもない限りは軽装といえどもSAWはもちろんのこと、LAW程度の対戦車火器も装備するんじゃないだろうか。
条件通りの軽装にするならもっと部隊規模を小さくするか、それなりの理由が欲しいかな。

307 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 21:56:51 ID:???
選抜射手ってマークスマンのこと?

308 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 22:24:55 ID:???
>>304
何故か宇宙を漂うメッサーのコクピットで
死せるパイロットが指鉄砲してニヤリと笑ってるんですね。

309 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 22:44:26 ID:???
>>300
M4「だけ」の軽歩兵分隊というのはあり得ない。警察じゃあ無いんだから。
軽機(もしくは分隊支援火器)は絶対に必要。

310 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 23:04:07 ID:???
>>308
滝沢聖峰ですか

311 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 23:20:54 ID:???
 質問です。
 基地に詰めてる非戦闘員は、物資の発注などの兵站管理や、給料どうこうだとか、
パレードの計画だとか、楽隊なら音楽の練習とかをしていると思うんですが、そういう人達の階級はどうなっているんでしょう?
 また、ラインとスタッフは根本的に仕事が違うので、入隊形式からして違ったりするものでしょうか?
 
 研究職の人間にも階級が与えられると思うのですが、たとえば一研究部門のリーダークラスならば、
どのていどの階級が与えられるものなのでしょう?

312 :300:2008/08/26(火) 23:54:09 ID:???
>>305>>306>>309
戦時召集の欠員確保のために現地に緊急投入されたPMCという設定で行くこと
にします>軽装の理由
ただやはり軽機関銃は持たせるべきなんですね、まあ機関銃で軽戦車の随伴歩兵
を狙撃しつつ足止めして時間を稼ぐか、味方の増援を要請するのがよさそうですね。



313 :名無し三等兵:2008/08/27(水) 00:04:33 ID:???
っていうか、2010年の装備なら、
戦車なんてジャベリンでイチコロです。
とにかく米兵は強暴だよ。
狙撃兵見つけたら建物ごとジャベリンでミンチにするくらい。

314 :名無し三等兵:2008/08/27(水) 00:12:33 ID:???
2個小隊まるごと対戦車装備が一切無いという状況設定らしいが。

315 :名無し三等兵:2008/08/27(水) 00:23:07 ID:???
>>311
別に戦闘職種と一切かわりゃせんが…
変わるのは役職名と部署名ぐらいのもんで

316 :名無し三等兵:2008/08/27(水) 00:25:04 ID:???
>>311
追記、ただ、医官(軍医)だとか技術士官とかは
戦闘職種の同階級とおなじような階級の扱われ方とは違うね
たとえば指揮権ないとか、一般の兵卒入隊から入るわけでないとか

317 :名無し三等兵:2008/08/27(水) 00:37:13 ID:???
>>315
横から聞くんだが、役職名って何?
砲兵とか?


318 :名無し三等兵:2008/08/27(水) 00:44:15 ID:EO1asxZp
ちょっとお伺いします。
↓これらの絵を元に小さなストーリーを作ろうと考えています。

ttp://vipmain.sakura.ne.jp/light_novels/novels_img/088.jpg
ttp://vipmain.sakura.ne.jp/light_novels/novels_img/093.jpg

しかし、これらの絵がなに軍を描いているのか、
どの程度史実に基づいているのかがわかりません。
さらに、二枚目の絵には「北アフリカ」というテーマがあるのですが、
「北アフリカ」がなにを意味するのかもわかりません。
上の絵も「北アフリカ」がテーマなのかどうかもわかりません。

そこでお伺いしたいのは、単純にこれらの絵の解説をしていただきたいのです。
お時間ある方、どうかよろしくお願いします。

319 :名無し三等兵:2008/08/27(水) 00:51:04 ID:B8NlFf15
>>横から聞くんだが、役職名って何?
>>砲兵とか?

 連隊長とか人事計画課長とか企画部計画課計画調整官とか地方連絡部長とか。

320 :名無し三等兵:2008/08/27(水) 00:55:25 ID:???
>>317
書記とか主計とかいう奴の事だろ。

321 :名無し三等兵:2008/08/27(水) 00:56:52 ID:???
>>318
砂漠の狐のつもり……かもなぁ
ティーガーIのつもり……なんだろうなぁ

322 :名無し三等兵:2008/08/27(水) 00:58:42 ID:???
>>321
砲塔の横にハッチがあるから、3号長砲身だろ。

323 :名無し三等兵:2008/08/27(水) 00:59:39 ID:EO1asxZp
別スレで間違って質問してしまったときに教えてもらったことには、

・大戦中のドイツ軍の北アフリカ戦線の話か
・1枚目はロンメル将軍?
・2枚目はティーガー戦車
・2枚目手前側の戦車はドイツ軍のV号戦車っぽい気もしないでもない

とのことでした。

>>321
ありがとうございます。ティーガーというのとV号戦車というのは別物でしょうか。

324 :名無し三等兵:2008/08/27(水) 01:04:49 ID:EO1asxZp
>>322
違うんですね。ありがとうございます。

325 :名無し三等兵:2008/08/27(水) 01:06:11 ID:???
>>322
ハッチかな、これ。
しかしハッチにしては砲塔と比較して小さすぎるし
戦車自体が人物と比較して大きすぎだろ。
まあティーガーIとも似ても似つかないんだが。

>>323
全くの別物
ttp://homepage3.nifty.com/sweeper/panzer/germany/3mt.htm
ttp://military.sakura.ne.jp/army/gr_pzkpfw6.htm

326 :名無し三等兵:2008/08/27(水) 01:08:26 ID:???
人物が厚着っぽいけどアフリカなのかこれ?

327 :名無し三等兵:2008/08/27(水) 01:16:45 ID:EO1asxZp
すみません。もうひとつ。
↓この機体はどこのなんという機体でしょうか。

ttp://vipmain.sakura.ne.jp/light_novels/novels_img/090.jpg

328 :名無し三等兵:2008/08/27(水) 01:22:49 ID:???
>>327
なんだろ……ハリアーかと思ったけどインテークの形が違うし……。

329 :名無し三等兵:2008/08/27(水) 01:28:27 ID:???
>>327
トーネードIDSかと。

これね。
ttp://www.masdf.com/altimeter/riat/4thday/gnd/IMG_8093.jpg

330 :丼炒飯 ◆HY/YgdSbHM :2008/08/27(水) 01:28:49 ID:???
>>315
「軍人なら」という前置きを付けておかないと誤解を招きそうな気が。

>>321-322
4号G型のつもりかもしれませんねえ。


331 :名無し三等兵:2008/08/27(水) 01:29:43 ID:???
>>325
砲塔の切り欠きからすると4号にも見える。

332 :名無し三等兵:2008/08/27(水) 01:30:50 ID:EO1asxZp
なるほど。軍板住人の方でも意見が分かれるのであれば、
ある程度自由にしていいのだと思いました。

どうもありがとうございました。

333 :名無し三等兵:2008/08/27(水) 01:30:51 ID:???
>>328
これがトーネードじゃなくて何なんだよ。
どうやったらハリアーに見えるんだ。

334 :名無し三等兵:2008/08/27(水) 01:33:04 ID:???
スマン、俺もハリアーかと思った
なんていうか斜めっぷりが

335 :名無し三等兵:2008/08/27(水) 01:34:20 ID:???
>>333
それ以前の問題だとは思うが、とりあえずハリアーに左右分割式の後脚はない。

336 :名無し三等兵:2008/08/27(水) 01:35:34 ID:???
>>327
ちなみにハリアーってのはこういう飛行機だ。
ttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/8/8a/Harrier.av8b.750pix.jpg

337 :名無し三等兵:2008/08/27(水) 01:40:13 ID:???
>>332
手前の一両は小物なんかからみても3号がモデルなんだと思えるけど、
やたらと目立つはずの砲盾がこの角度で見えない上に、砲身の形状だけが3号が装備してたものどれにも当てはまらないような。
たぶん砲まわりだけ見てくれの良い8.8 cm KwK 36 L/56をモデルにした創作のタイプなんじゃないかと。
奥のもう一両は5cm Kw.K.39 L/60装備の3号J型のように見えます。

338 :名無し三等兵:2008/08/27(水) 01:53:17 ID:???
>>322>>325>>337
初質スレのほうでV号っぽいと言った者だが、俺は砲塔横ハッチのほかにも
キューポラの形状も似てるなあ、と思って回答した
てか、やっぱり結構なデフォルメ入ってるよな

339 :名無し三等兵:2008/08/27(水) 08:16:39 ID:D6bEUqSk
大石英司の「北方領土奪還作戦」を読んだのですが、ロシアの戦術核使用が露見したことが、日本にとって不利なことだという扱いになっています。このあたりの意味がよくわからなかったので教えてください。

340 :名無し三等兵:2008/08/27(水) 11:14:04 ID:???
>312
普段危険度の低い警備任務なんかをこなしてる連中が緊急時に集められた、
現地募集で訓練中の新兵をやむを得ず投入したとかならまあ説明はつくかも。
しかし米軍型装備の小隊なら訓練や戦術もそれに準じるのが基本なわけで、軽機も対戦車火器も無しの編成は
普通考えられないという事は踏まえておいた方がいい。
逆に言えば、そんな特殊な編成(?)の部隊は小隊規模の訓練や対戦車戦闘の訓練を
充分に行っていない可能性があり、そんな状態で戦車3両と随伴歩兵のチームを相手にするのは相当厳しい。

ちなみに、軽機が無いと随伴歩兵を制圧するのにカービンの有効射程まで接近しなくてはならず、その間に
随伴歩兵が接近を感知→戦車砲or同軸機銃でアウトレンジ→戦車は交互にカバーしつつ後退と射撃を繰り返す
というコンボで一方的にやられまくる。
カービンとグレネードランチャーの有効射程内まで敵を引き付け、随伴歩兵には待ち伏せを気付かせず、
不利な状況でも自軍の兵士達をしっかり統制出来る、有能な指揮官とそれを支える下士官数名が必須だな。

341 :名無し三等兵:2008/08/27(水) 15:31:28 ID:???
>>339
今の若い人にはずいぶん薄れたが、日本人には「核兵器」に対する強いアレルギーがある。
ヒロシマナガサキの国だからね。

戦後長らく「核兵器反対」「核戦争に巻き込まれるようなことは全部反対」は反戦運動の柱だったので、
「戦争で核兵器を使われた」ことが明らかになり、「今度は日本本土の都市が核攻撃されるのでは・・・?」
と国民が考えるようになったら「国民を核攻撃の恐怖に晒す」政府は国民の支持を失うだろう。

また、日本は核兵器を保有していない以上、敵側が
「これ以上戦争を続ける気なら全面核戦争も辞さない。それがいやなら即座に停戦しろ」
と言ってきたら従うしかない。核攻撃されたくないのなら。

特にあの作品の中では日本政府は国民の不満を逸らすために無茶な戦争をロシアに仕掛けたので、国民の
支持が政府から離れるようなことになったら戦争の継続が不可能になる。
作中ではロシアの空襲で千歳基地の周囲の民間地に大被害が出て、戦争継続への支持にヒビが入りかけている
・・・という状況だから、更にそれ以上の民間被害が予想されるとなると「こりゃもうダメだな」と現場は
思い始めたわけ。

342 :312:2008/08/27(水) 21:21:24 ID:???
>>340
州兵や予備役を集めたのならいざしらずPMCで小隊規模の訓練や対戦車戦闘の訓練
をしていないってのは不自然すぎますよね。
軽機関銃主体の偵察部隊として即席で編成されたとでもした方がよさそうですね。


343 :名無し三等兵:2008/08/27(水) 21:29:01 ID:???
>>342
いや、普通PMCは対戦車戦闘訓練はしないと思うぞ。
そういう状況には出ないんだから。

344 :名無し三等兵:2008/08/27(水) 21:29:05 ID:D6bEUqSk
>>341
ありがとうございました。核攻撃をうけるようなことをわざわざやった。ということが非難の対象になりうるというわけですね。
この展開が筋にどうからんでいくのか、続きが気になります。

345 :名無し三等兵:2008/08/27(水) 22:40:19 ID:???
>342
PMCどうこう以前に、小隊規模での運用を考えてる歩兵部隊なら最低限軽機ぐらいは無いと困るって事。
カービン持ったライフルマンだけじゃ、想定される敵に対して取りうる戦術の幅が狭くなり過ぎる。

失礼ながら、ここまでのやり取りを読む限りでは現代戦やPMCに関する知識が不足してる気がする。
これ以上設定を詰めたいのであれば、それぞれ資料に当たって基礎的な部分を押さえた方がいいと思う。

しかし小説のワンシーンとしては、軽歩兵部隊vs戦車+随伴歩兵という状況があれば充分じゃないのか?
書きたい主題から外れた枝葉にこだわり過ぎると、いつまで経っても完成しないぞ。

346 :名無し三等兵:2008/08/27(水) 23:32:31 ID:???
イラクで要人警護するようなPMCなら全員カービンもありじゃね?
じゃないと車の乗り降り面倒だしw

347 :名無し三等兵:2008/08/27(水) 23:41:00 ID:???
というか、歩兵戦術での軽機関銃の位置づけをよく理解していないように思える。

つーても、創作にそれが必要かと言われると困るわけだが。

348 :名無し三等兵:2008/08/28(木) 02:53:00 ID:???
最近、読んだ火葬戦記もの
アレには萎えたな。
戦争になりました、徴兵されました。PKOに派遣されました
弟が戦死しました、家族は泣きましたって論法で走っていく

正直、アホらしくなった。
PKOとPKFの区別もついていないし。
いまどき、高校生を徴兵して戦地に送るなんてあるわけないだろうが

何だか、この程度の知識で火葬戦記を書いている奴らが多すぎるな

349 :名無し三等兵:2008/08/28(木) 03:33:35 ID:???
>>348
具体的に書名出さないで批判文だけ書かれても
「そういうものは自分の日記帳に書け、な?」
としか言い様がないぞ。

ただ、
>この程度の知識で火葬戦記を書いている奴らが多すぎる
のは、読者、ひいては書かせる人間(編集者or出版者)の理解レベルがその程度だから。
軍ヲタやってると想像つかなくなるが、この国の人間の標準的軍事理解は未だに第2次大戦の
レベルから進歩してない。
この時代になっても「徴兵制を試行して今の若いもんを鍛え直した方がいい」とか真顔で主張するバカが
ごく普通にいるんだから。

そんなもんなんだよ現実は。

まぁ、「真面目に精緻に考証した架空戦記」って、現実を踏まえて「あのときこうしていればこうなった」系の
ものである限り絶対に成立しないから、適当なのは仕方がないって。

350 :名無し三等兵:2008/08/28(木) 04:17:03 ID:???
イフ系でも、佐藤大輔レベルですら突っ込みどころはあるからな…
まあ人間が書いてる限りそんなの仕方ないとは思うけどさ。

じゃあ完璧な軍事小説って何よ?って言われると、史実を元にした歴史小説としか
でもそういうのですら作者の見方が入ってしまうのは否めないし。

結局、ある程度我慢するしか無いと思うよ。

>>349
一つ気になるんだが、軍オタしか買いそうに無い軍事小説にせめて軍オタレベル
の知識や理解を求めなくてどうるすんだよ…

351 :名無し三等兵:2008/08/28(木) 04:50:59 ID:???
じゃあ商業で売れるレベルに昇華されていて、かつここの奴らにも納得させる事の出来るモノを書ける奴がいるのかと
俺には百年かかっても無理だw

もちろんどのジャンルのオタから見ても完璧に近い作品は良いけど、現実はどれかを取るとどれかは劣化せざるを得なくなる

352 :名無し三等兵:2008/08/28(木) 05:18:57 ID:???
この場合は
商業化されてはいるものの、売れるレベルの物に昇華されてない点を何とかしろ
って話じゃないのか?

353 :名無し三等兵:2008/08/28(木) 05:23:32 ID:???
ここの奴らの目から見たら昇華されてないってだけで、その分エンタメ重視なんじゃね
大体、ここの住人を幅広く納得させるにはノンフィクションでも無いとダメだろうけど、それはお話としては楽しいのかどうか
というか具体的な作品名を出して貰わないとずっと平行線だよなこの話

354 :名無し三等兵:2008/08/28(木) 06:25:12 ID:???
>>350
佐藤大輔の小説は、少なくとも「征途」と「RSBC」はツッコミどころがあるとかそういうレベルのもんじゃ
ねーだろ。
あれ、日本どれだけチートしとるんじゃって世界じゃん。
面白いからいいんだけどさ。


歴史絶対主義者になる気はないけど、「何故このような歴史を辿ったのか」にはそうそう覆せない理由が
あるわけで、「ここをこうしたいから、過去を改変する」という手法では絶対に何所かしら致命的な穴が
できるだろう。

>>353
「エンタメ要素(とりあえず世間的な意味で)のないフィクション」が理想なのかな。
変な言い方だけど、「あそこでこうしていたら、あそこであれがあったら勝てていた」ではなくて、
「あそこであれがあったために勝てなかった。あそこでこうしたために結果はもっと悲惨だった」という
架空戦記があれば、ある意味ここの住人が満足するものが出来上がるのでは。
絶対売れないと思うけど・・・。

355 :名無し三等兵:2008/08/28(木) 08:35:56 ID:gTKONbLD
>>354
>>あれ、日本どれだけチートしとるんじゃって世界じゃん。

 なんつーかな、冒険小説における設定の御都合主義ってのは「主人公に艱難辛苦を
経験させる為に有る」んだよ。まぁ、火葬戦記も主人公が国家元首だとか、ヘタを
すると妄想歴史の羅列で人物が登場しないような糞シミュレーションプロット(小説
ですらない)を除けば、ある種の軍事冒険小説なんだから例外ではない。

 218(PMC2個小隊氏)のジレンマもそんな噺だと思う。もっとも、「前提条件」の上
三つを無条件に出せるって事は基礎知識に若干問題があるとは思うけど。

356 :名無し三等兵:2008/08/28(木) 11:09:57 ID:???
>>349
> 軍ヲタやってると想像つかなくなるが、この国の人間の標準的軍事理解は未だに第2次大戦の
> レベルから進歩してない。
当時の方が徴兵はあるし、身近に軍人はいるし、日清日露の経験者もいるから
今よりよっぽどマシだと思うよ。

357 :名無し三等兵:2008/08/28(木) 12:41:32 ID:???
っつーか国民の軍事理解度なんて、時代と共に進歩する類のもんじゃねーだろ。

358 :名無し三等兵:2008/08/28(木) 12:58:40 ID:???
そういう意味じゃなくて、「思い描く戦争が第二次世界大戦レベルのまま」って事だろう

359 :名無し三等兵:2008/08/28(木) 13:10:32 ID:???
軍事の話になると原爆だの南京だの虐殺だの片方の側面しか見ていないという印象は強いかな。
それは戦後教育の賜物ではあるのだけど平和を望んでいるというスタンスには変わりないよね。
そもそも軍事は政治手段の一つであるという認識すらないから今の状況があるわけで
未だに9条を利用して自衛隊反対とか言って自衛隊による歴史的恩恵を思考から除外している。
理想を語ることは嫌いではないけど現状を見ない理想主義は妄想以下だと気付かないのよね。
いっそのこと一回テロでも起きてみれば話は変わるけど誰かが犠牲になるのはいやだな。
脱線がはなはだしいのでここらで自重という事でよろしく。

360 :名無し三等兵:2008/08/28(木) 13:19:22 ID:???
Si vis pacem, para bellum.

昔の人は偉大だな。

361 :名無し三等兵:2008/08/28(木) 13:30:38 ID:???
兵国大事死生地存亡道不可不察

洋の東西を問わずな。

362 :名無し三等兵:2008/08/28(木) 13:44:27 ID:???
そこはきっちり也まで入れてほしかった…

それはともかく、それを一番最初に持ってくるんだから孫子は偉大だ。
曹操かもしんないけどさ。

363 :342:2008/08/28(木) 19:50:38 ID:???
>>345
突っ込みどころ多くてすみません。
ただ、元がハーレム小説で登場人物の一人が過去に経験した「不利な状況」での
戦闘をエロ無しで書き出したもので細かい部分を詰めて行くと誰も読んで
くれない小説になりそうなので。
ミリタリー関係を突き詰めると読者がおいてけぼりになってしまってその他の部分
が薄くなってしまうので今回の話はエロ無しの外伝として書こうと考えてました。

知識がいびつですいません。
元々PMCを登場させたのは金沢で見た『シャドウ・カンパニー 戦争を変えた民間軍事
会社』という映画とPS3のゲーム『アーミー オブ ツー』や「COD4」がきっかけですので正直
あまり知識が豊富とはいえないとは思います。
戦車と歩兵の連携戦術についてはWEBで見た「戦車の用兵」というサイトを参考にして
書いています。

ttp://www.oc.jful.jp/~oc429s/newpage12.htm




364 :名無し三等兵:2008/08/28(木) 19:57:13 ID:???
っていうか、頻繁にコテ変えるのって、これまでのログ読み直すのダルイ。

365 :名無し三等兵:2008/08/28(木) 20:38:54 ID:???
>>363 PMCの理論は「戦争請負会社」、実践は「現代の傭兵たち」、歩兵戦全般は「コンバット・バイブル」の1と2がお勧め。どこでも手に入る筈だ。

366 :名無し三等兵:2008/08/28(木) 21:09:32 ID:???
>>363
歩兵vs戦車+随伴歩兵ってのが決まってるのなら、一つずつ積み上げてけばいいんじゃね?
・場所はどこ?
  アフリカや中東、東南アジアとか。砂漠、密林、平原、市街地。
・敵はだれ?
  政府軍or反政府軍or第三勢力
・敵の意図は?
  孤立した歩兵vs孤立した戦車+随伴歩兵のチームってのはちょっと想定が難しい
  戦車が自走しているって事は何らかの作戦行動中。そして戦車隊だけで行動することはまず無い。
  普通なら先行する偵察部隊が居るし周囲には歩兵や装甲車両が居る。後方に援護の部隊も居るだろうし。
・主人公の立場は?
  政府軍or反政府軍or第三勢力、もしくはどれかに雇われてるPMC。

ただ、まともなPMCなら想定リスクが大きい場合には(歩兵だけで戦車に突っ込まされるとか)そもそも契約しないから、
その辺りをうまく誤魔化さないと難しいかも。>>365が挙げてる「戦争請負会社」にもでてくるエクゼクティブ・アウトカムズとか
まさにビジネス。実行部隊も軍の1部隊がそっくり民営化したようなもんだし。
有り得るとしたらダメ軍隊or素人同然の反政府組織の訓練が仕事で、戦闘には参加しない契約だったのが混乱のさなかに
戦闘に巻き込まれたとか。

とここまで書いたところでふと思ったんだけど、CoD4の戦車救出→市街地を抜けるステージを敵側から見た…
ってのが想定してるイメージに近いのかな?

367 :363:2008/08/28(木) 21:37:27 ID:???
>>366
・場所はどこ?
 場所は中央アジアの某国、特にどこの国という設定ではありませんがイメージ
 としてはキルギスのような山岳国家です。

・敵はだれ?
遭遇した部隊は反政府軍ですがバックにはその国に眠っている資源の採掘権を狙って
いる第三国の企業などがかかわっています

・敵の意図は?
まだ決めていません元々は

・主人公の立場は?
表向きは政府軍へのアドバイザーですが実際はこの国で資源採掘を続けている
企業の息のかかった鉱山などを警備しています。
ただ、これまでは戦闘らしい戦闘もなく比較的平和だったという状況です。
遭遇時はたまたま住民からの通報で鉱山近くのブッシュに覆われた丘陵地帯で
行方不明者が出たためその捜索を行っているという形にしています。
場所が場所なのと政治状況が不安定なため武装しています。

368 :363:2008/08/28(木) 21:39:58 ID:???
>CoD4の戦車救出→市街地を抜けるステージを敵側から見た

そうかもしれません。
ただ敵の戦車は1台ではなく3台いるのと随伴歩兵が少ないという形です。
戦車も軽戦車なのでCOD4に出てきたようなパワフルさは無いかもしれません。

369 :名無し三等兵:2008/08/28(木) 21:41:17 ID:???
敵の意図が一番大事だと思うんだがな…

理由の無い戦争なんて無いわけで

370 :名無し三等兵:2008/08/28(木) 22:27:47 ID:???
漏れも意図は大事だと思う。
それによってシチュエーションの説得力が変わってくる。
主人公は不利な状況下で死力を尽くして戦うわけだけど、それは守るためであって。
敵側も同様に重要な拠点を取りに来るんだからそれ相応の準備をして当然。

>表向きは政府軍へのアドバイザーですが実際はこの国で資源採掘を続けている
>企業の息のかかった鉱山などを警備しています
これはちょっと変じゃね?
政府軍の軍事顧問が民間鉱山の警備とか、かなり無理があると思う。
軍の一部が企業と結託して副業に勤しんでるとしても、警備は自国の兵隊を使うと思うな。
外国人を使うとしたら軍をイマイチ信用していない企業側、適当な事務員扱いで警備要員を送り込む。
むしろ逆パターンの、表向きは鉱山技師とかの民間人として入国して実際は政府軍の軍事顧問なら
特殊部隊の非公然任務として良くある話だけど。

>遭遇時はたまたま住民からの通報で鉱山近くのブッシュに覆われた丘陵地帯で
そういう利権の只中に反政府勢力が戦車を含む部隊を送り込んでくるって事は、政府軍の影響が相当弱まってる証拠。
そして彼我の兵力によってシチュエーションが決まると思う。
戦車を含む大部隊が来たらもう企業の社員家族連れて逃げの一手。もしくは時間稼ぎ。ただ防御陣地ないと瞬殺
ただ今回のケースだと戦車こそ居るものの小規模だから、とっくに企業もしくは鉱山責任者と反政府勢力は
裏取引済みと考えてもおかしくないかも。
その場合、政府軍の軍事顧問の肩書が有ったら後ろから撃たれかねない。

>行方不明者が出たためその捜索を行っているという形にしています。
>場所が場所なのと政治状況が不安定なため武装しています。
その状況で遭遇したら小銃と持っててもマグ数個だから何もできないと思う。
防戦してても回りこまれたり別動隊がいたら鉱山アボン

>ただ敵の戦車は1台ではなく3台いるのと随伴歩兵が少ないという形です。
>戦車も軽戦車なのでCOD4に出てきたようなパワフルさは無いかもしれません。
まず政府軍の重要拠点である鉱山にそんな兵力で突っ込む理由を考えないと…
偵察にきてたまたま遭遇にしても、反政府軍は土地勘あるし民間人に化けて下見とかいくらでもできるし。

371 :名無し三等兵:2008/08/28(木) 22:35:51 ID:???
んー、あんまりしつこく周辺状況を組み立てていくと、設定が膨らみすぎて成果と
労力が見合わなくなる危険があるよ。

特に、単なる使い捨ての回想シーンなら、一番最初の設定だけでも十分だと思う。

372 :名無し三等兵:2008/08/28(木) 23:01:32 ID:???
変に2010の米陸軍とかPMCとか言わないで、
「装備は○○で総勢△△人」の方が良かったかもしれんねw

373 :363:2008/08/28(木) 23:28:55 ID:???
なんだか突っ込まれすぎて作品に駄目だしされてるような状況なので外伝
自体をボツにすることにします。
本編の中隊全部ハーレムなSSの方に注力することにします。



374 :名無し三等兵:2008/08/28(木) 23:54:42 ID:???
おしあわせに〜

375 :丼炒飯 ◆HY/YgdSbHM :2008/08/28(木) 23:59:51 ID:???
>>373
まあそう言わんと。なんだったら対戦車火器はあるけど使えない、
って状況を考えてみてもいいわけですし。

376 :名無し三等兵:2008/08/29(金) 00:32:30 ID:???
「対戦車弾の弾薬が全部ポカリの1.5Lにすり替えられてるだとー!?」

377 :丼炒飯 ◆HY/YgdSbHM :2008/08/29(金) 01:02:16 ID:???
「補給の手違いで弾薬が数発しかありません、しかも外しました」っていう展開しか
思いつかない自分が嫌だ。

>>376
84RRの弾薬手乙

378 :名無し三等兵:2008/08/29(金) 01:03:01 ID:???
クーデターで首都近くの戦車連隊の連隊長には手を回しておいたとかじゃなかったん。

379 :名無し三等兵:2008/08/29(金) 01:06:08 ID:???
「備蓄の弾薬に製造上のミスが見つかりました、改修しないと使えません!」
ってのはどうだ?

380 :名無し三等兵:2008/08/29(金) 01:07:44 ID:???
>>370
やりすぎだお前。
物書きがちょっとは前向きな姿勢で質問しているのに潰してどうするんだ。
ここは相談スレなのに逆に潰すような駄目だしして平然としている辺り
救いようが無い。


381 :名無し三等兵:2008/08/29(金) 01:12:42 ID:???
政治家の命令に逆らっちゃいけない軍人と一緒だよな。
「こういう流れにしたいんですが、どうすればいいですか?」って質問に、
「それは無理ですからこうしていただけないと…」って反論はあまりしない方がいい。
政治の方が軍事より高度であるのと同じように、細部の設定より大筋の流れの方が大切なのだから。
軍人が与えられた兵力と条件内で何とかやりくりをするが如く、
適当な理由を引っ張り出してくる手腕こそ、創作スレ住民の本懐というものさ!

え?俺?
俺は司令部付幕僚ですから、司令官の方の指針が示されなければ発言は控えさせていただきますよ

382 :363:2008/08/29(金) 01:13:17 ID:???
>>375
回答有難うございます
相談しに来たけどここまでコテンパンに「ここが駄目」と書かれると正直
凹みます。
本編のエロSSの方も書かなきゃいけないのに外伝書いている自分も
どうかと思ったのもあって。

>>378
レスを見て思ったんですが軽戦車といえどそんなものがうろつくような状況
を考えるならむしろ下手に偵察とかこじつけるよりクーデターが起きてしまった
という状況の方がいいのかもしれませんね。

>>379
製造時のミスって設計図に書かれていた単位を読み間違えてたとかそういうのでしょうか?

383 :名無し三等兵:2008/08/29(金) 01:14:04 ID:???
補給部署のえらいのと人間関係がこじれて
補給に支障が出たとか腐れ弾掴まされたとか、
軽機なり対戦車兵器持ってたのが攻撃食らって
やられたとか、機材壊されたとかではいかんのか?

384 :名無し三等兵:2008/08/29(金) 01:15:22 ID:???
上がケチとかで発射器が一つしかもらえず、
さらに一発目の弾が暴発して発射器が壊れてしまった

あたりじゃ駄目かね

385 :名無し三等兵:2008/08/29(金) 01:23:08 ID:???
メーカーから新製品の実地テストを兼ねた無償供給を受けた。とか。

386 :名無し三等兵:2008/08/29(金) 01:23:52 ID:???
そんなものを末端の兵士に持たす本社はどうかしてる

まあ物語ではそっちの方が面白いから全く問題ないけどな

387 :名無し三等兵:2008/08/29(金) 01:26:02 ID:???
ぶっちゃけ、突っ込み防止で装備の形式を伏せておくか、
「こんな装備で○○なストーリー考えてくれ」しかないと思うよw

388 :名無し三等兵:2008/08/29(金) 01:27:20 ID:???
いくら対戦車装備持ってても軽戦車×3+随伴歩兵相手は
普通にキツイ状況な気がするんだけど

389 :名無し三等兵:2008/08/29(金) 01:29:00 ID:???
>373
今さらだが、あまり不自然にならないようなシチュエーションが欲しいなら双方の頭数をいじるのが一番手っ取り早いと思う。
例えばこんな感じ。

味方:2個小隊、6〜70人→1個分隊、10〜15名
敵:軽戦車3両、随伴歩兵10名→軽戦車1両、随伴歩兵5〜8名

状況:鉱山外周をパトロール中の味方部隊が軽戦車を含む敵と遭遇。
出会い頭の一撃で重火器もしくは無線機をやられ、戦車に有効な火器も後方に連絡する手段も無い。
しかし突破されると非戦闘員だけの鉱山に突入されてしまうので、なんとしてもここで敵を撃退しなくてはならない。

物語の一場面としては、不利な状況で苦闘する主人公と戦友達という視点があれば充分じゃまいか。
あんまり細かく敵の設定まで詰めない方が楽だと思う。

390 :名無し三等兵:2008/08/29(金) 01:34:33 ID:???
>>385
テストしてくれるとこがなくて困ったメーカー担当が
蛇の道は蛇で裏で小遣い稼ぎをしてる隊長の所へ話を持って行って
そいつの麾下部隊に対戦車兵器を修理に出してる奴らが居る、
ではこの「私物」を〜、とかな。

391 :名無し三等兵:2008/08/29(金) 01:51:51 ID:???
いっそのこと敵の戦車を0両にしてしまうとか。戦車と対峙したという何某軍曹の武勇伝を
胡散臭そうに聞く主人公。いろいろ設定が変わるけれども。

392 :362:2008/08/29(金) 02:10:28 ID:???
>>389
頭数を減らしすぎると切迫感が出なくなるのでちょっと・・・。
それをするならむしろ味方の2個小隊を3個に増やします。

>>391
そこまで行くと小説を書く意味が無くなってしまいます(つд`)

やはり少し無理のある設定だったのかと思い直しています。
もう少し装備面などを考え直して小説を書いていくことにします皆様長らくお付き合い
いただきありがとうございました。



393 :名無し三等兵:2008/08/29(金) 07:31:53 ID:???
>>392
>切迫感が出なくなるので
一個分隊で戦車(たとえ一両でも)に立ち向かえというのは、兵士にとって非常に恐すぎるシチュだと思うけど。

394 :名無し三等兵:2008/08/29(金) 10:53:01 ID:???
>392
もう見てないかもしれないけど、一応参考になりそうな本を。

陸戦の基礎と応用についてよくまとまってて、入手しやすいのが歴史群像アーカイブの「ミリタリー基礎講座」。
「T:戦術入門」では分隊〜師団までを、歩兵、機甲、砲兵の各兵科に分けて解説。
「U:現代戦術への道」ではWW1の塹壕戦から最近のエアランドバトルまで、時代ごとに移り変わった様々な戦術を紹介してる。

>365の教えてくれた物と併せて、気が向いたら読んでみてね。

395 :名無し三等兵:2008/08/29(金) 13:18:11 ID:cOnWXzCT
ストライクウィっチーズとガングリフォンで部隊名が501ですが
501って軍事で何か特別な意味あるんですか?

396 :名無し三等兵:2008/08/29(金) 13:27:26 ID:???
>>395
WWUの時にその数字の精鋭の戦車大隊があってだな。
未だにとっても人気なのだ。
後は自分で調べて
ttp://www.google.co.jp/search?num=20&hl=ja&safe=off&q=501%E9%87%8D%E6%88%A6%E8%BB%8A%E5%A4%A7%E9%9A%8A&lr=

397 :395:2008/08/29(金) 13:31:14 ID:???
おお!!
ありがとうございます調べてみます

398 :名無し三等兵:2008/08/29(金) 14:09:05 ID:???
近衛衆兵鉄虎第501大隊ってのもあるな。ある意味定番のネタ。

399 :名無し三等兵:2008/08/29(金) 19:55:44 ID:???
機動警察パトレイバー 2 the Movieに登場するF-15改 イーグルプラスについての質問です。
F-15改はF-15 S/MTDをモデルにしているらしいのですが、機銃はどうなってるんでしょうか?
20mmバルカン砲のあるところにカナード翼を搭載してるのでおそらく装備していないでしょうけど。
http://www.geocities.jp/eagleplus_wizard03/32f15kai.htmlを見ると機銃が潰されてます。)
それと、どこかにF-15改の詳しい記述のあるサイトが有りましたら、教えてください。

400 :名無し三等兵:2008/08/29(金) 20:30:16 ID:???
なんでこのスレの住人って相談事に批評で返すのかねぇ・・・・。


401 :名無し三等兵:2008/08/30(土) 01:02:45 ID:???
>>399
質問者はIDを出すように。

F-15 STOL/MTDの実機はYF-15B(試作F-15の複座型)を改造して作ったものなので、機関砲は元々
装備していない。弾倉もない。
他にも生産型のF-15/Bとは細部が色々と異なっている(一番目立つのはエアブレーキの大きさの違い)。
余談だがMTDのカナードはF/A-18の水平尾翼をそのまんま流用している。

現実にこのような改造機を作った場合、機関砲は搭載しないかガンポッドを積むことになるだろう。

でも、F-15 STOL/MTDのテスト結果から、カナードの装備は低速域での運動性を増加させるし短距離離着陸
性能を飛躍的に向上させるが高速性能において不利で、F-15のようにエンジンパワーで機動性を維持出来る
機体にカナードを装備する意味はあまりない、と結論付けられたから、こういう機体形状のF-15改は現実には
ありえないだろうな。

402 :名無し三等兵:2008/08/30(土) 01:07:52 ID:???
>>399
元々機銃はないんじゃないかな?

403 :名無し三等兵:2008/08/30(土) 01:30:32 ID:???
>>400
スレタイをよく見ろ、ここは批評したりアドバイスするスレだ。

404 :名無し三等兵:2008/08/30(土) 02:29:28 ID:???
ほっとけよ

405 :名無し三等兵:2008/08/30(土) 02:54:52 ID:???
>>399
実在するF-15 S/MTDについてはここで情報が得られると思うが、
そのF-15改とやらは架空の機体なので

ここで聞くよりアニメ関係の場所で聞くのが筋。

406 :名無し三等兵:2008/08/30(土) 03:04:53 ID:???
>>1嫁YOw

407 :名無し三等兵:2008/08/30(土) 06:48:20 ID:???
ここ「創作関連質問&相談スレ」ってあるだけで批評しろとは書いてないよ・・・・。

408 :名無し三等兵:2008/08/30(土) 15:21:17 ID:VlS/BcZ2
>>407
スレ住人の批評乙w

409 :名無し三等兵:2008/08/30(土) 16:00:42 ID:???
こういう場合の答えは「すみません、勘違いしてました」でいい。

410 :名無し三等兵:2008/08/30(土) 19:50:13 ID:SJk+44kp
朝鮮戦争やベトナム戦争みたいな戦争が勃発した日本を舞台にした仮想戦記を構想しています。
年代は、朝鮮戦争の少し後にしようと思っていますが、この時代のアメリカ軍の部隊編成などに、人種差別はどの程度影響があったのでしょうか
黒人と黄色人種(無理がなければ白人も)で編成された部隊を考えているのですが、不自然ではないでしょうか?
それと、朝鮮戦争とベトナム戦争における陸上戦をモデルに創作しようと考えてますので、これらを取り扱った作品や資料に心当たりがある方は、是非ご教示願いたく存じます。

411 :名無し三等兵:2008/08/30(土) 20:35:10 ID:???
ヨーロッパ戦線で奮闘した米軍の日系人部隊は参考になるかな?
マキャベリの「君主論」にある様に、
「敵国と近しい部下は忠誠心を示すべく、よりいっそう奮闘する」
を行った例でもあるし

412 :名無し三等兵:2008/08/30(土) 20:57:58 ID:???
1950年あたりだと、終戦後一度解体されていた442連隊は予備役部隊としてまた編成されている。黒人部隊(バッファロー・ソルジャー)には、歩兵・戦車部隊や
戦闘機部隊もあり、前者は朝鮮戦争にも参加している。この当時は、まだ同一人種でまとめられている。
人種差別については、公民権運動が始まるのはその十年後なので、一般の部隊はまだ白人中心で黒人は混じっていないと思う。一方、大戦中の海兵隊で
白人に中国系アメリカ人が混じっていたことがあったが、これはわりと珍しいケース。

413 :名無し三等兵:2008/08/30(土) 21:12:40 ID:???
ベトナム戦争なら黒人兵もいんじゃね?

414 :名無し三等兵:2008/08/30(土) 22:19:13 ID:SJk+44kp
レスありがとうございます。
構想では、アメリカ人は日本人に対して強い侮辱意識を持っている事になっているので、それに関連するエピソードとして
アフリカ系アメリカ人とコリア系アメリカ人に、日本人を侮蔑させたかったのですが(これは、個人的な趣味とイデオロギーの発露であると告白しておきますが、しかし創作の基点ですので外せないアイデアなんです)
作中では、日系人や、かつて日本領だった朝鮮系も差別されている事にして、それとあと何か適当な理由をつけて有色人種部隊ができた事にしておこうとおもいます。

415 :名無し三等兵:2008/08/30(土) 22:37:18 ID:???
>410
朝鮮戦争での空戦を扱った「クリムゾンスカイ」の中に、米海軍初の黒人パイロットの話があった。
当然ながら非常に優秀だったが、やはり部隊内でも浮いてたというか隔意を持たれていたようだ。
しかし彼と組んだ白人パイロットは幸いにも人種的な偏見の無い人物で、良いチームになった。
後に黒人パイロットは撃墜されたんだが、白人パイロットは敵地に戦友を置いていけないと自ら地上に降りて
彼の救出に最後まで全力を尽くした。

こんなエピソードが取り上げられてる所から考えると、朝鮮戦争当時の米軍はまだまだ白人の世界だったんだな。

参考になりそうな本としては児島襄の「朝鮮戦争」、「若き将軍の朝鮮戦争 白善Y回顧録」辺りを定番として薦めておく。

416 :名無し三等兵:2008/08/30(土) 22:42:01 ID:???
タイトルを失念したが、とある黒人が苦労して有名なミュージシャンになる映画を見た
覚えがある。一応ノンフィクションで、第二次大戦後だというのに露骨な黒人差別を
受けまくってて随分驚いた。
ノンフィクションでも映画だからソースとしてはあれだが、四十年代だとまだ差別は
根強かったと思う。

どうでもいいんだがその黒人ミュージシャン日本にも来てたな(映画の中で)。
ラストどうなったかは忘れちゃったが。

417 :名無し三等兵:2008/08/30(土) 22:43:49 ID:???
>>415
その書き方だと両方とも児島氏の著作に見えないことも無い…
注意してみればすぐにわかることだが、後者は白善Y退役将軍の回顧録な。

俺はあの人の本は指揮官の条件しか読んだこと無いが

418 :名無し三等兵:2008/08/30(土) 22:47:07 ID:???
アメリカは差別の国だぞ。
むしろWW2中でも差別はずっとあったし戦後やその後においてもずっと差別は
残ってる。ハリケーン「カトリーナ」の被害をモロに受けていたのは黒人貧困層だと
いうのを考えてもだ。


419 :名無し三等兵:2008/08/30(土) 22:56:33 ID:???
>417
や、こりゃ失敬。
「若き〜」は当時の前線の雰囲気を読み取るには良い本だと思う。

>410
というわけで後者は>417氏のご指摘通り。
くれぐれもお間違えの無いよう。

ついでに書いとけば朝鮮、ベトナム共に陸と空の連携が重要な要素なんで、可能であれば空物もチェックしといた方がいい。
>415のエピソードが載ってる「クリムゾンスカイ」や、「朝鮮戦争空戦史」なんかがいいかな。
ベトナムの空物は、確かこのスレで以前質問と回答があった筈なんでそちらを参照してくれ。

420 :名無し三等兵:2008/08/30(土) 23:07:58 ID:???
公民権運動がいつ起こったのかぐらい知っとけw

421 :名無し三等兵:2008/08/30(土) 23:09:29 ID:???
>>420
調べてみた。
マーティン・ルーサー・キングの演説が戦後だったと知って驚いた。

何が民主主義だよアメリカ

422 :名無し三等兵:2008/08/30(土) 23:48:02 ID:???
公民権運動は結構重要だけど、
それで即人種差別が解消されたわけじゃないからね。
20〜30年くらい前は「黒人は差別されてない」なんて言ったら
失笑ものだったと思った(まぁ日本国内の話だ。スマンネw)

マイケルジャクソンやプリンスが出てくるまでかな…
そのころまでは「黒人が差別された」というのはニュースになってた。
今は逆に「黒人優遇政策が…」とかたまに聞くくらい?

423 :名無し三等兵:2008/08/30(土) 23:52:06 ID:???
ニュースになるならまだマシじゃね?

本当に根強い差別はニュースにすらならんぞ

424 :名無し三等兵:2008/08/31(日) 08:07:53 ID:???
占領期の日本では、白人も黒人も仲良くレイプに勤しんでいたんだよね。

425 :名無し三等兵:2008/08/31(日) 14:05:44 ID:Fq/M0oxF
占領期の日本では、朝鮮人も中国人も仲良くレイプに勤しんでいたんだよね。

426 :名無し三等兵:2008/08/31(日) 17:00:29 ID:???
神戸だけで三万件もの強姦事件が発生。
しかし、朝鮮人レイパーはそれより多い。

427 :名無し三等兵:2008/08/31(日) 17:10:02 ID:Gt+n7KzR
日本がF−22の導入に失敗した経験から2010年から本格的な制空戦闘機の開発を始めたとして、
それが部隊に配備され始めるのはいつ頃ぐらいが妥当だと思いますか?
またその時の名前はF−3で問題ないですか?

428 :名無し三等兵:2008/08/31(日) 17:12:09 ID:UviHGtTQ
ミニッツ・クラスという小説でロシアの潜水艦乗りは
魚雷への対処法として、その魚雷に向かって全速力で進むという記述があったのですが
これは事実なんでしょうか?

429 :名無し三等兵:2008/08/31(日) 17:15:38 ID:???
まぁ投影面積を少なくするって意味ならありかも

430 :名無し三等兵:2008/08/31(日) 18:21:22 ID:???
>>427 アメリカが全力で反対するだろうとか国際情勢とかエンジンを
どうするんだとか、考えなくちゃいけない要因はいろいろあるが、
おおざっぱにいって開発開始から20年くらいはかかるだろうな。
F-2(FSX)とかF22の開発の経緯をざっと調べてみればいい。

431 :名無し三等兵:2008/08/31(日) 18:32:18 ID:???
>>427
下手すると2110年になってもまだ「開発中」かもな。
日本にはF-22のようなステルス戦闘機自主開発する能力なんかないので。

F-22は1970年代後半にコンセプトの検討が始められ、1981年に計画が始動、1983年に要求仕様が固まり、
1986年には設計が始められた。
1990年に試作機が初飛行し、各種テストを開始。
1991年、次期主力戦闘機に選定。

1993年からは各所を詰めた先行量産型の開発が始まり、1995年、仕様が最終的に決定し先行量産開始。
1997年、先行量産型第1号機が完成し正式に「F-22A Rapter」と命名される。
1998年、テストを終えた先行量産型第1号機が空軍に引渡される。

・・・この後、予算が削減されて議会と延々ともめるのでその経緯を書くのがめんどくさくなって来た(ぇ
のですっとばす。

2002年にはパイロットの訓練と運用試験評価がはじまり、2005年に初めて最初の実戦配備が完了した。

・・・つまり、最初の最初から数えると計画が始動してから約25年かかってるわけだ。
冷戦の終結とその後のゴタゴタによる予算の削減がなくても、設計を始めてから試作機が飛ぶまで約5年
掛かっている。
しかも、これはアメリカの航空宇宙産業と戦闘機開発の膨大な蓄積があってこそなわけだ。

して日本が同じ事やると一体何年かかるのか。
あとは自分で考えよ〜。

432 :名無し三等兵:2008/09/01(月) 02:08:37 ID:???
>>428
「全力航行で速度的に魚雷を振り切る」という意味なら、微妙。
ソビエト原潜は、西側からびっくりするほど勇猛果敢な行動を取るといわれているが、交戦時点でその様な
行動を取るのは現実的にはちょっと。潜水艦艦長の視点で、それ以外執る手段がないというなら別だが‥

かつては「西側の魚雷より高速な原潜」というのが存在したが、これだって
 ・全力で航行したら音響的に位置・速度ともバレバレ。近隣に対潜哨戒機とか別の潜水艦がいたら
  非常にヤバい。賭け。
と言う問題が生じかねない。
(かなり前から、西側の新鋭魚雷は速度・深度ともに性能が向上していたりする)

433 :名無し三等兵:2008/09/01(月) 02:28:43 ID:???
>>428
魚雷の方に向かうってので発射元の潜水艦を巻き込まないように一定距離進まないと爆発だか追尾だかしないようになってて
反応しないうちに制限距離内に飛び込んでやり過ごすみたいな対処してるのをなんかの漫画で見たのを思い出した

魚雷に時限信管とか近接信管なんかがあるのかは知らんがいずれにしても無茶か

434 :名無し三等兵:2008/09/01(月) 05:31:41 ID:???
>433
古くは「サブマリン707」、比較的新しいところで「沈黙の艦隊」だな。
ちなみに最初に潜水艦からホーミング魚雷を使用したUボートの場合、当時の魚雷は発射直後から
誘導が始まってしまうので、その間自艦のモーターを止めてないと魚雷が戻ってきてしまうから、航行
しながらの発射はできなかった。

435 :名無し三等兵:2008/09/01(月) 22:41:39 ID:???
近接信管というか魚雷は敵に近づくと磁気感知で爆発もする
あと魚雷は直撃でなくても水中衝撃波で目標を損傷させることもあるんで
あまり近いと自分も損傷しないように距離で信管の安全装置ぐらいは設定してるはずだがな

436 :名無し三等兵:2008/09/02(火) 19:03:54 ID:NwFTMRZf
質問です。
ソ連のダムを舞台にした物語を考えているのですが
ソ連でダムの警備をしていたのは軍ですか?
それともNKVDやKGBといった治安機関ですか?
それとももっと別の機関ですか?

437 :名無し三等兵:2008/09/02(火) 19:30:38 ID:???
>>436
ソ連のダムっていうと五カ年計画なんかで作られた「ブラーツクダム」みたいな
物を舞台にすんの?
それからその話の舞台はWW2以前なのか以後なのかによっても話は変わってくるけど
何時の時代が設定年代になってくるの?

438 :名無し三等兵:2008/09/02(火) 19:33:22 ID:NwFTMRZf
>>437
いちおうWW2以後です。

439 :名無し三等兵:2008/09/03(水) 01:29:23 ID:???
さすがに当時のソ連のダムにおける警備体制ってのはわからんな。
普通は警察などが行うもんだが戦時体制なんかだと軍が担当するかな>他国


440 :名無し三等兵:2008/09/03(水) 06:07:51 ID:5b72WYnU
今で言うと内務省か連邦保安庁か非常事態省
ソ連時代ならKGBなのでは
ttp://www2.odn.ne.jp/~cae02800/russia/kgb/structure.htm

441 :名無し三等兵:2008/09/03(水) 17:36:24 ID:???
ダムダムダム ダムバスター
ダムダムダム ダムバスター
だむぼうえいたい ダムバスター

ひとをころすのはかんたんだけど
ころすだけよりりようできればすてきなことさ

ころされかけたらころしかえすぜ まじで
ならばどこまでもしゃぶろうぜ

かくとかほりょとかせいじはんとか
つくるぞだむをきょうものるまさ

だむぼうえいたい ダムバスター


442 :名無し三等兵:2008/09/04(木) 08:59:57 ID:???
アパッチがイラクで地上で何やらゴソゴソしてるゲリラを凄い威力の
機関銃で撃つという赤外線撮影された映像を見たんですが、
画面を見る感じでは、ヘリはホバリングして静止してる様でした。

目標を狙って撃つ時は静止して撃つのが普通なんでしょうか?
移動しながら撃たないとロケットやらの餌食になってしまうんじゃないかと
思うんですが・・・

443 :名無し三等兵:2008/09/04(木) 09:58:13 ID:???
あれはカメラが望遠だから近くに見えるだけで少なくとも数キロ離れた地点から撃ってるんだ

444 :名無し三等兵:2008/09/04(木) 10:10:48 ID:???
その距離でヘリから搭載機銃で狙撃できるってのもすごいなぁ

445 :名無し三等兵:2008/09/04(木) 10:49:06 ID:???
>>442
周りに脅威らしい脅威がないと見られるなら回避機動する必要もなし。
けど映像によっては旋回しながら補足してるのもあったと思う。
移動しつつ長距離から一点を捉え続けると、映像の角度がほぼ変わらないのでホバリングしてるようにも見えなくもない。
あと武装勢力さんが最初の一撃まで気づいてない映像が多いと思うけど、
あれは適当に空見上げるだけじゃ、見つからない状況だから。夜間の長距離射撃とか。確か2マイルくらいから撃てたはず。
なので標的にされた武装勢力さんは、何が起こったのかわからない内に、めでたく挽肉にされてしまうという。

446 :名無し三等兵:2008/09/04(木) 11:05:17 ID:???
AH-64搭載のM230は有効射程が1500mで最大射程が4500m。

静止して射撃するAH-64
AH-64 Apache mission
ttp://uk.youtube.com/watch?v=i-JVJnwjU4o

移動しながら射撃するMH-60とAH-1
MH-60 DAP Black Hawk Gunrun
ttp://uk.youtube.com/watch?v=CQ0B47vfCTk
Cobra Assault Helicopter in Iraq
ttp://uk.youtube.com/watch?v=ndRLTOyjFg0

447 :名無し三等兵:2008/09/04(木) 19:42:17 ID:aN0XOuar
誘導されたので書かせていただきます。

スカイクロラスレでよく言われているのですが、スカイリィのターボチャージャとされているものはボンネット上コクピット左前方の装置でしょうか?
それと排気管がつながっていないというのは機首横の排気管からチャージャが独立しているからおかしいということでいいのでしょうか?
また、Xエンジンとは何か、ググってもよく分からなかったのでご教授お願いいたします。

448 :名無し三等兵:2008/09/04(木) 20:02:41 ID:???
442です。参考になりました。ありがとうございました。

449 :名無し三等兵:2008/09/04(木) 20:03:20 ID:???
>>447
話の都合上それらしくするために作った設定だろ。エンジンの形状自体については、
航空船舶板で聞いたほうがいいぞ。
どうせ、3ヶ月もすれば設定資料集が出るんだろうからそれ待ってもいいんじゃない?

450 :名無し三等兵:2008/09/04(木) 20:13:53 ID:???
現実世界のXエンジンは、V型エンジンを逆につなげた形。

 >   V型エンジン
 ><  X型エンジン

こんな感じに、V型エンジンをつなげると、X型に見える。
アブロ・マンチェスターに搭載された、ロールス・ロイス バルチャーX型24気筒エンジンなどがある。
http://en.wikipedia.org/wiki/X24_engine

451 :名無し三等兵:2008/09/04(木) 20:43:37 ID:???
ちょっと質問です・・・。

17世紀のヨーロッパを舞台にした話を考えているのですが、
当時の人たち(割と上流階級)に「西暦」の概念ってあるんでしょうか・・・?

例「あれは今から10年前、1685年の○○でのことだったか〜、」みたいな感じで・・・。

452 :名無し三等兵:2008/09/04(木) 20:44:39 ID:???
>>450
なるほど、ありがとうございます。四方にシリンダーが出ているのですね。

453 :名無し三等兵:2008/09/04(木) 21:00:29 ID:???
>>451
ヨーロッパはもっと前から普通に西暦オンリーだが?

454 :名無し三等兵:2008/09/04(木) 21:05:35 ID:???
>>453
そうなのですか、どうもです。
映画や小説だとナレーションで1300〜年とか聞きますけど
そこに登場する人物達が西暦〜年と発するのがなんとなく
不自然?珍しく感じて
どうなんだろ〜っと疑問に思っていて・・・。

455 :名無し三等兵:2008/09/04(木) 21:06:40 ID:???
>>451
つか、17世紀のヨーロッパで、広く使われている暦に西暦以外の何があるのかと。

456 :名無し三等兵:2008/09/04(木) 21:11:11 ID:???
>>454
世界史板で聞いた方が正確な答えが返ってくるだろうが、キリスト教化の遅れていた北欧などを除き、
中世の初期から、ヨーロッパでは西暦(キリスト紀元)しか使われていない。
西暦1000年に世界の終わりが来るなどと、ヨーロッパの各地でパニックが起きたなんて記録も残ってる。

457 :名無し三等兵:2008/09/04(木) 23:59:57 ID:lZWJukfP
>>436です。
>>439
>>440
お返事ありがとうございます。参考にさせていただきます。

458 :名無し三等兵:2008/09/05(金) 00:39:14 ID:???
その当時の欧州の暦法ネタは、ユリウス暦とグレゴリオ暦あたりじゃないかな。

459 :丼炒飯 ◆HY/YgdSbHM :2008/09/05(金) 03:08:13 ID:???
>>458
17世紀だと(地域にもよりますが)もうグレゴリオ暦使ってるんじゃ無いですかね。

460 :名無し三等兵:2008/09/05(金) 05:59:31 ID:???
ロシアにはロシア歴があったきがす

461 :460:2008/09/05(金) 06:02:59 ID:???
Wikipediaのユリウス暦から
>1582年2月24日にグレゴリオ暦が発布され、
>同年10月4日(木曜日)の翌日を10月15日(金曜日)と
>されてからは徐々に取って代わられた。
>暦の切り替えはキリスト教圏でもばらつきがあり、
>ロシアは共産主義革命まではユリウス暦が採用されていた。

東西ローマ分裂のなごりですにゃ

462 :名無し三等兵:2008/09/05(金) 11:32:52 ID:???
なんか、日本で太陰暦と太陽暦が切り替わっても別に年号とか皇紀の修正は無いのと同じようなもののような気もするが

463 :名無し三等兵:2008/09/05(金) 18:02:54 ID:1UUQ0SCJ
そういえば今年は昭和84年だったよなー

464 :名無し三等兵:2008/09/05(金) 19:40:00 ID:???
>西暦1000年に世界の終わりが来るなどと、ヨーロッパの各地でパニックが起きたなんて記録も残ってる。
つい8年前にも同じような事が起きてたよな。人間て変わらんな・・・

465 :名無し三等兵:2008/09/05(金) 20:11:48 ID:???
戦争映画とかみてると、ヘルメットのベルト(顎紐?)を繋がないでブラブラさせてる人ばっかなんですけど、なにか理由があるんですか

466 :名無し三等兵:2008/09/05(金) 20:31:17 ID:???
>>465
爆風で、ヘルメットとセットで首を持っていかれないように。

467 :名無し三等兵:2008/09/05(金) 20:31:37 ID:???
>>465
爆風でヘルメットが吹っ飛ばされる時、顎紐にひっぱられて首を痛めないため。(ひどい時はスッパリ首が
切断されるとか)。
最近の奴は一定以上の負荷がかかると切れるようになってるらしい。


>>464
つーか、キリスト教は 遥かアウグスティヌスの時代から、絶え間なく「もうすぐ終末が来る」と言い続けてる宗教だ。
まあ、別にキリスト教に限った話じゃないけどね。

468 :名無し三等兵:2008/09/05(金) 22:07:32 ID:???
>>466 >>467
ありがとうございます
なるほど、戦場の現実にそくした理由があったんですね。

469 :名無し三等兵:2008/09/05(金) 22:23:57 ID:???
最近は、近接戦闘が増えた関係で、激しく動いても脱げないように、
顎紐はきちんと締めるよう指導しているらしいぞ

470 :名無し三等兵:2008/09/05(金) 23:09:59 ID:???
>>459
つ ギリシャ

ロシアより切り替えが遅かった。

471 :名無し三等兵:2008/09/06(土) 13:29:59 ID:???
ギリシャは昔トルコの支配下にあったからじゃないかな。>切り替え


472 :名無し三等兵:2008/09/06(土) 23:44:00 ID:???
はげしくうごいても
おおいひもあんしん

473 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 16:46:50 ID:Y991lZj7
質問です。
エースコンバット等のゲームでミサイルの発射方式に
パイロンから直接発射されるタイプと
機体から投下後に加速開始するタイプがありますが
この違いはどういった理由によるものでしょうか。

474 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 16:51:12 ID:???
>>473
F-4のAIM-7のように、半埋め込み式のランチャーに装備されるタイプのミサイルだと、
一旦下方に撃ち出してからロケットモーターに点火する。
そうしないと、機体内部に潜っているフィンが破損してしまうから。

475 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 14:45:14 ID:ip2MCdK/
このイラストのモデルになっている戦闘機と機銃わかりますか?

http://akane-m.net/lo/rakugaki/wp-content/uploads/2008/07/44-3l.jpg

476 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 14:51:40 ID:???
>>475ですが、画像が大きすぎるかもしれないので縮小版も貼っておきます。

http://akane-m.net/lo/rakugaki/wp-content/uploads/2008/07/44-3s.jpg

477 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 15:10:08 ID:???
小火器はパッと見でM16系列に見える。M16A4あたりかな?
航空機は分からないけど米軍機がモデルかもぐらいしか。

478 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 17:54:30 ID:???
脚のユニットに特定のモデル戦闘機は無いんじゃね?マーキングも何も無いし。

479 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 18:49:04 ID:919HzI5s
質問です。

今度ガンドックというTRPGでGMをやるのですがその中でプレイヤー達を助ける
友好的なNPC役としてアントニオ・バンデラスのような外見したをイカレた元軍人の
情報屋兼武器商人(フィクサー)を出したいと思っています。

そこで彼のイカレ具合をプレイヤー達に印象付けつつ、実戦に突入しても戦える
アイテムとして「デスペラード」に出てきたギターケース型武器を使おうと考え
ているのですが、あのようなケースに入る武器で対戦車能力を持たせるとしたら
どのような兵器がふさわしいのでしょうか?

なお、ガンドックに出てくる武器の数値や設定などは無視するものとします。
ギターケースに入る大きさの兵器でという条件のみです。
舞台は202X年、南米某国の反政府ゲリラと政府軍との戦いに巻き込まれた
とあるNGO職員を救出するのがプレイヤー達の任務です。


480 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 19:13:22 ID:???
>>479
普通に対戦車ロケット弾だろうな。
RPGシリーズとか耳にした事ない?
金があれば高度なATMでもいいが、一発で高級車一台分ぐらいするぞ。

481 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 19:28:50 ID:???
そもそも一番軽い対戦車ミサイルでも10kg以上はあるし、かさばる(一発しか入らない)ので、やっぱ対戦車ロケットかと。
無反動砲にすると、ロケットランチャーに比べ薬室のある分、重くなるし。

482 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 19:32:49 ID:919HzI5s
>>480
RPGくらいは知ってますCOD4などの作品にもたくさん出てきますよね。
ただ演出上「イカレた設定のキャラクター」というのを前面に出したいので
質問にあった「ギターケース型武器」に収まる形にしたいんです。

RPGはただ単にギターケースに入れておくだけで使うときにはいちいち
取り出して発射準備という形なんですよね?
ゲリラやテロリストが偽装のためになんかのケースに武器をしまっておいて
いざというときに取り出すというのはよくあるパターンですし。


483 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 19:40:33 ID:???
>>482
だったら、対戦車地雷+手榴弾の信管という、旧ドイツ国防軍スタイルで。
もしくは、信号ピストル+対戦車榴弾で。

484 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 19:43:47 ID:???
>ギターケース型武器
そもそもこれが既に有名どころに先行される件。
デスペラードで検索してみれ。

485 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 19:43:57 ID:???
>>483
2020年代の戦車の装甲にそれはどうかとも思うけど
高性能爆弾ということでひとつ

486 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 19:48:06 ID:???
>>485
クレイジーさを出すにはそれでいいんじゃない?
それても破甲爆雷の方がいい?

487 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 19:50:25 ID:???
対戦車地雷はそんなに軽くないから、要件を満たすかどうか微妙。

488 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 19:51:11 ID:???
吸着地雷いいな。
最高にクレイジーだ。

489 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 19:54:59 ID:???
>>484
>479の中段を良く読むんだorz

490 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 20:08:52 ID:???
>>479
戦車相手では威力的にキツイかも知れないが、
LAW、RPG18、70式62mm対戦車ロケットランチャー、
それをぐぐるとすぐ下に出てくる84式とかはどうかな?
発射準備状態でケースに据え付けて持ち歩けばええと思うが。

そういやRPG7って後の筒んとこソウドオフできないのかね?

491 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 20:13:22 ID:???
っと、今ページ消す前にと思って見てたんだが
ちゃんと読んでないがこれはどうかな?300mm抜けるらしいが。
ttp://world.guns.ru/grenade/gl33-e.htm

492 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 20:20:52 ID:???
>>475
とりあえずM16系で、ハンドガードの長さから確認できるのはカービン型ということ。
厚みも絞りもないバレルはA1系っぽい。
ハイダーがオリジナルっぽい。 非閉鎖型で5穴くらいありそうに見える。
ハンドガードは上面に穴が見えないのが一番の特徴。
良く見ると照星も無い。
個人的な見解『M16A1カービンが元の特製品』

飛行機はしらない。

493 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 20:21:26 ID:???
バズーカやM72のロケット弾みたいなものだったら、ギターケースにアルミ合金かグラスファイバー製のパイプ
みたいなのに内蔵して前後をあけておいて、電気着火式でそのまま発射できるだろう。
RPGだと先端に差し込まないといけないので、ビジュアル的にイマイチ。

494 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 20:29:45 ID:???
>>490
質問文を見る限りでは大きな問題として相手は武器商人だが南米で仕事していて
日本国内の武器を入手できるような相手には見えない点かな>84式



495 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 20:40:39 ID:???
>>494
書いた通りぐぐって貰えば分かるが、その点は問題ないかと。

496 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 20:40:57 ID:919HzI5s
>>483-493
回答有難うございます。
絵的な物とゲーム上の関係も考えると対戦車地雷で撃破というのは別の意味で
クレイジーなのでプレイヤーに「ついてくんな!」と言われかねないのでちょっと・・・・。
やはりバズーカや>>491の方が勧めてくれた「Armbrust antitank grenade launcher 」
辺りになるのでしょうか。
>>493の方に勧めていただいた方式もよさそうですね。

「デスペラード」では格好つけてギターケースバズーカをぶっ放してますが
さすがにあんな姿勢で撃ったら反動やバックファイアで怪我してしまうので
アントニオ君(仮名)が実際にゲームで使う場合はちゃんと射撃姿勢をとらせます。
ガンドックはガンアクションTRPGなので遮蔽の要素が重要になってきますので
変な姿勢では撃てませんから。

497 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 20:51:16 ID:???
一応ランチャーを探して書きながらも
ギターケースを固く作ってキャタに突っ込んで足を止めるとか、
ギターケースから徐にアンテナを延ばし、ハンドマイクを取り出して
火力支援を呼ぶとかも考えた。

498 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 21:06:12 ID:???
むしろもうギターケースで戦車を殴って破壊するとか。

499 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 21:14:00 ID:???
ギターケースからおもむろに米ドル取り出して敵戦車兵を買収

500 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 21:27:29 ID:???
ギターケースからギターを取り出して
「戦争なんてくだらないぜ!俺の歌を聴けぇ!!」

501 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 21:31:22 ID:???
常に手錠で自分の手と繋いでるギターケースを開けて、中のボタンを押すとICBMが。

502 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 21:36:54 ID:???
ギターケースを左手で持って、右手で対戦車ミサイルを担いで発射!

503 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 21:39:52 ID:???
ギターケースから一個戦車連隊を取り出してKZ設置して誘導遅滞

504 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 21:42:39 ID:???
なんかもうネタなのか回答なのかわからんなww


505 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 21:43:36 ID:???
ギターケース置きっぱなし式ブレーンバスター!!

506 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 21:43:57 ID:???
ギターケースにレーザー誘導爆弾キット仕込んでおけば、
レーザー誘導爆弾で大抵のものを破壊できるよ。

507 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 21:52:31 ID:???
誘導はありだな。航空支援は無理でもストリックスみたいな120mm迫撃砲弾ならおkだろう。正に対戦車用だし。
イカれ具合と武器商人としての財力、最新ハイテク兵器を引っ張ってくるコネくらい同時に演出できるかも。

508 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 22:10:30 ID:???
空軍将校買収して航空支援して美味しいと思うが、
あまり金で無茶やる方行くとバンデラスより
スーツを着て携帯電話を手にしたニコラス・ケイジの方が近くなるな。

509 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 22:16:14 ID:???
>>508
× 空軍将校買収して航空支援して美味しいと思うが、
○ 空軍将校買収して航空支援てのも美味しいと思うが、
推敲不足。ごめん

510 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 22:26:38 ID:???
ならもういっその事、米大統領買収して武力介入させようか。
敵とエンカウントするまでもなく、殲滅してくれそうな勢いで。

511 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 22:30:47 ID:???
ギターケースの中にEFPを仕組んでおけば良い
どっかに設置して管制爆破するか、おすすめは構えて自爆覚悟の起爆
EFPの起爆で吹っ飛んだかと思ったら悠然と煙の中から現れてまさにクレイジーと言える。

512 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 22:35:35 ID:???
そこまでするとゲームとして面白いとは到底思えん。
回答終わってるから雑談と言えばその通りだけどな。

513 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 22:41:29 ID:???
話題に入れないなら黙って見ていればいいんだぜ?

514 :479:2008/09/08(月) 23:45:19 ID:919HzI5s
なんかえらい方向に話が転がってますがTRPGのガンドッグに出てくる
プレイヤーは現代で言う所のPMCに近い存在なので軍の指揮系統など
とは関係ないですし、大統領も直接的には係わり合いがありません。

初めにWikipediaの紹介文でも載せて置けばよかったのかもしれませんが。

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0_(TRPG)

アントニオ君(仮名)は地域密着型のフィクサーという扱いなのでプレイヤーは雇い主
である保険会社組合からの指示で現地のコーディネイターを兼ねているアントニオ
君(仮名)と接触をとったという設定です。
ギターケースの方は他の方に回答していただいた対戦車兵器方式で行きストリックス
の方はオプションでプレイヤーから対価を得られた場合の支援用として残す事にします。

>>508
航空支援は設定上ありえません。
質問文にもありますがとある事情で紛争に巻き込まれたNGO職員を助け出すのが
プレイヤーの目的であり彼らの活躍を「潰す」ような状況は作り出しません。
アントニオ君(仮名)はプレイヤーの手助けはしますが表舞台には積極的には
出ない存在です(所詮NPCです、イカレてますが)。

515 :名無し三等兵:2008/09/09(火) 00:07:51 ID:???
>>514
ちょいとシャドウランの漫画とロードオブウォーが
頭を過ぎったんで書いただけだからあんま気にしないでくれ。
成功を祈る。

ガンドック、積んであるなぁw

516 :名無し三等兵:2008/09/09(火) 11:00:21 ID:???
あとは子連れ狼の乳母車バズーカとか

517 :名無し三等兵:2008/09/09(火) 15:57:58 ID:???
母乳バズーカ車

518 :名無し三等兵:2008/09/09(火) 16:06:42 ID:???
>>517
どうみてもテロリストにしか見えないんだがどういうことだ?

519 :名無し三等兵:2008/09/09(火) 16:29:49 ID:???
対戦車べスパなら本気で採用してたところがあったよな。

520 :名無し三等兵:2008/09/09(火) 17:19:34 ID:EmNB1YEQ
スレチかも知れませんが他に適当なスレがないので質問させてください

時代は現代で、モンスターハンターで出てくるような生物や巨竜が
生息する地域があったとしたら害獣駆除か生物災害として軍隊が派遣される
可能性はあるのでしょうか?

またその地域にハンターが狩りに向うとしたらどのような武装、装備が必要になると思われますか?



521 :名無し三等兵:2008/09/09(火) 17:41:43 ID:???
>>520
自衛隊は北海道で海獣退治をしたことがあるよ


522 :名無し三等兵:2008/09/09(火) 17:44:07 ID:???
>>520
それこそ怪獣映画と同じ展開だろ。
警察や地元の猟友会で手に負えないとなったら災害派遣か最悪の場合は「国家に対する危急の機器」として
防衛出動」が出るだろう。

で身の丈100mなんて存在ではなくせいぜいアフリカ象や大型恐竜程度の存在であれば、対戦車ミサイルか
いや25mm程度の機関砲で普通に殺せると思うよ。


と言いたいところだが、街中や市街地に行きなり現れるんではなく、農耕地を荒らしたりするのでもなく、
人間の生息地域から離れたところに住んでいるのなら、たとえそれが凶暴なドラゴンとかでも「保護動物」と
してその地域が立ち入り禁止になって隔離的に保護されてるだろう。

もしそのドラゴンとかに明確に「知性」と認められるものがあったら、「野生生物」ではなく「知的存在」と
して国連に特別議席が設けられるかもね。

164 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)