5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

オリジナル仮想戦記のプロットと見所を評価するR:スレ9

1 :名無し三等兵:2008/07/25(金) 05:55:06 ID:???
荒れる話題は慎みましょう。節度があるならエロゲネタ、欧米オルタネート世界の話題は結構ですが
魔法少女やアニメは専用スレがありますのでそっちでおながいします。
前スレ
オリジナル仮想戦記の見所とプロットを評価するスレ2
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/army/1189611757/

過去スレ
オリジナル仮想戦記のプロットと見所を評価するR;スレ
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1058948584/
オリジナル仮想戦記のプロットと見所を評価するR;スレ2
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1101737149/
オリジナル仮想戦記のプロットと見所を評価するR:スレ3
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1123866072/
オリジナル仮想戦記のプロットと見所を評価するR:スレ4
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1136468714/
オリジナル仮想戦記のプロットと見所を評価するR:スレ5
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1157714989/
オリジナル仮想戦記のプロットと見所を評価するR:スレ6
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1147001657/
オリジナル仮想戦記のプロットと見所を評価するR:スレ7
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1178583009/

まったりとプロットを発表し、まったりと評価するネタスレです。

2 :名無し三等兵:2008/07/25(金) 10:08:36 ID:???
1乙!
それにしてもいつの間に沈んでたんだかw

3 :名無し三等兵:2008/07/25(金) 18:55:12 ID:???
>エロゲネタ、欧米オルタネート世界の話題は結構

勘弁してくれ

4 :名無し三等兵:2008/07/25(金) 19:20:08 ID:???
>>3
まぁまぁ。自動保守の副作用だと思って生暖かくスルーすればいいじゃない

5 :名無し三等兵:2008/07/26(土) 02:26:58 ID:???
大和級戦艦の代わりに〜を作っていればみたいな話はよくあるけど、
日本海軍が土佐の実験で大型艦の水中防御に限界を感じて水雷戦重視に転換し、
駆逐艦と潜水艦の大量建造をするという話はどうだろうか?
それらの艦艇ならワシントン条約による制限も無い。
空母も蒼龍以降は建造せずひたすら駆逐艦と潜水艦を造る。
駆逐艦の兵装もろくに当たらない上に威力の小さい12.7cm主砲の代わりに連装〜4連装のボフォース40mmを積む。
25mm機銃も空いたスペースにできるだけ積む。
大量の機関砲弾をバラ撒きながら艦載機の攻撃をかわしつつ35ノットで敵機動部隊に突進する水雷戦隊、
阻止しようとする敵駆逐艦に40mmを雨あられと叩き込み艦上構造物をスクラップにして沈黙させる。
そして必殺の酸素魚雷が炸裂!

みたいな感じで・・・

6 :名無し三等兵:2008/07/26(土) 03:05:38 ID:???
つロンドン条約

7 :名無し三等兵:2008/07/26(土) 03:51:23 ID:???
その辺は外交努力で
代わりに戦艦、空母を削減することにして

8 :名無し三等兵:2008/07/27(日) 11:04:40 ID:???
>>5
日本は戦艦を欲していないと解釈されワシントン条約における戦艦枠減る。
その後、日本の駆逐艦は危険との判断によりロンドン条約締結。
元々戦艦枠が小さい為に交渉は難航。結局削減案を受け入れるしかなかった。
そして開戦。史実以下の戦力だが水雷屋はやる気マンマン。
数度の夜戦で勝利を得るも米軍が投入した駆逐艦キラー(大口径機関砲装備の航空機)の前に沈黙。

9 :名無し三等兵:2008/07/27(日) 15:41:14 ID:???
前スレ>>975-978
調査するにも制海権を失ったミッドウェー近海になるわけで。
潜水艦に調査員乗せて夜間浮上して調査するしかない
そこを鹵獲したM2で武装した監視艇に見つかり
監視艇が接近する中、一刻も早く潜航しようとする乗員と
核以外の爆発だったことを一刻も早く打電したい調査員との対立とかあるわけです
基地設営時の使用は米国は把握しておらず予測より大幅に設営が進んでいて上陸直前の偵察で戦闘機進出を知りつつも
上陸を強行。増槽改造の油脂爆弾で返り討ちにあったり。
また、気化爆弾の殺虫効果で虫に悩まされなかったりとか。

話逸れたが調査しても得られた情報が届かなければ意味がないわけで、それが断片的な情報での判断に繋がる
そこに原爆懐疑派やら原爆反対派(通常戦力の軍縮を警戒)、科学者を疎む勢力やらの影響で
当時の技術では不可能な艦載機に搭載可能な小型原爆開発が求められ
開発が進まず日本が実用化しているのに米国が出来ないのは科学者のサボタージュではないかと疑われて
ますます開発が遅れる、と。

10 :名無し三等兵:2008/07/27(日) 17:42:43 ID:???
>>9
被曝も放射能汚染もないのだから原爆と決める根拠がない。
設定が破綻している事に気付けよ。わからないなら小学生からやり直せ。
このドアホが。

11 :名無し三等兵:2008/07/27(日) 20:25:23 ID:???
落ち着け。荒れるだけだぞ。
まぁ気化爆弾と原爆を取り違えるのはありえないがな。
同じ家電だからってテレビと冷蔵庫を取り違える様なものだ。

12 :名無し三等兵:2008/07/27(日) 20:49:52 ID:???
ミンドロ島沖海戦に向かう木村部隊が突然日本海海戦の火蓋が切られる直前にタイムスリップ!
やがて事態を悟った木村少将はバルチック艦隊に向けて魚雷戦を開始する。
長射程の魚雷で次々に撃沈撃沈また撃沈と突如として現れた謎の艦隊によって史実以上に圧勝する連合艦隊。
そんでもって木村部隊と合流した東郷長官は木村の口から日露以降の歴史を聞かされて……

何がやりたかったかというと戦艦の射程<<魚雷で列強による巡洋・駆逐艦建造競争……

13 :名無し三等兵:2008/07/27(日) 21:55:06 ID:???
>>11
テレビと冷蔵庫を間違う事はない。
それは確認が出来るから
しかし確認が出来なければテレビと冷蔵庫を間違う事だってありえる。
例えば
隣の部屋にテレビか冷蔵庫があります。どっちがありますか?
ただしその部屋には入れません。
のような状況。
これと同じような状況だと考えてみてくれ

14 :名無し三等兵:2008/07/27(日) 22:09:20 ID:???
>>13
原爆であるかも確認できるよな。よって君の問いは無意味。

15 :名無し三等兵:2008/07/27(日) 23:01:04 ID:???
>>12
ミンドロ島の件なら上手くいけば日本海軍の有終の美を飾る海戦になってたかもしれないんだよなぁ
あの時期に上手く海戦を勃発させて日本海軍に勝利させる短、中篇なんかは面白いかも。

16 :名無し三等兵:2008/07/28(月) 00:32:46 ID:???
上げておこう

17 :名無し三等兵:2008/07/28(月) 01:06:54 ID:???
史実じゃ権力争いに負けた方の党派が主要国を牛耳ってる世界ってのはどうだろ?
日本は皇道派、中国では汪精鋭ら広西派、ドイツはシュトラッサー=レーム連合w、
ソ連はトロツキーとトハチェフスキー、イギリスは労働党、アメリカは共和党、
フランスは人民戦線内閣がそのまま継続、イタリアは王党派、スペインは共産党。

どういう世界大戦になるかな?

18 :5:2008/07/28(月) 01:54:01 ID:???
>>8
いや、ワシントン条約の戦艦、空母の枠自体を減らすわけじゃない。
枠は確保した上で、実際には新造艦を造らず駆逐艦の整備に力を入れるのだ。
その状況であれば大艦巨砲主義の時代の米英にとって日本の海軍力はさほどの脅威とはみなされず
史実のロンドン条約のように駆逐艦の戦力を制限されずに済んだのではないか。
そもそもロンドン条約における駆逐艦の戦力比も米英に押し付けられて
渋々受け入れたものではなく当時の日本の財政状況から自主的に軍縮を進めた面が大きい。

単純に建造費だけで考えても大和1隻造らないだけでも陽炎級なら13隻、初春級なら
その倍ぐらい建造することができる。
さらに大和級用の大型ドックの建設も行わないとなると史実よりも遥かに多い数の水雷戦隊を
揃えることが可能になるのではないか。

19 :名無し三等兵:2008/07/28(月) 17:31:47 ID:???
POWなんて航空魚雷6本で沈んでるもんな
炸薬量の多い九三式酸素魚雷なら3〜4本で行動不能になるはず

20 :名無し三等兵:2008/07/28(月) 17:39:39 ID:???
当たればね…

21 :名無し三等兵:2008/07/28(月) 20:16:02 ID:???
大量建造を始めた時点で制約かけられる
それが国際政治(軍事的な必然性は当然考慮されない)だ

22 :名無し三等兵:2008/07/28(月) 20:35:10 ID:???
軍事も政治の一部ですよ?

23 :名無し三等兵:2008/07/28(月) 21:48:03 ID:???
>>22
だからこそ軍事的必然性より政治の都合が優先するって言いたいんでね?

24 :名無し三等兵:2008/07/28(月) 22:27:38 ID:???
軍事的必然性も含めた総合的な判断により政治の意思決定は行われる。
日本が駆逐艦を増やしてるから即ストップをかけようというような単純なものではない。

25 :名無し三等兵:2008/07/28(月) 22:35:56 ID:???
つーかロンドン条約は史実でも36年1月に脱退してるんだしそれから大量建造始めても間に合うだろ
日本が水雷重視なら条約そのものが受諾に至らない可能性もあるが

26 :名無し三等兵:2008/07/30(水) 01:44:45 ID:???
結局日本海軍の戦艦ってあれだけ金かけた割にほとんど役に立ってないよねぇ・・・
米軍の戦艦も防空と対地攻撃以外ではあまり活躍してない

大和級3隻と蒼龍、飛龍、翔鶴、瑞鶴、大鳳は建造せず
重巡もイラネ
金剛級は空母に改装、扶桑級、伊勢級も退役もしくは空母に改装
余った予算は軽巡と駆逐艦に回したらあと100隻ぐらいは作れただろうか

まあ砲術屋が受け入れるわけないだろうけど

27 :名無し三等兵:2008/07/31(木) 07:23:13 ID:???
大量の飛行機からの攻撃で大虐殺ですな

28 :名無し三等兵:2008/07/31(木) 19:53:45 ID:???
高速で回避機動をする駆逐艦に命中弾を与えるのはそう簡単じゃないし、
主砲を全部ボフォース40mm(陽炎級なら4連装3基12門、+25mm多数)にしても艦載機の攻撃はかわせないかねぇ?
さらに空母艦載機を偵察用以外全部零戦にして防空強化、マリアナ沖あたりなら基地航空隊の支援も得られる。

29 :名無し三等兵:2008/07/31(木) 21:49:28 ID:???
造船所容量、職工容量からみて100隻なんて無理でね?

>>28
投射兵器(ロケット弾など)による飽和攻撃が流行る予感

30 :名無し三等兵:2008/07/31(木) 22:50:23 ID:???
抑止力としては優秀だったんだがね>帝国海軍
残念ながら実戦力としては???????


31 :名無し三等兵:2008/07/31(木) 23:24:00 ID:???
つまり我らがロイヤルネイビー>>>>江戸時代鎖国の致命的ハンデ>>>>ジャップ

32 :名無し三等兵:2008/08/01(金) 00:02:11 ID:???
米海軍>変態の壁>ロイヤルネイビー>江戸時代鎖国の致命的ハンデ>ジャップ

33 :名無し三等兵:2008/08/01(金) 20:15:56 ID:???
そして今米帝>>>>>>>>>>>>>ジャップ>>>>>>>>>>>>>>>>大英帝国(笑)という現実

34 :名無し三等兵:2008/08/02(土) 06:30:11 ID:???
>>29
駆逐艦クラスの艦艇なら海軍工廠でなくとも民間の造船所で建造できないかね?

35 :<ヽ`∀´>:2008/08/02(土) 07:00:30 ID:???
大韓帝国の仁川、釜山辺りに造船所建設するニダ。
日帝海軍の駆逐艦や海防艦くらい造船所があれば韓国でも建造可能ニダ。

36 :名無し三等兵:2008/08/02(土) 15:17:06 ID:???
まず船体と各種艤装品の規格化が不可欠だろう。陸上で作れるものは陸上で作るようにしなきゃ。
工場や造船所も規格化を実行できるだけの実力がいる。
あと溶接の大規模導入も必要になってくるか。

それと機関の製造能力も問題だが‥

37 :名無し三等兵:2008/08/02(土) 15:47:15 ID:???
韓国に造船所を建設して駆逐艦クラスは造れるようにしたいが現地の朝鮮人技術をマスターしても、
平賀設計や藤本設計に韓国名物手抜き建造で事故が起こらないか不安だな。
更に朝鮮人が造船所で火病ストライキした場合どうするか。

38 :名無し三等兵:2008/08/02(土) 15:57:04 ID:???
大英帝国みたいに造船所の工員のノウハウや造船生産力、造船技術があれば別に鋲接船体でも大量生産は可能だろ。
溶接船体だからってドイツやフランスは造船能力は低かったし。

大英帝国参考だとブリテン本国で大型艦や主要艦艇建造だがカナダ、オーストラリア、インド辺りで護衛艦生産して無かったか、ブリテン本国以外に。
取り敢えず日本版花級コルベットや日本版河級フリゲイトくらいは小規模民間造船所でも簡単に造れるようにしないと、機関は旧式の石炭焚きレシプロ蒸気機関でいいから。
ドイツのMボートみたいに。

39 :名無し三等兵:2008/08/02(土) 20:34:52 ID:???
朝鮮で造るならまず貨物船だろう。船腹量が圧倒的に足りん。

40 :名無し三等兵:2008/08/03(日) 10:11:10 ID:???
朝鮮半島や台湾の重工業を立ち上げるには時間が足らないんじゃないか?
逆に戦争さえ起こらなければいずれそうなっていたと思う

41 :名無し三等兵:2008/08/03(日) 11:15:59 ID:???
>>38
船を短期間で大量建造する一環として、半島にも造船所を作ってるとかなんとかだから、
鋲打ち職人の大量養成が必要で、それは困難だから溶接って話だろう。

まあ実際には各種行政や鉄鋼生産量にも幅広く絡んでくるから色々大変だが。

今ある造船所の生産性を向上させる(ドック/船台の占有期間を短縮)するほうがまだ現実的(ry

42 :名無し三等兵:2008/08/03(日) 12:05:03 ID:???
インドなんかは19世紀以来の造船国だからなぁ。
それなりに職人もいるし、インドに出来たから朝鮮にも……ってのはちょっと無理がある。

43 :名無し三等兵:2008/08/03(日) 13:49:41 ID:???
プロットというほど細かく考えてるわけじゃないが、
「昭和天皇が断固として戦争反対を主張し、妥協しなかった世界」というのは
それなりに物語になりそうな気がする。

天皇の意思の固さに衝撃を受ける軍高官。
これ幸いとばかりに天皇発言を取り上げて対米戦争回避を画策する海軍左派。
天皇更迭を図る陸海軍強硬派。
同盟破棄を恐れて陸軍右派と連携するドイツ情報機関。
合衆国の参戦スケジュール遅滞が予想され、計算が狂う英国。
混乱する国民。

閣議はハルノート受諾やむなしとの結論に至り、インドシナ及び大陸からの撤退スケジュールの検討開始。
chinaの解釈で合衆国との水面下交渉開始。
合衆国は撤退計画の策定を歓迎するも、早期の撤退を重ねて要求。
国民の間では失望が広がり、天皇の権威低下。
国民世論を背景に、ついに軍強硬派のクーデターが勃発、国会占拠。
左派勢力により皇居防衛、天皇救出成功。勅令によりクーデター部隊の排除を開始。
国会議事堂が長門の主砲で粉砕され、国内は内戦の様相に…

44 :名無し三等兵:2008/08/03(日) 13:53:03 ID:???
ドイツは日本との同盟をそんなに重視してたんだろうか

45 :名無し三等兵:2008/08/03(日) 13:53:56 ID:???
>国民の間では失望が広がり、天皇の権威低下。

これはないと思う
「重臣が悪い」にはなるだろうけど

46 :名無し三等兵:2008/08/03(日) 13:59:50 ID:???
>>44
地理的に遠いけど、対ソ連や対英国で考えれば、日本はものすごく重要な要素だと思う。
対米だと、敵に二正面作戦を強いるという以上の要素は無いような…

47 :名無し三等兵:2008/08/03(日) 14:34:00 ID:???
ていうか不戦戦記

48 :名無し三等兵:2008/08/03(日) 15:52:45 ID:???
史実日本の場合世界大恐慌から支那事変で既に経済崩壊が始まりだし。
ドイツは第一次大戦の敗戦に賠償金にハイパーインフレ、駄目押しに世界大恐慌 からナチスの借金財政で経済技術停滞から経済崩壊寸前だからな。
大英帝国やソビエト連邦に比べて日本やドイツの方が国力的に限界状態。

49 :名無し三等兵:2008/08/03(日) 15:59:12 ID:???
名物だつお君の発言転載

813:だつお :2008/08/01(金) 22:25:58 ID:3GTsRF7m
帝政ドイツの場合は、後で破棄されたとはいえソ連とブレストリトフスク条約で和平してる分、
降伏にしてもそれだけ外交的に有利な立場にあったと思うぞ。
本土は無事だしそこでの自動車とか飛行機とかの工業技術も売り物になる。
米英仏の経済封鎖に対しては、共産主義ソ連との取引があればカバーできる。
皇軍だって日ソ中立条約を頼りに米英中のポツダム宣言を拒否してるから。




50 :名無し三等兵:2008/08/03(日) 16:08:53 ID:???
歴史的修正主義研究会
ttp://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/


51 :名無し三等兵:2008/08/04(月) 00:11:40 ID:???
>>50
えーと、釣りでリンク張ってるんだよね?

あるSF漫画家の言葉を借りれば、
「恐竜が現代まで生存していたらという話を描く事と、恐竜の化石の横に人間の足跡を細工する
(聖書原理主義の立場に立てば、人間と恐竜は同時代に生きていないとまずいから)事は似て非なるもの」だ

同じように、枢軸国がWW2に勝った世界を思考実験のネタにすることと、ホロコーストを否定したり
ファシズムを礼賛したりすることとは違うんだよ、分かったか。

52 :名無し三等兵:2008/08/04(月) 00:16:31 ID:???
>>47
でも、意外に手をつけられてない分野だな。
ひたすら戦争を回避していあたら、その結果国内で戦争が始まってしまう、というのは。

まあ、商業作品にはなりにくいか。

53 :名無し三等兵:2008/08/04(月) 00:27:30 ID:???
檜山良昭が昔書いてたな。
開戦過程の体験シミュレータに開戦回避可能論者がチャレンジするものの、何やっても死亡エンドでどうするべって奴。オチ忘れたが…

54 :名無し三等兵:2008/08/04(月) 00:30:06 ID:???
>>53
しかし、一番強硬に反対するのが天皇なら、そう簡単には死なないだろ…

逆に、謀殺されてしまって、それが陸軍の差し金であることが発表されて大混乱…というのでもストーリーは作れるけど、
天皇が殺されるストーリーとなると出版できなくなってしまいそうだ。

55 :名無し三等兵:2008/08/04(月) 00:34:07 ID:???
>>54 昭和帝は上皇に祭り上げられて、秩父宮が軍に担がれる可能性がある。昭和帝御自身が憂慮しておられたシナリオだ。

56 :名無し三等兵:2008/08/04(月) 00:43:11 ID:???
>53
オチは陸軍のクーデターで銃を突きつけられ絶体絶命。
こんなゲームインチキだ!と叫んだ瞬間、現実へ帰還する。
理由はバグのせいで他のテストプレイヤー(ジャンルは別だが)がイカレちゃって、
あせった開発会社がゲーム機を強制停止したから。

57 :名無し三等兵:2008/08/04(月) 00:51:21 ID:???
>>55
皇太子がいるのに帝位が秩父宮に行くのはあまりに不自然じゃないか?
というか、そのときこそ自身の軍権を発動するというのがストーリーの山場になるかも。

陸軍の将軍が、武器を持った部下たちを配して天皇の部屋まで乗り込み、威圧するわけだ
「陛下にはご退位いただく」
「それは、脅迫かな?」
「どのように解釈していただいても結構です」
「朕が、むざむざと帝位を追われると思ったか?」
「ほほう、なんと?」
で、将軍が冷笑しかけて、物音に気がついてとまる。そこにドアが開いて海軍陸戦隊が雪崩れ込んでくる。動揺する将軍。
「世にも珍しい、大逆の現行犯だ。
 勅令である。粛清せよ」
 たたたたたたたたーん
 で、軍人たちの死体を見下ろして指揮官に話しかける
「行こうか、もう、僕は引き返せない」

ただ、もし実際にこんなこと起こったら、陸軍は政治勢力としては完全に抹殺されると思う。

58 :名無し三等兵:2008/08/04(月) 03:18:25 ID:???
一種のクーデターなんだから不自然も糞もなかろ。>皇太子がいるのに帝位が秩父宮に行くのはあまりに不自然じゃないか?
そこまでやるなら周りに根回ししてるだろし、逆に言うと根回ししないと天皇には手を出さないだろう。
正当性?そんなの成功すれば後からいくらでも沸いてきますよ。民間世論だって開戦派有利だし。

59 :名無し三等兵:2008/08/05(火) 00:54:50 ID:???
しかし、今まで耐えに耐えに耐えて、軍部右派からは「与し易し」と思われてきたような記述を延々と連ねてから、
実は周到に準備を重ねていた天皇が、自ら武装し立ち上がるカウンタークーデターを描くと、けっこう盛り上がるかも。

60 :名無し三等兵:2008/08/05(火) 01:14:53 ID:???
クーデターを図る悪役担当はまた杉山元・阿南惟幾・辻政信のいつものトリオなのですね
わかります

61 :名無し三等兵:2008/08/05(火) 01:34:30 ID:???
江戸時代になって、国内立て直す為に鎖国するけど、積極的に海外技術を受け入れる方針
を打ち立てて、西洋の技術や指導により国力が発展する日本、そして不良分子処分の名目で
海外進出するが南方は欧州に軒並み占領されているのでしょうがないので北を目指して開拓を行う・・・

結局時代の流れや海外からの圧力で徳川幕府は崩壊するけど
とりあえず領土は南は台湾、北は樺太全土と北方領土、アラスカ(カナダ防衛の為イギリスが認めた)
の領土を手に入れ、樺太巡るロシアなどの戦争を経て工業に対する下地もあり、一応の資源もある
そして欧州の政治に巻き込まれて史実より外交能力は高い、史実よりマシな日本の歩む道は?

ムリすぎるか・・・いや日本連邦とというのが見たくて名

62 :名無し三等兵:2008/08/05(火) 01:49:39 ID:???
満蒙は日本の生命線 → 北海道は日本の生命線
満蒙開拓団 → 北海道開拓団

だったら、どんな日本史になっていたやら

63 :名無し三等兵:2008/08/05(火) 21:46:43 ID:???
「北海道はソ連領」(前略・ミルクハウス@川原由美子)になるだけではないかと

64 :名無し三等兵:2008/08/05(火) 22:26:14 ID:???
観用少女が中断したまま今なにやってんだろうな<川原由美子


65 :名無し三等兵:2008/08/06(水) 04:43:55 ID:???
独ソ開戦せず、ソ連が枢軸側に加わって参戦っていう話は今まであったかな?
ソ連軍が中央アジア方面から中東とインドに侵攻して英軍を蹴散らし、アジア全域を日独ソで分割。
米が参戦してくると極東では日ソ連合軍vs米軍の戦いに。
輸入したT-34でシャーマンと戦う日本軍戦車隊とか、クリモフエンジン搭載の飛燕とか、
色々と面白い話が出来そうだが。

66 :名無し三等兵:2008/08/06(水) 15:31:36 ID:???
そしてインドからスエズ運河までの広大な地域がソ連領になり、
中東の原油も全部ソ連が独り占めしてアメリカを凌ぐ超大国に。
計画経済でインドあたりの貧困問題は解決されそうだが。

67 :名無し三等兵:2008/08/06(水) 18:56:12 ID:???
そして飢餓と粛清でインド人の死者5億人とかに

68 :名無し三等兵:2008/08/06(水) 19:41:32 ID:???
当時の人口はそんなにいないぞ

69 :名無し三等兵:2008/08/06(水) 19:52:04 ID:???
ソ連は枢軸側で参戦してればインドや中東は奪えたよな。
ドイツが東部戦線を抱えていなければ米英軍の大陸反攻は不可能だし、
太平洋戦線もソ連空軍が大挙して加わるとなると米軍も相当の苦戦を強いられるだろう。
日本も史実ほど南方資源に依存せずとも戦える。
日独の技術交流もシベリア鉄道経由で行えるし・・・

70 :名無し三等兵:2008/08/06(水) 19:58:04 ID:???
でソビエトロシアの一人勝ちで、財政破綻寸前のドイツと日本は財政破綻して国力や資産や技術力を金儲けしたソビエトに吸われて、赤色革命コース確実だな。


71 :名無し三等兵:2008/08/06(水) 20:06:06 ID:???
まあ人的資源も含めた国力では元々ソ連が圧倒的だから枢軸側の盟主は当然ソ連になるだろう。
ただWWUが引き分けに終わって核の時代になればお互いに抑止力を持つことになるから
日独ソの間で第3次世界大戦が起こる可能性は低いと思う。
日本は広大な植民地の維持や巨大な海軍の近代化、それに核開発で相当な負担を強いられるから
史実のような繁栄を手にするのは難しいだろうが。

72 :名無し三等兵:2008/08/06(水) 20:14:15 ID:???
ソビエトからドイツや日本に強制収容所の囚人や奴隷を労働者としてレンタルできんかな。


73 :名無し三等兵:2008/08/06(水) 20:27:26 ID:???
ソ連の参戦によって中東とインドの植民地を一挙に失い駐留軍数十万が壊滅したとして、
イギリスは戦争を継続できるのかな?
国民の戦意が崩壊しそうな気もするが。

74 :名無し三等兵:2008/08/06(水) 20:33:09 ID:???
日独ソ枢軸じゃなくて、独ソ枢軸vs日なら結構あるんだけどね
「大日本帝国欧州電撃作戦」とか「パシフィック・ウォー」とか

75 :名無し三等兵:2008/08/06(水) 20:40:11 ID:???
やはりソ連と日本を組ませるのは抵抗があるんだろうか?
マリアナに押し寄せるグラマンの大群を迎え撃つLa-5の大群とか面白そうなのに

76 :名無し三等兵:2008/08/06(水) 20:41:00 ID:???
なんか欧州に逝く前に辻ちゃんや牟田口がジンギスカン作戦とかいって補給無視して砂漠で餓死全滅のオチくさいな。
まあロンメルも補給無視で無茶な行動で燃料を使い果たし、トラックや燃料要求したりするからな

77 :名無し三等兵:2008/08/06(水) 20:43:40 ID:???
>>75
橋本純の「鉄槌」で、アメリカと戦うためにソ連から中古兵器買い漁ってるくらいかなー

78 :名無し三等兵:2008/08/06(水) 21:10:24 ID:???
他スレから転載
>100:08/06(水) 20:34 ??? [sage]
>そりゃあのテの「”趣味”レーション」読み物って、
>八割方は枢軸贔屓の妄想オナニーだから、
>ドイツに肩入れする奴のソ連への負け惜しみっぷりは、
>この板の”ドイツ系”スレ読めば一目瞭然だし、
>旧軍ヲタは脳内冷戦継続中な奴が多いから、
>なんとしてもソ連だけはせめて物語の中だけでも勝って溜飲下げときたいって奴が、
>書き手にも読み手にも多いからだろう。

79 :名無し三等兵:2008/08/06(水) 21:29:18 ID:???
>>75
いまだに領土問題を抱えてる相手だからな
半島、中国、台湾も

そんな連中に優しくしてやる気がしないってのはわからんでもない

80 :名無し三等兵:2008/08/06(水) 21:40:23 ID:???
>75
1940年にアメリカ人の書いた「夜の稲妻」では日ソ合同艦隊が真珠湾を奇襲(!)
という形で開戦する。

81 :名無し三等兵:2008/08/06(水) 22:33:26 ID:???
流れとしてはこんな感じかな?

何らかの理由でスターリンが赤軍大粛清を思いとどまる
→ソ連軍弱体化せず
→ヒトラーが対ソ開戦を断念
→BoBにおける敗北、アフリカ戦線での苦戦からドイツがソ連に対して対英開戦を求める
(ドイツはスエズ以西のソ連支配を承認)
→ソ連が枢軸側で参戦し英蘭に対し宣戦布告、インド及び中東の英植民地に侵攻開始
同時に石油禁輸で窮地に立たされていた日本も英蘭に対し宣戦布告、資源地帯確保のため蘭印に侵攻
→米国が日独ソに対し宣戦布告

82 :名無し三等兵:2008/08/06(水) 22:34:10 ID:???
あ、↑スエズ以東だった

83 :名無し三等兵:2008/08/06(水) 23:35:32 ID:??? ?2BP(1780)
中里の東の太陽西の鷲が日独伊ソで同盟組んでなかったかな?

84 :名無し三等兵:2008/08/07(木) 22:03:58 ID:???
素朴な疑問だが、WWIIの時代で、
「アメリカ対アメリカ以外の全世界」で戦争したら、ワシントン陥落まで持ち込める?

85 :名無し三等兵:2008/08/07(木) 22:21:53 ID:???
持ち込めるだろいくらなんでもそれでやっとアメリカを倒せる。

86 :名無し三等兵:2008/08/07(木) 22:24:47 ID:???
「アフリカ対アメリカ以外の全世界」

って一瞬見えてすげー焦ったぜ
敵は伝染病と土人


87 :名無し三等兵:2008/08/07(木) 22:41:38 ID:???
アフリカ情勢スレの住人かw

88 :名無し三等兵:2008/08/07(木) 23:23:59 ID:???
>>84
無理だろ
渡洋作戦やるにも海軍力に差がありすぎる
エセックス級空母だけでも24隻以上就役するのにどうやってアメリカ以外が制海権取れと

89 :名無し三等兵:2008/08/08(金) 03:36:48 ID:???
>>84
アメリカ以外の国がアメリカ打倒という目的に全力を尽くし、日和見も抜け駆けも内通も裏切りもしない
という条件ならさすがに勝てると思う。
カナダも南米も全部敵だからね。足場は幾らでもあるし潰しきれないだろ。

90 :名無し三等兵:2008/08/08(金) 08:26:19 ID:???
その条件でもアメリカが負けない可能性が十分にある気がする・・・

91 :名無し三等兵:2008/08/08(金) 09:52:23 ID:???
つ「巡戦浅間シリーズ」

92 :名無し三等兵:2008/08/08(金) 17:15:31 ID:???
アメリカ一国でも勝てそうだからハンデとしてイタリアを同盟国に付けよう。

93 :名無し三等兵:2008/08/08(金) 20:47:16 ID:???
>>92
いかなアメリカでもイタリアの支援は困難。
 ↓
イタリア即降伏
 ↓
大連合加盟
 ↓
連合側フラグ成立

……さすがにだめか…
アメリカの近くに、イタリア・韓国くらい疫病神に好かれてる国はないものか。

94 :名無し三等兵:2008/08/08(金) 21:38:24 ID:???
ケベックにフランス政権でも立てるか?<アメ近隣に半島国家


95 :名無し三等兵:2008/08/09(土) 07:59:53 ID:???
カナダ・アラスカを保有したアメリカ合衆国
中米をも併呑したアメリカ連合国
これでおk

まぁ両国とも引きこもる気がするけど

96 :名無し三等兵:2008/08/09(土) 09:28:08 ID:???
リターンマッチの第二次南北統一戦争が起きそうだなその設定では。
地政学的にアメリカは北米中核を統一しない限り、太平洋や大西洋に大海軍造ったり海外進出出来ないし。

97 :名無し三等兵:2008/08/09(土) 10:06:47 ID:???
しかしなんだな、「どうにかしてアメリカを負けさせる」ことだけでも
これだけ困難なんだから、日本を勝たせるなんて無茶だよなあ。

98 :名無し三等兵:2008/08/09(土) 10:17:31 ID:???
19世紀近代からでは手遅れだろう、つまりドイツ、イタリア、や解体寸前のオーストリア、鎖国の惰眠で手遅れの日本は論外。

絶対主義時代かナポレオン戦争時で既に大勢は定まった、やるならアラスカからロシア帝国を西海岸に南下させて19世紀の北米大陸でアメリカと衝突原因にするか。
その後北米大陸中核統一したアメリカと西海岸を奪われたロシアが対立コースとか。

99 :名無し三等兵:2008/08/09(土) 10:23:33 ID:???
逆に、アメリカの戦略はどうなるんだ?
まず空挺作戦でオタワとモントリオールを攻略して、カナダ占領から始まりそうな気がする。
カナダをそのままにしておくと、確実に欧州軍の上陸拠点になるだろうし。
で、北大西洋と北太平洋の制海権は確保できるだろうから、地上の戦線をメキシコ国境に定めそう。

逆侵攻は、いくらなんでも困難だとは思うが、英本土くらいは取られる可能性もあるかも。

100 :名無し三等兵:2008/08/09(土) 10:32:34 ID:???
環境の他に気候、病原菌が歴史を造ったからな、ここで地球温暖化で北極の氷が溶けて北極海が海として使用可能になった場合どうなるか。
シロクマ、アザラシ、オオウミガラスが絶滅して原住民は大変だがこの設定を>>98に追加しイギリス、アメリカ、ロシアが北極海の制海権でも対立原因にする。

101 :名無し三等兵:2008/08/09(土) 10:34:10 ID:???
海流・地形がまったく変化するから、世界中の気候・地理が変化するぞ
歴史もクソも無くなる

102 :名無し三等兵:2008/08/09(土) 15:22:14 ID:???
>101
いつもの太陽帝国野郎の相手なんぞするなよ。

103 :名無し三等兵:2008/08/09(土) 17:10:32 ID:???
>>101
スマン
しかしあの管理人も可哀想にな

>>99
クリムゾンバーニング辺りが近いかな
パットン将軍のカナダ電撃戦とニューファンドランド撤退戦とか思いついちまったぞ

104 :名無し三等兵:2008/08/09(土) 18:36:36 ID:???
米中戦争スレよりネタ

どのようにして開戦に至るのか?
まずそこからだな。

米中戦争が起こりうる世界情勢、経済、政治的歴史的背景とは
どのようなものか?
開戦時の米、中それぞれの状況はどのようなものか?

経済の調整期に入った中国で、軍事費削減に断固反対の軍部が暴走して
台湾に侵攻する。米国はそれを止めようとして紛争になる。

中国の軍部暴走は間違いなくファクターになるね。

一党独裁の限界は、国内の不満や利害の対立を選挙や政権交代で
乗り越えることができないと言う、あたりまえだが致命的な制約だ。

軍部が暴走…なるほど、どちらにしても中国の軍隊は侮れんな



105 :名無し三等兵:2008/08/11(月) 15:41:36 ID:???
米中戦争より、中国内乱のほうが可能性は高いでしょ

始皇帝の時代 中央の皇帝が各地の豪族を支配して民を支配する
現在 中央共産党が各地の軍閥を支配して人民を支配する
 大昔から何も変わっていません
 共産党が倒れたら軍閥による内乱です
 始皇帝の後と同じで数国に分裂します
 未来永劫、戦国時代が続きます
中国バブルは数年以内に弾け、各地の軍閥の主導権争い
軍閥が諸外国のクグツとなったり、それを利権目当てで支援したりで内乱が激化
最終的に3から5の地域に分裂する

106 :名無し三等兵:2008/08/12(火) 13:47:14 ID:???
只のさえない会社員だった俺
仕事も下手……と、いうか、人間関係も良好に保てない
だから他人から疎まれ、変人扱いされていた
唯一の趣味は軍事関係。まあ、俗でいう軍事オタクなんだが
そんな社会から疎外されているような俺に大きな転機があった
ある朝
いつものように会社へ通勤しようと地下鉄の駅での出来事であった
人ごみにもまれ、駅の階段を転落してしまった
気を失い、目が覚めるとそこは……
なんと、そこは過去の世界だった
しかも、第二次世界大戦の直前
なんとも、やったねと俺は思った
俺のこの知識が生かせる。俺が活躍できるステージがやっと用意されたねとも思った
俺は早速、懐にあるこの時代には絶対に存在しない携帯電話を握り締め
それを証拠物件として、軍の中枢に鎮座すべく軍省に向かった


107 :名無し三等兵:2008/08/12(火) 13:49:35 ID:???
――で、うまく軍にもぐりこみ
その豊富な知識で一応の地位を獲得はしたものの、
元来の人間関係の不器用さから
進言することはすべて否定され、
さらに「だから、言ったでしょ?僕が正しいの。ふふん」
見たいな態度をとるので、虐められるというお話

108 :名無し三等兵:2008/08/13(水) 02:33:24 ID:???
潜り込む段階で殺されそうなんですけど…

109 :名無し三等兵:2008/08/13(水) 19:10:02 ID:???
御厨太郎がそれやらなかったか、拓植佑慶のシリーズで。

110 :名無し三等兵:2008/08/14(木) 14:00:18 ID:???
現代の知識持ってても、一人じゃ意味無いしなあ
核物理学者をタイムスリップさせて原爆開発させようとしても

仁科「ウランの精製方法についてだが…」
学者「遠心分離機使えばいいんじゃないすか?」
仁科「知ってるよそんなこと!!!もっと具体的な話だよ!!
    あと、容器の材質とか大きさとか爆発条件とかさあ!!」
学者「ああ、それは私も知りません。理論しかやってないんで。」
仁科「………(# ゚Д゚)」
学者「一応シミュレーションしてみましょうか。計算機とANSYSとMATLAB貸してください」
仁科「もういいよ、ほんと使えねー未来人だな。お前もう帰れ」

こんな感じになると思う。

111 :名無し三等兵:2008/08/14(木) 16:00:30 ID:???
おまい才能あるな

112 :名無し三等兵:2008/08/14(木) 17:08:23 ID:???
案外、役に立つのってハード寄りの情報系学者かもな。
この時代でも真空管はあるから、小規模なプログラマブルなデジタル計算機を作ることはできる。
コンデンサを使ったDRAMも、技術的には実現可能だと思う。

現代の設計技術を持ち込めるから、古い論理素子を使ってもENIACより遥かに小型にまとめることができる上、
(たぶん、5000真空管もあれば相当のことができると思う)
応用用途はきわめて広い。

113 :名無し三等兵:2008/08/14(木) 17:40:35 ID:???
当時の真空管の信頼性は半端無く悪いぞ。
5000球の設備を稼動させ続けるのは、
不可能とは言わんが、かなり困難だと思うけどな。

114 :<ヽ`∀´>:2008/08/14(木) 19:03:30 ID:???
国土、資源、国力、工業力、技術力、ノーベル賞を始めとする科学者や技術者、研究家の質などの総合力からすると日帝は絶望的に立ち遅れたハンデを背負った遅参者だから条件が悪過ぎるニダ。
フランス、イタリアのラテン系や帝政ロシアやオーストリア二重帝国の多民族帝国だと民度や国民性的に条件がどうかなニダ。
科学者を未来からタイムスリップさせても活用出来そうなのは20世紀初等だと、大英帝国(グレートブリテン)、ドイツ第二帝国、アメリカ合衆国ぐらいだろ総合力考慮だとそうなるニダ。
国家社会主義やスターリン共産主義、軍国日帝などの全体主義国家だと未来から科学者や技術者達が来ても粛清か疑われて採用されない畏れがあるニダ。
第二次大戦前だとアメリカ合衆国か大英帝国(イギリス)しか未来の技術を活用出来ないと思うニダ。
グダグダのフランスやムッソリーニイタリアは技術を生かせないし、全体主義国家だと、ナチスドイツ、ソビエトロシア、軍国日帝は条件最悪で論外ニダ!

しかも軍国日帝の場合基礎工業力も技術も資源も科学者の質も劣るから無理無理ニダ。

115 :名無し三等兵:2008/08/14(木) 19:56:13 ID:???
未来から来た基礎系科学者・工学系科学者で、日帝だと役立たずだが米帝なら役に立つ
という具体的な想定出せる?
とりあえず>>110はアメリカでも同じ結果になるだろう。

116 :名無し三等兵:2008/08/14(木) 20:11:53 ID:???
真空管が5000個だぁ?馬鹿じゃないか?

(無数に存在する平行世界の)未来からかき集めれば20万個程はすぐ調達できますから大丈夫ですよ

なんと!未来技術の凄まじさか!使える真空管が20万個も簡単に調達可能とは……

ええ、凄いでしょ。未来。

ああ、凄いな。だがもっと真空管が欲しいのだが…

あっ時間戴ければ無限に調達できますよ?

何!?本当か!?ならば100万個位使った計算機ができるじゃないか!!


こうしてなんか違うような方向に突き進む

117 :名無し三等兵:2008/08/15(金) 02:13:10 ID:???
>>114
>フランス、イタリアのラテン系や帝政ロシアやオーストリア二重帝国の多民族帝国だと民度や国民性的に条件がどうかなニダ

とりあえず19世紀末〜20世紀初頭のノーベル賞受賞者と工学・科学史調べてみろ池沼

オーストリア除く他の三国はそれなりに成績残しとるわ馬鹿が。

つか太陽帝国に帰れ。二度と来るなカス。

118 :名無し三等兵:2008/08/15(金) 08:17:58 ID:???
>>117

そういう厄介者をよそ様のサイトに押し付けるような真似はどうかと思います。


119 :名無し三等兵:2008/08/15(金) 09:58:34 ID:???
押し付けるも何も元々そこが出身なんだから無問題w。

120 :名無し三等兵:2008/08/15(金) 13:19:12 ID:???
てか、あっちからこっちへと押し付けられてる感じがする・・・

121 :名無し三等兵:2008/08/16(土) 13:52:20 ID:???
事情がよくわからん。>>114は問題児なのか?

122 :名無し三等兵:2008/08/16(土) 14:18:53 ID:???
>>121
「太陽帝国」っつー火葬戦記サイトがあってな
>>114はそこの熱狂的信者なんだよ

何スレか前から、太陽帝国設定準拠の痛〜い設定を
出鱈目な日本語と出鱈目な句読点を駆使して撒き散らし続けてるんだよ、こいつ
だからこのスレじゃあ、珍奇な句読点のつけ方をしてる奴がいたら
「目障りだから太陽帝国に帰れ」と言ってやるのが定番化してるの

123 :名無し三等兵:2008/08/16(土) 14:21:02 ID:???
あのサイトの管理人とても迷惑しているんだよな・・・
我慢強いなぁ
あの人はある意味開き直って設定とかしていると思うけど

つか自分のサイトかブログで喚き散らせよ

124 :名無し三等兵:2008/08/16(土) 14:28:22 ID:???
>>122
なるほど。狂信者なわけね。説明ありがとう。

125 :名無し三等兵:2008/08/16(土) 16:58:33 ID:???
このスレだけでも>48とか>70とか>98とかに出没してるな。

126 :名無し三等兵:2008/08/20(水) 02:35:06 ID:???
戦記というわけじゃないけど・・・

日露戦争後、アングロ・サンソンとの協調を重視する日本、そして順調に発展していく
WW2が起きた時にも渋々義勇軍名目で陸海空軍の一部を派遣するが基本的中立を貫いていた
そしてWW2が終結し、ベルリンで国際裁判が開かれる事になった、そして陪審員などで
日本から何名か派遣される、そしてある弁護士を勤める士官が何故か生き残ったムッソリーニや
ロンメルなどと知り合い、人柄に惚れる

しかし彼がどんなに弁護使用とも死刑判決が下りる、そしてマスコミに対してこう吐き捨てる
「こんなの裁判じゃない、ただの一方的なリンチじゃないか」

127 :名無し三等兵:2008/08/20(水) 06:56:48 ID:???
それだったら
先次大戦の敗北の責任を戦争指導者に問う

皇軍の軍規に従った軍法会議

てのが

128 :名無し三等兵:2008/08/20(水) 09:06:07 ID:???
排日移民法で移民先を絶たれて、更にブロック経済で締め出され、国内資本が不足し国内で食わせられない日本の場合、大恐慌辺りで挫折の可能性も有りそうだが。
史実でも日露戦争後は外国から借金で財政破綻寸前だったし、これに関東大震災が早まって第一次大戦前に起きたら震災被害で財政破綻半植民地化の可能性も有りそうだが。

129 :名無し三等兵:2008/08/20(水) 09:09:11 ID:???
なんで条件があまりに不利な日本にこだわる訳、日本より国力、資源、工業力、技術力、資本で条件が上の国なら欧州列強に沢山あるのに。


130 :名無し三等兵:2008/08/20(水) 11:14:53 ID:???
ttp://wiki.chakuriki.net/index.php/Category:%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E3%81%AEif%E6%A4%9C%E8%A8%8E%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A_%E5%86%B7%E6%88%A6%E5%8F%B2
ttp://wiki.chakuriki.net/index.php/Category:%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E3%81%AEif%E6%A4%9C%E8%A8%8E%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A_%E5%A4%A7%E6%88%A6%E5%8F%B2



131 :名無し三等兵:2008/08/20(水) 21:06:37 ID:???
>>129
日本人だから

132 :名無し三等兵:2008/08/20(水) 21:07:57 ID:???
>>129
>日本より国力、資源、工業力、技術力、資本で条件が上の国なら欧州列強に沢山あるのに
英独ソ米?
伊と仏も加えていいかな

133 :名無し三等兵:2008/08/20(水) 21:37:38 ID:???
イタリアが英独ソ米の間を泳ぎきる仮想なんか良さそうなのにね

134 :名無し三等兵:2008/08/20(水) 23:32:02 ID:???
革命前のロシア帝国、崩壊前のオーストリアハンガリー二重帝国も欧州列強だぞ。
1900年の7大国
グレートブリテン、ドイツ、アメリカ、ロシア、フランス、オーストリアハンガリー、イタリア、

135 :名無し三等兵:2008/08/21(木) 00:11:02 ID:???
>>132
実質GDPだと仏伊は日本より下だよ

1940年の各国・国内総生産GDP
アメリカ 9308.3億ドル
ソビエト 4200.9億ドル
イギリス 3156.9億ドル
ドイツ  2428.4億ドル
日本   2017.7億ドル
フランス 1641.6億ドル
イタリア 1520.3億ドル
Monitoring The World Economy 1820 - 1992 OECD(経済協力開発機構)

136 :名無し三等兵:2008/08/21(木) 01:01:31 ID:???
兵器設定だけなんだが…

分断国家日本。民需製品で喰っている南に対し、北の日本民主共和国は兵器のバーター輸出で喰っている。
高品質のライセンス生産各種に加え、ランクルベースの装甲車やAn-14ベースのCOIN機といったオリジナル製品の中、評判を固めたのは77式戦車。
ソ連が処分したT-62の生産ラインを譲り受け、T-72の125mm砲をT-55並みの射角で撃てる新砲塔を載せたもので、
T-55との共用性を確保しつつ125mmを使えると第三世界に売り込む予定だったが、歩兵師団の支援戦車としてT-72は不適だとしていた東独軍が、
NBC装備やFCSなどをドイツ正面仕様に高めた上で、歩兵師団の戦車を全数77式で交換したので評判が高まり、ソ連軍も簡易仕様をアフガンで使い、世界に売れるベストセラーとなった。

そんな北日本だが、湾岸戦争後の東側兵器の評判低落には流石に参った。
陳腐化した77式戦車に代わる新製品として開発したのが、ジェラルド・バル系列の155mm砲を主砲とし、筒内発射ミサイルにKE弾を使う新戦車である。
155mm榴弾砲は第三世代MBT以外の目標ならなんでも叩き壊せるし、弾も国際市場で格安
、数少ない第三世代MBTの対処なら高価なKEミサイルでも元が取れる。そんな発想だった。
電子機器はDOS/V規格を採用し拡張性高く、エンジンは南からしかるべきものを盗んできた。
インテグレートが最終段階に進み、試作車中隊が出来上がる頃、ついに来るべきものが来た…東北総軍が叛旗を翻して南と講和。統一戦争が始まったのである。

137 :名無し三等兵:2008/08/21(木) 01:10:10 ID:???
155mm砲?現代版のKV-2ですか?
そんなもんを旋回砲塔に積んで戦車並みの装甲にしたら重量がえらいことに

138 :名無し三等兵:2008/08/21(木) 13:16:33 ID:???
ttp://www.oc.jful.jp/~oc429s/13.htm



139 :名無し三等兵:2008/08/21(木) 18:57:18 ID:???
KV-2ワロタw
重支援戦車として期待されたものの機動性が劣悪で機動戦には不向きなため旋回砲塔の意味がなかったんだよな。
開戦後早々に生産を打ち切られ固定式の突撃砲(ISU-152など)に取って代わられた。

140 :名無し三等兵:2008/08/22(金) 18:42:54 ID:???
もし蒙古が九州ではなく蝦夷から日本に侵攻していたら
http://etc7.2ch.net/test/read.cgi/nanminhis/1194316331/



141 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 11:50:49 ID:???
なぜ日本では海軍(水軍)優位にならなかったの?
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/army/1219204852/


142 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 12:02:07 ID:???
日本が海洋国家になった可能性
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1216999775/


143 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 12:31:48 ID:???
もし、日本がヨーロッパの植民地になっていたら
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1214379127/


144 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 14:54:37 ID:???
日ソVS独英仏

なんて面白そうじゃない?

145 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 16:11:01 ID:???
>>144
南方に進出して
日ソ 対 独英仏米になるんですねわかります

146 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 17:09:15 ID:???
 ソ連が枢軸側で参戦していたら【きれいなスターリン】
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/army/1218097736/

147 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 17:44:35 ID:???
近代からではもう手遅れだろ日本はあまりに欧州との技術資本、資金領土などハンデがでか過ぎて埋められない。

なんで条件が悪い日本にこだわるのさ。
鎖国ヒッキーのハンデはあまりに大き過ぎる。

148 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 19:07:34 ID:???
日本人だからだ
別に大発展とか世界征服とかいう妄想をみたいわけじゃないし

見る側としてはそういう事だ

149 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 21:18:48 ID:???
つか日本は物凄く恵まれている国だと思うんだが
中世以降は特に

150 :名無し三等兵:2008/08/23(土) 22:00:21 ID:???
神功皇后三韓征伐 vs三韓                 ○
白村江の戦い   vs大唐帝国(全盛期)+新羅        ×
刀夷の入寇    vs満州+高麗              ○
元寇       vs高麗+南宋+モンゴル         △○
朝鮮征伐     vs大明帝国(衰退期)+李氏朝鮮      △×
江華島事件    vs李氏朝鮮               ○
日清戦争     vs大清帝国(衰退期)           ○
日露戦争     vs帝政ロシア              ○
第一次世界大戦  vs枢軸国(独墺伊土など)         ○
満州事変     vs中華民国               ○
ノモンハン事件  vsソビエト連邦             △
日中戦争     vs国民党                ×
第二次世界大戦  vs連合国(米英ソなど)          ×

戦績 15戦 8勝4敗3分け




151 :名無し三等兵:2008/08/24(日) 16:18:54 ID:???
いっそ半島情勢をいじってみるのはどうだろ?
金玉均のクーデターを成功させて、韓国が立憲君主制で日本よりの独立国として存在する世界。

韓国が独自の軍事力を有する勢力として半島を掌握できている場合、
日露戦争も満州占領も必要なくなるから、日本の戦略もかなり大きく変わるはず。

152 :名無し三等兵:2008/08/24(日) 16:40:02 ID:???
空気が読めない韓国の場合革命で清帝国滅亡後か、第一次大戦のどさくさに満州はウリナラの土地ニダと勝手に大陸進出しそうだな。
もっとも日本は欧州より200年〜300年明治時代では絶望的に立ち遅れ、国内資本、資源、国内産業は壊滅状態、海運ノウハウもなく、外国から借金するにも全然信用が無い、科学者の質も量も劣る状態には変わりないけどな。


153 :名無し三等兵:2008/08/24(日) 18:10:01 ID:???
だから国外進出なんてとても無理でイギリス様の犬として地味にやっていくしかない

基本どことも仲良し
イギリス様の命には多少理不尽でもヘイコラ
周りを刺激しないように軍事力は最小限
とりあえず輸出できるものからいろいろ輸出して交易国家としてやっていく・・・



なんだ、今の日本かないかw
50年もすればそこそこ、100年もすれば世界のNo.5ぐらいにはなれる、しかも余計な戦争と出費なしで
こりゃいーわ

154 :名無し三等兵:2008/08/24(日) 18:10:57 ID:???
人でも輸出するかね?

傭兵国家大韓帝国

155 :名無し三等兵:2008/08/24(日) 18:16:58 ID:???
実際の韓国兵は強かったの?
マジレスきぼん

156 :名無し三等兵:2008/08/24(日) 18:28:18 ID:???
>>155
文官国家だから、正直、強い要素がない。

日本領になってからの朝鮮人たる日本軍人の場合、士官クラスはおおむね優秀で、兵卒の質は低めという評価が多い。

157 :名無し三等兵:2008/08/24(日) 18:37:44 ID:???
>>152
金玉均、徐ジェピルと継いで、どうにか李垠即位(史実と同じなら1926年)まで維持したいところだなあ。
李垠はかなりの能力が期待できるけど、そこまで潰さずにバトンをつなぐのが大変かもしれない。

158 :名無し三等兵:2008/08/24(日) 18:40:20 ID:???
あと、李承晩が権力を持つと中国かソ連あたりに戦争吹っかけそうで危険なので、どこかで排除する必要があるかも。
王族だから、放っておくと政権中枢に入ってきそうだし。
1900年代初頭だと、韓国人官僚で有能なのってどの辺なんだろ?

159 :名無し三等兵:2008/08/24(日) 19:08:33 ID:???
>空気が読めない韓国の場合革命で清帝国滅亡後か、第一次大戦のどさくさに満州はウリナラの土地ニダと勝手に大陸進出しそうだな。

やるな、というかこれからオリンピックで死亡フラグ立てちまった中共王朝が倒れたら北朝鮮を先兵にしてやりかねん悪寒w

160 :名無し三等兵:2008/08/24(日) 19:36:15 ID:???
太陽帝国バカにレスを返す大バカがいるようだな

>>158
ttp://jpn.gwd.go.kr/page/sub3/03_02_12.html
こんな人がいる
文中に日本に対する酷い敵意が込められているが、そこはスルーしてくれ

161 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 00:06:31 ID:???
架空戦記ネタからはちょっと外れるけど、
韓国独立のときに李承晩が王家嫌いでなければ、李王を皇帝位につけて大韓帝国復活と言う
選択肢もあったのかな?

書類上は対等合併だった両国が合併前の状態に戻るということになるから、
格としては日本と対等を主張できるし、御輿が存在することによる求心力は無視できない。


162 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 00:26:23 ID:???
>>161
安昌浩が独立時まで存命であればいいのでは?>帝室復活
李承晩が政権の座につけたのは、安昌浩、呂運亨、朴憲永といった
ライバルが死去、あるいは越北していなくなってたことも大きいし

163 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 07:32:52 ID:???
そして天皇制によって明治維新が安易に革命にならなかったことで明治政府は幕府から官僚機構を受け継いでいた。
そして良く整備された官僚機構は金と人材を吐き出すことが出来た。これこそが日本の発展を支えたのだ。
決して江戸時代の技術があったからではない。
それは副次的な要素に過ぎないし、その技術は西欧から見るならば最低でも2世紀は遅れているものだった。
バッタン機構すら独自に開発できなかったことを知れば十分だ。
故に私はこう結論を出す。
各専門分野の歴史書に江戸時代の技術を特別視して、これこそが他国に真似できなかった明治における発展を支えた日本の秘密である、
と書かれていることは江戸時代の技術が当時ですら西欧から見るならば遅れていた、という事実を認めたくはないがための貧乏人・奴隷根性である。
また社会性についても江戸時代に発達したものは世界経済から隔離された日本の歪さが生んだモノが多数存在し、これを日本の発展理由とすることも同意できない。
勤勉革命などと恥ずかしげもなく詠んで満足しているようでは話にならない。
私は日本の飛躍が可能となった要因とするのは、天皇制と言う古くから受け継がれてきた政治機構が優秀だったからであると考える。


164 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 07:46:24 ID:???
>>160
三行以上書いてるのは知障だから無視、てことねおk

165 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 08:42:39 ID:???
ttp://www.oc.jful.jp/~oc429s/61.htm
ttp://www.oc.jful.jp/~oc429s/51.htm
ttp://www.oc.jful.jp/~oc429s/41.htm
ttp://www.oc.jful.jp/~oc429s/newpage40.htm
ttp://www.oc.jful.jp/~oc429s/13.htm


166 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 15:07:48 ID:???
>>163
いきなり何を言ってるんだこいつは?

167 :名無し三等兵:2008/08/25(月) 20:32:16 ID:???
http://imepita.jp/20080825/056681
http://imepita.jp/20080825/091420
http://imepita.jp/20080825/094510
http://imepita.jp/20080825/098940
http://imepita.jp/20080825/109210
http://imepita.jp/20080825/111860
http://imepita.jp/20080825/122590
http://imepita.jp/20080825/125880
http://imepita.jp/20080825/131250
http://imepita.jp/20080825/135760

168 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 01:02:59 ID:???
WWIIで日本を負けさせない(というか、連合国に押し込む)ためには、
WWIに全面参加して派手な武勲を立てて派手な損害を負うことと、満州の合衆国との共同開発を認める…で、どうにかなるかな?

基本的に、アメリカと同じ陣営にいれば負けないわけで。

169 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 10:10:23 ID:???
転載
4:名無し三等兵 :2008/08/26(火) 02:06:07 ID:??? [sage]
ロシアのヨーロッパへの侵攻

ロシアはヨーロッパ全土へと侵攻する。
最初は北欧諸国に侵攻し、そこから南下する。
この攻撃は夏に行われ、それはロシアのスカンジナビア半島に隣接した都市「アルハンゲルスク(Arhangelsk)」から行われる。

おもに侵攻の目標になるのはフランスとスペインだ。
ロシアの軍事侵攻の目的は全ヨーロッパをその軍事的な支配下におくことである。
フランスがその軍事支配の拠点として選ばれる。

ロシアによるフランスの侵略は、ロシアを支援することになるフランス国内の勢力の存在によって実現する。
その勢力とは、国外から移民として流入したイスラムの集団である。

フランスが占領された後、今度はスペインとイギリスが侵攻の目標となる。
国内の支援グループと連携して占領するというロシアの作戦は、その後スカンジナビア諸国にも適用される。
フランスが占領されると、フランスが保有している大量破壊兵器はロシア軍の手に落ちる。
それは実際に使用される。
占領後、フランス軍はロシア軍に編入され、ロシアの軍事侵攻に使われる。
フランス軍はロシア軍とともにデンマークとノールウェーに侵攻する。
フィンランドも侵攻され破壊される。

ttp://ytaka2011.blog105.fc2.com/blog-entry-87.html

170 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 10:15:40 ID:???
核兵器無しに冷戦は可能だったか?
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/army/1217064070/

冷戦について好きな事なんでもかけ 
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/army/1194677769/

第三次世界大戦が起こる可能性
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/army/1204325956/

171 :名無し三等兵:2008/08/26(火) 10:31:44 ID:???
転載

354:名無し三等兵 :2008/08/26(火) 01:13:54 ID:??? [sage]
これ見ると、とてもとても・・・。

http://uproda11.2ch-library.com/src/11113266.jpg


172 :名無し三等兵:2008/08/27(水) 23:34:48 ID:???
日本を強くしていってもアメリカには勝てそうにないので、逆にゴールから考える。

アメリカは、日本相手にどのくらいの被害が出たら、日本有利な条件で講和してもいいと思い始めるだろう。
日本が人口1億弱で300万死んだから、3%を失っている。これで、国力ぼろぼろ。
アメリカが軍民合わせて600万死んだら、継戦意欲を失うだろうか。


173 :名無し三等兵:2008/08/27(水) 23:57:25 ID:???
南北戦争の南軍は適齢者120万人中26万人戦死で音を上げてるな…3%どころの騒ぎじゃないぞ。
いまのアフガンを見るに、先制攻撃で戦争始める限り、こちらに近くなるな。戦争の大義自体が米国民にとって曖昧なヴェトナムやイラクとは違う。


174 :名無し三等兵:2008/08/27(水) 23:58:46 ID:???
日本じゃ駄目だろ、日本よりは強い欧州列強じゃ無いと。
大英帝国が日英同盟維持でアメリカを挟み撃ち、それでも日本は戦国時代からある程度海外拡張が必要。

ドイツ帝国とかロシア帝国とかなら国力的に日本より強いし。

最期の手段として冷戦時代のソビエトが暴走して核ミサイルをアメリカに打ち込むぐらいしないとアメリカを倒せないと思うが。
核ミサイルの打ち合いでアメリカを倒せても核兵器のニ次災害で文明崩壊の代償付きだが。

175 :名無し三等兵:2008/08/28(木) 00:42:27 ID:???
もう面倒になってきた
大戦末期に津波でアメリカ全滅
これでいいじゃないか

176 :名無し三等兵:2008/08/28(木) 00:44:57 ID:???
>>175
ある意味、そのくらいの天変地異が必要。
ニューヨークを巨大隕石が直撃して即死者100万人。とても戦争どころではなくなる…というくらいの状況なら、
「講和!?ああもうわかったよ。太平洋の西半分は好きにしろ。今はそれどころじゃないんだ!」

と言ってくれるかもしれない。

177 :名無し三等兵:2008/08/28(木) 01:05:18 ID:???
なんで手遅れで条件不利な日本にこだわるのよ。

日本よりも強いイギリスとかドイツとかロシアの方が条件的に有利なのに。
将来性はわからぬが。

178 :名無し三等兵:2008/08/28(木) 01:10:53 ID:???
江戸幕府、海外進出を果たしたが、そのせいでスペインやフランス、オランダなどに狙われる
そんな時に現れたのはそれを快く思わず、日本を牽制役としようとするイギリスと接触
同盟を結ぶが半分属国扱い、しかしイギリスに留学した人達の話から反抗したらこっちが
潰されると警告を受け、あえて臥薪嘗胆の道を選ぶ幕府、そして技術導入により産業革命
を起こし徐々に国を発展させていく傍ら傭兵国家として東南アジアの反乱を鎮圧したりとある衝突で清軍
をぎったんぎったんにするなど活躍していった

そんな折インドでセポイの乱が勃発する、最初は我関せずの姿勢を貫き、反乱なんぞ自分で潰すと
息巻くイギリスであったが、史実以上に国王が帝国再興にノリノリであり、さらに諸侯も何故か内輪もめ
起こさずにムガル再興の旗印の下一致団結、そのせいでイギリス軍は大苦戦を強いられる
関せずとはいえ補給支援や万が一に備えてシーレーンの警護に当たっていた日本だが
遂にプライド投げ捨てたイギリスからの懇願により、出兵する・・・

そして若干装備はイギリスより劣るが、東南アジアの反乱軍や清など相手に活躍した幕府軍が
史実より強化されたインド軍に挑む・・・


ぶっちゃけ、セポイの乱に近代化された幕府軍を殴りこませたいだけですハイ〜

179 :名無し三等兵:2008/08/28(木) 01:16:13 ID:???
史実よりも早い日英同盟か将来が期待出来そうだな、グレートブリテンと江戸幕府軍がセポイ叛乱軍鎮圧か、太平天国はどうしよう。

180 :名無し三等兵:2008/08/28(木) 11:11:21 ID:???
586:名無し三等兵 :2008/08/19(火) 18:21:38 ID:??? [sage]
「今、世界各国はみな親しく交わっているように見えるが、それは全く表面的なことで、

本当のところは弱肉強食であり、大国が小国を侮るというのが実情である。

例えば国際法というものがあっても、それは大国の都合で存在するものであり、

自国の都合のいいときには国際法をふりまわし、

自国に都合が悪くなるときには軍事を用いる。小国は実に哀れである。

国際法の条文を一生懸命に勉強し、他国に害を与えること無く自国の権利を守ろうとしても、

大国というものは国際法を破る時には容赦なく破る」
ドイツ〔プロイセン〕首相・ビスマルクが大久保利通らに語った言葉  参考文献・『米欧回覧実記』

181 :名無し三等兵:2008/08/29(金) 15:21:56 ID:???
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080604_post_war_new_world_map/

182 :名無し三等兵:2008/08/31(日) 01:40:42 ID:???
牧野茂の強硬かつ粘り強い主張により、大和に翔鶴と同型の機関が搭載された世界。
大和の戦闘能力はほとんど変わらないが、ほんの少し(2000トン分くらい)間接防御が充実し、燃費が劇的に向上。
そのおかげで、積極的な訓練と前線投入が可能となり、大和型は戦艦らしい華々しい最期を遂げる。
1945年、沖縄に特攻した大和は暴風雨の中戦艦ミズーリを道連れに轟沈し、日本は8月15日にポツダム宣言の受諾を発表する。

そんな、同じ点に至るまでの歴史のプロセスがちょっとだけ変わった仮想戦記。

183 :名無し三等兵:2008/08/31(日) 11:57:16 ID:???
南米空母大戦
1947年 アルゼンチン、プエルト・ベルグラノに二隻の空母が入港した。
『インデペンデンシア』 『ベインティシンコ・デ・マジョ』と名づけられたその二隻の空母はほんの数年前まで『葛城』『笠置』と呼ばれていた。
終戦時、目立った損傷も無く港に浮いていた二隻は、他の艦船と同じく解体処分にされるはずだった。
しかし、戦略上二隻の空母を保有を望んでいたアルゼンチンがコレに目をつけ、格安でこれを購入したのだった。
コレを見たブラジル、チリも空母の保有を望むが、残る日本空母は全て解体作業中であり、購入は不可能であった。
その後10年近く、南米唯一の空母保有国となるが、1955年、チリがイギリスからインプラカブル級空母を購入。
1963年にはブラジルがアメリカよりエセックス級を購入した。

1967年
『アルゼンチンは旧ゴラール派に資金援助をし、彼らのクーデター計画を支援している』という嫌疑がかかり、ブラジルとの間に緊張が走っていた。
そして、アルゼンチン、ブラジルの国境線で偶発的な戦闘をきっかけに、紛争へと発展。
陸軍支援のために出撃したブラジル海軍の『サンパウロ』(旧エセックス級)を『インデペンデンシア(旧葛城)』『ベインティシンコ・デ・マジョ(旧笠置)』が攻撃。
戦後初の空母対空母の海戦において『インデペンデンシア』小破 『ベインティシンコ・デ・マジョ』中破の損害を受けながら、『サンパウロ』を撃沈。
『サンパウロ』はエセックス級、最初で最後の戦没艦となった。
その後、両軍の間で講和が結ばれ、15年余りの平和な時代が流れる。

184 :名無し三等兵:2008/08/31(日) 11:58:17 ID:???
1982年
フォークランド紛争が勃発。
『インデペンデンシア』『ベインティシンコ・デ・マジョ』は『ハーミーズ』と『インヴィンシブル』からなるイギリス機動部隊に
スカイホーク及びシュペルエタンダールによる航空攻撃を実施、『ハーミーズ』を撃沈、『インヴィンシブル』を大破炎上させる。
しかし、シーハリアーによる逆襲で『ベインティシンコ・デ・マジョ』が機関を損傷、曳航を検討中に英潜水艦スパルタンの雷撃で沈没してしまう。
航空機による支援をなくしたイギリス軍はその後も戦闘を継続するが、戦線は硬直。
戦局打開のため、イギリスはチリに売却した『アルミランテ・ラトーレ(旧インプラカブル級)』を借り、機動部隊を再建する。
一方、アルゼンチンもこれ以上の戦争の継続が困難になりつつあり、早期の講和を望んでいた。
そのためには『アルミランテ・ラトーレ』の撃沈が必要であり、陸上機の射程範囲外から支援を行う同空母を撃沈できる戦力は『インデペンデンシア』しかなかった。
アルゼンチン軍に残る全てのエグゾゼミサイルとシュペルエタンダールを搭載して『インディペンデンシア』は出撃。
シーハリアーを展開し待ち構える『アルミランテ・ラトーレ』へ向かっていく……

もう少し日本の匂い出させたかったら。空母運用のノウハウを教えるために、空母と共にアルゼンチンに渡った日本人の子供を乗組員に混ぜるとか、いいかも。

185 :名無し三等兵:2008/09/02(火) 13:29:42 ID:???
>>178の続き、かなり無茶な設定とかという突っ込みはなしで

死兵となったインド軍の抵抗で多大な損害を蒙ったもののセポイの乱を何とか制圧し、
イギリスから絶大な信頼を得る事に成功した幕府はさらなる発展を遂げようとする、
しかし幕府体制では様々な弊害によって効率のよい近代化は出来ない、そしてそれらの意見はイギリス、
欧州留学組のみならず幕府の重責を担う者達にもそういった意見が流れる、そして穏便な体制で幕府は崩壊し、
イギリスをまねた議会制度を採用天皇はただの象徴にされる。そして大規模な改革を行い不満分子などは強制的に北方開拓、
つまり樺太、アリューシャン、アラスカに放り込むなど内戦を(一応幕府派などの武装蜂起はあったが)阻止し
国内発展に尽力を尽くす、幸い幕府時代からの下地とイギリスの支援が有った事により順調に成長する日本連邦

そんな折太平天国の乱が勃発する、今まで小規模衝突の際に散々近代化された幕府軍にギタギタにされた反動で
若干よりまともな武器を保有していた清軍でアヘン、アローでも史実より損害を与えたけどやっぱり負けた清
連邦は当初諸政策の面で太平天国を指示する勢力の方が強かったが、イギリスやフランスからの武力を背景にした
強い要請で渋々清軍を支援する、樺太、アラスカを巡ってロシアとの戦争で鍛え上げられた日本連邦義勇軍が太平天国軍
に挑む・・・

司令官誰が適任だろ・・・

186 :名無し三等兵:2008/09/02(火) 13:36:48 ID:???
徳川一族から司令官だせば。
大名出身者ならともかく下級武士出身者やましては平民は論外だから。
当時の欧州も将軍は王族や貴族出身者ばかりだし。

187 :名無し三等兵:2008/09/02(火) 13:45:39 ID:???
あるいは戦国時代から変わったから織田幕府か豊臣幕府の可能性ありだから。
その場合は織田一族か羽柴一族から司令官に統べきだが。

188 :名無し三等兵:2008/09/02(火) 19:00:17 ID:???
>>184
エセックスとか、インプラカブルはともかく、雲竜でジェット機って運用できるのか?


189 :名無し三等兵:2008/09/02(火) 20:10:47 ID:???
アングルドデッキにしてカタパルト付ければいいんじゃないか

190 :名無し三等兵:2008/09/02(火) 23:58:18 ID:???
>>189
誰が改装したんだろ、アルゼンチンの独力でも出来るんだろうか
アルゼンチンは英米とは仲悪いからな。

191 :名無し三等兵:2008/09/03(水) 00:04:12 ID:???
インドあたりと共同開発したかな

192 :名無し三等兵:2008/09/03(水) 07:56:54 ID:???
>>190
そこまで仲悪いか?
史実では、イギリスから空母買ってるし。
まぁ、英米じゃないないとしたら、フランスぐらいか?
ドイツとか日本はまずないし。

193 :名無し三等兵:2008/09/03(水) 08:47:18 ID:???
>>192
微妙な英米への感情が、史実のフォークランド/マルビナス紛争の
遠因の一つだと思うですよ。
中南米諸国にとってのアメリカは、でかい態度で好き勝手言ってくる
やっかいな強国だ、という側面は無視しがたいですから。

194 :名無し三等兵:2008/09/05(金) 03:10:20 ID:???
引きこもり国家日本とか面白そうだな・・・本土近海を想定した戦場だから
航続距離除けばやったら重武装重装甲な兵器がぶいぶいいっていたり

195 :名無し三等兵:2008/09/05(金) 11:25:57 ID:???
壇ノ浦の戦いは、平安時代の後期の元暦2年(寿永4年)3月24日(1185年4月25日)に
長門国赤間関壇ノ浦(現在の山口県下関市)で行われた合戦である。
治承・寿永の乱の最後の戦いであった。

史実では 潮の流れに翻弄され史実では入水して果てた武者たちであったが

何を考えたか 延々と海の上のおいかけっこ
追っ手を逃れたはよいが辺りには島も見えず、漂流生活
 島から島へ流れ流れてたどり着いたのが 豪州大陸(ご都合主義)
そんなこんなで始まる史実の欧州勢に500年以上さかのぼる日本からの難民
大地に瑞穂と名をつけ安徳天皇を中心にしてはじまる、国づくり

ようは北半球と南半球に日本を二つ置いてみる話
500年有れば、人口もそこそこ増やせるかな、と


196 :名無し三等兵:2008/09/05(金) 11:41:43 ID:???
>>195、設定に無理ありすぎだよ、漂流しても精々琉球か台湾が限界だと思うが。
フィリピン、インドネシア、ニューギニアスルーで豪州は絶対無理無理だよ。
インドネシアのマジャパピト王国か近世インドネシアのバンタン、マタラム、テルテナ辺りのマレー系民族が船でオーストラリア植民地の方が可能性は高いと思うが、マダガスカルに植民したのは言語的にインドネシア系だし、オーストラリアならインドネシアから近いだろう。

197 :名無し三等兵:2008/09/05(金) 11:47:39 ID:???
て事で、中世東南アジアのヒンズー王朝マジャパピト王朝がイスラム文明やインド文明から船などの航海技術を習得してまずニューギニア島とオーストラリアに向かうジャワ人とか南洋民族が航海する架空史がいいと思うが。
マダガスカルやフィリピン、そこから台湾、琉球と北上して、最後に日本にインドネシア系民族が航海で到着するシナリオ。

198 :名無し三等兵:2008/09/05(金) 11:55:36 ID:???
>>194、ヒッキーが祟り欧州列強、ロシア、アメリカの植民地か、半植民地途上国のままの可能性大だな。

199 :名無し三等兵:2008/09/05(金) 12:28:34 ID:???
>>196>>197に加えて更に北方も歴史改変で。
元帝国時代にサハリン(樺太)、モショリ(北海道)クリル諸島(千島)東シベリアがモンゴル系やツングース系騎馬民族の支配下におかれる。
更に鎌倉幕府滅亡後の大混乱時に津軽海峡を渡り東北北部まで騎馬民族が占領し支配下に置かれる。
南からインドネシア系海洋民族が船で室町時代の日本に到着する。
ヒッキーだった日本人も北方騎馬民族(北元が膨張)からモンゴル騎兵隊、モンゴル馬、進んだ家畜飼育技術や馬車使用、に肉食、馬乳、牛乳などの食生活変化。
更に北方経由で明帝国の石火矢、天雷、更に明から焼き煉瓦建築技術などが伝来する。
南方や明からはダウや中華ジャンクなどの外洋航海用大型船や香辛料、肉食文化更に西欧から鉄砲、大砲、キリスト教がもたらされる。
そして戦国時代、日本に大陸伝来のモンゴル馬からなる本格的な騎兵隊、南蛮と中華、北方騎馬民族から伝来の大筒、鉄砲からなる砲兵隊、新歩兵隊、小荷台隊は馬車使用に進化する。
野戦食に干し肉が入り、鄭和から教わった中華ジャンクと南洋船(インド洋のダウ)からなる水軍に進化して。
西欧諸国より遅れながら、16世紀後半日本は太平洋に大航海時代に乗り出す事になる。

200 :名無し三等兵:2008/09/05(金) 12:59:10 ID:???
719:世界@名無史さん :2008/06/08(日) 19:26:27 0
モンゴルが 全世界を 支配したら 人種序列
http://j2k.naver.com/j2k_frame.php/japan/gall.dcinside.com/list.php?id=history&no=258626&page=6

1:モンゴロイドなの 東北アジアである(モンゴル人,韓国人)
2:アラブ,イラン係 白人(元国で かなり デウゾッアッダゴする)
3:南欧係 ラテン百である(エネドルは その当時 ヨーロッパでは ゼルブザドングネだと 特別待偶)
4:北ヨーロッパ係 ノ−ルマンバックである(北ヨーロッパ女たちは 過去にも 人気あったので 待偶してくれる)
5:西ヨーロッパ係 アングロサクリン百である(ヨーロッパで 第一後進町内なので 3等級 ケルト白人たちは 1+1)
6:マルレイノ−イドギェ 東南アジア人(モンゴルが 唯一に ゴセングハンドングネだと モンゴルが 不敬罪適用させて チァビョルデウクリ)
7:チァングケ,倭人(ごきぶり渦動汲引種子,島国猿)

201 :名無し三等兵:2008/09/05(金) 13:01:12 ID:???
もし、日本がヨーロッパの植民地になっていたら
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1214379127/
もし蒙古が九州ではなく蝦夷から日本に侵攻していたら
http://etc7.2ch.net/test/read.cgi/nanminhis/1194316331/
もし鎖国をしなかったら日本はどうなっていただろうか?
http://etc7.2ch.net/test/read.cgi/nanminhis/1190474471/
民族の気性考えれば歴史上朝鮮が日本へ侵攻
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1191820353/
日本が海洋国家になった可能性
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1216999775/
もし日本が分断国家   にされてたら?
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history/1087125394/
なぜ日本では海軍(水軍)優位にならなかったの?
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/army/1219204852/

202 :名無し三等兵:2008/09/06(土) 00:54:22 ID:???
>>200
実際のモンゴルじゃ自国近隣地域は反乱の危険大として最下層扱いだったわけだが?

つまり実際には
西欧系
北欧系
南欧系
アラブ系
(インド系)
東南アジア系
中央アジア系
チョッパリw(日本人)
漢族および朝鮮族
なわけだw

203 :名無し三等兵:2008/09/06(土) 10:44:05 ID:???
「モンゴルの残光」は忘れ去られているわけか。
自分も年をとったものだ。

204 :名無し三等兵:2008/09/06(土) 11:08:22 ID:???
>>200のソースはenjoyKoreaつまり<ヽ`∀´>の脳内妄想だからな、外国の2chで仮想戦記のソースは無いかな。

205 :名無し三等兵:2008/09/06(土) 11:26:58 ID:???
国外追放となった日蓮が流浪の果てに欧州で布教活動をする夢を見た。
信者でもないのに何故この様な夢を見たのだろうか?

206 :名無し三等兵:2008/09/06(土) 18:33:18 ID:???
以前妄想した話なんだが、太平洋戦争末期の日本にマゼラン星雲からやってきた宇宙船が
墜落し、残骸の中から「物質複製機」が見つかる。(乗員は死亡)
5m四方のスペースに入るものなら数分で複製可能。
職人が精巧に組み上げた誉エンジンと袋詰めのハイオク航空燃料、そして坂井三郎を詰め込み大量生産。
全機エースパイロットが搭乗した紫電改&疾風が米軍に襲いかかる。

207 :名無し三等兵:2008/09/06(土) 18:53:35 ID:???
>>206
坂井がレイの声で「私が死んでも代わりはいるもの」と言うのを想像しちまったじゃないか
気持ち悪い、どうしてくれるw

208 :名無し三等兵:2008/09/06(土) 20:43:02 ID:???
魂までは複製されなかったわ。只そこに大量の出こそのないができただけ……

209 :名無し三等兵:2008/09/06(土) 20:46:24 ID:???
【コードギアス】神聖ブリタニア帝国考察スレ
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/whis/1215441215/


210 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 01:28:20 ID:???
物質複製機があればウラン作りまくって原爆もできるな
複製機のキャパをもうちょっと少なくしても面白いかもしれん

211 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 03:18:36 ID:???
考え無しに貴金属と宝石を大量生産して、国債市場価格が大暴落して世界恐慌開始

212 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 08:22:18 ID:???
太平洋戦争末期の日本軍に原爆が無限にあったとしても運搬手段が無いな
どうせ小型化はできないだろうし
潜水艦で敵艦隊に突っ込んで自爆するぐらいしか

213 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 14:06:00 ID:???
末期症状の大本営だと九州や関東の海岸部に設置して、米軍上陸→爆破とか考えかねんな>無数の原爆

214 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 14:12:08 ID:???
原爆を運ぶためだけの特攻潜水艦とかが開発されそうな気もする。

原子炉は難しいだろうから、核物質の崩壊熱を利用したスターリング機関と
乗員用に大量の液体酸素タンクを搭載して、
曳航船から切り離された段階で潜行し、潜行したまま敵艦隊近くで自爆する……とか。

小型潜水艦がシュノーケルも出さずに潜航したまま接近してくるというのは、かなりの悪夢だと思う。

215 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 14:42:29 ID:???
現代でこそ、大出力のスターリングエンジンも現実のものだけど
'40年代の技術で実用化できますかね?
比較的高温の熱源はなんとかなるにしても、
その熱を思うように操るのは、結構やっかいですぜ?

216 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 18:40:15 ID:???
専用特攻機作れば5tぐらいの原爆は運べるだろう
桜花5機分だ

217 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 19:03:42 ID:???
有人SRBMですね

218 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 20:40:13 ID:???
>>214 コールダーホール式原子炉の原子力潜水艦って悪夢な代物を、青山智樹が昔書いてたぜ。
爆雷喰らうと減速用黒鉛が崩れるから、作業員が稼動中の原子炉に入って積みなおすのだ。

219 :名無し三等兵:2008/09/07(日) 22:59:20 ID:???
>>214
紺碧の艦隊に何かいなかったっけ>特攻用潜水艦

220 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 03:42:10 ID:???
「旭日の艦隊」のホズだな。動力はワルターとディーゼルの併用だった。
予想より放射線だだもれだったので、鉛隔壁を増設しまくったらバランスがたがたになってた。

221 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 23:08:06 ID:???
死守。

222 :名無し三等兵:2008/09/08(月) 23:30:16 ID:???
>>219
特攻機桜花が何故か迎撃機だったなwwww

223 :名無し三等兵:2008/09/09(火) 09:27:07 ID:???
歴史IF
http://wiki.chakuriki.net/index.php/%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E3%81%AEif%E6%A4%9C%E8%A8%8E%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A

72 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)